スエズ運河が開く-歴史

スエズ運河が開く-歴史


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

1869年11月17日、スエズ運河が開通しました。運河は地中海と紅海を結んでいました。それは103マイルの長さで、東洋の港をヨーロッパに5,000マイル近づけました。 1859年に運河の工事が始まりました。運河は、主にフランスの投資家によって資金提供されました。運河は、ヨーロッパの大国にとってエジプトの戦略的重要性を高めました。

スエズ運河に関する9つの興味深い事実

1.その起源は古代エジプトにまでさかのぼります。
現代のスエズ運河は、かつてエジプトを横切って蛇行したいくつかの人工水路の中で最新のものにすぎません。エジプトのファラオセンウセレト3世は、紀元前1850年頃に紅海とナイル川を結ぶ初期の運河を建設した可能性があります。古代の情報筋によると、ファラオネコ2世とペルシャの征服者ダリウスは、どちらも同様のプロジェクトの作業を開始し、放棄しました。運河は紀元前3世紀に完成したとされています。プトレマイオス朝の時代、そしてクレオパトラを含む多くの歴史上の人物がその上を旅した可能性があります。現代のスエズ運河が提供する直接のリンクではなく、この古代の「ファラオの運河」は砂漠を通ってナイル川に流れ込み、ナイル川は地中海へのアクセスに使用されていました。

2.ナポレオンボナパルトはそれを構築することを検討しました。
1798年にエジプトを征服した後、フランスの軍事司令官ナポレオンボナパルトは、スエズ地峡を切断し、紅海から地中海に運河を建設する可能性を調査するために調査員のチームを派遣しました。しかし、この地域への4回の別々の遠足の後、彼のスカウトは、紅海が地中海より少なくとも30フィート高いと誤って結論付けました。彼らは、運河を作ろうとすると、ナイル川デルタ全体に壊滅的な洪水が発生する可能性があると警告した。測量士の誤った計算は、ナポレオンをプロジェクトから遠ざけるのに十分であり、運河の計画は、研究者のチームが最終的に地中海と紅海の間に深刻な高度の違いがないことを確認した1847年まで行き詰まりました。

3.英国政府はその建設に強く反対した。
スエズ運河の計画は1854年に正式に始まり、フェルディナンドデレセップスというフランスの元外交官がエジプトの副王とスエズ運河会社を設立する契約を交渉しました。レセップスが提案した運河はフランス皇帝ナポレオン3世の支援を受けていたため、多くの英国の政治家は、その建設を世界の海運の支配を弱体化させるように設計された政治計画と見なしました。&#xA0

運河を支援することは「自殺行為」であると英国大使は主張し、レセップスが運河会社の株を売却しようとしたとき、英国の新聞はプロジェクトにラベルを付け、単純な人々を台無しにするために起きた強盗。&#x201D&#xA0

レセップスは英国のパーマストン首相との公の言葉の戦争に従事し続け、議会でのプロジェクトを非難した後、鉄道技術者のロバート・スチーブンソンに決闘を挑んだ。大英帝国は建設中も運河を批判し続けましたが、1875年に資金繰りに苦しむエジプト政府がその株式を競売にかけた後、後に水路の44%の株式を購入しました。

4.それは強制農民労働と最先端の機械の組み合わせを使用して建てられました。
スエズ運河の建設には多大な労力が必要であり、エジプト政府は当初、貧しい人々に名目賃金で暴力の脅威の下で働くことを強制することによって最も多くを供給しました。 1861年後半から、何万人もの農民がピックとシャベルを使って運河の初期の部分を手で掘りました。進行は痛々しいほど遅く、エジプトの支配者イスマーイールパシャが1863年に強制労働の使用を突然禁止した後、プロジェクトは失敗に終わりました。&#xA0

労働者の深刻な不足に直面して、レセップスとスエズ運河会社は戦略を変更し、運河を掘るために数百のカスタムメイドの蒸気と石炭を動力源とするシャベルと浚渫船を使い始めました。新しい技術はプロジェクトに必要な後押しを与え、会社は建設の最後の2年間で急速な進歩を続けました。主要運河の建設中に最終的に移動した7,500万立方メートルの砂のうち、約4分の3は重機によって処理されました。

5.自由の女神はもともと運河を対象としていました。
1869年にスエズ運河が完成に近づくと、フランスの彫刻家Fr&#xE9d&#xE9ric-Auguste Bartholdiは、フェルディナンドデレセップスとエジプト政府を説得して、地中海の入り口に「アジアに光をもたらす」という彫刻を建てさせようとしました。古代のロードス島の巨像に触発されたバルトルディは、エジプトの農民のローブを着て、船を運河に導く灯台としても機能する巨大なトーチを持った、高さ90フィートの女性の像を想像しました。プロジェクトは実現しませんでしたが、バルトルディは彼の彫像のアイデアを買い続け、1886年に彼はついにニューヨーク港で完成版を発表しました。正式には「世界を啓発する」と呼ばれるこの記念碑は、自由の女神として知られるようになりました。

1869年11月17日のスエズ運河の開通(クレジット:プリントコレクター/ゲッティイメージズ)

6.その作成者は後でパナマ運河の建設を試みましたが、失敗しました。
スエズ運河を完成させて批評家たちを沈黙させた後、フェルディナンドデレセップスは中央アメリカのパナマ地峡を横切って運河を切ることに注意を向けました。作業は1881年に始まりましたが、新しい運河はスエズ運河よりも建設が容易で、完成が容易で、維持が容易であるとレセップスが予測したにもかかわらず、プロジェクトは最終的に混乱に陥りました。病気に苦しむジャングルの建設中に数千人が亡くなり、チームはプロジェクトを完了せずに2億6,000万ドル近くを燃やしました。&#xA0

同社はついに1889年に腹を立て、レセップスや、詐欺と陰謀で有罪判決を受けた運河の水門の設計に雇われたエッフェル塔の設計者ギュスターヴエッフェルを含む他の何人かを見た大規模なスキャンダルを引き起こしました。パナマ運河が10年にわたるアメリカ主導の建設プロジェクトでようやく完成するまでには、さらに25年かかるでしょう。

7.運河は、冷戦時代の危機において決定的な役割を果たしました。
1956年、スエズ運河は、エジプトとイギリス、フランス、イスラエルの合同軍との間の短い戦争の中心でした。紛争は、1922年にエジプトが独立した後も続いていた、英国の運河地帯の軍事占領に端を発しました。多くのエジプト人は、長引く植民地の影響に憤慨し、1956年7月にエジプトのガマルアブデルナセル大統領がついに緊張を沸かせました。ナイル川を渡るダムに資金を提供するためと思われるスエズ運河を国有化した。&#xA0

スエズ危機として知られるようになったのは、1956年10月にイギリス、イスラエル、フランスの合同軍がエジプトへの攻撃を開始したことです。ソビエト連邦からの核報復の脅威。イギリスのアンソニー・イーデン首相はスキャンダルをきっかけに辞任し、スエズ運河はエジプトの支配下に置かれた。

1956年のスエズ運河危機の際に沈没船(クレジット:Fox Photos / Getty Images)

8.かつて、船隊は8年以上運河で立ち往生していた。
1967年6月のエジプトとイスラエル間の6日間の戦争中、スエズ運河はエジプト政府によって閉鎖され、鉱山と沈没船によって両側が封鎖されました。閉鎖の時点で、15隻の国際輸送船がグレートビター湖の運河の中点に係留されていました。彼らは8年間水路で立ち往生し続け、最終的にはデッキを固めた砂漠の砂のニックネーム「&#x201CYellowFleet」を獲得しました。&#xA0

乗組員のほとんどは、3か月の任務で立ち往生した船のオンとオフを交代しましたが、残りは独自のフローティングコミュニティを形成し、スポーツや社交イベントを主催することで時間を過ごしました。年が経つにつれて、艦隊は独自の切手と内部貿易システムさえ開発しました。 15隻の停泊中の船は、1975年にようやく運河を離れることが許可されました。それまでに、自力で航海するのに十分な耐航性を備えていたのは2隻だけ​​でした。

9. 2015年、運河は大規模なオーバーホールを受けました。
何年もの間、運河はその狭い幅と浅い深さによって妨げられていましたが、それは現代のタンカー船からの双方向の交通に対応するには不十分でした。 2014年8月、エジプトのスエズ運河庁は、運河を深くし、メインチャネルから分岐する新しい22マイルの車線を作成するという野心的な計画を発表しました。拡張は2015年に開始され、新しく深くなった主要水路と平行に22マイルの航路を船に提供しました。&#xA0

しかし、改善は、2021年3月に中国から移動したときに、コンテナ船が運河に押し込まれ、スタックするのを防ぐのに十分ではありませんでした。船は、それぞれで100隻以上の船をブロックしました。重要な輸送動脈が1週間近く終わり、世界の商取引に大きな混乱を引き起こしました。


ファラオの運河:スエズ運河の先駆け

スエズ運河は現代のエンジニアリングの驚異かもしれませんが、運河を掘ることについて現代的なものは何もありません。北アフリカの砂漠を越えても、航行可能な水路は古くから掘られてきました。スエズ運河は、かつてエジプトを横切って蛇行したこれらの人工水路の中で最も新しいものにすぎません。さまざまな時代のさまざまなエジプトのファラオの後援の下で掘られ、彼らは現代版とは異なり、紅海とナイル川を結びました。

アリストテレスによると、紅海とナイル川を結ぶ運河を掘る最初の試みは、伝説的なエジプトのファラオセソストリス(紀元前1800年頃の第12王朝のセンウセレト3世、またはずっと後のラムセス2世のいずれかである可能性があります)によって行われました。紀元前1200年頃の第19王朝)。アリストテレスはまた、ファラオが「海が陸よりも高い」ことを発見したときに運河の建設が中止されたと述べています。ファラオは、ナイル川を紅海に開くと、塩辛い海水が川に逆流し、エジプトの最も重要な水分源を台無しにすることを恐れていました。

ギリシャの歴史家ストラボンとディオドロスシキュラスによると、セソストリスの後、紀元前6世紀後半にネコ2世によって運河の工事が続けられましたが、彼は運河が完成するのを見るために生きていませんでした。その後、ダレイオス大王はネコ2世が去った場所から拾い上げましたが、セソストリスのように、紅海がより高いレベルにあり、開口部が作られれば土地を水没させると知らされたとき、彼も紅海の手前で立ち止まりました。ナイル川と紅海を結ぶ運河を完成させたのは、ついにプトレマイオス2世でした。ストラボンによると、運河の幅は約50メートルで、大型船を浮かせるのに十分な深さでした。それはファクサの村で始まり、ビター湖を横断し、クレオパトリスの街の近くの湾またはアラビアに空になりました。

現代のスエズ運河のルート。画像: NCERT

しかし、ヘロドトスによれば、運河はダリウスによって完成され、2つの三段櫂船がオールを伸ばしてすれ違うのに十分な広さでした。ダリウスの時代までに、ビター湖と紅海の間に自然の水路が存在した可能性がありましたが、それは沈泥で塞がれていました。ダリウスは、広大な奴隷の軍隊を雇い、再び航海できるようにそれを片付けました。ダリウスは結果と彼自身にとても満足していたので、彼はこの成果を誇るピンクの花崗岩にいくつかの碑文を残しました。 19世紀半ばに発見されたこれらの碑文の1つは、次のとおりです。&#160

ダリウス王は次のように述べています。私はペルシャからエジプトを征服したペルシャ人です。私はこの運河を、エジプトを流れるナイル川と呼ばれる川から、ペルシャで始まる海まで掘るように命じました。したがって、私が注文したようにこの運河が掘られたとき、私が意図したように、船はエジプトからこの運河を通ってペルシャに行きました。

19世紀後半、「ピトムの石」と呼ばれる別の石碑は、プトレマイオスが紅海のヘリオポリス湾に、水路を備えた航行可能な水門を建設したことを示しています。運河の淡水と混ざり合う紅海。古代には、紅海とそのスエズ湾がエジプトのビター湖まで北に広がっていたという証拠があります。紅海は何世紀にもわたって徐々に後退し、その海岸線はゆっくりと南に向かってティムサー湖とグレートビター湖から離れていきました。その結果、200年後、紅海に開いた運河の東端は沈泥で詰まりました。 。

運河は8世紀まで何らかの形で存在していましたが、767年にアッバース朝のカリフ・アル・マンスールによって閉鎖され、敵や反政府勢力が運河を使ってエジプトから中傷者に人や物資を輸送するのを防いでいました。アラビア。メンテナンスの欠如により運河が裂け、砂漠や人々の記憶からも姿を消しました。

1869年のスエズ運河。「アップルトンの人気のある文学、科学、芸術のジャーナル」からの彫刻、 ウィキメディアコモンズ

運河は、エジプトとシリアでのフランスのキャンペーン中に1798年にナポレオンによって再発見されました。ナポレオンには運河を探す動機がありました。運河を再建できれば、フランスがインドとの貿易を独占できるようになるからです。この設計により、ナポレオンは彼の主任土木技師であるジャックマリールペールに、古代の運河の痕跡を探しながらスエズ地峡の地形調査を行うように指示しました。ルペールと彼の仲間のエンジニアは、紅海からナイル川までの「ファラオの運河」を追跡し、最終的に追跡することができました。その後、ナポレオンが皇帝になったとき、彼は彼の機関長に運河を再開する方法を見つけるように頼みました、しかしル・ペ&#768reは2000年前の彼の前任者のように、紅海が地中海より高いと誤ってナポレオンに報告しました、そして、水が壊滅的に混ざり合うのを防ぐために、水門が必要になるでしょう。

スエズ運河の建設は50年後の1859年まで始まりませんでした。発掘はファラオの下と同じように強制労働を使って行われました。一部の情報筋は、数万人の労働者がコレラやその他の流行などの病気で死亡したと推定していますが、控えめな推定では3,000人未満と推定されています。海面は同じなので、運河には水門がありません。そのルートは、「ファラオの運河」とは異なり、グレートビター湖を北に通過する地峡を通り、港湾都市スエズの近くの地中海に開きます。


スエズ運河が開く-歴史

1869年11月17日に10年にわたる建設を経て開通したスエズ運河は、エジプトのスエズ地峡を横断して地中海と紅海を結ぶ人工水路です。 [1]運河は、アフリカの岬を長い旅をする必要がなかったため、ヨーロッパからアジアへの船の航海に必要な時間を大幅に短縮しました。 [2]移動時間の短縮は、帆船ではなく汽船の使用の増加などの他の要因とともに、ヨーロッパとアジア間の貿易の増加につながりました。 [3]この進展は、シンガポールの貿易額に見ることができます。運河が開通した翌年の1870年には、総貿易額は前年のわずか3,900万ドルから7,100万ドルに達しました。貿易ブームは1870年代を通して続き、1879年までに、植民地の総貿易額は1億500万ドルと評価されました。 [4]

特に蒸気輸送による商業の突然の増加を促進するために、シンガポールは港湾活動をボートキーからタンジョンパガーにあるニューハーバー(1900年にケッペルハーバーに改名)に移し始めました。 [5]ニューハーバーの埠頭を訪れる船の数は、1869年の99隻の汽船と65隻の帆船から、3年後には185隻の汽船と63隻の帆船に増加した。 1879年までに、その数は541隻の汽船と91隻の帆船に増加しました。 [6]ボートキーでの混雑以外に、港湾活動がニューハーバーに移転した主な理由は、そこのより良い施設と、汽船により適した深海バースでした。 [7]ニューハーバーの埠頭はまた、潮の満ち引き​​に関係なく、バンカリングを可能にし、貨物の取り扱いを容易にしました。 [8]

スエズ運河の開通後のニューハーバーの成長は、最終的にタンジョンパガー地域の開発につながりました。アンソンロードやケッペルロードなどの新しい道路と路面電車の路線が建設され、港と都市の間の物資や人の移動が改善されました。 [9]さらに、商業の中心地の一部が港に向かって移動し始め、その結果、1887年にタンジョンパガーの方向に町の面積が拡大し、テロックアイヤー湾が埋め立てられた。[10]

参考文献
1. Hoskins、H。L.(1943年7月)。国際水路としてのスエズ運河。 アメリカンジャーナルオブインターナショナルロー, 37(3)、373–374。 JSTOR Dobbs、S。(2003)から取得。 シンガポール川:社会史、1819年から2002年 (p.10)。シンガポール:シンガポール大学出版局。電話番号:RSING 959.57 DOB- [HIS]。
2. Dobbs、2003年、p。 10.10。
3. Dobbs、2003年、p。 10.10。
4. Bogaars、G。(1955年3月)。スエズ運河の開通がシンガポールの貿易と発展に及ぼす影響。 王立アジア協会のマレー支部のジャーナル, 28(1)、99〜101。 JSTORから取得。
5. Dobbs、2003年、10〜11ページ。
6.ボガーズ、1955年3月、p。 128。
7. Dobbs、2003年、10〜11ページ。
8. Dobbs、2003年、p。 10.10。
9. Bogaars、1955年3月、133〜134ページ。
10. Bogaars、1955年3月、135〜136ページ。

この記事の情報は2014年現在有効であり、情報源から確認できる限り正しいものです。それは主題の網羅的または完全な歴史であることを意図していません。このトピックに関する資料の詳細については、図書館にお問い合わせください。


ウォッチ:エバーギヴンが撤去​​された後、船はスエズ運河を航行を再開します

ロンドンのクイーンメアリー大学の国際政治教授であるラレーハリーリ氏は、予期せぬ状況がなければ、1週間以内に未処理分を解消できると述べた。

しかし、それは遅れが終わるところではありません。

ハリリ氏は、多くの船が向かうヨーロッパの港では混雑する可能性が高いと付け加えた。国連貿易開発会議の専門家であるヤン・ホフマン氏は、火曜日の記者会見で、そのボトルネックは数ヶ月続く可能性があると述べた。

その後、港のバックログにより、遅延した船のコンテナを空にしてから、別の場所にバインドされた他の商品を補充できる時期が決まります。

ニュース速報と政治のためのNBCニュースアプリをダウンロードしてください

イギリスのニューカッスルの海上輸送とロジスティクスの教授であるジョン・マンガンは、次のように述べています。大学。

マンガン氏によると、世界経済が回復し始めたため、生産と消費の両方がパンデミックの安値から回復したため、ここ数ヶ月で世界の運賃が大幅に上昇した。

つまり、遅延は大幅に高いコストで発生します。

遅れた船の一部の商品も、今では台無しにされたり、時間に制約があったりする可能性があります—たとえば、イースター、今週の日曜日までに到着することを意図しています—したがって、価値がない可能性があります。

「これのタイミングは絶対に恐ろしいです」とマンガンは言いました。 「もっと悪いのは、おそらくクリスマスの時期に起こったのではないかと思います。」

海事仲裁人のジェフリー・ブルーム氏によると、船舶が遅れ、出荷が中断された企業からの保険および法的請求は、しばらくの間続く可能性が高いとのことです。

「ノックオン効果が非常に大きいので、私たちはまだ数年の間これの終わりを見ることができないと思います」とブルムは言いました。

関連している

スエズ運河での事業の遅れは、すでに苦戦している自動車産業を不自由にする可能性があります

イギリスのプリマス大学の海事およびロジスティクス政策の名誉教授であるマイケル・ロー氏は、ヨーロッパとアジアは封鎖の結果によって最も影響を受けるようになっていると述べた。

米国への影響は限定的で間接的である可能性が高いと彼は述べた。

しかし、運河を通過するいくつかの商品は、米国北東部の港に向けられた可能性がある、とハリリ氏は語った。

スエズの閉塞の影響を受けた場所で生産された部品に依存している米国の製造業にも影響が及ぶ可能性があります。

「サプライチェーンはグローバルな性質を持っているため、米国で製造されたものはヨーロッパからスペアパーツを取り、その逆も同様です」とマンガン氏は述べています。 「私たちはそれを「サプライチェーンの伝染」と呼んでいます。ある場所での影響が別の場所に非常に迅速に影響を与えるという考えです。」

エバーギヴンが再浮上したというニュースが報じられたとき、その問題は明らかにホワイトハウスの一部の人々の心に浮かびました。

国家経済会議の理事であるブライアン・ディーズ氏はツイッターで、「今後のサプライチェーンの回復力を確保することがいかに重要であるかを思い出させるだけだ」と述べた。


スエズ運河が開く-歴史

ビクトリア朝のウェブのために次の記事を準備する際に、私は第4巻の「運河」と第22巻の「スエズ」と「スエズ運河」というタイトルのエントリからの議論をまとめました。文字化け—左の列の単語と部分的な文が右の列と混ざり合っている—その逆— ABBYY OCR(光学式文字認識)ソフトウェアを使用して、次の文字起こしを作成しました。さらに、読みやすい段落を追加し、ブリタニカの別の版から切り抜いた地図を追加しました。ジョージP.ランドウ

1881年からEncylopædiaBritannica。ボリュームIVのプレート36。画像をクリックすると拡大します。

現代の最も注目に値するエンジニアリング作品の1つであるスエズ運河は、その名前で説明した作品とはほとんど似ていません。ロック、ゲート、貯水池、ポンプエンジンがなく、実際には何もありません。海上輸送船の短いルートを提供することを除いて、運河と共通しています。実際、正しく言えば、 地中海と紅海を結ぶ人工海峡または海の腕、それはその水供給と2つの海がほぼ同じレベルにあり、潮の満ち引き​​が非常に小さいという事実の両方から、この構造を採用することを可能にしました。

運河の開通は、国際交通の主要路線に大きな革命をもたらしました。リチャーズ提督とクラーク大佐によると、西ヨーロッパとインドの間の距離を11,379マイルから7628マイルに短縮し、航海で36日を節約できたことは確かに大きな成果でした。さらに、それは、近代の初め以来彼らが所有していなかったような世界の商業におけるシェアを地中海諸国に回復させました。そうすることで、それは自然に特定のステーション(以前流行していた海の高速道路のセントヘレナなど)の崩壊を引き起こしました。

運河は、地中海のポートサイドから紅海のスエズまで伸びており、セクションに示されているように、比較的平坦な国を横断しています。このルートは、湖と呼ばれる特定の谷や窪みを利用するように選択されていますが、実際には、運河の建設前、地中海のレベルより下のいくつかの場所で、国の低地にあります。紅海。これらの谷は深い塩の堆積物で覆われていることがわかり、雪に覆われているように見え、一時は海に溢れていた証拠があります。計画からわかるように、マンザラ湖は地中海の隣にあり、ティムサー湖は地峡のほぼ中間にあり、ビター湖は紅海の隣にあります。長さ約5マイルのティムサー湖と約23のビター湖は、運河が切断される前はかなり乾燥しており、それらを大きな内陸湖に変えた水は紅海と地中海から供給されていました。

運河の計画と資金調達

M. de Lessepsの長年の計画と交渉は、2つの海の間を長い間望んでいた通過を実行することにより、商業投機家の夢と考えられていたものを実現しました。しかし、計画の延期は間違いなくその商業的成功の可能性を支持しました。なぜなら、運河が数年前に完成していれば、それを利用する船は比較的少ないことがわかったからです。帆船の船長は、選択の余地なく、地中海を航行し、運河の通過と紅海の退屈で困難な航海に遭遇しました。しかし、外航スクリュースチーマーの導入は、ナビゲーションのまったく新しい機能でした。推進力は風に依存せず、狭い海峡や航路を航行するのに見事に適合しているため、世界中のすべての海運会社に迅速かつ一般的に採用されたことで、嘆願だけでなく、地中海と紅海による短いコミュニケーションが必要になりました。 。

1849年から1854年まで、彼[Lesseps]は彼のプロジェクトの成熟に専念していました。後年、マホネット・サイード・パシャはエジプトの副王になり、すぐにM.レセップスに仕事を遂行することの妥当性を検討するように送りました。このインタビューの結果、11月30日にカイロで委員会が署名され、M。レセップスに「ユニバーサルスエズ運河会社」という名前の会社を設立するよう命じました。翌年、1855年にM.レセップスが演じました。副官のために、公共事業のディレクターとして著名な、エンジニアとして、そして他の方法で著名な多くの紳士を招き、計画の実行可能性を検討し報告する目的で国際委員会を結成した。委員会は1855年12月と1856年1月にエジプトで会合し、2つの海の港とその間にある砂漠を注意深く調べ、ペルシウム湾の間で船舶用運河が実行可能であるという結論に達しました。地中海とスエズ近くの紅海で。

しかし、そのような運河を建設する方法については異なっていました。地中海と紅海には30フィートの違いがあると誤って述べた、英国のチェスニー将軍による1830年の報告に基づいて、委員会の3人の英国のエンジニアリングメンバーは、表面が25フィート上にある船舶用運河について意見を述べました。海面、そして一方の端でペルシウム湾ともう一方の端で紅海と水門を介して連絡し、ナイル川から水を供給されたのが最良の建設方法でした。それどころか、外国のメンバーは、海から海まで、海から海まで、底が海面下27フィートで、ロックがなく、両端に港がある運河が最良のシステムであると考えました。桟橋と深海への浚渫。委員会は1856年6月にパリで会合し、英国の技術者の見解が却下され、副総督への報告はその後実施されているシステムを推奨しました。

この報告の日付から2年間は、M。レセップスが作業を実行するために必要な資金を獲得する前に、会議と準備段階に費やされました。首都の約半分は大陸で購読されており、その大部分はフランスで占められており、残りの半分は副王に​​よって発見されました。準備のためにそれ以上の時間が必然的に失われ、実際に作業が開始されたのは1860年の終わり近くまででした。

このようにして、作業は着実に開始され、1862年に故副総督が国際展示会の際にこの国を訪れた際に、ジョン・ホークショー卿に運河を訪問し、作業の状態とその実行可能性について報告するように要求しました。正常に完了し、維持されました。殿下の指示は、ジョン・ホークショー卿がフランスの会社とその技術者から完全に独立して作品を検査し、彼が到着した結果を報告するべきであるというものでした。ジョン卿はこの仕事への異議として次のように述べています。

  1. 運河が停滞した溝になること。
  2. 運河が沈泥になること、または砂漠の動く砂が運河を埋めること。
  3. 運河が通過する苦い湖は、塩で埋められます。
  4. 紅海の航行は危険で難しいこと。
  5. その船は、直面する困難と、風下の岸にあるその港の危険性のために、ポートサイドに近づくことはありません。
  6. 実行不可能ではないにしても、運河への地中海の入り口を開いたままにしておくことは難しいでしょう。」

それにもかかわらず、ホークショーは意外にも「運河に異常な実行の困難を示す作業はない」と結論付け、「作業が完了したときに、簡単かつ効率的に維持されることを妨げる障害に遭遇することはありません。特別または異常な年間費用を負担する必要性。」

運河の建設

当初の譲歩は、当社に特別な特権を付与しました。それは、従事する労働者が使用するための「甘い水」運河の形成を含むか、または企図し、会社はこの運河によって灌漑できるすべての土地の所有者になることになっていました。譲歩の条件の一つはまた、副総督が仕事の遂行のために強制労働を調達するべきであり、そして操業開始直後に、そしてしばらくの間、そのように従事した労働者の数は25,000から30,000に達した。

スエズ海運河の地峡:作業中の浚渫とエレベーター。 1869年。

サイード・パシャは、ジョン・ホークショー卿が国を調査してから報告があった日までの間に亡くなりました。彼は彼の兄弟、イスマイル、現在の副王またはヘディーブに引き継がれました。彼は運河会社への助成金の大きさと不確実性、甘い水路によって灌漑される可能性のある土地の所有権について警戒し、引退を切望していました。作品の建設のために強制労働を見つける義務から、彼の兄弟によって与えられた譲歩を承認または同意することを拒否した。その後、質問全体は、親切に任務を引き受けた故フランス皇帝の仲裁に付託され、副王が運河会社に支払うべき総額3,800,000ポンドを、彼らが被る損失の補償として授与しました。強制労働または自国労働の撤回、大規模な土地の付与の撤回、および元の譲歩行為に付随する他の特権の放棄。このお金は作品の起訴に使われました。

左:スエズ海運河の地峡:シャロウフ近くの切断。 。右:イスマイリアと淡水運河。 。 1869年のイラストレイテドロンドンニュースの両方

自国の労働力の喪失は、作業の実施方法の非常に重要な変更を伴い、その時にかなりの遅れが生じました。 Mechanical appliances for the removal of the material, and European skilled labor, had to be substituted these had to be recruited from different parts of Europe, and great difficulty was experienced in procuring them. The accessory canals had to be widened for the conveyance of larger dredging-machines, and additional dwellings had to be made for the accommodation of European laborers. ultimately all difficulties were overcome, and the work proceeded.

Left: The Opening of the Suez Canal: The Procession of Ships in the Canal . Right: Opening of the Suez Canal: The Festival at Ismailia . Both pictures from the Illustrated London News for 18 December 1869.

The water began to flow from the Mediterranean in February, 1869 and from the Red Sea in July, and by the beginning of October of the same year these vast tracts of country, which had formerly been parched and arid valleys, were converted into great lakes navigated by vessels of the largest class. It will be seen from the section that the surface of the ground is generally very low, the chief cuttings being at Serapeum and El Guisr, where the sandy dunes attain an elevation of about 50 to 60 feet. The channel through the lakes was excavated partly by hand labor and partly by dredging, and for a considerable portion the level of the valleys was so low as to afford sufficient depth without excavation. The only rock was met with at El Guisr, where soft gypsum occurred, removable to a considerable extent by dredging, so that the canal works presented no physical difficulty.

The whole length of the navigation is 88 geographical miles. Of this distance 66 miles are actual canal, formed by cuttings, 14 miles are made by dredging through the lakes, and 8 miles required no works, the natural depth being equal to that of the canal. Throughout its whole length the canal was intended to have a navigable depth of 26 feet for a width of 72 feet at the bottom, and to have a width at the top varying according to the character of the cuttings. At those places where the cuttings are deep, the slopes were designed to be 2 to 1, with a surface width at the water-line of about 197 feet, as shown in fig 9, which is a cross-section at El Guisr.

Cross-section of Suez Canal at El Guisr.

In the less elevated portions of the land, where the stuff is softer, the slopes are increased, giving a surface width of 325 feet. It will be understood that in the lakes the canal consists of a navigable channel of sufficient depth and breadth to admit the traffic, the surface of the water extending on either side to the edge of the lake. Fig. 10 shows a cross-section at Lake Menzaleh.

Cross-section of Suez Canal at Lake Menzaleh.

The deep channel through the lakes is marked by iron beacons on either side, 250 feet apart, and the Admiralty reporters state that “in practice it is found more difficult to keep in the centre while passing through these beacons, than it is when between the embank ments.” At every 5 or 6 miles there is a passing-place, to enable large vessels to moor for the night, or to bring up in order to allow others to pass, all these movements being regulated by telegraph from Port Said, Ismailia, or Suez.

The Isthmus of Suez Maritime Canal: Bird’s-Eye View of Entrance from the Red Sea, with New Harbour, Docks, and Town of Suez . Source: Illustrated London News . 1869.

Sale of Canal Shares to the British Government

Traffic in the canal has so greatly increased that in 1885 a vessel was considered fortunate that got through in forty-eight hours. In 1882 shipowners having expressed dissatisfaction with the condition of the service, schemes for rival canals were started,—one for a fresh-water canal from Alexandria to Cairo and thence to Suez bv wav of Tel-el-Kebir, and another for a canal from Alexandria to Mansurah and Ismailia, and then parallel to the original canal to Suez, and a third for the construction of a second Suez canal, to be finished in 1888. These proposals all fell to the ground but at length, in 1886, it was determined to widen the existing canal so as to accommodate the increased traffic, and the works are now in progress.

Originally constructed by French capital, the Suez Canal has passed more and more into the financial ownership as well as under the political protection of England. In 1875 the British Government purchased 176,602 shares from the khedive of Egypt at the price of £3,976,582 [$19,326,188.521], or, including commission and expenses, £4,076,622 [$19,812,382.92], and exchequer bonds were issued to the value of £4,000,000 [$19,440]. [4.693-97 22.652-53].

Shipping through the Canal, 1870-1886

Related material

参考文献

“Egypt.” The Encylopædia Britannica or Dictionary of Arts, Sciences, and General Literature. Philadelphia: Maxwell Sommervile: 1891. 25 vols. Hathi Trust Digital Library online version of a copy in the University of Illinois Urbana-Champaigne Library.ウェブ。 13 August 2020.


The Suez Crisis

In July 1956, Egyptian President Gamal Abdel Nasser, announced the country was nationalizing the canal to help finance the Aswan High Dam after the United States and the United Kingdom withdrew support from funding.

On October 29 of that same year, Israel invaded Egypt and two days later Britain and France followed on grounds that passage through the canal was to be free. In retaliation, Egypt blocked the canal by intentionally sinking 40 ships.

The Soviet Union offers to back Egypt militarily, and eventually, the Suez Crisis is ended with a United Nations-negotiated cease fire.


Egypt’s Suez Canal: A history of the key route

Here is a look back at stages in the enlargement of the key waterway for international maritime trade.

Egypt’s Suez Canal, where frantic efforts were being made on Wednesday to free a giant container ship, opened 150 years ago.

Since then, it has been regularly expanded and modernised and today is capable of accommodating some of the world’s largest supertankers.

Here is a look back at key stages in the enlargement of the waterway, which handles roughly 10 percent of international maritime trade.

始まり

When the sea-level canal was first opened in 1869, it was 164km (102 miles) long and eight metres (26 feet) deep.

It could accommodate ships weighing up to 5,000 tonnes with a draft (measurement of the submerged part of the ship) of up to 6.7 metres (22 feet), which was the bulk of the world’s fleet at the time, according to the Suez Canal Authority.

In 1887, the canal was modernised to allow navigation at night, which doubled its capacity.

Growth in the 1950s

It was not until the 1950s that the waterway was substantially expanded, deepened and lengthened, following demands from shipping companies.

By the time it was nationalised by Egypt’s President Gamal Abdel Nasser in 1956, it was 175km (109 miles) long and 14 metres (46 feet) deep, and could take tankers with a capacity of 30,000 tonnes and a draft of up to 10.7 metres (35 feet).

21世紀

A major expansion in 2015 took the length of the waterway to 193.30km (120 miles) and its depth to 24 metres (79 feet).

It meant that the canal could handle supertankers with a capacity of 240,000 tonnes, some of the biggest in the world, with a draft of up to 20.1 metres (66 feet) deep in the water.

In 2019, approximately 50 ships used the canal daily, compared with three in 1869.

Traffic is expected to almost double by 2023, with two-way circulation also reducing waiting times, the authority says.

Fastest route

The majority of oil transported by sea passes through the Suez Canal, which is the fastest crossing from the Atlantic Ocean to the Indian Ocean via the Mediterranean and Red Seas, but it demands hefty passage tolls.

The journey between ports in the Gulf and London, for example, is roughly halved by going through Suez – compared with the alternate route around the southern tip of Africa.

Most of the cargo travelling from the Gulf to Western Europe is oil. Manufactured goods and grain also pass through the canal often between Europe and North America and the Far East and Asia.


ファイナンス

The Suez Canal Company had been incorporated as an Egyptian joint-stock company with its head office in Paris. Despite much early official coolness, even hostility, on the part of Great Britain, Lesseps was anxious for international participation and offered shares widely. Only the French responded, however, buying 52 percent of the shares of the remainder, 44 percent was taken up by Saʾīd Pasha. The first board of directors included representatives of 14 countries.

In 1875, financial troubles compelled the new viceroy, Ismāʾīl Pasha, to sell his holding, which (at the instigation of the prime minister, Benjamin Disraeli) was at once bought by the British government. Until that year the shares had remained below their issue price of 500 francs each. With the British purchase (at 568 francs each), steady appreciation took place, to more than 3,600 francs in 1900.

Originally allocated 15 percent of the net profits, Egypt later relinquished the percentage and, after the sale of Ismāʿīl’s 176,602 shares, remained unrepresented on the board of directors until 1949, when it was, in effect, reinstated as a board member and allotted 7 percent of gross profits. In that year it was also agreed that 90 percent of new clerical jobs and 80 percent of technical appointments would be offered to Egyptians and that the Canal Company would provide hospitals, schools, and other amenities.

In 1956, 13 years before the concession was due to expire, the canal was nationalized by Egyptian President Gamal Abdel Nasser, precipitating the Suez Crisis. Since then the Egyptian government has exercised complete control through its Suez Canal Authority (SCA), though the original company (now GDF Suez) continues in France as a multinational utilities company.


コンテンツ

The Suez Canal Corridor Developing Project dates back to the 1970s when Hassaballah El Kafrawy (former Minister of Housing) proposed the project to President Anwar al Sadat, but due to various problems, the project failed to start. He proposed the project again to Hosni Mubarak in the 1990s, but to no avail. Engineer Hassaballah El Kafrawy sought to turn the canal corridor into an important international logistics region rather than just a passageway for ships.

In 2008, the former Minister of Transportation Mohamed Mansour again proposed the project. However, the Egyptian government again did not take any serious steps to initiate the project.

In 2012, the Muslim Brotherhood introduced a development project for the Suez Canal region during the presidential elections. In 2013, Prime Minister Hesham Qandil began studying the project and announced that the government would begin planning for the project.

New Suez Canal Edit

NS New Suez Canal (Egyptian Arabic: قناة السويس الجديدة ‎ Kanāt El Sewēs El Gedīda) is an artificial waterway project in Egypt which created a second shipping lane along part of the Suez Canal, and deepened and widened other stretches. The project was inaugurated by the Chairman of the Suez Canal Authority Mohab Mamish in the presence of Egyptian President Abdel Fattah el-Sisi on 5 August 2014. [3] The new canal was opened one year later in a ceremony attended by several international dignitaries including the then French President François Hollande.

The New Suez Canal is expected to expand trade along the fastest shipping route between Europe and Asia. The new canal allows ships to sail to both directions at the same time. This decreases transit time from 18 to 11 hours for most ships. The expansion is expected to double the capacity of the Suez Canal from 49 to 97 ships a day. [3]

The New Suez Canal is 72 km (45 mi) long, including 35 km (22 mi) of dry digging, and 37 km (23 mi) of "expansion and deep digging" to provide a second shipping lane in the existing 164-kilometre-long (102 mi) canal, allowing for separated passing of ships in opposite directions. It also includes the deepening and expansion of a 37-kilometre-long (23 mi) section of the existing canal. [4] [5] The construction, which was scheduled to take three years, was instead ordered by the President to be completed in a year. The chairman of the Suez Canal Authority announced that the revenues from the Suez Canal (after the completion of the New Suez Canal) will jump from 5 billion dollars to 12.5 billion dollars annually. The Egyptian government said that these revenues will be used to transform the cities along the Canal (Ismaïlia, Suez, and Port Said) into international trading centers. The government has also said that many new projects in the Suez province are being studied as a result of enlarging the Suez Canal capacity, such as building a new industrial zone, fish farms, and the completion of the valley of technology (wadi al thechnologia).

The project cost around 30 billion Egyptian pounds (approximately 4.2 billion dollars) and no foreign investors were allowed to invest in the project, but rather Egyptians were urged to participate in funding the project through bank certificates of deposit initially yielding 12%, later raised to 15.5%. [6] The Egyptian Armed Forces participated in the project by helping in digging and designing the canal. [7]

The enlarged capacity allows ships to sail in both directions at the same time over much of the canal's length. Beforehand, much of the canal was only one shipping lane wide, with limited wider basins for passing. This is expected to decrease waiting time from 11 hours to 3 hours for most ships, [4] [8] and to increase the capacity of the Suez Canal from 49 to 97 ships a day. [ 更新が必要 ]

Progress Edit

Technical difficulties initially arose, such as the flooding of the new canal through seepage from the existing canal. [9] Nevertheless, work on the New Suez Canal was completed in July 2015. [10] [11] The channel was officially inaugurated with a ceremony attended by foreign leaders and featuring military flypasts on 6 August 2015, in accordance with the budgets laid out for the project. [12] [13]

Benefits, costs, and risks Edit

Egyptian officials especially the chairman of the Suez Canal Authority, Vice-Admiral Mohab Mamish stated that the $8.2 billion project, which expands capacity to 97 ships per day, will more than double annual revenues to some $13.5 billion by 2023. That, however, would require yearly growth of 10%. A recent forecast from the IMF suggests that in the decade up to 2016 the annual rate of growth for global merchandise trade will have averaged 3.4%. [14]

About 18 scientists writing in the academic journal Biological Invasions in 2014 expressed concern about the project impacting the biodiversity and the ecosystem services of the Mediterranean Sea. They called on Egypt to assess the environmental effects that the canal expansion could cause, a request echoed by the executive secretary of the Convention on Biological Diversity. [15] Over 1,000 invasive species have entered the Mediterranean Sea through the Suez Canal since its original construction in the mid-19th century, [16] with human activities becoming a leading cause of the decline of the sea's biodiversity, according to the European Commission's Joint Research Centre. [17]

Initially, the project was to be financed through a stock market IPO, allowing partial private ownership of the project. However, the government quickly changed its financing strategy, relying on interest-bearing investment certificates that do not confer any ownership rights to investors. [18] The certificates were issued by the Suez Canal Authority with an interest rate of 12%. [ 要出典 ]

Revenues Edit

The government blocked access to the official revenues reports for three months after the opening. It then published two reports for August and September, which showed consecutive decreases in the total Suez Canal revenues by 10% or $150 million. [19]

Seven new tunnels Edit

In 2014 the chairman of the Suez Canal authority announced that seven new tunnels will be dug to connect the Sinai Peninsula to the Egyptian homeland. Three tunnels will be dug in Port Said (two for cars and one for railways) and four will be dug in Ismaïlia (two for cars, one for railways, and one for other special uses).

The tunnels will cost 4.2 billion dollars (approximately about 30 billion Egyptian pounds). The first three tunnels will cost 18 billion Egyptian pounds and Arab Contractors and Orascom are the builders for this project. [20] [21]

Floating bridge Edit

The Al-Nasr floating bridge to enable easy travel between Port Said and Port Fouad was built successfully and inaugurated in late 2016. The bridge extends from opposite banks, with the help of tugboats that push both parts until they connect to form a bridge that can be traversed by cars. It is 420 metres (1,380 ft) long. [22] [23] This was an important step towards the efficient movement of equipment and manpower. [24]

Technology Valley Edit

The technology valley is an old project that has stopped for about 17 years and now [ いつ? ] the government announced to re-continue the project. The project's location lies on the eastern part of Ismaïlia city and consists of four stages: the first stage covers 3,021 acres (1,223 ha), the second stage covers 4,082 acres (1,652 ha), the third stage covers 4,837 acres (1,957 ha), and the fourth stage covers 4,160 acres (1,680 ha). However, when the project started it completed only 108 acres and then stopped for seventeen years.

The technology valley will be the first step in starting Egypt's electronics industry for manufacturing technological devices.

Industrial Zone Edit

This project will cover 910 acres of land north west of the Gulf of Suez. The first stage of the project covers 132 acres and it is done with a cost of 20 million Egyptian pounds. The second stage is 132 acres and it is not yet done. Currently there are 23 factories operating and 56 still under construction. upon finishing the project it will provide 9386 work opportunities.

The chairman of the Suez Canal authority also said that shipyards and services will be built along the Suez Canal corridor which includes: catering and services center for ships, ship manufacturing and repair center, a center for manufacturing and repairing containers, and logistic redistribution centers. [25]

New Ismailia City Edit

This project will create "New Ismailia City", which will cover 16,500 acres of land. This new city will be created to accommodate approximately 500,000 Egyptians in order to relieve the pressure from the crowded towns of Cairo and the delta cities. The location of this city is designed to accommodate the workers of the nearby Wadi Al-technologiya (Technology Valley) which will be built in the following years.

Fish Farming Edit

The National Project for Fish Farming, new fish farms were built on the eastern side of the Suez Canal. The project includes twenty three tanks that cover 120 square km with depth of 3-5m. It covers the area from southern Tafrea to the gulf of Suez. This project is designed to produce high quality fish for food. [26] [27]

Russian Industrial Zone Edit

During a state visit to Russia in 2014, President Sisi said that he had agreed with his Russian counterpart President Vladimir Putin to establish a Russian industrial zone in the new project. [28] In May 2018, Egypt and Russia signed a 50-year agreement to construct the new industrial zone. [29]

Western Port-said Port Edit

Western Port-said Port lies on the northern entrance of the Suez Canal and is considered one of the most important ports in Egypt because of its location on the entrance of the Suez Canal.

The port covers an area of 2.9 square km (the land area is 1.2 square km and the remaining 1.7 square km is water area). The port contains 37 docks which includes docks for passengers, yachts, and general goods. The port is divided into stations and each station contains a number of docks with its own working area (that includes repairing centers, equipment center, and stores). The maximum capacity of the port is 12 million tons yearly.

East Port-said Port Edit

Eastern Port-said Port lies on the north western entrance of the Suez Canal branch which is a unique location because it connects 3 continents. The design of the port is geometrically ideal. The port was built in 2004 to serve international trading and act as a transit center between the continents.

The port borders the Mediterranean Sea from the north, the industrial zone from the south, the salty lakes from the east, and the Suez Canal branch from the west. The port covers an area of 35 square km.

The port authority plans to build docks that will reach 12 km long and an industrial zone south of the port covering 78 square km. Three stages are still remaining to fully complete and improve the port:

  • Stage one is creating 8 stations with docks 8 km long
  • Stage two is creating 15 station with docks 16 km long
  • Stage three is creating 21 stations with docks 25 km long

El-Sokhna Port Edit

El-Sokhna Port lies on the southern entrance of the Suez Canal.

The port's total size is 24,919,337.85 square m:

  • 3,400,000 square m is the water area
  • 21,519,337 square m is the land area
  • 1,000,000 square m is the Customs center
  • The largest dock's size is 7 km long and 5.5 km wide

In 2008, an Emirati company bought the port and announced the plan to build a new 1.3 km dock to work with more than 1 million containers yearly. It also said that a general goods center will be built. [ 要出典 ]

The port serves the oil and gas fields in the region. It exports products from the petrochemicals and refining factories in Ein al Sokhna region. It also exports the products of a ceramic factory, ammonia factory, and a sugar factory.

Arish Port Edit

Arish Port lies on the Mediterranean Sea on the northern coast of Arish city. in 1996 the port was transformed from a fishing port to a trading ships port.

The port contains a dock which is 242m long that can serve huge ships. There is another dock which is 122m long that serves smaller ships. The port also includes covered storage areas which cover 2 square km and non-covered storage areas which cover more than 2.7 square kilometres (1.0 sq mi). On 5 June 2014 the port was no longer controlled by the Port Said port authority, the Ministry of Defence took control of it due to its sensitive location. The port contains a lighthouse that can be seen from up to 18 miles (29 km). The main importance of the port is that it exports Sinai products to the Mediterranean countries.

  • Build a 2 km dock which will include containers station and a general goods station
  • Build new storage areas
  • Build a dock for yachts
  • Build new logistic centers

El-Adabiya Port Edit

El-Adabiya Port lies on the western side of the Suez Canal, about 17 km from Suez city. The Red Sea Ports Authority in Egypt controls the port.

El-Adabiya Port consists of 9 docks which reach 1840m long and 42–27 feet (12.8–8.2 m) deep. the water area is about 158 square km (which is also shared with the Suez Canal port and Petroleum Dock port) and the land area is 0.8 square km. The maximum carrying capacity of the port reaches 6.7 million tons yearly.

In 2014, the Suez Canal Corridor Project Authority announced that El-Adabiya Port will be improved after the completion of the new Suez Canal to serve more ships. [ 要出典 ]