ダニーオズモンドは、「ゴーアウェイリトルガール」で米国のポップチャートで1位のヒットを記録しています

ダニーオズモンドは、「ゴーアウェイリトルガール」で米国のポップチャートで1位のヒットを記録しています



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

ドニー・オズモンドは、1960年代初頭に、家族の理髪店クインテットのくぼみのある5歳のフロントマンとしてプロとしてのキャリアを開始しました。最近でも、彼は信頼できるラスベガスのナイトクラブの抽選会です。ブロードウェイミュージカルツアーの時折のマーキースター。そして、シンジケート化されたテレビのチャットショーやゲームショーのオンアゲイン、オフアゲインホスト。しかし、1970年代のある黄金時代の間、この勤勉な芸能界の生存者は正真正銘のスーパースターでした。その期間は1971年9月11日、13歳のダニーオズモンドが「ゴーアウェイリトルガール」で彼の最初のソロ(そして全体で2番目)の#1ヒットを獲得したときに順調に進んでいました。

オズモンズ、ドニーと彼の兄弟のアラン、ウェイン、メリル、ジェイが一緒に演奏したのは、ちょうど7か月前に、ジャクソン5のバブルガムソウルの勇敢な模倣である#1ヒット「OneBadApple」でポップシーンに突入しました。そして、インディアナ州ゲーリーのジャクソンがすぐに彼ら自身のリードシンガーとやり遂げるのと同じように、ユタ州オグデンのオズモンズはすぐに動き、ドニーからソロスターを作りました。 「私たちは前にいる人をプッシュし、残りの人はフロントランナーを最初に保ち、家族を強く保つために必要な作業を分割します」と、モルモンのショービジネス一族の家長であるオリーブオズモンドがプロセスを説明した後の方法です。彼女の若いドニーはすぐに彼のあまりテレジェニックでない兄弟の上に昇格しました。

ドニーのデビューのために選ばれた素材は、ティーニーボッパーの主流に真っ向から落ち込んだ。彼のデビューシングル「SweetandInnocent」は、ポップチャートで7位まで上昇し、続いて、ジェリーゴフィンとキャロルキングの伝説的なチームによって書かれた「GoAway Little Girl」が続き、1963年には1位になりました。スティーブローレンス。ポール・アンカの「Puppy Love」、フランキー・アヴァロンの「Why」、ナット・キング・コールの「Too Young」、ジョニー・マティスの「The Twelfth Of Never」など、同様のカバー曲が続きます。これらはすべてトップ20ヒットでした。 。しかし、1973年のエルビスプレスリーの「AreYou Lonesome Tonight」のカバーは、ドニーが2番目のヒット曲「Soldierof Love」で戻ってきた、1989年までの最後のトップ20ヒット曲になります。

しかし、その間の数年間、ドニー・オズモンドは、彼をお気に入りにした成功から彼が持つかもしれないすべての喜びを引き出していなかったようです。 タイガービート 1970年代初頭に設定されました。 「20代から30代にかけて、自分が参加していた安っぽい音楽のすべてについて、キャリアをお詫びします」と、対立した元10代のアイドルは言います。 「30代後半か40代前半になって初めて…[私は]自分自身に思いました。「あなたは何を知っていますか?その音楽はそれが何であるかについて素晴らしかった、人々はそれを愛した、それは信じられないほど成功した-なぜ私は気分が悪いのか?」


オズモンズ

オズモンズ 1970年代初頭から中期に名声の頂点に達したアメリカの家族音楽グループです。現在、元のメンバーであるメリル・オズモンドとジェイ・オズモンドのデュオで構成されているこのグループは、カルテットとして最もよく知られている構成を持っていました( オズモンズブラザーズ)とクインテット(オズモンズとして)。このグループは、ユタ州オグデンのミュージシャンの家族の一員であり、1960年代から世間の注目を集めている兄弟で構成されています。 [2]

オズモンズブラザーズは、アラン、ウェイン、メリル、ジェイの兄弟で構成される理髪店のカルテットとして始まりました。 [2]後に、ソロアーティストとして成功を収めた若い兄弟のドニーとジミーが加わった。 [3]ドニーが加わったことで、このグループは10代のアイドルとソフトロックバンドの両方として演奏するオズモンズとして知られるようになり、そのピークは1971年から1975年まで続きました。[3]兄弟とほとんど歌わなかった唯一の姉妹マリー。当時、1973年にソロアーティストとしてもドニーのデュエットパートナーとしても成功を収めました。 1976年までに、バンドはその年にヒットシングルを制作しなくなり、テレビに移行しました。 ドニー&マリー、1979年まで続いた人気のバラエティ番組。

1980年代にオズモンズブラザーズのオリジナルラインナップが復活したことでカントリーミュージックは中程度の成功を収め、1980年代後半にはドニーとマリーがそれぞれの分野で別々にカムバックしました。オズモンズは世界中で7700万以上のレコードを販売しています。 [5]カルテットは2007年に50周年を迎えるまで演奏を続け、その時点でアランとウェインは健康上の問題で引退しました。ジミーはアランの引退後に採用され、グループはジミーが脳卒中を起こして2018年に引退するまでトリオとして演奏しました。 。アランの息子デビッドオズモンドは2019年にグループと共演しました。2019年10月14日、元のオズモンドブラザーズカルテットはCBSのために再会しました。 トーク 姉妹のマリー生誕60周年を記念して、ラインナップの最後の登場として請求されました。兄弟は別れの歌として書かれ、2018年に紹介された「最後の章」を演奏しました。[6]ドニー&マリーは2019年11月16日にラスベガスでの11年間の滞在を終了しました。メリルとジェイは演奏とツアーを続けています[4 ]ソロアーティストとしてのドニーもそうです。


奴隷制度廃止運動

奴隷制度廃止運動は、米国における奴隷制の慣行を終わらせるために組織されました。この運動は、ニューヨークやマサチューセッツなどの州で発生しました。この運動の指導者たちは、奴隷貿易と奴隷制に対する世論を変えるのに大きな役割を果たした英国の活動家からの戦略のいくつかをコピーしました。この運動は、フレデリック・ダグラス、ソジャーナ・トゥルース、ジョン・ブラウンなどの人々によって主導されました。1865年、議会は第13条改正案を可決し、アメリカでの奴隷制を禁止しました。


ドニー・オズモンドのディスコグラフィー

アメリカのポップシンガー、ダニー・オズモンドのディスクグラフィーには、17のスタジオアルバム、9つのコンピレーションアルバム、1つのライブアルバム、4つのビデオアルバム、3つの拡張プレイ、4つのミュージックビデオ、25のシングル、8つの追加出演が含まれています。彼の兄弟のバンドであるオズモンズと数年間協力した後、彼は1971年にソロキャリアに乗り出しました。彼のデビューシングル「Sweetand Innocent」は、 ビルボード ホット100と彼を10代のポップスターにしました。 「ゴー・アウェイ・リトル・ガール」と題されたそのフォローアップは、1971年に同じチャートを突破しました。[1]また、1971年に彼のデビュースタジオアルバムがリリースされました。 ダニーオズモンドアルバム。 それはビルボード200全ジャンルチャートの13番でピークに達しました。 [2]彼の3番目のスタジオリリース、 ドニーの肖像、 ビルボード200で6位に達し、これまでで最も魅力的なアルバムです。 [3]その2つのシングルは、ポップチャートのトップ10ヒットになりました:「HeyGirl」と「PuppyLove」。 [4]彼は1972年に4回目のスタジオ活動を発表しました。 若すぎる。 レコードはビルボード200の11番でピークに達しました。[5]それはトップ20のポップヒットを生み出しました:タイトルトラックと「なぜ」。 [4] 1973年、 二人きり 彼の5番目のスタジオアルバムリリースをマークし、米国で26位にピークを迎えました。 [6]それはHot100で8位に達した「TheTwelfthofNever」のカバーを生み出しました。[4] 1970年代半ばまでに、オズモンドは成人期に達し、妹のマリーオズモンドとのコラボレーションにもかかわらず彼のキャリアは衰退し始めました。 。 [1] 1976年、彼はディスコのアルバムを録音しました(ディスコトレイン)、ビルボード200で145番にしか達していない。[7]

ドニー・オズモンドのディスコグラフィー
スタジオアルバム17
ライブアルバム1
コンピレーションアルバム9
ビデオアルバム4
ミュージックビデオ4
EP3
シングル25
その他の外観8

オズモンドは演奏を続けましたが、彼の人気は低下していました。それでも、1989年に彼はシングル「SoldierofLove」で戻ってきました。 [1] Hot 100で10年以上で最大のヒットとなり、1989年に2位になりました。[8]彼のセルフタイトルのスタジオアルバムも1989年にリリースされ、Billboard200で54位に達しました。[9]彼は1990年代にそれに従いました 目は嘘をつかない、 全ジャンルチャートで177位に達しました。 [10]それはシングル「MyLoveIs a Fire」を生み出し、Hot 100で21位に上昇しました。[4]彼は、残りの10年間、さまざまな映画、テレビ、劇場のプロジェクトに取り組みました。その後、彼はタイトルのショーチューンのアルバムをリリースしました これが瞬間です。 [1]プロジェクトはBillboard200リストの64番でピークに達しました。 [11]その後、彼は2002年に呼ばれる愛の歌のコレクションでそれに続いた 時間のどこか。 [1] 2007年、オズモンズのスタジオアルバム、 70年代のラブソング、 長年の彼の最高のチャート記録であり、全ジャンル調査で27位にピークを迎えました。 [12]彼の最新のスタジオリリースはカバー曲のコレクションであり、 私の人生のサウンドトラック。 [1]


コンテンツ

アメリカのカントリーシンガー、ソニー・ジェイムスによるレコーディングは、キャピトル・レコードからカタログ番号3602としてリリースされました。 ビルボード ディスクジョッキーチャートでは、ベストセラーチャートで1位、ジュークボックスチャートで2位、上位100曲の複合チャートで4位にピークを迎えました。 2位になりました。 ビルボード」カントリーミュージックチャートでは、9週間で1位のヒットとなり、チャート上でジェームズの23曲のチャートトップ曲の中で最も長く君臨し続けました。 ビルボード 1957年の年間最優秀曲としてランク付けされました。

レコーディングはケン・ネルソンによって制作され、1956年10月30日にテネシー州ナッシュビルのブラッドリースタジオでレコーディングされました。ボーカルの裏付けは、当時ジェームズのバンドメンバーの一人であったハーラン・パウエル、ゴードン・ストーカーと他の一人によって提供されました。ジョーダネアーズは、1950年代後半のいくつかの曲と1963年に国会議事堂に戻ったときの彼の曲のいくつかでソニー・ジェイムスを支持しましたが、1964年8月に彼に加わった南部紳士の声の音が彼の声の背景を提供しました1971年まで。

ジェームズの「YoungLove」の裏側は、「You're the Reason I'minLove」という曲でした。その曲は1957年初頭のビルボードカントリーチャートのトップ10ヒットでした。オリジナルから14年後の1971年、ジェームズはその曲をよりテンポの速い、ホーンの多い表現で「だからこそ私はあなたが好きなのです」と再録音しました。新しく録音されたタイトル変更されたバージョンは、シングルとしてリリースされ、1972年6月に1位になりました。

本の中で 大混乱 ヴィンセント・ブグリオシーとカート・ジェントリーによって、この曲のジェームズのバージョンは、スパーン牧場のラジオで頻繁に演奏されたと言われています。それはまた、チャールズ・マンソンが彼の女性信者に関連して使用した愛情の言葉でもありました。 [2]

2020年、このバージョンはNetflixのサイコスリラー映画「悪魔はいつもそこに」で取り上げられました。

アメリカの俳優で歌手のタブハンターによるレコーディングは、ドットレコードからカタログ番号15533としてリリースされました。 ビルボード 1957年1月19日のチャート。ディスクジョッキーチャート、ベストセラーチャート、ジュークボックスチャート、上位100曲の複合チャートのチャートで1位にピークを迎えました。このバージョンは6週間にわたって1位を維持し、ゴールドレコードになりました。 ビルボード このバージョンを1957年の第4曲としてランク付けしました。このレコードの成功により、ハンターが契約プレーヤーであったワーナーブラザースがワーナーブラザースレコードを結成しました。

カナダのボーカルグループTheCrew-Cutsによるレコーディングは、MercuryRecordsからカタログ番号71022としてリリースされました。 ビルボード 1957年1月26日のチャート。ディスクジョッキーチャートでは、ジュークボックスチャートの17位、トップ100曲のコンポジットチャートの17位でピークに達し、24位に達した。

1965年後半、アメリカのシンガーソングライター、レスリーゴアは、シェルビーシングルトンがプロデュースし1966年1月にマーキュリーレコードがリリースした6枚目のスタジオアルバム「レスリーゴアがオールアバウトラブを歌う」のバージョン「ヤングラブ」を録音しました。ゴアの曲の演奏は、1966年3月にアルバムから3枚のシングルの最後としてリリースされました。曲はかなりのファンファーレに遭遇し、50番でピークに達しました。 ビルボードホット100 チャート、「Young Love」は、「All About Love」の最も成功した曲であると同時に、1966年の彼女の最高のチャートシングルでもあります。

1973年、この曲はアメリカのティーンアイドル、ドニー・オズモンドによってMGMレコードで復活しました。彼のバージョンは、2番目の詩の前半にドニーの朗読を特色にしました。マイクカーブとドンコスタが制作したバージョンは、大西洋の両側でヒットし、23位に達しました。 ビルボード ホット100、全英シングルチャートで1位、1973年8月にトップで4週間を過ごし、[3]、カナダのRPMマガジントップ100で4位。[4]


ドニー・オズモンド(1971-1977)

ダニー・オズモンドは、1960年代に5歳で「アンディウィリアムスショー」でテレビデビューしました。1971年初頭、彼は13歳でポップスターになり、兄弟のオズモンズと一緒にナンバーワンのポップヒット「ワンバッドアップル」でリードを歌いました。その成功からわずか数か月後、彼は最初のトップ10ソロヒット「SweetandInnocent」をリリースしました。続いて、#1のスマッシュ「GoAway、LittleGirl」が続きました。ダニー・オズモンドは、1977年に20歳になるまでに、さらに3つのトップ10ソロヒットと2つのトップ10デュエットを姉妹マリーと交わしました。ダニーオズモンドは、間違いなく1970年代の10年間で最も著名なティーンポップスターでした。

「ドニーとマリー」のテレビバラエティ番組が1979年に終了した後、ドニーオズモンドは、新しい10年間の成人パフォーマーとしての彼のイメージの再構築に着手しました。彼は1982年にジョージM.コーハンの「リトルジョニージョーンズ」の復活でブロードウェイに出演しました。オズモンズは、1989年の#2チャートポップスマッシュ「Soldierof Love」で、10年後半にポップチャートに戻りました。 1990年代に彼は「ジョセフとアメージングテクニカラードリームコート」の2,000以上のパフォーマンスに登場する批評家の称賛を受けました。彼は引き続き人気のある有名人であり、2009年に「ダンシングウィズザスターズ」を受賞しました。


Donny’s Comeback Bid:Mr。Clean No More:10年にわたる不振の後、Osmondは新しいダンスアルバムをリリースしました。 。 。それに合わせてより粗い画像

ダニーオズモンドがかつて音楽界の頂点に立っていて、神童のマイケルジャクソンと真剣な競争を繰り広げていたとは信じがたいこともあります。

この国で最後にレコードをリリースした1978年まで、ドニーはマイケルの23と比較して、26のトップ40シングルを蓄積していました。オズモンズのヒット曲には、兄弟とのレコード(「ワン・バッド・アップル」、「ヨーヨー」)が含まれていました。妹のマリー(「私はあなたにすべてを任せています」、「山の朝側」)とソロ作品(「子犬の愛」と「ゴーアウェイリトルガール」)。

しかし、マイケルはエルビス以来おそらく最大のポップスターになりました。そしてドニー?

現在31歳のオズモンドは、テレビのバラエティ番組「ドニーとマリー」での在職期間によって固められたキュートでアンヒップなイメージに包まれ、音楽業界に彼が真面目なアーティストであることを説得するために10年間戦ってきました。その間、彼はリリースされなかった2枚のアルバムを録音しました。

しかし、オズモンドは誤ったスタートが彼の後ろにあることを望んでいます。彼のダンスアクセントのポップシングル「SoldierofLove」は、昨年の夏にイギリスでトップ30に到達し、VirginRecordsは先月オズモンドによるアグレッシブなダンスチューンのアルバムをリリースしました。 5曲を共作した歌手によると、一部のレーベルは米国でのリリースに向けてそれをピックアップすることを検討しているという。

「彼らは、ダニー・オズモンドからこの種の音楽を期待するつもりはありません」と彼は最近、ハリウッドのレコーディングスタジオでのボーカルセッションの合間にリラックスして言った。 「ラジオ局はそれを楽しむつもりです。彼らは、「私はあなたのためにこれをプレイするつもりです、そしてあなたはそれが誰であるかを推測しようとします、「あなたはそれを決して信じないからです」と言うでしょう。」

先週、その予測は実現しました。

影響力のあるニューヨーク市のステーションであるWPLJ-FMは、アーティストが誰であるかを明らかにすることなく、「SoldierofLove」の演奏を開始しました。音楽監督のジェシカ・エッティンガーによると、この曲は毎晩トップ10のリクエストであり(3人だけが誰であるかを推測しました)、オズモンドが1週間​​後に啓示のために放送に出演したとき、エッティンガーは次のように述べています。信じられない。」

ドナルドクラークオズモンドは、タホ湖での兄弟の理髪店カルテットアクトのゲストとして、1962年に4歳でショービジネスに参入しました。彼は後に、アンディウィリアムスの毎週のバラエティテレビ番組の常連として、兄弟(アラン、ウェイン、メリル、ジェイ)に正式に参加しました。さまざまなレーベルの一連のフロップを録音した後、オズモンズは、MGMレコードに署名したマイクカーブの指導の下、1971年に「ワンバッドアップル」で音楽シーンで爆発しました。ドニーが1974年にレコーディングデュオとして姉妹マリーとペアを組んだことで、1976年から78年にかけてテレビ番組が成功し、1979年にわずか10週間続いた「オズモンズファミリーショー」が続きました。オズモンズ、テレビ番組の方向性に不満は、1979年に70年代の音楽のシンプルなポップトーンから脱却する方法を探し始めましたが、彼に必要な自由を与えるレコード会社を見つけることができませんでした。

彼は、最大の打撃は1982年に愛国的なブロードウェイミュージカル「リトルジョニージョーンズ」で起こったと言います。オズモンドは再び全米の少年を演じていましたが、それは新しい分野で信頼を築くための大胆な試みでした。そして彼は彼の「心と魂」をそれに入れたと言います。

しかし、劇は批評家によって荒廃し、初日の夜に閉じられました。

「私がもっと誇りに思っているが、もっと(意気消沈した)何かがあるとすれば、それはその遊びです」と彼は言いました。 「ダンス。 。 。絶対に一流で、歌は素晴らしかった。立っている拍手喝采のためにショーを2回止めなければなりませんでした!」

オズモンドを苛立たせたのは、彼の歯を見せる笑顔について冗談を言った批評家でした。 「彼らはショーではなくイメージについて話し始めました」と彼は言いました。

発言は非常に激しく打たれたので、オズモンドはあごひげを生やし、ほぼ2年間スポットライトから撤退しました。振り返ってみると、「何かに失敗したのは本当に初めてだったので、隠そうとしていました」と彼は言います。

最後に、彼は彼のキャリアを再確立するための別の試みのために一緒になりました。 「あごひげを剃って、 『さあ、ダフを下ろして』と言いました。」

1985年、オズモンドは妻のデビーと3人の息子(現在は3、7、9歳)と一緒にユタ州からアーバイン州に引っ越しました。

その年、彼はジェフベックの「野心的な」ビデオに仕事をしていない歌手として出演したとき、彼のイメージを変えることで進歩を遂げました。彼がリードシンガーのギグのオーディションをしているときのビデオの彼のセリフ:「私は家族と一緒に歌いました、そして私はマリーという名前のひよこと一緒に歌っていました。」

その後、オズモンドはハリウッドのパーティーに現れ始め、ボーイ・ジョージやビリー・アイドルなどのありそうもない仲間と一緒に写真を撮りました。そして、1986年3月、彼は、若者には不適切かもしれないアルバムの警告ラベルを要求しているParents Music Resource Centerに反対して、多くの人を驚かせました。

「全体的な戦略は、私が本当の個人、つまり本当の人間であることを人々に知らせることでした」とオズモンドは言いました。 「そして、適切な場所に適切なタイミングでいた、調合された流行の、夜ごとのかわいらしい顔ではありません。」

当時エピックレコードのタレントエグゼクティブであったフランクランは、元ティーンスターを真剣に受け止めなかった業界関係者の典型でした。 「私は彼のその全体的で明白なイメージを持っていました」と彼は言いました。 「そして、それは私から(地獄)を怖がらせました-彼の名前の考えは私のものに関連していました。」

しかし、ランドはオズモンズの最大の支持者の1人になりました。

1986年にオズモンドとエピックの契約を結んだランドは、次のように述べています。

ニューヨークで行われた国連慈善コンサートでオスモンドに会い、両方が演奏したピーターガブリエルもオスモンドを信じ、ガブリエルの「スレッジハンマー」のヒット曲を編曲したプロデューサーのジョージアコニーに会うように促しました。オズモンドはアコニーと一緒にレコーディングするためにイギリスに行きましたが、プロジェクトが終了する前に、ランドの新しい上司によってエピックからドロップされました。

イギリスのVirginRecordsの責任者であるSimonDraperは、OsmondがAcogneyと行ったトラックが好きで、ニューヨークを拠点とするライター/プロデューサーのCarlSturkenとEvanRogersとプロジェクトを完了したOsmondに署名しました。彼らのコラボレーションの1つ:ヒットシングル「SoldierofLove」。

彼がカムバックの努力について聞いたすべての悲観論にもかかわらず、オズモンドはそれを通して頑固な忍耐力を維持しました。

「私は父からそれをたくさん得ます」と彼は言いました。 「彼は非常に困難な生活を送っていました。 。 。 。彼は壊れた家から来ました。彼は3歳のときに父親を亡くしました。彼は得たものすべてのために戦わなければなりませんでした。それは確かに銀の大皿で彼に提供されませんでした。彼が経験しなければならなかったすべての困難について考えるとき、それは私にインスピレーションを与えます。」

オズモンドは、10年ぶりのニューアルバムに自信を持っており、大きな売り手を持つことが必ずしも彼の主な目標ではないと述べています。そして、彼のアルバムがまだイギリスのチャートを作っていないという事実に、彼は思いとどまることはありません。 「私はいつも、2、3枚のアルバムが必要だと言っていました。ドニー・オズモンドと彼が持っている才能への敬意を取り戻したいだけです。このアルバムは人々を最新のものにするでしょう。

「処女は私を正しく扱っています、そして私はここで同じことを見つけたいです。」しかし、彼は、どのレーベルがアメリカで彼のアルバムをピックアップするかについては心配していないと言います。

「彼らは私のアルバムが好きで、それを聴くことができます」と彼は言います。 「でも、もうドアをノックするつもりはありません。それはもう私のギグではありません。なぜなら、私は他の誰よりも優れていることに気づき始めているからです。」


コンテンツ

年末チャート編集

  1. ^ ダナジー(2016-12-14)。 「ドニーの数十年」。 VancouverSun.com 。 2016年12月21日取得。
  2. ^
  3. 「ドニーのカムバックビッド:クリーン・ノー・モア氏:10年にわたる不振の後、オズモンドは新しいダンスアルバムを手に入れました。 Articles.latimes.com。 1989-01-29。 2016年10月5日取得。
  4. ^
  5. 「オズモンドは少し家を提供します」。 ニューヨークタイムズ 。 2016年10月5日取得。
  6. ^
  7. 「彼が再び自分自身を再発明するとき、ドニー・オズモンドは70年代を再訪します」。 PopMatters.com 。 2016年10月5日取得。
  8. ^
  9. ガイ・アオキ(1989-04-16)。 「さあ、それはドニーですか?」 Articles.chicagotribune.com 。 2016年10月5日取得。
  10. ^
  11. 「ドニーオズモンド-チャートの歴史」。ビルボード。 2016年10月5日取得。
  12. ^ Popken、Randall&amp Newsome、Alice、およびGonzales、Lanel(1995)。 出発:作家を育成するための読者:「かつて「パピー・ラヴ」を歌った、あまりにも素敵なモルモンの子供[ドニー・オズモンド]が、ポストディスコのビートに合わせたかすかに示唆に富む曲「ソルジャー・オブ・ラブ」でチャートに戻ってきました。」、p。 361. 0-205-16249-5
  13. ^
  14. 「愛の兵士-ドニーオズモンド|曲情報」。すべての音楽 。 2016年10月5日取得。
  15. ^
  16. 「トップシングル-第51巻、第8号、1989年12月23日」。 RPM。 1999年12月23日。2012年10月21日のオリジナルからアーカイブ。 2017年11月22日取得。
  17. ^
  18. 「1989年の音楽:トップポップシングル」。 ビルボード. 101 (51):Y-22。 1989年12月23日。
  19. ^
  20. 「ビルボードトップ100–1989」。

この1980年代のポップソング関連の記事はスタブです。あなたはそれを拡張することによってウィキペディアを助けることができます。


Περιεχόμενο:

Οダニー・オズモンドξεκίνησετηνεπαγγελματικήτουσταδιοδρομίαστιςαρχέςτηςδεκαετίαςτου1960、ωςοπεντάχρονοςフロントマンτουοικογενειακούκουαρτέτουτουκουρέματος。 Αυτέςτιςμέρες、είναιακόμαμιααξιόπιστηκλήρωσηνυχτερινώνκέντρωνστοΛαςΒέγκας。 έναπεριστασιακόαστέριτουμαρκάρικουτουΜπρόντγουεϊ。 καιμιαξανά、ξανά、φιλοξενίασυνδικαλιστικώντηλεοπτικώνκαιτηλεοπτικώνεκπομπών。 Γιαμιαχρυσήπερίοδοστηδεκαετίατου1970、ωστόσο、αυτόςοσκληράεργαζόμενοςεπιζώνταςτουshowbiz Αυτήηπερίοδοςήτανσεεξέλιξηαυτήτημέρατο1971、ότανο13χρονοςDonnyOsmond

Οオズモンズ、οドニーκαιοιαδελφοίτουアラン、ウェイン、メリルκαιジェイείχανξεσπάσειστηνポップσκηνήμόλιςεπτάμήνεςνωρίτεραμετο#1χτύπημα&quotOneバッドアップル&QUOT、μιαμαύρηαπομίμησητηςジャクソン5του魂バブルガムΚαιακριβώςόπωςοιジャクソンズτουゲイリー、インディアナ、θαέκανανσύντομαμετοντραγουδιστήτους、οιオズモンズτουオグデン、Γιούτα、γρήγοραμετακόμισαν &quotΠατάμεόποιονείναιμπροστάκαιόλοιμαςχωρίζουμετοέργοπουαπαιτείταιγιανακρατήσουμετουςπρώτουςδρομείςστηνπρώτηθέσηκαιτηνοικογένειαισχυρή&QUOT、εξήγησεοオリーブオズモンド、σύμβουλοςτης一族&#39onceτουモルモンショービジネス、εξηγώνταςτηδιαδικασίαμεπουηνεαρήτηςドニーήτανσύντομαανυψωμένηπάνωαπότουςλιγότεροαδελφούςαδελφούςτης。

Τουλικόπουεπιλέχτηκεγιατοντεμπούτοτουドニーέπεσεευρέωςστην主流のティーニーボッパー。 Το&quotSweetとイノセント&QUOT、τοντεμπούτοτουシングル、ανέβηκεστο#7σταポップチャート、ακολουθούμενοαπότο&アウェイquotGoリトルガール&QUOT、τοοποίογράφτηκεαπότηθρυλικήομάδαジェリー・ゴフィンκαιキャロル・キングκαιτοπροηγούμενοχτύπηματο1963γιαΟスティーヴ・ローレンス。 Θαακολουθήσειμιασειράαπόπαρόμοιεςμελωδίεςκάλυψης、όπωςτο&quotPuppy Love&quotτουPaulAnka、το&quotΓιατί&quot、 Ένακάλυμματου1973τουElvisPresley、「You Are Lonesome Tonight」、θαήταντοτελευταίοhitτουDonnyμέχριτο1988、ότανεπέστρ

Εντούτοις、στοπαρελθόν15χρόνια、οダニー・オズモンドφαίνεταιναμηνέχειαποκομίσειόλητηχαράπουθαμπορούσεναέχειαπότηνεπιτυχίαπουτονέκανεαγαπημένοτου タイガービート πουτέθηκεστιςαρχέςτηςδεκαετίαςτου1970&quotΣεόλημουτηδεκαετίατου&#3920καιστα30μου、θαζητούσασυγγνώμηγιατηνκαριέραμου、γιαόλητηντυροκομικήμουσικήστηνοποίαήμουνμέρος&QUOT、λέειτοσυγκρουόμενοπρώηνέφηβοςείδωλο。 &quotΔενήμουνμέχριτατέλητηςδεκαετίαςτου&#3930ήστιςαρχέςτηςδεκαετίαςτου&#3940。 σκέφτηκατονεαυτόμου、&#39ΞέρειςτιΑυτήημουσικήήτανμεγάληγιαό、τιήταν、οιάνθρωποιτηναγάπησαν、ήταναπίστευταεπιτυχήςγιατίθαπρέπεινααισθάνομαιάσχημα&QUOT


私たちの歴史

マッスルショールズを含まないアメリカの音楽についての議論は、アラバマは実際にはまったく議論ではありません。心臓がドキドキ。魂を揺さぶる。象徴的。マッスルショールズサウンドを説明するために多くの言葉が使われてきました。何世代にもわたるミュージシャンに、テネシー川の南岸に行って、そのマッスルショールズの魔法を少し探してほしいと懇願した音です。 Fame Recording Studiosは、すべてが始まった場所であり、そのサウンドが今日も生き続けている場所です。

もともとアラバマ州フローレンスのシティドラッグストアの上にあったフローレンスアラバマミュージックエンタープライズは、1959年にリックホール、ビリーシェリル、​​トムスタッフォードによって設立されました。

1960年、ホールは単独の所有権を引き継ぎ、名前を頭字語FAMEに短縮し、一時的にマッスルショールズのウィルソンダムハイウェイに移転しました。これは、マッスルショールズが最初の国際的な成功を収める場所です。アーサー・アレキサンダーの「You BetterMoveOn」で。ホールはそのお金と借りた10,000ドルを受け取り、スタジオを建設して現在の場所であるマッスルショールズのイーストアバロンアベニュー603に移動しました。ジミーヒューズの「StealAway」を生み出した伝説的なセッションを皮切りに、FAMEはそれ以来チャートトップのヒット曲を生み出してきました。

FAMEのスタジオへの入り口の上の有名な看板には、「これらのドアを通って、世界で最も優れたミュージシャン、ソングライター、アーティスト、プロデューサーが歩いています」と書かれています。これは、1961年と同じように今日も当てはまります。FAMEは、最初に門戸を開いて以来、エタジェイムズ、ウィルソンピケット、アレサフランクリンからアリシアキーズ、デミロヴァート、ジェイソンイズベルまでの音楽の王族の文字通りの人物を歓迎してきました。彼らは皆、FAMEレコーディングスタジオを定義する美しく、ソウルフルな、音のフットプリントを探しに来ました。

FAME Recording Studiosの豊かな音響とユニークな音楽の遺産は、世界で最も人気のあるレコーディングスタジオの1つになっています。アレサ・フランクリンが彼女の音を見つけた部屋です。ウィルソンピケットが「ムスタングサリー」で捕らえた部屋です。クラレンスカーターが50年間記録した場所です。これは、2019年の#1アメリカーナアルバムを含め、毎年、チャートトップの世代を定義する音楽を継続的に制作している部屋です。 マッスルショールズ–スモールタウンビッグサウンド 含まれています #1アメリカーナシングル、グレイスポッターの「I’d RatherGoBlind」

FAME Publishingは、1959年にRick Hall、Billy Sherrill、TomStaffordによって設立されました。

有名な作家のビリー・シェリル、​​ダン・ペン、リック・ホールは、ロイ・オービソン、ブレンダ・リー、トミー・ロウをカットしました。

リック・ホールがFAMEの個人事業主を引き継ぎました。

1961年後半、リックホールは、アーサーアレキサンダーでマッスルショールズの最初のヒット曲を制作しました。 「YouBetterMove On」という曲は、後にローリングストーンズでカバーされました。

FAMEの最初のハウスリズムセクションには、ノーバートパットナム、デビッドブリッグス、ピーナッツモンゴメリー、ジェリーキャリガンが含まれていました。

FAMEは、スタジオとオフィスをマッスルショールズのアバロンアベニューの現在の場所に移動します。

ジミー・ヒューズは、新しい場所で行われた最初のレコードであるFAMEレコードの「StealAway」で大ヒットしました。ヒューズは7つのヒットレコードを持ち続け、そのほとんどはFAMEレコードのものでした。

タムスは彼らの大ヒット曲「あなたは私がどんな種類の愚か者だと思いますか」を記録します。

バディ・キレンはジョー・テックスをFAMEに連れて行き、ゴールドレコード「Hold On To What You’veGot」を録音します。

リックホールは、エタジェイムズのTellMamaアルバムをプロデュースしています。これはジェームズの最大のヒット曲でした。このアルバムは、ロックンロール時代の最高のアルバムの1つとして賞賛されています。 「TellMama」はClarenceCarterによって書かれ、FAMEによって発行されました。

FAMEは、マッスルショールズの定番「男性が女性を愛するとき」の配置を支援します。 FAMEレコードクラレンスカーターは「スリップアウェイ」で彼の最初のヒットを持っています。クラレンスは、FAMEの他の多くのヒットの中で、「パッチ」、「弱すぎて戦う」、「スリップアウェイ」の3つのゴールドレコードを記録し続けました。クラレンスの最近の録音は、彼がFAMEでカットした5年連続の記録です。クラレンスはFAMEPublishingのライターでもありました。 1972年、クラレンスのレコード「パッチ」がグラミー賞にノミネートされました。

ウィルソン・ピケットがFAMEにやって来て、一連のクラシックなレコーディングを開始します。デュアン・オールマンをフィーチャーした「Mustang Sally」、「Funky Broadway」、「Land of 1000 Dances」、「Hey Jude」は、これらのセッションから生まれた曲のほんの一部です。

ジェリーウェクスラーは彼の新しく署名されたアーティストアレサフランクリンをFAMEにもたらします。 Franklin had been signed to Columbia for four years with no success. Her first cut at FAME was the million selling double sided smash, “I Never Loved A Man” and “Do Right Woman”. This album won a Grammy for Album of the Year. FAME also published “Do Right Woman”.

Otis Redding brings Arthur Conley to FAME to record the soul classic “Sweet Soul Music”. On a later visit to FAME Otis cut one of his last records, “You Left The Water Running” which was also published by FAME.

The second house rhythm section, later memorialized as the “Swampers” in Lynyrd Skynrd’s “Sweet Home Alabama”, left in 1969 to form their own studio, Muscle Shoals Sound.

FAME Records inks a joint venture with Capitol Records for Capitol to distribute FAME Records. FAME’s artist roster included: Clarence Carter, Candi Staton, Dan Penn, Arthur Conley and Willie Hightower. In 1970 Mike Curb brought a new young group, the Osmonds, to FAME. The Osmonds sold eleven million records in 1971. They had a string of smashes with “One Bad Apple”, “Yo-Yo”, and “Down By The Lazy River”. Donny released several FAME recorded solo albums which were all million sellers, including the hits “Go Away Little Girl” and the Rick Hall/Billy Sherrill song “Sweet and Innocent”. In 1974 Marie Osmond came to town to do her This is the Way That I Feel album. The Osmond Brothers returned to FAME in the 80’s to do their first country record, and had two hits off of the Electra album. Marie also returned to do some work in the 90’s. In 2001 Marie’s son Steven Craig came to Muscle Shoals for a little magic on his upcoming Def Jam release.

1970 Rick Hall was nominated for a Grammy in the “Producer of the Year” category.

In 1971 Mac Davis started recording a string of twelve albums of FAME. Mac had four Gold and platinum records produced by Rick Hall. Hits that came from Mac were: “Baby Don’t Get Hooked On Me”, “Stop and Smell The Roses”, “Friend Woman Lover Wife”, “Texas In My Rearview Mirror” and “Hooked on Music”.

Billboard Magazine names Rick Hall the World’s Producer of the Year for 1971.

FAME Records Capitol distribution deal ends with FAME placing 29 records in the R&B Top 40 and nine in the Pop Top 40.

FAME Records inks distribution deal with United Artists.

Legendary singer/songwriter, Paul Anka signs with FAME Records. Anka records the smashes “One Man Woman”, “One Hell of A Woman”, “I Don’t Like To Sleep Alone” and “You’re Having My Baby”. Each were million sellers with the latter selling five million.

FAME reinvests in its publishing operations signing several new young writers including Walt Aldridge, Tommy Brasfield, Steven Dale Jones and Robert Byrne.

Grammy winner Terri Gibbs comes to record at FAME.

Walt Aldridge and Tommy Brasfield’s “There’s No Getting Over Me” is recorded by Ronnie Milsap. The song is #1 on both the pop and country charts for several weeks and wins ASCAP’s Song of the Year, the first for FAME Publishing.

Aldridge and Brasfield, along with Robert Byrne, continue to burn up the country charts with hits on acts such as Earl Thomas Conley, T. Graham Brown, Ricky Van Shelton, Ronnie Milsap and Alabama. These hits included “Holding Her and Loving You”, “That Was A Close One”, “How Do I Turn You On”, “I Can’t Win for Losing You”, “Simple Man” and “Once in A Blue Moon”. Rick Hall produces the Houston to Denver CD for Larry Gatlin and the Gatlin Brothers. The CD was widely acclaimed as the group’s best in years and yielded three top 10 singles.

RCA’s Jerry Reed comes to FAME after over five years without a chart record. Reed records his next four albums at FAME. These sessions included the #1 records, “She Got The Goldmine I Got The Shaft”, penned by Tim Dubois, and “The Bird”. Once again an artist’s career is turned around at FAME. Drums on these sessions were played by a new guy from Shreveport, Louisiana named James Stroud.

Walt Aldridge pens “My Love is Chemical” sung by Lou Reed for the Mikhail Baryshnikov & Gregory Hines movie White Nights.

The Beatles Live at the BBC is released containing the FAME Publishing tune, “A Shot of Rhythm and Blues”.

In 1987 Rick Hall signs a band playing at a local club down the street from FAME. The group later became known as Shenandoah. After co-producing five sides with Robert Byrne, they took the group to Sony Records who immediately signed the act and FAME Productions to a deal. Walt Aldridge and Gary Baker’s group, the Shooters, were also signed under this production deal. Shenandoah did four albums for Sony and had seven #1 records in a row before leaving Sony and FAME Productions. In 1988 the group won TNN Music City News award for Best Group.

FAME sells its publishing catalog to EMI in 1989.

Another company is formed with Rick Hall and his three sons, Mark, Rodney and Rick Jr. Rick Hall Sr. turns over day to day operations of the company. Publishing hits continue to flow throughout the 90’s from FAME’s songwriters. Gary Baker, Mark Narmore, Brad Crisler, Bruce Miller, Mark Hall, Tony Colton along with Walt Aldridge all pen several hits for FAME.

In 1994 John Michael Montgomery cuts the FAME Publishing classic, “I Swear”. The song goes to #1 for four weeks. Atlantic pop artist All-4-One covered the country smash and their version was at #1 for a Billboard Magazine record 17 weeks. “I Swear” was #1 in every country in the world. The song went on to win every award imaginable including ASCAP country and pop “Song of the Year”, Grammy for Country “Song of the Year” and ACM Country “Song of the Year”. FAME also won American Songwriter Magazine “Publisher of the Year”. The song was involved in over 20 million record sales.

FAME Publishing has hits with John Michael Montgomery, Pam Tillis, Blackhawk, Tim McGraw, Reba McEntire, All-4-One and Shenandoah.

In 1996 Mark Hall Co-wrote “I Like It I Love It” which went on to be #1 on the country charts for 4 weeks. This song also was nominated for numerous country awards and won the American Songwriter Magazine Song Of The Year.

1997 Sons of the Desert have a top 10 record with Brad Crisler’s “Whatever Comes First”.

1997 Tony Colton pens LeAnn Rimes’ smash “Commitment”.

In 1999 FAME Publishing sells partial catalog to Music and Media.

Rodney and Mark Hall buy the remaining shares of stock from Rick Hall, as he decides to conserve his time for his production efforts.

Dixie Chicks Bruce Miller’s “Once You’ve Loved Somebody” for the Wide Open Spaces CD which has sold eleven million records to date.

In 2000 Tim McGraw cuts and releases FAME’s “Some Things Never Change”, co-written by FAME writer Brad Crisler. The publishing company replenishes its writing staff with new young writers James LeBlanc and Victoria Banks, with veteran Russell Smith to anchor the group. Rick Hall produces part of the Alabama When It All Goes South CD at FAME in 2000.

Since 2000 FAME Publishing has had cuts on the Dixie Chicks, George Strait, Joe Diffie, Martina McBride, Travis Tritt, Sara Evans, Cyndi Thomson, Aaron Tippin, Billy Ray Cyrus, Alabama, John Michael Montgomery, Chris Ledoux, Perfect Stranger, 3 of Hearts, Chad Brock, Rebecca Lynn Howard, Michael Peterson, Kristin Garner, T. Graham Brown, Wild Horses and Kenny Chesney.

Victoria Banks has the to 10 single on Sara Evans, “Saints and Angels”.

James LeBlanc has the Travis Tritt single, “Modern Day Bonnie & Clyde”.

2000 Jason Isbell signs with FAME Publishing.

Jason Isbell joins the Drive By Truckers

In 2001 FAME Publishing established a subsidiary label, Muscle Shoals Records, immediately signing Amazing Rhythm Aces front man Russell Smith and Muscle Shoals super group The Decoys as their first acts.

Drive by Truckers record the “Dirty South” album at FAME Studio B

James LeBlanc lands two cuts on Rascal Flatts #1 “Feels Like Today” album

2007 Jason Isbell records debut album “Sirens of the Ditch” recorded at FAME Studio B. The entire album is published by FAME.

Bettye Lavette records her Grammy nomitated album “Scene of the Crime” at FAME.. Studio A

Heartland records the song of the year “I Loved her First” in FAME Studio B.. with longtime colleague Walt Aldridge handling the production duties.

Rock and Roll Hall of Fame inductee Spooner Oldham begins his solo project at FAME.

James LeBlanc and John Paul White pen the Jason Aldean smash “Relentless”

James LeBlanc, Matt Warren and Gary Allan write the Gary Allan top 10 record “Learning How to Bend”

Band of Horses record a portion of their massive hit album “infinite Arms in FAME’s studio A

Jamey Johnson records his great version of “Two out of Three Ain’t Bad” at fame.

2009 Dylan LeBlanc signs with FAME Publishing and records his debut album “Pauper’s Field” recorded in FAME Studio B. The entire album is published by FAME

2009 Jason Isbell and the 400 Unit record their self titled album. The entire album is published by FAME

2010 Jason Isbell and the 400 unit records “Here We Rest” album. The entire album is published by FAME

Jason Isbell and the 400 Unit Live from Alabama is released. The entire album is published by FAME.

2012 Eli “Paperboy” Reed records “Steal Away” for the then unamed album that will become “Muscle Shoals Small Town, Big Sound” album. He also records “Shock to the System”

2013 Phish Records part of “Fuego” album at FAME, produced by Bob Ezrin.

2013 Jason Isbell releases “Southeastern”. The entire album is published by FAME.

Jan 23-24 Anderson East records “The Muscle Shoals Sessions – Live from FAME” EP

2015 Cyril Neville and the Royal Southern Brotherhood record “Don’t Look Back” album at FAME

March 2016 Gregg Allman records his final farewell album “Southern Blood” at FAME. RIP Gregg Allman!

Eric Essix records his album, “This Train” at FAME

December 2016 Chris Gelbuda records his debut album

2016 Kirby Brown records “Uncommon Prayer” album at FAME

December 2016 Scott Sharrard, Gregg Allman’s bandleader records his album “Saving Grace” at FAME.

2017 Blind Boys of Alabama record their “Almost Home” album at FAME.

2017 Paul Thorn records part of his “Don’t Let the Devil Ride” with guests the Blind Boys of Alabama

2017 Third Day records their farewell album “Revival” at FAME with Monroe Jones producing.

March 8, 2017 Vince Gill records “True Love” for the Muscle Shoals Small Town Big Sound” album.

March 14, 2017 Michael McDonald records “Cry Like a Rainy Day” for the Muscle Shoals Small Town Big Sound” album.

Feb 27, 2017 Tom Johnston and Delbert McClinton record “Giving it up for your love”

Peter Levin records is debut album at FAME.

May 2017 Alan Jackson records “Wild Horses” for the Muscle Shoals Small Town Big Sound” album.

March 15, 2017 Keb’ Mo’ records “The Road of Love forthe Muscle Shoals Small Town Big Sound” album.

March 16, 2017 Alison Krauss records “Come and Go Blues” forthe Muscle Shoals Small Town Big Sound” album.

June 22, 2017 tracks for Aloe Blacc’s “I’ll Take you There” is recorded for the “Muscle Shoals Small Town Big Sound” album.

August 23, 2017 Mike Farris and the Blind Boys of Alabama record “Respect Yourself” for the “Muscle Shoals Small Town Big Sound” album.

2017 Paul Cauthen records “My Gospel” at FAME

2017 the Texas Gentlemen record “Texas Jelly”

November 29, 2017 Chord Overstreet records “We’ve got Tonight” for the “Muscle Shoals Small Town Big Sound” album.

January 2, 2018 Bishopp Gunn records “Alabama” single for the “Natchez” album at FAME.

February 13, 2018 Robben Ford records

March 11, 2018 Brent Smith from Shinedown recorded “Mustang Sally” for the “Muscle Shoals Small Town Big Sound” album.

March 6, 2018 track for Grace Potter’s “I’d Rather Go Blind” is recorded.

March 27, 2018 Demi Lovato records an Aretha classic at FAME

Photo by Michael Weintrob

April 24-27 2018 Steven Tyler records “Brown Sugar” for the Muscle Shoals Small Town Big Sound” album.

October 1-5, 2018 – Betty Fox Band

October 15-20, 2018 – Stephen Knight

November 2018 Foy Vance records at FAME

2018 Murray Cook – the red wiggle from the Wiggles.

November 6, 2018 – Muscle Shoals Small Town Big Sound album goes to #1 for the first of 5 weeks on the Americana album charts.

November 6, 2018 – Grace Potter’s “I’d Rather Go Blind” hits #1 on the Americana singles chart for first of two weeks at the top spot

November 26-30, 2018 – Cody Brooks

January 25, 2019 – Muscle Shoals Small Town Big Sound Vinyl released

Feb 4-8, 2019 – Bishop Gunn starts recording new album.

February 15, 2019 – SSL 5056E delivered to newly remodeled FAME Studio B

February 19-23 & May 1-3, 2019 – Foy Vance comes into work on his upcoming album “Foy Vance From Muscle Shoals”

May 7-9, 2019 – The Revivalists records and videos upcoming release including “Oh No”

May 21-22 & August 21-23, 2019 – Maggie Rose album

June 1-10, 2019 – Savants of Soul record upcoming release

August 22, 2019 – Blind Boys of Alabama record background vocals on War and Treaty project


ビデオを見る: Go Away Little Girl - Donny Osmond HD