モルドバ政府-歴史

モルドバ政府-歴史



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

モルドバ

モルドバは新たな民主主義です。大統領は国家元首であり、首相は政府の長です。国には一院制の立法府と司法府があります。
現在の政府
大統領ボロニン、 ウラジミール
議会議長Ostapciuc、 ユージニア
首相タルレフ、 ヴァシル
最初の部門プライムミンIovv、 ヴァシル
部門プライムミン小田木、 ステファン
部門プライムミンクリステア、 バレリアン
部門プライムミントドログロ、 ドミトリイ
最小農業・食品産業トドログロ、 ドミトリイ
最小内閣ペトラッシュ、 ミハイ
最小文化のマダン、 Veaceslav
最小防衛のガイチュク、 ビクター
最小経済と改革の小田木、 ステファン
最小教育のシマ、 ゲオルゲ
最小エネルギーのレサヌ、 イオン
最小環境、建設、およびテリトリー開発のドゥカ、 ゲオルゲ
最小財務のグレシアーニ、 ジナイダ
最小外務省ドゥダウ、 ニコラエ
最小健康のガーマン、 アンドレイ
最小産業のガルステア、 ミハイル
最小インテリアのパプク、 ゲオルゲ
最小内務のターカン、 ウラジミール
最小正義のモレイ、 イオン
最小労働と社会保護のRevenco、 バレリアン
最小再統合のソバ、 ヴァシル
最小運輸・通信ズガルダン、 ヴァシル
ディレクター、インテリジェンス&セキュリティサービス(ISS)ウルス、 イオン
検察総長伊賀、 ミルセア
プレゼンス、国立銀行タルマシ、 しし座流星群
国家安全保障長官プラマデアラ、 ミハイ
駐米大使マノリ、 ミハイ
国連常駐代表、ニューヨークボトナル、 イオン


モルドバの貧困の原因

モルドバはヨーロッパで最も貧しい国です。一人当たりの国内総生産はわずか5,200ドルです。モルドバの350万人の約20パーセントが貧しいです。モルドバにはいくつかの貧困の原因があります。ここにいくつかあります:

限られた農業投資
貧困は農家の間でより一般的です。国の歴史は、これがなぜであるかを部分的に説明することができます。

モルドバが1991年にソビエト連邦から独立したとき、政府は多くの農地を小さすぎて商業的に実行できない区画に分割しました。区画のサイズが小さく、2.5ヘクタール未満であるため、農民は大規模で高度な機械や技術ではなく、肉体労働に頼らざるを得ませんでした。これは、土地の可能性と比較して、非効率性と低収量につながりました。

地方のモルドバ人は、新しい技術、農業支援サービス、金融サービスへのアクセスを欠き続けており、それが彼らを自給自足農業の生活に縛り付けています。拡張サービスを利用すれば、モルドバのGDPに占める農業のシェア(約14%)にさらに貢献できる可能性があります。

貿易制限
モルドバの貧困の原因は農業投資の不足だけではありません。時々、家族、企業、起業家は商品を持っていますが、信頼できる買い手がいません。

モルドバが通常取引する国は、小さな国からの製品に厳しい制裁または全面的な禁止を課しました。ロシアは、ワイン、果物、野菜などのモルドバの商品が高品質基準を満たしていないとして、繰り返し拒否しています。

この閉鎖された市場はモルドバ経済に打撃を与え、それは今度は市民に悪影響を与えるために滴り落ちます。 2014年の禁輸前は、モルドバのリンゴの90%がロシアに行きました。現在、それらはより低い価格でそれらを購入する他の国に送られます。

政府の腐敗
腐敗したオリガルヒや政治家は市民からお金を奪います。 2015年には、10億ドル(国のGDPの約8分の1)が国の3大銀行から盗まれました。元首相を含む約40人が、大規模な盗難を助長または恩恵を受けました。

首都の市長、運輸大臣、農業大臣、副経済大臣、環境大臣、その他の公務員は、汚職や横領の告発に直面している。これらの告発に直面している多くの当局者は、一般大衆の最大の関心を念頭に置いていないようです。

モルドバの腐敗は人々がビジネスで成功することを困難にします。全企業の約30%が、公的機関が検査に合格し、許可を取得し、公益事業へのアクセスを取得し、運転免許を確保するために少なくとも年に1回賄賂を要求したと報告しました。 GAN Business Anti-Corruption Portalによると、この国の電気料金は、他の地域の電気料金のほぼ2倍です。これらの抑圧的な慣行はモルドバのビジネス環境を抑圧し、モルドバの貧困の原因の中にランク付けされています。

弱い社会システム
ユニセフは、モルドバには15の給付とサービスからなる社会保護システムがあると報告しています。しかし、これらの利点の1つは、貧しい人々のためのものです。さらに、貧しい人々のために割り当てられたお金は、必ずしも正しい手に渡るとは限りません。州の報告によると、社会的支援の17%は非効率的に使用されており、高収入の家族に送られています。

政府の財源に圧力を加えることは、人口の高齢化です。低賃金、限られた教育機会、貧しい仕事の見通しにより、若いモルドバ人は母国を離れることになります。さらに、出生率が低すぎて、失われた人口を補充することはできません。

これらの要因により、人口に不均衡な数の高齢者が生まれます。国の高齢者の割合が高いため、国の年金制度に圧力がかかっています。

政府は財政負担を軽減するために定年を引き上げることを検討しているが、就職先は少ない。 2016年の労働参加率はわずか42%でした。

モルドバの貧困の原因には、限られた農業投資、貿易制限、政府の腐敗、弱い社会システムが含まれます。しかし、モルドバ政府は貧困の緩和を支援することを約束しています。

政府は国際農業開発基金(IFAD)と協力して、農業投資を支援し、農家の利益を増やすことができる、農家向けのマイクロファイナンスの機会を創出しています。 IFADはまた、農民が国内および国際市場向けに商品を準備できるようにするための農産物加工にも投資しています。

モルドバは汚職に関しても進歩を遂げています。議会は2016年に起訴に関する新法を可決しました。これは、検察官の独立性を強化し、給与を2倍にすることで汚職との闘いに役立つため、検察官は賄賂を受け入れる傾向が少なくなります。

貧困を削減するという政府の目標のより多くの証拠は、その「モルドバ2020」国家開発戦略です。この戦略は、年金制度の改革と労働市場の発展が貧困率の低下にどのように貢献するかを詳述しています。

上記の例が示すように、指導者たちはモルドバの貧困の根本的な原因を解決することに目を向けています。


モルドバ料理の基本

まあ、モルドバ料理は、東と西の国々が歴史を通してモルドバに影響を与えてきたので、これらの国々からの料理の非常に興味深い組み合わせです。彼らの伝統的な食べ物の大部分は、さまざまな種類の肉、シリアル、キャベツ、ジャガイモなどのヨーロッパ料理に基づいています。モルドバは非常に肥沃な土壌にあり、あらゆる種類の果物、野菜、肉、乳製品、穀物など、高品質の食品を生産できます。彼らの伝統的な料理はルーマニア料理と非常に似ていますが、ヨーロッパとロシアの影響を受けて細部が異なります。モルドバ料理は野菜をベースにしており、健康的な食事に重点を置いているため、伝統的な料理の大部分がコショウ、キャベツ、玉ねぎ、ニンニク、トマトなどの野菜を組み合わせていることは不思議ではありません。

彼らは肉も消費しますが、野菜の量は同じではないので、肉ベースの料理は通常前菜として提供されます。地域によって食べ物が大きく異なるため、伝統的な料理は主に訪れる地域によって異なります。たとえば、ウクライナ人の影響を受けている東部では、ほとんどの場合、酸っぱいスープのバリエーションが消費されますが、南部では、料理は肉に基づいています。モルドバは小さな国であり、そこに1週間滞在すれば、さまざまな地域を簡単に旅してさまざまな料理を試すことができます。

#1サルマ

もしあなたがモルドバを訪れたことがあれば、彼らのサルマを試さないのは罪でしょう。何世紀にもわたって国で提供されているのは伝統的なモルドバ料理です。サルマは通常、米、肉、野菜の混合物を含むいくつかの材料から作られ、キャベツの葉で慎重に巻かれ、さまざまなスープで提供されます。その料理は多くの東ヨーロッパ諸国でも人気があり、それはそれの多くのバリエーションがあることを意味します。

最も一般的で伝統的なサルマは、米とひき肉にニンジンやピーマンなどの野菜を組み合わせて作られています。これらの材料の固い混合物を作ったら、キャベツの葉をそれで満たす時が来ました。調理プロセスが長くなり、準備に数時間かかります。モルドバでは、彼らはサワークリームと一緒にサルマを提供しているので、あなたはそれを浸して特別な味を楽しむことができます。どこから来たのか、伝統的な料理が何なのかに関わらず、この上品な料理にただ恋をするでしょう。

#2ゼアマ

あなたがスープ好きなら、彼らはさまざまな種類のスープを準備するのが大好きなので、モルドバでの滞在を楽しむことができます。 Zeamaは、主にメインディッシュとして一年中食べている伝統的なスープです。 Zeamaは非常に軽いのでメインディッシュとして最適ですが、同時に多くの味が調和しています。スープのベースは鶏肉、特にスープ、麺、そしてあらゆる種類の野菜です。ほとんどのモルドバの伝統的な食べ物と同様に、Zeamaはさまざまな食材に関しても違いはありません。

彼らは通常、コショウ、塩、その他のスパイスを入れて特別な味を出し、玉ねぎ、にんじん、じゃがいも、その他の調味料などの野菜を入れます。この伝統的な料理にはさまざまな種類がありますが、モルドバのすべての地域で同じことが1つあります。それは、たくさんのパンとサワークリームをゼアマに提供していることです。

#3ママリーガ

ママリーガは、歴史の中で貧しい人々によって食べられたコーンブレッドのモルドババージョンです。今、この料理は伝統的なものになり、世界中の人々がそれを味わうのが大好きなので、高級レストランでさえこのおいしい料理を提供しました。コーンミール、水、塩など、ほんの少しの具材で簡単に作れます。あなたの好みに応じて、それは2つの方法で準備することができます-より厚いまたはより柔らかいママリーガ。

伝統的なチーズ、魚、さらには肉などの他の料理と完璧に調和するため、この料理は決して単独で提供されることはありません。多くのレストランでは、玉ねぎ、にんにく、サワークリームをサイドディッシュに添えていますが、ママリーガに合う他のサイドディッシュを選ぶのはあなた次第です。多くの旅行者は、成分に関して初めてママリーガを試すときに地元の人々に同意します。ママリーガとブリンドザ(伝統的なモルドバンチーズ)、新鮮な魚、サワークリーム、にんにくと玉ねぎを必ず食べてください。その組み合わせはあなたにモルドバ料理の完璧な味を与えるでしょう。

#4プラシンタ

Placintaは、モルドバの伝統的な外出先での料理で、国内で広く利用されています。プラシンタは、ブリンドザ、ジャガイモ、またはいくつかの果物などの追加の詰め物とよく合うことができる揚げパンです。季節によって具材が異なりますので、夏に訪れると秋にはさくらんぼとかぼちゃのプラシンタが期待できます。

このお気に入りの料理は文字通りモルドバの隅々にありますが、内部に十分な量がないため、これらの場所の大部分は完璧なプラシンタを提供しません。モルドバの方法で理想的なプラシンタを試す最善の策は、地元の人々が適切な量の詰め物で伝統的な方法でこの料理を準備している町の周りの村をチェックすることです。


外交関係の確立、1992年。

外交関係は、ジョージH.W.大統領がブッシュ大統領とモルドバのミルチャ・スネグル大統領は、1992年2月18日のホワイトハウスでの会合でそうすることに同意した。ブッシュ政権は翌日発表された声明で関係が確立された日付として2月18日を確認した。

1992年、キシナウにアメリカ大使館を設立。

キシナウのアメリカ大使館は1992年3月13日に設立され、暫定的に臨時代理大使としてハワード・ステアズが就任しました。


モルドバ—歴史と文化

多くの新たに独立した国と同様に、モルドバには長い歴史と魅力的な文化があり、人々の真の誇りの源となっています。この国は、ソビエト時代の名残を取り除き、伝統的な価値観と独自のアイデンティティを維持しながら、現代ヨーロッパとともに進化するのにまだ苦労しています。

歴史

バルカン地域の他の地域と同様に、モルドバには、ウクライナのドニエストル川とルーマニアのカルパティア山脈を越えた広大な地域の元の新石器時代の入植者にまでさかのぼる歴史があります。西暦1世紀から7世紀の間に、ローマ人は何度か出入りし、中世初期まで、ゴート族、アヴァール族、フン族、ブルガリア人、マジャール人、モンゴル人、タタール人の多数の侵略が行われました。モルダビア公国は14世紀半ばに設立され、南は黒海とドナウ川、西はカルパティア山脈、東はドナイスター川に囲まれています。

クリミア・タタール人は15世紀にオスマン帝国が到着するまで侵略を続け、1538年までに、この国は内部の自治権を維持しながらオスマン帝国の支流国になりました。 1812年のブカレスト条約では、オスマン帝国が公国の東部地域をロシアに譲渡し、その名前をモルダビア州とベッサラビア州に変更しました。州は当初、かなりの自治権を与えられていましたが、1828年から1871年の間に、ロシア化が引き継いだため、この地域ではますます制限が課せられました。

19世紀には、コサック、ウクライナ人、その他の国民によるロシアの植民地化が見られ、第一次世界大戦の直前に、何千人もの市民がロシア軍に徴兵されました。 1917年のロシア革命では、モルダヴィア民主共和国がロシア連邦国家の一部として創設されましたが、1年後、ルーマニア軍とフランス軍の組み合わせにより、独立が宣言され、モルドバはルーマニアと統合されました。新たに共産主義したロシアは変更を拒否し、1924年までに再び権力を掌握し、1930年にナチスドイツによって承認されたモルダヴィア自治ソビエト社会主義共和国を形成しました。

1941年までに、アクシスの侵略は、ほぼ100万人のユダヤ人居住者の絶滅または国外追放、25万人以上のモルドバ人のソビエト軍への起草など、ドイツ人との協力をもたらしました。 1940年からのスターリン時代には、モルドバ国民の大規模な国外追放、厳しい迫害、そしてロシア人の都市部への強制移住が見られました。スターリンの死後、愛国者の指導者たちは投獄または殺害されました。 1980年代のロシアのグラスノスチ運動とペレストロイカ運動では、モルドバの民族主義的な熱狂が高まり、独立の要求、1989年のキシナウでの大規模な集会、そして暴動が続いた。

1990年までに、民主的な選挙が進行中であり、主権宣言が署名されました。 1991年にソビエトのクーデターが試みられたにもかかわらず、モルドバはついに独立を宣言し、1年後に国連に承認されました。共産党は国の支配権を維持するのに苦労しましたが、モルドバは民主党と自由党の連立によって統治されています。共産主義は、トランスニストリアの離脱地域における主要な影響力です。

文化

モルドバの豊かな文化はローマ時代にまでさかのぼり、ビザンチン、マジャール、セルビア、オスマン、ロシア、ソビエトの影響を受けた古代のオーバーレイがあります。 19世紀以降、ヨーロッパとフランスの要素が追加され、伝統、祭り、芸術、音楽、ダンス、文学で表現された、多様で活気に満ちた弾力性のあるライフスタイルが形成されました。木彫りや刺繡などの民俗文化の要素は他のバルカン諸国と共有されていますが、陶器の装飾や2、000年前のドイナの叙情的な歌などの多くの側面はモルドバに固有のものです。

国の民俗の伝統と衣装は国レベルで高く評価されており、首都の美術館、リパブリックダンスカンパニー、合唱団のドイナに保存されているだけでなく、モルドバのすべてのお祝いの一部を形成しています。仮面をかぶった衣装を着た歌手、ミュージシャン、ダンサーがドアからドアへと行ってパフォーマンスを行い、贈り物を受け取るというコリンダのクリスマスの伝統は、キリスト教のキャロルの伝統に似ていますが、キリスト教以前の異教の慣習に根ざしています。

ワインはモルドバの文化に深く根ざしており、ブドウ園は世界で最も古いもののいくつかであり、ローマ人に知られ、高く評価されており、中世の主要な輸出収入源となっています。モルドバのロマコミュニティは音楽の分野に貢献してきましたが、それでも不利な立場にあるグループと見なされています。ほとんどの伝統的な文化イベントは、農業、宗教、民間伝承、または神話に関連しており、喜びとごちそうで祝われます。


世界の人々、モルドバを見るのをやめなさい!

モルドバ、キシナウ—「毎日政治に従う人もいます。私はその一人ではありません」と、モルドバの首都の投票所の外で、名前を明かすことを拒否した52歳の掃除人リリアは言いました。 「しかし、私は自分のポケットの中に政治を感じています。私はただ食べ物と家賃を買う余裕しかありません。」

これは、モルドバでの2月24日の議会選挙で、ほとんどではないにしても多くの有権者のうんざりした見方でした。それは、外国人、そしてモルドバ自身の政治家の多くによって奨励されている見方とはかなり対照的です。外国人は、西欧とロシアの競争の最新の舞台として、東欧のこの気取らない一角に熱心に注目していました。ヨーロッパ寄りの政党がモルドバ共和国社会党(PSRM)の親ロシア党と対決したとき、それぞれの側は、優先する後援者のために地政学的な優位性を確保することを公に約束しました。

モルドバ、キシナウ—「毎日政治に従う人もいます。私はその一人ではありません」と、モルドバの首都の投票所の外で、名前を明かすことを拒否した52歳の掃除人リリアは言いました。 「しかし、私は自分のポケットの中に政治を感じています。私はただ食べ物と家賃を買う余裕しかありません。」

これは、モルドバでの2月24日の議会選挙で、ほとんどではないにしても多くの有権者のうんざりした見方でした。それは、外国人、そしてモルドバ自身の政治家の多くによって奨励されている見方とはかなり対照的です。外国人は、西欧とロシアの競争の最新の舞台として、東欧のこの気取らない一角に熱心に注目していました。ヨーロッパ寄りの政党がモルドバ共和国社会党(PSRM)の親ロシア党と対決したとき、それぞれの側は、優先する後援者のために地政学的な優位性を確保することを公に約束しました。

しかし、モルドバの有権者にとって、地政学はわずかな懸念でした。投票に先立って行われた共和党国際研究所の世論調査では、モルドバ人の49%が汚職への懸念に基づいて投票すると述べていることがわかりました。ヨーロッパの安全保障協力機構は、投票の購入と国の資源の悪用の可能性によって損なわれたものの、コンテストは競争力があると宣言しました。 (このレースでは、Facebookによる200のアカウントの削除、水銀中毒の申し立て、ロシアが支援するトランスニストリアの離脱地域からの有権者の不思議な大量輸送も見られました。)

一方、投票率49%は、1991年のソビエト連邦からの独立以来、国内で最低でした。投票した人々は、合意に達することができませんでした。名目上親ヨーロッパを支配するモルドバ民主党(PDM)は、投票の24%で3位になり、反対派のACUMブロック(27%)とPSRM(31%)に負けました。党が単独で統治することはできなくなり、連立構築の厄介な仕事がやってくる。それが失敗した場合、投票の翌日に外交政策が出席した記者会見でPSRMのイゴル・ドドン大統領によると、国は急な議会選挙を行うことができます。

リリアは、2016年の大統領選挙でドドンに投票したが、彼の親ロシア党に幻滅し、代わりに親ヨーロッパと腐敗防止のACUMブロックに切り替えたと述べた。しかし、貧しいモルドバでは、親欧米軍は良い統治や自由主義と一律に特定されていません。地政学は、モルドバのような場所の政治を理解するための歪んだレンズを証明しました。また、地元の政治家が悪用することを学んだものでもあります。

少し前まで、モルドバは2014年の欧州連合の東部アウトリーチのサクセスストーリーとして持ちこたえられ、ブリュッセルとキシナウは連合協定に署名し、モルドバ市民はビザなしでEUへの旅行に勝ちました。それから物事は南に行きました。 2015年、2012年から2014年の間に、モルドバのGDPの約12%にあたる10億ドルが、3つの銀行を通じて州の予算から吸い上げられたことが明らかになったとき、信頼はひどく損なわれました。 2016年、ヴラドフィラト前首相は、その盗難における彼の役割により9年の懲役を宣告されました。その後、昨年7月、モルドバの裁判所がキシナウの市長選挙の結果を無効にした後、EUはモルドバの自称親欧州政府への1億ドル以上の援助パッケージを凍結しました。現在ACUMのリーダーです。 2018年11月までに、欧州議会はモルドバを「寡頭的利益によって捕らえられた州」と宣言し、トランスペアレンシーインターナショナルの腐敗認識指数について調査された180か国で117位に落ちました。 2017年に詐欺で有罪判決を受け、3つの銀行のうちの1つの取締役会の議長を務めたイラン・ショールが率いる党にちなんで名付けられた党は、最近の選挙で8%の票を獲得して議会に参加しました。

今日、フィラトのかつてのビジネスライバルであり、国で最も裕福な人物であるウラジーミルプラホトニウクは、与党のPDM党以上のものを引き継いでいます。プラホトニウクは現在、モルドバで最も強力な人物と広く見なされており、政府機関に広く影響を与えています。プラホトニウクと彼の党の同盟国は、モルドバの親ヨーロッパの軌道の唯一の保証人として西側のパートナーに彼ら自身を提示するために多大な努力をしました。パヴェルフィリプ首相が最近書いたように EurActiv、PDMの勝利に満たないものは、モルドバのヨーロッパの未来の逆転を意味します。

この自己表現は、PDMに向けられたものを含め、腐敗防止の取り組みを優先しようとしているモルドバの他の広く親ヨーロッパの勢力を苛立たせました。キシナウに本拠を置くシンクタンクである戦略的イニシアチブ研究所のアナリスト、ウラド・クルミンスキー氏は、「国をヨーロッパに近づけることであろうとロシアに近づけることであろうと、モルドバのエリートがブリュッセルやワシントンで売るという議論は真実から遠く離れることはできない」と述べた。 。 「彼らはモルドバをロシアと西側の間のグレーゾーンとして維持することに興味を持っています。それは、地政学的な戦いを戦うという名目で地元の領地を運営することであり、ブリュッセルにもモスクワにも責任がありません。」

それは、国の親ヨーロッパと親ロシアの軍隊が維持に協力しているように見えるという口実です。したがって、ドドンが別の親クレムリン演説の後に議会や憲法裁判所と衝突したとき、彼の役割は主に儀式的であるため、彼は彼のレトリックをうまくやることができません。しかし、モルドバのPDM指導者は、彼らが権力を失った場合に国が直面するであろうことの例として、西側の支持者にそのレトリックを呼び起こすことができます。

「ドドンと[親ロシア]社会主義者は、二次的だが非常に象徴的な問題について[親ヨーロッパ]民主党との戦いを取り上げただけだ」とクルミンスキーは述べ、社会主義国会議員はあまり公表されていないがより重要なPDMイニシアチブを支持していることを強調した。先週末の選挙が行われた新しい混合選挙制度。

PSRMの副党首ヴラドバトリンセアは、社会党がPDMのために水を運ぶことを強く否定し、党の高い評価を汚そうとする必死の試みなどの提案を説明した。バトリンセアは、PSRMは、歴代の親ヨーロッパ連立政権からの除外を考慮して、近年のスキャンダルによって汚染されていない唯一の党であると主張した。 「誰もが地政学について話すのが好きです。しかし、私たちはどこにも向かっていません。ヨーロッパにもロシアにも行きません。私たちが最初に内政を解決しない限り、誰も私たちの家に来て整理することはありません」とバトリンセアは言いました。 「私たちの人口の半分はロシアに、残りの半分はヨーロッパに目を向けています。外交政策は「どちらか/または」ではなく「そして」に基づいている必要があります。」

キシナウ中央部のPDM党事務所で、与党の副議長であるウラジーミルチェボタリは、モルドバでの民主的な後退に対する最近のEUの批判を却下し、彼の党は政府の協力を期待してオリーブの枝を四方八方に広げたと付け加えた。 「2009年以来、モルドバの欧州統合が不可逆的なコースであることを保証したのは私たちだけです。左派と右派のどちらかで連合を形成することを選択したのは私たちだけであり、それは親ヨーロッパ人とだけでした」とチェボターリは述べました。

「私たちはロシアのエージェントとロシアの外交官を追放し、ロシア当局からの指導者に対する嫌がらせの多くの行動がありました」と、モスクワがモルドバ社会におけるプラホトニウクの否定的な評判に部分的に責任があることを示唆したセボタリは続けました。 「外交官や大使との会話の中には、私たちが行った措置を講じるのが正しいことを彼らが認識していることを思い出します。モルドバは最前線にあり、これは地政学的な戦いが続く分野です。」

ACUMブロックのMihaiPopsoiは、ヨーロッパやロシアではなく、プラホトニウクが先週末の選挙で最大の勝者だったと信じています。 「[親ロシア]社会主義者は、彼との協力によって多くの信頼を失い、民主党員を現在の場所に追いやったため、最大の敗者です。社会主義者には説得力のある答えはありません。彼らの有権者は、それがすべて策略であるという認識に目覚めました」とポプソイは言いました。

Popsoiは、小規模な政党と少数の独立した国会議員の助けを借りて、PDMが最終的に過半数を形成できるようになることを疑いません。モルドバの国会議員が土壇場で彼らの忠誠を一斉に変えるための珍しいコツを持っていることを考えると、他の人も彼らに加わることができます。 (2014年、PDM党は今年の選挙が行われるまでに19議員を獲得しました。党は42議員でした。)「私たちは一種の中断されたアニメーションになります。 EUとの関係はそれほど改善されそうになく、政権の信頼性は非常に低い」とポプソイ氏は述べた。

しかし、EUの信頼性はモルドバ人の間でも損なわれています。 「今日、モルドバ人、民主主義、法の支配、人権、チェックとバランスの心の中で、あなたはそれを名付けます、彼らはほとんど卑猥な言葉です」とKulminskiは言いました。 「過ちはEUにあるのではなく、モルドバの政治家にあります。彼らには機能的な民主主義国家を構築する絶好の機会がありましたが、権力のトップに立った誰もが既製の金儲けの機械を見つけました。 「いいえ、私は自分の目的のために使用するのではなく、このマシンを破壊するつもりです」と言う政治家精神を持った人は誰もいませんでした。

PDMに近い政治学者であるCornelCiureaは、物事の見方が大きく異なります。彼にとって、ブリュッセルのモルドバ政府の非難は法の支配への懸念を示していませんが、代わりにEUがその裏庭での地政学の関連性を忘れていることを示しています。 「このような価値観が、現在独自の内部部門を持っているEU内で一貫して適用されていないことを見ると、この道徳的スタンスはあまり説得力がありません」とCiurea氏は述べています。 「したがって、非常に実用的には、PDMは批判を乗り越え、ヨーロッパの選挙を待つことができると思います。」

クレムリンがモルドバに軌道に戻ってヨーロッパの野心を捨てることを望んでいることは疑いの余地がなく、多くのモルドバ人は本当にその未来を好むかもしれません(未来がこれ以上の説明責任のある統治をもたらすと疑う理由はありませんが)。おそらく、カーネギー国際平和基金の中央および東ヨーロッパの専門家であるBalazs Jarabikは、モルドバの欧州統合に対するEUの期待が高すぎたのではないかと考えました。 「彼らはより多くの資源とより多くの忍耐を必要としていましたが、最近ブリュッセルには豊富なものはありません」と彼は言いました。

レースが終わっても、キシナウはまだ政治家の顔と大胆な約束の配列を載せたポスターで飾られています。社会主義者の真っ赤な看板が最も目立ち、白い星と「それは論理的です!」というスローガンがあります。一方、PDMのポスターは、リーダーよりも歓喜の有権者を示すことを好みます。地元の抗議運動からの別の一連のポスターは、劣等生の帽子をかぶった党首と並んで、モルドバ人に「オリガルヒに投票しない」ように促している。それが彼らに多くの選択肢を残すかどうか疑問に思うかもしれません。

マキシムエドワーズ 中央および東ヨーロッパをカバーするジャーナリストです。彼はopenDemocracyの元編集者であり、OCCRPの元アシスタント編集者です。 @MaximEdwards


政府の行政機関

行政機関は、大統領、首相、大臣の内閣で構成されています。モルドバの大統領は国家元首として行動し、国内の団結を保証します。 1994年から2000年の間に、大統領は一般大衆によって選出された。しかし、2000年以降、大統領は間接選挙を通じて国会議員によって選出されました。 2016年3月、憲法裁判所は、この選挙プロセスの変更は違憲であるとの判決を下し、2回の直接選挙を再び確立しました。大統領職は2期の制限付きで4年の任期で行われます。モルドバの首相は政府の長を務め、大統領によって任命されて4年間務めます。首相は、大臣の内閣をまとめる責任があり、各大臣と緊密に協力して、政府の立法府によって可決された規制および法律に従って行政機能が実行されるようにします。大臣の内閣は16の省庁で構成されています。省庁には、文化、金融、正義、青年とスポーツ、環境、経済が含まれます。


概要

公共の場所とサービスに関するモルドバの制限に関する情報を更新しました(「コロナウイルス」ページ)。モルドバに到着したときに文書を介してCOVID-19ワクチン接種状況を証明するための新しい情報により、自己隔離の免除が与えられます(「エントリー要件」ページ)

FCDOは、COVID-19リスクの現在の評価に基づいて、モルドバ全体への不可欠な旅行を除くすべての旅行に対して助言します。

モルドバのCOVID-19エントリー制限

旅行する前に、「入国要件」セクションでモルドバの現在の入国制限と要件を確認してください。これらはほとんど警告なしに変更される可能性があります。最新の更新についてこのアドバイスを監視し、旅行プロバイダーと連絡を取り合ってください。

モルドバへの旅行を計画している場合は、コロナウイルスのセクションでコロナウイルスについて知っておくべきことを見つけてください。

COVID-19のパンデミックの間、旅行保険に加入し、それが十分な補償を提供することを確認することがこれまで以上に重要になります。外務旅行保険に関するFCDOのガイダンスを参照してください。

COVID-19ワクチンの詳細については、コロナウイルスのページを参照してください。

モルドバへのほとんどの訪問は問題がありません。抗議やデモの可能性に注意する必要があります。これらは一般的に平和ですが、状況はすぐに変わる可能性があります。 If you are in Moldova, keep up to date with developments and take extra care. You should avoid large crowds, remain vigilant and follow the advice of local authorities.

If you visit Transnistria you should be aware that the region is outside of the control of the Moldovan authorities, and the consular assistance the British Embassy can provide is severely limited. See Safety and security

The Moldovan authorities strictly enforce penalties (including deportation) against those who overstay. See Entry requirements

You should be vigilant to petty crime, particularly in Chisinau. Leave your passport, travel documents and other valuable items in a safe place, and carry a photocopy of your passport for identification purposes. See Crime

There are strong penalties for possession or use of drugs. Avoid taking photographs of military or government installations. See Local laws and customs

Although there’s no recent history of terrorism in Moldova, attacks cannot be ruled out. See Terrorism

The situation in Ukraine and other areas outside Donetsk and Luhansk is generally calm, including in the Odessa Oblast which borders Transnistria. However, events in Ukraine are fast moving and you are strongly advised to check the Ukraine travel advice

If you’re abroad and you need emergency help from the UK government, contact the nearest British embassy, consulate or high commission.


Moldova Government - History

Economy - overview:
Despite recent progress, Moldova remains one of the poorest countries in Europe. With a moderate climate and productive farmland, Moldova's economy relies heavily on its agriculture sector, featuring fruits, vegetables, wine, wheat, and tobacco. Moldova also depends on annual remittances of about $1.2 billion - almost 15% of GDP - from the roughly one million Moldovans working in Europe, Israel, Russia, and elsewhere.

With few natural energy resources, Moldova imports almost all of its energy supplies from Russia and Ukraine. Moldova's dependence on Russian energy is underscored by a more than $6 billion debt to Russian natural gas supplier Gazprom, largely the result of unreimbursed natural gas consumption in the breakaway region of Transnistria. Moldova and Romania inaugurated the Ungheni-Iasi natural gas interconnector project in August 2014. The 43-kilometer pipeline between Moldova and Romania, allows for both the import and export of natural gas. Several technical and regulatory delays kept gas from flowing into Moldova until March 2015. Romanian gas exports to Moldova are largely symbolic. In 2018, Moldova awarded a tender to Romanian Transgaz to construct a pipeline connecting Ungheni to Chisinau, bringing the gas to Moldovan population centers. Moldova also seeks to connect with the European power grid by 2022.

The government's stated goal of EU integration has resulted in some market-oriented progress. Moldova experienced better than expected economic growth in 2017, largely driven by increased consumption, increased revenue from agricultural exports, and improved tax collection. During fall 2014, Moldova signed an Association Agreement and a Deep and Comprehensive Free Trade Agreement with the EU (AA/DCFTA), connecting Moldovan products to the world’s largest market. The EU AA/DCFTA has contributed to significant growth in Moldova’s exports to the EU. In 2017, the EU purchased over 65% of Moldova’s exports, a major change from 20 years previously when the Commonwealth of Independent States (CIS) received over 69% of Moldova’s exports. A $1 billion asset-stripping heist of Moldovan banks in late 2014 delivered a significant shock to the economy in 2015 the subsequent bank bailout increased inflationary pressures and contributed to the depreciation of the leu and a minor recession. Moldova’s growth has also been hampered by endemic corruption, which limits business growth and deters foreign investment, and Russian restrictions on imports of Moldova’s agricultural products. The government’s push to restore stability and implement meaningful reform led to the approval in 2016 of a $179 million three-year IMF program focused on improving the banking and fiscal environments, along with additional assistance programs from the EU, World Bank, and Romania. Moldova received two IMF tranches in 2017, totaling over $42.5 million.

Over the longer term, Moldova's economy remains vulnerable to corruption, political uncertainty, weak administrative capacity, vested bureaucratic interests, energy import dependence, Russian political and economic pressure, heavy dependence on agricultural exports, and unresolved separatism in Moldova's Transnistria region.

Agriculture - products:
vegetables, fruits, grapes, grain, sugar beets, sunflower seeds, tobacco beef, milk wine

業界:
sugar processing, vegetable oil, food processing, agricultural machinery foundry equipment, refrigerators and freezers, washing machines hosiery, shoes, textiles

バジェット:
収入: 2.886 billion (2017 est.)
[参照: Budget - revenues country ranks ]
支出: 2.947 billion (2017 est.)
ノート: National Public Budget


参考文献

Aklaev, Airat R. "Dynamics of the Moldova-Trans-Dniestr-Conflict (late 1980s to early 1990s)." In Kumar Rupesinghe and Valery A. Tishkov, eds, Ethnicity and Power in the Contemporary World, 1996.

Batt, Jud. "Federalism versus Nationbuilding in Post-Communist State-Building: The Case of Moldova." Regional and Federal Studies 7 (3): 25 – 48, 1997.

Bruchis, Michael. One Step Back, Two Steps Forward: On the Language Policy of the Communist Party of the Soviet Union in the National Republics, 1982.

— — . "The Language Policy of the CPSU and the Linguistic Situation in Moldova." ソビエト研究 36 (1): 108 – 26, 1984.

— — . Nations-Nationalities-People: A Study of the Nationalities Policy of the Communist Party in Soviet Moldavia, 1984.

— — . The Republic of Moldavia from the Collapse of the Soviet Empire to the Restoration of the Russian Empire, 1997.

— — . Chinn, Jeff. "The Case of Transdniestr." In Lena Jonson and Clive Archer, eds., Peacekeeping and the Role of Russia, 1996.

— — and Steve Ropers. "Ethnic Mobilization and Reactive Nationalism: The Case of Moldova." Nationalities Papers 23 (2): 291 – 325, 1995.

Crowther, William. "Ethnic Politics and the Post-Communist Transition in Moldova." Nationalities Papers 26 (1): 147 – 164, 1998.

— — . "Moldova: Caught between Nation and Empire." In Ian Bremmer and Ray Tarasm, eds., New States, New Politics — Building the Post-Soviet Nations, 1997.

— — . "The Construction of Moldovan National Consciousness." In Laszlo K ü rti and Juliet Boulder Langman, eds., Beyond Borders: Remaking Cultural Identities in the New East and Central Europe, 1997.

— — . "The Politics of Ethno-National Mobilization: Nationalism and Reform in Soviet Moldavia." Russian Review 50 (2): 183 – 202, 1991.

Dima, Nicholas. "Recent Ethno Demographic-Changes in Soviet Moldavia." 東ヨーロッパ四半期 25 (2): 167 – 178, 1991.

— — . From Moldavia to Moldova, 1991.

— — . "The Soviet Political Upheaval of the 1980s: The Case of Moldavia." Journal of Social Political and Economic Studies 16 (1): 39 – 58, 1991.

— — . "Politics and Religion in Moldova: A Case-Study." 人類四半期 34 (3): 175 – 194, 1994.

Dyer, Donald L., ed. Studies in Moldovan: The History, Culture, Language and Contemporary Politics of the People of Moldova, 1996.

— — . "What Price Languages in Contact?: Is There Russian Language Influence on the Syntax of Moldovan?" Nationalities Papers 26 (1): 75 – 84, 1998.

Eyal, Jonathan. "Moldavians." In Graham Smith, ed., The Nationalities Question in the Soviet Union, 1990.

Feldman, Walter. "The Theoretical Basis for the Definition of Moldavian Nationality." In Ralph S. Clem, ed., The Soviet West: Interplay between Nationality and Social Organization, 1978.

"From Ethnopolitical Conflict to Inter-Ethnic Accord in Moldova." ECMI Report #1, March 1998.

Grupp, Fred W. and Ellen Jones. "Modernisation and Ethnic Equalisation in the USSR." ソビエト研究 26 (2): 159 – 184, 1984.

Hamm, Michael F. "Kishinev: The Character and Development of a Tsarist Frontier Town." Nationalities Papers 26 (1): 19 – 37, 1998.

Helsinki Watch. Human Rights in Moldova: The Turbulent Dniester, 1993.

Ionescu, Dan. "Media in the Dniester Moldovan Republic: A Communist-Era Memento." Transitions 1 (19): 16 – 20, 1995.

Kaufman, Stuart J. "Spiraling to Ethnic War: Elites, Masses and Moscow in Moldova's Civil War." 国際安全保障 21 (2): 108 – 138, 1996.

King, Charles. "Eurasia Letter: Moldova with a Russian Face." Foreign Policy 97: 106 – 120, 1994.

— — . "Moldovan Identity and the Politics of Pan-Romanianism." Slavic Review 53 (2): 345 – 368, 1994.

— — . The Moldovans, Romania, Russia and the Politics of Culture, 2000.

— — . Post-Soviet Moldova: A Borderland in Transition, 1995.

Kolst ø , P å l. "The Dniestr Conflict: Between Irredentism and Separatism." ヨーロッパ-アジア研究 45 (6): 973 – 1000, 1993.

— — . Andrei Malgin. "The Transnistrian Republic: A Case of Politicized Regionalism." Nationalities Papers 26 (1): 103 – 127, 1998.

Livezeanu, Irina. "Urbanization in a Low Key and Linguistic Change in Soviet Moldavia." ソビエト研究 33 (3): 327 – 351, 33 (4): 573 – 589, 1981.

Neukirch, Claus. "National Minorities in the Republic of Moldova — Some Lessons, Learned Some Not?" South East Europe Review for Labour and Social Affairs 2 (3): 45 – 64.

O'Loughlin, John, Vladimir Kolossov, and Andrei Tchepalyga. "National Construction, Territorial Separatism, and Post-Soviet Geopolitics in the Transdniester Moldovan Republic." Post-Soviet Soviet Geography and Economics 39 (6): 332 – 358, 1998.

Ozhiganov, Edward. "The Republic of Moldova: Transdniester and the 14th Army." In Alexei Arbatov, Abram Chayes, Antonia Handler Chayes, and Lara Olson, eds., Managing Conflict in the Former Soviet Union: Russian and American Perspectives, 1998.

Roach. A. "The Return of Dracula Romanian Struggle for Nationhood and Moldavian Folklore." 今日の歴史 38: 7 – 9, 1988.

Van Meurs, Wim P. "Carving a Moldavian Identity out of History." Nationalities Papers, 26 (1): 39 – 56, 1998.

— — . The Bessarabian Question in Communist Historiography: Nationalist and Communist Politics and History-Writing, 1994.

Waters, Trevor. "On Crime and Corruption in the Republic of Moldova." Law Intensity Conflict and Law Enforcement 6 (2): 84 – 92, 1997.