フォードモーターカンパニーを設立

フォードモーターカンパニーを設立


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

1903年6月16日の午前9時30分、ヘンリーフォードとフォードモーターカンパニーの他の将来の株主がデトロイトで集まり、新しい会社を設立するために必要な公式書類に署名します。 12名の株主がフォームに記載され、署名、公証され、ミシガン州務長官の事務所に送られました。翌日、国務長官が定款を受け取ったときに、会社は正式に設立されました。

続きを読む:アメリカを作った車

フォードは、デトロイトのエジソン照明会社の主要工場の機関長として働いていたときに、1896年に自宅の裏にあるワークショップで最初のガソリン車(クアドリシクルと呼びました)を製造しました。彼は1903年以前に自動車を製造する会社を立ち上げることに2回失敗しました。フォードモーターカンパニーが設立されてから1か月後、最初のフォード車がデトロイトのマックアベニューの工場で組み立てられました。

フォードの初期には、1日に数台の車しか組み立てられておらず、他社が注文した部品から小さなグループの労働者によって手作業で製造されていました。 1908年にモデルTが発表されたことで、フォードはすべての人に手頃な価格で効率的で信頼性の高い自動車を製造するという使命に成功しました。10年以内に、アメリカの自動車のほぼ半分がモデルTでした。 「TinLizzie」に対するセンセーショナルな需要により、フォードは大規模な生産工場、標準化された交換可能な部品の使用、1913年に世界初の自動車用可動組立ラインなどの大量生産方法を開発しました。 1914年、生産性をさらに向上させるために、フォードは労働者に1日8時間の5ドルの日給(9時間の2.34ドルから​​上昇)を導入し、業界の基準を設定しました。

1910年代後半から1920年代初頭にかけて、フォードはミシガン州ディアボーンのルージュ川のほとりに沿って大規模な工業団地の建設を開始しました。この工場は、ガラス工場、製鉄所、組立ラインなど、自動車生産に必要なすべてのコンポーネントを組み合わせました。フォードモーターの他の株主が莫大な費用のためにリバールージュ工場を建設するという考えに抵抗したとき、ヘンリーフォード(早くも1906年に会社の58.5パーセントを所有していた)はそれらを買収し、1919年に息子のエドセルを会社の社長として任命しましたフォード長老は会社の運営を完全に掌握しましたが、エドセルが1943年に亡くなった後、1945年に孫のヘンリーフォードIIに引き渡す前に、しばらくの間大統領に戻りました。2年後、伝説の自動車メーカーはで亡くなりました。 83歳で彼のディアボーンの家。


フォードモーターカンパニーの歴史

フォードモーターカンパニー はアメリカの多国籍企業であり、世界の自動車販売台数で世界第4位の自動車メーカーです。デトロイト郊外のミシガン州ディアボーンを拠点とするこの自動車メーカーは、ヘンリーフォードによって設立され、1903年6月16日に設立されました。フォードは現在、米国のリンカーンとマーキュリー、スウェーデンのボルボなど、多くのブランドを網羅しています。


同社がフォードモーターカンパニーになる前は、1889年にデトロイトオートモービルカンパニーとして設立されました。フォードモーターカンパニーは、1903年にヘンリーフォードによって設立されました。その歴史全体を通して、フォードはフォード家族の一員によって率いられてきました–米国で最大の家族経営のビジネスになりました。 1903年に会社が設立されたとき、投資家はわずか12人で、合計1,000株でした。ヘンリー・フォードは息子のエドセル・フォードを会社の社長に任命し、副社長に就任しました。

1904年、フォードは最初の国際展開を行い、カナダのフォードを設立しました。 1911年までに、同社は海外展開を開始しました。この頃、フォードは最初の移動組立ラインを作成したことでも有名になり、製造業を変えました[配当投資の十戒も参照]。

1920年代までに、フォードはその生産を工業レベルにまで増やし、会社が大恐慌を乗り切ることを可能にしました。

1940年代に米国が第二次世界大戦に突入したとき、ヘンリーフォードは戦争のための生産努力に貢献することを躊躇しましたが、後に同意しました。この間、エドセルフォードは病気になり、1943年に亡くなりました。息子の死後、ヘンリーフォードが会社の支配権を引き継ぎましたが、わずか4年後に亡くなりました。

2006年に、ウィリアムクレイフォードは元を雇った ボーイング (BA)苦労していた会社を好転させるために、アラン・ムラーリー社長。 Mulallyは以前、9.11攻撃と2000年代初頭の不況の後、ボーイングをその闘争に導いていた。

2008年までに、フォードは金融危機と破産の後、ペニー株に変わりました。 ゼネラルモーターズ (GM)。危機以来、同社は好転している。

2015年までに、自動車メーカーがより速い国内の回復を供給し続けたので、フォードは記録的な利益を記録しました。近年、同社はハイブリッド車市場のリーダーとして浮上しており、スマートモビリティの向上に注力しています。これには、より多くの設備投資と投資が必要であり、それが企業の利益に食い込んでいます。 2018年、同社は2つの輸送ソフトウェア会社であるAutomaticとTransLocを買収することにより、モビリティユニットを拡張しました。


フォードモーター社の歴史クイズ

馬車には魅力がありますが、車がもっと速くできるのに、町中で一日中クリップを切りたいと思っているのは誰ですか?確かに、社会は、現代の自動車を迅速かつ手頃な価格で製造できるように推進するのを支援してくれたヘンリー・フォードに本当に感謝の意を表しています。彼は世界初の自動車メーカーではありませんでしたが(その栄誉は、1886年に「ガスエンジンを搭載した自動車」の特許を申請したカールベンツに授けられました)、フォードは自動車生産をこれまでにない高さにしたと信じられています。またはおそらく想像さえしていました。

フォードモーター社の歴史の多くは魅力的ですが、すべてが太陽の光とバラではありませんでした。多くの車両が市場で不用意にフロップし、さらに価格の高騰と業界の不安により、フォードや他の主要メーカーは健全な収益を維持するのに苦労しています。 2009年、フォードは、自動車大手のゼネラルモーターズやクライスラーとは異なり、破産を(かろうじて)回避することができました。彼らは不採算地域の脂肪を取り除くことによってビジネスを続けています。実際、2018年には、同社が北米で乗用車(2つの人気モデルを除く)を段階的に廃止し、トラックやSUVなどを優先するという発表がありました。もちろん、これは皮肉なことです。なぜなら、乗用車が会社のスタート地点だからです。

フォードは製造業に革命をもたらし、デトロイトをかつての世界の産業の中心地にするのに貢献しました。フォードモーター社の歴史についてどのくらい知っていますか?このクイズに答えて調べてください。


フォードの歴史

フォードモーターカンパニーは19世紀に始まった豊かな歴史を持っています。野心の山を持つ一人の男からグローバル企業まで、フォードは何十年にもわたって頭を回転させてきました。

アイコンの誕生

ヘンリーフォードは1863年7月30日に生まれ、デトロイト郊外の農場で彼の形成期を過ごしました。 13歳の時、彼は蒸気ローラーを間近で見る機会があり、機械への愛情が生まれました。

16歳のとき、フォードはデトロイトに足を踏み入れ、市内の路面電車を製造および保守しているミシガンカーカンパニーワークスで見習いとしての仕事を取得しました。

18歳のとき、フォードは市内の乾ドック会社で働き、そこで大型エンジンと産業機器の使用経験を積みました。しかし、彼はすぐに農場に戻り、農機具用の小さなエンジンを操作して製造しました。

1880年代を通じて、彼は内燃機関を製造し、馬なし馬車の開発に取り組み始めました。 1888年、彼はクララ・ブライアントと結婚しました。クララ・ブライアントは彼のすべてのエンジニアリング活動をサポートします。

1890年代までに、フォードはエジソン照明発電所でエンジニアとして働いていて、自動車になるものを作ることに彼の自由な時間のすべてを費やしていました。

彼の革新はトーマス・エジソンの目に留まり、彼らは生涯の友人になるでしょう。

会社の誕生

1896年6月、フォードは最初の作業車両を製造しました。これをクアドリシクルと呼びました。数年以内に、彼はフォードモーターカンパニーの前身であるデトロイト自動車会社の監督として働き始めました。

監督として、彼はエンジンに取り組む自由があり、特に優れていました。彼はまた、最も人気のある車がレースに使用されると信じて、その目的のために車を開発し始めました。

1901年11月30日、デトロイト自動車会社のメンバーがヘンリーフォード会社を設立し、フォードが機関長を務めました。次の数年間、彼は新しい車両とエンジンの開発を続けました。

現在はフォードモーターカンパニーと呼ばれ、1903年に最初のフォードモデルAを販売しました。その後数年間で着実に利益を増やし、成功を収めました。

それらはすべて手作りであるため、毎年約1700台の自動車しか生産できませんでしたが、新しいイノベーションは生産性の向上に役立ちます。

小説集会

組立ラインの背後にある考え方は、各人がタスクの1つの小さな部分を繰り返し実行することで、すべての作業者が一緒になってより迅速かつ効率的にタスクを完了できるようにすることです。

産業革命以前は組立ラインや生産ラインが使われていましたが、人々が蒸気や電気を動力源とする自動ラインを使い始めたのは18世紀の終わりまででした。

これらの自動コンベヤーは、自動車の大量生産にとって非常に重要になります。自動車生産のための組立ラインの最初の使用は、早くも1901年にオールズモビルの創設者であるランサムオールズにクレジットされています。

フォードは最初ではありませんでしたが、1913年にモデルTの組立ラインを使用して、はるかに遅れていませんでした。ただし、フォードのラインは完全に自動化されているという点で異なっていました。

この移動する組立ラインにより、各モデルTの製造時間がわずか93分に短縮され、自動車の製造方法に革命が起こりました。とても速かったので、絵の具でさえ乾く時間がありませんでした。

フォードは、生産に追いつくのに十分な速さで乾くことができるのは1種類の黒いペンキだけだったため、車の色の選択を減らす必要がありました。

評判の構築

次の数十年にわたって、フォードは爆発しました。高い生産量は高い需要に応え、高い利益をもたらしました。彼は、生産のすべての部分を社内に維持するために、巨大な工場の複合施設を建設しました。

車のすべての部分は、ガラス工場と製鉄所を含むこの複合施設で製造されました。フォードの株主がこの複合施設の建設に反対したとき、フォードはそれらを買い取り、息子を大統領にした。

1917年、フォードはモデルTTでトラックの製造を開始しました。これがF-100シリーズ、そして最終的には今日でもベストセラーのトラックモデルであるF-150シリーズのインスピレーションとなるでしょう。

ヘンリーフォードの息子エドセルが1943年に亡くなったとき、彼は数年間会社の支配権を取り戻しました。 1945年、彼は孫のヘンリーフォード2世を支配しました。 1945年は第二次世界大戦の終結のために会社に変化をもたらすでしょう。

戦争は、建築材料の配給から設計の新しい革新まで、車両生産に影響を与えました。戦後、1954年のサンダーバードや1964年のマスタングなど、数台の車が登場しました。

彼らはまた、1965年に象徴的なブロンコをリリースしました。販売されているフォードブロンコを見つけることに興味がある場合は、ここをクリックしてください。

評判の維持

1963年、ヘンリーフォード2世は、ルマン24時間レースなどの国際レースに参加することで、売り上げを伸ばすためにフェラーリを購入しようとしました。しかし、フェラーリは代わりにフィアットとの協力を開始するためにオファーを使用しました。

これはヘンリーフォードとフォードモーターカンパニーにとって大きな侮辱でした。それに応えて、フォードはキャロルシェルビーと協力して、ルマンでフェラーリと競争できる車両を生産し始めました。

彼らは後にフォードGTラインに影響を与えるフォードGT40MkIとGT40MkIIを製造しました。これらのデザインは、マスタングのシェルビーラインにも使用されます。

フォードは、参加した最初の数年間はルマンで苦戦しましたが、1966年から1969年までの4年間連続で優勝することで、フェラーリの連勝を破ることになりました。

これはフェラーリにとって大きな打撃であり、フォードモーターカンパニーにとっては償還でした。

世紀を終える

20世紀の最後の30年間にも多くのハイライトがありましたが、ル・マンでのライバルほどエキサイティングなものはありませんでした。

1970年、フォードはマーベリックを発表し、アジア太平洋地域での販売を開始することにより、そのブランドを新しい大陸にもたらしました。 1972年に、フォードはその車に格納式シートベルトを装着し始め、1976年に、ヨーロッパのフォードは新しいフィエスタラインをデビューさせます。

1979年にフォードはマツダの25%のシェアを購入し、1981年にフォードエスコートのヨーロッパカーオブザイヤーを受賞しました。 1981年に、彼らは彼らの最も人気のあるセダンの1つになるであろうリンカーンタウンカーを紹介します。

1987年にフォードはアストンマーティンとハーツのレンタカー会社を買収し、ヘンリーフォード2世は70歳で亡くなりました。1988年にフォードは53億ドルで世界で最も収益の高い自動車会社になり、1989年にフォードはジャガーカーを買収しました。 。

1991年に、フォードはエクスプローラーを発表しました。エクスプローラーは、SUVスタイルの車両をより広く使用するために使用されます。 1999年、フォードはボルボの車両部門を買収しました。

新世紀

世紀の変わり目と新しい千年紀とともに、自動車の新しい基準が生まれました。安全性や環境への排出などはスピードと同じくらい重要になり、新しい車を購入したい人を探しています。

2000年、フォードは車両が横転して死亡するという課題に直面していました。このため、ブリヂストンは650万本のタイヤをリコールし、フォードがブリヂストンを非難している間、フォードに責任を集中させようとしました。

ブリヂストンがフォードに2億4000万ドルを返済するという合意に達したのは2005年まででした。全体として、リコールには20億ドル以上の費用がかかりました。

フォードはこの課題に取り組み、これらの要件を満たすために新しいシステムを開発しました。彼らは、ほぼ1世紀にわたって販売してきたトラックや車に加えて、家族向けのSUVを設計しました。

また、世界中のすべての工場が国際標準化機構によって定められた国際環境基準を満たしていることを確認しました。

2004年に、彼らはフォードGTをリリースしました。これは、消費者がスピードに興味を持っているというヘンリーフォードの当初の考えを反映しています。 2005年に、彼らはマーキュリーマリナーをリリースしました。これは彼らの最初のガスと電気のハイブリッドでした。


エドセルは、委員会によって車を設計してはならない理由を証明しました

フォードはエドセルに対して大きな野心を持っていました。残念ながら、それらは大きすぎました。

1950年代のフォードは野心的ではないにしても何もありませんでした。残念ながら、この野心はエドセルを生み出しました。エドセルの名前は、1959年に初期のブランドが殺害された後、企業の失敗の代名詞になりました。エドセルの短い歴史は、自動車業界だけでなく、ビジネスの誰にとっても魅力的な警告の物語です。

私たちの仲間は 通常の車のレビュー 新しいドキュメンタリーポッドキャストでエドセルの歴史に入りました。自動車ビジネスに興味のある人なら誰でも聞くことができます。

ヘンリーフォード2世のリーダーシップの下、フォードモーターカンパニーはアメリカで最も優秀な人材を幹部として採用しました。 Whiz Kidsと呼ばれるこのグループは、フォードとマーキュリーの間に新しいブランドを導入することで、米国でのフォードの市場シェアを拡大​​したいと考えていました。

唯一の問題は、彼らが良い名前を思い付くことができなかったことです。文字通り何千もの名前が提案された後、彼らは最終的にエドセルに落ち着きました。ヘンリーフォードの息子の名であり、ヘンリー2世の父親がここでのキーワードです。彼らはエドセルにもたくさんの新技術を投入しましたが、車がどうあるべきかについて明確なビジョンを持っている人は誰もいませんでした。さらに悪いことに、最初に製造されたエドセルは生産上の問題に悩まされ、ディーラーを激怒させました。

世間は、この奇妙なスタイル、名前の悪い、発想の悪い車も本当に理解していませんでした。エドセルが1958年にデビューしたときに成功する可能性が少しでもあったとしても、景気後退によって殺されました。彼らの名誉のために、フォードの幹部は、1959年の終わりにエドセルのブランドを殺して、彼らが自分たちの手にどれほどの失敗をしたかを理解しました。

エドセルの終焉には悪い状況が大きな役割を果たしましたが、後から考えると、車は最初から運命づけられていたようです。当時、フォードには多くの賢い経営者がいましたが、エドセルに取り組んでいる手が多すぎたため、プロジェクトには方向性がありませんでした。

世界で最も成功した車であるモデルT、ビートル、ミニなどが個人または小グループによって考案されたのは偶然ではありません。車で作業する人が増えるほど、その意図は泥だらけになります。あなたがビジネスで最も明るく、最も善意のある心を持っているとしても。


デトロイト百科事典

フォードモーターカンパニーは、創設者のヘンリーフォードがデトロイトのマックアベニューにある改造工場でベンチャーを立ち上げた1903年に正式に設立されました。自動車事業を立ち上げるのは3度目の試みでした。当時、同社は1日に数台の車しか生産できませんでした。

フォードは1908年にモデルTの導入で画期的な進歩を遂げました。それは、ヘンリーフォードが車に求めていたもの、つまり効率、信頼性、そしてリーズナブルな価格を具現化したものです。車両の需要が高いため、フォードモーターカンパニーはミシガン州ハイランドパークにアルバートカーンが設計した新しい工場を委託しました。フォードが彼の最初の組立ラインの大量生産モデルを導入することによって自動車産業に革命を起こしたのはここです。個々の労働者は1つの場所にとどまり、彼らの前を通過した車両に対して同じタスクを実行しました。この実装により、フォードは競合他社よりも優位に立つことができました。

1914年、フォードは工場の従業員に1日5ドルの賃金を提供し始めました。これにより、多くの低熟練労働者が中産階級になり、彼らが作った製品を買う余裕ができ、従業員の離職率が劇的に低下しました。 1920年代に、フォードモーターカンパニーはリンカーンモーターカンパニーを買収し、その生産業務の多くをミシガン州ディアボーンのフォードルージュコンプレックスに移しました。 10年の終わりまでに、道路上の3台の車のうち2台がモデルTでした。フォードモーターカンパニーは、第二次世界大戦中の連合国のキャンペーンで中心的な役割を果たしました。フォードは、自動車業界に導入したのと同じ大量生産技術を使用して、ウィローランで1時間に1機、または毎月約600機の速度でB-24リベレーター航空機を大量生産し始め、デトロイトのニックネームである民主主義の兵器庫を生み出しました。

1950年代と1960年代には、1955年のサンダーバードや1964年のマスタングなど、フォードの最も象徴的な車のいくつかが導入されました。この時期には、一般の人々に受け入れられなかった高級車であるエドセルの導入と不幸な終焉も見られました。次の数十年を通して、フォードモーターカンパニーは拡大を続け、アジアで事業を開始し、フォードモータークレジットカンパニーを設立し、マツダやランドローバーを含む他のブランドを買収しました。 2008年には、米国の大手自動車メーカー3社のうちフォードだけが破産と政府の救済を回避しました。フォードは依然として世界最大の自動車生産者の1つです。


フォードモーターの合併と買収の概要

フォードモーター 取得しました 13 を含む企業 7 過去5年間で。の合計 3 買収はから来ました プライベートエクイティファーム。それはまた売却しました 11 資産。

フォードモーターの これまでで最大の買収は 1999、取得したとき ボルボカー にとって 65億ドル。開示された最大の販売は 2005、売れたとき ハーツグローバルホールディングスクレイトンデュビリエ&ライス にとって 150億ドル. フォードモーター で取得しました 6 さまざまな米国の州、および 5 国。同社の最もターゲットを絞ったセクターは次のとおりです。 自動車(25%)インターネットソフトウェアおよびサービス(17%).

Mergrに参加して、 フォードモーターの M&Aの概要、それと同じような企業のM&Aの概要、および最近のM&A活動 自動車 セクタ。


フォードモーターカンパニーの歴史

General MotorsFord Motor Companyは、ミシガン州デトロイトでHenryFordによって設立されました。フォードは熟練した職人であり、1896年に彼のスキルを使用して実験用の車を作成しました。彼は時速20マイルまで上がることができる2気筒の車両を作成しました。フォードは1899年に主な仕事を辞めてデトロイト自動車会社を設立し、1903年にモデルAを製造しました。この車は床下エンジンを搭載し、850ドルで販売されました。この車は最初のシーズンで1,708台を販売しました。フォードが製品を改良するにつれて、彼はますます車速に集中するようになりました。 1904年、彼は999と呼ばれる最高速度91の実験車をリリースしました。

時速4マイル。その年の後半に、同社はモデルBとモデルCも2,000ドルで発売しました。フォードはプロトタイプを改良して、1905年に2,500ドルで販売されたモデルKを作成しました。 1906年のモデルはモデルNで、500ドルで販売されました。モデルNはオールズモビルの価格を下回り、1909年にフォードの最も歴史的な革新への道を開きました:モデルT。ティンリジーとしても知られるモデルTは、850ドルの底値を含むいくつかの理由で非常に人気のあるモデルでした。 、低燃費、大型エンジンサイズ、最高速度40mph。

今後18年間で1500万台のモデルT&#8217が生産され、アメリカの特徴的な車両と見なされました。フォードは、1922年に最初の100万台の自動車を大幅にリコールしたにもかかわらず、今後数年間で急速に生産を増やしました。継続的な生産拡大の間に、フォードはイギリス、フランス、ドイツで海外販売を開始しました。同社は、特に車の色が黒だけであるため、製品の停滞を回避するために継続的なイノベーションが必要であることに気づきました。その結果、1927年にフォードはモデルTの生産を停止し、会社と業界の両方を前進させるより革新的な製品の作成に取り組みました。

モデルAは、フォードの生産ラインをロールオフする次の人気モデルになりました。モデル変更のデメリットとして、モデルTから生産ラインを変更するのに3ヶ月かかりました。車の価格は450ドルで、今後4年間で450万台が販売されました。このモデルは、市場に出回っている新しい車両オプションであるステーションワゴンフォーマットも特徴としていました。それから1932年に、フォードは480ドルの費用がかかる3.6リッターV8エンジンを搭載した車を作成し、フォード車の巨大な需要を生み出しました。モデルAとモデルBが最も人気があり、他の多くのラインが今後数年間で導入されました。

これらの2つのモデルは、より大きな馬力とより大きなエンジンを含む、異なる仕様を特徴としていました。この時代の他の革新には、油圧ブレーキ、コラムの変更、サスペンションが含まれていました。これらの革新は、強力なブランド名とともに、会社の利益を増やすのに役立ちました。第二次世界大戦後、1949年のラインが導入されるまで生産はかなり遅くなりました。電力線とオートマチックトランスミッションが市場に導入されました。フォードラインの次のインパクトカーはスポーティーなサンダーバードでした。それは5を持っていました。

最高速度113mphを生み出した1リッターエンジン。また、1958年には、5つのシートと強化された構造を提供するコンバーチブルバージョンが導入されました。 1950年代後半には、ファルコンと呼ばれるコンパクトカーなど、他の多くのモデルのスタイルが変更されました。 1960年代には競争が激化し、フォードはトップメーカーの1つであり続けるために、革新的な取り組みを推進する必要がありました。デザインの才能と優れた管理の組み合わせにより、1964年にフォードマスタングが作成されました。セミコンパクトなマスタングGTには、4つのシートがあり、価格は2480ドルでした。

自動車は時速110マイルを超える速度の4.7リッターV8エンジンを搭載していました。この車は、最初の1年半で50万台以上を販売し、大きな経済的成功を収めました。米国で販売されているスポーツカーの2分の1近くがマスタングです。 2008年のムスタングは、個人的な魅力を追加する新しい利用可能な機能で、そのセールスリーダーシップを維持するつもりです。マスタングは、フォードの代表的な車両であり続けます。その生涯の間に、フォードモーターカンパニーは多くの高く評価された自動車を生産してきました。

彼らは、サンダーバード、モデルT、フェアレーン、ギャラクシー、ファルコン、マスタングなど、いくつかの素晴らしい車を作成しました。また、四輪駆動のピックアップトラックと、ブロンコ、Fシリーズ、レンジャーなどの全地形対応車で生産ラインを拡大しました。同社の経営陣は、さまざまな色の車両、コンバーチブル、ハードトップ、ドアの数を追加することで、市場の需要に常に耳を傾けていました。効率的な生産、革新的なスタイル、低価格、そして顧客満足により、フォードモーターカンパニーは自動車製造の世界的リーダーになりました。

会社戦略フォードモーターカンパニーのブランドファミリーは、フォード、ジャガー、ランドローバー、リンカーン、マツダ、マーキュリー、ボルボなど、世界的に認められた自動車の名前をいくつか製造しています。フォードは、移動する組立ラインのエンジニアリングのアイデアにかなりの労働力を組み込むことにより、自動車の大規模製造を開拓しました。このコンセプトは、高効率の工場、高給の労働者、低価格を組み合わせるという創設者のヘンリーフォードのビジョンによって支えられました。フォードは、常に新しい製品を変更して消費者に提供することにより、この目標を達成することを目指しています。

フォードの最近のお気に入りの製品は、米国のマスタング、ヨーロッパのモンデオ、南米のエコスポーツ、アジアのテリトリーです。 Ford Motor Companyは、顧客満足と忠誠心に焦点を合わせ、顧客のニーズを満たし、それを超えることにより、優れた製品とサービスを提供するとともに、価値の高い革新的な製品とサービスを提供するよう努めています。フォードの市場は過去1年間変化し続けています。消費者は、より燃費の良い車への関心が高まっていることを示していますが、パフォーマンスやスタイルを犠牲にすることは望んでいません。

これらの変化する要求に応えて、フォードは、フォードフレックス、リンカーンMKS、北米のフォードF-150、フォードクーガ、ヨーロッパのフォードバーブコンセプトの製品版などの新製品を発表しました。トラック、スポーツユーティリティビークル、およびその他の以前は収益性の高い車両から、特に米国で市場がシフトした一方で、フォードは自動車事業が改善していると考えています。同社は、特に顧客と市場の需要に基づいて、各ブランドの明確なアイデンティティを開発することにより、企業戦略を維持し続けています。

今日の消費者をターゲットに、顧客関係管理(CRM)アプリケーションをサポートする新しいSASプラットフォームは、世界中のフォードブランドの自動車の3000万人以上のドライバーに高い顧客満足度を保証するのに役立ちます。フォードのITコーディネーターであるジムアダーが推進する概念であるデータマイニングは、重要な取り組みです。このプロジェクトは、顧客と顧客関係管理の主要コンポーネントを理解するために使用できる予測モデリングを作成しました。フォードのマーケティング専門家は、予測モデルを使用して、毎年200を超えるマーケティングキャンペーンで特定の顧客をターゲットにしています。

これは、SASテクノロジーと分析研究コンサルタントを通じて可能になります。コンサルタントは、数百万の顧客レコードを調査し、キャンペーンの対象となる特定の世帯を選択します。これらの技術は、フォードの顧客にとってより高い投資収益率とより高い満足度を生み出し、それが新規およびリピート販売の増加につながります。フォードは、バイオ燃料がモビリティをより持続可能なものにする機会であると信じており、バイオ燃料の持続可能な生産のための認証を作成するための欧州連合と個々のEU政府のイニシアチブを歓迎します。

フォードはヨーロッパにおけるフレキシブル燃料車(FFV)の市場パイオニアであり、7年前のスウェーデンでの市場導入以来45,000台以上のフォードフレキシ燃料ユニットを販売してきました。フォードはまた、この業界をリードするイニシアチブの結果として、ヨーロッパで最大のFFVの所有者団体を主張することができます。フォードのすべてのFlexifuel車両は、バイオエタノールE85(85%のバイオエタノールと15%のガソリンの混合物)で燃料を補給できます。バイオエタノール燃料は、ヨーロッパ中の急速に増加しているガソリンスタンドで利用できます。欧州フォードは昨年、ヨーロッパ全土で17,500台のバイオエタノールを動力源とするフレックス燃料車を販売しました。

これは、前年度と比較して60%の増加と、販売記録を示しています。これらのFFVの大部分はスウェーデンで販売されていますが、現在の2つのモデルであるFordFocusとC-MAXFlexifuelは、スウェーデン、ドイツ、英国、オランダ、アイルランド、オーストリアを含む16のヨーロッパ市場で徐々に利用可能になっています。 、フランス、スペイン、スイス、ノルウェー、ベルギー、イタリア、ポーランド、ハンガリー、チェコ共和国、デンマーク–来る可能性が高い。まったく新しいモンデオ、フォードギャラクシー、およびフォードS-MAXは、2008年の初めにフレキシフューエルパワートレインで利用可能になり、既存のフォーカスおよびC-MAXフレキシフューエルのラインナップに加わります。


今日の歴史:1903年に設立されたフォードモーターカンパニー

今日は2017年6月16日金曜日167日です。残り198日です。

1967年6月16日、カリフォルニア北部で開催された「愛の夏」の主要イベントである3日間のモントレー国際ポップミュージックフェスティバルは、ジェファーソンエアプレイン、ザフー、グレイトフルデッド、 Jimi Hendrix Experience、Janis Joplin、Otis Redding、RaviShankar。

1567年、スコットランドの女王メアリーはスコットランドのロクレベン城に投獄されました。 (彼女はほぼ1年後に逃亡したが、再び投獄された。)

1858年、イリノイ州共和党の米国上院への指名を受け入れたエイブラハムリンカーンは、奴隷制の問題を解決する必要があると宣言し、「それ自体に対して分割された家は耐えられない」と宣言しました。

1903年にフォードモーター社が設立されました。

1933年、全国産業復興法はフランクリンD.ルーズベルト大統領の署名により法律になりました。 (この法律は後に米国最高裁判所によって取り下げられました。)