ロシア:1860〜 1900年

ロシア:1860〜 1900年


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

L1:1860年から1910年までのロシアでの生活について説明してください。回答には次の内容を含めてください。

(a)ロマノフ王朝

(b)ロシア政府

(c)ロシアの貴族

(d)ロシアの農民

(e)ロシア正教会

(f)ユダヤ人のポグロム

(g)ゼムストヴォ

(h)革命的テロリズム

(i)オクラナ


ロシア:1860〜 1900年-歴史

東ヨーロッパの人口

このセクションでは、東ヨーロッパは古い皇帝ロシアと旧ソビエト連邦の領土として定義されています。このロシアは、18世紀まで、ヨーロッパの郊外にある大きな国でしたが、人口はほとんどありませんでした。ロシアをヨーロッパの主要国に変えたのはピョートル大帝であり、彼と彼の後継者たちはロシアを西に拡大した。しかし、当時、ロシアはヨーロッパで最大の人口を持っていませんでした。19世紀の急速な人口増加により、ロシアはヨーロッパの近代史を支配する巨大な国家になりました。第一次世界大戦は領土の大きな損失で災害で終わり、1917年の共産主義革命は国をソビエト連邦に変えました。この州は第二次世界大戦中に失われた領土のいくつかを再征服しましたが、慢性的な不景気が1991年の解散を促しました。その後、ソビエト連邦はかなり小さなロシア連邦に取って代わられました。

今日ロシアである州は、もともとソビエト連邦の一部共和国でした。 1992年以来独立した国家です。他の旧ソビエト共和国からの大規模な移民にもかかわらず、ロシアの人口は減少しており、この傾向が変わる兆候はありません。

ロシアの州とソビエト共和国

ベッサラビアのほとんどはモルドバのソビエト共和国になりました。コーカサスは、グルジア、アルメニア、アゼルバイジャンで構成されていました。トルキスタンは、カザフスタン、ウズベキスタン、トルクメニスタン、キルギスタン、タジキスタンで構成されていました。


ロシア:1860〜 1900年-歴史

1879年にオックスフォード大学から名誉博士号を取得したIvanTurgenev

聖人か愚か者か? (ツルゲーネフによるいくつかの劇的な行)

1860年代初頭、ロシアにはフランスやイギリスよりも大学生が少なかった。ロシアの学生の多くは、政府の改革は不十分であり、大学に関するアレクサンダーの権威主義に対して敵対的であると信じていました。 1861年と&#3962に大学のキャンパスで混乱が発生し、農奴解放への不満に対する不満と一致しました。

1862年にサンクトペテルブルクとヴォルガ川沿いの都市で多数の火災が発生しました。革命を促すチラシが配布された。政府は、サンクトペテルブルクのペトロパヴロフ要塞と近くのクロンシュタット海軍基地の独房を大学生で埋め尽くしました。当局は大学を閉鎖したが、1863年8月に新しい教育大臣の下で再開し、より自由な政策とより自由な大学を学生に提供することに傾倒した。

政治活動は学生の間で権威があり、活動家の世界に対する見方は魅力的でした。活動家たちは、英国でより一般的だった功利主義の実証主義と唯物論に興味を持っていました。彼らは、科学の新時代であると信じていたもので科学を賞賛しました。彼らは、親世代の形而上学、宗教、ロマン主義の詩に反抗していました。彼らは家族の管理と学校の規律に対して敵対的でした。彼らの権威と古い価値観の拒絶のために、彼らはロシアの小説家イワン・ツルゲーネフによって虚無主義者として描写され、ラベルは固執しました。

1866年、個々の行動で、学生は皇帝アレクサンドルを暗殺しようとしました。彼の政府は学生に対してより敵対的になった。新しい教育大臣が大学を担当し、より厳格な管理を適用しました。

1873年、スイスで勉強している学生はロシアに戻るように命じられ、これらの怒り狂った帰国学生は、ロシアに革命を起こすことを望んでいた「人々へ」運動と呼ばれる運動を開始しました。

「TothePeople」運動は、彼らの考えを農村地域の庶民と混ぜ合わせて伝えることによってロシアを変えたいと考えていました。ロシアは主に地方であり、教師、医師、書記など、さまざまな方法で庶民に奉仕しました。運動は約1億人の農民の海で数千人にまで成長しました。一部の農民は、運動活動家の「ニヒリスト」の見解を敵意を持って見た。農民は彼らを部外者やトラブルメーカーと見なし、警察に通報した。 250人近くの逮捕と裁判は、To the People運動の終わりを示し、その後、より過激な何かが続いた。

ヴェーラ・ザスリッチは、工場労働者のための識字クラスを教えていたので、テロリズムに転向しました。それから彼女はスイスに逃げ、そこで彼女はマルクス主義に改宗し、テロ戦術に反対し、1883年にゲオルギー・プレハノフとパベル・アクセルロッドと「労働の解放」を共同設立しました。

1876年に「土地と自由」と呼ばれるグループが設立されました。それは、「人々」と政治組織の間でプロパガンダを配布している間、警察を避けようとしている秘密結社でした。 1878年初頭、学生ではない労働者活動家であるが「土地と自由」のメンバーであるヴェーラ・ザスリッチは、活動家の友人の1人が刑務所で受けた殴打に対する復讐を求めた。彼女はサンクトペテルブルクの軍事知事を射殺して負傷させ、陪審員によって裁判にかけられたが、彼女は有罪判決を受けなかった。政府は、政治的動機による犯罪で起訴された人々に対する陪審裁判を終了することで対応した。政府はまた、扇動の容疑者の逮捕と追放を強化した。

1879年、サンクトペテルブルクは産業労働者による最初の重大なストライキを起こしました。そしてその年、「土地と自由」の活動家から、彼らの目標を達成するためにテロリズムを提唱するせっかちなグループ、それ自体を「人々の意志」と呼んだグループが現れました。彼らの目標は民主主義、鉱山と工場の労働者所有、農民への土地、言論と結社の完全な自由、階級のない社会、そして軍隊に取って代わる人々の民兵。一部の人々は、皇帝アレクサンドル2世が暗殺された場合、彼は新しい統治者に取って代わられる可能性があると信じていました。他の何人かは、著名な役人とアレクサンドル2世の暗殺が人気のある蜂起を引き起こす可能性があると信じていました。

1879年にアレクサンダーを殺すためにいくつかの試みがなされました。 1880年、彼らは皇帝の冬宮殿の食堂を爆破し、11人を殺し、56人を負傷させましたが、食事に遅れていた皇帝を失いました。警察は「人々の意志」の多くのメンバーを追跡して逮捕することができ、組織をほぼ破壊しました。

1881年3月、警察は皇帝を暗殺する別の試みが進行中であることに気づきました。警察はアレクサンダーに隔離されたままでいるよう警告したが、アレクサンダーは警告を無視し、3月13日、爆弾が彼の馬車の下に投げ込まれ、彼の側近の一部を負傷させた。暗殺者が計画したように、側近は停止しました。アレクサンダーは、負傷者と一緒にいる義務があると感じて、馬車から現れました。陰謀の26歳のメンバー、イグナツィ・フリニエヴィエツキは、アレクサンダーの数歩以内に近づき、アレクサンダーの足元に着陸した荷物を投げました。パッケージは爆発し、アレクサンダーの足を引き裂きました。アレクサンダーの側近はパニックに陥り、皇帝は凍った地面で一人で出血しました。通行人はアレクサンダーを見つけましたが、彼は数時間後に亡くなりました。

皇帝の暗殺で死刑を宣告された者の1人はヴェーラフィグナーでした。尊敬されている作家ニコ・ニコラーゼは政府と交渉し、フィグナーを絞首台から救った。彼女は代わりにシベリアで年季奉公を宣告されました。フィグナーは本を書くことでした、 革命家の回顧録、それは1917年11月のボルシェビキ革命後にロシアで出版されるでしょう。彼女の本は彼女の経歴と彼女が救急医療員を務めた農民について説明しています。


人口動態の傾向

1990年代に、ロシアはマイナスの人口増加率を経験し始めました。これの主な理由は、日本や多くの西ヨーロッパ諸国と同様の出生率(特にロシア人)の低下でした。また、1990年代初頭から平均余命が急激に低下しました。これは、医療制度の不備、栄養不良、高喫煙率、アルコール依存症、環境汚染の結果であると考えられています。

平均余命の低下は男性の間でより顕著であり、国内の男性と女性の数の間のギャップが拡大しました。一部のマイノリティグループ、特にイスラム教の背景を持つグループでは、より高い自然増加率(死亡よりも多くの出生に起因する人口増加)が続いています。 1990年代まで、ヨーロッパ部門からシベリアへの移住は、人口増加率の地域的変動の主な原因でした。たとえば、1980年代にロシアの人口が約7%増加したとき、成長はシベリアの大部分で15%を超えましたが、ロシア西部の一部では2%未満でした。しかし、1990年代に、シベリア東部(少なくとも公式統計によれば)は劇的な人口減少に見舞われました。これは、政府の多額の補助金の段階的廃止によって引き起こされた大幅な移民の結果であり、それに大きく依存していました。

ロシアの出生率の長期にわたる低下は、人口の漸進的な高齢化につながっています。たとえば、21世紀初頭には、ロシアの人口の約6分の1が15歳未満でしたが、60歳以上の人口の割合は5分の1を超えていました。やや高い出生率を維持している非ロシアの民族グループの中で、子供の割合は一般的に高く、高齢者の割合は低かった。人口の高齢化と出生率の低下により、多くの人口統計学者は長期的な労働力不足を予見していました。


革命前のロシアにおける識字能力

1907年、サンクトペテルブルクで初めて、「ロシア帝国における普遍的な初等教育の導入に関する」法案がDumaに導入されました。この法案は3年以上検討されています。その結果、ロシア帝国の普遍的な初等教育は導入されませんでした。1915年には、普遍的な無料の初等教育はゼムストヴォの3%でしか運営されていませんでした。

20世紀初頭、第一次世界大戦の前夜に公教育を発展させるための帝国当局の目覚ましい努力にもかかわらず、対応する年齢の子供たちの40%強がロシアの小学校に通っていました。同時に、ロシアで割り当てられた一人当たりの教育への支出は、イギリスの10分の1でした。

幅広い初等識字能力の欠如は、第一次世界大戦中に壊滅的な影響を及ぼしました。前例のない規模の敵対行為の過程で、兵士と下級将校が一斉に殺されました。しかし、兵士が多数の村から召喚された場合、将校を「購入」したり、階級から任命したりすることはできませんでした。ロシアの兵士農民の大多数は、文盲であるか、ほとんど読むことができませんでした。 1915年から、彼らは反君主組織に所属しているために警察の監督下にあった人々を含め、十分な教育を受けた人なら誰でも下級将校のポストに任命し始めました。その結果、1917年2月までに、ロシア帝国陸軍の尉官はもはや王朝に忠実ではなくなりました。


アートファンのブログ

レビタンは、リトアニアの小さな町で貧しいユダヤ人の家族に生まれました。 1860年代に、彼の家族は13歳のモスクワに引っ越しました。イサクはモスクワ絵画・彫刻・建築大学に入学し、有名なロシアの画家ポレノフとサヴラソフに師事しました。 1897年に帝国芸術アカデミーに選出され、1898年にはすでに母校のランドスケープスタジオの責任者を務めていました。

アーティストはすでに有名であり、彼のキャンバスはモスクワのトレチャコフ美術館の創設者であるパー​​ヴェルトレチャコフなどのコレクターの間で大きな需要がありましたが、レビタンは自分の家を持っておらず、ホテルに住んでいたか、友人に滞在していました。

彼の若さから、アーティストは気分のむらとうつ病に苦しんでいたので、レビタンは自分自身を2回撃ちましたが、失敗しました。うつ病の段階の後、彼は大喜びし、非常に好色になり、女性にとって魅力的になりました。彼のときめきは、大衆を楽しませながら、全面的に情熱的に発展するでしょう。彼が女性の前でひざまずいて、世間の目で彼女を危うくすることができるところならどこでも。かつて彼は彼の手に負えない求愛のために交響曲コンサートの間に決闘に挑戦されました。

レビタンはまた、心臓病を治すのが困難でした。 1896年に腸チフスに苦しんだ後、画家の健康はひどく悪化しましたが、スイスでの治療は役に立ちませんでした。
アーティストは死に近づくことを考え続けました。そして彼はたゆまぬ努力をしました。彼は生涯で1000枚以上の帆布を描きました。

彼の最も親しい友人の一人は、ロシアの短編小説作家で劇作家のアントン・チェーホフでした。彼らは若いうちに出会い、チェーホフが1882年に短編小説「グラスホッパー」を発表するまで、生涯にわたって友情を維持しました。彼らはコミュニケーションをやめ、7年後、両方が病気でよそよそしいときにお互いに会いました。

レビタンが亡くなった後、雑誌「ワールド・オブ・アート」の編集長であるセルゲイ・ディアギレフはチェーホフにレビタンについて何かを書くように頼んだ。
チェーホフは拒否した。


ロシア:1860〜 1900年-歴史

Isaac Ilyich Levitanは悲劇的に短命でしたが、それにもかかわらず、風景画の最も有名なロシアの巨匠の1人であり、ロシアの美術史の過程に大きな影響を与えたこのジャンルの進歩者として知られています。

I. I. Levitanは、1860年に、現在のリトアニアの小さな集落であるKibartyで、かつてのラビの家族に生まれました。レビタンは教育を受けていたが貧しい家族で、全体で4人の子供がいて、アイザックの父親であるイリヤレビタンは翻訳者、語学教師、鉄道労働者として働き、妻と子供を養うために必死でした。 1860年代後半、家族はモスクワ郊外に引っ越しましたが、経済状況はあまり変わりませんでした。幸いなことに、モスクワへの移転により、子供たちは絵画、彫刻、建築の学校に入学することができました。アベルレビタンが最初で、弟のアイザックが後に続きました。

1873年に学校に入学した才能のある少年は、すぐに教師の注目を集め、A.K。のお気に入りの生徒になりました。サヴラソフ。アイザックの母親が1875年に亡くなり、2年後に父親が亡くなったとき、レビタンの教授たちは才能のある青年とそのクラスメートのための奨学金を選びました。非常に必要な画材。 I. I.レビタンは常に風景のジャンルに特別な関心を示しており、彼の絵画は自然の正確な視覚的表現だけでなく、それに対するアーティストの感情的な反応も伝えることで際立っていました。レヴィタンの作品は「ムードランドスケープ」として知られており、視覚的に主題を研究することに加えて、アーティストが彼の個人的な感情をキャンバスに伝達する能力を開発することが不可欠であるというサヴラソフの信念から現れたかもしれないアプローチです。

レビタンのキャリアにおける大きな進歩は、彼の絵が秋の日だった1880年に起こりました。ソコルニキ(1879)は、P。M。トレティアコフに買収されました。その時までに、トレチャコフ美術館はすでに有名なコレクションを所有しており、パベルミハイロヴィッチの関心はアートコミュニティに大きな影響を与え、若い造園家の自尊心を高めました。トレチャコフ美術館は、レビタンの経歴をたどり、他の多くの絵画を何年にもわたって購入しましたが、レビタンが芸術界から受け続けたすべての支援にもかかわらず、彼の人生は容易ではありませんでした。貧困、人生の早い段階で両親を失ったこと、教育を受けることに関しての不確実性、そして利用可能なすべてのイラストの仕事を引き受ける結果となる絶え間ない必要性は、いくつかの強制送還の試みによってさらに悪化しました。 1879年、皇帝アレクサンドル2世に対する暗殺未遂の後、ロシア帝国の大都市からのユダヤ人の大量強制送還により、アイザックはモスクワを離れることを余儀なくされました。ありがたいことに、彼の友人や支持者の努力により、彼は1年以内にモスクワに戻ることができましたが、レビタンにとって、祖国への愛情と直面した拒絶は、生涯を通じて密接に関連していました。アイザックは1885年に学校を去り、適切な卒業証書を取得することはありませんでした。それが起こった理由についてはいくつかのバージョンがあります-アーティストは学校を超えてクラスへの出席をやめ、退学に至ったか、またはいくつかの影響力のある意見によると、ユダヤ人の少年がする権利がなかったという事実と関係がありましたロシアの自然の代表になります。

どういうわけか、芸術家の不安な運命は彼の健康と精神状態に痕跡を残しました。彼は1885年のほとんどをA.P.チェーホフの会社で過ごしました。この友情は、レビタンの最後の日まで続きました。この頃、画家は心臓病を発症し、1886年にクリミアへのウェルネス旅行を行った後、劇的に改善しました。帰国後すぐに、アイザックイリイチは自分の作品の大規模な個展を開催し、その後数年間ロシアを探索しました。 1888年、彼はヴォルガ川と岡川に沿って旅をし、プリオスの町に立ち寄りました。レビタンは奇妙なことに魅了され、その後3年間その自然を描写し、プライオのスタジオを手に入れました。町は芸術家の帆布の夕べに描かれました。ゴールデンプライオ(1889)、雨の後。 Plyos(1889)および他の多く。この期間の成功は、最終的に風景画家の財政状況を安定させ、彼はフランスとイタリアでの彼の一連の海外旅行を続けました。

1892年にユダヤ人の大量強制送還が再び発生しましたが、有名な芸術家であり、1891年から旅行美術展の会員であったレビタンは、数か月で帰国することができたほどの影響力のある友情を持っていました。具合が悪い。 1892年の芸術家の感情的な状態は、亡命中に彼が描き始めた彼の「暗い三部作」の2つの絵画、ワールプール(1892)とウラジミールカ(1892)にも反映されていました。三部作の3番目の風景であるAboveEternal Peace(1894)は、2年後に描かれ、IsaacLevitanのキャリアの頂点になりました。この風景は、哲学的な象徴性と、このジャンルのロシアの巨匠の誰もがレビタンの前に試みたことがないほどの深さの感情で満たされています。

アーティストのさらなる人生はほとんど生産的であり、しばしば旅行で進み、最終的に経済的および社会的安定に達しましたが、残念ながら彼の健康へのダメージは元に戻せませんでした。憂鬱になりがちな1895年、アイザック・イリイチは自殺を図りましたが、成功することを意図していなかった可能性があります。これは彼の心臓病が急速に悪化したときでもありました。著名な作家であるだけでなく医師でもあった長年の友人アントン・パブロビッチ・チェーホフは、しばしばレビタンを調べ、必然的なことを予見していた画家の健康に深く悲しみました。皮肉なことに、1898年にレビタンは芸術アカデミーの会員になり、彼が卒業することができなかった彼の前の学校で教える権利を獲得しました。アーティストはこの機会を捉えましたが、1899年にヤルタで治療を受けなければならなかったため、彼の急速な健康状態の悪化により、彼は長い間そうすることができませんでした。悲しいことに、この旅行は役に立たなかったため、Isaac Ilyich Levitanは1900年に39歳で亡くなりました。精神状態が弱く、弱さを克服したにもかかわらず、彼は仕事を続け、最後の日と最後の未完成の壮大な作品であるTheLakeまで展示会に参加しました。ロシア(1990)は光と喜びに満ちています。

ИсаакИльичЛевитанпрожилвсего39лет、ноуспелвойтивисториюрусскогоискусствавкачествеодногоизнаиболееизвестныхмастеровпейзажнойживописиипопуляризатораданногожанра。

И。 И。 Левитанродилсяв1860годувнебольшомпоселениивЛитвеподназваниемКибарты、всемьебывшег Левитаныбылисемьёйобразованной、нонуждающейся、таккакпомимоИсаакавсемьебылоещётроедетей、аотец、ИльяЛевитан、работалучителеминостранныхязыковижелезнодорожнымслужащим。 Вконце1860-хгодовсемьяпереехаланаокраинуМосквы、ноитамЛевитанамнеудалосьдостигнуть ОднакоименнопереездвМосквупозволилпоступитьвУчилищеживописи、ваянияизодчествасначалабудущемухудожникуАвелюЛевитану、апотомиразделявшемуегоувлечениябратуИсааку。

Ссамогоначалаобученияв1873годуталантливыймальчикобращалнасебявниманиеучителейибыст К。 Саврасова。 Когдав1875годускончаласьматьИсаака、адвумягодамипозжеотец、преподавателиорганизовалидляодарённогоюношиденежноепособие、адрузья、средикоторыхбылитакиевеликолепныебудущиехудожникикакКонстантинКоровин、МихаилНестеровиАлексейСтепанов、началидаритьтомукистиикраски。 ИнтересИ。 И。 Левитанакпейзажномужанрупроявилсядовольнобыстроихарактерныегопейзажибылитем、чтопередавалинетольковизуальныеобразыприроды、ноиличноевосприятиеизображаемогохудожником。 ЗаработамиЛевитанапрочнозакрепилсятермин "пейзажинастроения"、принаписаниикоторыхоннеизменновозвращалсякнаставлениюСаврасоваотом、чтопомимоизучениякомпозициинемаловажнымявляетсяспособностьеёчувствоватьитранслироватьсобственныечувстванахолст。

ПервымкрупнымуспехомИ。 И。 Левитанапомимо、разумеется、всеобщейлюбвивучилище、сталоприобретениеегоработыОсенни Сокольники(1879)П。 М。 Третьяковым。 СобраниеТретьяковскойгалереиктомумоментуужебылооченьизвестнымиинтересПавлаМихайловичаимелсущественныйвесвхудожественномобществе、чтосущественноподнялосамооценкуюногопейзажиста。 ТретьяковпродолжалследитьзауспехамиЛевитанаинередкопокупалегокартины、однаконесмотрянавсюподдержку、которуюЛевитанполучалнапротяжениитворческогопути、жизньегобыланелегка。 Нищетаиранняясмертьродителей、поставившаяподугрозуегокарьеруиобразование、сменилисьнеобходимостьюзарабатыватьнажизньиллюстрациямидляеженедельников、ав1879году、послепокушениянацаряАлександраII、ИсаакаЛевитана、какивсехевреев、выселилиизМосквы。 ТогдахлопотыдрузейпомоглихудожникувернутьсявМосквуужечерезгод、новЛевитаневсегдаборолисьлюбовькРоссииигоречьпорождённаягонениями。 УчилищеИ。 И。 Левитанв1885годупокинулбездиплома。 Пооднойизверсий、достигнувопределённогоуспеха、художникпересталпосещатьучилище、зач Подругойженевсебылиблагосклонныкеврейскомумальчику、посягнувшемунакрасотурусскойприроды、иотказополучениидипломаглубокоопечалилпейзажистаиникакотнегонезависел。

Такилииначетяжёлаясудьбахудожникаоставилаотпечатокнаегоздоровьеиэмоциональномсос Большуючасть1885годаонпровёлвкомпанииА。 П。 Чехова、дружбаскоторымпродлиласьдосамойсмертипейзажиста。 ТогдажеуЛевитанаобостриласьболезньсердца、ив1886годуонотправилсяналечениевКрым、от Онпочтисразужеорганизовалкрупнуюперсональнуювыставкусвоихпейзажей、апоследующиег В1888году、задержавшисьвовремяпутешествияпоВолгеиОкевгородкеПлёс、Левитанбылтакпленёнувиденнойприродой、чтовпоследствиипровёлвПлёсенеодингодидажеоборудовалтаммастерскую。 ГородоквоспетхудожникомнатакихполотнахкакВечер。 ЗолотойПлёс(1889)、Последождя。 Плёс(1889)имногихдругих。 Успехданногопериодаокончательностабилизировалфинансовоесостояниепейзажистаитотсмогп

1892годознаменовалсядляИсаакаИльичановойссылкой、нобудучиужеизвестнымхудожником、ас1891годаещёичленомТовариществапередвижныххудожественныхвыставок、Левитанобладалнастольковлиятельнымисвязями、чтоссылкапродлиласьнедолго、хотяивновьподорвалаегоздоровье。 Эмоциональноесостоянияхудожникав1892годупрослеживаетсяиназародившихсявссылкедвухкартинахего "мрачнойтрилогии"、Уомута(1892)Владимиркаи(1892)。 Третьякартинатрилогии、Надвечнымпокоем(1894)、быланаписанапозжеисталавершинойтворчества Данныйпейзажнаполненфилософскимсимволизмомиглубинойчувств、которыебылинеподвластнырус

Дальнейшаяжизньхудожникабылатакжевесьмапродуктивнойипротекалавпутешествиях、финансовойисоциальнойстабильности、ноегоздоровьеуженевосстановилось。 Склонныйкмеланхолии、в1895годуонсовершилуженепервуюсвоюпопыткусуицида、которая、впро Тогдажевновьобострилисьпроблемыссердцем。 ОсматривавшийИсаакаИльичадавнийдругАнтонПавловичЧехов、которыйбылнетолькописателем、ноиврачом、былглубокоопечаленздоровьемтоварищаипредвиделнеобратимое。 Поирониисудьбыв1898годуЛевитанполучилзваниеакадемикаиправопреподаватьвУчилище、ко Художниквоспользовалсяэтимправом、ностремительноухудшающеесяздоровьенепозволилоемудолгопробытьвстатусепреподавателя - в1899онбылвынужденотправитьсяналечениевЯлту、ноононепомогло、ив1900годуИсаакИльичЛевитанскончался。 Несмотрянапериодыдепрессиииудручающуюслабость、ондопоследнихднейпродолжалработуиучастиеввыставках、аегопоследняянеоконченнаямонументальнаяработаОзеро。 Русь(1990)наполненатепломисветом。


ロシア:1860〜 1900年-歴史

    (d-maps.com)(ロシア語)(American Geographical Society Library Digital Map Collection)(David Rumsey Map Collection)(WHKMLA)(Library of Congress)(A。F. Marx、1907、in Russian)(oldmapsonline.org)
    (T. I. Ponka、K。C。Savruscheva、Otechestvennaja Istorija)(N。N. Polunkina編、Istorija Rossij、2004)(P。Magocsi、ウクライナの歴史アトラス、1987)
  • Rus(XIIth-XIIIth Centurys)
  • ロシアの州、1223年
  • Western Russian Lands (in Lithuania), XIIIth-XVth Centuries
  • Principality of Moscow, 1300-1340
  • The Growth of Russia in Europe, 1300-1796 (William Shepherd, Historical Atlas, 1926)
  • The Formation of the Russian State (XIVth-XVIth Centuries)
  • East Europe in the first half of the 16th century (Vladimir Nikolaev)
  • East Europe in the second half of the 16th century (Vladimir Nikolaev)
  • East Europe in the first half of the 17th century (Vladimir Nikolaev)
  • East Europe in the second half of the 17th century (Vladimir Nikolaev)
  • Historical Map of Siberia (XVIth-XVIIth Centuries)
  • Russo-Polish War, 1654-1667
  • Russia at the Beginning of the 17th Century
  • Tsardom of Rusia in the 17th Century (Vladimir Nikolaev)
  • Economic Development of Russia in the 17th Century
  • Russia, 1695-1763 (T. I. Ponka, K. C. Savruscheva, Otechestvennaja Istorija)
  • Great Northern War (1700-1721) (Vladimir Nikolaev)
  • The Northern War (1700-1721) (T. I. Ponka, K. C. Savruscheva, Otechestvennaja Istorija)
  • Russia and Scandinavia (Stielers Hand-Atlas, 1891)
  • Russia, 1725 (The Cambridge Modern History Atlas, 1912)
  • Russian Territorial Expansion, 1725-1795 (The Cambridge Modern History Atlas, 1912)
  • Russian Involvement in the Seven Years War (T. I. Ponka, K. C. Savruscheva, Otechestvennaja Istorija)
  • Russo-Turkish War, 1768-1774 (T. I. Ponka, K. C. Savruscheva, Otechestvennaja Istorija)
  • Russo-Turkish War, 1787-1791 (T. I. Ponka, K. C. Savruscheva, Otechestvennaja Istorija)
  • The War of 1812: The Invasion of Napoleon (N. N. Polunkina, ed., Istorija Rossij, 2004)
  • The War of 1812: Napoleon’s Defeat (N. N. Polunkina, ed., Istorija Rossij, 2004)
  • Central Russia, The War of 1812 (The Cambridge Modern History Atlas, 1912)
  • Russian Campaign of Napoleon, 1812 (Samuel Gardiner, School Atlas of English History, 1914)
  • Battle of Borodino, August 26, 1812 (N. N. Polunkina, ed., Istorija Rossij, 2004)
  • Area of Legal Jewish Settlement in Russia in 1825
  • Development of Capitalism in Russia in the Second Half of the XIXth Century
  • Crimean War, 1853-1856 (N. N. Polunkina, ed., Istorija Rossij, 2004)
  • Crimean War, 1853-1856
  • Ethnographic Map of the European Russia, ca. 1860
  • Carte ethnographique de l’Empire de Russie, 1862 (Eckert & Kiepert)
  • Russo-Turkish War, 1877-1878
  • European Russia, 1898: Races and Religions
  • Map of the Western and Southern Slavs (Rittich, ca. 1880)
  • European Russia, 1916: The Railways System
  • Russia, 1920 (Asprey’s Atlas of the World, 1920)
  • Russia in Europe and Caucasia, 1920 (Leslie’s New World Atlas, 1920)
  • Western Russia, 1920 (Asprey’s Atlas of the World, 1920)
  • The Independent Far Eastern Republic, 1920-1922
  • The Soviet Union, December 1922
  • Soviet Union, 1922-1939: The Industrialisation
  • Soviet Union - Administrative Divisions, 1939
  • Soviet Union, 1939: The European Republics
  • Soviet-Finnish War, 1939-1940: Terrain and Communications
  • Soviet-Finnish War, 1939-1940: Troop distribution
  • Soviet-Finnish War, 1939-1940: The War Situation about 30 December 1939
  • Soviet-Finnish War, 1939-1940: The War Situation about 14 March 1940
  • Soviet Union, 1939-1945: The Railways System
  • German-Soviet Partition of Poland, September 1939
  • Soviet Union, 1940: The European Republics
  • Soviet Union, 1941: An Ethnic Map
  • A German Plan for the Partition of the Soviet Union, 1941
  • Soviet Union - Administrative Divisions, 1974
  • Soviet Union - Administrative Divisions, 1981
  • Soviet Union - Administrative Divisions, 1984
  • Soviet Union - Administrative Divisions, 1989
  • Russia - Autonomous Divisions, 1992
  • Russia’s Ethnic Republics, 1994
  • Ethnic Russians in the Newly Independent States, 1994
  • Russia - Autonomous Areas, 1996

For any questions, comments or concerns, please feel free to contact us: [email protected]

If you didn’t receive any answer from us in reasonable period of time (72 hours), you probably have a spam-filter problem. In such a situation, please use Facebook or Twitter (direct messages) for a better communication.


Jewish History

The early 1800s marked the beginning of a significant change for Jewish life in Eastern Europe. The change took place in many different spheres and on many levels.

Population Explosion

The first was simply demographic: the Jewish population exploded during the 19 th century. It is estimated that at the time of the Napoleonic Wars (i.e. the beginning of the 1800s) there were about 2.25 million Jews in the world. By 1880, that figure had reached 7.5 million. By 1900 it approached 9 million!

Many reasons are given for this population explosion. One is that it is not so much that the Jewish rate of birth increased as that the Jewish rate of death decreased, especially in the area of infant mortality.

Jews also married younger. The average age of marriage in Eastern Europe was estimated to be between 14 and 16. These young marriages helped increase the number of families and of children being born.

都市化

The second factor was the coming of the Industrial Revolution to Eastern Europe and the urbanization of its population. The Jews had lived in small, isolated communities—villages, farms, rural areas—as an agricultural-based people who lived among the peasants of Russia and Poland. The city of Warsaw had a very negligible Jewish population in the late 1700s. By 1850 it had 125,000 Jews, and by the time of the Second World War, it had a Jewish population 350,000.

The Jews came to the cities for various reasons. But they came for the same reason that urbanization was popular throughout the world. The cities meant an opportunity to get ahead. It meant a job. It meant getting off the farm.

During the 19 th century therefore the Jewish people changed from a rural people to an urbanized one. And since the Jews, for whatever reason, had less attachment to the rural society, they urbanized much more quickly than their non-Jewish neighbors. They found the opportunities a grand challenge for their talents and their lifestyle.

Jews on the Move

A third matter that occurred then, in the beginning of the 19 th century, was the complete mass emigration of Jews from one place to another. The Jews began to move.

They began to move within Russia, Poland and the Austro-Hungarian Empire. There was a shift in population of the Jews in Germany, from the eastern part close to the Austro-Hungarian border into Poland. Eastern European Jews began to move to southern Russia and the Ukraine. The large settlements of the Jews in northern Poland and northern Lithuania began to move south, as far as the Black Sea at the port of Odessa. There was a large Jewish migration from Galicia and from southern Poland to Romania and Hungary, so that the Jewish population increased tenfold there.

The coming of the Chassidic Movement to those areas of Europe where it had not existed before was part of this mass emigration. Beginning in the 1840s there was a trickle of emigration to the United States, but by the time of the American Civil War there were already 50,000 Jews in New York. Even though the basis of Jewish life there country was founded upon German Jews, who came first, Eastern European Jews began to come almost immediately thereafter. Then the great waves of migration in the 1880s until the First World War, and after it, brought millions of Jews to the shores of the United States.

Jews moved to England in great numbers, particularly Lithuanian Jews. A great number of Lithuanian Jews moved to such exotic places as South Africa, where in the Boer Republic that was established in the 1850s and 1860s there was already strong and with significant Jewish representation. At the time of the Boer War, at the end of the 19 th century, there were almost 75,000 Jews in South Africa.

Jews moved to France. By 1850, there were 25,000 Eastern European Jews in Paris. Jews moved, for the first time, to Vienna, Budapest and Berlin. These cities now had sizeable Jewish populations.

All of this – the movement, the population explosion, the urbanization and the Industrial Revolution, the springing up of factories and different types of labor — served to unhinge the Jewish population. It brought an element of chaos into Jewish life. The old was going, never to come back again. The new was frightening, different, unpredictable, and the Jewish world was being thrust into it not only without preparation but without protection, with nothing to ease their way.

The Evil Decrees

The Jews were loyal to Russia during the Napoleonic War. This loyalty was rewarded by a series of decrees which, in the history of the Jewish people, are arguably the single worst series of decrees Jews have ever undergone. It would begin with Czar Alexander in the early 1820s and continue with his son Nicholas and then by Alexander III. Their intent was the utter destruction of the Jewish people.

It is rumored that the Czar’s minister said that the Jewish program of the Russian government was “one-third extermination, one-third emigration, and one-third assimilation (or conversion).” It is not overstating it that the elimination of the Jewish people in Russia was one of the goals of the Romanovs. It is interesting to see how that attitude was inherited by the revolution that overthrew the Romanovs, the Communist Revolution. The decrees were different but their purpose was the same.

The Pale of Settlement

The first main decree, which was put to effect in 1825, was establishment of the Pale of Settlement. This was an area within Russia where Jews were allowed to live. No Jews were allowed outside the Pale of Settlement. Within the Pale, Jews were not allowed to live in certain cities.

The Pale of Settlement decree, in effect, prevented any chance for Jews to advance economically. It was the ghetto on a grand scale. Jews were prevented from living anywhere within about 35 miles of the Russian border, which was heavily populated by Jews. The Russians openly said that the Jews were a risk and therefore they could not live close to the border. That meant that about 100,000 Jews were uprooted and forced to become refugees.

The Czar also forbade the Jews from living in any of the main cities of Russia. For instance, Jews were driven out of Kiev. They lived in all the small towns around it. The strong Jewish centers of population were overrun by penniless, itinerant Jews. All of this was meant to make certain that the Jews would not be able to adjust.

The Cantonist Decrees

In 1827, Czar Nicholas signed into law, “The Decree of the Cantonists.” From the beginning of the 1700s until the 1820s, Jews technically were liable for service in the Russian army. However, a Jew could legally buy his way out. If he paid a certain amount of money the conscription would be waived.

As part of the Czar’s program to break the Jewish people and force them to convert, and to help exterminate some of them and send a message to the rest that they had no future in Russia, the Czar passed a decree that no longer would it be acceptable to pay money to be exempted from the army, and that all the Jewish communities had to fulfill their quota.

The rate of suicide among the Jewish children who were taken was almost 60%, because they would not convert. From the moment they were taken away, they were forced to attend Russian Orthodox services. Many were forcibly baptized.

These children were taken into very rough conditions, to freezing cold places with poor sanitation. Not every 8-year-old child can march 10 or 12 miles every day. Out of those children who went into the army, very few came back. And out of those who did come back, very few of them came back as Jews.

The decree was unspeakably cruel. And it stayed in effect for almost 30 years. It was enforced more rigidly at some times and more leniently at others, but it was always there.

Good, Old Anti-Semitism

In 1840, Czar Nicholas produced the Mein Kampf of the Romanovs. He said exactly that the reason Jews cannot be assimilated into Russian society, and are not entitled to any of the Russian privileges, was because of their “terrible religion.”

Nicholas said that the problem with the Jews is that they believed in the “cursed book,” the Talmud. In Europe, there was an expression, “a Shas Jew” (Shas is a Hebrew acronym standing for the Six Orders of the Mishnah/Talmud). A Jew who knew the Talmud knew how to be a Jew. That is one of the reasons that even today in any sort of intensive Jewish education the emphasis is on Talmudic studies, even though the boy is not going to be a rabbi and may not even become a scholar. That has nothing to do with it. If he has studied Talmud for a number of years, then he has a chance to understand what it is to be a Jew.

The Czar also said that the problem with the Jews was that they thought of themselves as being in exile, because they were removed from Palestine, and therefore they wait daily for a Messiah to come and bring them there. All of these things were incompatible with Russian society and Russian patriotism.

He therefore appointed a commission called the Bureau of Jewish Affairs, whose purpose was to destroy the Jewish people. Part of the program was the establishment of schools, supported by the Russian government, that would teach Judaism — but not in the spirit of the Talmud. They would teach the Czar’s brand of Judaism.

They also would disband all the Jewish religious councils, and force the rabbis to take competency tests. These tests covered speaking, reading and writing in the Russian language, knowledge of Russian history and so on. Almost no rabbi in Russia could pass, or was even interested in passing, these tests.

The first half of the 19 th century in Russia was a terrifying time for Jews. They were constantly targeted by the authorities, who placed upon them a series of terrible decrees whose impact lasted well into the latter half of the century and beyond. The sum total of these decrees would ultimately unleash various new and destabilizing Jewish movements in Eastern Europe, which in turn would spawn other Jewish movements to counteract them. The aftershocks of all these movements and events were so powerful that their repercussions can still be felt reverberating in the Jewish world today.


The Russian folk epos in Czech literature, 1800-1900

The Russian folk epos in the eighteenth and early nineteenth centuries -- The Czech revival and Russia -- First influences of Russian folk poetry in Czech literature -- The climax of the Czech pre-romantic movement: The work of F.L. Čelakovský -- Josef Jaroslav Langer -- Echoes of Russian epic influence in Czech poetry of the mid-nineteenth century -- The Russian epos and Czech-Slovak scholarship of the romantic period -- Czech literature and Russia, 1860-1900 -- Translations and studies of the Russian epos in the second half of the nineteenth century -- Cosmopolitanism and nationalism: Karel Leger, František Kvapil, František Chalupa -- Realism in Czech poetry: František Táborský -- Czech cosmopolitanism and neo-romanticism: Julius Zeyer -- Conclusion -- Appendix: Sumarokov's "Chorus to a perverse world"

commitment to retain 20151208

Access-restricted-item true Addeddate 2020-03-18 14:01:41 Boxid IA1763614 Camera Sony Alpha-A6300 (Control) Collection_set printdisabled External-identifier urn:oclc:record:1100462862 Foldoutcount 0 Identifier russianfolkeposi0000unse Identifier-ark ark:/13960/t3sv60v2t Invoice 1652 Lccn 51012494 Ocr ABBYY FineReader 11.0 (Extended OCR) Old_pallet IA16567 Openlibrary_edition OL6094746M Openlibrary_work OL6925561W Pages 306 Ppi 300 Republisher_date 20200121154419 Republisher_operator [email protected] Republisher_time 623 Scandate 20200116210126 Scanner station14.cebu.archive.org Scanningcenter cebu Tts_version 3.2-rc-2-g0d7c1ed

ビデオを見る: ロシアの歴史ロシアのもとができるまで世界各国史プロジェクト