レイザーカガノビッチ

レイザーカガノビッチ


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

ユダヤ人の両親の息子であるレイザーカガノビッチは、1893年11月10日にカバニーで生まれました。彼は靴職人として働き、1911年に社会民主労働党に加わりました。ボルシェビク派のメンバーであり、10月の革命に参加しました。その後、ウクライナの共産党の指導者になりました。

ヨシフ・スターリンの支援を受けて、カガノビッチは党のヒエラルキーで急速に上昇し、1930年までに政治局の正会員になりました。スターリンの忠実な僕として、カガノビッチは集団化プログラムで重要な役割を果たし、ヴィャチェスラフ・モロトフと協力して、政治犯罪で投獄された人々を解放するというセルゲイ・キーロフの提案に反対しました。カガノビッチはまた、スターリンのすべての敵を権力から排除する大きな財布(1936-38)にも関わっていました。

カガノビッチは、運輸(1935-37)、重工業(1937-39)、燃料産業(1939)など、人民委員として一連の役職を歴任しました。第二次世界大戦では、マレンコフはソビエト連邦の戦争努力を管理した5人の防衛評議会の一部でした。

カガノビッチは1953年にヨシフスターリンの死で権力を失った。彼は非スターリン化政策に反対し、1957年の夏にニコライブルガーニン、ヴャチェスラフモロトフ、ゲオルギーマレンコフと合流してニキータフルシチョフを追放しようとした。これは失敗に終わり、カガノビッチは政府の役職をすべて失い、共産党から追放されました。

Lazer Kaganovichは、1991年7月25日にモスクワで亡くなりました。


KAGANOVICH、LAZAR MOYSEYEVICH

(1893&#x2013 1991)、1944年から1957年までのソビエト連邦のスターリン主義副首相。

彼の悪意で知られるラザール・カガノビッチは、頑固なスターリン主義者であり、1930年代の粛清に冷酷な参加者でした。ウクライナのキエフ近郊で生まれたカガノビッチは、1911年から社会民主党で活躍し、1925年から1928年までウクライナ共産党の初代書記を務めました。優秀な管理者であるカガノビッチは、1930年から1957年までCPSUの幹部会に出席しました。モスクワ党組織の一等書記官(1930&#x2013 1935)、中央委員会の農業部門の主要管理者(1933)、運輸人民委員会(1935)、重工業人民委員会(1935)など、数多くの重要な役職があります。 )。 1944年12月、彼はソビエト連邦の副首相に任命されました。

強制集団化の影響力のある支持者であるカガノビッチは、1920年代後半に、裕福な農民、つまりクラークの厳しい抑圧を提唱しました。 1932年の穀物調達キャンペーン中に、カガノビッチは穀物収集をスピードアップするために北コーカサスに送られた委員会を率いました。 11月2日、彼の委員会は、クラーク妨害ネットワークの暴力的な崩壊と、地方の共産主義者の抵抗を打破するためのテロの使用を要求する決議を採択した。その結果、数千人が逮捕され、数万人の農村住民が国外追放されました。

強制の有効性に対する彼の信念は、生産性を高め、産業における反ソビエト行動を罰する方法として、労働者の無差別な大量抑圧を要求する戦略を開発することにつながりました。輸送のコミッサールとして、カガノビッチは鉄道の男性に特に厳しく、ソビエトの輸送計画の崩壊につながる可能性のあるさまざまな犯罪の死刑判決を求めました。彼は、何百人もの工学および技術幹部を破壊するために使用した、出力に対する反革命的限界設定のいわゆる理論を考案しました。

大粛清(1936&#x2013 1938)で、カガノビッチは党の利益がすべてを正当化するという極端な立場を取りました。 1937年の夏、カガノビッチはチェリャビンスク、ヤロスラヴリ、イヴァノヴォ、スモレンスクの地方政党組織の粛清を実施するために派遣されました。 1936年から1937年にかけて、彼はまた、彼のすべての代理人、ほぼすべての道路長と政治課長、および輸送中の他の多くの役人を理由もなく逮捕しました。 1937年8月、彼はNKVD(秘密警察)が人民委員会の10人の職員を彼らの行動が疑わしいと思ったので逮捕するよう要求した。全員がスパイとして逮捕され、撃たれた。彼は最終的に38人の運輸幹部と数千人の党員を逮捕した。

1953年のスターリンの死後、カガノビッチは、スターリンの指導の下で党が犯した過ちを認めるというニキータ・フルシチョフの提案に反対した。彼は反対派であり続け、1957年にフルシチョフを政権から外そうとしたいわゆる反党グループで、最終的にはゲオルギー・マレンコフ、ヴャチェスラフ・モロトフ、ドミトリー・シェピーロフと同盟を結びました。首相であり、ペルミ州でカリの管理に割り当てられています。彼は1991年に自然死した。

参照: 農業クラークの粛清、スターリン、ヨシフ・ヴィサリオノヴィッチの集団化


ラザールM.カガノビッチスターリン中尉

ヨシフ・スターリンの最後の生き残った政治中尉であり、1930年代のソビエト独裁者の血まみれの農場集団化運動とテロキャンペーンの主要エンジニアであるラザールM.カガノビッチは、97歳で亡くなったとタス通信社は金曜日に報じた。

タスはそれ以上の詳細を与えなかった。しかし、カガノビッチの死去により、ソビエトの歴史の時代は終わりを告げました。口ひげを生やしたウクライナ生まれのユダヤ人は、スターリンの「忠実な武装勢力」の最後であり、ヴャチェスラフモロトフ、ラヴレンチーベリヤ、ゲオルギーマレンコフを含むクレムリンの内側のサークルであり、スターリンの全体主義のブランドの創設に貢献しました。

ソビエトの歴史家ロイ・メドヴェージェフによれば、18歳のときにボルシェビキ党に加わったカガノビッチは、スターリンの恐怖の時代に「不吉な役割」を果たしました。 1925-28年にウクライナ共産党組織の長、1932-34年に全国党の第2公務員として、彼は輸送中の「難破者」と思われる人物を暴露し、ベラルーシ党の装置の半分以上を一掃した粛清の実施を支援しました。組織。

早くも1932年、カガノビッチはコーカサス北部での冷酷なテロの賃金を支援し、その結果、コサックの大きな村の住民が大量に国外追放されました。 1930〜35年にモスクワの共産党組織の初代書記として、彼は首都の地下鉄の建設と多くの歴史的建造物や教会の根絶を担当しました。

一部の西洋の歴史家は、カガノビッチでスターリン時代の典型的なマネージャー、人件費に関係なく物事を成し遂げることをいとわない党官僚を見てきました。彼はしばらくの間共産党の農業部門の責任者であったため、ソビエト農民の私有地の清算に個人的に関与しました。これは長く暴力的な作戦であり、数百万人の死者を出し、国の自給能力を著しく損ないました。

第二次世界大戦中、カガノビッチは鉄道人民委員会として、赤軍がナチスを打ち負かすために使用した膨大な量の機械と弾薬の輸送を組織しました。

元傭兵であったウクライナ人のニキータS.フルシチョフは、カガノビッチの政治的破滅をもたらした人物でした。フルシチョフは1953年にスターリンが亡くなった後、ソビエトの指導者になり、4年後、カガノビッチといわゆる「反党グループ」の他のメンバーが彼を追い払おうとしました。

カガノビッチは公式に恥をかかされ、すべての投稿を失いました。彼は1961年に共産党から追放されました。

フルシチョフは回想録の中で、カゴノビッチは「彼の悪意において卓越した」と述べ、「彼はスターリンの冷静さを感じた政治局のメンバーの手足から手足を引き裂くために解き放たれた悪意のある呪いの役割を果たした」と書いた。

1961年以来年金受給者であるカガノビッチは、モスクワのフルンゼンスカヤ堤防にある小さな2部屋のアパートに住んでいました。彼は一般的に外国人ジャーナリストとの接触を避けたが、イタリアの記者は昨年彼に会い、彼の視力が衰え、股関節の骨折のために松葉杖で歩いたと報告した。カガノビッチは熱心に、ソビエトの歴史における彼自身の役割とスターリンの役割を擁護しました。

スターリンの政治局で唯一のユダヤ人として、カガノビッチは近年、スターリン時代の最悪の犯罪のいくつかについて、スターリン自身ではなく彼を非難するロシアの民族主義者から激しい批判を受けました。

当時の専門家であるメドベージェフは、歴史的記録のそのような解釈を拒否し、次のように述べています。「党と国民の前のカガノビッチの重大な犯罪のリストは非常に長いです。それでも、カガノビッチはスターリンの部下の1人に過ぎませんでした。モロトフ、ジダーノフ、ボロシロフ、エジョフ、ベリアと同じです。」


ラーザリ・カガノビッチ

バックグラウンド
住んでいた:1893-1991。
ラザールはウクライナのユダヤ人家族で生まれました。彼はおそらく 学校教育を受けたことはありません そして靴屋になりました。革命後、カガノビッチはスターリンの忠実な信者でした。彼はのリーダーになりました ウクライナ 1925年に。

キャリア
1929年、カガノビッチはモスクワに戻り、農業を担当するようになりました。彼は強制的に演じ、計画し、実行する重要な役割を果たしました 集団化 そして大粛清のキャンペーン。

1930年代、ラザールカガノビッチはソビエト連邦でいくつかの重要な役職を歴任しました。 1935年から彼は 運輸および重工業の人民委員会。彼は役立った 副首相 1944年から57年まで。

カガノビッチは 失礼 と下品な性格。多くの場合、彼は特別な理由なしに、彼の主題である輸送労働者の死刑判決を命じました。

スターリンの後
カガノビッチは、ニキータフルシチョフの非スターリン化キャンペーンに反対しました。 1957年に彼はブルガーニン、モロトフ、マレンコフと共謀しました 反党グループ フルシチョフを追放する。これは失敗であり、彼は彼のポストを辞任させられました。

カガノビッチはモスクワで死ぬまで静かに暮らしていました 1991 98歳で。


スーパーマン、フォルクスワーゲン、ラーザリカガノビッチ

過去数週間に世界中から届いたニュースレポートが机の上にたくさんあります。これらの報告書は、半ダースの国々でのさまざまな出来事を扱っていますが、すべてに共通する要素が1つあります。それは、手を差し伸べる組織化されたユダヤ人グループ、お金を要求する、同情を要求する、批評家の罰を要求することです。これらの報告のいくつかは、傲慢さと貪欲と強引さを明らかにしているので、ほとんどコミカルです。たとえば、&#8220スーパーマン&#8221コミック&#8212第81号と第82号の最近のいくつかの号、具体的には&#8212は、1940年代にワルシャワゲットーでスーパーマンがドイツ人と戦っていました。ドイツ人は悪者であり、&#8220Baruch&#8221や&#8220Moishe&#8221のような名前を持ち、ヤムルクを身に着けていることが示されたゲットーの住民は善人でした。スーパーマンは、モイシェとバルクがドイツ人によって強制収容所に送られるのを防いでいた。私たちが過去60年間見てきたような、かなり標準的な親ユダヤ人、反ドイツ人の「ホロコースト」プロパガンダですね。

まあ、組織化されたユダヤ人グループはそれに満足していませんでした。なぜなら、善良な人々は明確にユダヤ人として特定されていなかったからです。 &#8220Moishe&#8221と&#8220Baruch&#8221、そしてヤーマルクは十分に明確ではありませんでした。 「ユダヤ人」という言葉は使われていませんでした。ユダヤ人は、ヤルムルクを見たことがなく、&#8220Moishe&#8221と&#8220Baruch&#8221の名前が厳密にKosherであることを知らなかった漫画を読んでいる子供が、スーパーマンが救っていた人々はポーランド人だと思うかもしれないと心配しています。ユダヤ人の代わりに。ポーランド人は、ドイツ人の犠牲者として、読者から不当な同情を得るかもしれません。そして、ユダヤ人は常に、いわゆる「ホロコースト」に関連するすべての同情を与えることを要求してきました。彼らは、他の誰かが自分の「犠牲者」の地位に夢中になっていることを望んでいません。アメリカで最大かつ最も強力なユダヤ人圧力団体であるB&#8217nai B&#8217rithの名誉毀損防止リーグのKenneth Jacobsonは、&#8220Holocaust&#8221&#8220outrageous&#8221 That&#8217sのスーパーマンコミック描写と呼びました。彼が使用した単語:&#8220outrageous。&#8221彼は、&#8220Holocaust&#8221で死亡した&#8220600万人のユダヤ人&#8221に対して、&#8217tという単語を使用しなかったために&#8220insult&#8221であると不満を述べました。 #8220ユダヤ人&#8221

別のB&#8217nai B&#8217rithの役人であるMyrna Shinbaumは、次のように述べています。ホロコーストの犠牲者について話すとき、あなたは一般的ではありません。&#8221彼女とジェイコブソンは彼の&#8220鈍感さのために反ユダヤ主義を講義していたと思うかもしれません。&#8221しかし、実際には、DCコミックス、スーパーマンコミックを出版し、アメリカの他の子供向け雑誌のほとんどの主要な出版社と同様に、完全にユダヤ人の衣装です。 DCコミックスの社長兼編集長は、ユダヤ人のジェネット・カーンです。

ですから、ティーポットでこの特定の嵐の中で私たちが見たのは、ユダヤ人が、彼らがどれほど苦しんでいるのか、かわいそうな人たち、そして私たちがそれを決して忘れてはならないことについて、私たち全員にもう一度思い出させるさらに別の機会をつかんでいたことでした。

そして、なぜこの犠牲者の地位がユダヤ人によってとても嫉妬深く守られているのかは、数日前に来た別のニュースレポートで明らかにされました。これは、ドイツ最大の自動車メーカーであるフォルクスワーゲン社がユダヤ人の要求に屈服し、第二次世界大戦中にフォルクスワーゲンのために無意識に働いたユダヤ人に補償を支払うという報告でした。ご存知のとおり、それはドイツのすべてのユダヤ人がガス処刑され火葬されたと思われる戦争です。フォルクスワーゲンは戦争中に15,000人のドイツ人以外の労働者を雇用し、メディアでは「奴隷労働者」と呼ばれることがよくあります。彼らは、勤務時間外に比較的自由に移動できました。しかし、彼らは戦争中のドイツ人の深刻な労働力不足に対処するのを助けるために他の国から引きずり出されていました、そして彼らは確かに組合規模を支払われていませんでした。それで、数ヶ月前、それらの戦時中のフォルクスワーゲン労働者の中のユダヤ人は、もちろん、彼らの仕事と利子の支払いを要求しました。フォルクスワーゲンは当初、彼らに追い払うように言いました。彼らを強制的に働かせたのはフォルクスワーゲンではなく、ドイツ政府だったとフォルクスワーゲン当局者は語った。それに、それは53年以上前のことです。彼らが有効な主張を持っていれば、彼らはそれをもっと早く提示すべきだった。

さて、現在イスラエルに住んでいるユダヤ人は、彼らの要求が満たされない場合、フォルクスワーゲンを訴えたり、他の困難を引き起こしたりすると脅迫しました。 &#8220あなたは米国で車を売るのが好きです、そしてあなたは私たちに支払います&#8221ユダヤ人は脅しました。 2週間前、フォルクスワーゲンは、米国の政府当局者が、スイスに対するユダヤ人の主張に関連してスイスに圧力をかけ、ユダヤ人の調子に合わせて踊っていたのを見て、陥没し、支払いに同意しました。フォルクスワーゲンにとって、ユダヤ人にスイスの銀行に対して行ったのと同じ種類の世界的な宣伝キャンペーンを会社に対して行わせるよりも安いようです。

私は以前のいくつかのプログラムでスイスに対するユダヤ人の恐喝の取り組みについて話しましたが、今ではこれらすべてのお金の要求がどのように結びついているかを見ることができます。 3週間前にこの件についてあなたと最後に話したときと同じように、スイス人がユダヤ人に6億ドルの申し出をし、ユダヤ人がそのようなことで侮辱されたふりをしたとき、私は信じています。わずかな申し出で、ユダヤ人は彼らが圧力を上げて、スイスから6億ドル以上を得ることができると考えました。そして、それは彼らがしたことです。彼らは、米国で購入したすべての政治家に、スイスに対する何らかのボイコット法を開始させました。スイスの銀行は、米国のさまざまな地域でビジネスを行うことを禁じられるだけでなく、他のスイスの企業も、ユダヤ人が要求するすべてのセントでスイスが咳をするまで罰せられます。私たちの公的機関は、ユダヤ人が望むものを手に入れるために使用されています。これらの機関は、ユダヤ人のものであり、目的のために使用および乱用されているかのように使用されています。

ご覧のとおり、ユダヤ人がスイス人の模範を示すことは重要です。それがフォルク​​スワーゲンが咳をすることに決めた理由です。それが、ユダヤ人の姿がスウェーデン人、フランス人、ポルトガル人、スペイン人、そして他のすべての人に咳をさせるものです。彼らは、米国の政府の力を利用して、お金の要求に自発的に屈服しない人を強制する能力を示しています。そして、彼らは「ホロコースト」の犠牲者としてアメリカ国民を気の毒に思っていたので、このように米国政府を利用することができました。それが、スーパーマンがモイシェとバルクがユダヤ人であると明確に述べなかったときに、彼らがそのような悪臭を放った理由です。私が言ったように、それはすべて一緒にぶら下がっています。

半世紀以上前にユダヤ人に起こったと主張していることに対して世界がユダヤ人に負っているというこの概念は興味深い意味を持っており、以前のプログラムでこれについて簡単に話しましたが、私は本当にキャストする本を読み終えたところです。賠償の概念全体と、誰が誰に負っているのかという問題に多くの光が当てられています。この本は、1930年代から1940年代にかけて共産主義の肉屋で最も血なまぐさい人物の1人であり、長年クレムリンで2番目の男だったラザールカガノビッチの伝記です。本は クレムリンのオオカミ、そしてそれはカガノビッチの甥であるアメリカのユダヤ人であるスチュアート・カハンによって書かれました。カハンは1981年にソビエト連邦に行き、この伝記を書くために彼の叔父に広範囲にインタビューしました&#8212&#8212、そしてそれは啓示の金鉱です。

要約すると、ラザール・カガノビッチはユダヤ人の伝統で育ったユダヤ人であり、イェシーバーの少年は常にユダヤ人にとって最善のことをすることに基づいて自分自身を導くことを教えました、そしてこの教訓は実際に本の中で何度か明示的に引用されています。彼は18歳の1911年に最初の共産党会議に出席し、ユダヤ人の共産党員トロツキーがキエフのシナゴーグでスピーチをするのを聞いた。彼は異邦人よりもはるかに多くのユダヤ人を含む共産党の内輪で急速に上昇した。彼の成功は主に彼の攻撃性と冷酷さによるものでした。彼の共産主義活動において、彼はどんなに残忍であろうと血まみれであろうと、何もないところから遠ざかりました。彼らが彼の邪魔をしたとき、彼は彼の仲間のユダヤ人さえ殺しました。彼はギャングの中のギャングでした。

1930年、カガノビッチはソビエト秘密警察の特別部隊を組織し、彼自身を長にした。それは&#8220wet affairs&#8221と呼ばれ、&#8220wet&#8221は&#8220bloody&#8221を意味します。つまり、後にウクライナのVinnitsaで行われたような秘密の大量処刑を処理しました。ロシアのカティンとソビエト連邦中の他の千の場所で次の20年にわたって。カガノビッチは大量殺戮を担当するコミッサールになりました。しかし、1941年にドイツ軍がソビエト連邦に侵攻したとき、ユダヤ人の救世主はカガノビッチでした。彼は、フロンティア地域からのすべてのユダヤ人の避難と、彼らがドイツ人。ウクライナ人とロシア人にドイツの侵略の矢面に立たせてください、しかしどんな犠牲を払ってもユダヤ人を困難と危険から守ってください。

そしてカガノビッチは、スターリンがロシアを追い払うことを計画していた1953年に、スターリンが毒殺されるように手配することによって、彼が再びユダヤ人を救ったことを誇りに思っています。彼と医者だった彼の妹のローザは、彼が致命的な脳卒中を起こすように、スターリンの薬棚で錠剤を切り替える計画を考案しました。

異邦人共産主義者のニキータ・フルシチョフが1957年にソビエト党大会でカガノビッチを彼のキャリアの間に2000万人のロシア人を殺害したと非難したとき、カガノビッチはそれを否定さえしませんでした。彼はフルシチョフも殺人者であると非難しただけです。 &#8220あなたの手も血に染まっています&#8221カガノビッチは彼に言いました。フルシチョフは、彼、フルシチョフがカガノビッチの命令に従っただけであったのに対し、大量殺戮の方針を策定し、それらの方針を実行するように命令したのはカガノビッチであったという違いがあると指摘した。

私が言ったように、それは魅力的な本、ラザール・カガノヴィッチのこの伝記です、そしてあなたが本当にユダヤ人の考え方、彼らが彼ら自身を正当化する方法、彼らが非ユダヤ人の世界を見る方法についての洞察を得たいなら、あなたはあなた自身のためにそれを読むべきです。カガノビッチはかつて持っていた力を自慢したいと同時に、犯罪に対する責任を回避したいと考えており、この本全体を通してこの曖昧な態度を見ることができます。

さて、このすべてのポイントは、カガノビッチがなんとか責任を回避したということです。彼は引退し、モスクワで快適に生活することを許可されました。彼は1957年にフルシチョフとの権力闘争を失ったときにソビエト連邦共産党中央委員会から追放され、1962年に共産党自体から追い出されました。それでカガノビッチは単に大量殺戮の事業から引退しました。その後、1991年に98歳で亡くなるまで、さらに30年近く、平和で比較的贅沢な生活を送っていました。1987年に甥の自伝が出版されただけでなく、彼の犯罪がすべて明らかになりました。彼が罰せられることを公に要求する。共産主義が崩壊した後でも、ロシアとウクライナの人々に対する彼の大量虐殺を説明するために彼を呼ぶ人は誰もいなかった。

2,000万人の異邦人を殺害したユダヤ人ではなく、100人のユダヤ人を殺害したと非難されたドイツ人だったとしましょう。彼が裁判にかけられ、罰せられるという世界中のメディアからの悲鳴を想像できますか?ユダヤ人からの復讐に対するヒステリックな要求、至る所にあるドイツ大使館の前でのノンストップのデモを想像できますか? &#8220ホロコースト&#8221と、貧しくて罪のないユダヤ人がどのように苦しんでいたか、そして世界が今どのように彼らに賠償を負っているのかをみんなに思い出させるこのような素晴らしい機会&#8212このような機会は確かに活用されません。しかし、ラザール・カガノビッチの場合、沈黙だけであり、メディアによる無関心だけです。おもしろいですね。

さて、あなたと私はこの違いの理由を理解していますね。これらのプログラムで何度も話し合いました。ユダヤ人は、異邦人に罪を犯させ続けることで、毎年数十億ドルで異邦人の世界を搾り取ることができるため、「ホロコースト」の物語はユダヤ人にとって重要であると理解しています。そして、ユダヤ人がラザール・カガノビッチのようなモンスターを生み出したことに対して罪を感じないのと同じように、ユダヤ人が世界に共産主義を解き放ったことに対して罪を感じない理由を理解しています。彼らは本当に自分たちの命だけが重要であり、私たちの命は重要ではないと信じています。

そして、第二次世界大戦前に戻ったドイツ人が本当にユダヤ人を彼らの国から追い出し、彼らの背中から追い出したいと思った理由を私たちは理解していることを付け加えなければなりません。そして、スターリンが1953年にロシアの人々への贈り物として、ソビエト連邦のすべてのユダヤ人を追い払うことによって彼らが永遠に感謝する何かを残すことを決定した理由を私たちは理解しています。

それで、今の問題は、ユダヤ人から自分自身を解放するために何ができるかということです。ニュースやエンターテインメントのマスメディアや政治システムに対する彼らの死の支配を打ち破るために、私たちは何ができるでしょうか。どうすれば、私たちを使って世界の他の地域から彼らのために金をゆすり取るという彼らのラケットに終止符を打つことができるでしょうか。

さて、私はあなたに言います、私たちができないことの1つは、ワシントンで選出された指導者に訴えることです。ほとんどの政治家は何が起こっているのかをよく理解していますが、マスメディアで問題になるか、マスメディアで問題になる可能性がない限り、何が起こっているのか気にしません。それから投票を得る方法を考えなさい。ビル・クリントンとワシントンの他のギャング、共和党員、そして民主党員との唯一の違いは、ビル・クリントンがよりカリスマ性を持っているということです。私たちが正直で愛国的な政府を持っていれば、彼らはすべて絞首台の餌になります。

私たちが信頼できるもう1つのグループは、フォルクスワーゲンやスイスの銀行を経営する人々のようなビジネスマンです。一般的に、これらはかなり賢い人々であり、私たちが理解しているのと同じことを理解しています。しかし、政治家が投票以外のことを気にしないのと同じように、これらの大企業家は利益以外のことを気にしません。フォルクスワーゲンの人々は、誰かが何かを負っている場合、戦争中に彼らの工場で働いていたユダヤ人は、フォルクスワーゲンを生かし、戦争を一気に生き残ることを許可したことを理解しています。しかし、彼らはそれを公に言うことはありません。なぜなら、ユダヤ人がアメリカのメディアと政府を支配している限り、そこには利益がないからです。スイスの銀行家も同じです。

実際、関連する利益の損失の可能性以上のものがあります。現在、ドイツとスイスの刑務所には何百人もの人々が座っています。彼らはあえてユダヤ人について真実を話し、ユダヤ人が特定の目的のためにそれらの国で購入した政治家に制定させたいわゆる「憎悪」法に違反したからです。それらを暴露する人々を黙らせること。例としては、今月初めにチューリッヒで逮捕され、「憎悪の犯罪者」であるとして起訴された、国民主義のスイス民主党のメンバーであるルドルフ・ケラーがあります。ユダヤ人がアメリカで反スイスボイコットを進める場合、スイス人は報復として、アメリカ製の商品の購入、店での買い物、ユダヤ人が所有するレストランでの食事、またはアメリカやイスラエルでの休暇を取ることを拒否する必要があります。彼を逮捕した政治家は、ケラーの発表がユダヤ人に対する「人種差別」を扇動する可能性があると主張し、スイス、ドイツ、およびユダヤ人がすでにそれを違法と見なしている他の多くの国々で。彼らは、アメリカで同様の法律を制定するために一生懸命働いています。

では、私たちは何ができるでしょうか?聞いてください:アメリカの誰もが政治家やビジネスマンであるわけではありません。そして、誰もがカウチポテトであるわけではありません。カウチポテトは、テレビ画面から直接彼に届かないものを理解することができません。アメリカにはまだきちんとした、正直で、合理的な人々がいます。彼らが情報を利用できるようにすれば理解することができ、理解したら気にかける人々です。私を信じてください、あなたと私だけではありません。私たちが自分たちの役割を果たせば、ユダヤ人のリンゴカートを混乱させるのに十分な善良な人々が残っています。

そして私たちの役割は、これらのまともな人々に到達し、彼らが理解するのを助けることです。そして、あなたが知っている、私たちはそれを行うことができます。私は今日私が明らかにした種類の事実を提示し続けることができます&#8212人々が、とりわけ、誰が誰を迫害しているのか、誰が誰に負っているのかを理解するのに役立つ事実。そして、これは重要です。なぜなら、これらのまともで合理的なアメリカ人のほとんどは、今日私たちが議論したラザール・カガノビッチについてのことを聞いたことがないからです。これらのまともな人々のほとんどは、自分たちの生活で忙しすぎて、現在のユダヤ人のキャンペーンに注意を向けることができず、彼らが「嫌いな言論」と呼ぶものに対する新しい法律で批評家を沈黙させることができません。彼らは注意を払うように作られる必要があります。

そして、あなたは彼らに注意を向けさせるのを手伝うことができます。私はあなたが他の人に聞いてもらうという事実を提示し続けます。私はあなたが聞いていない少なくとも5人のまともな人々を知っているに違いない アメリカの反体制派の声 今。あなたは彼らに聞き始めさせます。あなたがしなければならないことは何でもしますが、彼らに注意を払い始めさせます。


歴史上最悪の大量殺戮者の一人、ラーザリ・カガノビッチ

ラザール・カガノビッチは歴史上最悪の大量殺戮者の1人であり、第二次世界大戦中に多数のウクライナ人が解放者としてドイツ人を迎え、共産主義がヨーロッパ全体を奴隷化するのを防ぐために多くの人が武装親衛隊に加わったのも不思議ではありません。
ユダヤ人の子孫であるラザール・モイセエビッチ・カガノビッチ(コーガン)は、1893年にウクライナのキエフ近郊のクバニーで生まれました。1911年に彼はユダヤ人が設立した共産党に加わり、ボルシェビクス(ローワーイーストサイドニューヨークユダヤ人)に関与しました。カガノビッチは1917年の共産主義によるキリスト教ロシアの乗っ取りに積極的に参加し、党のヒエラルキーで急速に上昇した。

1925年から1928年まで、彼はウクライナの党組織の最初の秘書であり、1930年までに政治局の正会員でした。

カガノビッチは、1929年以降、非常に高い集団化を推進するスターリンのトップサディストの小さなグループの1人でした。彼は、1920年代後半から1930年代初頭にかけて、クレムリン(ユダヤ人)がクラーク(小さな地主)との戦争を開始したときに、スターリンのキリスト教ロシア人の肉屋になりました。クリスチャンでした)そして土地の集団化の冷酷な政策を実行しました。結果として生じた国が組織した強制飢饉は、計画された大量虐殺であり、1932年から1933年の間に7 000 000人のウクライナ人を殺害し、ソビエト中央アジアのカザフスタン共和国に甚大な苦痛を与えた。

ヨシフ・スターリン(ジュガシビリ)は、1932年にウクライナとコーカサス北部地域の収穫量が極端に少なかったときに、数百万人の飢饉による死者を隠すために国勢調査の数値を変更しました。スターリンは、テロの治世中に4000万人のロシア人とウクライナ人の殺害および/または飢餓の原因であったと控えめに見積もられています。カガノビッチは、控えめに見積もっても約1,450万人です。


レイザーカガノビッチ-歴史

まず第一に、スターリンは二度だけ結婚しました:エカテリーナ・スヴァニゼとナジェージダ・アリルイエワと。二人ともユダヤ人ではありませんでした。スヴァニゼは正教会でスターリンと結婚したグルジア人でした。 Alliluyevaは民族的にロシア人で、グルジア人、ジプシー人、ドイツ人のルーツを持っていました。彼女は誕生時に洗礼を受けました。だから:ユダヤ人はいない。ケースを閉じます。

しかし、妻は3番目です。ちょっと待ってください、彼は二度だけ結婚したと言っただけではありませんか?

噂は1930年代に始まり、アリルイエワの自殺(スターリンとの生活はただの桃色だったに違いない)の後、1953年にスターリンが死ぬまで止まりませんでした。そして、ローザはスターリンの相棒の一人、ユダヤ人のラザール・カガノビッチと関係がありました。そう。

だからそれはかなり厄介になります。掘り始めると、話はかなり浅いようです。まず第一に、ローザとラザールの関係は情報源によって異なります。彼女は彼の妹、姪、娘、あるいは妻のいずれかです。彼女の年齢も変化し、スターリンより年上の人からティーンエイジャーの人までさまざまです。その名前の誰かが存在したという記録は絶対にありません。カガノビッチ家もそれを厳しく否定している。

それはすべて、30年代に始まり、今日まで続いているうわさ話のように見えます。しかし、私たちが失望していることの1つは、噂の1つによると、ローザはスターリンを毒殺して死にました。

歴史上最悪のモンスターの1人を殺害する責任があるユダヤ人?その神話が本物だったら。


Katyn:LazarKaganovichの証言

The well known Russian military historian, doctor in history of science, A. N. Kolesnik has to the editorial staff of “The truth about Katyn” forwarded extracts of stenograph from his personal conversations with the former member of the Politburo of the Communist Party, L. M. Kaganovich.

Altogether A.N. Kolesnik conducted six conversations with L. M. Kaganovich between 1985 and 1991 around different historical subjects. Out of censorship reasons it is not possible to release the stenographs from these conversations without considerable cuts and edits, not even in small parts, since the direct speech from Kaganovich is full of ugly words and swearing which characterizes his attitude to the leadership of Hitlerite Germany, to the leading circles of bourgeois Poland and to the leaders of the “Gorbachovite” perestroika, and in particular in person to A. N. Yakovlev.

The dates for A. N. Kolesniks conversations with L. M. Kaganovich and their duration are documented by the employees of the KGB who guarded the stairwell where L. M. Kaganovich were living. If necessary the dates and the duration of the conversations can be established more thoroughly with the help of archival information, since the guards were obligated to register all the visitors in a special logbook. Apart from that all the visitors were photographed with a special camera which automatically fixed the date and the time for the film shooting.

The conversation about the Katyn issue, during which L. M. Kaganovich for the first time announced the information of the exact amount of citizens from former Poland that had really been executed on Soviet territory between November 1939 and July 1941, took place on November 6, 1985 in Moscow in L. M. Kaganovich’s apartment which was located at Frunzenskaya naberezhnaya, house 50 and lasted for 2 hours and 40 minutes, from 6.40 pm to 9.20 pm. Present at this conversation was also Lazar Moiseyevich’s daughter Maya Lazarevna, who stenographed everything that was said.

Later it turned out that the conversation also had been recorded with the help of special technical equipment by the employees of the KGB who in silence conducted reconnaissance of L. M. Kaganovich. That became obvious, when A. N. Kolesnik was called by the operative KGB employee Captain Ryazanov, who in a categorical form demanded that the content of the completed conversation could not be made public.

During the conversation on November 6, 1985, L. M. Kaganovich said that during the spring of 1940 the Soviet leadership was forced to make a very difficult decision to execute 3 196 criminals among those who were citizens of former Poland, but L. M. Kaganovich said that it was absolutely necessary in the then prevailing political situation. According to Kaganovich’s testimony, they had essentially sentenced to execution Polish criminals who had been involved in the mass extermination of captured Russian Red Guards 1920-1921, and employees of Polish punishment bodies who had compromised themselves with crimes committed against the USSR and the Polish working class during the 1920s and 1930s. Apart from them they had also executed criminals among the Polish POWs who had committed serious general crimes on Soviet territory after their internment in September-October 1939 – gang rapes, criminal assaults, murders and so on (L. M. Kaganovich said literally: “ …the fuckers, the bandits and the murderers …”).

Apart from Kaganovich, the former chairman of the Peoples Council of Commissars V. M. Molotov in a telephone conversation in 1986 estimated that the amount of executed citizens of former Poland 1939-1941 amounted to “about 3 000 people”.

The exact figure 𔄛 196” Polish citizens who had been executed in the USSR in 1939-1941 was also decidedly confirmed by the former Soviet People’s Commissar for the Construction Industry, S. Z. Ginzburg, in a private conversation with A. N. Kolesnik.

S. Z. Ginzburg told A. N. Kolesnik little-known details of the Soviet excavation works in the Katyn forest. According to him the excavations of the graves with the Polish citizens were conducted in 1944 not only in Kozi Gory but also in at least two other places west of Smolensk. The excavations and the exhumations were conducted with the help of special construction- and assembly units, so-called OSMCh (in Russian osobye stroitelno-montazhnye chasti), which were under S. Z. Ginzburg’s operational management. Because of the period of time that had elapsed S. Z. Ginzburg could not remember the exact number of this OSMCh unit, but said that the unit in question had been formed shortly after the beginning of the war on the basis of one of the civilian building boards and that their staff in 1944 amounted to about 200 people. After the exhumation works they distributed to all the conscripts of the unit – at S. Z. Ginzburg’s request – one kilogram of chocolate as some kind of bonus.

A. N. Yakovlev, member of the Politburo of the Central Committee, started to earnestly interest himself in the contents of the conversations between A. N. Kolesnik and L. M. Kaganovich, and also showed great concern regarding a possible publication of Kaganovich’s testimony about the Katyn issue. At the end of 1989, right before his appearance in front of the 2nd Congress of People’s Deputies, A. N. Yakovlev turned, through A. N. Kolesnik, over a list of tendentiously selected questions about the Katyn issue with the suggestion of recording his answers at a tape recorder. The idea was to prepare Kaganovich’s answers in a proper way and confirm the version of the Soviet guilt in the Katyn massacre by his authoritative testimony. (Kaganovich said literally: “Tell this son of a bitch that I have had them spinning around my dick! I am from the family of a common meat pundit, but have been a member of the Central Committee and a minister, while they want us to fall back to 1914. The thing they have invented about Katyn – that will bounce back at them with bloody tears. They want us again to end up in a conflict with Europe. Because during the last war we indeed not only fought Hitler but with most other European countries!”

The perspective of a publication of the exact amount of Polish citizens that were executed in 1939-41 (3 196 people) and the true reasons for the executions, induced an extreme nervousness of Yakovlev and his surroundings. In exchange that A. N. Kolesnik should keep quiet about the information around the Katyn issue that he had received from L. M. Kaganovich, A. N. Yakovlev suggested that he could choose between six different senior posts.

When A. N. Kolesnik declined that offer, they arranged on directives from A. N. Yakovlev and D. A. Volkogonov a meeting between him and a representative for “competent bodies” who conducted a “preventive talk” with him in V. M. Falin’s (the head of the news agency APN) office. During the conversation threats were made to “bring him in on a long time”, if A. N. Kolesnik would go public on the facts about the Katyn issue that L. M. Kaganovich had told him.

When it became apparent that this measure had no effect, they brought prosecution on A. N. Kolesnik which ended with him being dismissed from the Military History Institute in 1993.


THE LIFE AND DEATH OF A MONSTER UNLEASHED BY STALIN

The first reaction of a history buff on hearing that Lazar Kaganovich had died in Moscow might be to ask: You mean he was still alive?

Comrade Kaganovich was 97 at his death, adding further weight to the folk wisdom that the good die young. Nevertheless, his longevity was a considerable achievement-the equivalent of someone surviving to draw Social Security after spending 65 years in a cage of man-eating beasts, which is as accurate a description as any of Stalin`s Politburo.

Lazar Moyseyevich Kaganovich made it to old age by out-Stalinizing Stalin:

If the boss was worried about peasants in Ukraine keeping some of their grain instead of giving it all to the state, Lazar Moyseyevich could be dispatched to Kiev to organize an exodus-and-famine. Every dehydrated baby, every family driven off its farm might as well have been stamped Product of L.M. Kaganovich, First Secretary, Ukraine, 1925-29.

If Stalin wanted a monumental metro system built under Moscow to demonstrate communism`s greatness, it was Lazar Moyseyevich who would see to the slave labor and not be too picky about safety or rations. Every beautiful mosaic and shining chandelier in what may be the most spacious and ornate subway in the world represents thousands of people worked and starved to death by order of L.M. Kaganovich, Commissar.

If Stalin wanted the party purged, as he did regularly, the job could be left to L.M. Kaganovich, chief of the Department of Organizations and Assignments, promoter of lackeys, destroyer of hopes, suspecter of all but himself.

If Stalin tired of looking at reminders of the past-Moscow`s old 19th Century buildings with their ornate carvings, or some great church that people still gazed at with hope-then L.M. Kaganovich, master engineer, would replace it with blocks of dull gray Stalinist flats, the very emblem of hopelessness. The Cathedral of Christ the Savior, built to celebrate the Russian people`s defeat of Napoleon in 1812, is known to us now only in drawings. It was replaced by a huge swimming pool on the orders of L.M. Kaganovich, urban planner and despoiler.

Nothing he touched would retain any of its old character all would give way to the uniformly shoddy. But every deadline, whether for a hydroelectric plant or an assembly line, would be met on time. Or else someone would be shot. Lots of someones. By order of L.M. Kaganovich, Member, Central Committee.

It is recorded that once in his 97 years Lazar Kaganovich did speak truth to power. It was after Stalin was gone, of course, and Nikita Khrushchev, Kaganovich`s own protege from Ukraine, ousted him from the top levels of the apparat. In one of those shouts that it`s hard to believe ever got shouted, Chairman Khrushchev is supposed to have told him: ''Your hands are stained with the blood of our party leaders and of innumerable, innocent Bolsheviks!'' To which L.M. Kaganovich replied: ''So are yours!''

Later, Comrade Kaganovich would revert to character, or rather to the absence of same, and plead with Khrushchev ''not to allow them to deal with me as they dealt with people under Stalin,'' forbearing to note that the ''they'' who dealt with people so ruthlessly had been he.

They were all in it together-the Molotovs and Khrushchevs and Vishinskys and Berias. Some just kept it up longer than others. Lazar Kaganovich lasted till almost 100. In the end he dozed off wordlessly in his chair at 10 o`clock one Moscow night, a blind old pensioner drawing 300 rubles a month.

Lazar Kaganovich was to Stalin as Albert Speer was to Hitler, though Comrade Kaganovich would have made Herr Speer look like a softie. Comrade Kaganovich was never caught and tried, much less imprisoned. But he did see the beginnings of history`s judgment on the party and the whole criminal conspiracy that was called communism.


Decorations and awards

  1. ↑ Compare: Script error: No such module "citation/CS1".
  2. ↑ Rees, Edward Afron. 1994. Stalinism and Soviet Rail Transport, 1928-41. Birmingham: Palgrave Macmillan [1]
  3. Script error: No such module "citation/CS1".
  4. ↑Ukraine court finds Bolsheviks guilty of Holodomor genocide, RIA Novosti (13 January 2010)
    Yushchenko Praises Guilty Verdict Against Soviet Leaders For Famine, Radio Free Europe/Radio Liberty (14 January 2010)
  5. ↑The Kiev Court of Appeals named the organizers of Holodomor. by Ya.MuzychenkoTemplate:Uk icon
  6. ↑http://stalin.memo.ru/images/intro1.htm
  7. ↑http://www.hrono.ru/biograf/kaganov_m.html引用 K. A. Zalesskiy, Stalin's Empire
  8. ↑ Sebag Montefiore, Simon (2004). The Court of the Red Tsar. Phoenix. p.668
  9. ↑The Bukovsky Archives, 12 July 1984.
  10. ↑ Kahan, Stuart. The Wolf of the Kremlin: The First Biography of L.M. Kaganovich, the Soviet Union's Architect of Fear (William Morrow & Co, 1987)
  11. ↑ See:
    • 人生 - July 14, 1941. p. 19: "A sister Rosa first lived with Stalin, then after the suicide of his second wife is supposed to have married Stalin"
    • 人生 - March 29, 1943. page 40: "His sister Rosa is supposedly married to Stalin"[2]
    • 時間 - April 18, 1949: "Lazar Kaganovich, who is Stalin's brother-in-law"
    • 時間 - July 23, 1951: "Lazar Kaganovich, long time politburo member and Stalin's brother-in-law"
    • 人生 - March 16, 1953. page 22: "Kaganovich, the brilliant and energetic Jew, Stalin's brother-in-law"
    • 人生 - April 13, 1953. page 168: "Kaganovich (a member of the Politburo and brother of Stalin's third wife)"
    • 時間 - September 7, 1953: "Lazar Kaganovich (Stalin's brother-in-law)"
    • ニューヨークタイムズ - November 22, 1953 KAGANOVICH DECORATED Malenkov's Regime Gives High Honor to Stalin's Brother-in-Law
    • 時間 - February 7, 1955 - "Lazar M. Kaganovich, wartime commissar for transport, reputedly Stalin's brother-in-law"
    • Youngstown Vindicator - March 7, 1953: "Rosa Kaganovich"
    • ミルウォーキーセンチネル - June 11, 1960: "Rosa Kaganovich"
    • ニューヨークタイムズ - July 27, 1991: "Kaganovich's sister, Rosa"
  12. Face of a Victim is the autobiography of Elizabeth Lermolo, a woman who fled Russia, arriving in the US in 1950. The book tells the story of the death of Stalin's second wife Nadezhda (Nadya) as witnessed by Natalia Trushina, who was employed as a housekeeper in Stalin's home, and who in 1937, Elizabeth Lermolo shared an NVKD prison cell with. Rosa (Roza) Kaganovich, with whom Stalin was having an affair, was whom Stalin and his wife were arguing about before she died. This book alleges Stalin struck Nadya a fatal blow with his revolver.[3][4]

Robert Payne mentioned Rosa in a 1965 biography of Stalin, where he said: "At such parties he was always inclined to drink dangerously. Something said by Nadezhda - it may have been about another woman, Rosa Kaganovich, who was also present, or about the expropriations in the villages which were dooming the peasants to famine - reduced Stalin to a state of imbecile rage. In front of her friends he poured out a torrent of abuse and obscenity. He was a master of the art of cursing, with an astonishing range of vile phrases and that peculiarly." ((The Rise and Fall of Stalin、 NS。 410)[5]

Harford Montgomery Hyde also wrote about Rosa in his 1982 biography of Stalin: "However, it has been established that after the birth of their second child Svetlana, Stalin ceased to share his wife's bed and moved into a small bedroom beside the dining room of the Kremlin apartment. It has also been stated that, after the Georgian singer's departure for Afghanistan, the woman who was the chief cause of their difference was another dark-eyed beauty, the brunette Rosa Kaganovich, sister of the commissar Lazar, with whom Molotov had previously had an affair. At all events, by 1931 Nadya was thoroughly disillusioned with her husband and most unhappy." (Stalin: The History of a Dictator, p. 260)[6]

Script error: No such module "Check for unknown parameters".


ビデオを見る: Creepy Nuts. よふかしのうたMV