ジョルジュ・ギンメール

ジョルジュ・ギンメール

ジョージ・ガイネマーは1894年12月24日にフランスで生まれました。第一次世界大戦の勃発で、彼はフランス航空局に加わりました。

ヴェルダンで彼は撃墜され、重傷を負った。彼は1916年の夏に西部戦線に戻り、ソンムの戦いでニューポールIIを飛行し、フランスで最も優れたパイロットとしての地位を確立しました。

ギンメールは1917年9月11日に撃墜され殺される前に、53回の勝利を収めました。

私たちは同じ高度で会いました。太陽がそれを捕らえたとき、私は他の男の機械が薄茶色に塗られているのを見ました。すぐに私たちはオープニングのために遊んでお互いの周りを循環していました。以下では、おそらく春の戯曲にふける2羽の大きな猛禽類のように見えましたが、それが死のゲームであることはわかっていました。相手の後ろに隠れた最初の男が勝者でした。シングルシーターの戦闘機では、前方にしか撃つことができず、対戦相手があなたの尻尾に乗った場合、あなたは失われました。

時々、私たちはお互いに非常に近くを通り過ぎて、対戦相手の顔の細部、つまり、ヘルメットの下に見えるすべてのものを見ることができました。機械の側面にはコウノトリと2つの言葉が白く塗られていました。彼が私を通り過ぎた5回目、私はなんとかその言葉を綴ることができました。 ヴュー。と ヴューチャールズ ガイネマーの記章でした。 Georges Guynemarは彼の功績に対して約30の勝利を収め、私は自分の人生の戦いに参加していることを知っていました。

ターン、ループ、ロール、サイドスリップなど、私が知っているすべてのトリックを試しましたが、彼はそれぞれの動きを電光石火の速さで追いかけ、徐々に私は彼が私に匹敵する以上のものであることに気付き始めました。しかし、私は戦うか、背を向けなければなりませんでした。背を向けることは致命的です。

8分間、私たちはお互いに円を描いて飛び回っていました。突然、ギンメールはループし、私の頭の上を仰向けに飛んだ。その瞬間、私は棒の握りを手放し、機関銃を両手で叩いた。私は彼がいなくて寂しかったのですが、彼は再び私の頭の上を通り過ぎ、ほとんど背中を飛んでいました。ギンメールは今、私が彼の無力な犠牲者であることを知っていました。そして、驚いたことに、彼は腕を上げて私に手を振った。ギンメールは、現代の戦争においてさえ、過ぎ去った時代の騎士道の残された何かがあるという証拠を与えました。

偉大な勇気のパイロット、義務と勇気への献身のモデル。過去6か月の間に、彼(Georges Guynemer)は、最高の自己犠牲の精神を必要とする特別な性質の2つの任務を遂行し、13回の空中戦に従事し、そのうち2回は敵の炎で破壊されました。航空機

エリートの将校であり、大胆であると同時に巧みな戦闘パイロットである彼(ジョルジュ・ギンメール)は、彼の勝利の数だけでなく、日々の鋭敏さと成長し続ける習熟によって、彼の国に素晴らしいサービスを提供してきました。彼が敵に対してなった危険に注意を払うことなく、彼の方法の確実性と彼の機動の正確さによって、すべての中で最も信頼できる敵です。 1917年5月25日、彼は1分間に、2機の敵機を撃墜し、同じ日に他の2機の勝利を報告するという最も素晴らしい功績の1つを達成しました。彼のすべての功績により、彼は塹壕で彼の勝利の証人である人々の興奮、勇気、そして熱意に貢献しています。 45機の飛行機がダウンし、20回の引用、2回の負傷。


パイロットの歴史&#8211第9巻:ジョルジュ・ギンメール

ÉditionsIDEESPLUSがお届けするコミック、History ofPilotsシリーズの第9巻をご覧ください。

でボリューム9を発見 パイロットの歴史 シリーズ、ÉditionsIDEESPLUSがお届けするコミック。

物語は1914年8月2日に始まり、フランスの戦争パイロットの間の真の伝説であるジョルジュギンメールの伝記をたどります。彼の運命は第一次世界大戦中に果たされました…フランス空軍の旗を誇らしげに掲げて、彼は彼の名前に53の認められた勝利で、国の最大の英雄の1人になりました。

第一次世界大戦中の航空の初期に没頭し、驚くべき運命を持ってこの男のスリル満点のライフストーリーをたどってください。

「HistoiresdePilotes」&#8211第9巻:Georges Guynemer&#8211StoffelÉric(著者)、Ratera Mike、AllaliFrédéric(アートワーク)、Parada Diego(Colors)ÉditionsIDEESPLUS、Plein Volコレクション、54ページ、ISBN:9782916795997


ジョルジュ・ギンメールの家系図

ギンメールは裕福なコンピエーニュ家に生まれ、しばしば病弱な子供時代を経験しました。それにもかかわらず、彼は彼の巨大なドライブと自信を通して飛行士として成功しました。彼は当初兵役を拒否されましたが、1914年後半に整備士としての訓練に受け入れられました。決意を持ってパイロット訓練に受け入れられ、1915年6月8日にエスカドリルMS.3に加わりました。 。彼は、彼に割り当てられた最初の飛行機、以前にチャールズボナールによって飛行されたモラーヌソルニエL単葉機で勝利と敗北の両方を経験し、それに応じてヴューチャールズ(オールドチャールズ)と名付けられました。ギンメールはその名前を維持し、後の航空機のほとんどでそれを使い続けました。


©CopyrightWikipédiaauthors-この記事はCCBY-SA3.0のライセンスに基づいています。

地理的起源

下の地図は、有名人の先祖が住んでいた場所を示しています。


レガシー[編集|ソースを編集]

イスパノ・スイザのコウノトリのフード飾りは、ギンメールの戦隊のエンブレムに倣ったものです。

ギンメールはフレンチプレスによってライオン化され、国民的英雄になりました。フランス政府は、士気を高め、塹壕でのひどい損失から人々の心を取り除くように宣伝を奨励しました。ギンメールはその注意に当惑したが、彼の内気さは彼についてのすべてを知りたいという国民の欲求を高めるだけだった。これは1918年の後半、フランスのトップエースであるルネフォンクとはまったく異なりました。ルネフォンクは75回の勝利を確認したにもかかわらず、傲慢さと恥知らずな自己宣伝で評判が悪かったのです。ギンメールの死はフランスにとって深刻な衝撃でしたが、それでも彼は戦争の間、象徴的存在であり続けました。彼の死後わずか22歳で、彼は「人がすべてを与えるまで、人は何も与えなかった」という彼のアドバイスで国を鼓舞し続けました。

パリの通りのrueGuynemerは、InstitutionGuynemerであるCompiègneの学校と同様に彼にちなんで名付けられました。ジョルジュ・ギンメールを記念して、プールカペッレに彫像が建てられました。


水曜日の戦士:ジョルジュ・ギンメール

&#8220名誉の分野で死んだ、1917年9月11日。3年間の懸命で絶え間ない闘いの末、空から栄光に落ちた伝説の英雄は、彼の不屈の目的の粘り強さ、彼の凶暴さのための国家の理想の最も純粋な象徴であり続けます精悍で崇高なギャラントリー。勝利への無敵の信仰によって活気づけられた彼は、犠牲の精神を奉献し、確かに最も高貴なエミュレーションを鼓舞するであろう不滅の遺産をフランスの兵士に遺贈しました。&#8221

-パリのパンテオンにあるジョルジュギンメールの記念プラーク。

フランス陸軍はついに、ジョルジュ・マリー・ルドヴィッチ・ガイネマーが第一次世界大戦中に軍に入隊する5回目の試みで航空整備士として参加することを許可しました。

ギンメールはわずかに病弱に育ちました。 20歳で陸軍航空部に入隊しようとすると、彼はすぐに拒否されました。しかし、ギンメールは10代の頃に初めてファーマンの飛行機に乗って以来、彼の運命は空でしか実現できないことを知っていました。

ギンメールは、彼の病気にもかかわらず、揺るぎない決意を示しました。彼はさらに3回陸軍に戻ったが、何度も何度も拒否された。

陸軍が彼を見習いの航空整備士に任命したのは、彼の5回目の試みまででした。ポーの飛行場に配属された後、ギンメールはもう一度航空部隊への入隊を求め、飛行士になるという夢を何年も追求した後、1915年3月10日にパイロットの翼を獲得しました。

わずか数か月後の1915年7月、ギンメールは最初の敵機を撃墜し、1916年2月に腕に傷を負い、一時的な回復を余儀なくされるまで終わらない騒ぎを始めました。ギンメールが癒されたとき、彼は空に戻った。

彼のキャリアが続くにつれて、ダウンした敵機の数は劇的に増加し、航空サービスに参加してから2年強の1917年8月までに50機を超えました。ギンメールは公正な戦いを求めるという評判を築いていた。航空技術が進歩し、敵の航空機よりも優れた航空機を操縦し始めたとき、ギンメールは劣った飛行機を攻撃することへの嫌悪感を抱き、必然的にそうしました。

ドイツの飛行士エルンスト・ウーデは、ドッグファイト中のギンメールとの出会いについて説明しました。ウデットは命を懸けて戦っていたが、突然銃のジャムを経験した。ギンメールに発砲することができなかったので、彼は自分の目的を達成したと確信していました。少なくとも、ギンメールがウデットの故障した機器を認識して、ドイツのパイロットを通り過ぎて手を振るまで、飛び去った。

1917年6月、家族に会うために家を訪れたとき、ギンメールの父親は息子に引退を勧め、「人間の持久力には限界がある」と述べました。ギンメールはこう答えた。通過する制限。すべてを与えていないのなら、何も与えていません。」

ギンメールのコメントは、彼の戦士の考え方と征服できない精神の模範です。そして、おそらく、その精神の本質が彼を帰国を超えて押しやったのでしょう。結核にかかったギンメールは、1917年の秋に病気になり、疲れました。うつ病と急性の神経質になりつつあったにもかかわらず、彼はもう一度空に飛びました。 1917年9月11日、ギンメールは翼の男から見えないところでドイツの飛行機を追いかけました。そして、彼の翼の男が彼を見つけるためにループバックしたとき、パイロットは姿を消していました。彼の飛行機と彼の体は歴史に負けました。

ジョルジュ・ギンメールは彼の夢を執拗に追求しました。そして、それらの夢を実現させたとき、彼は伝説としか言いようのない大胆な活力で人生に近づきました。ギンメールは22歳の若さで亡くなりましたが、彼の伝説はフランス人の心の中で大きく生き続けました。

ギンメールは敵に正面から突撃した。彼は、空対空戦闘がまだ始まったばかりの時期に、あえて人間の持久力の限界をテストしました。飛行士がエンジンを始動するたびに、否定できない危険に直面し、ほぼ確実に死に至った時代。しかし、彼は自分の信念に従って生きました。すべてを与えていないのなら、何も与えていないということです。そして彼の国と第一次世界大戦の連合軍の旗の下で、エースの戦士であるギンメールはすべてを与えました。

ギンメールの英雄的な生活の完全な説明については、本をチェックしてください 空気のガイネマー騎士。


行方不明

1917年9月11日の朝、EscadrilleN.3の指揮官であるGeorgesGuynemer大尉がSpadXIIIで離陸しました。彼はダンケルクの飛行場に戻らず、プールカペッレの近くで行方不明として投稿されました。

次の抜粋は、1918年にアンリ・ボルドーによって書かれ、ルイーズ・モーガン・シルによって翻訳された、ギンメールに関する本から抜粋したものです。ジョルジュ・ギンメールの最後の数時間の出来事について説明しています。

&#8220III最後のフライト

9月11日火曜日、天候は再び不確実でした。しかし、海辺の朝の霧は長続きせず、すぐに太陽が輝き始めました。ギンメールは失敗した後、落ち着きのない夜を過ごし、イライラする人々がそうであるように、彼を苛立たせたまさにそのことについて陰気になりました。女性が子供を産むように、彼が何ヶ月も心に抱いていた魅惑的な機械であり、ついに彼の下で急上昇したと感じた彼の新しい飛行機なしで追いかけることは喜びではありませんでした。彼はそれをとても見逃したので、一日が終わる前にブクに向けて出発することを決心するまで、その気持ちは執着になりました。確かに、彼は最初にボッシュを倒さなければならないという考えに悩まされていなかったら、もっと早くやったでしょう。しかし、ボッシュは進んでいないようだったので。今、彼は決心しました、そしてもっと落ち着いて、彼は今晩パリに行きます。彼は電車が来るまでの時間を離れている間だけしなければならない。見通し自体は沈静化しており、本部の航空局長の1人であるデュプティ少佐と最近A&eumlronautics大臣に任命されたブロカード少佐が早朝の列車で降りてきた。彼らは必ず9時から10時の間にキャンプに到着し、彼らとの会話は有益で明るいものにならざるを得なかったので、彼らを待つ方がよいでしょう。

しかし、これらの心を落ち着かせる考えにもかかわらず、ギンメールは落ち着きがなく、彼の顔は常に彼の身体的再発を予見する浅い色を示しました。彼の心は本当に決まっておらず、彼はテントから小屋へ、そして小屋からテントへと散歩しながら行き来していました。彼は交差していなかった、ただ緊張していた。突然、彼は小屋に戻り、ヴュー・チャールズを調べました。なぜ、すべてのモーターと銃が修理された後、マシンはそれほど悪くはなく、昨日の事故は二度と起こらないでしょう。もしそうなら、なぜ飛んでみませんか?ウルトーの不在下で、ギンメールは指揮を執り、もう一度良い模範を示す必要性が彼に押し付けられた。いくつかのチラシが偵察作業を開始し、すでに霧がすぐに上がり、その日はすぐに輝いて、義務の概念が太陽のように彼をすぐに眩惑させました。ビアリッツに入隊するために戦っていた日から1917年9月11日まで、義務は常に彼の原動力でした。栄光への情熱でも、飛行士になることへの熱狂でもありませんでした。彼は参加するが、彼の役に立つことへの憧れと同じように彼の最後の飛行は彼の奉仕の意志に従ってなされた。

彼は一気に決心した。少尉のボゾン・ヴェルドゥラズが同行するよう要請され、整備士が機械を動かした。彼の仲間の一人は、過失を想定して尋ねました:&#8220デュプティ少佐とブロカード少佐が到着するまで待つつもりはありませんか?彼の躊躇を振り払っていた、そして彼の友人は彼が緊急であってはならないと感じた。最近の誰もが彼の緊張に気づいていた、そしてギンメールはそれを知っていて、彼と一緒にこれまで以上にタクトが必要であることに憤慨した。彼は彼の奉仕のペットであり、ほとんど甘やかされて育った子供であり、彼に近づくことは決して容易ではなかったことを思い出してください。

そんな中、駅で出会った二人の専攻は神経質な状態を知らされ、急いで話をした。彼らは9時までに収容所に到着することを期待し、すぐに彼を派遣しました。しかし、ギンメールとボゾン・ヴェルドゥラズは、8時25分にスタートしました。

彼らは彼らの後ろに海を去り、南東に飛んでいた。彼らは、フランス軍が7月31日に取ったBixchooteとKorteker Tavernを越え、Bixchoote-Langemarck道路を越え、最後に8月16日にイギリス軍によって捕らえられたLangemarck自体を越えて、線に到達しました。上から見慣れた道路が交差し、その下で再交差し、ランゲマルク道路の北側で、イプレスとトゥールアウトとサンジュリアンポールカペル道路の間の鉄道、または以前は鉄道であったものを説明しました。ギンメールとその仲間がメゾンブランシュの上を見失ったフランス軍やイギリス軍の境界線の上にはドイツ軍のパトロールは現れず、彼らはプールカペッレのかすかな痕跡を越えてドイツ軍の境界線をたどった。

ギンメールの鋭く長年の目は、2人乗りの敵機が自分よりも低く一人で飛んでいるのを見て、ボゾン・ヴェルドゥラズの注意を引くように合図されました。戦いは確かでした、そしてこの戦いは運命が長い間決定したものでした。パイロットがプロペラを撃ち抜くことができ、タレットの乗客が視野全体をかき集めるため、2人乗りが独自のライン上を飛行し、その結果、無制限の移動の自由を享受することは、厄介な問題として知られています。 2つの角度を除いて、1つは前に、もう1つは胴体と尾の下にある彼の後ろにあります。敵と向き合い、上向きでも下向きでも直接撃つことはギンメールの方法でしたが、2台のマシンの速度が異なるため、パイロットと乗客がエンジンによって保護されているため、簡単ではありません。ですから、敵機の尾より少し下に隠れることが最善です。

ギンメールはこの作戦を頻繁に使用していましたが、失敗した場合はターンするかテールスピンをすばやく行うことで簡単に相手に頼ることができると考えて、フロントアタックを好みました。それで彼は太陽と敵の間を行き来しようとしましたが、運が悪かったので空が曇ってしまい、ギンメールは飛行機の薄い端だけを見せるために敵のレベルまで潜らなければなりませんでした。見える。しかし、この時までにドイツ軍は彼に気づき、彼の射程を確保しようと努めていました。プルーデンスはジグザグにアドバイスしました。冷静な砲手は直進する飛行機にぶつかる可能性があるため、敵は素早くタックして狙いを変える必要があります。攻撃は上からフルボレーで行う必要があります。敵がすぐに倒されない場合に備えて回避します。しかし、ギンメールは、ルールや戦略に関係なく、大砲のボールのように敵に倒れただけでした。アレクサンダーがダリウスに対して暗闇を利用することを拒否したように、彼は勝利を盗もうとは思わなかったと言ったかもしれません。彼は彼に多くの勝利を勝ち取った彼の稲妻のような充電方法と彼の射撃能力だけを頼りにしました。しかし、彼はテールスピンに進んだドイツ人を逃し、下で彼を待っていたボゾン-ヴェルドゥラズによって再び逃されました。

ギンメールは何をすべきですか?欲望、間違いない。しかし、彼の直接の攻撃に無礼だったので、彼は彼の新しいタックに再び無礼でした、そして彼のいつもの頑固さは苛立ちによって悪化し、危険なコースに彼を助言しました。ボゾン・ヴェルドゥラズは、旋回して別のショットを撮ることができることを期待して、どんどん低く潜っていったので、イギリス軍の境界線より上にある8人のドイツ人1人乗りのチェーンをスパイしました。彼と彼の首長の間で、そのような機会に彼は新参者に自分自身を提供し、誘惑し、誘惑し、そして彼らを軌道から外し、ギンメールに彼の54番目の成功を達成する時間を与え、その後彼は再び飛び回るべきであることが合意されました戦いが起こっていた場所。彼は、5、6、さらには10または12の1人乗りの敵飛行隊を頻繁に攻撃していたギンメールについて心配していませんでした。二人乗りは間違いなくもっと危険かもしれません、そしてギンメールは最近緊張して標準以下に見えました、しかし戦いで彼の心の存在、動きの不可謬性、そして目の速さは確実に戻ってきました、そして二人乗りその運命から逃れることはほとんどできませんでした。

Bozon-Verdurazの目に刻印された最後の画像は、Guynemerとドイツ人の両方がスピンダウンし、Guynemerが撃つチャンスを求めて、もう1人は下から助けられることを望んでいたものでした。それからボゾン-ベルドゥラズは8人の1人乗りの方向に飛んでいた、そしてグループは彼を追いかけてバラバラになった。やがて、8台の機械は限りない空の単なる斑点になり、ボゾン・ヴェルドゥラズは彼が目的を達成したのを見て、彼の首長が間違いなく彼を待っていた場所に戻った。しかし、空きスペースには誰もいませんでした。ドイツ人が逃げたということでしょうか?致命的な苦悶が彼を圧迫したので、飛行士はより近くの視界を得るために地面の近くに降りました。下には何も、兆候も、飛行機の落下に常に続く喧騒もありませんでした。安心して、彼は再び登り、仲間を期待してぐるぐる回り始めました。ギンメールは戻ってきて、戻ってこざるを得なかった。彼の遅れの原因はおそらく追跡の興奮だったのだろう。彼はとても無謀でした! 5月のある晴れた朝、エーヌで外に出て、その後は聞いたことのないドルメのように、彼は敵国を長距離移動することを恐れていませんでした。彼は戻ってくる必要があります。彼が一般的な事故の範囲を超えていた、無敵の、不滅の彼が戻ってくるべきではないことは不可能です!これは確かなことであり、コウノトリの信念であり、決して疑問視されることのなかった信条でした。ギンメールがドイツ人に転落するという考えは、犠牲に欠けることはほとんどないようでした。

それでボゾン-ヴェルドゥラズは待っていて、必要なだけ待つ決心をしました。しかし、1時間経ち、誰も現れませんでした。それから、飛行士は彼の円を広げて、しかし、集会点から曲がることなく、さらに遠くを捜しました。彼はユーリヤルスの探求で森のニサスのように空気を探しました、そして彼の心は彼を不安にさせ始めました。

2時間後、彼はまだ一人で待っていて、彼のオイルが少なくなっていることに失望して気づきました。もう1つの円!エンジンが彼に聞こえたのはなんてたるんだ!もう1つの円!今ではもう待つことは不可能でした:彼は一人で戻らなければなりません。

着陸時、彼の最初の言葉はギンメールについて尋ねることでした。

&#8220まだ戻っていません!&#8221

ボゾン-ヴェルドゥラズはそれを知っていた。彼は、ギンメールが彼から連れ去られたことを知っていました。

電話と無線が彼らの訴えを送り、飛行機は気になる巡航を始めた。時が経ち、夕方がやってきました。その間、地平線が花の色合いを身に着け、影が深まり、ギンメールのニュースはありませんでした。近隣のキャンプからフランス人、イギリス人、またはベルギー人の同志が到着し、ニュースを切望していました。最新の鳥が家に帰ってきたところはどこでも、あえて空軍兵に質問する人はほとんどいませんでした。

しかし、キャンプに喪がないかのように、日課を派遣しなければなりませんでした。そこにいたすべての若い男性は死ぬことに慣れていて、それでスポーツをすることに慣れていたので、彼らは悲しみを示すのが好きではありませんでしたが、それは彼らの奥深く、不機嫌で激しいものでした。

夕食時に、重い憂鬱が彼らに重くのしかかった。ギンメールの席は空いていて、誰もそれを取ることを夢見ていませんでした。ある役員は、仮説を提案することによって雲を払拭しようとしました。ギンメールは幸運で、おそらく彼は生きていた、囚人だった。

ギンメールは囚人。彼はある日笑いながら言った、「ボッシュは私を生かすことは決してないだろう」と言ったが、彼の笑いはひどいものだった。いいえ、ギンメールは捕虜になることはできなかったでしょう。では、彼はどこにいたのでしょうか。

戦隊のログに、少尉のボゾン・ヴェルドゥラズはその夜、次のように書いた。

1917年9月11日火曜日。パトロール。ギンメール大尉は8.25に少尉のボゾン・ヴェルドゥラズと共にスタートした。プールカペッレ(ベルギー)の上の複葉機との交戦後に行方不明になっているのが見つかりました。

ドイツのアカウント

ジャスタ3戦隊のドイツ人パイロット中尉カートウィッセマンは彼をドイツ軍の背後で撃墜したと考えられています。ウィッセマン自身が撃墜され、17日後に殺されました。

ギンメールと彼の機械の失踪はフランス人にとってかなりのショックであり、彼らは彼を悼みました。彼がドイツ人によって発見され、埋葬されたという話が伝えられたが、彼の航空機は、ドイツ軍の背後で撃墜された連合国の飛行機のドイツ戦争局によって発行されたリストには載っていなかった。 10月9日までに、イギリス軍は激しい戦いの末にプールカペッレを占領しましたが、目立った埋葬地は見つかりませんでした。

1917年11月8日、ドイツ外務省からスペイン大使への公式回答は次のようになりました。

&#8220ギンメール大尉は、9月11日の午前10時に、プールカペッレの南にある名誉墓地2番近くで空中戦中に倒れた。外科医は、彼が頭を撃ち抜かれ、左手の人差し指が弾丸で撃ち落とされたことを発見しました。前日から絶え間なく激しい火事が続いていたため、遺体を埋めることも取り除くこともできず、翌日には近づくことができませんでした。セクター当局は、砲撃が地区全体を耕し、9月12日に本体または機械の痕跡が見つからなかったと伝えています。スペイン大使館の質問に答えるために行われた新たな問い合わせも、ギンメール大尉が倒れた場所が現在イギリス人の所有物であるため、無駄でした。

ドイツの空軍兵は、勇敢な敵に最後の栄誉を与えることができなかったことに遺憾の意を表明します。

この場合の調査は、敵が絶えず攻撃し、新鮮な軍隊が頻繁に連れてこられたり、救援されたり、目撃者が殺されたり負傷したり、移送されたりしたため、最も困難な状況でしか行われなかったことを付け加えておく必要があります。継続的に関与している私たちの軍隊は、前述の情報をより早く提供する立場にありませんでした。&#8221(4)

プールカペッレの記念碑

記念碑にある&#8220Guynemer Stork&#8221の彫刻は、Escadrille N.3のコウノトリの紋章のように翼を下にして、北東方向に飛んでいます。ギンメールは、行方不明になる前に、この方向に飛んでいるボゾン・ヴェルドゥラズ少尉に最後に見られました。


ジョルジュ・ギンメール

スティーブンシャーマン著、2001年8月。2012年4月15日更新。

&quotDは、1917年9月11日、名誉の分野で前進しました。伝説的な英雄は、3年間の懸命で絶え間ない闘いの末、空から栄光に包まれました。そして崇高なギャラントリー。勝利への無敵の信仰によって活気づけられた彼は、犠牲の精神を奉献し、確かに最も高貴なエミュレーションを鼓舞するであろう不滅の遺産をフランスの兵士に遺贈しました。」

それで、パリのパンス&イーキュートンにあるギンメールの碑文を読んでください。

若者

彼は病気の子供で、母親と姉妹に甘やかされていました。 1894年にジョルジュ・マリー・ルドヴィッチ・ガイネマーに生まれ、20歳で非常に軽微で印象的でなかったため、フランス陸軍の医師は1914年に彼の就役を受け入れませんでした。彼の父親の影響により、ポー飛行場で見習い整備士として航空サービスを利用しました。

彼は1915年3月にパイロット訓練生として登録するのを手伝うようにキャプテンバーナードティエリーを説得しました。

1915年3月

他の偉大な第一次世界大戦のエースのように、彼の訓練の状況は神話、伝説、そして伝聞で失われました。友人たちは彼の粘り強さを思い出し、何時間も楽器を操作し、離陸と着陸を練習し、彼の故郷の村でショーボートをしました。

1915年6月

彼はエスカドリルM.S.に配属されました。 (モラーヌ・ソルニエ)3、ヴォシエンヌに伍長パイロットとして駐屯。抑えきれない青年が、あるパトロールでドイツの大砲に向かって飛んでいき、オブザーバーに爆発する砲弾の写真を撮るように頼み、着陸すると、興奮してCOに航空機の穴を見せました。

彼の最初の空中勝利は1915年7月19日、2人乗りの水先案内で行われました。彼がそれを説明したように、彼と彼の砲手、ゲルダーは、クーヴルの上でドイツ人を目撃しました。彼は追いかけたが、ボッシュは彼のより速い飛行機で飛び去った。突然、遠くに別の点が現れ、ギンメールはそれに向かって飛んだ。約2マイルで、彼はそれがアヴィアティック(おそらくB-I)であり、そのパイロットが彼の観測任務に熱心であることに気づきました。ソアソン上空で、ギンメールはアヴィアティックと約10分間の戦闘を行った。彼はねじれた採石場の下と後ろにとどまり、ゲルダーはホッチキス機関銃を発射しましたが、それは繰り返し詰まりました。ある時点で、ドイツ軍はゲルダーを手にした。ゲルダーの「115発目」で、ギンメールは敵のパイロットが倒れ、殴られ、オブザーバーが絶望して手を投げるのを見て大喜びした。アヴィアティックは炎上し、無人地帯に降りました。

ギンメールとゲルダーは両方ともで飾られました M&eacutedai​​lle Militaire.

そしてその後まもなく、ギンメールはに移った les Cigognes、コウノトリ、Escadrille N.3(ニューポール戦隊3)。コウノトリは新しいニューポール11を装備していました B&eacuteb&eacute これは、プロペラの上で発砲する上翼に取り付けられた機関銃を特徴としていました。高速(97 MPH)で機動性のあるニューポール11は、フォッカー単葉機に耐えることができます。

ギンメールは、ほぼ6か月間再び得点しませんでした。 1915年12月8日、ニューポールを飛行して、彼はCompi&egravegne上空でドイツの飛行機を2機捕まえ、最初の飛行機を50メートルで発砲し、わずか15メートルに接近して再び発砲し、敵機をスピンさせました。それから若いフランスの飛行士は逃げた2番目の飛行機に注意を向けました、しかしその瞬間に、彼は彼の最初の犠牲者を見失いました。彼は無駄に一周し、彼​​の業績を証明する残骸を探しました。燃料が少なく、両親に会うのが遅れたため(日曜日のミサ)、彼は飛行場に着陸しました。彼は両親に急いだ。

「パパ、ボッシュを失くした」と彼は叫んだ。「飛行機を撃墜したので、彼を失いたくない。戦隊に報告しなければならない。外に出て、彼がどこかにいるのを見つけてくれ。ボア・カー&イーキュート。」ギンメールは正式に報告し、彼の父親はドイツのチラシの遺体を探して見つけました。この空中の成功のために、ジョルジュは軍曹に昇進しました。

次の2週間で、彼はさらに2機の飛行機、フォッカー2シーターと固定銃モデルを撃墜しました。彼は4回の勝利を収め、レジオンドヌール勲章を授与されてクリスマス休暇を過ごしました。

彼は熟練したエースに成長していました。彼の射撃能力は向上し、彼の飛行機に関する知識も向上しました。各パトロールの前に、彼はそれを詳細に検査し、各ワイヤーステー、各ボルト、すべての布地、およびルイス軽機関銃の配置を調べました。彼の飛行スタイルも成熟した。彼は敵に向かってまっすぐ飛んで、最後の手段として曲技飛行に従事しただけでした。

「私の方法は、ほぼポイントブランクを攻撃することです。」彼は言った。 「それはより危険です、しかしすべては火の死んだ角度にとどまるように操縦することにあります。」

1916年3月

3月までに、ジョルジュは少尉に昇進した8回の勝利を収めたフランスのトップエースの1人になりました。そして彼は、同期機関銃を装備し、120 HP Le Rh&ocircneロータリーエンジンを搭載した最新のスカウト機であるニューポール17を操縦していました。彼のエスカドリルは、そこでの偉大な戦いのためにヴェルダンに割り当てられました。

12日、新しい航空機が彼をほぼ追い込んだ。彼は2人乗りのペアを追いかけていて、「翼に鉛を持って」1人を怖がらせた。次に、2番目を攻撃すると、彼の強力なニューポールがそれを上回りました。ドイツ軍は発砲し、ギンメールは左腕に2発の弾丸を取り、もう1発は顔を切りました。血を流し、片手で飛んで、彼は地面のすぐ上を引き出して、1,000フィート潜りました。彼は大まかに着陸し、飛行機を事実上破壊し、それ以上の怪我はありませんでした。しかし、彼は3か月間活動を停止していました。

6月に戻って、ソンムの戦場で、彼は9月までにスコアを18に上げました。

1916年10月

10月下旬に、新しいSpadS.VIIが導入されました。丸いフロントラジエーターに取り付けられたHispano-SuizaV-8、150 HPエンジンを中心に設計された、Spadは魅力的で合理化された飛行機で、時速122マイルで、わずか15分で3,000メートルに到達できました。 S.VIIは、単一の同期されたヴィッカース機関銃を搭載していました。

ギンメールは11月9日から27日の間に、2人のアルバトロス戦闘機、2人のアルバトロス2人乗り、2人のL.V.G.、フォッカーを撃墜し、スパッドで急速な成功を収めました。 レシゴグネス 2回目のエスカドリルの引用を獲得しました。そのパイロットは年末までにフランスのエースを率い、ギンメールは25機、ヌンゲッサーは21機、ドルメは15機、そしてフルトーも15機でした。ロシア人は彼に聖ジョージの十字架を授けました、そして彼は再び昇進しました。

彼は彼の個人的なSpadを吹き替えました」ヴューチャールズ彼は1917年3月のある朝に2人のアルバトロス2人乗りを撃墜するために飛行しました。その日の午後、彼は再び上昇し、2人のニューポールパイロットにアルバトロスD-IIスカウトを撃墜する方法を示しました。 D-IIが墜落したパイロットは、ドイツの将軍の甥であるフォンハウゼン中尉であることが判明しました。

1917年5月

He had his best day this month, bagging four German planes, bringing his score to 45. He went on leave and refused his father's advice to move to a training assignment. "It will be said that I ceased to fight because I have won all the awards."

July, 1917

He returned to combat, flying Spads, which were still troublesome. In one experiment, a 37 millimeter cannon was mounted through Vieux Charles's propeller shaft (anticipating the American P-39 Airacobra of WWII). Guynemer tried this weapon out on July 16. He encountered an Albatros D-III and blew it apart with the Spad's cannon. But the recoil was tremendous and the shells' fumes were poisonous thus the experiment was given up.

By August, Guynemer was suffering, in part from tuberculosis but also from the fighter pilot's malaise, a cafard, the French called it. (Perhaps today it would be called "post-traumatic stress syndrome.") Nothing seemed to go right. His personal Spad was being worked on. Its replacement was a "lemon." Guynemer's guns jammed. The poor weather limited his flying time. He complained about his bad luck, and snarled at his comrades. His disease showed in his complexion and twice caused him to faint while aloft. When a doctor prescribed rest at a nearby villa, Georges left after a few days and began working on airplanes.

By August 20, he had reached fifty-three victories.

September, 1917

The morning of September 11 was foggy. Two big shots from French aviation headquarters were expected: Majors du Peuty and Brocard (the former CO of les Cigognes)。 Despite their impending arrival, at 8:30 AM Guynemer took off with Lieutenants Bozon-Verduraz and Deullin. He flew Vieux Charles, which had been tuned and its guns checked. The three fliers were seen over the Langemarck Road and then above the Saint-Julien-Poelcapelle Road. From there they crossed the lines and picked up a German two-seater. Guynemer and Bozon-Verduraz jockeyed around to out-maneuver the Boche, but its pilot put the plane into a spin and eluded them. Bozon-Verduraz noticed a flight of German scouts (Fokker D-V's or Albatros D-III's?) approaching. He flew straight into them, scattering them. He circled and returned, only to find empty sky.何もない。 He criss-crossed the area, staying aloft as long as he could, but no Guynemer. On landing, Bozon-Verdurqaz asked about Guynemer, but he had not landed.

Two days later the French announced that their great ace was missing. Conflicting reports came in from the German side: according to one, Guynemer had been shot down on the day before he had gone up. Then the Germans announced that Lt. Kurt Wisseman, a two-seater pilot, had downed Guynemer. Three weeks later the British launched a ground attack in the Poelcapelle area, preceeded by the usual artillery barrage then the Germans counter-attacked and regained the area. Perhaps the wreckage of Guynemer's Spad was blasted into oblivion in the fought-over ground. Or perhaps, as a French journalist explained to the schoolchildren, "Captain Guynemer flew so high he could not come down again."

Another of the Osprey Aircraft of the Aces series, the second World War One topic. Forty colorful profile plates. Wonderful original period photos, including two of Albert Ball that I have never seen elsewhere. Two lengthy chapters on British and French aces. The book covers many aces with fewer than 15 kills, so it goes beyond the famous aces like Ball, Nungesser, Guynemer, and Rickenbacker.

It covers the varieties of the Nieuport (11, 17, 28, etc.) in detail, down to the machine gun on the Type 11: a Lewis gun, of .303 caliber, carrying 476 rounds in its drum, and was mounted on the upper wing by a "Foster" mount, so named for the RFC sergeant who invented it.


Capt. Georges Guynemer. Portrait, from the life, by Henri Farré. The famous French Ace of Aces, who, before his death in action over the German lines, fought 800 battles and brought down 74 Boche airplanes, of which 54 are officially recorded.

There are restrictions for re-using this media. For more information, visit the Smithsonian's Terms of Use page.

IIIF provides researchers rich metadata and image viewing options for comparison of works across cultural heritage collections. More - https://iiif.si.edu

Print, Capitaine Georges Guynemer, CAPT. GEORGES GUYNEMER. PORTRAIT, FROM THE LIFE, BY HENRI FARRÉ. THE FAMOUS FRENCH ACE OF ACES, WHO, BEFORE HIS DEATH IN ACTION OVER THE GERMAN LINES, FOUGHT 800 BATTLES AND BROUGHT DOWN 74 BOCHE AIRPLANES, OF WHICH 54 ARE OFFICIALLY RECORDED.

Uncolored lithograph of a portrait of Captain Georges Guynemer. This print is after a painting by Henri Farré. The print is adhered to a stiff paper backing. Information about the print and Guynemer is printed on the backing below where the print has been attached.

Usage Conditions Apply

There are restrictions for re-using this media. For more information, visit the Smithsonian's Terms of Use page.

IIIF provides researchers rich metadata and image viewing options for comparison of works across cultural heritage collections. More - https://iiif.si.edu

Print, Capitaine Georges Guynemer, CAPT. GEORGES GUYNEMER. PORTRAIT, FROM THE LIFE, BY HENRI FARRÉ. THE FAMOUS FRENCH ACE OF ACES, WHO, BEFORE HIS DEATH IN ACTION OVER THE GERMAN LINES, FOUGHT 800 BATTLES AND BROUGHT DOWN 74 BOCHE AIRPLANES, OF WHICH 54 ARE OFFICIALLY RECORDED.

Uncolored lithograph of a portrait of Captain Georges Guynemer. This print is after a painting by Henri Farré. The print is adhered to a stiff paper backing. Information about the print and Guynemer is printed on the backing below where the print has been attached.

See more items in

National Air and Space Museum Collection

Inventory Number

身体的特徴

Uncolored lithograph of a portrait of Captain Georges Guynemer. This print is after a painting by Henri Farré. The print is adhered to a stiff paper backing. Information about the print and Guynemer is printed on the backing below where the print has been attached.


Georges Guynemer

Georges Marie Ludovic Jules Guynemer syntyi Pariisissa 24. joulukuuta 1894. Hänen isänsä oli eläkkeelle oleva armeijan upseeri Paul Guynemer. Suku oli nk. sotilassuku.

George kävi koulunsa kotona kunnes joutui Lycee d' Compiegneen, jossa ei pärjännyt. Hänet siirrettiin Stanislasin lukioon. Hän ei panostanut koulunkäyntiin, oli häirikkö ja tappelija. Teini-ikäisenä hän harrasti rullaluistelua, miekkailua ja kivääriammuntaa. Näillä on voinut olla hävittäjälentäjän taitoja kehittävää vaikutusta.

Hän tutustui tuolloin Jean Krebsiin, joka oli Panhard Motor Companyn johtajan poika, ja yhdessä he alkoivat rakennella mm. polttomoottoria. Kiinnostus lentämiseen alkoi tästä. I maailmansodassa Krebs kuoli maahansyöksyssä.

17-vuotiaana vuonna 1911 Guynemer näki osan Circuit of Europe Air Race-lentokilvasta. Samana vuonna hän lensi Farman-koneen kyydissä. Päästyään koulusta vuonna 1912 hän pyrki l'Ecole Polytechniqueen. Huonon terveyden takia hän lopetti opiskelun kesällä 1914. Hän vetäytyi perheen huvilalle Biarritziin.

Sodan sytyttyä Guynemer pyrki lentäjäksi viisi kertaa muttei tullut valituksi. Hän matkasi Pau’hun, jossa sai suhteilla pääsyn kapteeni Bernard-Thierryn haastatteluun. Täten hän pääsi mekaanikkokoulutukseen. Tätä seurasi menestyksellinen pyrkiminen lentäjäksi, jossa isän kirjeet päättäjille olivat avainasemassa.

Hän lensi ensi kertaa 26. tammikuuta 1915 Bleriot "Pingouin"-koneella. Hän sai lentoluvan (numero 1832) huhtikuussa 1915, jolloin hänet ylennettiin korpraaliks (Caporal). Hänet siirrettiin lentäjäreserviin, joka toimi Le Bourget’ssa.

8. kesäkuuta 1915 hänet siirrettiin Escadrille MS3-rintamayksikköön, joka oli tuolloin Vauciennes’ssä. Yksikkö lensi Morane type L (yksitasoinen) koneilla. Guynemerin nimikkokone periytyi Charles Bonnardilta, joka oli nimennyt sen "Vieux Charles". Guynemer säilytti ”Vanha Jaakko”-nimen tällä ja useimmilla muilla koneillaan.

Ensimmäinen ilmavoitto tuli 19. heinäkuuta 1915 5 km Soissonsin yläpuolella. Ilmataistelu kesti 10 minuuttia. Koneen ampui alas kk-ampuja, Mecanician Gueder. Alasammuttu kone oli Aviatik, josta Guynemer haki palan muistoksi. Kaksi päivää myöhemmin hänet ylennettiin kersantiksi ja hän sai kunniamaininnan (Palme). 4. elokuuta hän ja Gueder saivat Medaille Militairen.

Syyskuussa lentoura oli loppua – hän teki pakkolaskun ei-kenenkään maalle. 29. syyskuuta ja 10. lokakuuta 1915 hän osallistui eritystehtäviin vieden Ranskan agentteja Saksan rintaman taakse.

Joulukuussa 1915 Escadrille MS3 sai uuden nimen N3. Hän sai yksipaikkaisen Nieuport 10-koneen. 14. joulukuuta hänen koneensa vaurioitui pahasti ilmataistelussa. Jouluna hän sai Legion d'Honneur’in. Hänestä oli tullut kersantti ja yksi Ranskan palkituimmista lentäjistä.

Hän pääsi sous-lieutenant’iksi 4. maaliskuuta 1916. Tällöin hänellä oli kahdeksan ilmavoittoa. Verdunin yläpuolella hän haavoittui. Palatessaan puolikuntoisena rintamalle hän kärsi myös hermostollisista vaivoista. Hänet pakotettiin lomalle. Palatessaan hän sai Nieuport 17-koneen. Yksikkö, jota käytettiin kuten ilma-asetta yleensä I maailmansodassa propagandassa, oli saanut komeamman nimen: Eskadrille N3 oli eliittiyksikön, Groupe de Combat 12, osa (lesCigognes – haikarat). Capitaine Brocard, Esc N3:n komentaja, kuvasi Guynemeriä "..loistavimmaksia haikarakseni". 23. syyskuuta 1916 Guynemer ampui kolme konetta alas yhdessä päivässä. Hän lensi tässä vaiheessa SPAD 7-hävittäjällä.

Hän sai 30. ilmavoittonsa tammikuun 1917 loppuun mennessä. Hän lensi parhaiten yksittäishyökkääjänä ilman siipimiehen tukea. SPADilla hän lensi parimuodostelmassa ja ammuntaa nopeassa syöksyssä, joka oli pikemminkin toisen maailmansodan taktiikkaa. 6. kesäkuuta 1917 Guynemer taisteli Ernst Udetia vastaan. Hän jätti Udetin ampumatta, koska Udetin koneen konekiväärit eivät toimineet.

Hänet ylennettiin Capitaine’ksi 18. helmikuuta 1917 ja hänen vilkkain toimintansa alkoi. Hän sai kolme ilmavoittoa 16. maaliskuuta ja 25. toukokuuta. Hän ampui kaksi konetta alas 5. kesäkuuta ja sai viikkoa myöhemmin Officier de la Legion d'Honneur –mitalin. Georges Guynemer lensi yli 600 sotalentoa. Hänet ammuttiin alas seitsemän kertaa. Hän haavoittui kahdesti ja sai 26 kunniamainintaa. Hän saavutti 53 vahvistettua ilmavoittoa, mutta todennäköisesti ilmavoittoja oli noin 100. Täten hän oli kenties I maailmansodan paras hävittäjälentäjä. Hänellä oli hermojen kanssa vaikeuksia pitkin sotaa. Hän kaatui sodan lopussa Jasta 3:n luutnantti Kurt Wissemanin ampumana.

Guynemerin muistomerkki on Pariisissa (26 Boulevard Victor HQ Armee de l'Air) ja Pantheonin kryptassa on marmoritaulu, jossa on Georges Guynemerin nimi ja Legion d'Honneur teksti.


George Guynemer - History

I had a discussion/debate on a private Xfire chat with three other friends of mine the other day, and we were talking about the Great War. Well, as the night wore on, one of them mentioned Guynemer and what happened to him. It's gotten me more and more interested in the man (and I'm not much of a fanboy of the French pilots. save for Nungesser) since he's one of the few famous aces whose status was never accounted for during the war.

As it stands, can anyone tell me EXACTLY what happened the date Guynemer was last seen? I know that he was last seen attacking an Aviatik, but does anyone have any other information (rumors, claims, etc.)?

Guynemer was never found and neither was his plane. Does anyone else think that the body might have been destroyed, along with the plane, by bombing or shelling? I've somewhat come to that conclusion, and I know I'm not the first one, either, but does anyone else think it could very well be true? As I said, I'm not extremely fond of the French aces or their history. I stick to the Germans and British ones.