A.E.G. C.II

A.E.G. C.II

A.E.G. C.II

A.E.G. C.IIは、A.E.G。のより操作しやすいバージョンでした。 C.I.よりも寸法が小さく軽量です。

C.IはA.E.Gの武装バージョンでした。 B.II非武装偵察機。より強力な150hpエンジンを搭載し、後部コックピットに柔軟に取り付けられた機関銃を搭載しました。エンジンの取り付けは、以前のA.E.G.と同じくらい面倒でした。エンジンの多くが胴体の上に見える航空機。

C.IIは、C.I。よりも操作しやすいように設計されています。以前の航空機と同様の溶接鋼管胴体、木製の翼リブ、およびファブリックカバーがありましたが、小型で5%軽量でした。それは以前の航空機の折り畳み式の翼を保持していました。その結果、それは一般的に以前の航空機よりも機動性が高く、それでも2ベイ設計でした。

C.IIは1915年10月に登場しました。1916年2月と5月に構造試験が行われ、合格に苦労しました。 36が建設され、訓練サービスに移されました。

C.IIは、A.E.G。 C.IV、A.E.G。の中で最も数が多いCシリーズ。 C.IVで導入された改善の多くは、C.IIaからC.IIeに徐々に再指定されたC.IIでテストされました。

エンジン:ベンツBz III
パワー:150hp
乗組員:2
スパン:38フィート10 5/8インチ
長さ:23ft 3 1 / 8in
空の重量:1,496ポンド
積載重量:2,640lb
最高速度:86.25mph

第一次世界大戦に関する本|主題索引:第一次世界大戦


探検

大統領命令ビュー

アメリカ合衆国大統領は、大統領命令を通じて政府の行政機関の運営を管理しています。

布告ビュー

アメリカ合衆国大統領は、布告を通じて、休日、記念日、特別な儀式、貿易、および政策に関する情報を伝達します。

その他の大統領文書ビュー

アメリカ合衆国大統領は、覚書、通知、決定、手紙、メッセージ、命令など、他の種類の文書を発行します。

  • ドキュメント検索
  • 高度なドキュメント検索
  • 公的検査検索
  • FRインデックス
  • リーダーエイズホーム
  • 連邦官報ブログのオフィス
  • FederalRegister.Govの使用
  • 連邦官報を理解する
  • 最近のサイトの更新
  • ビデオとチュートリアル
  • 開発者向けリソース
  • 政府の方針とOFRの手順
  • 議会レビュー
  • マイアカウント
  • 私のクリップボード
  • 私のコメント
  • 私のサブスクリプション
  • サインイン/サインアップ

OMB CIRCULARA-87改訂

1. 目的。 この通達は、助成金、費用償還契約、および州政府、地方政府、および連邦政府が認めたインドの部族政府(政府機関)とのその他の合意を通じて実施される連邦賞の費用を決定するための原則と基準を確立します。

2. 権限。この通達は、1921年の予算会計法、1950年の予算会計手続き法、1990年の最高財務責任者法、1970年の再編計画第2号、および大統領令第11541号( 「大統領行政府における行政管理予算局と国内政策会議の任務の規定」)。

3. バックグラウンド。 P.L.の下での政府全体の助成金合理化努力の一環として106-107、1999年の連邦財政賞管理改善法、OMBは、連邦助成金を授与するために使用されるさまざまな規則を簡素化し、実行可能な範囲で一貫性を持たせるために省庁間ワークグループを主導しました。 2001年に省庁間タスクフォースが設立され、州、地方、インドの部族政府、大学、非営利団体に対する連邦政府の賞の既存のコスト原則を検討しました。タスクフォースは、3つのコスト原則のそれぞれで選択されたコスト項目を調査し、どのコスト項目を一貫しておよび/またはより明確に述べることができるかを決定しました。これらの取り組みの結果を反映した改訂サーキュラー案が2002年8月12日に67FR 52558で発行されました。この改訂版の作成では、改訂案に関する広範なコメント、利害関係者グループとの話し合い、および関連する開発が検討されました。

4. 取消し。 このサーキュラーは、1995年5月4日に発行されたサーキュラーA 87を取り消し、置き換えます。

5. ポリシー。 この通達は、コストを決定するための統一されたアプローチを提供し、効果的なプログラムの提供、効率、および政府機関と連邦政府の間のより良い関係を促進するための原則と基準を確立します。原則は、許容可能なコストのみを決定するためのものです。それらは、状況を特定したり、特定の連邦賞の資金調達への連邦および政府機関の参加の程度を指示したりすることを意図したものではありません。利益または費用を超えるその他の増分の引当金は、この回覧の範囲外です。

6. 定義。 このサーキュラーで使用されている重要な用語の定義は、別紙AのセクションBに含まれています。

7. 必要なアクション。 費用償還契約、助成金、および政府機関とのその他の合意を含むプログラムの管理を担当する機関は、この回覧およびその添付資料の規定を実施するための規則を発行するものとします。

8. OMBの責任。行政管理予算局(OMB)は、政府機関の規制とこの通達の実施を検討し、効果的かつ効率的な実施を保証するための政策解釈と支援を提供します。すべての例外は、OMBによる承認の対象となります。例外は、適切な正当化が提示されている特定の場合にのみ行われます。

9. 情報連絡先。 この回覧に関する詳細情報は、連邦財務管理局、財務基準および報告部門、行政管理予算局、ワシントンDC 20503、電話202 3953993に連絡することで入手できます。

10. ポリシーレビュー日。 OMB Circular A 87は、発行日から3年後にポリシーレビューを行います。

-本書に別段の定めがある場合を除き、これらの規則は2004年6月9日に発効します。

添付資料A許容コストを決定するための一般原則
別紙B選択した費用項目
添付資料C州/地方のワイドセントラルサービスコスト配分計画
添付資料D公的支援費用配分計画
添付資料E州および地方の間接費率の提案

アタッチメントA
サーキュラーNo.A87

許容可能なコストを決定するための一般原則

  1. 授与または認識のある連邦機関の承認または承認
  2. 授与機関
  3. 中央サービスコスト配分計画
  4. 請求
  5. コグニザントエージェンシー
  6. コモンルール
  7. 契約
  8. 費用
  9. コスト配分計画
  10. コスト目標
  11. 連邦政府が認めたインドの部族政府
  12. 政府機関
  13. 被付与者の部門または機関
  14. 間接費率の提案
  15. 地方自治体
  16. 公的支援費用配分計画
  1. コストの許容範囲に影響を与える要因
  2. リーズナブルなコスト
  3. 割り当て可能なコスト
  4. 該当するクレジット
  1. 全般的
  2. コスト配分計画と間接コスト提案
  3. 間接費または管理費の制限

NS。 目的と範囲

1.目的。この添付資料は、助成金、費用償還契約、および連邦政府とのその他の合意(本通達では総称して「連邦賞」と呼びます)に基づいて、州、地方、および連邦政府が認めたインドの部族政府(政府機関)が負担する許容費用を決定するための原則を確立します。 。原則はコスト決定を目的としたものであり、状況を特定したり、特定のプログラムまたはプロジェクトの資金調達への連邦または政府機関の参加の程度を指示したりすることを意図したものではありません。原則は、法律によって制限または禁止されている場合を除き、連邦政府の報奨がこれらの原則の下で認識される費用の公正な分担を負担することを規定するように設計されています。利益または費用を超えるその他の増分の引当金は、この回覧の範囲外です。

    これらの原則の適用は、次の基本的な前提に基づいています。

(1)政府機関は、健全な管理慣行の適用を通じて、連邦賞の効率的かつ効果的な管理に責任を負います。

(2)政府機関は、基礎となる合意、プログラムの目的、および連邦賞の条件と一致する方法で連邦資金を管理する責任を負います。

  1. これらの原則は、(1)OMB Circular A 21の対象となる公的資金による教育機関、「教育機関の費用原則」、および(2 )公立病院およびその他の医療提供者によって管理され、後援する連邦機関によって公布された要件の対象となるプログラム。ただし、この通達は、他の州および地方自治体の部門および機関によって、これらの教育機関、病院、およびその他の医療またはサービスの提供者に割り当てまたは請求さ​​れるすべての中央サービスおよび部門/機関の費用に適用されます。
  2. すべてのサブアワードは、関係する特定の組織に適用される連邦コストの原則の対象となります。したがって、サブアワードが政府機関(大学、大学、病院を除く)に対するものである場合、このサーキュラーは、サブアワードが商業組織に対するものである場合に適用され、商業組織に適用されるコスト原則は、サブアワードが大学に対するものである場合に適用されるものとします。または大学、通達A 21は、サブアワードが病院に対するものである場合に適用され、病院へのアワードのために連邦授与機関によって使用されるコスト原則が、サブセクションA.3.aの規定に従って適用されるものとします。サブアワードが他の非営利団体に対するものである場合は、この添付資料の通達A 122、「非営利団体の費用原則」が適用されるものとします。
  3. これらの原則は、適切な価格を決定する際にコストが使用される固定価格の取り決めの価格設定のガイドとして使用されるものとします。
  4. 政府機関に授与された連邦契約にコスト会計基準(CAS)条項が組み込まれている場合、その条項の要件が適用されるものとします。このような場合、政府機関とコグニザント連邦政府機関は、CASの対象となる契約に基づく費用を見積もり、累積し、報告する際に、政府機関が該当するCAS要件にどのように準拠するかについて適切な事前合意を確立するものとします。協定は、OMB Circular A87要件が他の連邦賞に適用されることを示すものとします。すべての場合において、政府機関が維持する必要があるのは1セットの記録のみです。
  5. 条件付き免除。

(1)OMBは、法的に認可された統合計画および統合管理資金を備えた特定の連邦プログラムについて、OMB管理要件およびコスト原則の回覧からの条件付き免除を承認します。これらは、連邦政府機関によって識別され、行政管理予算局または行政管理予算局の長によって承認されます。連邦政府機関は、そのような免除を認めるかどうかを検討する際にOMBに相談するものとします。

(2)州および地方のプログラム管理の効率を促進するために、共通の目的を持つ連邦の非資格プログラムが特定の法的に認可された統合計画および統合管理資金を有し、州機関のリソースのほとんどが非連邦ソースからのものである場合、連邦機関はこれらの対象となる州が管理する資格のない助成プログラムを、特定のOMB助成金管理要件から免除します。免除は、OMB Circulars A 87(添付資料A、サブセクションC.3)、「州、地方、およびインドの部族政府の費用原則」、A 21(セクションC、サブパート4)、 「教育機関のコスト原則」およびA122(添付資料A、サブセクションA.4)、「非営利組織のコスト原則」、およびOMB Circular A110のすべての管理要件条項からの「GrantsandAgreementsの統一管理要件」高等教育機関、病院、その他の非営利団体」とその機関は、経営陣に共通のルールを認めています。


NS。 定義

1.「授与または承認された連邦機関の承認または承認」とは、特定の費用が発生する前に同意を証明する文書を意味します。そのような費用が連邦賞文書で具体的に特定されている場合、文書の承認は費用の承認を構成します。コストが州/地方全体のコスト配分計画または間接コスト提案によってカバーされている場合、計画の承認が承認を構成します。

2.「賞」とは、州、地方およびインドの部族政府と連邦政府との間の助成金、費用償還契約、およびその他の合意を意味します。

3.「授与機関」とは、(a)助成金、協力協定、または費用償還契約に関しては連邦政府機関を意味し、(b)サブアワードに関しては、サブアワードを授与した当事者を意味します。

4.「中央サービスコスト配分計画」とは、政府機関がその部門および機関に集中的に提供するサービスの許容コストに基づいて、請求レートを特定、累積、および割り当て、または開発する文書を意味します。これらのサービスの費用は、ユーザーに割り当てられるか、請求される場合があります。

5.「請求」とは、政府機関または付与者による書面による要求または書面による主張を意味し、権利の問題として、一定額の金銭の支払い、報奨条件の調整または解釈、または賞。提出時に紛争ではないバウチャー、請求書、またはその他の定期的な支払い要求は、請求ではありません。疑わしい監査費用に応じて政府機関によって提出されたものなどの控訴は、連邦の授与機関によって最終的な管理上の決定が下されるまで、請求とは見なされません。

6.「認知機関」とは、すべての連邦機関に代わってこの通達に基づいて作成されたコスト配分計画または間接コスト提案のレビュー、交渉、および承認を担当する連邦機関を意味します。 OMBは、認知機関のリストを公開しています。

7.「共通規則」とは、53 FR 8034 8103(1988年3月11日)で最初に発行された「州および地方政府への助成金および協力協定に関する統一行政要件最終規則」を意味します。その他の一般的なルールは、特定のタイトルで参照されます。

8.「契約」とは、売り手が供給品またはサービス(建設を含む)を提供し、買い手がそれらの代金を支払うことを義務付ける相互に拘束力のある法的関係を意味します。これには、政府に適切な資金の支出を義務付けるあらゆる種類の公約が含まれ、別途許可されている場合を除き、書面で行われます。二国間商品に加えて、契約には以下が含まれます(ただしこれらに限定されません):基本的な注文契約に基づいて発行されたジョブオーダーまたはタスクオーダーのアワードおよび通知書面による承諾によって契約が有効になる発注書などのレター契約オーダーまたはパフォーマンスと、二国間契約の変更。契約には、31U.S.C。の対象となる助成金や協力協定は含まれていません。 6301以降

9.「コスト」とは、現金、見越、または連邦政府の授与機関または認知機関が認めるその他の基準に基づいて決定された金額を意味します。一般基金または同様の基金への送金は含まれません。

10.「費用配分計画」とは、中央サービス費用配分計画、公的支援費用配分計画、および間接費用率提案を意味します。これらの各用語は、このセクションでさらに定義されています。

11.「コスト目標」とは、コストデータが必要であり、コストが発生する機能、組織の細分化、契約、助成金、またはその他の活動を意味します。

12.「連邦政府が認めたインドの部族政府」とは、インドの部族、バンド、国、またはその他の組織化されたグループまたはコミュニティ(アラスカ先住民請求解決法、85Statのセクション3で定義されているネイティブビレッジを含む)の統治機関または政府機関を意味します。 。688)内務長官により、インド問題局を通じて提供される特別なプログラムおよびサービスの資格があると認定されました。

13.「政府単位」とは、州、地方、または連邦政府が認めたインドの部族政府全体を意味し、その構成要素も含まれます。政府機関の構成要素は、賞の期間に従って、政府機関とは独立して機能する場合があります。

14.「助成部門または機関」とは、連邦政府の賞の全部または一部の履行または管理に責任を負う、州、地方、または連邦政府が認めたインドの部族政府の構成要素を意味します。

15.「間接費率の提案」とは、本通達の別紙Eに記載されているように、間接費率の設定の要求を立証するために政府機関またはその構成要素によって作成された文書を意味します。

16.「地方自治体」とは、郡、市町村、市、町、町、地方自治体、学区、特別区、州内地区、政府評議会(州法に基づいて非営利法人として法人化されているかどうかにかかわらず)、その他の地域を意味します。または州間政府機関、または地方政府の機関または手段。

17.「公的支援費用配分計画」とは、本通達の別紙Dに記載されているように、州の公的支援機関によって管理または監督されるすべてのプログラムにすべての管理費を特定、測定、および配分する際に使用される手順の説明を意味します。

18.「州」とは、アメリカ合衆国のいくつかの州、コロンビア特別区、プエルトリコ連邦、アメリカ合衆国の領土または所有物、あるいは地方自治体を除く州の機関または手段のいずれかを意味します。

NS。 基本的なガイドライン

1.コストの許容範囲に影響を与える要因。連邦政府の賞の下で許容されるためには、費用は以下の一般的な基準を満たさなければなりません:

  1. 連邦賞の適切かつ効率的な履行と管理のために必要かつ合理的であること。
  2. このサーキュラーの規定に基づいて、連邦政府の賞に割り当てられるようにします。
  3. 州または地方の法律または規制の下で許可されているか、禁止されていない。
  4. これらの原則、連邦法、連邦賞の条件、またはコスト項目の種類や金額に関するその他の準拠規則に記載されている制限または除外に準拠します。
  5. 連邦政府の賞と政府機関の他の活動の両方に一律に適用される方針、規制、および手順と一致している。
  6. 一貫した治療が与えられます。同様の状況で同じ目的で発生した他の費用が間接費として連邦賞に割り当てられている場合、費用を直接費用として連邦賞に割り当てることはできません。
  7. この通達に別段の定めがある場合を除き、一般に認められた会計原則に従って決定されます。
  8. 連邦法または規制によって具体的に規定されている場合を除き、現在または前の期間のいずれかで、コストとして含まれたり、他の連邦賞のコスト共有またはマッチング要件を満たすために使用されたりすることはありません。
  9. 該当するすべてのクレジットを差し引いたものになります。
  10. 適切に文書化してください。


2.リーズナブルなコスト。費用は、その性質と金額において、費用を負担する決定がなされた時点で一般的な状況下で賢明な人が負担する額を超えない場合、合理的です。合理性の問題は、政府のユニットまたはコンポーネントが主に連邦政府から資金提供されている場合に特に重要です。所与の費用の合理性を決定する際には、以下を考慮しなければならない。

  1. 費用が、政府機関の運営または連邦賞の履行に通常かつ必要であると一般に認識されている種類のものであるかどうか。
  2. 次のような要因によって課せられる制約または要件:健全な商慣行は、連邦、州、およびその他の法律および規制、ならびに連邦賞の条件を交渉します。
  3. 同等の商品またはサービスの市場価格。
  4. 関係者が、政府機関、その従業員、一般市民、および連邦政府に対する責任を考慮して、状況に応じて慎重に行動したかどうか。
  5. 政府機関の確立された慣行からの大幅な逸脱。これにより、連邦賞の費用が不当に増加する可能性があります。
  1. 関連する商品またはサービスが、受け取った相対的な利益に応じてそのようなコスト目標に課金または割り当て可能である場合、コストは特定のコスト目標に割り当てることができます。
  2. 許可されない活動や第三者から政府機関に寄付されたサービスを含む、政府機関の間接費の恩恵を受けるすべての活動は、適切な間接費の割り当てを受けます。
  3. この通達に規定されている原則に基づいて特定の連邦賞または費用目標に割り当てられる費用は、資金不足を克服するため、法律または連邦賞の条件によって課される制限を回避するため、またはその他の理由で、他の連邦賞に請求されない場合があります。
  4. 間接費の累積が最終的に連邦賞の請求につながる場合、別紙C、D、およびEに記載されているように費用配分計画が必要になります。
  1. 該当するクレジットとは、直接または間接の費用として連邦政府の報奨に割り当てられる経費項目を相殺または削減する支出タイプの取引の受領または削減を指します。このような取引の例としては、購入割引、リベートまたはアローワンス、損失の回収または補償、保険の払い戻しまたはリベート、過払いまたは誤った請求の調整などがあります。政府機関に発生または受領したそのようなクレジットが許容可能なコストに関連する範囲で、それらは、必要に応じて、コスト削減または現金払い戻しのいずれかとして連邦賞にクレジットされるものとします。
  2. 場合によっては、連邦政府から受け取った、政府機関の活動またはサービス業務の資金調達のための金額は、該当するクレジットとして扱われる必要があります。具体的には、そのようなクレジット項目(コストシェアリングまたはマッチング要件を満たすために使用される金額を含む)を相殺するという概念は、連邦報奨に請求されるレートまたは金額を決定する際に認識されるべきです。 (連邦政府の活動資金調達の問題で適用される可能性のある分野については、別紙Bの項目11「減価償却および使用手当」を参照してください。)

NS。 コストの構成

1.総費用。連邦賞の総費用は、プログラムの許容される直接費用に、許容される間接費用の割り当て可能な部分から、該当するクレジットを差し引いたもので構成されます。

2.コストの分類。すべての会計システムの下で、特定のコストを直接または間接のいずれかに分類するための普遍的な規則はありません。コストは、特定のサービスまたは機能に関しては直接的である場合がありますが、連邦賞またはその他の最終的なコスト目標に関しては間接的である場合があります。したがって、コストの各項目は、直接コストまたは間接コストのいずれかとして、同様の状況で一貫して扱われることが不可欠です。連邦政府の報奨に請求される直接的および間接的な費用を決定するためのガイドラインは、次のセクションに記載されています。

E。 直接費

1.一般。直接コストとは、特定の最終的なコスト目標で具体的に特定できるコストです。

2.アプリケーション。連邦賞に課せられる典型的な直接費用は次のとおりです。

  1. これらの賞の業績に特に専念し、特定された時間に対する従業員の報酬。
  2. これらの賞の目的のために特別に取得、消費、または消費された材料のコスト。
  3. 設備およびその他の承認された資本的支出。
  4. 賞を実行するために特別に発生した旅費。


3.マイナーアイテム。少額の直接費は、その費用項目に対するそのような会計処理がすべての費用目標に一貫して適用される場合、実用性の理由から間接費として扱われる場合があります。

NS。 間接費

1.一般。間接費とは、(a)複数の費用目標に利益をもたらす共通または共同の目的で発生し、(b)達成された結果に不釣り合いな努力をせずに、具体的に利益を得る費用目標に容易に割り当てることができないものです。本書で使用されている「間接費」という用語は、被付与部門で発生するこのタイプの費用、および商品、サービス、施設の供給において他の部門が負担する費用に適用されます。提供されるコスト目標への間接費の公平な分配を促進するために、政府単位部門内または政府単位部門にサービスを提供する他の機関内に間接費のプールを確立する必要があるかもしれません。間接費プールは、得られる相対的な利益を考慮して公平な結果を生み出すベースで、利益をもたらすコスト目標に分配する必要があります。

2.コスト配分計画と間接コスト提案。コスト配分計画と間接コスト率の提案の作成と提出の要件は、添付資料C、D、およびEに含まれています。

3.間接費または管理費の制限。

  1. この通達に含まれる制限に加えて、許可される管理費または間接費の額をさらに制限する法律がある場合があります。
  2. ある連邦賞に基づく間接費または管理費として回収できない金額は、連邦法または規制によって特別に許可されていない限り、別の連邦賞にシフトすることはできません。


NS。 省庁間サービス。 政府機関内のある機関から別の機関に提供されるサービスのコストには、サービスの許容される直接コストに加えて、間接コストの比例配分が含まれる場合があります。サービスの実際の間接費を決定する代わりに、サービスを提供するための直接給与および賃金コスト(残業、シフトプレミアム、およびフリンジベネフィットを除く)の10%に等しい標準の間接コスト許容量を使用できます。これらのサービスには、別紙Cに記載されている中央サービスのコスト配分計画に含まれる集中型サービスは含まれていません。

NS。 必要な認定。 別紙CおよびEで要求される各コスト配分計画または間接コスト率の提案は、以下に準拠する必要があります。

1.連邦の認識機関に提出されたか、政府機関によってファイルに保持されているかにかかわらず、費用配分計画または間接費用率を確立する提案は、そのような費用が費用証明書を使用して政府機関によって証明されていない限り、受け入れられないものとします。別紙CおよびEに記載されている割り当て計画または間接費の証明書。証明書は、対象となる提案またはコンポーネントを提出する政府機関の最高財務責任者以上のレベルの個人が、政府機関に代わって署名する必要があります。提案によって。

2.計画または料金の提案が認定されていない限り、費用配分計画または間接費用率は連邦政府によって承認されないものとします。コスト配分計画または間接費率を確立する必要があり、政府機関が要件に従ってそのような計画または率を確立するための認定提案を提出していない場合、連邦政府はすべての間接費を禁止するか、一方的に確立することができますそのような計画または料金。そのような計画または料金は、監査された履歴データまたは認知連邦機関に提供され、すべての許容できないコストが除外されていることを証明できるその他のデータに基づく場合があります。政府機関が認証された提案を提出しなかったために、コスト配分計画または間接コスト率が連邦政府によって一方的に確立された場合、確立された計画または率は、潜在的に許容できないコストが払い戻されないように設定されます。

アタッチメントB
サーキュラーNo.A87

コストの選択されたアイテム

  1. 広告と広報の費用
  2. 諮問委員会
  3. アルコール飲料
  4. 監査費用および関連サービス
  5. 不良債権
  6. ボンディングコスト
  7. 通信費
  8. 個人サービスの補償
  9. 不測の事態への備え
  10. 刑事訴訟および民事訴訟の弁護および起訴、ならびに請求
  11. 減価償却および使用手当
  12. 寄付と寄付
  13. 従業員の士気、健康、福利厚生の費用
  14. 接待費
  15. 設備およびその他の設備投資
  16. 罰金と罰則
  17. 資金調達と投資管理のコスト
  18. 減価償却資産およびその他の資本資産の処分および連邦プログラムの大幅な移転による損益
  19. 一般政府経費
  20. 個人使用の商品またはサービス
  21. アイドル設備とアイドル容量
  22. 保険と補償
  23. 興味
  24. ロビー活動
  25. メンテナンス、操作、および修理
  26. 材料費と消耗品の費用
  27. 会議や会議
  28. メンバーシップ、サブスクリプション、および専門的な活動の費用
  29. 特許費用
  30. 植物と国土安全保障の費用
  31. 受賞前の費用
  32. 専門的なサービス費用
  33. 提案費用
  34. 出版と印刷の費用
  35. 再配置および変更のコスト
  36. 再変換コスト
  37. 建物および設備の賃貸料
  38. 特許使用料およびその他の費用
  39. 販売とマーケティング
  40. 税金
  41. スポンサー契約に適用される終了費用
  42. トレーニング費用
  43. 旅費


セクション1から43は、特定のコスト項目の許容可能性または許容不可能性を確立する際に適用される原則を提供します。これらの原則は、コストが直接的または間接的に扱われるかどうかに関係なく適用されます。連邦政府の償還にかかる費用は、連邦政府の裁定によって受け取られた利益の範囲、およびこの回覧の別紙Aに記載されている一般的な方針と原則への準拠の範囲内でのみ許容されます。これらのセクションで特定のコスト項目に言及しないことは、それが許容可能または許容不可能であることを意味するものではなく、それぞれの場合の許容可能性の決定は、類似または関連するコスト項目に提供される処理または基準に基づく必要があります。

1. 広告と広報の費用。

    広告費という用語は、広告メディアの費用と当然の管理費を意味します。

(1)連邦賞に基づいて発生する義務の政府単位による履行に必要な人員の募集

(2)連邦賞の履行のための商品およびサービスの調達

(3)連邦賞の履行において取得されたスクラップまたは余剰材料の処分。ただし、政府機関が所定の金額で処分費用を払い戻される場合、または

(1)連邦賞によって特に要求される費用

(2)連邦賞の履行に起因する特定の活動または成果に関連する一般市民および報道機関とのコミュニケーションの費用(これらの費用は、連邦賞のアウトリーチ活動の一環として必要であると見なされます)または

(1)サブセクションc、d、およびeで指定されている以外のすべての広告および広報費用

(2)以下を含む、政府機関の他の活動に関連する会議、会議、召集、またはその他のイベントの費用。

(a)展示、デモンストレーション、展示の費用

(b)ショーやその他の特別なイベントに関連して使用される会議室、ホスピタリティスイート、およびその他の特別な施設の費用

(c)展示の設置と展示、デモンストレーション、およびブリーフィングの提供に従事する従業員の給与と賃金
(3)モデル、ギフト、お土産を含む販促品および記念品の費用


2. 諮問委員会。 諮問委員会または委員会が負担する費用は、連邦授与機関によって承認された場合は直接費用として、または連邦授与に割り当て可能な場合は間接費用として許容されます。

3. アルコール飲料。 アルコール飲料の費用は許されません。

4. 監査費用と関連サービス。

  1. Circular A-133、「州、地方自治体、および非営利団体の監査」によって実施される単一監査法によって要求され、それに従って実行される監査の費用は許容されます。 31 USC 7505(b)およびCircular A-133のセクション230(「監査費用」)も参照してください。
  2. その他の監査費用は、費用配分計画または間接費用提案に含まれている場合、または授与機関によって授与への直接費用として特別に承認されている場合に許容されます。
  3. セクション200(d)に基づいてA-133から免除されるサブ受信者を監視するための合意された手続き契約の費用は、A-133、セクション230(b)(2)にリストされている条件に従って許容されます。


5. 不良債権。 回収不能な勘定およびその他の請求、関連する回収費用、および関連する訴訟費用から生じる損失(実際の損失または推定損失)を含む貸倒れは許容されません。

6. ボンディングコスト。

  1. 連邦政府が、政府機関の行為または債務不履行を理由として、連邦政府自身または他者への経済的損失に対する保証を要求する場合、ボンディング費用が発生します。これらは、政府機関が同様の保証を必要とする場合にも発生します。含まれるのは、入札、履行、支払い、前払い、侵害、および身元保証などの債券です。
  2. 賞の条件に従って必要なボンディングのコストは許容されます。
  3. 政府機関がその業務の一般的な実施において必要とする結合の費用は、そのような結合が健全な商慣行に従っており、その状況下で料金と保険料が合理的である限り許容されます。


7. 通信費。 電話サービス、市内および長距離電話、電報、郵便料金、メッセンジャー、電子またはコンピューター送信サービスなどにかかる費用は許容されます。

8. 個人的なサービスに対する報酬。

    全般的。人事サービスの報酬には、賃金、給与、福利厚生を含むがこれらに限定されない、連邦賞に基づく業績期間中に提供されたサービスに対する、現在支払われている、または発生しているすべての報酬が含まれます。このような報酬の費用は、この回覧の特定の要件を満たし、個々の従業員の報酬の合計が以下の範囲で許容されます。

(1)提供されるサービスに合理的であり、連邦および非連邦活動の両方に一貫して適用される政府機関の確立されたポリシーに準拠している

(2)政府機関の法律および規則に従って行われた任命に従い、該当する場合、連邦法によって要求される資格制度またはその他の要件を満たします。

(1)福利厚生は、通常の給与と賃金に加えて、雇用主が従業員に報酬として提供する手当とサービスです。フリンジ給付には、休暇、従業員保険、年金、および失業給付制度の費用が含まれますが、これらに限定されません。これらの原則の他の場所で規定されている場合を除き、福利厚生の費用は、福利厚生が合理的であり、法律、政府機関の従業員契約、または政府機関の確立された方針によって要求される範囲で許容されます。

(2)年次休暇、病欠、休暇、法廷休暇、軍事休暇などの許可された欠勤期間中に従業員に支払われる定期的な報酬の形での福利厚生の費用は許容されます。次の場合:(a)確立された書面による休暇ポリシーに基づいて提供されている(b)費用が連邦政府の報奨を含むすべての関連活動に公平に割り当てられている、および(c)各タイプの休暇の費用として選択された会計基準(現金または見越)が一貫して政府機関が続いています。

(3)政府機関が会計の現金主義を使用する場合、休暇の費用は、休暇が取得され、支払われる期間に認識されます。従業員が退職または退職した場合の未使用休暇の支払いは、政府機関またはコンポーネントのすべての活動に一般管理費として割り当てられている場合に限り、支払いの年に許可されます。

(4)発生主義は、休暇が取得されたときに一般に公正妥当と認められた会計原則(GAAP)で定義された負債が存在するタイプの休暇にのみ使用できます。 GAAPに従って、政府機関が発生主義の会計を使用する場合、許容される休暇費用は、発生または資金提供された金額のいずれか少ない方になります。

(1)従量制の年金制度の場合、許容される費用は、退職者またはその受給者への実際の支払いを表すものに制限されます。

(2)GAAPで認識されている保険数理上の費用に基づく方法を使用して計算された年金費用は、その会計年度の終了後6か月以内にその会計年度に資金が提供される場合に許容されます。 6か月の期間(または認知機関によって合意された後の期間)の後に資金提供された費用は、資金提供された年に許容されます。コグニザントエージェンシーは、連邦政府への請求のタイミングと関連する連邦の償還、および政府機関の年金基金への拠出を補償するために適切な調整が行われた場合、6か月の期間の延長に同意することができます。調整は、年金基金への拠出を超える連邦返済の時間的価値を連邦政府に補償するために、現金払い戻しまたはその他の公正な手続きによって行うことができます。

(3)会計年度の保険数理的に決定された金額を超えて政府機関によって資金提供された金額は、将来の期間に政府機関の拠出金として使用される場合があります。

(4)政府機関が、GAAPで定義されている許容可能な保険数理原価法に転換し、この方法に従って年金費用に資金を提供する場合、転換時の未積立債務は、以下の期間にわたって償却されれば許容されるものとします。 GAAPで。

(1)従量課金制のPRHBの場合、許容される費用は、退職者またはその受益者への実際の支払いを表すものに制限されます。

(2)GAAPで認識されている保険数理コスト法を使用して計算されたPRHBコストは、その年の終わりから6か月以内にその年に資金が提供されている場合に許容されます。 6か月の期間(または認知機関によって合意された後の期間)の後に資金提供された費用は、資金提供された年に許容されます。コグニザントエージェンシーは、連邦政府への請求のタイミングと関連する連邦政府の返済、およびPRHB基金への政府機関の拠出を補償するために適切な調整が行われた場合、6か月の期間の延長に同意することができます。調整は、現金の払い戻し、当年度のPRHBコストの削減、またはPRHB基金への拠出を超える連邦払い戻しの時間的価値を連邦政府に補償するための他の公平な手続きによって行うことができます。

(3)会計年度の保険数理的に決定された金額を超えて資金提供された金額は、将来の期間に政府の拠出金として使用される可能性があります。

(4)政府機関が許容可能な保険数理原価法に転換し、この方法に従ってPRHB原価に資金を提供する場合、GAAPに従って何年にもわたって償却された場合、過年度に起因する当初の未積立債務は許容されるものとします。認知機関と交渉した期間にわたって、そのようなGAAP期間は存在しません。

(5)当年度に許容されるためには、PRHB費用は以下のいずれかに支払われる必要があります。

(a)今年の費用または保険料としての保険会社またはその他の給付提供者、または

(b)退職者およびその他の受益者に退職後給付を提供することのみを目的として、信託基金または準備金を維持する保険会社または受託者。

(1)雇用が終了する労働者への通常の給与および賃金に加えての支払いは、いずれの場合も、(a)法律、(b)雇用者従業員契約、または(c)によって要求される範囲で許容されます。書面による方針を確立した。

(2)通常の離職に関連する退職金(未払金は除く)は許容されます。このような支払いは、間接費として政府機関のすべての活動に割り当てられるものとします。

(1)給与および賃金に対する連邦報奨の請求は、直接的または間接的な費用として扱われるかどうかにかかわらず、政府機関の一般に認められた慣行に従って文書化され、政府機関の責任者によって承認された給与に基づきます。

(2)単一の間接費活動で働く従業員の給与と賃金については、これ以上の文書は必要ありません。

(3)従業員が単一の連邦賞または費用目標のみに取り組むことが期待される場合、給与および賃金の料金は、従業員が認定の対象期間中にそのプログラムのみに従事した定期的な認定によってサポートされます。これらの証明書は、少なくとも半年ごとに作成され、従業員または従業員が実行する作業について直接知識を持っている監督者によって署名されます。

(4)従業員が複数の活動またはコスト目標に取り組んでいる場合、給与または賃金の分配は、統計的サンプリングシステム(サブセクション(6)を参照)を除き、サブセクション(5)の基準を満たす人事活動レポートまたは同等の文書によってサポートされます。 )または他の代替システムは、認知された連邦政府機関によって承認されています。このようなドキュメンタリーサポートは、従業員が次の作業を行う場合に必要になります。

(a)複数の連邦賞、

(b)連邦賞および非連邦賞、

(c)間接費活動および直接費活動、

(d)異なる割り当てベースを使用して割り当てられた2つ以上の間接アクティビティ、または

(e)許可されない活動および直接的または間接的なコスト活動。
(5)人事活動報告書または同等の文書は、以下の基準を満たしている必要があります。

(a)各従業員の実際の活動の事後分布を反映する必要があります。

(b)各従業員に報酬が支払われる活動の合計を説明する必要があります。

(c)少なくとも毎月作成する必要があり、1つ以上の支払い期間と一致する必要があります。

(d)従業員が署名する必要があります。

(e)サービスが実行される前に決定された予算見積もりまたはその他の分配率は、連邦政府の報奨に対する請求のサポートとして適格ではありませんが、次の場合に限り、中間会計の目的で使用できます。

(i)見積もりを確立するための政府機関のシステムは、実際に実行された活動の合理的な概算を生成します

(ii)少なくとも四半期ごとに、月次活動レポートに基づいて、実際のコストと予算配分との比較が行われます。四半期ごとの比較で予算と実際のコストの差が10%未満であり、実際に実行されたアクティビティの結果として行われた調整を反映するために連邦賞に請求されるコストは、毎年記録される場合があります。

(iii)予算の見積もりまたはその他の分配率は、状況の変化を反映するために、必要に応じて少なくとも四半期ごとに修正されます。

(6)活動報告の代わりに、給与と賃金を連邦政府の報奨に割り当てるための代替システムを使用することができます。これらのシステムは、認識機関によって要求された場合、承認を受ける必要があります。このようなシステムには、ランダムモーメントサンプリング、ケースカウント、または従業員の努力の他の定量化可能な測定値が含まれますが、これらに限定されません。

(a)サンプリング方法(主に貧困家庭一時扶助(TANF)、メディケイド、およびその他の公的支援プログラム)を使用する代替システムは、以下を含む許容可能な統計的サンプリング基準を満たさなければなりません。

(i)サンプリングユニバースには、サブセクション(c)に規定されている場合を除き、サンプル結果に基づいて給与と賃金が割り当てられるすべての従業員が含まれている必要があります。

(ii)関係する全期間は、サンプルでカバーされなければならず、

(iii)結果は統計的に有効であり、サンプリングされる期間に適用される必要があります。
(b)サンプリングされた従業員の結果に基づいて、サンプリングされた従業員のスーパーバイザー、事務およびサポートスタッフに料金を割り当てることは許容されます。

(1)寄付またはボランティアのサービスは、専門家および技術者、コンサルタント、その他の熟練および非熟練労働者によって政府機関に提供される場合があります。これらのサービスの価値は、直接的または間接的な費用として払い戻されることはありません。ただし、寄付されたサービスの価値は、コモンルールの規定に従ってコストシェアリングまたはマッチング要件を満たすために使用される場合があります。

(2)直接費活動の実施に利用される寄付されたサービスの価値は、重要な金額である場合、政府機関の間接費または料金の決定において考慮され、したがって、割り当てられるものとします。該当する間接費の比例配分。


9. 不測の事態への備え。 時間、強度、またはそれらの発生の保証に関して確実に発生を予測することができないイベントのために行われた予備費または同様の規定への寄付は許可されません。 「予備費」という用語は、自己保険準備金(別紙B、セクション22.c.を参照)、年金制度準備金(別紙B、セクション8.e.を参照)、および退職後の健康およびその他の給付準備金(別紙Bを参照)を除外します。セクション8.f.)許容可能な保険数理コスト法を使用して計算。

10. 刑事訴訟および民事訴訟の弁護および起訴、ならびに請求。

    以下の費用は、10U.S.C。の対象となる契約では許可されません。 2324(k)、「防衛契約に基づく許容コスト」

(1)民事または刑事詐欺の手続きまたは同様の手続き(請負業者が責任を問われる、または詐欺または同様の手続き(提出を含む虚偽の認証の)。


11. 減価償却および使用手当。

  1. 減価償却費と使用手当は、固定資産のコストを資産使用の恩恵を受ける期間に割り当てる手段です。手持ちの固定資産の使用に対する補償は、減価償却または使用手当を通じて行うことができます。 2つの方法の組み合わせは、サブセクションgに規定されている場合を除き、単一クラスの固定資産(建物、オフィス機器、コンピューター機器など)に関連して使用することはできません。州/地方の費用配分計画の一部として含まれる企業資金および内部サービス資金を除いて、資産のクラスは、政府全体の財務諸表に使用されるのと同じ基準で決定されるものとします。
  2. 減価償却費または使用手当の計算は、関連する資産の取得原価に基づくものとします。実際のコスト記録が維持されていない場合は、元の取得コストの合理的な見積もりを使用できます。関係のない第三者から政府機関に寄贈された資産の価値は、寄贈時の公正な市場価値となります。同じ州内にある政府または準政府組織は、この目的のために無関係の第三者とは見なされないものとします。
  3. 減価償却または使用手当の計算では、以下は除外されます。

(2)所有権が最初に付与された場所、または現在の場所に関係なく、連邦政府が負担または寄付した建物および設備の費用の一部。


12. 寄付と寄付。

  1. 寄付または寄付が行われました。受取人に関係なく、政府機関による現金、財産、サービスなどの寄付や寄付は許可されていません。
  2. 受け取った寄付サービス:

(1)寄付またはボランティアのサービスは、専門家および技術者、コンサルタント、その他の熟練および非熟練労働者によって政府機関に提供される場合があります。これらのサービスの価値は、直接的または間接的な費用として払い戻されることはありません。ただし、寄付されたサービスの価値は、連邦助成金管理の共通ルールに従って、費用分担またはマッチングの要件を満たすために使用される場合があります。

(2)直接費活動の実施に利用される寄付されたサービスの価値は、金額が重要である場合、政府機関の間接費または料金の決定において考慮され、したがって、割り当てられるものとします。該当する間接費の比例配分。


13. 従業員の士気、健康、および福利厚生のコスト。

  1. 従業員情報の公開、健康または救急クリニックおよび/または診療所、レクリエーション活動、従業員カウンセリングサービス、および労働条件の改善のための政府機関の確立された慣行または慣習に従って発生したその他の費用、雇用主-従業員との関係、従業員の士気、および従業員の業績は許容されます。
  2. このような費用は、政府機関のすべての活動に公平に配分されます。これらの活動のいずれかから発生する収入は、費用と相殺されます。


14. エンターテイメント。 娯楽、娯楽、社会活動を含む娯楽の費用、およびそのような費用に直接関連する費用(ショーやスポーツイベントのチケット、食事、宿泊、レンタル、交通機関、チップなど)は許可されません。

15. 設備およびその他の設備投資。

    このサブセクション15の目的のために、以下の定義が適用されます。

(1)「資本的支出」とは、資本資産(設備、建物、土地)の取得費用、または資本資産を改善してその価値または耐用年数を大幅に増加させるための支出を意味します。取得コストとは、資産を設置するためのコストを含む資産のコストを意味します。たとえば、機器の取得コストとは、機器を取得する目的で使用できるようにするために必要な変更、アタッチメント、アクセサリ、または補助装置のコストを含む、機器の正味請求価格を意味します。税金、関税、輸送中の保護保険、貨物、設置などの付随費用は、政府機関の通常の会計慣行に従って、取得費用に含まれる場合と含まれない場合があります。

(2)「設備」とは、耐用年数が1年を超え、取得費用が財務諸表の目的で政府機関によって設定された資本レベルまたは5000ドルのいずれか少ない方以上の非消耗性の有形動産を意味します。

(3)「特殊用途機器」とは、研究、医療、科学、またはその他の技術的活動にのみ使用される機器を意味します。特殊用途の機器の例には、顕微鏡、X線装置、手術器具、および分光計が含まれます。

(1)汎用設備、建物、土地への資本的支出は、授与機関によって事前に承認されている場合を除き、直接費用として認められません。

(2)特別目的設備の設備投資は、単価が5000ドル以上の品目が授与機関の事前の承認を得ている場合に限り、直接費として許容されます。

(3)土地、建物、または設備の価値または耐用年数を大幅に増加させる改善のための資本的支出は、授与機関の事前の承認がない限り、直接費用として認められません。

(4)上記の別紙B、セクション15.b(1)、(2)、および(3)に従って直接請求として承認された場合、資本的支出は、支出が発生した期間に、またはその他の方法で請求されます。適切であると判断し、授与機関と交渉しました。さらに、連邦の授与機関は、事前の承認要件を放棄または委任するオプションを許可されています。

(5)設備費等の設備投資は、間接費として認められません。ただし、建物、資本の改善、および設備の使用許可または減価償却の許容範囲に関する規則については、セクション11「減価償却および使用許可」を参照してください。また、土地、建物、設備の賃貸費用の許容範囲については、セクション37「賃貸費用」を参照してください。

(6)資本水準の変更の結果として償却された機器の未償却部分は、機器のその他の許容される使用手当または減価償却を引き続き請求するか、または一定期間にわたって償却される金額を償却することによって回収することができます。コグニザントエージェンシーと交渉した年数。


16. 罰金と罰則。 連邦、州、地方、またはインドの部族の法律および規制の違反(または違反の申し立て)、または政府機関の不履行に起因する罰金、罰金、損害賠償、およびその他の和解は、次の結果として発生した場合を除き、許可されません。連邦賞の特定の規定またはそのような支払いを事前に承認する授与機関による書面による指示の遵守。

17. 資金調達と投資管理のコスト。

  1. 資金の使用目的に関係なく、資金調達や寄付の募金など、組織的な資金調達の費用、および資金調達や寄付の獲得にかかる同様の費用は認められません。
  2. 投資顧問およびスタッフの費用、ならびに投資からの収入を高めるために発生する同様の費用は許容されません。ただし、年金、自己保険、またはこの通達で許可されている連邦政府の参加を含むその他の資金をカバーする投資に関連するそのような費用は許容されます。
  3. 資金調達および投資活動には、サブセクションC.3.bに記載されている条件の下で間接費の適切な割合が割り当てられるものとします。添付資料Aの。


18. 減価償却資産およびその他の資本資産の処分および連邦プログラムの大幅な移転による損益。

    (1)減価償却資産の売却、引退、またはその他の処分による損益は、その資産が含まれていた資産原価グループへの貸方または費用として発生した年に含まれるものとします。適切な資産原価グループにクレジットまたは料金として含まれる利益または損失の金額は、資産で実現された金額と資産の減価償却されていない基準との差額でなければなりません。

(2)減価償却資産の処分による損益は、以下の条件の下では、別個の貸方または費用として認識されないものとします。
(a)利益または損失は減価償却勘定を通じて処理され、セクション11および15で許容される減価償却に反映されます。

(b)物件は類似商品の購入価格の一部として引き換えに提供され、新商品の減価償却費基準を決定する際に利益または損失が考慮されます。

(c)第22.d項に別段の定めがある場合を除き、許容される保険を維持できなかった場合に損失が発生します。


19. 一般政府の経費。

    政府の一般的な費用は許容されません(別紙B、セクション43、旅費に規定されている場合を除く)。これらには以下が含まれます:

(1)州知事室、政治的領土の最高責任者、または連邦政府が認めたインドの部族政府の最高責任者の給与と経費

(2)州議会、部族評議会、または郡の監督者、市議会、教育委員会などの同様の地方自治体の給与およびその他の費用(立法または執行指示の目的で発生したかどうか)

(3)政府の司法部門の費用

(4)プログラムの法令または規制によって承認された場合に特定のプログラムへの直接費用として扱われない限り、起訴活動の費用(ただし、これは弁護士総長の他の法的活動の許可を排除するものではありません)および


20. 個人使用のための商品またはサービス。 政府機関の従業員が個人的に使用するための商品またはサービスの費用は、その費用が課税所得として従業員に報告されているかどうかに関係なく、許容されません。

21. アイドル設備とアイドル容量。

    このセクションで使用されているように、次の用語は以下に示す意味を持ちます。

(1)「施設」とは、土地および建物またはその一部、個別または集合的な設備、またはその他の有形資本資産を意味し、場所を問わず、政府機関が所有またはリースしているかどうかを示します。

(2)「アイドル施設」とは、政府機関の現在のニーズを超える完全に未使用の施設を意味します。

(3)「アイドル容量」とは、部分的に使用されている施設の未使用容量を意味します。これは、(a)施設が1シフトベースで100%未満の稼働時間を達成でき、修理、セットアップ、不十分な材料、およびその他の通常の遅延のために失われた時間に起因する稼働の中断が少ないことと、(b)会計期間中に需要を満たすために施設が実際に使用された程度。関係する施設のタイプに対してこの使用量が通常予想されることが示される場合は、マルチシフトベースを使用する必要があります。

(1)作業負荷の変動に対応するために必要であるか


22. 保険と補償。

  1. 連邦政府の裁定に従って、必要または承認および維持される保険の費用は許容されます。
  2. 活動の一般的な実施に関連するその他の保険の費用は、以下の制限を条件として許容されます。

(1)補償範囲の種類、範囲、および費用は、政府機関の方針および健全な商慣行に準拠しています。

(1)リスクをカバーするために保険(再保険を含む)を購入した場合、補償の種類と補償範囲、および料金と保険料は許可されていたでしょう。ただし、既知または合理的に見積もられた自己保険負債の引当金は、引当金が設定されてから1年を超えて支払われることはなく、負債の割引現在価値を超えてはなりません。負債の割引に使用される率は、それらの負債に対する政府機関の決済率やその投資収益率などの要因を考慮して決定する必要があります。

(2)準備金の収益または投資収益は、それらの準備金に貸方記入する必要があります。

(3)準備金への拠出は、過去の経験と合理的な仮定を使用した健全な保険数理の原則に基づいている必要があります。準備金レベルは、保険がかけられている主要なリスクごとに少なくとも隔年で分析および更新する必要があり、再保険、共同保険などを考慮に入れる必要があります。従業員関連の補償範囲に関連する準備金レベルは、通常、(a)提出および裁定された請求の価値に制限されます。未払い、(b)提出されたが裁定されていない、(c)発生したが提出されていない。上記に基づく金額を超える準備金レベルは、コスト配分計画または間接コスト率の提案で特定され、正当化される必要があります。

(4)会計記録、保険数理調査、およびコスト配分(または請求)は、政府機関のさまざまな被保険者活動または機関によって発生する被保険者リスクおよび損失の種類による重大な違いを認識しなければなりません。政府機関の個々の部門または機関が特定のリスクに対して大幅に異なるレベルの請求を経験する場合、それらの違いは、個別の割り当てまたは他の手法を使用して認識され、公平な割り当てになります。


23. 興味。

  1. 借入資本の利息または政府機関の自己資金の使用にかかる費用は、表されているものの、サブセクションbに具体的に規定されている場合を除き、許容されません。または連邦法によって承認されています。
  2. 1980年10月1日以降に完了した建物の取得、建設、製造、再建または改造のその他の許容可能な費用に関連する支払または発生した資金調達費用(利息を含む)は、(1)から(4)の条件に従って許容されます。 )このセクションの23.b. (1)から(4)の条件に従い、1995年9月1日以降に土地に対して支払われた、または発生した、またはその他の許容される設備の費用に関連する資金調達費用(利息を含む)は許容されます。

(1)資金は、政府機関の外部にある善意の第三者によって(税金またはユーザー料金のソース以外から)提供されます。

(2)あなたの資産は連邦賞を支援するために使用されます

(3)建設費または取得費の支払いが保留されている債務返済準備金または借入金から得られた利息の収益は、必要に応じて、当期の費用または資本化された利息を相殺するために使用されます。裁定取引の要件に基づいて連邦内国歳入庁に報告される可能性のある収益は除外されます。

(4)100万ドルを超える債務の取り決めについては、政府機関が資産購入に対して25%以上の初期資本拠出を行わない限り、政府機関は、超過キャッシュフローに対する帰属利息収益に等しい金額だけ利息費用の請求を削減するものとします。 、これは次のように計算されます。毎年、非連邦機関は、資金源に関係なく、流入と流出を含む毎月のキャッシュフローの累積(プロジェクトの開始から)レポートを作成するものとします。流入は、減価償却費、資本化された建設利息の償却、および年間利息費用で構成されます。キャッシュフローの計算では、年間の流入額を、建物が月額で稼働している1年の月数(通常は12か月)で割る必要があります。流出は、初期の株式拠出、債務元本の支払い(土地の許容できないコストに起因する比例配分を差し引いたもの)、および利息の支払いで構成されます。累積流入額が累積流出額を超える場合、利息はその期間の超過流入額に基づいて計算され、許容利息費用の削減として扱われます。超過キャッシュフローの収益を計算するために使用される利率は、その月の最終営業日の3か月の財務省証券の決算率とします。


24. ロビー活動。

  1. 全般的。助成金、契約、協力協定、またはローンの取得に関連する特定の影響力のある活動の費用は、許容できない費用です。特定の助成金、契約、協力協定、およびローンに関するロビー活動は、共通の規則、定義を含む55 FR 6736(1990年2月26日)で公開された「ロビー活動に関する新しい制限」、および管理予算局「政府全体」に準拠するものとします。ロビー活動に関する新しい制限に関するガイダンス」および通知は、それぞれ54 FR 52306(1989年12月20日)、55 FR 24540(1990年6月15日)、および57 FR 1772(1992年1月15日)で公開されました。
  2. エグゼクティブロビー活動の費用。連邦政府の行政機関の従業員または役員が、スポンサー付きの契約または規制事項に関して検討または行動するために、直接的または間接的に不適切な影響を与えようとする際に発生する費用は許容されません。不適切な影響とは、連邦政府の従業員または役員が、問題のメリット以外の理由で、連邦政府が後援する契約または規制事項について検討または行動するように誘導する、または誘導する傾向がある影響を意味します。


25. メンテナンス、操作、および修理。 法律で禁止されていない限り、ユーティリティ、保険、セキュリティ、ジャニトリアルサービス、エレベーターサービス、敷地の維持、必要なメンテナンス、通常の修理および改造などの費用は、次の範囲で許容されます。連邦財産は、(別段の定めがない限り)効率的な運用条件で、(2)財産の永続的な価値を高めたり、意図された寿命を大幅に延長したりせず、(3)その他の方法で賃貸料またはその他のスペース料金に含まれません。資産の永続的な価値を高める、またはその意図された寿命をかなり延長する費用は、資本的支出として扱われるものとします(セクション11および15を参照)。

26. 材料費と消耗品の費用。

  1. 連邦賞を実行するために必要な材料、消耗品、および製造部品にかかる費用は許容されます。
  2. 購入した材料と消耗品は、該当するクレジットを差し引いた実際の価格で請求されるものとします。雑貨店または倉庫からの引き出しは、一貫して適用される、認識されている在庫引き出しの価格設定方法に基づいて、実際の正味費用で請求する必要があります。入荷する輸送費は、材料費と消耗品費の適切な部分です。
  3. 直接費用として請求できるのは、連邦賞の履行に実際に使用された材料と備品のみです。
  4. 連邦政府から寄付または提供された資料が連邦賞の実施に使用される場合、そのような資料は無料で使用されます。


27. 会議や会議。 技術情報の普及を主な目的とする会議や会議の費用は許容されます。これには、食事、交通費、施設の賃貸料、講演者の費用、およびそのような会議や会議に付随するその他の項目が含まれます。ただし、別紙B、セクション14、娯楽費を参照してください。

28. メンバーシップ、サブスクリプション、および専門的な活動のコスト。

  1. ビジネス、技術、および専門組織の政府機関のメンバーシップの費用は許容されます。
  2. ビジネス、専門家、および技術的な定期刊行物への政府機関のサブスクリプションの費用は許容されます。
  3. 市民およびコミュニティ、社会組織の会員費は、連邦授与機関の承認を得て、直接費として許容されます。
  4. ロビー活動に実質的に従事している組織の会員費は許されません。


29. 特許費用。

    特許および著作権の問題に関連する以下の費用は許容されます。

(i)連邦賞によって要求される開示、報告書、およびその他の文書を準備し、そのような開示を行うために必要な範囲で技術を検索するための費用

(ii)連邦政府が連邦政府に譲渡するためにタイトルまたはロイヤリティフリーのライセンスを要求する場合、米国特許出願の提出および訴追に関連する文書の作成費用およびその他の特許費用。

(i)開示、報告書、その他の文書を作成し、賞で要求されていない開示を行うために必要な範囲で技術を検索する費用


30. 植物と国土安全保障の費用。 施設、人員、および作業成果物を保護するための日常的および国土安全保障のために発生する必要かつ合理的な費用は許容されます。このような費用には、セキュリティ活動に従事する人員の賃金と制服が含まれますが、これらに限定されません。機器の障壁契約上のセキュリティサービスコンサルタントなど。サーキュラー。

31. 授与前の費用。 授与前費用は、交渉に直接基づいて授与の発効日より前に発生し、提案された納期または履行期間を遵守するためにかかる費用が必要な場合に授与を見越して発生する費用です。このような費用は、授与日以降に発生した場合に許容される範囲で、授与機関の書面による承認がある場合にのみ許容されます。

32. 専門的なサービス費用。

    特定の職業のメンバーであるか、または特別なスキルを持ち、政府機関の役員または従業員ではない人によって提供される専門的およびコンサルタントサービスの費用は、サービスに関して合理的である場合、サブパラグラフbおよびcを条件として許容されます。レンダリングされ、連邦政府からの費用の回収を条件としない場合。

(1)必要なサービスに関連して提供されるサービスの性質と範囲。

(2)特定の地域における政府機関の能力を考慮した、サービスの契約の必要性。

(3)特に連邦政府の裁定前の数年間における、そのような費用の過去のパターン。

(4)連邦政府の賞が政府機関の事業に与える影響(つまり、どのような新しい問題が発生したか)。

(5)政府機関の総事業に対する連邦政府の仕事の割合が、特に提供されるサービスが継続的な性質のものではなく、下で働く関係がほとんどない場合に、費用を負担することを支持して政府機関に影響を与えるようなものであるかどうか連邦助成金と契約。

(6)契約よりも直接雇用により、より経済的にサービスを実施できるか。

(7)個人の資格またはサービスの提供に関する懸念、および特に連邦政府以外の報奨について請求される慣習的な料金。


33. 提案費用。 潜在的な連邦賞の提案を準備するための費用は許容されます。提案費用は通常、間接費用として扱われ、費用配分計画と間接費用率の提案を利用して、政府機関のすべての活動に配分されるべきです。ただし、提案費用は、連邦授与機関の事前の承認を得て、連邦授与に直接請求される場合があります。

34. 出版と印刷の費用。

  1. 出版費用には、印刷(構成、製版、プレス作業、製本、およびそのようなプロセスによって生成される最終製品のプロセスを含む)、配布、プロモーション、郵送、および一般的な取り扱いのコストが含まれます。出版費用には、専門出版物の掲載料も含まれます。
  2. これらのコストが特定のコスト目標で識別できない場合は、政府機関のすべての利益をもたらす活動に間接コストとして割り当てる必要があります。
  3. 専門誌出版物の掲載料は、以下の場合の研究費の必要な部分として許容されます。

(1)研究論文は、連邦政府によって支援された作業を報告しています。


35. 再配置および変更のコスト。 通常および通常の施設の再配置および変更にかかる費用は許容されます。連邦政府の裁定のために特別に発生する特別な手配および変更費用は、連邦政府の裁定機関の事前の承認があれば許容されます。

36. 再変換コスト。 連邦賞の開始直前に存在していたほぼ同じ状態への政府機関の施設の修復または修復にかかる費用から、通常の損耗に関連する費用を差し引いた費用が許容されます。

37. 建物および設備の賃貸料。

  1. サブセクションbに記載されている制限に従います。からd。このセクションの賃貸費用は、同等の不動産の賃貸費用、利用可能な地域の代替市場の状況がある場合、タイプ、平均余命、条件、および価値などの要因を考慮して、料金が合理的である範囲で許容されます。賃貸物件の状況が変化し、他のオプションが利用可能かどうかを判断するために、賃貸契約を定期的に見直す必要があります。
  2. 「セールおよびリースバック」契約に基づく賃貸費用は、政府機関が不動産を所有し続けた場合に許可される金額までのみ許容されます。この金額には、減価償却費または使用手当、保守、税金、保険などの費用が含まれます。
  3. 「独立企業間」リースに基づく賃貸料は、政府機関に帰属する資産の所有権が認められる金額(別紙B、セクション37.bで説明)までしか許容されません。この目的のために、独立企業間賃貸契約とは、リース契約の一方の当事者が他方の当事者の行動を管理または実質的に影響を与えることができるリースのことです。このようなリースには、(i)政府機関の部門間、(ii)共通の役員、取締役、またはメンバーを通じて共通の管理下にある政府機関、および(iii)政府機関と取締役、受託者、役員、または、直接または企業、信託、または支配権を保持する同様の取り決めを通じて、政府機関またはその近親者の主要な従業員。たとえば、政府機関は、資産を所有し、それを政府機関にリースすることを唯一の目的として、別の会社を設立する場合があります。
  4. GAAPに基づくキャピタルリースとして扱われる必要のあるリースに基づく賃貸費用は、リース契約が締結された日に政府機関が不動産を購入した場合に許可される金額(サブセクションbで説明)までのみ許容されます。財務会計基準審議会の声明13、リースの会計処理の規定は、リースがキャピタルリースであるかどうかを決定するために使用されるものとします。キャピタルリースに関連する支払利息は、別紙Bのセクション23の基準を満たす範囲で許容されます。許容されないコストには、政府機関が施設を購入した場合に発生しなかったであろう利益、管理手数料、および税金の支払い額が含まれます。


38. 特許使用料およびその他の費用。

    賞の適切な履行に必要な、特許または著作権のロイヤルティ、または著作権、特許、またはそれらの権利の購入による取得費用の償却は、次の場合を除いて許容されます。

(1)連邦政府は、特許または著作権を自由に使用するためのライセンスまたは権利を持っています。

(2)特許または著作権が無効であると判断された、または行政上無効であると判断された。

(3)特許または著作権は執行不能とみなされます。

(1)政府機関に所属する法人を含む者に支払われる使用料。

(2)連邦政府の裁定が行われることを考慮して締結された合意に基づいて、企業を含む非関連当事者に支払われるロイヤルティ。


39. 販売とマーケティング。 政府機関の製品またはサービスの販売およびマーケティングの費用は許可されません(許可される広報費用として別紙B、セクション1で許可されている場合、または許可される提案費用として別紙B、セクション33で許可されている場合を除く)。

  1. 連邦プログラムに不釣り合いに影響を与える自己申告税または連邦プログラムに不釣り合いに影響を与える税政策の変更を除いて、政府機関が法的に支払うことを義務付けられている税金は許容されます。この規定は、1998年1月1日以降に開始する政府機関の最初の会計年度中に支払われた税金に対して有効になり、それ以降に適用されます。
  2. ガソリン税、自動車料金、および連邦政府に提供される給付の実質的なユーザー料金であるその他の税金は許容されます。
  3. この規定は、連邦政府の参加が不適切な場合に税金を特定する連邦政府機関の権限を制限するものではありません。許容できない税金の額を特定するために多大な労力が必要となる場合、認知機関はその合理的な概算を受け入れることができます。


41. スポンサー契約に適用される終了費用。 裁定の終了は、一般に、費用の発生、または連邦裁定が終了しなかった場合には発生しなかったであろう費用の特別な取り扱いの必要性を生じさせます。これらの項目をカバーするコスト原則を以下に示します。これらは、終了の状況でこのサーキュラーの他の規定と組み合わせて使用​​されます。

    政府機関が損失を被ることなくそのような品目を費用で保持しないという証拠を政府機関が提出しない限り、政府機関の他の作業で合理的に使用できる品目の費用は許容されないものとします。そのようなアイテムが政府機関の他の作業で合理的に使用できるかどうかを決定する際に、授与機関は、政府機関の現在および予定されている活動の計画と命令を考慮する必要があります。

(1)そのような特別な工具、特別な機械、または機器は、政府機関の他の作業で合理的に使用することができません。

(2)連邦政府の利益は、所有権の譲渡または授与機関によって適切と見なされるその他の手段によって保護されています。

(1)請求されたそのような賃貸料の額は、連邦裁定の期間および合理的である可能性のあるさらなる期間にリースされた不動産の合理的な使用価値を超えない、および

(1)以下のために合理的に必要な会計、法律、事務、および同様の費用。

(a)終了がデフォルトである場合を除き、連邦裁定の終了部分に関する和解請求および補足データの準備と授与機関への提示(OMB CircularAを実装するGrantsManagement CommonRuleのサブパート__。44を参照) -102)および


42. トレーニング費用。 従業員の育成のために提供されるトレーニングの費用は許容されます。

43. 旅費。

  1. 全般的。旅費は、政府機関の公務で旅費を支払っている従業員が負担する交通費、宿泊費、生活費、および関連項目の費用です。このような費用は、実際の費用に基づいて、実際に発生した費用の代わりに日当またはマイレージに基づいて、またはその2つの組み合わせに基づいて請求される場合があります。ただし、使用される方法が旅行全体に適用され、旅行、および政府機関の非連邦政府が後援する活動の同様の状況で通常許可されるものと一致する料金をもたらします。別紙B、セクション19、一般政府経費の規定にかかわらず、そのセクションの対象となる職員の旅費は、連邦政府の賞に特に関連する場合、授与機関の事前の承認があれば許容されます。
  2. 宿泊と自給自足。宿泊費、その他の生活費、および付随的費用を含む、従業員および役員が旅費として負担する費用は、そのような費用が結果として政府機関が通常の業務で通常許可する費用を超えない範囲でのみ合理的かつ許容可能と見なされるものとします。政府機関の書面による旅行方針の旅費、合衆国法典第57編第5章のサブチャプターI(「旅費および生活費マイレージ手当」)に基づいて、または一般調達局の管理者によって確立された、許容できる書面による政府機関の方針がない場合、または、そのような副章の規定に従って大統領(またはその被指名人)が連邦賞(48 CFR 31.205-46(a))に基づく旅行に適用するものとします。
  3. 商用空の旅。

(1)通常の標準的な商業航空運賃(コーチまたは同等のもの)、連邦政府契約航空運賃(許可され利用可能な場合)、または最低の商業割引航空運賃を超える航空運賃は、そのような宿泊施設が次の場合を除いて許可されません。

アタッチメントC
サーキュラーNo.A87

州/地方の中央サービスのコスト配分計画

  1. 請求された中央サービス
  2. 割り当てられた中央サービス
  3. 代理店または運営代理店
  1. 全般的
  2. 割り当てられた中央サービス
  3. 請求済みサービス
    NS。全般的
    NS。内部サービス資金
    NS。自己保険基金
    NS。フリンジベネフィット
  4. 必要な認証
  1. 請求された中央サービス活動
  2. 運転資本準備金
  3. 割り当てられた中央サービスコストの調整を繰り越します
  4. 請求された中央サービスの調整
  5. 記録の保持
  6. アピール
  7. OMB支援

1.ほとんどの政府機関は、モータープール、コンピューターセンター、購入、会計などの特定のサービスを、一元的に運営機関に提供しています。連邦政府が支援する報奨は個々の運営機関内で行われるため、これらの中央サービス費用を特定し、合理的かつ一貫した基準で利益をもたらす活動に割り当てることができるプロセスが必要です。中央サービスコスト配分計画は、そのプロセスを提供します。計画に含まれる費用を分配するために使用されるすべての費用およびその他のデータは、連邦賞に割り当てられた費用の妥当性を裏付ける正式な会計およびその他の記録によって裏付けられる必要があります。

2.中央サービスのコスト配分計画のガイドラインと図解は、保健福祉省が発行した「州および地方政府機関向けガイド:コスト配分計画と助成金の間接コスト率を確立するためのコスト原則と手順」というタイトルのパンフレットに記載されています。および連邦政府との契約。」このパンフレットのコピーは、米国政府印刷局の文書監督官から入手できます。

NS。 定義。

1.「請求済み中央サービス」とは、サービスの個別料金または同様の基準で、受益機関および/またはプログラムに請求される中央サービスを意味します。請求された中央サービスの典型的な例には、コンピューターサービス、輸送サービス、保険、および福利厚生が含まれます。

2.「割り当てられた中央サービス」とは、運営機関に利益をもたらすが、サービスの料金または同様の基準で機関に請求されない中央サービスを意味します。これらの費用は、ある程度の合理的な基準で受益機関に割り当てられます。このようなサービスの例には、一般会計、人事管理、購入などが含まれます。

3.「エージェンシーまたは運営機関」とは、政府機関の賞または活動の遂行または管理に責任を負う、政府機関内の組織単位または下位部門を意味します。

NS。 中央サービスコスト配分計画の範囲。 中央サービスコスト割り当て計画には、連邦政府の裁定に基づいて請求されるすべての中央サービスコストが含まれ、セクションEで説明されているように文書化されます。計画から省略された中央サービスのコストは、払い戻されます。

NS。 提出要件。

1.各州は、連邦政府の賞に基づいて中央サービスの費用を請求する計画を毎年保健社会福祉省に提出します。計画には、(a)割り当てられた翌年の中央サービスコストの予測(直近に完了した年の実際のコストまたは来年の予算予測のいずれかに基づく)、および(b)割り当てられた実際の調整の調整を含める必要があります。中央サービスコストは、直近に完了した年または直近に完了した年の直前の年に使用された推定コストになります。

2.行政管理予算局(OMB)によって「主要な地方自治体」として指定された各地方自治体も、毎年、その公認機関に計画を提出する必要があります。 OMBは、定期的に主要な地方自治体を官報に掲載しています。

3.中央サービス費用を主張する他のすべての地方自治体は、この回覧に記載されている要件に従って計画を作成し、監査のために計画と関連する補足文書を維持する必要があります。これらの地方自治体は、認知機関から特に要求されない限り、連邦政府の承認を得るための計画を提出する必要はありません。地方自治体がサブ受領者としてのみ資金を受け取る場合、プライマリ受領者は間接費率の交渉および/またはサブ受領者の計画の監視に責任を負います。

4.すべての中央サービス費用配分計画が作成され、必要に応じて、中央サービス費用の請求を提案する各政府機関の会計年度の開始前の6か月以内に提出されます。延長は、ケースバイケースでコグニザントエージェンシーによって付与される場合があります。

E。 提出された計画の文書化要件。 このセクションで説明されている文書化要件は、ケースバイケースで、コグニザントエージェンシーによって変更、拡張、または削減される場合があります。たとえば、連邦政府の裁定にほとんどまたはまったく影響を与えない中央サービスの要件を減らすことができます。逆に、計画のレビューにより、特定の追加情報が必要であり、将来必要になる可能性が高いことが示された場合、将来の計画の提出時に定期的に要求される可能性があります。アスタリスク(*)が付いている項目は、後続の計画が最後の計画以降の変更を示している場合にのみ送信する必要があります。

1.一般。提案されたすべての計画には、次のものを添付する必要があります。中央サービス機能の恩恵を受けていると示されているかどうかにかかわらず、州/地方政府の中央サービス活動を含む業務を示すのに十分詳細な組織図。または、計画に含まれる各中央サービス活動の許容コストをサポートするための執行予算のコピー(予算コストが提案されている場合)、およびこの回覧に従って計画が作成されたという証明書(サブセクション4を参照)には、次のものが含まれます。許容可能な費用のみであり、さまざまな連邦賞の間、および連邦と非連邦の賞/活動の間で一貫して同様の費用を処理する方法で作成されました。

2.割り当てられた中央サービス。割り当てられた中央サービスごとに、計画には次のものも含める必要があります。サービスの簡単な説明*、サービスを提供するユニットとサービスを受ける運営機関の識別、サービスのコストに含まれる費用の項目、サービスのコストを受益機関に分配するために使用される方法、および特定の受益機関への各サービスの割り当てを示す要約スケジュール。自己保険基金またはフリンジベネフィットの費用が(請求ではなく)割り当てられた中央サービスとして扱われる場合、サブセクション3.bで説明されている文書。およびc。含まれるものとします。

  1. NS。全般的。以下に説明する情報は、内部サービス基金、自己保険基金、およびフリンジベネフィット基金を含む、請求されるすべての中央サービスに提供されるものとします。
  2. 内部サービス資金。

(1)運営予算が500万ドル以上の各内部サービス基金または同様の活動について、計画には以下を含めるものとします。各サービスの簡単な説明各サービスの簡単な説明、政府機関の会計に含まれる個々のアカウントに基づく各基金のバランスシート収益/経費明細書をシステム化し、収益をソースごとに分類します。たとえば、通常の請求、獲得した利息などです。ファンドに出入りするすべての非営業移転(一般に認められた会計原則(GAAP)で定義)のリスト各サービスのコストをユーザーに請求するために使用される手順(方法論)の説明。これには、請求レートの決定方法、現在のレートのスケジュール、およびサービスによって生成された総収益(帰属収益を含む)との許容コストを比較するスケジュールが含まれます。このサーキュラーの下で決定されたサービスと、差異の処理方法の説明。


4.必要な認証。各中央サービスのコスト配分計画には、次の形式の証明書が添付されます。

コスト配分計画の証明書

これは、私がここに提出された費用配分計画を検討し、私の知識と信念の範囲内で確認したことを証明するためのものです。

(1)[計画の対象となる期間を特定する]の費用配分または請求を確立するためにこの提案[日付を特定する]に含まれるすべての費用は、OMB Circular A 87、「州、地方、およびインドの部族の費用原則」の要件に従って許容されます。政府」およびそれらが適用される連邦賞。許容できないコストは、コスト割り当て計画に示されているように、コストの割り当てで調整されています。

(2)この提案に含まれるすべての費用は、発生した費用と該当する要件に従って割り当てられた報奨との間の有益または因果関係に基づいて、連邦報奨に適切に割り当てられます。さらに、間接費として扱われてきた同じ費用は、直接費として請求されていません。同様の種類の費用は一貫して会計処理されています。

私は、上記が真実で正しいことを宣言します。

政府機関:_____________________

役人の名前:_______________________

実行日:_____________________

NS。 中央サービス計画の交渉と承認。

1.提出が必要な、提案されたすべての中央サービスコスト配分計画は、適時に連邦認知機関によってレビュー、交渉、および承認されます。コグニザントエージェンシーは、提案を受け取ってから6か月以内に提案を検討し、提案を交渉/承認するか、提案された計画をサポート/評価するために必要な追加の文書または提案を受け入れ可能にするために必要な変更について政府機関に助言します。政府機関との合意に達すると、法律で禁止または制限されていない限り、その合意はすべての連邦政府機関によって受け入れられ、使用されます。連邦資金提供機関が、その報奨に影響を与える特別な運用要因が特別な考慮を必要とすると信じる理由がある場合、資金提供機関は、計画が交渉される前に、認知機関に通知します。

2.各交渉の結果は、認知機関と政府機関との間の書面による合意で形式化されるものとします。この契約は、その後、契約が法令に違反していることが判明した場合、または計画が交渉された情報が後で実質的に不完全または不正確であることが判明した場合、再開される可能性があります。交渉の結果は、すべての連邦政府機関が利用できるようにするものとします。

3.後で、次のようなコストが含まれていることが判明した提案に基づいて交渉されたコスト配分計画:(a)許可されない(i)法律または規制で指定されている、(ii)この回覧の別紙Bで識別されている、または(iii)連邦賞の条件、または(b)連邦賞に明らかに割り当てられないために許可されない条件は、調整されるか、連邦認知機関の選択により返金されるものとします。これらの調整または返金は、計画を修正することを目的としており、交渉の再開を構成するものではありません。

NS。 その他のポリシー。

1.請求された中央サービス活動。請求された各中央サービス活動は、サービスによって生成されたすべての収益(帰属収益を含む)、サービスを提供するために発生した費用、および損益を個別に計上する必要があります。

2.運転資本準備金。内部サービス資金は、ある請求サイクルから次の請求サイクルまで運用するために、合理的なレベルの運転資本準備金に依存しています。費用の完全な回収に加えて、合理的なレベルの運転資本準備金の設定と維持を提供するための内部サービス活動による料金は許容されます。通常の営業目的で最大60日間の現金費用の利益剰余金の一部としての運転資本準備金は合理的であると見なされます。 60日を超える運転資本準備金は、例外的な場合に、公認の連邦政府機関によって承認される場合があります。

3.割り当てられた中央サービスコストの調整を繰り越します。割り当てられた中央サービス費用は通常、「繰越による固定」ベースで将来の会計年度に交渉および承認されます。この手続きでは、契約の対象となる将来の年度の固定金額は、その年度の調整の対象にはなりません。ただし、当該年度の実際原価が判明した場合は、以前に承認された固定金額と実際原価との差額が繰り越され、後年度に設定された固定金額の調整として使用されます。この「繰り越し」手順は、承認されたプランでコストが固定されているすべての中央サービスに適用されます。ただし、承認された計画に含まれていなかった中央サービスアクティビティ、またはすぐに払い戻されなければならない許容できないコストについては、繰り越し調整は許可されていません。

4.請求された中央サービスの調整。連邦政府の報奨を請求するために使用される請求レートは、割り当て可能な中央サービス費用の見積もりを含む、サービスを提供するための見積もり費用に基づくものとします。請求された各サービスによって生み出された収益(請求または徴収されたかどうかにかかわらず、総収益を含む)とサービスの実際の許容コストとの比較は、少なくとも年に1回行われ、収益と許容コスト。これらの調整は、次の調整方法のいずれかによって行われます:(a)調整の連邦負担に対する連邦政府への現金払い戻し、(b)個々のプログラムに請求された金額へのクレジット、(c)将来への調整請求レート、または(d)割り当てられた中央サービスコストの調整。特定のサービス(連邦株式および非連邦株式)の調整の合計額が$ 500,000を超える場合、割り当てられた中央サービスの調整は許可されません。

5.記録の保持。連邦賞に基づく費用請求の基礎として使用されるすべての中央サービス費用配分計画および関連文書は、コモンルールに含まれる記録保持要件に従って監査のために保持する必要があります。

6.アピール。認知機関と政府機関との間の計画の交渉で紛争が発生した場合、紛争は認知機関の控訴手続きに従って解決されるものとします。

7.OMBの支援。交渉および承認プロセスに関連して連邦政府機関および/または政府機関の間で問題が発生した場合、OMBは、必要に応じて、そのような問題をタイムリーに解決するための支援を提供します。

アタッチメントD
サーキュラーNo.A87

公的支援費用配分計画


NS。 全般的。 州の公的支援機関によって管理されている連邦政府の資金によるプログラムは、主に保健社会福祉省(HHS)によって資金提供されています。 HHSは、スチュワードシップ要件をサポートするために、45 CFRパート95のサブパートEで、公的支援コスト配分計画の開発、文書化、提出、交渉、および承認に関する要件を公開しています。すべての管理コスト(直接および間接)は通常、公的支援費用配分計画を実施することによる連邦賞。この添付資料は、これらの要件を、プログラムが州の公的支援機関によって管理されているすべての連邦機関に拡張しています。州の公的支援機関によって通常管理される主な連邦政府資金によるプログラムには、貧困家庭一時扶助(TANF)、メディケイド、フードスタンプ、養育費執行、養子縁組支援および里親養育、社会福祉ブロック助成金が含まれます。

NS。 定義。

1.「州の公的支援機関」とは、45 CFR Part 95のサブパートEで特定されている、州が運営する1つ以上の公的支援プログラムの管理を管理または監督する州機関を意味します。この添付資料の目的上、これらのプログラムには、管理されるすべてのプログラムが含まれます。州の公的支援機関による。

2.「州の公的支援機関の費用」とは、財政支援、医療提供者への支出を除き、州の公的支援機関が負担する、または州の公的支援機関に割り当てることができるすべての費用を意味します。

プログラムの受信者に直接提供される支払い、フードスタンプ、およびサービスと商品の支払い。

NS。 ポリシー。 州の公的支援機関は、45 CFR Part 95のサブパートEに従って、公的支援の費用配分計画を作成、文書化、および実装し、連邦政府は検討、交渉、および承認します。計画には、州の公的機関が管理するすべてのプログラムが含まれます。支援機関。サブパートEに従って、承認または不承認の書簡が州の公的支援機関に送信される場合、その書簡はすべての連邦機関およびプログラムに適用されます。この添付資料の残りのセクション(認証の要件を除く)は、45CFRパート95のサブパートEの規定を要約しています。

NS。 公的支援費用配分計画の提出、文書化、および承認。

1.州の公的支援機関は、レビューと承認のために、コスト配分計画の修正をHHSに迅速に提出する必要があります。

2.サブセクションEで概説されている調整プロセスの下で、影響を受ける連邦政府機関は、すべての新しい計画と計画の修正を検討し、必要に応じてHHSにコメントを提供します。計画または計画修正の発効日は、別の日付がHHSによって特別に承認されていない限り、計画または修正の提出後の四半期の最初の日となります。 HHSは、影響を受けるすべての連邦機関に代わって行動する認識機関として、必要に応じて州の公的支援機関と交渉を行い、計画または計画の修正に対して取られた措置について州機関に通知します。

E。 承認された計画の実施のレビュー。

1.公的支援のコスト配分計画は物語的な性質のものであるため、計画承認プロセス中のレビューは、提案されたコストのグループ化(コストセンター)および関連する配分ベースの適切性を評価することで構成されます。そのため、連邦政府は、コスト配分計画が承認されたとおりに実施されていることをある程度保証する必要があります。これは、資金提供機関によるレビュー、単一の監査、または認知監査機関による監査によって達成されます。

2.複数の資金提供機関に影響を与える不適切な請求が特定された場合、45 CFRパート95のサブパートEに規定されているように、認識しているHHSコスト交渉事務所に通知し、問題の解決を主導します。

3.計画の交渉中、または2つ以上の資金提供機関が関与する不許可から紛争が発生した場合、紛争は45 CFR Part75に定められた上訴手続きに従って解決されるものとします。1つの資金提供機関のみが関与する紛争は資金提供機関の控訴プロセスに従って解決されました。

4.交渉および承認プロセスに関連して連邦政府機関および/または政府機関の間で問題が発生した場合、行政管理予算局は、必要に応じて、そのような問題を適時に解決するための支援を提供します。

NS。 許容できないコスト。 承認されたコスト配分計画に基づいて作成された請求は、この回覧で特定された許容コストに基づきます。許容できない費用が請求されて払い戻された場合、次のいずれかの方法を使用して、許容できない費用を払い戻したプログラムに払い戻されます:(a)現金の払い戻し、(b)後続の請求への相殺、または(c)個々のアワードに請求される金額。

アタッチメントE
サーキュラーNo.A87

州および地方の間接費率の提案

  1. 間接費率の提案
  2. 間接費率
  3. 間接費プール
  4. ベース
  5. 所定のレート
  6. 固定レート
  7. 暫定料金
  8. 最終レート
  9. 基準期間
  1. 全般的
  2. 簡略化された方法
  3. 複数配分ベース方式
  4. 特別間接費率
  1. 間接費率提案の提出
  2. 提案の文書化
  3. 必要な認証
  1. フリンジ給付率
  2. 被付与機関が提供する請求サービス
  3. 料金を使用しない間接費の割り当て
  4. アピール
  5. 許容できない費用と誤った支払いの収集
  6. OMB支援

1.間接費は、共通または共同の目的のために発生したものです。これらのコストは複数のコスト目標に利益をもたらし、達成された結果に不釣り合いな努力なしに特定の最終コスト目標で容易に特定することはできません。直接費が決定され、必要に応じて連邦賞やその他の活動に直接割り当てられた後、間接費は、利益をもたらす費用目標に割り当てられる残りの費用です。同様の状況で、同じ目的で発生した他の費用が直接費用として連邦賞に割り当てられている場合、費用を間接費用として連邦賞に割り当てることはできません。

2.間接費には、(a)連邦政府の裁定を実施する政府機関の各部門または機関で発生する間接費、および(b)中央サービス費用配分計画を通じて分配される中央政府サービスの費用が含まれます(別紙Cに記載)。それ以外の場合は直接費として扱われません。

3.間接費は通常、間接費率を使用して連邦政府の報奨に請求されます。通常、連邦政府の裁定に基づいて間接費を請求する政府機関の各部門または機関には、個別の間接費率が必要です。間接費提案のガイドラインと図解は、保健福祉省が発行した「州および地方政府機関のためのガイド:費用配分計画を確立するための費用原則と手順および助成金と契約の間接費用率」というタイトルのパンフレットに記載されています。連邦政府。」このパンフレットのコピーは、米国政府印刷局の文書監督官から入手できます。

4.政府機関の特性と会計慣行は多様であるため、間接費として分類される可能性のある費用の種類をすべての状況で特定できるわけではありません。ただし、間接費の典型的な例には、特定の州/地方全体の中央サービス費用、被付与者部門または機関の一般管理、被付与者部門または機関内で実行される会計および人事サービス、建物および設備の減価償却または使用手当、費用が含まれる場合があります。施設の運営・維持管理等

5.この添付資料は、州の公的支援機関には適用されません。これらの機関は、代わりに別紙Dを参照する必要があります。

NS。 定義。

1.「間接費率の提案」とは、間接費率の設定の要求を立証するために政府機関またはその下位部門によって作成された文書を意味します。

2.「間接費率」は、各プログラムが負担すべき間接費の割合を合理的な方法で決定するための装置です。これは、直接コストベースに対する間接コストの比率(パーセンテージで表される)です。

3.「間接コストプール」は、2つ以上のプログラムまたはその他のコスト目標に共同で利益をもたらす累積コストです。

4.「基本」とは、個々の連邦賞に間接費を分配するために使用される累積直接費(通常、直接給与と賃金の合計、または特別な支出や歪曲的な支出を除いた直接費用の合計)を意味します。選択された直接コストベースは、コストから得られる利益に合理的な関係で、各賞が間接コストの公正なシェアを負担する結果となるはずです。

5.「所定のレート」とは、指定された現在または将来の期間、通常は政府機関の会計年度に適用される間接コストレートを意味します。この率は、期間中に発生する費用の見積もりに基づいています。非常にまれな状況を除いて、所定のレートは調整の対象ではありません。 (法的な制約のため、連邦契約では所定の料金は許可されていませんが、助成金や協力協定に使用することはできます。)事前に決められた料金は、認識機関に料金を提出して交渉していない政府機関では使用できません。この手順によって提供される潜在的な利点を考慮して、2〜4年間の間接費の所定の料金の交渉は、費用の経験および利用可能な他の関連する事実が関係者を可能にするのに十分であるとみなされる状況では標準であるはずです。後続の会計期間中に間接費の推定レベルに関して情報に基づいた判断を下すため。

6.「固定レート」とは、レート計算の調整として、推定コストとレートの対象期間の実際の許容コストとの差が繰り越されることを除いて、所定のレートと同じ特性を持つ間接コストレートを意味します。次の期間の。

7.「暫定レート」とは、指定された期間に適用される一時的な間接コストレートを意味し、その期間の「最終」レートが確立されるまで、資金調達、中間償還、および連邦報奨の間接コストの報告に使用されます。

8.「最終レート」とは、指定された過去の期間に適用される、その期間の実際の許容コストに基づく間接コストレートを意味します。最終監査レートは調整の対象ではありません。

9.間接費の配分の「基本期間」は、その期間に実行された活動への配分のためにそのような費用が発生し、累積される期間です。基準期間は通常、政府機関の会計年度と一致する必要がありますが、いずれにしても、コストの配分の不平等を回避するように選択する必要があります。

NS。 間接費の配分と間接費率の決定。

  1. 政府機関の部門または機関に主要な機能が1つしかない場合、またはそのすべての主要な機能が間接費の恩恵をほぼ同じ程度に受ける場合、間接費の割り当てと間接費率の計算は、簡略化することで実現できます。サブセクション2で説明されている割り当て手順。
  2. 政府機関の部門または機関が、さまざまな程度で間接費の恩恵を受けるいくつかの主要な機能を持っている場合、間接費の割り当てには、そのような費用を個別のコストグループに蓄積する必要があります。相対的な利益の程度を最もよく測定するベース。次に、各機能に割り当てられた間接費は、間接費率によって、その機能に含まれる個々の報奨およびその他の活動に分配されます。
  3. 間接費を配分し、間接費率を計算するための具体的な方法と、各方法を使用する条件については、サブセクション2、3、および4で説明します。
  1. 被付与機関の主要な機能がその間接費からほぼ同程度の恩恵を受ける場合、間接費の配分は、(1)基本期間の被付与機関の総費用を直接または間接のいずれかに分類することによって達成できます。 (2)許容される間接費の合計(該当するクレジットを差し引いたもの)を公平な分配ベースで除算します。このプロセスの結果は、個々の連邦賞に間接費を分配するために使用される間接費率です。率は、許容される間接費の合計額が選択されたベースに負担するパーセンテージとして表される必要があります。この方法は、政府機関の部門または機関が多数の個別のプロジェクトまたは活動を含む1つの主要な機能しかない場合にも使用する必要があり、その部門または機関に対する連邦政府の賞のレベルが比較的小さい場合に使用できます。
  2. 直接費と間接費の両方は、資本的支出と許容できない費用を除外するものとします。ただし、間接費が適切に割り当てられる活動を表す場合は、許容できない費用を直接費に含める必要があります。
  3. 分配ベースは、(1)総直接コスト(設備投資およびパススルーファンド、主要な下請けなどのその他の歪曲項目を除く)、(2)直接給与および賃金、または(3)結果として生じる別のベースである可能性があります。公平な分配。


3.複数割り当てベース方式。

  1. 被付与機関の間接費がさまざまな程度でその主要な機能に利益をもたらす場合、そのような費用は個別の費用グループに累積されるものとします。次に、各グループは、相対的な利益を最もよく測定するベースによって、利益のある機能に個別に割り当てられるものとします。
  2. コストのグループ化は、主要な機能に提供される利益に基づいて各グループ化を割り当てることができるように確立する必要があります。各グループは、それらが利益を得る機能の観点から、および各機能に提供される相対的な利益を最もよく測定する配分ベースの観点から、同様の性質の費用のプールを構成する必要があります。個別のグループ化の数は、関係する金額の重要性と必要な精度の程度を考慮して、実際的な制限内に保持する必要があります。
  3. 各グループの費用を利益のある機能に割り当てる際に使用するベースを選択する際には、実際の状況を考慮に入れる必要があります。利益を得る機能に直接コストグループを割り当てることによって割り当てを行うことができる場合、その方法で割り当てを行うものとします。グループ化の費用が本質的により一般的である場合、割り当ては、連邦政府と政府機関の両方に公平な結果を生み出す選択されたベースを使用して行う必要があります。一般に、政府機関の活動に関連するコスト要素または関連要素は、次の条件を満たせば、割り当てベースとして使用できる可能性があります。(1)ドルまたはその他の定量的指標(直接コストの合計、直接給与と賃金、適用されたスタッフの時間、使用された平方フィート、使用時間、処理されたドキュメントの数、提供された人口など)、および(2)基本期間中の受益者の機能に共通です。
  4. サブセクション4に従って特別な間接費率が必要な場合を除いて、各主要機能に割り当てられた間接費の個別のグループは、その機能の共通プールとして集約および処理されるものとします。共通プール内のコストは、単一の間接コスト率を使用して、その機能に含まれる個々の連邦賞に分配されるものとします。
  5. 各機能の間接費率の計算に使用される分配ベースは、(1)総直接費(設備投資およびパススルーファンド、主要な下請けなどの他の歪曲項目を除く)、(2)直接給与および賃金、または(3)公平な分配をもたらす別の基盤。間接費率は、開発された個別の間接費プールごとに開発する必要があります。それぞれの場合の率は、特定の間接費プールとそのプールで識別される分配ベースとの間のパーセンテージ関係として記載する必要があります。


4.特別な間接費率。

  1. 場合によっては、被付与部門または機関のすべての活動、または機関の主要な機能ごとに単一の間接費率が適切でない場合があります。特定のプログラムまたはプログラムのグループに適用される間接費に実質的に影響を与える可能性のあるさまざまな要因を考慮に入れていない場合があります。要因には、作業の物理的な場所、必要な管理サポートのレベル、使用される施設またはその他のリソースの性質、使用される組織の取り決め、またはそれらの任意の組み合わせが含まれる場合があります。特定の報奨が大幅に異なるレベルの間接費を生み出すと思われる環境で実施される場合、その報奨に適用される別個の間接費プールを準備する必要があります。個別の間接コストプールは、通常の割り当てプロセスの過程で開発する必要があり、その結果として生じる個別の間接コストレートを使用する必要があります。ただし、次の条件があります。(1)レートがサブセクション2で開発されるレートと大幅に異なる場合。 。および3.、および(2)料金が適用される報奨は、金額が重要です。
  2. この通達は間接費の完全な配分の概念を採用していますが、特定の間接費の返済を制限するいくつかの連邦法があります。そのような制限が存在する場合、影響を受ける賞のために特別料金を開発する必要があるかもしれません。 「制限付き料金」が必要な場合は、法律で払い戻しが禁止されている費用を間接費プールから削除する追加の手順を除いて、制限なしの料金を作成する手順が使用されます。


NS。 提案の提出と文書化。

1.間接費率の提案の提出。

  1. 連邦政府の裁定に基づいて間接費を請求することを希望する政府機関のすべての部門または機関は、これらの費用をサポートするために間接費率の提案と関連文書を準備する必要があります。提案および関連文書は、コモンルールに含まれる記録保持要件に従って監査のために保持する必要があります。
  2. コグニザントエージェンシーの割り当てが具体的に指定されている政府機関は、その間接費率の提案をコグニザントエージェンシーに提出する必要があります。行政管理予算局(OMB)は、適切な連邦認知機関を特定する政府機関のリストを定期的に公開します。 OMBによって特定されていないすべての政府機関または機関の認識機関は、最大額の連邦資金を提供する連邦機関に基づいて決定されます。このような場合、政府機関は、この回覧の要件に従って間接費の提案を作成し、監査のために提案と関連する補足文書を維持する必要があります。これらの政府機関は、認知機関から特に要求されない限り、提案を提出する必要はありません。地方自治体がサブ受領者としてのみ資金を受け取る場合、プライマリ受領者はサブ受領者の計画の交渉および/または監視に責任を負います。
  3. 間接費の返済を希望する各インドの部族政府は、その間接費の提案を内務省(その認識されている連邦機関)に提出する必要があります。
  4. 間接費の提案は、政府機関の会計年度の終了後6か月以内に作成(および必要に応じて提出)する必要があります。ただし、例外が連邦政府機関によって承認されている場合を除きます。同時期に提案された中央サービス費用配分計画がその時点で承認されていない場合、連邦政府が承認した最新の中央サービス費用配分計画に基づく中央サービスの金額を含む間接費用提案が作成される場合があります。これらの中央サービスの金額と最終的に承認された金額の差は、次の期間の調整によって補償されます。


2.提案の文書化。以下は、各間接費提案に含まれるものとします。

  1. 補助的なワークシートおよびその他の関連データを含む提案されたレートは、サブセクションbに記載されている財務データと相互参照および調整されています。割り当てられた中央サービスコストは、承認された中央サービスコスト割り当て計画に含まれている要約テーブルによってサポートされます。同じ会計年度の中央サービスコスト配分計画が認識機関によって承認され、資金提供機関が利用できる場合、この要約表を間接費提案とともに提出する必要はありません。
  2. レートの基礎となる財務データ(財務諸表、包括的な年次財務レポート、執行予算、会計レポートなど)のコピー。未監査データの使用に起因する調整は、必要に応じて、その後の提案で連邦認知機関によって認識されます。
  3. 連邦政府の裁定に基づいて発生した直接基本費用のおおよその金額。これらの費用は、給与と賃金、およびその他の直接費用に分けられる必要があります。
  4. 提案が適用される期間中のエージェンシーの組織構造を示すチャートと、エージェンシーを構成するすべてのユニットの義務および/または責任を示す機能ステートメント。 (これが提出されると、改訂のみがその後の提案とともに提出される必要があります。)


3.必要な認証。各間接費率の提案には、次の形式の証明書を添付する必要があります。

間接費の証明書

これは、私がここに提出された間接費率の提案を、私の知識と信念の範囲内で検討したことを証明するためのものです。

(1)[料金の対象となる期間を特定する]の請求または最終間接費率を確立するためにこの提案[日付を特定する]に含まれるすべての費用は、それらが適用される連邦賞およびOMBCircularの要件に従って許容されます。 87、「州、地方、およびインドの部族政府のコスト原則」。コスト配分計画に示されているように、コストの配分において許容できないコストが調整されました。

(2)この提案に含まれるすべての費用は、発生した費用と該当する要件に従って割り当てられた契約との間の有益なまたは因果関係に基づいて、連邦政府の報奨に適切に割り当てられます。さらに、間接費として扱われてきた同じ費用は、直接費として請求されていません。同様の種類の費用は一貫して会計処理されており、所定の料金に影響を与える会計上の変更があれば連邦政府に通知されます。

私は、上記が真実で正しいことを宣言します。

政府機関:________________________

役人の名前:__________________________

実行日:_________________________

E。 料金の交渉と承認。

1.間接費率は、コグニザント連邦政府機関によって適時に検討、交渉、承認されます。料金が合意されると、法律で禁止または制限されていない限り、すべての連邦政府機関によって受け入れられ、使用されます。連邦資金提供機関が、その報奨に影響を与える特別な運営要因が特別な間接費率を必要とすると信じる理由がある場合、資金提供機関は、率が交渉される前に、認識している連邦機関に通知します。

2.許可されている場合は、事前の経験と被付与機関の費用の信頼できる予測に基づいて認識機関が合理的な保証を持ち、実際の費用に基づく料金を超える可能性がない場合は、所定の料金の使用をお勧めします。必要に応じて、2年以上にわたる所定の料金を利用する長期契約が推奨されます。

3.各交渉の結果は、認知機関と政府機関との間の書面による合意で形式化されるものとします。この契約は、その後、契約が法令に違反していることが判明した場合、または計画が交渉された情報が後で実質的に不完全または不正確であることが判明した場合、再開される可能性があります。合意された料金は、すべての連邦政府機関が使用できるようにするものとします。

4.提案に、(a)許可されない(i)法律または規制で指定されている、(ii)本通達の別紙Bで識別されている、または(iii)条件で指定されている費用が含まれていることが後で判明した場合、払い戻しが行われます。および連邦賞の条件、または(b)連邦賞に明らかに割り当てられないため、許可されない。これらの調整または返金は、交渉されたレートのタイプ(事前決定、最終、固定、または暫定)に関係なく行われます。

NS。 その他のポリシー。

1.フリンジ給付率。中央サービスコスト配分計画の一部として政府機関に対して全体的なフリンジベネフィットレートが承認されない場合、これらのレートは、間接コスト交渉プロセス中に個々の被付与機関に対してレビュー、交渉、および承認されます。これらの場合、提案されたフリンジベネフィットレートの計算は、間接費の提案に付随する必要があります。フリンジベネフィットレートが被付与機関レベルで使用されていない場合(つまり、エージェンシーが個々の従業員に対するフリンジベネフィットコストを具体的に特定している場合)、政府機関はそのように認識機関に通知する必要があります。

2.被付与機関が提供する請求サービス。場合によっては、政府機関は、中央サービスのコスト配分計画でカバーされるサービスと同様のサービスを提供し、請求します(コンピューターセンターなど)。これが発生した場合、政府機関は、請求レートおよび文書化要件の作成に関連する別紙Cの要件に基づいて指導され、請求されたサービスについて認知機関に通知する必要があります。これらのタイプのサービスのレビュー(原価計算/請求方法、利益または損失などのレビューを含む)は、関連する状況に応じて、ケースバイケースで行われます。

3.レートを使用しない間接コストの割り当て。特定の状況では、政府機関は、その報奨の性質上、特定の資金源に間接的(場合によっては直接的)な費用を分配する費用配分計画を策定する必要がある場合があります。このような場合、説明的なコスト配分方法を開発、文書化、監査のために維持するか、必要に応じて、レビュー、交渉、承認のために認知機関に提出する必要があります。

4.上訴。認知機関と政府機関との間の間接費率(またはその他の率)の交渉で紛争が発生した場合、紛争は認知機関の控訴手続きに従って解決されるものとします。

5.許容できない費用と誤った支払いの回収。許可されないと明確に特定され、直接的または間接的に連邦政府の報奨に請求される費用は返金されます(該当する連邦政府機関の規制に従って請求される利息を含む)。

6.OMBの支援。交渉および承認プロセスに関連して連邦政府機関および/または政府機関の間で問題が発生した場合、OMBは、必要に応じて、そのような問題をタイムリーに解決するための支援を提供します。


26合衆国法典§501-企業、特定の信託などに対する免税。

サブセクション(c)または(d)またはセクション401(a)に記載されている組織は、セクション502または503で免税が拒否されない限り、このサブタイトルに基づく課税を免除されるものとします。

サブセクション(a)に基づいて課税を免除される組織は、このサブチャプターのパートII、III、およびVIに規定されている範囲で課税されるものとしますが、(このサブチャプターのパートII、III、およびVIにかかわらず)組織と見なされるものとします。所得税を免除されている組織に言及する法律の目的で、所得税を免除されています。

サブセクション(a)では、次の組織が参照されます。宗教的または使徒的団体または法人。そのような団体または法人が共通の財務または共同体の財務を持っている場合、そのような団体または法人が会員の共通の利益のために事業を行っている場合でも、そのメンバーが(申告書の提出時に)総所得に、分配されているかどうかにかかわらず、その年の協会または法人の課税所得の比例配分全体を含める場合に限ります。会員の総収入にそのように含まれる金額は、受け取った配当として扱われるものとします。

サブセクション(c)(5)の目的上、「農業」という用語には、土地の耕作、作物や水資源の収穫、または家畜の飼育の芸術または科学が含まれます。

「ロビー活動支出」という用語は、法律に影響を与えることを目的とした支出を意味します(セクション4911(d)で定義されています)。

課税年度の組織のロビー活動の上限額は、セクション4911に基づいて決定された、そのような課税年度の組織のロビー活動の非課税額の150パーセントです。

「草の根支出」という用語は、法律に影響を与えることを目的とした支出を意味します(そのパラグラフ(1)(B)に関係なくセクション4911(d)で定義されているように)。

課税年度の組織の草の根の上限額は、セクション4911に基づいて決定された、課税年度の組織の草の根の非課税額の150%です。

加盟組織に関する規則については、セクション4911(f)を参照してください。

このサブセクションの目的において、「資格のあるアマチュアスポーツ組織」という用語は、国内または国際的なアマチュアスポーツ競技を促進するために独占的に組織および運営されている組織を意味します。スポーツの国内または国際的な競争のためのアマチュアアスリートを育成する。

サブセクション(c)のパラグラフ(3)または(4)に記載されている組織は、その活動の実質的な部分が商業型保険の提供で構成されていない場合にのみ、サブセクション(a)に基づく税金を免除されるものとします。

このサブセクションの目的のために、年金契約の発行は保険を提供するものとして扱われるものとします。

「スタートアップ資本」という用語は、リスクプールが運用を開始する前に、リスクプールに貢献した資本、およびリスクプールで行われたプログラム関連の投資(セクション4944(c)の意味内)を意味します。

「非会員慈善団体」という用語は、サブセクション(c)(3)に記載され、サブセクション(a)に基づいて税金が免除され、リスクプールのメンバーではなく、(直接的または間接的に)利益を得ない組織を意味します。プールがそのメンバーに提供する保険の補償範囲。

組織は、サブセクション(c)(3)の目的のために、慈善目的のためだけに組織され運営されているものとして扱われることを怠ってはなりません。社会福祉法のセクション1855(d))、プロバイダーが後援する組織が税金を免除されているかどうか。サブセクション(c)(3)の目的のために、そのようなプロバイダーが後援する組織に重大な経済的利害関係を持つ人は、病院に関して個人株主または個人として扱われるものとします。

パラグラフ(2)に記載されている組織に関するサブセクション(a)に基づく免税、およびパラグラフ(2)に記載されている組織がサブセクション(a)に基づく免税の承認を申請する資格は、パラグラフ(3)に記載されている期間。

組織への貢献に関して、セクション170、545(b)(2)、642(c)、2055、2106(a)(2)、および2522を含む、このタイトルのいかなる規定の下でも控除は許可されないものとします。パラグラフ(3)に記載されている期間中にパラグラフ(2)に記載されている。

セクション7428またはその他の法律の規定にかかわらず、組織またはその他の人物は、パラグラフ(1)に基づく停止、パラグラフ(2)に記載されている指定または識別、パラグラフ(3)に記載されている停止期間、または拒否に異議を申し立てることはできません。そのような組織または他の人の連邦納税義務に関連する行政手続または司法手続における第(4)項に基づく控除。

サブパラグラフ(A)(iii)に記載されている税金の過払いのクレジットまたは返金が、法律または法の支配(既判力を含む)の運用によっていつでも防止された場合でも、そのようなクレジットまたは返金は許可または行われる場合があります。その請求が、サブパラグラフ(A)(ii)に記載されている最後の決定の日から始まる1年間の終了前に提出された場合。

いずれかの組織の免税がこのサブセクションに基づいて停止された場合、内国歳入庁は免税組織のリストを更新し、そのような停止およびそのような組織への寄付がそのような停止の期間。

サブパラグラフ(A)(ii)の目的のために、適用可能なパーセンテージは50パーセントです。

パラグラフ(1)に基づく要件に加えて、信用カウンセリングサービスの提供が実質的な目的であり、サブセクション(c)のパラグラフ(4)に記載されている組織は、サブセクション(1)に基づく税金を免除されないものとします。 a)そのような組織が、長官が規則で規定する方法で長官に通知しない限り、それは信用カウンセリング組織としての承認を申請している。

「債務管理計画サービス」という用語は、消費者の債務の返済、統合、または再構築に関連するサービスを意味し、低金利の債権者との交渉、手数料の免除または削減、および債務管理のマーケティングと処理を含みます。予定。

サブパラグラフ(( NS)。

組織は、(4)(A)項に記載されている財政支援方針に基づいて個人が支援を受ける資格があるかどうかを判断するために組織が合理的な努力をする前に、組織が特別な収集措置を講じない場合にのみ、この段落の要件を満たします。

事務局長は、パラグラフ(6)の目的のための財政援助方針の下で患者の適格性を決定するための合理的な努力を構成するものに関するガイダンスを含む、このサブセクションの規定を実行するために必要となるかもしれないそのような規則とガイダンスを発行するものとする。

1936年の農村電化法のセクション306Aおよび306B。サブセクションで参照されます。 (c)(12)(B)(iv)は、タイトル7、農業のセクション936aおよび936bにそれぞれ分類されます。法のセクション311は、パブによって廃止される前に、タイトル7のセクション940aに分類されました。 L. 104–127、タイトルVII、§780、1996年4月4日、110Stat。 1151。

このサブパラグラフの制定日。サブセクションで参照されます。 (c)(12)(H)(vii)は、パブの制定日です。 2004年10月22日に承認されたL.108–357。

ロバート・T・スタッフォード災害救援および緊急支援法。サブセクションで言及されています。 (c)(12)(J)(i)はPubです。 L. 93–288、1974年5月22日、88Stat。 143、これは主にタイトル42、公衆衛生と福祉の第68章(§5121以降)に分類されます。この法律のコードへの完全な分類については、タイトル42および表のセクション5121に記載されている短いタイトルの注記を参照してください。

1977年の連邦鉱山安全衛生法。サブセクションで言及されています。 (c)(21)(D)(i)はパブです。 L. 91–173、1969年12月30日、83Stat。パブによって修正された742。 L. 95–164、1977年11月9日、91Stat。 1290.法のタイトルIVのパートCは、一般に、タイトル30、鉱物の土地および鉱業の第22章のサブチャプターIVのパートC(§931以降)に分類されます。この法律のコードへの完全な分類については、タイトル30および表のセクション801に記載されている短いタイトルの注記を参照してください。

1974年の従業員退職所得保障法のセクション4223。サブセクションで参照されます。 (c)(22)(A)(i)、(C)、(D)は、タイトル29、労働のセクション1403に分類されます。

1986年の単一雇用者年金制度改正法の制定日。サブセクションで参照されます。 (c)(24)は、PubのタイトルXIの制定日です。 1986年4月7日に承認されたL.99–272。

このサブパラグラフの制定日。サブセクションで参照されます。 (c)(27)(B)(iii)(I)は、パブの制定日です。 L. 105–34、1997年8月5日に承認されました。

1974年の鉄道引退法のセクション15(j)、サブセクションで参照。 (c)(28)は、タイトル45、鉄道のセクション231n(j)に分類されます。

サブセクションで言及される、患者保護および手頃な価格のケア法のセクション1322。 (c)(29)(A)、(B)(ii)は、タイトル42、公衆衛生および福祉のセクション18042に分類されます。

サブセクションで参照される連邦信用組合法。 (l)(1)は、1934年6月26日、ch。 750、48統計修正された1216年。連邦信用組合法のタイトルIIIは、一般に、タイトル12、銀行および銀行業務の第14章のサブチャプターIII(§1795以降)に分類されます。この法律のコードへの完全な分類については、タイトル12および表のセクション1751を参照してください。

連邦住宅貸付銀行法のセクション21Aおよび21B。サブセクションで参照されます。 (l)(2)、(3)は、それぞれ、タイトル12、銀行および銀行の前のセクション1441aおよびセクション1441bに分類されます。法のセクション21Aはパブによって廃止されました。 L. 111–203、タイトルIII、§364(b)、2010年7月21日、124Stat。1555。

社会福祉法のセクション1181(b)および1855(d)。サブセクションで参照されます。 (l)(4)および(o)は、タイトル42、公衆衛生および福祉のセクション1320e(b)および1395w–25(d)にそれぞれ分類されます。

移民国籍法のセクション212(a)(3)(B)および219。サブセクションで参照されます。 (p)(2)(A)、(C)(i)は、タイトル8、エイリアン、国籍のセクション1182(a)(3)(B)と1189にそれぞれ分類されます。

サブセクションで言及されている国際緊急経済権限法。 (p)(2)(B)は、PubのタイトルIIです。 L. 95–223、1977年12月28日、91Stat。修正された1626年。これは一般にタイトル50、戦争および国防の第35章(§1701以降)に分類されます。この法律のコードへの完全な分類については、タイトル50および表のセクション1701に記載されている短いタイトルの注記を参照してください。

1945年の国連参加法のセクション5。サブセクションで言及されています。 (p)(2)(B)は、タイトル22、対外関係および性交のセクション287cに分類されます。

1988会計年度および1989会計年度の対外関係認可法のセクション140(d)(2)。サブセクションで参照されます。 (p)(2)(C)(i)は、タイトル22、対外関係および性交のセクション2656f(d)(2)に分類されます。

このサブセクションの制定日。サブセクションで参照されます。 (p)(3)(A)(ii)は、Pubの制定日です。 2003年11月11日に承認されたL.108–121。

このサブセクションの制定日。サブセクションで参照されます。 (q)(2)(B)(ii)は、パブの制定日です。 2006年8月17日に承認されたL.109–280。

2019-サブ秒(c)(12)(J)。パブ。 L. 116–94はサブパーを追加しました。 (NS)。

2018年-サブ秒(c)(12)(E)。パブ。 L. 115–141、§109(b)、「手段-」を「連邦エネルギー規制委員会を意味する」に置き換え、そのような用語への言及は、ERCOTユーティリティ(定義どおり)に関してテキサス州の公益事業委員会を含むものとして扱われるものとします。連邦電力法のセクション212(k)(2)(B)(16 USC 824k(k)(2)(B)))。」そしてclsを追加しました。 (i)および(ii)。

サブ秒。 (c)(12)(I)。パブ。 L. 115–123はサブパーを追加しました。 (私)。

サブ秒。 (f)(3)(B)。パブ。 L. 115–141、§401(a)(124)、「セクション115(a)」の代わりに「セクション115」を使用。

2015年-サブ秒。 (h)(4)(E)から(G)。パブ。 L. 114–113はサブパーを追加しました。 (E)および再指定された以前のサブパー。 (E)と(F)はそれぞれ(F)と(G)として。

2014年-サブ秒。 (c)(20)。パブ。 L. 113–295、§221(a)(19)(B)(iii)、パーを打ち消しました。 (20)次のように読みます。「米国で作成または組織された組織または信託。その排他的機能は、セクション120の意味の範囲内で、適格なグループの法律サービス計画の一部を形成することです。組織またはセクション120(c)(5)(C)のために寄付を受け取る信託は、単に法律サービスを提供する、または資格のあるグループに関連しない法律サービスの費用に対する補償を提供するという理由だけで、この段落に記載されている組織としての資格を妨げられないものとします。サービスプラン。」

サブ秒。 (NS)。パブ。 L. 113–295、§221(a)(62)、サブ秒を打ち消しました。 (NS)。テキストは次のように読まれます:「共産主義者が管理する組織の非免除については、1950年の国内保安法(64Stat。99750U.S.C. 790(b))のセクション11(b)を参照してください。」

2010年-サブ秒。 (c)(9)。パブ。 L. 111–152は最後に挿入されました。「そのような協会のメンバーと彼らのパブに病気と事故の給付金の支払いを提供する目的で。 L. 111–148、§1322(h)(1)、追加されたパラメーター。 (29)。

サブ秒。 (NS)。パブ。 L. 111–148、§9007(a)、サブ秒を追加。 (NS)。以前のサブ秒。 (r)再指定された(s)。

サブ秒。 (r)(5)(A)。パブ。 L. 111–148、§10903(a)、「一般的に請求される金額」を「請求される最低額」に置き換えました。

サブ秒。 (NS)。パブ。 L. 111–148、§9007(a)、再指定されたサブ秒。 (r)as(s)。

2006年-サブ秒。 (c)(21)(C)。パブ。 L. 109–280、§862(a)、導入規定およびclsを修正。 (i)および(ii)一般的に。修正前、導入規定およびcls。 (i)および(ii)は次のように読みます。「サブパラグラフ(A)(i)(IV)に記載されている支払いは、課税年度中のそのような支払いの総額がその課税年度中のそのような支払いの総額の範囲内でのみ、課税年度中にそのような信託から行うことができます。小さい方を超えない—

「(i)(もしあれば)(前の課税年度の終わりの時点で)の超過分-

「(i)信託の資産の公正市場価値、

「(II)そのような人のサブパラグラフ(A)(i)(I)に記載されている責任の現在価値の110パーセント、または

「(i)このサブパラグラフの制定日より前に終了する最後の課税年度の終了時に決定された同様の超過額と、関連する課税年度の前の課税年度の終了時の収益の合計。

「(II)サブパラグラフ(A)(i)(IV)に記載されている、このサブパラグラフの制定日以降に開始するすべての課税年度中に信託から支払われた総額。」

サブ秒。 (q)、(r)。パブ。 L. 109–280、§1220(a)、サブ秒を追加することによってセクション501の修正を指示しました。 (q)以前のサブセクションを再指定します。 (q)(r)として、修正される法律を指定せずに、1986年の内国歳入法のセクション501であるこのセクションを、議会の考えられる意図を反映するように修正することによって実行されました。

2005年-サブ秒。 (c)(12)(C)。パブ。 L. 109–58、§1304(a)は、次のように書かれた結論条項を打ち消しました。「条項(ii)から(v)は、2006年12月31日以降に始まる課税年度には適用されないものとします。」

サブ秒。 (c)(12)(F)。パブ。 L. 109–135、§412(bb)(1)、「サブパラグラフ(C)(iii)」の代わりに「サブパラグラフ(C)(iv)」を使用。

サブ秒。 (c)(12)(G)。パブ。 L. 109–135、§412(bb)(2)、「サブパラグラフ(C)(iv)」の代わりに「サブパラグラフ(C)(v)」を使用。

サブ秒。 (c)(12)(H)(x)。パブ。 L. 109–58、§1304(b)、clを打ち消しました。 (x)次のように読みます:「このサブパラグラフは、2006年12月31日以降に始まる課税年度には適用されないものとします。」

サブ秒。 (c)(22)(B)(ii)。パブ。 L. 109–135、§412(cc)、「パラグラフ(21)(B)の条項(ii)」を「パラグラフ(21)(D)の条項(ii)」に置き換えた。

2004年-サブ秒。 (c)(12)(C)。パブ。 L. 108–357、§319(a)(1)、clsを追加。 (ii)から(v)までの条項を締結し、以前のclを削除しました。 (ii)次のように読みます:「1936年の農村電化法のセクション306A、306B、または311に基づくローンの前払いから(1987年1月1日発効)」。

サブ秒。 (c)(15)(A)。パブ。 L. 108–218、§206(a)、修正されたサブパー。 (A)一般的に。修正前は、サブパー。 (A)次のように読みます。「課税年度の正味書面保険料(またはそれ以上の場合は直接書面保険料)が$ 350,000を超えない場合、生命保険会社または生命保険会社以外の協会(保険会社間および相互引受会社を含む)。」

サブ秒。 (c)(15)(C)。パブ。 L. 108–218、§206(b)、「最後の期間の前に挿入」。ただし、このサブパラグラフ、サブパラグラフ(B)および(C)の目的でセクション831(b)(2)(B)(ii)を適用する場合を除きます。 )セクション1563(b)(2)の)は無視されるものとします。

2003年-サブ秒。 (c)(19)(B)。パブ。 L. 108–121、§105(a)、「または未亡人」の代わりに「、未亡人、祖先、または直系の子孫」を使用。

サブ秒。 (p)、(q)。パブ。 L. 108–121、§108(a)、サブ秒を追加。 (p)および再指定された以前のサブセクション。 (p)(q)として。

2001年-サブ秒。 (c)(18)(D)(iii)。パブ。 L. 107–16、§611(d)(3)(C)は、「セクション402(g)」の後に「(そのパラグラフ(4)を除く)」を削除しました。

1998年-サブ秒。 (n)(3)。パブ。 L. 105–206、§6023(6)、締結条項の「サブパラグラフ(C)(ii)」の代わりに「サブパラグラフ(E)(ii)」を使用。

サブ秒。 (o)。パブ。 L. 105–206、§6023(7)、「セクション1853(e)」の代わりに「セクション1855(d)」を使用。

1997年-サブ秒。 (c)(26)。パブ。 L. 105–34、§101(c)、「サブパラグラフ(B)に記載されている個人の配偶者および資格のある子供(セクション24(c)で定義)は、この文に関係なく)サブパラグラフ(B)に記載されているように扱われます。」

サブ秒。 (c)(27)。パブ。 L. 105–34、§963(a)、(b)、既存の規定をサブパーとして指定。 (A)、以前のサブパーを再指定。 (A)clとして。 (i)、再指定されたサブパー。 (B)clとして。 (ii)および以前のcls。サブパーの(i)および(ii)。 (B)サブクラスとして。 clの(I)および(II)、それぞれ。 (ii)、再指定されたサブパー。 (C)clとして。 (iii)および以前のcls。サブパーの(i)および(ii)。 (C)サブクラスとして。 clの(I)および(II)、それぞれ。 (iii)、およびサブパーを追加しました。 (NS)。

サブ秒。 (e)(1)(A)。パブ。 L. 105–34、§974(a)、「請求および回収」の後に「(償還ベースでの売掛金の購入を含む)」を挿入。

サブ秒。 (o)、(p)。パブ。 L. 105–33はサブ秒を追加しました。 (o)および再指定された以前のサブセクション。 (o)(p)として。

1996年-サブ秒。 (c)(4)。パブ。 L. 104–168は、既存の規定をサブパーとして指定しました。 (A)および追加されたサブパー。 (NS)。

サブ秒。 (c)(21)(D)(ii)(III)。パブ。 L. 104–188、§1704(j)(5)、「セクション101(6)」を「セクション101(7)」に、「1752(6)」を「1752(7)」に置き換えました。

サブ秒。 (番号)。パブ。 L. 104–188、§1114(a)、サブ秒を追加。 (n)および再指定された以前のサブセクション。 (n)(o)として。

1993年-サブ秒。 (c)(2)。パブ。 L. 103–66、§13146(b)、最後に挿入「パラグラフ(25)のサブパラグラフ(G)のルールと同様のルールがこのパラグラフの目的に適用されるものとします。」

1992年-サブ秒。 (c)(21)。パブ。 L. 102–486修正パー。 (21)一般に、サブパーからなる現在の規定を置き換える。 (A)から(D)は、サブパーで構成される以前の規定の場合。 (A)および(B)。

1989年-サブ秒。 (l)。パブ。 L. 101–73修正サブ秒。 (l)一般的に。修正前、サブ秒。 (l)次のように読みます。「このサブセクションで説明されている組織は、連邦信用組合法(12 U.S.C. 1795以降)のタイトルIIIに基づいて設立された中央流動性ファシリティです。」

サブ秒。 (c)(12)(C)。パブ。 L. 100–647、§2003(a)(2)、修正されたサブパー。 (C)一般的に。修正前は、サブパー。 (C)次のように読みます。「相互または協同組合の電力会社の場合、サブパラグラフ(A)は、Pubから受け取ったまたは発生した収入を考慮せずに適用されるものとします。 L. 100–647、§1018(u)(34)は、Pubに技術的な修正を加えました。 L. 99–154、§1114(b)(14)。下記の1986年修正ノートを参照してください。

サブ秒。 (c)(25)(A)。パブ。 L. 100–647、§1016(a)(1)(A)、最後に挿入「条項(iii)の目的のために、用語Pub。 L. 100–647、§1016(a)(3)(B)、clを打ち消しました。 (v)次のように読みます:「この段落に記載されている組織」。

サブ秒。 (c)(25)(D)。パブ。 L. 100–647、§1016(a)(2)、「法人または信託は、そのような法人または信託がその株主または受益者を許可しない限り、いかなる場合もサブパラグラフ(A)に記載されているように扱われないものとします」を「法人またはこの段落で説明されている信頼は、紹介文の「株主または受益者」を許可する必要があります。

サブ秒。 (e)(1)(A)。パブ。 L. 100–647、§6202(a)、「購入」の後に「(グループベースの保険の購入を含む)」を挿入。

1987年-サブ秒。 (c)(3)。パブ。 L. 100–203は、「代理」の後に「(または反対に)」を挿入しました。

1986年-サブ秒。 (c)(1)(A)(i)。パブ。 L. 99–514、§1899A(15)、「1984年の税制改正法の制定日」を「1984年7月18日」に置き換えました。

サブ秒。 (c)(15)。パブ。 L. 99–514、§1024(b)、修正されたパラメーター。 (15)一般的に。修正前、パー。 (15)次のように読みます。「生命保険会社または海上保険会社以外の相互保険会社または団体(保険会社間および相互引受会社を含む)の場合、課税年度中にセクション822(b)に記載されている項目から総額を受け取った場合(段落を除く) (1)(D))および保険料(預金および査定を含む)は$ 150,000を超えません。」

サブ秒。 (c)(17)(A)(ii)、(iii)、(18)(B)、(C)。パブ。 L. 99–514、§1114(b)(14)、Pubによって修正されました。 L. 100–647、§1018(u)(34)、「役員、株主、主な職務が他の従業員の仕事を監督することである人」の代わりに「高報酬の従業員(セクション414(q)の意味内)」 、または高報酬の従業員」。

サブ秒。 (m)、(n)。パブ。 L. 99–514、§1012(a)、サブ秒を追加。 (m)および再指定された以前のサブセクション。 (m)として(n)。

1984年-サブ秒。 (c)(1)。パブ。 L. 98–369、§2813(b)(2)、既存の規定をサブパーとして指定。 (A)および追加されたサブパー。 (NS)。

サブ秒。 (c)(1)(A)。パブ。 L. 98–369、§1079、1984年7月18日より前に修正および補足された議会制定法、またはこのタイトルに含まれていない法律の条項に関係なく、このタイトルの下で連邦所得税を免除される企業に言及する代替条項また、改正および補足された議会制定法に基づいて連邦所得税を免除される企業に言及する規定の歳入法には含まれていません。

サブ秒。 (k)。パブ。 L. 98–369、§1032(a)、サブ秒を追加。 (k)。以前のサブ秒。 (k)再指定(l)。

サブ秒。 (l)。パブ。 L. 98–369、§2813(b)(1)、サブ秒を追加。 (l)。以前のサブ秒。 (l)再指定(m)。

パブ。 L. 98–369、§1032(a)、以前のサブセクションを再指定。 (k)(l)として。

サブ秒。 (NS)。パブ。 L. 98–369、§2813(b)(1)、以前のサブセクションを再指定。 (l)(m)として。

1983年-サブ秒。 (c)(23)。パブ。 L. 97–448は、「25パーセント」を「75パーセント」に置き換えました。

1982年-サブ秒。 (c)(19)。パブ。 L. 97–248、§354(a)(1)は、「の役職または組織」の後に「退役軍人」を「米国軍の過去または現在のメンバー」に置き換えました。

サブ秒。 (c)(19)(B)。パブ。 L. 97–248、§354(a)(2)、「退役軍人」を「退役軍人」の代わりに「退役軍人」に置き換え、「退役軍人(退役軍人ではない)」を殴打した、または「ある」の後に「ある」、「および」の前に「またはそのような個人」を「またはそのような個人」に置き換えた。

サブ秒。 (j)、(k)。パブ。 L. 97–248、§286(a)、サブ秒を追加。 (j)および再指定された以前のサブセクション。 (j)(k)として。

1981年-サブ秒。 (c)(21)(B)(iii)。パブ。 L. 97–119は、「1977年の黒肺給付収入法のセクション3に基づいて設立された」を「セクション9501に基づいて設立された」に置き換えました。

1980年-サブ秒。 (c)(12)。パブ。 L. 96–605は、既存の規定をサブパーとして指定しました。 (A)相互または協力電話会社の場合、通信サービスのパフォーマンスのために非会員電話会社から受け取った、または発生した収入を考慮せずに、85%以上の収入要件を適用するという規定を打ち消しました。そのような相互または協力的な電話会社のメンバーを含み、サブパーを追加しました。 (B)から(D)。

サブ秒。 (私)。パブ。 L. 96–601は、宗教的差別の制限は、社会がサブセクションで説明されている場合、兄弟の受益者社会の補助者には適用されないという規定を挿入しました。このセクションの(c)(8)は、サブセクションに基づく所得税が免除されます。 (a)このセクションのメンバーシップを特定の宗教のメンバー、またはその宗教の教えや原則を促進するために特定の宗教のメンバーに誠意を持って制限するクラブに限定します。特定の人種または色の個人を除外するため。

1978年-サブ秒。 (c)(12)。パブ。 L. 95–345は、非会員の電話会社から受け取った、または発生した収入の相互または協同組合の電話会社への法定条項の適用性に関する条項を挿入しました。

サブ秒。 (c)(20)。パブ。 L. 95–600、§703(b)(2)、「セクション501(c)(20)」の代わりに「この段落」を使用。

サブ秒。 (g)、(i)。パブ。 L. 95–600、§703(g)(2)(B)、再指定されたサブ秒。 (g)、Pubのセクション2(a)によって追加されました。 L. 94–568、サブ秒として。 (私)。以前のサブ秒。 (i)相互参照に関連して、再指定された(j)。

サブ秒。 (i)、(j)。パブ。 L. 95–600、§703(g)(2)(A)、修正されたPub。 L. 95–600、§2(a)。下記の1976年修正ノートを参照してください。

1976年-サブ秒。 (c)(3)。パブ。 L. 94–455、§§1313(a)、1307(d)(1)(A)、「または国内または国際的なアマチュアスポーツ競技を促進するために(ただし、その活動の一部が運動施設の提供を伴わない場合のみ)または機器)」パブの後。 L. 94–568、§1(a)は、クラブが特定の目的のために「独占的に運営される」という要件を打ち消しましたが、実質的にすべてのクラブ活動が特定の目的のためである必要がありました。

サブ秒。 (c)(17)、(18)。パブ。 L. 94–455、§1906(b)(13)(A)は、「秘書」の後に「または彼の代理人」を打ち負かしました。

サブ秒。 (e)(1)(A)。パブ。 L. 94–455、§1312(a)、「食品」の後に「臨床」を挿入。

サブ秒。 (NS)。パブ。 L. 94–568、§2(a)、サブ秒を追加。 (g)特定の社交クラブによる差別の禁止に関するもの。

パブ。 L. 94–455、§2113(a)、サブ秒を追加。 (g)definingPub。 L. 94–455、§§1307(a)(1)、2113(a)、サブ秒を追加。 (NS)。以前のサブ秒。 (g)、相互参照に関連して、再指定(h)およびさらに再指定(i)。

サブ秒。 (私)。パブ。 L. 94–568、§2(a)、Pubによって修正されました。 L. 95–600、§703(g)(2)(A)、サブ秒を追加。 (私)。以前のサブ秒。 (i)再指定(j)。

パブ。 L. 94–455、§1307(a)(1)、再指定されたサブ秒。 (h)、(i)のように、相互参照に関連します。

サブ秒。 (NS)。パブ。 L. 94–568、§2(a)、Pubによって修正されました。 L. 95–600、§703(g)(2)(A)、再指定されたサブ秒。 (i)、(j)のように、相互参照に関連します。

1975年-サブ秒。 (NS)。パブ。 L. 93–625は、この副章のパートVIへの参照を挿入しました。

1974年-サブ秒。 (f)、(g)。パブ。 L. 93–310はサブ秒を追加しました。 (f)および再指定された以前のサブセクション。 (f)(g)として。

1972年-サブ秒。 (c)(19)。パブ。 L. 92–418はパラメーターを追加しました。 (19)。

1970年-サブ秒。 (c)(13)。パブ。L.、91–618は、「墓地法人としての埋葬目的のみでチャーターされ、許可されていない法人」を「埋葬または火葬による遺体の処分のみを目的としてチャーターされた法人」に置き換えました。

1969年-サブ秒。 (NS)。パブ。 L. 91–172、§101(j)(3)は、セクション504への言及を打ち消しました。

サブ秒。 (NS)。パブ。 L. 91–172、§101(j)(4)は、見出しに他の特定の活動への言及を挿入し、テキストにパートIIIへの言及を挿入し、無関係の所得に対する税金への言及を打ち消しました。

サブ秒。 (NS)。パブ。 L. 91–172、§§101(j)(5)、121(b)(6)(A)、「対象となる協会によって組織された企業」の後に「パートIII」を「パートIV」に置き換え、パーを追加。 18.18。

サブ秒。 (c)(9)。パブ。 L. 91–172、§121(b)(5)(A)は、指定された受益者への言及を挿入し、任意の従業員の受益者協会の85パーセント以上の収入への言及を打ち消しました。

サブ秒。 (c)(10)。パブ。 L. 91–172、§121(b)(5)(A)、ロッジシステムの下で運営されている国内の友愛団体、命令、または協会に関する規定を、指定された人に給付を支払う任意の従業員の受益者協会を対象とする規定に置き換えたメンバーの受益者。

サブ秒。 (e)。パブ。 L. 91–172、§101(j)(6)、最後の文の「セクション503(b)(5)」を「セクション170(b)(1)(A)(iii)」に置き換えました。

1968年-サブ秒。 (e)、(f)。パブ。 L. 90–364はサブ秒を追加しました。 (e)および再指定された以前のサブセクション。 (e)(f)として。

1966年-サブ秒。 (c)(6)。パブ。 L. 89–800は、プロのフットボールリーグへの言及を挿入しました(フットボール選手のための年金基金を管理しているかどうかにかかわらず)。

サブ秒。 (c)(14)。パブ。 L. 89–352はサブパーとして指定されています。 (A)以前はサブパーに先行して設定されていた信用組合を対象とする規定。 (A)、サブパーとして指定。 (B)およびその下の条項(i)、(ii)、および(iii)は、1957年9月1日より前に組織された資本ストックのない法人または団体を対象とする条項であり、以前はサブパーに先行する条項として定められていました。 (A)およびサブパーとして。それぞれ(A)、(B)、および(C)、およびサブパーを追加しました。 (NS)。

1962年-サブ秒。 (c)(15)。パブ。 L. 87–834は、「$ 75,000」を「$ 150,000」に置き換えました。

1960年-サブ秒。 (c)(14)。パブ。 L. 86–428は、「1951年9月1日」を「1957年9月1日」に置き換えました。

1956年-サブ秒。 (c)(15)。 1956年3月13日の法律は、「利息、配当、家賃」を「セクション822(b)(そのパラグラフ(1)(D)を除く)に記載されている項目」に置き換えました。

パブによる修正。 L. 115–123は、2018年2月9日以降に開始する課税年度に適用されます。Pubのセクション40501(c)(2)を参照してください。 L. 115–123、このタイトルのセクション45Jの下の注記に記載されています。

パブによる修正。 L. 114–113は、2015年12月18日以降に行われた寄付に適用されます。Pubのセクション331(c)を参照してください。 L. 114–113、このタイトルのセクション170の下に注記として記載されています。

パブによる修正。 L. 113–295、2014年12月19日発効、貯蓄条項の対象。Pubのセクション221(b)を参照。 L. 113–295、このタイトルのセクション1の下に注記として記載されています。

パブによる修正。 L. 107–16は、2001年12月31日以降に開始する年に適用されます。Pubのセクション611(i)(1)を参照してください。 L. 107–16、このタイトルのセクション415の下に注記として記載されています。

Pubのセクション101(c)による修正。 L. 105–34は、1997年12月31日以降に開始する課税年度に適用されます。Pubのセクション101(e)を参照してください。 L. 105–34、このタイトルのセクション24の下に発効日注記として記載されています。

パブによる修正。 L. 102–486は、1991年12月31日以降に開始する課税年度に適用されます。Pubのセクション1940(d)を参照してください。 L. 102–486、このタイトルのセクション192の下に注記として記載されています。

Pubのセクション1011(c)(7)(D)による修正。 L. 100–647は、1987年12月31日以降に開始する計画年度に適用されます。ただし、Pubのセクション1105(c)(2)に記載されている計画の場合は例外です。 L. 99–514、Pubのセクション1011(c)(7)(E)を参照してください。 L. 100–647、このタイトルのセクション401の下に注記として記載されています。

Pubのセクション1010(b)(4)、1016(a)(2)–(4)、および1018(u)(14)、(15)、(34)による修正。 L. 100–647は、1986年の税制改革法、Pub。そのような修正が関係するL.99–514は、Pubのセクション1019(a)を参照してください。 L. 100–647、このタイトルのセクション1の下に注記として記載されています。

パブによる修正。 1987年12月22日以降の活動に関して適用されるL.100–203、Pubのセクション10711(c)を参照。 L. 100–203、このタイトルのセクション170の下に注記として記載されています。

Pubのセクション1012(a)による修正。 L. 99–514は、1986年12月31日以降に開始する課税年度に適用されます。Pubのセクション1012(c)を参照してください。 L. 99–514、このタイトルのセクション833の下に発効日注記として記載されています。

Pubのセクション1024(b)による修正。 L. 99–514は、1986年12月31日以降に開始する課税年度に適用されます。Pubのセクション1024(e)を参照してください。 L. 99–514、このタイトルのセクション831の下に注記として記載されています。

Pubのセクション1109(a)による修正。 L. 99–514は、1986年12月31日以降に開始する課税年度に適用されます。Pubのセクション1109(c)を参照してください。 L. 99–514、このタイトルのセクション219の下に注記として記載されています。

Pubのセクション1114(b)(14)による修正。 L. 99–514は、1986年12月31日以降に開始する年に適用されます。Pubのセクション1114(c)(1)を参照してください。 L. 99–514、このタイトルのセクション414の下に注記として記載されています。

パブによる修正。 L. 99–272 1986年1月1日発効、特定の例外を除き、Pubのセクション11019を参照してください。 L. 99–272、タイトル29、労働のセクション1341の下に注記として記載されています。

パブのセクション1032による修正。 L. 98–369は、1984年7月18日以降に開始する課税年度に適用されます。Pubのセクション1032(c)を参照してください。 L. 98–369、このタイトルのセクション170の下に注記として記載されています。

Pubのセクション2813(b)による修正。 L. 98–369 1979年10月1日発効、Pubのセクション2813(c)を参照。 L. 98–369、タイトル12、銀行および銀行業務のセクション1795kに基づく発効日注記として記載されています。

パブによる修正。 L. 97–448は、1982年のTax Equity and Fiscal Responsibility Act、Pub。そのような修正が関係するL.97–248は、Pubのセクション311(d)を参照してください。 L. 97–448、このタイトルのセクション31の下に注記として記載されています。

パブによる修正。 L. 97–119 1982年1月1日発効、Pubのセクション103(d)(1)を参照。 L. 97–119、このタイトルのセクション9501の下に発効日注記として記載されています。

パブによる修正。 L. 96–364は、1980年9月26日以降に終了する課税年度に適用されます。Pubのセクション210(c)を参照してください。 L. 96–364、このタイトルのセクション194Aの下で発効日注記として記載されています。

パブによる修正。 L. 96–222は、別途規定されている場合を除き、1978年の歳入法の規定に含まれているかのように有効です。そのような修正が関係するL.95–600は、Pubのセクション201を参照してください。 L. 96–222、このタイトルのセクション32の下に1980年修正ノートの発効日として記載されています。

Pubのセクション703(b)(2)、(g)(2)(B)による修正。 L. 95–600は1976年10月4日に発効しました。Pubのセクション703(r)を参照してください。 L. 95–600、このタイトルのセクション46の下に注記として記載されています。

パブによる修正。 L. 95–227は、1977年12月31日以降に行われた拠出、行為、および支出に関して、その日付以降に開始する課税年度に適用されます。Pubのセクション4(f)を参照してください。 L. 95–227、このタイトルのセクション192の下に注記として記載されています。

パブによる修正。 L. 93–625は、1974年12月31日以降に開始する課税年度に適用されます。Pubのセクション10(e)を参照してください。 L. 93–625、このタイトルのセクション527の下に発効日注記として記載されています。

Pub L. 91–618、§2、1970年12月31日、84Stat。 1855年、ただし、「この法律の最初のセクションによって行われた修正[このセクションの修正]は、この法律の制定日[1970年12月31日]以降に終了する課税年度に適用されるものとします。」

Pubのセクション101(j)(3)による修正。 L. 91–172 1970年1月1日発効。ただし、サブセクションの修正は除きます。 (a)1969年12月31日以降に開始する課税年度に適用されるこのセクションの、Pubのセクション101(k)(1)、(2)(B)を参照してください。 L. 91–172、このタイトルのセクション4940の下で発効日注記として記載されています。

Pubのセクション121(b)(5)(A)、(6)(A)による修正。 L. 91–172は、1969年12月31日以降に開始する課税年度に適用されます。Pubのセクション121(g)を参照してください。 L. 91–172、このタイトルのセクション511の下に注記として記載されています。

パブ。 89–352、§3、1966年2月2日、80Stat。 4、ただし、「この法律の最初のセクションによって行われた修正[このセクションの修正]は、この法律の制定日[1966年2月2日]以降に終了する課税年度に適用されるものとします。」

1956年3月13日の法律による改正。1954年12月31日以降に開始する課税年度にのみ適用されます。このタイトルのセクション316の下に注記として記載されている1956年3月13日の法律のセクション6を参照してください。

財務長官またはその代理人が1988年2月1日より前に発行する、パブのセクション1114によって行われた修正を実行するための最終規則。 L. 99–514、Pubのセクション1141を参照してください。 L. 99–514、このタイトルのセクション401の下に注記として記載されています。

Pubのセクション401(b)(22)による修正には何もないという規定について。 L. 115–141は、2018年3月23日より前に発生した特定の取引、取得した資産、または収入、損失、控除、またはクレジットの項目の処理に影響を与えると解釈され、終了する期間の税金に対する責任を決定します。 2018年3月23日以降、Pubのセクション401(e)を参照してください。 L. 115–141、このタイトルのセクション23の下に注記として記載されています。

PubのタイトルXI [§§1101–1147および1171–1177]またはタイトルXVIII [§§1800–1899A]のサブタイトルAまたはサブタイトルCによって修正が行われた場合にそれを指示する規定。 L. 99–514は、計画の修正を要求します。そのような計画の修正は、1989年1月1日以降に始まる最初の計画年の前に行う必要はありません。Pubのセクション1140を参照してください。 L. 99–514は、修正されたとおり、このタイトルのセクション401の下に注記として記載されています。

パブ。 L. 89–44、タイトルVIII、§811、1965年6月21日、79Stat。 169ただし、特定の地域の家禽生産者の販売のための交換を提供することのみを目的として組織および運営されている特定の企業、協会、または組織は、この称号の目的のために免除組織として扱われ、そのような免除が適用されるものとします。 1953年12月31日以降に始まり、1954年8月16日以降に終了する課税年度まで。これは1966年1月1日より前に始まります。


ラサテレーン:微小大陸の記録とその漂流と成長の歴史

チベット南部のラサテレーンは、新生代の北向きに漂うインド大陸と衝突する前にユーラシアに付着した最後の地質学的ブロックとして長い間受け入れられてきましたが、そのリソスフェアの構造、漂流と成長の歴史、そしてユーラシアとの北の縫合の性質QiangtangTerraneは謎のままです。ジルコンの使用 その場で ラサテレーンを横切る4つの南北トラバースに沿ってサンプリングされた中生代〜初期第三紀のマグマ岩のU–PbおよびLu–Hf同位体およびバルク岩の地球化学的データ、ラサテレーンには原生代および始生代の古代の基盤岩があることを示します(上中央部は2870Ma)で、北端と南端の両方に向かって若くて幼い地殻(顕生代)が堆積しています。この発見は、中央ラサ地下がかつて微小大陸であったことを証明しています。この大陸は、古テシアン海盆を横切る長い旅から生き残り、その旅の間に海洋リソスフェアがその下に沈み込むことから生じる火成活動とその後の北の強唐テレーンとの衝突、そしてインド大陸との衝突によって端で成長しました。南。ジルコンHf同位体データは、これらの花崗岩質岩の生成に対するマントル源の重要な寄与を示しています(例:

ラササブテレーン南部、中央部、北部の中生代火成活動に対して、それぞれ50〜90%、0〜70%、30〜100%)。ラサテレーンの中生代の火成活動の多くは、ラサテレーンの下の南向きのバンゴン-ヌジャンテチス海底沈み込みに関連している可能性があります。ジルコンεの重要な変化Hf(t)で

52 Maは、それぞれ、Qiangtang-Lhasa合併およびIndia-Lhasa合併に続く、スラブの破壊および関連するマントル融解イベントの結果としての地殻変動活動を記録しています。これらの結果は、リソスフェアプレートの起源と歴史を理解し、プレートテクトニクスの文脈で古い造山運動の構造進化を明らかにする上で、クロノメーター(U–Pb年代測定)および地球化学的トレーサー(Hf同位体)としてのジルコンの有効性を示しています。

研究のハイライト

中央のラサ地下はかつて原生代と始生代の古代の基盤岩のある微小大陸でしたが、南部と北部はテチス海盆を横切る漂流の旅の間に最近付着した地下です。

ラサテレーンの中生代の火成活動の多くは、ラサテレーンの下の南向きのバンゴン-ヌジャンテチス海底沈み込みに関連している可能性があり、これはおそらく二畳紀後期に始まった(

263 Ma以前)、前期白亜紀後期(

ネオテチス海の海底は、ラサ南部の地下の下で北に沈み込んだに違いありません。これは、おそらく前期白亜紀に初期化されたものです。

ジルコンεの重要な変化Hf(t)で

52 Maは、それぞれ、Qiangtang-Lhasa合併およびIndia-Lhasa合併に続く、スラブの破壊および関連するマントル融解イベントの結果としての地殻変動活動を記録しています。


E = mc 2

編集者が提出内容を確認し、記事を改訂するかどうかを決定します。

E = mc 2 、ドイツ生まれの物理学者アルバートアインシュタインの特殊相対性理論の方程式。質量とエネルギーは同じ物理的実体であり、互いに変更できるという事実を表しています。方程式では、増加した相対論的質量(NS)体の光速の2乗を掛けたもの(NS 2)は運動エネルギー(E)その体の。

特殊相対性理論より前の物理理論では、質量とエネルギーは別個の実体と見なされていました。さらに、静止している物体のエネルギーには任意の値を割り当てることができます。しかし、特殊相対性理論では、静止している物体のエネルギーは次のように決定されます。 NSNS 2。したがって、静止質量の各ボディ NS 所有している NSNS 「残りのエネルギー」の2つ。これは、他の形式のエネルギーへの変換に利用できる可能性があります。さらに、質量とエネルギーの関係は、そのような変換の結果としてエネルギーが体から放出されると、体の残りの質量が減少することを意味します。このような静止エネルギーから他の形態のエネルギーへの変換は、通常の化学反応で発生しますが、核反応でははるかに大きな変換が発生します。これは、水素をヘリウムに変換する核融合反応の場合に特に当てはまります。核融合反応では、水素の元の静止エネルギーの0.7%が他の形式のエネルギーに変換されます。太陽のような星は、融合してヘリウムを形成する水素原子の静止エネルギーから放出されるエネルギーから輝きます。


インデックスとソース

議会情報サービス(CIS)年次 (電話番号KF49 .C62)。下院および上院の報告書、公聴会、委員会の印刷物、1970年以降の公法など、議会の出版物の索引と要約。 1970年から1983年まで、抄録集には、公法番号ごとに議会文書をリストした要約された&ldquoLegislative History&rdquoセクションが含まれています。 1984年以降、個別の立法履歴ボリュームが含まれています。 CISによる他のインデックスは、1970年以前の法律を調査するために利用できます(下のチャートを参照)。

ProQuest議会 オンライン版 CISアニュアル.

合衆国法典、議会および行政ニュース (USCCAN)(電話番号KF48 .W45)。に表示されるすべての公法を転載 法令集 1941年以降。1948年以降、1986年以降、選択された立法経緯資料(たとえば、選択された議会報告書の抜粋および議会記録日の参照)が含まれ、大統領の署名声明が含まれます。

会期別法令集 (電話番号KF50 .U5)。 1963年以降、すべての公法に関する立法経緯の引用が含まれています。 77-88巻(1963-1974)については、「公法に制定された法案の立法経緯に関するガイド」というタイトルの表が含まれています。89巻以降については、個々の公法の最後に立法経緯の参照が含まれています。

国会議事録インデックス (電話番号KF35)。 1873年から現在まで、各巻には&ldquo法案と決議の歴史&rdquoセクションが含まれています。このセクションには、関連するフロア討論への引用、議会の報告書および文書が含まれています。

Congress.gov 公法および議会法案への全文アクセス(第103議会フォワード)、下院および上院報告(第104議会フォワード)、指名(第97議会フォワード)、および議会記録(第104議会フォワード)を含む連邦立法情報への無料アクセスを提供します)。 1973年(第93回議会)以降の請求状況と要約情報も含まれています。

FDSys 第103回議会から始まる法案への全文アクセス、1994年から現在までの議会記録、第99回議会以降の選択された下院および上院の公聴会、第94回議会以降の選択された文書、第104回議会以降の選択されたレポート、および&ldquoHistory of 1983年から現在までの議会記録インデックスの法案と決議&rdquoセクション。

立法の世紀 大陸会議および憲法制定法から第43議会までの議会記録と議会制定法が含まれます。これには、1873年から75年の議会記録の最初の3巻が含まれます。

HeinOnline このサブスクリプションデータベースには、 法令集、 NS 国会議事録、および前身の出版物、ならびにかなりの数の編集された立法史。


A.E.G. C.II-歴史

記録のための覚書

から: ノーウッドJ.ジャクソン
副コントローラー
連邦財務管理局

主題: OMB CircularA-87の再コンパイル

私は、添付文書が行政管理予算局の回覧A-87「州、地方、およびインドの部族政府の費用原則」の再編集を構成することを保証します。再編集は、60 FR 26484(1995年5月4日付け、1995年5月17日発行)で発行されたCircularの最後の完全な改訂で構成され、62 FR 45934(1997年8月29日)でさらに修正されました。

OMB CIRCULAR A-87(95年5月4日改訂、97年8月29日さらに修正)

行政部および施設の長へ

件名:州、地方、およびインドの部族政府のコスト原則

1。目的 。この通達は、助成金、費用償還契約、および州政府、地方政府、および連邦政府が認めたインドの部族政府(政府機関)とのその他の合意を通じて実施される連邦賞の費用を決定するための原則と基準を確立します。

2.権限。この通達は、1921年の予算会計法、1950年の予算会計手続き法、1990年の最高財務責任者法、1970年の再編計画第2号、および大統領令第2号の権限の下で発行されます。11541(「大統領行政府における行政管理予算局と国内政策会議の義務の規定」)。

3.背景。 1987年に省庁間タスクフォースが設立され、州、地方、およびインドの部族政府に対する連邦政府の賞の既存のコスト原則を検討しました。タスクフォースは、監察官の一般的な報告と勧告を調査し、政府機関から通達への変更の提案を求め、一貫性を保つために、非営利組織と大学を対象とする他のOMBコスト原則通達の規定を比較しました。これらの取り組みの結果を反映した改訂サーキュラー案が1988年10月12日と1993年8月19日に発行されました。

4.取消し。このサーキュラーは、1981年1月15日に発行されたサーキュラーA-87を取り消し、置き換えます。

5.ポリシー。この通達は、コストを決定するための統一されたアプローチを提供し、効果的なプログラムの提供、効率、および政府機関と連邦政府の間のより良い関係を促進するための原則と基準を確立します。原則は、許容可能なコストのみを決定するためのものです。それらは、状況を特定したり、特定の連邦賞の資金調達への連邦および政府機関の参加の程度を指示したりすることを意図したものではありません。利益または費用を超えるその他の増分の引当金は、この回覧の範囲外です。

6.定義。このサーキュラーで使用されている重要な用語の定義は、別紙AのセクションBに含まれています。

7.必要なアクション。費用償還契約、助成金、および政府機関とのその他の合意を含むプログラムの管理を担当する機関は、1995年9月1日までにこの通達およびその添付資料の規定を実施するための成文化された規則を発行するものとします。

8.OMBの責任。行政管理予算局(OMB)は、政府機関の規制とこの通達の実施を検討し、効果的かつ効率的な実施を保証するための政策解釈と支援を提供します。すべての例外は、OMBによる承認の対象となります。例外は、適切な正当化が提示されている特定の場合にのみ行われます。

9.情報連絡先。この回覧に関する詳細情報は、連邦財務管理局、財務基準および報告部門、行政管理予算局、ワシントンDC 20503、電話202-395-3993に連絡することで入手できます。

10.ポリシーレビュー日。 OMB Circular A-87は、発行日から3年後にポリシーレビューを行います。

11.発効日。この回覧は次のように効果的です。

-別紙C、D、Eに記載されている費用配分計画によって間接的に請求された費用、またはその他の方法でカバーされた費用については、この改訂は、9月以降に開始する政府機関の会計年度に提出または準備された費用配分計画および間接費用提案に適用されるものとします。 1、1995。

-その他の費用については、この改訂は、1995年9月1日以降に行われた継続または更新の報奨を含むすべての報奨または修正に適用されるものとします。

のコスト原則
州、地方およびインドの部族政府

添付資料A-許容コストを決定するための一般原則

添付資料B-選択したコスト項目

添付資料C-州/地方全体の中央サービスコスト配分計画

添付資料D-公的支援費用配分計画

添付資料E-州および地方の間接費率の提案

アタッチメントA
通達番号A-87

決定するための一般原則
許容コスト

1.授与または認識のある連邦機関の承認または承認

4.中央サービスコスト配分計画

12.連邦政府が認めたインドの部族政府

14.被付与者の部門または機関

15.間接費率の提案

17.公的支援費用配分計画

1.コストの許容範囲に影響を与える要因

2.コストの分類

2.コスト配分計画と間接コスト提案

3.間接費または管理費の制限

H.必要な認定

1.目的。この添付資料は、助成金、費用償還契約、および連邦政府とのその他の合意(この回覧では総称して「連邦政府」と呼びます)の下で、州、地方、および連邦政府が承認したインドの部族政府(政府機関)が負担する許容費用を決定するための原則を確立します。賞」)。原則はコスト決定を目的としたものであり、状況を特定したり、特定のプログラムまたはプロジェクトの資金調達への連邦または政府機関の参加の程度を指示したりすることを意図したものではありません。原則は、法律によって制限または禁止されている場合を除き、連邦政府の報奨がこれらの原則の下で認識される費用の公正な分担を負担することを規定するように設計されています。利益または費用を超えるその他の増分の引当金は、この回覧の範囲外です。

NS。これらの原則の適用は、次の基本的な前提に基づいています。

(1)政府機関は、健全な管理慣行の適用を通じて、連邦賞の効率的かつ効果的な管理に責任を負います。

(2)政府機関は、基礎となる合意、プログラムの目的、および連邦賞の条件と一致する方法で連邦資金を管理する責任を負います。

(3)各政府機関は、スタッフ、施設、および経験の独自の組み合わせを認識し、連邦賞の適切かつ効率的な管理を保証するために必要となる可能性のあるあらゆる形態の組織および管理手法を採用する主な責任を負います。

NS。連邦政府機関は、連邦プログラムを管理するための費用を支払うための代替メカニズムをテストしたい州または地方と協力する必要があります。行政管理予算局(OMB)は、連邦政府機関に対し、National Performance Review(NPR)の推奨に応じて、現在の費用償還支払い方法の代わりとして、サービス料金の代替案をテストすることを推奨しています。 NPRは、連邦プログラムに管理費を請求するためのシステムを維持し、費用配分計画を準備および承認することに関連する負担を軽減するために、サービス料金アプローチを推奨しました。このアプローチはまた、管理効率に対するインセンティブを高め、結果を改善するはずです。

NS。これらの原則は、(1)OMB CircularA-21「教育機関の費用原則」の対象となる公的資金による教育機関を除くすべての連邦機関が連邦賞(サブアワードを含む)に基づいて政府機関が負担する費用を決定する際に適用されます。 (2)公営病院およびその他の医療提供者によって管理され、後援する連邦機関によって公布された要件の対象となるプログラム。ただし、この通達は、他の州および地方自治体の部門および機関によって、これらの教育機関、病院、およびその他の医療またはサービスの提供者に割り当てまたは請求さ​​れるすべての中央サービスおよび部門/機関の費用に適用されます。

NS。すべてのサブアワードは、関係する特定の組織に適用される連邦コストの原則の対象となります。したがって、サブアワードが政府機関(大学、大学、病院を除く)に対するものである場合、このサーキュラーは、サブアワードが商業組織に対するものである場合に適用され、商業組織に適用されるコスト原則は、サブアワードが大学に対するものである場合に適用されるものとします。または大学、通達A-21は、サブアワードが病院に対するものである場合に適用され、病院へのアワードのために連邦授与機関によって使用されるコスト原則が、サブセクションA.3.aの規定に従って適用されるものとします。サブアワードが他の非営利団体に対するものである場合は、この添付資料の通達A-122「非営利団体の費用原則」が適用されるものとします。

NS。これらの原則は、適切な価格を決定する際にコストが使用される固定価格の取り決めの価格設定のガイドとして使用されるものとします。

NS。政府機関に授与された連邦契約にコスト会計基準(CAS)条項が組み込まれている場合、その条項の要件が適用されるものとします。このような場合、政府機関とコグニザント連邦政府機関は、CASの対象となる契約に基づく費用を見積もり、累積し、報告する際に、政府機関が該当するCAS要件にどのように準拠するかについて適切な事前合意を確立するものとします。協定は、OMB CircularA-87要件が他の連邦政府の賞に適用されることを示すものとします。すべての場合において、政府機関が維持する必要があるのは1セットの記録のみです。

(1)OMBは、法的に認可された統合計画および統合管理資金を使用する特定の連邦プログラムについて、OMB管理要件およびコスト原則の回覧からの条件付き免除を承認します。これらは、連邦機関によって識別され、行政管理予算局または行政管理予算局の長によって承認されます。連邦政府機関は、そのような免除を認めるかどうかを検討する際にOMBに相談するものとします。

(2)州および地方のプログラム管理の効率を促進するために、共通の目的を持つ連邦の非資格プログラムが特定の法的に認可された統合計画および統合された管理資金を有し、州機関のリソースのほとんどが非連邦ソース、連邦機関からのものである場合これらの対象となる州が管理する資格のない助成プログラムを、特定のOMB助成金管理要件から免除する場合があります。免除は、OMB Circulars A-87(添付資料A、サブセクションC.3)、「州、地方、およびインドの部族政府のコスト原則」、A-21(セクションC、サブパート4)、「教育機関のコスト原則」、およびA-122(添付資料A、サブセクションA.4)、「非営利組織のコスト原則」、およびOMB CircularA-110のすべての管理要件条項から「高等教育機関、病院、およびその他の非営利組織との助成金および協定に関する統一された管理要件」、および各機関の助成金管理の共通ルール。

(3)連邦政府機関がこの柔軟性を提供する場合、州がこのオプションを行使するための前提条件として、州は、OMB Circular Aの規定と一致する、すべての資金の支出および会計に関する独自の書面による財政および管理要件を採用する必要があります。 -87、およびそのようなポリシーをすべてのサブ受信者に拡張します。これらの財政的および管理的要件は、以下を保証するために十分に具体的でなければなりません。資金は、該当するすべての連邦法および規制の規定に準拠して使用され、費用はこれらのプログラムを運用するために合理的かつ必要であり、資金は実行に必要な一般経費に使用されません。州またはそのサブ受領者のその他の責任。

1.「授与または承認された連邦機関の承認または承認」とは、特定の費用が発生する前に同意を証明する文書を意味します。そのような費用が連邦賞文書で具体的に特定されている場合、文書の承認は費用の承認を構成します。コストが州/地方全体のコスト配分計画または間接コスト提案によってカバーされている場合、計画の承認が承認を構成します。

2.「賞」とは、州、地方およびインドの部族政府と連邦政府との間の助成金、費用償還契約、およびその他の合意を意味します。

3.「授与機関」とは、(a)助成金、協力協定、または費用償還契約に関しては連邦政府機関を意味し、(b)サブアワードに関しては、サブアワードを授与した当事者を意味します。

4.「中央サービスコスト配分計画」とは、政府機関がその部門および機関に集中的に提供するサービスの許容コストに基づいて、請求レートを特定、累積、および割り当て、または開発する文書を意味します。これらのサービスの費用は、ユーザーに割り当てられるか、請求される場合があります。

5.「請求」とは、政府機関または付与者による書面による要求または書面による主張を意味し、権利の問題として、一定額の金銭の支払い、報奨条件の調整または解釈、またはそれに関連して発生するその他の救済を求めます。賞に。提出時に紛争ではないバウチャー、請求書、またはその他の定期的な支払い要求は、請求ではありません。疑わしい監査費用に応じて政府機関によって提出されたものなどの控訴は、連邦の授与機関によって最終的な管理上の決定が下されるまで、請求とは見なされません。

6.「コグニザントエージェンシー」とは、すべての連邦政府機関に代わってこの通達に基づいて作成されたコスト配分計画または間接コスト提案のレビュー、交渉、および承認を担当する連邦政府機関を意味します。 OMBは、認知機関のリストを公開しています。

7.「共通規則」とは、53 FR 8034-8103(1988年3月11日)で最初に発行された「州および地方政府への助成金および協力協定の統一行政要件最終規則」を意味します。その他の一般的なルールは、特定のタイトルで参照されます。

8.「契約」とは、売り手が供給品またはサービス(建設を含む)を提供し、買い手がそれらの代金を支払うことを義務付ける相互に拘束力のある法的関係を意味します。これには、政府に適切な資金の支出を義務付けるあらゆる種類の公約が含まれ、別途許可されている場合を除き、書面で行われます。二国間商品に加えて、契約には以下が含まれます(ただしこれらに限定されません):基本的な注文契約に基づいて発行されたジョブオーダーまたはタスクオーダーのアワードおよび通知書面による承諾によって契約が有効になる発注書などのレター契約オーダーまたはパフォーマンスと、二国間契約の変更。契約には、31U.S.C。の対象となる助成金や協力協定は含まれていません。 6301以降

9.「費用」とは、連邦政府の授与機関または認知機関が認める現金、見越、またはその他の基準に基づいて決定された金額を意味します。一般基金または同様の基金への送金は含まれません。

10.「費用配分計画」とは、中央サービス費用配分計画、公的支援費用配分計画、および間接費用率提案を意味します。これらの各用語は、このセクションでさらに定義されています。

11.「コスト目標」とは、コストデータが必要であり、コストが発生する機能、組織の細分化、契約、助成金、またはその他の活動を意味します。

12.「連邦政府が認めたインドの部族政府」とは、インドの部族、バンド、国、またはその他の組織化されたグループまたはコミュニティ(アラスカ先住民請求解決法のセクション3で定義されているネイティブビレッジを含む)の統治機関または政府機関を意味します。 、85Stat。688)内務長官により、インド問題局を通じて提供される特別なプログラムおよびサービスの対象として認定されています。

13.「政府単位」とは、州全体、地方政府、または連邦政府が承認したインドの部族政府を意味し、その構成要素を含みます。政府機関の構成要素は、賞の期間に従って、政府機関とは独立して機能する場合があります。

14.「助成部門または機関」とは、連邦政府の賞の全部または一部の履行または管理に責任を負う、州、地方、または連邦政府が認めたインドの部族政府の構成要素を意味します。

15.「間接費率の提案」とは、本通達の別紙Eに記載されている間接費率の設定の要求を立証するために政府機関またはその構成要素によって作成された文書を意味します。

16.「地方自治体」とは、郡、市町村、市、町、町、地方自治体、学区、特別区、州内区、政府評議会(州法に基づいて非営利法人として法人化されているかどうかにかかわらず)を意味します。その他の地域または州間政府機関、あるいは地方政府の機関または手段。

17.「公的支援費用配分計画」とは、この回覧の別紙Dに記載されているように、州の公的支援機関によって管理または監督されるすべてのプログラムにすべての管理費を特定、測定、および割り当てる際に使用される手順の説明を意味します。 。

18.「州」とは、アメリカ合衆国のいくつかの州、コロンビア特別区、プエルトリコ連邦、アメリカ合衆国の領土または所有物、あるいは地方自治体を除く州の機関または手段のいずれかを意味します。

1.コストの許容範囲に影響を与える要因。連邦政府の賞の下で許容されるためには、費用は以下の一般的な基準を満たさなければなりません:

NS。連邦賞の適切かつ効率的な履行と管理のために必要かつ合理的であること。

NS。このサーキュラーの規定に基づいて、連邦政府の賞に割り当てられるようにします。

NS。州または地方の法律または規制の下で許可されているか、禁止されていない。

NS。これらの原則、連邦法、連邦賞の条件、またはコスト項目の種類や金額に関するその他の準拠規則に記載されている制限または除外に準拠します。

e。連邦政府の賞と政府機関の他の活動の両方に一律に適用される方針、規制、および手順と一致している。

NS。一貫した治療が与えられます。同様の状況で同じ目的で発生した他の費用が間接費として連邦賞に割り当てられている場合、費用を直接費用として連邦賞に割り当てることはできません。

NS。この通達に別段の定めがある場合を除き、一般に認められた会計原則に従って決定されます。

NS。連邦法または規制によって具体的に規定されている場合を除き、現在または前の期間のいずれかで、コストとして含まれたり、他の連邦賞のコスト共有またはマッチング要件を満たすために使用されたりすることはありません。

私。該当するすべてのクレジットを差し引いたものになります。

NS。適切に文書化してください。

2.リーズナブルなコスト。費用は、その性質と金額において、費用を負担する決定がなされた時点で一般的な状況下で賢明な人が負担する額を超えない場合、合理的です。合理性の問題は、政府のユニットまたはコンポーネントが主に連邦政府から資金提供されている場合に特に重要です。所与の費用の合理性を決定する際には、以下を考慮しなければならない。

NS。費用が、政府機関の運営または連邦賞の履行に通常かつ必要であると一般に認識されている種類のものであるかどうか。

NS。次のような要因によって課せられる制約または要件:健全な商慣行は、連邦、州、およびその他の法律および規制、ならびに連邦賞の条件を交渉します。

NS。同等の商品またはサービスの市場価格。

NS。関係者が、政府機関、その従業員、一般市民、および連邦政府に対する責任を考慮して、状況に応じて慎重に行動したかどうか。

e。連邦賞の費用を不当に増加させる可能性のある、政府機関の確立された慣行からの大幅な逸脱。

NS。関連する商品またはサービスが、受け取った相対的な利益に応じてそのようなコスト目標に課金または割り当て可能である場合、コストは特定のコスト目標に割り当てることができます。

NS。許可されない活動や第三者から政府機関に寄付されたサービスを含む、政府機関の間接費の恩恵を受けるすべての活動は、適切な間接費の割り当てを受けます。

NS。この通達に規定されている原則に基づいて特定の連邦賞または費用目標に割り当て可能な費用は、法律によって課せられる制限を回避するために、資金不足を克服するために他の連邦賞に請求することはできません。

または連邦賞の条件、または他の理由で。ただし、この禁止事項は、既存のプログラム契約に従って2つ以上の賞の下で許容されるコストを政府機関がシフトすることを妨げるものではありません。

NS。間接費の累積が最終的に連邦賞の請求につながる場合、別紙C、D、およびEに記載されているように費用配分計画が必要になります。

NS。該当するクレジットとは、直接または間接の費用として連邦政府の報奨に割り当てられる経費項目を相殺または削減する支出タイプの取引の受領または削減を指します。このような取引の例としては、購入割引、リベートまたはアローワンス、損失の回収または補償、保険の払い戻しまたはリベート、過払いまたは誤った請求の調整などがあります。政府機関に発生または受領したそのようなクレジットが許容可能なコストに関連する範囲で、それらは、必要に応じて、コスト削減または現金払い戻しのいずれかとして連邦賞にクレジットされるものとします。

NS。場合によっては、連邦政府から受け取った、政府機関の活動またはサービス業務の資金調達のための金額は、該当するクレジットとして扱われる必要があります。具体的には、そのようなクレジット項目(コストシェアリングまたはマッチング要件を満たすために使用される金額を含む)をネッティングするという概念は、レートを決定する際に認識されるべきです。

連邦賞に請求される金額。 (連邦政府による活動の資金調達に関して適用される可能性のある分野については、別紙Bの項目15「減価償却および使用手当」を参照してください。)

1.総費用。連邦賞の総費用は、プログラムの許容される直接費用に、許容される間接費用の割り当て可能な部分から、該当するクレジットを差し引いたもので構成されます。

2.コストの分類。すべての会計システムの下で、特定のコストを直接または間接のいずれかに分類するための普遍的な規則はありません。コストは、特定のサービスまたは機能に関しては直接的である場合がありますが、連邦賞またはその他の最終的なコスト目標に関しては間接的である場合があります。したがって、コストの各項目は、直接コストまたは間接コストのいずれかとして、同様の状況で一貫して扱われることが不可欠です。連邦政府の報奨に請求される直接的および間接的な費用を決定するためのガイドラインは、次のセクションに記載されています。

1.一般。直接コストとは、特定の最終的なコスト目標で具体的に特定できるコストです。

2.アプリケーション。連邦賞に課せられる典型的な直接費用は次のとおりです。

NS。これらの賞の業績に特に専念し、特定された時間に対する従業員の報酬。

NS。これらの賞の目的のために特別に取得、消費、または消費された材料のコスト。

NS。設備およびその他の承認された資本的支出。

NS。賞を実行するために特別に発生した旅費。

3.マイナーアイテム。少額の直接費は、その費用項目に対するそのような会計処理がすべての費用目標に一貫して適用される場合、実用性の理由から間接費として扱われる場合があります。

1.一般。間接費とは、(a)複数の費用目標に利益をもたらす共通または共同の目的で発生し、(b)達成された結果に不釣り合いな努力をせずに、具体的に利益を得る費用目標に容易に割り当てることができないものです。本明細書で使用される「間接費」という用語は、被付与部門に起因するこのタイプの費用、ならびに商品、サービス、および施設を供給する際に他の部門が負担する費用に適用されます。提供されるコスト目標への間接費の公平な分配を促進するために、政府単位部門内または政府単位部門にサービスを提供する他の機関内に間接費のプールを確立する必要があるかもしれません。間接費プールは、得られる相対的な利益を考慮して公平な結果を生み出すベースで、利益をもたらすコスト目標に分配する必要があります。

2.コスト配分計画と間接コスト提案。コスト配分計画と間接コスト率の提案の作成と提出の要件は、添付資料C、D、およびEに含まれています。

3.間接費または管理費の制限。

NS。この通達に含まれる制限に加えて、許可される管理費または間接費の額をさらに制限する法律がある場合があります。

NS。ある連邦賞に基づく間接費または管理費として回収できない金額は、連邦法または規制によって特別に許可されていない限り、別の連邦賞にシフトすることはできません。

G.省庁間サービス。政府機関内のある機関から別の機関に提供されるサービスのコストには、サービスの許容される直接コストに加えて、間接コストの比例配分が含まれる場合があります。サービスの実際の間接費を決定する代わりに、サービスを提供するための直接給与および賃金コスト(残業、シフトプレミアム、およびフリンジベネフィットを除く)の10%に等しい標準の間接コスト許容量を使用できます。これらのサービスには、別紙Cに記載されている中央サービスのコスト配分計画に含まれる集中型サービスは含まれていません。

H.必要な認定。別紙CおよびEで要求される各コスト配分計画または間接コスト率の提案は、以下に準拠する必要があります。

1.連邦の認識機関に提出されたか、政府機関によってファイルに保持されているかにかかわらず、費用配分計画または間接費用率を確立する提案は、そのような費用が費用証明書を使用して政府機関によって証明されていない限り、受け入れられないものとします。別紙CおよびEに記載されている割り当て計画または間接費の証明書。証明書は、対象となる提案またはコンポーネントを提出する政府機関の最高財務責任者以上のレベルの個人が、政府機関に代わって署名する必要があります。提案によって。

2.計画または料金の提案が認定されていない限り、費用配分計画または間接費用率は連邦政府によって承認されないものとします。コスト配分計画または間接費率を確立する必要があり、政府機関が要件に従ってそのような計画または率を確立するための認定提案を提出していない場合、連邦政府はすべての間接費を禁止するか、一方的に確立することができますそのような計画または料金。そのような計画または料金は、監査された履歴データまたは認知連邦機関に提供され、すべての許容できないコストが除外されていることを証明できるその他のデータに基づく場合があります。政府機関が認証された提案を提出しなかったために、コスト配分計画または間接コスト率が連邦政府によって一方的に確立された場合、確立された計画または率は、潜在的に許容できないコストが払い戻されないように設定されます。

アタッチメントB
通達番号A-87

1.会計
2.広告および広報費用
3.諮問委員会
4.アルコール飲料
5.監査サービス
6.自動電子データ処理
7.不良債権
8.ボンディングコスト
9.予算編成
10.コミュニケーション
11.人事サービスの報酬
NS。全般的
NS。合理性
NS。許容できないコスト
NS。フリンジベネフィット
e。年金制度の費用
NS。退職後の健康上のメリット
NS。退職金
NS。給与と賃金のサポート
私。寄付されたサービス
12.不測の事態
13.寄付と寄付
14.刑事訴訟および民事訴訟、ならびに請求の弁護および起訴
15.減価償却および使用手当
16.支払いサービス
17.従業員の士気、健康、および福利厚生のコスト
18.エンターテインメント
19.設備およびその他の資本的支出
20.罰金と罰則
21.資金調達と投資管理のコスト
22.減価償却資産およびその他の資本資産の処分および連邦プログラムの大幅な移転による損益。
23.一般政府経費
24.アイドル設備とアイドル容量
25.保険と補償
26.関心
27.ロビー活動
28.メンテナンス、操作、および修理
29.材料と消耗品
30.メンバーシップ、サブスクリプション、および専門的な活動
31.モータープール
32.事前授与費用
33.専門的なサービス費用
34.提案費用
35.出版および印刷の費用
36.再配置と変更
37.再変換コスト
38.賃貸料
39.税金
40.トレーニング
41.旅費
42.連邦協定に基づく費用の回収不足

セクション1から42は、特定のコスト項目の許容可能性または許容不可能性を確立する際に適用される原則を提供します。これらの原則は、コストが直接的または間接的に扱われるかどうかに関係なく適用されます。連邦政府の償還にかかる費用は、連邦政府の裁定によって受け取られた利益の範囲、およびこの回覧の別紙Aに記載されている一般的な方針と原則への準拠の範囲内でのみ許容されます。これらのセクションで特定のコスト項目に言及しないことは、それが許容可能または許容不可能であることを意味するものではなく、それぞれの場合の許容可能性の決定は、類似または関連するコスト項目に提供される処理または基準に基づく必要があります。

1.会計。会計およびその他の情報システムの確立と維持にかかる費用は許容範囲内です。

2.広告および広報費用。

NS。 「広告費」という用語は、広告媒体の費用および当然の管理費用を意味します。広告媒体には、雑誌、新聞、ラジオおよびテレビ番組、ダイレクトメール、展示物などが含まれる。

NS。 「広報」という用語は、コミュニティ関係を含み、政府機関のイメージを維持すること、またはコミュニティまたは一般市民または一般市民の任意のセグメントとの理解および有利な関係を維持または促進することに専念する活動を意味します。

NS。広告費は、人員の採用、商品やサービスの調達、余剰材料の処分、および連邦賞の要件を満たすために必要なその他の特定の目的のために発生した場合にのみ許容されます。余剰材料の処分に関連する広告費は、助成金管理の共通規則で指定されている標準レートに基づいてすべての処分費用が払い戻される場合は許可されません。

NS。広報費用は、次の場合に許容されます。

(1)連邦賞によって特に要求され、直接費用としてのみ

(2)連邦賞の履行から生じる特定の活動または成果に関連して、一般市民および報道機関と通信するために発生し、その後、直接費用または

(3)報道機関および政府広報担当官との一般的な連絡を行う必要があります。ただし、そのような活動は、連邦契約/助成金の通知など、公共の関心事について国民に情報を提供するために必要なコミュニケーションおよび連絡に限定されます。 、財政問題など。

e。許可されない広告および広報費用には、次のものが含まれます。

(1)サブセクションcで指定されている場合を除き、すべての広告および広報費用。およびd。

(2)これらの費用原則で別途許可されている場合を除き、大会、会議、または以下を含む政府機関の他の活動に関連するその他のイベントの費用。

(a)展示、デモンストレーション、展示の費用

(b)ショーやその他の特別なイベントに関連して使用される会議室、ホスピタリティスイート、およびその他の特別な施設の費用

(c)展示の設置と展示、デモンストレーション、およびブリーフィングの提供に従事する従業員の給与と賃金

(3)モデル、ギフト、お土産を含む販促品および記念品の費用

(4)政府機関を宣伝するためだけに設計された広告および広報の費用。

3.諮問委員会。諮問委員会または委員会が負担する費用は、連邦授与機関によって承認された場合は直接費用として、または連邦授与に割り当て可能な場合は間接費用として許容されます。

4.アルコール飲料。アルコール飲料の費用は許されません。

5.監査サービス。監査の費用は、監査が通達A-128「州および地方政府の監査」によって実施される単一監査法に従って実施された場合に限り許容されます。 [注:1997年6月、OMBはCircular A-128を撤回し、すべての監査要件を「Audits of States、Local Governments、andNon-ProfitOrganizations」というタイトルに変更されたCircularA-133に配置しました。]一般的に、パーセンテージ1回の監査で連邦政府の報奨に請求される費用の割合は、連邦政府の支出を、その会計年度中に受領者またはサブ受領者が支出した総資金(プログラムマッチング基金を含む)で割った割合を超えてはなりません。適切な文書が実際のコストが高いことを示している場合にのみ、パーセンテージを超えることができます。

その他の監査費用は、授与機関または認識機関によって、授与への直接費用として特別に承認された場合、または費用配分計画または料金に間接費用として含まれている場合に許容されます。

6.自動電子データ処理。データ処理サービスのコストは許容されます(ただし、セクション19、機器およびその他の資本的支出を参照してください)。

7.不良債権。回収不能なアカウントやその他の請求、および関連する費用から生じる損失は、連邦プログラムの報奨規則で規定されていない限り、許容されません。

8.ボンディングコスト。従業員と役員の結合の費用は、そのような結合が健全な商慣行に従っている限り許容されます。

9.予算。予算の作成、準備、提示、および実行にかかる費用は許容されます。

10.コミュニケーション。電話、メール、メッセンジャー、および同様の通信サービスの費用は許容されます。

11.人事サービスの報酬。

NS。全般的。人事サービスの報酬には、賃金、給与、福利厚生を含むがこれらに限定されない、連邦賞に基づく業績期間中に提供されたサービスに対する、現在支払われている、または発生しているすべての報酬が含まれます。このような報酬の費用は、この回覧の特定の要件を満たし、個々の従業員の報酬の合計が以下の範囲で許容されます。

(1)提供されるサービスに合理的であり、連邦および非連邦活動の両方に一貫して適用される政府機関の確立されたポリシーに準拠している

(2)政府機関の法律および規則に従って行われた任命に従い、該当する場合、連邦法によって要求される資格制度またはその他の要件を満たします。

(3)サブセクションhに規定されているように決定され、サポートされている。

NS。合理性。連邦賞の仕事に従事する従業員の報酬は、政府機関の他の活動で同様の仕事に支払われる報酬と一致する範囲で合理的であると見なされます。連邦政府の報奨に必要な種類の従業員が政府機関の他の活動に見当たらない場合、補償は、雇用政府が雇用している労働市場での同様の仕事に支払われる額に匹敵する範囲で合理的であると見なされます。関係する従業員の種類を競います。関係する労働市場を代表するデータを提供する報酬調査は、合理性を評価するための許容可能な基礎となります。

NS。許容できないコスト。これらの原則の他のセクションで許容されないコストは、人的補償を構成するという理由だけで、このセクションでは許容されないものとします。

(1)福利厚生は、通常の給与と賃金に加えて、雇用主が従業員に報酬として提供する手当とサービスです。フリンジ給付には、休暇、従業員保険、年金、および失業給付制度の費用が含まれますが、これらに限定されません。これらの原則の他の場所で規定されている場合を除き、福利厚生の費用は、福利厚生が合理的であり、法律、政府機関と従業員の合意、または政府機関の確立された方針によって要求される範囲で許容されます。

(2)年次休暇、病欠、休暇、法廷休暇、軍事休暇などの許可された欠勤期間中に従業員に支払われる定期的な報酬の形での福利厚生の費用は許容されます。次の場合:(a)確立された書面による休暇ポリシーに基づいて提供されている(b)費用が連邦政府の報奨を含むすべての関連活動に公平に割り当てられている、および(c)各タイプの休暇の費用として選択された会計基準(現金または見越)が一貫して政府機関が続いています。

(3)政府機関が会計の現金主義を使用する場合、休暇の費用は、休暇が取得され、支払われる期間に認識されます。従業員が退職または退職した場合の未使用休暇の支払いは、政府機関またはコンポーネントのすべての活動に一般管理費として割り当てられている場合に限り、支払いの年に許可されます。

(4)発生主義は、休暇が取得されたときに一般に公正妥当と認められた会計原則(GAAP)で定義された負債が存在するタイプの休暇にのみ使用できます。 GAAPに従って、政府機関が発生主義の会計を使用する場合、許容される休暇費用は、発生または資金提供された金額のいずれか少ない方になります。

(5)社会保障の従業員の生命、健康、失業、および労働者災害補償保険(セクション25、保険および補償に示されている場合を除く)の年金制度費用(サブセクションeを参照)に対する雇用主負担金または費用の形での福利厚生の費用。 )およびその他の同様の給付は、確立された書面による方針に基づいて付与される場合に限り、許容されます。このような福利厚生は、間接費として扱われるか直接費として扱われるかにかかわらず、給与と賃金が課せられる従業員の個人またはグループに起因する福利厚生のパターンと一致する方法で、連邦賞およびその他すべての活動に割り当てられるものとします。そのような連邦賞および他の活動。

e。年金制度の費用。年金制度の費用は、政府機関の確立された書面による方針に従って、従量制または許容可能な保険数理費用法を使用して計算することができます。

(1)従量制の年金制度の場合、許容される費用は、退職者またはその受給者への実際の支払いを表すものに限定されます。

(2)GAAPで認識されている保険数理上の費用に基づく方法を使用して計算された年金費用は、その会計年度の終了後6か月以内にその会計年度に資金が提供される場合に許容されます。 6か月の期間(または認知機関によって合意された後の期間)の後に資金提供された費用は、資金提供された年に許容されます。コグニザントエージェンシーは、連邦政府への請求および関連する連邦の償還のタイミング、および年金基金への政府機関の拠出を補償するために適切な調整が行われた場合、6か月の期間の延長に同意することができます。調整は、年金基金への拠出を超える連邦返済の時間的価値を連邦政府に補償するために、現金払い戻しまたはその他の公正な手続きによって行うことができます。

(3)会計年度の保険数理的に決定された金額を超えて政府機関によって資金提供された金額は、将来の期間における政府機関の拠出金として使用される場合があります。

(4)政府機関が、GAAPで定義されている許容可能な保険数理原価法に転換し、この方法に従って年金費用に資金を提供する場合、転換時の未積立債務は、以下の期間にわたって償却されれば許容されるものとします。 GAAPで。

(5)連邦政府は、以前に許可された年金費用(その収益を含む)の公平な分担を受け取り、払い戻し、引き出し、またはその他のクレジットの形で政府機関に返還または保険をかけます。

NS。退職後の健康上のメリット。退職後の健康給付(PRHB)とは、サブセクションeの対象となる年金制度に含まれていない健康保険または医療サービスの費用を指します。退職者とその配偶者、扶養家族、および生存者のために。 PRHBコストは、政府機関の確立された書面による方針に従って、従量制または許容可能な保険数理コスト法を使用して計算できます。

(1)従量制で融資されるPRHBの場合、許容される費用は、退職者またはその受益者への実際の支払いを表すものに制限されます。

(2)GAAPで認識されている保険数理コスト法を使用して計算されたPRHBコストは、その年の終わりから6か月以内にその年に資金が提供されている場合に許容されます。 6か月の期間(または認知機関によって合意された後の期間)の後に資金提供された費用は、資金提供された年に許容されます。コグニザントエージェンシーは、連邦政府への請求のタイミングと関連する連邦の返済、およびPRHB基金への政府機関の拠出を補償するために適切な調整が行われた場合、6か月の期間の延長に同意することができます。調整は、現金の払い戻し、今年のPRHBコストの削減、またはPRHB基金への拠出を超える連邦払い戻しの時間的価値を連邦政府に補償するための他の公平な手続きによって行うことができます。

(3)会計年度の保険数理的に決定された金額を超えて資金提供された金額は、将来の期間における政府の拠出金として使用される可能性があります。

(4)政府機関が許容可能な保険数理原価法に転換し、この方法に従ってPRHB原価に資金を提供する場合、GAAPに従って何年にもわたって償却された場合、過年度に起因する当初の未積立債務は許容されるものとします。認知機関と交渉した期間にわたって、そのようなGAAP期間は存在しません。

(5)当年度に許容されるためには、PRHB費用は以下のいずれかに支払われる必要があります。

(a)今年の費用または保険料としての保険会社またはその他の給付提供者、または

(b)退職者およびその他の受益者に退職後給付を提供することのみを目的として、信託基金または準備金を維持する保険会社または受託者。

(6)連邦政府は、払い戻し、引き出し、またはその他のクレジットの形で政府機関に返還または保険をかける、以前に許可された退職後給付費用(その収益を含む)の公平な分配を受け取るものとします。

(1)雇用が終了する労働者への通常の給与および賃金に加えての支払いは、いずれの場合も、(a)法律、(b)雇用者と従業員の合意、または(c)によって要求される範囲で許容されます。 )確立された書面による方針。

(2)通常の離職に関連する退職金(未払金は除く)は許容されます。このような支払いは、間接費として政府機関のすべての活動に割り当てられるものとします。

(3)異常または大量の退職金はケースバイケースで考慮され、認知された連邦機関によって承認された場合にのみ許可されます。

NS。給与と賃金のサポート。時間配分に関するこれらの基準は、給与文書の基準に追加されます。

(1)給与および賃金に対する連邦報奨の請求は、直接的または間接的な費用として扱われるかどうかにかかわらず、政府機関の一般に認められた慣行に従って文書化され、政府機関の責任者によって承認された給与に基づきます。

(2)単一の間接費活動で働く従業員の給与と賃金については、これ以上の文書は必要ありません。

(3)従業員が単一の連邦賞または費用目標のみに取り組むことが期待される場合、給与および賃金の料金は、従業員が認定の対象期間中にそのプログラムのみに従事した定期的な認定によってサポートされます。これらの証明書は、少なくとも半年ごとに作成され、従業員または従業員が実行する作業について直接知識を持っている監督者によって署名されます。

(4)従業員が複数の活動またはコスト目標に取り組んでいる場合、給与または賃金の分配は、統計的サンプリングシステム(サブセクション(6)を参照)を除き、サブセクション(5)の基準を満たす人事活動レポートまたは同等の文書によってサポートされます。 )または他の代替システムは、認知された連邦政府機関によって承認されています。このようなドキュメンタリーサポートは、従業員が次の作業を行う場合に必要になります。

(a)複数の連邦賞、

(b)連邦賞および非連邦賞、

(c)間接費活動および直接費活動、

(d)異なる割り当てベースを使用して割り当てられた2つ以上の間接アクティビティ、または

(e)許可されない活動および直接的または間接的なコスト活動。

(5)人事活動報告書または同等の文書は、以下の基準を満たしている必要があります。

(a)各従業員の実際の活動の事後分布を反映する必要があります。

(b)各従業員に報酬が支払われる活動の合計を説明する必要があります。

(c)少なくとも毎月作成する必要があり、1つ以上の支払い期間と一致する必要があります。

(d)従業員が署名する必要があります。

(e)サービスが実行される前に決定された予算見積もりまたはその他の分配率は、連邦政府の報奨に対する請求のサポートとして適格ではありませんが、次の場合に限り、中間会計の目的で使用できます。

(i)見積もりを確立するための政府機関のシステムは、実際に実行された活動の合理的な概算を生成します

(ii)少なくとも四半期ごとに、月次活動レポートに基づいて、実際のコストと予算配分との比較が行われます。四半期ごとの比較で予算と実際のコストの差が10%未満であり、実際に実行されたアクティビティの結果として行われた調整を反映するために連邦賞に請求されるコストは、毎年記録される場合があります。

(iii)予算の見積もりまたはその他の分配率は、状況の変化を反映するために、必要に応じて少なくとも四半期ごとに修正されます。

(6)活動報告の代わりに、給与と賃金を連邦政府の報奨に割り当てるための代替システムを使用することができます。これらのシステムは、認識機関によって要求された場合、承認を受ける必要があります。このようなシステムには、ランダムモーメントサンプリング、ケースカウント、または従業員の努力の他の定量化可能な測定値が含まれますが、これらに限定されません。

(a)サンプリング方法(主に扶養児童家庭支援(AFDC)、メディケイド、およびその他の公的支援プログラム)を使用する代替システムは、以下を含む許容可能な統計的サンプリング基準を満たさなければなりません。

(i)サンプリングユニバースには、サブセクション(c)に規定されている場合を除き、サンプル結果に基づいて給与と賃金が割り当てられるすべての従業員が含まれている必要があります。

(ii)関係する全期間は、サンプルでカバーされなければならず、

(iii)結果は統計的に有効であり、サンプリングされる期間に適用される必要があります。

(b)サンプリングされた従業員の結果に基づいて、サンプリングされた従業員の上司、事務およびサポートスタッフに料金を割り当てることは許容されます。

(c)サブセクション(a)に記載されている統計的サンプリング基準への完全な準拠に満たない場合、連邦政府の報奨に割り当てられる金額が最小限であると結論付けた場合、または政府機関は、基準に準拠するシステムよりも連邦政府の賞のコストを低く抑えることができます。

(7)連邦賞の費用分担またはマッチング要件を満たすために使用される従業員の給与および賃金は、連邦賞の下で許容される費用として主張されているものと同じ方法でサポートされなければなりません。

(1)寄付またはボランティアのサービスは、専門家および技術者、コンサルタント、その他の熟練および非熟練労働者によって政府機関に提供される場合があります。これらのサービスの価値は、直接的または間接的な費用として払い戻されることはありません。ただし、寄付されたサービスの価値は、コモンルールの規定に従ってコストシェアリングまたはマッチング要件を満たすために使用される場合があります。

(2)直接費活動の実施に利用される寄付されたサービスの価値は、金額が重要である場合、政府機関の間接費または料金の決定において考慮され、したがって、比例したシェアが割り当てられるものとします。該当する間接費の

(3)可能な限り、寄付されたサービスは、通常の人事サービスの割り当てをサポートするために政府機関が使用するのと同じ方法でサポートされます。

12.不測の事態。時間や強度に関して確実に、またはそれらの発生を保証して発生を予測することができないイベントに対して行われた予備費または同様の規定への寄付は許可されません。 「予備費」という用語は、計算された自己保険準備金(サブセクション25.c.を参照)、年金制度準備金(サブセクション11.e.を参照)、および退職後の健康およびその他の給付準備金(サブセクション11.f.を参照)を除外します。許容可能な保険数理コスト法を使用する。

13.寄付と寄付。受取人に関係なく、政府機関による他者への現金、財産、サービスを含む寄付や寄付は許可されていません。

14.刑事訴訟および民事訴訟、ならびに請求の弁護および起訴。

NS。以下の費用は、10U.S.C。の対象となる契約では許可されません。 2324(k)、「防衛契約に基づく許容コスト」。

(1)民事または刑事詐欺の手続きまたは同様の手続き(請負業者が責任を問われる、または詐欺または同様の手続き(提出を含む虚偽の認証の)。

(2)合衆国法典第10編に規定されている範囲で、米国または州によって開始された刑事、民事、または行政手続に関連して請負業者が負担した費用。 2324(k)。

NS。連邦プログラムの管理に必要な法的費用は許容されます。連邦政府に対する請求の訴追のための法的費用は許されません。

15.減価償却および使用手当。

NS。減価償却費と使用手当は、固定資産のコストを資産使用の恩恵を受ける期間に割り当てる手段です。手持ちの固定資産の使用に対する補償は、減価償却または使用手当を通じて行うことができます。 2つの方法の組み合わせは、サブセクションgに規定されている場合を除き、単一クラスの固定資産(建物、オフィス機器、コンピューター機器など)に関連して使用することはできません。州/地方の費用配分計画の一部として含まれる企業資金および内部サービス資金を除いて、資産のクラスは、政府全体の財務諸表に使用されるのと同じ基準で決定されるものとします。

NS。減価償却費または使用手当の計算は、関連する資産の取得原価に基づくものとします。実際のコスト記録が維持されていない場合は、元の取得コストの合理的な見積もりを使用できます。関係のない第三者から政府機関に寄贈された資産の価値は、寄贈時の公正な市場価値となります。同じ州内にある政府または準政府組織は、この目的のために無関係の第三者とは見なされないものとします。

NS。減価償却または使用手当の計算では、以下は除外されます。

(2)所有権が最初に付与された場所、または現在の場所に関係なく、連邦政府が負担または寄付した建物および設備の費用の一部。

(3)マッチング要件を満たすために、政府機関または関連するドナー組織によって、または政府機関のために提供された建物および設備のコストの一部。

NS。使用手当方式の場合、建物や改良(舗装された駐車場、柵、歩道などの土地改良を含む)の使用手当は、取得原価の2%を超えない年率で計算されます。機器の使用許可は、取得コストの62/3パーセントを超えない年率で計算されます。建物に使用許可方式を使用する場合、建物全体を単一の資産として扱う必要があり、建物のコンポーネント(配管システム、暖房、空調など)を建物のシェルから分離することはできません。ただし、2%の制限は、建物に取り付けられているか固定されているだけで、恒久的に固定されておらず、家具や装飾品として、または特殊な目的で使用される機器(歯科医の椅子や歯科治療ユニットなど)に適用する必要はありません。カウンター、床にボルトで固定された実験台、食器洗い機、モジュラー家具、カーペットなど)。そのような機器は、建物または機器を破壊することなく、または費用のかかるまたは大規模な変更または修理を必要とせずに取り外すことができる場合、建物に恒久的に固定されていないと見なされます。これらの基準を満たす機器には、6 2/3%の機器使用許可制限が適用されます。

e。減価償却方法を採用する場合、使用可能な資本資産についてそれぞれの場合に設定される耐用年数(耐用年数)は、建設の種類、使用する機器の性質、過去の使用パターン、技術開発、および関係する個々のアイテムまたは資産のクラスについては、政府機関の更新および交換ポリシーに従いました。資産の予想消費量が耐用年数の後半よりも初期の部分で大幅に大きくなることを示す明確な証拠がない場合は、定額法を使用するものとします。一度使用された減価償却方法は、連邦政府の認識者または授与機関によって承認されない限り、変更されないものとします。以前に使用権が適用されていた資産に適用するために減価償却方法が導入された場合、その年間減価償却費は、資産の取得日から減価償却方法が有効であった場合に生じたであろう金額を超えてはなりません。資産に適用される使用手当と減価償却の組み合わせは、資産の総取得費用または寄付時の公正市場価値を超えてはなりません。

NS。建物に減価償却方法を使用する場合、建物のシェルを建物の主要コンポーネント(配管システム、暖房、空調システムなど)から分離し、各主要コンポーネントを推定耐用年数にわたって減価償却することができます。建物全体(つまり、シェルとすべてのコンポーネント)は、単一の資産として扱われ、単一の耐用年数にわたって減価償却される場合があります。

NS。完全に減価償却されたとみなされる資産については、以前に政府に請求された減価償却額、交渉時に残っている推定耐用年数、

維持費の増加、年齢による効率の低下、および意図された目的での資産の利用に関連するその他の要因の影響。

NS。使用許可または減価償却の料金は、適切な資産記録によって裏付けられている必要があります。資産が存在し、使用されていることを確認するために、少なくとも2年に1回(統計的サンプリングアプローチが許容されます)、実地棚卸を行う必要があります。政府機関は、州の法律および手順に従って機器を管理します。減価償却方法に従う場合は、各期間の減価償却額を示す減価償却記録も保持する必要があります。

16.支払いサービス。会計または他の指定された役員による資金の支払いの費用は許容されます。

17.従業員の士気、健康、および福利厚生のコスト。健康または救急診療所および/または診療所、娯楽施設、従業員カウンセリングサービス、従業員情報の公開、および政府機関の方針に従って発生した関連費用の費用は許容されます。これらの活動のいずれかから発生する収入は、費用と相殺されます。

18.エンターテインメント。娯楽、娯楽、社会活動を含む娯楽の費用、およびそのような費用に直接関連する費用(ショーやスポーツイベントのチケット、食事、宿泊、レンタル、交通機関、チップなど)は許可されません。

19.設備およびその他の資本的支出。

NS。このセクションで使用されている次の用語は、以下に示す意味を持ちます。

(1)「資本的支出」とは、資産を設置するための費用を含む資産の費用を意味します。機器の資本的支出とは、機器を取得する目的で使用できるようにするために必要な変更、付属品、付属品、または補助装置の費用を含む、機器の正味請求価格を意味します。税金、関税、輸送中の保護保険、貨物、設置などの付随費用は、政府機関の通常の会計慣行に従って、資本支出費用に含まれるか、または除外される場合があります。

(2)「設備」とは、耐用年数が1年を超え、取得費用が(a)財務諸表の目的で政府機関によって確立された資本水準のいずれか低い方に等しい、消費不可能な有形動産の物品を意味します。 (b)5000ドル。

(3)「その他の資本資産」とは、建物、土地、および建物または土地の価値または耐用年数を大幅に増加させる改良を意味します。

NS。連邦政府の裁定に直接請求されない資本的支出は、建物の使用手当または減価償却、資本の改善、および設備を通じて回収することができます(セクション15を参照)。建物および設備の賃貸費用の許容範囲については、セクション38も参照してください。

NS。交換用機器、その他の資本資産を含む機器の資本的支出、および機器またはその他の資本資産の価値または耐用年数を大幅に増加させる改善は、授与機関によって承認された場合、直接費用として許容されます。連邦の授与機関は、この承認要件を放棄または委任するオプションがあります。

NS。取得コストが5000ドル未満の機器は消耗品と見なされ、特定の授与機関の承認なしに連邦賞の直接費用として許容されます。

e。資本化レベルの変更の結果として償却された機器の未償却部分は、(1)機器のその他の許容可能な使用手当または減価償却費を請求し続けるか、(2)償却される金額を償却することによって回収できます。何年にもわたって、認知機関と交渉しました。

NS。購入した機器の全部または一部を連邦資金で交換する場合、政府機関は交換する機器を下取りとして使用するか、資産を売却し、その収益を使用して交換資産の費用を相殺することができます。

20.罰金と罰則。連邦、州、地方、またはインドの部族の法律および規制の違反(または違反の申し立て)、または政府機関の不履行に起因する罰金、罰金、損害賠償、およびその他の和解は、次の結果として発生した場合を除き、許可されません。連邦賞の特定の規定またはそのような支払いを事前に承認する授与機関による書面による指示の遵守。

21.資金調達と投資管理のコスト。

NS。資金の使用目的に関係なく、資金調達や寄付の募金など、組織的な資金調達の費用、および資金調達や寄付の獲得にかかる同様の費用は認められません。

NS。投資顧問およびスタッフの費用、ならびに投資からの収入を高めるために発生する同様の費用は許容されません。ただし、年金、自己保険、またはこの通達で許可されている連邦政府の参加を含むその他の資金をカバーする投資に関連するそのような費用は許容されます。

NS。資金調達および投資活動には、サブセクションC.3.bに記載されている条件の下で間接費の適切な割合が割り当てられるものとします。添付資料Aの。

22.減価償却資産およびその他の資本資産の処分および連邦プログラムの大幅な移転による損益。

NS。 (1)減価償却資産の売却、引退、またはその他の処分による損益は、その資産が含まれていた資産原価グループへの貸方または費用として発生した年に含まれるものとします。適切な資産原価グループにクレジットまたは料金として含まれる利益または損失の金額は、資産で実現された金額と資産の減価償却されていない基準との差額でなければなりません。

(2)減価償却資産の処分による損益は、以下の条件の下では、別個の貸方または費用として認識されないものとします。

(a)利益または損失は減価償却勘定を通じて処理され、セクション15および19で許容される減価償却に反映されます。

(b)物件は類似商品の購入価格の一部として引き換えに提供され、新商品の減価償却費基準を決定する際に利益または損失が考慮されます。

(c)第25.d項に別段の定めがある場合を除き、許容される保険を維持できなかった場合に損失が発生します。

(d)資産の使用に対する報酬は、減価償却の代わりに使用手当を通じて提供されました。

NS。融資を受けた施設の耐用年数が満了する前に、連邦政府が融資に参加した施設から別の施設への連邦賞の実質的な移転には、連邦政府機関の承認が必要です。移転の範囲、資金調達への連邦政府の参加額、およびこれまでに請求された減価償却は、連邦政府の報奨のためのスペース料金の交渉を必要とする場合があります。

NS。サブセクションaでカバーされている資産以外の資産の売却または交換から生じるあらゆる性質の利益または損失。たとえば、土地、またはサブセクションbでカバーされている連邦報奨の移転に起因する調整に使用される公正市場価値に含まれるもの。連邦賞の費用の計算から除外されるものとします。

23.一般政府経費。

NS。政府の一般的な費用は許容できません(セクション41に規定されている場合を除く)。これらには以下が含まれます:

(1)州知事室、行政区画の最高経営責任者、または連邦政府が認めたインドの部族政府の最高経営責任者の給与と経費

(2)州議会、部族評議会、または郡の監督者、市議会、教育委員会などの同様の地方自治体の、立法または執行指示の目的で発生したかどうかにかかわらず、給与およびその他の費用

(3)政府の司法部門の費用

(4)プログラム規則によって承認された場合に特定のプログラムへの直接費用として扱われない限り、起訴活動の費用(ただし、これは弁護士総長の他の法的活動の許可を排除するものではありません)および

(5)プログラム規制で直接費用として提供されない限り、消防や警察など、通常一般に提供されるその他の一般的な種類の政府サービス。

NS。連邦政府が認めたインドの部族政府および政府評議会(COG)の場合、最高経営責任者およびそのスタッフによる連邦プログラムの管理および運営に直接起因する給与および経費の一部は許容されます。

24.アイドル設備とアイドル容量。

NS。このセクションで使用されているように、次の用語は以下に示す意味を持ちます。

(1)「施設」とは、土地および建物またはその一部、個別または集合的な設備、またはその他の有形資本資産を意味し、場所を問わず、政府機関が所有またはリースしているかどうかを示します。

(2)「アイドル施設」とは、政府機関の現在のニーズを超える完全に未使用の施設を意味します。

(3)「アイドル容量」とは、部分的に使用されている施設の未使用容量を意味します。これは、(a)施設が1シフトベースで100%未満の稼働時間を達成でき、修理、セットアップ、不十分な材料、およびその他の通常の遅延のために失われた時間に起因する稼働の中断が少ないことと、(b)範囲との違いです。会計期間中の需要を満たすために施設が実際に使用された場所。関係する施設のタイプに対してこの使用量が通常予想されることが示される場合は、マルチシフトベースを使用する必要があります。

(4)「遊休施設の費用または遊休能力」とは、保守、修理、住宅、家賃、およびその他の関連費用(保険、利子、減価償却または使用手当など)を意味します。

NS。アイドル状態の施設の費用は、次の場合を除いて許容できません。

(1)作業負荷の変動に対応するために必要であるか

(2)ワークロードの変動に対応する必要はありませんが、取得時に必要であり、プログラム要件の変更、より経済的な運用を実現するための取り組み、再編成、終了など、合理的に予測できなかった原因によりアイドル状態になっています。このサブセクションに記載されている例外の下で、遊休施設の費用は、そのような施設の使用、リース、または処分に取られたイニシアチブに応じて、合理的な期間、通常は1年を超えない範囲で許容されます。

NS。アイドルキャパシティのコストは、ビジネスを行うための通常のコストであり、期間ごとの使用量または間接コスト率の通常の変動の要因です。そのような費用は、容量が必要であると合理的に予想されるか、元々合理的であり、健全なビジネス、経済、またはセキュリティ慣行。施設全体または実質的に同じ機能を持つ資産のグループ全体に広がるアイドル容量は、アイドル施設と見なすことができます。

25.保険と補償。

NS。連邦政府の裁定に従って、必要または承認および維持される保険の費用は許容されます。

NS。活動の一般的な実施に関連するその他の保険の費用は、以下の制限を条件として許容されます。

(1)補償範囲の種類、範囲、および費用は、政府機関の方針および健全な商慣行に準拠しています。

(2)連邦政府の資産の損失または損害のリスクをカバーする保険または準備金への拠出の費用は、授与機関がそのような費用を特別に要求または承認した場合を除き、許可されません。

NS。連邦賞で明示的に規定されていない限り、または以下に説明する場合を除き、(自己保険プログラムまたはその他の方法で)許容される保険でカバーされた可能性のある実際の損失は許容されません。ただし、連邦政府は、準備金を超える自己保険基金の実際の損失に参加します。健全な経営慣行に沿って提供される名目上の控除可能な保険の対象とならない損失、および通常の業務過程で発生する、破損、破損、小型工具の消失など、保険の対象とならない軽微な損失のために発生した費用。許容されます。

NS。労働者災害補償、失業補償、および退職金を含む特定の自己保険プログラムの準備金への拠出は、以下の規定に従って許容されます。

(1)リスクをカバーするために保険(再保険を含む)を購入した場合、補償の種類と補償範囲、および料金と保険料は許可されていたでしょう。ただし、既知または合理的に見積もられた自己保険負債の引当金は、引当金が設定されてから1年を超えて支払われることはなく、負債の割引現在価値を超えてはなりません。負債の割引に使用される率は、それらの負債に対する政府機関の決済率およびその投資収益率などの要因を考慮して決定する必要があります。

(2)準備金の収益または投資収益は、それらの準備金に貸方記入する必要があります。

(3)準備金への拠出は、過去の経験と合理的な仮定を使用した健全な保険数理の原則に基づいている必要があります。準備金レベルは、保険がかけられている主要なリスクごとに少なくとも隔年で分析および更新する必要があり、再保険、共同保険などを考慮に入れる必要があります。従業員関連の補償範囲に関連する準備金レベルは、通常、(a)提出および裁定された請求の価値に制限されます。支払われていない、(b)提出されているが裁定されていない、(c)発生しているが提出されていない。上記に基づく金額を超える準備金レベルは、コスト配分計画または間接コスト率の提案で特定され、正当化される必要があります。

(4)会計記録、保険数理調査、およびコスト配分(または請求)は、政府機関のさまざまな被保険者活動または機関によって発生する被保険者リスクおよび損失の種類による重大な違いを認識しなければなりません。政府機関の個々の部門または機関が特定のリスクに対して大幅に異なるレベルの請求を経験する場合、それらの違いは、個別の割り当てまたは他の手法を使用して認識され、公平な割り当てになります。

(5)資金が自己保険準備金から他の口座(例えば、一般資金)に送金されるときはいつでも、送金日からの獲得または帰属利息を含む、送金された資金のシェアについて連邦政府に返金されるものとします。

e。労働者災害補償、失業補償、退職金、および同様の従業員給付(例えば、退職後の健康給付についてはサブセクション11.f.)に対して従業員または元従業員に、またはその代理として支払われる実際の請求は、支払年度に許容されます。

ただし、(1)政府機関は一貫した原価計算方針に従い、(2)政府機関のすべての活動に一般管理費として割り当てられます。

NS。保険の払い戻しは、払い戻しを受け取った年の保険費用に対してクレジットされます。

NS。補償には、第三者に対する責任および保険またはその他の方法で補償されないその他の損失から政府機関を保護することが含まれます。連邦政府は、サブセクションdに規定されている場合を除き、連邦賞で明示的に規定されている範囲でのみ政府機関に補償する義務があります。

NS。請負業者自身の材料または製造上の欠陥を修正するための請負業者の費用から保護する商業保険の費用は許容されません。

NS。借入資本の利息または政府機関の自己資金の使用にかかる費用は、ただし、サブセクションbに具体的に規定されている場合を除き、許容されません。または連邦法によって承認されています。

NS。 1980年10月1日以降に完了した建物の取得、建設、製造、再建、または改造のその他の許容可能な費用に関連して、この通達の発効日以降に支払われた、または発生した資金調達費用(利息を含む)は許容されます。 (1)-(4)の条件。このサーキュラーの発効日以降に支払われた、または発生した、その他の方法で許容される機器のコストに関連する資金調達コスト(利息を含む)は、(1)〜(4)の条件に従って許容されます。

(1)資金は、政府機関の外部にある善意の第三者によって(税金またはユーザー料金のソース以外から)提供されます。

(2)資産は連邦賞を支援するために使用されます

(3)建設費または取得費の支払いが保留されている債務返済準備金または借入金から得られた利息の収益は、必要に応じて、当期の費用または資本化された利息を相殺するために使用されます。裁定取引の要件に基づいて連邦内国歳入庁に報告される可能性のある収益は除外されます。

(4)政府機関は、現金支払い(利息、減価償却、使用手当、および拠出金)が、連邦賞に使用される不動産のその部分に起因する政府機関の現金支払いおよびその他の拠出金を超える場合は常に、許容利息の額を交渉します。

27.ロビー活動。助成金、契約、協力協定、またはローンの取得に関連する特定の影響力のある活動の費用は、許容できない費用です。特定の助成金、契約、協力協定、およびローンに関するロビー活動は、定義を含む55 FR 6736(1990年2月26日)で公開された共通ルール「ロビー活動に関する新しい制限」、および管理予算局に準拠するものとします。 「ロビー活動に関する新たな制限に関する政府全体のガイダンス」および通知は、それぞれ54 FR 52306(1989年12月20日)、55 FR 24540(1990年6月15日)、および57 FR 1772(1992年1月15日)で公開されました。

28.メンテナンス、操作、および修理。法律で禁止されていない限り、ユーティリティ、保険、セキュリティ、ジャニトリアルサービス、エレベーターサービス、敷地の維持、必要なメンテナンス、通常の修理および改造などの費用は、次の範囲で許容されます。連邦財産は、(別段の定めがない限り)効率的な運用条件で、(2)財産の永続的な価値を高めたり、意図された寿命を大幅に延長したりせず、(3)その他の方法で賃貸料またはその他のスペース料金に含まれません。資産の永続的な価値を高める、またはその意図された寿命をかなり延長する費用は、資本的支出として扱われるものとします(セクション15および19を参照)。

29.材料と消耗品。材料と消耗品のコストは許容されます。購入は、受け取ったすべての現金割引、取引割引、リベート、および手当を差し引いた後、実際の価格で請求する必要があります。雑貨店または倉庫からの引き出しは、一貫して適用される、認められている価格設定方法に基づいて費用を請求する必要があります。入荷する輸送費は、材料費と供給費の適切な部分です。

30.メンバーシップ、サブスクリプション、および専門的な活動。

NS。ビジネス、技術、および専門組織における政府機関のメンバーシップの費用は許容されます。

NS。ビジネス、専門家、および技術的な定期刊行物への政府機関のサブスクリプションの費用は許容されます。

NS。食事、交通費、会議施設のレンタルなどの技術情報の普及を主な目的とする会議や会議の費用、およびその他の付随費用は許容されます。

NS。市民およびコミュニティ、社会組織の会員費は、連邦授与機関の承認を得て、直接費として許容されます。

e。ロビー活動に実質的に従事している組織の会員費は許されません。

31.モータープール。走行距離または固定料金でユーザーの政府機関に自動車を提供する、および/または車両の保守、検査、および修理サービスを提供するサービス組織の費用は許容されます。

32.事前授与費用。事前授与費用は、交渉に直接基づいて、提案された納期または履行期間を遵守するためにかかる費用が必要な場合に授与を見越して、授与の発効日より前に発生した費用です。このような費用は、授与日以降に発生した場合に許容される範囲で、授与機関の書面による承認がある場合にのみ許容されます。

33.専門的なサービス費用。

NS。特定の職業のメンバーであるか、または特別なスキルを持っている個人または組織によって提供される専門家およびコンサルタントサービスの費用は、政府機関の役員または従業員であるかどうかにかかわらず、許容されます。提供されるサービスに関して合理的である場合は、セクション14に従います。連邦政府からの費用の回収を条件としない場合。

NS。利用可能または提供された善意のサービスの証拠によって裏付けられた保持料は許容されます。

34.提案費用。潜在的な連邦賞の提案を準備するための費用は許容されます。提案費用は通常、間接費用として扱われ、費用配分計画と間接費用率の提案を利用して、政府機関のすべての活動に配分されるべきです。ただし、提案費用は、連邦授与機関の事前の承認を得て、連邦授与に直接請求される場合があります。

35。出版と印刷の費用。印刷(構成、製版、プレス作業、製本のプロセス、およびこれらのプロセスによって生成される最終製品を含む)、配布、プロモーション、郵送、および一般的な取り扱いのコストを含む出版コストは許容されます。

36.再配置と変更。通常および通常の施設の再配置および変更にかかる費用は許容されます。連邦政府の裁定のために特別に発生する特別な手配および変更費用は、連邦政府の裁定機関の事前の承認があれば許容されます。

37.再変換コスト。連邦賞の開始直前に存在していたほぼ同じ状態への政府機関の施設の修復または修復にかかる費用から、通常の損耗に関連する費用を差し引いた費用が許容されます。

NS。サブセクションbに記載されている制限に従います。からd。このセクションの賃貸費用は、同等の不動産の賃貸費用、利用可能な地域の代替市場の状況がある場合、タイプ、平均余命、条件、および価値などの要因を考慮して、料金が合理的である範囲で許容されます。賃貸物件の

NS。売却中の賃貸費用およびリースバックの取り決めは、政府機関が不動産を所有し続けた場合に許可される金額までのみ許容されます。

NS。独立企業間賃貸契約に基づく賃貸料は、政府機関に帰属する不動産の所有権が認められる金額までのみ許容されます。この目的のために、独立企業間原則に満たないリースには、以下のようなものが含まれますが、これらに限定されません。

(1)リースの一方の当事者は、他方の行動を管理または実質的に影響を与えることができます

(2)両当事者が同じ政府機関の一部である、または

(3)政府機関は、施設を取得し、政府機関およびその他の関係者に賃貸する権限または同様のエンティティを作成します。

NS。 GAAPに基づくキャピタルリースとして扱われる必要のあるリースに基づく賃貸費用は、リース契約が締結された日に政府機関が不動産を購入した場合に許可される金額までのみ許容されます。この金額には、減価償却費または使用手当、保守、保険などの費用が含まれます。財務会計基準審議会声明13の規定は、リースがキャピタルリースであるかどうかを決定するために使用されるものとします。キャピタルリースに関連する支払利息は、セクション26の基準を満たす範囲で許容されます。

NS。連邦プログラムに不釣り合いに影響を与える自己申告税または連邦プログラムに不釣り合いに影響を与える税政策の変更を除いて、政府機関が法的に支払うことを義務付けられている税金は許容されます。この規定は、1998年1月1日以降に開始する政府機関の最初の会計年度中に支払われた税金に対して有効になり、それ以降に適用されます。

NS。ガソリン税、自動車料金、および連邦政府に提供される給付の実質的なユーザー料金であるその他の税金は許容されます。

NS。この規定は、連邦政府の参加が不適切な場合に税金を特定する連邦政府機関の権限を制限するものではありません。許容できない税金の額を特定するために多大な労力が必要となる場合、認知機関はその合理的な概算を受け入れることができます。

40.トレーニング。従業員の育成のために提供されるトレーニングの費用は許容されます。

NS。全般的 。旅費は、公務で旅行する従業員が負担する交通費、宿泊費、生活費、および関連項目の費用として許容されます。このような費用は、実際の費用に基づいて、実際に発生した費用の代わりに日当またはマイレージに基づいて、またはその2つの組み合わせに基づいて請求される場合があります。ただし、使用される方法が旅行全体に適用され、連邦政府が後援していない活動において、同様の状況で通常許可されているもの。セクション23の規定にかかわらず、特に連邦政府の賞に関連する場合、そのセクションの対象となる職員の旅費は、付与機関の事前の承認があれば許容されます。

NS。宿泊と自給自足。宿泊費、その他の生活費、および付随的費用を含む、従業員および役員が旅行のために負担する費用は、そのような費用が結果として通常の業務で政府機関によって通常許可される費用を超えない範囲でのみ合理的かつ許容可能と見なされるものとします。政府機関の方針の。旅費に関する書面による政府機関の方針がない場合、合衆国法典第5編第57章のサブチャプターIに基づいて、または一般サービスの管理者によって、またはそのような副章の規定に従った大統領(またはその被指名人)は、連邦賞(41 USC 420、「政府請負業者の旅費」)に基づく旅費のガイダンスとして使用されるものとします。

NS。商用空の旅。通常の標準(コーチまたは同等の)航空運賃を超える航空運賃は、そのような宿泊施設が次の場合を除いて許可されません:遠回りのルーティングが必要、不当な時間帯の旅行が必要、過度に長い旅行、飛行時間が大幅に長くなる、結果としてコストが増加する交通費の節約を相殺したり、旅行者の医療ニーズに適度に適切でない宿泊施設を提供したりします。政府機関が、個々の旅行で通常の標準航空運賃または連邦政府契約航空運賃が利用できないこと、または全体として、そのような航空運賃を日常的に使用することが政府機関の慣行であることを授与機関に合理的に示すことができる場合、特定の決定回避のパターンが検出されない限り、利用できないことについては、通常、連邦政府は疑問視しません。ただし、たとえば一流の航空運賃の使用など、通常の標準的な商業航空運賃を超える航空運賃が許容されるためには、政府機関は、適用される条件をケースバイケースで正当化し、文書化する必要があります。上記の4番目。

NS。民間航空会社以外による空の旅。このセクションで使用される、政府のユニット所有、リース、またはチャーターされた航空機による旅費には、リース、チャーター、運用(人件費を含む)、保守、減価償却、利息、保険、およびその他の関連コストが含まれます。 。サブセクションcに規定されているように、政府のユニット所有、リース、またはチャーターされた航空機を介した旅費は、許容される商用空の旅の費用を超える範囲で許容されません。

42.連邦協定に基づく費用の回収不足。ある報奨契約に基づく連邦拠出金を超える超過費用は、他の報奨契約では認められません。


Q&ampA:タイプIIのバリエーション

動物用製品が委員会から承認を受けると(「委員会の決定」)、製品に関連するそれ以降のすべての手順は「承認後の手順」に分類されます。

承認後手続きQ&ampAの下で公開されたガイダンスは、頻繁に発生するさまざまなタイプの承認後手続きの概要を提供し、それぞれの場合に、販売承認保有者(MAH)が持つ可能性のある多くの質問に対処します。

申請者は、エージェンシーへのすべての獣医手続きの提出にeSubmission Gateway / WebClientを使用します。システムへの登録に関するガイダンスへのリンクを含む詳細については、Veterinary eSubmissionWebサイトを参照してください。

追加情報

バリエーション規制では、タイプIIの主要なバリエーションを、拡張ではなく、医薬品の品質、安全性、または有効性に重大な影響を与える可能性のあるバリエーションとして定義しています。

バリエーション規制とバリエーションガイドラインは、タイプIIバリエーションと見なされる変更のリストを示しています。さらに、医薬品の品質、安全性、または有効性に重大な影響を与える可能性のあるその他の変更は、タイプIIのバリエーションとして提出する必要があります。タイプIIのバリエーションと拡張機能に関するQ&ampAも参照してください。

MAHによってタイプIBバリエーションとして提出された「予期しない」バリエーションの検証中に、当局は、提案されたバリエーションが医薬品の品質、安全性、または有効性に重大な影響を与える可能性があると考える場合があります。このような場合、MAHは、タイプIIバリエーションアプリケーションの要件が満たされるように、バリエーションアプリケーションを改訂および補足するように要求されます(タイプIBバリエーションに関するQ&ampAも参照してください」タイプIBバリエーションはどのように処理されますか(時刻表)? 」)。

タイプIIのバリエーションの計画を容易にするために、MAHは、アプリケーションを提出する少なくとも2か月前に、タイプIIのバリエーションの意図の通知を電子メールで[email protected]に送信することをお勧めします。報告者の利用可能性を確認することができ、関連する場合(たとえば、新しい適応症の申請の場合)、CVMPは将来の提出について通知され、共同報告者の関与とスケジュールについて合意することができます。

提出意向の通知には、次の情報を記載する必要があります。

次の場合は、より短い事前提出フェーズが想定されます。

  • バリエーションは、緊急の安全関連の変更の実装に関係します
  • バリエーションは、CVMPによって要求された変更の実装に関係します(たとえば、PSURまたはPAM評価後)。

そのような提出の前に、できるだけ早く[email protected]に知らせてください。

共同報告者は通常、品質、安全性、および製品情報内のほとんどの臨床的変化に関するタイプIIバリエーションアプリケーションの評価には関与しません。

しかし、共同報告者の関与は、新しい適応症および新しい非食料生産対象種にとって必要であると考えられています。

他のタイプIIのバリエーションへの共同報告者の関与は、ケースバイケースでCVMPによって決定されます。庁はそれに応じてMAHに通知します。

(共同)報告者へのタイプIIバリエーション申請書の提出については、「タイプIIバリエーション申請書を誰にどのように提出するか」も参照してください。

販売承認取得者は、同じ製品の複数のタイプIIバリエーションの提出を、バリエーション規則の付録IIIにリストされているケースの1つに対応する場合、またはこれが以前に庁と合意されている場合に、1つのアプリケーションにグループ化することを選択できます。

必要に応じて、販売承認取得者がタイプIIバリエーションを他のバリエーション提出(拡張、タイプIBまたはIAバリエーションなど)とグループ化することも可能です。このようなグループ化された提出物は、グループ内の最高レベルのバリエーションのレビュー手順に従います。バリエーションのグループ化に関するQ&ampAも参照してください。

同じタイプIIのバリエーションが、同じ所有者からの1つ以上の販売承認に影響を与える場合、販売承認の所有者は、これらのバリエーションを「ワークシェアリング」の1つの申請として提出することを選択できます。バリエーションのワークシェアリングに関するQ&ampAも参照してください。

タイプIIバリエーション申請書には、バリエーション規則の付属書IVに記載されている要素が含まれている必要があり、適切な見出しと書類形式の番号に従って提示する必要があります。

バリエーションガイドラインでは、タイプIIバリエーションアプリケーションに含める必要のある要素をさらに指定しています。

  • カバーレター(グループ化については、変更の性質の簡単な概要を含め、バリエーション規則の付録IIIで許可されているグループ化であるか、グループ化が庁と合意されているかを示します)。
  • バリエーションが特定の承認後措置(PAM)に対応している場合、申請者は、必要に応じて、カバーレター、申請書、臨床および/または非臨床概要のPAM参照番号を参照する必要があります。 PAMの参照番号が庁によって確認されていない場合は、提出時にコミットメント/措置の説明で十分です(または、vet.applications @ ema.europa.euに連絡してPAM参照番号を確認してください)。
  • 関連する販売承認の詳細を含む、記入済みのEUバリエーション申請フォーム(eAF eSubmission Webサイトで公開)。バリエーションが他のバリエーションにつながる、またはその結果である場合、これらのバリエーション間の関係の説明は、申請書の適切なセクションに記載する必要があります。提案されたすべての変更は、フォームの「変更の種類」セクションで宣言し、フォームの「スコープ」セクションで明確に説明する必要があります。
    NS 「現在/提案」 申請書のセクションには、英語の製品情報(SPC、付録II、ラベリング、および添付文書)に対するすべての提案された変更を、現在および提案されているテキストとして反映する必要があります。あるいは、提案された変更が広範囲にわたる場合、申請者は代わりに、申請書の別の付属書の一部として「現在/提案された」比較を提供することができます。この場合、申請者は、申請書の「現在/提案された」セクションに、この付録への相互参照を含める必要があります。
    品質変更に関するタイプIIのバリエーションの場合、「現在/提案された」表(または添付ファイル)は、適用されたすべての変更を反映する必要があります。関係書類のセクション番号は、可能な限り低いレベルで提供する必要があり、可能な場合は、関係書類の関連セクションに反映されている正確な現在の文言と提案された文言を含めます。これが不可能な場合は、申請された変更の概要をセクションに含める必要があります。
  • バリエーションガイドラインの一部への参照、または該当する場合は、関連するアプリケーションに使用される公開された第5条勧告への参照。バリエーションガイドラインの抜粋は、パート1aの管理情報の別の付録として提出することが望ましいです。グループ化の場合、バリエーションごとに1つの分類範囲が示されることを考慮して、対応する分類範囲を必要な回数だけ示す必要があります。
  • 詳細な重要な要約(必要に応じて品質、安全性、有効性)の更新または補遺。安全性または臨床試験のレポートを提出するときは、たとえ1つだけであっても、関連する要約を含める必要があります。
  • 庁によって要求された変更を実施するために提出されたバリエーション、またはジェネリック/ハイブリッド/バイオシミラー医薬品については、リクエストのコピーをカバーレターに添付する必要があります。
  • 製品情報の変更が提案された場合は、改訂された付属文書のフルセット(SPC、付録II、ラベリングおよび添付文書)を英語で提供する必要があります。アプリケーションには、クリーンで強調表示されたバージョンの付録が含まれている必要があり、追跡された変更で提案されたすべての修正が明確に示されます。クリーンバージョンはPDFドキュメントとして提供する必要があり、強調表示されたバージョンは、できれば「作業ドキュメント」の一部としてワードドキュメントとして提供する必要があります。さらに、提案された製品情報は、申請書の現在の文言と提案された文言の比較として、および/または申請書の添付ファイルとして、変更を追跡したPDFバージョンとして常に書類に含める必要があります。 「改訂された製品情報はいつ提出する必要がありますか?」も参照してください。すべての言語で?」
    パート2、3、4
  • 文献参照を含む、提案されたバリエーションに関連する質の高い、非臨床的および/または臨床的データ/研究報告を提供する必要があります。

提出された文書の品質に対する責任はMAHにあり、プロセス全体にとって重要であることに注意する必要があります。

申請書の提示に関するお問い合わせは、庁までご連絡ください。

すべての提出は、電子提出に関するガイドラインに従って行う必要があります。

申請者は、代理店へのすべての獣医手続きの提出にeSubmission Gateway / WebClientを使用する必要があります。システムへの登録に関するガイダンスへのリンクを含む詳細については、Veterinary eSubmissionWebサイトを参照してください。

eSubmission Gateway / Web Clientを介してEMAに送信された中央認証製品(CAP)のすべての提出物は、すべてのNational Competent Authority(NCA)の代表者、代理人、および科学専門家に配信されたと見なされます。

MAHは、遅くとも代理店のWebサイトで公開されている一元化された最大残留制限手順の推奨提出日までにタイプII申請書を提出する必要があります。

MAHは、特に安全性の問題について、MAの変更を伴う可能性のある新しい情報が利用可能になったら、承認後の措置(推奨事項、条件、または特定の義務)と定期的な安全性の履行に起因する変更申請を提出する必要があることに注意してください。 CVMPによるこれらのデータの評価を待つのではなく、承認後の措置の履行またはPSURの提出と同時にレポート(PSUR)を更新します。 Q&ampA:承認後の措置(推奨事項、条件、および特定の義務)も参照してください。

CVMPがPSURまたは承認後の措置の評価後、またはクラスラベルの採用後にバリエーションの提出を要求する場合、MAHは、関連する評価結論の採用後、遅くとも2か月以内に対応するバリエーション申請を提出する必要があります。 。

緊急安全制限(USR)の結果を反映するバリエーション申請書は、USRの開始後15日以内に、直ちに、いかなる場合でも代理店に提出するものとします。これは、MAHによって開始された、または欧州委員会によって課されたUSRに適用されます。

MAHによって追加データが提出されない上記の手順に従った合意された文言の変更の実装は、タイプIBバリエーション手順に従います。

技術的に有効な申請書を受領すると、庁は申請書の内容の検証を行います。検証を完了するために補足情報が要求される場合があり、検証中に特定された問題の解決後、次に利用可能な開始日に手順が開始されます。庁は、検証の結果とスケジュールをMAHに通知します。

提出期限と完全な手順の詳細なタイムテーブルは、一元化された最大残留制限手順の推奨提出日で確認できます。

90日、60日、または30日のタイムテーブルに従ったタイプIIの変動の評価は、推奨される提出日に続きます(質問 'も参照)。いつ申請書を提出しますか?」 その上)。

次のタイムテーブル(TT)のいずれかが適用されます。

60日間のTT(標準時刻表)の場合:

すべての標準タイプIIバリエーション、つまり30日または90日のTTの対象となるものを除く(下記参照)

アクション
1日目 評価開始
30日目 (共同)報告者の評価レポートの受領
45日目 他のCVMPメンバーによるコメント
60日目 CVMP意見の採択
[または補足情報の要求]

委員会の意見では、特に安全性の問題について、問題の緊急性を考慮した短縮された評価から利益を得るであろう変更に関するバリエーションについて。 30日間のタイプII手順で製品情報の言語的レビューが必要な場合、これは科学的評価と並行して行われることに注意してください。

アクション
1日目 評価開始
15日目 (共同)報告者の評価レポートの受領
25日目 他のCVMPメンバーによるコメント
30日目 CVMP意見の採択
[または補足情報の要求]

例外的に、この時刻表はさらに短縮される可能性があります。

状態:
治療適応症の変更または追加に関するバリエーション、およびバリエーション規則の付録Vのパート2に記載されているその他のバリエーション。

アクション
1日目 評価開始
45日目 (共同)報告者の評価レポートの受領
65日目 他のCVMPメンバーによるコメント
90日目 CVMP意見の採択
[または補足情報の要求]

特定のバリエーションのスケジュールを明確にする必要がある場合は、MAHは提出前に[email protected]に連絡することをお勧めします。

意見の採択を妨げる問題が特定された場合、CVMPは補足情報の要求を採用し、MAHは要求されたデータの提出期限を通知されます。補足情報を受信するまで時計は停止します。補足情報の要求に対する応答は、eSubmission Gateway / Webクライアントを介してEMAに送信する必要があります。

原則として、最大1か月のクロックストップが適用されます。 1か月を超えるクロックストップの場合、MAHは、CVMPによる合意を求める正当な要求を代理店に送信する必要があります。このような要求は、補足情報を求める採択されたCVMP要求を受け取った後、応答の提出予定日の前に送信する必要があります。例外的なケース(新しい兆候やバリエーションの検査が必要な場合など)では、最大6か月のクロックストップが適用される場合があります。

補足情報の後続の要求については、最大1か月の追加のクロック停止が適用されます。通常、正当な理由がある場合は最大2か月が適用される場合があります。

補足情報の要求に対する応答のCVMP評価は、質問のリストへの応答の評価に最大60日、または未解決の問題のリストへの応答の評価に最大30日かかります。

CVMPへの口頭による説明は、必要に応じてCVMPまたはMAHの要求に応じて行うことができます。

2つまたは複数のスタンドアロンのタイプIIバリエーション申請が並行して提出および/または評価される場合、以下の一般原則が適用されます。

  • 各バリエーションは、特定のバリエーションのコンテキストで提案されたサポートデータと製品情報の変更のみで構成する必要があります
  • さまざまなバリエーションの評価は独立しており、さまざまな手順の予想されるタイムラインに関係なく、手順は別々に保たれます
  • あるバリエーションの製品情報には、強調表示されたテキストでもクリーンなテキストでもない、別のバリエーションからの提案された製品情報の変更を含めるべきではありません。

製品情報のさまざまなバージョンの処理を簡素化するために、製品情報に影響を与える提出物は、グループ化ルールで許可されている場合、または代理店と事前に合意している場合は、可能な限りグループ化されたバリエーションアプリケーションに組み合わせる必要があります。

タイプIIのバリエーションに対してCVMPの意見が採用されるか、ECの即時決定が適用される場合に委員会の決定が承認されると、承認された製品情報を後続のバリエーションの製品情報のベースラインとして使用できます。統合は、後続のバリエーションの手続き上のマイルストーン時に実行できます。補足情報の要求に対するMAHの応答の一部として、ただしいずれにせよ、遅くともCVMP意見の採択前。

含まれると、前のバリエーションに関連するすでに承認された変更は、後続のバリエーションの製品情報のクリーンバージョンとハイライトバージョンの両方にクリーンテキストとして表示されます。後続のバリエーションに関連する新しく提案された変更のみが、その手順中に追跡された変更で引き続き強調表示されることに注意してください。

CVMPの意見が採択されると、庁は15日以内にMAHに、意見が賛成か反対か(不利な結果の理由を含む)、および販売承認を付与する委員会の決定に修正が必要かどうかを通知します。

手続きの結果が良好であり、販売承認を付与する委員会の決定が修正を必要とする場合、庁はそれに応じて委員会に通知します。

規則(EC)No 726/2004の第34条(2)は、タイプIIバリエーションアプリケーションに採用されたCVMP意見にも適用されます。これは、MAHが、意見を受け取ってから15日以内に再審査を要求することを代理店/ CVMPに書面で通知する場合があることを意味します。

肯定的な意見は、再審査の要求が委員会によって異議が唱えられ、さらにMAHが申請を修正することを選択した意見の側面に関連する限り、再審査の対象となる可能性があります。このような場合、MAHは、意見の前に修正された文書(改訂された製品情報など)を提出する際に、カバーレターで再審査する権利を留保する必要があります。

MAHは、CVMPの意見の再検討に関するさらに具体的なガイダンスについて、EMAのWebサイトを参照する必要があります。

言語レビュー

製品情報が影響を受ける場合、製品情報の変更の言語レビューが実行されます。言語レビューは、バリエーションに関するCVMPの意見が採択された後、CVMP本会議の5日後に開始されます。詳細については、言語レビュープロセスに関するガイダンスを参照してください。

製品情報の唯一の変更がテキストの削除または数字の変更に関する場合。完成品の貯蔵寿命、意見後の言語レビューは必要ありません。

すべての場合において、すべての言語で修正された製品情報は、CVMPの意見とともに提供される翻訳タイムテーブルで指定された日付までにMAHによって提供される必要があります。

意思決定プロセス

委員会は、販売承認を付与する決定の修正を必要とする最終的なCVMP意見を受け取った後、第23条(1a)(a)に記載されている変動については2か月以内、または他のバリエーション。

庁は、一元化された手順での製品情報の言語レビュープロセスに関する文書に記載されている意見後の時間枠を適用します。エージェンシーは、QRDメンバーおよびMAHと協力して、+ 27日までに最終的なチェック済みの翻訳を委員会に提供することを目指します。 (「改訂された製品情報はいつ提出する必要がありますか?すべての言語で?」も参照してください)

以下のタイムラインは、2か月ごとの更新の場合にのみ適用されます。

1つの申請として提出された1つの販売承認の条件に対するバリエーションのグループが承認された場合、委員会は、承認されたすべてのバリエーションをカバーする1つの決定で販売承認を更新します。

実装

第23条(1a)(a)に記載されているタイプIIのバリエーションは、委員会が販売承認を修正し、それに応じてMAHに通知した場合にのみ実装できます。緊急の安全制限を含む安全問題に関連する変更は、MAHと庁が合意した時間枠内に実施する必要があります。

マーケティング承認の修正を必要としない、またはそれぞれの委員会の決定の毎年の更新に続くタイプIIのバリエーションは、MAHが庁から好ましい結果を通知された後、実装することができます。ただし、バリエーションに製品情報の変更が含まれる場合、MAHは、バリエーションを正しく実装するために適切にチェックされた翻訳が不可欠であると見なされるため、バリエーションを実装する前に、庁による言語レビュープロセスの完了を待つことが予想されます。 。

合意された変更は、その後の規制手順の製品情報の付録に含める必要があります。

    ヒトおよび獣医用の医薬品の認可および監督のためのコミュニティ手順を定め、欧州医薬品庁を設立する

タイプIIのバリエーションに適用される料金については、欧州医薬品庁に支払う料金を参照してください。料金は、特定の医薬品のすべての承認された強み、剤形、およびプレゼンテーションをカバーします。タイプIIの割引料金は、特定のバリエーションに適用される場合があります。

追加のプレゼンテーション/パックサイズを導入するタイプIIのバリエーションの場合、追加のプレゼンテーション/パックサイズごとに個別の料金がかかります(x追加のプレゼンテーションx個別の料金)。したがって、各プレゼンテーション/パックサイズは、バリエーション申請フォームで個別のバリエーションとして宣言する必要があります。ただし、鳥インフルエンザ、足口疾患、またはブルータングに対する獣医用ワクチンの血清型、株、抗原、または血清型、株、または抗原の組み合わせの置換または追加に関するタイプIIのバリエーションの場合(バリエーション分類C .II.4)、複数系統の書類に基づいて承認された場合、単一のタイプIIのバリエーションも、その範囲内で関連するプレゼンテーションの追加をカバーします。

グループ化されたタイプIIのバリエーションは、結果的であるかどうかにかかわらず、それぞれ個別のタイプII料金を引き付けます。

代理店は、申請者への行政検証の通知に続いて請求書を発行し、料金は請求書の日付から30暦日以内に支払われます。請求書はMAHが指定した請求先住所に送信され、関連する製品と手順、料金の種類、料金の金額、料金の支払い先の銀行口座、および期日が明確に記載されています。支払いのため。

請求書に発注書番号または同様の参照が必要な申請者は、書類に添付されているカバーレターまたは申請書、およびEMAゲートウェイ。代理店は、書類に関連付けられていない発注書番号のスタンドアロン通知を受け入れません。

タイプIIのバリエーションが「無効」と見なされる場合(つまり、評価プロセスを開始できない場合)、管理手数料が代理店から請求されます。

検査が必要な場合は、さらに検査料が請求されますのでご注意ください(提出前のガイダンス「GMP / GCP /ファーマコビジランス検査の料金はいくらですか?」も参照してください)。

SPC、ラベリングおよび/または添付文書、改訂された製品情報の付録は、次のように提出する必要があります。

  • 提出時(0日目)
    • 英語:製品情報の付録の完全なセットを改訂しました。アプリケーションには、追跡された変更で提案されたすべての変更を明確に示す、クリーンで強調表示されたバージョンの付録を含める必要があります。クリーンバージョンはパート1bで提供する必要があり、強調表示されたバージョンは「作業ドキュメント」の一部としてワードドキュメントとして提供する必要があります–情報を追加します。ハイライトされた単語バージョンの提供は、アプリケーションのレビューを容易にするため必須です。強調表示されたバージョンは、パート1bでPDFドキュメントとして追加で提供する必要があります。さらに、提案された変更は、申請書の「現在/提案された表」または申請書の付録に文書化する必要があります。
    • 英語:MAHは、評価フィードバックを考慮に入れ、手順中の補足情報の要求への応答の一部として、強調表示された製品情報の改訂版を提供する必要があります。これらの手続き上のマイルストーンで提供される改訂された強調表示された製品情報は、上記の「提出時」の要件に沿って提出する必要があります。
    • さらに、手続きの後の段階では、CVMPの意見を準備するために、MAHと報告者の間で迅速な非公式の交換が必要になることがよくあります。このプロセス中に、MAHは、製品情報の改訂版、およびEudralink /電子メールによるコメント/正当化をWord形式で提供できます。これらの製品情報バージョンは「作業文書」のみと見なされるため、これらの更新された製品情報提案を正式なゲートウェイ提出の一部として提出する必要はありません(質問/未解決の問題のCVMPリストへの正式な回答の一部を除く)。
    • すべてのEU言語(NO + ISを含む):
      -言語レビューが実行される場合:Word形式でのみ電子的に付属書の完全なセット(強調表示)
      -言語レビューが実行されない場合:Word形式(強調表示)およびPDF(クリーンブックマーク)でのみ電子的に付属書の完全なセット
    • すべてのEU言語(NO + ISを含む):Word形式(強調表示)およびPDF(クリーンブックマーク)でのみ電子的に付属書の完全なセット

    バリエーション規則の第23条によると、タイプIIバリエーションに関する委員会の決定は、常任委員会の手続きなしで採択されます。したがって、+ 25日以降は附属書の翻訳の改訂はありません。

    言語レビューの場合の概要:

    言語意見後の言語レビュータイムテーブル
    0EN電子的に
    Word形式(強調表示)
    +5すべてのEEA電子的に
    Word形式(強調表示)
    +25すべてのEEA電子的に
    Word形式(強調表示)
    PDF形式(クリーン)

    * =付録の完全なセット、つまり、言語ごとに1つのドキュメントとして提出された付録I、II、IIIA、IIIB

    「付属書の完全なセット」には、付属書、I、II、IIIA、IIIB、つまりすべてのSPC、ラベリング、

    関連する製品のすべての強みと剤形の添付文書、および付録II。附属書の完全なセットは、EUの公式言語ごとに1つの文書として順番に提示する必要があります(つまり、附属書I、II、IIIA、IIIB)。ページ番号は、付録Iのタイトルページの「1」(下、中央)で始まる必要があります。すべての付録は、政府機関のWebサイトで公開されているQRD条約に準拠している必要があります。付録のフルセットをPDF形式で送信する場合は、フォーマットチェックリストと製品情報のPDFバージョンを生成する方法に関するユーザーガイドに従う必要があります。

    強調表示された変更は、「ツール–変更の追跡」で示す必要があります。クリーンバージョンでは、すべての変更が「承認」されている必要があります。

    アイスランド語とノルウェー語のバージョンを常に含める必要があります。

    提供される付属書は それだけ 関連するバリエーションによって導入された変更を反映します。ただし、MAHがテキストにマイナーな言語修正を導入したり、製品情報を最新のQRDテンプレートに合わせたりする機会を利用する例外的なケースでは、これをカバーレターと申請書の正確な範囲のセクションに明確に記載する必要があります。さらに、申請書の「提示/提案」のセクションには、各言語に導入されたマイナーな言語修正を明確にリストする必要があります。あるいは、そのようなリストは、申請書の別個の付属書として提供され得る。リストされていない変更は、バリエーションアプリケーションの一部とは見なされません。そのような場合、および他の進行中の手順が製品情報の付属書に影響を与える可能性がある場合、MAHは、関連する手順の提出または最終決定の前に代理店に連絡することをお勧めします。

    附属書Aに影響を与えるバリエーション(例:新しいプレゼンテーションの導入)については、庁はCVMP意見の採択時に、新規/修正されたプレゼンテーションを反映した改訂英語附属書Aを作成し、MAHに送信します。 CVMPの意見の後の+ 5日目に、MAHは、すべての言語の付属書の完全なセットの電子版と、改訂された付属書Aの翻訳を個別のWord文書として代理店に提供します。

    動物用医薬品の単位数が変更されると、異なるEU番号がトリガーされます。

    2つのプレゼンテーションが長期的に市場で共存するプレゼンテーションの追加と、新しいプレゼンテーションが前のプレゼンテーションに置き換わるプレゼンテーションの置き換えとを区別する必要があります(一定の期間は一定期間、2つのプレゼンテーションは、前のプレゼンテーションの在庫がなくなるまで市場で共存します)。

    原則として、 置換 あるプレゼンテーションを別のプレゼンテーションで変更しても、動物用医薬品のユニット数が変更されない限り、新しいEU番号はトリガーされません。

    新しいEU番号をトリガーしない、交換のためのプレゼンテーションの変更の例(これは完全なリストではありません):

    • 一次または二次パッケージの交換、
    • 組成の変化(例えば、賦形剤の変化)。

    の場合には 添加、プレゼンテーションは市場で共存するため、内容の異なる2つのパックを同じEU番号でカバーすることはできず、異なるプレゼンテーションと見なされます。

    パックに含まれるユニットの数(動物用医薬品に限定されない)またはユニットの仕様の変更(動物用医薬品に限定されない)の変更は、新しいEU番号をトリガーします。

    新しいEU番号をトリガーする変更の例は、異なる材料で作られた代替の即時(一次)パッケージの導入です。

    今後の提出について質問がある場合は、vet.applications @ ema.europa.euに連絡してください。

    追加のプレゼンテーションを含むタイプIIのバリエーションに対するCVMP意見の採択時に、庁は新しいEUサブ番号を割り当て、獣医用医薬品の改訂された付属書Aに含めます。 MAHとCVMPの意見およびそれぞれの付属書。

    MAHは、言語レビューのためにCVMPの意見に従って提出される、付録Aのすべての言語バージョンおよび製品情報の該当するすべてのセクションに新しく割り当てられた番号を含める必要があります。

    各CVMP会議後のCVMPプレスリリースは、血清型、株、抗原、または血清型、株、または抗原の組み合わせの置換または追加に関する、新しい治療適応症の追加または既存の1つのバリエーションの変更に関するバリエーションに関する意見に関する情報を提供します。非食品生産性の標的種の追加または既存のものの変更に関する新しい禁忌のバリエーションの追加に関する獣医用ワクチンのバリエーション、および獣医用医薬品の中止期間の変更に関するバリエーション。公開される情報には、製品の発明名と表示が含まれます。これらのバリエーションについては、委員会の決定が採択された後、すべての商業上の機密情報が削除されたバリエーション評価レポートも公開されます。

    各CVMP会議後のCVMP月次報告書は、動物用医薬品の承認前および承認後の申請(タイプIIのバリエーションを含む)の量と評価に関連する最新情報を提供します。

    一般的な原則

    欧州委員会のバリエーションガイドラインでは、「関係書類の修正が編集上の変更のみに関係する場合、そのような変更は通常、個別のバリエーションとして提出するべきではありませんが、関連するバリエーションに含めることができます。 書類のその部分。そのような場合、変更は編集上の変更として申請書で明確に識別されるべきであり、提出されたバリエーションの範囲を超えて編集上の変更によって書類の関連部分の内容が変更されていないことの宣言が提供されるべきです」。バリエーションガイドラインに従ってバリエーションとして分類できる変更は、編集上の変更とは見なされないため、適切なバリエーションカテゴリで送信する必要があります。

    庁は、管理検証フェーズのある手順内で編集上の変更を提出することを強くお勧めします(例:タイプIBまたはタイプIIのバリエーション。これにより、検証中に提案された編集上の変更を適切にレビューし、必要に応じて評価前に提出を修正することができます。提案された編集上の変更は、バリエーション手順に関係する書類の同じ部分に影響を与える必要があります。たとえば、バリエーションがパート2.Cに影響を与える場合、編集上の変更はパート2.Cで提出できます。

    例外的に、提出されたバリエーションによって影響を受ける同じ書類サブセクションに影響を与える場合、庁はIAバリエーションの一部としてマイナーな編集上の変更を受け入れる場合があります。これは、IA通知が本質的に管理用であり、検証フェーズがないためです。エージェンシーは、MAHが編集上の変更の提出とバリエーションの実際の変更との間の比例関係を維持することを期待しています。将来のタイプIAアプリケーションでの編集上の変更の受け入れ可能性について疑問がある場合、MAHは、提出前に[email protected]に連絡することをお勧めします。

    MAHは、このガイダンスに従い、これらの提出物のタイムリーな処理をサポートするために、バリエーションアプリケーションの高品質を確保することを忘れないでください。

    編集上の変更は通常、個別のバリエーションとして提出するべきではないため、別のバリエーション手順に含まれる場合は、バリエーションカテゴリを参照する必要はありません。

    バリエーション申請フォームの「正確な範囲と背景…」セクション内で、MAHは以下を提供する必要があります。

    • 提案された編集上の変更の簡単な説明と、それらが「社説」と見なされる理由(つまり、特定のバリエーションをトリガーしてはならない理由)に関する正当化
    • エディトリアルとして提案された変更が、エディトリアル変更が提出されているバリエーションの範囲を超えて、ドシエの関連部分の内容を変更しないことを確認する宣言
    • 関係書類のすべての関連部分がそれに応じて更新され、バリエーションパッケージに含まれていることの確認。

    さらに、すべての編集上の変更は、現在/提案された表にリストされ(またはこの表から相互参照される別個の付録として提供され)、可能な場合は最下部のセクション見出しとページ番号の下にある書類の関連する各変更を識別します。 。

    申請者が編集として提案した変更は、提出時に庁によって慎重に検討され、包括的な変更と同時にさらなる評価の対象となる場合があります。そのように受け入れることができない提案された編集上の変更は拒否されます。疑わしい場合は、申請者は計画された提出の前に[email protected]に連絡することができます。

    パート2の編集上の変更(品質)

    以下は、パート2の編集上の変更の例と見なすことができます。使いやすさのためのヘッダーの追加、意味を変更せずに既存の情報を並べ替える、以前に合意された正しい参照を提供するセクション間/セクション内の情報の配置を示すことができます(例:フローチャート内の情報をプロセスの説明に合わせる)、句読点の変更、およびテキストの意味を変更しない文法/正書法の修正。

    編集とは見なされない変更の例:仕様パラメータまたは製造の説明の削除、書類の内容を現在の製造プロセスに合わせるための情報の更新など。

    報告者による確認を必要とする提案された変更は、パート2の対応するセクションに影響を与える次のバリエーションタイプIBまたはタイプIIの範囲内で提出された場合にのみ受け入れることができます。

    編集上の変更が必要であり、今後の手順がない場合、MAHは、これらの変更を個別のデフォルトのタイプIBバリエーション(必要に応じてB.I.zまたはB.II.z)として提出することを検討する場合があります。

    パート3(安全性と残留物)およびパート4(前臨床および臨床)の編集上の変更

    パート3およびパート4での編集上の変更は予測されていません。今後の提出の前に、vet.applications @ ema.europa.euに連絡してください。

    パート1.Bの製品情報の編集上の変更(SPC、ラベリング、および添付文書)

    テキストの意味が変更されていない限り、フォーマットの変更、誤植および/または英語の製品情報または製品情報の他の言語バージョンの誤りの修正は、編集上の変更と見なされます。これらの変更は、製品情報に影響を与える今後の手順の範囲に含めることができます。

    科学的内容または意味の変更は、編集上の変更として受け入れることはできません。これらの変更は、バリエーションガイドライン(タイプII、C.I.4など)に従って、関連するカテゴリの範囲に分類する必要があります。

    報告者または言語レビューによる確認が必要となる可能性のある提案された変更は、製品情報に影響を与え、言語レビューが行われる、(バリエーションガイドラインの)第C章に基づく今後のバリエーションタイプIBまたはタイプIIの範囲内で提出された場合にのみ受け入れられます。該当する場合、予見されます。

    編集上の変更を含める今後の規制手順がない場合、これらはスタンドアロンのデフォルトのタイプIBバリエーションとして提出することもできます。英語の製品情報に影響する場合は、C.I.zの下で。他の言語が影響を受け、製品情報に影響を与える手順が予定されていない場合、MAHは、これらの必要な変更を処理する方法について話し合うために[email protected]に連絡することをお勧めします。

    MAHは、間違いが英語またはその他の言語バージョンの重要な情報の不正確または欠落(禁忌または有害事象など)に関係し、安全かつ効果的な使用に影響を与える可能性がある場合、遅滞なく代理店と連絡を取る必要があります。医薬品および/または潜在的な医療過誤につながる(例えば、間違った強さ、間違った薬量、間違った投与経路)。

    次の複雑で関連する変更は、単一のタイプIIスコープでの提出を検討できます。B.II.b.1-新しい完成品(FP)製造サイトの追加:製造プロセス、バッチサイズ、および工程内管理の変更新しい製造現場の設定に適応します。

    単一のタイプIIで提出された複雑で関連する変更は、申請書で常に次のように明確に識別される必要があります。関連するすべての変更の明確な説明を正確な範囲で提供する必要があります。関連するすべての変更は、現在/提案されている表にリストされている必要があります。

    添加剤の変更、FPの仕様パラメーター/制限、サプライヤーを含む容器閉鎖システムなど、新しい製造サイトの導入に直接関係しないFPに影響を与える変更は、追加のバリエーションスコープとして提出する必要があります。

    単一のタイプIIスコープの下での複雑な関連変更の意図された提出の提出前のクエリは、vet.applications @ ema.europa.euに宛ててください。

    ASMFがサポートする有効成分の新しい製造サイトの導入は、単一のタイプIIスコープB.I.a.1.b)で提出する必要があります。パート2Cの大幅な更新を必要とする、ASMFでサポートされていない有効成分の新しいメーカーの紹介は、単一のタイプIIスコープB.I.a.1.gで提出する必要があります。

    新メーカーの導入が最終製品メーカーのレベルに影響を与える場合(例えば、有効成分の仕様または関連する分析方法の変更)、対応するカテゴリーB.I.bの下で個別のバリエーションを提出する必要があることに注意する必要があります。新しい有効成分メーカーの導入に関連する場合は、グループ化することができます。

    これらの変更に関連する意図された提出の提出前の質問は、vet.applications @ ema.europa.euに宛ててください。

    原則として、1セットのデータによってサポートされるPIへの1つの変更は、1つの評価と、それに続く1つのタイプIIのバリエーションを構成します。

    バリエーションの一部として提供されるすべてのデータ/調査レポートは、PIへの同じ変更をサポートする必要があります。そうでない場合、つまり、一部のデータが1つの変更をサポートし(更新A)、他のデータが別の変更をサポートする(更新B)場合は、必要に応じて、個別のスタンドアロンバリエーションまたはバリエーションのグループを送信する必要があります。 Aをサポートするデータを含むPIアップデートAの場合、およびBをサポートするデータを含むPIアップデートBの1つのバリエーション。

    したがって、変更が同じサポートデータの結果である場合にのみ、1つのタイプIIバリエーションアプリケーションがSPCのいくつかの異なるセクションへの変更、および対応する添付文書への変更を提案できます。別のデータセットの評価の結果として生じるPIへの追加の変更は、個別のバリエーションの一部として提出する必要があります(スタンドアロンまたはグループ化されたアプリケーションの一部であり、ケースバイケースで決定されます)。 )。


    出版社のメモ: Springer Natureは、公開された地図および所属機関の管轄権の主張に関して中立のままです。

    拡張データ図1SOFIAのupGREATで1.9テラヘルツ[Cii]の線にマッピングされた領域の概要。

    示された78個のタイルは、最終的なマップを作成するために使用されました。背景画像は70μmのハーシェル/ PACSダスト放出です。黄色の等高線は、の近似遠紫外線放射場に対応します。 NS0 = 50(Habing単位)。各タイルの色は、対応するオフ位置を示します。青いタイルはCOFF-SE1位置を使用し、赤いタイルはCOFF-OFF1を使用し、緑のタイルはCOFF-Cを使用します。各正方形のタイルの辺の長さは435.6秒角です。中央の黒いボックスは、9時間55分に単一ピクセルのHerschel / HIFI機器によってマッピングされた領域を示しています。 SOFIA / upGREATマップの合計観測時間は42時間でした。

    拡張データ図2データキューブの1.9-THz [Cii]スペクトルのサンプル。

    NS、マップの中心で取得されたスペクトル(RA = 5 h 35 min 17 sdec。=-5°22'16.9 '')。 NS、マップ全体の平均スペクトル。

    拡張データ図3オリオン座の大規模(約350個)構造の概略図。

    オリオン座の巨大な星の位置は緑色の星でマークされています(肩と膝は、M42が剣の先端にある単一の星で示されています)。 2つの巨大な分子雲AとBは青で示され、顕著なH ii領域は、M42とトラペジウムクラスターを含む緑の領域で示されています。 Hαで非常に目立つバーナードループは、赤い線で示されています。スーパーバブルの境界(黄色の破線と点線)と同様に、λOri(灰色)を囲むバブルも示されています(赤、イオン化ガスブルー、掃引された分子シェル)。拡散イオン化ガスは灰色で示されています。 Orion OBサブアソシエーション(Ia、Ib、Ic、およびId)のおおよその位置は、緑色でマークされています。ラベルの付いた点線 NS = 0は、銀河面を示します。

    拡張データ図4オリオン座の星形成領域の概要。

    Orion OBアソシエーションIbとIcのおおよその境界は、破線の楕円で示されています。オリオンIDの関連付けは、オリオン大星雲M42の背後にある分子雲に直接関連付けられています。赤みがかった輝きは、バーナードループのイオン化ガスでの再結合に起因するHα線によるものです。ベルトの星と膝は明らかです。画像のサイズは空で約10°です。

    拡張データ図5大規模な星形成のオリオン座の赤外線とX線の合成図。

    [Cii]統合強度マップはカラースケールで表示されます。 X線放射(XMM-Newtonから)は緑色の輪郭で輪郭が描かれています。熱いガスはおそらく完全に泡を満たしますが、ベールによる吸収は左側を消します。 θ1OriC(RA(J2000)= 5 h 35 min 16.46 s、dec。(J2000)=-5°23'22.8 '')の位置は青い星で示されます。

    拡張データ図6さまざまな速度チャネルでの[Cii]放出を示す合成図。

    増加とともに vLSR、シェルはバブルの中心から離れて外側に移動します。これは、拡大するハーフシェルの運動学的特徴です。各色は、幅1 km s-1のチャネルの放射境界の輪郭を示しています。 vLSR = 0から vLSR = 7 km s-1。原点(マゼンタの星)は、θ1Ori Cの位置に対応します(RA(J2000)= 5 h 35 min 16.46 s、dec。(J2000)=-5°23'22.8 '')。 4〜7 km s -1の速度範囲では、OMC-4に関連する[Cii]放出が気泡の内部を満たし始めます。 OMC-4は、背景の分子雲の前面近くにある星形成コアであり、ベールバブルの一部ではありません。

    拡張データ図7ベールを横切る選択されたカットからの[Cii]放出の4つの例示的な位置-速度図。

    各位置-速度図は、約2,500インチを超える明確な弧構造を示しています。これは、拡大するベールシェルに対応します(C.P. et al。、原稿準備中)。左(右)の2つのパネルは、水平(垂直)軸に沿ってカットされています。

    拡張データ図8オリオン座の遠赤外線ダスト放出。

    左、160μmでのダスト放出の光学的厚さマップ(τ160)、シェルの質量をトレースします。 2つの大きな円は、手足を明るくしたシェルの質量を決定するために使用されるシェルの範囲を示しています。小さな円(「OMC1」)は、トラペジウム星に関連するホイッゲンス地域を囲んでいます。 Huijgens領域を除いて、2つの大きな円の間に囲まれている質量を推定しました。右、オリオン座のさまざまな位置で観測されたダスト放出のSED NSλ 観測されたフラックスです。これらのSEDは、ダストとガスの質量を決定するために分析されます。データと曲線は、観測されたSEDとモデルの適合を表します β = 2、それぞれ。凡例は、結果として生じるダスト温度を示しています NSNSτ160。これらのSED適合は、各空間ポイントについて分析され、結果は τ160 値は、左側のパネルに示されているマップを作成するために使用されました。

    拡張データ図9シェルからの平均スペクトル。

    これらのスペクトルは、主同位体からの[C ii]線によって支配されており、13 C +付近の弱い超微細成分を示しています。 vLSR = 20 km s-1。この線は、主要な同位体線の光学的厚さ、したがって放出ガスの質量を推定するために使用されます。赤いスペクトルは、拡張データ図8の2つの大きな円の間の領域に対応しますが、小さな円のHuijgens領域は除きます。青いスペクトルは、赤緯-5°35 'から-5°45'の範囲で、東部シェルの明るい部分の平均です。挿入図は、平均シェルスペクトルの(かすかな)[13 Cii]線の拡大図を示しています。