相続人は、現在の支配者が王位を引き継ぐために死んだと国に信じさせたことがありますか?

相続人は、現在の支配者が王位を引き継ぐために死んだと国に信じさせたことがありますか?


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

セマフォと電信が発明される前は、メッセージは馬の速度よりも速く伝わることができませんでした(または伝書鳩かそれらの線に沿った何か-まだかなり遅いです)。

ある国の統治者が戦争に出かけたり、国から遠く離れた外国の商売に出かけたりして、相続人が王位を引き継ぐために統治者が死んだと市民に信じ込ませたという歴史上の状況はありますか?たぶん彼は死のメッセージを運ぶふりをするためにメッセンジャーにお金を払ったのだろうか?

これらは、暗殺ではなく、誤った情報を使用して国を乗っ取った事例です。


はい。イギリスのジョン王は、十字軍の最中にリチャード1世から王位を奪おうとしました。リチャードの帰国が遅れたのは、彼がオーストリア公レオポルト5世に捕らえられ、神聖ローマ皇帝ヘンリー6世に引き渡されたためです。その間、ジョンは兄の投獄を利用して、彼の周りに支持者を集め、フランスのフィリップ2世と陰謀を企てました。彼も

彼の兄弟が死んだか、さもなければ永久に失われたと主張し始めました。

リチャードは十字軍に向かう前に彼の甥であるブルターニュのアーサー公爵を彼の相続人として指名しましたが、アーサーはまだ子供であり、ジョンは彼を相続人として認めた一流の貴族を何とか彼の周りに集めました。ジョンをなだめ、身代金を集めるのを手伝うために、

ウォルター大司教は、アキテーヌのエレノア女王と摂政評議会にジョンに対して和解政策を採用するよう促した…エレノアと大将軍はヒューバートの助言を受け、ジョンと休戦を交渉した。彼は自分の城を母親に明け渡すことに同意し、もし彼らがリチャードを取り戻すことができなければ、彼は王になるでしょう。

もちろん、リチャードは巨額の身代金を支払って最終的に戻ってきました。ジョンはすぐにフランスに逃げましたが、後にリチャードによって許されました。 1196年、リチャードは再びアーサーを相続人として指名しましたが、1199年に彼の死の床で考えを変え、代わりにジョンを指名しました。アーサーはその後「姿を消した」(1203)、ジョンは甥の殺害の第一容疑者であった。


彼はフランスの王位継承者ではありませんでしたが、1812年にクロードフランソワードマレ将軍がフランスでクーデターを試みました。捕虜から逃れた後、彼はナポレオンがロシアで亡くなったことを国家警備隊に知らせました。彼は2人の将軍を釈放することに成功し、他の数人を逮捕し、パリで権力を掌握しようとした。同日、彼はナポレオンが10月7日に死亡したと述べた手紙をピエール・ドゥセット大佐に提出した。しかし、ドゥセットはその日以降にナポレオンが書いた手紙を知っていたので、疑わしくなりました。

その直後、マレットは逮捕され、処刑されました。

ウィキペディアの記事:1812年のマレのクーデター


これが重要かどうかはわかりませんが、それは君主制ではなかったので、後継者は実際に支配者が最初に死んだと思っていました(彼が植えた爆弾の爆発の結果として)そしてそれもそうではありませんでした中世では、クラウス・フォン・シュタウフェンベルク大佐が思い浮かびます。

ヒトラーに対する暗殺計画が成功するのにおそらく最も近いものであったが、シュタウフェンベルクは1944年にヒトラーと出席した会議に爆弾を仕掛け、計画された電話を受けたために会議を去った。装置は爆発し、その時点でシュタウフェンベルクはヒトラーが死んだと想定し、ヴァルキューレ作戦として知られる計画を発動させました。これにより、シュタウフェンベルクとその共犯者はドイツ政府のほとんどの支配を一時的に引き継ぐことができました。

残念ながら、会議は天候のために通常の地下バンカーではなく地上の会議室で行われたため、爆風による圧力は部屋内に封じ込められず、したがって致命的ではありませんでした。ヒトラーは負傷したが、生き残った。ヒトラーが生き残ったことを知ったとき、計画はすでに進行中であったので、シュタウフェンベルクはそれを続けるように圧力をかけ、ヒトラーが実際に死んでいると信じるように他人をだまそうとしました。

しかし、ヒトラーは実際には死んでいなかったので、ヒトラーの生存のニュースがゆっくりと広まったので、プロットは数時間以内に崩壊し始めました。最終的に、プロットは失敗し、シュタウフェンベルクは爆弾の爆発の約12時間後に処刑されました。しかし、数時間の間、彼と彼の共犯者は、ヒトラーが死んだと人々に思わせたため、ナチスドイツの大部分を支配しました。

このクーデターの試みは、トム・クルーズ主演の2008年の映画ヴァルキリーの陰謀でした。


別の例は、(ビザンチンの)ローマ皇帝ヨハネス2世でした。これは、彼の死にゆく前任者であり父親のアレクシオス・コムネノスの明示的な同意を得て、いくつかの情報源(Runciman、私は思うが、ウィキペディアは同意していないようだ)に従って行われた。アレクシオスが亡くなったとき、アレクシオスの娘と婿がクーデターを起こそうとするのではないかと恐れ、ジョンは父親がまだ亡くなっている間、しかし彼が死ぬ前に父親の印章を取り、人々が彼を皇帝と称賛する宮殿に乗りました。 (彼の父親は実際には翌日まで死にませんでした。)

これは彼がすでに共同皇帝であったという点でおそらく少し安いです、しかしそれは確かに単なる技術以上のものでしたが、それは実際には継承の保証にはなりませんでした(そして彼の義理の兄弟はクーデターを試みました数ヶ月後)。


アルベール2世、モナコ王子

アルベール2世 [1] [2](1958年3月14日生まれのアルベール2世ルイピエールグリマルディ)は、モナコのソブリン王子であり、グリマルディ王子の家の長です。彼はレーニエ3世王子とグレースケリーの息子です。

彼はモナコ公国で生まれ、アマースト大学で政治学を学ぶ前にリセアルバートプレミアに出席しました。若い頃、彼は冬季オリンピックの決勝戦でボブスレーに出場し、2002年に引退しました。アルバートは父親が病気になった後、2005年3月に摂政に任命され、1週間後に亡くなったときに主権の王子になりました。彼の昇天以来、彼は環境保護の分野で率直であり、海洋保護の提唱者であり[3]、地球規模の気候変動に取り組むための再生可能エネルギー源の採用[4] [5]であり、モナコ財団のアルベール2世を設立しました。 2006年に、直接資金を調達し、そのような原因とより大きな生態学的保護のための行動を開始する。

アルバートは世界で最も裕福な王族の1人であり、資産は10億ドルを超え、モナコとフランスの土地も含まれています[6]。彼は、モナコのカジノやその他の娯楽施設を公国で運営しているソシエテデバンドメールの株式を所有しています。 [7] [8]

2011年7月、アルベール王子は南アフリカのオリンピック水泳選手シャルレーヌウィットストックと結婚しました。 [9]彼らには、双子のガブリエラ王女とジャック王子の双子の2人の子供がいます。アルベール王子はまた、結婚前に生まれた2人の子供、アメリカ生まれのジャズミングレースグリマルディとフランス生まれのアレクサンドルグリマルディコステの父でもあります。


サウジアラビアの王位継承者が60分に語りかける

サウジアラビアの皇太子モハメッドビンサルマンは32歳で、すでに世代の中で最も支配的なアラブの指導者です。今週、彼はクロスカントリーのアメリカツアーに乗り出し、そこで彼は懐疑的な米国の大衆に彼の王国を売り込みます。彼は、息子に広大な新しい力を与えた82歳の父、サルマン王によって9か月前に王位継承者に指名されました。

彼のイニシャル「M-B-S」で知られるサウジアラビア国内での彼の改革は革命的でした。彼は15,000人の王子がいる土地で、女性を解放し、音楽と映画を紹介し、汚職を取り締まっています。しかし、サウジアラビアの販売は簡単ではありません。アメリカのテレビネットワークとの最初のインタビューで、彼は自国の約束とその問題を抱えた評判について正面から話し合うことに熱心でした。

ノラ・オドネル: 多くのアメリカ人がサウジアラビアについて考えるとき、彼らはオサマビンラーディンと9.11について考えます。彼らは彼がアメリカの地にもたらしたテロについて考えています。

モハメッドビンサルマン: 右。オサマビンラーディンは、明確な目的を持って、9.11攻撃で15人のサウジアラビア人を募集しました。 CIAの文書と議会の調査によると、オサマ・ビンラーディンは中東と西部の間、サウジアラビアとアメリカ合衆国の間で分裂を作りたかったのです。

サウジアラビアの皇太子モハメッドビンサルマンCBSニュース

ノラ・オドネル: なぜオサマビンラーディンは西とサウジアラビアの間にその憎しみを作りたがったのですか?

モハメッドビンサルマン: 西側があなたを滅ぼそうとしているという彼の過激なメッセージを募集し、広めるのに役立つ環境を作るために。確かに彼は西側でこの分裂を作り出すことに成功した。

ノラ・オドネル: そして、それをどのように変更しますか?あなたがやろうとしているのは、家で物事を変えることのように見えるからです。

モハメッドビンサルマン: それはそう。過去3年間で多くの点で成功したと思います。

私たちは最初、リヤドの王宮でモハメッド王子に会いました。彼は、砂漠の王国での幸運のしるしである、激しい雨の中で到着しました。彼は、自宅での改革のために大胆で先見の明があるだけでなく、権力の座に無謀で衝動的であると呼ばれています。彼は中東でスズメバチの巣を蹴り、多くの新しい敵を獲得しました。その理由の1つは、彼が世界で最も厳重に守られている男性の1人である理由です。これは彼が彼の日々を始めるオフィスです。

ノラ・オドネル: 頑張る?

モハメッドビンサルマン 英語で: いつも。

彼は子供の頃に映画を見て英語を学びました。そして彼は、人口の70%が彼のようであり、35歳未満で落ち着きがないことを痛感しています。

ノラ・オドネル: 最大の課題は何でしたか?

モハメッドビンサルマン 英語で: 多くの課題があります。私たちが最初に直面する大きな課題は、私たちがしていることを人々が信じているかどうかだと思います。

ノラ・オドネル: アラビア国内で実践されているイスラム教の種類は厳しく、厳格で、不寛容であるという認識が広まっています。それには真実がありますか?

モハメッドビンサルマン: 1979年以降、それは本当です。私たちは犠牲者であり、特にこれに多大な苦しみを味わった私の世代でした。

皇太子は、サウジアラビアの問題のほとんどを、アヤトラホメイニが隣のイランにイスラム神権政治を確立した1979年までさかのぼります。同じ年、サウジアラビアの宗教過激派がイスラム教の最も聖なる場所であるメッカのグランドモスクを乗っ取りました。自分たちの宗教的過激派をなだめるために、サウジは女性を日常生活から締め出し、隔離し始めました。

ノラ・オドネル: 過去40年間、このサウジアラビアは何でしたか?それは本当のサウジアラビアですか?

モハメッドビンサルマン: 絶対違う。これは本当のサウジアラビアではありません。視聴者の方にはスマートフォンを使って調べていただきたいと思います。そして、彼らは70年代と60年代にサウジアラビアをグーグルで検索することができ、写真で本物のサウジアラビアを簡単に見ることができます。

ノラ・オドネル: 1979年以前のサウジアラビアはどのようなものでしたか?

モハメッドビンサルマン: 私たちは他の湾岸諸国と同じようにごく普通の生活を送っていました。女性は車を運転していた。サウジアラビアには映画館がありました。女性はいたるところで働いた。私たちは1979年の出来事まで、世界の他の国と同じように発展してきた普通の人々でした。

公の場では事実上目に見えないサウジアラビアの女性に新しい権利が与えられ、起業、軍隊への参加、コンサートやスポーツイベントへの参加が容易になりました。 6月には、彼らはハンドルを握って運転できるようになります。

ノラ・オドネル: 女性は男性と同じですか?

モハメッドビンサルマン: 絶対。私たちは皆人間であり、違いはありません。

ノラ・オドネル: あなたは、「サウジアラビアを私たちの元に戻す、穏健ムスリム」だと言っています。どういう意味ですか?

モハメッドビンサルマン: 私たちには、男女の混合を禁じており、男性と女性を一緒に、そして彼らが職場で一緒にいることを区別することができない過激派がいます。それらの考えの多くは、預言者とカリフの時代の生き方と矛盾しています。これが実際の例であり、真のモデルです。

彼は、最近まで女性を隠蔽しなかったとして逮捕することができた、国のいわゆる「宗教警察」の権限を抑制した。そして、彼の言うことはイスラム法の一部ではないことに注意深く耳を傾けてください。

モハメッドビンサルマン: 法律は非常に明確で、シャリーアの法律で規定されています。つまり、女性は男性のようにきちんとした礼儀正しい服を着ます。ただし、これは特に黒いアバヤや黒いヘッドカバーを指定するものではありません。決定は完全に女性が彼女が着ることを選ぶきちんとしたそして敬意を表する服装のタイプを決定することに任されています。

彼の言葉は重要であり、これまでのところ、王国の宗教指導者たちは彼らの舌を握っており、若い王子への忠誠を誓っています。

サウジアラビアの皇太子モハメッドビンサルマンCBSニュース

彼が毎週主宰するすべての会議の中で、これは最も重要です:彼の経済評議会。これらは、サウジアラビアの人々との「社会的協定」を作り直すことを信頼している男性と数人の女性です。皇太子の最も近い顧問の1人は、サウジアラビア生まれのハーバード大学で訓練を受けた弁護士であるモハメッドアルシェイクです。

モハメッドアルシェイク: 私たちは若い人口を持っていました。そして、私たちは国民に提供していました、あなたは助成されたエネルギー、助成された水、助成された薬、助成された教育を知っています、私たちは皆の人生を助成しました。

ノラ・オドネル: そして税金はかかりません。

モハメッドアルシェイク: そして税金はかかりません。

ノラ・オドネル: サウジアラビアは金融危機にどれほど近かったのでしょうか?

モハメッドアルシェイク: 極端に近かったとは思いませんが、その方向に向かっていました。

福祉国家の改革は一つの課題です。もう一つは、皇太子がサウジアラビアの石油への「中毒」と呼んでいるものです。国営石油会社のアラムコは、2兆ドルの価値があります。皇太子の計画では、その一部は新しいベンチャーに投資するために売却されます。王国の秘密の財政と人権に関する陰惨な記録が投資家を驚かせるかもしれないという懸念があります。

ノラ・オドネル: あなたは透明性と開放性を約束しました。しかし、昨年、あなたの政府を批判した何十人もの人々が逮捕されたという報告があります。彼らには、経済学者、聖職者、知識人が含まれます。これは本当にオープンで自由な社会ですか?

モハメッドビンサルマン: 私たちは、サウジアラビア政府が急進主義と戦うために何をしているのかを世界に知らせるために、これらの個人に関する情報をできるだけ早く公表するよう努めます。

ノラ・オドネル: しかし、この国での人権侵害についての質問に答えるために。

モハメッドビンサルマン: サウジアラビアは、人権の原則の多くを信じています。実際、私たちは人権の概念を信じていますが、最終的にはサウジアラビアの基準はアメリカの基準と同じではありません。欠点がないとは言いたくありません。確かにそうです。しかし当然のことながら、私たちはこれらの欠点を修正するために取り組んでいます。

しかし、皇太子は強引な戦術で非難されてきました。最も異常な例は、昨年11月、リヤドのリッツカールトンホテルで発生しました。彼は数百人の現および元政府大臣、メディア王、著名な実業家、および少なくとも11人の王子をここでの会議に招待し、そこで彼らは州から盗んだと非難され、返済するか無実を証明するまで拘束されました。

ノラ・オドネル: つまり、リッツカールトンで何が起こったのですか?それはどのように機能しましたか?あなたは本質的に、リッツカールトンが刑務所になりました。

モハメッドビンサルマン: 私たちがサウジアラビアでしたことは非常に必要でした。取られたすべての措置は、既存の公開された法律に従ったものでした。

拘留された人々の中には、世界で最も裕福な男性の1人であるアルワリードビンタラル王子がいました。アルワリード王子が2か月以上拘留された後、サウジはリッツの彼の部屋にカメラクルーを入れて簡単なインタビューを行いました。

アルワリード王子: そして、私はこのことが完全に終わり、出て、人生が続くまでここにいたいと思います。

モハメッド・アル・シェイクは、取り締まりが必要だと述べた。

モハメッドアルシェイク: 簡単ではありませんでした。名前と関係者を考えるだけで、それは本当に簡単ではありませんでした。しかし、私たち-私たちはこれをしなければならないと感じました。そして、私たちはそれをそのようにしなければなりませんでした。

ノラ・オドネル: 私たちはどのような腐敗について話しているのですか?つまり、いくらのお金が消えていたのですか?

モハメッドアルシェイク: おそらく、政府による年間支出の5〜10%であり、これはおよそ、年間ベースで100〜200億ドル、おそらくそれ以上の範囲でした。

ノラ・オドネル: では、年間200億ドルが消えつつあるのでしょうか?

モハメッドアルシェイク: 消える。

一部の被拘禁者が身体的に虐待され、1人が拘留中に死亡したという報告があります。サウジは私たちにホテルの選択を言った、「調査されている人々のために尊敬、尊厳、そしてヘリの快適さを維持することでした」。

ノラ・オドネル: それはパワーグラブでしたか?

モハメッドビンサルマン: 私に力があり、王が影響力のある人々に対して行動を起こす力を持っているなら、あなたはすでに根本的に強いです。これらは素朴な告発です。

ノラ・オドネル: どのくらいのお金を取り戻しましたか?

モハメッドビンサルマン: 金額は1,000億ドルを超えていますが、本当の目的はこの金額やその他の金額ではありませんでした。お金を稼ぐのではなく、腐敗した者を罰し、腐敗した取引に従事する者は誰でも法律に直面するという明確な合図を送るという考えです。

ノラ・オドネル: これは、アメリカで言うように、町に新しい保安官がいるというメッセージを送ることでもありますか?

モハメッドビンサルマン: 絶対。絶対。

「サウジアラビアは核爆弾の取得を望んでいませんが、間違いなく、イランが核爆弾を開発した場合、私たちはできるだけ早くそれに追随します。」

しかし、「新しい保安官」が汚職を取り締まっている間、彼自身の運命についての質問があります。ニューヨークタイムズ紙は、彼が最近、フランスのシャトーと一緒に5億ドルでヨットを購入したと報じています。

モハメッドビンサルマン: 私の私生活は私が守りたいものであり、私はそれに注意を向けようとはしません。一部の新聞がそれについて何か指摘したいのなら、それは彼ら次第です。私の私費に関しては、私は金持ちであり、貧しい人ではありません。私はガンジーでもマンデラでもありません。私はサウジアラビアが設立される前に何百年もの間存在していた支配家族の一員です。私たちは非常に広い土地を所有しており、私生活は10年または20年前と同じです。しかし、私が人としてしていることは、私の個人的な収入の一部を慈善事業に費やすことです。私は少なくとも51%を人に、49%を自分自身に費やしています。

王子の正式な称号の中には「防衛大臣」があります。そして、これは彼のイランへの明らかな固執が彼を隣のイエメンの泥沼に導いた場所です。

モハメッドビンサルマン: イランのイデオロギーはイエメンのいくつかの部分に浸透しました。その間、この民兵は私たちの国境のすぐ隣で軍事演習を行い、私たちの国境にミサイルを配置していました。

彼の対応は、昨年の秋に60ミニッツで報告したように、人道的災害につながる爆撃キャンペーンを開始することでした。彼は、イランの支援を受けた反政府勢力がリヤドでミサイルを発射するために国を利用したと言います。

モハメッドビンサルマン: アメリカ人がこれらのミサイルを見て何もしていない間に、アメリカがメキシコで民兵がワシントンD.C.、ニューヨーク、ロサンゼルスでミサイルを発射することをいつか受け入れるとは想像できません。

国連によると、イエメンでの数千人の民間人の死は、サウジアラビアの空爆と、イエメンの港が撤去されて以来、食料や医薬品が数十万人に届くのを一時的に阻止した封鎖の直接の結果です。

ノラ・オドネル: それが人道的大惨事であり、5,000人の民間人が殺され、子供たちがそこで飢えていることを認めますか?

モハメッドビンサルマン: それは本当に大変なことであり、この民兵が国際社会から共感を得るために人道的状況を有利に利用することをやめることを願っています。彼らは飢饉と人道的危機を生み出すために人道援助を阻止します。

ノラ・オドネル: イエメンで何が起こっているのか、本質的にはイランとの代理戦争ですか?

モハメッドビンサルマン: 残念ながら、イランは有害な役割を果たしています。イランの政権は純粋なイデオロギーに基づいています。アルカイダの工作員の多くはイランで保護されており、彼らを正義に引き渡すことを拒否し、米国に引き渡すことを拒否し続けています。これには、アルカイダの新しいリーダーであるオサマビンラーディンの息子が含まれます。彼はイランに住んでいて、イランで働いています。彼はイランに支えられています。

サウジアラビアの皇太子モハメッドビンサルマンと寄稿者ノラオドネルCBSニュース

スンニ派サウジアラビアとシーア派イランの両方がイスラム教の1つの真の支部を代表していると主張していることは注目に値します。

ノラ・オドネル: 本質的に、この裂け目は何についてですか?それはイスラム教のための戦いですか?

モハメッドビンサルマン: イランはサウジアラビアのライバルではありません。その軍隊はイスラム世界のトップ5の軍隊の中にはありません。サウジアラビアの経済はイランの経済よりも大きいです。イランはサウジアラビアと同等にはほど遠いです。

ノラ・オドネル: しかし、あなたがアヤトラ、ハメネイを中東の「新しいヒトラー」と呼んでいるのを見ました。

モハメッドビンサルマン: 絶対。

ノラ・オドネル: どうして?

モハメッドビンサルマン: 彼は拡大したいからです。彼は、当時拡大したかったヒトラーのように、中東で独自のプロジェクトを作成したいと考えています。世界中の多くの国とヨーロッパでは、ヒトラーがどれほど危険であるかは、何が起こるかが起こるまで気づいていませんでした。中東で同じ出来事が起こっているのを見たくありません。

ノラ・オドネル: サウジアラビアはイランに対抗するために核兵器を必要としますか?

モハメッドビンサルマン: サウジアラビアは核爆弾の取得を望んでいませんが、間違いなく、イランが核爆弾を開発した場合、私たちはできるだけ早くそれに追随します。

60ミニッツプロデューサーハリーラドリフIICBSニュース

60ミニッツからのメモ:私たちの物語「王位継承者」には多くの著者がいます。サウジアラビアに約1週間旅行した10人のチームには、この地域に対する長年の魅力を持っていた特派員のノラオドネルが含まれていました。また、私たちのチームには、プロデューサーのグラハムメシックとヴァネッサフィカがいます。彼は、66歳で癌で亡くなる前に、ストーリーの元のプロデューサーであるハリーA.ラドリフIIの依頼で2年以上前にこの任務に取り組み始めました。

Radliffeは、中東の政治、宗教、歴史に関する60Minutesの常駐エキスパートでした。旅慣れた情熱的な好奇心旺盛なハリーは、サウジアラビアの60ミニッツのセグメントについて次のように述べています。「それが物語ではない場合、私は何であるかわかりません。」 Radliffeは、いつの日かサウジ王室がついに&ndashすることを知っていたこのような話に時間を割いたことで知られていました。悲しいことに、その日はハリーが亡くなった後のことでしたが、彼のビジョンを引き継いできてとてもうれしく思います。

この話を可能にしたチームには、アソシエイトプロデューサーのジャックウェインガート、中東プロデューサーのアムジャドタドロス、写真家のジョナサンパートリッジとマークラガンガ、オーディオエンジニアのアントンファンデルメルウェとマットマグラッテン、編集者のダングラックスマンとクレイグクロフォードもいます。ラドリフの親友であり、60ミニッツの製作総指揮者であるジェフ・ファーガーは、この話について最終決定権を持ち、2人のサウジアラビアの王子に、私たちが公正かつ正確であり、皇太子が私たちに話をさせてくれれば話せるようにすることを個人的に保証しました。彼がしてくれてうれしいです。

サウジアラビアの32歳の皇太子モハメッドビンサルマンは、叔父、いとこ、異母兄弟を打ち負かして、年老いた父親であるサルマン王の王位の背後にある権力者になりました。それ以来、この王室の新興企業は、社会的および経済的必要性の両方からサウジアラビア社会を再構築してきました。王国の市民の大多数は、携帯電話を介して世界全体に接続されている30歳未満です。同様に重要なこととして、石油はもはや予測可能な収入源ではありません。つまり、すべてのサウジアラビア市民の生得権であるゆりかごから墓場までの医療、教育、その他のサービスが危うくなっています。それは、世界の危険な地域の生意気なリーダーにとって可燃性のミックスです。しかし、王位継承者は挑戦に熱心であるようです。

ノラ・オドネル: ああ、これはあなたが一晩中過ごす場所ですか?

モハメッドビンサルマン 英語で: 多くの場合。それで、すべての働き者の大臣は、これらのオフィスで、彼らの夜のほとんどをこれで過ごしました。ですから、少しお粗末でしたらごめんなさい。

ノラ・オドネル: これはお粗末なオフィスではありません。

彼はほとんどの夜をリヤドのイルガ宮殿で過ごし、そこで彼は伝統的なサウジアラビアのスカーフを省きます。

ノラ・オドネル: それで、あなたは朝の何時に仕事をするまでここにいますか?

モハメッドビンサルマン 英語で: ああ、私は午後から深夜までのように、ここに来ます。

彼の82歳の父親であるサルマン王は2階のどこかにいて、日々の仕事のほとんどを息子に任せていると言われています。彼は午後9時に私たちを護衛しました。公的投資基金についての会議に。

サウジアラビアをリメイクするというモハメッド王子の詳細な計画の下で、「ビジョン2030」と呼ばれ、公共投資基金は最終的に2兆ドルに成長します。この部屋の男性はそれを投資する方法について話している。彼らは最近、35億ドルをUberに沈めました。そのような賭けが報われるならば、それはサウジの財務省に注がれる石油収入ではなく配当になるでしょう。

プリンセスリーマ: この男性は、このビジョンに向けて1日24時間を費やしています。

レーマ・ビント・バンダー王女は皇太子のいとこであり、彼は彼女を政府のスポーツ当局の1人を率いるために選びました。

ノラ・オドネル: あなたは彼が物事をしているペースに驚いていました。

プリンセスリーマ: 私はそのペースに驚いていません。ペースが細かいことに驚いています。私たちは、「11月5日火曜日、Xを見たい」と言う人に慣れているコミュニティではありません。そのような意味は、はい、多分、インシャッラーを意味します。

ノラ・オドネル: 神の意志。

サウジアラビアの皇太子モハメッドビンサルマンが会議を主導CBSニュース

プリンセスリーマ: 実際、私たち全員が毎月更新する追跡システムがあります。私たちの進歩は何ですか?どうやって数字を打ったのですか?私たちは民間セクターのように働いて運営しています。そして、それは新しいことです。

訪問者には、それほど変わっていないように見えます。さわやかな白いローブを着た独身男性と完全に黒い服を着た女性は、お互いの距離を保ちます。女性の訪問者は、公共の場で伝統的なアバヤを着用する義務があると感じていますが、もはやスカーフではありません。このスターバックスでは、男性は1つのセクションに座り、女性と家族は木製の仕切りのすぐ向こうに座っています。

皇太子の改革について、人々、特に女性にカメラで話してもらうのは困難でした。この男は注意を促した。

アブドゥル・ラーマン: 緩やかな変化が好きです。私たちはあまり速く動きたくなくて、高額を払いたくありません。

ノラ・オドネル: 言い換えれば、皇太子はペースに非常に注意しなければならないと思いますか?

アブドゥル・ラーマン: 丁度。

サウジアラビアは、サウド家とワッハーブ派イスラム教の間の古代の権力共有協定、サウジアラビアへの厳格で支配的な信仰を今も守っています。しかし、皇太子は、それは彼の宗教ではなく、学校を含むサウジ社会に浸透したイスラム教徒同胞団のようなイスラムグループ内の過激派であると私たちに語った。

ノラ・オドネル: サウジアラビアの学校教育と教育を見ていますか?

モハメッドビンサルマン: サウジアラビアの学校は、ムスリム同胞団組織からの多くの要素によって、確かにかなりの程度まで侵略されてきました。今でも、いくつかの要素が残っています。それらがすべて完全に根絶されるまで、それは短い間です。

ノラ・オドネル: あなたはここの教育システムでこの過激主義を根絶するつもりだと言いますか?

モハメッドビンサルマン: もちろん、世界のどの国も、その教育システムが急進的なグループによって侵略されることを受け入れません。

皇太子は、圧倒的に若く、落ち着きがなく、携帯電話を介してほぼすべてに接続しているサウジアラビアの人々の大多数を代表しています。彼らは、iPadに夢中になっている新しいリーダーに親しみのある精神を感じています。

ノラ・オドネル: 私が出会った若い女性のほとんどはすべてSnapchatにいます。彼らは私にSnapchatに参加するように頼んでいました。これは、この文化全体を変えているということです。

モハメッドビンサルマン: 私がこれに関与したとは言えません。サウジアラビア市民は常にソーシャルメディアとテクノロジーにオープンでした。

このトレンディなポップアップハンバーガージョイントで話をした若いサウジは、TwitterやInstagramに投稿する内容にまだ注意を払っていると言います。そのため、異性のメンバーは、SnapchatやWhatsappなどのプライベートメッセージングアプリを介して接続します。

ノラ・オドネル: ソーシャルメディア。

男性#1: サウジアラビアでは巨大です。

男性#2: これが私たちの脱出です、はい。

ノラ・オドネル: 電話はあなたの脱出ですか?

男性の声: はい。ソーシャルメディアはです。

皇太子はより差し迫った懸念を持っており、サウジアラビアの女性の22%しか働いておらず、彼はもっと多くの人が労働力に加わることを奨励したいと考えています。

モハメッドビンサルマン: 私たちは、男性と女性の同一賃金を保証する規制を導入するために、近い将来に開始するイニシアチブに取り組んでいます。

ノラ・オドネル: しかし、あなたは同一賃金について話している。この国では女性も運転できません。これは、女性が運転する権利を持っていない世界で最後の最後の場所です。

モハメッドビンサルマン: これはもはや問題ではありません。今日、自動車教習所が設立され、まもなく開校します。数ヶ月以内に、女性はサウジアラビアで運転するでしょう。私たちはついに、正当化できない苦痛な時期を乗り越えました。

ノラ・オドネル: 確かに、ほとんどの人は、6月に女性が運転することを許可する規則について聞いています。しかし、旅行するためには、女性が家庭で男性の許可を得なければならないというこれらの後見法も存在しました。それはとても先祖返りのようです。

モハメッドビンサルマン: 今日、サウジアラビアの女性はまだ完全な権利を受け取っていません。イスラム教にはまだ持っていない権利があります。私たちは非常に長い道のりを歩んできましたが、道のりは短いです。

彼は私たちに、世界最大の全女子大学であるプリンセスヌーラ大学にあるこの自動車教習所を見たいと思っていました。学校は70,000人の女性に運転方法を教える準備をしています。

これらのトレーナーは、女性が道に出る前に、クラスやシミュレーターを受講します。

ノラ・オドネル: 今、どうやって仕事や学校に行きますか?

女性#1:私にはドライバーがいます。または、私の父や私の兄弟のように。

女性#2: 運転は簡単な勝利です。それがすべてではありません。私たちが正しい方向に進んでいることは、まさに代表的なことです。それは進歩です。軌道は現在、後退ではなく前進しているだけです。

ノラ・オドネル: あなたは歴史を目撃していますか?

女性: (オーバートーク)はい。丁度。私たちはこの歴史の一部であることを嬉しく思います。

リーマ王女はまた、歴史を作るのを手伝っています。彼女は最近、サウジアラビアの女性がサッカーの試合に参加するための門を開きました。

ノラ・オドネル: つまり、サウジアラビアの女性がゲームに行こうとして逮捕されたのはちょうど2015年のことです。

プリンセスリーマ: はい。はい。そして、あなたは何を知っていますか?私はそれがもはや現実ではなくなった最初のゲームにいたことを誇りに思います。 2年間でそれはどれほどセンセーショナルなことですか? 2年で弧は変わりました。

ノラ・オドネル: 人々は私の印象を私に尋ねました、そしてインフラストラクチャーとアメリカのレストランに関して、現代的なものがたくさんあります。しかし、一人の男性がレストランの一部で食事をしているのを見るのはまだ興味深いです。そして別の家族や女性。

プリンセスリーマ: 正しい。

ノラ・オドネル: それは分離されています。

プリンセスリーマ: It is viewed here as the preservation of the privacy of the personal space of the woman. If it comes out to being viewed internationally as disrespectful, that's not the intention. Does it end up sometimes causing obstacles?はい。 But the intent is not disrespect.

Norah O'Donnell: Do you think Mohammed bin Salman is prepared to take the throne?

Princess Reema: I don't think anyone is ever prepared. I think since he was 18 years old he has been groomed for leadership.

His ascension would mark a generational power shift. It was his grandfather, King Abdulaziz, who founded modern Saudi Arabia, and was succeeded by six sons, including the current king, King Salman. The crown prince grew up by his father's side, learning and biding his time.

Norah O'Donnell: What did you learn from your father?

Mohammed bin Salman: Many, many things. He loves history very much. He is an avid reader of history. Each week, he would assign each one of us a book. And at the end of the week, he would ask us about the content of that book. The king always says, "If you read the history of a thousand years, you have the experience of a thousand years."

Mohammed bin Salman is trying to keep pace with a population that's become as familiar with American celebrity culture as they are with the tales of the Prophet Muhammad in the birthplace of Islam. Just as American society transformed during the 1960's, the Saudis are in the midst of their own cultural revolution. The kingdom, the Middle East, and the Islamic world may never be the same.

Norah O'Donnell: You're 32 years old. You could rule this country for the next 50 years.

Mohammed bin Salman: Only God knows how long one will live, if one would live 50 years or not, but if things go their normal ways, then that's to be expected.

Norah O'Donnell: Can anything stop you?

Mohammed bin Salman: Only death.

Produced by Graham Messick and Vanessa Fica. Associate producer, Jack Weingart.

Norah O'Donnell is the anchor and managing editor of the "CBS Evening News." She also contributes to "60 Minutes."


Event chain: Fear and Loathing [ edit ]

Fear and Loathing in $PROVINCENAME$

Twilight is always the worst. The clouds racing circles across moonless skies, cruel stars suspended like grains of broken glass, and chandeliers throwing strange shadows across the Royal Chambers. Lately, a strange sense has come upon you that there is something wrong with the place. The geometry of it seems. unsound. Thinking back. it all started with the birth of $HEIR$.

The event chain: Fear and Loathing starts.

The current heir of the province owner dies. ⎗]

The Discovery

My $MONARCHTITLE$. ' you sense instantly that there is something wrong. There is something in his voice, right below the surface. Hidden contempt, and fear. '。 the new brick wall in the eastern cellar. It wasn't built for insulation, was it?' You remember it clearly now. How small the body felt. Carrying it down into the damp cellar, laying the bricks. It made you sick. Sick to the core. Killing your progeny wasn't the catharsis you had expected it to be. For an instant, the flashing glimpse of an insight blows across your mind.

  • 持っていた event ‘Fear and Loathing in $PROVINCENAME$’ and chosen the option: ‘All work and no play, makes $MONARCH$ a dull, dull boy.’ 持っていました いいえ this event before. &#9113&#93
  • NS いいえ have a regency council.
  • いいえ the lesser part in a personal union.

The current ruler dies.
The event chain: Fear and Loathing is over. &#9114&#93

Dance Macabre

The Royal Chamber is a swirling mist of scents and shapes, coming and going into and out of existence like colorful snowflakes. You are hungry. So very hungry. As if you hadn't eaten in months. The stars looking down on you, still suspended in a moonless sky, laugh and dance. They seem free, and wild. There is something about those stars. They seem so. right. You have gone quite insane.

  • had the />event ‘Fear and Loathing in $PROVINCENAME$’ and
    • either chose the option “Lord God our Father, thou who art in heaven!”
    • or chose the option “All work and no play, makes $MONARCH$ a dull, dull boy.” and then had the />event The Discovery and chose the option “Heeere's $MONARCH$!” &#9115&#93

    The event chain: Fear and Loathing is over. &#9116&#93

    The current ruler dies.
    The country gets the modifier: “Delivered from evil” for 10 years giving the following effects:

    The event chain: Fear and Loathing is over. &#9116&#93

    Our Monarch Dies

    Our monarch has died, and considering the strange things he was saying toward the end of his life, perhaps it is for the better.

    The country is in the event chain: ‘Fear and Loathing’. &#9117&#93

    The country gets the modifier: “Delivered from Evil” for 10 years giving the following effects:

    The event chain: Fear and Loathing is over. &#9118&#93


    Strong Leader

    Over the next four decades, Haile Selassie presided over a country and government that was an expression of his personal authority. His reforms greatly strengthened schools and the police, and he instituted a new constitution and centralized his own power.

    In 1936 he was forced into exile after Italy invaded Ethiopia. Haile Selassie became the face of the resistance as he went before the League of Nations in Geneva for assistance, and eventually secured the help of the British in reclaiming his country and reinstituting his powers as emperor in 1941.

    Haile Selassie again moved to try to modernize his country. In the face of a wave of anti-colonialism sweeping across Africa, he granted a new constitution in 1955, one that outlined equal rights for his citizens under the law, but conversely did nothing to diminish Haile Selassie&aposs own powers.


    子供達

    Elizabeth and Philip wasted no time in producing an heir: Son Charles was born in 1948, the year after their wedding, and daughter Anne arrived in 1950. Elizabeth had two more children — sons Andrew and Edward — in 1960 and 1964, respectively.

    In 1969, she officially made Charles her successor by granting him the title of Prince of Wales. Hundreds of millions of people tuned in to see the ceremony on television.

    In 1981 32-year-old Charles wed 19-year-old Diana Spencer (best known as Princess Diana), with later rumors surfacing that he was pressured into the marriage from his family. The wedding drew enormous crowds in the streets of London and millions watched the proceedings on television. Public opinion of the monarchy was especially strong at that time.


    Augustus (63 BC - AD 14)

    A bronze head of Augustus © Augustus was the first emperor of Rome. He replaced the Roman republic with an effective monarchy and during his long reign brought peace and stability.

    Augustus was born Gaius Octavius on 23 September 63 BC in Rome. In 43 BC his great-uncle, Julius Caesar, was assassinated and in his will, Octavius, known as Octavian, was named as his heir. He fought to avenge Caesar and in 31 BC defeated Antony and Cleopatra at the Battle of Actium. He was now undisputed ruler of Rome.

    Instead of following Caesar's example and making himself dictator, Octavian in 27 BC founded the principate, a system of monarchy headed by an emperor holding power for life. His powers were hidden behind constitutional forms, and he took the name Augustus meaning 'lofty' or 'serene'. Nevertheless, he retained ultimate control of all aspects of the Roman state, with the army under his direct command.

    At home, he embarked on a large programme of reconstruction and social reform. Rome was transformed with impressive new buildings and Augustus was a patron to Virgil, Horace and Propertius, the leading poets of the day. Augustus also ensured that his image was promoted throughout his empire by means of statues and coins.

    Abroad, he created a standing army for the first time, and embarked upon a vigorous campaign of expansion designed to make Rome safe from the 'barbarians' beyond the frontiers, and to secure the Augustan peace. His stepsons Tiberius and Drusus undertook the task (Augustus had married their mother Livia in 38 BC). Between 16 BC and 6 AD the frontier was advanced from the Rhine to the Elbe in Germany, and up to the Danube along its entire length. But Drusus died in the process and in 9 AD the annihilation of three Roman legions in Germany (out of 28 overall), in the Varian disaster, led to the abandonment of Germany east of the Rhine.

    Augustus was determined to be succeeded by someone of his own blood, but he had no sons, only a daughter, Julia, the child of his first wife. His nephew Marcellus and his beloved grandsons Gaius and Lucius pre-deceased him, so he reluctantly made Tiberius his heir.

    Military disaster, the loss of his grandsons and a troubled economy clouded his last years. He became more dictatorial, exiling the poet Ovid (8 AD), who had mocked his moral reforms. He died on 19 August 14 AD.


    The Queen Who Would Be King

    Editor’s Note: This article was adapted from its original form and updated to include new information for Smithsonian’s Mysteries of the Ancient World bookazine published in Fall 2009.

    It was a hot, dusty day in early 1927, and Herbert Winlock was staring at a scene of brutal destruction that had all the hallmarks of a vicious personal attack. Signs of desecration were everywhere eyes had been gouged out, heads lopped off, the cobra-like symbol of royalty hacked from foreheads. Winlock, head of the Metropolitan Museum of Art’s archaeological team in Egypt, had unearthed a pit in the great temple complex at Deir el-Bahri, across the Nile from the ancient sites of Thebes and Karnak. In the pit were smashed statues of a pharaoh—pieces “from the size of a fingertip,” Winlock noted, “to others weighing a ton or more.” The images had suffered “almost every conceivable indignity,” he wrote, as the violators vented “their spite on the [pharaoh’s] brilliantly chiseled, smiling features.” To the ancient Egyptians, pharaohs were gods. What could this one have done to warrant such blasphemy? In the opinion of Winlock, and other Egyptologists of his generation, plenty.

    The statues were those of Hatshepsut, the sixth pharaoh of the 18th dynasty, one of the few—and by far the most successful—women to rule Egypt as pharaoh. Evidence of her remarkable reign (c. 1479-1458 b.c.) did not begin to emerge until the 19th century. But by Winlock’s day, historians had crafted the few known facts of her life into a soap opera of deceit, lust and revenge.

    Although her long rule had been a time of peace and prosperity, filled with magnificent art and a number of ambitious building projects (the greatest of which was her mortuary, or memorial, temple at Deir el-Bahri), Hatshepsut’s methods of acquiring and holding onto power suggested a darker side to her reign and character. The widowed queen of the pharaoh Thutmose II, she had, according to custom, been made regent after his death in c. 1479 b.c. to rule for her young stepson, Thutmose III, until he came of age. Within a few years, however, she proclaimed herself pharaoh, thereby becoming, in the words of Winlock’s colleague at the Metropolitan, William C. Hayes, the “vilest type of usurper.” Disconcerting to some scholars, too, was her insistence on being portrayed as male, with bulging muscles and the traditional pharaonic false beard—variously interpreted by those historians as an act of outrageous deception, deviant behavior or both. Many early Egyptologists also concluded that Hatshepsut’s chief minister, Senenmut, must have been her lover as well, a co-conspirator in her climb to power, the so-called evil genius behind what they viewed as her devious politics.

    Upon Hatshepsut’s death in c. 1458 b.c., her stepson, then likely still in his early 20s, finally ascended to the throne. By that time, according to Hayes, Thutmose III had developed “a loathing for Hatshepsut. her name and her very memory which practically beggars description.” The destruction of her monuments, carried out with such apparent fury, was almost universally interpreted as an act of long-awaited and bitter revenge on the part of Thutmose III, who, Winlock wrote, “could scarcely wait to take the vengeance on her dead that he had not dared in life.”

    “Of course, it made a wonderful story,” says Renée Dreyfus, curator of ancient art and interpretation at the Fine Arts Museums of San Francisco. “And this is what we all read when we were growing up. But so much of what was written about Hatshepsut, I think, had to do with who the archaeologists were. gentlemen scholars of a certain generation.”

    Hatshepsut was born at the dawn of a glorious age of Egyptian imperial power and prosperity, rightly called the New Kingdom. Her father, King Thutmose I, was a charismatic leader of legendary military exploits. Hatshepsut, scholars surmise, may have come into the world about the time of his coronation, c. 1504 b.c., and so would still have been a toddler when he famously sailed home to Thebes with the naked body of a Nubian chieftain dangling from the prow of his ship—a warning to all who would threaten his empire.

    Hatshepsut seems to have idolized her father (she would eventually have him reburied in the tomb she was having built for herself) and would claim that soon after her birth he had named her successor to his throne, an act that scholars feel would have been highly unlikely. There had been only two—possibly three—female pharaohs in the previous 1,500 years, and each had ascended to the throne only when there was no suitable male successor available. (Cleopatra would rule some 14 centuries later.)

    Normally, the pharaonic line passed from father to son—preferably the son of the queen, but if there were no such offspring, to the son of one of the pharaoh’s “secondary,” or “harem,” wives. In addition to Hatshepsut—and another younger daughter who apparently died in childhood—it’s believed that Thutmose I fathered two sons with Queen Ahmes, both of whom predeceased him. Thus the son of a secondary wife, Mutnofret, was crowned Thutmose II. In short order (and probably to bolster the royal bloodlines of this “harem child”), young Thutmose II was married to his half sister Hatshepsut, making her Queen of Egypt at about age 12.

    Historians have generally described Thutmose II as frail and ineffectual—just the sort of person a supposedly shrewish Hatshepsut could push around. Public monuments, however, depict a dutiful Hatshepsut standing appropriately behind her husband. But while she bore her husband a daughter, Neferure (her only known child), Hatshepsut failed in the more important duty of producing a son. So when Thutmose II died young (c. 1479 B.C.), possibly still in his 20s—the throne went, yet again, to a “harem child.” Duly named Thutmose III, this child was destined to become one of the great warrior kings of Egypt. But at the time of his father’s death, he was likely an infant, a “hawk. still in the nest”—and deemed too young to rule.

    In such cases, it was accepted New Kingdom practice for widowed queens to act as regents, handling the affairs of government until their sons—in this case, stepson/nephew—came of age, and Hatshepsut (more or less automatically, it seems) got the assignment. “I think it would have been pretty much the norm for Hatshepsut to step in,” says Peter Dorman, an Egyptologist who is president of the American University of Beirut. “But it’s also quite clear that Thutmose III was recognized as king from the very start.”

    Monuments of the time show Thutmose III—still a child, but portrayed in the conventional manner as an adult king—performing his pharaonic duties, while Hatshepsut, dressed as queen, stands demurely off to one side. By the seventh year of her regency, however (and it may have been much earlier), the formerly slim, graceful queen appears as a full-blown, flail-and-crook-wielding king, with the broad, bare chest of a man and the pharaonic false beard.

    しかし、なぜ? To Egyptologists of an earlier generation, Hatshepsut’s elevation to godlike status was an act of naked ambition. (“It was not long,” Hayes wrote, “before this vain, ambitious, and unscrupulous woman showed. her true colors.”) But more recent scholarship suggests that a political crisis, such as a threat from a competing branch of the royal family, obliged Hatshepsut to become pharaoh. Far from stealing the throne, says Catharine Roehrig, curator of Egyptian art at the Metropolitan Museum in New York City, “Hatshepsut may have had to declare herself king to protect the kingship for her stepson.”

    It’s an interpretation that seems to be supported by Hatshepsut’s treatment of Thutmose III during her reign. “He wasn’t under house arrest for those 20-odd years,” says Roehrig. “He was learning how to be a very good soldier.” And it’s not as if Hatshepsut could have stepped down when her stepson came of age. “Once you took on the attributes of kingship,” explains Dreyfus, “that was it. You were a god. It’s not queen for a day, it’s king for all time.”

    Hatshepsut probably knew her position was tenuous—both by virtue of her sex and the unconventional way she had gained the throne—and therefore appears to have done what canny leaders have often done in times of crisis: she reinvented herself. The most obvious form this took was having herself portrayed as a male pharaoh. As to why, “No one really knows,” says Dorman. But he believes it may have been motivated by the presence of a male co-ruler—a circumstance with which no previous female ruler had ever contended.

    “She was not pretending to be a man! She was not cross-dressing!” Cathleen Keller, a professor of Near Eastern studies at the University of California at Berkeley, told me before her death last year. Inscriptions on Hatshepsut’s statues, she said, almost always contain some indication of her true gender—a title, such as “Daughter of Re,” or feminine word endings, resulting in such grammatical conundrums as “His Majesty, Herself.”

    Hatshepsut also took a new name, Maatkare, sometimes translated as Truth (maat) is the Soul (ka) of the Sun God (Re). The key word here is maat—the ancient Egyptian expression for order and justice as established by the gods. Maintaining and perpetuating maat to ensure the prosperity and stability of the country required a legitimate pharaoh who could speak—as only pharaohs could—directly with the gods. By calling herself Maatkare, Hatshepsut was likely reassuring her people that they had a legitimate ruler on the throne.

    One important way pharaohs affirmed maat was by creating monuments, and Hatshepsut’s building projects were among the most ambitious of any pharaoh’s. She began with the erection of two 100-foot-tall obelisks at the great temple complex at Karnak. Reliefs commemorating the event show the obelisks, each weighing about 450 tons, being towed along the Nile by 27 ships manned by 850 oarsmen.

    Hatshepsut carried out her public works program across the empire, but it was concentrated in the area around Thebes, the dynastic and theological center of the Thutmoside dynasty, where she built a network of imposing processional roadways and sanctuaries. At Deir el-Bahri, just across the Nile from Thebes, she erected her magnum opus—an immense memorial temple, used for special religious rites connected to the cult that would guarantee Hatshepsut perpetual life after death.

    Dramatically sited at the base of towering limestone cliffs, the temple, which is regarded as one of the architectural wonders of the ancient world, is approached through a series of terraced colonnades and courtyards that appear to ascend up the very side of the mountain. Despite the enormous scale of the complex—roughly the length of two and a half football fields—its overall impression is one of lightness and grace, unlike the fortresslike temples of her predecessors.

    The temple’s lower levels featured pools and gardens planted with fragrant trees. Supersized images of Hatshepsut were everywhere. Some 100 colossal statues of the female pharaoh as a sphinx guarded the processional way. Lining the terraces were more images of the ruler (some more than ten feet tall) in various devotional attitudes—kneeling with offerings to the gods, striding into eternity or in the guise of Osiris, god of death and resurrection. Miraculously, a number of these statues—some reassembled, others still in a fragmentary state—survive. Most are massive, masculine and meant to be seen from a distance.

    Hatshepsut’s temple also featured a series of reliefs marking the achievements of her reign, including a storied trading expedition to the mysterious and distant land called Punt, believed to be somewhere on the coast of the Red Sea, perhaps in current-day Eritrea. The reliefs show the Egyptians loading their boats in Punt with an array of highly prized luxury goods—ebony, ivory, gold, exotic animals and incense trees. “Never,” reads an inscription, “were such things brought to any king since the world was.”

    As a work of art, of architecture and of self-glorification, Hatshepsut’s memorial was an enormous enterprise that must have involved an army of workers. It’s almost certain, scholars agree, that Senenmut, the official overseer of works at Deir el-Bahri, was the mastermind behind—if not the actual architect of—the temple. He had most likely begun his climb to power during the reign of Thutmose II, when he was appointed tutor to Hatshepsut’s daughter, Neferure. But his influence soared with Hatshepsut’s accession to the throne. In time he acquired some 93 titles, the most prestigious of which was Great Steward of Amun (the god of Thebes), which put him in charge of all of Karnak’s building and business activities.

    Many of Senenmut’s monuments to himself (some 25—a staggering number for a nonroyal) mention his exceptional access to the throne he was a “true confidant” of the pharaoh and the “one upon whose utterances his Lordrelied.” But earlier scholars’ belief that Senenmut was the real force behind Hatshepsut’s rule—not “even a woman of the most virile character could have attained such a pinnacle of success without masculine support,” wrote historian Alan Gardiner in 1961—has now been largely discounted by experts as a woeful underestimation of Hatshepsut.

    Did she and Senenmut share more than power? Probably not, most scholars, including Peter Dorman, have concluded. Dorman does believe, however, that the pharaoh and her favorite minister may well have been victims ofspeculation and gossip.

    Senenmut’s fate is a mystery. His privileged position allowed him to build a splendid tomb for himself near Hatshepsut’s—which is in the Valley of the Kings, just west of Deir el-Bahri—but he apparently never occupied it. The tomb suffered major damage, including the smashing of his impressive, if unused, stone sarcophagus. It was long thought that either Hatshepsut or Thutmose III were the culprits, but recent scholarship suggests some combination of religious upheaval, tomb robbers and natural collapse.

    Hatshepsut’s own tomb was cut into the base of the cliffs on the east side of the Valley of the Kings and was large enough to accommodate both her sarcophagus and that of her father—reburying him in her tomb was yetanother attempt to legitimize her rule. It’s believed that Hatshepsut died (possibly in her late 40s) around 1458 b.c., the year that Thutmose III first used the title “Ruler of Maat.”

    Thutmose III’s destruction of Hatshepsut’s monuments has long been recognized as a conscientious—and very nearly successful—attempt to obliterate her name and memory from history. But was it, as many early Egyptologists had assumed, an act of revenge and hatred? In recent decades, scholars have re-examined the archaeological evidence and come to the startling conclusion that the destruction, presumed to have been initiated soon after Hatshepsut’s death, was actually not begun until some 20 years later, toward the end of Thutmose III’s own long reign (c. 1458-1425 b.c.). “I think that people recognize now, because it happenedso late in Thutmose III’s reign, that it wasn’t personal animosity,” says Dorman of the rampage. “For some reason, Thutmose III must have decided it was necessary to essentially rewrite the official record of Hatshepsut’s kingship”—which meant eradicating all traces of it to suggest that the throne had gone directly from his father to him.

    While numerous theories abound, most contemporary Egyptologists agree that the effort to delete Hatshepsut’s rule had something to do with Thutmose III’s concerns about the succession of power after his death. Wasthere some threat to the legitimacy of his own son, Amenhotep II, who in fact did succeed him?おそらく。 But Dorman believes that Hatshepsut’s unconventional reign may have been too successful, a dangerous precedent “best erased,” he suggests, “to prevent the possibility of another powerful female ever inserting herself into the long line of Egyptian male kings.”

    The story of Hatshepsut will probably never be complete. “She’s like an iceberg,” says Joyce Tyldesley, scholar and author of the 1996 biography Hatchepsut: The Female Pharaoh. “On the surface we know quite a lot about her. But there’s so much we don’t know.”

    Even so, new light continues to shine on the queen who would be king. In 2007, Egyptian archaeologist Zahi Hawass identified a previously excavated royal mummy as Hatshepsut. Catharine Roehrig is among those scholars awaiting more evidence to bolster the claim. “The fact that the mummy is female, was found in the Valley of the Kings and is about the right age makes this identification quite possible,” she says. But, Roehrig adds, “The evidence is not conclusive further studies are in progress.”

    Tyldesley believes that Hatshepsut may have been keenly conscious of her exceptional place in history. “This is just speculation,” she says, “but I think she was almost aware that she might be forgotten or that her actions would be misunderstood.” Toward the end of her reign, Hatshepsut erected a second pair of obelisks at Karnak. On one the inscription reads: “Now my heart turns this way and that, as I think what the people will say—those who shall see my monuments in years to come, and who shall speak of what I have done.”


    The Constitution has an answer for seditious members of Congress

    Let's review two pieces of news from the last week. First, the American coronavirus pandemic is entering its worst stage yet, with cases and deaths skyrocketing across the country. Last Thursday saw over 3,000 deaths — more than 9/11 or Pearl Harbor — and with ICU beds at or near capacity in most of the country, absent serious change it is possible there will be double or even triple that number per day in a matter of weeks. We may yet top the deadliest day in American history, the Galveston hurricane of 1900 that killed an estimated 8,000 people, very soon. President Trump is doing precisely nothing about this.

    Second, Texas Attorney General Ken Paxton, who is under investigation for bribery and abuse of office, filed a baldly seditious lawsuit calling for the Supreme Court to overturn the election results in Georgia, Pennsylvania, Wisconsin, and Michigan, and hand their electoral votes to Trump. It was flatly an attempt to overturn the 2020 election, end constitutional government, and install Trump in power. Before the Supreme Court threw the suit out Friday night, 17 other Republican state attorneys general had joined him, along with 126 members of the Republican caucus in the House, while Senator Ted Cruz (R-Texas) has agreed to represent Trump. And this is just one of dozens of attempts that Republicans at all levels of government have concocted to overturn Trump's loss.

    In short, material conditions in this country have not been this bad since 1932 at least, and the political situation has not been this bad since 1860. The logical endgame of the rapidly-accelerating Republican attempt to destroy democracy while the country burns would be civil war — if it weren't for the high probability that Democratic leaders would be too cowardly to fight.

    But it's worth thinking about what a party seriously committed to preserving democracy would do when faced with a seditious opposition party — namely, cut them out of power and them to behave. Democrats could declare all traitors ineligible to serve in national office, convene a Patriot Congress composed solely of people who have not committed insurrection against the American government, and use that power to re-entrench democracy.

    The reasoning here is very simple. All members of Congress swear an oath to protect and defend the Constitution, which establishes a republican form of government. The whole point of a republic is that contests for power are conducted through a framework of rules and democratic elections, where all parties agree to respect the result whether they lose or win. Moreover, the premise of this lawsuit was completely preposterous — arguing in effect that states should not be allowed to set their own election rules if that means more Democrats can vote — and provides no evidence whatsoever for false allegations of tens of thousands of instances of voter fraud. Indeed, several of the representatives who support the lawsuit were themselves just elected by the very votes they now say are fraudulent. The proposed remedy — having Republican-dominated legislatures in それだけ the four states that gave Biden his margin of victory select Trump electors — would be straight-up election theft.

    In other words, this lawsuit, even though it didn't succeed, is a flagrant attempt to overturn the constitutional system and impose through authoritarian means the rule of a corrupt criminal whose doltish incompetence has gotten hundreds of thousands of Americans killed. It is a "seditious abuse of the judicial process," as the states of Georgia, Pennsylvania, Michigan, and Wisconsin jointly wrote in their response to Texas trying to steal their elections.

    The Constitution, as goofy and jerry-rigged as it is, stipulates that insurrectionists who violate their oath are not allowed to serve in Congress. Section 3 of the Fourteenth Amendment, written to exclude Confederate Civil War traitors, says that "No person shall be a Senator or Representative in Congress … who … having previously taken an oath, as a member of Congress … to support the Constitution of the United States, shall have engaged in insurrection or rebellion against the same[.]" How the Supreme Court ruled, or whether Republicans actually believe their lunatic claims, is irrelevant. It's still insurrection even if it doesn't work out.

    Democrats would have every right, both under the Constitution and under the principle of popular sovereignty outlined in the Declaration of Independence, to convene a traitor-free Congress (also including similar acts committed by Republican senators like Lindsey Graham, David Perdue, Kelly Loeffler, and others), and pass such laws as would be necessary to preserve the American republic. That might include a national popular vote to decide the presidency, ironclad voting rights protections, a ban on gerrymandering either national or state district boundaries, full representation for the citizens of D.C. and Puerto Rico, regulations on internet platforms that are inflaming violent political extremism, a clear legal framework for the transfer of power that ends the lame duck period, and so on. States would be forced to agree to these measures before they can replace their traitorous representatives and senators. If the Supreme Court objects, more pro-democracy justices can be added.

    This wouldn't be the first time such a thing has happened, either. Immediately after the Civil War, the Radical Republican Congress refused to seat delegations from the former rebellious states until they were satisfied with the progress of Reconstruction. Southern states were forced to ratify the Fourteenth and Fifteenth Amendments — which guaranteed due process and universal male suffrage — before their congressional delegations would be seated. (As a consequence, those delegations included numerous Black representatives, until Reconstruction was overthrown.)

    It is virtually impossible to imagine the ancient, timid fossils that run the Democratic Party even considering this kind of thing (though remarkably, Rep. Bill Pascrell of New Jersey has) because it would require courage, vision, and honestly reckoning with the parlous state of the nation. It would not be illegal, but it would be a step beyond narrow legal proceduralism and into the uncharted waters of aggressive political innovation and raw will-to-power. It could conceivably touch off armed unrest in several states.

    But it's not hard to see where the current conservative trajectory is headed. While elected Republicans have tried to overturn the election using increasingly blatant methods, top conservative pundits are mulling the idea of secession, as their treasonous fire-eater forebears did 160 years ago. The lie that Biden stole the election is now official GOP dogma. By the same token, it is not a coincidence that the Republican Party is ignoring the deadly pandemic (if not actively spreading the virus) while they try to overturn the Constitution. They feel they can safely ignore the welfare of the American people, because they are not accountable to them.

    Unless this escalating conservative extremism halts from the inside somehow — which is not remotely in sight anywhere — this can only end eventually in a violent confrontation, or (much more likely) Democrats will simply give up and let themselves be defeated. Still, this country was founded by people who thought it was worth putting their lives at hazard to throw off tyrannical rule. Perhaps some of that spirit can once again be found.


    This Is Why Queen Elizabeth I Died a Virgin at Age 69

    During a time when female monarchs were assumed to marry and birth an heir, Queen Elizabeth I famously defined standards and never had a husband or children, earning her the nickname of the Virgin Queen.

    Seeing her mother Anne Boleyn essentially be sentenced to death for being unable to produce a male heir (she was executed on false charges of incest, adultery, witchcraft and conspiracy against the king, her husband Henry VIII) made Elizabeth immediately cautious about having kids herself. And then, as shown in the upcoming movie スコットランドのメアリー女王, Elizabeth witnessed what happened when her cousin, Mary Stuart (Saoirse Ronan), married Henry Stuart, Lord Darnley (Jack Lowden).

    “I think all those sort of things seeded this paranoia in Elizabeth,” Margot Robbie, who plays Elizabeth in the historical drama, tells PEOPLE in this week’s issue.

    After Mary wed Henry and welcomed son James, an heir to both Scotland and England’s throne, Henry conspired with his father and Mary’s male council to take the power for himself.

    𠇎lizabeth saw what happened to Mary, which is that Mary becomes pregnant, bears a male heir, and she says, ‘Here’s the heir to these two crowns,’ and then really, really soon after that, men crowd in, conspire to bring her down,” director Josie Rourke says. “They take that male heir, and they say he is now the king and we’re going to rule on his behalf until he’s old enough.”

    As Mary lost her crown and fled Scotland, Elizabeth decided she considered herself a man and declared she was married to her country.

    “It was actually quite clever of her to announce that she was married to the country and therefore could not be married to someone else,” Robbie, 28, says. “It was really the only way of protecting herself and protecting her position in that way. It really came from life and death stakes. In her mind, it was a survival technique.”

    And eventually, her inner circle stopped pushing her to marry and conceive and realized that it wouldn’t even be possible at a certain point in her 44-year rule.

    𠇋y then, Elizabeth has reached past the age of 50 and they did understand that once a woman had passed the age of 50, she was past menopause and therefore could not have children of her own,” says historian John Guy, whose book Mary Queen of Scots: The True Life of Mary Stuart, serves as a historical basis for the movie. “The men stopped pestering her all the time to marry and settle the succession in her own kingdom.”

    He continues, “In a sort of ironic sort of way, it actually strengthens her hand and she can feel that she can exercise fully both the masculine and feminine dimensions of the monarchy in a way that she couldn’t really before, because that expectation that somehow her chief function as a woman ruler is to reproduce in order to produce a male heir. That’s out of the equation.”