ホワイトヘルメットは誰ですか?

ホワイトヘルメットは誰ですか?


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

ホワイトヘルメットは、シリアの反対派が支配する地域で活動する3,000人以上のボランティア救助隊員からなる非武装で中立的な組織で構成されています。戦争で荒廃した国の民間人の標的に空爆が降ると、ホワイトヘルメットの男性と女性は、できるだけ多くの命を救うために捜索救助活動を行います。

「人間は誰であろうと、どちらの側にいても、私たちの助けが必要な場合は…彼らを救うのは私たちの義務です」とオスカーの元鍛冶屋で現在のグループメンバーであるアブオマールは説明します。 2016年のNetflixドキュメンタリー「TheWhiteHelmets」を受賞。

現在のリーダーである元エレクトロニクストレーダーのRaedal Salehの指導の下、前世ではエンジニア、薬剤師、パン屋、仕立て屋、大工、学生などであったこれらの一般市民は、並外れて困難な仕事をしています。シリアの内戦が2011年3月に始まって以来、数十の爆弾がシリア中の近隣に毎日着陸し、その結果として死者と負傷者を残しています。ホワイトヘルメットは余波に対処します。彼らは道具と素手で生存者を探します。彼らは負傷者を避難させます。彼らは死者を埋葬し、犠牲者の家族に通知するのを助けます。グループはそれが99,000人以上の命を救ったと言います。

ホワイトヘルメットは、人命救助に加えて、損傷した建物の保護、電気ケーブルの再接続、子供への安全情報の提供などの公共サービスを提供します。シリア市民防衛としても知られているこのグループは、職員の保護用ヘルメットの色からそのニックネームを取っています。

可能であれば、彼らはトルコに旅行し、自然災害後の捜索救助活動に関与する自主的な非政府組織であるAKUTの訓練を受けます。これらのトレーニングでは、ホワイトヘルメットは、命を救う指示と新しい機器への露出を受け取ります。その後、彼らはシリアに戻り、バレル爆弾とミサイルの攻撃に対応するという日常の使命に戻ります。


ジェームズ・ル・メスリエ:ホワイトヘルメットを創設した元イギリス傭兵

英国の元傭兵であるジェームズ・ル・メスリエは、2013年にホワイトヘルメットを設立しました。このグループはシリアでの「人道的」な取り組みで称賛されていますが、実際にはシリアのアルカエダ支部のロジスティクスおよび宣伝部門として機能しています。ルメスリエからのトレーニングで完了します。

過去2年間で、シリア市民防衛と呼ばれることもあるシリアのホワイトヘルメットの「人道主義」を徹底的かつ明確に暴くという啓発的な情報が明らかになりました。

2013年に設立されて以来、欧米のメディアの多くは、ホワイトヘルメットを「最も勇敢で」、最も英雄的なシリア人として昇格させようと努めてきました。彼らは、オスカーを受賞したNetflixのドキュメンタリーの主題であり、シリアの「反政府勢力」が主張する戦争で荒廃した地域で子供たちを瓦礫から取り除くことを示す驚くほどよく制作されたビデオで、テレビ画面全体に一貫して塗りつぶされています。

しかし、この明確に前向きな報道には、アルカイダのようなテロリストグループとの関係、映像のドクター、民間人の処刑における役割、子供たちの死者と生者の両方の使用などが欠けています。プロパガンダ。また、ホワイトヘルメットが、2013年から2016年にかけて、米国と英国の政府、西側のNGO、湾岸諸国の君主制から1億2,300万ドル以上を受け取った方法もありません。

グループを取り巻く宣伝を払拭し、シリアのアルカイダ支部アルヌスラ戦線のような既知のテロ組織との陰の関係を詳述することに多くの記事が捧げられてきましたが、グループがどのように作成されたか、特にそれらを創設した男–英国の民間警備の専門家であり、元英国の軍事諜報員であるジェームズ・ル・メスリエ。

ホワイトヘルメットを創設し、その神話を西洋の聴衆に広めることにおけるルメスリエの役割は、独立したジャーナリストのヴァネッサビーリーの仕事のおかげで2015年に明らかになりました。

このレポートのためにミントプレスニュースに長々と話したビーリーは、人道援助がより効果的だったのはルメスリエの「認識であった」と述べています。 維持する 「軍よりも戦争」は、「実際にはアメリカ本土への脅威をほとんどまたはまったくもたらさない国での別の費用のかかる戦争に対する国民の支持を維持するために」組織の創設に拍車をかけた。


フロリダゲーターズの白いヘルメットの裏話

「私にとって、特にホームカミングゲームでは、一方の側で「ゲーターズ」スクリプトを使用して現在をリンクし、もう一方の側で「ブロックF」を使用して過去と統合する機会でした」とフロリダは述べています。ゲイターズのヘッドコーチ、ジム・マクエルワイン。

フロリダ州ゲインズビル&#8212 ゲイターズが先週のヴァンダービルトとのホームカミングゲームのために何らかの方法でユニフォームを変更することを計画したという噂が何日も広まった。

ゲイターズが2つのロゴの白いヘルメットをかぶってオープニングキックオフのためにトンネルから出て行ったとき、それらの噂は事実になりました。

ヘルメットの選択は、コモドアーズに対するゲーターズの9-7の勝利を通じて、フロリダのファンにソーシャルメディアで人気のあるトピックでした。ゲーターズが最後に白いヘルメットをかぶったのは、2009年のSECチャンピオンシップゲームでした。

チームキャプテンは伝統的に毎週フロリダのユニフォームの組み合わせを選びます。ゲーターズは今シーズンの連続試合で同じ組み合わせをまだ着用していません。

プログラムの6年ぶりのアトランタへの旅行を締めくくる機会を得て、ゲーターズは白いヘッドギアを選びました。

フロリダゲーターズニュース

「今回はチーム全体の前でした」シニアディフェンシブバック ブライアンプール 言った。 「チーム全体がほぼ決定を下しました。」

しかし、この決定はアトランタへの帰国の可能性とは何の関係もありませんでした。

「何人かのプレーヤーが白いヘルメットについて尋ねました、そしてもちろん、私は建物を見回しました、そしてどこにでも白いヘルメットの写真があるので、私はちょうどそれらを持っていると思って、私たちが持っていなかったことを知りました&#8217t」フロリダのヘッドコーチ ジム・マクエルワイン 言った。

プレーヤーがそれらを着用することに興味を持って、マケルウェインは白いヘルメットがフロリダの通常の在庫の一部ではないことを知った後、彼の最初のシーズン中にそれらを使用するように注文する計画を開始しました。

ホームカミングは絶好の機会のようでした。ヘルメットの左側にはおなじみの「Gators」スクリプトロゴがあり、右側にはフロリダの「F」ロゴがあります。青い縞模様が前から後ろに走り、オレンジ色の縞模様のペアで縁取られていました。

「これらのヘルメットには真の象徴性があると思います」とMcElwain氏は述べています。 &quot私にとって、特にホームカミングゲームでは、現在の&#8212を片側の&#8216Gators&#8217スクリプトとリンクし、&#8212の&#8216Block F&#8217で過去と統合する機会でした。向こう側。それが本当にその背後にある原動力であり、彼らの何人かは時々白いヘルメットをかぶるつもりだと思ってここで採用されたので、私たちの人たちはそれを高く評価しました。」

「私たちは彼らのために何かをすることができて、今度はヘルメットに異なるロゴを付けて過去にここで遊んだすべての人に敬意を表することができて興奮しました。」

ゲーターズは、別のヘルメットを着用するよりも多くの方法で、帰国の週末に過去を再訪しました。彼らは金曜日の午後にキャプテンの昼食をとり、数人の元選手が登場しました。

McElwainは、現在のプレーヤーと以前のプレーヤーの間の相互作用を楽しんだ。

「私がレガシーについて、フロリダゲーターズのヘルメットを着用して沼地でプレーすることの意味について話しているとき、責任の一部は、過去にそこでプレーしたことのあるすべてのプレーヤーのためにプレーしていることです」と彼は言いました。 。 「[私たちは]それをリンクしてドアを開けるためにできる限りのことをします。なぜなら、それらの過去のプレーヤーはフロリダ大学とは何かを構築した人だからです。」

偶然にも、ゲーターズが白いヘルメットをかぶったとき、マケルウェインは2ゲーム連勝しました。彼は、SECタイトルゲームでクリムゾンタイドが白いヘルメットをかぶったゲイターズを破った2009年にアラバマの攻撃コーディネーターでした。

マケルウェイン氏は、フロリダの伝統的なオレンジ色のヘルメットは、プログラムのブランドにとって大きな価値があると述べました。彼はまた、プレーヤーとファンが時々それを混ぜるのが好きであることを理解しています。

「大学フットボールを見回すと、スプラッシュとアイデンティティを探している人々がいると思います」と彼は言いました。 &quotフロリダ大学では、正直なところ、オレンジ色のヘルメットの伝統がテレビに映っているとき、誰もがそれが誰であるかを知っているので、ここは特別な場所になっています。そのようなプログラムが全国にあります。それでも、あちこちに代替品があるだけでエキサイティングなことがあります。

&quotThat&#8217sは私たちが行うことの一部です。しかし、私たちの代替案では、私は過去を尊重することを真に信じており、それは私たちがこれでやりたかったことです。」


戦時中の人道主義

彼らの経験の多くは、新しいものでもユニークなものでもありません。ホワイトヘルメットの勝利、悲劇、悲劇は、150年以上前にさかのぼる戦時中の人道主義の長く残忍な物語の最新作です。普仏戦争(1870-1871)とバルカン半島蜂起(1875-1878)の戦場でも同様の物語が繰り広げられました。どちらも、明確に特定された人道主義者が暴力の標的にされ、彼らの動機が疑問視されている事例を含んでいた。

これらの例では、ボランティアと戦闘機を区別したのはホワイトヘルメットではなく、赤十字と赤新月社でした。それらは、戦場の医療の中立性を示すものとしてジュネーブ条約の条項によって祀られているシンボルでした。しかし、これらの「神聖な」シンボルは、ボランティアを疑惑や攻撃から保護しませんでした。

フリードリヒフェリエール博士。赤十字国際委員会

赤十字病院は、普仏戦争の間、日常的に砲撃されました。パリの包囲中に、彼らがスパイ行為を行うためのカバーとして彼らの「中立的な」赤十字の地位を使用していると信じて、多くのボランティアが撃たれました。今日のホワイトヘルメットのように、ボランティアがすべての戦争の犠牲者に奉仕するために行動できるという考えは眉をひそめました。

スイスのボランティア、フリードリヒ・フェリエールは、「敵」のプロイセン人に医療サービスを提供したにもかかわらず、スパイである疑いで投獄されました。

フランスのボランティア看護師であるコーラリー・カーエンも、飢えた捕虜に近づこうとしたときに、プロイセン軍によって強制的に収容所から追放されました。これは、当時の人道主義者の行動も政治化された証拠です。カーエンは後に、ゲルマンの野蛮主義に打ち勝ったフランスの人道主義精神の象徴として、全国的な報道機関から称賛されました。

1870年に数千人の負傷者を治療したコーラリー・カーエン。赤十字国際委員会

ホワイトヘルメットの資金調達と動機に関する現代の質問も新しいものではありません。 1870年代のバルカン半島蜂起の間、スタッフォードハウス委員会と呼ばれる英国の組織が問題のある地域に人道的任務を送りました。赤十字と赤新月社の下で奉仕しているが、したがって公平であると思われるが、スタッフォードハウスのボランティアは、トルコ軍に有利に働き、英国のスルタンと親トルコの支持者から金を奪う医療傭兵としてマスコミで特徴付けられた。

これらの告発の根拠は、現在ホワイトヘルメットに投げかけられているものよりもはるかに堅固でした。しかし、政治的議題と「中立的な」人道的行動の間の暗い灰色の領域は、人道的ボランティアの仕事によって脅かされている人々からのスラーキャンペーンと暴力とともに、常に存在していたという事実は残っています。

この意味で、シリアからのホワイトヘルメットの避難は、彼らの個々の物語の終わりを示すかもしれません。しかし、歴史がガイドであるならば、彼らの物語の冷静で悲しいことに馴染みのある側面は、将来他の場所で続くでしょう。


&#8216ホワイトヘルメット&#8217デマの続きの物語

リックスターリング 2016年10月20日 8.7k ビュー

ホワイトヘルメットの現象

ほとんどの人には知られていませんが、White Helmetsブランドは、ニューヨークを拠点とする「TheSyriaCampaign」という名前のマーケティング会社によって考案および監督されました。

彼らは何百万人もの人々をだますことができました。ウォルトディズニーはこれについて素晴らしい映画を作ったかもしれません:非武装のボランティアは、宗教や政治に関係なく、戦争の最中に生存者を恐れずに救助しました。他のほとんどの「実生活」のディズニー映画と同様に、それは10%の現実、90%のフィクションです。

その成功により、西側諸国はこれまで以上に多額の資金を投入しています。ホワイトヘルメットは、10月17日のタイム誌のカバーストーリーでした。 NYTimesのNikolasKristofは、何年にもわたって彼らを襲ってきました。彼らは最近、2016年のライトライブリフッド賞を受賞しました。

Netflixは最近、ホワイトヘルメットに関する特別な「ドキュメンタリー」映画をリリースしました。完璧なタイミングで、主流メディアの称賛は、ガーディアンと英国のインディペンデントの両方がノーベル賞委員会に今年のノーベル平和賞をホワイトヘルメットに授与するよう呼びかけ、最高潮に達しました。

こちらがNetflixドキュメンタリーの予告編です。コメントセクションに注意してください。また、予告編の「いいね」と同じくらい多くの嫌いなものがあることに注意してください。人々は宣伝を通して見始めています:

ホワイトヘルメットの上に噴出したのは施設だけではありません。 CodepinkはそれらについてのNetflix映画とDemocracyNowを推薦しました!インフォマーシャルディレクターとのパフピースインタビューを実行しました。インターセプトは、ホワイトヘルメットとその疑わしいリーダーの批判的でない宣伝を発表しました。 (CodePinkは多くの批判を受け、後で修正を発行しました。)

白いヘルメットのイメージの背後にある現実

ホワイトヘルメットの無批判な宣伝とは対照的に、過去1。5年間に彼らの現実についていくつかの調査が行われてきました。このタイムラインは、初期の調査を示しています。

2015年4月、Dissidentvoiceは、実際の作成と目的の公開を公開しました。それ以来、「気持ちいい」ベニヤの背後にあるものを明らかにする記事やビデオが増えています。

ヴァネッサビーリーは、60年前に設立されたREALシリア内戦の文書を含む多数の記事を作成しました。彼女はオンラインのChange.org請願を開始し、ホワイトヘルメットにノーベル平和賞を授与しないために3.3千の署名を集めました。

それは彼らにノーベル賞を与えるという請願の2倍の署名でした。 Change.orgが説明なしに請願書を削除したため、その事実は影響力のある人々を動揺させたようです。

「コミュニティ基準」に違反しましたか?請願書がここに表示されているので、あなたは自分で判断することができます。

同じくCHANGE.ORGにある別のオンライン請願書は、まだ稼働中です。それは、ライト・ライブリフッド財団に、ホワイトヘルメットへの賞を撤回するよう求めています。

請願書には、彼らが賞に値しない、そして彼らが提示されているものではない10の理由が含まれています:彼らは実際のシリア組織からシリア市民防衛の名前を盗み、アルゼンチンの救助組織CascosBlancosから「ホワイトヘルメット」という名前を割り当てました/彼らは独立していないホワイトヘルメット&#8211彼らは非政治的ではない政府によって資金提供されています&#8211彼らはシリア全体で働いていないノーフライゾーンを積極的にキャンペーンしています&#8211彼らは武装した反対派によって支配されている地域でのみ働いています(主にアルヌスラ/アルカイダ)彼らは武装していないわけではありません&#8211彼らは時々テロリストの勝利を祝う武器を持っており、テロリストの処刑を支援します。

ここ数週間、ホワイトヘルメットの本質に関する情報が広まっています。マックス・ブルーメンソールは、アルターネットで2つの部分を公開しています。「シリアでの米国の介入とレジームチェンジを推進しながら、ホワイトヘルメットが国際的なヒーローになった経緯」と、「シリアでのレジームチェンジをロビー活動するシャドウのPR会社の内部」です。スコット・リッターは、ホワイトヘルメットの「ライオン化」を批判的に考察する記事を書いています。国際的には、イスラエルのテレビ局I24は、「ホワイトヘルメット:ヒーローかデマか?」というタイトルの特別レポートを掲載し、支持者と批評家に平等な報道を提供しました。アラブ首長国連邦の「国民」でさえ、ホワイトヘルメットをめぐる論争を記録しています。

フランクリンの子羊が白いヘルメット評論家に打ちのめされる

ホワイトヘルメットの支持者の何人かは反発しました。最初に組織を設立した英国の軍事請負業者は、彼の批評家がシリア政府とロシア政府の「代理人」であると非難しました。

そして最近、フランクリン・ラムは「政治的名誉毀損キャンペーンはシリアの救助隊員を標的にしている」というタイトルの記事でホワイトヘルメットの防衛に飛びついた。

ラムの批判は、彼が擁護するグループとほぼ同じくらい誤解を招くものです。彼はホワイトヘルメットの深刻な批判や暴露の多くを読んでいないようです。読者が彼の説明を批評家が実際に言ったことと比較できるように、彼は参考文献や情報源を提供していません。

ラムは、シリアのアラブ赤新月社と赤十字国際委員会、そしてホワイトヘルメットに対して「悪意のあるキャンペーン」を行ったと批評家を非難している。

それは誤りです。これが実際に言われたことです:

「赤十字や赤新月社などの合法的な救助組織とは異なり、「ホワイトヘルメット」は、武装した反対派によって支配されている地域でのみ機能します。」

ライト・ライブリフッド賞を撤回するためのオンライン請願書は言う

「NATOのホワイトヘルメットは、実際には、REALシリア市民防衛やシリアアラブ赤新月社などの本物の組織の活動を弱体化させ、損なうものです。」

ラムは、彼らをボランティアと繰り返し呼ぶことによって、ホワイトヘルメットの宣伝を反映しています。しかし、そうではありません。これらはすべて、ニューヨークのブルックリン、トルコのガズィアンテプ、レバノンのベイルートのホワイトヘルメットメディアマネージャーに支払われ、多額の給与を支払っています。アレッポとイドリブにある地上の「ホワイトヘルメット」を拠点とするヌスラの領土に関しては、彼らはパートタイムの実際の段階的な救助活動のためにフルタイムのシリアの兵士よりもはるかに多く支払われています。

ラムは、MSF(国境なき医師団)が批判されているという事実を嘆きます。しかし、MSFはそれ自体が政治的に偏っていることを示しています。

組織にはシリア国内にスタッフがいませんが、そうではないと思われるときに明確な説得力のある証拠があるかのように声明を出し続けています。最近、MSFは、東アレッポのテロリストが管理する部門の4つの病院が爆撃され、2人の医師が負傷したと主張した。病院の名前や場所、医師の名前は特定されません。レポートは明らかに伝聞に基づいています。

おそらくMSFは、2016年4月のAl Quds Hospitalのように名前と場所を報告したときに、報告に一貫性がなく矛盾に満ちていることが判明したため、病院の名前や場所を特定していません。

「地上の病院スタッフによると、病院は建物に直接当たった少なくとも1回の空爆によって破壊され、瓦礫になりました。 」

イベントの前後の写真は、この主張が真実ではないことを示していました。いわゆる「アルクッド病院」は、1階に土嚢がある正体不明のほとんど空いているアパートの建物でした。

MSFの偏見は、政府が管理する地域にいるシリアの人口の90%にサービスやサポートを提供することを拒否しているという事実によっても示されています。

MSFは、彼らの偏見を問う以前の公開書簡に返答していません。また、彼らは、ヌスラ/アルカイダ領土における彼らの同盟国の主張に対して現実を評価するために政府が管理するアレッポを訪問する招待に応じなかった。

「ホワイトヘルメットは、あらゆる種類の根拠のない告発と陰謀説で攻撃されています」。

それどころか、証拠は圧倒的です。

ホワイトヘルメットは、「体制の変更」を望んでいる西側の政府によって資金提供されています。ホワイトヘルメットは、実行後に体を拾います。ホワイトヘルメットは武器を運び、ジハードの勝利を祝います。ホワイトヘルメットは、ヌスラまたは同盟国が支配する地域でのみ機能します。ホワイトヘルメットは、飛行禁止区域を積極的にキャンペーンしています。

これらは「陰謀論」ではなく、それらに関するビデオや記事で簡単に証明される事実です。

「ホワイトヘルメットの救助者は、政治を嫌うようになった1,200万人の難民のほとんどを含め、一般的にシリアの人口によく似ています。」

ほぼすべてのシリア人が彼らに課された戦争を嫌うのは事実です。ただし、シリア人の大多数はテロリストも嫌いですが、ほとんどの「ホワイトヘルメット」はテロリストと同盟を結んでいます。

子羊も難民の数で間違っています。国内避難民は約1200万人いますが、難民の数は400万人に近いです。国内避難民の3分の2は、シリア国内の政府の管理下にある地域に住んでいます。

ホワイトヘルメットは、シリアキャンペーンと呼ばれるマーケティング会社によって「ブランド化」されました。シリアキャンペーン自体は、目的と呼ばれるより大きなマーケティング会社によって「インキュベート」されました(その用語)。ホワイトヘルメットのオンラインおよびソーシャルメディアプロモーションの管理に加えて、シリアキャンペーンはシリアの「レジームチェンジ」を支援するための並行した取り組みを行っています。これらの取り組みの1つは、シリア政府によって保護されている地域に住む避難民に援助を提供している国連や人道支援組織を批判することでした。

この状況は、著者が次のように述べている社説に記載されています。

「シリアキャンペーンなどによってなされた主張は、国連とそれがどのように機能しなければならないかについて何も知らない人々によって書かれました。」

どうやらシリアキャンペーンについての事実に気づいていないようで、憤慨したフランクリンラムはこれを「中傷的なナンセンス」と呼んでいます。

ラムは、「65,000人のシリア市民、多くは隣人、家族、友人」を救ったというホワイトヘルメットの宣伝を反映しています。

これは極端な誇張です。テロリストによって支配されている地域には、そこに住む民間人はほとんどいません。 2年間東アレッポを訪れた医師は、それを「ゴーストタウン」と表現しました。猫の動画がソーシャルメディアで人気を博したとき、ホワイトヘルメットの動画チームは独自の偽の猫の動画を制作しました。それは、白いヘルメットのメンバーが空の近所で野良猫と遊んでいるのを示しました。彼らは、「住宅所有者はこの地区とその子猫を捨てた」と言います。はい、テロリストが侵入したため、ほとんどの民間人はそれを放棄しました。

要するに、この数の救助は極端な誇張です。実数はおそらくその数パーセントです。

ラムは、ホワイトヘルメットの批評家が彼らを「中傷」していると信じています。ひどく皮肉なことを除けば、ほとんど笑える。 REALシリア市民防衛は、ビデオチームが同行して宣伝することなく、REALボランティアとわずかな予算で取り組んでいます。西洋のほとんどは、彼らが存在することにさえ気づいていません。真に中立で独立した救援組織であるシリア・アラブ・レッド・クレセントの状況は似ていますが、少なくとも良いウェブサイトはあります。

ラムは「救助隊員を汚すための蔑称的な言葉の大量使用」について不平を言います。

もちろん、「ホワイトヘルメット」の場合は正反対です。西側によって作成されたこの3年前の組織と、西側の目標に対して、批判的でない賞賛が殺到しました。それどころか、それらは十分に調査され、暴露されていません。かわいそうなホワイトヘルメットが不当に批判されているというラムの心からの懸念は奇妙です。

フランクリンラムは、アレッポ大学病院から彼の記事を提出したと主張しています。これは、政府が保護するアレッポにあります。なぜ彼は、アレッポ大学病院を埋め尽くすテロリストの爆撃、狙撃、攻撃の犠牲者に言及しないのですか?なぜ彼は多くの負傷した犠牲者を病院にもたらした本当のシリア市民防衛に言及しないのですか?

彼の締めくくりとして、フランクリンは彼と一緒にホワイトヘルメットを訪問することに興味のある人を招待します。彼は本気ですか?何年もの間、テロリストが管理するアレッポにいるジャーナリストや西洋の「オブザーバー」はほとんどいません。最後のバッチのうちの2つはジェームズフォーリーとスティーブンソトロフであり、その後ISISによって殺害されました。

フランクリンは、彼が実際にヌスラとホワイトヘルメットを持って東アレッポにいたといういくつかの証拠を提供する必要があります。そうでなければ、ホワイトヘルメットの「ボランティア」との会話が実際にトルコのガズィアンテプで行われたのかどうか疑問に思うかもしれません。

論争は続く

シリア政府と同盟国が最終的にテロリストをアレッポから押しつぶすか追放しようとするにつれて、ホワイトヘルメットは西側のプロパガンダツールチェストの主要なツールになりました。ホワイトヘルメットのイメージは、ヌスラや他の武装した野党グループの宗派的で暴力的で人気のない性質から注意をそらします。

これは、シリアとロシアの攻撃が主に民間人を攻撃しているという告発と並行して使用されます。西側のメディアは、東アレッポで攻撃を受けているのは民間人とホワイトヘルメットだけであり、テロリストは写真から白くされているというイメージを与えています。

ホワイトヘルメットは、話題になっているものから、話題になっているものに変わりました。ニュース記事では、テーマまたはソースとしてホワイトヘルメットの目撃者をますます使用しています。

ある日、CNNはホワイトヘルメットエイドセンターが襲われたと言います。別の日、ホワイトヘルメットの個体が「狩られている」と主張されています。

ホワイトヘルメットは、9月19日にオレムアルクブラで人道的船団と倉庫を破壊したシリアの樽爆弾の「目撃者」であると主張しているため、ファーストレスポンダーではなくジャーナリストの役割を果たしています。

疑わしい理由があります。たとえば、Orem al Kubraで攻撃されたシリアアラブ赤新月社(SARC)のコンボイの場合:

*これはドキュメンタリー「SavingSyria’sChildren」が撮影されたのと同じ町です。詳細な調査によると、そのBBC映画のシーケンスは、完全に上演されたわけではないにしても、大部分が上演されていました。

*この町は、最近パレスチナのシリアの少年の斬首を撮影した悪名高いヌールアルディンアルジンキテロリストグループによって管理されています。

*シリアやロシアの飛行機がSARCコンボイを攻撃するのは非論理的です。護送船団が政府の領土にあったとき、彼らは護送船団を止めたかもしれません。シリア政府はSARCと協力しています。なぜ彼らは護送船団を攻撃するのでしょうか?

*残虐行為から「恩恵を受ける」のは、米国連合と体制変更プロジェクトを支援する人々です。この攻撃は、9月17日の米国による70人以上のシリア兵の殺害から注意をそらし、シリアとロシアに対する告発の再開を促進した。この鋭い分析では、ホワイトヘルメットの目撃者に関するより多くの矛盾と矛盾が指摘されています。

*ロシア政府とシリア政府は、攻撃サイトの独立した調査を要求しましたが、おそらくその地域を支配しているテロリストがそれを許可していないため、これは行われていません。

大規模な宣伝により、3年前のホワイトヘルメットに対する一般の認識が大幅に高まっています。皮肉なことに、中立で動作するSARCはほとんど無視されてきました。そして、元の60歳以上のシリア市民防衛は、西側ではまったく認識されずに機能し続けています。

ホワイトヘルメットのヒーローですか、それとも政治的に動機付けられたデマですか?調査する時が来ました。何年も後に虚偽や操作を明らかにすることはほとんど役に立ちません。ナイラやクウェートのインキュベーター、カーブボール、イラクの大量破壊兵器など、以前のデマを作成し、無批判に宣伝した人々は、人命と資源に莫大な費用がかかったにもかかわらず、罰や罰なしに行ったため、これは特に当てはまります。ホワイトヘルメットは、シリアでの戦争を促進するために使用されないように、真剣に調査する必要があります。


ホワイトヘルメットの何が問題になっていますか?攻撃を受けている人道主義者の歴史

シリアからの422人のホワイトヘルメットボランティアの避難は、世界で最も戦争で荒廃した国の1つでの大胆な5年間の人道的任務の終わりを示しているようです。ホワイトヘルメット(別名シリア市民防衛)は、退職した英国の将校によって設立され、当初は訓練を受け、地元の新兵で構成されていました。2013年に設立されました。彼らの目的は、シリアの反政府勢力が支配する地域で爆撃の犠牲者の捜索救助活動を行うことでした。 。

10万人以上の命を救ったと主張するホワイトヘルメットは、シリア内戦の暗闇の中で、多くの国際社会の光の灯台として立っています。彼らはオスカーを受賞したNetflixドキュメンタリーの主題になり、2016年にノーベル平和賞にノミネートされました。

しかし、このバラ色の人類の最高の姿は、衣装の活動の政治化と、ボランティアが戦場の天使以外の何者かとして現れる反論の確立によって汚染されています。

プロパガンダとスミアキャンペーン

ホワイトヘルメットは、反政府勢力の大義に部分的である(「命を救うことはすべての人類を救うことである」というグループのモットーにもかかわらず)からISISとの協力、化学兵器攻撃のステージングまで、すべてがロシアの支援を受けたプロパガンダアウトレットによって実証されています。シリアのバシャール・アル・アサド大統領の事件に非公式な西洋の干渉をするための万能の前線であるだけです。

後者の主張は、特にシリア大統領に同情的な報道機関で繰り返されており、ホワイトヘルメットは主に西側政府によって資金提供されているという事実に言及している。

この中傷キャンペーンとは別に、ホワイトヘルメットはより直接的な行動の犠牲者でもあります。これには、いくつかの病院の爆撃が含まれ、最も明白なことですが、2017年8月に彼らの安全な家の1つが深夜に襲撃され、7人のボランティアがまだ知られていない暗殺者によって処刑されました。

これは現代の戦争スリラーの章のように読めるかもしれません-実際、ホワイトヘルメットの物語はジョージクルーニー主導の映画になる予定です。

戦時中の人道主義

彼らの経験の多くは、新しいものでもユニークなものでもありません。ホワイトヘルメットの勝利、悲劇、悲劇は、150年以上前にさかのぼる戦時中の人道主義の長く残忍な物語の最新作です。普仏戦争(1870-1871)とバルカン半島蜂起(1875-1878)の戦場でも同様の物語が繰り広げられました。どちらも、明確に特定された人道主義者が暴力の標的にされ、彼らの動機が疑問視されている事例を含んでいた。

これらの例では、ボランティアと戦闘機を区別したのはホワイトヘルメットではなく、赤十字と赤新月社でした。それらは、戦場の医療の中立性を示すものとしてジュネーブ条約の条項によって祀られているシンボルでした。しかし、これらの「神聖な」シンボルは、ボランティアを疑惑や攻撃から保護しませんでした。

赤十字病院は、普仏戦争の間、日常的に砲撃されました。パリの包囲中に、彼らがスパイ行為を行うためのカバーとして彼らの「中立的な」赤十字の地位を使用していると信じて、多くのボランティアが撃たれました。今日のホワイトヘルメットのように、ボランティアがすべての戦争の犠牲者に奉仕するために行動できるという考えは眉をひそめました。

The Swiss volunteer, Frédéric Ferrière was imprisoned on suspicion of being a spy, despite offering his medical services to the “enemy” Prussians.

The French volunteer nurse, Coralie Cahen, was also forcibly ejected from a camp by Prussian troops when she tried to gain access to starving prisoners of war, testament to how – then as now – humanitarians’ actions were also politicised. Cahen was later lauded by the national press as a symbol of French humanitarian spirit triumphing over Germanic barbarism.

Contemporary questions over the White Helmets’ funding and motive are also nothing new. During the Balkans Uprisings of the 1870s, a British organisation called the Stafford House Committee sent a humanitarian mission to the troubled region. Although serving under the Red Cross and Red Crescent – and therefore supposedly impartial – Stafford House’s volunteers were characterised in the press as medical mercenaries acting in favour of the Turkish army and taking gold from the Sultan and pro-Turkish backers in Britain.

The grounds for these accusations were far firmer than those currently being thrown at the White Helmets. But the fact remains that the murky grey area between political agendas and “neutral” humanitarian action has always existed, along with slur campaigns and violence from those who are threatened by the work of humanitarian volunteers.

In this sense, the White Helmets’ evacuation from Syria may mark the end of their individual story. But, if history is any guide, the sobering and sadly familiar aspects of their tale will continue elsewhere in future.

This article was originally published on The Conversation and has been republished under creative commons. For the original click ここ.

James Crossland is a Senior Lecturer in International History at Liverpool John Moores University. He is an expert in the history of international humanitarian law.

免責事項: The views expressed in this article reflect the opinions of the author and not necessarily the views of The Big Q.


White Helmets…”and the winnner is…anything but truth”

Looney Tuns become Clooney Tunes

[ Editor’s Note : Has Clooney gone looney? If he ever had any presidential aspirations they will be going up on smoke if he makes this movie on the White Helmets.

Anyone who could be suckered into white washing the White Helmets for their aiding and abetting terrorism in Syria would be considered a major security risk.

But that said, Clooney versus Trump for the White house, now there’s a reality TV show for you.

If Clooney wins he can replace his Secret Service detail with the White Helmets, and have ex-Mossad people for his National Security Council, and the old Blackwater people saved for doing odd jobs.

As some anonymous person once said, “You just can’t make this stuff up.” But apparently Clooney has an ego to match Trump’s, with hopefully fewer girls in the closet.

VT is not done pounding the wooden stake into the cold heart of corporate media for swallowing without question all the crap put out by the western PR helpers of the jihadis. I can see the letter campaign from the people of Syria going in to Clooney’s house as soon as his address gets spread around… Jim W. Dean ]

Well we might be seeing the jihadis that would sell anything for money hooking up with Clooney who might do the same

– First published … December 29, 2016 –

George Clooney, one of Hollywood’s biggest box office names, a man with pretentions for the presidency for sure and sworn enemy of President-elect Donald Trump, has announced plans to make a film honoring Syria’s White Helmets. To the much of the public subjected to fake and censored news, the White Helmets are heroes.

Always in areas controlled by “moderate opposition” or, quite frankly outright terrorists like ISIS and the group formerly named Jabat al Nusra, this organization has been lauded as the savior of the Syrian people from the beastly depredations of the “regime” and its “brutal dictator,” Assad.

The truth is something a bit different, a truth it would have taken Clooney only a few moments on the internet to discover, that or the most minimal research, which he either did or didn’t do.

If he didn’t do the research, he is a dupe, meaning he has been fooled into supporting a terrorist group against a legitimate democratically elected government for purposes of protecting and supporting paid mercenary murders. Sound harsh? Probably not harsh enough as we will get into shortly.

The other possibility, of course, is that Clooney is buying his way into politics by making friends with the same ultra-rightest groups that founded the White Helmets and have used similar fronts with the same roots, as we will show, to propagandize color revolutions that have turned into disaster after disaster. From Vanessa Beeley for Global Research:

The Western media mythology goes as follows:

James Le Mesurier

They are made up of former bakers, builders, taxi drivers, students, teachers, pretty much anything apart from rescue workers,” according to the much repeated phrase used by their British ex-military, USAR (Urban Search & Rescue) trainer, James Le Mesurier who specialises in outsourcing warfare – the kind of private security operations exemplified by the likes of Blackwater (now known as Academi) and DynCorp, and other well-known global suppliers of mercenaries and CIA outreach assassination experts.

Running operations through Blackwater gave the CIA the power to have people abducted, or killed, with no one in the government being exactly responsible.

White Helmets founder Le Mesurier, who graduated from Britain’s elite Royal Military Academy at Sandhurst, is said to be an ‘ex’ British military intelligence officer involved in a number of other NATO ‘humanitarian intervention’ theatres of war, including Bosnia, Kosovo and Iraq, as well as postings in Lebanon and Palestine.

He also boasts a series of high-profile posts at the UN, EU, and UK Foreign and Commonwealth Office. Not to mention his connections back to the infamous Blackwater (Academi).

Beeley goes further, outlining her own experiences in Syria with the White Helmets:

They claim they are not “tied to any political group in Syria, or anywhere else”, yet they are embedded with Al Nusra Front, ISIS and affiliated with the majority of US allied terrorist brigades infesting Syria.

In fact during my recent trip to Syria, I was once again struck by the response from the majority of Syrians when asked if they knew who the White Helmets were. The majority had never heard of them, others who follow western media noted that they are a “NATO construct being used to infiltrate Syria as a major player in the terrorist support network.”

One of the major issues of what may have been called the Syrian Civil War, but might best be described as an invasion by NATO auxiliaries, is the use of NGO’s or “Non-Governmental Organizations” to move jihadists around the world, move weapons and produce fake news. The White Hats has been very much a part of all of these activities but, truth be told, they are hardly “non-governmental.”

This is an alleged “non-governmental” organisation, the definition of an NGO, that thus far has received funding from at least three major NATO governments, including $23 million from the US Government and $29 million (£19.7 million) from the UK Government, $4.5 million (€4 million) from the Dutch Government. In addition, it receives material assistance and training funded and run by a variety of other EU Nations.”

Requests have been made of the Secretary General of the United Nations to challenge their NGO status as even a cursory investigation shows they are funded as nearly all intelligence agencies fronts are. Further, of course, has been their ability to work closely with what were “opposition” groups in Syria that, since early 2014, had melded into the al Qaeda organization after a period of infighting.

The “moderate opposition,” under non-terrorist control has only recently reappeared and that is only in Northern Aleppo, seemingly under the direct command of the Turkish Army, and is primarily being used to fight against Kurdish groups opposed to ISIS. Is this all coming into focus now? If it is for you, you are it seems the only one who gets it.

The White Helmets could be coming to a studio near you

The White Helmets are actually run by a terrorist, which might well explain why they get along so well with terrorists and why they are able to function freely. Of course that they continually report “regime” atrocities, always directly in line with the narrative promoted by US Ambassador to the United Nations, Samantha Power, may well only be coincidental.

Thus far, the White Helmets have been silent on all that goes on around them, seeing nothing and only acting “heroically” while those they are allied with, as is now clear to the world, executed thousands, trafficked tens of thousands of women and children into sex slavery and plummeted chlorine and mustard gas projectiles on the residents of “regime held” West Aleppo for years.

The truth is actually worse, much worse but let’s deal with a bit about Raed Saleh, the leader of the White Helmets first. From 21 st Century Wire:

There has been a concerted campaign by a range of investigative journalists to expose the true roots of these Syria Civil Defence operatives, known as the White Helmets. The most damning statement, however, did not come from us, but from their funders and backers in the US State Department who attempted to explain the US deportation of the prominent White Helmet leader, Raed Saleh, from Dulles airport on the 18th April 2016.

It was unclear whether Mr. Saleh’s name might have shown up on a database, fed by a variety of intelligence and security agencies and intended to guard against the prospect of terrorism suspects slipping into the country.”

Mark Toner, State Department spokesperson:

And any individual – again, I’m broadening my language here for specific reasons, but any individual in any group suspected of ties or relations with extremist groups or that we had believed to be a security threat to the United States, we would act accordingly. But that does not, by extension, mean we condemn or would cut off ties to the group for which that individual works for.”

Saleh’s real history is more complicated, born in Israel, Saleh has a long history of opposition to Israel and involvement in justice related causes, particularly “anti-Zionism.” He has been particularly critical of the role, in the past at least, Turkey has played in promoting Zionism. In fact, Saleh has positioned himself as a fanatic anti-Zionist and has often been accused of anti-Semitism as well.

How then do we explain the financing for the White Helmets or their allegiance to organizations fighting against the Damascus government who maintain strangely friendly ties to both Israel and Turkey?

Yulia Tymoshenko

Then there’s Clooney himself, whose wife is an “alleged” human rights activist. However, Amal Clooney’s clients include not only Julian Assange, whose Mossad ties were exposed in 2010 by Zbigniew Brzezinski but also former Ukrainian Prime Minister Julia Tymoshenko, a strong supporter of NATO who has openly advocated ethnically cleansing Ukraine using nuclear weapons.

It seems like Clooney’s liberal activism has garnered more than one strange bedfellow. Then again, Clooney’s finance partner is Israeli Grant Hezlov, producer of the anti-Iranian blockbuster Argo, a film many activists believe was timed to prestage public opinion against a nuclear settlement with Iran.

The issue with Clooney is that he has mostly avoided pitfalls of this type. Let’s take a conspiratorial look at the White Helmets for a bit. Were one to look at their roots, Saleh who makes no sense at all considering the obvious CIA funding of the White Helmets, and their openly “fabulous” relationship with the MSM, Clooney should be running for the hills.

Then again, there is more than enough circumstantial evidence that something is very wrong. With the media frenzy over Aleppo “genocide” dying now that media are moving around a city, not conquered but “liberated” and with UN observers on their way with Russia’s blessing, it has to be clear to Clooney that the White Helmets are not what they seem.

The math here is simple as two plus two, if the press lies fell apart in only days, 14 foreign spies caught running the al Qaeda “operations room” and so many of the atrocities videos now proven staged, then the equally staged and fictional history of the very government funded “non-government” White Helmets would be “fake” as fake news also.

Then there are the rumors, that the funding and logistics for the White Helmets brought in poison gas and that Press TV’s Serena Shimm was murdered because she got too close to “busting” this group as complicit in mass murder.

In fact, for nearly 4 years, Russia tried to introduce evidence to the UNSC in order to prove assertions made by the Syrian Human Rights Observatory and the White Helmets were, in fact, fabrications by pro-terrorist propaganda organizations funded by western intelligence agencies.

Then we come to who Clooney is himself. Clooney, a charismatic outspoken liberal, could well challenge Trump for the presidency, should history lend itself to this political confrontation. Grooming Clooney as another “useful idiot” it how the system works.

Those who have admired Clooney have hoped he would begin challenging the traditional narrative more vigorously, perhaps not to the extent Trump has, but certainly following that lead. This current effort puts that hope to rest.

Gordon Duff is a Marine combat veteran of the Vietnam War that has worked on veterans and POW issues for decades and consulted with governments challenged by security issues. He’s a senior editor and chairman of the board of Veterans Today, especially for the online magazine “New Eastern Outlook.”


Blockbuster: White Helmets corruption scandal deepens: Dutch gov’t investigated parent org for fraud, but covered it up

The Netherlands investigated fraud by the Mayday Rescue Foundation, which funded the Syrian White Helmets with over $120 million in Western government contracts. But top Dutch officials covered up the corruption.

Greyzone: The decade-long dirty war on Syria proved to be a cash cow for some of the most prominent US and UK regime-change operatives. Western government contractors got hundreds of millions of dollars to run schemes to destabilize Damascus – and some of them took a cut for themselves, profiting off of the pillage.

This is staggering. Utterly damning of the @bbc Questions for BBC on new White Helmets podcast series attacking OPCW whistleblowers | The Grayzone https://t.co/9XWpJYwg8J

&mdash George Galloway (@georgegalloway) November 30, 2020

One of the main players in the cottage industry of contractors that helped run the Western regime-change war on Syria, and which was eventually implicated in a massive corruption scandal, was the Mayday Rescue Foundation.

Uh oh…I edited a Wiki article about the White Helmets last week and where it said it was a conspiracy theory, I changed it to a verified story & cited The Grayzone article!

&mdash Sheri Daley (@MsQuitoSwarm) June 11, 2020

Mayday served as the fiscal sponsor of Syria Civil Defense, known popularly as the White Helmets, a deceptive humanitarian interventionist operation that became a key propaganda weapon in the dirty war on Damascus.

The White Helmets were a western orchestrated secret service Psi Op. They were essentially Al Qaeda. Le Mesurier was Mi6. Have you not read the Grayzone expose on Idlib?

&mdash ZodiacNein (@ZodiacNein) October 27, 2020

With more than $120 million in funding from numerous Western governments, the White Helmets were portrayed in servile media campaigns and by slick PR films as a noble philanthropic group dedicated to saving civilian lives. In reality, the organization functioned as the de facto civil and medical infrastructure for areas in Syria that were controlled by brutal, theocratic Salafi-jihadist insurgents.

The White Helmets operated exclusively in areas run by the Syrian armed opposition, and collaborated extensively with extremists, including ISIS and al-Qaeda. White Helmets were even filmed assisting in public executions on numerous occasions.

The White Helmets helped NATO member Turkey militarily invade and ethnically cleanse Kurdish-majority towns in northern Syria as part of a plan to repopulate those areas with Sunni Muslim Arabs who supported Turkish President Recep Tayyip Erdogan. Following the invasion, schoolchildren were indoctrinated with Turkish nationalist propaganda.

A Syria producer at the BBC has even stated that the White Helmets helped stage a fake chemical weapons attack in the city of Douma, to try to pin the blame on the Syrian government and spur Western military intervention against it.

Yet while Western governments were lavishing the White Helmets with praise and funneling huge sums of taxpayer money into their parent organization, the Netherlands-based Mayday Rescue Foundation, they were also quietly investigating the group for fraud.

A series of mainstream Dutch media reports document how the Netherlands knew Mayday had presided over serious financial irregularities, but top officials covered it up, refusing to inform elected lawmakers and even ignoring recommendations from their own regulators to reclaim millions of dollars worth of contracts. read more..


The White Helmets and the Long History of Attacking Humanitarians

The smear campaign against Syria’s White Helmets, the rescuers who have saved many tens of thousands of lives since 2013, is distinctive because of the extent of the disinformation and the involvement of the Russian State in the campaign.

But the attacks are far from new. Humanitarians in wartime have always been the target of those who would prefer to operate without the intervention of those trying to provide assistance and care.

James Crossland of Liverpool John Moores University writes for The Conversation:

The evacuation of 422 White Helmet volunteers from Syria seemingly marks the end of a daring five-year humanitarian mission in one of the world’s most war torn countries. Founded and initially trained by a retired British officer and comprised of local recruits, the White Helmets were formed in 2013. Their aim was to carry out search and rescue operations for victims of bombings in rebel held areas of Syria.

The White Helmets, who claim to have saved the lives of more than 100,000 people, stand as a beacon of light for much of the international community amid the darkness of the Syrian civil war. They have becoming the subject of an Oscar-winning Netflix documentary and earned a Nobel Peace Prize nomination in 2016.

But this rosy picture of humanity at its best has been tainted by the politicization of the outfit’s activities and the establishment of a counter-narrative in which the volunteers appear as anything but battlefield angels.

Propaganda and smear campaigns

The White Helmets have been demonised by Russian-backed propaganda outlets as everything from being partial to the rebel cause (despite the group’s motto being “to save a life is to save all humanity”) to collaborating with ISIS, to staging chemical weapons attacks, to simply being an all-purpose front for unofficial Western meddling into Syrian President Bashar Al-Assad’s affairs.

The latter claim, in particular has been repeated in press outlets sympathetic to the Syrian President, which reference the fact that the White Helmets have been funded primarily by Western governments.

Aside from this smear campaign, the White Helmets have also been the victims of more direct action. This has included the bombing of several of their hospitals and, most unambiguously, a midnight raid on one of their safe houses in August 2017 in which seven of the volunteers were executed by assassins still unknown.

This might read like chapters of a modern war thriller – indeed, the tale of the White Helmets is scheduled to become a George Clooney-led film.

Wartime Humanitarianism

So much of their experience is neither new nor unique. The triumphs, travails and tragedies of the White Helmets are just the latest instalment in the long, brutal story of wartime humanitarianism which stretches back over 150 years. Similar tales were played out on the battlefields of the Franco-Prussian War (1870-1871) and the Balkans Uprisings (1875-1878). Both involved cases of clearly identified humanitarians being targeted for violence and having their motives questioned.

In these instances, it was not White Helmets, but Red Crosses and Red Crescents that distinguished the volunteers from the fighters. They were the symbols enshrined by the articles of the Geneva Convention as indicating the neutrality of battlefield medics. But these “sacrosanct” symbols did not protect the volunteers from suspicion and attack.

Red Cross hospitals were routinely shelled throughout the Franco-Prussian War. During the siege of Paris a number of volunteers were shot in the belief that they were using their “neutral” Red Cross status as a cover for committing acts of espionage. Like the White Helmets of today, the idea that volunteers could act in the service of all war’s victims raised eyebrows.

The Swiss volunteer Frédéric Ferrière was imprisoned on suspicion of being a spy, despite offering his medical services to the “enemy” Prussians.

The French volunteer nurse Coralie Cahen was also forcibly ejected from a camp by Prussian troops when she tried to gain access to starving prisoners of war, testament to how – then as now – humanitarians’ actions were also politicized. Cahen was later lauded by the national press as a symbol of French humanitarian spirit triumphing over Germanic barbarism.

Contemporary questions over the White Helmets’ funding and motive are also nothing new. During the Balkans Uprisings of the 1870s, a British organisation called the Stafford House Committee sent a humanitarian mission to the troubled region. Although serving under the Red Cross and Red Crescent – and therefore supposedly impartial – Stafford House’s volunteers were characterized in the press as medical mercenaries acting in favour of the Turkish army and taking gold from the Sultan and pro-Turkish backers in Britain.

The grounds for these accusations were far firmer than those currently being thrown at the White Helmets. But the fact remains that the murky grey area between political agendas and “neutral” humanitarian action has always existed, along with slur campaigns and violence from those who are threatened by the work of humanitarian volunteers.

In this sense, the White Helmets’ evacuation from Syria may mark the end of their individual story. But, if history is any guide, the sobering and sadly familiar aspects of their tale will continue elsewhere in future.


The White Helmets, alleged organ traders & child kidnappers, should be condemned not condoned

is an independent journalist and photographer who has worked extensively in the Middle East &ndash on the ground in Syria, Egypt, Iraq and Palestine, while also covering the conflict in Yemen since 2015. Follow her on Twitter @VanessaBeeley

is an independent journalist and photographer who has worked extensively in the Middle East &ndash on the ground in Syria, Egypt, Iraq and Palestine, while also covering the conflict in Yemen since 2015. Follow her on Twitter @VanessaBeeley

A recent panel at the UN Security Council in New York revealed the shocking evidence of White Helmet involvement in organ trafficking in Syria. The lucrative trade of human body parts, bones, blood and organs is one of the most protected and hidden harvests of war.

The potential of White Helmet involvement in these nefarious activities raises questions that must be answered. Why were the shocking revelations met by a wall of silence from corporate media present at the panel in New York?

Not one media outlet pursued the subject, preferring to divert onto more comfortable issues that did not challenge the iconization of the White Helmets that has been the default position for virtually all state-aligned media since the establishment of the group in 2013 in Jordan and Turkey.

Above is one of the slides from the presentation of Maxim Grigoriev, director of the Foundation for the Study of Democracy, given to the panel and audience at the UNSC in New York, December 2018.

In July 2017, I had interviewed residents of the East Aleppo districts that had been under occupation of the various extremist armed groups and the White Helmets. Salaheddin Azazi was a resident of the Jib Al Qubbeh area (also mentioned in Grigoriev&rsquos presentation).

Azazi went through the details of the November 2016 Nusra Front attack on civilians trying to flee via the Syrian and Russian-established humanitarian corridors which had been spun by the White Helmets into a &ldquoregime&rdquo bombing raid that resulted in a civilian massacre. It was a complete misrepresentation of reality which was seized upon by corporate media with no fact checking. My full report on that incident and the White Helmet involvement in the massacre and subsequent theft of civilian belongings from the dead and dying is here.

&ldquoThe bodies of the dead and dying were left unattended for ten hours in the street after the Nusra Front rocket attack that killed 15 civilians. The White Helmets did not help them, they stole their belongings,&rdquo Salaheddin Azazi, resident of Jib Al Qubbeh and eyewitness to events on 30.11.2016, said.

Azazi and another resident, Ammar Al Bakr (on the right, in above photo) described how the White Helmets were the &ldquorunners&rdquo for the organ traffickers.

&ldquoThe White Helmet drivers would take the injured or dead bodies to the Turkish border. Many of the injured had light wounds, nothing that needed hospitalization but the bodies would come back without organs,&rdquo said Ammar Al Bakr.

&ldquoThe bodies, dead and alive, would be inspected in the towns on the borders with Turkey before being taken by Turkish vehicles to the hospitals but if the injured civilian was a child or young and strong they would be taken directly to the hospital in Turkey because their organs had greater value,&rdquo Azazi told me.

According to both of these witnesses, the bodies were worth $2000 dead and $3000 if alive and this market was dominated by the White Helmet operatives who profited from cross-border organ trafficking.

Other civilians I met in July/August 2017 confirmed the threat of organ theft which hung over them during the almost five-year occupation of East Aleppo districts by the armed groups and their White Helmet auxiliaries. Families spoke to me of hiding their children if they were lightly injured to prevent the risk of them being abducted and taken to one of three hospitals &ndash Omar Abdulaziz, Al Quds and Zarzour &ndash that allegedly specialized in organ theft in East Aleppo, all of which had been taken over by militant gangs early on in the conflict. I was told that &ldquoforeign doctors&rdquo were operating in these three hospitals and were in charge of organ extraction. In post-liberation Eastern Ghouta, similar stories abounded.

In January 2019, I visited survivors from the Jaysh Al Islam controlled Tawbah Prison in Douma, Eastern Ghouta (known as Repentance Prison). I met with former prisoners in Adra Al Balad who spoke of the torture and violent abuse they had received after being kidnapped from Adra Al Ummaliya in 2013 by Jaysh Al Islam and Nusra Front. Familiar descriptions of the White Helmets were forthcoming:

&ldquoRegarding the White Helmets, they are terrorists and Takfiris [&hellip] they have nothing to do with Humanity [&hellip] when they used to see an injured civilian, they used to finish them off. If you come to &ldquorescue&rdquo a man would you slaughter them? The White Helmets and the terrorists are one and the same, they are hand in hand,&rdquo said Hassan Al Mahmoud Al Othman, one of the survivors I spoke to about their experiences as captives of Jaysh Al Islam and Nusra Front during the six years that Eastern Ghouta was occupied.

The evidence against the White Helmets is mounting on a daily basis and will only increase as Idlib is liberated or a political resolution is achieved in the last Syrian province effectively controlled by Hayat Tahrir Al Sham (HTS) a rebrand of Al Qaeda.

Despite this, Western corporate media and NATO-aligned think tanks, policy influencers and NGOs are stubbornly sticking to the &ldquovolunteer hero&rdquo script. The Observer recently collaborated with Reader&rsquos Digest to produce a slick homage to the White Helmets &ldquorescued&rdquo from Syria by Israel in July 2018, entitled&lsquoThe inside story of Canada&rsquos dramatic rescue of the White Helmets out of Syria.&rsquo It depicts the volunteer &ldquobankers and barbers&rdquo as heroes and downtrodden saints fleeing for their lives. A far cry from the image portrayed of organ thieves, child abductors and bone peddlers by the Syrian people who lived under the White Helmet regime of sectarian violence and exploitative abuse.

The White Helmet involvement in the &ldquored market&rdquo (a term used to describe the multi-billion-dollar trade in human body parts, tissue and organs) should come as no surprise. James Le Mesurier, the former private security and &ldquodemocratization&rdquo expert who founded the White Helmets in Turkey and Jordan was also present in Pristina, Kosovo in 1999 when he worked under the direction of the notorious Bernard Kouchner, co-founder of MSF (Medecins Sans Frontieres) and former French foreign minister.

Kouchner&rsquos tenure in Kosovo was plagued by controversy and accusations of involvement in human and organ trafficking masterminded by the Albanian mafia gangs within the Kosovo Liberation Army (KLA).

Carla Del Ponte, former chief prosecutor for war crimes in former Yugoslavia, detailed these crimes in her book The Hunt: Me and the War Criminals, which was published in 2008 just after Kosovo declared its independence.

In 2010, an interim report by the Council of Europe vindicated Del Ponte&rsquos claims, which had garnered skepticism and criticism from the NATO-aligned media and spokespeople. Del Ponte persistently complained, at the time, that UN authorities in Kosovo were systematically blocking her investigations into crimes committed by the Kosovo Albanians in the KLA and the rebranded Kosovo Protection Corps (KPC).

James Le Mesurier was responsible for the rebranding of the KLA, linked to Al Qaeda at that stage alongside the Albanian warlords, and their transformation into the Kosovo Protection Corps while they were being accused of running cross-border organ trafficking operations.

A blueprint that Le Mesurier seems to be reproducing with the White Helmets in Syria while attempting to maintain an untarnished White Helmet image, at least in the aligned media and PR circles. In reality, there is an entire billionaire-supported industry of NGOs and influential global transformation institutions protecting the White Helmets&rsquo image.

A network of global carpetbaggers enabling the criminal obfuscation of White Helmet crimes against Humanity and denial of justice to the Syrian people whose accusations against the pseudo humanitarian group are systematically silenced and marginalized by the White Helmet acolytes.

The White Helmets have received an unprecedented number of awards and peace prizes, including the Right Livelihood Award 2016 (RLA), the Atlantic Council Freedom Award 2016, Tipperary Peace Prize 2017, Hollywood Oscar 2017 (one win, one nomination in 2018) and they have been nominated for the Nobel Peace Prize for three years running.

According to the RLA website, they &ldquohonour and support courageous people and organisations that have found practical solutions to the root causes of global problems&rdquo。 There is nothing honourable or courageous about the White Helmet crimes against the Syrian people.

The White Helmets have enabled and participated in organ trafficking, one of the deepest root causes of our global problems but the RLA has made no move to retract their award from this group of criminals, thieves and terrorists. They have ignored petitions and statements from groups of peace activists and academics. Instead, in 2018, they published a counter petition signed by 29 former RLA Laureates calling upon all parties to &ldquostop targeting the White Helmets [&hellip] in Syria&rdquo.

While blaming Russia for the smear campaign against the White Helmets, the petition informs us that &ldquo(White Helmet) work is guided by the inherent dignity of human life.&rdquo The RLA claims that the evidence against the White Helmets is &ldquounsubstantiated and does not stand up to scrutiny&rdquo。 One cannot help but wonder when did they scrutinize the evidence or listen to the huge number of Syrian civilian testimonies that detail the crimes committed by the White Helmets that are most definitely not guided by the inherent dignity of human life?

What all these US Coalition-aligned organizations fail to understand is that Russian media and UN missions do indeed give a voice to the Syrians who are ignored by media in the West. Russia is not the originator of the claims against the White Helmets.

While these organizations, claiming to support peace in Syria and an end to hostility, continue protecting the White Helmets who are responsible for so much of the misery endured by the Syrian people, they forfeit any credibility and become nothing more than a corrupt extension of US supremacism in the region.

Child exploitation, abuse, human trafficking and organ trafficking &ndash which often goes hand in hand with the former &ndash should never be tacitly condoned or covered up and must always be investigated or we have fallen into a moral vacuum from which there is no escape.

I invite all Western media outlets and &ldquopeace&rdquo promoting institutions to retract their White Helmet accolades and laurels, and to &ldquoscrutinize&rdquo the evidence before they too are implicated in one of the most heinous crimes ever committed against victims of war.

あなたの友達が興味を持っていると思いますか?この話を共有してください!

The statements, views and opinions expressed in this column are solely those of the author and do not necessarily represent those of RT.