NAFTA

NAFTA

善隣政策の最近のバージョンでは、米国、カナダ、メキシコが北米自由貿易協定(NAFTA)を開始したときに、世界最大の自由貿易地域が創設されました。この合意は、3か国すべてに経済成長とより高い生活水準をもたらし、パートナーがより統合された効率的な北米経済を実現するのを支援することに尽力しています。

NAFTAは1994年1月1日に発効しました。協定は、署名国によって生産された商品の大部分の関税を直ちに引き上げました。また、15年間にわたって、国境を越えた投資や3か国間の商品やサービスの移動に対する残りのほとんどの障壁を徐々に取り除くことを求めました。影響を受ける主な産業には、農業、自動車および繊維製造、電気通信、金融サービス、エネルギー、およびトラック輸送が含まれます。 NAFTAに続いて、同じく1994年に、関税と貿易に関する一般協定(GATT /世界貿易機関(WTO))が署名されました。

WTOは、とりわけ、商品の貿易、サービスの貿易、外国投資、政府調達、および知的財産をカバーするさまざまな協定を管理しています。 NAFTAのような地域貿易協定は、企業のビジネス戦略を成し遂げたり壊したりする可能性のある方法でグローバル体制と相互作用します。さらに、地域貿易協定は、グローバルな協定が向かう可能性のある方向性への手がかりを提供することができます。

他の多国籍条約と同様に、NAFTAには賛否両論、チアリーダーと批判者がいます。条約が調印されてから10年以上経った今でも、特に「国境の南」の市民による抗議が続いています。 NAFTAは、ラテンアメリカの先住民のニーズよりも北米の大企業を支持しているようです。ラテンアメリカで雇用が創出された可能性がありますが、賃金は一般的に低く、利用可能な仕事は家から遠く離れています。利益は、政府、裕福な土地所有者、および大企業にもたらされるようです。

新しいNAFTA経済は、明らかに伝統的な農耕生活も混乱させてきました。かつて子供たちを大学に送ることができた以前は成功した農業家族は、トウモロコシなどの伝統的な作物の市場が多国籍農業企業によって弱体化されていることに気づきました。小規模農家はトウモロコシを有利な価格で売ることができません。

伝統的であるが時代遅れの地域経済に依存している先住民族の広範な公民権剥奪に対処するための公式のNAFTA補償または補償構造は存在しないようです。

以下の情報は、NAFTAの公式ウェブサイトから得られたものです。

前文

カナダ政府、メキシコ合衆国政府、およびアメリカ合衆国政府は、以下の決議を行います。

  • 強化する 国家間の友情と協力の特別な絆。
  • 助ける 世界貿易の調和のとれた発展と拡大に貢献し、より広範な国際協力への触媒を提供します。
  • 作成 自分たちの領土で生産された商品やサービスの拡大された安全な市場。
  • 減らす 取引する歪み;
  • 設立する 彼らの貿易を管理する明確で相互に有利な規則。
  • 確認 事業計画と投資のための予測可能な商業的枠組み。
  • 建てる 関税と貿易に関する一般協定およびその他の多国間および二国間協力手段に基づくそれぞれの権利と義務について。
  • 強化する グローバル市場における自社の競争力。
  • 育成する 創造性と革新性、および知的財産権の対象となる商品とサービスの貿易を促進する。
  • 作成 新しい雇用機会を提供し、それぞれの地域の労働条件と生活水準を向上させます。
  • 引き受ける 上記のそれぞれは、環境保護と保全と一致する方法で;
  • 保存 公共の福祉を保護するための柔軟性。
  • 促進 持続可能な発展;
    強化する 環境法および規制の策定と施行。と
  • 守る、基本的労働者の権利を強化し、執行する。
  • カナダ、米国、メキシコ間のNAFTA協定は、ジョージH.W.大統領によって署名されました。 1992年のブッシュ。しかし、それでも議会の承認が必要でした。両主要政党の高い支持にもかかわらず、厳しい戦いが続いた。翌年、ビル・クリントン大統領は、議会を通じて法案を推進するために、彼のすべての政治的影響力を集めました。ニューヨークの共和党代表ジェラルド・ソロモンの事務所は、クリントン政権が貿易協定の通過を購入するために使用した約37の特別なサイドディールとポークバレルプロジェクトのリストを配布しました。衆議院での大統領の11月17日の政治的勝利は234から200票で到着した。

    NAFTAの批判者は、北米の「自由貿易委員会」の創設と「事務局」と呼ばれる委員会の下での広大な新しい官僚機構の創設を義務付けた第20章を指摘している。 NAFTA事務局は、カナダ、メキシコ、米国の3つのセクションで構成されており、協定の紛争解決条項の管理に責任を負っています。

    三極委員会の執行委員会のメンバーであり、外交問題評議会(CFR)の長年の権力である元国務長官のヘンリー・キッシンジャーは、NAFTAへの投票をクリントン氏の間に議会が下す唯一の最も重要な決定と呼びました。 ■第1期。確かに、キッシンジャーはで認めた ロサンゼルスタイムズ その一節は、「冷戦の終結以来、あらゆる国のグループによってとられた新しい世界秩序に向けた最も創造的な一歩を表すでしょう。」 NAFTAは「従来の貿易協定ではなく、新しい国際システムのアーキテクチャである」と彼は主張した。

    別のNAFTA支持者であるカリフォルニアの民主党代表ロバート・マツイは、合意がアメリカの「独立」の放棄をもたらすことを率直に認めた。 NAFTA支持者であるモンタナ州の民主党上院議員マックス・ボーカスは、協定の「鉄の拳」について自慢した。

    環境に関する「副協定」の交渉者である米国のミッキー・カンター貿易代表は、「どの国も労働基準や環境基準を下げることはできず、引き上げるだけだ」と公式に述べた。 1993年8月17日版 ウォールストリートジャーナル、カントール氏は、「協定のどの国も、環境基準を下げることはできない」と述べた。


    北米自由貿易協定

    北米自由貿易協定(NAFTA)は、北米に自由貿易地域を設立し、1992年にカナダ、メキシコ、米国によって署名され、1994年1月1日に発効しました。NAFTAは直ちに大部分の商品の関税を引き上げました。署名国によって作成されました。また、15年間にわたって、国境を越えた投資や3か国間の商品やサービスの移動に対する残りのほとんどの障壁を徐々に取り除くことを求めています。

    以下の情報は助言のみです。ウェブページは、リンクおよびそこに含まれる情報をたどることによって生じた損害について責任を負いません。

    事前の裁定

    事前決定は、NAFTA国の税関から受け取った書面です。カナダ、メキシコ、および米国への商品の将来の輸入についての特定のNAFTA質問に関する拘束力のある情報を提供します。

    附属書401

    NAFTAの附属書401は、NAFTAの条件の下で商品が原産品として適格であるかどうかを決定するために適用される特定の原産地規則を提供します。

    これらの手順は、商品の輸入業者、輸出業者、または生産者が、税関当局によるNAFTA決定の2回目のレビューを要求するために使用されます。

      NAFTAの-不利なマーキング決定のレビューとアピールはセクション181.111&ndash181.116にあります-原産地決定アピール

    原産地証明書

    これは、商品がNAFTAによって与えられた優遇関税扱いの対象となることを証明するために、カナダ、メキシコ、および米国によって使用される、三国間で合意されたフォームです。原産地証明書は、輸出者が記入する必要があります。生産者または製造業者は、NAFTA地域で原産地証明書を完成させて、輸出者の原産地証明書の基礎として使用することもできます。 NAFTAの優先権を主張するには、輸入者は主張が行われた時点で原産地証明書を所持している必要があります。

    優遇措置の主張

    優遇措置の請求は、通常、輸入国が使用する税関書類の輸入時に行われます。この協定により、NAFTAは輸入日から最大1年間の請求を認めています。 NAFTAの主張を提示する手順は、カナダ、メキシコ、および米国で異なります。

    商用サンプルと印刷された広告資料

      NAFTAの-特定の商用サンプルおよび印刷された広告資料の免税エントリー-無視できる価値の商用サンプルはセクション181.62にあります。

    商品固有の情報

    このセクションには、特定の取引商品に関するNAFTA固有の情報が含まれています。

    守秘義務

    NAFTAの第507条(1)は、各国が政府の事業を行う過程で提供される事業情報の機密性を保護することを要求しています。さらに、カナダ、メキシコ、および米国の政府は、このビジネス情報が第三者に開示されないようにし、情報を提供する人の競争力を損なうことがないようにする必要があります。

    NAFTAの第507条-守秘義務

    19 CFR181サブパートK-ビジネス情報の機密性

    原産国マーキング

    原産国のマーキングは、製品が製造された製品の最終的な購入者に明確に示すために使用されます。 NAFTAマーキング規則は、NAFTA商品に適用される関税率、ステージング、および原産国を決定するためにも使用されます。

      -原産国マーキング-原産国マーキング-原産地規則-原産地規則-繊維および繊維製品原産国-不利なマーキング決定のレビューとアピール
      • ノート: 米国税関国境警備局は、税関国境警備局オンライン検索システム(CROSS)で入手できます。

      通貨換算

      通貨換算は、通貨が生産者の通貨以外の通貨で表されている場合に、商品または材料の価値を決定する手段です。カナダで使用される通貨はカナダドルです。メキシコでは、それはペソです。米国は米ドルを使用しています。

      通関手続き

      このトピックには、原産地証明書、事前裁定、NAFTAクレーム、検証、決定、および控訴などのさまざまな主題が含まれています。この情報は、税関が発行したさまざまな文書から収集されます。

      事前の裁定
      事前決定は、NAFTA国の税関から受け取った書面です。これは、カナダ、メキシコ、および米国への商品の将来の輸入に関してあなたが持つ可能性のある特定のNAFTAの質問に関する拘束力のある情報を提供します。

      原産地証明書
      これは、商品がNAFTAによって与えられた優遇関税処理の対象となることを証明するために、カナダ、メキシコ、および米国によって使用される、三国間で合意されたフォームです。原産地証明書は、輸出者が記入する必要があります。生産者または製造業者は、NAFTA地域で原産地証明書を完成させ、輸出者の原産地証明書の基礎として使用することもできます。 NAFTAの優先権を主張するには、輸入者は主張が行われた時点で原産地証明書を所持している必要があります。

      守秘義務
      NAFTAの第507条(1)は、各国が政府事業を行う過程で提供される機密事業情報の機密性を保護することを要求しています。さらに、カナダ、メキシコ、および米国の政府は、このビジネス情報が第三者に開示されないようにし、情報を提供する人の競争力を損なうことがないようにする必要があります。

      原産国マーキング
      原産国のマーキングは、製品が製造された製品の最終的な購入者に明確に示すために使用されます。 NAFTAマーキング規則は、NAFTA商品に適用される関税率、ステージング、および原産国を決定するためにも使用されます。

      輸出者の義務-NAFTAの第504条

      一般に公正妥当と認められた会計原則(GAAP)-19 CFR 181、スケジュールXIIの付録

      輸入者の義務-NAFTAの第502条

      検証
      検証は、税関当局が、優遇関税率が請求されたときに商品がNAFTAに該当するかどうかを判断するために使用されるプロセスです。

      記録の保存

      NAFTAに基づく優先義務請求に関連するすべての記録は、最低5年間保持する必要があります。

        NAFTAの-記録-記録の維持と利用可能性-記録の維持と輸入者による証明書の提出-記録の保持

      アピール
      これらの手順は、商品の輸入業者、輸出業者、または生産者が、税関当局によるNAFTA決定の2回目のレビューを要求するために使用されます。


      NAFTA-歴史

      NAFTAに関しては、昨夜の民主党の議論に曖昧さはありませんでした。両候補は、再交渉がなければ貿易協定を破棄する用意があるとはっきりと述べた。 「私は最初からNAFTAを批判してきました」と、ヒラリー・クリントン上院議員は、明らかに反対のコメントを頻繁に出しましたが、始めました。彼女は続けて「貿易のタイムアウト」を提案しました。「私は自分が何をするかについて非常に具体的な計画を提案しました。それはカナダとメキシコに、中核的な労働基準と環境基準を再交渉しない限りオプトアウトすることを伝えることを含みます。副次的合意ではなく、執行メカニズムを強化するという中核的合意「¦」オバマは彼女を支持した。

      しかし、これは、どちらの候補者も実際にその決定に立ち向かうことを期待しているという意味ではありませんでした。モデレーターのティム・ラサートが彼女に圧力をかけたとき(「あなたが提案している変更がなければ、6か月以内にNAFTAからオプトアウトしても構わないと思いますか?」)、クリントン上院議員は「大統領として、私たちがそうすると言うとき、私はそれを確信しています。再交渉しない限りオプトアウトすれば、再交渉できるようになる」と語った。 (New York Timesには、特定の問題のディスカッションに移動し、同時に交換を監視し、トランスクリプトを読むことができる、気の利いたインタラクティブなディベート機能があります。)

      もちろん、それを行うには、どちらかの大統領候補が、民主党からの議会での厳しい抵抗を克服しなければならないでしょう。 (元クリントン補佐官のラーム・エマニュエルを含む。)アジェンダが以前に述べたように、貿易に関しては、民主党員はある方法で話し、別の方法で投票する習慣があります。実際、National PublicRadioの貿易特派員であるAdamDavidsonは、クリントンとオバマは1994年に上院にいなかったため、「NAFTAが通過したとき、投票しなかった」と有益に指摘しています(オバマはわずか13歳でした!*)。 、「彼らは、チャンスがあったときに、ほとんどの自由貿易協定に賛成票を投じました。」

      デビッドソンのコメントは、オハイオ州の予備選挙におけるNAFTAの場所の有用な脱構築の終わりにあります。左利きのNAFTAを嫌うものを含め、Davidsonがインタビューしたエコノミストは、NAFTAをオハイオの苦境の原因として信用していないことが判明しました。 (討論の中で、ラサートは、オハイオ州がカナダとメキシコへの輸出で州の中で第4位にランクされていると述べた。)むしろ、彼らは大手自動車メーカーの無能さを非難し、中国と取引している。では、なぜNAFTAはそれほど軽蔑されているのでしょうか。オハイオ州のAFL-CIO関係者によると、それは組合がNAFTAを最後の抵抗にしたからです。 「労働者はNAFTAについて知っています。なぜなら、90年代に、NAFTAの影響と、NAFTAが法案を通過したときに何をするかについて多くの教育を行ったからです。」

      更新、午後4時24分(東部標準時間): ニューヨーク タイムズ コラムニストのデビッド・レオンハルトは、民主党の貿易に関する両面性と共和党の妊娠中絶に関する立場を巧みに比較しています。 (ただし、実際には、国の政党ではなく、共和党について話している場合にのみ類推が成り立ちます。)インタビューしたエコノミストのレオンハルト氏は、オハイオ州を支援する最善の方法は、「インフラストラクチャ、医学、代替エネルギーへの政府の投資を増やすことです。そして、良い新しい仕事を生み出す可能性のある他の分野」、そして労働者の税金を削減するより累進的な税法。レオンハルトが指摘するように、両方の民主党員はそのような政策を支持しています。


      NAFTAの岩の多い歴史

      メキシコシティ(ロイター)-カナダ、メキシコ、米国の交渉担当者は金曜日に北米自由貿易協定(NAFTA)についての第2ラウンドの交渉を開始しました。来年。

      取引の歴史における重要な瞬間は次のとおりです。

      * 1990年6月10日:米国大統領ジョージH.W.ブッシュ大統領とメキシコのカルロスサリナスデゴルタリ大統領は、2人の隣人の間の新しい包括的な自由貿易協定を承認し、交渉の開始を命じました。カナダは1991年に交渉に参加し、三者間交渉への道を開いた。米国とカナダは1988年に二国間自由貿易協定に署名しました。

      * 1992年11月3日:米国で大統領の独立者として活動しているロス・ペローは、提案されたNAFTAがメキシコに急いでいる仕事の「巨大な吸う音」につながると主張します。ビル・クリントンが選挙に勝利し、現職のブッシュを破った。ペロは投票の19%を獲得し、強力な3分の1を獲得しました。

      * 1992年12月17日:NAFTAは、出国するブッシュ、メキシコのサリナスデゴルタリ、カナダのブライアンマルルーニー首相によって署名され、世界最大の自由貿易地域を形成しています。タイミングの一部は、クリントン大統領が大きな変化を追求することを困難にすることを目的としていました。クリントンはこの取引を承認しましたが、環境および労働側の合意を主張しました。

      * 1994年1月1日:NAFTAが発効し、メキシコ南部のマヤインディアンサパティスタゲリラ軍が「新自由主義」に対して、そして明示的に自由貿易協定に対して武装反乱を開始しました。メキシコ政府に対する宣戦布告は、反政府勢力がジャングルに後退する前に、数日間の戦闘と数十人の死につながります。

      * 1999年11月30日:数万人の反グローバリゼーション抗議者が米国のシアトル市に集結し、新たな国際貿易交渉の開始を目指していた世界貿易機関の閣僚会議と一致する広範な暴動を引き起こしました。抗議は、散在しているとしても、NAFTAのような自由貿易協定への反対が高まっていることを強調している。

      * 2001年12月11日:中国は正式に世界貿易機関に加盟し、アジアの巨人を世界経済により深く統合しました。 2006年までに米国の貿易赤字が8000億ドル以上に急増したため、NAFTAが発効して以来、中国との貿易が緩和される傾向が強まっています。

      * 2004年7月16日:カナダ、米国、メキシコの上級貿易当局者が、北米での10年分の貿易拡大を宣伝する共同声明を発表しました。三者間貿易は2倍以上になり、6,230億ドルに達しましたが、海外直接投資の累積は、NAFTA以前のレベルと比較して1.7兆ドル以上増加しています。

      * 2008年1月1日:NAFTAは、最後のポリシーが発効したときに完全に実装されました。砂糖などのデリケートなセクターでは、NAFTAは、貿易障壁は段階的に段階的に廃止されると規定しています。これは、脆弱な産業の経済ショックを緩和するために設計されたものです。この時までに、北米の3か国の貿易は3倍以上になりました。

      * 2016年7月19日:ビリオネアの実業家で政治的部外者のドナルド・トランプが共和党の大統領指名を正式に締めくくり、NAFTAを「史上最悪の貿易協定」と呼んで、伝統的に自由貿易党の賛成を勝ち取りました。

      * 2017年8月16日:NAFTAの「近代化」を目的としたハイステークス交渉がワシントンで始まり、米国とメキシコの当局者は、2018年初頭に新しい協定を締結することを目指しており、両国での年内の選挙は交渉を狂わせる可能性があります。 9月にメキシコで第2ラウンドの会談が行われます。

      * 2017年9月1日:9月1日から始まるメキシコでの第2ラウンドの交渉の前の週に、トランプは交渉がうまくいかなければ合意を終了する可能性が高いと繰り返し述べていました。メキシコは、トランプがNAFTAからの撤退のプロセスを開始した場合、テーブルから離れると述べた。


      北米自由貿易協定:ロナルド・レーガンのビジョンの実現

      北米自由貿易協定(NAFTA)の議会による承認は、撤退と自己満足をめぐる関与と競争の勝利です。 15年間にわたって米国、カナダ、メキシコ間の商品とサービスの関税を撤廃する貿易協定により、世界最大の市場が生まれます。約3億6000万人、経済生産高は6兆ドルを超えます。 1年。したがって、NAFTAは、アメリカの労働者が世界で最も競争力を維持し、アメリカの消費者が世界最高の商品やサービスに引き続きアクセスできることを保証します。

      協定が生み出す北米の自由貿易地域は、欧州共同体よりも25%多い商品とサービスを生み出し、北米に、ヨーロッパの新興統一市場と日本が支配する東アジア市場に挑戦するのに十分な経済力を与えます。 NAFTAはまた、アメリカ人に安価な商品を提供し、世界の他の地域にとってより手頃な価格にすることで米国の輸出を増やします。さらに、アメリカ人に推定20万人の新規雇用を創出し、メキシコからの不法移民を減らし、麻薬密売への取り組みを支援し、メキシコの民主主義と人権を強化し、世界の他の地域のモデルとして機能します。

      クリントン大統領は、この合意を「単なる第一歩」と正しく説明し、半球全体に自由貿易を広めるために他のラテンアメリカ諸国に手を差し伸べることを強調した。そうすることで、彼は半球全体の自由貿易地域の保守的なビジョンにさらに近づくでしょう。

      メキシコとの自由貿易に対する長年の支援。ロナルド・レーガンは、1980年の大統領選挙で、米国とメキシコの間の自由貿易協定を最初に提案しました。それ以来、ヘリテージ財団は、レーガン大統領のラテンアメリカおよび世界中の自由貿易のビジョンを明確にする上で果たしてきた役割を誇りに思っています。 1980年代半ば以降、ヘリテージアナリストは、メキシコとの自由貿易協定が米国の経済成長を刺激するだけでなく、メキシコをより安定した繁栄する国にすることを強調してきました。ヘリテージは、北米での自由貿易の利点を強調する30以上の研究を発表しています。

      財団はまた、メキシコのサクセスストーリーを強調しています。メキシコのカルロスサリナスデゴルタリ大統領のリーダーシップの下で、メキシコは自由市場改革と自由貿易の促進において、世界の他のどの国よりもさらに速く動いています。議会によるNAFTAの承認は、これらの歴史的な進歩の認識であり、南北アメリカ全体の経済的および政治的自由を支持する勢いが維持されることを保証するのに役立ちます。

      1986年6月、当時の遺産アナリスト、エドワードL.ハジンズは「メキシコの債務危機を解決するための米国の戦略」を書いた。その背景説明の中で、ハジンズはレーガン政権にメキシコとの「さらに特別な自由貿易と投資の取り決めを探求する」よう促した。ハジンズ氏は次のように述べています。「[米国とメキシコの間の]完全な自由貿易と投資ゾーンの可能性を探る必要があります。最終的には、米国とカナダの協定と同様に、米国とメキシコの間の完全な自由貿易地域を探す必要があります。 ]交渉中です。」

      4年後、ヘリテージアナリストのマイケルウィルソンは、「ブッシュとサリナスは米国とメキシコの間で自由貿易交渉を開始すべきである」と題したエグゼクティブ覚書で次のように主張した。サリナスの経済改革を支援するだけでなく、メキシコとの自由貿易協定を交渉するために迅速に行動することによって、この協力関係を強化する。」

      恐怖の政治と希望の政治。 NAFTAの承認は、米国経済と米国民の勝利を表すだけでなく、組織化された労働力やその他の保護貿易主義勢力にも打撃を与えます。協定は、他の国々がエミュレートする競争と自由企業へのアメリカのコミットメントを再確認します。

      NAFTAを支持することにより、クリントン政権と議会の過半数は、大恐慌の発生を助けたスムート・ホーリー関税法によって実証された、同じ保護貿易主義政策への復帰の要求を賢明に拒否しました。これらの保護貿易主義の呼びかけの多くは、NAFTAが古い産業での米国の雇用を犠牲にすることを懸念している労働組合からのものでした。しかし、そのような懸念にもかかわらず、労働者は、成長する経済の消費者として、国家が互いに自由に取引でき、労働者が国際競争の厳しさにさらされているとき、彼らもより良い状態にあることがわかります。

      未来を見据えて。クリントン大統領は、保守派が彼に与えた自由貿易の勢いに乗り、他のラテンアメリカ諸国、すなわちチリ、アルゼンチン、ベネズエラとの自由貿易協定への支持を再確認する必要があります。彼は、アラスカから南極に広がる自由貿易地域の創設を目指すジョージ・ブッシュの南北アメリカ企業のビジョンに対する支持を賢明に表明しました。ラテンアメリカは、米国にとって最も急速に成長している市場であり、アメリカが貿易黒字を享受している唯一の地域です。アルゼンチンのカルロス・メネムからチリのパトリシオ・エイルウィンまで、すべてのラテンアメリカの指導者は、米国との自由貿易への支持を表明しています。クリントン政権は、彼らとの自由貿易協定の交渉を開始する必要があります。

      クリントン大統領はまた、ヨーロッパとアジアのアメリカのパートナーに自由貿易の提供を拡大すべきである。 12月の関税と貿易に関する一般協定(GATT)のウルグアイラウンドの成功した結論は、アジアの会合の結果としての大統領の「管理された貿易」の考えの否認と同様に、その方向への歓迎の第一歩となるでしょう。先週シアトルで開催された太平洋経済協力(APEC)の指導者たち。

      NAFTAの勝利は、自由貿易の保守派にとって大きな勝利です。メキシコとの自由貿易の概念を最初に擁護したのは彼らでした。そして、将来、自由貿易の旗を掲げるのは彼らである-ビル・クリントンでさえ今や行進する旗である。


      タイムライン-最初から反対、NAFTAの岩の多い歴史

      (ロイター)-カナダ、メキシコ、米国の交渉担当者は、来年初めまでに北米自由貿易協定を近代化するための協定を早急に進めようとしているため、水曜日に野心的な第1ラウンドの貿易交渉を開始する。以下は、取引の歴史における重要な瞬間です。

      * 1990年6月10日:米国大統領ジョージH.W.ブッシュ大統領とメキシコのカルロスサリナスデゴルタリ大統領は、2人の隣人の間の新しい包括的な自由貿易協定を承認する声明を発表し、交渉の開始を命じた。カナダは1991年に交渉に参加し、三者間交渉への道を開いた。米国とカナダは1988年に二国間自由貿易協定を結んだ。

      * 1992年11月3日:米国の大統領の独立者として活動しているロスペローは、提案された北米自由貿易協定(NAFTA)が、メキシコに急いでいる仕事の「巨大な吸う音」につながると主張します。ビル・クリントンが選挙に勝利し、現職のブッシュを破った。ペロは投票の19%を獲得し、強力な3分の1を獲得しました。

      * 1992年12月17日:NAFTAは、出国するブッシュ、メキシコのサリナスデゴルタリ、カナダのブライアンマルルーニー首相によって署名され、世界最大の自由貿易地域を形成しています。タイミングの一部は、クリントン大統領が大きな変化を追求することを困難にすることを目的としていました。クリントンはこの取引を承認しましたが、環境および労働側の合意を主張しました。

      * 1994年1月1日:NAFTAが発効し、メキシコ南部のマヤのインドのゲリラ軍が「新自由主義」に対して、そして明示的に自由貿易協定に対して武装反乱を開始しました。メキシコ政府に対する宣戦布告は、反政府勢力がジャングルに後退する前に、数日間の戦闘と数十人の死につながります。

      * 1999年11月30日:数万人の反グローバリゼーション抗議者が米国のシアトル市に集結し、新たな国際貿易交渉の開始を目指していた世界貿易機関の閣僚会議と一致する広範な暴動を引き起こしました。抗議は、散在しているとしても、NAFTAのような自由貿易協定への反対が高まっていることを強調している。

      * 2004年7月16日:カナダ、米国、メキシコの上級貿易当局者が、北米での10年分の貿易拡大を宣伝する共同声明を発表しました。三者間貿易は2倍以上になり、6,230億ドルに達しましたが、海外直接投資の累積は、NAFTA以前のレベルと比較して1.7兆ドル以上増加しています。

      * 2001年12月11日:中国は正式に世界貿易機関に加盟し、アジアの巨人を世界経済により深く統合しました。 2006年までに米国の貿易赤字が8000億ドル以上に急増したため、NAFTAが発効して以来、中国との貿易が緩和される傾向が強まっています。

      * 2008年1月1日:NAFTAは、最後のポリシーが発効したときに完全に実装されました。多くのセクターで、NAFTAは、貿易障壁が段階的に段階的に廃止されることを規定しています。これは、脆弱な産業における経済ショックを円滑にするために設計されたものです。この時までに、NAFTAが始まって以来、北米3か国の貿易は3倍以上になっています。

      * 2016年7月19日:ビリオネアの実業家で政治的部外者のドナルド・トランプが共和党の大統領指名を正式に締めくくり、NAFTAを「史上最悪の貿易協定」と呼んで、伝統的に自由貿易党の賛成を勝ち取りました。


      米国の製造業の仕事

      NAFTAの実施は、製造業の雇用が1993年末の1,770万人から2016年末の1,230万人に30%減少したことと一致しています。

      ただし、NAFTAがこの減少の直接的な原因であるかどうかを判断するのは困難です。自動車産業は通常、協定によって最も打撃を受けたものの1つと見なされています。しかし、米国の自動車市場はすぐにメキシコの競争に開放されましたが、NAFTAの導入後、このセクターの雇用は数年間成長し、2000年10月に130万人近くに達しました。その時点で雇用は減少し始め、損失は金融によって急増しました。危機。 2009年6月の最低水準で、アメリカの自動車製造業はわずか623,000人を雇用しました。その数字はその後948,000に上昇しましたが、NAFTA以前のレベルを27%下回っています。 。

      事例証拠は、これらの仕事がメキシコに行ったという考えを裏付けています。メキシコの賃金は米国の賃金のほんの一部です。現在、すべての主要なアメリカの自動車メーカーは国境の南に工場を持っており、オフショアリングに対するトランプのツイッターキャンペーンの前に、いくつかは公然と海外にもっと多くの仕事を送ることを計画していました。失業を否定するのは難しいですが、NAFTAのない架空の世界よりも深刻ではないかもしれません。

      The CRS notes that "many economists and other observers have credited NAFTA with helping U.S. manufacturing industries, especially the U.S. auto industry, become more globally competitive through the development of supply chains." Carmakers did not move their entire operations to Mexico. They now straddle the border. A 2011 working paper by the Hong Kong Institute for Monetary Research estimates that a U.S. import from Mexico contains 40% U.S. content. For Canada, the corresponding figure is 25%. Meanwhile, it is 4% for China and 2% for Japan.

      While thousands of U.S. auto workers undoubtedly lost their jobs as a result of NAFTA, they may have fared worse without it. By integrating supply chains across North America, keeping a significant share of production in the U.S. became an option for carmakers. Otherwise, they may have been unable to compete with Asian rivals, causing even more jobs to depart. "Without the ability to move lower-wage jobs to Mexico we would have lost the whole industry," UC San Diego economist Gordon Hanson told ニューヨークタイムズ in March 2016. On the other hand, it may be impossible to know what would have happened in a hypothetical scenario.

      Garment manufacturing is another industry that was particularly hard-hit by offshoring. Total employment in the sector has declined by nearly 85% since NAFTA was signed,   but according to the Commerce Department, Mexico was only the sixth-largest source of textile imports in 2019 to the tune of $4.1 billion. The country was still behind other international manufacturers including:

      • China: $35.9 billion
      • Vietnam: $10.5 billion
      • India: $6.7 billion
      • Bangladesh: $5.1 billion
      • Indonesia: $4.6 billion

      Not only are none of these other countries members of NAFTA, but none also has a free trade agreement with the U.S.


      コンテンツ

      言葉 naphtha is from Latin and Ancient Greek (νάφθα), derived from Middle Persian naft ("wet", "naphtha"), [3] [4] the latter meaning of which was an assimilation from the Akkadian napṭu (see Semitic relatives such as Arabic نَفْط nafṭ ["petroleum"], Syriac ܢܰܦܬܳܐ naftā) and Hebrew נֵפְט neft (meaning petroleum). [5] In Ancient Greek, it was used to refer to any sort of petroleum or pitch.

      In the Song of the Three Children the Greek word νάφθα designates one of the materials used to stoke the fiery furnace. The translation of Charles Brenton renders this as "rosin".

      The book of II Maccabees tells how a "thick water" was put on a sacrifice at the time of Nehemiah and when the sun shone it caught fire. It adds that "those around Nehemiah termed this 'Nephthar', which means Purification, but it is called Nephthaei by the many." [6]

      It enters the word napalm, a contraction of the "na" of naphthenic acid and "palm" of palmitic acid, originally made from a mixture of naphthenic acid combined with aluminium and magnesium salts of palmitic acid. Naphtha is the root of the word naphthalene, and can also be recognised in the word phthalate, and the paint colour phthalo blue.

      In older usage, "naphtha" simply meant crude oil, but this usage is now obsolete in English. It was also used for mineral spirits (also known as "Stoddard Solvent"), originally the main active ingredient in Fels Naptha laundry soap. The Ukrainian and Belarusian word нафта (nafta), Lithuanian, Latvian and Estonian "nafta" and the Persian naft ( نفت ) mean "crude oil". The Russian word нефть (neft') means "crude oil", but нафта (nafta) is a synonym of ligroin. Also, in Albania, Bosnia and Herzegovina, Bulgaria, Croatia, Finland, Italy, Serbia, Slovenia, Macedonia nafta (нафта in Cyrillic) is colloquially used to indicate diesel fuel and crude oil. In the Czech Republic and Slovakia, nafta was historically used for both diesel fuel and crude oil, but its use for crude oil is now obsolete [7] and it generally indicates diesel fuel. In Bulgarian, nafta means diesel fuel, while neft, as well as ガソリン (петрол in Cyrillic), means crude oil. Nafta is also used in everyday parlance in Argentina, Paraguay and Uruguay to refer to gasoline/petrol. [8] In Poland, the word nafta means kerosene, [9] and colloquially crude oil (technical name for crude oil is ropa naftowa, also colloquially used for diesel fuel as ropa)。 In Flemish, the word naft is used colloquially for gasoline. [10]

      There is a hypothesis that the word is connected with the name of the Indo-Iranian god Apam Napat, which occurs in Vedic and in Avestic the name means "grandson of (the) waters", and the Vedas describe him as emerging from water golden and shining "with bright rays", perhaps inspired by a burning seepage of natural gas. [11]

      Various qualifiers have been added to the term "naphtha" by different sources in an effort to make it more specific:

      One source [12] distinguishes by boiling point:

      Light naphtha is the fraction boiling between 30 °C and 90 °C and consists of molecules with 5–6 carbon atoms. Heavy naphtha boils between 90 °C and 200 °C and consists of molecules with 6–12 carbon atoms.

      Another source [13] differentiates ライト重い comments on the hydrocarbon structure, but offers a less precise dividing line:

      [is] a mixture consisting mainly of straight-chained and cyclic aliphatic hydrocarbons having from five to six carbon atoms per molecule. 重い [is] a mixture consisting mainly of straight-chained and cyclic aliphatic hydrocarbons having from seven to nine carbon atoms per molecule.

      Both of these are useful definitions, but they are incompatible with one another and the latter does not provide for mixes containing both six and seven carbon atoms per molecule. These terms are also sufficiently broad that they are not widely useful.

      Heavy crude oil dilution Edit

      Naphtha is used to dilute heavy crude oil to reduce its viscosity and enable/facilitate transport undiluted heavy crude cannot normally be transported by pipeline, and may also be difficult to pump onto oil tankers. Other common dilutants include natural-gas condensate, and light crude. However, naphtha is a particularly efficient dilutant and can be recycled from diluted heavy crude after transport and processing. [14] [15] [16] The importance of oil dilutants has increased as global production of lighter crude oils has fallen and shifted to exploitation of heavier reserves. [15]

      Fuel Edit

      Light naphtha is used as a fuel in some commercial applications. One notable example is wick-based cigarette lighters, such as the Zippo, which draw “lighter fluid” - naphtha - into a wick from a reservoir to be ignited using the flint and wheel.

      It is also a fuel for camping stoves and oil lanterns, known as “white gas”, where naphtha’s low boiling point making it easy to ignite. Naphtha is sometimes preferred over kerosene due to a lower incidence of fuel line clogging.

      Plastics Edit

      Naphtha is a crucial component in the production of plastics. [17]

      The safety data sheets (SDSs) from various naphtha vendors are also indicative of the non-specific nature of the product and reflect the considerations due for a flammable mixture of hydrocarbons: flammability, carcinogenicity, skin and airway irritation, etc. [18] [2] [19] [20]

      Humans can be exposed to naphtha in the workplace by inhalation, ingestion, dermal contact, and eye contact. The US Occupational Safety and Health Administration (OSHA) has set the permissible exposure limit for naphtha in the workplace as 100 ppm (400 mg/m 3 ) over an 8-hour workday. The US National Institute for Occupational Safety and Health (NIOSH) has set a recommended exposure limit (REL) of 100 ppm (400 mg/m 3 ) over an 8-hour workday. At levels of 1000 ppm, which equates to 10% of the lower explosive limit, naphtha is immediately dangerous to life and health. [21]


      US-Latin American Trade Before and After NAFTA

      The North American Free Trade Agreement (NAFTA) went into effect on January 1st, 1994. The goal of the agreement was to eliminate barriers to help promote positive trade and investment between the United States, Canada, and Mexico. To accomplish this, tariffs were eradicated over time and almost “all duties and quantitative restrictions…were eliminated by 2008,” (“North American Free Trade Agreement”). Despite the claims that’s NAFTA would have large, substantive effects on these three countries, the legitimacy of the effects and the usefulness of the agreement have been called into question continually over the years, especially in regard to the economic relations between Mexico and the US. While there have been positive effects on trade between these countries and on GDP in the US, there have also been negative effects, such as the fact that the US continually loses jobs as a result of the agreement, as well as the worsened inequality and the harmful consequences for small businesses and farmers in Mexico. Although there are many ways to assess the overall outcome of NAFTA and whether or not it was worth it, one perspective to take is the change in US trade with other Latin American countries since NAFTA came into effect. By looking at the growth in trade between the US and other Latin American countries after NAFTA went into effect, the bigger picture about the general trends of trade can be seen, making it clearer whether or not Mexico would have experienced the same growth of trade with the US in the absence of NAFTA.

      Looking at US trade with ten Latin American countries (data for which can be seen in the attached chart) between the years of 1990 and 2015 provides insight to the trends of trade over the years. One of the main arguments in support of NAFTA is that it has helped facilitate positive trade growth between the US and Mexico. However, there is the possibility that this growth would have occurred even without NAFTA. Looking at the difference in US trade with these countries from 1990 to 2015, every single country has experienced a growth in trade, and the only one that has exhibited a significant downward trend in recent years is Venezuela.

      Some may argue that these numbers are not comparable with the numbers for US trade with Mexico because the US does so much more trading with Mexico than any other Latin American country. The exports for Mexico were $207,925 million higher in 2015 than in 1990, whereas the exports for all ten of the other Latin American countries combined were only $89,726.7 million higher in 2015 than in 1990. While this would suggest that Mexico did indeed experience trade growth that was significantly greater than other Latin American countries during the same time, this is not necessarily the case. Looking at the attached table, it is clear that the US traded significantly more with Mexico than another country before NAFTA came into effect, with $28,279 million in exports and $30,156.8 million in imports in 1990. In 2015, there were $236,204 million in exports and $296,401.2 million in imports. This means that the number of exports in 2015 was 8.3 times higher than in 1990 and the number of imports was 9.3 times higher. On average (of the ten countries sampled) exports for these countries were 7.3 times higher in 2015 than in 1990 (US Census Bureau Foreign Trade Division). So while the numerical value of US trade with Mexico has been significantly higher than trade with any other Latin American country, looking at amount of exports each country had in 2015 proportionate to their exports in 1990 shows that these Latin American countries have experienced a trade growthcomparable to that of Mexico’s. This proves that it’s quite plausible that growth in trade between US and Mexico would have occurred even in the absence of NAFTA.

      While the data does show growth in US trade with Mexico since the establishment of NAFTA, the data also shows similar growth in US trade with many other Latin American countries in the same time period, despite the fact that these countries were not directly impacted by the agreement. What this suggests is that this kind of growth has more to do with general development, and that trade between Mexico and the US would have made significant growth throughout these years anyway, especially considering the fact that US trade with Mexico was so much greater than US trade with other Latin American countries before NAFTA.

      While it is true that NAFTA has had positive effects on trade between the US and Mexico, it’s also true that both countries have found faults in the effect of the agreement domestically. The question remains whether NAFTA and the elimination of trade barriers were necessary to achieve the goal of promoting trade and investment between the US, Mexico, and Canada and whether or not the agreement is still beneficial and worth continuing. Based on this data from the United States Census Bureau and the trend in Latin American trade growth, the argument could be made that trade between Mexico and the United States would have experienced a similar growth in the absence of NAFTA, without the negative consequences both countries have experienced. While there are numerous other factors that must be analyzed to create a more complete picture about the effects and success of NAFTA, this data serves to addresses the issue from a broader perspective, potentially providing new insight.

      Written by Kiersten Maule. Kiersten is currently a sophomore, double majoring in Spanish and Political Science, with a minor in sociology, and pursuing a certificate in Latin American Studies. After graduation, Kiersten plans on attending law school to pursue a career in family law.