独身男性は1930年代から40年代のアメリカで養子縁組を許可されましたか?

独身男性は1930年代から40年代のアメリカで養子縁組を許可されましたか?


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

私は歴史小説を書いていますが、当時の家族について質問があります。

私の本の状況は、平時の米海軍航空隊に2人の兄弟がいて、そのうちの1人が実際には奴隷の主人であった少年を救助することになったということです。彼は結局子供を養子にし、ある種の第二の父親の姿として弟の助けを借り、2人の兄弟がすべて生きているので、2人の兄弟が少年の世話をするのを手伝っています。空軍基地の同じブロックハウスで。

ですから、私の質問は、このような家族関係が30年代と40年代のアメリカでどのように振り返られていたかということです。一人の男でさえ 許可された 子供を養子にする?社会は子供を育てている2人の男性の兄弟をどのように見ますか?残りの爆撃機の乗組員が手伝ってくれるとどう思いますか?


「養子縁組履歴プロジェクト」によると、答えはそれが許可されたかどうかは「はい」です。

現在、国のすべての州では、独身の成人が子供を養子縁組することを許可しています。これは、19世紀半ばに最初の養子縁組法が可決されて以来、独身者が法的に養子縁組の資格を持っているという事実ほど驚くべきことではないかもしれません。確かに、子供を連れて行った「未婚者」は、ビクトリア朝の道徳小説の定番であり、養子縁組の物語の中で繰り返される人物でした。かなりの数の未婚の女性(ジェシータフトは1人でした)は、20世紀の初めの数十年に子供を養子にしました。彼らはしばしば子供をペアで育てたり、一人で育てたりしました。これは、レズビアンやゲイの男性による養子縁組の大部分が、実際にそうであったかどうかにかかわらず、ひとり親の養子縁組として手配されたことを示しています。しかし、正式な法的適格性は、受け入れは言うまでもなく、寛容を意味するものではありませんでした。独身者は、夫婦よりも望ましくない親と見なされていました。男性は、女性よりもはるかに望ましくないと考えられていました。

私がそのサイトで読んだことから、単一の男性の採用者は一般に社会によって嫌われているようですが、小さな孤児アニーとバットマンとロビンの文学的な例は、状況的に承認される可能性があります。しかし、一般的には、実際にどのくらいの頻度で発生したかはわかりません。

それでも、ひとり親は1960年代以前に養子縁組をしましたが、その数を知る方法はありません。その数はおそらく少なかったでしょう。ほとんどが女性であり、無関係の子供よりも多くの親戚(姪や甥)を養子にした可能性が高いことは確かですが、これらの採用者が誰であるか、またはどのような子供を受け入れたかについてはほとんどわかりません。養子縁組の統計は、いくつかの手がかりを提供します。


ビデオを見る: 口唇口蓋裂の兄妹 完治に向けて