メリーベーカーエディ

メリーベーカーエディ


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

メリーベーカーエディは、アメリカのプロテスタント宗派であるクリスチャンサイエンスの創設者でした。彼女は1862年にフィニアスクインビーの患者になり、彼の「磁気治療」からいくつかの恩恵を受けました。その後、彼女は催眠術は効果がないと宣言し、Quimbyを放棄しました。 1866年に背骨を負傷した転倒の後、彼女は「神に立ち返り」、次の3年間、精神性と癒しについて読んで考えました。

1875年に、彼女は彼女の最も有名な本を出版しました、 科学と健康。クリスチャンサイエンス運動の教科書になりました。彼女は1879年にボストンに科学者であるキリスト教会を開きました。彼女は1910年12月3日にマサチューセッツ州ニュートンで亡くなりました。


人種と奴隷制に関するメリー・ベーカー・エディ

現在、米国の多くの人々や機関は、人種問題について真剣な自己診断を行っています。クリスチャンサイエンティストは、人種と奴隷制の問題について、メリーベーカーエディの遺産を見なければなりません。私は、メリー・ベーカー・エディが南部に住んでいる間、勇敢な奴隷制度廃止論者であり、大胆に立ち上がって、すべての人の平等と正義を多大な個人的費用で擁護していると信じて育ちました。これらは彼女が数十年後に自分自身について語った物語です。ある時、私は勇敢な奴隷制度廃止論者のメリー・ベーカー・エディについての本を書きたかった。 2011年にノースカロライナ州ローリーに引っ越し、そこでエディ夫人のカロライナでの時間を調査し始めました。さらなる研究に基づいて浮かび上がる絵は、彼女が何十年も後に自分自身について語った物語と一致していません。実際、彼らはまったく反対のことを明らかにしています。

南部で過ごした数十年後、エディ夫人は自分自身を率直な奴隷制度廃止論者であったと語った[1]。しかし、その主張を裏付ける証拠はありません。実際、私たちが持っているすべての証拠は、1844年に彼女が奴隷制度廃止論者と穏健派の候補者に対して熱心にキャンペーンを行い[2]、文字通り穏健派と悪魔を比較し[3]、奴隷制支持の政治家を支援したことを示しています[4]。ノースカロライナ州の過半数が彼女の候補者に反対票を投じたときでさえ、彼女は奴隷制支持の政治家を支持した。数十年後、彼女は夫の悲劇的な死後、夫の奴隷を解放したと主張しました。 [5]しかし、その主張を裏付ける証拠はありません。実際、彼女の夫が奴隷を所有したという証拠はありません。 [6]彼女が奴隷を解放したという証拠はない。これはサウスカロライナでは違法であり、ノースカロライナ州議会の特別な行為を必要としたであろう。 [7]数十年後、彼女は夫の死後、奴隷の1人が彼女を泥棒から勇敢に救ったという話をしました。 [8]しかし、その主張を裏付ける証拠はありません。実際、彼女は相互に矛盾する話をしました[9]。話をする際に、彼女は父親が強力な奴隷制度廃止論者であると主張しました[10]&#8211すべての証拠がエイブラハムリンカーンを憎んでいることを示しているとき[11]、メアリーの兄弟アルバートベイカーのように[12]、確固たる反廃止論者であること[13]。数十年後、エディ夫人は、1852年の選挙での廃止の問題で彼女の家族に反対することで率直に発言したと自分自身について話しました。 [14]しかし、その主張を裏付ける証拠はありません。実際、彼女は1852年に上院の奴隷制度廃止論者候補に反対し、ニューハンプシャー州の大多数が支持し、反対派のために選挙運動を行った。 [15]彼女が奴隷制度廃止論者だったとしたら、彼女は本のことをあまり考えていなかったと言って、合格のコメントをしなかっただろう。 トムおじさんの小屋。 [16]物語ごとに、彼女は英雄的な言葉で自分自身を描き、壮大でロマンチックな生活を送っています。しかし、文書化可能な事実は、彼女の主張を裏付けるものではありません。実際、それらは反対方向を指しています。

奴隷制廃止の数十年後、彼女はクリスチャンサイエンスを科学と健康の廃止運動と比較しました。 1891年、彼女はこの声明に、アフリカの奴隷が「人生の最も低い面にいる」という言及を追加しました。 [17]彼女は後にこの声明を改訂して、単に奴隷を「人間の生活の最も低い面にいる」と言及した。 [18]個人的な会話の中で、内戦の数十年後、彼女はその日の「ネグロ」を人間の生活の最も低い面にあると言及し、アフリカ系アメリカ人を教えていたクリスチャンサイエンスの教師に彼らは教えるのをやめるべきだと言った彼ら[19]、そして世界の半分がクリスチャンサイエンティストになるまでアフリカ系アメリカ人のクリスチャンサイエンスを教えるべきではありません。 [20]科学と健康では、彼女は「赤人」と「より啓発された人種」を対比させた。 [21]

彼女の擁護者は彼女が単に彼女の時代の女性であると言うかもしれませんが、彼女は奴隷制を支持する政治家のためにキャンペーンを行ったとき、ニューハンプシャーとノースカロライナの有権者と歩調を合わせていませんでした。実際、メリー・ベーカー・エディは、「アングロサクソン人種」が 本物 イスラエルの失われた部族、そしてイギリス人と白人アメリカ人が神の選民であったこと。このアングロイスラエル理論は、エディ夫人が公に支持する前に、何十年もの間、キリスト教徒や歴史家によって広く嘲笑され、非難されました。この教えは完全に異端的で、完全に非聖書的であり、歴史上完全に根拠がありません。メリーベーカーエディは、以下を含む彼の多くの本でアングロイスラエ教の教えを提唱した著者(C.A.Lトッテン)を承認して書いた 私たちのレース [22]. 彼女は、このアングロイスラエルの教えに固執したさまざまな生徒たちを支援し、励ましました。 [23]彼女は、アングロとイスラエルのつながりを示すことができれば、それはある種の精神的な権威と自分自身の優位性を証明するだろうと考えました。 [24]この教えを信じた彼女の生徒の何人かは、エディ夫人がダビデの王位継承者であり、イングランドの女王になる資格があると証明できると信じていた。 [25]彼女は個人的な会話の中で、クリスチャンサイエンスを「アングロサクソンの宗教」と呼んだ。 [26] 1898年までに、ボストンの新聞に掲載された詩の中で、 クリスチャンサイエンスジャーナル、 と その他 彼女はイギリスとアメリカの人々を「アングロイスラエル」と「ユダのセプタードレース」と呼んだ。 [27]普遍的な平等を主張するどころか、彼女は出版された著作の中で、アングロサクソン人が神の選民であると明確に述べた。

彼女の主張のすべてにもかかわらず、証拠は彼女が 反対 廃止。奴隷を解放することについての彼女の話は、彼女自身についてのすべての話がそうであったように、彼女を英雄的な人物として描くことを意図した単なる話でした。実際、彼女は「アフリカの奴隷」と「ニグロ」が人生の最も低い面にあると考えました。彼女は、アングロサクソン人種が神の選民であるという完全に異端的で完全にばかげた教えに固執しました。英雄的な奴隷制度廃止論者であり平等の擁護者であるどころか、メリー・ベーカー・エディは連続したファブリストであり、アングロサクソン人種の優位性についての弁解の余地のない教えの悔い改めない擁護者でした。

Tanner Johnsrudは、10年以上にわたり、第5世代のクリスチャンサイエンティストであり、ジャーナルに掲載されている開業医でした。彼と彼の妻は2017年にクリスチャンサイエンスを去り、クリスチャンになりました。彼は現在、メリーベーカーエディの教えと自分自身についての主張の発展に関する本に取り組んでいます。

[1]アーヴィング・C・トムリンソン牧師、M.A。C.S.B。 メリーベーカーエディの思い出と経験を持つ12年。 (ボストン:クリスチャンサイエンス出版協会、1996年。)19

[2]ロバート・ピール メリーベーカーエディ:発見の年。 (ニューヨーク:ホルト、ラインハート、ウィンストン)71

[3]アーネスト・サザーランド・ベイツとジョン・V・ディッテモア。 メリーベーカーエディ:真実と伝統。 (ニューヨーク:クノフ、1932年)33-35

[4]ジリアン・ギル メリーベーカーエディ。 ((マサチューセッツ州ケンブリッジ:ペルセウスブックス。)66

[5]ライマンP.パウエル。 メリーベーカーエディ等身大の肖像画。 (ニューヨーク:マクミラン、1930年。)81。

ジュリアマイケルジョンストン。 メリーベーカーエディ:彼女の使命と勝利。 (ボストン:クリスチャンサイエンス出版協会。1998年。)15

[7]ピール 発見の年、 NS。 323注2

[11]マクルーアマガジン1907年1月。第XXVIII巻、第3号。p。 229。

[13]ピール 発見の年、 NS。 320n。 93

[14]シビル・ウィルバー。 メリーベーカーエディの生涯。 (ニューヨーク:Concord Publishing Co.、1908年。)52-54。

[16]ピールvol1、p。 88手紙は1853年1月1日に書かれましたが、ピールでは引用されていません。明らかに、それはメアリーベイカーエディ図書館のアーカイブに存在します。

[17] Science and Health 61st Edition、pp。121-122(1891)

[18] Science and Health 257th Edition、p。 225(1902)

[19]エリザベス・アール・ジョーンズ ノースカロライナ州のエディ夫人と回想録 pp.109-110

[20](BlissKnappとEloiseM Knapp&#8211 their Book 1953.)これは、BlissKnappの妻であるEloiseKnappが管理しているノートブックからのものです。プリンシピア大学のアーカイブにあります。

[21]科学と健康第26版、p。 357。

[22]メリー・ベーカー・エディと聖書の予言p。 17

[23]権威の皮の年pp.116-117

リチャード・ネネマン。 永続的な巡礼者:メリーベーカーエディの生涯。ニューハンプシャー州エトナ:Nebbadoon Press 1997. 250-251

[24]ロバート・ピール メリーベーカーエディ:権威の年。ニューヨーク:ホルト・ラインハート・ウィンストン、1977年。117

[25]皮をむく 権限の年 116.

[26]エリザベス・アール・ジョーンズ ノースカロライナ州のエディ夫人と回想録。 109-110


メリーベーカーエディの馬車とそり

この仮想プログラムは、K-5年生の生徒向けに設計されており、19世紀から20世紀初頭にメリーベーカーエディが使用したさまざまな交通手段を探索します。生徒たちは、彼女の車の数と、馬車やそりを引いた彼女の愛する馬について学びます。このプログラムには、現在ロングイヤー博物館に展示されているエディ夫人の馬車の1つ、コレクションからの彼女のそりの鐘のセット、ここニューイングランドでのそりの動作を示す短いビデオが含まれます。このプログラムにあなたとあなたの家族や若い友人を歓迎することを楽しみにしています!

K-5年生の生徒におすすめです。

プログラムに関してご不明な点がございましたら、letters @ longyear.orgまでお問い合わせください。

申し込みます 歴史のスナップショット:メリーベーカーエディの馬車とそり 今!

今すぐ登録&#8211午後1時
今すぐ登録&#8211午後4時

上の画像:「AmericanHomestead Winter」、Currier&ampIvesリトグラフ。


メリーベーカーエディホーム

メリーベーカーエディ。米国議会図書館の礼儀。メアリーベイカーエディハウス、マサチューセッツ州リン。ジュディウェルマンの礼儀。

Mary Baker Eddy Home、8 Broad Street、Lynn、マサチューセッツ

メアリーは1821年7月16日に生まれ、ベイカー家の6人の子供の末っ子でした。彼女は若者の多くを慢性的に病気で過ごしました。彼女は病気にもかかわらず、彼女の人生で支えとなる男性から教育を受けました。彼女の宗教的訓練は19世紀初頭のニューイングランドのプロテスタントを反映していましたが、彼女は予定説に同意しませんでした。彼女の初期の教育の間に、彼女は書くことに興味を持つようになりました。

若い大人として、エディは多くの重要な人々の喪失に直面しました—彼女の兄弟、彼女の最初の夫、彼女の母親、そして新しい婚約者。まだ体調が悪いので、エディは自分を支えようとしましたが、書くことと教えることは彼女を支えることができませんでした。彼女は再び結婚しましたが、夫が一度に何ヶ月も彼女を捨てたため、この選択は困難でした。彼女はついに姦淫を理由に離婚した。

これらの経験、彼女の弱さ、そして予定説についての彼女の質問は、彼女を肉体的な病気を治す際の心の役割を研究するように導きました。彼女は、限られた時間で最小限の効果しかなかったさまざまな代替医療を試しました。それから、彼女はエピファニーとして彼女が説明したものを持っていました:身体的な病気の原因は信仰と精神的な焦点で解決することができたということです。次の10年間、1866年から1875年にかけて、彼女は、神を意味する「常に機能する神の原則」を通じて、心を使う科学的方法を開発し、適用しました。

1875年、彼女はマサチューセッツ州リンの家を購入し、講義を開始し、独創的な本を完成させました。 科学と健康。 その中で、彼女は「原始キリスト教」に戻ることによってキリスト教会の宗教的実践を改革することを望んでいた癒しの方法を概説しました。この本は複数の改訂と印刷を受け、アメリカ人がこれまでに書いたスピリチュアリティに関する最も影響力のある本の1つになり、新しい宗派の立ち上げに役立ちます。既存の宗教的信念を改革するというエディの最初の希望は、国民による複数の拒絶の後に道を譲りました。それにもかかわらず、彼女自身の信者は成長し、一緒に彼らは新しいキリスト教会(科学者)を形成しました。

クリスチャンサイエンス運動は1880年代を通じて急速に成長しました。エディはボストンとシカゴでクラスを開催し、中西部とそれ以降のクリスチャンサイエンスに興味を示した人々を教えるために旅行しました。彼女はと呼ばれる月刊誌を設立し、編集しました クリスチャンサイエンスジャーナル National Christian Scientist Associationを設立し、彼女の大学に通常のクラスを追加して、訓練を受けたクリスチャンサイエンスの教師を教育し、全国に独自のクラスを招集して宗教を広めました。

クリスチャンサイエンスへの一般の関心が高まるにつれ、特に聖職者と医療機関の双子の男性の要塞からの一般の批判も高まりました。どちらも、この外れ値の領土への侵入に脅かされていると感じ、彼らの階級からの亡命に憤慨しました。侮辱は、エディが女性だったという事実によって悪化しました。

フェミニストの問題はエディの仕事の主な目的ではありませんでしたが、彼女の人生は、女性が従来の性別の役割を拒否し、19世紀後半から20世紀初頭の社会的制約の外に自分のためのスペースを作った好例です。彼女の運動は、二重の性別の神を認識し、男女の貢献を等しく評価しました。当初から、女性は、ヒーラー、教師、講師、編集者、教会の役人として、クリスチャンサイエンス運動に不可欠な役割を果たしました。女性が社会における伝統的な役割を拡大するにつれて、彼女の人生は、国内および最終的には国際的な範囲の成功した運動を創設し、主導することで、19世紀後半の社会の流れを反映し、例証しました。

マサチューセッツ州リンのブロードストリート8番地にある家は、エディの米国への貢献を認めるのに最適な場所であることが証明されました。彼女はこれを最初の家として購入しました。彼女は彼女の最も重要な神学的声明を完成させ、発表しました、 聖書の鍵となる科学と健康、 ここ。この家で、彼女は正式に教え、説教し、教会と大学を設立しました。彼女は自分の教会組織の基盤を確立し、それが彼女を全国的な舞台とそれ以降に導く軌道を開始しました。ロングイヤー博物館は、2007年に購入した後、家を修復しました。

National Collaborative for Women’s History Sitesは、国立公園局の北東部の要請により、ロングイヤー博物館と協力して、2016年にエディの家を国定歴史建造物として提案しました。博物館は2018年12月に提案を完了し、NPSに提出しました。


コピーを入手


メリーベーカーエディ-歴史

メリーベーカーエディは、1875年から1882年までブロードストリート8番地のリンに住んでいました。史跡は大規模な修復を受けました。これは、メリーベーカーエディの作家、出版社、講演者、ヒーラーが所有する最初の家であり、1875年に彼女の主要な作品「科学と健康」の初版を執筆し、出版しました。

リンのメリーベーカーエディ記念碑

リン市長のジュディスフラナガンケネディは、彫刻家でリン出身のリノピサーノによって作成された、リンの歴史的なメリーベーカーエディ記念碑を再奉納しました。

このトリビュートは、1866年にこの場所で氷上に落下したエディの癒しの結果であるクリスチャンサイエンスの発見から145年が経過したことを表彰するものです。記念碑はオックスフォードとマーケットストリートの角にあります。ここマサチューセッツ州リンにあります。

ケネディ市長の再奉献式は、メリーベーカーエディのこの世界的な遺産がすべてここリンで始まったことをタイムリーに思い出させます。

NS リンレポーター 1866年2月3日版で彼女の状態についての短い項目を運びました。堕落の3日後、彼女は聖書を読んでいる間に癒されました。この回復がどのように起こったかを理解するための彼女の探求は、彼女をクリスチャンサイエンスの発見に導きました。彼女の人生の途中でのこの出来事は、彼女の生涯にわたる健康と神聖な科学的癒しの方法の探求のターニングポイントになりました。

100年前、1910年12月3日に89歳で亡くなったとき、メリーベーカーエディは一般的な名前でした。何百もの賛辞が世界中の新聞に掲載されました。 ボストングローブ、 &ldquo彼女は世界で素晴らしい&mdashanの並外れた仕事をしました、そして彼女が善のために強力な影響力を持っていたことは間違いありません。&rdquo

1907年 人間の生活 雑誌は、エディを「今日の世界ではないにしても、アメリカで最も有名で、興味深く、強力な女性」と宣言しました。

スーザンB.アンソニーはかつてエディを支持して公に書いた。クララ・バートンがクリスチャンサイエンスについてコメントしている ニューヨークアメリカン クリスチャンサイエンスの批評家であるマークトウェインでさえ、&ldquoWhen私たちは人を知りません&ndashそしてまた私達が&ndashするとき私達は彼の特別な事業分野の他の人の業績と比較して彼の業績の大きさと性質を判断しなければなりません&ndash他の方法はありません。この基準で測定すると、エディ夫人のウエストベルトに手を伸ばすことができる人を世界が生み出してから1300年になります。&rdquo彼はまた、&ldquoいくつかの点で、彼女はこれまでで最も興味深い女性であり、最も並外れた女性です。&rdquo

&ldquoCity of Firsts&rdquoとしてのLynn&rsquosの遺産は、Lynnで始まったEddy&rsquosの画期的な成果の結果として充実しました。ここで彼女は自分の発見を共有するのに苦労し、女性が投票できず、説教壇、神学校、医療専門家から一般的に締め出されていたときに耳を傾けました。クリスチャンサイエンスの実践における彼女の最初の癒しの仕事はリンで始まりました。彼女は、「聖書にはすべての癒しのレシピが含まれています」と述べました。新しい宗教の始まりはここで生まれ、世界的な教会を形成するための最初のステップでもあります。リンでは、クリスチャンサイエンスに関する最初の公開演説が1875年5月23日にマーケットストリートのコンサートホールでエディによって配信されました:&ldquoChrist Healing the Sick。&rdquo 6月、最初の日曜日の礼拝がグッドテンプラーホールで開催されました。 1881年1月31日、彼女はマサチューセッツメタフィジカルカレッジを設立し、チャーターを受けました。

彼女の聖書研究から、彼女の主な仕事が生まれました。 聖書の鍵となる科学と健康、彼女は8 Broad StreetのLynnに住んでいたときに、1875年に完成して出版しました。彼女の家は現在、エセックス国立遺産地域のトレイルの歴史的な停留所です。哲学者ブロンソンアルコットは、彼女の作品には「インスピレーションの封印」があったと書いています。


1寄付の説明については、Peel、Robert、Mary Baker Eddy:The Years of Authority(Boston:Christian Science Publishing Society、1982)、9 – 10 GoogleScholarを参照してください。

2メリー・ベーカー・エディ、「池と目的」 その他の著作1883〜1896、聖書の鍵となる科学と健康以外の作品 (ボストン:キリストの最初の教会、科学者、1924年)、206。

3エディ、メリー・ベーカー、 いいえ、はい、聖書の鍵となる科学と健康以外の散文作品(ボストン:キリストの最初の教会、科学者、1925)Google Scholar、45、46。1891年に最初に出版されました。

4 Stark、Rodney and Bainbridge、William、The Future of Religion:Secularization、Revival and CultFormation(Berkeley:University of California Press、1985)、237 – 238 CrossRefGoogleScholarを参照してください。著者は、米国の宗教会員に関する1926年の国勢調査を引用しています。この国勢調査では、クリスチャンサイエンスの性別による内訳は女性75.5%であるのに対し、米国の教会会員全体の統計は女性55.7%です。 1906年の国勢調査、 宗教団体:1906年、 巻2(ワシントン州:政府印刷局、1910年)は、米国の科学者であるキリスト教会の性別の内訳を72%が女性であると述べています。私は、1910年12月号のクリスチャンサイエンスプラクティショナー(ヒーラー)リストの性別分析を実施しました。 クリスチャンサイエンスジャーナル。 私の結果は、現時点でクリスチャンサイエンス教会によって承認されたクリスチャンサイエンスの実践者にとって、89パーセントの女性の大まかな数字を示しました:エディの死の月と年。

5スティーブン・ゴットシャルク、 アメリカの宗教生活におけるクリスチャンサイエンスの出現。 (Berkeley:University of California Press、1973)、218。ゴットシャルクは、そのようなクリスチャンサイエンスのペルソナを少数のクリスチャンサイエンティストの代表として特定しているが、彼の分析は、クリスチャンサイエンス文化の認識におけるその卓越性を示している。たとえば、彼は同じ段落で、「エディ夫人の信者のよりエーテル的なもののいくつかは、甲高い、表面的に甘い声のトーンに影響を与えました。そのため、たとえば、エズラ・パウンドは、彼が言及した女性を簡単に識別できました。 「クリスチャンサイエンスの声」を持っているとして手紙で。」ペイジ、DD編、エズラパウンドの手紙、1907–1941(ニューヨーク:1950)、17Google Scholar、Gottschalkで引用、 アメリカの宗教生活におけるクリスチャンサイエンスの出現、 218.

6 Putney、Clifford、Muscular Christianity:Manhood and Sports in Protestant America、1880–1920(Cambridge、Mass。:Harvard University Press、2001)、144GoogleScholar。

7の画期的な第50版から始まります 聖書の鍵となる科学と健康 (1891)、エディは「科学、神学、医学」というタイトルの新しい章を含み、そこで彼女はこれらの分野に関連してクリスチャンサイエンスについて体系的に議論しました。

8ゴットシャルクは、「クリスチャンサイエンスは、クリスチャンの啓示の実用的な解釈として最もよく理解されている」と主張しています。ゴットシャルク、 アメリカの宗教生活におけるクリスチャンサイエンスの出現, 278.

9アーウィン・キャナム、 自由へのコミットメント:クリスチャンサイエンスモニターの物語 (ボストン:ホートンミフリン、1958年)、xvi。 Canhamは、次の編集職を歴任しました。 クリスチャンサイエンスモニター: 編集長(1941–1944)、編集者(1945–1964)、編集長(1964–1974)。

10「ミスタートマス・ヒューズと彼の演説」 ハーバードアドボケイトサプリメント 10、いいえ。 1(ケンブリッジ、マサチューセッツ州、1870年10月14日)。

11 Winn、WilliamE。、「 トムブラウンの学生時代 そして「筋肉的キリスト教」の発展」教会史29、no。 1(1960年3月):73CrossRefGoogle Scholar、https://doi.org/10.2307/3161617。

12ブレット・マッケイとケイト・マッケイの「キリスト教が筋肉質だったとき」を参照してください。 筋肉的キリスト教:男性と信仰の関係 (オクラホマ州ジェンクス:Semper Vigilis、2018年)、chap。 3、Kindle。彼らは次のように述べています。「筋肉キリスト教運動は公式に組織されたり、一人の人が率いたりすることはありませんでしたが、代わりにさまざまな形で現れ、さまざまな人物や教会、主にリベラルでメインラインのプロテスタントの多様性によって支えられた文化的傾向でした。 。」

13パトニー、 筋肉キリスト教, 7.

14パトニーを参照、 筋肉キリスト教、 69–70.

15ルーサー・ギューリック、「三角形の意味」 若い男性の時代、 1894年1月18日。

16 Gulick、「三角形の意味」。

17パットニー、クリフォード、「ルーサーギューリック:スプリングフィールド大学、YMCA、および「筋肉キリスト教」への彼の貢献」、マサチューセッツ州歴史ジャーナル39、no。 1–2(2011年夏):158GoogleScholar。ルーサー・ギューリックの祖父であるピーター・ギューリックは、1820年代にキリスト教の宣教師の大義を引き受け、1827年にアメリカ外国宣教委員会(ABCFM)からハワイ王国で奉仕する任命を受け入れました。その後のピーター・グリックの子孫もまた、外国で宣教師としてのキャリアと役職に就きました。

18 Gulick、「三角形の意味」。

19 Gulick、「三角形の意味」。

20パトニー、 筋肉キリスト教、 72.

21メリー・ベーカー・エディは、「お客様の声」に関する一節でこれを書いています。 マサチューセッツ州ボストンの母教会、キリストの最初の教会、科学者のマニュアル (ボストン:クリスチャンサイエンス出版協会、1895年)、47。

22パトニーを参照、 筋肉キリスト教、 150–153.

23メアリー・ファレル・ベドナロウスキーを参照。 アメリカにおける新しい宗教と神学的想像力 (Bloomington:Indiana University Press、1989)、34。Bednarowskiは、グノーシス主義者としてのクリスチャンサイエンスの見方が「誤解を招く」ことを観察しましたが、その優位性も認めています。

24 Williams、Peter、Popular Religion in America:Symbolic Change and the Modernization Process in Historical Perspective(Urbana:University of Illinois Press、1989)、132GoogleScholarを参照してください。

25シドニー・アールストロム、「19世紀後半以降の調和のとれた宗教」を参照してください。 アメリカ人の宗教史、 第2版(第1版1972年コネチカット州ニューヘブン:エール大学出版局、2004年)、1019-1036。 Ahlstromは、「調和的思考」をアメリカの宗教における重要な傾向として特定しています。それでも、彼はこの精神的な方向性の「主要なモード」として「クリスチャンサイエンス」、「新しい思考」、「ポジティブシンキング」を選び出します。

26 Ahlstrom、「19世紀後半以降の調和のとれた宗教」、1019。

27キャサリン・アルバネーゼ、 心と精神の共和国:アメリカの形而上学的宗教の文化史 (コネチカット州ニューヘブン:エール大学出版局、2007年)、295。

28スティーブン・ゴットシャルク、 石を転がして:メリー・ベーカー・エディの唯物論への挑戦 (ブルーミントン:インディアナ大学出版局、2006年)、364。

29パトニー、 筋肉キリスト教、 150.

30エディ、 母教会のマニュアル、41、アドバイス:「クリスチャンサイエンスと神智学、催眠術、またはスピリチュアリズムとの間の大きな隔たりを示す必要があるときは、それを行いますが、厳しい言葉はありません。」 「ホプキンスのスター宣教師の一人」としてのヘレン・ヴァン・アンダーソンについては、ベリル・サッターを参照してください。 それぞれの心の王国:アメリカの女性、性的純粋さ、そして新しい思想運動、1875年から1920年 (バークレー:カリフォルニア大学出版、1999年)、116、チャールズ・ブレーデンを参照、 反逆の精神:新しい思想の台頭と発展 (ダラス:Southern Methodist University Press、1963)、140–141。ブレーデンによれば、ホプキンスは1883年12月にメリーベーカーエディからクリスチャンサイエンスの指導を受けました。1884年9月から、彼女は クリスチャンサイエンスジャーナル その後、「1885年10月に編集者として解任された」。また、ホプキンスの経歴については、アクセッション番号を参照してください。 550.58.010–550.58.027、The Mary Baker Eddy Papers、2020年11月11日アクセス、https://marybakereddypapers.org。ホプキンスは「1883年12月にメリーベーカーエディーの学生であり、初等教育を受けていた」こと、そして彼女は「1884年にクリスチャンサイエンティスト協会(CSA)に参加し、簡単に クリスチャンサイエンスジャーナル.”

31メリー・ベーカー・エディ、「質問への回答」 クリスチャンサイエンスジャーナル 5、いいえ。 1(1887年4月):25。

32スピリチュアリズムと神智学の関係の分析については、スティーブン・プロテロ、「スピリチュアリズムから神智学へ:民主主義の伝統を「高揚させる」」を参照してください。 宗教とアメリカ文化:解釈のジャーナル 3、いいえ。 2(1993年夏):197–216、ロバート・エルウッドとキャスリーン・ウェシンガー、「 『普遍的な兄弟愛』のフェミニズム:神智学運動の女性」を参照。 限界宗教における女性のリーダーシップ:主流の外での探求、 ed。キャサリン・ウェシンガー(アーバナ:イリノイ大学出版局、1993年)、69。彼らは、神智学協会の創設者であるヘレナ・ブラヴァツキーとヘンリー・スティール・オルコットは、「スピリチュアリズムが示唆する非実体的な現実が浸透し、進歩的な精神の科学に加わることができると信じていた」と書いています。その日の場合、人生の統一が再び把握されるかもしれません。」

33 ボストンデイリーグローブ、 1895年1月7日。

34 A10835B、The Mary Baker Eddy Collection、The Mary Baker EddyLibraryを参照してください。

35 L. L. Doggett、 ボストン青年キリスト教協会の歴史 (ボストン:若い男性のキリスト教協会、1901年)、72。

36メリー・ベーカー・エディ、 科学と健康、vol。 1、第3版(ケンブリッジ、マサチューセッツ州:ユニバーシティプレス、1881年)、233(以下、 科学と健康 [1881]).

37アン・ダグラス、「神学の喪失:教義からフィクションへ」を参照。 アメリカ文化の女性化 (ニューヨーク:ファラー、ストラウス、およびギルー、1977年)、121–164。

38ダグラス、「神学の喪失」、124。

39メリー・ベーカー・エディ、 聖書の鍵となる科学と健康 (ボストン:Christian Science Publishing Society、1934)、227(以下、 科学と健康 [1934]).

40メリー・ベーカー・エディ、 キリスト科学者とその他の最初の教会 (ボストン:キリストの最初の教会、科学者、1913年)、218。

41チャールズ・ハワード・ホプキンス、 Y.M.C.A.の歴史北米では (ニューヨーク:Association Press、1951)、246。

42ホプキンス、 Y.M.C.A.の歴史北米では、254〜255。グリックは、1891年5月9日にミズーリ州カンザスシティで開催された第29回青年キリスト教協会の国際大会でこの講演を読みました。 若い男性の時代、 1891年11月26日。

43メリー・ベーカー・エディ、「トレモント寺院のクリスチャン・サイエンス」 その他の著作、1883〜 1896年、 の 聖書の鍵となる科学と健康以外の作品 (ボストン:キリストの最初の教会、科学者、1925年)、96。

44神智学協会が初期にスピリチュアリズムに重点を置いていたため、スピリチュアリストコミュニティの女性にとって魅力的でした。ジューン・メルビー・ベノウィッツ編「神智学」を参照。 アメリカの女性と宗教の百科事典、 第2版(カリ州サンタバーバラ:ABC-CLIO、2017年)、597。

45 光の旗、 1866年11月10日、p。 2、アン・ブラウデで引用、 過激な精神:19世紀のアメリカにおけるスピリチュアリズムと女性の権利 (ボストン:ビーコン・プレス、1989年)、83。

46皮をむき、 メリーベーカーエディ:権威の年、 10.

47 Eddy、「Pond and Purpose」、203〜204を参照してください。

48ウィリアム・ジェームズ、 人生は生きる価値がありますか? (フィラデルフィア:S。バーンズウェストン、1896年)、61。

49 Eddy、「PondandPurpose」204を参照してください。

50 Eddy、「Pond and Purpose」、205。

51 Eddy、「Pond and Purpose」、205–206。

52 ウェブスターの第9の新しい大学辞書 (Merriam Webster、1991)は、「高速輸送」という用語の起源を1873年にさかのぼります。

53エディ、「池と目的」、206。

54エディ、「池と目的」、207。

55ドナルド・マイヤー、「G。スタンレーホールの科学的ヒューマニズム」を参照してください。 人間性心理学ジャーナル 11、いいえ。 2(1971年10月):201–213。マイヤーは次のように述べています。「1904年、ホールは彼の最大の作品を発表したときに、彼の「より高い人類学」のより広い次元を明らかにしました。 思春期。」 Meyer describes Hall's view of adolescence as “an especially crucial time in a person's growth because, in this period, the higher sensibilities develop and the ideals of love and service take form.” Meyer, “The Scientific Humanism of G. Stanley Hall,” 209.


Mary Baker Eddy

The church founded by Mary Baker Eddy, known as Christian Science, is built upon the premise that sickness and death have no basis in reality because matter itself is unreal. They are illusions produced by unbelief and the failure to understand the true concept of God.

Christian Science is best known today from the refusal of its followers to take medication or to consult a doctor. Eddy believed that reality, created by God and therefore inherently good, could not contain anything not good, such as poverty, suffering, and death. The illusion ended for Mary Baker Eddy on December 3, 1910, when she suffered a very real death resulting from pneumonia.

Mary Baker was born in New Hampshire on July 16, 1821. Her childhood was filled with frequent periods of sickness, physical and emotional, for which she was treated with morphine and hypnotism. This era saw the rise of many enthusiasms such as mesmerism, spiritualism, Quakerism, and Mormonism, all of which influenced her philosophy.

She claimed that after a fall on the ice in 1866 which left her with crippling injuries (later denied by the attending doctor in a signed affidavit) she rediscovered the secrets of faith healing used by Christ which were lost when the early Christian church apostatized. She proceeded to write down these spiritual laws in a textbook, published in 1875, known as S cience and Health with Key to the Scriptures.

Eddy claimed the book was dictated to her directly by God. Of its authorship she said, “I should blush to write a Science and Health with Key to the Scriptures as I have, were it of human origin, and I, apart from God, its author but as I was only a scribe echoing the harmonies of heaven in divine metaphysics, I cannot be super-modest in my estimate of the Christian Science textbook.” In actual fact this work, considered by her followers to be of equal importance to the Bible, is of human origin. It is largely the result of plagiarism, the remainder being the pantheistic ramblings of Eddy herself.

The plagiarized material, much verbatim, was taken from the writings of P. P. Quimby and Francis Lieber.

Quimby was a hypnotist and faith healer who had previously treated Eddy and had won from her adoration and published endorsements. He coined the terms “Science of Health” and “Christian Science” to describe his theories which he compiled in a work titled Questions and Answers 。 A copy of this exists with corrections in Mary Baker Eddy’s own handwriting.

Lieber had produced a manuscript on the metaphysics of the philosopher Hegel, and Eddy freely copied from it. Newspapers of the day unmasked the plagiarism, ニューヨークタイムズ of July 10, 1904 printing parallel columns of Eddy and Quimby for comparison.

Christian Science purports to be a Christian organization. It borrows heavily from the Christian vocab-ulary but denies all the fundamental Christian dogmas. It rejects the belief in a personal God, the Trinity, the divinity of Christ, the existence of sin and the devil, the Resurrection, and heaven and hell. Instead Christian Science substitutes a vague pantheism. Referring to its textbook, Mark Twain wrote, “Of all the strange and frantic and incomprehensible and uninterpretable books which the imagination of man has created, surely this one is the prize sample.”

When her third husband, Asa Eddy died, Mary Baker Eddy convinced a coroner to change the cause of death from heart attack to “arsenic poisoning mentally administered.” In a letter to the Boston Post she insisted that former students had used “Malicious Animal Magnetism” to kill him. “MAM” was the term used by Eddy to describe the misuse of the mental powers she was teaching others to employ.

Mary Baker Eddy wished to acquire wealth.のオリジナル版 Science and Health with Key to the Scriptures was advertised as “a book that affords an opportunity to acquire a profession by which you can accumulate a fortune.” Her followers were commanded to buy and sell copies under pain of excommunication. They were forced to buy each new edition, even though only a few words might have been changed. Eddy, who started her religion without a penny, died a millionairess.

Christian Science is a non-Christian sect masquerading as Christian. When Mary Baker Eddy was alive, perhaps some were better off reading her fanciful textbook than submitting to bloodletting and primitive surgery. (Medicine was in a primitive state by today’s standards.) But disease is real, and modern medicine often can cure it. No one should labor (and die) under the illusion that “matter and death are mental illusions.” In short, Christian Science has proved itself neither Christian nor scientific.


Imparting a Fresh Impulse: Mary Baker Eddy Teaches the Class of 1898

It had been almost a decade since Mary Baker Eddy had taught classes at her Massachusetts Metaphysical College in Boston. Hoping to ensure the highest quality teaching for the future of the Christian Science movement, in mid-November 1898 she sent messages to some seventy prospective participants from near and far, requesting that they be present at Christian Science Hall in Concord, New Hampshire, Sunday afternoon, November 20, to receive “a great blessing.”

Almost all were able to come. And when they had gathered, they found out why they had been called, as Edward A. Kimball read Mrs. Eddy’s greeting to them:

You have been invited hither to receive from me one or more lessons on Christian Science…. This opportunity is designed to impart a fresh impulse to our spiritual attainments, the great need of which I daily discern. I have awaited the right hour, and to be called of God to contribute my part towards this result. 1

The class consisted of two lessons, Mrs. Eddy examining the spiritual fitness of the students, taking them higher in their understanding of God, and preparing them for the work that lay ahead. The Christian Science movement had come a long way in the thirty-two years since the discovery that impelled it, but it still needed the inspired wisdom of its Leader to temper and hone its momentum, and to establish its teaching on a sound and consistent basis.

The year 1898 brought significant action on the part of Mrs. Eddy for her church. Refining some functions within the organization brought progressive steps, including the establishment of The Christian Science Board of Lectureship, the Christian Science Sentinel, and the Board of Education. And in November, having become increasingly concerned over the quality of teaching in the Christian Science field, Mrs. Eddy decided to teach again. It would be the class of 1898, a significant event as time would tell, and her last class.

Letters or telegrams went out to some seventy people to be at Christian Science Hall in Concord at the appointed hour. Those invited were not only from nearby, but also from greater distances — the western, midwestern, and southern United States, and Canada, England, and Scotland. A “great blessing” was promised, but no specific information as to the nature of the blessing was given. And the invitations were strictly confidential. Students were told about the class when they had gathered, and why confidentiality had been essential:

I have awaited your arrival before informing you of my purpose in sending for you, in order to avoid the stir that might be occasioned among those who wish to share this opportunity and to whom I would gladly give it at this time if a larger class were advantageous to the students. 2

Christian Science Hall Concord, New Hampshire. Interior and exterior photographs. Longyear Museum collection, P2304. Christian Science Hall Concord, New Hampshire. Interior and exterior photographs. Longyear Museum collection, P2313. Stained-Glass Window. From Christian Science Hall, Concord, New Hampshire. Longyear Museum collection, AF0963.

Preparing the next generation

The class was composed of about an equal number of men and women from diverse regions, from varying walks of life, and representing varying levels of experience in their practice of Christian Science. Also invited were observers representing the press.

In a January 1898 letter to Daphne Knapp, Carol Norton, John Lathrop, and James Neal thanking them for the gift of a parasol, Mrs. Eddy addressed them, “My beloved Quartette.” About a year earlier, in December of 1896, she had recommended that these four young people become First Members of her church, an early governing body of the church.

Her reasons were clearly stated:

First, for their faithfulness in the field. Second, for the advantage to them individually. Third, from a desire to have them grow up with the First Members of the Mother Church who receive more directly my counsel and assistance. 3

When Mrs. Eddy was asked why she chose so many young people for the class, she replied, in substance, because I want my teaching carried on. — Emma C. Shipman 4

A Shared Experience

There were in the class some close family relationships — mothers and daughters, a mother and son, sisters, some husbands and wives, and even future marriage partners.

Several years after attending the 1898 class, Daisette Stocking and William P. McKenzie were married. But they had known each other since she had introduced Christian Science to him at a gathering of friends in 1891. He had been prepared for the ministry and possessed exceptional poetical and rhetorical abilities. Mrs. Eddy early perceived his talents and deeply Christian character and appointed him as one of the first members of the Christian Science Board of Lectureship in 1898, only one of many important positions he would fill in the church over the years. Daisette wore the clover-shaped gold pin (below) during the 1898 class.

Rose Cochrane and her mother, Effie Andrews, attended, as did Abigail Dyer Thompson with her mother, Emma Thompson. Of the experience Abigail wrote,

It was my blessed privilege to be a member of our Leader’s last class. Through the influence of my mother’s deep appreciation of Mrs. Eddy as God-inspired in her leadership, I was prepared to follow with absorbing interest every word of her teaching. 5

Experience lifted to higher ground

Mrs. Eddy had come to rely on workers in the Field that were strong and steady for the immense work to be done. Their resolute Christian foundations, ability to stand in the face of battle, and untiring efforts to move the Cause forward were a joy to her.

She had once referred to two of these stalwart individuals, Effie Andrews and Marjorie Colles, as “old grand soldiers,” and she invited both to partake of the class.

Judge Septimus J. and Camilla Hanna were Editor and Assistant Editor of The Christian Science Journal at the time they were invited to attend the class. This had given them a close working relationship with Mrs. Eddy, including private instruction. Camilla’s healing through Christian Science had convinced her husband to become a student, and he left his legal career and served in many responsible capacities, including First Reader of The Mother Church, a member of The Board of Lectureship, and Normal class teacher in the Christian Science Board of Education in 1907.

Certificate for Normal Class Instruction. Given to Kate Davidson Kimball after instruction by Mary Baker Eddy in the November 1898 class, Longyear Museum collection, LMDB-6018.

Edward and Kate Kimball were from Chicago, where Edward had managed a successful manufacturing business for some twenty years. As was the case for many other families, Edward’s healing through Christian Science changed the course of their lives, which became devoted to working for the Cause. Edward held several prominent positions — he was one of the first teachers appointed to the Christian Science Board of Education, and one of the first members of The Christian Science Board of Lectureship. He is said to have delivered over 1,000 lectures in nine years. The certificate (below) is the one presented to Kate Kimball after attending the 1898 class.

Sue Harper Mims had been a leader in social and public life of Atlanta, Georgia, for many years, when her healing of a long-standing illness brought her into the active practice of Christian Science. She became one of the first teachers to be established in the southeastern United States, and was appointed in 1898 to The Christian Science Board of Lectureship— one of the first women to serve in that capacity.

In her Communion address of June 4, 1899, Mrs. Eddy said, “The students in my last class in 1898 are stars in my crown of rejoicing.” 6 These words recall thoughts expressed in her earlier article, “Fidelity”:

Is a musician made by his teacher? He makes himself a musician by practising what he was taught. The conscientious are successful. They follow faithfully through evil or through good report, they work on to the achievement of good by patience, they inherit the promise…. The lives of great men and women are miracles of patience and perseverance. Every luminary in the constellation of human greatness, like the stars, comes out in the darkness to shine with the reflected light of God. 7

Student Irving C. Tomlinson writes about the class in his Twelve Years with Mary Baker Eddy: “The purpose of the gathering was not to teach the letter of Christian Science, Mrs. Eddy said, for the members were supposed to possess that knowledge. It was rather to spiritualize the Field, and she remarked to me afterward that her work with that class changed the character of the entire Field.” 8


Where is color?

Mrs. Eddy writes: "Has not the truth in Christian Science met a response from Prof. S. P. Langley, the young astronomer? He says that 'color is in us,' not 'in the rose' and he adds that this is not 'any metaphysical subtlety,' but a fact 'almost universally accepted, within the last few years, by physicists.'" (Rudimental Divine Science, page 6.)

For additional background on Mary Baker Eddy and Natural Science, scan down to "Christian Science and Natural Science" on the Founder's page here.



コメント:

  1. Lahthan

    ユースロックグループのラネツキは、このような素晴らしいブログをありがとうと言っています!

  2. Ten Eych

    それは同意し、非常に良いメッセージです

  3. Winward

    疑いなく。

  4. Creed

    私は同意します、素晴らしいフレーズ

  5. Dot

    私は間違いを犯すと思います。これについて議論してみましょう。午後に私に手紙を書いてください、話してください。

  6. Pannoowau

    それが発熱の妄想

  7. Tautaxe

    説明してくれてありがとう。



メッセージを書く