カールホフマン

カールホフマン

カールホフマンはロシアで生まれました。彼はロンドンに移り、ピーター・ピアクトウ(ピーター・ザ・ペインター)、ヤコフ・ピーターズ、ジョージ・ガードスタイン、フリッツ・スヴァール、マックス・スモラー、ジョン・ローゼン、ウィリアム・ソコロウを含むロシアの革命家のグループと交際しました。ホフマンは36リンドリーストリートに部屋を借りた。

1910年11月21日、スモラーはジョー・レヴィという名前を使って、11の交換ビルという家を借りるように頼みました。彼の家賃は週に10シリングで、12月2日に所有しました。フリッツ・スヴァールは12月12日に9つの交換ビルを借りました。彼は家主に、クリスマスグッズを保管するために2、3週間欲しいと言い、5シリングの保証金を支払いました。もう一人の友人、ジョージ・ガードスタインは、彼が大量の化学薬品、金属のろう付けと酸による金属の切断に関する本を買うことができるようにお金を借りました。

1910年12月16日、スモラー、スヴァール、ガードスタイン、ホフマン、ピーターピアクトウ(ピーターザペインター)、ヤコフピーターズ、ユルカダボフ、ジョンローゼン、ウィリアムソコロウを含むと思われるギャングが、ヘンリーハリスの宝石商の後ろに侵入しようとしました。背後にある袋小路のExchangeBuildingsからHoundsditchで買い物をします。 デイリーテレグラフ 報告:「2、3週間前、交換ビルのこの特定の家が借りられ、そこに2人の男性と1人の女性が住んでいました。彼らは近所の人にはほとんど知られておらず、まるで観察から逃れるかのように非常に静かでした。見た目は外国人だったと言われており、ハウンズディッチ近郊全体にエイリアンが多く、退去も少なくないことから、この新居の到着はコメントを出さなかったが、警察には疑惑があったらしい。近所はいつもよくパトロールされています。昨夜11時30分直前に、これらの新参者の家の裏側か、警察の注意を引いたハリス氏の店のどちらかで音がしました。」

隣の店主であるマックス・ウェイルは彼らの槌を聞いてロンドン市警察に知らせ、9人の非武装の警官が家に到着した。ロバート・ベントレー軍曹が11の取引所ビルのドアをノックしました。ドアはガードスタインによって開かれ、ベントレーは彼に尋ねました:「あなたは仕事をしていましたか、それとも中をノックしていましたか?」ベントレーは彼に答えず、部屋の中に撤退した。ベントレーはそっとドアを押し開け、続いてブライアント軍曹が続いた。コンスタブルアーサーストロングマンは外で待っていた。 「私が見なかった人がドアを開けた。ベントレー警察署長がその人と会話をしているようで、ドアは部分的に閉じられた。その直後、ベントレーはドアを押し開けて入った。」

ドナルド・ランベロウによると、 シドニー街の包囲戦 (1973):「ベントレーはさらに部屋に足を踏み入れた。そうすると、裏口が開かれ、ガードスタインと誤って識別された男が部屋に急いで入った。彼はピストルを持っていた。銃身は非武装のベントレーを指しています。彼が発砲すると、階段の男も発砲しました。階段から発射されたショットは、ベントレーのヘルメットの縁を通り、顔を横切って、後ろのシャッターから出ました...彼の最初のショットはヒットしました。ベントレーは肩に、2番目は首を通り抜けて脊髄をほぼ切断しました。ベントレーは半分開いたドアに対してよろめき、玄関先で後ろに倒れ、家の半分と半分を横になりました。」

ブライアント軍曹は後に、「ベントレーとテーブルの間の部屋の裏口から男がやってくるのを見た。1月6日にロンドン市の遺体安置所に行ったところ、死体が見え、その男に気づいた。彼は手にピストルを持っていて、すぐにベントレーの右肩に向かって発砲し始めました。彼はちょうど部屋にいました。ショットは非常に速く発射されました。私ははっきりと3または4を聞きました。私はすぐに手を上げて感じました。左手が落ちて歩道に落ちた。すぐに男がベントレーを発射し始め、部屋の開口部のドアポストに向かってよろめきました。ピストルの外観は長いものだと思いました。私はそうすべきだと思います。似たようなものをもう一度見たら知ってます。たった1つのバレルで、黒いもののように見えました。次に、立ち上がって壁に沿って数ヤードよろめきながら、自分が回復するまで覚えていました。カトラーストリート私は何が起こったのか非常にかすかな記憶を持っているので、私はぼんやりしていたに違いありませんその後、ペンを入れた。」

コンスタブルアーネストウッドハムはベントレーとブライアントを助けるために走った。彼はすぐに銃撃者の一人に撃たれた。モーゼルの弾丸は彼の大腿骨を粉砕し、彼は意識を失って地面に倒れました。家の中から銃を持った二人の男がやってきた。ストロングマンは後に次のように回想しました。ストロングマンは腕を撃たれたが、チャールズ・タッカー軍曹は腰と心臓の2回撃たれた。彼はほぼ瞬時に死亡した。

ジョージ・ガードスタインが家を出たとき、彼は手首で彼をつかみ、彼の銃を所持するために彼と戦ったコンスタブル・ウォルター・チョートによって取り組まれました。ガードスタインは引き金を繰り返し引き、弾丸は彼の左足に入った。高さ6フィート4インチの大きくて筋肉質の男だったチョートは、なんとかガードスタインを握りしめた。ギャングの他のメンバーは彼のガードスタインの援助に急いで行き、彼らの銃をチョートに向けました、そして彼はさらに5回撃たれました。これらの弾丸の1つが後ろのガードスタインに命中しました。男たちはガードスタインからチョートを引っ張り、犯罪現場から彼を運びました。

Yakov Peters、Yourka Dubof、Peter Piaktow、Fritz Svaarsは、半分はドラッグされ、半分はカトラーストリートに沿ってガードスタインを運びました。煙草屋のIsaacLevyが彼らと衝突しそうになった。ピーターズとダボフは銃を持ち上げてレヴィの顔に向けたので、彼は彼らを通過させました。次の30分の間、彼らはひどく負傷した男をイーストエンドの裏通りを通って59グローブストリートに引きずり込むことができました。 MaxSmollerとNinaVassillevaは、彼らが助けになるかもしれないと思った医者に行きました。彼は拒否し、警察に通報すると脅した。

彼らは最終的にジョン・スキャンロン博士を説得してガードスタインを治療させた。彼はガードスタインが胸の前に弾丸を置いていたことを発見した。 ScanlonはGardsteinに何が起こったのか尋ねました。彼は友人に偶然撃たれたと主張した。しかし、彼は病院に連れて行かれることを拒否したので、スキャンロンは痛みを和らげるために薬を与え、10シリングの料金を受け取った後、後で戻ることを約束して去りました。サラ・トラションスキーに看護されていたにもかかわらず、ガードスタインはその夜遅くに亡くなりました。

翌日、スキャンロン博士は、銃創のガードスタインの治療について警察に話しました。探偵のフレデリック・ウェンズリーと探偵のベンジャミン・リーソンが到着し、トラションスキーが燃えている文書を見つけました。その後すぐに、 デイリークロニクル ジャーナリストが到着しました。「部屋自体は約10フィート×9フィート、高さは約7フィートです。派手な紙が壁を飾り、2、3枚の安価な劇場版画がピンで留められています。緑色に塗られた細い鉄製のベッドステッド、独特の形の頭と足がドアに面しているベッドステッドには、破れた汚れた羊毛のマットレス、大量の血まみれの衣類、血まみれの枕、そして血だらけのタオルがいくつかありました。窓の下には、ひも縫い機とガタガタしたテーブルが立っていました。 、ほくろの布で覆われ、部屋の中央を占めていました。その上に、カップとプレート、割れたガラス、ナイフとフォーク、そして数本のボトルと薬のボトルが立っていました。 、塗装された木製の剣がテーブルの上に置かれ、銀の紙のベルトが取り付けられた別の剣が、椅子に支えられた壊れた机の上に置かれました。暖炉はもう少しpでした食器類、缶または2つ、そして小さなパン。意地悪で引き裂かれたブラインドと一片のカーテンが窓を保護し、外科医の糸が机の上に転がっていた。床はむき出しで汚れていて、暖炉のように、焦げたマッチとタバコの端が散らばっていました-負傷したデスペラードが死ぬために運ばれた悲惨で惨めな場所です。」別のジャーナリストは死んだ男を「アドニスと同じくらいハンサムだ」と説明しました-とても美しい死体です。」

ジョン・ローゼンは1910年12月18日にニーナ・ヴァシレワを訪ねました。彼女は彼に「問題を起こしたことがありますか」と尋ねました。彼は少し肩をすくめて「わからない」と言った。ニーナは彼を入れることを拒否し、彼は建物を去った。ローゼンは隠れるようになりましたが、1911年1月初旬に彼はガールフレンドのローズキャンベルに、ピーター・ザ・ペインターのギャングと関わっていたと話しました。彼女は今度は母親に打ち明け、母親は警察に行った義理の息子のエドワード・ハンフリーズに話しました。ローズはその話を否定し、1月31日にローゼンと結婚した。

ローゼンは2月2日に逮捕されました。彼の最初の言葉は「あなたが私を逮捕するために来たことを知っています」でした。ローゼンは殺人の日に59グローブストリートを訪れたことを認めたが、彼は家に帰る前に、写真でカール・ホフマンと、そして後で彼の部屋で夜を過ごしたと言った。翌日、彼は再びホフマンに会ったが、彼は殺人について何も知らないと言った。しかし、ローゼン容疑者は警察に「関係者の男女がどこに住んでいるのか、どこに住んでいるのかを見せてもらえるが、ここに来てから引っ越してきたかどうかはわからない」と語った。

1911年2月15日、カール・ホフマンは、ヘンリー・ハリスの宝石店に侵入して侵入した陰謀で起訴されました。質問されたとき、彼はジョージ・ガードスタイン、ピーター・ピアクトウ(ピーター・ザ・ペインター)、ヤコフ・ピーターズ、マックス・スモラー、フリッツ・スヴァール、ユルカ・ダボフ、ジョン・ローゼン、ウィリアム・ソコロウを知っていることを認めることを拒否した。ホフマンは、12月16日、彼は深夜に就寝し、誰も彼の部屋を訪れていなかったと主張した。ホフマンに対する唯一の目撃者はニコラス・トマコフと35ニューカッスルプレイスの女将であり、彼らは両方ともスヴァールの宿舎で別々の機会に彼に会った。

ロシアの移民で警察の情報提供者であるセオドア・ヤンソンは、逮捕されたピーターズとダボフが殺人の罪を犯したかどうかをクリスマスの日にホフマンに尋ねたと主張した。ホフマンは明らかに笑って答えた:「いいえ、陰謀には9人の男がいました、彼らの誰もまだ逮捕されていません。男が死んでいるのは残念です(ジョージ・ガードスタインを意味します)、彼は多くの能力があり、ギャングのリーダーでした。彼はまた、ギャングの一部のメンバーが他のメンバーを知らなかったことを管理しました。」

ハウンズディッチ殺人事件の裁判は5月1日にオールドベイリーで開かれた。 YakovPetersとYourkaDubofは殺人罪で起訴されました。ホフマン、ピーターズ、ダボフ、マックススモラー、ジョンローゼンは、ヘンリーハリスの宝石店を奪おうとした罪で起訴されました。 SaraTrassjonskyとNinaVassillevaは、殺人罪で有罪となった重罪を犯した罪で起訴されました。

A.H.ボドキンの開会のスピーチは2時間半続きました。彼は、ジョージ・ガードスタインがロバート・ベントレー、チャールズ・タッカー、ウォルター・チョートを殺し、スモラーが誤ってガードスタインを撃ったと主張した。ウィリアム・グランサム判事は提示された証拠に感銘を受けず、陪審員に、銃撃の証拠がなかった2人の男性は殺人の罪を犯していないと言うように指示しました。グランサムは、警官がジョージ・ガードスタイン、フリッツ・スヴァール、ウィリアム・ソコロウによって殺されたと信じていると付け加えた。 「3人の男が発砲しました、そして私は彼らが死んでいると思います。」

ピーターズとダボフをガードスタインに結びつけた検察の主な目撃者は、男性がカトラー通りに沿って彼を引きずるのを見たアイザック・レヴィでした。 Levyは、弁護人から激しい攻撃を受けました。証言の後、グランサム裁判官は、他に身元確認の証拠がない場合、陪審員がレビーの裏付けのない陳述について有罪の評決を見つけることを許可することはできないと述べた。グランサムの要約が、男性の誰もが侵入と侵入で有罪判決を受けてはならないことを明らかにした後、陪審員は彼ら全員が無罪であると判断し、彼らは解放されました。


カール・ホフマン

「私たちが虐殺したすべての人々とSSの友人たちが虐殺したすべての人々のために1分間の黙祷を観察するように頼まれたら、考えてみてください。なぜ、私たちは残りの人生を完全に黙祷で過ごすでしょう!」

カール・ホフマン 1931年には18歳から20歳までの無職の整備士です。カールは実科学校で高校教育を受けており、若い頃は真面目なサッカー選手だったと言われています。カールは1931年の秋にナチ党にすぐに参加し、ドイツの労働者階級のより良い生活の魅力に惹かれました。同時に、カールは突撃隊(SA)にランクとファイルストームトルーパーとして参加します。

カールはシュトゥットガルトのローカルSAユニット(SAではTruppまたはSturmとして知られています)のパートタイムメンバーであることが示され、カールが彼の「セクションリーダー」と呼ぶScharführerに従属していることに言及しています。彼の自動車整備士のスキルのために、カールは1933年5月より前にSA輸送部門に任命されました。カールがメーデーにドイツの組合が崩壊するのを目撃するのはこの立場です。その後まもなく、カールはシュトゥットガルトのSA最高本部に所属し、JosefBieglerという名前のSA-Gruppenführerで働き始めます。 Bieglerは、Karl(まだ単純なSA-Trooperにすぎない)は、トラブルメーカーと見なされているため、昇進していないとコメントしています。

長いナイフの夜が発生したとき、カールはビーグラーの運転手として働いており、カールはSAチーフのエルンスト・レーム、ビーグラー、その他のSAリーダーの処刑を目撃しています。その後、カールはダッハウ強制収容所に投げ込まれ、この時点で彼のSAのキャリアは終わったように見えます。この映画は、SAが解散したと誤って述べていますが、実際にはSAは1945年まで存在し続けていました。カールは、1934年以降ナチスとの提携を終えたようです。

ちょうど4年後、カールは再び逮捕されました。今回は、1933年にSAが労働組合を粉砕したことについて問い合わせをしたため、ゲシュタポに逮捕されました。ロングナーの死後、カールは負傷を引き起こした元のSA兵士に対して正義を求めます。しかし、カールが地元のOrdnungspolizei警察署で声明を出そうとすると、彼はゲシュタポに報告され、「彼らはあなたの話を好きではない、彼らもあなたを好きではない」と言われます。カールはとにかく彼の声明を出すことを主張し、その後逮捕されます。

強制収容所への帰国を避けるために、カールはドイツ国防軍に徴兵され、ドイツ軍の通常の兵士として機能します。ポーランドでの奉仕の後、カールはバルバロッサ作戦に参加し、その直後に中尉として任命され、後に中尉への昇進を受け取ります。これは、カールの軍事的キャリアの範囲であり、彼は第三次ハリコフの戦いの直後に脱走します。この時点から、カールは偽の渡航文書でドイツ中を動き回り、7月20日の陰謀後の逮捕をかろうじて回避します。カールは1945年の戦争を生き延びた彼の家族の唯一のメンバーです。


Karl-Heinz Hoffmannの秘密の歴史は、極右の暴力と中東の恐怖を結びつけています。

先月、ドイツで最も悪名高いネオファシストの一人であるカール・ハインツ・ホフマンは、「ローマ時代から啓蒙までのドイツの土壌におけるユダヤ教」、「反ユダヤ主義のユダヤ人」、そして/または「イスラム教の政治的意味」。ホフマンは、バイエルンのエルムロイト城で妻のフランツィスカ・バークマンと一緒に住んでいる、引退したエキセントリックなものとして特集記事で描かれることがよくあります。そこで彼は法廷を開き、ソーシャルメディア、教会の廃止、組合、そして「経済の完全な変革」。

ドイツのメディア以外ではめったに議論されないのは、ホフマンがWehrsportgruppe Hoffmann(Hoffmann Sports Group)を設立したネオファシストグループです。 1980年のオクトーバーフェスト爆撃とのグループの可能な関係はドイツの政界の常識ですが、最近の出版物は、西欧を恐怖に陥れたネットワークの一部であるレバノンのパレスチナのテロリストのグループとの協力関係の促進を含む、ホフマンのより悪名高い活動に言及することはめったにありません1970年代から80年代にかけてのヨーロッパ。ホフマンの活動と仲間のレビューは、右端の暴力的なネオナチ組織が左端の英雄であったパレスチナ解放機構と共通の原因を作った絡み合ったウェブを明らかにします。

「カール・ハインツ・ホフマンの秘密の歴史は、暴力的な極右と中東の恐怖を結びつける」を読み続けてください。


本当のアビーホフマン

彼の自伝の終わりに、 すぐに主要な映画になります、 60年代の過激な活動家アビーホフマンは、彼が今まで信じていたすべてを撤回する皮肉なエピローグを含みます。彼が本を書いたとき、ホフマンは麻薬使用法から逃げて地下に住んでいました、そして彼は立派な社会への再入場と引き換えに次の&ldquoconfession&rdquoを与えることを申し出ました:

ご存知のとおり、本当に申し訳ありません。家に帰りたいです。私は旗が大好きです、真実のために青い。右は白。私たちの少年たちが戦争で流した血のために赤。母親を愛している。私は子供たちに両親を殺すように言うのは間違っていました&hellip甘やかされて育った、利己的なガキは60年代になりました。許して、お母さん。私はイエス、彼の背中の滑らかなアーチ、彼の長いブロンドのカールが大好きです。イエスは私たち全員のために、私たちユダヤ人でさえも死にました。ありがとう、主よ。 &hellip私は西洋文明の保護者としてイスラエルが大好きです。私の考えのほとんどは、KGBエージェントによる洗脳の結果でした。私は薬が嫌いです。彼らはあなたに悪いです。マリファナは脳にひどい影響を及ぼします。それはあなたが学校で学んだすべてを忘れさせます&hellip私は若い処女をベッドに誘い込むためにそれを使用しただけです。私はこれを非常に恥じています。コカインは殺人です。それはあなたのセックスを狂わせ、教育を受けていない人々をすべて元気づけます。彼らがそれが中毒性がないと言うとき、友人は彼ら自身をからかっています。証券取引所でお金を燃やしたら、鼻は知っていて、鼻はノー&ヘリップと言います。これはかなり外れたものでした。人々はお金を稼ぐために一生懸命働きます。株式仲買人でさえ一生懸命働きます。バングラデシュでは、なぜ彼らが今日飢えているのか、私たちがそうではないのか、誰も一生懸命働いていません。 &hellip共産主義は邪悪な化身です。カール・マルクスのビーズのような目、長い鼻、そして彼のひげとヘリの後ろのこっそりとした笑顔でそれを見ることができます。もちろん、故ノーマン・ロックウェルを除いて、私たちのアーティストはすべて変態です。 &hellip私たちの民主主義システムは世界一です&hellip今、私は戻ってくることができますか?

ホフマンの人生の一部は今や確かに主要な映画、Netflix&rsquosです シカゴ7裁判 によって書かれ、監督された NS 西棟 クリエーターのアーロン・ソーキン。ソーキンの基本的な世界観はホフマンが完全に拒否したものであるため、ソーキンはアビーホフマンを画面に表示するための不幸な選択です。 NS 西棟 賢明に統治するための優れたリベラルなテクノクラートへの信頼を示すことで知られていますが、ホフマンは&ldquoburn down the system&rdquo anarchisticradicalでした。案の定、Sorkin&rsquos Hoffmanは、実際のHoffman&rsquosの刺すような風刺のほとんどイエスを愛する愛国者です。

シカゴ7のストーリーは覚えておく必要があるので、Netflixがそれを画面に表示することを選択したことを嬉しく思います。反戦抗議者がシカゴ警察と衝突し、野蛮に殴打されて国に衝撃を与えた1968年の民主党大会の後、ニクソン政権は多くのイベント主催者を起訴した。ニクソンの司法省は、新左翼が「法と秩序の回復」に真剣であり、被告に対する告発が薄っぺらであったことを示すために、新左翼にレッスンを教えたかった。裁判自体は茶番劇でした。これは、有罪判決を当然の結論と見なした偏見のある裁判官のおかげもあります。しかし、被告は、彼らの運命を受け入れる代わりに、反戦運動の原因を公表するために裁判に払われているメディアの注目を利用することを決定し、一連の有名人の証人(ディック・グレゴリー、アレン・ギンズバーグ、ジェシー・ジャクソン、ジュディ・コリンズ、 Norman Mailer、Arlo Guthrie、そして元弁護士のRamsey Clark)は、「政府を裁判にかけ」、政治的迫害をメディアイベントに変え、国の議題に左のメッセージを残します。最終的に、ほとんどの被告は暴動の陰謀で有罪判決を受けたが、上訴により有罪判決は覆され、政府は訴訟を取り下げた。シカゴ7裁判の歴史的重要性は、(1)選択的起訴を通じて異議を犯罪化し、政治的左翼を威嚇しようとするアメリカ政府の例として、および(2)被告が裁判をメディアに変えることによって首尾よく反撃する方法の例としてです。スペクタクルと&ldquocourt of publicopinionでの勝利&rdquo

最もカリスマ的でメディアに精通した被告であるアビーホフマンは、残された&lsquo60sの最もカラフルな人物の1人でした。学生非暴力調整委員会の一部としての真剣な活動家の経歴から来て、ホフマンの青年国際党(Yippies)は、左の原因を公表するために注目を集めるスタントに従事しました。悪名高いことに、ホフマンはニューヨーク証券取引所に忍び込み、ドル紙幣をトレーディングフロアに投棄し、ブローカーに現金を奪い合いました。巨大な反戦行進で、彼は国防総省の&ldquoexorcism&rdquoを実行し、それを宇宙に送り出そうとしているグループを率いました。ウッドストックで、ホフマンが政治演説をするために舞台を襲ったとき、ホフマンはザ・フーのピート・タウンゼントと争いました。ホフマン&rsquos この本を盗む 万引き、麻薬の取引、あらゆる詐欺で自由に暮らす方法についてアドバイスを提供します。

それでも シカゴ7裁判 ホフマンに同情的であり、それはまた、最終的に歴史的な捏造に相当する方法で彼を和らげます。ソーキン&rsquos映画のクライマックスでは、ホフマンはスタンドに立ち、リンカーンとイエスを呼び出すことによって抗議者の行動を擁護し、から来た可能性のある民主主義に敬意を表します NS 西棟。 &ldquo私たちの民主主義の制度は素晴らしいものだと思います。今はひどい人々が住んでいます&rdquoと彼は法廷に言います。この映画では、ホフマンは異議申し立ての基本的権利について比較的良心的なスポークスマンです。


私たちは、プロセスを簡素化し、顧客が適切なソリューションに迅速に到達できるようにするデジタルツールと組み合わせたローカル設計とサポートを備えたグローバルソリューションを提供します。 300人以上のディストリビューターと9,000人のnVent従業員からなるnVentHOFFMANチームは、ローカルおよびグローバルで、私たちが約束を果たすことを保証します。

nVent HOFFMANは、パネルショップの運営と現場の効率を最適化するための適切なソリューションを提供します。エンジニアリングおよび計画ツール、既製の費用効果の高いエンクロージャーと配線路ソリューション、組み立てが簡単なモジュラーエンクロージャー、高効率の気候制御ソリューション、およびパネルショップ自動化用の省力化マシンは、時間の節約とパネル構築コストの削減に役立ちます。詳細については、専門家にご相談ください。


ヘロイン:アセチル化モルヒネ

ヘロインは別の話です。 Dreserは、まだゲッティンゲンの教授でしたが、モルヒネよりもアヘンの弱い誘導体であるコデインが呼吸に及ぼす影響に取り組んでいました。彼はホフマンに、コデインを生成する目的でモルヒネをアセチル化するように指示しました。その結果、代わりにヘロインと名付けられた物質が生成されました。しかし、同じ化合物は1874年に英国の化学者によってすでに発見されていたため、特許を受けることはできませんでした。しかし、ヘロインの極端な中毒性が認められる前は、激しい咳を抑え、出産や深刻な戦争による怪我の痛みを和らげ、患者の麻酔の準備をし、特定の精神障害を制御するために、バイエルや他の企業から広く販売されていました。 1930年代以降、ほとんどの国で禁止されています。

この伝記に含まれる情報は、2017年12月8日に最終更新されました。


ウィリアムホフマンの歴史との出会い

もともとは、外科医の呼びかけで2016年の特別版に掲載されました

ウィリアムホフマンは、同時代の人々によく知られている19世紀の米陸軍将校でしたが、彼の波乱に富んだ40年間の軍事的キャリアは、最近まで次の世代に忘れられていました。彼は、中心にいることなく、歴史との劇的で時には危険な出会いを何度も経験しました。彼は、同等の名声を獲得することなく、彼の世代の多くのまだなじみのある人物の注目を集めました。南北戦争の歴史の社会的、行政的、人道的側面への関心が高まるにつれ、彼の名前はあいまいさから戻ってきましたが、必ずしも彼の記憶に残る評判の利益になるとは限りません。クララバートン行方不明兵士事務所博物館の開館に伴い、彼の物語の1つの短い章は、新しい意味と重要性を帯びています。クララ・バートンとの彼のコラボレーションは、彼女がほんの少しだけ彼女と関係があり、彼女の名前と物語に関連してもはや覚えていない人々の間でサポートのネットワークを構築するのにどれほど効果的であったかを示しています。

ウィリアム・ホフマン将軍(右)、刑務所長官、および彼の事務所の階段のスタッフ、1865年、ワシントンDC、北西部、20番街のFストリート。
米国議会図書館の礼儀

ホフマンは1807年にニューヨーク市で生まれ、父親が陸軍士官を務めた軍の駐屯地で育ち、ウェストポイントへの任命を確保し、そこで彼自身の長く波乱に富んだ軍事的キャリアを開始しました。 1829年の彼のクラスから、バージニア人のジョセフE.ジョンストンとロバートE.リーが知りました。彼はブラックホーク戦争に従軍し、米墨戦争での卓越した戦闘サービスのために2回名誉を与えられました。[ii]彼は軍隊の怒りを喜んで負わせる鈍くて粘り強い将校でした。これは、グラッタンの虐殺の後、彼に全国的な注目を集めました。

1854年8月、ジョングラッタン中尉は、ララミー砦からの29人の兵士を、盗まれた牛の補償をめぐる論争でスー族の戦士との不必要な対立に衝動的に導きました。グラタンと彼の部下は確実な戦いですべて殺され、ホフマン少佐はこの悲惨な出来事の後、ララミーの指揮をとるために派遣されました。他の人々は、大虐殺は陸軍が拡大する必要があることを証明したと主張しましたが、ホフマンは、より経験豊富で上級将校をフロンティアで指揮する必要性を実際に示したと主張して、一連の通信をワシントンに送り返しました。彼の粘り強さは陸軍の上級指導者の怒りを買って、陸軍長官ジェファーソン・デイビスの個人的な、不承認の注意にさえ来ました。しかし、結局、ワシントンのデイビスとホフマンの上官は後退した。[iii]ホフマンは南北戦争の前夜まで、南西部での軍事作戦で積極的な役割を果たし続け、中佐とテキサスで第8米歩兵を指揮するために割り当てられた。[iv]

テキサスの米軍が降伏したのと同じように、彼は任務所に到着した。彼は戦争の最初の数ヶ月を傍観し、仮釈放を確保してテキサスを離れるのを待っている間、連隊を指揮することができなかった。 、それにもかかわらず、彼は私たちに旗にしっかりと留まるように励ましの多くの言葉を与えました…」[vi]

彼の釈放後、ホフマンは1862年4月に大佐に昇進したが、8月まで正式に交換されなかった。南北戦争中の陸軍。[viii]ホフマン大佐は、彼が直面した独特のロジスティックおよび管理上の課題と、それらに取り組むためのガイダンスの欠如を認識した。 「私の職務はサービスに完全に固有のものです」と彼は書いています。「そして私は決して特別な指示を受けていません。」[ix]有能な役員であるにもかかわらず、彼は健康、幸福、連合によって保持された南軍の囚人の最終的な生存は、人道的な生活条件を強制し、適切な規定が彼らに届くことを確実にするという彼の決意に依存していました。ホフマンは物議を醸す人物として歴史的記憶に戻っており、時にはユニオン刑務所での多くの不必要な苦しみと死亡を非難している。[x]

1865年、ワシントンDC、北西部、20番街のFストリート、刑務所長官ビルの前の店員。
米国議会図書館の礼儀

1864年後半までに、彼は彼の莫大な責任を認められて名誉准将に昇進しました。 1865年2月下旬、クララ・バートンは、南軍の刑務所から解放された後、ケアのためにアナポリスに連れてこられたやせ衰えた連邦軍の中で働き始める計画について彼に近づきました。彼女はアナポリスに行き、行方不明の兵士について彼らの間で調査を行い、行方不明の男性のニュースを彼らの心配している家族に届けたかった。名誉准将ホフマンは当初、彼女の計画を支持することを申し出なかったが、他の役人との考えを追求することに反対しなかったと彼女に言ったとき、彼女は安心したかもしれない。

その間、彼は彼女の努力に対していくつかの重要な実践的支援を提供しました。 1865年2月24日、ホフマンはアナポリスのキャンプ仮釈放の司令官であるF.D.セウォール大佐に次の指示を書いた。

「これをあなたに渡すクララ・バートンさんは、敵の手に渡った囚人の友人に、今いる人々の質問から知ることができる限り、彼らの運命を知らせる手段になりたいと望んでいます。南から仮釈放でアナポリスに到着。彼女が問い合わせる機会があるかもしれないそのような囚人に関する情報を求める通知を兵舎に掲示することを彼女に許可してください、そして必要な業務の過程を妨げることなくあなたの記録から彼女に情報を与えることが実行可能であるならば、私はあなたにお願いします彼女が一般的な言葉で望むかもしれないように通信し、支払いや手当の請求の基礎となる詳細を与えません。数日間の試行の後、これらの指示を不便なく実行できる範囲を報告し、最終承認を待ちます。」[xii]

バートンの粘り強さは報われ、最終的にホフマンはグラント将軍を含む他の上級将校と一緒に彼女の計画を承認した。行方不明の兵士に代わって彼女の仕事を促進した。戦後、ホフマンは西に戻り、レブンワース砦で連隊と駐屯地の指揮官を務めた。

そのポストでの在職中、彼はジョージ・カスターを裁判にかけ、有罪判決を下した有名な軍法会議に参加し[xiv]、その後、酸っぱいメモで彼の長いキャリアを終えました。ベンジャミン・グリアソン大佐は、レブンワース砦(現在はバッファローソルジャーとして不死化)でアフリカ系アメリカ人兵士の新たに認可された連隊の1つを形成していました。ホフマンは、彼の通常の義務感を覆す深い人種的偏見を抱いていました。 Rather than accept that social transformation required him to adjust to new realities, Hoffman balked at his responsibility to help ensure efficient incorporation of Grierson’s regiment into the Army. Hoffman harried Grierson and his regiment with endless complaints and criticism. This culminated in a confrontation between Hoffman and Grierson on the parade fields at Fort Leavenworth.[xv] Fortunately Grierson prevailed in establishing his soon-to-be-famous unit in the Army, and Colonel Hoffman retired from the service in 1870, holding the additional rank (attained towards the end of the Civil War) of Brevet Major General.[xvi]

Hoffman settled quietly into civilian life in Rock Island, IL,[xvii] and remained there until his death on August 12, 1884.[xviii] He had been a good fit for the small pre-Civil War Regular Army. However, he didn’t fully adjust to the logistical and operational demands of the Civil War. He failed, completely, when it came to overcoming his prejudices and adjusting to new professional responsibilities and relationships following the end of slavery. His support for Clara Barton’s initiative on behalf of missing soldiers and their families does deserve to be remembered as an important humanitarian contribution. It carries new relevance in light of modern interest in humanitarian dimensions of the Civil War and the recent reopening of the Clara Barton Missing Soldiers Office, almost precisely 150 years after he lent his crucial support to her work.

参考文献

[i] Annual Reunion of the Association of the Graduates of the United States Military Academy at West Point, New York. June 17, 1885. (Evening News, Printers and Binders, 1885), “Necrology of William Hoffman,” pp. 36-37.

[ii]George W. Cullum, Biographical Register Of The Officers and Graduates Of The U.S. Military Academy At West Point From Its Establishment In 1802, To 1890. Third Edition, Vol. 1, Nos. 1-1000. (Houghton, Mifflin and Co. The Riverside Press, 1891) p.433. This biography available online at http://babel.hathitrust.org/cgi/pt?id=coo.31924092703929view=1upseq=442 , last accessed February 28, 2016.

[iii] Paul Norman Beck, The First Sioux War: NS Grattan Fight and Blue Water Creek, 1854-1856 (University Press of America, Inc. 2004) pp. 71-72, 76-78.

[iv] For a readily accessible summary of his career and promotion history, see Hoffman biography on the website of the Military Society of the Mexican War, http://www.aztecclub.com/bios/hoffman.htm, last accessed February 28, 2016.

[v] Id, note ii, Cullum, at p.433.

[vi] Id, note i, Annual Reunion、 NS。 38。

[vii] Id, note iv, Hoffman biography on the website of the Military Society of the Mexican War.

[viii] David Heidler and Jeanne T. Heidler, editors, Encyclopedia of the American Civil War: A Political, Social, and Military History, (ABC-Clio, Inc. 2001), Vol. 2, P. 981.

[ix] Id, note 1, Annual Reunion, p.38.

[x] For a summary of the controversy surrounding Hoffman’s work as Commissary General of Prisoners, see James M. Gillispie, Andersonvilles of the North: Myths and Realities of Northern Treatment of Civil War Confederate Prisoners, (University of North Texas Press, 2008), pp. 75-76.

[xi] Stephen B. Oates, A Woman of Valor: Clara Barton and the Civil War, (The Free Press 1995), pp. 298-299.

[xii] The War of the Rebellion: a compilation of the official records of the Union and Confederate armies. Series 2-Volume 8, at pp. 301-302.

[xiii] Id, note xi, Oates, at p. 311.

[xiv] George Armstrong Custer (with an introduction by Edgar I. Stewart), My Life on the Plains OR, Personal Experiences with Indians, (University of Oklahoma Press, 1962), p.xiii.

[xv] William H. Leckie and Shirley A. Leckie, Unlikely Warriors: Benjamin Grierson and His Family, (University of Oklahoma Press, 1984), p. 143.

[xvi] Id, note ii, Cullum, p. 434。

[xvii] Id, note i, Annual Reunion、 NS。 39。

[xviii] Id, note ii, Cullum, p. 433.

著者について

Michael H. Hoffman, JD, is an educator and attorney with over 35 years of experience in the field of international humanitarian law. He serves as a volunteer advisor to the National Museum of Civil War Medicine, where he is assisting with the development of exhibits and programs for the Clara Barton Missing Soldiers Office Museum. He has no known family ties to William Hoffman.


Hawks Prairie Dental Center’s Dr. Karl Hoffman Puts Family First at Home, On The Job and in the Community

Dr. Karl Hoffman has been practicing dentistry for 25 years, 20 of which have been spent at his Lacey dental practice, Hawks Prairie Dental Center.

Family first is a phrase we hear often, but what does it really mean? For some, family first means looking out for a little sister or doing something thoughtful for a parent. For others, it means making sacrifices and putting someone else’s needs before your own. At the heart of it all, family first is about taking care of one another and always having your loved one’s best interest at heart.

Dr. Karl Hoffman understands this notion well, as he has many families throughout the community. From his own family at home to his family of patients at Hawks Prairie Dental Center in Lacey , his church family, his colleagues in study club or fellow dads that support the high school track team, Dr. Hoffman is always putting family first, no matter which fam ily it is.

After graduating from the University of Washington School of Dentistry 25 years ago, Dr. Hoffman has spent the past 20 years serving the community at his private practice in Lacey. Over the years, Dr. Hoffman has cultivated a staff and clientele that — to him — is like a second family, and he treats them as such. Providing top-notc h personalized an d conservative care to each and every patient that walks through his door, Dr. Hoffman’s patients trust in him and the care of his talented team of dental technicians.

For Dr. Hoffman, this is his greatest accomplishment. It is, after all, a testament to his expertise and caring approach to dentistry. From reversing dental issues on adults to ensuring healthy dental development in his younger patients, Dr. Hoffman says nothing makes him more proud than providing positive experiences and quality care to his patients.

Dr. Karl Hoffman gives back to his community one day each month, providing free dental services to low-income members of the community.

And he always goes the extra mile to make sure his patients are comfortable. For some patients, comfort comes in the form of getting dental work in Dr. Hoffman’s colorful “Husky room,” a purple and gold painted office decked out with the memorabilia of his alma mater. For others, comfort comes in the form of clear communication. Dr. Hoffman is fluent in Spanish, a skill he picked up while living in Costa Rica as a child.

Dr. Hoffman says he has a lot of patients who were once in “dental trouble,” but now, many years after comprehensive care, these patients now enjoy healthy, comfortable smiles. But Dr. Hoffman doesn’t only provide quality care to the patients he serves at his dental practice in Lacey, he extends these services at no charge to his third family: the community. For more than a decade, Dr. Hoffman has been volunteering at the Olympia Union Gospel Mission where he provides free dental care to community members who can’t afford to pay for dental services out of pocket.

“Volunteering at the Olympia Union Gospel Mission has been very satisfying for me because I not only believe in their mission, but I think their system is extremely effective at helping people,” explains Dr. Hoffman.

Dr. Karl Hoffman says he has a relationship-based practice. For Dr. Hoffman, the relationships he has with his patients are a top priority.

Giving back to the community is important to Dr. Hoffman, and it’s also an extension of the work he started straight out of dental school serving in the US Public Health Service Commissioned Corps . “I was already public health minded due to my background and felt a strong urge to help [the Olympia Union Gospel Mission’s] program,” he says. Dr. Hoffman has been volunteering (and recruiting other volunteers) with the Olympia Union G ospel Mission for 11 years.

Of course, when he’s not working at his dental clinic or volunteering his services to the community, Dr. Hoffman is putting family first with his first family: his wife and two ki ds. He has sponsored numerous youth projects and sports team locally. With a son at Saint Martin’s University and a daughter at Northwest Christian High School, Dr. Hoffman stays busy. Between taking pictures as the “unofficial” photographer for his daughter’s track team and volunteering with friends and family at several of his church’s charities, Dr . Hoffman is always finding ways positive ways to impact the community he lives in and loves.

Dr. Karl Hoffman enjoys a Husky game — the team of his alma mater — with his wife, son and daughter.

You can learn more about Dr. Hoffman and his Lacey dental practice, Hawks Prairie Dental Center, by visiting Hawks Prairie Dental Center online , or by calling Hawks Prairie Dental Center at 360-456-7070.


Todd Hoffman left the show to pursue a singing career

Clearly, Hoffman's got a lot of irons in the fire, but perhaps most surprisingly, the former miner revealed in 2018 his intention to pursue a singing career. His YouTube channel is home to numerous videos of his performances — and they're pretty good! There he is, pictured above, recording his own take on a '60s folk classic, which we super encourage you to watch. Paul Simon and Art Garfunkel are great and all, but "Sound of Silence" just hits different when you know the beardy guy performing it spent the last eight years of his life actually digging in the actual dirt for actual gold.

"Who knows?" Hoffman said of his new career choice, according to The Oregonian。 "Stranger things have happened. I want to break it big. I want to hit it out of the park."

In addition to "Sound of Silence" (which has over 13 million views and counting), Hoffman's actually posted a few originals, including this banger called "Jealous Friend." Hoffman might just be onto something here with the new career moves. As commenter MadM_MegN put it, "Dude. you went looking for gold. but you had it with you the whole time. "


Karl Barth’s Doctrine of Scripture

Since the reformation the Christian Church, in its many forms, has argued about where the foundation of the knowledge of God was to be found. For the Catholics it was the Pope and the Church, for the Romantics it was the experience of divine dependence, for the Liberal Protestants it was a critical- rationalistic reading of the Scriptures, and for the Fundamentalist Protestants it was in the inerrant Scriptures. Karl Barth hit this theological scene like a bomb shell. ‘Nine’, he said, theology was to be grounded on the gracious act of revelation by the free triune God revelation which could not be controlled by human beings[1]. Barth’s doctrine of Scripture takes form around this doctrine of revelation emphasising that Scripture is not direct revelation given to us but an inspired witness in human words to revelation which only becomes the Word of God, by the work of the Holy Spirit. This short essay will systematically analyse Karl Barth’s radical doctrine of Scripture as well as critically engaging him by demonstrating some of the positive and negative points of his doctrine. It will then assess Mount Pleasant Baptist Church’s use of Scripture in light of the study.

Barth based his theological assumptions on Kantian metaphysics. He believed in the reality of the ontological gap and the necessity of revelation. Indeed, Barth affirmed that we know God by his gracious acts of revelation and by nothing else[2]. The guiding motif in Karl Barth’s doctrine of revelation is that man can never control God or else he would make him in his own image. Barth asserted that both Protestants and Catholics had attempted to pervert the creation/creator relationship of man to God by setting up a false basis of knowledge and power[3]. In the case of the Catholic Church this took the form of a statement about the Church and subsequently the Pope which placed them in the position of ultimate authority[4]. Whereas in the case of the Protestants this took the form of a statement about the Bible, which allowed them to have access to an assured knowledge of God apart from the grace of God[5]. Barth’s view is well summarised in the following quote[6].As we can see Barth rebelled against the attempts of modern Protestantism to ground the bible upon itself, thereby bequeathing themselves control over revelation. He saw this as highly sinful because in doing this they began to interpret the Scriptures in a way that fulfilled their presuppositions and created God in their own image. In contrast to this Barth believed that the Bible was meant to be a free and spiritual force through which God could speak afresh to each new generation.

The Threefold Forms of God’s Word

For Barth revelation begins and ends with the self revealing triune God. In Barth’s words “the same God who is unimpaired unity is revealer, revelation, and revealedness”[7] What Barth is saying is that revelation is an act of God by which God reveals God[8]. This revealed God is what scripture calls the Word of God. It is this Trinitarian understanding of revelation which underlies Barth’s doctrine of Scripture.

Barth identifies three forms of God’s word in the Scriptures[9]. They are the man Jesus of Nazareth (John 1:1-14), the text of Scripture (2Timothy 3:16), and Christian preaching (2 Peter 1) although only the first two are dealt with in this essay[10]. On the Word of God and the Scriptures Barth writes[11]. For Barth the Bible is a witness to revelation, which has been written down in the words of man, it becomes the Word of God in a derivative sense as God works through it in an act of revelation. For Barth the bible has provisional authority over the Church, which is grounded in its being a witness to revelation[12].

Barth believed with other orthodox Christian’s that in the incarnation there is a hypostatic union between the divine Word of God and the man Jesus. Therefore Jesus Christ is the absolute Word of God and revelation itself. On the other hand, the Bible is not the Word of God in the same sense[13]. On this Barth says[14]. Barth’s point is that unlike Jesus the Bible is not the Word of God in an absolute sense in that it is not an incarnation of the Word of God in human writings[15]. Barth used the image of John the Baptist to communicate this point. John always pointed away from himself to Jesus to bear witness to his hidden identity[16]. This is the job of Scripture in Barth’s theology, to point to Christ as a witness to his true identity[17]. For Barth there is no inherent presence of God or impartation of divine attributes in the Bible[18]. Rather God reveals himself through the human vehicle of Scripture indirectly. This takes place as a personal encounter in which the Holy Spirit graciously reveals God in his judgment and mercy to the human agent[19].

Barth on the Biblical cannon

For Barth the determination of the Canon of Scripture is always an act of witness in accordance with the revelation that has been received by the Church at that moment in time it is not an arbitrary human decision but a response to the Word of God’s testimony that the text is Scripture[20]. He believed that the early Church received the writings that God revealed to be a true witness of revelation. However, Barth asserts that fallible humans may have miss-heard God and therefore improving the Canon in response to further revelation is possible[21]. Barth conditions this statement by asserting that this is to be done in the context of the Church rather than at an individual level and that individual’s should approach the canonized Scriptures of the Church as Holy Scriptures[22] .

The Bible as Inspired and Human

Up to this point it may appear that for Barth there was no part for the inspiration of the Holy Spirit to play in the writing of Scripture, but this is not true. Although he did not see the writings themselves as inherently inspired he did believe in the inspiring work of the Holy Spirit. For Barth inspiration took the form of a special activity of the Holy Spirit in commissioning the apostles and prophets for their task of witnessing in the form of the written word[23]. Although this activity did not bypass their human limitations, Barth asserted that this activity of the Holy Spirit on the writers made the words of Scripture theologically reliable[24]. But for Barth this is not the end of inspiration in that that God also does this inspiring work in us so that we can see and hear what the authors saw and heard[25].

Barth’s doctrine of Scripture welcomes the human part of the bible. For Barth revelation always comes to us in a fallible human vehicle. To communicate why we should not seek to de-humanize the Bible by way of a doctrine of inerrancy Barth used the analogy of the many people over time who have stumbled over Christ’s humanity[26]. Barth asserted that as orthodox Christians have embraced Christ in all his humanness so we must also embrace the Bible in all its humanness[27]. Barth calls this humanness of Scripture a scandal and offence. Hart sums up Barth’s view well when he says[28] To Barth the Word of God always comes to us as a scandal. Jesus the man is not the medium of revelation but the veil[29]. The same is true of the Bible. The Bible is veiled by fallible human words and can only be unveiled by a revelatory act of God. Barth had no time for any doctrine of Scripture which attempted to remove the offence of the humanness of the biblical text by denying or qualifying its human side[30]. Barth proposed that the text is both fully divine and fully human[31]. He insisted that the Bible contained scientific, historical and religious error but instead of paling over this as most theologians would Barth insisted that the fallibility of the Bible is essential to its intended theological function, namely, preventing humans from setting it up as a false absolute and leaving revelation under the control of God[32].

There are several positives to Barth’s doctrine of Scripture. Firstly, Barth’s doctrine of Word of God makes sense of the biblical use of the phrase[33]. Secondly, Barth highlights the necessity of the work of the Holy Spirit in the act of revelation[34]. This backs up the reformed emphasis that man cannot make his way to his own salvation and allows Gods Word to function in its life giving power[35].In Barth’s view the Bible is not longer static but is alive[36].Thirdly, Barth’s view makes sense of the humanity of the Bible with its significant historical and scientific errors[37].Fourthly, his doctrine allows one to have a high view of scripture while also recognizing its limits as a human vehicle. Fifthly, if his view of Scripture is implemented Barth successfully takes revelation out of our hands while giving it back to us in its proper place, with us standing under, rather than above it.

There are also several criticm’s that have been made regarding Barth’s doctrine of scripture. Firstly, Barth has been criticized by conservatives who assert that his doctrine of scripture if poorly implemented will lead to a radical subjectivism in which orthodoxy will be compromised[38]. However this charge does not stick for these three reasons[39]. Secondly, Many Liberal Protestants have suggested that Barth did not take historical criticism seriously enough[40]. However, on a reading of the twelve theses it becomes clear that Barth believed in the usefulness of sound exegesis and historical criticism and only wished exegetical work to take its proper place as inferior to the revelation brought by the Holy Spirit[41]. Thirdly, if the material authority of the Bible is surrendered as Barth asserts then doesn’t this raise doubts as to the reliability of its witness to say, the resurrection and other events crucial to Christian faith[42].

Mount Pleasant Baptist Church’s Doctrine of scripture

Mount Pleasant Baptist Church has a small statement of faith in which one sentence is devoted to the doctrine of Scripture. This document states[43]. This doctrine of Scripture affirms the inerrancy of the Scriptures instead of recognizing that they are a human vehicle as Barth suggests. For Mount Pleasant the Scriptures are revelation in themselves rather than a witness to revelation as Barth thinks they are. Because the Bible is the supreme authority in matters of faith Mount Pleasants doctrine and preaching are formed around the careful exegesis of biblical passages, considering the cultural context, translation, the meaning of the author, and comparison to other biblical sources. Although the statement of faith suggests that the Holy Spirit plays no part in revelation, in practice Mount Pleasant believes that the Holy Spirit plays a primary role in all revelation and believes that Scripture cannot be correctly understood apart from the work of the Holy Spirit. Mount Pleasant seeks to frame all areas of faith and practice around that outlined in the biblical text while also looking to the Holy Spirit for his ultimate guidance. Barth would agree with this use of the Scriptures because it seeks out what the Bible says while also waiting on the revelation from the Holy Spirit as the ultimate authority. In practice Mount Pleasants use of Scripture is very close to that outlined by Barth in that there is a Barthian emphasis on the place of the Holy Spirit’s work of revelation through the Bible, rather than revelation coming from study of the text alone.


ビデオを見る: カールハインツホフマン