古代の医学知識は皮膚に書かれています

古代の医学知識は皮膚に書かれています


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

伝説によると、12000年前の中国西部では、反射光の息子が空から降りてきました。彼らは身長7フィートと言われる奇妙な種族で、これまで誰も見たことのないような服を着ていました。それは光を反射して彼らに名前を付けました(FankuangTzu)。今日、光を反射する服について話すとしたら、ほとんどの人が最初に考えるのは宇宙服なので、おそらくこれらの存在は文字通り天から来たのでしょう。彼らがどこから来たとしても、彼らは人類を教えるためにそうしました、そして彼らは芸術、繊維製造、冶金学、錬金術そして多くの形の医学の形で人類に文明をもたらしたと言われています。伝説によると、彼らは最も知的な人々を連れて、さまざまな分野やスキルで彼らを訓練しました。多くの場合、何世代にもわたって、子供たちは両親から学び、到着してから数世紀後まで、息子たちは生徒を介して知識を世界に送り出しました。そして、彼らはそれ以来見られていないので、彼らは出発したと推定されます。

「反射光の息子」の訪問から5000年後、男性はイタリアアルプスの高地で亡くなり、火打ち石の先端が背中に埋もれ、動脈が切断され、手が骨に切り込まれました。彼が亡くなった理由は、彼の保存が私たちの遠い過去にこれまでに与えられた中で最も鮮明な一瞥の1つであることは間違いありません。彼は当時の最高の技術、細い矢のシャフトと先端、癒しと柔らかさのための菌類、フリントナイフとシャフト、特別に設計された防水靴、スノーシュー、そして精巧に作られたイチイの柄にセットされた銅の斧を持っていました。彼の時代の宝物。アイスマンのオッツィは、彼の個人的な品物が明らかにするように手段がないわけではありませんでしたが、美しい銅の斧ほど触覚的ではありませんが、その存在は医学的および解剖学的知識のレベルを示唆していますさらに2000年と離れた大陸で実際に行われているとは信じられていません。アイスマンのOtziには、指圧と子午線のポイントを示す57本の線、点、十字が入れ墨されています。

詳細な生理学的検査により、アイスマンは脊椎、腰、足首、膝の関節炎のプロセスなどの入れ墨のある領域に対応する身体的な病気に苦しんでいることが明らかになりました。彼はまた、鞭虫の厄介な蔓延のために彼が間違いなく苦しんでいた胃と腹痛に対処するために使用される経絡をマークする入れ墨を持っていました。要するに、アイスマンの入れ墨は間違いなくランダムではなく、人体の神経経路とエネルギー経路の洗練された理解を示しています。マークはまた、そのシンボルが言われている古代の占いの本である易経のトライグラムに驚くべき類似性を示しています記録された履歴よりも古く、バイナリコードとして変換できます。

もちろん、Otziが自分自身に入れ墨をしたと信じる理由はありません。実際、彼の入れ墨のいくつかの場所を考えると、それは非常にありそうにありません。したがって、オッツィは、彼を治療するために彼の痛みに関連する領域に印を付けたシャーマンまたは開業医によって入れ墨された可能性が最も高いです。入れ墨のプロセスが最初の治療であり、永久的なマークがオッツィと彼の近くにいる人が指圧で彼の痛みを治療するための地図として役立った可能性があります。マークの形もランダムではなく、その意味が他の施術者のアイスマンの治療に役立つ可能性もあります。入れ墨のセッションはおそらくより長い救済を与えたでしょう、そしてそれから入れ墨は繰り返される長期の痛みの管理のためのガイドとして使われることができました、入れ墨のセッションが時間とともに繰り返された可能性さえあります。

Otzi the Icemanはこれまでに見つかった最古のミイラであり、彼は医療目的で入れ墨されていたので、入れ墨された1人の男性がたまたま氷に5000分間保存されていない限り、この慣習はかなり一般的だったに違いありません。ここでの本当の問題は、石器時代からかろうじて人々が指圧の芸術を2世紀の中国で実践されていることが知られる前に、どのようにして2000年以上知っていたかであり、さらに興味深いのは、彼の治療と息子の物語との関係です。反射光。

巨人が最初に反射服に登場したと言われたとき、彼らは他の人間とは異なる力を持っていました。彼らは人々を取り巻く光やオーラを見ることができ、人々の体を流れるエネルギーの線や子午線を見ることができました。指圧ポイントは、この力が存在の中にあるか、私たちが知らないいくつかの高度な技術によって達成されたかにかかわらず、小さな光のポイントとして彼らに見えましたが、それは彼らが問題を診断し、個人内のエネルギーの流れを回復することによってそれらを治療することを可能にしました。反射光の息子たちは、精神的なエネルギーをこれらの光の点に集中させ、人を癒すことができると言われていました。当初は触る必要はありませんでしたが、何年も経つと、まるで電源が切れたかのように、実際に患者に触る必要があると言われています。

指圧の組織化された実践は、2世紀の中国の内科のイエローエンペラーズクラシックで文書化されていますが、実践の技術への最も初期の言及は、技術がインド、ネパール、チベット、および少なくとも7000年前にさかのぼる中国西部。反射光の息子たちによって教えられたこの芸術の実践者は、知識を癒し、広めるためにアジアとヨーロッパに広がりましたか?これは、先史時代のヨーロッパ人のオッツィが、少なくとも西側世界では現代医学に失われたレベルの生命力の流れを理解した誰かによって彼に与えられた高度な疼痛管理システムの治癒点でマークされた方法ですか?星からのヒーラーの伝説は、指圧の練習がエジプト、ヨーロッパ、シベリア、アレウト族、南アメリカからのミイラの入れ墨に保存されているように、世界中の文化で発生します。

長年にわたり、入れ墨の実践に対する現代の偏見に影響を受けた主流の考古学者は、自然と人工の両方のミイラの入れ墨の重要性を無視するか、最小限に抑えるか、または先入観に基づいて入れ墨された個人のライフスタイルの理論を作り上げてきました入れ墨。おそらく彼らは、皮膚に刻まれた兆候と、それを身につけた個人と、タッチするだけで癒す方法を教えてくれた星からの神秘的なヒーラーとのつながりについて私たちに伝えることができる物語にもっと注意を払う必要があります。

マーガレット・ムース

参考文献

1. http://www.touchthechi.com

2.道教の癒しの方法

3.ドーファーLら。石器時代からの医療報告? ランセット 1999年9月18日; 354:1023-5。

4. Journal of Archaeological Science 37(12):3256-3262: 4. 2010

5. http://www.iceman.it


古代エジプト医学:研究と実践

ヨーロッパでは、西暦19世紀に、墓地や墓地に興味深い装置が登場し始めました。それは、モートセーフです。これは、故人の遺体を「復活主義者」(ボディスナッチャーとしてよく知られている)から安全に保つために墓の上に建てられた鉄の檻でした。これらの男性は、新たに埋葬された死体を掘り起こし、解剖学を研究したい医師に現金で届けました。当時、人間の解剖は違法であり、西暦1832年の解剖法まで、医師が一緒に働くことができたのは死刑で処刑された人だけでした。

これらは医師に死体の数や死因の品揃えを提供しませんでした、彼らは解剖学、生理学、そして病理学をよりよく理解する必要がありました。医師は、患者を治療する最善の方法は、体の臓器がどのように連携し、何がそれらに影響を与える可能性があるかを理解することであると認識しましたが、アクセスを拒否されました。これらの医師は、死体のために何年にもわたって復活主義者に多額のお金を支払いました。古代エジプトでは、解剖の実践は日常的でしたが、当時の医療分野では誰もいないことを知って驚いたり、面白がったりしたでしょう。それを利用しようと思った。

広告

古代エジプトの防腐剤は当時の医師と彼らの仕事について話し合っておらず、医師は防腐剤を尋ねることを考えたことがなかったようです。エジプトの医師は、呪文、実用的な医療技術、呪文、ハーブやその他の天然物質の使用を通じて患者を癒しました。イムホテプ(西暦前2667年から2600年頃)は彼の論文で病気が自然に発生する可能性があると主張していたが、それは超自然的な要素によるものであるという一般的な理解があったため、解剖学と生理学に関する彼らの理解は弱かった。したがって、内科の研究は、病気が外部の原因から人にもたらされたため、時間の無駄と見なされていたでしょう。

広告

病気の性質

西暦19世紀まで、世界は細菌説を理解していませんでした。後に英国の外科医ジョセフ・リスターによって確認されたルイ・パスツールの研究は、病気が細菌によって引き起こされ、リスクを最小限に抑えるための措置を講じることができることを証明しました。古代エジプト人は、他のすべての文明と同様に、そのような理解を持っていませんでした。病気は、神の意志(罪を罰したり、教訓を教えたりすること)によって、悪霊の代理によって引き起こされるか、幽霊の存在によって引き起こされると考えられていました。

診断により、例えば肝疾患などの問題の明確な身体的原因が示唆された場合でも、これは依然として超自然的な原因であると考えられていました。エジプトの医学書は肝臓病を認識していますが、肝臓の機能は認識していません。これと同じように、医師は子宮の機能を理解しましたが、子宮がどのように機能するか、また女性の体の他の部分との関係さえも理解していませんでした。脳外科手術の症例が記録されているにもかかわらず、脳は役に立たないと信じられていた一方で、心臓は知性、感情、および人格の座と見なされていました。心臓はポンプであり、静脈や動脈が血液を体中を移動させることが理解され、心臓病は今日認識されている手段(食事の変更など)によって診断および治療されましたが、病気の根本的な原因は依然として考えられていました超自然的な機関から来ています。

無料の週刊メールマガジンにサインアップしてください!

有名な医者

それでも、古代エジプトの医師は非常に尊敬されており、正当な理由があります。彼らの手順はおおむね効果的だったようです。ヒッタイト人は、アッシリア人やペルシャ人と同様に、エジプトに医師を提供するよう求めたことが知られています。ギリシャ人は、治療の魔法の側面をあまり真剣に受け止めていなかったにもかかわらず、エジプトの医療行為に多大な賞賛を持っていました。ローマの医師ガレン(126-c。216CE)はエジプトのアレクサンドリアで学び、彼の前に、現代医学の父であるヒポクラテス(c。460-370BCE)は、イムホテプが2、000年前に持っていたのと同じ病気について主張しました。 。

男性と女性は医者である可能性があり、多くは名前で言及されています。これらのいくつかは次のとおりです。

広告

メリット-プタハ (西暦前2700年頃)、王宮の主治医であり、医学と科学で名前で知られる最初の女性。

イムホテプ (西暦前2667年から2600年頃)、医学論文も執筆し、後に医学と癒しの神として神格化されたジェセル王の建築家。

Hesyre (Hesy-Ra、紀元前2600年頃としても知られています)、名前で知られている世界で最初の歯科医の王室付内科医。

広告

ペセヘット (西暦前2500年頃)、女性医師の女性監督、そしておそらくサイスの医学部の教師が設立されました。西暦前3000年。

カタール (紀元前2350年頃)、第6王朝のウナス王の治世下の王立医師は、世界で最も古いと考えられている彼の青銅製の手術器具で埋葬されました。

メレルカ (西暦前2345年頃)、サッカラの墓に近隣の他のどの墓よりも多くの称号が刻まれている、第6王朝のテティ王の下の大宰相。彼は王の医者の監督でした。

広告

Ir-en-akhty (エジプトの最初の中間期、2181-2040)、その幅広い専門分野は彼をエジプトの病歴の中でユニークにします。 Ir-en-akhtyが多くの肩書きを持っていた一方で、ほとんどの医師は単一の分野を専門としていました。

他の医師は、後の作家によって言及され、ガレンによって研究された医学テキストを書いた医師クレオパトラ(有名な女王ではない)を含む、中王国(2040-1782 BCE)からプトレマイオス朝(323-30 BCE)までの名前が付けられています。

魔法と医学

これらすべての医師は、今日の医師が実用的な医学と魔法と考えるものの組み合わせを実践しました。病気は超自然的な原因から来たので、超自然的な治療が最善の手段であると結論付けるのは合理的でした。今日では、これらの信念や慣習を懐疑的に振り返ることができますが、それらは非常に効果的であり、当時は完全に実用的であると見なされていました。

現代の学者や医師は、多くのテキストで言及されている要素、病気、手順を明確に特定できないため、彼らがどれほど効果的であったかを立証することができません。エジプトの言葉の中には、治療に使用される既知の植物や物体、または既知の病気に対応していないものがあります。古代エジプトの医師は内臓の機能を完全には理解していませんでしたが、処方箋と診療が何千年にもわたってコピーされ適用されるほど、どういうわけか患者を十分に治療することができました。特にギリシャ人は、エジプトの医療行為が立派だと感じました。プラトンは彼の中でエジプトの医師に言及しています 対話 そして、神のように彼らに誓うことさえあります。実際、ギリシャ人は、エジプトの医療行為がより多くの聴衆に届くための導管としての役割を果たしました。エジプト学者のマーガレット・バンソンは次のように説明しています。

ギリシャ人は、初期のエジプトの司祭医師の多く、特にイムホテプを称えました。彼らは彼らを彼らの神アスクレピオスと同一視しました。しかし、彼らがエジプトの医療習慣と手順を記録したとき、それらは、薬をエジプトの生活の些細なまたは迷信的な側面に見せた司祭によって使用された魔法と呪文を含んでいました。魔法の呪文は確かにエジプト医学の一部でした。それにもかかわらず、学者たちは、エジプト人がさまざまな病気、怪我、身体の奇形を注意深く観察し、彼らの救済のために多くの処方箋を提供したことを長い間認識してきました。 (158)

ヘカ神は医学と魔法の両方を主宰し、2匹の蛇が絡み合った彼の杖はギリシャ人のアスクレピオスのカドゥケウスとなり、今日では医療専門家の象徴となっています。 Sekhmet、Serket(Selketも)、Nefertum、Bes、Tawawret、Sobekはすべて、何らかの面で健康と癒しに関連していましたが、IsisやHathorのような強力な女神、さらにはSetや魔神パズズ。これらの神々はいずれも、開業医から、邪悪な悪魔を追い払ったり、怒った幽霊をなだめたり、病気を送るという選択を取り消したり、癒しのエネルギーを生み出したりするように求められる可能性があります。

トリートメント

処方された治療法は通常、薬の実用化と呪文を組み合わせてより効果的にしました。たとえば、牛乳の容器に挽いたネズミのローストは百日咳の治療法と考えられていましたが、呪文を唱えた後に取った牛乳の挽いたネズミの方がうまくいくでしょう。母親は子供たちの左手を神聖な布で縛り、保護のためにベス神の像とお守りを部屋に吊るしましたが、彼らはまた、 魔法の子守唄 それは悪霊を追い払った。

同時に、魔法の呪文について言及していない処方箋がいくつかあります。エーベルス・パピルス(紀元前1550年頃)では、避妊の処方箋には次のように書かれています。エドウィンスミスパピルス(西暦前1600年頃)は、怪我の外科的治療に焦点を当てており、実際、世界で最も古くから知られている外科的論文です。パピルスの裏には8つの魔法の呪文が書かれていますが、パピルスはさまざまな作者によって何度も使用されていたため、ほとんどの学者はこれらを後で追加すると考えています。

エドウィン・スミス・パピルスは、怪我に対処する実際的な手順で最もよく知られていますが、病気や皮膚の状態について同じ種類のアドバイスを提供するものもあります。コウモリの血で目の病気を治療するなど、これらのいくつかは明らかに効果がありませんでしたが、他のものはうまくいったようです。エジプトの外科医がこれが効果的であると考えていなかったという理由だけで、侵襲的手術が広く行われることはありませんでした。エジプト学者のヘレン・ストラドウィックは次のように説明しています。

解剖学の知識が限られているため、手術は初歩的なレベルを超えることはなく、内部手術も行われませんでした。墓で見つかった、または寺院のレリーフに描かれた医療機器のほとんどは、ファラオの記念碑的な建築現場で労働者が被った事故の結果である可能性のある怪我や骨折の治療に使用されました。他の道具は婦人科の問題と出産に使用され、どちらも医学的パピルスで広範囲に治療されました。 (454)

Kahun Gynecological Papyrus(c。1800BCE)は、女性の健康を扱ったこの種の最も古い文書です。呪文が言及されていますが、多くの処方箋は、次のように、超自然的な支援なしで薬物または混合物を投与することに関係しています。

ベッドに縛られた女性の検査、彼女がそれを振ったときに伸びない、
あなたはそれについて言うべきです 'それは子宮の食いしばりです'。
あなたは彼女に2ヒンの飲み物を飲ませてそれを扱い、彼女にすぐにそれを吐き出させるべきです。 (列II、5-7)

この特定の箇所は、「彼女が振ったときに伸びない」または「子宮の食いしばり」が正確に何を意味するのか、また飲料が何であるかがわからないため、古代エジプトの医学書を翻訳する際の問題を示しています。これは、特定のハーブまたは天然の要素または混合物が、それ以上の説明を必要としない常識であるかのように書かれている処方箋の場合によくあります。ビールと蜂蜜(時にはワイン)は、薬と一緒に飲むように処方された最も一般的な飲み物でした。時々、混合物は用量まで注意深く記述されます、しかし他の時には、医者が言われることなく何をすべきかを知っていると思われたようです。

結論

すでに述べたように、古代エジプトの医師は彼らの時代の最高のものと見なされ、他の国の医師から頻繁に相談され、引用されました。アレクサンドリアの医学部は伝説的であり、後の世代の偉大な医師はそこで学んだことのおかげで成功を収めました。今日では、一杯のビールの上に唱えられた魔法の呪文が何でも治すことができると人々が信じるのは趣のある、あるいはばかげているように見えるかもしれませんが、この慣習はエジプト人にとってうまくいったようです。

多くの学者が示唆しているように、エジプトの医師の成功はプラセボ効果の典型である可能性があります。人々は処方箋がうまくいくと信じていたので、そうしました。神々はエジプトの生活の中で非常に普及していたので、病気を治したり予防したりする神々の存在は、大きな信仰の飛躍ではありませんでした。エジプト人の神々は遠くの天国に住んでいませんでした-彼らは確かにその空間も占領していましたが-しかし地球上、川の中、木々の中、道を下って、街の中心にある寺院の中、地平線、正午、日没、生涯から死へ。古代エジプト人が彼らの神々と密接な関係を持っていたことを考えるとき、彼らの最も一般的な医療行為に超自然的な要素を見つけることは驚くことではありません。


マラリアとその治療の簡単な歴史

人類の文明の黎明期以来、人々は世界中のマラリアと闘おうと努めてきました。古代の治療法から現代の医薬品(そしてそれらの注目すべき発見者)まで、マラリアとその治療の歴史は豊かなものです。

抗マラリア治療の歴史

マラリアは何千年もの間人間を苦しめてきました。 「医学の父」であるヒポクラテスは、紀元前4世紀または5世紀の医学書でこの病気について説明しました。アレキサンダー大王が30歳でマラリア感染で死亡した可能性があるため、偉大な戦士でさえ小さな寄生虫に匹敵しませんでした5。しかし、マラリア(イタリアのマラリア、または「悪い空気」から)という用語がイタリアの医師フランシスコ・トルティによって造られたのは1718年になってからでした。これは、この病気が沼地の悪性腫瘍によって引き起こされたというローマの医師による信念に由来するタイトルです。空気6-8。

蚊が媒介するマラリアの始まり

ローマ人が最初にアイデアを提案してから何世紀もの間、マラリアは沼地から上昇する空気中の何かによって引き起こされ、これらの煙との接触が病気の危険因子であると広く信じられていました8。沼地ガスが旅行者をマラリアに感染させるという考えは今では馬鹿げているように見えますが、マラリアの犠牲者の臓器の黒い色素沈着を観察することで大きな評価を得た18世紀のイタリアの医師ジョバンニマリアランチシによってすぐに無視されませんでした8。

湿地ガス理論は、特に科学者が感染の動物の犯人を正しく特定すると、時間の経過とともに悪化しました8。蚊が原因の病気の概念は、1882年のワシントン哲学協会の会議で承認されました。蚊の個体数を制御するために巨大な網を街の上に置くという話者の提案は嘲笑されましたが、ロベルト・コッホやアルフォンス・ラベラン(下記参照)を含む多くの著名な科学者が吸血昆虫が根であると疑ったという事実は残っていました感染の原因8。

アルフォンスラベラン。

ラベランがマラリア原虫を発見

19世紀に入っても、マラリアが伝染する手段はまだ不明でした。微生物の小さな世界と、これらの生命体が病気の蔓延に果たした役割は、謎のままでした。マラリアの伝染は、1880年にフランスの外科医アルフォンスラベランによって解明されました。アルフォンスラベランは、軍医としてアルジェの病院に駐在しているときに、マラリア患者の赤血球内を移動する寄生虫を観察しました。彼の発見により、ラベランは1907年にノーベル医学賞を受賞しました8。

マラリア原虫の識別と命名

カミッロゴルジ。

イタリアの神経生理学者カミッロゴルジは、マラリア原虫のさまざまな種を最初に説明しました(それらが引き起こした攻撃の頻度と、それらを含む赤血球が破裂したときに放出された寄生虫の数に基づいて)、彼は1906年にノーベル賞を受賞しました8。イタリアの研究者ジョヴァンニ・グラッシとライモンド・フィレッティは、最初にこれらに名前を付け、三日熱マラリア原虫と四日熱マラリア原虫を分類しました8。アメリカ人のウィリアム・ウェルチとジョン・スティーブンスは後に、それぞれ熱帯熱マラリア原虫と卵形マラリア原虫の名前を寄稿しました8。

のラベランが描いたイラスト
新鮮な血液に見られるマラリア寄生虫のさまざまな段階。暗い色素顆粒はほとんどの段階で存在します。下の行は、「…非常に活発に動く&#8230&#8221 1897年8月20日、ロナルド・ロス卿がマラリアの蚊の伝染の発見を記録したノートブックのページ。

マラリア感染の発見

マラリア原虫が異なる生物間をどのように移動するかについての説明は、2つの主要なステップで行われました。 1つ目は、マラリア原虫の複雑なライフサイクルを示すための英国の医師、ロナルドロス卿の骨の折れる努力でした。ロスは、1902年のノーベル賞受賞スピーチで、伝染の原因となる蚊の種と昆虫の組織内の寄生虫の位置の両方を検索したことを説明しています9。当初はネイティブインディアンの多くの被験者を実験に使用していましたが(マラリアの犠牲者を食べている蚊が組織に寄生虫を含んでいることを示すことができました)、その後の突破口は、人間の参加者の不足によりロスが鳥を雇うことを余儀なくされたときでした9。彼は最終的に、鳥類の宿主におけるマラリア原虫の雌と雄のバージョンだけでなく、鳥からそれらを食べた蚊への受精した寄生虫の伝播も観察することができました9。興味深いことに、ロスは訓練を受けた科学者ではありませんでしたが、別の著名なマラリア研究者からかなりの指導を受けました9。

蚊が人間の宿主間でも病気を通過させる可能性があるという2番目の啓示は、19世紀後半にジョヴァンニグラッシと彼のイタリアの研究者チームによって示されました8。これは、ハマダラカのいる部屋で自発的な入院患者をシャトルし、被験者のマラリアの発症と進行を観察することによって行われました。これは、グラッシの同時代人の多くが搾取的であると認めたプロトコルです8。

抗マラリア薬の歴史

精製されていない天然物は、最初の抗マラリア剤として機能しました。紀元前2世紀、中国の医師はよもぎ植物を効果的な治療法として特定しました8。この治療法の知識は何千年もの間失われましたが、西側の世界は、一見解決できないマラリアの問題に対処し、主に1950年代へのDDTスプレーなどの戦略に依存していました8。東部の政治の変化とともに、医療の革新が起こりました。文化大革命後、毛沢東の西洋医学への不信は、中国の古代の医学書に記載されている効果的な治療法の探求につながりました8。これらの化合物の1つはアルテミシニンであり、すぐに世界中で大きな人気を博しました10。

&#8220Quinologie&#8221、パリ、1​​854年のプレート、Quinquina calisaya(ボリビア)の樹皮を示しています。

ラテンアメリカ初期の同様のシナリオでは、ペルーの先住民は、樹皮にキニーネが同定されるずっと前に、キナの木の有益な特性を認識していました。ヨーロッパによる南北アメリカの発見により、15世紀の終わりにスペインの宣教師の洪水がラテンアメリカに流入しました。 1600年代初頭、これらの新参者は、ペルー副王領の妻(木がその名前の由来となったチチョン伯爵夫人)などの入植者を治療するために使用されたキナの木の薬効を知りました8。木の樹皮は1640年頃にヨーロッパに最初に導入され、そこで人気のある抗マラリア化合物としてイギリスからスペインに広がりました。植物学者が1700年代に最終的に植物を分類したときでさえ、それはまだ口頭でキナの木として知られていました8。しかし、キナ植物の活性化学成分は1920年まで化学者によって分離されませんでした。20世紀までに、キナの木の主な供給はオランダ領東インドのプランテーションに移りました。 (以下を参照)8。現時点で抗マラリア化合物の開発を目指して、ドイツの化学者は、後に人気のある薬剤であるクロロキン8として知られるResochinという名前の薬を開発しました。

第二次世界大戦:キニーネ不足と戦時中の研究

前述のように、キナの木の主な供給源は20世紀初頭までにオランダ領東インドに移りました。第二次世界大戦中の日本帝国の拡大に伴い、アメリカ人は、病気が大きな脅威であった南太平洋で戦っている間、抗マラリア薬の不足に苦しんでいました12。この不足に対処するために、1942年に米国中に散在するキニーネの供給を収集するキャンペーンが開始されました。この期間は、抗マラリア化合物の研究が緊急に強化されたことでも注目に値します。戦争中の政府の支援と国家危機の感覚に拍車をかけ、病気の生物学的、化学的、免疫学的理解とその治療法に多くの進歩が見られました。この時期の発見の中には、アルカロイド化合物が含まれていました。アジサイ抽出物febrifuge(残念ながら、臨床試験では毒性が強すぎて治療に使用できないことが判明しました)。もう1つは、1939年にPaul MullerがDDT(1874年に最初に合成された化合物)の殺虫特性を特定したことで、1948年のノーベル医学賞を受賞しました12。

CDCの誕生とマラリアに対する世界的なキャンペーン

キューバへの拡大とパナマ運河の建設中、米国政府はマラリアの発生を抑制することに積極的な関心を示しました。米国公衆衛生局(USPHS)は、20世紀初頭に、米国内のマラリアと闘うための資金を獲得しました。さらに、ノースカロライナ州のケープフィアはマラリアのホットスポットとして知られており、危険な沖合の海とともに、この地域の不吉な名前を説明している可能性があります12,13。 1946年7月1日、伝染病センターが設立されました。最終的には現代のCDCとなるこのセンターは、1951年までに達成された目標である米国のマラリア撲滅に専念しました12。このキャンペーンで使用された戦略の中には、蚊の繁殖地を取り除くための排水の改善と、影響を受けた地域への大規模な殺虫剤の散布がありました14。

このタスクが完了すると、現在のCDCのマラリア研究部門の継続的な焦点であるマラリア治療の世界的な問題に注意が向けられました12。米国でのCDCのキャンペーンに続いて、世界保健機関(WHO)は、その使命12で新しい抗マラリア化合物とDDTの出現を利用して、マラリアを世界的に撲滅するプログラムを1955年に開始しました。インドなどの一部の国はWHOの取り組みから著しく恩恵を受けましたが、サハラ以南のアフリカなどの他の国はほとんど影響を受けませんでした12。マラリア原虫の薬剤耐性株などの困難により、最終的にWHOの当初の使命は実行不可能になり、根絶ではなく管理の使命への移行が必要になりました12,15。

経済学、生態学、および病因:マラリア原虫に対する地理的圧力

マラリアの「ホットスポット」を強調する地球の地図を見ると、いくつかの主要なテーマが浮かび上がってきます。マラリアの有病率は、箱入りの図16,1に示されているように、ハマダラカの生息地と重複しています。しかし、ご覧のとおり、これらの昆虫は世界中で見られますが、マラリアの発生は熱帯地方に集中しています。熱帯でより多くのハマダラカが見つかったとしても、温帯での発達が速いため、これは、マラリアが他の地域よりも早い時期に一部の地域で報告されたという歴史的な説明をまだ完全には説明していません。

これらの違いは、病気が特定の場所で発生した場合に説明される可能性があります。現在の理論では、アフリカは起源の大陸でした6。この始まりの後、マラリアが広がり、寄生虫は新しい気候に基づいて繁栄または衰退します6。たとえば、ネイティブアメリカンは、氷河期に北米に移動し、蚊の媒介生物のライフサイクルに不利なゾーンに入ったためにマラリアが発生しなくなった可能性があります6,17。 More recent historical events that may have spread the parasites include the African slave trade of the 16th through 18th centuries and foreign travelers in ancient Greece 6 . Thus, the success of the parasite’s adaptation to new climates, in addition to the fitness of their Anopheles carriers, may explain the distribution of malaria as humans spread across the globe 6 .

Global distribution of Anopheles mosquitoes.

While this paradigm of environmental adaptation is plausible, factors outside the world of scientific theory may also help explain the geographical distribution of malaria in fact, economics may play a pivotal role. The link between geography and economic prosperity was noted in the 18th century by economic pioneer Adam Smith in The Wealth of Nations 18 . Simply put, coastal regions have better access to shipping routes and thus outperform inland nations. In the case of malaria, these economic and epidemiological factors are reciprocal: on the one hand, the geography of the interior tropics limits economic development, leading to fewer health care resources and ability to combat malaria 18 . Conversely, the disease retards economic growth, inasmuch as high infant mortality results in less investment in education and the market potentials enabled by educated individuals 18 . Thus, the “vicious cycle” of disease and economic underdevelopment makes treatment of malaria in the tropics an appreciably difficult task 18 .

Epidemiological figures underscore the disparity of the malarial burden between the developed and developing worlds. In 2002, there were 8 malarial deaths reported in the US, while some areas of Africa had 2700 deaths a day in 1995 from the disease – that is 2 deaths a minute 19 . The disease’s impact on child mortality is also profound, causing 10.7% of all children’s deaths in developing countries (the fourth highest cause) 19 .

Comprehension Questions:
1. Why might coastal regions be more prosperous than inland ones?
2. Why might it be economically significant that malaria is a major cause of child mortality?


Herbals and the properties of plants

Among the most popular medical texts to survive from this post-Rome period are those containing plant-based remedies, known collectively as herbals. Herbals describe the properties of various plants and their uses, particularly medicinal ones. The most famous herbal author was the Greek physician Dioscorides (b. c。 40, d. 90), who was active in the 1st century. Dioscorides&rsquos work became known in Europe as the Herbarium, the word for &lsquoherbal&rsquo in Latin. Another popular herbal text in the early Middle Ages was an adaptation of the Herbarium attributed to an otherwise unknown late Antique author called Pseudo-Apuleius. Pseudo-Apuleius&rsquos herbal was often combined with other treatises, including remedies that could be drawn from animals, to form what is known today as the Pseudo-Apuleius Complex.

Dioscorides, Liber de virtutibus herbarium

An early translation of the Herbarium of Dioscorides (BnF, Latin 12995, f. 4r)


Ancient Roman medicine

The Roman Empire began around 800 B.C.E. and existed for around 1,200 years. Medical knowledge and practice were advanced for the time, and the ancient Romans made progress in many areas.

The Romans encouraged the provision of public health facilities throughout the Empire. Their medicine developed from the needs of the battlefield and learnings from the Greeks.

Among the practices that the Romans adopted from the Greeks was the theory of the four humors, which remained popular in Europe until the 17th century.

Share on Pinterest The temple of Aesculapius stood on the Tiber Island. The original is now long gone, but this Renaissance-era replica may bear some resemblance to it.

The Romans had their first introduction to Greek medicine when Archagathus of Sparta, a medical practitioner, arrived in Rome in 219 B.C.E.

Other scientists and doctors came from Greece, first as prisoners of war and later because they could earn more money in Rome. They continued researching Greek theories on disease and physical and mental disorders.

The Romans allowed them to carry on their research and adopted many of their ideas. However, unlike the Greeks, the Romans did not like the idea of dissecting corpses, so they did not discover much about human anatomy.

The spiritual beliefs surrounding medicine in Greece were also common in Rome.

By the 3rd century B.C.E., the Romans had adopted a religious healing system called the cult of Aesculapius, which took its name from a Greek god of healing. Initially, they built shrines, but these expanded in time to include spas and thermal baths with doctors in attendance.

When plagues occurred in Italy in 431 B.C.E, the Romans built a temple to the Greek god Apollo, who they believed had healing powers.

The Romans also took a sacred snake from the Greeks. It escaped but reappeared on the Tiber Island, where the Romans built a sanctuary for it. People would come to this place in search of healing.

On conquering Alexandria, the Romans found various libraries and universities that the Greeks had set up. They contained many learning centers and places for research as well as a wealth of documented knowledge of medicine.

It was by observing the health of their soldiers that Roman leaders began to realize the importance of public health.

On the battlefield

Most Roman surgeons got their practical experience on the battlefield. They carried a tool kit containing arrow extractors, catheters, scalpels, and forceps. They used to sterilize their equipment in boiling water before using it.

The Romans performed surgical procedures using opium and scopolamine to relieve pain and acid vinegar to clean up wounds.

They did not have effective anesthetics for complicated surgical procedures, but it is unlikely that they operated deep inside the body.

Maternity care

The Romans also had midwives, whom they treated with great respect. Records of medical instruments include a birthing stool, which was a four-legged stool with arm and back supports and a crescent-shaped opening for the delivery of the baby.

Cesarean sections did sometimes take place. The women would not survive, but the baby might.

Hospitals

In purpose-built hospitals, people could rest and have a better chance of recovery. In the hospital setting, doctors were able to observe people’s condition instead of depending on supernatural forces to perform miracles.

As Roman doctors did not have permission to dissect corpses, they were somewhat limited in their understanding of human anatomy.

However, soldiers and gladiators often had wounds, which could be severe, and doctors had to treat them. In this way, they learned more about the human body.

Claudius Galen, who moved from Greece to Rome in 162 C.E., became an expert on anatomy by dissecting animals and applying his knowledge to humans.

He was a popular lecturer and a well-known doctor, eventually becoming Emperor Marcus Aurelius’ physician. He also wrote several medical books.

Galen also dissected some human corpses. He dissected a hanged criminal and some bodies that a flood had unearthed in a cemetery.

As a result, Galen displayed an excellent knowledge of bone structure. After cutting the spinal cord of a pig and observing it, he also realized that the brain sends signals to control the muscles.

The Romans made progress in their knowledge of what causes diseases and how to prevent them. Medical theories were sometimes very close to what we know today.


What was ancient Egyptian medicine like?

Ancient Egypt was a civilization that lasted from 3300 to 525 B.C.E. This is probably where the concept of health started. Some of the earliest records of medical care come from ancient Egypt.

The ancient Egyptians believed in prayer as a solution to health problems, but they also had natural, or practical, remedies, such as herbs.

It was a structured society with tools such as written language and mathematics, which enabled them to record and develop ideas, and it meant that others could learn from them.

Share on Pinterest The ancient Egyptians had basic medical equipment, and they also believed that the gods controlled life and health. This picture shows Isis on a birthing stool,

The ancient Egyptians thought that gods, demons, and spirits played a key role in causing diseases.

Doctors believed that spirits blocked channels in the body and that this affected the way the body worked. They looked for ways to unblock these channels. They used a combination of prayer and natural — or non-spiritual — remedies.

Most healers were also priests, but, in time, the profession of a “doctor of medicine” emerged.

The fact that ancient Egyptians had systems of letters and numbers meant they were able to record and develop ideas and make calculations. Documented ancient Egyptian medical literature is among the oldest in existence today.

The ancient Egyptians had an organized economy and system of government, a settled population, social conventions, and properly enforced laws. Before this, the local people mainly lived a nomadic life.

This stability allowed medical research to develop.

In addition, there were also relatively wealthy individuals in ancient Egyptian society. They could afford some health care and also had time to ponder and study.

The ancient Egyptians were also traders. They traveled long distances, coming back with herbs and spices from faraway lands.

Research and learning

The ancient Egyptians’ practice of preserving deceased people as mummies meant that they learned something about how the human body works.

In one process, the priest-doctor inserted a long, hooked implement through the nostril and broke the thin bone of the brain case to remove the brain.

Kings and queens from faraway lands sought Egyptian doctors because of their reputation for excellence.

Archaeologists have found a number of written records that describe ancient Egyptian medical practice, including the Ebers papyrus.

Share on Pinterest The ancient Egyptians probably learned something about the human body through mummification.

This document contains over 700 remedies and magical formulas and scores of incantations aimed at repelling demons that cause disease.

The authors probably wrote them around 1500 B.C.E., but the document may contain copies of material dating back to 3400 B.C.E. They are among the oldest preserved medical documents in existence.

The scroll provides evidence of some sound scientific procedures.

Doctors appear to have had fairly good knowledge about bone structure and some awareness of how the brain and liver worked.

The heart: According to the Ebers Papyrus, the center of the body’s blood supply is the heart, and every corner of the body is attached to vessels. The heart was the meeting point for vessels that carried tears, urine, semen, and blood. Researchers writing in 2014 described ancient Egyptian understanding of the cardiovascular system as “surprisingly sophisticated, if not accurate.

Mental illness: The document describes in detail the characteristics, causes, and treatment for mental disorders such as dementia and depression. The ancient Egyptians appear to have seen mental diseases as a combination of blocked channels and the influence of evil spirits and angry Gods.

Family planning: The scroll contains a section on birth control, how to tell if a person is pregnant, and some other gynecological issues.

There is also advice about:

  • skin problems
  • dental problems
  • diseases related to the eyes
  • intestinal disease
  • parasites
  • how to surgically treat an abscess or a tumor

In addition, there is evidence that doctors knew how to set broken bones and treat burns.

Medical advice

Some recommendations that physicians made then seem fairly sound to us now.

They advised people to wash and shave their bodies to prevent infections, to eat carefully, and to avoid unclean animals and raw fish.

Some, however, are less familiar. Putting a plug of crocodile dung into the entrance of the vagina, for example, was a method of birth control. People also used dung to disperse evil spirits.

Dentistry

The Egyptians also practiced dentistry. Caries and tooth decay appear to have been common.


4 Ars Notoria


A Solomonic grimoire compiled in the 13th century, the Ars Notoria does not contain any spells or potions. It focuses instead on the acquisition of learning, the command of memory, and gaining insight into difficult books.

NS Ars Notoria promises practitioners the mastery of liberal arts&mdashgeometry, arithmetic, and philosophy among them&mdashthrough a lengthy daily process of visualization, contemplation, and orations. Through these orations, you can beseech God for intellectual gifts, including eloquence, heightened senses, wisdom, and perfect memory.

As a book concerned primarily with enlightenment, the Ars Notoria eschewed some of the more malevolent aspects of magic. However, not everyone was convinced of its benign nature. One notable 14th-century monk, John of Morigny, devoutly followed the teachings of the Ars Notoria and had haunting visions, until he claimed that the visions themselves were demonic in nature. He warned people of the diabolical nature of the Ars Notoria in his own mystical manuscript, the Liber Visonum.


2. The list of Sumerian rulers includes one woman.

Ruins of the city of Kish, which Kubaba supposedly ruled. (Credit: DeAgostini/Getty Images)

One of the greatest sources of information on ancient Mesopotamia is the so-called “King List,” a clay tablet that documents the names of most of the ancient rulers of Sumer as well as the lengths of their reigns. The list is a strange blend of historical fact and myth—one early king is said to have lived for 43,200 years𠅋ut it also includes Sumer’s lone female monarch in the form of Kubaba, a “woman tavern-keeper” who supposedly took the throne in the city-state of Kish sometime around 2500 B.C. Very little is known about Kubaba’s reign or how she came to power, but the list credits her with making 𠇏irm the foundations of Kish” and forging a dynasty that lasted 100 years.


ビデオを見る: 2018 feb 12 - Conoscenza Scienza Co-scienza. Università di Padova