ジョージケイ

ジョージケイ


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

ジョージケイは1891年9月21日にマンチェスターで生まれました。1910年にボルトンワンダラーズと契約する前にエクルズでプレーしたセンターハーフ。ケイを発見したケニーダベンポートは、「ケイは彼の若者を見たのと同じくらい強かった。何年も彼を通過しませんでした。彼は大物ですが、速くて明るいです。」

ケイは、第一次世界大戦の勃発で王立要塞砲兵隊に加わるまで、3つの最初のチームのゲームでしかプレーしませんでした。紛争中、ケイはウェストハムユナイテッドを含むいくつかのリーグクラブで親善試合を行いました。

ケイは最終的に西部戦線に送られ、負傷し、ガス処刑されました。 1917年、軍曹に昇進したケイは、シェルショックに苦しんでイギリスに送り返されました。

ケイは1919年に100ポンドの手数料でウェストハムユナイテッドに入団しました。彼は1919年9月8日にバーンズリーに対して第2ディビジョンサイドでデビューしました。ケイはシド・パッドフット、ジミー・ラッフェル、エドワード・ハフトン、ジョージ・ケイ、ビリー・ムーア、ジャック・トレサダーン、ヴィック・ワトソン、シド・ビショップ、ビリー・ブラウン、ディックを含むチームに加わりましたリチャーズ、ジャックヤング、ビリーヘンダーソン。

ケイはサイドでの地位を維持し、1922年にシド・キングは彼をサイドのキャプテンに任命することを決定しました。ウェストハムユナイテッドは、ハルシティ(3-2)、ブライトン&ホーブアルビオン(1-0)、プリマスアーガイル(2-0)、サウサンプトン(1-0)、ダービーを破って、1922年から23年のシーズンに良いFAカップを楽しんだ。ボルトンワンダラーズとの決勝戦に到達する郡(5-2)。決勝戦は、スタジアムが完成してからわずか4日後にウェンブリースタジアムで行われました。

スタジアムの収容人数は125,000人だったため、フットボールアソシエーションは全チケットの試合にすることを検討しませんでした。結局のところ、両方のチームのリーグ戦の平均参加者数は約20,000人でした。しかし、ロンドンのクラブがFAカップの決勝戦を行うことはまれであり、市内の他のクラブの支持者はそれを北対南の試合と見なしていました。 30万人が地面に侵入しようとしたと推定されています。スタジアムへの出入りで1,000人以上が負傷しました。

ジミー・ラッフェルは後に決勝戦についてインタビューを受けました。「ウェンブリーの人々のほとんどはロンドン市民のようでした。まあ、私が見たのはそうだったようです。私たちがフィールドに出ようとしたとき、みんなが私たちの背中を叩きました。ピッチの中央に着くまでに、貧弱な肩が痛んでいた…馬と群衆によってフィールドがひどくかき回されていたので、ウェストハムにとってプレーするのは難しいゲームだった。ウェストハムはたくさんのウィングを作ったので、ラインのすぐ近くにいる群衆のためにそれらを走らせることができませんでした。ボルトンはもちろん同じフィールドでプレーしなければなりませんでした。しかし、彼らはウェストハムほど広くはプレーしなかった。」ゲームが最終的に開始されたとき、ジョー・スミスとデビッド・ジャックはウェストハム・ユナイテッドに対するボルトンの2-0の勝利で得点しました。

次の試合では、ウェストハム・ユナイテッドが水曜日にシェフィールドを2-0で下し、第1ディビジョンへの昇格を確実にしました。最高得点者は、ヴィック・ワトソン(22)とビリー・ムーア(15)でした。しかし、ディフェンスは非常にうまくいき、そのシーズンには38ゴールしか入れませんでした。

ウェストハム・ユナイテッドは、第1ディビジョンの最初のシーズンで13位でフィニッシュしました。ケイはそのシーズンの42試合のうち40試合に出場した。次のシーズン、彼はリーグ戦を1試合欠場しただけでした。その年、彼はウェストハムのために200以上のゲームをプレイした最初の人になりました。彼が1925年から26年のシーズンの終わりにクラブを去ったとき、彼はクラブのために237のリーグゲームでプレーしていました。ケイはストックポートカウンティに入団しましたが、現在36歳で、クラブで2試合しか管理していませんでした。

翌年、第3部ルートンタウンのコーチに就任。 1929年に彼はクラブのマネージャーになりました。しかし、2つのかなり失敗したシーズンの後、彼は1931年5月にサウサンプトンのマネージャーになりました。第2部クラブが財政難に陥っていたため、彼は若い選手の育成に多くの時間を費やしました。これには、74試合で48得点を挙げたテッドドレイクが含まれます。 1934年3月、ケイはドレイクをアーセナルに6,500ポンドの手数料で売却しました。

サウサンプトンの財政問題を考慮して、ケイはクラブを第2師団に留めておくのに成功しました。 1936年にケイは第1師団側のリバプールのマネージャーになりました。ケイはあまり良いスタートを切ることができず、1936-37シーズンにクラブは18位でフィニッシュしました。ケイはマット・バスビーをクラブのキャプテンにした。その後、バスビーはケイが彼に良いマネージャーになる方法を示したと主張した。リバプールは1937-38シーズンと1938-39シーズンにミッドテーブルでフィニッシュしました。

Tony Matthewsによると、 リバプールの誰が誰だ (2006)、ケイは次のように述べました。彼の噛みつきよりもはるかにひどく、彼は確かに試合前に選手を巻き上げた」と語った。

フットボールリーグは第二次世界大戦中に放棄されました。ケイは、戦後サッカーが再開されるまでに優れたチームを育てていました。マット・バスビーは引退を余儀なくされましたが、ケイはボブ・ペイズリー、ビリー・リッデル、ジャック・バルマー、アルバート・スタビンズの品質の選手を獲得しました。

リバプールは、1946-47シーズンに第1ディビジョンチャンピオンシップを獲得しました。ボブ・ペイズリーは、ケイは「第一次世界大戦後のウェストハムのように、リバプールを戦争中に連れて行って出てきた...彼はリバプールのチームが将来プレーする方法の土台を築いた人の一人だった...ボールを地面に置いたまま、うまくパスします...しかし、ボールにも強いです。」クラブはジャック・バルマーとアルバート・スタビンズに多大な恩恵をもたらし、それぞれ24ゴールで共同トップスコアを獲得しました。リバプールもFAカップの準決勝に到達しましたが、残念ながらバーンリーに1-0で敗れました。

クラブは次の3シーズンの間、ミッドテーブルでしか終えることができませんでしたが、アーセナルとの1950FAカップの決勝に到達しました。ブライアン・ベルトンが指摘したように、「ケイの健康状態は、1950年のFAカップ決勝戦に向けてのストレスにより悪化し始め、その間に体重が減り、連鎖喫煙を始めました。彼は倒れ、緊急の医療処置が必要でした。リバプールが1950年のレッズの最初のウェンブリー決勝でアーセナルに会う2日前に彼の病気のベッドは、王へのプレゼンテーションのために彼のプレーヤーをウェンブリーの芝生に導くという名誉を否定されることはありませんでした。」リバプールは2-0で敗れた。

ケイの健康状態は悪化し続け、1951年1月にマネージャーを引退しました。ビリーリッデルは次のようにコメントしています。彼はベッドに横になり、眠ることができず、すべてのマネージャーを悩ませているさまざまな問題について熟考していましたが、それは過敏または過度に良心的なものへの呪いになる可能性があります...誰かがクラブのために彼の人生を捧げた場合;ジョージケイはそうしましたリバプールのために。」

ジョージケイは1954年4月18日にリバプールで亡くなりました。

この素晴らしいセンターハーフは、サッカーの管理でマークを付けた最初の元ウェストハムプレーヤーの一人であり、有名なウェストハムの経営者「アカデミー」のパイオニアであると正当に主張することができました。

気さくで話し上手な男で、彼はトラックスーツを着ることはなく、どんな状況でも常に襟とネクタイとスーツ(またはブレザーとズボン)を着用することを好みました。彼の吠え声は彼の噛みつきよりもはるかに悪く、彼は確かに試合前にプレーヤーを巻き上げました。

アンフィールドの新しいマネージャー、ジョージ・ケイは、マットが賞賛するようになった男でした-彼がゲームで出会った最高の男の一人です。彼らは親族の精神であり、共通の見解と目標を共有していました。

ジョージは、1931年から1936年までの5シーズン、サウサンプトンを第2部に設立し続けたとき、英語の管理でマークを付けた最初のハンマーの1人でした。南海岸での彼の時間は完全に成功したわけではなく、219試合で76勝しかありませんでした。聖人を担当しています。しかし、彼はウェストハムのヴィック・ワトソンと契約しました。それは当時大きな驚きでした。ケイは、1936年にアンフィールドでマネージャーの仕事を提供されるのに十分なほど聖人たちとうまくやっていた。

ケイが受け継いだリバプールのサイドは降格の確実性と考えられており、彼がサイドを19位の比較的安全な場所に導いたとき(将来のマンチェスター・ユナイテッドのマネージャー、マット・バスビーをフィーチャー)、それは奇跡のようなものと見なされました。バスビーはクラブで唯一の本物の選手でした。第二次世界大戦の前の年に、ケイはロッホゲリーバイオレットからあまり知られていないスコットランドのウィンガービリーリッデルに署名し、週3ポンドの契約で17歳をスナップしました。彼はまた、予備の擁護者ジム・ハーレーを紹介し、プレストンからウィリー・フェイガンに署名した。リバプールは11位になりましたが、新しい1939-40シーズンの開始直後に戦争が宣言されました。ケイとリバプールがリーグサッカーに復帰するまでには7年もかかりました。

ジョージは、紛争の年にサッカーを続けた地域大会で戦時中のレッズを管理し、ホレイスカムナー、スタンカリス、プレストンのディフェンダーであるビルシャンクリーなどを採用して、ベリーニーウェンホイスや新人ボブペイズリーなどを補佐しました。その時代の数少ないポジティブな点の1つはリデルでした。戦争が始まったとき、彼は若すぎて軍隊に入ることができず、1940年の新年のクルーに対する虐殺の目標で戦時中のデビューをマークしました。彼のスキルは、Liverpudliansにとって憂鬱な時期を照らしました。

ケイはリバプールレッズを1946-47年の最初の戦後第1部選手権で勝利に導き、最も致命的なライバルであるマンチェスターユナイテッドをわずか1ポイント上回りました。彼は輝かしいチャンピオンシップへの攻撃を計画していました。すべての優れたマネージャーと同様に、彼はネガティブな状況からポジティブなものを引き出すことで成功を収めました。シーズンが始まる前に、彼はチームをアメリカとカナダへの旅行に連れて行きました。そこでは平凡な反対に反対しましたが、多大な支援を受けて、彼はリバプールチームにゲル化する時間を与え、非常に重要なことに、お互いに再会しました。食糧配給の呪いのない環境でプレーし、健康を取り戻す。アンフィールドの若者はこれまでになくよく食べました。彼のチームは、体調が良く、健康で、10試合で10勝を挙げ、7月まで続くシーズンの緊張に耐えることができました。厳しい冬は、何週間にもわたって試合を遅らせました。ケイの部下はその言葉でユニークな「4倍」を達成し、リバプールシニアカップ(決勝でエバートンを破った)と他の2つのローカルカップ、ランカシャーカウンティコンビネーションカップとランカシャーシニアカップを獲得しました。当時はすべてが重要なトロフィーでした。

チャンピオンシップは素晴らしい偉業であり、次のシーズン、リバプールはさらに栄光に近づきました。バーンリーとのゴールレスの争いの後、ケイの若者たちはメインロードでのFAカップの準決勝のリプレイで1ゴールでわずかに殴打されました。しかし、ジョージは、大会の最後の4回でエバートンを破った後、わずか数年後に2度目のFAカップ決勝に進出することになりました。ケイの健康状態は、1950年のFAカップ決勝戦に向けてのストレスにより悪化し始めました。その間、彼は体重を減らし、連鎖喫煙を始めました。リバプールが1950年のレッズの最初のウェンブリー決勝でアーセナルに会う2日前に病床に閉じ込められたが、ケイは王へのプレゼンテーションのために彼の選手をウェンブリーの芝生に導くという名誉を否定されることはなかった。アンフィールドのボードがペイズリーを落とした決勝戦は緊密な試合でしたが、悲しいことにジョージ・ケイにとっては2-0で敗れ、

1923年の彼の最初のウェンブリー決勝...

ジョージは1951年2月に医学的アドバイスでサッカーを引退し、リバプールはドンウェルシュを後継者に任命しました。ケイは1954年4月に亡くなりました。彼は深く思慮深い男として認められ、彼のサッカーに非常に真剣に取り組んでいました。彼はどんなに小さくてもすべての決定を分析し、熟考した後にこれらの同じ判断を再検討することを恐れませんでした。ジョージはいつも彼のドレスを着て手付かずで、彼の仕事に専念していました。彼はサッカーのために食べ、飲み、眠り、そして生きましたが、彼の心が彼の頭を支配することを決して許しませんでした。彼は賢明な戦術的知識と優れた動機付けスキルを持っていました。ケイと緊密に協力した元レッズのストライカー、シリル・ドーンを引用すると、ジョージは「彼の時代のシャンクリー」だった。彼はボブペイズリーによって史上最高のマネージャーの一人と呼ばれました。マット・バスビー卿はかつてケイが彼の指導者であり、彼の教えがなければ、彼がマンチェスター・ユナイテッドの最初のヨーロッパカップ優勝を首謀することができたのか疑わしいと言いました。ジョージ・ケイは、苦戦しているリバプールのクラブを国内で最高のチームの1つに変えました。


ジョージケイウィキ、伝記、純資産、年齢、家族、事実など

あなたはジョージケイについてのすべての基本的な情報を見つけるでしょう。下にスクロールして、完全な詳細を取得します。ジョージのすべてをご案内します。チェックアウトジョージ ウィキ 年齢、伝記、キャリア、身長、体重、家族。お気に入りのセレブについて最新情報を入手してください。データは随時更新されます。

バイオグラフィー

ポップスターのケリー・カトーナと結婚したことで知られる元ラグビー選手。彼女は、2015年後半に暴行とテーザー銃の所持で逮捕された後、2016年に離婚を申請しました。ジョージケイは有名なラグビー選手です。ジョージは1980年11月20日にイギリスで生まれました。ジョージ ラグビー選手として人気のある有名でトレンドのセレブの一人です。 2018年現在、GeorgeKayは37歳です。ジョージケイは有名なメンバーです ラグビー選手 リスト。

Wikifamouspeopleは、人気のセレブリストとしてジョージケイをランク付けしました。ジョージケイはまた、80年11月20日に生まれた人々と一緒にリストされています。ラグビー選手リストに載っている貴重なセレブの一人。

ジョージ教育の背景と子供時代については何も知られていません。すぐに更新します。

詳細
名前 ジョージケイ
年齢(2018年現在) 37年
職業 ラグビー選手
誕生日 80年11月20日
出生地 イングランド
国籍 イングランド

ジョージケイ純資産

ジョージの主な収入源はラグビープレーヤーです。現在、彼の家族、人間関係、子供時代などに関する十分な情報がありません。まもなく更新されます。

2019年の推定純資産:10万ドルから100万ドル(約)

ジョージの年齢、身長、体重

ジョージの体の測定値、身長と体重はまだわかっていませんが、まもなく更新されます。

家族との関係

ジョージの家族と人間関係についてはあまり知られていません。彼の私生活に関するすべての情報は隠されています。すぐに更新します。

事実

  • ジョージケイの年齢は37歳です。 2018年現在
  • ジョージの誕生日は80年11月20日です。
  • 星座:蠍座。

- - - - ありがとうございました - - - -

インフルエンサーの機会

モデル、Tiktoker、Instagramインフルエンサー、ファッションブロガー、またはその他のソーシャルメディアインフルエンサーで、すばらしいコラボレーションを目指している場合。その後、あなたはすることができます 私たちに参加する Facebookグループインフルエンサーとブランドの出会い"。これは、インフルエンサーが出会い、コラボレーションし、ブランドからコラボレーションの機会を得て、共通の関心事について話し合うことができるプラットフォームです。

ブランドとソーシャルメディアの才能を結び付けて、質の高いスポンサー付きコンテンツを作成します


FameChainの使い方

2020年の選挙が近づいているので、トランプ家の木を見てください。

4人の宇宙飛行士をISSに派遣しようとしています。ここFameChainでElonMusk家系図を参照してください

アメリカ合衆国の副大統領。

メーガンとハリーは現在、米国を拠点としています。 FameChainには素晴らしい木があります。

民主党は大統領を争う。ジョー・バイデンの家族の木を見る

アメリカ合衆国副大統領の民主党候補。

次の最高裁判所裁判官になる予定です。コニーバレット家系図を発見する

フォローしてください

ビデオ

FameChainに表示されるすべての関係および家族歴の情報は、パブリックドメインのデータから編集されています。オンラインまたは印刷されたソースから、および公的にアクセス可能なデータベースから。入力時には正しいと考えられており、誠意を持ってここに提示されています。表示されているものと矛盾する情報がある場合は、メールでお知らせください。

しかし、家族の協力(および/またはDNA検査)なしでは、人の系図を特定することは不可能であることに注意してください。


ケリー・カトーナの元夫ジョージ・ケイが過剰摂取の疑いで死亡

39歳の元ラグビースターは、薬物の過剰摂取の疑いが自宅で倒れ、医師が彼を蘇生させることができなかった病院に運ばれた後、金曜日に死亡したと言われています。

ケリーに近い情報筋(38歳)は、5人の母親は「失恋」していると述べた。

「ケリーは今日の午後、ジョージが過剰摂取して病院に運ばれたと言われたが、到着時に死亡したと宣言された」と家族の友人は言った。

「彼が何を過剰摂取したのか、それが意図的なものなのか事故なのかはまだ誰にもわかりません。ケリーは失恋しました。彼はDJのお父さんで、彼女はかつて彼を愛していました。」

ジョージは薬物乱用の長い歴史があり、長年メンタルヘルスの問題と戦ってきました。

友人はミラーに話し、「彼女は娘に何が起こったのかを説明するという考えに耐えられない」と付け加えた。

ケリーとジョージは2012年に出会い、娘のディランホルヘを出産してから5か月後の2014年9月に結婚しました。

2015年10月、彼女は、彼が彼女を暴行したと主張して、彼らが分裂したことを確認しました。

彼は警察に逮捕されましたが、ケリーが彼に対して拘束命令を出したという証拠がなく、1年以上娘に会っていないと思っていたため、後に起訴は取り下げられました。

2017年、彼らは完全に分裂し、緊張は「限界点に達した」と主張し、「ジョージがケリーに子供たちの乳母として行動するのにうんざりしていると言ったとき、すべてが頭に浮かんだ」と主張しました。

ケリーには、ウエストライフのブライアン・マックファーデンとの前の結婚から2人の娘がいます。モリー、16歳、リリースー、14歳、10歳のハイジです。彼女はまた、2番目の夫マーククロフトと9歳のマクスウェルを持っています。


ジョージ・ケイ(1838-1926)

イングランドとウェールズの国勢調査、1841年-ジョージ(2)は、イングランドのランカシャー州リーに住んでいます。

サミュエルケイM27-31ランカシャーメアリーケイF24-28ランカシャージョンケイM3ランカシャージョージケイM2ランカシャー[3]

イングランドおよびウェールズ国勢調査、1851年Geoge(12)は、イギリスのランカシャー州ティルズリーに家族と住み、炭鉱夫として働いています。

サミュエルケイヘッドM37ティルズリー、ランカシャーメアリーケイ妻F 35ティルズリー、ランカシャージョンケイソンM 13ティルズリー、ランカシャージョージケイソンM 12ティルズリー、ランカシャーエレンケイドーターF 6ティルズリー、ランカシャーウィリアムケイソンM 2ティルズリー、ランカシャーメアリーハンナKay Daughter F 0 Tyldesley、Lancashire George Cook Father In Law M 59 Tyldesley、Lancashire [4]

オリーブとジョージ・ケイは、1861年にイギリスのランカスターのアシュトンアンダーリンで結婚した[5] [6]

ジョージとオリーブケイは1863年6月28日にバークの「勝利」でランカシャーを出発し、ロンドンは1863年10月13日にニュージーランドのティマルに到着した[7]。

ジョージとオリーブには5人の子供がいた

オリーブケイは1885年2月4日にニュージーランドのカンターベリーのティマルで亡くなりました


ジョージはキャサリンフレイザー1886と再婚した[8]

ジョージとキャサリンには9人の子供がいました

ジョージは1926年9月に亡くなりました[9]彼はシェビオットのホームビュー墓地に埋葬されました[10] [2]

ニュージーランド、アーカイブニュージーランド、検認記録[11]

分割された牧歌的な王国:シェビオット、1889年-1894年W.J.ガードナー

1893年、ジョンマッケンジーは国土大臣として、偉大な地所を分割するという彼の政策の一環として、政府のためにシェビオットヒルズの地所を購入しました。土地はさまざまな形態の所有権の下で投票されました。 D. O.ブリック(上)が取得した2,089エーカー(845ヘクタール)と同様に、牧歌的な目的で放牧場として販売されたものもありました。 1894年にJ.S. Zuppicichが買収した400エーカー(162ヘクタール)の農場と同様に、一部は永久にリースされました(中央)。政府の労働者ジョージ・ケイが取得した土地(下)など、10エーカー(4ヘクタール)の村の集落セクションもありました。 [4]


ケリー・カトーナの元ジョージ・ケイは、死ぬ前に「壊れて両親と一緒に暮らしていた」

ケリー・カトーナと元夫のジョージ・ケイは無一文であり、彼の死のわずか数ヶ月前に両親と一緒に戻ることを余儀なくされたと言われています。

39歳の元ラグビーリーグスターは、コカインの過剰摂取が疑われた後、週末にウォリントンの自宅で死んでいるのが悲しいことに発見されました。

ケリーは激しく否定しましたが、ジョージが娘のディラン・ホルヘを見るのをやめました。

「彼は娘から切り離されていて、良い場所に配置されていなかった」と彼は太陽に語った。

続きを読む
関連記事

「ジョージは、「生きている死別」として知られている、喪失感を経験し、彼の人生で最も重要なことを奪われていました。

「彼は両親と一緒に暮らしていて、それと戦うためのお金が足りなくなっていました。

「彼は聖人ではなく、明らかに体調が悪かったが、状況はすべてを非常に悪化させた。彼は人生が終わったように感じました。」

Mirror onlineは、Kerry&apossの担当者にコメントを求めています。

続きを読む
関連記事

それは、ケリー&アポスの長女が、ジョージ&アポスのDJへのアクセスについての「不正確で非常に鈍感な」コメントで組織に反撃し、元アトミック・キトゥンのスターが「彼女の手に血を流している」と病気が主張した後です。

Twitterの投稿で、彼女は次のように書いています。

「このような脆弱な時期にこれほど嫌な発言をするなんてあえて、あなたの告発は不正確で非常に鈍感です。

「このような状況に陥らないことを心から願っています。恥ずべき卑劣な人からの卑劣な言葉。」

ケリーとアポスのお母さんスーは次のように付け加えました。

ケリーは、2017年に離婚したジョージの死について、まだ沈黙を破っていません。

ケリーの親しい家族の友人は、次のように述べています。

「彼が何を過剰摂取したのか、それが意図的なものなのか事故なのかはまだ誰にもわかりません。


オマール・シーとジョージ・ケイが崩壊し、&#8216ルピン&#8217で新しい紳士泥棒を作成

Netflix&#8217s&#8220Lupin&#8221がルーブル美術館でプレミアエピソードの強盗シーケンスを一晩撮影したとき、キャストとクルーはセットアップとショットの間に歩き回ってアートを取り入れるための十分な時間を持っていました。俳優のオマール・シーは、モナリザと20分近く一人でいることに気づきました。修学旅行で子供の頃に訪れたことのある場所に改めて感謝し、「決して忘れない」と語った体験でした。

しかし、その感情はそれだけではありません。 &#8220Lupin&#8221に取り組むことで、Syは、子供の頃に読んだモーリス・ルブランのアルセーヌ・ルパンの小説を再体験し、振り返ることもできました。 &#8220Lupinはとてもフランス人なので、フランスで育つことはできず、Ars&egravene Lupinが誰であるかわからない、&#8221Syは言います バラエティ。本、ショー、そしてキャラクターに基づいた漫画の間で、SyはArs&egravene Lupinが誰であるかをよく知って育ちましたが、「正直言って、私はファンではありませんでした」と言います。

彼が彼の新しいシリーズの研究をして、元のキャラクターとルブランについてのすべてを読んでいるまで、Syはキャラクターと作家の両方の新しい理解を得たと言います。

Syはすでに&#8220Lupin&#8221を制作しているGaumont T&eacutel&eacutevisionと協力していて、「何をプレイしたいですか?」と尋ねられました。俳優。 &#8220私の答えはルパンでした&#8221彼は言います。 &#8220私が英語だったら、ジェームズボンドと言いますが、ルパンはそのための最高のキャラクターです。彼は楽しく、面白く、とてもエレガントなアクションがあります。ルパンは、バケットリストのすべてをクロス[オフ]するのに最適なキャラクターです。あなたはそのキャラクターですべてを行うことができます。それは完璧な役割です。&#8221

しかし、結局、Syはルパンを自分で演じることにはなりませんでしたが、文学の英雄の弟子のようなものでした。年。ジョージ・ケイによって作成された&#8220ルピン&#8221は、ルブランの20世紀の小説を伝統的に翻案したものではなく、元の作品を自身の主人公やイベント、最初の10話の場所。 (最初の5つのエピソードは1月8日に開始され、次の5つのエピソードは後日デビューする予定ですが、これらの10のエピソードは、「アサネがここに来たきっかけの起源」としてまとめられました」とケイは言います。 8220だから、それはより大きなショーの最初の章です。&#8221)

Ars&egravene Lupinのストーリーとキャラクターは、&#8220Lupin&#8221の世界で、Assaneから父親のBabakarへのテザーでした。彼は、裕福なPellegrini家からMarieAntoinetteのネックレスを盗んだとして告発されました。運転手として。ババカーは逮捕され、後に彼の独房で死んでいるのが発見され、彼がちょうど10代のときにアサネを一人で残しました。 Ars&egravene Lupinはまた、ロビンフッドとは異なり、すでに間違ったことをした人から盗むという道徳的規範と、「正当な復讐」へのロードマップをアサネに提供しました。

&#8220このフランスの劇中劇が[中に]あるので、最初のエピソードで、ババカールが非常に伝統的な家の非常に伝統的な本棚からアルス&エグラヴェン・ルパンの本を取り出していることがわかります。彼は「モンテクリスト伯」を選んだ可能性があり、他の多くのフランスの本を選んだ可能性がありますが、[しかし]それは彼がその瞬間に息子のために選んだものであり、態度のガイドブックになります人生のために、&#8221ケイは説明します。

ケイは、たまたまソースマテリアルのファンだった新しいキャラクターを通じて、スクリーン用のArs&egravene Lupinの小説のスタイルとトーンを生き生きとさせることで、確立と交差するいたずら好きで冒険的な詐欺師や犯罪者の感覚を維持したいと考えていました。 &#8221しかし、彼は、&#8220本の中で私たちが愛したすべてのものを取り上げ、それを覆し、更新し、その中心を通して本当に現代的な物語を作成することも同様に重要であると感じました。&#8221

&#8220技術的には彼は犯罪者ですが、彼はカリスマ的で、楽しく、犯罪を行うための風変わりな方法があります。&#8221ケイはアサネについて語っています。 &#8220あなたは彼に物を盗んでもらいたいのですが、もちろんそれの大部分はオマールの好感度です。彼の笑顔は王様です。オマールは現代の英雄であり、フランスでは男性、女性、子供たち全員が愛している人物であり、そのような人物があまりいない国では、彼は多様なフランスの俳優です。彼は魅力的で、現代のルパンが持つべき現代的な魅力をすべて備えています。&#8221

ここでの話の中心は、マリー・アントワネットのネックレスが10年以上ぶりに再登場したときに、それを盗むことを決心した泥棒としてだけではありません。父親としての彼でもあります。彼には14歳になる息子がいて、変装などの多くの犯罪要素を習得しましたが、その仕事がどれほど感情的であるかという理由で、親になる方法にまだ苦労しています。

&#8220彼が危険にさらされているほど、彼は落ち着くでしょう&#8221Syは言います。しかし、彼の家族に関して言えば、「彼はそれらの感情を隠すことはできません。彼は他の誰かになることはできません。」

アサネは、彼の二重の生活を完全に分離しているわけではありません。彼は、彼との絆を築こうとする方法として、誕生日の前に息子にアルセーヌ・ルパンの小説を渡し、Syによれば、彼の息子の&#8220guess&#8221を助けます。父は本当にそうです。

&#8220本自体は、オブジェクトとして、彼のお父さんから来ているので、彼の息子にそれを与えることは彼がお父さんになることです」とSyは言います。 &#8220It&#8217sは確かに、息子に世界を開き、知識を共有しています。なぜなら、お父さんになることは、あなたが知っていることを子供たちに教えることだからです。彼が最もよく知っているのはルパンなので、彼はそれを息子に教えたいと思っています。&#8221

しかし、彼の人生の2つの部分を近づけると、Assaneは脆弱になります。

最初の5つのエピソードの大部分で、彼は&#8220常に3歩進んでいて、そのように触れることはできませんでした&#8221ケイは、詐欺師および泥棒としてのアサネの人生について指摘しています。彼の人生の断片を区分することができるということは、彼が一般的な都市の犯罪者をだまして、彼が現金に苦しんでいると思い込ませ、マリー・アントワネットのネックレスを盗むのを手伝うように説得することができることを意味します。彼はまた、元のネックレスの盗難のために父親を設定したペレグリーニ家長を誘拐した刑務所に潜入し、事件に関係する汚職を呼びかけ、致命的な力を使わずに全員を撃退することができました。 (ルパンは決して殺さないので、アセインはここでもう一度アルス&エグラフェンルパンの本からページを取り出しました。&#8220彼は武道の知識があり、武道はハプキドーです。あなたは敵からの力を使うので、決して与えてください、あなたはただ送り返します。それは非常に、非常に、非常に正確です、&#8221 Syは言います。)

第5話では、アサネが家族が息子の誕生日のサプライズに乗る電車に乗っていることに気付いたとき、彼は彼に危害を加えたいと思っている男を鎮圧し、立ち上げることができます。しかし、彼がそれに集中している間、彼の息子は行方不明になり、彼も架空の泥棒のファンであるためにArs&egravene Lupinとのつながりを築いてきた孤独な警察官は、Assaneの真正面に行き着きます。

「彼は逃走中ですが、同時に彼は主に息子の誕生日であり、死角になっているという事実を尊重することに関心を持っていました」とケイは言います。

アセインが彼を追いかけている警官と対面する方法以上に、ケイは最初の5つのエピソードのクリフハンガーは本当に彼の息子であるラウルがどこにいるかについてであると言います。 &#8220そのエピソードは、実際には、あなたが親になることに気付いたときに行う誓約についてであり、14歳のときにもう一度読んで、それらの誓約は今どの程度うまくいっていますか?彼は裏話で世界に連れて行かれるので、彼は現在そこから連れ出されています。&#8221

Syは、息子がどこにいるかを把握するために、Assaneは新しい方法で問題に取り組むことを学ぶ必要があると付け加えています。 &#8220彼の主な道具は彼の頭であり、彼は彼の感情を扱うのに苦労しています&#8212彼の心と腹。だから今、彼の息子は危険にさらされている[そして]彼は彼の本能で働かなければならないだろう、そして彼は決してしなかった」と彼は説明する。 &#8220それはあなたがお父さんになるのと同じツールです:あなたは頭だけでお父さんになることはできません。それで、私にとって、それは彼がお父さんになる方法でした。彼は最初のエピソードでは実際にはそうではありませんが、彼はそれになるでしょう、そしてこれがその方法です。&#8221

この視点の変化はまた、エピソードの次のバッチでより反射的なアセインを作成します。

アサネの最初の学校の友達であったが、最近では彼の「サウンドボード」でもあるベンジャミンのキャラクターを通して、アサネは「何が重要か」と「どこに行くべきか」について話し合います。次に、&#8221ケイは言います。 &#8220これらはかなり被害者なき犯罪であり、彼は非常に裕福な境内からしばしば侵入しようとしているという意味で、フランスの設立のバブルを刺すことについてすべてを盗んでいますが、彼の犯罪生活は捕らえられています彼の家族を弱体化させるまで。&#8221

エピソード固有のサブジャンルから、より大きな反体制テーマや現代の父性の見方まで、&#8220Lupin&#8221は視聴者に多くのことを考えさせます。 Syはまた、ショーが視聴者に元のソースマテリアルを利用するように促すことを望んでいますが、それは彼の場合とほとんど同じです。

&#8220もっと読むように人々を招待するかもしれないといいのですが&#8221と彼は言います。 &#8220読書はあなたの人生を変えることがあります。&#8221


ケリーカトーナの元夫ジョージはどのように亡くなりましたか?

ケリーカトーナの元夫ジョージケイは2019年7月に亡くなりました。

ケリーとジョージは10代のときに初めて会いましたが、2012年にウォリントンで偶然出会った後で初めて交際を始めました。

2年後、2014年5月に娘のディランホルヘを迎えて結婚しました。

夫婦は当初2015年10月に離婚しましたが、正式に離婚し、2017年11月に離婚することを決定しました。

ケリーは元夫の死について知った後、インスタグラムに次のように書いています。「私の心は壊れており、これらすべてに同意するのに苦労しています。」

「ここ数週間は、私と私の子供たちにとって最も苦痛で困難な時期でした!!」

39歳のスターは続けて、ジョージの麻薬の誤用は彼らの関係において問題があり、スターは彼らが一緒にいる間、彼女の夫を助けようとしたと説明しました。

「彼の人生の最後の6週間で、ジョージは数回逮捕され入院しました。いつの日か、私が完全に打ち砕かれた彼の薬が良くなることは避けられませんでした。 More so for our beautiful baby girl who we created together and Who i will be completely and forever grateful to him for!

‘While we were together I did EVERYTHING in my power to help but you cannot help someone who doesn’t want it!!

‘I’d give anything for the outcome of George’s life to of been different, I wish he found the strength to sort his life out and be here today! But I am not responsible for his actions!!’

Kerry concluded the statement on social media by saying, ‘No about of words can express the pain we are all in! I know he will be at peace now more so then he ever was on this earth.’

The mum has spoken a number of times since George’s death about how she has struggled with social media trolls who have cruelly blamed her for her ex-husband’s death and taunted her with lies.

Writing in her column in new! Magazine last month Kerry confessed that taking her own life because of the intense trolling she received did ‘cross her mind’ but: ‘It was only the thought of leaving my kids without a mother that stopped me.’


George Kay - History

Kay was 44-years-old when he left Southampton for Liverpool in August 1936. He was born in Manchester and played for local club Eccles before joining Bolton Wanderers in 1911, with whom he had a very brief spell before moving across the Irish Sea to play in Belfast. When competitive soccer resumed after World War I, Kay joined West Ham United and was their skipper in the first FA Cup final to be staged at Wembley in 1923. The Hammers lost that day to Kay&rsquos former club Bolton, but had the ample consolation of a place in the top league as runners-up in the Second Division. Towards the end of the 1920&rsquos Kay moved to Stockport County as a player and then on to Luton Town, initially as their player-coach in 1928 before taking on the role of manager a year later at the age of 38. He held that post until the end of the 1930/31 season before being attracted by the opportunity of managing a club in a higher division, Southampton. The Saints had been promoted as Division Three South champions in 1922 and were anxious to taste life at the very top. But during the five full seasons that Kay was in charge at The Dell, the club never made the top-half of the table. All the same, Kay was respected within the game and was clearly knowledgeable and not afraid to try out new ideas. He was also experienced and probably a combination of all those qualities brought him to Liverpool&rsquos attention when it was clear that George Patterson would be unable to continue the managerial side of his role as secretary-manager. Although appointed on 6 August 1936 Kay stayed at Southampton to fulfill his duties and started working for Liverpool on 21 August 1936.

Kay had only been at Anfield a couple of years when another World War broke out, a conflict that would interrupt and in some cases end the careers of many a fine footballer. The League was on hiatus but regional competitions took their place. Many of the club's players served their country and Kay was hard at work to find men to represent Liverpool's eleven. Billy Liddell noted that "with players in the forces stationed all over the country, Mr. Kay wrote thousands of letters and must have spent many hours on the phone to Commanding officers. Such was his personality that his own players and guest players would willingly make long journeys to play for the Reds." One of those men was a certain Bill Shankly who was impressed by Kay: "I played for Liverpool against Everton during the war in the Liverpool Senior Cup, as a guest from Preston. All the players were in the passageway including Billy Liddell and myself. But George Kay, the Liverpool manager, didn't speak. He just went round touching people on the shoulder. If he touched you then you were playing." With the war over, the club took the unusual step of deciding to tour North America and Canada. It is quite likely that George Kay was the instigator of this trip certainly he was fully in favour of it because he felt that the climate and diet in a part of the world that hadn&rsquot been affected by food rationing the way European countries had would be extremely beneficial. The schedule was punishing ten matches at various venues between 12 May and 11 June, but it benefited the Reds who started the first post-war season in far better physical shape than many of their competitors as Kay claimed himself in a note to the Echo while in America: "The players are 25 percent above par in football, due in my opinion to the quality, quantity and variety of food."

Liverpool went on to win the championship in 1947 but it was a mighty close thing. A hard winter meant that a season which had begun at the end of August didn&rsquot finish until the start of June. Liverpool, Manchester United, Wolverhampton Wanderers and Stoke City were all in with a chance of taking the title as the season reached its climax. Liverpool&rsquos final fixture was against Wolves at Molineux. The hosts had 56 points, the visitors 55. Liverpool had to win and then wait and hope. They did their part of the job by winning 2-1, other results went their way and the Reds were champions of the Football League for a fifth time. It was George Kay&rsquos finest moment as a football manager. One of his key players was Albert Stubbins: "George Kay was a first-class manager and a very big influence on me. He was a lovely man, quiet and a deep thinker. He&rsquod read books about psychology and he knew how to get the best out of his players," the ginger-haired Geordie said. "George&rsquos first thought was always for his players. He&rsquod never tear a strip off us or criticise a Liverpool player in the press. That&rsquos were the psychology came into play. If we were trailing at half-time he&rsquod come into the dressing room and although he&rsquod point out our errors he&rsquod always say, &lsquoWell played, lads&rsquo. He knew and we knew, that we weren&rsquot playing well, but because he was so understanding we felt we had to play extra well to repay his faith in us."

The club didn&rsquot come close to another championship and the nearest it came to additional success was in 1950 when the Reds reached the FA Cup final for only the second time and the first for 36 years. Kay was intent on using his cup experience. "When I played in the first Cup final ever staged at Wembley, as captain of West Ham United, we did not win the trophy, but I am hoping that my second visit there, as manager of Liverpool will see us successful," Kay said enthusiastically. "We have a splendid lot of players, grand sportsmen every one of them. No manager ever had charge of a happier team." Sadly, the big day out at Wembley ended in disappointment with defeat to Arsenal. Kay travelled to London and led the team out but he was far from being a well man. Still his Liverpool contract was renewed for a further five years in June 1950. He retired in January 1951 a few months short of his sixtieth birthday, fought his continuing illness with strength and courage but died in Liverpool three years later on 18 April 1954. Liddell knew how much Kay's job had taken out of him: "He told me often of the times he had lain in bed, unable to sleep, pondering over the manifold problems that beset every manager. if any man gave his life for a club George Kay did so for Liverpool."

Bob Paisley was full of praise for George Kay and his importance in the club's history. "He took Liverpool through the War to come out a bit like West Ham did after the First War. He was one of the people who laid the ground for the way Liverpool teams would play in the future. keeping the ball on the ground and passing it well, but being strong on the ball as well."

統計
コンペ 合計 Won 描く 失った Goals for Goals against
Grand totals 354 140 93 121 545 508
同盟 321 121 88 112 489 469
FA Cup 33 19 5 9 56 39
League Cup 0 0 0 0 0 0
ヨーロッパ 0 0 0 0 0 0
他の 0 0 0 0 0 0
Matches that are won or lost in a penalty shoot-out are counted as a win/loss not as a draw.
関連記事
‘Be my guest’ – George Kay keeping LFC afloat during World War II

“Well, that’s it, then!” said my mother. It is my earliest memory, and all I had to worry about was the horrified look on her face."

Related Quotes

"The manager, George Kay wasn't a bad fella either. You'd never hear him cursing and swearing. He was the type of manager you could talk to and I got along fine with him."

Stan Palk, former Liverpool player

He had no other thought but for the good of Liverpool during his waking hours, and also during many of his nights. He told me often of the times he had lain in bed, unable to sleep, pondering over the manifold problems that beset every manager, but which can be a curse to the oversensitive or excessively conscientious ones . if any man gave his life for a club George Kay did so for Liverpool.

Billy Liddell on manager George Kay

"George Kay was a first-class manager and a very big influence on me. He was a lovely man, quiet and a deep thinker. He’d read books about psychology and he knew how to get the best out of his players.

George’s first thought was always for his players. He’d never tear a strip off us or criticise a Liverpool player in the press. That’s were the psychology came into play. If we were trailing at half-time he’d come into the dressing room and although he’d point out our errors he’d always say, ‘Well played, lads’. He knew and we knew, that we weren’t playing well, but because he was so understanding we felt we had to play extra well to repay his faith in us.

I’ll always remember my first game at Anfield when I missed a penalty. Jack Balmer was the regular penalty-taker at Liverpool, but I was so used to taking the penalties at Newcastle that when I was first tripped in the area I automatically jumped up and placed the ball on the spot. I’d never missed one for Newcastle and the supporters were all expecting me to score my first home goal, but the keeper pulled off a tremendous save. He actually broke his arm in the process. Fortunately we won, but George Kay was so upset with afterwards that he took me out for tea after the game."

George Kay by Albert Stubbins

"When I played in the first Cup final ever staged at Wembley, as captain of West Ham United, we did not win the trophy, but I am hoping that my second visit there, as manager of Liverpool will see us successful. We have a splendid lot of players, grand sportsmen every one of them. No manager ever had charge of a happier team."

George Kay in 1950

"George was meticulous about drinking before a game. On the Friday night before a home game we’d stay at a hotel in Southport. I remember one occasion, we’d just signed a inside-left from Oldham called Ken Brierley. We sat down for lunch and Ken was there with a glass of beer. That was unheard off and we couldn’t believe it. Anyway, as we took our seat, Ken asked Jack Balmer, who was our captain, if it was okay. Jack replied, ‘Oh yes, we always have a pint before a game.’ When George Kay came in, he walked straight over to Ken and pulled the glass away. Ken was astonished and George told him straight, ‘When you are a Liverpool player, you do not drink before a game!’"

Albert Stubbins on a trick played on Ken Brierley

I played for Liverpool against Everton during the war in the Liverpool Senior Cup, as a guest from Preston. All the players were in the passageway including Billy Liddell and myself. But George Kay, the Liverpool manager, didn't speak. He just went round touching people on the shoulder. If he touched you then you were playing.

Bill Shankly on Liverpool manager George Kay

He took Liverpool through the War to come out a bit like West Ham did after the First War. He was one of the people who laid the ground for the way Liverpool teams would play in the future. keeping the ball on the ground and passing it well, but being strong on the ball as well.


The Tribune

A Texas oil billionaire has completed his multi-million dollar purchase of the Chub Cay resort development in the Berry Islands, its former administrator yesterday describing the property’s future as “bright”.

George H. Bishop, the 77 year-old founder and chief executive of GeoSouthern Energy Corporation, completed the deal with Scotiabank (Bahamas) within the last two weeks, potentially rescuing a development that has been in ‘limbo’ for the past five-six years.

Craig A. ‘Tony’ Gomez, the Baker Tilly Gomez accountant and partner appointed by the bank as Chub Cay’s administrator, confirmed to Tribune Business that the acquisition had closed and Mr Bishop’s team were now in effective charge of the property.

“The deal is pretty much done and has been consummated,” Mr Gomez said, when contacted by this newspaper.

“A few housekeeping matters are yet to be attended to, but the future at Chub is bright. It’s been a while in coming, but it’s good for the Bahamas and those employed on the cay. It’s a good opportunity, and the timing is good as the economy is headed north.”

Mr Gomez declined to comment further, but Tribune Business understands that almost all Chub Cay’s existing staff have been re-hired by the new owners.

Around 42-43 persons had been employed by Mr Gomez, acting on Scotiabank (Bahamas) behalf, and this newspaper understands that 40 of those have subsequently been employed by Mr Bishop and the company he has formed to own Chub Cay.

Brian Moree, the attorney acting for Scotiabank (Bahamas) in the deal, also confirmed that the sale had closed when contacted by Tribune Business.

The senior McKinney, Bancroft & Hughes partner said: “The transaction has been completed subject to a few outstanding issues, which are still being worked on.

“But the active transaction involving the sale of the property to the purchaser has been completed.” The purchase price was not disclosed.

Tribune Business understands from other sources that the “housekeeping matters” and “outstanding issues” referred to by Messrs Moree and Gomez relate to accounting factors, plus the payment of some outstanding taxes such as Stamp Duties, real property taxes and Port Authority fees.

However, all the necessary government approvals have been received. and Mr Bishop’s purchase represents positive news for the Government - and the Bahamas as a whole - on the foreign direct investment (FDI) front.

With this nation needing all the capital investment it can get, Mr Bishop seemingly represents exactly the type of investor the Bahamas needs.

It is also a key step in reviving once-promising Family Island resort developments that faltered during the 2008-2009 recession, their developers either ‘mothballing’ them, defaulting or seeking buyers.

Re-starting them has been a major priority for the Government, and several legal and business sources have suggested that Chub Cay’s sale could spark similar deals for properties such as the former Ginn development in Grand Bahama’s West End and Walker’s Cay in the north Abacos.

Chub Cay, under the first Christie administration, was billed as the ‘anchor project’ for the Berry Islands and north Andros under its original developers, the Florida-based trio of Walter McCrory, Bob Moss and Kaye Pearson.

But Scotiabank (Bahamas) took possession of the Chub Cay project in 2009, after they defaulted on the $45 million loan they received to finance the construction build-out.

The bank then appointed Mr Gomez to act for it as Chub Cay’s administrator. He has been working with Chub Cay’s existing homeowners to maintain the property, and keep it operational, during the search for a buyer.

The project’s collapse into effective receivership had a profound impact on the Berry Islands/north Andros, especially on employment and in the construction industry, and Mr Bishop would appear to have the means to see Chub Cay reach its full potential.

It is unclear what Mr Bishop’s precise plans for the project are, as Tribune Business was unable to reach him for comment.

Prime Minister Perry Christie, though, hinted at his designs during the 2014-20156 Budget speech, when he said the Government had approved recreational fishing in the South Berry Islands Marine Reserve subject to conditions.

Referring to Mr Bishop’s acquisition vehicle, Chub Cay Realty LLC, Mr Christie said the plan was “to redevelop it [Chub Cay] as a mixed use village consisting of hotel facilities, town houses, restaurants, shops, marina and recreational fishing amenities”.

He added: “Conditions have been imposed for recreational fishing to be allowed within the South Berry Islands Marine Reserve with catch limits as set out in the Fisheries regulations.

“The developer will contribute to the cost of managing the reserve, inclusive of providing vessels and manpower to ensure proper management and oversight of the Marine Reserve.

“This project will provide scores of jobs and entrepreneurial opportunities for Berry Islands and Androsians, and become the anchor property which will attract other developers to the Berry Islands.”

Tribune Business revealed Mr Bishop as Chub Cay’s purchaser in November 2013, around the same time that he hit the headlines with a $6 billion energy deal.

An article published in Forbes magazine last November estimated Mr Bishop’s net worth as being in excess of $4 billion, after he announced the sale of certain Texas-based oil and gas interests to Devon Energy for $6 billion in cash.

While some $1.5 billion of that sum is to go to private equity giant Blackstone, Forbes reported that the remaining $4.5 billion would be retained by Mr Bishop’s GeoSouthern Energy Corporation.

Mr Bishop founded the Woodlands, Texas-based firm in 1981, having started his career in the oil and gas business in the 1970s.

Tribune Business was told that he happened on Chub Cay, and its potential purchase, by chance. Sources said Mr Bishop was passing through the Bahamas on his private yacht/boat, when he stopped at the island to refuel.

A conversation with the refuelling/marina manager informed him that Chub Cay was for sale, and Mr Bishop asked to be taken on a tour of the 800-acre property and wider island.

His interest aroused, Mr Bishop reportedly asked who the vendor was, and he was told to speak to Scotiabank (Bahamas).

Tribune Business back in 2009 detailed how Scotiabank (Bahamas) initiated legal action in the south Florida courts to enforce its rights against Messrs McCrory, Pearson and Moss, specifically in regard to the $4 million personal guarantee they gave for the $45 million loan.

The action, which ultimately resulted in Scotiabank (Bahamas) taking possession of Chub Cay, noted that the project consisted of a 20,000 square foot clubhouse, 110-slip marina and vacation villas and other residences.

The bank alleged that the original developers ceased making payments on the loan facility in July 2007, with construction also ceasing that month.

And Scotiabank (Bahamas) further alleged that, at December 2008, the Florida-based trio owed it some $44.011 million in unpaid principal, plus interest, costs and expenses.

It estimated then that a further $38.6 million investment was needed to complete Chub Cay, which to this day remains an “unfinished” project.

Messrs McCrory, Moss and Pearson had aimed to refinance their $250 million project, bur ran headlong into the global ‘credit crunch’, which dashed their prospects of success.

Mr McCrory told this newspaper at the time that after pumping $16 million into Chub Cay, they had been relying on real estate pre-sales - a market that completely dried up - to finance the remaining build-out.

Mr Bishop, though, is likely to be seen as a man who can do just that, given the considerable means and ‘deep pockets’ he has access to.


ビデオを見る: הפרלמנט 2 פרק 3. גורג מסתבך עם הנהלת הספארי