アルメニアのティリダテス1世

アルメニアのティリダテス1世

ティリダテス1世(Trdat I)は、63年から75年または88年にアルメニアの王として統治しました。アルサケス朝アルメニア王朝の創設者と見なされていた彼の治世は、ローマとパルティアからの侵略で岩の多いスタートを切りましたが、ネロ自身がローマで行った豪華な式典で戴冠すると、アルメニアの王は比較的平和で非常に繁栄したことを支配しました20年。正確に彼の治世が終わったとき、古代の情報源の衝突のために論争がありましたが、彼は(おそらく)彼の息子サナトルクIIによって成功しました。

継承

アルメニアのティリダテス1世はパルティア王ヴォロガセス1世(別名ヴァガーシュ、西暦51年から80年まで、日付は争われている)の兄弟であり、ティリダテスを王位につけるという特定の目的のために西暦52年にアルメニアに侵入しました。しかし、ローマ帝国は、パルティアが2つの大国の間の緩衝地帯と見なされている場所に受動的に入ることを許可することに満足していませんでした。さらに、アルメニアの親ローマ派を代表する大使館がローマに到着し、彼らは直接の援助を求めた。その結果、ローマ皇帝ネロ(r。54-68CE)は、この地域でのローマの影響力を回復するために、西暦54年に彼の最高の将軍グナエウスドミティウスコルブロの下に軍隊を派遣しました。

ティリダテスは、歴史的および文化的な理由から、ローマよりもパルティアに同情したほとんどのアルメニア人によって支持されていました。

最初に、コルブロはシリアとソフェーネの小さな王国(Dsopk)の両方を確保して、この地域でのローマの存在を強化し、パルティアに彼らが反対していたことを思い出させるという任務を与えられました。その後、パルティアが西暦58年にアルメニアを家臣国家と宣言したとき、コルブロは北に移動し、アルメニア自体を攻撃しました。ローマ人がティリダテス王国に到着するまでに、ヴォロガセスはパルティアの内部問題に対処するために撤退を余儀なくされていましたが、ティリダテスはアルメニアの首都アルタハタ(アルタシャト)に留まりました。ティリダテスは、歴史的および文化的な理由から、ローマよりもパルティアに同情したほとんどのアルメニア人によって実際に支持されていました。

コルブロは再び非常に有能な野戦指揮官であることが証明され、黒海のローマ船からの後方支援を受けて、アルタハタとティグラノセルタの2つの最も重要な都市を占領して破壊しました。西暦60年までに、彼はアルメニア王国全体を統治すると主張することができ、ティリダテスはパルティアの兄に逃げることを余儀なくされました。同じ年、ヘロデ大王の孫である印象的な王室のつながりを持っていたティグラノセルタ5世は、親ローマの君主として王位に就きましたが、パルティア人が軍隊を送って彼を包囲するまでしか続きませんでしたティグラノセルタの左。その後、アルメニアの王のリストにカメオ出演が最も短い後、ティグラネスは歴史のページから姿を消します。

西暦62年にパルティアはローマ軍に勝利しましたが(おそらく、コルブロが指揮を執っていなくなった可能性があります)、西暦63年にローマ人とコルブロが戻ってきて、ランディア条約を作成するのに十分な脅威でした(サイトにちなんで名付けられました)。アルメニア西部)。パルティアにはアルメニアの王を指名する権利があり、ローマには彼らを戴冠させる権利があり、両国は王を代表としてアルメニアを平等に統治することが合意されました。ネロはこのように、ローマ帝国の力と世界的な広がりを示すために多くのことをした豪華な光景でローマのティリダテスを戴冠させる特権を与えられました。

歴史が好きですか?

無料の週刊メールマガジンにサインアップしてください!

ティリダテスの戴冠式

西暦66年、ティリダテスは象徴的に彼の王冠をネロの肖像に贈り、それからローマの大都市に旅して皇帝の手から再びそれを受け取りました。陸路をたどり、間もなく王になる妻(ベールの代わりに金色のヘルメットとフェイスマスクを身に着けている)、彼の子供、拡大家族、アルメニアからの3,000人の廷臣、貴族、司祭、ボディーガードを含む印象的な側近。パルティアとローマは西に向かって進んだ。ネロが旅費を賄うことを申し出たとき、彼はおそらくそのようなゲストリストを想像していなかったでしょう。軍隊全体が9か月の道のりを経てナポリに到着したとき、彼らが遅れたのも当然のことでした。フォロロマーノでの実際の戴冠式の前に、剣闘士と運動競技のラウンドが祝祭を開きました。そこで、皇帝の前にひざまずいて、ティリダテスは、おなじみの東部の服従の公式になるものを暗唱しなければなりませんでした:

マスター…私はミトラ教徒と同じようにあなたを崇拝するために私の神であるあなたのところに来ました。あなたが私の運命と運命であるため、あなたが私にとって最も重要な運命は私のものとなるでしょう。 (パヤスリアン、29歳)

ネロは答えた:

私の存在を直接楽しむためにここに来て、あなたはうまくやってくれました。あなたの父があなたに残さなかったものとあなたの兄弟があなたのために保存しなかったもの、私はあなたに一致します、そして私はあなたをアルメニアの王にします。離れて王国を与えるために。 (Kurkjian、78)

その後、王は戴冠し、ローマ皇帝よりわずかに低いものの、ネロの隣の王位に座ることができました。その後、ポンペオ劇場で祝賀会が続けられました。ネロは、華やかな帝国のボーナスとして、きらびやかな金色とティリアンパープルの天蓋で完全に飾られていました。ローマ人は光景を愛し、ティリダテスの戴冠式は確かに彼らに光景を与えました。確かに、その後、祝賀の日には「黄金」という形容詞が付けられました。パーティーが終わったとき、ネロはティリダテスに200万セステルティウスの別れの贈り物を与え、アルメニアを再建するために彼を送りました。

繁栄する統治

ティリダテスの戴冠式をめぐって噴出する古代の情報源のそのような突風で、私たちが彼の治世の残りの部分をほとんど知らないことはかなり残念です。ローマ人が次にランディア条約を確実に守るためにこの地域に少数の駐屯地を配置したことを私たちは知っていますが、一般的に、三者全員によって計画されたように、持続的な平和の期間がありました。

ガルニ神殿からの碑文は、ティリダテスが自分自身を「太陽」と「アルメニアの最高の支配者」と呼んでいたことを明らかにしています。

天然資源、農業、貿易に基づく王国の繁栄により、ティリダテスはガルニに新しい夏の離宮を建てることができました。白い石灰岩で作られた壮大な要塞化された複合施設は、古典世界のどこにでもある宮殿のすべての設備を誇っていました。ローマ時代の浴場、庭園、中庭、モザイクの床の部屋、そして住んでいたときの王のための本格的なローマの寺院さえありました(現在も残っています)。ガルニ神殿からの碑文は、ティリダテスが自分自身を「太陽」および「アルメニアの最高の支配者」と呼んでいたことを明らかにしています。この時期の他の注目すべきプロジェクトには、コルブロによる破壊後のアルタハタの再建が含まれ、ローマの作家の記録は、王の偉大な恩人に敬意を表してネロニアと改名されました。その都市の北にある寺院は、ティル神に捧げられました。最後に、巡礼者が彼の親戚の何人かに敬意を表するために、王によっていくつかの地所が確保されました。結局のところ、彼は現在、太陽神ヘリオスでした。これらの場所からの農業生産とその結果としての賛辞もまた、国庫に便利な後押しを与えました。

良い時期にもかかわらず、クライアント王国としてのアルメニアの地位をすぐに思い出させるでしょう。ローマ皇帝ウェスパシアヌス(r。69-79CE)は、西暦72年にコンマゲネ王国と小アルメニア王国を併合することにより、この地域の領土がパルティア王朝に陥ることがないことを絶対に確認しました。同じ年(またはおそらく次の年)に、遊牧民のアラニの人々は一時的にアルメニアに侵入しましたが、ティリダテスは無傷のままでした。おそらくアルメニアのイベリア(現代のジョージア)への侵略もあったかもしれませんが、今では沈黙している歴史的記録には詳細が欠けています。

後継者&アルサケス朝

ティリダテス1世は、西暦428年まで続く長い統治下のアルサケス朝アルサケス朝(アルシャクニ)の創設者と見なされています。王朝は実際には西暦12年にヴォノネス(ヴォノネス)の継承で最初の王を持っていましたが、ヴォノネス後のアルメニアの王位と多くの短命の君主の不安定さにより、一部の歴史家は彼のより安定した政権と王朝の真の創設者としての彼の後継者。ティリダテスが亡くなったとき、彼は(おそらく)西暦109年まで統治していた息子のシナトルケス2世に引き継がれました。

この記事は、全米アルメニア研究研究協会とアルメニア研究のためのバルタン騎士団基金からの寛大な支援によって可能になりました。


ティリダテス1世

各種参考資料

…私は彼の次男であるティリダテスをアルメニアの王にしたかったのです。彼を軍事的に反対したローマとの決別の立場に置いたのです。ネロからの命令により、ローマの将軍コルブロはアルメニアを確保したが、彼の作戦は大使の交換によって中断された。ついに合意に達した:66年に…

ティリダテス・オブ・アルメニアがローマ皇帝ネロを彼の最高の領主として認めたとき、彼はミトラ教の儀式を行い、契約と友情の神がアルメニア人と強力なローマ人との間に良好な関係を確立したことを示しました。コンマゲネ(トルコ南東部)の王たちはミスラを崇拝しました…

との関連付け

…当局は、兄弟のティリダテス1世が約248人のアルサケスを継承し、211人の他の当局がアルサケス1世とティリダテス1世を同じ人物と見なすまで統治したと信じています。)

…何年もの間、ティリダテスという名前のパルティアの王子は、その人々の支援を受けてアルメニアの王になりました。それに応えて、ネロの新政府は精力的な行動を取り、有能な将軍、グナエウス・ドミティウス・コルブロを指揮官に任命しました。コルブロによる長期にわたる軍事作戦は、66年に新しい入植地につながりました。ティリダテスは…


上昇

53年、ローマのカッパドキア総督、パエリグヌスがアルメニアに侵攻し、国を荒廃させました。その後、イベリアの皇位簒王ラダミストの下で。シリアの知事Quadratusはこれらの怒りを修復するために力を送りました、しかし彼はパルティアとの戦争を引き起こさないように呼び戻されました。パルティアのヴォロガセス1世はこの機会を利用してアルメニアに侵入し、アルタハタを征服し、弟のティリダテスを王として宣言しました。冬の大流行により、彼はアルメニアから軍隊を撤退させ、ラダミストが戻ってきて地元の人々を裏切り者として罰し、55年初頭に反乱を起こしてパルティアの王子ティリダテスと交代させました。ラダミストは妻のゼノビアと一緒に逃げました。ゼノビアは捕らえられましたが、ティリダテスは彼女を王室の女王のように扱いました。ラダミスト自身がイベリアに戻り、王権に反対したことでイベリアの父パラスマネス1世によってすぐに死刑にされました。


アルメニアのティリダテス1世に類似または類似の君主

紀元前321年から紀元428年まで存在した古代オリエントの君主制。その歴史は、オロンテス朝(紀元前321年〜紀元前200年)、アルタクシアス朝(紀元前189年〜西暦12年)、アルサケス朝(52〜428年)の3つの王朝によって次々と統治されています。紀元前590年にメディア王国に征服された後、アララト王国(紀元前860年〜紀元前590年)の領土から形成されました。サトラップは、アレクサンダー大王がペルシャを征服した後、オロンテス朝の治世中に紀元前321年に王国となり、その後、セレウコス朝のヘレニズム王国の1つとして組み込まれました。ウィキペディア

紀元前247年から紀元224年までの古代イランにおける主要なイランの政治的および文化的権力。後者の名前は、パルニ族を率いてイラン北東部のパルティア地方を征服し、その後アンドラゴラスの下でセレウコス朝に反抗したサトラップを率いた創設者アルサケス1世に由来しています。ミトラダテス1世(r。ウィキペディア

51から53および54から55までアルメニア王国を統治したイベリア王国のファルナヴァジッド王朝の王子。パルティア帝国に支持された反乱で倒された皇位簒と暴君と見なされた。ウィキペディア

ローマ帝国とパルティア帝国の間で、2つの領域間の重要な緩衝国であるアルメニアの支配をめぐって戦いました。アルメニアはアウグストゥス皇帝の時代からローマの従属国でしたが、52/53年、パルティア人はアルメニアの王位に自分たちの候補者であるティリダテスを設置することに成功しました。ウィキペディア

51から78までのパルティア帝国の王の王。ヴォノネス2世の息子と後継者(r。ウィキペディア

アルメニアの歴史は、アルメニア共和国の歴史に関連するトピックだけでなく、アルメニアの人々、アルメニア語、および歴史的および地理的にアルメニアと見なされている地域をカバーしています。アルメニアは、アララトの聖書の山々を囲む高地にあります。ウィキペディア

アルメニアの君主のリスト、古代アルメニアとアルメニア人の詳細については、アルメニアの歴史を参照してください。キリキアの中世アルメニア王国については、別のページのキリキアアルメニア王国をご覧ください。ウィキペディア

パルティア帝国の王の王として8から12まで統治し、その後アルメニアの王として12から18まで統治したアルサケス王子。フラーテス4世の長男((r。Wikipedia

40歳から51歳までのパルティア帝国の王。アルタバノス2世の養子。ウィキペディア

4世紀の後半、おそらく5世紀の前半に住んでいたアルメニアのアルサケス朝のアルメニア王子。息子はアルメニアの君主コスロヴ4世とズルアンドゥクトに生まれ、弟はティグラネスでした。ウィキペディア

アルサケスアルメニアのローマのクライアント王を務めた王子。ヴォロガセスは、378年から386年まで、弟のアルサケス3世との共同王としての役割を果たしました。ウィキペディア


コンテンツ

ティリダテス1世は、ギリシャの側室によって、メディアアトロパテネの王であり、後にパルティアの王であるヴォノネス2世に生まれた息子の1人でした。 [8]彼がメディアアトロパテネで過ごしたティリダテスの若者については事実上何も知られていない。 「ティリダテス」とは「ティリダテスによって与えられた」という意味です。ティルは、アヴェスターのティシュトリヤに基づいてギリシャのアポロと融合した、アルメノ-パルティアの文学、科学、芸術の神でした。 [9]

西暦51年、ローマのカッパドキアの検察官ジュリアスパエリグヌスがアルメニアに侵攻し、国を荒廃させました。その後、イベリアの皇位簒ラダミストゥスの下で行われました。ラダミストゥスは、ゴルネアの要塞の外で彼を守っていたローマの駐屯地を誘惑することによって、アルメニアの正当な王である叔父のミトリダテスを殺しました。 [10]指示なしに行動したペリグヌスは、ラダミストゥスをアルメニアの新しい王として認めた。シリアの知事UmmidiusQuadratusは、これらの怒りを修復するために軍団と共にHelvidius Priscusを送りましたが、彼はパルティアとの戦争を引き起こさないように呼び戻されました。 [10]

西暦52年、パルティアの王ヴォロガセス1世は、アルタハタを征服してアルメニアに侵入する機会を得ました。アルタシャト アルメニアで)そして彼の弟ティリダテス1世を王として宣言します。 [11]この行動は、ローマ皇帝アウグストゥスとパルティア王フラーテス4世によって署名された条約に違反し、ローマ人にアルメニアの王を任命して戴冠させる明示的な権利を与えた。 [12]ヴォロガセス私は、アルメニアの王位はかつては彼の先祖の所有物であり、現在は犯罪のために外国の君主に奪われていると考えていました。 [13]冬の大流行と息子のヴァルダネスによって引き起こされた暴動により、彼はアルメニアから軍隊を撤退させ、ラダミストゥスが戻ってきて地元の人々を裏切り者として罰することを余儀なくされた。 [14]ラダミストゥスは、妊娠していた妻のゼノビアと一緒に逃げ出した。逃げ続けることができず、彼女は夫に捕らえられるのではなく人生を終わらせるように頼んだ。ラダミストゥスは彼女を中央値の短剣で刺し、彼女の体をアラクス川に投げ込んだ。ゼノビアは致命傷を負わず、ティリダテスに送った羊飼いによって回復されました。ティリダテス私は彼女を親切に受け取り、君主制のメンバーとして扱いました。 [15]ラダミストゥス自身がイベリアに戻り、王権に反対したことでイベリアの父パラスマネス1世によってすぐに死刑にされた。 [10]


アルメニアのティリダテス1世

ティリダテス1世(アルメニア語:&#x054f&#x0580&#x0564&#x0561&#x057f&#x0531、Trdat Aパルティア語:、T&#x012brid&#x0101tギリシャ語:&#x03a4&#x03b9&#x03c1&#x03b9&#x03 x03c2、Tirid&#x00e1tes)は、西暦53年に始まったアルメニアの王であり、アルメニアのアルサケス朝の創設者でした。彼の生年月日と死亡日は不明です。彼の初期の治世は、54年の終わりに向けての短い中断と、西暦58年から63年までのはるかに長い中断によって特徴づけられました。アルメニア内外のローマとパルティアの紛争を解決するための合意で、ティリダテス1世(パルティアのヴォロガセス1世の兄弟の1人)は、将来、西暦66年にローマ皇帝ネロによってアルメニアの王に戴冠しました。パルティアの王子になるために、しかし彼の任命はローマ人からの承認を必要としました。これによりアルメニアは従属国になりましたが、現代のさまざまなローマの情報筋は、ネロが事実上アルメニアをパルティア帝国に譲渡したと考えていました。

王であることに加えて、ティリダテス1世はゾロアスター教の司祭でもあり、西暦66年にローマへの旅で他の魔術師を伴っていました。 20世紀初頭、フランツキュモンは、ティリダテスがローマ軍の主要な宗教となり、帝国全体に広がったミトラ教の発展に貢献したと推測しました。さらに、彼の治世中に、彼はアルメニアの行政構造の改革を開始しました。この改革は後継者によって継続され、多くのイランの慣習や事務所をそこにもたらしました。

ティリダテス1世は、ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデルのオペラ「ラダミスト」とラインハルト・カイザーのオペラ「オクタビア」の主人公の一人です。

ティリダテス1世は、ギリシャの側室によって、メディアアトロパテネの王であり、後にパルティアの王であるヴォノネス2世に生まれた息子の1人でした。彼がメディアアトロパテネで過ごしたティリダテスの若者については、事実上何も知られていません。 「Tiridates」は「Tirによって与えられた」という意味です。ティルは、アヴェスターのティシュトリヤに基づいてギリシャのアポロと融合した、アルメノ-パルティアの文学、科学、芸術の神でした。

西暦51年、ローマのカッパドキアの検察官ジュリアスパエリグヌスがアルメニアに侵攻し、国を荒廃させました。その後、イベリアの皇位簒ラダミストゥスの下で行われました。ラダミストゥスは、ゴルネアの要塞の外で彼を守っていたローマの駐屯地を誘惑することによって、アルメニアの正当な王である叔父のミトリダテスを殺しました。 Paelignusは指示なしに行動し、Rhadamistusをアルメニアの新しい王として認めました。シリアの知事UmmidiusQuadratusは、これらの怒りを修復するために軍団と共にHelvidius Priscusを送りましたが、彼はパルティアとの戦争を引き起こさないように呼び戻されました。

西暦52年、パルティアの王ヴォロガセス1世はアルメニアに侵入し、アルタハタ(アルメニアのアルタシャト)を征服し、弟のティリダテス1世を王として宣言しました。この行動は、ローマ皇帝アウグストゥスとパルティア王フラーテス4世によって署名された条約に違反し、ローマ人にアルメニアの王を任命して戴冠させる明示的な権利を与えました。ヴォロガセス私は、アルメニアの王位はかつては彼の先祖の所有物であり、現在は犯罪のために外国の君主に奪われていると考えていました。冬の大流行と息子のヴァルダネスによって引き起こされた暴動により、彼はアルメニアから軍隊を撤退させ、ラダミストゥスが戻ってきて地元の人々を裏切り者として罰することを余儀なくされました。妊娠していた妻ゼノビアと。逃げ続けることができず、彼女は夫に捕らえられるのではなく人生を終わらせるように頼んだ。ラダミストゥスは彼女を中央値の短剣で刺し、彼女の体をアラクス川に投げ込んだ。ゼノビアは致命傷を負わず、ティリダテスに送った羊飼いによって回復されました。ティリダテス私は彼女を親切に受け取り、君主制のメンバーとして扱いました。ラダミストゥス自身がイベリアに戻り、王権に反対したことでイベリアの父パラスマネス1世によってすぐに死刑にされました。

ローマとの戦争

玄関先でパルティアの影響力が高まっていることに不満を持っていたローマ皇帝ネロは、ローマのクライアントの王を復活させるために、大軍を率いるコルブロ将軍を東に派遣しました。アリストブロスという名前のハスモン朝は小アルメニア(ニコポリスとサタラ)を与えられ、エメサのソヘムスはアルメニアソフェーネを受け取りました。 58年の春、コルブロはカッパドキアから大アルメニアに入り、アルタハタに向かって前進し、イベリアのパラスマネス1世は北から攻撃し、コンマジーンのアンティオコス4世は南西から攻撃しました。彼の兄弟であるティリダテスに支えられて、私はローマ人を広範囲に襲撃するために空飛ぶ柱を送りました。コルブロは、同じ戦術とアルメニアの郊外を襲撃したモショイ族の使用を使用して報復した。ティリダテス私は首都から逃げ出し、コルブロはアルタハタを焼き払った。夏に、コルブロは起伏の多い地形を通ってティグラノセルタに向かって移動し始め、タロニティダ(タロン)を通過しました。そこで彼の指揮官の何人かはアルメニアの抵抗によって待ち伏せで死にました、しかし都市は城塞の1つを除いてその扉を開きました、その後の暴行で破壊されました。この時までに、アルメニア人の大多数は抵抗を放棄し、ローマに支持された王子を受け入れました。

ネロは、カッパドキア王の最後の王族の子孫、グラフィラの孫(カッパドキアのアルケラオスの娘)、ユダヤのアレクサンダー(ヘロデアルケラオスの兄弟、ヘロデ大王の息子)に王冠を授けました。ティグラネス(彼の叔父はティグラネスVでした)。ガイウス・ジュリアス・アレクサンダーという名前の彼の息子は、コンマジーンのアンティオコス4世の娘であるアイオータパと結婚し、キリキアの王になりました。ネロはこの最初の勝利のために公の場で活発に歓迎され、コルブロは報酬としてシリアの知事に任命されました。国を守るために、1000人の軍団兵の警備員、3つの補助コホート、2つの馬の翼がティグラネスに割り当てられました。国境地帯は、ポレモン、パラスマネス、アリストボルス、アンティオコスなど、コルブロを支援したローマの同盟国に授けられました。

ヴォロガセス私は、エイリアンが現在アルメニアの王位に座っていたという事実に腹を立てましたが、彼が反乱を起こしたヒュルカニア人との紛争に従事していたため、彼の兄弟を復活させることを躊躇しました。ティグラネスはアディアバネ王国に侵入し、パルティアの家臣であった61年にその王モノベイズを証言しました。

ヴォロガセス私はこれをローマからの侵略行為と見なし、ティリダテス1世をアルメニアの王位に戻すキャンペーンを開始しました。彼はスパーフベド・モネセスの指揮下に、アディアベニアの助動詞とともにカタフラクトのよく訓練された力を置き、アルメニアからティグラネスを追放するように命じました。ヒルカニアの反乱を鎮圧した後、ヴォロガセス1世は彼の領土の力を集め、アルメニアに向けて出発しました。差し迫った攻撃について知らされたコルブロは、ヴェルラヌスセブルスとヴェティウスボラヌスの指揮下にある2つの軍団を、活力ではなく注意して行動するように秘密の指示でティグラネスの支援に送りました。彼はまた、シリアも危機に瀕しているため、アルメニアを守るという明確な目的を持った2番目の司令官を送るようにネロにメッセージを送りました。コルブロは残りの軍団をユーフラテス川のほとりに配置し、近くの州の非正規軍を武装させた。この地域は水が不足していたので、彼は噴水の上に砦を建て、砂を積み上げて小川を隠しました。

モネセはティグラノセルタに向かって行進したが、彼の軍隊は長い包囲に適さなかったため、城壁の防御を破ることができなかった。コルブロは、大成功を収めましたが、彼の幸運を適度に使うのが賢明だと考えました。彼は、包囲を強化するよう要求して、ティグラノセルタから37マイル(60 km)にあるニシビスのヴォロガセス1世の野営地にカスペリウスという名前のローマの百人隊長を送りました。最近のイナゴの嵐と彼の馬の飼料の不足のために、私はティグラノセルタの包囲を強化することに同意し、確固たる平和を達成するためにアルメニアを許可するように請願しました。ヴォロガセス私は、ローマ軍とパルティア軍の両方がアルメニアを避難させ、ティグラネスを退位させ、ティリダテスの地位を認めることを要求しました。ローマ政府はこれらの取り決めに同意することを拒否し、カッパドキアの知事であるルキウス・カセネニウス・パエトゥスを派遣して、アルメニアを直接ローマの管理下に置くことで問題を解決しました。

パエトゥスは無能な指揮官であり、62年のランデイア条約で屈辱的な敗北を喫し、カルウィシウスサ​​ビヌスが指揮する第12雷電軍団と、フニスラヌスヴェットニアヌスが指揮する第3軍団スキュミカを失った。軍隊の指揮はコルブロに戻され、コルブロは翌年、強力な軍隊をメリテンに、さらにはアルメニアに導き、彼が親パルティア人であると疑ったすべての地域知事を排除した。ついにランデイア、コルブロ、ティリダテスで和平協定を結ぶために会いました。ランデイアの場所は、ティリダテス1世とコルブロの両方に適していました。ティリダテス1世に訴えたのは、彼の軍隊がローマ人を殴打し、降伏させたためです。一方、コルブロは、同じ場所で以前に得た悪評を一掃しようとしていたため、訴えました。ティリダテス1世がローマの野営地に到着したとき、彼は王室の王冠を脱いでネロの像の近くの地面に置き、ローマのネロからのみ受け取ることに同意しました。ティリダテス1世は、アルタハタが再建される間、ローマの駐屯軍がソフェーネに永久に留まるアルメニアの家臣の王として認められました。コルブロは、ネロへの忠実さを証明するために、義理の息子であるアニウスビニシアヌスを残してティリダテス1世をローマに連れて行きました。

ローマを訪問

ローマに着手する前に、ティリダテスは彼の母親とメディアアトロパテネとパルティアの2人の兄弟を訪ねました。彼の長いトレッキングでは、彼は彼の妻と子供たちと彼の兄弟の2人を伴っていました。彼の護衛には、多くの封建領主、数人の賢人、3,000人のパルティアの騎手、そして多数のローマ人からなる堂々とした従者が含まれていました。彼のルートは、イタリア北東部のアドリア海とピケヌムの東岸にあるイリュリアを通り、トラキアを横切っていました。旅は9か月かかり、ティリダテス1世は子供と女王を脇に置いて馬に乗った。ヴォロガセス、モノベイズ、パコルスの子供たちもティリダテス1世に同行しました。

2世紀のローマの歴史家、カッシウスディオは、ティリダテス1世が到着したとき、好意的に次のように述べています。 10月にネアポリス(ナポリ)でティリダテス1世を送り、最後の数マイルにわたって訪問者を運ぶために州の戦車を送ります。武装した皇帝に近づくことは誰にも許されませんでしたが、ティリダテス1世はローマ帝国の支配者に近づくときに剣を抜くことを拒否することで彼の尊厳を維持しました(妥協案として、彼は剣を鞘にしっかりと固定することに同意しました。描くことができなかった)。プテオリス(ナポリ近郊の現代のポッツオーリ)で、ネロは彼のゲストに敬意を表して運動競技を上演するように命じました。アルメニアの王自身は、2頭の水牛の体に矢を放ち、射手としての能力を発揮する機会がありました。プテオリスでのイベントはまた、女性の剣闘士の最初の証明された出現をマークしました:

ネロはこの行動[(ティリダテスが剣を抜くことを拒否した)]を賞賛し、特にプテオリで剣闘士の展示を行うことで、彼をさまざまな方法で楽しませました。それは彼の解放奴隷の一人であるパトロビウスの指揮下にあり、彼はそれを最も華麗で費用のかかる事件にすることができました。ある日、人ではなくエチオピア人の男性、女性、子供たちが#x2014が劇場に登場しました。

式典のクライマックスは首都のために予約されていました。ローマは旗、松明、花輪、旗布で飾られ、夜は華やかに照らされ、至る所に大勢の人が見られました。

ティリダテス1世が到着した翌日、ネロは凱旋門の服を着て、高官や兵士に囲まれ、高価な服装ときらびやかな鎧を身にまとい、フォーラムにやって来ました。ネロが帝国の王位に座る間、ティリダテス1世と彼の網膜は2列の兵士の間を進んだ。デイズの前に到着したティリダテス1世は、胸に手を握りしめてひざまずきました。この光景に興奮した雷鳴と叫び声がおさまった後、ティリダテス1世は皇帝に話しかけました。

私の主よ、私はアルサケスの子孫であり、キングスヴォロガセスとパコルスの兄弟です。私はあなたを[太陽]として崇拝した私の神であるあなたのところに来ました。あなたは私の運命であり幸運であるため、私はあなたが私に命じるであろうものになります。

私の存在を直接楽しむためにここに来て、あなたはうまくやってくれました。あなたの父があなたに残さなかったものとあなたの兄弟があなたのために保存しなかったもの、私はあなたに一致します、そして私はあなたをアルメニアの王にします。離れて王国を与えるために。

ティリダテス私はそれからプラットホームの階段を取り付けてひざまずき、ネロは王室の王冠を彼の頭に置いた。若い王様がもう一度ひざまずくところだったので、ネロは右手で彼を持ち上げ、キスした後、自分より少し低い椅子に横に座らせました。その間、大衆は両方の支配者に激動の拍手喝采を与えました。聴衆に話しかけるプラエトルは、ギリシャ語で話したティリダテスの言葉を解釈し、説明しました。プリニウス長老によれば、ティリダテス1世はネロを魔術師の饗宴(magicis cenis)に紹介しました。タキトゥスは、ティリダテス1世もローマのすべてのものに興味を持っていたと主張しました。

戴冠式の後、しばらくの間、公の祝祭が続きました。ポンペオ劇場の内部とその家具のすべてがこの理由で完全に金メッキされていたため、ローマはそれ以降、その日付を「黄金の日」として思い出しました。昼間の祝祭は夜の祝祭と同じくらい豪華でした:ロイヤル太陽の熱から身を守るために、紫色の日よけが張られています。緑に身を包み、戦車の運転手の頭飾りをかぶったネロは、戦車レースに参加しました。夜の宴会では、ネロは金の刺繡を着て、ツィターの伴奏でリラを歌い、演奏しました。ティリダテス私はネロの贅沢さに驚き、うんざりしていましたが、彼はコルブロを称賛するだけで、そのようなマスターに仕えたことに驚きを表明しました。[38]彼はネロの顔に彼の見解を隠さず、皮肉を込めて彼に言った:「父よ、あなたはコルブロの人に素晴らしい僕がいます。」

これらの出来事を記念して、上院は月桂樹の花輪と皇帝、または軍の最高司令官の称号でネロを称えました。ローマの歴史には、これに匹敵する規模と素晴らしさの受容は記録されていません。祝祭に費やされた莫大な金額に加えて、ローマ政府は、ティリダテス1世とその祖国への旅の全費用を負担しました。ネロはまた、5000万セステルティウスのティリダテス1世に贈り物をしました。

アルメニアに戻る彼の旅で、ティリダテス私はパンクラチオンの展示を見ました。出場者の一人が仰向けになって対戦相手に殴られているのを見たとき、私が見たティリダテスは次のように叫んだ。「それは不公平なコンテストです。倒れた男を殴るのは公平ではない」と語った。

Later, Nero summoned the Parthian King Vologases I to Rome several times, but when the invitations became burdensome to Vologases I, he sent back a dispatch to this effect: "It is far easier for you than for me to traverse so great a body of water. Therefore, if you will come to Asia, we can then arrange to meet each other."

It has been suggested that the visit of Tiridates I, an event that greatly impressed contemporaries, was adapted by Christians to become the story of the adoration of the Christ Child by the Three Magi. The Christian legend changed Rome into Bethlehem, the birthplace of the Ruler of the coming Kingdom of God, and replaced Tiridates I with that contemporary king who was already connected with Christianity through the Acts of St. Thomas: Gondophares, otherwise known as Kaspar.

Fragile Peace

Peace prevailed at this time throughout the Roman Empire. Nero therefore closed the gates of the Temple of Janus, which were never shut save in times of universal peace. When Tiridates I returned to Armenia, he took with him a great number of skilled artisans for the reconstruction of Artaxata. He renamed the capital Neronia in honor of the emperor he embellished the royal residence at Garni, nearby, with colonnades and monuments of dazzling richness and also the addition of a new temple. Trade between the two continents also grew, allowing Armenia to secure its independence from Rome. Rome now counted upon Armenia as a loyal ally, even after Nero's death and through the entire duration of Vespasian's rule in the East. Peace was a considerable victory for Nero politically.

The immediate dividend of the peace was Rome's ability to turn its full attention to the mounting problems at Judea, which broke into open warfare culminating in the First Jewish-Roman War just one year after Tiridates' coronation. Large numbers of legions were diverted to Judea from Syria, which would otherwise have been impossible. Nero became very popular in the eastern provinces of Rome and with the Armenians and Parthians. The name of Legio XII Fulminata discovered carved on a mountain in Gobustan (in modern Azerbaijan), attests to the presence of Roman soldiers by the shores of the Caspian Sea in 89 AD, farther east than any previously known Roman inscription. The peace between Parthia and Rome lasted 50 years, until emperor Trajan invaded Armenia in 114.

War with Alans and Aftermath

In 72 the Alans, a warlike nomadic Sarmatian tribe, made an incursion into Media Atropatene as well as various districts of northern Armenia. Tiridates I and his brother Pacorus, King of Media Atropatene, faced them at a number of battles, during one of which Tiridates I was briefly captured, narrowly escaping being taken alive. He was lassoed from a distance and caught, but he quickly managed to whip out his sword and slash the rope in time. The Alans withdrew with a lot of booty after plundering Armenia and Media Atropatene. The King of Iberia asked for protection against the Alans from Vespasian, who helped reconstruct the fortress of Harmozica around the Iberian capital Mtskheta, near modern Tbilisi. An Aramaic inscription found near Tbilisi indicates that Tiridates I also warred with Iberia during his final years. The exact date of the end of Tiridates I's reign is unknown various sources name Sanatruces as his successor. It is known that Tiridates' nephew, Axidares, the son of Pacorus II of Parthia, was King of Armenia by 110.

Franz Cumont in Les Réligions Orientales dans le Paganisme Romain ("The Oriental Religions in Roman Paganism") pointed out that Tiridates I was instrumental in the development of Mithraism in Rome, which ultimately became the most dominant Roman religion throughout the empire.

Tiridates I is one of the principal characters in George Frideric Handel's opera Radamisto and Reinhard Keiser's opera Octavia.


Tiridates II of Armenia

Tiridates II (Armenian: Տրդատ Բ , flourished second half of the 2nd century - died ca. 256), known in Armenian sources as Khosrov, [1] was an Armenian Parthian Prince who served as a Roman Client King of Armenia.

Tiridates II was the son and heir of the Armenian King Khosrov I, [2] by an unnamed mother. Tiridates II was the namesake of his ancestor, Tiridates I of Armenia and of his Parthian ancestors who ruled with this name as King. As a part of the Armenian Arsacid period, [3] he was also known as Khosrov. [4]

During the last years of his father's reign in 214-216, Tiridates II with his family where under Roman detention for unknown reasons which provoked a major uprising in Armenia against Rome. [5] In 215, the Roman emperor Caracalla with the Roman army had invaded Armenia [6] to end the uprising.

In 217 Khosrov I had died and Tiridates II succeeded his father as King of Armenia. [7] Tiridates II was granted the Armenian Crown [8] by Caracalla. [9] He was declared King of Armenia upon Caracalla's assassination [10] which was on April 8, 217.

Tiridates II ruled as King of Armenia from 217 until his death in 252. [11] After the death of Caracalla, Macrinus became the new Roman emperor and not so long after Tiridates II received his Armenian Kingship, Macrinus agreed to release Tiridates II's mother from Roman captivity. [12] After the Battle of Nisibis in 217 and the treaty that occurred after between Rome and Parthia, Tiridates II was officially restored to his Armenian throne [13] and his rule over Armenia was officially recognised.

At an unknown date during his reign, there's the possibility that the Mamikonian family immigrated from Bactria to Armenia. [14] Tiridates II was first the King in Armenia to persecute Christians in the country which continued with his predecessors. [15]

Partly due to his long reign, Tiridates II became one of the most powerful and most influential monarchs from the Arsacid dynasty. [16] In 224, the Parthian Empire was destroyed the last King who was Tiridates II's paternal uncle, Artabanus V of Parthia was killed by Ardashir I, the first king of the Sassanid Empire. [17]

In 226-228, Ardashir I after annexing Parthia wanted to expand his Empire which including conquering Armenia. Into two years of the conflict, the armies of the Romans, Scythians and the Kushans withdrew. [18] Tiridates II with his army was left in the end alone to continue fighting against Ardashir I. [19]

Tiridates II put up a stubborn resistance against Ardashir I [20] and wasn't defeated after no less than ten years of fighting. [21] After twelve years of fighting with Tiridates II, Ardashir I withdrew his army and left Armenia. [22] Tiridates II's military conflict with Ardashir I highlights the strength of Armenia in the time of Tiridates II. [23] Tiridates II died in 256 and was succeeded by his son, Khosrov II of Armenia. [24]


A Brief History Of Armenia

There are several theories about the history of Armenia. Legends opine that the descendants of bisbisnipote (great great grandson) of Noah, Hayk are known as the Armenians. It is said that after the floods, Noah’s Ark ran aground on Mount Ararat. Since then to mark this tradition, the Armenians call it their country and the place came to be known as Hayastan.

However, historians have spoken differently about the history of Armenia. Historians have linked the origin of Armenians to the birth of a tribal group in Hayasa-Azzi between 1500 BC-1200 BC. The tribals lived to the west of the Armenian plateau.

As the Hayasa-Azzi lived close to the Hittite empire, violent confrontations often broke out between the two. The clashes continued till the end of the Bronze age when the Hayasa-Azzi was finally defeated by the Hittites.

The rise of Urartu Kingdom

According to the history of Armenia, the Armenian empire fell under a group of kingdoms, referred to as Nairi (land of rivers) by the Assyrians between 1200 and 800 BC. These kingdoms finally assimilated with the kingdom of Urartu.

The kingdom of Urartu is a civilization that developed in between 800 and 600 BC is the East Asia minor and the Caucasus. The kingdom was known as the first Armenian empire.

King Aramu was the first to unite the empire as per the history of Armenia. The empire stretched from the Black Sea to the Caspian Sea and also spread across the majority of Eastern Turkey.

The Urartu kingdom enjoyed its maximum prosperity under King Sardui II. He extended the borders of the kingdom beyond River Tigris and river Euphrates, much similar to Lake Aleppo and Urmia.

Urartu was also known as the ‘kingdom of Ararat.’ Through the various manuscripts about the history of Armenia, it is learned that Urartu and Armenia were often referred to as the same country.

The Behistun’s inscription, carved in three languages in 520 BC is a prime example. Built under the orders of Persia’s Darius the great, the inscription refers to the kingdom as Harminuia in Elamite, Armenia in Old Persian, and Urartu in Babylon.

Between the end of the seventh century and early sixth century, the Urartu kingdom was substituted by the Armenian kingdom. Orontid, the Armenian dynasty ruled over this empire.

The Rule of the Orontid dynasty, the Birth of Armenian Kingdom

The dynasty of Orontid established their rule over the empire of Armenia after the fall of the Urartu kingdom in 600 BC. The Orontids had captured the Armenian empire during the invasion of the Medes and the Scythians. Around this period, the Armenians took to Iranians traditions and names.

The Orontids acted as provincial governors or satraps to the Persian kings. However, after the death of Persia’s Cambyses II, the Armenians led a revolution that was disrupted by Persia’s Darius the I.

Soon after the changes in the Persian Empire, the Armenian empire too was divided into many satrapies. In 480 BC, the satrapies had assigned troops for the Xerxes invasion. The proximity of the Persians and the Armenians were broken by the Macedonian conquest.

After the invasion of Alexander the Great, the Persian empire crumbled, and just like other regions, the Armenian empire was soon divided into two parts.

One region, Sophene or great Armenia was located between the Tigris headwaters Euphrates’s middle course. Later it was bifurcated into Sophene and Armenia.

The other region, Armenia Pontica or little Armenia was located between the headwaters of Ali and Lico and the Euphrates.

According to the history of Armenia, the different regions were subjected to different fates. Little Armenia came under the rule of the very powerful king Pontus in the second century BC.

Meanwhile, Sophene lost its independence and survived under the rule of king Cappadocia for a brief period.

A different Armenian history says that Great Armenia established itself as a state by escaping the rule of the Seleucids. The Seleucids could not capture the region because of its mountainous region which acted as a barrier against Greek invasions. The other reason was the Persian characteristics ingrained in the Armenians that involuntarily opposed Greek influence.

Armenia’s Second Kingdom

As per Strabo, during this time the Armenians started speaking one language, the Armenian language. Soon the Armenians announced their independence with the defeat of the Seleucides by the Roman empire.

Between 95 to 66 BC, under the leadership of Tigranes II the Great, the empire spread from the Caucasus to the present eastern region of Turkey, from Syria to Lebanon and across the ‘kingdom of three seas’- the Caspian Sea, the Black Sea, and the Mediterranean sea.

The capital of the second Armenian empire which was born cannot be located to date. However, Tigranes II succumbed in the hands of the Roman troops, and the Armenian major was ruled by the Romans.

The Advent of Rome

In 37 AD the Armenians were forced to surrender under the Parthians soon to be taken over by the Roman after 10 years. The Romans lost the empire shortly after.

Under Nero’s rule between 55-63 AD, the Romans again fought against the Parthians ruling over Armenia. Capturing the Armenian empire in 60 AD and losing it in 62 AD, the Romans finally captured the region in 63 AD. However, In the battle of Rhandeia, the Parthians lost. The Parthian king forcibly signed a treaty assigning his brother Tiridates the throne of Armenia. The crowning of the king took place under Nero’s rule. Thus rose Armenia’s Arcadis dynasty.

Armenia Christianized

The Armenian history records the Armenians as the first to officially be termed as Christians after its conversion in 301 AD, long before the Romans adapted to it.

According to the King Tiridates’ historic Agatangelo, the Christianization took place due to a clash between king Tiridates III and Son of Anak, Gregory.

The Armenian history says that Gregory was instructed to make sacrifices to goddess Anahit which he refused in the name of his faith for Christianity. Upon his refusal, he was subjected to severe torture which didn’t deter him from his opinion. Finally, he was ordered to be thrown into a deep well filled with snakes, a place where none had been before. But Gregory survived his time in the well with the blessings of a widow.

Meanwhile, several attempts were made by Diocletian, a Roman emperor, to seduce Hripsime. Smelling the danger, Hripsime had escaped to Armenia to seek protection.

Amidst this, Tiridates fell in love with Hripsime and wanted to be with her. After several rejections from Hripsime, Tiridates tortured and killed her.

As a traditional punishment marked in the history of Armenia, the king was transformed into a wild boar. He came back to his human form after rescuing Gregory from the pit after thirteen years.

Witnessing the miracle of being transformed into the human form, Tiridates decided to take to Christianity. He also baptized the Armenians and the official religion of the Armenians came into being.

Soon Gregory and Tiridates started destroying the Pegan’s worship places and started building churches.

The Armenian history also speaks about a vision of Jesus Christ that Gregory saw. Following the vision, Gregory built a church in Vagarshapat. The place came to be known as the Etchmiadzin meaning a place where the only-begotten descended.

Soon the Pegan priests were taught about Christianity. They became ministers of the new religion. Pegan children went on to priests in churches. Thereafter, Gregory left the kingdom and settled as a hermit. His son became a bishop and head of the church.

Despite several historical theories about Armenians, the period of 301 AD- the Christianization of Armenians and 404 AD- the initiation of the Armenian alphabets by Mesrop Mashtots will remain evidence of the Armenian history.

The clash of the Three-Byzantine, Arab, and Seljuk

In 591, the Persians were crushed by the Emperor Maurice of Byzantine. The emperor captured a vast part of Armenian territory. In 629 AD, Emperor Heraclius completed the capture only to lose it to Muslim Arabs in 645 AD. Following this, the Armenians came under the Caliph rule.

Being ruled by a prince, the region soon came under the pressure of being converted to Islam. However, a treaty was signed which allowed the Armenians to practice Christianity.

The Armenians went through an economic, political, and cultural renaissance between 884-1045 AD until captured by Byzantium.

Ani, a new capital was founded which had a population of 200,000 people and 1001 churches. Armenian history says that at this time the population of European capitals had not reached 20,000.

Armenia gained prosperity after Ani came into the picture. It is said that Armenia was said to have a political impact on neighboring countries after Ani was built. However, the country’s loyalty faded as the feudal system became powerful in the region,

The greater Armenia was finally conquered by the Seljuk Turks In 1071 AD. Fearing slavery and death, several families fled from Armenia to settled places like Poland, Cilicia, etc.

It is mention-worthy that among the escapists was Ani’s last king, Rupen, Gagik II’s relative who settled in Cilicia.

The Death of the Armenian Independence

In 1080, Rupen founded the Cilician kingdom also known as Little Armenia or Armenia Minor after arriving on the Mediterranean Sea’s Gulf of Alexandretta.

Thus the Rupenid dynasty was found which was a part of the Bagratid dynasty. Sis Sis became the capital of the kingdom. Although being squeezed between several Muslim states, the Christian kingdom was able to establish a powerful relationship with important Italian maritime cities that have been prospering for three hundred years. Colonies were built by Genoa, Venice, and Pisa on the kingdom’s coast.

The Mamelukes invaded Cilicia in the latter part of the fourteenth century. In 1375 the capital of Sis was captured by them which brought an end to the ongoing reign.

The last independent king of the Armenian kingdom, Leo VI escaped for exile in Paris where he breathed his last is 1393.

In the Armenian history, Armenia lost its sovereignty during this period for atleast the next six centuries and was ruled by several foreign kings.

The Dominating Rule of the Ottoman and Persian

The Armenian culture lost itself in the period between the fall of the Cilician empire and the end of the seventeenth century.

Tamerlane forced his rule in Eastern Europe and Central Anatolia at the end of the fourteenth century but soon his kingdom was crushed.

The Ottoman Empire and the Safavids dynasty in Central Iran rose during the middle of the fifteenth century. The two dynasties battled against each other for about a hundred years for capturing Caucasus areas and Eastern Anatolia.

The fight came to an end with the victory of the Ottomans. In 1585, the Ottomans successfully conquered Armenia’s eastern part.

At the onset of the seventeenth century, the Ottomans were forced to leave the Armenian territory by Shah Abbas I who failed in his repeated attempts.

While he was withdrawing from the kingdom, he demanded the Armenians migrate from Julfa city.

Following the incident, the city of New Julfa was founded by the migrants in Esfahan where they had settled. The region prospered commercially and culturally throughout the 17th century and early 18th century. The economic activities took place from India to Britain and Italy.

In 1736, the enmity between Persians and Ottomans settled with the defeat of the Ottomans by the Persians. The Persians established rule over the southern part of Transcaucasia which included Armenia.

As portrayed in the history of Armenia, the Persian Armenia soon feel into the hands of Russia and became a part of the USSR due to the Treaties of Gulistan and Turkmanchay,1813 and 1828, respectively.

The Armenian region which was still under the Ottomans aimed at getting independence. Revolution started in the latter part of the 19th century with the formation of revolutionary committees based on a model by the nihilists of Russia.

Sultan Abdul-Hamid struck back fiercely and the first mass killing of the Armenians took place in 1894, August-September.

The second Armenian massacre happened in 1895-1896 during which thousands of Armenians were slaughtered by Hamidiés.

Thus started the Armenian massacre which was to continue for the next thirty years under the regime of various Turks.

大虐殺

As the ‘Union and Progress’ party rose, the Armenians living in Turkey continued to suffer. The ‘young Turks’ tried to establish the supremacy of the Turks in the Ottoman region.

As the Turks had lost the Ottoman region in Europe, hey decided that the only way to expand was to reunite the Turks of Central Asia namely Tatars, Uzbeks, Kazakhs etc.

The idea of Pan-Turkism in the history of Armenia originated from two main cultures. The first ideology was that of Marxism which taught the Young Turks about equality which said that all Ottomans must be equal, if so then all Ottomans must be Turks and in turn Muslims.

The second ideology focused on the Turks of the steppes of Central Asia and their reunion as the expansion of the European region was getting out of hand.

The idea of Pan Turkism was opposed by Christians, Armenians, Indo-Europeans, and Kurdish minorities. The Kurds being Muslims had no problem in getting along with the Turks. But the Christians and Armenians being of completely different origins posed a problem in accepting the Turks. Thus, they had to be removed.

In a view to eliminating the Armenians, in 1909 the massacre of Adana was led by the Turks who grabbed the opportunity at the eruption of the first world war.

During this period, the young Turks started eliminating the Armenians referred to as “Metz Yeghèrn,’ the Great Crime, the Armenian Genocide.

The initial genocide of the 20th century took place between 1915 to 1923. The history of Armenia recorded the massacre of nearly 1.5 people. The Armenian genocide let to the deportation and death of people in the Syrian desert.

The survivors of the Armenian Genocide sought refuge in the Republic of Armenia.

The Republic of Armenia was born after the battle of Sardaraparat in which the Armenians defeated the Turks. Many people also took refuge in Syria, Israel, Europe, the United States, Egypt, and Lebanon.

In 1920, after the war, the Treaty of Sèvres forced the Turks to free the Armenians and hand over Armenia’s Ottoman territories.

The Turkish national movement rejected the treaty. The leader of the movement, Mustafa Kemal toppled the Ottoman sultanate and announced a national secular republic.

On 24th September, the Turks with the help of the Russians waged the Armenian-Turkish war. The war ended with the Treaty of Alexandropol signed on 2nd December 1920. The treaty marked the victory of the Turks.

However, on December 4th, Yerevan of Armenia was occupied by the Soviet Eleventh Army. This marked the end of the independent Democratic Republic.

Armenia became a part of the Soviet Union on 4th March 4th, 1922.

On 11 September 1922 the Treaty of Kars was signed which made Turkey give up the Batumi port in exchange for cities like Iğdır, Kars, and Ardahan.

The communist economic system-aided Soviet Armenia. It became an industrial economy from an agricultural one. Several villages transformed into cities. The Transcaucasian Soviet Federated Socialist Republic broke down in 1936.

Thereafter, Armenia, Georgia, and Azerbaijan gained the title of independent republics of the USSR.

During the fifteenth anniversary of the Armenian genocide, the Armenians protested on the streets for the incident to be recognized by the Russian government. However, the order was restored by the Soviet troops.

To steer clear of further protests, a monument was built honoring the ones who died in the Armenian genocide.

In Yerevan, a memorial was constructed in 1967 which consisted of a 44-meter stele. This symbolized the rebirth of the Armenians. The monument also had twelve monoliths in a circle which signified the twelve provinces which now belonged to the Turkish territories.

A flame burning in the center of the circle represents the memory of the deceased in the Armenian genocide. A 100-meters long memorial hall leading to the monument displays the names of the villages where the Armenian genocide took place.

Nagorno-Karabakh War

Armenia announced its independence on 23 August 1990 which was a year prior to the downfall of the Soviet Union. But Armenia’s independence wasn’t acknowledged officially until 21 September 1991. On this day the new Republic of Armenia was declared.

The history of Armenia mentions that the rivalry between Armenia and Azerbaijan regarding the Nagorno-Karabakh territory kept growing and resulted in war. The war continued even after a cease-fire notice in 1994 and is still unresolved.

Present Armenia

Since Armenia’s independence, it has gone through several developments even after blocked borders with Azerbaijan and Turkey. It has been referred to as “the Tiger of the Caucasus” since then and is appreciated for its high growth rate.

The region receives funds worth $1.5 billion every year which accounts for about 20% of the GDP. Although poverty exists, the government involves the export of powerful technology and human capital for development.

However, after the violent history of Armenia, it has been able to establish itself as a country that promises growth and has successfully maintained friendly relations with neighboring countries like Russia, Iran, and Georgia.

The development is funded by the international network of expats of the diaspora, who pay $ 1.5 billion each year: about 20% of GDP. Poverty is still widespread: to fight it the government supports exports focused on high technology and human capital and, although in the last five years the economic boom has been resized, Armenia is still a country with a strong growth thanks to the friendly relations maintained with the other neighboring Countries: Russia, Georgia, and Iran.


How Armenia &ldquoInvented&rdquo Christendom

ONLY A WEEK PRIOR TO HIS ATTACK on Poland in September, 1939, Adolf Hitler reportedly delivered a secret talk to members of his General Staff, urging them to wipe out the Polish race. “After all,” he argued, “who remembers today the extermination of the Armenians?”

Hitler was referring to the genocide of nearly 1.5 million Armenian Christians at the hands of Ottoman Turks from 1915 to 1923 in what is now eastern Turkey. Turkish authorities deny the atrocities ever took place, but the story of bloodbath in Armenia is one of the well-documented tragedies of our time.

Still, it’s unfortunate that Armenia (today located directly east of Turkey and west of the Caspian Sea) is now known for this story above any other. It says nothing about the people of Armenia, or the part they have played in global Christianity. For contribute they did, in a manner that might surprise even a seasoned church historian.

Tortured for Christ

No man has more stature in the Armenian church today than Gregory the Illuminator. While not the first to bring Christianity to Armenia, Gregory is, at least in the minds of Armenians, the nation’s spiritual father and the people’s patron saint.

Born into a wealthy family around 257, Gregory nevertheless had a rough beginning—his biographer, Agathangelos, tells us Gregory’s father murdered the Armenian king and paid for it with his life. But the boy was rescued from the chaos following the murder, and his new guardians raised him as a Christian in Cappadocia (east-central Turkey). There, according to Agathangelos, Gregory “became acquainted with the Scriptures of God, and drew near to the fear of the Lord.”

When Gregory’s tutors told him of his father’s wickedness, Gregory approached the murdered king’s son, Tiridates, to offer his service (all the while concealing his identity). Tiridates accepted Gregory’s offer, but when Gregory refused to worship Anahit, an idol the king had raised in gratitude for military successes, Tiridates became furious: “You have come and joined us as a stranger and foreigner. How then are you able to worship that God whom I do not worship?”

Tiridates tortured Gregory, hanging him upside-down and flogging him, then fastening blocks of wood to his legs and tightening them. When these tactics failed, he tried even more gruesome measures. Still the saint refused to bow the knee. Tiridates then learned that Gregory was the son of his father’s murderer, and he ordered that the missionary be thrown into a “bottommost pit” filled with dead bodies and other filth. There Gregory sat for 13 years, surviving only on bread a widow threw down each day after receiving instruction to do so in a dream.

Converting the King

At about this time a beautiful woman named Rhipsime arrived in Armenia, fleeing an enforced marriage to the Roman emperor Diocletian. Tiridates took a liking to her too, and took her forcibly when she refused to come to him. But “strengthened by the Holy Spirit,” she fought off his advances and escaped. Furious, Tiridates ordered her execution, and that night Rhipsime burned at the stake. Her abbess Gaiane soon followed her in death, along with 35 other companions.

The king, still lusting after Rhipsime, mourned her death for six days, then prepared to go hunting. But God visited on him a horrible punishment—Agathangelos calls it demon possession—reducing him to insanity and throwing his court into chaos. Tiridates’ sister had a vision to send for Gregory, imprisoned so long ago. People laughed at the idea Gregory might still be alive, but recurrent visions finally convinced a nobleman, Awtay, to visit his pit. Astonished to find the missionary living, Awtay brought him to meet the king, who was feeding with swine outside the city.

Tiridates, along with other possessed members of his court, rushed at Gregory. But Gregory “immediately knelt in prayer, and they returned to sobriety.” Tiridates then pleaded for Gregory’s forgiveness, and the king and his whole court repented of their sin and confessed faith in Christ.

Assessing Gregory’s Legacy

Scholars disagree over how much Agathangelos’s history can be taken at face-value. After all, he wrote his book in 460 (Tiridates is believed by Armenians to have converted in 301), and much of his story has elements of hagiography that lead one to wonder whether the events ever happened. But even skeptics acknowledge that Gregory was a real person with considerable ecclesiastical influence in Armenia—the signature of his son and successor Aristakes can be found among those ratifying the Council of Nicaea in 325. And even if we can document little about the man, his pre-eminence among Armenia’s heroes of the faith is unassailable.

どうして? First, Gregory persuaded the king to build a string of churches across Armenia, beginning with Holy Etchmiadzin— according to some scholars the oldest cathedral site in the world and an important pilgrimage site for all Armenians. The seat of the Armenian church would pass to other cities, but Gregory “established” Christianity in Armenia via this church.

Gregory also introduced Christian liturgy to Armenia. These rites consisted of psalmody, scriptural readings, and prayers recited in Greek or Syriac. After Mesrop Mashtots invented an Armenian alphabet at the beginning of the fifth century, both the Bible and the liturgy were translated into the Armenian language.

Most importantly, Gregory set in motion the mass conversion of Armenia to Christianity. According to Agathangelos, the king ordered all pagan shrines to be torn down, and Gregory proceeded to baptize more than 190,000 people into the new faith. Whether the nation converted as quickly as Agathangelos implies is difficult to discern. Certainly by the fifth century, Armenia was well on its way to becoming a “Christian” nation.

Armenia is an ancient—if not the oldest—model for what we now call Christendom. Church historian Kenneth Scott Latourette notes that the Armenian church “was an instance of what was to be seen again and again, a group adoption of the Christian faith engineered by the accepted leaders and issuing in an ecclesiastical structure which became identified with a particular people, state, or nation.”

Certainly the Roman Empire is a prime example of this, but Armenia is at least as old, and perhaps a more impressive example given the invasions and persecution it endured at the hands of the Turks (and before them, Arabs and Persians). Indeed even Byzantium attempted to bring Armenia within its orbit, but the nation resisted, arguing that its apostolic origins were on par with Rome.

So lest you assume Rome is our first example of Christendom, think again. Long may Armenia’s church endure. CH

By Steven Gertz

[Christian History originally published this article in Christian History Issue #85 in 2005]