穀物法

穀物法



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

NS 穀物法 議会を支配した地主が輸入トウモロコシに義務を課すことによって彼らの利益を保護しようとしたとき、1804年にイギリスで最初に導入されました。ナポレオン戦争中、ヨーロッパからトウモロコシを輸入することはできませんでした。これはイギリスの小麦農業の拡大と高いパン価格につながりました。

農民たちは、1815年に戦争が終結したとき、外国のトウモロコシの輸入が価格を下げるのではないかと恐れていました。この恐れは正当化され、到達したトウモロコシの価格は126から下落しました。6d。 1812年から65年代の四半期。 7d。 3年後。英国の地主は、庶民院の議員に農民の利益を保護するための行動を取るよう圧力をかけました。議会は、国内価格が四半期あたり80シリング(8ブッシェル)に達した場合にのみ、外国産小麦の無税輸入を許可する法律を可決することで対応しました。この法案の可決の間、議会は大勢の怒っている群衆に対して武装した軍隊によって守られなければなりませんでした。

この法律は、これらのより高いパンの価格を支払わなければならなかった英国の急成長している町に住む人々によって嫌われました。産業クラスは、穀物法を、議会が大地主に有利な法律をどのように可決したかの一例と見なしていました。特に製造業者は、穀物法がより高い賃金の要求をもたらすことを懸念していた。

1828年、ウィリアム・ハスキソンは、価格に応じて職務のスライディングスケールを導入することにより、パンの高価格によって引き起こされた苦痛を和らげようとしました。 1839年の貿易不況と一連の不作は、穀物法に対して大きな怒りを引き起こしました。

1841年の総選挙で、反穀物法同盟のリーダーであるリチャードコブデンがストックポートの議員になりました。コブデンは穀物法に反対する演説をしている国をツアーし続けましたが、彼は今や改革が必要であることを英国政府に常に思い出させる立場にありました。

1840年から1842年の経済不況により、反穀物法同盟の会員数が増加し、リチャードコブデンとジョンブライトは全国の非常に多くの聴衆に話しかけました。 1845年までに、リーグは英国で最も裕福で最も組織化された政治グループになりました。

1845年のアイルランドのジャガイモ作物の失敗とそれに続く大量の飢餓により、ロバート・ピール卿と彼の保守政権は穀物法の知恵を再考することを余儀なくされました。ダニエル・オコンネルなどのアイルランドの民族主義者もキャンペーンに参加するようになりました。ピールは徐々に引き継がれ、1846年1月に新しい穀物法が可決され、オーツ麦、大麦、小麦の義務が四半期ごとに1シリングというわずかな額にまで減らされました。


穀物法-歴史

1815年の穀物法の目的は、ポーランドとフランスからの供給がイギリスに到達するのを妨げられたナポレオン戦争中に到達した飢饉レベルで小麦の価格を維持することでした。価格が50秒を下回ったとき、すべての小麦の輸入は禁止されました。四半期。

穀物法は当初から土地所有者と農民を除くすべての人に嫌われていましたが、土地所有者と農民でさえ、実際には小麦価格の変動は破滅的に激しく、市場は彼らが持つかもしれない利益を奪うためにしばしば操作されていました。作ることが期待されます。

1828年と1842年に、スライディングスケールを導入して穀物法を改善する試みは成功しませんでした。穀物法への反対は、議会改革の要求と相まって広範囲に及んだが、1820年以降、1837年恐慌の到来により再び復活するために消滅した。今回は、国民の大衆ほどではない動揺であった。人件費の削減を切望している産業ブルジョアジーの

1838年に反穀物法同盟が結成されました。リチャード・コブデンやジョン・ブライトなどのリーグリーダーは、輸入食品の関税撤廃により、国際貿易と国家間の平和を促進しながら、製造業者と労働者の福祉を向上させることを期待していました。リーグの動揺は労働者にかなりの影響を及ぼしました。前例のない規模で、そして惜しみなく資金を供給されたこの動揺は、鉄道と安い新聞が与えることができるすべての利点を持っていました。コブデンまたはブライトが話すときはいつでも、彼らの言葉は数十の論文で広く報告され、リーグの演説者は全国を迅速かつ簡単に移動することができました。

この継続的な圧力に照らして、人口の増加がイングランドが自分自身を養うことを不可能にしているという明白な事実と相まって、1841年以降、自由貿易に向けて躊躇する措置が取られました。

これらのステップの最初は、混乱した財政によって決定されました。多くの関税と義務が一掃され、より単純で生産性の高い所得税に置き換えられ、長期的には業界への負担が軽減されました。これらの関税撤廃の影響は、穀物法を孤立した異常として残し、ますます目立ち、防御するのがますます困難になることでした。

当時首相だったロバート・ピール卿は状況を徹底的に調査し、イギリスに注がれる準備ができているバルト海の穀倉地帯に小麦の膨大な貯蔵庫が横たわっているという地主の間で共通の信念が純粋な幻想であることに気づきました。彼は、どの国でも輸出用のトウモロコシの余剰はまだ少なく、穀物法の廃止は、革命的な結果をもたらす可能性のある必然的な価格上昇を防ぐことであることを知っていました。彼は彼自身の支持者の大多数の意志に反して廃止を強制することに成功した。

穀物法は1846年6月に廃止され、1849年まで小さな一時的な関税が維持されました。その効果はほとんど期待されていませんでした。価格の下落はありませんでした。実際、1851年から1855年の5年間の平均は56秒でした。 54秒に対して。 9d。 5年間で1841-1845。これは多くの理由で説明できます:産業の復活による人口の増加と需要の増加、何年にもわたる不作、そしてポーランドからの小麦の輸入を妨害したクリミア戦争。

トルコ、米国、その他の地域では、新しいが比較的小規模な供給源が開かれました。穀物法が施行されていたとしたら、価格はさらに高かったはずです。その後も、南北戦争によりトウモロコシの輸出が数年間中断され、中西部の大小麦地帯が鉄道によって開かれた1870年頃まで、本当に大量のトウモロコシが入ってきました。 。

穀物法の廃止により、大衆の支持を得ようとする際の主な議論であった食品の安価化ではなく、輸入の増加と商品の市場の着実な拡大によって製造業者は利益を得ました。したがって、レバントからの小麦の輸入が増加するにつれて、ランカシャー綿の輸出は1843年の141,000ポンドから1854年には1,000,000ポンドに増加しました。

この点で、穀物法の廃止は、1845年から1875年までの期間を製造業者の黄金時代にするのに役立った自由貿易法全体の一部と見なされなければなりません。トウモロコシの自由貿易に続いて砂糖の自由貿易が行われ、最後に1860年に木材の自由貿易が行われました。海外の産業が成長するまで、英国の製造業者と世界の市場との間に何も立っていませんでした。英国の商取引は驚くべき量にまで上昇しました。世界の市場における英国の産業独占は、これまで以上にしっかりと確立されたように見えました。


穀物法

穀物法(1794-1846)は、英国の農業を外部の競争から保護するために、英国への穀物の輸入に義務を課しています。 (英国では、&QUOTcorn&QUOTはCEREAL CROPSの名前です。)1820年代までに、英国での食糧需要の増加により、外国からの輸入よりも植民地を優先する(義務が低くなる)改訂が行われ、それによって帝国の穀物供給が促進されました。優遇料金は、イギリス領北アメリカの穀物の大西洋横断輸送のコストを相殺し、小麦の輸出における主要な植民地の利害関係を築き上げました。主に英国の収穫と価格に合わせた義務のレベルの変化は、依然としてこの商取引を悩ます可能性がありますが、特に1843年にカナダの穀物法が可決された後、一般的には着実に上昇しました。その後、1846年に英国はへの動きの一環として穀物法を廃止しました自由貿易。その結果としての優先的義務の喪失は、カナダの穀物貿易に大きな打撃を与えたように見えましたが、繁栄した1850年代に回復しました。さらに、帝国の経済的統制の解除は、政治的統制からの解放ももたらし、したがって、英領北アメリカにおける責任政府の帝国の承認をもたらしました。


穀物法の廃止について

Don Boudreauxは、穀物法の廃止に関するDiscourseMagazineポッドキャストに関する優れたポッドキャストディスカッションを主催しました。討論には、スティーブ・デイビス、ダグラス・アーウィン、アービンド・パナガリヤが参加しました。 1846年6月25日のように、ウェリントン公爵が(コモンズに従って)穀物法の廃止を承認するように領主を説得したのは、今日聞く価値があります。

会話は本当に素晴らしく、興味深い点がたくさんあります。デイビスとアーウィンはどちらも、穀物保護貿易主義がどのように機能したかを明確に説明しています。スティーブデイビスは、反穀物法同盟を文脈に置き、その運動の力をほのめかして、時代の政治精神を捉えています。おそらく、「すべてを利用した大衆運動」をまとめることによって、現代の政治を本当に予告した最初の1つです。新しく設立された鉄道やターンパイクを使用して国の組織を構築するなど、当時利用可能になった通信手段の例」。もちろん状況は助けになりました。これは決定的なポイントであり、古典的自由主義者/自由主義者、またはさまざまな政治運動の中で、ほとんど見られない政治志向の人々によってしばしば見落とされているポイントです。 「反穀物法同盟は、必要に応じて、ウィッグの貴族によってゆっくりと開かれていたドアをますます押し進めていました。」リーグの成功の重要な部分の1つは、その状況に根ざしていました。もちろん、コブデンやブライトのような人々の役割と勇気とコミットメント、彼らが展示した人々とコミュニケーションをとる立派な能力、または彼らの組織的努力を損なうことを意味するものではありません。

デイビスは、リーグの長期的な影響を廃止自体にはあまり見ていません(ピールは純粋に知的理由で説得された可能性があります:首相について書くのはかなりの文です!)が、2つの面で:

1つは、廃止が行われたときに、それが完全かつ即時であったことを保証することです。つまり、段階的導入期間はありませんが、事実上即時でした。それは、ゆっくりとした、段階的な、または中途半端なプロセスではありませんでした。それは突然で劇的なものでした。

しかし、他のもっと重要なことは、フランク・トレントマンが話していることをあなたがほのめかしたことでした。彼らは大衆文化に大きな影響を与え、特に英国の労働者階級の心に、今日に至るまで、自由貿易は貧しい人々や働く男女にとって良いという深い信念を固めました。保護貿易主義は基本的に、労働者階級をめちゃくちゃにするための金持ちと特別な利益による陰謀です。

この後者の点、廃止が長期的なコンセンサスにどのように影響したかについては、法律と自由に関するサム・グレッグによるこの立派なエッセイも参照してください。グレッグは、クレメント・アトリーがネヴィル・チェンバレンに対する自由貿易の立場を支持していることを指します。自由貿易への忠誠がどれだけ続いたかをご覧ください。

会話の私のお気に入りのビットは、アーウィンによる彼の最近の論文の要約です:

穀物法は1815年に改正されました。デヴィッド・リカードと他の多くの人々を巻き込んだ大きな議論がありました。 1830年代にそれを減らすようにいくらかの圧力がありました、しかしそれを取り除いたのは1840年代の改革のために本当に魅力的でした。当時、従価税に相当する穀物法の関税が約40%に達したとき、それは基本的に法外なものでした。 1830年代後半から1840年代初頭にかけて、世界価格が低かった特定の期間、穀物の輸入はありませんでした。したがって、関税は高かった。
しかし、廃止の頃、関税は約28%でした。では、Maksymと私がこの論文で行っていることは、シミュレーションを行うことです。穀物の28%の関税を撤廃することの経済的影響は何でしょうか。これは、農業が英国でかなり大きなセクターである時代です。雇用の約9%は穀物農業でした。英国の総雇用の約24%は農業に従事していました。
まず第一に、それは重要な注意です。穀物農業は英国の農業のすべてではなく、その一部にすぎなかったということです。実際に英国から輸出している牧畜がありました。

BOUDREAUX:それは羊の飼育のようなものでしょうそして—

IRWIN:その通りです。羊毛、肉、その他のもの。主張は常に「セクターを荒廃させるため、市場を開放することはできません」であるため、これは重要です。ええと、セクターにはさまざまな要素があり、穀物法の廃止後に実際に非常にうまくいったものもあります。スティーブが言っていたように、パンにとって重要な穀物農業ではありません。
輸入関税を撤廃すると、それらの商品をさらに輸入することになります。そのためにお金を払わなければならないので、他の商品の輸出が増えるでしょう。そうすることで、経済の周りの資源を入れ替えることになります。基本的に3つのことがわかります。
1つは、そうです、これを行うことで効率が向上します。資本労働を比較優位のある場所に再配分することになり、そのために経済はより良くなるでしょう。しかしまた、英国はこの時点で世界市場で大きなプレーヤーであり、いくつかの交易条件の悪影響があります。つまり、英国は世界の繊維市場で大きなプレーヤーだったため、輸出価格が下がるということです。あなたはそれらの価格のいくつかを下げるかもしれません。
再び世界の資源を利用しているため、穀物と綿花の世界価格を押し上げることになります。英国は非常に大きな経済でした。私たちが見つけたのは交易条件の損失であり、効率の向上は基本的に洗い流されています。それらは互いに相殺します。
2つ目は、国内で多くの所得の再分配が行われることです。ここで、デヴィッドリカードと他の人たちが本当にそれを釘付けにしました。土地の助成金が減り、それがシミュレーションでわかりましたが、実質賃金は上がり、資本へのリターンは上がります。
次に、私たちが見つけた3番目のことは、実際に所得分配効果を非常に大雑把な方法で少し分解することです。私たちが見つけたのは、所得者の上位10%が悪化し、下位90%が改善したということです。


英国のEU離脱、穀物法、共同市場:英国の貿易協定の簡単な歴史

それらは、消費者がより多くのより高品質の製品をより低価格で購入することを可能にし、そのため、経済成長を促進し、革新を奨励すると信じられています。したがって、ブレグジット後の英国の貿易協定の将来が世界中の見出しを支配しているのも不思議ではありません。ここでは、Kevin O'Rourke教授が英国の貿易協定の歴史を図示し、なぜそれらがしばしば分裂していることが証明されたのかを説明します…

このコンテストは終了しました

公開日:2019年2月21日午後2時40分

2018年7月2日、テレサメイは、4日後にチェッカーズで開催される重要な内閣会議の準備をしていました。英国はついに、両当事者間の将来の貿易関係について欧州連合との交渉を開始するための青信号を与えられましたが、そうするためには、それが何を望んでいるかを決定する必要がありました。そして、これは、トーリー党のユーロフィールとユーロセプティックスの間に存在した巨大な隔たりを考えると、困難であることが証明されました。大まかに言えば、前者のグループは、貿易障壁や費用のかかる国境手続きを伴わない、可能な限り緊密な英国とEUの関係を望んでいました。後者は、英国が自由に独自の法律を制定し、適切と思われる貿易を規制することを望んでいました。メイ夫人の問題は、2つの対立する派閥が団結できる共通の立場を見つけることでした。

ロバートピールの穀物法

ジェイコブ・リース・モッグという名のバックベンチ保守議員は、その朝(2018年7月2日)に発行された新聞記事でメイ夫人に、ランカスターハウスがEUの単一市場と関税同盟を離れることを約束しない限り、彼女は1846年のロバートピール。ピールはその年[1846]にトウモロコシ法を廃止することにより、自由貿易に向けて決定的な動きを見せた。ピールは保守党であり、保守党は伝統的に地主の党だったので、これは驚くべきことでした。穀物の無関税輸入を許可することは、誰もが想定したように、食料価格と農業収入を下げるでしょう。そのため、保守党は自由党が政権を握り、トーリー党は一世代にわたって政府からほとんど排除されました。

1846年は党にとって悲惨な年であり、ストレス時にそれを呼び起こした保守派はリースモッグだけではありませんでした。 1961年、英国の欧州経済共同体(EEC)への参入を設計しようとしていたハロルド・マクミランは、これが英国と連邦とのつながりを損なうのではないかと懸念するトーリー党のバックベンチャーからの反対に直面しました。彼の日記の中で、彼は物事が「1846年のようにひどくなりつつある」と述べました[参照 マクミラン日記、第2巻:首相以降(1957–66) Peter Catterall(Macmillan、2011)によって編集されました]。

貿易協定の事実

  • EUを離脱するという英国の決定(2019年3月29日までに、第50条に基づく)は、他の27の加盟国およびその他の国々との交易条件を根本的に変更します。
  • 欧州連合(EU)の加盟国として、英国はEUが70か国以上と締結している約40の貿易協定の一部です。英国が3月29日に「合意なきブレグジット」でEUを離脱した場合、英国はこれらの取引を直ちに失います。

貿易政策は経済学に関するものですが、世界における国の場所に関するものでもあり、しばしば分裂していることが証明されています。 19世紀後半までに、自由貿易の美徳はほとんどの英国の政治家にとって信仰の産物になりましたが、一部の保守派は依然として懐疑的でした。 1881年にフェアトレードリーグが設立され、国の行動の自由を制限する可能性のある「絡み合い」を回避するために、「1年の通知で終了できない限り」他国との商取引の終了を提唱しました。

また、外国の食品の輸入に対する中程度の関税、および英国の輸出を「公正に」扱っていない国からの製造品に対する関税を支持すると主張した。保守党は1885年の総選挙でフェアトレードの問題で分裂した。論争の歴史家であるシドニー・ヘンリー・ゼベルは次のようにコメントした。他の人々は、その原因の率直な配偶者によって、選挙区でフェアトレードの支持を得ようとしました。さらに他の人々はこの問題にまたがろうとしました。」

英帝国内特恵

保守党は、ジョセフ・チェンバレンが英帝国内特恵のための有名な十字軍を始めた1903年以降、再び貿易をめぐって分裂しました。チェンバレンは、貿易政策を利用して帝国の政治的統合を促進したいと考えていました。彼は、英国は外国製品よりも帝国の関税を低くすべきであると主張しました。イギリスの関税はほとんどゼロだったので、ジョージ・ダンガーフィールドの言葉によれば、「イギリスの周りに、帝国の商品が通過する可能性のある穴をノックするという単一の目的のために関税壁を建設する」必要があります。 リベラルイングランドの奇妙な死、1966年(1935年に最初に公開された)]。

しかし、これは外国の小麦や肉の輸入に関税を課すことを意味し、それによって食料価格が上昇し、労働者の実質賃金が下がった。当時の首相アーサー・バルフォアは、党をまとめようと必死に努力しました。当時の歴史家であるアラン・サイクスの言葉を借りれば、バルフォアは「真の信念の対立を解決する手段としての口頭の公式」を大いに信じていました。そして彼は曲がりくねった政策プラットフォームを構築しました とりわけ 「主要な目的」としての保護がなかった関税–それが意味するものは何でも。保守党は1906年の総選挙で自由党によって打ちのめされました。

父親の方針を実行するのはチェンバレンの息子ネビルに委ねられました。1931年11月に彼が大蔵大臣に任命されるやいなや、彼は関税の導入に着手しました。そして、それらの関税は(帝国/連邦からの商品とは対照的に)外国の商品に不釣り合いに下がった。彼が1932年2月4日に庶民院に言ったように、彼の母親は訪問者のギャラリーにいて、彼の異母兄弟のオースティンは保守的なベンチに座っていました。

私たちの長い政治史の中で、彼の時代に何かを数えた男の息子に、父親が始めた仕事に封印をする特権が保証されたが、未完成のままにすることを余儀なくされた機会はほとんどありませんでした。ジョセフ・チェンバレンが英帝国内特恵と関税改革を支持する彼の偉大なキャンペーンに参加してから、ほぼ29年が経過しました。彼が亡くなってから17年以上が経ちました…彼の仕事は無駄ではありませんでした。彼自身の概念の直接かつ正当な子孫であるこれらの提案が、彼が愛した庶民院の前に置かれることを彼が予見できたならば、彼は彼の失望の苦しみに慰めを見いだしただろうと私は信じます。彼の名前と血のすぐ後継者2人のうちの1人ともう1人の唇によって。

英帝国内特恵は、第二次世界大戦後も英国の経済政策の要であり、英国とドミニオンの間に依然として存在し、英国の出現を可能にする上で極めて重要であった、非常に現実的な人間的、経済的、政治的、戦略的結びつきを反映していました。 2つの世界大戦からの勝利。連邦はこれらの関係の政治的表現であり、正式なルールブックがないにもかかわらず、1945年以前は効果的に機能していました。

多くの英国の政治家がこれらの関係が将来にわたって続くことを望んでいたはずであることは理解できます。しかし、多くの人がヨーロッパとのより緊密なつながりを築くことを望んでいたことも理解できます。英国がこれらの代替の関係のセットと代替のアイデンティティのどちらかを選択しなければならない明確な理由はありませんでした。緩い自由貿易協定と緩い政治協定により、英国は帝国特恵を維持しながらヨーロッパ大陸との自由貿易を楽しむことができます。または非常に多くの人が望んでいた。

関税同盟

しかしその後、1950年代に、ヨーロッパ人は自由貿易地域ではなく関税同盟を望んでいると決定しました。ある加盟国から別の加盟国に輸出された商品は関税が免除されるだけでなく、すべての加盟国が同じ関税を持ちます visàvis 第三国。これは、イタリアからフランスに出荷されるワインが実際にはアルゼンチンではなくイタリアである(したがって関税の対象ではない)ことを確認するために国境でチェックする必要がないことを意味します-すべてのアルゼンチンのワインはEECに入った場所に関係なく同じレート。そして、共通の関税政策はまた、新しいコミュニティの交渉力を高めるでしょう。

それはすべてヨーロッパの観点からは完全に理にかなっていますが、この決定は英国の政治家を苦痛なジレンマに陥らせました。彼らが共同市場から離れていた場合、彼らはヨーロッパの最大の市場で差別に直面するでしょう。しかし、彼らがそれに加わった場合、彼らは定義上、帝国特恵を放棄しなければならないでしょう。これが、英国が最初からEECに参加しなかった理由のひとつであり、ハロルド・マクミランが1961年の春に、すべてが「1846年のようにひどくなりつつある」と心配した理由の1つです。

したがって、英国の19世紀の過去は、欧州統合が決定的な一歩を踏み出した重要な時期に非常に重要でした。そして、英国が当初は遠ざかっていたという事実は、最終的には他の国々が自国の歴史を反映した形で形成した共同市場に参加したことを意味しました。彼らが単なる自由貿易地域ではなく関税同盟を結成することは理にかなっているだけでなく、農民を保護し、EECが確実に社会的、政治的、そして経済的側面。

大陸全体の自由貿易の経済的利益を得ることが重要である一方で、経済競争が規制の「底を打つ競争」を引き起こさないようにすることも同様に重要でした。目的は、市場だけでなく対応する制度を作ることでした。しかし、福祉国家は、労働者と消費者を保護し、悲惨な1930年代の繰り返しを避けるために必要であると感じられた経済と規制を混合しました。

欧州統合のこの基本的な機能は、違反において遵守と同じくらい尊重された可能性がありますが、それは今日でも欧州の態度と「赤い線」を形作っています。たとえば、欧州連合が、英国と同じくらい大きな国境にある国が、経済の規制緩和能力に制約を受けることなく、欧州市場に自由にアクセスできるようにすることは考えられません。

ブレグジットだけでなく、2016年の国民投票に続く交渉を生み出したのは、アイルランドの歴史は言うまでもなく、これらの異なる英国とヨーロッパの歴史の間の相互作用です。トーリー党の分裂の歴史は、メイ夫人が昨年夏に作成した不運な(そしてバルフォー風の)チェッカープランを生み出しただけでなく、国民投票自体も引き起こしました:デービッドキャメロンが2012年に自由民主党のリーダーに語ったように、それは「党経営の問題」でした。

歴史は、この物語がどのように終わるかを私たちに伝えることはできません。しかし、私たちが今日の場所にどのように到達したかを理解するためには歴史が不可欠であり、それはまた、明日何が起こるかを理解するのにも役立ちます。

KevinHjortshøjO’Rourkeは、オックスフォード大学オールソウルズカレッジの経済史のチチェレ教授です。彼はの著者です Brexitの短い歴史:BrentryからBackstopまで (ペンギン、2019年)。


ピールウェブ

このウェブサイトをご利用いただきありがとうございます。お役に立てば幸いです。残念ながら、この資料を自由に利用できるようにするためのコストが増加しているので、サイトが有用であり、その継続に貢献したい場合は、大いに感謝します。ボタンをクリックしてPaypalに移動し、寄付をしてください。

穀物法

マンチェスター経済学部と反穀物法同盟は、60年にわたる自由貿易の考え方の進化の最終成果物でした。 1776年に出版されたアダム・スミスの国富論は、国の「自然経済」、特に工業国の発展の基礎として自由貿易の原則を最初に提唱しました。ピット・ザ・ヤンガーは、主に密輸とそれによる税関と物品税の収入の損失と戦うために、1780年代と1790年代に自由貿易に向けて最初の動きをしました。 1786年のヴェルジェンヌ条約は、おそらくこれの最良の例です。

戦時中の1793年から1815年は、自由貿易の経済発展を阻止しました。国内市場向けの穀物を生産し、英国の同盟国に供給するために、多くの限界地が封鎖されました。この期間に1,934の封鎖法が可決されました。 1801年の一般的な囲い込み法により、プロセスをスピードアップするために、囲い込みの法的機構が簡素化されました。この法律は農業革命のピークを見ました。

ナポレオンは1806年に大陸封鎖令によって、1807年にミラノ勅令によって大陸封鎖を導入しました。これにより、ヨーロッパとのすべての貿易が終了したため、英国の農民は国内市場を事実上独占しました。この人工的な食料不足の結果、英国での一連の不作が相まって、貿易サイクルの変動を伴う価格の急激な上昇が起こりました。

フランス戦争の終わりに、トウモロコシの価格はほぼ半減し、農民の間でパニックを引き起こしました-彼らの多くは有権者でもありました。その結果、リバプール卿政府の政府は1815年に穀物法を導入しました。さまざまな男性が議会での立法を正当化しました。ビニング卿は地主と農民のために話しました:

過去12か月間の農業の落ち込んだ状態では、ある程度の救済が絶対に必要でした。多くの人が失業し、救貧税の圧力は耐えられなくなった。昨年は最も大きな損失を被り、立法府の知恵と堅固さによって迅速な救済策が講じられなかった場合、国の農業への関心はすぐに完全に台無しになる可能性があります。 (議会討論会、第1シリーズ、vol.29、(l8l5)Col。984)

トウモロコシの価格の下落が外国の穀物の輸入に起因したことほど明白なことはありません。 ((同上、col.1222)

ラジカルウィッグで醸造家の一員であるサミュエルウィットブレッドは同意し、次のように述べています。

家賃が高すぎるということではなく、トウモロコシが低すぎるという提案であり、家主を引き下げる必要性に陥らせることなく、農民が自分の土地を有利に耕作できるような価格に引き上げるべきであるというものでした。家賃。 ((同上。、col.1240)

F.J.ロビンソンは政府の一員として、次のように述べています。

彼は、全体として、私たちの安全性が高まるだけでなく、最終的には、外国に依存するよりも自家栽培の方がトウモロコシの価格が安くなるかもしれないとの意見でした。 ((同上。、col.802)

これらの法律は、小麦の価格を四半期あたり80 /-で安定させることを目的としていました。国内の穀物がその価格に達するまで、外国の穀物を輸入することはできませんでした。法律は拡大した穀物農場を保護し、高価格の問題を解決できませんでした。彼らがしたことは、食料価格を高水準で激しい変動にさらし、トウモロコシの貯蔵を奨励することでした。これは今度は国内産業と海外市場に悪影響を及ぼし、実際には土地所有者の利益にしか役立たなかった。ランカシャーの綿花産業は、完成品を生の輸入と輸出市場に依存していたため、特に大きな打撃を受けました。しかし、議会は改革されておらず、土地所有者のみを代表しており、すべての国会議員は議会に座るには土地所有者でなければなりませんでした。

人々が収入の大部分を商品ではなく食料に費やしたため、価格が高騰したために食料のコストが上昇し、その結果、工業製品の国内市場が低迷しました。穀物法はまた、町の労働者階級の間で大きな苦痛を引き起こしました。これらの人々は自分たちで食料を育てることができず、生き続けるために高額を支払わなければなりませんでした。有権者と国会議員の大多数が地主であったため、政府は、経済、貧しい人々、または貿易が制限されているときに労働者を解雇した製造業者を支援するために、新しい法律を再検討することを望んでいませんでした。

穀物法の可決に反対した国会議員がいました。たとえば、G。フィリップスは言った

委員会は、トウモロコシの価格を引き上げることを明確に意図した措置を採用するよう求められており、彼の判断でそれを恒久的に引き上げる。労働者の価格を比例的に上げることなく食料の価格を上げる場合、あなたは必然的に労働者をどのような特権と悪にさらさなければなりません! 。 The labourer must go to the parish, or turn to some more profitable employment, if by chance any can be found, or he must emigrate, or work himself out by overstrained exertion.

If we artificially raise the price of provisions, we shall raise the price of labour, and in the same proportion we shall assist our rivals against ourselves. Is it possible to suppose, that the richest nation in the world . 。 。 is to be starved, if it does not provide a sufficiency of corn for its subsistence because, forsooth, other nations, wanting its commodities, and having more corn than they can consume, will refuse to relieve its deficiency out of their own superfluity?. 。 。 An importation of corn cannot take place without a corresponding export of commodities on which British industry has been employed. That export will increase your natural wealth, that wealth will increase your population, and that increased population will provide an increased demand for your agricultural produce. ((ibid., cols. 811-817)

William Cobbett wrote (Political Register, 21 May 1814)

I deny that it is in the power of even A body of men, who have been called omnipotent, to cause the farmer to have a high price the price depending on the crop, and not upon any law or any regulation. I am no advocate for law that is now pending. I know, that the thing will, and must, regulate itself.

There were popular agitations against the Corn Laws, including a radical meeing in Manchester in January 1819. At this meeting, which preceded the meeting at St Peter's Field in August 1819, the following Declaration was drawn up:

The conduct of the late Parliament in passing the Corn Bill, which was obtained under false pretensions and passed at the point of the bayonet, in defiance of the united groans and supplications of the People, was oppressive in its design and cruel in its operation being neither more nor less than a vile conspiracy between the great Landholders and the Ministers, to extort from the industrious labourer and mechanic, through the very bread they eat, an immense portion of Taxes for the support of the Borough system, and to enrich themselves and their pensioned minions, by the sweat of the poor man's brow.

In 1815 there was a series of riots against the Corn Laws: the Annual Register (vol. 57, 1815, p. 6), commented on the results of the legislation:

The consequences of this measure were by no means such as were expected either by its promoters or opposers. The effects either of former importations, or, more probably, of two plentiful harvests, and a greatly extended culture of grain, were to produce a gradual steady reduction of price, so that, instead of approaching the limits fixed for importation, it sunk to a level below that of several years past. The farmers, who were labouring under exorbitant rents, in addition to other increased expenses, were general sufferers and the landlords found it necessary in many instances to make great abatements in their dues. In the result, many leases have been voided, and farms have been left without tenants.

In 1828 the Corn Laws were revised by the Duke of Wellington's government. Huskisson introduced a sliding scale which allowed foreign corn to be imported duty-free when the domestic price rose to 73/- per quarter. When he considered the effects of the legislation passed in 1815,

he lamented, from the bottom of his soul, the mass of evil and miseries and destruction of capital which that Jaw, in the course of its twelve years' operation, had produced. And he did believe that . the effect of the bill, as far as regarded the agriculturists themselves, had been to keep the prices of produce lower, for those twelve years, than they would have been, even if the corn trade had been entirely open.

The more the price of domestic grain fell below that figure, the higher the duty became. The sliding scale still did not really help the poor or the manufacturers. sliding scale which was a partial improvement on the situation.

Foreign imports prohibited

Imports by regulated degrees

Free entry of foreign grain

The 1820s also saw the growth of the 'Manchester School' of free traders. The Manchester Times and the Manchester Guardian (a free trade journal) were established to spread the economic doctrine of the new middle class industrialists. Free trade ideas were strong in Manchester because of the cotton industry's reliance on imports and exports.

The 1832 Reform Act came as a result of much political activity from the Political Unions and enfranchised much of the middle class. This, and the Catholic Association, provided models and a lever with which to pressurise parliament. In 1832 Reform Act gave the vote to a sizeable proportion of the industrial middle classes and meant that the manufacturers now had more importance in the governance of Britain, so some notice had to be taken of their opinions. The Whig government seemed to have little idea about economics: however, it did set up a Select Committee to investigate 'the Several DUTIES levied on imports into the United Kingdom'. Sir Robert Peel asked on 18 May 1841:

"Can there be a more lamentable picture than that of a Chancellor of the Exchequer [Sir Francis Baring] seated on an empty chest, by the pool of bottomless deficiency, fishing for a budget?".

The 1830s was also a time of economic depression which gave an edge to the free traders' arguments, especially since it followed an upturn in the economy in the period 1822-28. The 1830s saw the start of the railways: the pride of the middle classes, and the start of the second industrial revolution. The potential of the railways was strangled by tariff impositions which in many ways restricted productivity. An increased volume of industry meant that there was a greater need for free trade to create the incentive for people to put capital into the railways and to use the railways as a means of transport. There was a need also for greater sales both at home and abroad.

The Anti-Corn-Law League was a plea for more political power and a criticism of the landed, aristocratic parliament. The Corn Laws were the king-pin of protectionism and free trade had been a "stop-go" policy since the days of Pitt. Free trade would only work if a nation was economically supreme or holding a specialist monopoly - or both, as Britain did.

After 1835, the new Conservative Party sought an alliance of land and industry in a planned programme of socio-economic reform, as opposed to constitutional Whiggery. Peel was from a cotton background and in his Tamworth Manifesto of 1834 he said , "Our object will be . the just and impartial consideration of what is due to all interests - agriculture, manufacturing and commercial". This was a fundamental break with high Toryism and served to encourage middle-class agitation.

The Whig governments of 1830-4 and 1835-41 were challenged by many different groups of agitators including the Chartists, the Anti-Poor Law movement, the Ten Hour Movement, and the Anti-Corn-Law League.

The Anti-Corn Law Association was set up in London in 1836 but had little success there it was re-formed in 1838 in Manchester and in 1839 was re-named the Anti-Corn-Law League (ACLL). The members of this movement were mainly middle-class manufacturers, merchants, bankers and traders and included Richard Cobden and John Bright. They wanted the Corn Laws to be repealed so that they could sell more goods both in Britain and overseas. The keystone of the protectionist system was thought to be the Corn Laws: once they were repealed, the ACLL thought that free trade would follow. The ACLL headed a nation-wide campaign for the repeal of the Corn Laws which ended in success in 1846 when the Prime Minister, Sir Robert Peel repealed the legislation.

これらの資料は、適用される法定の手当および学生への配布に従って、非営利目的で自由に使用できます。
いかなる形式の再発行も書面による許可が必要です。


English Reformation, 1534

Brexit means taking Britain’s signature off the treaty of Rome, a cue for comparisons with Henry VIII’s repudiation of the jurisdiction of the pope. The Tudor king had several motivations, not least the need to find a wife who would produce a male heir. A major consequence of this was to separate Britain from much of the continent by giving it a different state-approved religion from most other European states.

As with Brexit, the Reformation unleashed bitter struggles about sovereignty, identity and authority under Henry and several of his successors. As with Brexit, it divided families, turned friends into enemies, generated fabulously arcane doctrinal disputes and martyrs of both faiths. Many members of the governing class ended up on the scaffold. Mercifully, no one has yet suggested Brexit arguments be settled by burnings at the stake, but the deadly ferocity of the struggle between Catholic and Protestant finds an alarming echo in the violence of the language used by some Brexit protagonists.


A History of English Corn Laws : From 1660-1846

Beginning with The Portrait of a Lady, this book shows how, in developing his unique form of realism, James highlights the tragic consequences of his American heroine's Romantic imagination, in particular, her Emersonian idealism. In order to expose Emerson's blind spot, a lacuna at the very centre of his New England Transcendentalism, James draws on the Gothic effects of Nathaniel Hawthorne and Edgar Allan Poe, thereby producing an intensification of Isabel Archer's psychological state and precipitating her awakening to a fuller, heightened consciousness. Thus Romanticism takes an aesthetic turn, becoming distinctly Paterian and unleashing queer possibilities that are further developed in James's subsequent fiction.

This book follows the Paterian thread, leading to "The Author of Beltraffio" and Théophile Gauthier, and thereby establishing an important connection with French culture. Drawing on James's famous analogy between the art of fiction and the art of the painter, the book explores a possible link to the Impressionist painters associated with the literary circle Émile Zola dominated. It then turns to "A New England Winter," a tale about an American Impressionist painter, and finds traces leading back to James's "initiation prèmiere." The book closes with an exploration of the possible sources of Kate Croy's "unspeakable" father in The Wings of the Dove and proposes a possible intertext, one that provides direct insight into the Victorian closet.


The Anti-Corn Law League

The second Corn Law of 1828 sparked a wave of radical protest amongst Britain’s urban classes by introducing a sliding scale of duties on foreign wheat, thus causing bread prices to fluctuate excessively during a period that was plagued by high unemployment and poor harvests. The Corn Laws were seen to safeguard the interests of Britain’s traditional country landowners, at the expense of her new and growing industrial class and urban dwellers soon took exception to the resulting rise in food prices.

Formed in 1839, the Anti-Corn Law League became the leading proponent in the campaign to repeal the Corn Laws and was later recognised as an inaugural model for the modern day pressure group. The League rejected protectionism on the grounds that it impeded political and economic progress and harmed Britain’s export trade in manufactured goods, by restricting the ability of foreign traders to acquire British currency through the sale of foodstuffs.

The roots of the Anti-Corn Law League stemmed from the establishment of the National Corn Law Association in London, in 1836, and the subsequent formation of the Manchester Anti-Corn Law Association in the Autumn of 1838, when the campaign first evolved into a mass movement. The following March, a conference of Association delegates formally voted to establish an Anti Corn Law League, with headquarters in the northern city.

The League’s Manchester base had particular poignancy given the city’s reputation as a leading importer of raw materials and key centre of manufacturing. The site of the infamous Peterloo massacre, at St Peter’s Field, became home to the organisation, which was so large that no building in Manchester had the capacity to hold a full meeting of its members. The organisation therefore constructed it’s own accommodation and a temporary pavilion, opened in January 1840, was soon succeeded by a brick structure, before finally being replaced by a stone building in 1856.

In March 1838, the Wolverhampton MP, C P Villiers moved the first in a series of annual motions calling for a full enquiry into the operation of the Corn Laws. Although a handful of Whig ministers supported his motion the following year, the League soon discovered that it’s desire for a complete repeal of the legislation was not shared by most members of the Government. Despite hesitation in some quarters, the organisation decided to assert its independence and thus became estranged from the Whig administration. The League then embarked on a campaign to secure direct representation at Westminster and supported the election of the cotton manufacturer, R H Greg, as an MP for Manchester, in September 1839. The League decided to contest it’s own seats in the General Election of 1841 and after a promising result, the organisation’s founding member and leader, Richard Cobden, led a number of his colleagues into Parliament. Cobden, an Alderman, elected as the MP for Stockport, became the League’s leading parliamentary personality and strategist. In 1843, he was joined in the Commons by the Rochdale cotton spinner and Quaker, John Bright. Elected as the MP for Durham, Bright was the League’s most accomplished and powerful public speaker and toured the length and breadth of the country with his free trade message.

The League was the first organisation of its kind to employ a range of popular campaigning techniques that are still used today. Various methods from petitions, to mass meetings and strikes were utilised in order to spread antipathy towards the Corn Laws and highlight the unjust nature of protection, which was harming the interests of the masses by inflating the cost of bread, a staple part of the working man’s diet.

From April 1839, the League began publishing an anti-Corn Law circular, which later evolved into a weekly publication, known simply as The League。 Moreover, the organisation published hundreds of books and pamphlets on the merits of free trade, which they were able to distribute cheaply following the introduction of the penny post in April 1840. Supported by a high level of subscriptions, the League was also able to spread its message by employing hundreds of paid public speakers to address meetings throughout the country. These paid campaigners were able to supplement and professionalise the work of the League’s existing army of volunteers. The League was able to popularise its appeal by penning anti-Corn Law songs and hosting anti-Corn Law dances. The organisation also arranged major events such as the Anti-Corn Law Bazaar, which was held at the Manchester Theatre Royal, at the beginning of 1842 and followed by a Great Exhibition -style event at Covent Garden, in May 1845.

In 1841, the Whig Government fell and was replaced by a Tory administration under Sir Robert Peel. To some extent, Peel neutered the free trade campaign in 1842, when he opted to combine the re-introduction of income tax with a lowering of the sliding scale on corn. Nonetheless, Cobden and Bright were able to sustain support for their cause by presenting protectionism as a tool of repression used by the aristocracy, to retain their privileged position over the masses. This sparked a great debate about the legitimacy of the interests of the landed classes, as opposed to those of industrialists and the working population hence the League gained further support as Chartism became increasingly redundant as a populist cause. By 1845, the League was the most well funded and sophisticated political organisation in Britain, having secured backing from a number of the country’s leading industrialists.

Following Peel’s fiscal reforms, the League stepped up its electoral activity, with the aim of securing a Parliamentary force strong enough to achieve a complete repeal of the Corn Laws. Every voter in the country received a packet of publications promoting the merits of free trade and committees were founded in each borough to ensure that eligible supporters were placed on the electoral register. Cobden also drew up a list of target seats where supporters of the League were most likely to win, in order to focus campaigning efforts more effectively.

The full abolition of the Corn Laws in 1846 marked the successful culmination of the League’s work in mobilising popular support against protection. Some historians have since claimed that the League’s success also acted as its achilles heel, possibly deterring Peel from moving towards complete repeal at an earlier date. Certainly, the League attracted criticism from its opponents over the use of questionable election tactics, such as bribery and corruption, but these methods were used in equal measure by both sides. The League was also accused inciting disorder amongst the working classes during the depression of 1841-42, which may also have discredited its campaign. Nonetheless, by disseminating a range of popular propaganda and gaining a foothold in Parliament, the Anti-Corn Law League was able to capture the public imagination and become the most influential pressure group of its time.


Complete your review

Tell readers what you thought by rating and reviewing this book.

You Rated it *

Please make sure to choose a rating

Add a review

  • Say what you liked best and least
  • Describe the author's style
  • Explain the rating you gave
  • Use rude and profane language
  • Include any personal information
  • Mention spoilers or the book's price
  • Recap the plot

The review must be at least 50 characters long.

The title should be at least 4 characters long.

Your display name should be at least 2 characters long.


ビデオを見る: 還在吃燕麥嗎趕緊看別怪我沒提醒你