太平洋戦争中に海岸監視員になることはどれほど危険でしたか?

太平洋戦争中に海岸監視員になることはどれほど危険でしたか?



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

映画「南太平洋」では、アメリカのジョセフ・ケーブル中尉とフランス人のエミル・ド・ベックが日本の海軍の動きを観察し、報告した2人の「コーストウォッチャー」を主人公として取り上げました。日本人はこれらの人々を「スパイ」として扱い、あらゆる機会に彼らを殺しました。映画では、ケーブルは死んだが、デベックは生き残った。

そのような海岸ウォッチャーになることはどれほど危険でしたか?彼らは自分自身をカモフラージュして植生に隠れ、ほとんど生き残ることができますか?それとも、「コーストウォッチング」では、彼らが自分自身を露出し、双眼鏡やラジオを使用し、敵の船や飛行機に彼らが何をしていたかを明らかにする必要がありましたか?日本の陸軍は、沿岸監視員が使用した地域の「掃引」を行ったのでしょうか?

言い換えれば、コーストウォッチャーにとってのリスクの原因は何でしたか、そして彼らはどのような回避行動を取りましたか?


グーグルで一瞬…

いくつかの情報源は約600人の海岸監視員がいたと報告し、他の情報源は700人の数を報告しています。そのうち、総サービングに関係なく、38人が命を落としました。低い数値を使用すると、約6%の損失率になります。見る anzacportalNavy.gov.au この主題に関するこのPDF記事をダウンロードできます。 コーストウォッチャーズ 個々のビネットと短い歴史的エッセイの4ページを提示します。


ビデオを見る: 韓国初の国産潜水艦島山安昌浩SS083就役!その性能は世界一?AIPにVLS6基も搭載!!大丈夫??