編集者、私たちのサイト

編集者、私たちのサイト


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

私たちのサイトは、ビデオオンデマンド、ポッドキャスト、ソーシャルメディア、ウェブ全体で英国最大のデジタルヒストリーブランドです。そのウェブサイトであるOurSiteは、世界中で月に100万回のセッションを受けています。

当サイトは、世界で最も急速に成長している次世代メディア企業の1つであるLittle DotStudiosの一部です。 Little DotStudiosのデジタルヒストリーブランドであるTimelineとAbsoluteHistoryは、すでに1日に100万回以上のユニークな動画再生を生み出しており、TimelineはYouTubeだけで200万人のチャンネル登録者を集めています。

当サイトの編集成果と成長を監督する編集者を募集しています。これはさまざまな上級職であり、編集者は、記事、ソーシャルメディア、および電子メール内で他の当社サイト製品の宣伝を確実にするとともに、歴史的な社説、ゲーム、旅行全体でセクションライターと編集者を管理します。

  • 元に: ロンドンのショアディッチ(柔軟な勤務形態を含む)
  • 報告先: 当サイトゼネラルマネージャー
  • 契約タイプ: スタッフ、フルタイム
  • 給料: 経験に基づく

主要な責務

  • 歴史、旅行、ゲームにわたる当サイトのチームと編集出力の管理
  • ブランド全体の声のトーンに貢献し、編集メディアやソーシャルメディア全体でこれを維持します
  • 写真や製品の説明など、当サイトショップのコンテンツ制作を監督する
  • ニュースレターの作成を管理し、(マーケティングを使用して)メールプロモーションとソーシャルメディアのスケジュールとコピーライティングを監督します
  • 上級管理チームによって設定された当サイト、電子メールサブスクリプション、およびソーシャルメディアのオーディエンス目標を達成します
  • 書面による社説と画像のフリーランスと制作予算を管理する
  • 書籍などの他の出版機会において、当サイトの主要な利害関係者になる

必要な属性

  • 大規模な消費者向けのパブリッシングWebサイトでの長期経験
  • 自発的に取り組むことができる経験豊富なマネージャー
  • デジタルパブリッシングの専門家–書かれた言葉と同じくらい快適なデジタルメディアの編集
  • ウェブサイトやソーシャルメディアでのデジタルパブリッシングのトレンドに関する深い理解
  • SEOに精通しており、分析に基づいて実践的な意思決定を行うことができる
  • WordPressまたは同様のコンテンツ管理システムの専門家レベルの知識
  • 情報アーキテクチャとユーザーエクスペリエンスの実践的な知識
  • ライターと編集者のネットワークを管理した経験
  • 優れた口頭および書面によるコミュニケーションスキル
  • 起業家–機会を見つけて実行し、迅速に活用する能力

望ましい経験

  • 遺産と関連する教育セクターの理解
  • 新製品機能に関する開発チーム/代理店ブリーフィングの経験
  • さまざまな分野のアプリケーションを確認しますが、人文科学の学位または専門的な経歴は、特に歴史上、主題を考えると有利です。

適用する方法

送信してください
PDF CV
該当する場合は、空き状況/通知期間を含めてください

件名に「HistoryEditor」を付けて[メール保護]に送信してください。

検索会社やリクルーターからの提出を受け付けていません。
www.littledotstudios.com/RecruitmentPrivacyNotice

残念ながら、失敗したアプリケーションについてフィードバックを提供することはできません。

私たちは、リトルドットスタジオのすべてのレベルで多様で包括的な労働力を構築し、すべての声を奨励し、尊重するビジネスおよび作業環境になることを約束します。私たちのスタッフはLittleDotの基盤であり、すべての従業員、特に過小評価グループの従業員が、包括的な職場としてLittleDotを体験できるようにすることをお約束します。あらゆるバックグラウンドと人口統計からの候補者の応募を積極的に奨励したいリトルドットスタジオ。


BBCのニュース

BBCのニュース は、ニュースや時事問題の収集と放送を担当する英国放送協会(BBC)の運営事業部門[1]です。この部門は世界最大の放送ニュース組織であり、毎日約120時間のラジオとテレビの出力、およびオンラインニュース報道を生成しています。 [2] [3]このサービスは、世界中に250人以上の特派員を擁する50の外国のニュース局を維持しています。 [4]フラン・アンスワースは、2018年1月からニュースおよび時事のディレクターを務めています。[5] [6]

部門の年間予算は3億5000万ポンドを超えており、3,500人のスタッフがおり、そのうち2,000人がジャーナリストです。 [2] BBC Newsの国内、グローバル、およびオンラインのニュース部門は、ロンドン中心部のブロードキャスティングハウスにあるヨーロッパ最大のライブニュースルーム内にあります。議会報道はロンドンのスタジオから制作され放送されています。 BBCイングリッシュリージョンを通じて、BBCはイングランド全土に地域センターを持ち、北アイルランド、スコットランド、ウェールズに全国ニュースセンターを持っています。すべての国と英国の地域は、独自のローカルニュースプログラムやその他の現在の出来事やスポーツプログラムを作成しています。

2017年、BBC Indiaは、インドのすべての国立公園と保護区をカバーすることを5年間禁止されました。 [7] 2021年2月4日にOfcomがCGTNの英国放送局の免許を取り下げた後、[8]中国はBBCニュースの中国での放送を禁止した。 [9]

BBCは、勅許状によって認可された準自治法人であり、局長を任命または解任する権限を持たず、公平に報告することを要求する政府から運営上独立しています。しかし、すべての主要なメディアと同様に、英国内外の政治的スペクトル全体からの政治的偏見で非難されてきました。


作家に支払う22の歴史雑誌

歴史雑誌は、一般の人々が いいえ すべての歴史的なニュースや出来事に熱心です。この事実が どうやら このタイプの出版物に侵入しにくくするために、反対のことが当てはまります。この分野でフリーランスのポジションを争う歴史作家の数は限られているため、執筆活動を探している新しい歴史作家であれば、これにより作業がはるかに簡単になります。

ここにあなたが熟読して売り込むための22の歴史雑誌があります。

ノート:ここでは、20以上のニッチで作家に支払う雑誌をさらに増やすことができます。

支払い:10セント

ルネッサンスマガジンは、ルネッサンス、後期&#8216中期&#8217、歴史記事に関連するさまざまなトピックをカバーしています。彼らはフリーランサーに長さが2,000語以下の記事を提出するように勧め、公開された語ごとに10セントを支払います。作家は出版後約3週間で支払いを期待できます。

この出版物は未承諾の資料を受け入れますが、最初にクエリを実行して、選択したトピックがまだ割り当てられていないことを確認してください。

支払い: 詳細不明

American Spirit Magazineは、初期のアメリカの歴史、系図、歴史的保存、女性の歴史、市民教育に焦点を当てています。彼らは、将来のフリーランサーがストーリーのアイデアや提案された記事の長さを編集者に売り込むのが好きです。支払いは売り込み時に話し合われます。

この出版物は、作家が彼らに質問するとき、彼らの以前に出版された作品のいくつかを提出することを好みます。

支払い: 詳細不明

Archeology Magazineは、世界中のあらゆる場所から人間の過去についての物語を出版することに専念しています。また、文化の始まりと終わりについての洞察も提供します。この出版物は、作家が彼らの記事のアイデアを電子メールで編集者に売り込むことを奨励しており、支払いについて議論されます。

Archeology Magazineは、フリーランサーが選択したトピックについて重要な知識を持っていることを期待しているため、クエリを実行するときは、(作品を書くための)資格を強調してください。

支払い: 詳細不明

Canada Historyは、時を経てカナダを形作った多様な経験と複雑な性格を明らかにする記事を公開しています。彼らはフリーランサーが600から3,000語の長さの記事を提出することを奨励しています。

支払いは雑誌の売り込み時に議論され、発行時に行われます。この雑誌のページには強力で直接的なガイドラインがあります。そのため、あなたの作品が彼らの説明に合うかどうかを判断する前に、これらすべてを読んでください。

Early American Lifeは、歴史、建築、骨董品、スタジオクラフト、旅行に関連するすべてを網羅しています。彼らの提出の呼びかけは、700から2,500語の長さの記事を対象としています。彼らは新しい作家による機能に500ドルを支払います。熟練した経験豊富な作家はより多くを稼ぐことができます。

支払いは公開時に行われ、写真も歓迎します。

支払い: 詳細不明

古き良き時代は、1935年から1960年の間に生きて育った人々の実話を出版することに専念しています。彼らは300から1,000語の間の記事を好みます。古き良き時代はあなたが電子メールまたは郵便であなたのアイデアを売り込むことを期待しており、支払いは提出時に交渉されます。

この出版物にはフリーランサーのために予約された特定のトピックがありますので、書く前に彼らのサイトとガイドラインをよく理解してください。

支払い: 単語あたり8セント

History Magazineは、特定の現象、イベント、戦闘、戦争、伝記に関連する幅広いトピックを扱っています。彼らは記事の長さが400から2,500語の間であることを期待しています。公開された単語ごとに8セントを支払い、問題が公開されてから60日後に支払いが行われます。

この出版物は、将来のフリーランサーが何かを書く前に彼らに質問することを奨励しています。

Range Magazineは広く読まれ、尊敬されている出版物であり、西洋を脅かすことが知られている問題を扱っています。彼らは500から2,000語の長さの記事が好きです。彼らは、出版時に記事ごとに最大$ 400を支払います&#8211。

Range Magazineは、ライターがコピーと一緒に写真を提出することを要求しているので、これに注意してください。この側面の詳細については、彼らのWebサイトを参照してください。

支払い: 単語あたり25セント

True Westは、文学的なノンフィクションを通じて、アメリカのフロンティアの歴史を捉えることに焦点を当てています。彼らの提出の呼びかけは、450から1,500語の長さの記事を対象としています。この出版物は、作家が電子メールまたは電話でアイデアを売り込むことを期待しています。公開時に1ワードあたり25セントを支払います&#8211。

この雑誌は記事や質問を提出する特定の方法を使用していることに注意してください。詳細な説明については、彼らのサイトをチェックしてください。

Western Pennsylvania Historyは、現在および歴史的な出来事の元の分析に焦点を当てた、尊敬されている出版物です。彼らは、長さが3,000〜4,000語の特集記事を好みます。

Western Pennsylvania History Magazineは、作家にメールでアイデアを提案するよう呼びかけています。彼らは出版時に250ドルと#8211の定額料金を支払います。

支払い: 詳細不明

History Today Magazineは、歴史に関連する幅広いトピックを取り上げています。彼らは、歴史的な主題についての権威のある魅力的な見解を提供するために、各作品が好きです。記事の長さは600〜2,200語になると予想されます。

支払いは雑誌の売り込み時に交渉されます。この出版物は3種類の記事を扱っているので、彼らのサイトをチェックして、どれに取り組みたいかを確認してください。

ミシガンヒストリーは、ミシガンのカラフルな過去について読むのが大好きな読者に販売されている、長期にわたる出版物です。彼らは、将来のフリーランサーに、長さが2,500語以下の原稿や記事を提出するように勧めます。

記事のアイデアはメールで送信する必要があります。彼らは、出版時に記事ごとに150ドルから400ドルを支払います。

支払い: 詳細不明

第二次世界大戦マガジンは、第二次世界大戦の時代に関連する資料を発行しています。また、南北戦争、アメリカの歴史などに関する記事も取り上げています。特定の単語数はありませんが、フリーランサーは委託記事を入手するために電子メールでアイデアを提案するように求められます。

支払いは雑誌の売り込み時に交渉されます。この出版物のほとんどの作品はスタッフライターによってカバーされていることに注意してください。したがって、問い合わせる前に徹底的な調査を行ってください。

海軍史誌は、戦闘からイベントに至るまで、米国の海軍史に捧げられた広く読まれている出版物です。彼らは記事の長さが3,000語以下であることを期待しており、潜在的な作家のように電子メールでアイデアを売り込みます。

海軍の歴史は、出版時に1,000語あたり最大150ドルを支払います。彼らのサイトには、将来のフリーランサーに向けられた厳格な修飾子がありますので、何かを書く前にこれらを注意深く研究してください。

Wartime Magazineは、オーストラリアの戦争体験に焦点を当てたオーストラリアの歴史雑誌です。記事の特定の単語数はありませんが、彼らは作家が依頼された記事を得るために編集者に彼らのアイデアを売り込むか送るのが好きです。

この出版物は1,000語あたり300ドルを支払い、支払いは出版物で行われます。

ペンシルバニアヘリテージマガジンは、ペンシルバニア州の豊かな文化と遺産を明らかにすることに専念しています。記事の長さは3,500語以内にする必要があり、アイデアや記事を編集者に送信することを期待しています。

公開時に250ドルから500ドルの支払いが行われます。ペンシルバニアヘリテージには特別な声があるので、フリーランサーは作品を書く前にこれに精通している必要があります。

支払い: 単語あたり40セント

New Mexico Magazineは、州の多文化遺産、気候、環境の独自性を訪問者に認識させるよう努めています。特定の単語数はありませんが、作家は自分の考えや概要を雑誌に売り込むことをお勧めします。

支払いは提出時に交渉され、受理時に行われます。このサイトには緻密で詳細なガイドラインがあるので、この雑誌を売り込む前にこれらを読んでください。

支払い: 詳細不明

Traces Magazineは広く読まれている出版物で、伝記、移民、家族、文化遺産に関連する記事をカバーしています。インディアナの歴史も含まれます。彼らは潜在的なフリーランサーに600から4,000語の長さの記事を提出するように勧めます。

アイデアはメールで提案する必要があります。支払いは、公表時に交渉され、行われます。

支払い: 詳細不明

Gateway Magazineは、セントルイスとミズーリの文化的、歴史的、社会的、政治的問題に特化した、広く配布されている出版物です。彼らはエッセイの長さが2,500語以下であることを期待しています。

メールでアイデアを提案してください。支払いは交渉されます。彼らの投稿の好みは彼らのサイトにリストされているので、見てください。

支払い: 単語あたり10セント

カントリーコネクションは、オンタリオ州の歴史、自然、環境、遺産、旅行、芸術に関するコンテンツに焦点を当てています。彼らは1,000から1,500語の長さの記事を受け取るのが好きです。

書く前に、まずあなたのアイデアを雑誌に売り込みましょう。出版から90日以内に1ワードあたり10セントを支払いますが、将来の問題に関するトピックやテーマがサイトに記載されていることに注意してください。これは、ライターが記事を事前に計画する必要があることを意味します。

Sojourns Magazineは、コロラドの壮大な土地の自然と文化の歴史を展示することを目的とした、広く読まれ、広く配布されている出版物です。彼らは、将来のフリーランサーが最初に彼らのアイデアを雑誌に売り込み、作品を依頼されることを好みます。彼らは記事ごとに500ドルから1,200ドルの間で支払います。

彼らのサイトには広範な提出ガイドラインがあることに注意してください。クエリを実行する前に、これをよく理解してください。写真やアートワークも大歓迎です。

支払い: 詳細不明

私たちのStateMagazineは、ノースカロライナの歴史、場所、文化、人々に関する情報を発行する長期にわたる出版物です。彼らの提出の呼びかけは、平均1,500語の長さの記事に対するものです。作家は書く前に雑誌に彼らの考えを売り込むように誘われます。


製品のテストと評価の方法

トムスハードウェアは、ベンチマークテストで有名です。レビューするすべての製品は、自家製のトムのハードウェアのみのベンチマークと、該当する場合は業界標準のベンチマークの組み合わせに基づいて、定量化可能な一連の厳密なテストを受けます。

2018年5月の時点で、すべての新製品レビューは1から5のスケールで評価され、5が最高です。各製品は、そのニッチ内で最高のものとして指定するエディターズチョイスバッジを受け取ることもあります。評価は次のことを意味します。

5 =実質的に完璧
4.5=優れた
4 =完全に価値がある
3.5 =とても良い
3 =検討する価値がある
2.5=まあ
2=お金の価値がない
1.5=敵のために買う
1=ひどく失敗する
0.5=笑えるほど悪い


私たちの歴史

eBayの創設者であるPierreOmidyarは、レイバーデーの週末を自宅でパソコンにコードを書いた後、「正直でオープンな市場で買い手と売り手を集めることに専念する」サイトであるAuctionWebを立ち上げました。

ピエールの最初のセール

カナダのマークフレイザーは、1995年にeBayの創設者ピエールオミディアがサイトにリストした最初のアイテムを購入しました-壊れたレーザーポインター。

ペッツディスペンサー神話

ピエールが彼の妻がペッツキャンディーディスペンサーを集めるのを助けるためにeBayを作成したという話が回覧されています。後で、その話は捏造されたものであることが明らかになりました。

私たちの最初の従業員

ピエールは、急成長している会社のオンラインオペレーションの調整を支援するために、従業員#1のクリスアガルパオを雇っています。 20年以上経った今でも、クリスはeBayの従業員です。

720万ドル相当の商品販売

AuctionWebで販売された商品の総額は720万ドルに達します。

写真提供:セレブリティネットワース

私たちの初代大統領

ピエールは彼の革新的なオークションウェブサイトにフルタイムで専念するために彼の日常の仕事をやめ、ジェフ・スコールを社長として迎え入れます。

10月

私たちの最初のオフィス

ピエールとジェフは、カリフォルニア州サンノゼの1025ハミルトンアベニューにある小さなスイート(#250)を、現在のeBayキャンパスの6号館(音楽)として借りています。

ビーニーベイビーブーム

タイワーナーのかわいいぬいぐるみのラインであるビーニーベイビーは、世界を席巻します。 5億ドル相当がeBayだけで販売されており、これは当社の総量の6%以上に相当します。

第2四半期

売り手のフィードバックが導入されました

フィードバックフォーラムを導入し、メンバーがトランザクションを評価し、オープンで自信のある仮想コミュニティを作成できるようにします。

百万アイテム販売

100万点目の商品を販売します! PBSのセサミストリートにあるビッグバードのびっくり箱のおもちゃ。

9月

EBayが誕生

AuctionWebは正式にeBayに名前が変更されました。

2月

写真提供:クリストフ・ラングロワ

メグホイットマンがeBayに参加

ビジネスリーダーのメグホイットマンが社長兼CEOとして加わりました。

私のeBay

「MyeBay」の発売により、eBayのエクスペリエンスがカスタマイズされます。

写真提供:シンシナティエンクワイアラー

最初の買収の1つ

Jump Inc.とその個人間オンライン取引サイトであるUp4Saleを追加して、早期買収を行います。

9月

EBayが公開される

9月に新規株式公開(IPO)が成功した後、NASDAQにEBAYのシンボルで株式を上場します。 18ドルで取引されると予想されている当社の株式は、予想を打ち砕き、たった1日で53.50ドルに達します。

12月

EBay財団が設立されました

eBay Foundationは、IPO前の株式を授与された最初の企業財団になります。それ以来、世界中の非営利団体に3,000万ドル以上を寄付してきました。

サイトの停止と学んだ教訓

1999年6月10日、サイトはダウンします。深夜、CEOのMeg Whitmanは、問題を解決するためにeBayとSunMicrosystemsから50人以上のエンジニアを集めました。停止が始まってから20時間も経たないうちに、eBayは復旧し、営業を開始しました。

グローバル展開

ドイツ、オーストラリア、英国でサイトを立ち上げました。現在、eBayは180か国で利用できます。

1月

EBayオフィスが拡大

私たちは米国と世界中で成長を続けています!サンノゼでは、同社は現在の本社にある追加の建物に移転し、当時はeBayパークとして知られていました。

4月

EBayモーターの紹介

オンラインの自動車市場であるeBayMotorsを立ち上げました。 2006年、eBayMotorsは200万台目の乗用車を販売しました。

写真提供:ジム「グリフ」グリフィス

EBay大学を開く

私たちは最初のeBay大学コースを開催し、ユーザーにマスターセラーになる方法を教えます。このフォーマットは大成功を収めており、eBay大学のクラスは今日も世界中で提供され続けています。

Half.comがeBayに参加

Half.comを購入することを発表しました。これにより、映画、音楽、本、ゲームをオンラインでこれまで以上に簡単に販売できるようになります。

11月

写真提供:ガーディアン

「今すぐ購入」のご紹介

固定価格の新機能「今すぐ購入」を導入し、設定価格で瞬時に商品を購入できるようにしました。

EBay API

最初のアプリケーションプログラミングインターフェイス(API)が稼働します。現在、世界中の開発者は、独自の機能を備えた独自のカスタムインターフェイスを構築することにより、eBayのパワーを活用できます。

第2四半期

非常に古いリーバイスのオークション

リーバイスの最も古い既知のペアは、eBayで46,000ドル以上でリーバイストラウス&アンプ社に販売されており、ファッションの歴史を築いています。

EBayストアの紹介

新しいオンラインストアフロントディレクトリであるeBayStoresは、人々が月にわずか数ドルで独自のカスタマイズされたオンラインビジネスを持つための方法として立ち上げられました。

第3四半期

ジェット機は何百万ドルも売る

ガルフストリームジェット機は490万ドルで販売され、eBayの新価格記録を打ち立てました。

9月

アメリカのオークション

Auction for Americaを発表し、10万人以上のユーザーが9月11日の犠牲者とその家族のために1,000万ドル以上を調達できるようにしました。これまでに、GivingWorksプログラムは30,000を超える慈善団体を支援してきました。

写真提供:SFゲート。写真提供者:Susan Goldman、Bloomberg News

最初のeBayライブ!会議

カリフォルニア州アナハイムで最初のeBayLiveが開催されます。会議では、eBayの売り手、買い手、ジャーナリスト、開発者、愛好家が一堂に会し、アクション満載の学習とネットワーキングの日々を過ごします。

EBayがPayPalを買収

PayPalを購入し、ウェブ最大の市場と革新的なシステムを統合して、安全で手間のかからない支払いを実現します。 10年以上eBayInc。の一員であったことで、PayPalの力強い成長とデジタル決済における世界的なリーダーシップの地位が可能になりました。一緒に、PayPalとeBayの強力な相乗効果は何年もの間両方のビジネスに利益をもたらします。 PayPalは、13年後の2015年7月に独立した会社にスピンオフされました。


コンテンツ

創設とジャーナリズムのルーツ編集

国家 1865年7月にマンハッタンのナッソーストリート130番地(「新聞の列」)に設立されました。その創設は、奴隷制度廃止論者の新聞の閉鎖と同時に起こった リベレーター同じく1865年、米国憲法修正第13条によって奴隷制が廃止された後、建築家フレデリック・ロー・オルムステッドが率いる奴隷制度廃止論者のグループは、新しい週刊政治雑誌の設立を望んでいました。しばらくの間そのような雑誌を始めることを考えていたエドウィン・ローレンス・ゴッドキンは同意し、それで最初の編集者になりました 国家。 [7]ウェンデル・フィリップス・ギャリソン、の息子 リベレーター」編集者/出版社のウィリアム・ロイド・ガリソンは、1865年から1906年まで文学編集者でした。

その創設者はジョセフ・H・リチャーズでした。編集者は、以前ロンドンの特派員として働いていたアイルランドからの移民であるゴッドキンでした。 デイリーニュースニューヨークタイムズ。 [8] [9]ゴッドキンは、ある同情的な評論家が後に「広さと審議によって発話することを特徴とする意見の器官、原因を特定し、主に次のように政党を支援するべき器官」として特徴付けられるものを確立しようとした。これらの原因の代表です。」 [10]

その「創立目論見書」の中で、雑誌は出版物が「7つの主要な目的」を持ち、最初は「その日のトピックの議論、そしてとりわけ、法律、経済、および憲法上の問題について、より正確にそして現在、日刊紙に掲載されているよりも節度があります。」 [11] 国家 「いかなる政党、宗派、団体の機関でもない」というよりも、「政治的、社会的問題について真剣に議論し、暴力、誇張、不実表示の悪徳に対抗するために真剣に努力する」ことを誓約した。それによって、その日の政治的執筆の多くが損なわれている」と語った。 [11]

出版の最初の年に、雑誌の定期的な機能の1つはでした そのままの南、最近ハーバード大学を卒業し、ポートロイヤルエクスペリメントのベテランであるジョンリチャードデネットによる戦争で荒廃した地域のツアーから派遣されます。デネットは南軍の退役軍人、解放された奴隷、解放奴隷局の代理人、そして彼が道路の脇で出会った一般の人々にインタビューした。記事は本として集められて以来、 ニューヨークタイムズ 「見事なジャーナリズムの例」として。 [ 要出典 ]

当初の出版物によって支持された原因の中には、公務員改革がありました。これは、政府の雇用の基盤を政治的後援制度から実力主義に基づく専門官僚制度に移すことです。 [10] 国家 また、南北戦争後の数年間に健全な自国通貨の再建に夢中になり、国の経済的安定を回復するためには安定した通貨が必要であると主張した。 [12]これに密接に関連していたのは、自由貿易システムに関連する消費財の低価格を支持する保護関税の撤廃を支持する出版物でした。 [13]

雑誌は90年間新聞の列にとどまりました。

1880年代の文芸付録から1930年代のニューディールブースター編集

1881年、新聞記者から鉄道男爵に転向したヘンリー・ビラードが買収 国家 そしてそれを彼の日刊紙の週刊文学サプリメントに変換しました ニューヨークイブニングポスト。雑誌のオフィスはに移動されました イブニングポスト の本社はブロードウェイ210番地にあります。 NS ニューヨークイブニングポスト 後でタブロイド紙に変形します ニューヨークポスト、1939年から1976年まで所有者ドロシーシフの下で左寄りの午後のタブロイド紙。それ以来、それはルパートマードックが所有する保守的なタブロイド紙でしたが、 国家 その左翼のイデオロギーで知られるようになりました。 [14]

1900年、ヘンリービラードの息子、オズワルドギャリソンビラードが雑誌を継承し、 イブニングポスト、そして1918年に後者を売り払いました。その後、彼は作り直しました 国家 現在の問題の出版物に入れて、それに反古典的自由主義の方向性を与えました。オズワルド・ビラードはニューディールを歓迎し、産業の国有化を支持しました。したがって、の創設者としての「自由主義」の意味を逆転させました。 国家 小さくて制限の少ない政府への信念から、大きくて制限の少ない政府への信念まで、この用語を理解していたでしょう。 [15] [16]ビラードは1935年に雑誌を販売した。新しい所有者であるモーリス・ワートハイムは、1933年から1955年まで編集者を務めたフリーダ・キルチウェイに1937年にそれを販売した。

のほぼすべての編集者 国家 ヴィラードの時代から1970年代まで、「破壊的な」活動と結びつきが見られました。 [17]アルバート・ジェイ・ノックがその後間もなく、第一次世界大戦の戦争機械に加担したとしてサミュエル・ゴンパーズと労働組合を批判するコラムを発表したとき、 国家 米国の郵便から一時的に停止されました。 [18]

1930年代、 国家 フランクリンD.ルーズベルトとニューディールに対する熱狂的な支持を示した。 [9]

第二次世界大戦と初期の冷戦編集

1940年代初頭の雑誌の財政問題により、キルヒウェイは1943年に雑誌の個人所有権を売却し、スポンサーの募集活動から生み出された資金から非営利団体NationAssociatesを設立しました。この組織はまた、雑誌の初期の歴史の一部であった研究の実施や会議の開催などの学務も担当していました。 Nation Associatesは、非営利ベースで雑誌の運営と発行を担当し、KirchweyはNationAssociatesの社長兼編集者を務めました。 国家. [19]

真珠湾攻撃の前に、 国家 ファシズムに抵抗するために第二次世界大戦に入るように米国に繰り返し呼びかけ、米国が戦争に入った後、出版物はアメリカの戦争努力を支持した。 [20]それはまた広島での原子爆弾の使用を支持した。 [20]

1940年代後半から1950年代初頭にかけて、Kirchwey(後のCarey McWilliams)と ニューリパブリック のマイケルストレート。当時、2つの雑誌は非常に似ていました。どちらも中央から離れていましたが、 国家 さらに左 TNR どちらも発行部数は約100,000でしたが、 TNR はわずかに高く、両方ともお金を失いました。 2つの雑誌が統合して最も強力な意見のジャーナルを作ることができると考えられました。新しい出版物は呼ばれていたでしょう 国家と新共和国。 Kirchweyは最も躊躇し、両方のマージの試みは失敗しました。 2つの雑誌は後で非常に異なる道をたどります: 国家 より高い循環を達成し、そして ニューリパブリック さらに右に移動しました。 [21]

1950年代には、 国家 ソビエト連邦へのデタントの擁護[22]とマッカーシズムへの批判のために、「共産主義者」として攻撃された。 [9]雑誌の作家の一人、ルイス・フィッシャーはその後、雑誌を辞任し、 国家 の外国報道はあまりにも親ソビエトでした。 [22]それにもかかわらず、ダイアナ・トリリングは、キルヒウェイが自分自身のような反ソビエト作家がロシアを批判する資料を雑誌の芸術部門に寄稿することを許可したと指摘した。 [23]

マッカーシズム(第二の赤狩り)の間、 国家 ニューヨーク市とニューアークのいくつかの学校図書館から追放され[24]、オクラホマ州バートルズビルの司書であるルースブラウンは、市民委員会が彼女に棚スペースを与えたと訴えた後、1950年に彼女の仕事から解雇された。 国家. [24]

1955年、George C.KirsteinがKirchwayに代わって雑誌の所有者になりました。 [25]ジェームズ・J・ストロー・ジュニアは1965年にカースタインから雑誌を購入した。[26]

1950年代、元アソシエイトエディターのポールブランシャードが 国家 ウズベキスタンの特別特派員。彼の最も有名な著作は、危険で強力な非民主的な制度としてアメリカのカトリック教会を攻撃する一連の記事でした。

1970年代から2020年まで編集

1979年6月、 国家 の出版社であるハミルトンフィッシュと当時の編集者であるビクターナバスキーは、毎週マンハッタンの72フィフスアベニューに移動しました。 1998年6月、定期刊行物はマンション開発に道を譲るために移動しなければなりませんでした。のオフィス 国家 現在、マンハッタンのグラマシー地区にある33 IrvingPlaceにいます。

1977年、ハミルトンフィッシュVが組織したグループが、ストロー家から雑誌を購入しました。 [27] 1985年に、彼はそれをカーター、バーリンド、ポトマ&ワイルの創設パートナーとして財を成したアーサーL.カーターに売却した。

1991年、 国家 湾岸戦争の報道をプレスプールに限定することにより言論の自由を制限したとして国防総省を訴えた。ただし、この問題は Nation Magazinev。米国国防総省、事件が聞かれる前に戦争が終わったからです。

1995年にVictorNavaskyが雑誌を購入し、1996年に出版社になりました。 1995年、カトリーナ・ヴァンデン・ヒューベルはナヴァスキーの後任として 国家、[28]そして2005年に出版社として。

2015年、 国家 アカデミー賞を受賞したバーバラコップル監督によるドキュメンタリー映画で150周年を祝い、アーカイブからの芸術作品と執筆を特集した268ページの特集[29]と、エリックフォーナー、ノームチョムスキー、ELドクトロウなどの頻繁な寄稿者による新しいエッセイを紹介しました。 、Toni Morrison、Rebecca Solnit、Vivian Gornickは、DD Guttenplanによる雑誌の本の長さの歴史( タイムス文芸付録 「愛情のこもったお祝いの事件」と呼ばれる)全国のイベントとリニューアルされたウェブサイト。に敬意を表して 国家、記念日号に掲載された、バラクオバマ大統領は言った:

瞬時の140文字のニュースサイクルとパーティーラインの反射的なつま先の時代では、150年の歴史を考えるのは信じられないほどです 国家。それは単なる雑誌ではありません。解放の時代に作られたアイデアのるつぼであり、鬱病と戦争、そして公民権運動によって和らげられ、息を呑むような技術的および経済的変化の時代にこれまでになく鋭く関連性のあるものに磨き上げられました。そのすべてを通して、 国家 私たちの道徳的想像力を拡大し、激しい異議を唱え、単に時間をかけて私たちの国の課題を新たに考えるというアメリカの偉大な伝統を示しています。雑誌の特定の号に書かれているすべてに同意した場合、それはあなたが仕事をしていないことを意味するだけです。しかし、それが働くアメリカ人のための公正なショットへのあなたのコミットメントであろうと、すべてのアメリカ人のための平等であろうと、それらの理想を追求する挑発的で合理的な議論と反省に専念するアメリカの機関が繁栄し続けることができることを知ることは心強いです。

2016年1月14日、 国家 バーモント州上院議員バーニーサンダースを大統領に推薦した。彼らの推論では、の編集者は 国家 「バーニー・サンダースと彼の支持者たちは歴史の弧を正義に向けて曲げている。彼らは反乱であり、可能性であり、私たちが誇らしげに支持する夢である」と公言した。 [30]

2019年6月15日、Heuvelは、編集者D. D.Guttenplan(編集者全般)が彼女の代わりに就任したため辞任しました。 [31]

2020年3月2日、 国家 再びバーモント州上院議員バーニーサンダースを大統領に推薦した。彼らの推論では、の編集者は 国家 「民主主義を贖い、共和国を回復するという任務に召喚された世代である歴史のヒンジに身を置くとき、誰もバーニー・サンダースが何を表しているのか不思議に思う必要はありません。」 [32]

印刷広告ページは2009年から2010年にかけて5%減少し、デジタル広告は2009年から2010年にかけて32.8%増加しました。[33]広告は雑誌の総収入の10%を占め、発行部数は合計60%です。 [6] 国家 3年または4年を除くすべての運営でお金を失い、Nation Associatesと呼ばれる30,000人を超えるドナーのグループによって部分的に支えられています。このグループは、年間購読料を超えて定期的に資金を寄付しています。このプログラムは、雑誌の総収入の30%を占めています。年間クルーズでも、雑誌に20万ドルが発生します。 [6] 2012年後半から、NationAssociatesプログラムはNationBuildersと呼ばれています。 [34]

創設以来、 国家 ハート・クレイン、イーライ・シーゲル、エリザベス・ビショップ、エイドリアン・リッチ[35]や、W.S。マーウィン、パブロネルーダ、デニースレヴェルトフ、デレクウォルコット。 [36]

2018年、この雑誌はアンダースカールソンウィーによる「ハウツー」というタイトルの詩を発表しました。この詩はホームレスの男性の声で書かれ、黒人英語を使用していました。カールソンウィーは白人であるため、これはロクサーヌゲイなどの作家からの批判につながりました。 国家 の2人の詩編集者、ステファニーバートとカルメンギメネススミスは、この詩を出版したことについて謝罪しました。これは、雑誌がこれまでに行った最初のそのような行動です。 [35]謝罪自体も批判の対象となった。詩人と 国家 謝罪を「切望」と呼び、「再教育キャンプ」から書かれた手紙に例えたコラムニストのカター・ポリット。 [35]グレース・シュルマン、 国家 の1971年から2006年までの詩の編集者は、謝罪は、雑誌の伝統的に幅広い芸術的自由の概念からの不穏な逸脱を表したと書いています。 [36]


過去数年間に追加されたニュースセクション

20代のことを考えると、フラッパーやウォール街大暴落などが思い浮かびますが、20年代は、インディーズレコードレーベルのThe Gramophone、Growth of CommercialRadioによる現代音楽の誕生でもありました。 。 20年代の終わりに、トーキー映画はブロードウェイミュージカルの映画版を許可し、より多くの聴衆に音楽をもたらしました。


コンテンツ

その現在の化身では、 ニューリパブリック 明確に左側にあり、しばしば民主主義の確立に批判的であり、国民皆保険を強く支持しています。の アメリカの保守派、テリー・デイビッドソンは、「バーニー・ブロとミレニアル・マルクス主義運動へのラブレターと、ヒラリーと民主党への攻撃を右からではなく左から行うことで、30年代と40代」。 [9] [ 過度の体重? - 議論する ] 2019年5月、4つの貢献のうち3つが好意的な社会主義に関する円卓会議を発表し、オーナー兼編集長のWinMcCormackがより否定的な記事を書きました。 [10] 2019年2月、スタッフライターのAlex Shephardは、「仮想的な政策にバンパーを置くことは政治的に意味がなく、有権者の熱意を弱める。プラグマティズムも立法上の議論として追跡されない」と書いた。 [11] 2019年6月、スタッフライターのアレックスパリーンは次のように書いています。コンサルタントは保守的な動きに沿っており、アメリカは手に負えない「中央右」国家であり、そのコンセンサスを左に動かす、言い換えれば、国民のコンセンサスをそのような活動の種類に変えるための貴重な戦略や傾向はほとんどありません。かつては「政治」として理解されていました」。 [12]

初期の編集

ニューリパブリック ハーバード・クロリー、ウォルター・リップマン、ウォルター・ワイルによって、相続人のドロシー・ペイン・ホイットニーと彼女の夫であるウィラード・ストレートの財政的支援を受けて設立されました。雑誌の創刊号は1914年11月7日に発行されました。雑誌の政治は寛大で進歩的であり、アメリカの変化する経済と社会の弱点を改善するために設計された中堅の改革努力によってもたらされた大きな変化に対処することに関係していました。この雑誌は、国内外の政府介入主義の方向に自由主義の性格を変える上で重要であると広く考えられています。その中で最も重要だったのは、国際情勢の大国としての米国の台頭でした。 1917年、 TNR 連合国側の第一次世界大戦へのアメリカの参入を促した。

戦争の結果の1つは、1917年のロシア革命でした。戦時中、この雑誌は、ソビエト連邦とヨシフ・スターリンの評価において概して前向きでした。しかし、1947年に冷戦が始まった後、雑誌の位置が変わり、1948年に、左翼の編集者であるヘンリーA.ウォレスがプログレッシブチケットで大統領に立候補するために出発しました。ウォレスの後、雑誌は主流のアメリカの自由主義のより典型的な位置に向かって動きました。 1950年代を通じて、この出版物はソビエトの外交政策と国内の反共主義、特にマッカーシズムの両方に批判的でした。 1960年代、雑誌はベトナム戦争に反対しましたが、新左翼を批判することもよくありました。

左から雑誌の政治を批判したコメンテーターのエリック・オルターマンの意見によれば、1960年代後半まで、雑誌にはある種の「再活性化された自由主義の声としての隠し場所」があった。そのカシェは、「威勢のいい若いケネディ大統領が、コピーを持ってエアフォースワンに搭乗しているところを撮影されたときに、おそらく最もよく描かれている」と書いている。 [13]

ペレッツの所有権と最終的な編集、1974年から1979年編集

1974年3月、この雑誌は、ハーバード大学の講師であるマーティン・ペレツ[14]によって、ギルバートA.ハリソンから38万ドルで購入されました[13]。 [13]ペレッツは新左翼のベテランであったが、さまざまな第三世界解放主義運動、特にパレスチナ解放機構の支援をめぐる運動で崩壊した。ハリソンは雑誌の編集を続け、ペレッツが3年間雑誌を運営し続けることを期待していました。しかし、1975年までに、ペレッツがその損失を補うために雑誌にお金を注いでいる間に自分の記事が出版を拒否されることに腹を立てたとき、彼はハリソンを解雇しました。 Walter Pincus、Stanley Karnow、Doris Grumbachを含むスタッフの多くは解雇または辞任し、ジャーナリズムの経験が不足している最近のハーバード大学の卒業生に大部分が交代しました。ペレッツは編集者になり、1979年までその役職に就いた。1980年には、民主党の現職のジミー・カーターではなく、独立した共和党員のジョン・B・アンダーソンを支持した。他の編集者が任命されたため、ペレッツは2012年まで編集長を務めた。[13]

キンズリーとヘルツバーグの編集、1979年から1991年編集

ネオリベラルのマイケル・キンズリーは編集者(1979–1981、1985–1989)であり、より左寄りのヘンドリック・ハーツバーグ(1981–1985 1989–1991)と2回交代しました。キンズリーは、彼が最初に編集者になり、まだロースクールに通っていたとき、わずか28歳でした。 [13]

1980年代、この雑誌は、ニカラグアのコントラへの援助の提供を含め、ロナルド・レーガン大統領の反共産主義的外交政策を概ね支持しました。雑誌の編集者はまた、湾岸戦争とイラク戦争の両方を支持し、アメリカの権力の道徳的有効性への信念を反映して、ユーゴスラビア戦争中のボスニア、ヘルツェゴビナ、コソボなどの「人道的」危機への介入を支持した。

これは、政治的スペクトル全体で「必読」と広く見なされていました。の記事 バニティフェア それは「国内で最も賢く、最も無礼な週刊紙」であり、「国内で最も面白くて知的に機敏な雑誌」であると判断しました。アルターマンによれば、雑誌の散文はきらめく可能性があり、そのページの対照的な見方は「本当にエキサイティング」でした。彼はさらに、「この雑誌は、レーガン時代のインサイダー政治エリートのための議論の条件を間違いなく設定した」と付け加えた。 [13]

雑誌は多くの保守的なオピニオンリーダーの尊敬を勝ち取りました。毎週木曜日の午後、メッセンジャーからレーガンホワイトハウスに20部が送られました。ノーマン・ポドレッツはこの雑誌を「不可欠」と呼び、ジョージ・ウィルは「現在、米国で最も興味深く、最も重要な政治雑誌」と呼んでいます。 ナショナルレビュー 「米国で最も興味深い雑誌の1つ」と説明しました。 [13]

その影響力の功績は、機知と批判的な感性が活気に満ちていると見なされていたキンズリーと、 ニューヨーカー ジミー・カーターのスピーチライター。

HertzbergとKinsleyは、編集者として、また雑誌の主なコラム「ワシントンからのTRB」の著者として交代しました。その視点は1988年に中央左として記述されました。[15]

1980年代に雑誌の地位を高めた最後の要素は、レオンヴィーゼルティエが編集した「本の裏側」、つまり文学、文化、芸術のページでした。ペレッツはヴィーゼルティエを発見し、ハーバード大学フェロー協会で働き、セクションを担当するように彼を設置しました。ヴィーゼルティエは、 The New York Review of Books and allowed his critics, many of them academics, to write longer, critical essays, instead of simple book reviews. Alterman calls the selection of Wieseltier "probably. Peretz's single most significant positive achievement" in running the magazine. Despite changes of other editors, Wieseltier remained as cultural editor. Under him the section was "simultaneously erudite and zestful," according to Alterman." [13]

Sullivan editorship, 1991–1996 Edit

In 1991, Andrew Sullivan, a 28-year-old gay, self-described conservative from Britain, became editor. He took the magazine in a somewhat more conservative direction, but the majority of writers remained liberal or neoliberal. Hertzberg soon left the magazine to return to The New Yorker。 Kinsley left the magazine in 1996 to found the online magazine Slate. [13]

In 1994, Sullivan invited Charles Murray to contribute a 10,000-word article, excerpted from his coauthored book The Bell Curve。 The article, which contended that "African Americans score differently from whites on standardized tests of cognitive ability," proved to be very controversial and was published in a special issue together with many responses and critiques. [16] The magazine also published a very critical article by Elizabeth McCaughey about the Clinton administration's health care plan, commonly known as "Hillarycare" because of its close association with First Lady Hillary Clinton. Alterman described the article as "dishonest, misinformed," and "the single most influential article published in the magazine during the entire Clinton presidency. [13] James Fallows of アトランティック noted the article's inaccuracies and said, "The White House issued a point-by-point rebuttal, which ニューリパブリック did not run. Instead it published a long piece by McCaughey attacking the White House statement." [17] Sullivan also published a number of pieces by Camille Paglia. [13]

Ruth Shalit, a young writer for the magazine in the Sullivan years, was repeatedly criticized for plagiarism. After the Shalit scandals, the magazine began using fact-checkers during Sullivan's time as editor. One was Stephen Glass. When later working as a reporter, he was later found to have made up quotes, anecdotes, and facts in his own articles. [13]

Kelly, Lane, Beinart, Foer, Just editorships, 1996–2012 Edit

After Sullivan stepped down in 1996, David Greenberg and Peter Beinart served jointly as acting editors. After the 1996 election, Michael Kelly served as editor for a year. During his tenure as editor and afterward, Kelly, who also wrote the TRB column, was intensely critical of Clinton. [13] Writer Stephen Glass, who had been a major contributor under Kelly's editorship, was later shown to have falsified and fabricated numerous stories, which was admitted by ニューリパブリック after an investigation by Kelly's successor, Charles Lane. Kelly had consistently supported Glass during his tenure, including sending scathing letters to those challenging the veracity of Glass's stories. [18] (The events were later dramatized in the feature film Shattered Glass, adapted from a 1998 report by H.G. Bissinger.)

Chuck Lane held the editor's position between 1997 and 1999. During Lane's tenure, the Stephen Glass scandal occurred. Peretz has written that Lane ultimately "put the ship back on its course," for which Peretz said he was "immensely grateful." But Peretz later fired Lane, who learned of his ouster when a ワシントンポスト reporter called him for a comment. [13]

Peter Beinart, a third editor who took over when he was 28 years old, [13] followed Lane. He served as editor from 1999 to 2006.

In the early 2000s, the TNR added Buzz weblogs &c., Iraq'd、 と Easterblogg, replaced in 2005 with the sole blog The Plank. The Stump was added in 2007 and covered the 2008 presidential election.

The magazine remained well known, with references to it occasionally popping up in popular culture. Lisa Simpson was once portrayed as a subscriber to The New Republic for Kids。 Matt Groening, the creator of The Simpsons', once drew a cover for ニューリパブリック。 [19] In the pilot episode of the HBO series Entourage, which first aired on July 18, 2004, Ari Gold asks Eric Murphy: "Do you read ニューリパブリック? Well, I do, and it says that you don't know what the fuck you're talking about."

Franklin Foer took over from Beinart in March 2006. The magazine's first editorial under Foer said, "We've become more liberal. We've been encouraging Democrats to dream big again on the environment and economics. " [13] Foer is the brother of novelist Jonathan Safran Foer, author of Everything Is Illuminated (2002).

Other prominent writers who edited or wrote for the magazine in those years include senior editor and columnist Jonathan Chait, Lawrence F. Kaplan, John Judis and Spencer Ackerman. [13]

Political stances under Peretz Edit

ニューリパブリック gradually became much less left-wing under Peretz, [20] which culminated in the editorship of the conservative Andrew Sullivan. The magazine was associated with the Democratic Leadership Council (DLC) and "New Democrats," such as Bill Clinton and Joseph Lieberman, who received the magazine's endorsement in the 2004 Democratic primary.

In the 21st century, the magazine gradually shifted left but was still was more moderate and hawkish than conventional liberal periodicals. Policies supported by both ニューリパブリック and the DLC in the 1990s were increased funding for the Earned Income Tax Credit program, the reform of the federal welfare system, and supply-side economics, especially the idea of reducing higher marginal income tax rates, which in the later Peretz years received heavy criticism from senior editor Jonathan Chait. [21]

Foreign policy stances under Peretz Edit

Support for Israel was a strong theme: "Support for Israel is deep down an expression of America's best view of itself." [13] According to the journalism professor Eric Alterman:

Nothing has been as consistent about the past 34 years of ニューリパブリック as the magazine's devotion to Peretz's own understanding of what is good for Israel. It is really not too much to say that almost all of Peretz's political beliefs are subordinate to his commitment to Israel's best interests, and these interests as Peretz defines them almost always involve more war. [13]

Unsigned editorials prior to the 2003 invasion of Iraq expressed strong support for military action and cited the threat of facilities for weapons of mass destruction as well as humanitarian concerns. In the first years of the war, editorials were critical of the handling of the war but continued to justify the invasion on humanitarian grounds although they no longer maintained that Iraq's weapons of mass destruction posed any threat to the United States. In the November 27, 2006 issue, the editors wrote:

At this point, it seems almost beside the point to say this: ニューリパブリック deeply regrets its early support for this war. The past three years have complicated our idealism and reminded us of the limits of American power and our own wisdom. [22]

Peretz sells remaining shares and buys magazine back from CanWest Edit

Until February 2007, ニューリパブリック was owned by Martin Peretz, New York financiers Roger Hertog and Michael Steinhardt, and Canadian media conglomerate Canwest. [23]

In late February 2007, Peretz sold his share of the magazine to CanWest, which announced that a subsidiary, CanWest Media Works International, had acquired a full interest in the publication. Peretz retained his position as editor-in-chief. [24]

In March 2009, Peretz and a group of investors, led by the former Lazard executive Laurence Grafstein and including Michael Alter, [25] bought the magazine back from CanWest, which was on the edge of bankruptcy. Frank Foer continued as editor and was responsible for the day-to-day management of the magazine, and Peretz remained editor-in-chief. [26]

New format Edit

Starting with the March 19, 2007 issue, the magazine implemented major changes:

  • Decreased frequency: the magazine went to publishing twice a month, or 24 times a year. This replaced the old plan of publishing 44 issues a year. The magazine described its publication schedule as "biweekly," with specified "skipped publication dates." There were ten of these in 2010.
  • New design and layout: Issues featured more visuals, new art and other "reader friendly" content. Warnock typeface throughout was accented by woodcut-style illustrations.
  • More pages and bigger size: Issues became bigger and contained more pages.
  • Improved paper: Covers and pages became sturdier.
  • Increased newsstand price: Although the subscription prices did not change, the newsstand price increased from $3.95 to $4.95.
  • Website redesign: The website offered more daily content and new features. [27][28]Richard Just took over as editor of the magazine on December 8, 2010.

Chris Hughes ownership and editorial crisis, 2012–2016 Edit

On March 9, 2012, Chris Hughes, co-founder of Facebook, was introduced as the New Republic's majority owner and Editor-in-Chief. [29] Under Hughes, the magazine became less focused on "The Beltway," with more cultural coverage and attention to visuals. It stopped running an editorial in every issue. Media observers noted a less uniformly pro-Israel tone in the magazine's coverage than its editorial stance during Peretz's ownership. [30]

On December 4, 2014, Gabriel Snyder, previously of Gawker and Bloomberg, replaced Franklin Foer as editor. The magazine was reduced from twenty issues per year to ten and the editorial offices moved from Penn Quarter, Washington DC, to New York, where it was reinvented as a "vertically integrated digital-media company." [31] The changes provoked a major crisis among the publication's editorial staff and contributing editors. The magazine's literary editor, Leon Wieseltier, resigned in protest. Subsequent days brought many more resignations, including those of executive editors Rachel Morris and Greg Veis nine of the magazine's eleven active senior writers legal-affairs editor Jeffrey Rosen the digital-media editor six culture writers and editors and thirty-six out of thirty-eight contributing editors (including Paul Berman, Jonathan Chait, William Deresiewicz, Ruth Franklin, Anthony Grafton, Enrique Krauze, Ryan Lizza, Sacha Z. Scoblic, Helen Vendler, Sean Wilentz). In all, two-thirds of the names on the editorial masthead were gone. [31]

The mass resignations forced the magazine to suspend its December 2014 edition. Previously a weekly for most of its history, it was immediately before suspension published ten times per year [32] with a circulation of approximately 50,000. [2] The company went back to publishing twenty issues a year, and editor Gabriel Snyder worked with staff to reshape it.

In the wake of the editorial crisis, Hughes indicated that he intended to stay with ニューリパブリック over the long term, telling an NPR interviewer of his desire to make sure the magazine could produce quality journalism "hopefully for decades to come." [33] He published an open letter about his "commitment" to give the magazine "a new mandate for a new century." [5] However, on January 11, 2016, Hughes put ニューリパブリック up for sale. [34] In another open letter, he said, "After investing a great deal of time, energy, and over $20 million, I have come to the conclusion that it is time for new leadership and vision at The New Republic." [5]

Win McCormack ownership, 2016 to present Edit

In February 2016, Win McCormack bought the magazine from Hughes [7] and named Eric Bates, the former executive editor of 転がる石, as editor. In September 2017, Bates was demoted from his leadership role to a masthead title of "editor at large." J.J. Gould then served as editor for just over a year [35] until December 2018. In November 2017, Hamilton Fish V, the publisher since McCormack's acquisition of the magazine, resigned amid allegations of workplace misconduct. [36] Kerrie Gillis was named publisher in February 2019 [37] and Chris Lehmann, formerly the editor in chief of バッフラー, [38] was named editor April 9, 2019. [39] Within months his management style faced public criticism [40] [41] for his hiring process of an Inequality Editor, posted on June 28. Within weeks, another scandal erupted, with Lehmann facing even harsher criticism from the public and the media for his decision to publish a controversial op-ed by Dale Peck called "My Mayor Pete Problem." The op-ed was retracted, with Lehmann commenting in a separate statement: "The New Republic recognizes that this post crossed a line, and while it was largely intended as satire, it was inappropriate and invasive." [42] In March 2021 it was announced that Lehmann would be departing his role as editor and would be replaced by Michael Tomasky [43]

Print circulation in the 2000s Edit

The New Republic's average paid circulation for 2009 was 53,485 copies per issue.

ニューリパブリック average monthly paid circulation
Year 平均Paid Circ. % Change
2000 [44] 101,651
2001 [44] 88,409 −13.0
2002 [45] 85,069 −3.8
2003 [46] 63,139 −25.8
2004 [47] 61,675 −2.3
2005 [48] 61,771 +0.2
2006 [49] 61,024 −1.2
2007 [50] 59,779 −2.0
2008 [51] 65,162 +9.0
2009 [51] 53,485 −18.0
2010 [52] NR NR

The New Republic's last reported circulation numbers to media auditor BPA Worldwide were for the six months ending on June 30, 2009.

Online Edit

According to Quantcast, the TNR website received roughly 120,000 visitors in April 2008, and 962,000 visitors in April 2012. By June 9, 2012, the TNR website's monthly page visits dropped to 421,000 in the U.S. and 521,000 globally. [53] As of April 16, 2014, the TNR website's Quantcast webpage contains the following messages: "This publisher has not implemented Quantcast Measurement. Data is estimated and not verified by Quantcast. " and "We do not have enough information to provide a traffic estimate. " and "Traffic data unavailable until this site becomes quantified." [54] Demographically, data show that visitors tend to be well educated (76% being college graduates, with 33% having a graduate degree), relatively affluent (55% having a household income of over $60,000 and 31% having a six figure income), white (83%), and more likely to be male (61%). Eighty two percent were at least 35 years old with 38% being over the age of 50. [55]

Michael Straight Edit

New Republic editor Michael Whitney Straight (1948 to 1956) was later discovered to be a spy for the KGB, recruited into the same network as Donald Maclean, Guy Burgess, Kim Philby, and Anthony Blunt. [56] Straight's espionage activities began at Cambridge during the 1930s he later claimed that they ceased during World War II. Later, shortly before serving in the Kennedy administration, he revealed his past ties and turned in fellow spy Anthony Blunt. In return for his cooperation, his own involvement was kept secret and he continued to serve in various capacities for the US Government until he retired. Straight admitted his involvement in his memoirs however, subsequent documents obtained from the former KGB after the fall of the Soviet Union indicated that he drastically understated the extent of his espionage activities. [57] [58]

Ruth Shalit plagiarism Edit

In 1995, writer Ruth Shalit was fired for repeated incidents of plagiarism and an excess of factual errors in her articles. [59]

Stephen Glass scandal Edit

In 1998, features writer Stephen Glass was revealed in a Forbes Digital investigation to have fabricated a story called "Hack Heaven". NS TNR investigation found that most of Glass's stories had used or been based on fabricated information. The story of Glass's fall and TNR editor Chuck Lane's handling of the scandal was dramatized in the 2003 film Shattered Glass, based on a 1998 article in バニティフェア. [60]

Lee Siegel Edit

In 2006, long-time contributor, critic, and senior editor Lee Siegel, who had maintained a blog on the TNR site dedicated primarily to art and culture, was revealed by an investigation to have collaborated in posting comments to his own blog under an alias aggressively praising Siegel, attacking his critics and claiming not to be Lee Siegel when challenged by an anonymous detractor on his blog. [61] [62] The blog was removed from the website and Siegel was suspended from writing for the print magazine. [63] He resumed writing for TNR in April 2007. Siegel was also controversial for his coinage "blogofascists" which he applied to "the entire political blogosphere", though with an emphasis on leftwing or center-left bloggers such as Daily Kos and Atrios. [64]

Spencer Ackerman Edit

In 2006, associate editor Spencer Ackerman was fired by editor Franklin Foer. Describing it as a "painful" decision, Foer attributed the firing to Ackerman's "insubordination": disparaging the magazine on his personal blog, [65] saying that he would "skullfuck" a terrorist's corpse at an editorial meeting if that was required to "establish his anti-terrorist bona fides" and sending Foer an e-mail where he said—in what according to Ackerman was intended to be a joke—he would “make a niche in your skull” with a baseball bat. Ackerman, by contrast, argued that the dismissal was due to “irreconcilable ideological differences.” He believed that his leftward drift as a result of the Iraq War and the actions of the Bush administration was not appreciated by the senior editorial staff. [66] Within 24 hours of being fired by ニューリパブリック, Ackerman was hired as a senior correspondent for a rival magazine, The American Prospect.

Scott Thomas Beauchamp controversy Edit

In July 2007, after ニューリパブリック published an article by an American soldier in Iraq titled "Shock Troops", allegations of inadequate fact-checking were leveled against the magazine. Critics alleged that the piece contained inconsistent details indicative of fabrication. The identity of the anonymous soldier, Scott Thomas Beauchamp, was revealed. Beauchamp was married to Elspeth Reeve, one of the magazine's three fact-checkers. As a result of the controversy, the New Republic and the United States Army launched investigations, reaching different conclusions. [67] [68] [69] In an article titled "The Fog of War", published on December 1, 2007, Franklin Foer wrote that the magazine could no longer stand behind the stories written by Beauchamp. [70] [71]

Pete Buttigieg article Edit

On July 12, 2019, gay writer Dale Peck wrote an article for ニューリパブリック critical of Pete Buttigieg, a 2020 Democratic Party presidential primary candidate, in which he repeatedly referred to Buttigieg as "Mary Pete", which he described as the "gay equivalent of Uncle Tom", saying, "Pete and I are just not the same kind of gay." The article went on to describe the candidate as a "fifteen-year-old boy in a Chicago bus station wondering if it's a good idea to go home with a fifty-year-old man so that he'll finally understand what he is." [72] The piece was harshly received by some media figures [73] and the center of controversy. [74]

    (1914–1930)
  1. Bruce Bliven (1930–1946) (1946–1948) (1948–1956) (1956–1975) (1975–1979) (1979–1981 1985–1989) (1981–1985 1989–1991) (1991–1996) (1996–1997) (1997–1999) (1999–2006) (2006–2010 2012–2014)
  2. Richard Just (2010–2012)
  3. Gabriel Snyder (2014–2016)
  4. Eric Bates (2016–2017) (2017–2018)
  5. Chris Lehmann (2019–2021) (2021–Present)

Before Wallace's appointment in 1946, the masthead listed no single editor in charge but gave an editorial board of four to eight members. Walter Lippmann, Edmund Wilson, and Robert Morss Lovett, among others, served on this board at various times. The names given above are the first editor listed in each issue, always the senior editor of the team.


How to edit a website using developer tools

  • Open any web page with Chrome and hover your mouse over the object you want to edit (ie: text, buttons, or images).
  • Right-click the object and choose “Inspect” from the context menu.The developer tools will open in the lower half of your screen and the selected element will be highlighted within the interface, also known as the DOM.
  • Double-click the selected object and it will switch to edit mode. You can replace the text or style attributes (ie: colors, fonts, spacing) and then click outside the DOM to apply the changes.
  • Use the “find” shortcut to help you look for specific text or style attributes. ("CMD + F" on Mac or "CTRL + F" on PC)

Our history

Expeditors is a global logistics company headquartered in Seattle, Washington. The Company employs trained professionals in 176 district offices and numerous branch locations located on six continents linked into a seamless worldwide network through an integrated information management system.

Services include the consolidation or forwarding of air and ocean freight, customs brokerage, vendor consolidation, cargo insurance, time-definite transportation services, order management, warehousing and distribution, and customized logistics solutions.

Expeditors International of Washington, Inc. registers as a single office ocean forwarder in Seattle. John Kaiser (a former Harper Group executive) is at the helm.

6 locations

Founders Peter Rose, James Wang, Kevin Walsh, Hank Wong, George Ho, Robert Chiarito, and Glenn Alger join the company with a focus that is new to the industry: a one-stop shop for door-to-door transportation and customs brokerage services. Additional offices are established in San Francisco, Chicago, Hong Kong, Taipei, and Singapore. Expeditors quickly becomes one of the largest U.S.-based forwarders of air freight from the Far East.

12 locations | 161 employees

Expeditors goes public and stock is traded on NASDAQ (EXPD). In first year as a public company, Expeditors reports more than $50 million in gross revenues and $2.1 million in net earnings.

13 locations

Company expands the ocean business with the acquisition of Pac Bridge, a major non-vessel ocean common carrier (NVOCC).

24 locations

Peter J. Rose, one of the founders, assumes the title of President and CEO.

32 locations | 900 employees

Selective global expansion continues with the opening of a Brussels office, the first company office in continental Europe. New slogan is introduced to reinforce our commitment to customer service: You'd be surprised how far we'll go for you.

37 locations

Our net earnings top $10 million ($10,196,000). We formalize an internal quality program called EXCEL (Expeditors Commitment to Excellence and Leadership), built on a goal of 100% customer satisfaction 100% of the time.

56 locations

Company expands into China after Beijing grants Expeditors a rare class "A" license. Expeditors’ Cargo Management Systems (e.cms) is established as an ocean consolidation program featuring an automated electronic data interface.

96 locations | 2,400 employees

Expeditors launches a Cargo Insurance (ECIB) division. Company surpasses $500 million in gross revenues. Global expansion continues with the addition of markets in Central and South Americas. CEO Peter Rose declares that “Our business is based entirely on service and understanding our customers."

114 locations | 3,250 employees

Expeditors names a Director of Quality and formalizes its global pursuit of ISO9001 certification. A total of 27 offices are ISO9001 certified as five more offices achieve the accreditation in Asia and Europe. The number of employees tops 3000. Offices are opened in India, Pakistan, and Bangladesh. The class “A” license held in Beijing is extended to four more major Chinese trading points, bringing our total offices in China to eight. While its employees are recognized as the best trained in the industry, Expeditors raises its minimum annual training requirement for employees from 30 hours to 52 hours per year, in recognition of the increasingly sophisticated needs of its customers.

149 locations | 5,215 employees

Gross revenues top a record $1 billion. New global headquarters opens in downtown Seattle, Washington.

163 locations | 6,480 employees

Expeditors celebrates its 20th year continuing our reputation as a full-service global logistics provider. The number of employees grows to over 6400. Expeditors’ services include Air and Ocean Freight Forwarding, Vendor Consolidation, NVOCC, Customs Clearance, Marine Insurance, Distribution, and other value-added global logistics services. Expeditors’ strength in our people and a clear mission to become the best full-service global logistics provider in the industry is demonstrated by the recognition received from our customers (Cisco Systems and British Airways Catering name us as Supplier of the Year).

177 locations | 7,486 employees

Washington CEO Magazine recognizes Expeditors with “Best Companies to Work For” award.

195 locations | 8,000 employees

Expeditors views its role in the future of international trade as the preferred global logistics solutions company. The company will continue to satisfy its customers’ needs through a responsive, highly-trained workforce, integrated information systems, and a global network. Expeditors is named to the NASDAQ 100. A number of milestones are reached with more than $2 billion in gross

211 locations | 9,454 employees

Numerous milestones mark our 25th year: Gross revenues top a record $3 billion ($3,317,499,000) net earnings reach $156,126,000 and employee count surpasses 9,000.

226 locations | 10,600 employees

Forbes notes Expeditors as the Best Managed Transportation Company. The Wall Street Journal lists Expeditors as number one in their shareholder scorecard for Delivery Services, beating UPS and FedEx.

233 locations | 11,542 employees

Expeditors enters Fortune 500 list for the first time with $4.6 billion in revenue. Fortune also names Expeditors the Number One Most Admired Company in our industry.

250 locations | 12,010 employees

We’re still standing. The global economic climate of the past year has affected many, yet we remained consistent in our commitment to customer service and financial stability. We protected our biggest assets - our people - with no layoffs. This year we opened our Disaster Recovery Center in Spokane, Washington, where all global backup IT requirements are facilitated. 2009 was also a big year for our Environmental Teams worldwide as they work on green initiatives across the Company a sustainable, green office was built in Frankfurt for our German Regional Headquarters.

Over 250 locations | 12,800 employees

Considered our best year ever, 2010 started off well and ended terrific. The main reason for such a successful year is predicated on one large factor. our no layoff policy. Protecting our greatest assets proved invaluable, as those same people were the ones delivering world class customer service day after day. Without them, our success would not be possible. We continue to create tools and enhance our systems in order to improve internal processes and meet customer needs.

252 locations | 13,900 employees

The CEO baton is passed on to Jeff Musser, a 31 year veteran of Expeditors, who becomes our new CEO. We look forward to celebrating our 35th Anniversary in 2014. We have grown from 6 offices and 20 people to over 250 locations and nearly 14,000 employees. In 2013 we set up our Customer Solutions Center at our corporate office which gives us the opportunity to demonstrate our Information Technology capabilities to customers, carriers, and investors. Our IT capabilities have helped keep us in the forefront of those who can benefit from it most.

Over 250 locations | 14,600 employees

The last of the original company founders, James Wang, announces his retirement. Expeditors reveals its newly aligned geographic structure and company strategy. The first quarter of 2015 is the most profitable in the history of the company.

Over 250 locations | 15,400 employees

A year of strong innovation, 2017 was kicked off with the appointment of a Chief Strategy Officer to establish and oversee a Strategy group of highly experienced individuals to explore new areas of opportunity. Later the company announced the launch of a new subsidiary, Cargo Signal, which brings new levels of supply chain control and visibility through digital services powered by a proprietary, sensor-based logistics system and a 24x7x365 Global Command Center staffed with seasoned professionals trained in risk management, logistics, and supply chain security.

Over 250 locations | 16,500 employees

Continuing the innovation streak, in collaboration with our customer Walmart, Expeditors announced the launch of a new cutting-edge carrier allocation platform to provide an advanced level of forecasting and planning to revolutionize supply chains and transportation efficiency

Over 250 locations | 18,000 employees

Expeditors celebrates 40 years of global logistics excellence and employee headcount tops 18,000.



コメント:

  1. Naughton

    私は確信しています、それは何ですか-エラー。

  2. Nanos

    私の意見では、あなたは間違っています。午後に私に手紙を書いてください、私たちは話します。

  3. Ya-Allah

    おそらく。

  4. Truitestall

    申し訳ありませんが、あなたは間違っていると思います。私は確信しています。私はそれについて議論することを提案します。午後に私にメールしてください、私たちは話します。

  5. Jerel

    アナログはありますか?



メッセージを書く