スウェーデンとスペイン内戦

スウェーデンとスペイン内戦

§1。贈答品、支払い、または同様の方法で、またはより高いランクの脅迫または虐待を介して、スペインでの軍務に参加させようとした場合、慣習法に従って刑を宣告されない場合は、最高刑に処せられます。 6ヶ月または罰金。

§2。スウェーデンの市民がスペインでの戦争サービスに登録した場合、最長6か月の懲役または罰金が科せられます。

§3。スペインへの旅行またはスペインを通過することを目的とするチケットは、陛下または陛下によって承認された事務所を通じてスペインへの旅行の特別許可を受け取った人、または彼に属する外国人にのみ販売できます。この国の認可局によってスペインへの旅行を認可された陛下の指定国。誰かが決定したことを破った場合、6ヶ月以下の懲役または罰金。

§4。スペイン行きのスウェーデン船について:司令官の義務は次のとおりです。§3に記載されている許可を持たない、または§5に基づく妨害なしにスペイン行きの乗客を乗せないように注意してください。船員の労働時間の法律および§10;サービスが要求しない限り、乗組員がスペインで下船することを禁止します。そして、§3に記載されている許可を得ていない限り、他の人がスペインに乗り出さないことを確認します。司令官がこの段落を無視した場合、罰金が科せられます。

§5。スペイン行きのスウェーデンの船について、陛下は、特別に認可された管理官が乗船または乗船できるように、船が特定の港から乗船することを要求する権限を持っており、上記の管理官は船と一緒に行くことを許可されるべきであり、 、詳細に規定されているように、貨物と乗客を管理し、司令官は、管理官が搭乗している場合、陛下が述べた国に属する軍艦を調査することを許可する義務があります。司令官がこの段落を無視した場合、罰金が科せられます。

§6。この法律でスペインが考慮していることは、スペインの所有物とモロッコのスペインゾーンにも関連しています

§7。刑法の第1章§1に記載されている内容とは関係なく、§2の違反がスウェーデン国外で行われた場合、違反はここスウェーデンで起訴される可能性があります。このような場合、検察はストックホルムの地方裁判所で行われるべきです。シーマンの法律§89に記載されている§4および§5の違反の訴訟は同じ適用性を持つ必要があります。現在言及されているもの以外のこの法律の違反は、共通の裁判所で起訴されるべきです。検察は、検察官によって執行されます。

§8。この法律に従って課せられた罰金は、国王に課せられるべきです。罰金を支払う手段がない場合は、慣習法に従って変換する必要があります。

§9。陛下は、この法律の適用について必要な規定を通知する必要があります。

スペインへの旅行は共産党によって組織され、すべての費用が支払われました。特別な人がそれを実行していました、連絡先のある人。それは個別に行われなければなりませんでした。私たちはスペインに行くとは決して言いませんでした。

大晦日に私のグループはストックホルムを去りました。私たちの間で政治的に活動的な人々の大きなグループが青年共産主義者であったことは疑いの余地がありませんでした。しかし、スペインに向けて出発した人々の大多数は、どの政党にも属していなかったと思います。募集は、もしそのような言葉を使うべきなら、セーデル(ストックホルム南部)の人々、そして船員の間のあちこちで、彼らが会うときはいつでもスペインについて話し始めるように行われました。多くの船員がスペインの港に上陸しました。私たちスカンジナビア人は、私たちが何よりもまず反ファシストであるという理論を一貫して守っていると思います。私たちは、確かな権利をもって、私たちの国、私たちの民主主義のためにもスペインで戦っていたと主張しました。同時に、これが新しい世界大戦の始まりになる可能性があることもわかっていました。そして、それが起こらないようにするのは私たちの責任でした。これは、スウェーデンの過激派運動の中で非常に明白でした。私たちはそれを行間で読むことができ、講義でそれを聞くことができました-私たちは新しい戦争の前夜にいました。

もし私たちがスペインに錨を下ろしていたなら、私はその時すでに離陸していたでしょう。しかし、私たちは他の地中海の港に行っただけで、それから家に帰りました。私はヨーテボリの家に戻ってサインオフしました。その後、エリクスバーグ造船所で約1ヶ月半働きました。それから私は解雇されました。今年の終わりに、彼らはお金を節約するためにほとんどの人を解雇し、それから彼らは再び彼らを引き受けるでしょう。しかし、それは私がスペインに向けて出発した理由ではありません。私は私の日々の多くの仕事から解雇されました。私はインタークラブでシクステンとロルフ・アロンソン、そして世界中に存在する国際的なセーラーズクラブに会いました。私たちはスペインについて話しました。それから私たちは去りました。

私が去ったグループは、国境が閉鎖されていたので、ピレネー山脈を最初に歩いたグループでした。私たちはパリに4週間滞在しました。そして、スペインとの国境に近い小さな村で。そこで私たちは一週間、ドイツ人1人とスウェーデン人4人の家族と一緒に隠れました。私たちは屋外に行くことを許されませんでした。それからある夜、彼らがやって来て私たちを連れてきて、私たちは続けることができました。ペルピニャンから数キロ離れたところに、たくさんのアメリカ人が出会った。最初にバスに乗り、ペルピニャンの端に着きました。それからたくさんのタクシーが運転してきました。私たちは一度に数人だけ、彼らに飛び込む必要がありました。ペルピニャンの鉄道橋にほぼ到着したとき、彼らがゆっくりと運転している間、私たちは飛び出さなければなりませんでした。それから私たちは橋を這わなければなりませんでした。向こう側に着いたとき、国境警備隊の警備員を見かけましたが、彼らは姿を消しました。なんらかの協力のようでした。ガイドをもらいました。彼がフランス人なのかスペイン人なのかはわかりません。しかし、私たちは一晩中山を越えて歩きました。

私が最初に訪れた最前線はグアダラハラでした。もっと早く戦いに行きたかったのですが、命令に従わなければなりませんでした。最初にいくつかの掘削がありました。私は11番目の会社のテールマン大隊に入れられましたが、3番目のスカンジナビアの会社には入れられませんでした。そこにはスウェーデン人、ドイツ人、デンマーク人がいました。当時、ハーマン・ウォーリンがそのすべてを担当していました。あなたはあまり考えていませんでした。あなたはただそこにいました。そしてハーマン、彼はみんなの父親のようでした。しかし、中隊長はキャプテン、ゼオキラ・アントンでした。

私たちが新人としてグアダラハラに来たとき、私たちは予備役に入れられました。オリーブの木立に横たわっていたので、一度もライフルを握ることができませんでした。あなたは誰かが殺されるのを待たなければなりませんでした。その後、あなたは彼の銃を取ることができます。しかし、あなたは制服と鋼のヘルメットを持っていました。最初の数日…とてもエキサイティングでした。あなたは夢を見ていました…しかし、それがどのようなものになるか想像することはできませんでした。唯一のルールは、自分で作ることでした。あなたが望むなら、あなたはヒーローを演じることができます、そしてあなたが怖がっていることを決して示さないでください。まっすぐ歩くだけでした。

状態、特に衛生状態は悪かったが、後で良くなった。私たちは闘牛場に四分の一でした。楽屋や雄牛のペン…あちこちにベッドを置いていました。 GuardiaCivilの古い兵舎も使用しました。すべての場所が等しく悪かった。最悪だったのはトイレでした。あなたは群衆になり、立って、排水溝にたわごとをしなければなりませんでした。時々あなたはそれを助けることができませんでしたが、あなたは排泄物に足を踏み入れ、あなたはあなたにいくつかを手に入れました。毎朝それの山がありました。何千人もの人々が入りたいと思ったとき、それは完全に混雑していました... 10時11分に誰かが来て、彼らががらくたを取り除くつもりである前に上に石灰を注ぎました。しかし、時にはそれは数日放置されました。それで、それは血まみれのひどいにおいがしました。そして、雨が降ったときなど、スラッシュ...それはすべて観覧席の下と周りにありました。脂っこい食べ物にも慣れていませんでした。彼らはいつも走っていたので、何人かの人々は赤痢を持っているようでした。はい、彼らがワイン、食べ物、オリーブオイルに慣れる前はひどいものでした。最初はほとんど吐きそうです。しかし、それはなくなりました。それからあなたは空腹である限り何でも食べました。

私は一般教育修了資格を取得していたので、少しドイツ語を話しました。したがって、私はスカンジナビアの会社と連絡を取り合うために、大隊のスタッフに整然と配置されました。夜、モラタデタジュナに来ました。それは最前線のすぐ後ろの小さな街でした。しかし、コミュニケーションに問題がありました。私のドイツ語は十分ではありませんでした。翌朝、会社が最前線に向かって行進したとき、彼らはスタッフ本部で私を忘れました。突然、私はイェブレの曹長、ハーマン・ウォーリンと二人きりになりました。その後、モラタを破壊する爆弾攻撃が起こりました。窓、壁…それはすべて鍛冶屋に吹き飛ばされました。地下室に駆け込むのに十分な時間がありました。私たちのキッチンも爆撃されましたが、調理用ワゴンであるトラックはまだ使用可能でした。しかし後で私達はそれを前に追い出した。旅団職員事務所に来ました。そこで私たちは大隊テルマンをどこで見つけることができるか尋ねました。彼らは私たちに左に行くように言った。私はそのように丘とオリーブの木々の間を歩きました。しかし、私は私たちの男の子を見つけることができませんでした。代わりに、バルカン諸国の人たちと一緒に大隊ディミトロフに出くわしました。ブルガリア人とルーマニア人が進んだとき、私は彼らを追いかけました。その時、正面から最初の音が聞こえました。誰かが屋根を叩いているように聞こえるか、大工の工房からの音のように聞こえました。一貫した打撃がありました。彼らは、テルマンが彼らの右脇腹に出ていたと言った。それで私は右に移動し、ついにテルマンの左脇腹に到達しました。私が最初に見たのはドイツ大隊将校でした。彼はファーストカンパニーを担当していたと思います。彼の名前はウィリで、彼は弾丸の雨の中をまっすぐ歩いていました。彼は決して地面に身を投げることはなく、まっすぐで背が高く、棒で指さし、部下を前に向けて歩き回った。彼は自分の周りを飛んでいるすべての弾丸にさえ気づかなかったようでした。彼は第一次世界大戦で戦ったので、それに慣れていました。しかし後で彼は殺されました。彼は私に大隊の右側面に進むように言った。それはスカンジナビア人がいた場所だからだ。

バルセロナの人口のほとんどは、大通りの対角線の周りに集まっていました。そこには百万人がいたと思います。街は何ヶ月もの間、1時間ごとに爆撃されていました。しかし、今回は共和党の飛行機が空中に浮かんでいて、巡視していました。軍隊パレードがありました。空軍が上空で吠えている間、緑色のユニフォーム、Guardia Nacional、そして軍隊、戦車兵とは異なる部分に「カラビネロ」がいました。それから、国際軍は正面からまっすぐに、ぼろぼろの軍隊のズボンとシャツを着てやって来ましたが、最前線の他の軍隊ほど手入れが行き届いていませんでした。しかし、その後、群衆は大騒ぎになりました。人々は歓声と叫び声を上げていました。女性たちは子供たちを連れてきて、国際旅団の兵士たちに引き渡した。彼らは彼らが持っていた最高のものを彼らに与えたかったのです。それは素晴らしい光景でした。

暑さは言葉では言い表せませんでした。しかし、スペイン人は私の喉の渇きをコントロールする方法を教えてくれました。あなたはオレンジを持っているはずだった。彼らは私たちのようにオレンジを食べません、彼らはジュースを吸い出します。いつもワインを飲んでいる人の話を聞いた。それはあなたの喉の渇きを癒しません。それは狂気です-暑い日にラガーを飲むようなものです。喉が渇くだけです。服を脱いだことがなかったので、なんとかうまくいきました。ムーア人を見ました。彼らはムーア人を捕まえるでしょう。スペイン人は彼らの残忍な拷問方法で有名だったので、ムーア人の死を恐れていました。しかし、彼らは素晴らしいショットでした!そして想像できますか:彼らは大きなフードとスラウチハットをかぶっていました。そして厚手の服。それが方法です。それがそれを行う方法です。そうすれば、太陽から十分に保護されます。私は彼らのシャツをはぎ取ったヤンクを見つけるでしょう。彼らは日射病を患っており、通常は助けを超えていました。彼らはかつてないほど水を飲むでしょう。私は水を飲んだことはありません。

その日、リンカーン大隊は多くの兵士を失った。救急ステーションは、木立の後ろにある小さな廃屋にありました。日中、彼らは赤十字の旗を掲げていた。そこにも半ダースの医者がいると言われました。

夜が明けると、大隊の司令官、ロサンゼルス大学の教授であるメリマン大佐がやってきた。彼は私に電話の男の子の何人かをつかんで、一日中負傷して叫んでいた男を連れて行くように言った-平野で私たちの数百メートル前に。私たちは道路のそばの小さな窪みに横たわっていました。しかし、誰かを私と一緒に連れて行くのは大変でした。

彼らは私たちがそこに行く前に私たちを撃たなければならないだろうと彼らは言った。疲れました!

まあ、あなたはしなければならない、私は彼らに言った。

ついに私は2人の男の子を連れてきました。私たちは外に出て、負傷した男を連れ戻しました。彼らは完全にすり減っていたので、彼らは非常に不安定にストレッチャーを運びました。それから医者が私たちのところにやって来ました。私はその子供が彼に6つか7つの弾丸の傷を持っていたと思います。ムーア人は街の塹壕の後ろに位置し、動いたものは何でも撃ちました。たぶん、子供は時々腕を振っていたのでしょう。

ファシストはまだベルチテの教会を支配していた。教会から数百メートル離れた通りを歩いていると、突然転倒して撃たれた少年たちがいたので、そこにはおそらく地下通路があったのでしょう。まるでファシストが通路を通って這い出たようでした。また、丘に囲まれたフランコの会社がありました。私はファシストが山の中に自分の位置を持っていたかどうかはわかりません。なぜなら、私は詳しく調べに行ったことがないからです。しかし、彼らが掘った装甲の塹壕がいたるところに走っていました。私はメリマンから、1.5キロメートル、あるいは2キロメートルの長さのワイヤーを走らせるように命じられました。ケーブルが足りませんでした。私たちはファシストが放棄したいくつかの塹壕を経由してワイヤーを走らせなければなりませんでした。そこで私は監視所を設置することになっていた。私たちは塹壕に忍び込み、電話をかけ、大佐と話しました。彼は言った:-今、戦車は攻撃しようとしている。しかし、最初に私たちは丘で私たちの大砲で撃つつもりです。

「ここですべて準備ができている」と私は言った。私たちが敷設した塹壕は、丘の周りの土塁、崖、またはあなたがそれと呼ぶものから200メートル以内でした。私は潜望鏡を持っていました。覗いてみると、向こう側に男の子の頭と腕が見えることがありました。私たちの砲兵からの最初の手榴弾が丘の最上部に当たった。彼らは電話で私にその影響について尋ねました。

「あなたはあなたの目標を下げなければならない」と私は言った。次の手榴弾は私の後ろ10メートルで爆発した。

「これはナッツだ」と私は言った。あなたはそれを再び上げる必要があります。

「私たちはすぐに完了するでしょう」と彼らは言いました。

戦車が2つの異なる方向から進んでいるのを見ました。発砲の音は耳をつんざくようなものでした。それから私はファシストの塹壕から白い旗が掲げられているのを見ました、そして私はすぐに電話をしました。

「今、彼らは…彼らはあきらめている、と私は言った。だからあなたは今やめることができる。爆撃で。」

しかし、難しい部分はそれでした-私の男の子は私を去りました。私は孤独であった。そこには歩兵もいなかったし、それ以外は何もなかった。ファシストギャング全体が彼らの塹壕から出てきました。彼らは丘を下って歩いて、私の道をまっすぐにやって来ました。私は武装していませんでした。私はリボルバーを1丁持っていましたが、それは私が死んだイタリア人将校から取ったリボルバーでした。ホルスターにぶら下がっていたにもかかわらず、弾薬は入っていませんでした。私はピットを出て、上がってファシストに会わなければなりませんでした。彼らは私のホルスターが空ではなかったのを見ることができました。

私は地面を指さして、銃を山積みにする方法を彼らに示しました。あった…少年がいた。彼の手の半分以上が撃ち落とされていた。指が残っていませんでした。いくつかのもの。

塹壕の外には2つのワインタンクがあります。囚人たちはこれらの木製の樽の上に身を投げ、それらを壊し、それをすべて飲みました。彼らの水への渇望のために…その時彼らをほとんど殺していた。最後に3人の警官が来ました。彼らは命令を叫び、軍隊は隊列を組んで立った。私は教会を指さした。それは彼らが行くことになっていた方法です。しかし同時に、私たちのパトロールがやって来て、彼らと一緒に行進しました。私が扱ったのは15人か20人の男性でした。わからない。彼らはいつでも私を撃った可能性があります。

私はエブロでの攻撃の前に戦闘に参加したことはありませんでした。 5月にエブロで数枚撮りましたが、それはほとんど意味がありません。そして、7月25日の夜、ボートで川を漕ぎました。私たちが反対側に着いたとき、私たちは解雇されました。私はボートから飛び降りた。私は底に立つことができました。撃つつもりだったのですが、ライフルに水が入っていたので、ボルトを素早く外して乾かさなければなりませんでした。それから私はいくつかのラウンドを撃ち、手榴弾を斜面に投げました。しかし、その時までに、スウェーデンの会社はすでに突破していました。私たちは急いで前進した。川沿いの位置にファシストは残っていませんでしたが、彼らは弾薬ガードルや革のバッグなど、たくさんのものを残していました。そのようなものはありませんでした。一緒に縫い付けられたズボンの脚に弾薬を運びました。最初はロシアの銃を使用していましたが、後にチェコのカービン銃と交換されました。ポーランド人にはロシアの銃が与えられたので、各企業は統一された装備を持っていました。攻撃は続いた。あなたはすべてを思い出すことができません。しかし、私はコルベラのスカンジナビアの死の丘を覚えています。

ある朝、私たちは嵐になりそうだった。私たちはファシストの立場に向かって前進しましたが、側からの激しい防御に遭遇しました。反対の注文を受けました。私たちは元の位置に後退しなければなりませんでした。私はデンマーク人の男と一緒に軽機関銃を担当していました。私たちが私たちの位置に着いたとき、彼は背中に跳弾を持っていました。それは小さな肉片をはぎ取った。彼は私に機関銃をくれて、「さようなら、同志!私は終わりました」と言いました。

私は彼のシャツを引き上げて見てみた。それほど悪くはなかった。傷はたくさん出血していましたが、なんとか包帯を巻くことができました。多分彼はショックを受けていた。それはチェコの機関銃でした。デーンと私は、彼が負傷するまで、長い間世話をしていました。その後、私はスペイン人の中で一人でした。彼らは軍事訓練を受けたことがありませんでした。時々、あまり戦闘がなかったとき、私は彼らに座って訓練し、武器を分解して元に戻しました。スウェーデンに戻った徴兵としての私の時間の間に、あなたはその種のものに慣れていたでしょう。しかし、家を出たとき、私は機関銃を使用する免許を持っていませんでした。あなたはそれをすべてそこで学ばなければなりませんでした。」

はい、徴兵の日と比較すれば。木製のプラグを使った撮影から本物への移行…そのようになります。でも実際はもっと仕事だと思っていました。あなたは助けを求めてスペインに行きました、そしてあなたがフォントを使っていたとき、その助けの一部は敵を排除しようとすることでした。私たちがエブロに来る前、私はすでにそれに慣れていて、人々を狙って撃たなければなりませんでした。あなたが覚えているのは…主にあなたの周りの人々がどのように殺されたり負傷したりするかということです。私は1回の大砲爆発で8人か9人のスカンジナビア人が殺されたのを見ました。私たちは前線で他の人たちを救うつもりでした。私たちは列をなして行進し、木立の中を進みましたが、敵の飛行機によって発見され、大砲から私たちにすべての地獄の火を浴びせました。それが彼らが死んだ時です。私たちは丘を越えて向かった。その前には、最初の丘よりも低い別の丘がありました。それが私たちが行っていたところです。しかし、私たちは隠れることができる洞窟を見つけました。そこで彼らは砲撃で私たちに到達することができませんでした、そして私たちはポジションに向かう前にそれが落ち着くまでそこで待っていました。あなたが本当に彼らをポジションと呼ぶことができれば。塹壕はありませんでした。私たちは少しずつ掘らなければなりませんでした。簡単ではありませんでした。小さな穴から始めて、時間の経過とともに大きくしていきます…後方に接続された溝ができるまで。正面から引き離される3、4日前に負傷しました。それはシエラカボールで行われました。その夜、私は一時的に塹壕の外にいて、その後ろにいました。彼らは暗闇の中でグレネードランチャーで撃っていました。手榴弾があなたの真上を通り過ぎるとき、私はハムを聞いた-鳥のようなものだ。しかし、彼らがあなたの近くのどこかに当たった場合、あなたは何も聞く時間がありません。

あなたはただ焼けるように暑い音を聞いて、それからそれは終わります。手榴弾が私の近くに当たった。頬に灼熱感がありました。目に血が混じっていて何も見えませんでした。私は医者を呼んだ。彼らは来ましたが、暗闇の中で傷を見ることができませんでした。私は彼の手を取りました-そして彼が傷を感じることができるようにそれを私の頬に持っていきました。彼は私の頭全体に包帯を巻いた。薬…カタロニア語…は私をストレッチャーキャリアに数キロ後方に導いた。彼らは私を救急テントに運びました。私は撃たれた。それから彼らは私を救急車に乗せました。私はそこで眠りに落ち、病院で目が覚めました。どこにあったのか思い出せません。私は友人に言った:「私は盲目になったと思う」。しかし、それから私は包帯を引き下げて、私が完全にはっきりと見ることができることに気づきました。出血は多かったのですが、あまり痛みはありませんでした。後で悪化しました。榴散弾が私の右頬に刺さっていた。傷が感染した。顔全体が腫れて、とても痛かったです。 15日後に彼らがそれを取り除いたとき、私は回復期の家にいました。彼らはそこに資料が欠けていました。それで彼らは麻酔なしで作品を取り出しました。


レビュー|私たちの心の中のスペイン:スペイン内戦のアメリカ人、1936年から1939年

それが世代の原因でした。スペイン内戦は、アダム・ホックシルトがこの傑出した歴史の中で明らかにしているように、すべての人とそれが触れたすべてのものを再形成しました。カトリック教会、ヨーロッパの民主主義、アメリカのビジネスリーダー、マスコミ、フランクリンルーズベルト大統領と彼の政府など、私たちが尊敬したい多くの個人や機関は、ソビエトの独裁者ヨシフなどの最悪の原因に専念している間、忌まわしい行動をしました。スターリンは、気高く挑戦に応えました。

ホクシルトは、民主的に選出されたスペイン政府であった左翼の「共和党」(ロイヤリスト)側に明らかに同情している。しかし、彼はその怒りから目をそらしていません。スペインのカトリック聖職者の7,000人以上のメンバーの殺害、何百もの教会や大聖堂の焼却、そしてスターリン主義の秘密警察による粛清です。

反抗的なファランジスト、つまり「ナショナリスト」として丁寧に知られているスペインのファシストは、はるかに多くの体を駆り立て、囚人を射殺し、何千人もの農民、労働者、そして「知識人」を殺害した。ファランジストの指導者である大元帥フランシスコ・フランコは、みすぼらしい、腹を立てた精神病質者であり、戦争の武器としてのテロ爆撃、大量略奪、レイプを公然と支持しました。カトリック教会はこれらすべてとさらに悪いことを熱心に支持しました。

アドルフ・ヒトラーとベニート・ムッソリーニが戦車、戦闘機、潜水艦、軍隊を提供した一方で、フランコは間違いなく敗北したでしょうが、西側の民主主義は共和党員を助けるためにほとんど何もしませんでした。ルーズベルトが、ホックシルトが彼らに代わって積極的に介入しなければならない可能性があることを示唆しているほどのことをした可能性は低い。しかし、ホクシルトが明らかにしているように、彼の政権が、フランコに無料の石油を提供したテキサコの親ファシスト会長であるトーキルド・リーバーの策略を無視し、それを彼の会社のタンカーで(米国法に違反して)伝えたことは許されない。彼の会社の海事情報ネットワークを使用して、ムッソリーニの潜水艦への共和党の補給船を裏切った。

民主主義の沈黙により、共和党はソビエト連邦に依存し、スペインの金準備の4分の3近くと引き換えに武器と顧問を提供し、政治的裁判と死刑執行の恐ろしいキャンペーンを行いました。

残されたのは、スペインのレイプを容認できなかった人々、国際旅団に加わった西欧諸国からの何千人もの男女の勇気だけでした。 Hochschildは、救急車の運転手、看護師、そして当時北米新聞同盟の特派員だったアーネスト・ヘミングウェイを含む数人のジャーナリストなど、少数の主題に焦点を当てています。

ホックシルトが自分の網をもう少し広くしたことを望みますが、それは彼が主題の物語から引き出す輝かしい勇気と粘り強さを許しませんでした。スペイン人はこれらの男性と女性を評価しましたが、彼らはしばしば戦争の混乱と緊急事態に犠牲にされました:自殺暴行に投げ込まれ、ほとんど訓練と装備がなく、食糧、避難所、または適切な医療の方法がほとんど提供されませんでした。彼らはとにかく退屈し、驚くほど長い間共和国を存続させるのを助けました。

そして彼らの努力のために、彼らは第二次世界大戦後のマッカーシスト時代にしばしば犯罪者に近いものとして扱われました。

スペインに来たボランティアは主に熱心な社会主義者と共産主義者であり、ホクシルトは彼らの素朴なものや、時には故意にモスクワの共同電話への従順を探求することを躊躇しません。しかし、彼のほとんどすべての主題は、悲痛なアメリカのタイプです。

ヘミングウェイでさえ、彼のすべてのマッチョな爆弾のために、そこでの彼の仕事に真剣であることが証明され、撃たれた国際旅団がスペインから引き抜かれたとき、「彼らはそれをすることはできません!彼らはそれをすることができません!」涙が出る前に。 Hochschildは、今日も同じことをしているような気分にさせてくれます。 MHQ

KEVIN BAKERは小説家、歴史家、ジャーナリストです。彼の最新の本は 独創的なアメリカ:夢想家、移民、いじくり回しの国家が世界をどのように変えたか (職人、2016年)。

この記事は、もともとの2017年冬号(Vol。29、No。2)に掲載されました。 MHQ:軍事史の季刊誌 見出し付き: レビュー:原因と影響.

精巧に描かれたプレミアム品質の印刷版が欲しい MHQ 年に4回直接お届けしますか?特別割引で今すぐ購読してください!


スペイン内戦で戦ったIWWメンバー

もともとはインダストリアルワーカーに登場し、スペイン内戦中に亡くなったIWWメンバーの一部に関するマットホワイトの短編作品です。

当然のことながら、多くのウォブリーがスペイン内戦で戦うためにスペインに行きました。いくつかは全国労働者連合(CNT)で奉仕しましたが、国際旅団で大部分が奉仕されたようです。マイク・ラドック、レイ・スティール、そして当時の産業労働者の編集者であるパット・リードなどのウォブリーは、第15国際旅団で最高の兵士の一部としての評判を獲得しました。スペイン内戦と1930年代のIWWの記録は不完全であり、スペインに行ったウォブリーの数を確実に知ることは不可能です。私は、自分自身をWobbliesとしてリストした人、または他の人がWobbliesとして覚えている人を20人以上発見しました。そのウォブリーズのグループのうち、8人がスペインで殺され、1人は、スペインで受けた傷からスペインから戻った直後に亡くなりました。理由は不明ですが、インダストリアルワーカーは、ここにリストされている9人の同僚のうち5人が死亡したことを決して記念していません。ですから、スペイン内戦の最後の行為から75年後の今年の11月、私たちは覚えています。

ハインリッヒ・ボルツ。インダストリアルワーカーの1937年10月23日号の死亡記事によると、「仲間の労働者ボルツはドイツ人であり、I.W.W。に所属していました。 [船員]ステッティンの支部。」ナチスがボルツを強制収容所に投げ込んだことに関する死亡記事。その後、ボルツはキャンプを脱出し、デンマーク、そしてスウェーデンへと向かった。スウェーデンでは、彼は過激な労働に積極的に取り組み続けました。 1936年に彼はスペインに旅行し、CNTのドゥルティ国際大隊に加わり戦死しました。

テッド・ディキンソン。ディキンソンは1923年にオーストラリアのIWWに参加し、オーストラリアのIWWの論文であるDirectActionを編集しました。ディキンソンは彼のIWW活動のために投獄された。ディキンソンは1920年代後半に刑務所から釈放された直後にイギリスに行きました。ディキンソンは国際旅団のイギリス大隊に加わり、2番目の会社の指揮官として2番目でした。 1937年に、彼はファシストによって捕らえられ、処刑されました。

ハリーF.オーエンス。オーエンスは、国際船員組合の行動に激怒した後、1921年にIWWに加わった率直なアナキスト船員でした。オーエンスがスペインに向けて出発する前に、彼はスペインのファシストに商品を運ぶ船に対するIWWストライキを主導するのを手伝いました。スペインのオーエンスに関する情報はあまりありませんが、彼はリンカーン大隊のメンバーであり、1937年半ばに殺害されました。

ルイス・ローゼンバーグ。 CNTからの死亡通知によると、ルイス・ローゼンバーグは1937年6月16日、アラゴン戦線で第26師団のドゥルティ国際大隊と戦死しました。ローゼンバーグは24歳で、IWW産業連合(IU)120に参加しました。オンタリオ州ポートアーサーの木材労働者。彼は1934年のサンダーベイストライキと1935年のアルゴマ地区ストライキに参加した。彼の死亡記事は同時に殺された無名のペンシルベニアアナキストに言及している。

ローレンスK.ライアン。ライアンは1930年代初頭にラスベガス支部の秘書でした。その役割で、彼はボルダーダムの組織化ドライブに関与していたでしょう。ライアンは、1937年2月27日のジャラマ攻撃中に重傷を負ったリンカーン大隊の初期の志願兵でした。

彼の友人D.P.によるとスティーブンス、ライアンはおそらく彼のジャラマの傷に関連して、1年後にカナダで亡くなりました。

ハーバートシュレッシンガー。インタビューで、シュレッシンガーは太平洋セーラーズユニオン(SUP)とIWWの間の連絡係であったと主張しました。これは、SUPが1930年代後半から1940年代にかけてIWWと同盟を結んでいたことからも理にかなっています。彼は1938年の後半にリンカーン大隊と戦死した。

イワンアルロイシルバーマン。シルバーマンはロサンゼルスのIWW建設労働者のメンバーでした。シルバーマンは1937年の後半にスペインに到着し、リンカーン大隊のメンバーでした。シルバーマンは1938年4月にガンデーザで殺害されたと記載されていました。

レイモンドアルバートスティール。スティールはもう一人のウォブリー船員でした。リンカーン大隊のベテランであるデイブ・スミスによれば、「レイ・スティールは常に、戦術としての直接行動の優位性について説明しました。」スティールはリンカーン大隊で最高の兵士の一人であり、トム・ムーニー機関銃会社の最高の機関銃兵の一人として愛情を込めて記憶されていました。国際旅団の記録によると、彼は1937年7月15日のブルネテ作戦中に殺害されました。スティールの死にはいくつかの異なるバージョンがありますが、コンセンサスの見解は、彼が狙撃兵によって殺されたというものです。

ロバートチャールズワッツ。ワッツはスペインに志願したとき、湾岸の港の船乗りでした。彼は1920年代にメキシコ軍に仕えたと主張した。彼はマッケンジー-パピノー大隊に所属し、1938年3月下旬または4月上旬に戦死した。


スウェーデンとスペイン内戦-歴史

英語481:文化研究、ポスト構造主義、そしてスペイン内戦

テキスト(イリーニユニオン書店):

フランシス・ラノン、 スペイン内戦 (背景の読み)。
ピーター・キャロル、 エイブラハムリンカーン旅団のオデッセイ.
ジョージ・オーウェル、 カタロニアへのオマージュ.
キャリー・ネルソン編 傷と夢.
ヘレン・グラハム、 戦争中のスペイン共和国.
アーネスト・ヘミングウェイ、 誰のために鐘が鳴る.

1936-39年のスペイン内戦は、文化研究の最も野心的な主張のいくつかをテストして適用するための特別な機会を提供します。それは芸術と政治が並外れた力で結集した瞬間であり、したがって文化的生産を文脈化する必要性についての文化研究の議論が単に有用であるだけでなく不可欠になる瞬間でした。それはまた、音楽、絵画、写真、文学、ルポルタージュ、政治的陰謀、軍事計画が相互作用し、相互に影響を及ぼし合うという、文化的領域全体にわたる共通の目的の決定的な例でした。文化研究とポスト構造主義の両方が文化的領域の関係性と相互依存性を押し上げてきました。ここはその主張をテストする機会です。 Finally, like many military conflicts the Spanish Civil War challenges one to work despite the radical undecidability of events and the political volatility of meanings. These will be matters for our extended reflection during the seminar.

We will study the military and political course of the war, along with its literature, graphic art, and political rhetoric. Course assignments will be in English, though students with skills in other relevant languages are welcome to take up special projects that make use of their skills. The class will include group interpretive projects focused on SCW posters and photographs. The U of I library's Rare Book Room has extraordinary SCW holdings, including 100 original SCW posters and many hundreds of original unpublished SCW letters.

Feel free to email me with questions: [email protected]

September 2 INTRODUCTION, with "The Spanish Earth" (film, 1937)

Sep 9 AMERICANS IN THE INTERNATIONAL BRIGADES

Peter Carroll, The Odyssey of the Abraham Lincoln 旅団.
from C. Nelson and Jefferson Hendricks, eds. Madrid 1937: Letters of the Abraham Lincoln Brigade from the スペイン内戦。 [MAPS]
Bernard Knox, "Premature Anti-Fascist." [MAPS]
Herbert Romerstein, "Conclusion," from Heroic Victims.
Stéphane Courtois and Jean-Louis Panné, "The Shadow of the NKVD in Spain," in Cortois et al, The Black Book of Communism: Crimes, Terror, Repression pp. 333-52.
Ronald Radosh, et. al, from Spain Betrayed, "Preface," "Introduction," "Historical Background," pp. 103-105, 433-469.
Cecil Eby, Between the Bullet and the Lie: American Volunteers in the Spanish Civil War ("Preface").

Sep 16 HEMINGWAY AND SPAIN:

Hemingway, 誰のために鐘が鳴る.

from Carlos Baker, Ernest Hemingway: A Life Story, (Chapters 41-50) pp. 299-357.

from Kenneth S. Lynn, ヘミングウェイ, "Chapter 20," pp. 475-497.

William Branch Watson, "Hemingway's Attacks on the Soviet and the Communists in 誰のために鐘が鳴る, North Dakota Quarterly (Spring 1992), 103-18.

Robert Fleming, "Communism vs. Community in For Whom the Bell Tolls, NDQ (Spring 1992), 144-50.

E. San Juan, Jr,, "Ideological Form, Symbolic Exchange, Textual Production: A Symptomatic Reading of にとって Whom the Bell Tolls, NDQ (Spring 1992), 119-143.

Wolfgang E. H. Rudat, "Hamlet in Spain: Oedipal Dilemnas in 誰のために鐘が鳴る, NDQ (Sp. 1992), 83-101.

Cary Nelson, Remembering Spain: Hemingway's Civil War Eulogy and the Veterans of the Abraham Lincoln 旅団.

Sep 23 WOMEN IN THE SPANISH CIVIL WAR

Martha Millet, "Women of Spain" (poem), in Nelson, ed. The Wound and the Dream: Sixty Years of American Poems about the Spanish Civil War.


Pla Y Beltran, "Girl Fighter of Spain" (poem)

ネルソン、 Revolutionary Memory: Recovering the Poetry of the American Left、 NS。 199.

Ave Bruzzichezi, [Letters] in Cary Nelson and Jefferson Hendricks, eds., Madrid 1937: Letters of the Abraham Lincoln Brigade from the Spanish Civil War.

Helen Graham, "Women and Social Change," from スペイン語 文化研究、eds。 Graham and Jo Labanyi.

Sim (Rey Vila), from Estampas de la Revolución 19 Julio
de 1936.

from Jordi and Arnau Carulla, La Guerra Civil en 2000 Carteles、2巻[Art Library AND RARE BOOK ROOM]

Francis Lannon, "Women" and "Women and War: Two Memoirs," from Lannon, The Spanish Civil War, pp. 70-2, 80-3.

Paul Preston, "La Pasionaria," from Comrades and "Nan Green" from Doves of War: Four Women of Spain.

from Mary Nash, Defying Male Civilization: Women in the スペイン内戦.

Caroline Brothers, "Women at Arms," in Brothers, War and Photography: A Cultural History, pp. 76-98.

Sep 30 THE EVENTS OF MAY 1937

Raymond Carr, "Spain and the Communists," ニューヨーク Review of Books (April 10, 2003), 62-67.

George Orwell, カタロニアへのオマージュ.

Orwell, "Spilling the Spanish Beans." [MAPS]

Jean Rous, "Spain 1936-39: The Murdered Revolution," in 革命の歴史 (The Spanish Civil War: The View from the Left) 4:1-2 (1992).

Helen Graham, "The Barcelona May Days and Their Consequences," from The Spanish Republic at War.

George Esenwein and Adrian Shubert, from Spain at War, pp. 217-31.

Oct 7 POETRY AND THE SPANISH CIVIL WAR

from Peter Monteath, Writing the Good Fight.

from Carlos Bauer, ed., Cries from a Wounded Madrid.

from Ted Genoways, ed., The Selected Poems of Miguel Hernandez.

from Marilyn Rosenthal, Poetry of the Spanish Civil War.

Oct 14 POETRY AND THE SPANISH CIVIL WAR II

Cary Nelson, ed. The Wound and the Dream: Sixty Years of American Poems About the Spanish Civil War.

Oct 21 POETRY AND THE SPANISH CIVIL WAR III

from Valentine Cunningham, ed. The Penguin Book of Spanish Civil War Verse.

selected poems from Latin America and Europe

Oct 28 PHOTOGRAPHY AND THE SPANISH CIVIL WAR

1. ROBERT CAPA'S FALLING MILITIAMAN:

Caroline Brothers, [On Capa's "Death of a Republican Soldier"], from Brothers, War and Photography: A Cultural History, pp. 178-85.

Cary Nelson, [On Capa's "Falling Militiaman'], from Nelson, The Aura of the Cause: A Photo Album for North American Volunteers in the Spanish Civil 戦争, pp. 28-33.

Richard Whelan, "Robert Capa's Falling Soldier: A Detective Story," Aperture 166 (Spring 2002), 48-55.

2. Spanish Civil War Photographs [MAPS]

Nov 4 FILM, MEMORY, AND REPRESENTATION

1. KEN LOACH [film] "Land and Freedom," supplemented by a number of reviews, including Paul Preston (New Times, September 1995), Andy Durgan (Socialist Review, July 1996), Martine Vidal (New Politics, Summer 1996), Roy Quickenden (abanderado, 1996), Richard Porton (Cineaste, Winter 1996), Anonymous ("World Socialist Web Site), Martha Gellhorn.

2. JOSé LOUIS CUERDA [film] "Butterfly"

Nov. 11 SPANISH CIVIL WAR POSTERS

John Tisa, The Pallette and the Flame (English library
reserve).

Alexander Vegara, "The Visual Front" (online--UCSD)

Cary Nelson, "Nightmares of Dead Children, Dreams of Utopia: Posters of the 1936-39 Spanish Civil War" (http://culturalstudies.gmu.edu/cultural_matters/issue1/nelson.html).

Jordi and Arnau Carulla, LA GUERRA CIVIL EN 2000 CARTELES (2 vols) (Art & Architecture Library, Rare Book Room).

Over 100 original SCW posters are in our Rare Book Room collection.

Nov. 18 SPANISH CIVIL WAR POSTERS II

Dec. 2 THE REPUBLIC IN CRISIS AND AT WAR

Helen Graham, The Spanish Republic at War.

Cary Nelson--RESERVE LIST--ENGLISH LIBRARY (English 481) Fall 2003

Carlos Baker, ERNEST HEMINGWAY: A LIFE STORY

Carlos Bauer, CRIES FROM A WOUNDED MADRID

Alvah Bessie, ed. HEART OF SPAIN

Burnett Bolloten, THE SPANISH CIVIL WAR

ROBERT CAPA: PHOTOGRAPHS (Aperture)

HEART OF SPAIN: ROBERT CAPA'S PHOTOGRAPHS OF THE SPANISH CIVIL WAR (Aperture)

Peter Carroll, THE ODYSSEY OF THE ABRAHAM LINCOLN BRIGADE

George Esenwein, SPAIN AT WAR

Valentine Cunningham, ed. THE PENGUIN BOOK OF SPANISH CIVIL WAR VERSE

Cecil Eby, BETWEEN THE BULLET AND THE LIE

Jim Fyrth, ed. WOMEN'S VOICES FROM THE SPANISH CIVIL WAR*

Ted Genoways, ed. THE SELECTED POEMS OF MIGUEL HERNANDEZ

Helen Graham, THE SPANISH REPUBLIC AT WAR, THE HEMINGWAY REVIEW Vol. VII: No. 2 (Spring 1988).

Gerald Howson, ARMS FOR SPAIN

David Mitchell, THE SPANISH CIVIL WAR

Peter Monteath, WRITING THE GOOD FIGHT

Mary Nash, DEFYING MALE CIVILIZATION: WOMEN IN THE SPANISH CIVIL WAR

Cary Nelson, ed. MADRID 1937: LETTERS OF THE ABRAHAM LINCOLN BRIGADE.

Cary Nelson, THE AURA OF THE CAUSE

Cary Nelson, SHOUTS FROM THE WALL

Cary Nelson, THE WOUND AND THE DREAM

NORTH DAKOTA QUARTERLY (Spring 1992)

Paul Preston, DOVES OF WAR: FOUR WOMEN OF SPAIN*

Gabriel Ranzato, THE SPANISH CIVIL WAR

Hugh Thomas, THE SPANISH CIVIL WAR

John Tisa, THE PALETTE AND THE FLAME

*books on order
___________________________

RESERVE LIST--ART AND ARCHITECTURE LIBRARY

APERTURE No. 166 (Spring 2002)

Jordi and Arnau Carulla, LA GUERRA CIVIL EN 2000 CARTELES (2 vols) [also in RARE BOOK ROOM REFERENCE]

Caroline Brothers, WAR AND PHOTOGRAPHY: A CULTURAL HISTORY

SPANISH CIVIL WAR--FILM SHOWINGS--Mondays 7pm.--160 English Bldg.

SEPTEMBER 8--THE GOOD FIGHT (Sam Sills)

SEPTEMBER 15--FOR WHOM THE BELL TOLLS (Sam Wood, 1943)
with Ingrid Bergman & Gary Cooper

SEPTEMBER 22--INTO THE FIRE (Julia Newman, 2002)

SEPTEMBER 29--DEFENDERS OF THE FAITH (Palmer, 1937)

OCTOBER 20--LAND AND FREEDOM (Ken Loach)

OCTOBER 27--ROBERT CAPA (American Masters--PBS)

NOVEMBER 3--BUTTERFLY (José Luis Cuerda)

1. Email analyses to all class members:

NS。 BEFORE October 7, one or two poems.
NS。 BEFORE October 14, one or two poems.
NS。 BEFORE October 28, one or two photographs.
NS。 BEFORE November 11, one group poster analysis.
e。 BEFORE November 18, one group poster analysis.

NS。 ALL OTHER WEEKS--issues for discussion.

2. FINAL PAPER--on any element of the Spanish Civil War, narrowly
or broadly focused, but taking account of competing possible interpretations of political, cultural, theoretical issues. About 30 pages in length.


Spanish Civil War: An Overview of the Causes.

The Spanish Civil War was a tragic tearing apart of a society where civil discourse had failed and given way to violence. The war lasted from July 1936 to April 1939, and was initiated by a rebellious group of disaffected army generals frustrated by what they saw as the failure of Spain’s Second Republic, 1931-36.

The Second Republic was a valiant if misguided effort at coming to terms with the country’s past. It sought to address long-standing historic problems/struggles which had gathered force and been added to throughout the turbulent 19 th century.

During that century new voices had been added to the ancient, traditional powers of monarchy, 教会nobility with the rise of the army, political parties, workers’ movements, anarchism , 共和主義。 To these we can add a reborn and revitalised historical reality, regionalism, with demands for some form of recognition in the Basque Provinces and especially in Catalonia .

In attempting to satisfy/resolve the interests of all these voices, the Second Republic attempted to do too much, too quickly and with too much passion. As a result the political pendulum swung, with increasing instability, from:
1. a left wing coalition government (June 1931 to November 1933)
2. a centre-right wing coalition government (November 1933 t0 Feb 1936)
3。 another left wing coalition government (Feb 1936 to July 1936).

The push to reform was central to the left wing agenda resistance was equally paramount to the right wing. The left favoured:
1. educational reform (which brought it into direct conflict with the Church)
2. agrarian reform (which threatened the landed oligarchy, especially in parts of Andalusia and of Extremadura)
3. military reform (which challenged military control of its affairs)
4. regional autonomy (which undermined national unity)
5. free assembly and the right to strike (which subverted employer power).

By the first half of 1936, the rhetoric on both sides had become more strident and inflammatory and violence more frequent, e.g. assassinations, the torching of churches. The left accused the right of obstructionism and fascism the right countered that they were fighting the forces of godless Marxism. To the left it was truth against obscurantism to the right it was the truth of traditional Catholic values against heresy.

It was, as a recent history of Spain in the twentieth century summarizes succinctly, “a class war, between differing conceptions of social order a war of religion, between Catholicism and ant-clericalism a war revolving around the idea of patria (i.e. regionalism) and nation…. In short, the Spanish Civil War was a melting pot of universal battles between employers and workers, Church and State, obscurantism and modernization….” (Casanova 161).

The Military Moves In.
Soon after the elections of February 1936, right wing politicians and some anti-republican army generals began to plot a coup against the left-wing government. The Right tried and failed to overturn the election results and the most “difficult” generals were transferred to distant posts and replaced by loyalist officers.

Amongst the former was General Francisco Franco (later Commander-in-Chief –Generalísimo– of the rebellious armed forces), who was posted to the Canary Islands, a transfer which he viewed as demotion.

The next few months saw a spiraling collapse of social order. The social dissatisfaction of the left was channeled into strikes, churches were burnt and there were threats of revolution. The right responded with its own creed of violence with gangs wearing paramilitary uniforms cruising Madrid on the lookout for the enemy.

The point of explosion came with the assassination in Madrid on July 13 th of José Calvo Sotelo, leader of the far right Bloque Nacional. His murder was a tit-for-tat response by republican police officers for the slaying the day before by right wing gunmen of a police guard known for his socialist sympathies.

Calvo Sotelo’s death propelled the hard line, traditionalist generals to action. On the evening of July 17 th , rebel soldiers in the Spanish protectorate of Morocco (aka the Rif) –fearing that loyalist troops were about to arrest them– seized control of their garrisons in Ceuta, Melilla and Tetuán.

Early next day, Franco declared a state of war and that afternoon took a chartered plane from the Canaries to Tetuán. The objective at this point was Madrid . In the north, General Emilio Mola (who coined the phrase “fifth column”) headed the northern army, with the same objective as Franco: Madrid. There was no turning back.

ソース。
Barton, Simon A History of Spain Basingstoke, Hampshire 2 nd . ed。 2009年。
Casanova Julián & Andrés, Carlos Gil Twentieth-Century Spain: A History trans. Martin Douch Cambridge 2014.
Jackson, Gabriel A Concise History of the Spanish Civil War London 1974.
Preston, Paul A Concise History of the Spanish Civil War London 1996.


概要

In 1976, Augusto Pinochet told Henry Kissinger that Chile was undergoing “a further stage of the same conflict which erupted into the Spanish Civil War.” Pinochet was not alone in this view throughout the 1970s, Chilean rightists used the Spanish Civil War as a point of reference. This article explores how and why Chilean golpistas drew on the Spanish example in developing their ideas about political struggle. It argues that the Civil War—or at least one interpretation of it, in which the military had purged Spain of communism in a kind of Christian reconquest—was a key component of the paradigm that some anti–Salvador Allende revanchists used to understand their world. In so doing, the article sheds light on a strain of Chilean conservatism that looked not to the United States for inspiration but to Spain, demonstrating the value of integrating Europe into analyses of Cold War Latin America's transnational dimensions.


Sweden and the Spanish Civil War - History

The digital Archive of the Spanish Civil War and the Francoist Dictatorship is an initiative of UCSD in collaboration with several Spanish civic associations, such as the ARMH (Asociación para la Recuperación de la Memoria Histórica)、 NS Asociación de Ex-presos y Represaliados Políticos、 NS Federación Estatal de Foros por la Memoria その他。 With the assistance of these human rights organizations, since the summer of 2007 several teams of graduate students have been recording audiovisual testimonies of militants, witnesses, and victims of the Spanish Civil War and the Francoist repression.

As is widely known, General Francisco Franco, together with other generals, and with the military support of Nazi Germany and Fascist Italy, headed a coup d’état in 1936 that interrupted the democratically elected government of the Second Republic (1931-1936). Since the coup d’état faced stiff opposition from many loyalists to the Republic, it gave rise to a civil war that lasted from 1936 to 1939. After the victory of the rebellious generals, Franco took power thus inaugurating the longest dictatorship in the history of Europe (1939-1975).

In the seventy years since the end of the Spanish Civil War scholars of the period have studied the conflict from several perspectives using different methodologies. Although some of these studies refer to the political repression implemented by Franco and the Falange (the Spanish Fascist Party), the magnitude and the scope of the repression is not yet fully documented. This absence in the historical record is the result of a “pact of silence” established by the Spanish policymakers in charge of the transition to democracy. The legal expression of this “pact of silence” was the Amnesty Law of 1977. This law grated amnesty to political prisoners, but also explicitly prohibited any legal proceedings against perpetrators of human rights violations as well. It also blocked the formation of Truth Commissions as was common in other post-dictatorial societies, such as in Argentina, Chile, and South Africa. In addition, during the transition to democracy, Francoist officials destroyed thousands of written documents pertaining to the implementation of repression both during the war and the dictatorship.

  • Create a safe institutional space in order to validate the experiences of those who survived the violence implemented by the Fascist forces during the Spanish Civil War and the subsequent dictatorship.
  • Create and preserve an oral record of significant events pertaining to the Spanish Civil War and the Francoist repression. The oral stories of these victims are an alternative mode of historical knowledge. As such, the testimonies of these men and women present a different version of the past, one that is extremely important, because, as pointed out before, the majority of the written records of the dictatorship were physically destroyed during the transition to democracy.
  • Record and preserve the audiovisual dimension of these historical testimonies. The audiovisual component of the archive is essential, because it shows the non-verbal dimension of a traumatic testimony. By filming the testimonies we have access to body language, silences, pauses, and other non-verbal elements. These elements provide important information about the affective dimension of the testimony. Furthermore, the images of the testimony show the process of memory in the making, as an open process rather than as a closed product.
  • Make the stories of the victims of the Spanish Civil War and Francoist repression available on the Internet. This will be an invaluable tool to educate future generations about the traumatic events that took place in Spain during this historical period. In this sense, the archive attempts to recover and to disseminate the multiple political legacies of the men and women who defended our first democracy and opposed the Francoist dictatorship.

The interviews included in the Archive are based on a protocol that tries to empower the witnesses by listening emphatically and actively. This implies that the interviews are open-ended and that the interviewers are historically informed so that they can assist the interviewees in the process of reconstructing their memories. For this reason, the testimonies are minimally edited to “clean” external interruptions, noises, and other irrelevant footage. In sum, we understand the recording of testimonies as a “story telling” process that, as such, involves pauses, repetitions, and a non-linear approach to history.

Sample Interviews
Download Flash to view sample video

History Project
Download Flash to view sample video

Report from the Field
Download Flash to view sample video

We hope that you find the stories included in this archive a useful and inspiring resource to further your knowledge of the Spanish Civil War and the Francoist dictatorship. If you or any of your relatives are interested in donating your testimonies to the collection, please contact us at: [email protected]

Spanish Organizations Collaborating in the Project
ARMH (Association for the Recuperation of Historical Memory)
Asociación de Ex-presos y Represaliados Politicos Antifranquistas (The Association of Former Political Prisoners and Anti-Francoist Fighters)
Asociación Memoria y Justicia, Andalucía (Association Memory and Justice, Andalusia)
Federación Estatal de Foros por la Memoria (State Federation of Forums for the Recovery of Memory)
Psychologists without Borders (Spain)

Advisory Board
Ángel del Río. Anthropologist, University Pablo Olavide, Seville (Spain)
Francisco Ferrándiz. Anthropologist CSIC (Consejo Superior de Investigaciones Científicas), Spain.
Cristina Moreiras-Memor Romance Languages (University of Michigan)
Pamela Radcliff. History (UCSD)
Güenter Schwaiger. Filmmaker and President of the Collective Images Against Amnesia
Emilio Silva. Spanish Journalist President of the ARMH, Spain.
Carlos Aguero (ARMH)
Guillermo Fouce (Universidad Carlos III/PSF)

UCSD Researchers
Scott Boehm (Literature)
Jessica Córdova (CILAS)
Andrea Davis (History)
Jodi Eisenberg (Literature)
Viviana Macmanus (Literature)
Elize Mazadiego (Visual Arts)
Omar Pimienta (Visual Arts)

UCSD Undergraduate Student Collaborators
Viviana Bazan
Elizabeth Diaz
Natasha Flores
Cristina Gonzalez
Karina Gutierrez
Caitlin Krull
Doug Willcox
Silvina Yi

Volunteers in Spain
Miriam Duarte
Guillermo Izquierdo
Jessica Plautz
Daniel Rojo
Jorge Rojo

Coordinator of the Project (P.I.)
Luis Martín-Cabrera, Assistant Professor of Literature


Official Web site of the
カリフォルニア大学サンディエゴ校
© UC Regents 2008

Spain and the Shadow of the Civil War

The relationship between an ‘unquiet past’ and the concerns of the present has been a key feature of recent engagements with the Spanish Civil War.

When Paul Preston’s The Spanish Holocaust (Harper Press, 2013) was shortlisted for the 2012 Samuel Johnson Prize it confirmed a new phase in the historiography of the Spanish Civil War. Preston’s meticulous documentation of atrocities brought home not only the fearsome nature of the conflict but also the brutality of the Francoist repression. With its lists of obscure names and places Preston’s book illustrates how civil wars transform the ordinary. These unremarkable locations have for decades contained the unmarked graves of anonymous individuals caught up in momentous events. Neighbours, friends and relatives testified to the identity of victims whose ‘crimes’ were often simply those of political affiliation. The local community may not have wielded the gun – soldiers or militiamen usually did that – but it was complicit in the everyday repressive violence of the Civil War.

この記事を読み続けるには、オンラインアーカイブへのアクセスを購入する必要があります。

すでにアクセスを購入している場合、または印刷物とアーカイブの購読者である場合は、 ログインしました.


Civil War Legacy Continues to Divide Spain’s Politics and Its Streets

VALENCIA, Spain — In Valencia, Spain’s third-largest city, the accuser and the accused of the Spanish Civil War are still honored side by side, at least on its street map.

One of the avenues here is named after Joan Baptista Peset Aleixandre, a prominent doctor, university rector and left-wing politician who helped manage regional hospitals during the civil war.

Running parallel to the avenue is a smaller street named after another doctor, Marco Merenciano, a Fascist who pressed charges and testified against Peset Aleixandre, who was killed in 1941 by a firing squad outside a cemetery.

On Friday, it will be 40 years since the death of Francisco Franco, the victorious general in Spain’s civil war. His death was the beginning of Spain’s transition from dictatorship to democracy, but there will be no official commemorations.

The street names and other symbols of the Franco regime, not only here but across Spain, stand as a measure not only of how Franco’s legacy remains embedded in the political and physical landscape of Spain, but of the failure of this maturing democracy to grapple with it fully to this day.

The shadow of Franco continues to be a potent source of division between right and left, despite his death.

Absent a shared view of the period, recently elected left-wing mayors in Valencia and some other cities have taken it upon themselves to remove the last street names and other public displays associated with the Franco regime.

That Merenciano should have his own street is “a scandal,” said Joan Ribó, who was elected mayor of Valencia this year, ending 24 years of conservative governance.

画像

“It’s hard to believe that we are still honoring people linked to Franco’s repression, which clearly isn’t something occurring in relation to Nazism in Germany or Fascism in Italy,” he added.

Besides the name-change debate, Prime Minister Mariano Rajoy’s conservative Popular Party has resisted Socialist-led demands to exhume bodies from mass graves remove Franco’s body from a basilica built as a symbol of his victory and create a truth commission to study the crimes committed during the war and its aftermath.

The investigation of Franco’s crimes was already promoted by Baltasar Garzón, a crusading judge who was barred from the bench in 2012 by the Supreme Court for illegally ordering wiretaps.

Speaking to a meeting of foreign correspondents on Thursday about the legacy of the Franco regime, Mr. Garzón concluded candidly, “There is no democratic maturity in Spain when it comes to these issues.”

So Valencia recently set up its own history commission, and its work includes reviewing street names associated with Franco.

According to local historians, the commission is likely to recommend changing 30 to 60 street names, including that of Merenciano.

Mr. Ribó said he also wanted to remove smaller plaques and other symbols of the Franco dictatorship, including eagle heads that were engraved onto buildings.

The push to clear public spaces of Franco symbols has not been without resistance and controversy, however, and not only in Valencia.

Madrid’s new left-wing mayor, Manuela Carmena, wants to change about 150 street names linked to Franco. As in Valencia, the plan in Madrid is part of the so-called law of historical memory, introduced in 2007 by a Socialist prime minister, José Luis Rodríguez Zapatero.

After the Popular Party ousted the Socialists from power in late 2011, however, it froze public funding for projects related to the law, including efforts to identify the remains in about 2,000 mass graves.

Conservative politicians see such efforts as contrary to the principles of conciliation embodied in a 1977 amnesty law that was intended to help the country heal after Franco’s death, and as evidence of political opportunism by left-wing parties.

The conservatives note that statues of Franco and other major symbols of his regime have already been removed. They also point out that left-wing administrations have shown no similar zeal when it comes to discussing wartime atrocities committed by Franco’s opponents, or even their own past choices of street names.

In the first year of the civil war, streets in Valencia were renamed to honor Lenin and the Soviet Union, as well as revolutionaries like Pancho Villa.

“The left seems to want to change street names far more than the right, but this remains a sterile debate, driven by politics, that only helps increase divergences within the Spanish people,” said Concepción Dancausa Treviño, who is the delegate of Mr. Rajoy’s government in the Madrid region.

“Perhaps we should just use street numbers, like in the United States, rather than keep making name changes that cost money and make no sense,” she added.

In fact, at a time of strict budget cuts — another source of division between left and right — even the cost of such efforts has become a point of contention. While Madrid’s City Hall estimated that its name-changing project would cost 60,000 euros, about $64,000, opponents say the final bill will be a hundred times as high.

Beyond the name changes, Valencia is scheduling conferences, exhibitions and other events over the coming year to highlight its role as the short-lived capital of Republican Spain.

As Franco’s troops advanced and the front line reached Madrid, Spain’s Republican government moved to Valencia in November 1936 and stayed there until October 1937. A significant part of the nation’s cultural patrimony was also relocated to relative safety in Valencia, including masterworks from the Prado museum in Madrid.

Becoming the seat of government “really transformed this city, also into a hub of social revolution and extraordinary cultural effervescence,” said Jorge Ramos Tolosa, a history professor at the University of Valencia.

Last month, City Hall awarded the honorific title of favorite daughter of Valencia to Alejandra Soler, a former leader of the student movement who got her degree in 1936, just before the civil war’s outbreak, and escaped to the Soviet Union in 1939, after Franco’s victory.

Ms. Soler, who is 102, recalled Valencia as “magnificent” during its stint as Republican capital. “This was the meeting place of all the anti-Fascist people of the world, of the real believers in democracy,” she said, sitting in her apartment filled with civil war memorabilia.

The wartime importance of Valencia, however, also made it the target of 442 bombings during the civil war, mostly by Italian aircraft that formed part of the Fascist military support provided to Franco by Hitler and Mussolini.

A local civic association wants to turn one of Valencia’s former air raid shelters into a civil war museum — which would also breach something of a taboo in a country that has almost no such museums, not even in Madrid.

So sensitive is the period still that Santos Juliá, one of Spain’s most respected historians, questioned the plan, suggesting perhaps the creation of a museum of 20th-century Spanish history instead.

“I think that to single out the civil war is still too polemic and doesn’t really help explain history,” he said, “because the civil war can’t be understood without knowing what happened before, while what happened afterward can’t be understood without knowing about the war.”


Sweden and the Spanish Civil War - History

Winner of the 1995 BABRA Nonfiction Award, sponsored by the Bay Area Book Reviewers Association.

For over half a century, the history of the Abraham Lincoln brigade—the 2,800 young Americans who volunteered to fight for the Spanish Republic against General Francisco Franco's rebellion in 1936—has been shrouded in myth, legend, and controversy. Now, for the fist time, we have a comprehensive, objective, and deeply researched account of the brigade's experience in Spain and what happened to the survivors when they returned to the United States. (About one-third of the volunteers died in Spain). The book is largely based on previously unused sources, including the newly opened Russian archives, and more than 100 oral histories.

The author charts the volunteers' motivations for enlisting in the fight against Spanish fascism and places their actions in the context of the Depression era. The battleground experiences of the brigade have never before been depicted in such vivid detail, and such battles as Jarama, Belchite, and the Ebro come alive in the participants' words. The author uses the military aspects of the war to illuminate such related issues as the influence of political ideology on military events and the psychology of a volunteer army. He also closely examines the role of the Communist party in the conduct of the war, including the "Orwell question"—allegations of a Communist reign of terror in Spain—and investigates the alleged racial problems within the brigade, the first fully integrated military unit in American history.

The book continues the saga of the brigade by relating the problems of the surviving volunteers with the U.S. Army during World War II their opposition to the Cold War, the Vietnam war, and U.S. intervention in Central America the persecution during the Red Scare of the 1950s and their involvement with the civil rights movement.

Peter N. Carroll is an independent scholar who teaches at Stanford University and the University of San Francisco.

"Peter Carroll has written with great skill and understanding the fifty-year story of the Americans who fought in the Spanish civil war. Never has the complicated and intriguing tale been told so fully, drawing as it does not only from survivors who can recount their experiences, but also from a wealth of original material, including the just-opened archives in Moscow. What is particularly fascinating is the account of the tribulations and triumphs of the veterans in the years after they were 'premature anti-fascists.' This is the moment for this book to appear, and one is grateful that it has been done so well."

—Peter Stansky, Stanford University

"This rare, this astonishing book—rich, authoritative, and moving as it is on its central subject—through Peter Carroll's way of chronicling becomes something even greater: an urgently contemporary touchstone that helps us discern in our time similar contending forces in moral, not political terms—good against evil, might against right, means against ends. In a vivid, pulsing narrative, Carroll encompasses the historical context, the drama of men in battle, and most of all the haunting human beings themselves. But what can be found nowhere else is his account of the succeeding fifty years of those who survived, as they stubbornly clung to their beliefs in the necessity of action and the possibility of transformative social change."

"Compelling . . . swift-moving collective biography of the Lincoln Brigade. . . . A richly detailed story of men and women who threw themselves into the great events of their times, holding nothing back."

— New York Times Book Review

"Tapping new sources for the first time, this must surely be considered the definitive work on Americans who fought and died for the Spanish Republic."