ネルソンマンデラが引退-歴史

ネルソンマンデラが引退-歴史

1999年6月16日、ネルソンマンデラは南アフリカ大統領を辞任しました。彼はアフリカ民族会議の新しいリーダーであるタボ・ムベキに取って代わられた。 ANCは6月2日に議会選挙で勝利しました。

ネルソンマンデラの人生と時代

彼は27年間投獄され、1990年に登場し、4年後に国の最初の黒人大統領になり、他の紛争地域における平和の推進において主導的な役割を果たしました。彼は1993年にノーベル平和賞を受賞しました。

彼のカリスマ性、自虐的なユーモアのセンス、過酷な扱いに対する苦味の欠如、そして彼の驚くべきライフストーリーは、彼の並外れた世界的な魅力を部分的に説明しています。

1999年に大統領を辞任して以来、マンデラ氏は南アフリカで最も知名度の高い大使になり、HIV /エイズに反対するキャンペーンを行い、2010年のサッカーワールドカップを主催する国の権利を確保するのに役立っています。

近年一連の健康問題を抱えているマンデラ氏は、コンゴ民主共和国、ブルンジ、その他のアフリカ諸国での和平交渉にも関与しました。

2004年、85歳でマンデラ氏は公的な生活から引退し、家族や友人とより多くの時間を過ごし、「静かな反省」に取り組みました。

「電話しないでください、電話します」と彼は、将来の婚約に彼を招待することを考えている人に警告しました。

元大統領は、大部分が公的生活から引退して以来、ほとんど公に出てこなかった。

2010年11月、彼のオフィスは、彼が米国と南アフリカのサッカーチームのメンバーと開催した会議の写真を公開しました。

彼は過去2年間に数回病院で治療を受けています。

2011年1月下旬、彼は「専門検査」のためにヨハネスブルグの病院に入院し、南アフリカの大統領は、マンデラ氏が「以前の呼吸器感染症」にかかったことを関係国に思い出させました。

1980年代にロベン島で刑務所にいた間、前大統領は結核にかかった。

2012年の初めに、彼は大統領府が「長年の腹部の苦情」であると言ったことで治療を受けました。

しかし、ここ数ヶ月、彼は肺感染症に繰り返し悩まされてきました。


マンデラの自由と正義のための闘いの物語

自由への長い道のり(要約版)ネルソン・マンデラ著。 CocoCachaliaとMarcSuttnerによって簡略化されました。 Nolwazi Educational Publishers(Pty)Ltd、Braamfontein、ハウテン、南アフリカ。 1996.pp.122。 Pbk:R19.95(US $ 4.50)。

1990年2月11日の午後4時直前、ネルソンRマンデラが妻のウィニーを連れてビクターバースターを出たとき、世界で最も有名で最も長く奉仕している政治犯の27年間の試練がついに終わりました。ケープタウンの刑務所。刑務所の門まではほんの数歩だったかもしれませんが、マンデラにとって、そして実際には南アフリカ全体にとって、それは大きな飛躍でした。

刑務所の門の外では、マンデラが勝ち誇って拳を上げたとき、何千人もの人々が彼らのヒーローを歓迎しました。その瞬間から、南アフリカの歴史は急速に進み、マンデラ自身が「自由への長い道のり」というタイトルのこの率直な説明で語ったように、根本的に変化しました。

マンデラを釈放するというアパルトヘイト政権の決定は、1964年6月11日の生涯にわたる彼の投獄自体が正義の大きな悲劇であったことへの思いやりを前提としていませんでした。マンデラと彼の仲間の闘争者たちは、人種や色に関係なく、すべての南アフリカ人の政治的権利を望んでいました。これは、国の膨大な資源を自分たちだけのために欲しがっている白人の少数派には受け入れられませんでした。

ダニエル・マラン博士が率いる国民党が1948年に政権を握ったときにアパルトヘイトを課した後、南アフリカ人の圧倒的多数(黒人)は最も基本的な権利を拒否されました。アパルトヘイトは実際には「個別の開発」を意味しますが、黒人は白人からの分離と最も基本的な権利、特に人間の尊厳の否定だけです。アパルトヘイトと南アフリカという言葉は、次の40年間で同義語になりました。

1963年10月以降、リヴォニア裁判として知られるようになったプレトリアの裁判所で、マンデラは告発を否定しませんでした。これらは確かに非常に深刻でした-ゲリラ戦を行うための妨害と陰謀を計画しました。有罪判決を受けた場合、彼は死刑に直面する可能性があります。マンデラも一人ではありませんでした。彼を起訴した他の人々には、ウォルター・シスル、ゴヴァン・ムベキ、アーメッド・カトラダ、アンドリュー・ムランガニ、ボブ・ヘップル、レイモンド・ムラバ、エリアス・モツォアレディ、デニス・ゴールドベルグ、ラスティ・バーンスタイン、ジミー・カントールなどのアフリカ民族会議(ANC)の支持者が含まれていました。

しかし、1964年2月29日に検察が訴訟を終了したときに最初に話したのはマンデラでした。彼は、Quartus de Wet判事に、彼らの闘争はすべての南アフリカ人の権利を取得し、&# 39アフリカの人々の尊厳を奪った。&#39彼は裁判官の方を向いて、準備した文章を脇に置き、次のように話した。

&#39生涯、私はこのアフリカの人々の闘いに専念してきました。私は白の支配と戦い、黒の支配と戦いました。私は、すべての人が調和し、機会均等で共に生きる民主的で自由な社会の理想を大切にしてきました。それは私が生き、達成したい理想です。しかし、必要に応じて、それは私が死ぬ準備ができている理想です&#39(p.62)。これはおそらく本全体の中で最も劇的な声明です。

バーンスタインを除いて、他のすべての人はさまざまな罪で有罪となり、終身刑を宣告されました。刑務所に見知らぬ人はいません、それはマンデラの人生の別の期間を始めました。実際、リヴォニア裁判の時点で、彼はすでにケープタウン沖の悪名高いロベン島で5年の刑に服していました。

マンデラは、ロベン島で遭遇した苦難と、彼らの尊厳を維持するために彼らが拷問者と戦った、そして勝利した、一見小さいが重要な戦いについて詳しく説明しています。本を通して、彼はさりげない、事実のスタイルでイベントを語ります。

彼は、島の刑務所での最初の数年間は非常に困難だったと書いています。人生はひどい食べ物でした。彼らは独房に監禁され、外界のすべてのニュースを否定し、最初は刑務所の中庭で石を砕き、後に鉱山で石灰石を採石するという激しい労働にさらされました。

最初に採石場に連れて行かれたとき、指揮官であるウェッセルズ大佐は彼らに約6ヶ月間そこにいると言った。 &#39彼はタイミングが少しずれていました。私たちは次の13年間採石場に留まりました&#39(p.70)、とマンデラは言います。

彼は、2番目の妻であるウィニーとその子供たちからの長期にわたる離婚が最も耐え難いことに気づきました(彼の最初の妻であるシスルのいとこであるエブリン・メイスは、1953年に政治を放棄することを拒否したときに彼を去りました。エブリンのように、マンデラもウィニーに会いました。彼は彼女から2人の娘をもうけました。彼の釈放以来、ウィニーとの結婚も崩壊しました。これは彼の人生のもう1つの悲劇的な部分です。

囚人の家族は6か月ごとに訪問を許可しましたが、ウィニーは2年間一気に許可を拒否されました。これは、マンデラが書いている、彼は非常に苦痛を感じました。彼女が訪問を許可されたときでさえ、彼らはガラスの仕切りを通してしか話すことができず、会議はたった30分しか続きませんでした。

マンデラは幼児期からアカウントを開始します。その意味で、本は年代順に並べられています。生まれたロリフララは、父親が木の枝を引っ張ることを意味する名前で、略して「トラブルメーカー」と呼ばれています。彼はこの評判に応えましたが、大義を持った反逆者として生きました。

彼はクヌのブリキ屋根のシングルルーム学校に入学したとき、彼の教師を通してネルソンという名前を取得しました。彼の両親は、父親が他の人との論争ですべての所有物(土地、牛の首長)を剥奪され、治安判事の前に出頭することを拒否した後、そこに引っ越しました。彼の父親は、治安判事には管轄権がないと感じ、部族の問題であると主張した。

彼の父、ガドラ・ヘンリー・ムファカニスワは正式な教育を受けていませんでしたが、彼はテムブ王室の首長でありメンバーでした。彼には4人の妻がいて(いいえ、彼はイスラム教徒ではありませんでした!)、そこから13人の子供がいました。マンデラの母親であるノセケニファニーは、4人の子供、3人の娘、1人の息子を持つ3番目の妻でした。マンデラは4人の男の子の末っ子でした。彼の母親はクリスチャンになり、若いロリフララはメソジスト教会で洗礼を受けました。

マンデラが学校に入学したのは隣人の勧めでした。彼はそこでの最初の日を誇りを持って思い出します。彼の父親はマンデラが9歳のときに亡くなりましたが、彼の教育は親切な隣人や友人の助けを借りて続けられました。

これらの1つは、テムブ族の最高首長であるJongintabaDalindyeboであったと彼は言います。ジョギンタバは、マンデラの父の勧めで首長または摂政に指名されていました。マンデラの父親が亡くなったとき、リージェントは恩返しをしました。彼はその少年を世話をした。マンデラは息子の正義と一緒に寄宿学校に入学しました。彼がオリバータンボに会ったのはそこで、後にマンデラの長い投獄中にANCの大統領になりました。二人の少年は、村の司祭の娘と結婚したかったときに、リージェントの世話から逃げました。彼らは最終的にヨハネスブルグに行き、そこでシスルに会いました。

ウィトキン、シデルスキー、アイデルマンの法律事務所で記事を書いた書記官として彼に就職したのはシスルでした。彼がANCまたは共産党のメンバーである他の人々に会ったのもそこでした。しかし、マンデラがANCの作業に関与し、組織内で重要な責任を割り当てられるようになったのは、主にシスルを通じてでした。

1946年から1961年が彼がアパルトヘイトシステムの野蛮さを実現した彼の政治的キャリアの形成期であったとすれば、1961年以降の年は彼をまったく新しいコースに連れて行くことになっていました。反逆罪で無罪となった直後、シャープビル虐殺事件(1960年3月20日)の数か月後、彼はANCに武力闘争を始めるよう促した。

当初、マンデラはANC作業委員会の一部のメンバーからの反対に直面しましたが、しばらくして彼らを説得することができました。彼が地下に潜ったのもこの段階でした。彼はすでに、適切な文書なしで海外に旅行したり、違法な組織のメンバーであったりするなど、さまざまな犯罪のために刑務所で何度も服役していた。彼はアパルトヘイトとの闘いへの支持を集めるためにアフリカの様々な国を訪れました。

武力闘争は、近隣諸国でウムコントゥ・ウェ・シズウェ(国家の槍-ANC軍)を訓練することを含みました。マンデラが最初の首長に任命されました。 1961年6月26日、彼はマスコミに手紙を送り、なぜ地下に潜ったのかを説明しました(p.46)。彼は彼らを前に横たわる闘争に参加するように誘った。

地下に行くということは、日中は視界に入らないこと、夜に現れること、そして頻繁に場所を変えることを意味しました。 ANCは、隠れ家としてロビニアのLiliesleafFarmを購入しました。そこから、「メイブエ作戦」というタイトルの6ページの文書が、政府の侵入者からANC軍へのチップオフでキャプチャされました。それは、妨害工作が機能しなかった場合の政府に対するゲリラ戦と大規模な武装蜂起の計画でした。

「メイブエ作戦」の発見により、ANCの指導部が刑務所に収監され、アパルトヘイト政権は近隣諸国に対して大規模なストライキを開始しました。ロベン島での1964年から1988年までの期間は、本の中で詳細に説明されています。それ以降、マンデラがポールスムーア刑務所に移されたとき、状況は劇的に変化し始めました。

政府との交渉を繰り返し求めたのはマンデラであり、彼の仲間の何人かは留保を表明した。彼らはこれが弱さの兆候として解釈されることを恐れていましたが、マンデラはどこに線を引くかを知っていたと言います。イベントは彼のスタンスを立証したようでした。

彼の釈放から1年後、ANCは和解に到達するために政府との「交渉についての話し合い」を開始した。この間、多くのANC支持者が撃墜された。協議は1991年3月に始まったが、国の将来について真剣な協議が開始されたのは1991年12月であった。

マンデラは、彼を釈放し、アパルトヘイトを解体することに同意したF W deKlerkを高く評価しています。何ヶ月にもわたる激しい交渉の末、1993年2月に挙国一致内閣に関する合意が発表された。11月までに、暫定憲法についても合意に達した。

1994年4月27日に選挙が行われたとき、ANCが出現し、投票の62.6%が400人の国会議員で252議席を獲得しました。また、9つの州のうち7つを占領し、他の2つはそれぞれインカタ自由党と国民党に行きました。マンデラは1994年5月10日に大統領に就任しました。

これは、今世紀の正義と自由のための偉大な闘争者の1人の感動的な説明です。しかし、この本には大きなギャップがあります。たとえば、マンデラは、彼が本の中でそのような輝かしい言葉で説明したウィニーとの結婚の崩壊につながった理由を教えてくれません。また、彼は白人の少数派がまだ経済に持っている絞首刑についての言及を省略しています。

マンデラが大統領に選出されて以来、政府が多くの約束を果たすことができなかったため、ANCは国内でかなりの支持を失いました。目に見える進歩がないことで、黒人の若者の間には幻滅があります。

経済的自由がなければ、本のタイトルが示すように、マンデラが本当に無料であるかどうかを尋ねることができます。これは、彼自身と彼の家族の莫大な犠牲がなされたことを軽視するものではありません。しかし、アパルトヘイト後の南アフリカは、それが置き換えられたものと非常によく似ており、最前線にいくつかの非白の顔があります。

マンデラは本当に自由への道を歩んだのでしょうか、それとも過去50年間に非常に多くの「第三世界」の国々で起こった偽りの夜明けの1つでしょうか。そして、マンデラが80歳になる1999年に活発な政治から引退した後、将来はどうなるでしょうか。この本はこれらの問題を扱っていません。

それにもかかわらず、それは彼の人々のために莫大な犠牲を払った非常にまともで勇敢な個人の人生の闘争の刺激的な説明です。彼は本当に人々の男であり、さらに非常に大きくて寛容な心を持っています。彼は彼の拷問者を裁判にかけることを拒否し、国の利益を彼の個人的な傷よりも優先させた。

彼のアプローチに反対する人もいるかもしれませんが、彼の品位や自己犠牲を疑うことはほとんどできません。


引退を発表する声明、ネルソンマンデラ、2004年6月1日

友人や同僚、そして特にメディアからの私の良い友人。

忙しい中、今朝お話を伺ってくださり、誠にありがとうございました。

そんなおじいさんの姿を見たいという好奇心から、たくさんの人が集まってくるといつも言っていました。私の引退についてのここ数週間のメディアの憶測を観察し、

終焉を待つ間、私はあなたがまさにその理由で今日存在しているとさらに確信しています。しかし、それは逆にあなたの存在に対する私の感謝を決して損なうものではありません、私たちは老後がまだそのような不当な注意を刺激することができることを非常に嬉しく思います。

私は聴衆の中にかなりの数の暗い顔を観察します、しかし私は再びあなたを失望させなければなりません。私は公正な出発を発表するためにここにいるわけではありません。そして、いずれにせよ、私の家族と顧問は、天国のドアに到着し、ノックし、私の名前を提供し、他の場所に送られることについての私の好きな話を言わないように私に警告しました。どうやらその話はあまりにも多くの人々を不機嫌にさせます!

今朝ここでやるようになったのは、発表以上にアピールすることです。

私は数週間で86歳になりますが、それはほとんどの人が認めているよりも長い人生です。少なくとも私の医者によると、私は非常に健康であるという追加の祝福を持っています。私がまだ健康である間に、家族、友人、そして私自身と一緒に時間を過ごすように頼んだとしても、今日ここにいる誰も私を利己的だと非難することはないと確信しています。

私が刑務所に戻ることを長く望んでいたことの1つは、釈放後、読書、思考、静かな反省の機会がほとんどなかったことです。私は、とりわけ、そのような読書と反省のためのより多くの機会を自分自身に与えるつもりです。そしてもちろん、大統領時代についての回想録があり、今では本当に緊急の注意が必要です。

私が数ヶ月前に私の顧問の一人に引退したいと言ったとき、彼は私にうなりました:「あなたは引退しました」。それが本当なら、私は今、私が引退から引退することを発表すると言うべきです。

完全に一般の人から身を隠すつもりはありませんが、今後は、何かをしたり、イベントに参加したりするのではなく、歓迎するかどうかを尋ねる立場になりたいと思います。したがって、アピールは次のとおりです。私に電話しないでください。電話します。

それはまた、私たちの寛大なビジネスコミュニティが失望しすぎないようにするためです。私はあなたを完全に忘れません。あなたのサポートを必要とする価値のある原因に気づいたとき、私は確かにあなたに電話します。

したがって、真剣に:私の日記と私の公的活動は、今日から大幅に大幅に削減されます。私たちは、人々が私たちの考慮事項を理解し、私たちにはるかに静かな生活の機会を与えると信じています。そして、皆様のご検討に心より感謝申し上げます。

しかし、これは、私たちが関わり、支援し、推進してきた仕事が終了することを意味するものではありません。特定の仕事をする組織を設立し、それをそれらの組織に任せて仕事を続けるのが私たちの習慣です。

私たちが呼んでいる3つのマンデラレガシー組織のリーダーシップは、私たちの仕事が継続することの証拠と保証として、おそらく個人から組織に注意が移った今、さらに焦点を絞った方法でここに存在します。

私たちは今、これら3つの独立しているが相互に関連しているレガシー組織の仕事に非常に明確に集中することができます。それらは互いに完全に一致しており、それぞれが人間開発の特定の側面を表現する責任を負っています。 3つの財団の活動は明確ですが、互いに補完的で協力的です。

ジョンサミュエル、ボンギムカベラ、ショーンジョンソン(それぞれネルソンマンデラ財団、ネルソンマンデラ子供基金、マンデラロードス財団のCEO)が、各組織の活動と活動範囲に関する情報を提供します。

私たちの名前で活動しているこれらの3つの非常に機能的でよく組織された組織によって何が達成されるかについて、皆さんが私と同じように興奮することを願っています。また、これらの構造を調整し、南アフリカとアフリカで今後何年にもわたって主要な役割を果たすための準備にどれだけの注意と考えが注がれてきたかについても明確に理解していただければ幸いです。

ご清聴ありがとうございました。おじいさんに親切にしていただきありがとうございます。島や他の場所で27年間ローフした後、残りは本当にそうではないと感じるかもしれませんが、彼が休むことを許可してください。値する。


歴史

ネルソンマンデラは、私たちの時代の偉大な道徳的および政治的指導者の1人です。南アフリカでの人種的抑圧との戦いへの生涯にわたる献身が、彼にノーベル平和賞、彼の国の大統領、そして国連の称賛を勝ち取りました。そして世界– 7月18日の彼の誕生日が発表されたとき、今では世界中でマンデラの日として知られるようになります。

ネルソンマンデラは、1990年に四半世紀以上の投獄から勝利を収めて釈放されて以来、最も説得力のある刺激的な政治ドラマ、つまりアパルトヘイト後の南アフリカの建設の中心にありました。

アフリカ民族会議の議長および南アフリカの反アパルトヘイト運動の責任者として、彼は国を多民族政府と多数決に向けて動かすことに尽力しました。彼は人権と人種平等のための戦いにおける重要な力として至る所で尊敬されています。

ネルソンマンデラ博物館は、2000年2月11日に、芸術文化省のネルソンマンデラ自身と、伝統的および市民の指導者によって、ウムタタのムヴェゾ、クヌ、ブンガビルの3か所に開設されました。今日では、毎年何千人もの南アフリカ人や海外からの観光客が訪れています。南アフリカで最も重要な遺産機関の1つです。

「私たちは旅の最後の一歩を踏み出していませんが、より長く、さらに困難な道の最初の一歩を踏み出しました。自由になるということは、単に自分の鎖を捨てるだけでなく、他人の自由を尊重し、高めるような生き方をすることです。私たちの献身の真の試練は始まったばかりです。」

マンデラ氏の人生で最も説得力のある歴史は、彼の自伝「自由への長い道のり」です。

ネルソンマンデラ博物館は、彼の誕生、育成、そして最終的には引退の領域にあるように配置されており、彼の人生の場所、空間、風景を巡る本格的な旅を提供しています。展示会、出版物、コレクション、教育および文化プログラムを通じて、幼少期から成人期までの彼の人生と仕事を記念しています。


ネルソンマンデラの生涯における主要な出来事

1918年7月18日-事実上すべてのアフリカがヨーロッパの植民地支配下にあったときに、テムブ人の首長であるヘンドリー・ムファカニスワとトランスカイのウムタタ地区のノセケニ・クヌに生まれました。

1940年—学生ストライキでの役割のために、黒人の主要な機関であるフォートヘア大学から追放された。

1942 —黒人の平等を求める南アフリカの主要な運動家であるアフリカ民族会議に参加。

1943年—南アフリカ大学で通信教育を修了した後、フォートヘア大学で文学士号を取得。

1948年6月4日—白人のオランダ人の子孫であるアフリカーナーが支配する国民党が政権を握り、完全な人種差別システムであるアパルトヘイトの設置を開始しました。それは46年間中断することなく支配します。

1952年—マンデラは反抗キャンペーンを主導し、人種差別法を破ることを人々に奨励しました。共産主義鎮圧法の下で有罪判決を受け、集会への出席とヨハネスブルグを離れることを禁止された。弁護士としての資格を得るために試験に合格し、タンボと一緒に、国内で最初の黒人法のパートナーシップを形成します。

1958年—最初の妻であるエブリン・メイスと離婚した後、ソーシャルワーカーのウィニー・ノムザモ・マディキゼラと結婚。

1961 — ANCゲリラウィング、ウムコントゥウェシズウェ、またはスピアオブザネーションの設立を支援。

1964年4月20日-妨害行為で起訴されたマンデラは、プレトリアでの裁判中に、アパルトヘイトとの戦いにおける決意の深さと、白人の人種差別主義者の支配を終わらせるために命を落とす意欲を明らかにした声明を発表しました。

&#8220生涯、私はこのアフリカの人々の闘いに専念してきました」とマンデラは言いました。 &#8220私は白の支配と戦い、黒の支配と戦いました。私は、すべての人が調和し、機会均等で共に生きる民主的で自由な社会の理想を大切にしてきました。それは私が生き、達成したい理想です。しかし、必要に応じて、それは私が死ぬ準備ができている理想です。&#8221

2か月後、彼と他の7人の被告は終身刑を宣告されました。

1964年6月12日-マンデラと他の6人は終身刑を宣告され、悪名高いロベン島に送られ、刑に服しました。

1973年—彼が生まれ故郷のトランスカイでの一種の亡命に同意することを条件に、政府による釈放の申し出を拒否する。

1985年2月10日—彼が暴力を放棄することを条件として、別のリリースの申し出。マンデラは、集会で娘のジンジが読んだ激しい拒否の中で、暴力を放棄し、アパルトヘイトを終わらせ、交渉する責任は政府にあると述べています。

1985 —前立腺手術のために病院にいる​​間、彼はコビー・クッツェー法務大臣によって訪問されました。これは、1988年12月9日にケープタウンの北にある本土のより良い刑務所条件への彼の移籍につながる政治的および外交的プロセスの始まりです。 。

1989年7月5日—P.W.大統領に会うボタ。

1989年12月13日—Bothaの後継者であるF.W. deKlerkに会います。

1990年2月2日—議会の開会時に、deKlerkはアフリカ民族会議を含むすべての政治組織の合法化を発表しました。

1990年2月10日— De Klerkは、マンデラが翌日リリースされることを発表しました。

1990年2月11日-マンデラは、27年間監禁された後、妻のウィニーと手をつないで、ケープタウン近くの南アフリカのビクターバースター刑務所を出ました。彼はこぶしを持ち上げて、大きく笑った。マンデラのリリースは、何百人ものジャーナリストが前に進んだときに歓声を上げた、うっとりするほど幸せなサポーターにとって、長い間リリースされることはほとんど考えられませんでした。世界はテレビで感動的な機会をライブで見ました。マンデラは何十年にもわたって監禁されていたため、彼がどのように見えるかを知っていたり、最近の写真を見たことがある人はほとんどいませんでした。マンデラは、レセプションに驚いたと言いました。

&#8220群衆の中にいたとき、右拳を上げて、轟音がした。私は27年間それを行うことができませんでした、そしてそれは私に強さと喜びの急上昇を与えました」とマンデラは書いています。

彼はまた次のように回想しました:&#8220私がついにそれらの門を通り抜けて反対側の車に入ると、&#8211は71歳の時でさえ&#8211私の人生が新たに始まったと感じました。&#8221

1993年10月15日-マンデラとデクラークはノーベル平和賞を共有します。

1994年5月10日-ネルソンマンデラは、南アフリカの首都プレトリアのユニオンビルで就任宣誓を行い、民主選挙後、南アフリカの最初の黒人大統領になりました。世界中の指導者や他の高官がこの歴史的な行事に出席し、多くの南アフリカ人に路上で祝う別の機会を提供しました。

マンデラは就任演説の終わりに、次のように述べています。「この美しい土地が再び次々と抑圧され、世界のスカンクであるという憤慨に苦しむことは決してありません。」彼は言った。 &#8220自由を治めましょう。太陽は決してこれほど輝かしい人間の功績に沈むことはありません!神はアフリカを祝福します!ありがとうございます。&#8221

1995年6月24日:マンデラはヨハネスブルグで開催されたラグビーワールドカップ決勝でフィールドに足を踏み入れ、南アフリカの色を身に着け、60,000人を超える圧倒的に白い群衆を足元に運びました。彼らは&#8220ネルソンを唱えました!ネルソン!ネルソン!&#8221大統領は、人種間の和解を象徴する瞬間に勝利したホームチームを祝福しました。

かつて黒人に嫌われていたシンボルであるスプリングボックのエンブレムを着用するというマンデラの決定は、ラグビーが長い間黒人に敬遠されていたが、今ではすべての南アフリカ人に向けられているというメッセージを伝えました。

その瞬間は、クリント・イーストウッド監督のハリウッド映画「Invictus」に描かれました。この映画は、スポーツのプリズムを通してマンデラのリーダーシップの下で南アフリカの変革の物語を語っています。

1996年3月19日-マンデラはウィニーからの離婚を許可しました。

1998年7月18日-マンデラは80歳の誕生日に、元モザンビークのファーストレディーであるグラサマシェルと結婚しました。

1999年6月16日—マンデラは、アフリカの大統領の間では珍しい1期後に引退しますが、世界平和の促進、子供たちの支援、エイズとの闘いに積極的に取り組んでいます。

2003年1月30日-スピーチで、米国大統領ジョージW.ブッシュを傲慢で、イラクで国連を無視したことで近視眼的だと呼びます。

2004年6月1日—公的生活からの引退を発表。

2010年7月11日-ワールドカップの閉会式で、笑顔のマンデラがサッカーシティースタジアムで群衆に手を振った。ワールドカップの南アフリカでのステージングにより、国と大陸は世界最大のステージの1つで輝きを放った。 。マンデラは、妻のグラサマシェルと一緒にゴルフカートで運転されていたため、虚弱に見えました。

マンデラは、ワールドカップのコンサート後の交通事故で曾孫の娘が亡くなった後、6月11日の開幕戦に出席することを決意し、1か月にわたるトーナメントで目立たなかった。

前大統領は、スタジアムでのその感情的な日に群衆に話しかけませんでした。それが彼の最後の公の場でした。

2011年6月21日-マンデラは自宅でミシェルオバマ、彼女の2人の娘、その他のオバマの親戚と会います。

2012年12月—マンデラは病院で3週間近く過ごし、そこで肺感染症の治療を受け、胆石を取り除く処置を受けています。

2013年4月29日-国営テレビは、ジェイコブズマ大統領と他のANC指導者がヨハネスブルグの自宅でマンデラを訪問した映像を放送しています。当時、ズマはマンデラの調子が良かったと言っていましたが、マンデラの映像&#8211は、ほぼ1年ぶりのマンデラの公開画像であり、ズマが手を握ろうとしても、沈黙して無反応でした。

2013年6月8日-政府は、マンデラが再発性肺感染症で病院に入院したと述べています。当局は彼の状態を深刻であるが安定していると説明している。

2013年12月5日-マンデラは95歳で亡くなりました。

タイムズオブイスラエルはあなたにイスラエルとユダヤ人の世界への貴重な洞察を与えますか?もしそうなら、参加してください タイムズオブイスラエルコミュニティ。 月額わずか6ドルで、次のことができます。

  • サポート 私たちの独立したジャーナリズム
  • 楽しみ ToIサイト、アプリ、メール、および
  • アクセスを取得する イスラエルのロック解除されたバーチャルツアーシリーズや創設編集者のデビッドホロビッツからの毎週の手紙など、ToIコミュニティとのみ共有される独占的なコンテンツに。

あなたが読んだことを本当に嬉しく思います Xタイムズオブイスラエルの記事 先月。

だからこそ、私たちは毎日働きに来ています。あなたのような目の肥えた読者に、イスラエルとユダヤ人の世界の必読の報道を提供するためです。

だから今私たちはリクエストがあります。他の報道機関とは異なり、ペイウォールは設置していません。しかし、私たちが行うジャーナリズムは費用がかかるため、タイムズ・オブ・イスラエルが重要になった読者を招待して、参加することで私たちの仕事を支援してください。 タイムズオブイスラエルコミュニティ.

月額わずか6ドルで、The Times of Israelを楽しみながら、質の高いジャーナリズムをサポートできます。 広告なし、およびTimes of IsraelCommunityメンバーのみが利用できる独占コンテンツへのアクセス。


詳細情報:ネルソンマンデラ1918-2013

Rolihlahla Mandelaは、1918年7月18日に南アフリカのトランスカイで生まれ、教師の1人からネルソンの名前が与えられました。彼の父ヘンリーはテムブ王家の尊敬される顧問でした。

マンデラはフォートヘア大学で教育を受け、後にウィットウォーターズランド大学で教育を受け、1942年に法の資格を取得しました。彼は、南部で政治的変化を引き起こそうとする多民族民族会議であるアフリカ民族会議(ANC)にますます関与するようになりました。アフリカ。

1948年、国民党が政権を握り、「アパルトヘイト」、つまり人種に基づく人種差別を強制する政策の実施を開始しました。 ANCは、アパルトヘイト法に対する受動的抵抗運動を上演しました。

1952年、マンデラはANCの副大統領の1人になりました。 1950年代後半までに、政府による差別の高まりに直面し、マンデラ、彼の友人であるオリバータンボなどは、ANCをより急進的な方向に動かし始めました。 1956年、マンデラは反逆罪で裁判にかけられました。訴訟は5年間続き、マンデラが無罪となった。

1960年3月、69人の黒人の反アパルトヘイトデモ隊がシャープビルで警察に殺害されました。政府は非常事態を宣言し、ANCを禁止した。それに応じて、組織は非暴力の方針を放棄し、マンデラはANCの軍事部門「ウムコントゥウェシズウェ」または「国家の槍」の設立を支援しました。彼は最高司令官に任命され、軍事訓練を受け、ANCの支援を見つけるために海外に旅行しました。

帰国後、彼は逮捕され、懲役5年の刑を言い渡されました。 1963年、マンデラと他のANCの指導者たちは、暴力によって政府を転覆させることを企てたとして裁判にかけられました。翌年、マンデラは終身刑を宣告されました。彼はケープタウン沖のロベン島刑務所で拘禁され、後に本土のポールスムーア刑務所で拘禁されました。刑務所での彼の年の間に、彼はアパルトヘイトへの抵抗の国際的な象徴になりました。

In 1990, the South African government responded to internal and international pressure and released Mandela, at the same time lifting the ban against the ANC. In 1991 Mandela became the ANC's leader.

A respected global statesman

He was awarded the Nobel Peace Prize together with FW de Klerk, then president of South Africa, in 1993. The following year South Africa held its first multi-racial election and Mandela was elected its first black president.

In 1998, he was married for the third time to Graça Machel, the widow of the president of Mozambique. Mandela's second wife, Winnie, whom he married in 1958 and divorced in 1996, remains a controversial anti-apartheid activist.

In 1997 he stepped down as ANC leader and in 1999 his presidency of South Africa came to an end.

In 2004, Mandela announced his retirement from public life, although his charitable work continued. On 29 August 2007, a permanent statue to him was unveiled in Parliament Square, London.


Nelson Mandela’s Announcement of Retirement from Public Life (June 2004)

There are at least three statements by Nelson Mandela which relate to Johannesburg. The first two, which were discussed before, are his statement in his defense against criminal charges in the Rivonia Trial, April 1964 and his newspaper article about South Africa’s first decade of democracy, April 2004.

On June 1, 2004, Mandela announced his retirement from public life in a speech at the offices of The Nelson Mandela Foundation in Johannesburg. Here are extracts from his speech (verbatim) that day.

Announcement of Retirement [1]

“I am turning 86 in a few weeks time and that is a longer life than most people are granted. I have the added blessing of being in very good health, at least according to my doctors. I am confident that nobody present here today will accuse me of selfishness if I ask to spend time, while I am still in good health, with my family, my friends and also with myself.”

“One of the things that made me long to be back in prison was that I had so little opportunity for reading, thinking and quiet reflection after my release. I intend, amongst other things, to give myself much more opportunity for such reading and reflection. And of course, there are those memoirs about the presidential years that now really need my urgent attention.”

“I do not intend to hide away totally from the public, but henceforth I want to be in the position of calling you to ask whether I would be welcome, rather than being called upon to do things and participate in events. The appeal therefore is: don’t call me, I’ll call you.”

“This does, however, not mean that the work that we have been involved in, supported and promoted comes to an end. It has been our practice to establish organizations to do certain work and then to leave it to those organization to get on with the job.”

“The leadership of what we call, the three Mandela legacy organizations [6] are present here today as proof and assurance that our work will continue, perhaps in an even more focused way now that the attention shifts from the individual to the organizations.” [2]

“We are now able to concentrate very clearly on the work of these three independent but interlinked legacy organizations. I am very satisfied to tell you that they are in full alignment with one another, each charged to giving expression to a specific aspect of human development. The work of the three foundations is distinct but complimentary and supportive of one another.”

“Thank you very much for your attention and thank you for being kind to an old man – allowing him to take a rest, even if many of you may feel that after loafing somewhere on an island [Robben Island] and other places for 27 years the rest is not really deserved.”


Mandela retires from public life

South Africa’s anti-apartheid icon and revered statesman, Nelson Mandela, has announced he will be scaling back his public schedule to enjoy “a much quieter life”.

Mandela, who turns 86 next month, said he wanted to spend time with his family and friends, write memoirs about his tenure as South Africa’s first black president, enjoy reading and engage in “quiet reflection”.

“My diary and my public activities will, as from today, be severely and significantly reduced,” Mandela said during a farewell press conference at his charity foundation in Johannesburg.

“We trust that people will understand our considerations and grant us the opportunity for a much quieter life.”

The former president, who spent 27 years in prison for his anti-apartheid activities, is often called upon to lend his prestige to events, including leading the South African delegation that travelled to Zurich last month to win the right to host the 2010 World Cup.

But the Nobel Peace Prize winner has been showing signs of old age, walking at times with a cane and suffering from poor hearing.

Faltering health

“I do not intend to
hide away totally from the public”

“I do not intend to hide away totally from the public,” Mandela said, but he made clear that he was no longer able to meet the demands placed upon him for public appearances.

“Henceforth I want to be in the position of calling you to ask whether I would be welcome rather than being called upon to do things and participate in events. The appeal therefore is ‘Don’t call me, I’ll call you’,” he said.

But he said the work of his three foundations – for children’s rights, AIDS and the promotion of democracy and reconciliation – would not be hampered in any way.

He told the “generous business community not to feel too disappointed”, saying, “when I notice a worthy cause that needs your support, I shall certainly call”.

Speaking in a strong, clear voice, Mandela stressed that his retirement was “for real”, and said he hoped to speed up work on the second volume of his autobiography.

“The book is there. We have finished one-third of it … I hope it will be possible to complete the book as soon as possible.”

Rainbow nation

Mandela, affectionately known by this clan name Madiba, signed out with tongue-in-cheek humour, saying “after loafing somewhere on an island and other places for 27 years, the rest is not really deserved” – a reference to his years in prison on Robben Island, in Paarl and Cape Town.

South Africa shed the shadow of
apartheid a decade ago

Earlier, he said the hectic engagements he kept up since his release from prison sometimes “made me long to be back in prison” as he had “so little opportunity for reading, thinking and quiet reflection”.

Since his 1990 release from prison, Mandela has been at the forefront of his country’s transformation from apartheid to a “rainbow nation”, from pariah state to an African powerhouse.

He was awarded the Nobel Prize for peace in 1993, along with South Africa’s last white president, FW de Klerk, for leading his country through a revolutionary change from white minority rule to democracy without the widely predicted bloodbath.

Mandela stepped down in 1999, passing the presidency to Thabo Mbeki, but remained a leading voice in South African politics on issues of race, poverty, AIDS and on world affairs.

At age 83, he was diagnosed with prostate cancer and successfully underwent treatment, but in the following years he withdrew more and more from the public eye.


Help make Nelson Mandela’s retirement peaceful

Nelson Mandela receives at least 4 000 messages a month from people throughout the world.

Many of these pay tribute to Mr Mandela and wish him well in his retirement.

However, there are just as many requests: for his signature, a message of support, a public appearance or an interview. There are also continued injunctions for him to intervene in struggles around the world, and to endorse various causes.

As far back as 1999 Mr Mandela said the following in response to these calls: “I don’t want to reach 100 years whilst I am still trying to bring about a solution in some complicated international issue.”

Then, in 2004, he publicly announced his intention to step away from public life and tasked three organisations (the Nelson Mandela Foundation, the Nelson Mandela Children’s Fund and the Mandela Rhodes Foundation) with carrying on his humanitarian work.

Finally, in 2008, during his 90th birthday celebrations, he pointedly called on people everywhere to pick up the baton of leadership: “It’s in your hands to make the world a better place”.

In response to this call, the Nelson Mandela Foundation and it sister organisations implemented Mandela Day. This is a campaign that we hope will lead to a global movement of good, enabling individuals and organisations to start off with just 67 minutes of community service on Nelson Mandela’s birthday, and then start making every day a Mandela Day.

The Nelson Mandela Foundation would like to ask people everywhere to help make Madiba’s retirement a time of peace and tranquillity, and to once more note the following:

  • He no longer grants interviews, nor does he respond to formal questions from the media, researchers or members of the public.
  • Given the huge number of projects and causes he is asked to endorse, and the impossibility of selecting a few among the many worthy requests, he no longer provides messages of support, written or audio visual.
  • Because of the sheer volume of requests for his autograph, he no longer signs books, memorabilia, photographs, etc. We therefore appeal to the public not to send items for him to sign as the Foundation cannot guarantee the safe return of this material.

Thank you for your continued support and your warm wishes to Mr Mandela.

For more information on how you are able to help perpetuate Madiba’s legacy, please click here.

Once more, we urge you to become part of the Mandela Day global movement for good. More information on how to participate can be found here.