2人のブリジッドの物語:ケルトの女神とキリスト教の聖人

2人のブリジッドの物語:ケルトの女神とキリスト教の聖人


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

セントブリジッドはアイルランドの守護聖人の一人です。しかし、処女の尼僧には、その土地の異教の神々が代わりに祈りを受け取った時代にまでさかのぼるルーツがあります。ケルトの女神ブリギッドは、聖人と単なる名前以上のものを共有しているようです。

世界の多くの地域に聖ブリギッドに捧げられた教会があります。時が経つにつれて、彼女はカトリック教会の重要なアイコンになりました。しかし、彼女が実在の人物であるかどうかはまだ不明です。さまざまなリソースの分析は、彼女の伝説が実際にケルトの女神についての神話から成長したことを示唆しています。

その存在の最初の世紀の間に、キリスト教は多くの異教の場所と物語を採用し、修正しました。いくつかの教会が古代の祭壇と神聖な異教の場所に取って代わりました。さらに、過去の偉大な人々についての物語と彼らの神についての神話は、キリスト教の聖人の生活を説明する伝説の基礎となりました。初期のクリスチャンが最近改宗した共同体の土地で強力な物語を発見したとき、彼らはそれを彼ら自身のものと取り替えようとしました。

  • アイルランドの呪いの石:キリスト教と異教徒が彼らの神聖な水をプールしたとき
  • ケルト人の忘れられた巫女、女性のドルイド僧
  • スコットランドの神秘的な地下迷宮は、もともとドルイド寺院であった可能性があります

春のケルトの女神、ブリギッド

彼女の名前はしばしばブリギッドと言われますが、ブリギッド、ブリギッド、ブリギッド、花嫁などとも呼ばれています。彼女は、春、詩、医学、牛、芸術品や工芸品に関連した古代アイルランドの女神でした。ブリギッドの饗宴の日は2月1日頃に祝われ、 Oimlec ( インボルク)。元のアイルランドのテキストは、彼女について次のように述べています。

「花嫁の饗宴、乙女の饗宴。
色白の手のひらのメロディアスな花嫁。
汝の花嫁フェアチャーミング、
あなたの口の息を私に心地よく、
見知らぬ人の間を行くとき
「あなた自身が私の物語の聞き手を傷つけました。」

ブリギッドという名前は、「崇高なもの」を意味する「ブリギッド」という言葉に由来する場合があります。その帝国が強力だったとき、それはブリガンティアとしてローマ字化されました。この名前の形式は、ブライント川(現在のアングルシー島)、ブレント(ミドルセックス)、そしてスコットランドのブレチンに名前を付けるために使用されました。ブリギッドはローマの女神ビクトリアと関係があるようですが、代わりにカエルスティスやミネルバに似ていると提示されることもありました。

によると コーマックの用語集 (10世紀の僧侶によって書かれた)彼女は部族の保護者であるダグザ神の娘でした。彼女は詩、出産、そして鍛冶屋の女神として崇拝されていました。ミネルバとの彼女の同一性は、吟遊詩人と芸術家の両方の女神の興味から来ています。

古代には、鍛冶屋は彼らの工芸品で認められただけでなく、彼らの仕事は魔法とも関係がありました。ブリギッドは火のシンボルとも強く関連していた。彼女は、神話で知られるアイルランドの超自然的な種族であるトゥアハデダナンの一部でした。彼女はケルト人の三相女神の一人でもあったかもしれません。

グンデストルップ大釜のダグザ神のプレート。

アイルランドの聖ブリギッドが登場

アイルランドがキリスト教化されたとき、僧侶や僧侶は人々に新しい信仰に従うように促すための良い模範を必要としていました。彼らは世界の他の地域と同じ方法を使用し、改宗した地域の住民に馴染みのある物語を作り始めました。これらの物語の1つで、彼らは2つの文化を結びつけた女性について説明しました。

カトリックの資料によると、聖ブリギッドは西暦451年または452年にラウス州ダンドーク近くのフォーハートで生まれました。彼女はドルイド僧と奴隷女の娘であると言われていました。伝えられるところによると、ブリギッドは多くの結婚の申し出を拒否し、尼僧になることを決心した。彼女はしばらくの間、他の7人の処女の尼僧と一緒にクロハンヒルのふもと近くに定住しました。彼らは何度か家を変えたと言われていますが、ついに修道女たちはキルデアに住み、ブリギッドは西暦525年2月1日に老婆として亡くなりました。カトリック教会は、彼女の死の日と異教の女神の日は偶然であると主張しています。しかし、それはケルトの女神とキリスト教の聖人の間の意味のあるつながりも提供します。

ウェールズのセントデイビッズにある聖ノンの礼拝堂に描かれている聖ブリジット。 (( CC BY SA 3.0 )

伝説では、聖ブリギッドはドゥブタッハの娘でした。彼女はおそらくドルイド僧になる準備ができていましたが、最終的には尼僧になりました。これは、キリスト教以前の宗教の賢明な人々にとって非常に人気のある解決策でした。問題を回避するために、彼らの多くは修道院の一部になり、「キリスト教徒」を装って古代の方法に関連した実践を続けることを好みました。

女神のように、聖ブリギッドも火と関係があります。彼女について書かれた最初の伝記は、西暦650年にSt BroccanCloenによって作成されました。しかし、20世紀になると、多くの研究者が彼女の人生の歴史的証拠を疑うようになりました。聖人は書いた:

「聖ブリギッドは眠りにつけられなかった、
また、彼女は神の愛について断続的ではありませんでした。
彼女が買わなかったというだけでなく、彼女は求めなかった
下のこの世界の富、聖なるもの」

  • 古代ローマ帝国を素早く横切って進んだケルトの女神エポナ
  • ローマ人に怒りを解き放ったケルトの女王、ブーディカ
  • アイルランドの中世の聖人は中絶を行いましたか?修正第8条国民投票に先立つ論争

聖ブリギッドの物語には、キリスト教の聖人の典型的な中世初期の伝説とは異なるいくつかの珍しい詳細があります。最も奇妙な例の1つは、DarLugdachという名前の女性との彼女の人生の物語です。説明によると、これらの2人の女性は以前一緒に寝ていましたが、スペースやベッドが不足しているためではありませんでした。セントブリジッドの潜在的な恋人の名前は、「ルー神の娘」を意味します。さらに、聖ブリギッドの奇跡は、錬金術、魔法、その他の分野に関するドルイドの知識と強く関連していることがよくあります。

キルデアのブリジッド。

アイルランドの二重記号

両方の女性の歴史は、ブリガンティン族と関係があります。彼らは両方とも、部族の中心であったレンスターと関係がありました。 10世紀の女神の伝説を描いた僧侶たちは、すでに聖ブリギッドの物語も知っていたでしょう。したがって、両方の女性は異なるグループによってサポートされているアイコンです。多くの人々は、2つの物語を分離する理由がないことに同意し、今日、異教の宗教の信者は、両方を1つとして崇拝しています-女神ブリギッド。

春の女神。 (( SPIRITBLOGGERのブログ )

聖ブリジッドは今でも最も重要なアイルランドの聖人の一人であり、異教徒にとって彼女は古いアイルランドの伝統の継続と見なされています。両方のブリジッドの物語は、多くの作家や芸術家などに影響を与えました。伝説的な女性はどちらもアイルランドで重要なシンボルになり、今日ではどちらがより意味があるかを判断するのは困難です。研究者たちは彼らの存在とつながりの証拠について議論しているが、多くの人々は彼らが彼らの名前で伝統的なごちそうを開催する2月1日に両方の女性のアイコンのお祝いを楽しんでいます。


ブリギッドがケルトの女神からカトリックの聖人にどのように移行したか

アイルランドの春は伝統的に2月1日の聖ブリジッドの日に始まります。しかし、これは、書面による伝統が存在しなかった約6、000年前のキリスト教以前の時代にルーツを持つお祝いであるため、歴史的に完全に正確ではない可能性があります。

世界中の多くの古代文化の場合と同様に、女性の神々が最高の支配をしており、エジプト神話とアイルランド神話の類似点が非常に顕著になっています。たとえば、ほとんどの人は、ミイラ化した死体に命を吹き込むイシスの「死者の書」のエジプトの儀式に精通していますが、同じシーンが高十字架のふもとの石に描かれていることを知らない人も多いでしょう。アイルランド。

詩人に愛され、尊敬されているケルトの女神ブリギッド

同様に、私たちの女神は、エジプトのハトシェプスト女王と同じように、王を授乳する神聖な牛を飼っていました。インドや他の多くの文化では、牛を育成の象徴として尊敬しています。実際、12世紀まで、アイルランドでは子供たちがミルクで洗礼を受けていました。

続きを読む

魅力的または明白なこれらの古代の種族は土地に依存していたので、彼らが彼らのために母なる地球を具体化して象徴した女性の女神を崇拝したのも不思議ではありません。土地、動物、そして人々の豊饒を確実にするために、女神はなだめられ、祝われなければなりませんでした。

ケルト神話では、これらの女神が鳥や他の神話上の生き物に形を変える可能性があるため、首長は物理的および形而上学的な境界を越えた交尾の儀式で女神と一緒に眠ったと考えられています。彼女は交差点に立っている人間の形の「古いハッグ」、またはテインの物語の三女神「モリガン」、または後年の家族の死を予告する「バンシー」である可能性があります。

ケルトの女神ブリギッドが同じ名前のキリスト教の聖人になったとき

キリスト教がアイルランドに忍び寄る前の何千年もの間、アイルランドの伝統に畏敬の念と恐れを吹き込んでいたので、私たちの祖先が彼女を完全に追放することに少し消極的だったことは非常に理解できます。今日私たちが知っているクリスチャン聖ブリジッドに変身したこと。最初から、これは普通の人間の女性ではないという兆候がありましたが。

アイルランドの歴史が好きですか? IrishCentral HistoryFacebookグループの他の歴史愛好家とお気に入りのストーリーを共有してください。

アイルランド人は真実が良い話の邪魔になることを決して許さなかったと言われています。そして物語は、聖ブリジッドがキルデアに修道院を建てるためにレンスターの上級王から十分な土地を奪おうとしたとき、マントがカバーするのと同じくらいの土地を持つことができると言ったということです。するとブリギッドはマントを置き、魔法のように広がり、数百エーカーを覆った。

BeannachtaínafeileBride-「ブリギッドの饗宴の日の挨拶」。言い換えれば、「ハッピー聖ブリジッドの日!」

IrishCentralのニュースレターにサインアップして、アイルランドのすべての最新情報を入手してください。

聖ブリジッドの日(またはインボルク)をどのようにマークしますか?コメントで教えてください!


聖ブリギッド-異教の女神がアイルランドでキリスト教の聖人になりました

アイルランドの春は、私たちのカレンダーの2月1日である聖ブリジッドの日に正式に始まりますか?これは、キリスト教以前の時代、実際には書面による伝統がなかった約6、000年前にそのルーツを持っているため、正確ではないかもしれません。

世界中の他の多くの文化のように、女性の神々が最高を支配しましたが、エジプト神話とアイルランド神話の類似点は非常に注目に値しますか?たとえば、ほとんどの人は、死者の書のエジプトの儀式、ミイラ化した死体に命を吹き込むイシスの儀式に精通しているでしょうが、同じシーンがアイルランドの高い十字架のふもとに石で描かれていることを知っている人はあまりいません。

同様に、私たちの女神は、エジプトのハトシェプスト女王と同じように、王を授乳する神聖な牛を飼っていました。育成の象徴として牛を崇拝したインドや他の多くの文化。実際、12世紀まで、アイルランドでは子供たちが牛乳で洗礼を受けていました。魅力的ですか、それとも明白ですか?これらの古代の種族は土地に依存していたので、彼らが彼らのために母なる地球を具体化して象徴した女性の女神を崇拝したのも不思議ではありません。彼女は、土地、動物、そして人々の豊饒を保証するために、なだめられ、祝われなければなりませんでした。ケルト神話では、女神が鳥や他の神話上の生き物に形を変える可能性があるため、肉体的および形而上学的な境界を越えた交尾の儀式で、首長が女神と一緒に眠ったとされています。彼女は、岐路に立つ人間の形をした「古いハッグ」、またはテインの物語の三女神「モリガン」、または後年の家族の死を予告する「バンシー」である可能性があります。

キリスト教がアイルランドに忍び寄る前の何千年もの間、アイルランドの伝統に畏敬の念と恐れを吹き込んでいたので、私たちの祖先が彼女を完全に追放することに少し消極的だったであろうことは非常に理解できます。今日私たちが知っているクリスチャンセントブリジッドに変身しましたか?最初から、これは普通の人間の女性ではないという兆候がありましたが?

どうやら話は進み、私たちアイルランド人は、聖ブリジッドがレンスターの上級王からキルデアに修道院を建てるのに十分な土地と格闘しようとしていたとき、真実が良い話の邪魔になることは決してありませんでした、と彼は言いました彼女のマントがカバーするのと同じくらい多くの土地を持つことができました。ブリギッドがマントを置くと、魔法のように広がり、数百エーカーを覆いました。


インボルクと2つのブリジッドのフェスティバル

ミレトス学派がエジプトから到着するずっと前に、時間の霧の中でバック、そしてケルト族がやって来て定住するずっと前に、別の古代の部族がアイルランドの島に住んでいました。 「女神ダヌの人々」と訳されている「トゥアハデダンナン」は、すでに島に生息し、広範囲にわたる破壊と騒乱を引き起こした邪悪なフォモール族を排除する目的でアイルランドにやってきた超自然的な種族でした。 「トゥアス」は3つの部族に分けられました。「トゥアス」の部族、貴族:「デ」の部族、司祭、「ダナン」の部族、吟遊詩人、物語の語り手、ミンストレルです。彼らの家長であるダグザは、出産、農業、魔法、ドルイド僧、そして知恵に関係しており、ブリギッドと呼ばれる娘がいました。彼女の父のように、ブリギッドはまた、春の季節、出産、癒し、詩、そして鍛冶職人と関係がありました。

フェイシュ(集会)は、元々、春の初日と一致するブリギッドの誕生の日を祝うために、父親のダグザによって召集されました。 「インボルク」として知られるこの時期は、祝宴と祝賀の時期であり、それ以来、彼女に敬意を表して毎年観察されています。インボルクは伝統的に2月1日に祝われてきましたが、その日は日没で始まり、日没で終わると見なされていたため、祝賀は1月31日に始まります。また、祭りのタイミングはもともとより流動的で、季節の変化に基づいていると主張されています。これは、2月1日の前後2週間ほど変動する可能性のある子羊の季節の始まりと、尊敬されているブラックソーンの木の開花に関連しています。

フェイシュは、炉床と家の祭りであり、長引く日と春の早い兆候を祝うものでした。お祝いには、しばしば炉床の火、特別な食べ物、占い、前兆の監視が含まれていました。火と浄化が祭りの重要な部分だったので、松明と焚き火が点火されました。松明と火の照明は、今後数ヶ月の間に暖かさの回復と太陽の力の増加を表しています。時が経つにつれて、ブリギッドは、炎の上昇、高地、丘の砦、高地などの高次元のすべてのものの女神として、そして知恵、卓越性などの心理的に高く高揚したと考えられている活動や国家の女神として崇拝されるようになりました。完璧さ、高い知性、詩的な雄弁さ、職人技、癒しの能力、女神の知識と戦争のスキル。

西暦453年、ラウス州のフォーガルトで、異教徒のレンスターの首長であり、その使用人の1人であるブロッカと呼ばれる少女ドゥフタハに娘が生まれました。ブロッカは、パトリキウスと呼ばれる男によって国を席巻する新しい宗教に改宗したピクト人で元奴隷でした。新生児は奴隷制に生まれたにもかかわらず、幼い頃から親切で慈善的な性質の兆候を示しました。ドゥフタハの妻がブロッカが妊娠していることを発見したとき、彼女はドルイドの地主に売られました。彼女が約10歳のとき、ブリジッドは彼女の名前が付けられたように、彼が彼女の法的なマスターであったので、彼女の父の家に戻りました。ある話によると、子供の頃、彼女は母親のバターの店全体をその地域の空腹の人々に配ったことがあります。別の話は、彼女が父親の持ち物のいくつかを不幸な人々の多くにどのように与えたかについて語っています。それは彼女の思いやりのある性質でした。

やがて、ドゥフタハはブリジットの自然を与えることにうんざりし、彼女を売るつもりでレンスターの王に連れて行った。王に話しかけると、ブリギッドは宝石で飾られた剣を乞食に渡したので、家族のために物々交換することができました。クリスチャンだった王はこれを見て、彼女の優しさを認め、「神の前での彼女の功績は私たちよりも大きい」と言って、ドゥフタハに自由を与えるよう説得しました。解放された後、ブリギッドはドルイドとドルイドの乳製品を担当していた母親に戻りました。ブリギッドは乳製品のメイドを引き継ぎ、しばしばミルクを配りましたが、慈善活動にもかかわらず乳製品は繁栄し、ドルイドは最終的にブロッカを解放しました。ブリギッドはその後、彼女が不在のときに吟遊詩人と結婚するように手配していたダブサックに戻ったが、彼女はそれを拒否し、常に貞潔であると誓った。ブリギッドの純粋さについての多くの話は彼女の子供時代に続き、彼女は貧しい人々を養い、彼らを癒すのを止めることができませんでした。伝説によると、ブリギッドは彼女の美しさが奪われ、誰も彼女と結婚したくないと祈ったので、祈りは認められました。彼女の美しさが回復したのは、彼女が最後の誓いを立てた後のことでした。

彼女が教会に入った後のブリギッドの人生についてはほとんど知られていませんが、彼女がキルデアに「オークの教会」と呼ばれる修道院を設立したことは認められています。それは、ケルトの女神ブリギッドの異教の神社の上に建てられました。大きな樫の木。ブリギッドと7人の友人は、アイルランドで女性のための共同奉献生活を組織し、彼女は2つの僧院を設立しました。1つは男性用、もう1つは女性用です。ブリギッドは、スピリチュアル牧師としてキルデアで彼女を助け、彼女自身と一緒に教会を統治するために、コンリースと呼ばれる隠者を招待しました。彼女は後に金属細工と照明を含む芸術学校を設立し、コンリースもそれを主導しました。歴史家のジェラルド・オブ・ウェールズが「人間の技ではなく天使の仕事」と称賛したキルデアの本が美しく照らされたのはこの学校でしたが、悲しいことに、3世紀前に失われました。

アイルランドでのブリギッドクロスの存在はキリスト教よりはるかに古く、女神ブリギッドの時代にまでさかのぼります。それは、ラッシュから作られ、家を火から守るために使用された、3本の腕を持つ異教のシンボルでした。また、動物を保護するために、バイアや安定したドアの上に吊るされていました。クリスチャンブリギッドと彼女の4本の腕の十字架は、キルデアの近所の異教の首長の死の床で彼女がこの形の十字架を編むという話によって結び付けられています。彼の家族のクリスチャンはブリギッドにキリストについて話すために送りました、そして、彼女が到着したとき、首長は一貫性がなく、怒り狂った状態にありました。気まぐれな男に指示することは不可能だったので、彼の回心への希望は疑わしいように見えましたが、それにもかかわらず、ブリギッドは彼のベッドサイドに座って彼を慰め始めました。いつものように、土の床は暖かさと清潔さの両方のために急いで散らばっていました、そしてブリギッドは身をかがめ、一握りを集めて十字架に織り始め、ポイントを一緒に固定しました。病人は自分が何をしているのかと尋ねると、彼女は十字架の意味を説明し始めました。彼女が話している間、彼のせん妄は静まり、彼はますます興味を持って彼女に質問した。彼女の穏やかな説得と複雑な織りを通して、彼は回心し、死の時点でバプテスマを受けました。それ以来、ラッシュで作られた4本の腕の十字架がアイルランドに存在しました。

今日、ブリギッドは、アイルランドのキルデアにある彼女の聖域で19人の修道女によって維持されているような、永続的な神聖な炎に関連付けられています。キルデアの神聖な炎は、ギラルドゥスカンブレンシスや他の年代記者によって、誰も渡ることができない生け垣に囲まれていると言われました。生け垣を越えようとした男性は、狂気に陥ったり、死んだり、不自由になったりするために呪われたと言われています。女神と聖人はどちらも、キルデアやケルトの土地の他の多くの場所にある聖なる井戸と関係があります。

ブリギッドが聖パトリックの良き友人であり、アイルランドの聖人の聖人伝である「トリアス・タウマトゥルガ」が「アイルランドの人々の柱である聖パトリックとブリギッドの間には、とても素晴らしい友情があった」という証拠があります。彼らが持っていた慈善はただ一つの心と一つの心でした。彼を通してそして彼女を通してキリストは多くの素晴らしい仕事をしました。」ブリギッドは生涯で多くの人々を助け、西暦525年2月1日、彼女は自然の原因で亡くなりました。彼女の体は当初、キルデア大聖堂の高い祭壇の右側にあり、「宝石、宝石、金と銀の王冠で飾られた」墓に保管されていました。西暦878年、バイキングの襲撃中に、彼女の遺物は安全のためにパトリックとコロンシールの墓に移されました。

今日、アイルランドのパトリックによって建てられた最初の教会のあるダウンパトリックのダウンパトリック近くのソール教会の墓地で、3人全員が一緒に休んでいます。


ケルトのパンテオンの神々と女神-パートII

ドルイド僧はケルト文化の世話人でした。ケルトガリアの征服中にドルイドと接触したとき、ジュリアスシーザーは彼らの宗教的役割を確認しました。

ドルイド僧は神々の崇拝を司式し、公的および私的な犠牲を規制し、すべての宗教的問題について裁定を下します。たくさんの若い男性が指導のために彼らに集まり、人々から大きな名誉を与えられています。

ケルトの宗教的禁止がドルイドの知恵と学習を書かれた言葉に委ねることを禁止していなかったら、ケルトのパンテオンについての私たちの理解は今日よりもはるかに大きくなるでしょう。

悲しいかな、何世紀にもわたってケルト人に向けられた野蛮で欲求不満の破壊、特に近代的な国民国家であるイングランドとフランスの出現と占領中のアイルランドでの大規模な破壊を生き延びたテキストは少なすぎます。生き残ったケルト語の出典文書は、主にアイルランドとウェールズを起源とする歴史と地理の事故によるものです。すべてのシックスネイションズの民間伝承の伝統は、書かれた記録を補強し、ケルトのパンテオンに関する私たちの知識の重要な情報源を提供します。

この記事は、ケルトのパンテオンの神々と女神に関する調査の第2部です。ここでパートIを読んでください。

ケルトの創造神話

主に、書かれた言葉にドルイド僧の知恵と学習をコミットすることに対するケルトの宗教的禁止のために、私たちはケルト神話の創造神話を欠いています。ドルイド僧は私たちの神話を記録しませんでした。しかし、近づいているのは、ピーター・ベレスフォード・エリスの「ケルトの神話と伝説」で語られた魅力的な物語です。この巻は、6つのケルト諸語圏の伝説と民間伝承から引き出された37の神話の物語の面白い600ページです。冒頭のエントリは、紹介の後、シックスネイションズの各民間伝承に捧げられた6つの章の前に表示される「汎ケルト」物語です。私はケルトの神々の創造のこの物語に魅了されました。ベレスフォードの工芸品は、ケルトの旧約聖書に相当するもののように素晴らしいイメージを作り出しています。

暗くなった土から、背が高くて丈夫な木が育ちました。天からの神聖な水であるダヌは、この大きな木を育て、大切にし、それが胆汁と名付けられた神聖なオークになりました。ダヌと胆汁の活用のうち、2つの巨大なドングリが落ちました。最初のどんぐりは男性でした。それからダグザ、「良い神」が生まれました。 2番目の種は雌でした。そこからブリギッド「高貴な者」が現れました。そして、ダグザとブリギッドは不思議に思ってお互いを見つめました。なぜなら、神の水が彼らに命を与えた母なる女神、ダヌの子供たちと一緒に、原始的な混乱から地球の人々に秩序を奪うことが彼らの仕事だったからです。

おそらく神の霊感を受けた言葉ではありませんが、この1つの段落は、ケルトのパンテオンの創造の融合です。ケルト人の主神であるダグザ、ケルト人の土地全体で崇拝されていた雄大なブリギッド、そして死んだケルト人の魂を異界に運ぶ役割を果たした胆汁。また、スコットランド、アイルランド、マンクスの神話の基礎となる母なる女神ダヌ、トゥアハデダナンの子供たちも含まれています。

ケルトの学者は、ダヌがケルトの人々の最も初期の歴史にさかのぼるケルトのパンテオンで上位にランクされた神の名前であることに同意します。ダヌはおそらくケルト人の母なる女神であり、彼女はトゥアハデダナン(ダヌの子供たち)に彼女の名前を付けました。しかし、この点を超えて、ケルトの学者はダヌのアイデンティティと起源について分岐しています。最後のドルイドで死んだ失われた知識のカーテンの後ろに包まれた神秘的な人物。ダヌは、アイルランドの神々の母と呼ばれるアイルランドの神アヌと、母なる出産の女神であるウェールズの神ドンと関係があり、認識しているという一般的な合意があります。綴りの類似性と、アヌとドンが土地の肥沃さに関連する女性の神であるという事実は、アヌとドンがダヌと強く結びついており、アイルランドとウェールズの形で同じ女神である可能性があるという議論を可能にします。ケルト文化と言語のブリソン語の枝。ケルト神話と民俗学百科事典のパトリシア・モナハンは、ダヌについて次のように述べています。 。同様に、ピーター・ベレスフォード・エリスによるケルト神話の辞書からこのエントリがあります。「トゥアハ・デ・ダナンの名前の由来となった母なる女神。ウェールズの伝統における彼女(ダヌ)の相手が通り過ぎるとすれば、ダヌの夫は死の神である胆汁でした。ダグザは彼女の息子です。 https://www.transceltic.com/pan-celtic/danu-myth-goddess-band

ブリギッド

この現代のキリスト教の聖人は、ケルトとキリスト教の伝統の融合の典型的な例として機能します。キリスト教化されたケルトの女神であるブリギッドは、トゥアハデダナンの父でありドルイドであったダグザの娘であったと言われています。ブリギッドの運命ほど、アイルランドのキリスト教改宗の成功した戦術を代表するものはないということは議論の余地があります。キリスト教の典礼の厳格な範囲に閉じ込められて過去1600年を過ごした彼女がどのように苦しんでいるのか想像したくなります。彼らの新しい宗教、新しくて紛らわしい神学をゲール人に宣伝するために、聖パトリックの兵士たちはブリジットをケルトの神ではなくキリスト教の神に変えました。キリスト教の聖人の初期の物語では、ブリジッドは新しい宗教を受け入れる前に、ドルイド家の娘として描かれています。したがって、彼女のキリスト教への改宗により、ブリギッドはケルトの神々とその司祭を捨てます。この移行を強化するために、初期の教会はケルトの女神ブリギッドの饗宴の日であるインボルクをキリスト教の聖人の饗宴の日に採用しました。 「女神として、ブリギッドはケルト人の間では珍しい存在であり、多くの場所に現れる神性です。彼女の名前には多くのバリエーションがあります(ブリギッド/ブリギッド/ブリギッド/ブリギッド)。ケルトの神々は強く場所に縛られる傾向があったので、この図の明らかに汎ケルトの性質は注目に値します。アイルランドの女神は、詩を通して、鍛冶職人を通して、癒しを通して、あらゆる種類の変容を支配しました。火と牛に関連して、彼女は(非常に強力な)出産の神、ダグザの娘でした。」 (モノガン)

ケルピー

一部の物語では、ケルピーは「シェイプシフター」と呼ばれています。彼らは男性を誘惑して彼らを罠にかけることができる美しい女性に自分自身を移すことができます。ただし、ケルピーは必ずしも女性の形をとるわけではなく、ほとんどが男性です。彼らはまた、馬の形をしているときに子供たちに特定の危険をもたらすと説明されています。犠牲者を彼らに乗るように引き付け、彼らは水中に連れて行かれ、そして食べられます。


ブリギッドの信者はブリガンティンです

アイルランド人によると、ブリギッドは人類にいくつかの有用なものをもたらしました。彼女はある夜、友達に電話するために口笛を吹く発明をしました。彼女は、愛する人が死ぬときのように、悲しみが耐えられないとき、完全に荒廃した人が作るキーニング、取り乱した、泣く音を発明しました。ある日、彼女は雨の中からやって来て、マントを掛ける場所を見つけることができませんでした。彼女はそれを日光のビームに掛けました、そしてそれはマントが乾くまで固くて固くなりました。別の話では、ブリギッドは盲目の友人に視力を回復させました。彼は彼女の魂が自然の美しさに誘惑されないように、再び盲目にするように頼みました。女神が目の病気を治すと言ったようにブリギッドのつながりを作るのはおそらくこの物語です。

火の女神の古代の崇拝はほぼ現代に続き、19人の処女が不滅の火を起こし、サイクルの20日目に、ブリギッド自身がそれを手入れすることにしました。 10世紀以上の間、ブリギッドは女神ではなく聖人として召喚され、彼女の付き添いの尼僧は巫女ではなく尼僧でした。 5世紀にキリスト教がアイルランドにやって来て、神社が修道院になった後も、古代の儀式は邪魔されませんでした。しかし600年後、ダブリンの大司教であるヘンリー・ド・ロンドレスは、それらの炎の異教の意味を理解しました。火は消されましたが、1993年に、ブリガンディンと呼ばれる聖ブリジッドの姉妹がキルデアの神聖な火を再燃させ、平和と癒しの象徴として、今では絶えず燃えています。


説明

ブリジッドの足跡:神聖な女性の帰還 神聖な女性の原型としてケルトの女神とキリスト教の聖ブリジッドに焦点を当てています。神話、歴史、トランスパーソナル心理学を利用して、著者は、知恵、工芸、癒しの女神としての化身から、イエスの誕生時にメアリーの助産師を務めたケルト系キリスト教の聖人としての具体化への象徴的なブリジッドの進化をたどります。第2部では、主流の西洋文化における女性のエネルギーの抑制と、男性に偏った文明に住むことの有害な結果について説明します。最後のエッセイは、ブリギッドがリミナリティ時代の精神として再び現れ、助産師が聖なる。

目次

  • 序章
  • パート1 女神クエスト
  • 第1章ブリギッドを見つける
  • 第2章アイルランドの女神
  • 第3章「彼らの欲望の聖人」
  • 第4章ブリギッドとメアリー、神の共同母
  • 第5章春のブリンガー
  • パート2 女神の亡命と西洋文明の不均衡
  • 第6章ドラゴンスレイヤーと女神の亡命
  • 第7章「ヨーロッパで最も偉大な人々」
  • 第8章アイルランド人がケルト神話をどのように救ったか
  • パート3 女神の帰還と水瓶座の時代
  • 第9章神聖な女性の帰還
  • 第10章水族館の敷居
  • 神の自己を生むエピローグ
  • ノート
  • 参考文献

推薦

「神聖な女性は、人類の偉大な精神的伝統の中に多くの顔を持っています。キリスト教の世界では、キルデアのブリジッドほど美しく、手に負えないものはありません。私たちが彼女を必要としているので、おそらくこれまでにないように、彼女は今日再び私たちに戻ってきます。彼女は私たちを、私たちの内に、そして私たちの間で、私たちの生活の中で、そして私たちの世界の中で、神聖な女性的で男性的な真のダンスに連れ戻すようになります。そうして初めて、私たちは元気になります。」

-ジョンフィリップニューウェル、著者 聖なる地球、聖なる魂:私たちの魂が知っていることに目覚め、世界を癒すためのケルトの知恵

“Continuing the legacy and spirit of her Celtic patron saint, St. Brigid of Kildare, Linda McFadden serves as a modern midwife for the divine feminine that continues its insistent birthing. Writing with the passion of a prophet, the curiosity of a historian, and the eye of a depth psychologist, she challenges both women and men to attend the sacred task of incarnating the archetypal feminine. Readers will be entertained, enlightened, and filled with hope for the beleaguered soul in this threshold time. A wonderful and wonder-filled book.”

-Jerry R. Wright, D.Min., Jungian Analyst, author of A Mystical Path Less Traveled: A Jungian Psychological Perspective

“Linda McFadden invites readers to imagine ‘the energy of the Divine Feminine leading our masculine-leaning culture forward through these unsettled times.’ She chronicles the re-emergence of Brigid—goddess, saint, healer, and ever-deepening archetype in Celtic spirituality. This synergy of Divine essence can lead to an evolution of consciousness for the 21 st century in which violence is replaced by generosity and mercy.”


Legends of St. Brigid

St. Brigid is a mysterious figure in many ways. In the fifth and sixth centuries, during the time that Ireland was converting to Christianity, it was a common strategy to follow the example of St. Patrick by building the “new” religion onto the old one. And the truth is that one of the most powerful goddesses in the Celtic Parthenon was Brigantia—or Brigid. Her feast day, *Imbolg, became our St. Brigid’s Day, celebrated on February 1st or 2nd.

Born into slavery, it’s said that Brigid was “veiled” and became an abbess after vowing herself to Christ. According to tradition, around 480 CE she founded a monastery at Kildare on the site of an older pagan shrine to the Celtic goddess who was her namesake.

With an initial group of seven companions, Brigid organized the first communal consecrated religious life for women in Ireland. Brigid is also credited with founding a school of art, including metal work and illumination. The Kildare scriptorium made the Book of Kildare, which drew high praise from Gerald of Wales, but which has disappeared after the Reformation.

Could Brigid have performed miracles? It’s not impossible. Take a look at some of miracles credited over the centuries to this saint:

Brigid was known to turn water into milk or beer for the celebration of Easter.

When she was a teenager, Brigid was trying to go see Saint Patrick, but was slowed up by the crowd. To get through, she healed people along the way who were waiting for St. Patrick to heal them.

The prayers of Saint Brigid were known to still the wind and the rain.
In one story, Brigid protected a woman from a nobleman who had entrusted a silver brooch to the woman for safekeeping but then secretly threw it into the sea. He charged her with stealing it, knowing that he could take her as a slave if a judge ruled in his favor.

The woman fled and sought refuge with Brigid’s community. Providentially, one of her fishermen hauled in a fish which, when cut open, proved to have swallowed the brooch. The nobleman freed the woman, confessed his sin, and bowed in submission to Brigid.

On another occasion, Brigid was travelling to see a physician for her headache. She stayed at the house of a Leinster couple who had two mute daughters. The daughters were traveling with Brigid when her horse startled, causing her to fall and graze her head on a stone. A touch of Brigid’s blood healed the girls.

One of the more commonly told stories is of Brigid asking the King of Leinster for land. She told the king that the place where she stood was the perfect spot for a convent. It was beside a forest where they could collect firewood and berries. There was also a lake nearby that would provide water, and the land was fertile. The king laughed at her and refused to give her any land. Brigid prayed to God and asked him to soften the king’s heart.

Then she smiled at the king and said, “Will you give me as much land as my cloak will cover?”

The king thought that she was joking and, hoping to get rid of her, he agreed. She told four of her sisters to take up the cloak, but instead of laying it flat on the turf, each sister, with face turned to a different point of the compass, began to run swiftly, the cloth growing in all directions. The cloak began to cover many acres of land.

The king was persuaded, and soon after that became a Christian and began to help the poor he even commissioned the building of a convent. Legend has it that the convent was known for making jam from local blueberries, and a tradition has sprung up of eating jam on St. Brigid’s Day celebrated each year on February 1st or 2nd.

______________________________

*Imbolc (Imbolg) – Cross Quarter Day

Imbolc (Imbolg) the festival marking the beginning of spring has been celebrated since ancient times. It is a Cross Quarter Day, midpoint between the Winter Solstice and the Spring Equinox, it can fall between the 2nd & 7th of February when calculated as the mid point between the astronomical Winter Solstice and the astronomical Spring Equinox.

At the Mound of the Hostages on the Hill of Tara the rising sun at Imbolc illuminates the chamber. The sun also illuminates the chamber at Samhain, the cross quarter day between the Autumn Equinox and the Winter Solstice.

The Mound of the Hostages at Tara is a Neolithic Period passage tomb, contemporary with Newgrange which is over 5000 years old, so the Cross Quarter Days were important to the Neolithic (New Stone Age) people who aligned the chamber with the Imbolc and Samhain sunrise. In early Celtic times around 2000 years ago, Imbolc was a time to celebrate the Celtic Goddess Brigid (Brigit, Brighid, Bride, Bridget, Bridgit, Brighde, Bríd). Brigid was the Celtic Goddess of inspiration, healing, and smithcraft with associations to fire, the hearth, and poetry.


A Tale of Two Brigids: A Celtic Goddess and a Christian Saint - History

Brigid, Celtic Goddss
of Fire

“I am Brid, beloved of Erin, spirit of fire, healer of ills, warrioress

of old, protector of life, woman of power, sovereign Mother

of all creation. I create, I inspire, I make magick. I am old,

I am young, I am eternal. I am the All-Power personified.

Brigid , the Celtic goddess of fire (the forge and the hearth),

poetry, healing, childbirth, and unity, is celebrated in many

She is known by many names, including that of Saint Brigid

who is, perhaps, the most powerful religious figure in Irish

Born at the exact moment of daybreak, Brigid rose into the

sky with the sun, rays of fire beaming from her head.

She was the daughter of Dagda, the great 'father-god' of

Ireland. In Druid mythology, the infant goddess was fed with

milk from a sacred cow from the Otherworld. Brigid owned

an apple orchard in the Otherworld and her bees would bring

their magical nectar back to earth. It is said that wherever

she walked, small flowers and shamrocks would appear.

As a sun goddess her gifts are light (knowledge),

inspiration, and the vital and healing energy of the sun.

During an Irish Civil war involving her family, after her marriage

(which was arranged to bring peace), Brigid's eldest son,

using the knowledge of metal-smithing that he had

learned from his mother, struck the first blow, killing the

smith of the opposing army. But as the warrior fell to the

ground, he managed one last blow before he died and

Brigid's grief was enormous--for the continual hatred between

the two sides of her family and for the death of her son.

Her lamentations were so loud they were heard throughout

Ireland and so heart-rending that

both sides left the battle and forged a peace. The goddess

Brigid is said to have originated the practice of "keening."

She is also credited with the invention of whistling, which

she used to summon her friends to her side.

Eventually the love and respect for the goddess Brigid

brought unity to the Celts who were spread throughout

Europe. Regardless of their differences, they all agreed

upon her goodness and compassion.

One of the most popular tales of the goddess Brigid involved

two lepers who appeared at her sacred well at Kildare and

asked to be healed. She told them that they were to bathe

each other until the skin healed.

After the first one was healed, he felt only revulsion for the

other and would not touch him to bathe him. Angered,

Brigid caused his leprosy to return. Then she gently placed

her mantle (cloak) around the other leper who was

Ireland is full of springs and wells named after the goddess

Symbolically, water is seen as a portal to the Otherworld and

as a source of wisdom and healing.

There is a saying that Brigid rewards any offering to her,

so offerings of coins were often tossed into her wells.

the forerunner of the modern custom of throwing a penny

into a fountain while you make a wish.

At her most famous shrine Brigid taught humans how to

gather and use herbs for their healing properties, how to care

for their livestock, and how to forge iron into tools.

As a goddess of childbirth and protector of all

children, she is the patroness of midwifery.

This shrine, near Kildare, was located near an ancient Oak

that was considered to be sacred by the Druids, so sacred

in fact that no one was allowed to bring a weapon there.

The shrine is believed to have been an ancient college of

priestesses who were committed to thirty years of service,

after which they were free to leave and marry.

Saint Brigit: Her Words

“Christ dwells in every creature.”

“I should like a great lake of beer for the King of Kings.

I should like the angels of Heaven to be drinking it through time eternal.

I should like excellent meats of belief and pure piety.

I should like the men of Heaven at my house.

I should like barrels of peace at their disposal.

I should like for them cellars of mercy.

I should like cheerfulness to be their drinking.

I should like Jesus to be there among them.

I should like the three Marys of illustrious renown to be with us.

I should like the people of Heaven, the poor, to be gathered around from all parts.”

Saint Brigit of Kildare また Brigid of Ireland ( Irish : Naomh Bríd NS。 451 – 525) is one of Ireland's patron saints , along with Patrick and Columba . Irish hagiography makes her an early Irish Christian nun , abbess, and founder of several monasteries of nuns, including that of Kildare in Ireland, which was famous and was revered. Her feast day is 1 February, which was originally a pagan festival called Imbolc , marking the beginning of spring. Her feast day is shared by Dar Lugdach, whom tradition says was her student and the woman who succeeded her.

There is some debate over whether St Brigid was a real person. She has the same name, associations and feast day as the Celtic goddess Brigid , and there are many supernatural events, legends and folk customs associated with her.

Some scholars suggest that the saint is merely a Christianization of the goddess. Others suggest that she was a real person who took on the goddess's attributes. Medieval Art Historian Pamela Berger argues that Christian "monks took the ancient figure of the mother goddess and grafted her name and functions onto her Christian counterpart."Professor Dáithí Ó hÓgáin and others suggest that the saint had been chief druidess at the temple of the goddess Brigid, and was responsible for converting it into a Christian monastery. After her death, the name and characteristics of the goddess became attached to the saint.

According to tradition, Brigid was born in the year 451 AD in Faughart , [10] County Louth . Because of the legendary quality of the earliest accounts of her life, there is much debate among many secular scholars and even Christians as to the authenticity of her biographies. Three biographies agree that her mother was Brocca, a Christian Pict and slave who had been baptised by Saint Patrick . They name her father as Dubhthach, a chieftain of Leinster .

The vitae say that Brigid's mother was a slave, and Dubthach's wife forced him to sell her to a druid when she became pregnant. Brigid herself was born into slavery. From the start, it is clear that Brigid is holy. When the druid tries to feed her, she vomits because he is impure. A white cow with red ears appears to sustain her instead. As she grows older, Brigid performs many miracles, including healing and feeding the poor. According to one tale, as a child, she once gave away her mother's entire store of butter. The butter was then replenished in answer to Brigid's prayers. Around the age of ten, she was returned as a household servant to her father, where her habit of charity also led her to donate his belongings to anyone who asked. In two Lives, Dubthach was so annoyed with her that he took her in a chariot to the king of Leinster, to sell her. While Dubthach was talking to the king, Brigid gave away his jewelled sword to a beggar to barter it for food to feed his family. The king recognized her holiness and convinced Dubthach to grant his daughter her freedom.

Her friendship with Saint Patrick is noted in the following paragraph from the Book of Armagh : "inter sanctum Patricium Brigitanque Hibernesium columpnas amicitia caritatis inerat tanta, ut unum cor consiliumque haberent unum. Christus per illum illamque virtutes multas peregit". (Between St Patrick and Brigid, the pillars of the Irish people, there was so great a friendship of charity that they had but one heart and one mind. Through him and through her Christ performed many great works.)

Brigid refused to marry, choosing instead to serve Jesus only. Brigid founded a double monastery at Kildare. She was the Abbess of the convent, which was the first convent in Ireland. She also founded a school of art at Kildare. The illuminated manuscripts became famous, especially the Book of Kildare.

In art, Brigid is often depicted holding a reed cross made from the palm branches blessed on Palm Sunday. The cross is known as St. Brigid’s Cross。 It is a symbol of peace.

When dying, St Brigid is said to have been given the last rites by St Ninnidh. Afterwards, he reportedly had his right hand encased in metal so that it would never be defiled, and became known as "Ninnidh of the Clean Hand." Tradition says she died at Kildare on 1 February 525.

St Brigid is said to have had a female companion named Dar Lugdach, a younger nun whom she shared her bed with. According to tradition, Dar Lugdach succeeded Brigid as abbess of Kildare and, as foretold by Brigit, she died exactly one year after her. The two thus share the same feast day. The name Dar Lugdach (also spelled Dar Lugdacha or Dar Lughdacha) means "daughter of the god Lugh ".

Imbolc, Feast of Saint Brigit

Imbolc, or Óimelc, occurring the first of February, is one of the four major Celtic festivals in the year, going back to Druid times. The Feast of St Briget is on the same day.

Miracles associated with Brigid

Brigid is celebrated for her generosity to the poor. In her case, most of the miracles associated with her relate to healing and household tasks usually attributed to women.

• When Brigit was of marital age, a man by the name of Dubthach moccu Lugair came to woo her. Since Brigid offered her virginity to God, she told the man that she cannot accept him but to go to the woods behind his house where he will find a beautiful maiden to marry. Everything that he says to the maiden's father will be pleasing to them. The man followed her instructions and it was as she said.

• In one story, Brigid protected a woman from a nobleman who had entrusted a silver brooch to the woman for safekeeping but then secretly threw it into the sea. He charged her with stealing it, knowing that he could take her as a slave if a judge ruled in his favor. The woman fled and sought refuge with Brigid's community. By chance, one of her fishermen hauled in a fish which, when cut open, proved to have swallowed the brooch. The nobleman freed the woman, confessed his sin, and bowed in submission to Brigid. A similar story is told of St Kentigern .

• On another occasion, Brigid was travelling to see a physician for her headache. She stayed at the house of a Leinster couple who had two mute daughters. The daughters were travelling with Brigid when her horse startled, causing her to fall and graze her head on a stone. A touch of Brigid's blood healed the girls

• When on the bank of the River Inny , Brigid was given a gift of apples and sweet sloes. She later entered a house where many lepers begged her for these apples, which she offered willingly. The woman who had given the gift to Brigid was angered by this, saying that she had not given the gift to the lepers. Brigid was angry at the nun for withholding from the lepers and cursed her trees so they would no longer bear fruit. Yet another woman also gave Brigid the same gift, and again Brigid gave them to begging lepers. This time the second woman asked that she and her garden be blessed. Brigid then said that a large tree in the virgin's garden would have twofold fruit from its offshoots, and this was done. [11]

• One Easter Sunday, a leper had come to Brigid to ask for a cow. She said she would rest and would help him later however, he did not wish to wait and said he would go somewhere else for a cow. Brigid then offered to heal him, but the man stubbornly replied that his condition allowed him to get more than he would if he were healthy. After convincing the leper that this was not so, she told one of her maidens to have the man washed in a blessed mug of water. After this was done, the man was healed and vowed to serve Brigid.

• One of the more commonly told stories is of Brigid asking the King of Leinster for land. She told the king that the place where she stood was the perfect spot for a convent. It was beside a forest where they could collect firewood and berries. There was also a lake nearby that would provide water and the land was fertile. The king laughed at her and refused to give her any land. Brigid prayed to God and asked him to soften the king's heart. Then she smiled at the king and said "will you give me as much land as my cloak will cover?" The king thought that she was joking and, hoping to get rid of her, he agreed. She told four of her sisters to take up the cloak, but instead of laying it flat on the turf, each sister, with face turned to a different point of the compass, began to run swiftly, the cloth growing in all directions. The cloak began to cover many acres of land. "Oh, Brigid!" said the frighted king, "what are you about?" "I am, or rather my cloak is about covering your whole province to punish you for your stinginess to the poor." "Call your maidens back. I will give you a decent plot of ground." The saint was persuaded, and if the king held his purse-strings tight in future, she had only to allude to her cloak to bring him to reason. Soon afterwards, the king became a Christian, began to help the poor and commissioned the building of the convent. Legend has it, the convent was known for making jam from the local blueberries which was sought for all over Ireland. There is a new tradition beginning among followers of St Brigid to eat jam on 1 February in honour of this miracle.

• After Brigid promised God a life of chastity, her brothers were grieved at the loss of a bride price. When she was outside carrying a load past a group of poor people, some began to laugh at her. A man named Bacene said to her, "The beautiful eye which is in your head will be betrothed to a man though you like it or not." In response, Brigit thrust her finger in her eye and said, "Here is that beautiful eye for you. I deem it unlikely that anyone will ask you for a blind girl." Her brothers tried to save her and wash away the blood from her wound, but there was no water to be found. Brigid said to them, "Put my staff about this sod in front of you", and after they did, a stream came forth from the ground. Then she said to Bacene, "Soon your two eyes will burst in your head" and it happened as she said.

• She is associated with the preservation of a nun's chastity in unusual circumstances. Some authorsclaim that it is an account of an abortion. Both Liam de Paor (1993) and Connolly & Picard (1987), in their complete translations of Cogitosus , give substantially the same translation of the account of Brigit's ministry to a nun who had failed to keep her vow of chastity, and become pregnant. In the 1987 translation: "A certain woman who had taken the vow of chastity fell, through youthful desire of pleasure and her womb swelled with child. Brigid, exercising the most potent strength of her ineffable faith, blessed her, causing the child to disappear, without coming to birth, and without pain. She faithfully returned the woman to health and to penance."

Brigid of the Mantle, encompass us,

Lady of the Lambs, protect us,

Keeper of the Hearth, kindle us.

Beneath your mantle, gather us,

Mothers of our mother, Foremothers strong.

Remind us how to kindle the hearth.

To keep it bright, to preserve the flame.

Your hands upon ours, Our hands within yours,

To kindle the light, Both day and night.

The Mantle of Brigid about us,

The Memory of Brigid within us,

The Protection of Brigid keeping us

From harm, from ignorance, from heartlessness.

From dawn till dark, From dark till dawn.

Copyright 2012 Sophia in Practice.全著作権所有。 Logo designed by Brian Francisco Wong. Photos by Cathy Cade. Models are actual clients who volunteered to be in the photos.

Sophia in Practice
1611 San Pablo Ave, Suite 4B
Berkeley , CA 94702


TWO BRIGIDS

St. Brigid, by Patrick Joseph Tuohy, Hugh Lane Gallery. (Public Domain)

There is one old Irish goddess who would appear to have evaded a fate beneath the fairy mounds, however. This is, of course, Brigid, the above-mentioned keeper of fertility, health, and the spring, who shares her name with St. Brigid of Kildare, a nun and abbess who is said to have lived slightly before St. Patrick.

There are some who suggest that St. Brigid is a true Christianization of the pagan goddess. Art historian Pamela Berger, for example, argues that “Christian monks took the ancient figure of the mother goddess and grafted her name and functions onto her Christian counterpart.” Others claim that St. Brigid existed independently of the deity, with the two becoming confused in associations and legacy after her death. No matter which belief resonates with you most, there certainly is no denying that the many similarities to be found between this ancient pair provides fascinating insight into the Christian conversion of the Emerald Isle.


ビデオを見る: アッシジの聖フランシスコ 福音の実践