ロアノーク植民地は捨てられました

ロアノーク植民地は捨てられました

現在のノースカロライナ州のロアノーク島植民地の知事であるジョン・ホワイトは、イギリスへの補給旅行から戻って、集落が捨てられているのを見つけました。ホワイトと彼の部下は、彼が残した100人ほどの入植者の痕跡を発見せず、暴力の兆候もありませんでした。行方不明者の中には、ホワイトの娘であるエリノールデアがいました。ホワイトの孫娘であり、アメリカで生まれた最初のイギリス人の子供であるヴァージニアデア。 8月18日はバージニア州の3歳の誕生日でした。彼らの不思議な失踪の唯一の手がかりは、集落の周りに建てられた柵に刻まれた「CROATOAN」という言葉でした。ホワイトは、入植者が約50マイル離れたクロアトアン島に移動したことを意味する手紙を取りましたが、島を後で検索したところ、入植者は誰も見つかりませんでした。

新世界で最初のイギリス人入植地であるロアノーク島植民地は、1585年8月にイギリス人探検家のウォルターローリー卿によって設立されました。最初のロアノーク植民者は、食料供給の減少とインドの攻撃に苦しみ、うまくいきませんでした。フランシス・ドレーク卿が船長を務める船に乗ったイギリス。 1587年、ローリーはジョン・ホワイトの下で100人の入植者からなる別のグループを派遣しました。ホワイトはより多くの物資を調達するためにイギリスに戻ったが、スペインとの戦争はロアノークへの彼の帰国を遅らせた。彼がついに1590年8月に戻った時までに、誰もが姿を消していた。

1998年、バージニア州の年輪データを調査した考古学者は、1587年から1589年まで極端な干ばつ状態が続いていることを発見しました。これらの状態は、いわゆるロストコロニーの終焉に貢献したことは間違いありませんが、ロアノークを離れた後の入植者の行き先は謎のままです。ある理論では、彼らはクロアタンとして知られるインディアンの部族に吸収されています。

続きを読む:考古学者は「失われたコロニー」の謎への新しい手がかりを見つける


ロアノーク:&#8220失われた植民地&#8221

フランス、スペイン、英国、スウェーデンを含む多くの国は、1500年代に大西洋を越えてほとんど未踏の大陸に拡大しようとしていました。最初の試みの1つは、ウォルター・ローリー卿によるロアノーク島のロアノーク植民地でした。

ローリーはイギリスの貴族、作家、詩人、兵士、廷臣、スパイ、そして探検家でした。彼の家族は強いプロテスタントであり、カトリック女王メアリー1世の治世中に迫害されたとき、強い反ローマカトリック感情を発達させました。プロテスタント女王エリザベス1世が彼女の治世を開始し、ローリー卿と彼の兄弟が法廷に紹介されたとき、彼はお気に入りになりました女王の。

1585年頃のウォルターローリー卿の肖像
ニコラス・ヒリアード
パブリックドメインの画像。

エリザベス女王私はローリー卿に探検するためのチャーターを与えました。 1585年、彼は新しい世界を調査するために数人の男性を派遣しました。彼らは数人のネイティブアメリカンと共に戻ってきました。

彼らの報告に基づいて、ローリーは彼の遠い従兄弟であるリチャード・グレンビル卿に率いられて、次回5隻の船を送りました。すべての船がついに&#8220Virginia&#8221(処女の女王に敬意を表してローリーによって名付けられた)に到着したとき、彼らは物資が不足していた。控えめに言っても、ネイティブアメリカンの居住者との関係を確立することは困難でした。いくつかの戦いが続いた。

グレンビル卿は、ラルフ・レーンと107人の兵士を残して、ロアノーク島で植民地を始めることを決心しました。

フランシス・ドレーク卿は、カリブ海での私掠船旅行の成功から帰る途中、島に立ち寄り、ネイティブアメリカンとの戦いにうんざりし、物資が極端に不足していた入植者たちは、砦を放棄し、彼と一緒にイギリスに帰りました。グレンビルはドレイクの出発直後に到着し、砦が放棄されているのを見つけて、イギリス軍の存在を維持するために数人の兵士をそこに残し、再び家に向けて出発した。

1587年、ローリー卿は115人の入植者からなる別の艦隊をロアノーク島に送りました。今回はローリーの友人であるジョンホワイトが率いていました。彼らはグレンビルの男性を見つけることができませんでした。先住民族は依然として敵対的であり、入植者たちはホワイトに戻って助けを求めるように頼んだ。彼はスペインとの戦争でイギリスを見つけるために家に到着しました。女王は、スペインのアルマダと戦うために船が必要になった場合に備えて、船を出さないように命じました。

2年後、ホワイトはついにイギリス艦隊にとって役に立たないと考えられた2隻の私掠船を通過させて出航しましたが、船長は代わりにいくつかのスペイン船を追い抜こうとしました。彼らは失敗し、物資が残っていない状態で、船はロアノーク植民地に到着したことはなく、イギリスに戻った。

さらに3年かかりましたが、ホワイトはついにロアノーク島に立ち寄ることに同意した別の私掠船遠征に参加しました。彼らが到着したとき、コロニーは捨てられました。闘争や急いで出発する兆候はありませんでした。ホワイトと入植者は、入植者が苦痛を感じて立ち去らなければならない場合に備えて、以前に標識に同意していました。標識はどこにも見つかりませんでした。

彼らが残した唯一のメモは、木に刻まれた&#8220Croatoan&#8221と、門柱に刻まれた&#8220Cro&#8221という言葉でした。ホワイトはこれを彼らが近くのクロアトアン諸島に移動したと信じたが、巨大な嵐が吹き荒れていたので、彼は捜索を行うことができず、イギリスに戻った。実際に何が起こったのかは誰にもわかりません。現在、「失われた植民地」と呼ばれています。

ジョン・ホワイトは、ロアノークの砦の柵に刻まれた「#8220CROATOAN」という言葉を発見しました。
作者不明|パブリックドメインの画像

ウォルター・ローリー卿は最終的にロアノーク植民地に何が起こったのかを調べようとしました。彼は自分の船と乗組員を購入して航海しましたが、家に帰って利益を上げるために木や植物を集めるためにアウターバンクスに立ち寄りました。ロアノークに着く前に天気が悪くなり、島を見ずに振り返って家に帰らなければなりませんでした。ローリーは、エリザベス女王の後継者であるジェームズ1世を倒す計画に関与したとして非難され、反逆罪で有罪となり、ロンドン塔に13年間投獄されました。王は命を救い、釈放されましたが、最終的には1618年に処刑されました。


ロアノーク植民地

長さわずか8マイルの小さなバリアー島であるロアノークは、ノースカロライナ州の北海岸の先端にあります。濡れているが一見肥沃な島は いいえ 植民地の知事であるジョン・ホワイトが最初に選んだのは、彼と彼の117人の魂(男性97人、女性17人、男の子9人)の入植地が1587年7月に上陸したときです。結局のところ、それはすでに以前の場所でした。危険な力で失われたコロニー。

広告&#8211のコンテンツは以下に続きます

ホワイトコロニーは、イギリスが新世界に恒久的な足場を築こうとした最初の真剣な試みと見なされていますが(スペインはすでに南にかなり略奪されていました)、実際には10年近くの不正スタートの集大成でした。エリザベス女王私は当初、1578年にハンフリー・ギルバート卿に、キリスト教の支配者や人々が所有していない「遠隔地、異教徒、野蛮な」土地を発見するための特許を付与しました。つまり、スペインがまだ足を踏み入れていない場合は、できるだけ早くディブに電話してください。

ギルバートにとって残念なことに、それは彼の新世界への2回目の遠征中に難破船で突然終わった。彼の死後、異母兄弟のウォルター・ローリーが、スペイン領フロリダから北極圏に至る可能性のある土地を含む特許を引き継ぎました。ロアノークに居住地を設立するというジョン・ホワイトの運命の決定の前に、バリアー島は、彼自身が北米に足を踏み入れたことのないローリーが後援する党にとって非常に魅力的であることが証明されました。

逆に、ホワイトはローリーのロアノークへの2つの初期のチャーターのうちの最初のものであり、2番目のものはある種の別の「失われたコロニー」で終わった。その最終的な血の風呂は、名前でリチャード・グレンビル卿によって率いられましたが、タカ派のラルフ・レーンによって悪名を馳せました。 1585年、グレンビルは軍隊をロアノークに輸送して砦を設置し、その後家に戻って物資を調達しました。前回の遠征の後、イギリス人は当初、ロアノークとクロアタンの部族を含む近くのネイティブアメリカンと前向きな関係を築きました。どちらの部族も、エリザベスの宮廷に会うためにホワイトと一緒にイギリスに旅行しました。彼らはワンチズとマンテオと名付けられました。

友好的な知らせは長続きしませんでした。

レーンは、数ヶ月の間にネイティブアメリカンの村に対して2つの別々の血まみれのウォーパスを導くでしょう。地元の敵対行為は砦への攻撃で非常に激しくなり、イングランドの最愛のサー・フランシス・ドレークが夜に文字通りの船として通りかかったとき、レーンと彼の部下はロアノークを放棄しました。大きなボートを家に連れて行った。グレンビルが戻った時までに、彼はレーンコロニーが放棄されているのを発見し、3人のクリスチャンの魂が消えました。それで彼は去りました 彼の失敗した事業の残党を2年分の食料で守るために後ろにいる15人の男性は、それをイギリスにハイテールで戻す前に。白人は、ファイティン15が再び生きているのを見たことがありません。

したがって、ホワイトコロニーがロアノークに上陸して15人を拾い上げ、虐殺されたものの残骸だけを見つけたとき、彼らは留まりたいと思う理由がほとんどありませんでした。残念ながら、船のサイモン・フェルナンデス大尉はホワイトに、さらに北に航海し、チェサピーク湾に定住するという当初の計画を放棄することを余儀なくされました。代わりに、ホワイトと会社は、地元の人々との店と修理の関係をできるだけ早く立ち上げることを余儀なくされました…特に入植者のジョージ・ハウが簡単に殺されたので 9日 海岸線に沿ってカニ釣りをしながらアメリカインディアンが着陸した後。

広告&#8211のコンテンツは以下に続きます

ホワイトはレーンとは異なり、プロテスタントとしてバプテスマを受けた最初のネイティブアメリカンであるマンテオに、植民地とハッテラス島に住む彼の先住民であるクロアタンとの間で平和を築かせることで、少なくとも一時的に関係を和らげました。興味深いことに、ワンチズはマンテオとは異なる道を歩み、侵略軍としてイギリス軍に向かって酸っぱくなりました。伝説によると、彼はグレンビルのアンラッキー15を殺した部隊にも参加したそうです。

その間、ホワイトのコロニーはレーンが失敗した場所で繁栄することができたようでした。レーンとは異なり、ホワイトは、この大企業の成功において、それぞれが助成金を持っていた従業員ではない家族のグループを率い、したがって利害関係を持っていました。ホワイトは、もともと地元の人々の地図や絵画を描いた最初の遠征の芸術家であり、新世界で生まれた最初のプロテスタントの魂の祖父であるという自慢の権利さえ持っていました。アメリカの将来の約束のための文字通りの顔。

ヴァージニアデアは1587年8月18日に、ホワイトの娘エレノアデアとアナニアスデアに生まれました。しかし、8月27日、植民地人が作物を植えるには遅すぎて、必死に新しい物資を必要としていたため、ホワイトは植民地、娘、生まれたばかりの孫娘をイギリスに残しました。知事は新年の冬に戻ることを期待して出発しました。彼は3つの冬に戻っていませんでした。彼が1590年8月18日にロアノークに再び足を踏み入れた時までに、117人の入植者は幽霊のように姿を消していた。彼の孫娘は、今日まで3歳だったでしょう。


ロアノーク植民地

現代のノースカロライナ州のアウターバンクスのヨーロッパでの探検は、16世紀の初めの数十年に始まりました。フランスの王フランソワ1世に仕えたフィレンツェのジョバンニ・ダ・ヴェラッツァーノは1524年にアウターバンクスをスカートで囲み、翌年、スペイン人のペドロデケホがチェサピーク湾への航海で通り過ぎました。しかし、フランス人もスペイン人もこの地域を定住させるための努力をしませんでした。1566年にスペイン人が短時間訪問したことを除けば、ヨーロッパ人は20年近く後にウォルターローリー卿が後援したロアノーク航海までアウターバンクスに関心を示しませんでした。

&#8220ウォルター・ローリー卿の肖像、楕円形&#8221ニコラス・ヒリアード作。 NS。 1585年。ロンドンのナショナルポートレートギャラリー。

1584年、非常に裕福な廷臣であり、エリザベス1世のお気に入りであるローリーは、北アメリカに植民地を設立するために女王の許可を求めました。ベンチャーの法的文書である特許証は春に発行され、クリスチャン・プリンスが実際に所有しておらず、クリスチャンの人々が住んでいるそのような遠隔の異教徒や野蛮な土地を見つけて見ることを彼に許可しました。と&#8220を占有してお楽しみください。 。 。永遠にそのようなすべての土地の国と領土のすべての土壌が発見または所有されるように。 。 。 &#8221事実上、彼は、キリスト教徒、つまり他のヨーロッパ人がすでに住んでいた部分だけを除いて、王冠の主権の下で大陸全体の資源を所有し、利用する独占的権利を与えられました。

ローリーの目的は、北アメリカのほとんど知られていない(ヨーロッパ人にとって)陸地に対するイングランドの主張を賭けるために植民地を設立することであり、そこからスペイン領西インド諸島と毎年恒例の財宝艦隊を襲撃することができました。 1584年4月下旬、彼はフィリップ・アマダスとアーサー・バーロウが指揮する2隻の小型船を、数か月後にアウターバンクスから到着した偵察遠征に派遣しました。サウンズの浅瀬(パムリコ・アルベマール、カリタック)に入ると、貴重な材木で覆われ、ゲームで溢れかえっている肥沃な島々を発見しました。地元のインディアンは、「非常にハンサムで善良な人々であり、ヨーロッパの他の島と同じように礼儀正しく、礼儀正しく振る舞う」と評されました。特に1つの島は、最初の英国植民地に適した場所であることが判明する可能性があります。 :ロアノーク、長さ10マイル、幅2.5マイルで、友人や同盟国となる平和なインディアンが住んでいました。

チェサピーク湾からルックアウト岬までの北アメリカの東海岸の地図。ジョンホワイトによる王室の武器、英国の船、インドのカヌーがあります。 1585-1593。大英博物館の画像提供。

秋にイギリスに戻ったとき、バーロウは、イギリス人が最初にノースカロライナ沿岸と呼んだように、ウィンガンダコンの熱狂的な報告を書きました。イギリス人が自分たちの探検中に収集した情報に加えて、マンテオとワンチズの2人のインディアンがイギリスに持ち帰り、「#8220Schycoake」と呼ばれる西の大都市や噂など、この地域の人々や内陸の集落に関する貴重な報告を提供しました。ローリーは航海の結果に満足し、ロアノークに植民地を植えるための本格的な遠征を計画し始めました。翌年の島。

1585年4月、ローリーは従兄弟のリチャードグレンビル卿の指揮の下、約600人の兵士と船員を乗せた5隻の船と2つのピンネースの艦隊を装備しました。航海の大部分で艦隊が散らばっていた困難な横断の後、遠征隊は6月にアウターバンクス沖に到着し、パムリコ湾沿いの土地を探索し始めました。数ヶ月後、グレンビルは艦隊をハトラスク島沖の係留所に移し、アイルランドの戦争のベテランであるラルフレーンを派遣して、ロアノーク島に砦と入植地を設立しました。グレンビルと艦隊は、追加の入植者と物資を求めてイギリスに戻った直後に出発し、レーンの指揮下に108人の駐屯軍を残しました。

1585-86年の冬と春に、レーンは北と西に2つの探索隊を派遣しました。最初の遠征では、チェサピーク湾の河口を発見し、湾の南岸に沿ってインドの人々と接触しました。 2つ目は、春にチョーワン川とロアノーク川を探索しました。その間、イギリス人ははるか内陸の銅(おそらく金)鉱山のインディアンから話を聞きました。この時までに、レーンは植民地をチェサピーク湾に移すべきであると結論付けていました。チェサピーク湾では、深海の川がアウターバンクスの危険な海よりも英国の海運にとってより良い港となり、そこから植民者はさらに遠征を行うことができます。ノースカロライナは、彼を避けていたインドの鉱山を見つけるために。

レーンは、1586年6月下旬に、イギリス人とレーンの男性が食糧を頼りにしていたセコタン人との間の敵意のために、ロアノーク島を放棄することを余儀なくされました。彼は、月の初めに西インド諸島から大規模な艦隊でハトラスク島を離れて到着したフランシス・ドレーク卿と、入植者をチェサピーク湾に輸送するよう手配しましたが、男性が乗船してレーンを説得しようとしていたときにハリケーンが海岸を襲いました代わりにイギリスに戻ります。ロンドンに戻って、彼は自分の発見をローリーに報告し、金鉱と南海への通路を探すために内陸の探検を行うための集落の場所としてのチェサピーク湾の利点を強調しました。ローリーは別の試みをすることを決意し、最後の遠征を後援し、以前の2回の航海に参加していたジョンホワイトを指揮しました。

&#8220彼らが一般的な狩猟に行くとき、またはジョン・ホワイトによる厳粛な饗宴に行くときの彼らの服装と彼ら自身の絵の仕方&#8221。 1585-1593。大英博物館の画像提供。

1587年4月、ホワイトは、娘のエレノアと婿のアナニアスデアを含む118人の男性、女性、子供たちのグループを率いて、多くの友人や仲間に加えて、ローリー市と呼ばれるチェサピーク湾に集落を設立しました。 。しかし、彼らは目的地に到着することはありませんでした。マスターパイロットのサイモンフェルナンデスが率いる彼らの輸送を担当する船員は、代わりにロアノーク島に開拓者を置き去りにし、それ以上彼らを連れて行くことを拒否した。ホワイトは島に6週間滞在した後、8月末にフェルナンデスと共にイギリスに戻り、補給と援軍を求めました。

彼は3年間ロアノーク島に戻ることができず、その時までに入植者は姿を消し、50マイル離れたクロアノーク島に移動したことを告げる謎めいたメッセージ&#8220CRO&#8221と&#8220Croatoan&#8221だけを残しました。マンテオの人々が住んでいた南。彼らに到達しようとしている間、激しい嵐が彼の船を海に追い出し、その試みは断念されました。ホワイトはイギリスに戻り、アイルランド南部のミュンスターに移り、17世紀初頭に亡くなった可能性があります。入植者に何が起こったのかは謎のままです。

標準的な歴史的記録によると、小グループはおそらく1587年後半または1588年初頭にクロアトアン島に移住し、メイングループはチェサピーク湾の南岸、おそらくリンヘイブン川またはエリザベス川の近くでチェサピークインディアンと一緒に住んでいました。他の研究は別の理論を提供しました、それによってメイングループはアルベマール湾を真西に上ってチョワノークの土地に移動しました。最終的にロアノーク川をさらに西に移動し、タスカローラ族に加わった人もいるかもしれません。

チェサピーク湾の南岸であろうとノースカロライナ州であろうと、入植者とその子孫の多くは、1607年の春にポウハタンの最高首長であるワフンソナコック(ポカホンタスの父)、入植者とそのインドの同盟国を破壊する。ワフンソナコックは、4月下旬にチェサピーク湾に到着したジェームズタウン入植者がロアノーク入植者や彼らが住んでいた人々と接触し、それによって彼の首長を脅かす可能性を恐れていたようです。しかし、ロアノーク植民者の何人かは攻撃を生き延び、チョーワン川から逃げるか、ロアノーク川のオカナホワンと呼ばれる場所、そしておそらくター川の南にある名前の町でタスカローラ族と一緒に避難所を見つけました。パケラカニック。クロアトアン島に住むようになった入植者の小グループの子孫も生き残った。

ポールE.ホフマン、スペインとロアノーク航海(ローリー、ノースカロライナ州、1987年)。

ポールE.ホフマン、新しいアンドゥルシアと東洋への道:16世紀のアメリカ南東部(バトンルージュ、LA、1990年)。

ジェームスホーン、王国の奇妙な:ロアノークの失われたコロニーの簡潔で悲劇的な歴史(ニューヨーク、2010年)。

カレン・オルダール・クッパーマン、ロアノーク:放棄されたコロニー第2版。 (メリーランド州ランハム、2007年)。

デビッドビアーズクイン、ロアノークのセットフェア:航海とコロニー、1584-1606(チャペルヒル、ノースカロライナ州、1985年)。

David Beers Quinn、ed。、The Roanoke Voyages、1584-1590 2 vol。、(London:Hakluyt Society 2nd ser。、nos。104-105、1955)。


私たちは何を知っていますか?

失われた入植者は、ノースカロライナ州のロアノーク島に到着した3番目のイギリス人グループで、現代のマンテオの町の近くに定住しました。

1584年に最初に到着したグループは、将来のグループのために土地を探索して地図を作成するようになりました。 1585年に到着した2番目のグループは、軍事的および科学的任務で起訴されました。しかし、この2番目のグループの旅行は平和にはほど遠いものでした。

ノースカロライナ州エリザベスシティーにあるアルベマール博物館のクレイ・スウィンデル氏は、植民地を調査している考古学チームのメンバーである。彼は、この2番目のグループは、入植者が良い土地と資源を奪っていることに怒っている地元の部族によって1586年に追い出されたと言います。

3番目のグループは1587年に到着しました。家族全員が子供を連れて来ました—17人の女性と11人の子供が90人の男性のパーティーに同行しました。つまり、グループは新世界に定住したいと考えており、男性の探検家だけが参加するような軍事遠足ではありませんでした。

植民地の知事ジョン・ホワイトが描いた「ラ・ヴィルギネア・パル」と呼ばれるこの地域の長い間忘れられていた何世紀も前の地図で発見された手がかりは、失われた入植者の運命の再検討を開始しました。探検家のウォルター・ローリー卿の芸術家であり従業員であるホワイトは、後に新地の知事に任命され、新世界で生まれた最初の英国人の子供であるヴァージニア・デアの祖父でもありました。

長い間忘れられていた地図で明らかにされた手がかりは、失われた入植者の運命の再検討を開始しました。

地図上の2つのパッチにより、ノースカロライナ州ダーラムにあるファーストコロニー財団のブレントレーン(最新の考古学旅行の背後にあるグループであり、その作業はナショナルジオグラフィックとウェイトグラントプログラムによってサポートされています)は、下に何かを隠すことができるかどうか疑問に思いました。

大英博物館の科学者たちはパッチを調べて、小さな赤と青のシンボルを発見しました。それは砦または秘密の緊急の場所を示していたのでしょうか?

「私たちの最善の考えは、北米でのローリーの探検の一部は国家機密であり、地図の「隠蔽」は、一般市民や外国のエージェントからの情報を保持するための努力でした」と、メーコンのマーサー大学のエリック・クリンゲルホーファーは述べています。ジョージア、歴史家であり、プロジェクトの主任研究員。

ほとんどの研究者は、入植者が、自分たちの体がこれまで遭遇したことのない新世界の微生物によって引き起こされた病気や暴力に遭遇した可能性が高いと考えています。

研究チームは、危機が発生したとき、それが何であれ、入植者は小さなグループに分かれて分散したと考えています。

単一のインディアンの部族や村が彼らを支援することはできなかったでしょう。彼らはいくつかの村よりもさらに大きいでしょう。

「それは良い戦略だ」と彼は言い、1585年からの前のグループは災害が起こった場合にそうするように命じられたと説明した。 「彼らがそうしていることははっきりとはわかりませんが、それが彼らが生き残ることができた唯一の方法であることは明らかです。単一のインディアンの部族や村が彼らを支援することはできませんでした。彼らはいくつかの村よりもさらに大きくなるでしょう。つまり、彼らは終わったのです。百人。」

一般的な理論は、入植者がロアノークを放棄し、ハッテラス島まで南に50マイル移動したというものでした。ハッテラス島は、当時クロアトアン島として知られていました。しかし、クリンゲルホーファーは、もし彼らが別の方向に進んだらどうなるだろうと言った。

入植者の何人かがアルベマール湾を経由してチョーワン川の河口、交感神経の部族が住む保護された入り江まで西に移動した場合はどうなるでしょうか。 (「「眠そうな中空」がロアノークの失われた植民地について教えてくれなかったこと」を参照してください。)

さらに、考古学者は、メッタケムという名前の小さなネイティブアメリカンの町の近くの場所を特定しました。これは、入植者の一部を採用した可能性があります。クリンゲルホーファー氏によると、研究者たちはネイティブアメリカンの町とその住民についてあまり知らないが、その存在は確認されているという。

「アルベマール湾の終わりにある、非常に戦略的な場所です」と彼は言いました。 「チョーワン川を北上してバージニア州に行くことも、西にブルーリッジ山脈に行くこともできます。彼らは他のネイティブアメリカンの部族との大きな取引相手でした」。

地図の秘密が明らかにされた後、クリンゲルホーファーは、新世界での植民地化の最初の試みを研究しているファーストコロニー財団とともに、ひねりを加えた地域への帰国を提案しました。今回のショベルには、21世紀のヘルパー、磁力計と地中レーダー(GPR)が搭載されます。

現代のテクノロジーの使用

ノースカロライナ州のエリザベスシティー州立大学の研究員であるマルコム・ルコンプは、ロアノークの失われた入植者に何が起こったのかを考古学的に調査するためにGPRを追加する責任がありました。

このプロセスは、今年初めにサイトの衛星調査から始まりました。

「私たちがしていることは、私たちが見つけることができる最も古い地図を取得することです。つまり、そこに何があり、現在何が存在するかについての歴史的な感覚を得ることができ、それらを方向付けることができます」とLeCompte氏は述べています。重要なのは、「過去にあったかもしれないものと現在あるもの」を比較することです。

研究者は、古い地図とその地域の現在の地理との類似点を探します。地図上のスポットが今日の風景と一致する場所を特定すると、グリッドをレイアウトし、GPRで体系的に検索するという骨の折れるプロセスが続きます。

この技術は、電波を地面に放射し、信号が地下に埋められたさまざまなものから跳ね返るときにエコーを測定します。基本的に、測定可能な跳ね返りを引き起こす何かに当たる前に信号が移動する深さを測定します。言い換えれば、信号は潜在的に地下の隠されたオブジェクトを示します。

現場で発見された鉄の大砲のような金属製の物体は、「巨大なアンテナ」のように機能します。墓や棺も、周囲の土壌とは密度が異なり、導電性が低いボイドが含まれているため、検出可能です。

LeCompteと彼の同僚は、これまで検出されていなかったパターンを発見しました。これは、約3フィート(1メートル)の土壌の下に、おそらく木でできた1つまたは複数の構造物が存在することを示している可能性があります。

「それが(構造の)1つなのかグループなのかはわかりません」と彼は言い、「それらは結合される可能性があるか、または互いに接近する可能性がある」と付け加えた。おそらく、構造物の木は時間の経過とともに崩壊し、周囲の土壌に印象を残したと、ルコンプは推測しました。

アルベマールのスウィンデル博物館は、研究者がGPRの結果を再確認できるように、プロトン磁力計の使用を提案しました。このデバイスは、金属探知機よりもはるかに感度が高く、地下約13フィート(4メートル)に埋もれている物体を見つけることができます。

この装置は、地下に埋められたさまざまな物体の存在による地球の磁場の歪みを測定します。

「私たちは局所磁場に影響を与えるものを探しています」とスウィンデルは強調しました。 「それはバーンピットのようなものかもしれません。」

スウィンデルは、野生動物を作物から遠ざけるために農民が使用したであろう柵の残骸もあるかもしれないと考えています。

埋められた構造物と柵の存在は、その地域にある種の植民地時代の存在があったことを強く示しています。話をさらに複雑にしているのは、1700年代までこの地域に後の植民地時代の遺跡が存在したことです。

残念ながら、どちらのテクノロジーも、この地域におけるネイティブアメリカンの人々の役割に光を当てていません。それはまだ解決されていないパズルです。

ロアノーク植民地の時代には、地元のネイティブアメリカンとの関係はまちまちでした。

ロアノークは地理的に、ロアノークを支配していたセコタンと近くの水路を支配していたチョワノークの間の社会政治的摩擦の核心に位置していた。

入植者とセコタン族の間の緊張は特に高かった。

「多くの敵意があったことは間違いない」とクリンゲルホーファーは言った。 「すべての部族が敵対的だったわけではありませんが、一部は敵対的でした。彼らは押し付けられたと感じました。[グループ]間で、部族間、および一部の先住民とイギリス人入植者の間で戦いがありました。

この地域は、16世紀と17世紀に地元の部族とヨーロッパの入植者との接触の手がかりを持っているようです。

イギリス人がその地域を何度も探検しようとしたのは助けにはならなかった。失われた入植者の前に到着したグループはイギリスに追いやられました。つまり、不運な3番目の入植者グループが現れたとき、いくつかの酸っぱい感情が残っていました。

「セコタンが英語をやり遂げたいと思っても、私は驚かないだろう」とスウィンデル氏は語った。

セコタンのグループが侵入者として見たものを取り除くために団結したかどうかは、誰の推測でもあると彼は言った。

この地域は、16世紀と17世紀に地元の部族とヨーロッパの入植者との接触の手がかりを持っているようです。

この古くからのアメリカの謎を解くための次のステップは? 「私たちは入っていくつかの穴を掘らなければならない、と私は推測する」とスウィンデルは言った。


ロアノーク植民地は、米国の歴史の中で最大の謎の1つです。これは、16世紀後半の北アメリカでのイギリス植民地化の最初の試みでした。

しかし、入植が始まってわずか3年後の1590年、117人の入植者全員が不思議なことに姿を消しました。今日まで、何が起こったのかは誰にもはっきりとは言えません。

絶賛されたアメリカンホラーストーリーシリーズの第6シーズンが発表されたとき、ロアノークという名前が再び脚光を浴びました。

それは、クリエイターがロストコロニーに関する伝説をプロットの中心に持ってくることにしたためです。シリーズでは、かつての植民地の精神が今でもこの地域に出没しています。

しかし、フィクションは別として、ロアノーク植民地について私たちは本当に何を知っていますか? 117人が一晩で消えるのはどうしてですか?何が起こったのかについていくつかの仮説がありますが、それらのいくつかは非常に説得力があり、それらのどれもまだ証明されていません。そして謎は続く。

ロアノーク:アメリカで最初のヨーロッパの植民地

1607年に設立された、北米で最初の恒久的なイギリス人入植地がバージニア州ジェームズタウンであったことを歴史書で読んだことがあるかもしれません。

しかしその前に、新世界を解決するための他の試みがありました。最初のものは、1587年にジェームズタウンの南160キロメートル(100マイル)のロアノーク島にありました。

東の地図 海岸 ジョンホワイトによる北アメリカの。 (クレジット:ウィキメディアコモンズ)。

ロアノーク島への遠征

1584年から1587年の間にロアノークへの3つの遠征がありました。最初は地形をマッピングすることでした。翌年の2回目は、より大胆でした。イギリス軍は宝石と太平洋への道を見つけようとしました。

これを行うために、彼らはさらに大陸に行きました。そして、彼らはその地域の原住民との闘いに終わった。

これらの紛争は、ネイティブアメリカンのリーダーであるウィンギーナの暗殺をもたらしました。 As far as we know, the explorers of this second expedition were expelled by the natives.

White’s drawing representing the natives who originally lived in Roanoke. (Credit: Wikimedia Commons).

But in 1587 the British carried out a new expedition to settle the island permanently. At least, that was what they thought.

The new expedition, led by explorer Sir Walter Raleigh, finally settled on the island. This time, they were whole families of Englishmen, with women and children, mostly Londoners.

From the foundation of the colony to its disappearance

John White, who participated in previous expeditions, was appointed governor. He was the grandfather of the first English child born in the New World: Virginia Dare, who was named after the Colony of Virginia.

But Governor White had to return to England that same year due to shortages of supplies. The Anglo-Spanish War was going on, starting in 1585, which postponed his return to the colony a few times.

Baptism of Virginia Dare, 1880. By William Ludwell Sheppard.

He only returned three years later. And in the place of the Roanoke settlement, with hundreds of people, he found a ghost colony. The mysterious event made no sense.

In addition to the abandoned houses and objects scattered on the floor, White and the sailors who landed on the island found two clues. The letters “CRO” engraved on a tree and the name “CROATOAN” carved into a palisade.

Related posts:

What happened to the settlers on Roanoke Island?

To this day, it is not known what actually happened to English families living on Roanoke Island. However, there are some hypotheses.

1. Assimilation by the natives

One of the most accepted hypotheses is that the colonists moved to Hatteras Island, known as Croatoan at the time, 80 kilometers to the south. This hypothesis makes a lot of sense.

Before leaving the island, White told the settlers to leave a sign indicating their whereabouts should it be necessary to leave the island.

And not just one, but two signs were left. In addition, Croatan natives were allies of newly arrived Europeans.

Therefore, it makes sense to think that, due to some difficulty (an enemy attack, for example), the settlers fled to the island to the south, where the friendly tribe lived, and started to live among the natives.

White himself believed in this possibility and wanted to go to Croatoan. But he was struggling on his journey and was forced to return to England. No further expeditions were made to try to rescue the settlers, who were left to fend for themselves.

Although this hypothesis is very plausible, archaeological excavations at Hatteras have not yet been sufficient to prove it.

2. Diseases

Another hypothesis, quite plausible, is that the newly founded colony was plagued by some type of disease.

This would have forced the settlers to abandon the settlement, dividing themselves into smaller groups, which dispersed inland.

3. Massacre, kidnapping or escape

Many tribes that lived in the territory of the present-day United States were hostile to Europeans. This hostility was usually a response to the hostility of the invaders.

The second English expedition to Roanoke created many frictions and culminated in the murder of a native leader. This may have created a warlike atmosphere that affected the families who went there in 1587.

Let us also remember that White found a defensive palisade set up when he returned to the colony in 1590, a sign that the settlers prepared themselves against enemy attacks. Such a battle could have resulted in three things:

  1. The settlers were slaughtered
  2. The settlers were kidnapped
  3. The settlers fled, probably to Croatoan, and may have been assimilated by the natives there.

4. Moving inland

A more recent line of research points to a destination other than Croatoan. Instead of 100 miles to the south, the settlers would have gone 100 miles west, inland, where a fort would have existed.

This theory is based on an alleged sign left by White on a map of South Carolina that he drew himself. The possible location of this fort was named by researchers at the British Museum as “Site X”. Was this the fate of the Roanoke settlers?

Despite relentless research, to date, no archaeological evidence has been found that settlers moved to this site after 1587.

5. Attempt to return to England

Another hypothesis suggests that the Roanoke settlers, without John White’s command, decided to sail back to England on their own, but that they never managed to complete the journey.

They could have been lost at sea due to lack of experience, or they were intercepted by the Spanish Armada and destroyed in a shipwreck.

Searching for the truth

According to a scientific article published in 1998 in the journal 化学, the Lost Colony disappeared during one of the most extreme droughts in 800 years in the region. This may have played a role in the settlers’ disappearance.

In 2007, scientists began collecting DNA from populations in North Carolina, Virginia, and Florida, for possible genealogy testing of local families.

However, it was in vain: they were unable to conclude, based on DNA samples, what was the fate of the original Roanoke Colony.

To this day, researchers are formulating hypotheses, collecting evidence, and trying to understand what really happened to Roanoke’s lost colony.

Books about Roanoke’s Lost Colony that we recommend

参考文献

Donegan, K. 2013. What Happened in Roanoke: Ralph Lane’s Narrative Incursion. Early American Literature.

Lawler, A. 2018. The Secret Token: Myth, Obsession, and the Search for the Lost Colony of Roanoke。 New York: Doubleday.

Miller, L. 2000. ロアノーク:失われたコロニーの謎を解く。 Penguin Books.

Stahle, D. W., Cleaveland, M. K., Blanton, D. B., Therrell, M. D., Gay, D. A. 1998. The Lost Colony and Jamestown Droughts。 Science.


The savages attack

In the spring of 1585, seventy-five men, mostly former soldiers, were landed on Roanoke island. Alas, they behaved like soldiers against the Algonquins. They were friendly, but relations degenerate very quickly. After a visit to an Indian village, the English found that they lacked a silver bowl. Persuaded that it had been stolen from them by the Algonquins, they returned to the village to chastise these "primitive savages". They burned their leader and set the village on fire. Without finding their silver bowl.

After a very difficult year - surrounded by now hostile Indians and no news of the ships supposed to supply them - the Roanoke settler soldiers took advantage of the passage of Francis Drake's fleet in the area to be repatriated. Arriving at the scene a month later, Raleigh's ships found the Roanoke colony abandoned. They left fifteen men on the spot then resumed to sea.

When the next contingent - 117 settlers in total - arrived a year later, the fifteen men had disappeared. The Croatan, an Indian tribe living on a neighboring island, who had maintained good relations with the English, told them that their compatriots had been attacked by an unknown tribe: nine of them, having survived, had fled aboard a boat, and no one had ever seen them again. It was under these dark auspices that the lost colony of Roanoke island was officially founded on July 22, 1587.


The Lost Colony of Roanoke

Over thirty years before the Pilgrims landed at Plymouth Rock, a group of 117 weary men, women and children waded ashore and made history on Roanoke Island in July 1587, establishing the first attempted settlement of its kind in the Americas.

Recruited by Sir Walter Raleigh, among these settlers was John White, his pregnant daughter, Eleanor Dare, her husband Ananias Dare, and the Indian chief Manteo, who had become an English ally during a previous visit in Britain.

They unloaded their belongings and supplies and repaired an old fort previously erected on the island. On August 18, 1587, Eleanor Dare gave birth to a daughter she named Virginia, thus earning the distinction of being the first English child born on American soil. Ten days later, John White departed for England promising to return with more supplies. It was the last time he would ever see his family.

Three years later, John White returned to Roanoke Island on his granddaughter&rsquos third birthday only to find the settlement deserted, plundered and surrounded by overgrown brush. On one of the palisades, he found the single word "CROATOAN" carved into the surface, and the letters "CRO" carved into a nearby tree. White took the carving as a sign that the colonists had moved inland to Croatoan, the home of Chief Manteo&rsquos people south of Roanoke in the Outer Banks in present-day Hatteras Island.

Before he could make further exploration, however, a great hurricane arose, damaging his ships and forcing him back to England. Despite repeated attempts, he was never able to raise the funding and resources to make the trip to America again. Raleigh had given up hope of settlement, and White died many years later on one of Raleigh&rsquos estates, ignorant to the fate of his family and the colony. The 117 pioneers of Roanoke Island had vanished into the great wilderness and into folklore. Their collective fate subject to many theories and controversies, and their story reenacted every summer during performances of The Lost Colony, the nations longest symphonic drama.


Archaeologist discovers 6,000-year-old island settlement off Croatian coast

Whatever happened to the lost colonists of Roanoke, Virginia?

The answer to one of America’s longest and most puzzling questions is now in a new book.

In “The Lost Colony and Hatteras Island,” author Scott Dawson surmises the colonial settlers were assimilated into the Croatan tribe on Hatteras Island. Later, the tribe was wiped out by smallpox. The upshot: the tribe was lost, not the colonists.

But the book’s bombshell is Dawson’s allegation that the truth has always been known but ignored because of racism, the Daily Mail reported.

The “mystery” started in 1587, when over 100 English settlers arrived on Roanoke Island, off the coast of what is now North Carolina. Three years later, they had vanished. The only clue to their whereabouts was the word “Croatan” carved into a wooden post.

Dawson, an amateur archaeologist, claims there have been clues throughout the past 430-plus years about the colonists.

“The entire concept of the colony being lost is total fiction, Dawson told the British news outlet. “The truth of the Croatoan was lost in order to prop up a racist myth designed to hide assimilation… In 1937 the lost colony play was created and North Carolina was still 30 years away from being desegregated. If they had a play that ended with the colony assimilating with the Croatoan the public would have torn down the stage. Also it would be impossible to pretend the colony was lost if the relationship they had with the Croatoan was explained.”

Dawson insists the governor of the new colony, John White, knew the tribe lived on Hatteras island .


Roanoke’s ‘Lost Colony’ Was Never Lost, New Book Says

A new book aims to settle a centuries-old question of what happened to a group of English colonists. Archaeologists said that its theory was plausible but that more evidence was needed.

In 1590, the would-be governor of a colony meant to be one of England’s first outposts in North America discovered that more than 100 settlers weren’t on the small island where he left them.

More than 400 years later, the question of what happened to those settlers, who landed on Roanoke Island, off the coast of modern North Carolina, has grown into a piece of American mythology, inspiring plays, novels, documentaries and a tourism industry in the Outer Banks.

Stories have taken root that the colonists, who left no clear trace aside from the word “Croatoan” carved on a tree, survived somewhere on the mainland, died in conflict with Native Americans or met some other end.

A new book about the colonists, “The Lost Colony and Hatteras Island,” published in June and citing 10 years of excavations at nearby Hatteras Island, aims to put the mystery to bed. The book’s author, Scott Dawson, a researcher from Hatteras, argues that the Native people who lived there took in the English settlers and that historical records and artifacts can end the debate.

“Basically, the historical evidence says that’s where they went,” said Mark Horton, an archaeologist at the University of Bristol, in England, who worked with Mr. Dawson. Dr. Horton acknowledged that there was no “smoking gun” but said that with everything in context, “it’s not rocket science.”

Historians and archaeologists not involved in the recent research on Hatteras were more skeptical, saying that the evidence was inconclusive and that they wanted to see peer-reviewed work. They also said the argument was not new: The idea that the Croatoans, as the Native people on Hatteras were called, adopted at least some of the settlers has long been considered plausible.

“Sure, it’s possible — why wouldn’t it be?” said Malinda Maynor Lowery, a professor of history at the University of North Carolina at Chapel Hill. “People don’t get lost. They get murdered, they get stolen, they get taken in. They live and die as members of other communities.”

Dr. Maynor Lowery presented a similar possibility in her 2018 book on the history of the Lumbee people, the descendants of dozens of tribes in a wide region including eastern North Carolina. Despite violence by the English against Croatoan villagers, she wrote, the settlers probably took refuge with them.

“The Indians of Roanoke, Croatoan, Secotan and other villages had no reason to make enemies of the colonists,” she wrote. “Instead, they probably made them kin.”

The English landed into a complicated fray of conflict and shifting alliances, said Lauren McMillan, a professor at the University of Mary Washington in Fredericksburg, Va.

“They’re all interfighting, and these different groups are trying to use the English against one another,” she said. “The Croatoans perhaps saw the English as a powerful ally and sources of valuable new things.”

Dr. Maynor Lowery, who is Lumbee, added that the “lost colony” story is itself based on the incorrect premise “that Native people also disappeared, which we didn’t.”

The story, she said, was like “a monument that has to come down,” adding that “it’s harder to dismantle an origin story than a statue.”

Mr. Dawson, a founder of the Croatoan Archaeological Society, a local research group, said he hoped his book would dismantle some of that story.

“I was trying to get the Croatoans’ history back from the depths of mythology,” he said. “They played a huge role in American history, took these people in and in school you’re taught that no one knows what Croatoan means.”

He also wanted to counter the mystique around the settlers, which has ballooned over the centuries in popular culture. They were made the heroes of 19th-century romances Confederate sympathizers tied them in with themes of the “lost cause” and a nationalistic, outdoor musical has drawn more than four million people, including President Franklin D. Roosevelt, since 1937.

Before those works, the colonists had been historical footnotes, said Charles Ewen, an archaeologist at East Carolina University in Greenville, N.C. It is not clear how much their contemporaries even wondered what happened to them, he said, given how common failure, death and disappearances were in European ventures across the Atlantic.

“It’s no big mystery until you start to get a historical type of writing in the 1800s,” he said. “Then it gets to be our big mystery, and it fits into racist ideas.”

Dr. Ewen, who is also working on a book about the colony, said there were so many stories about it in part because there was so little evidence about what happened to the colonists. The settlers could have been killed by hostile Native people or by England’s rival, the Spanish, or faced famine, a hurricane or shipwreck. They could have moved into the mainland, allying with Native groups there, or moved in with the Croatoan people on Hatteras.

“I’m not saying it’s not true,” Dr. Ewen said of the last theory. “I’m just saying I’m very skeptical.”

Experts disagreed about how reliable sources were from the era and the next, including one Englishman’s account, published in 1709, about Native people on Hatteras whose ancestors could read.

They were also skeptical that artifacts found on Hatteras, including a rapier hilt, late 16th-century gun hardware and part of a slate writing tablet, could definitively be traced to the colonists. (Dr. Horton said he was preparing a study for peer review on the Hatteras research.)

“It’s very easy to find European things intermingled with Native American things,” said Dennis Blanton, an archaeologist at James Madison University in Harrisonburg, Va. “There were Europeans in and out of the Mid-Atlantic and the Southeast for a long time, and a lot of those landfalls were brief, unrecorded or poorly recorded.”

He said that it was “very hard to know” how objects wound up on Hatteras, given how much trade, conflict and contact was going on. “The scenarios are so varied, it just makes your head spin,” he said.

Dr. Blanton added that feeding and sheltering about 100 colonists would have been “a fairly significant strain” on the Croatoan community. “If experience is any guide, the adoption of Europeans into an Indigenous community would have been quite limited,” he said.

James Horn, a historian and member of the First Colony Foundation, a research nonprofit, said that most historians over the past 50 years had considered Hatteras a destination for the settlers. But he said it was unlikely that all of the colonists ended up there.

Mr. Horn and an archaeologist with the First Colony Foundation, Nicholas M. Luccketti, believe they have evidence that some of the settlers moved about 50 miles inland to a place they call Site X.

Dr. Luccketti said the colonists could have split up, with some on Hatteras, others at Site X and another group somewhere else.

Although there have been no excavations at Site X since 2018, Dr. Horn said he expected the search for evidence to continue.

“It’s a 400-year-old mystery that revolves around all sorts of mysteries within it,” he said. “It’s too tempting for many people.”

Mr. Dawson continues to lead a small team on Hatteras, which is now dotted with luxury homes and vacation rentals. “I just wanted to salvage something before it’s under somebody’s 10-bedroom house with a pool,” he said. “At least we can salvage something to argue about.”