チュニジア、エルジェム-古代ローマライブ

チュニジア、エルジェム-古代ローマライブ



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

>

古代ティズドルス(チュニジアのエルジェムの近代都市)は、アフリカのローマ州全体で最大の都市の1つでした。街の富は、その交差点の位置とオリーブオイルと穀物の大量生産の管理から来ました。この都市はセウェルス朝に繁栄し、西暦3世紀初頭に、アフリカでこれまでに建設された中で最大の新しい円形劇場(市内にはすでに2つありました)が作成されました。今日、この円形劇場は、ローマ帝国全体で最も保存状態の良い剣闘士の会場の1つです。そのサイズと規模と美しさは畏敬の念を起こさせ、ローマの到達範囲を反映しています。当時、ティズドルスの市民が西暦238年に帝国のゴーディアン皇帝を指名するために立ち上がったように、記念碑には独自の特質があります。帝国の残りの部分へのThysdrusの到達範囲と影響など。


チュニジアのエルジェムは、アフリカのローマ建築の最高の例の1つです。ローマに建てられてから150年後に建てられたこの円形劇場は、世界で3番目に大きなコロシアムです。エルジェムの円形劇場は1979年以来ユネスコの世界遺産に登録されており、チュニジアのハイライトの1つです。

この巨大な円形劇場は、最大35,000人の観客を収容でき、雨水を集めて分配するための貯水槽としても機能しました。今日、それは信じられないほどよく保存されており、破壊されたのはほんの一部です。ベンチを上って地下セクションに降りると、通路や独房を訪れることができます。

チュニジアは観光国ではありません。エルジェムを訪れるとすぐに気付くでしょう。円形劇場はローマのものと同じくらい雄大です、それでもあなたはあなた自身にすべての場所を持っているかもしれません。私はハイシーズンにそこにいましたが、同時に訪れたのは約10人だけでした。


概要

どこでも最も壮観な古代ローマの遺跡のいくつかは、推定された古代遺跡の5分の1未満が公式に発掘されたチュニジアの壮大な風景の中にあります。チュニジアが中心であったアフリカのローマの州は、帝国で最も裕福な地域の1つでした。小麦生産のためにローマの穀倉地帯として知られているそのオリーブオイルは、帝国全体に大量に輸出されていました。

最適な保存の条件は、都市以外の後継文明による都市の放棄でした。その結果は印象的です。ローマの世界で最も保存状態の良いモニュメントの中には、エルジェムのコロッセオ、ドゥッガの町の中心部、ザグアン&ndashCarthage水道橋の一部があります。ローマ時代以前から、ドゥッガの霊廟、保存状態の良いポエニの家屋、カルタゴの古代の港は特に注目に値します。

ツアーのハイライトは、スース美術館とバルド美術館、そして多くの場所にあるその場での、活気に満ちた、カラフルで自然主義的な床のモザイクです。構成と内容の両方で、それらは初期キリスト教時代から7世紀までの北アフリカ帝国の洗練された視覚的記録を提示します。カルタゴ、ウティカ、ドゥッガ、スースから発掘された最高級のものが芸術作品として展示されています。

チュニジアの印象的なイスラム遺産には、重要な聖地ケルアン、非常に忙しいチュニスのメディナ、そしてアンダルシアのルーツと並外れたモスクのある魅力的な農村であるテスターなど、あまり訪れない町があります。


エルジェム

エルジェムチュニジアは、その壮大なローマの円形劇場と、街の黄金時代から今も残っている建造物で有名です。現在のチュニジアのマディアにある遺跡は、国内でも有数の遺跡であり、リビアのレプティスマグナの遺跡と同様に、北アフリカのローマの権力についての優れた洞察を提供します。廃墟はこの地域に生まれた近代的な町に囲まれているため、過去と現在のコントラストが大きく、旅行者は歴史の授業と高級ホテルやモダンなレストランでの食事を組み合わせることができます。古代都市の大部分はまだ砂の下にあり、発掘されるのを待っていますが、エルジェムはチュニジアへの訪問で必見の停留所です。

エルジェムは、紀元前46年にローマ人によってかつてのポエニ人の入植地に建てられ、当初はティスドルスと呼ばれていました。アフリカの富と権力の点では、ティズドルスはオリーブオイルの製造と輸出における重要性から、カルタゴに次ぐ第2位でした。エルジェムチュニジアは、ローマでローマの権力を打倒しようとして失敗した後、リーダーのゴルディアヌス1世がカルタゴの近くで自殺するまで、この穏やかで繁栄したライフスタイルを楽しんでいました。計画が失敗した後、マクシミヌス・スラックス皇帝に忠実なローマ軍が街を破壊しました。円形劇場は、5世紀と7世紀のアラブ人や第二次世界大戦中のドイツ人など、何度も占領されていたにもかかわらず、無傷のままでした。

エルジェムの円形劇場は、遺跡で最も人気のある名所です。エルジェムの円形劇場は、コロッセオとも呼ばれ、ゴーディアンの治世中に西暦230年から238年の間に建設されました。エルジェムの円形劇場の建設に使用された石は、サラクタで約20マイル離れた場所で採石された後、市内に運ばれました。この巨大な建造物はローマのものとほぼ同じ大きさで、その年代を考えると素晴らしい状態です。

ここエルジェムチュニジアの円形劇場は、この都市とも呼ばれ、人口が少ないにもかかわらず、一度に3万人以上の観客を収容できたと言われています。アリーナの上部には、観客を太陽から守るための屋根付きの座席を備えた裕福な人々のための特別な座席があり、円形劇場の各柱の上部にも彫刻がありました。円形劇場は、観客が音楽を楽しんでいたエルジェムの毎年恒例のフェスティバルの舞台を今でも提供しています。この幻想的な建造物への訪問は、訪問者をローマ人が創造した壮大な時代にタイムスリップさせます。

エルジェム博物館は、エルジェムチュニジアを訪れる際のもう1つの必見の場所です。この博物館には工芸品がたくさんあり、このかつてのローマの要塞の富と力を垣間見ることができます。エルジェム博物館には、家、彫刻の破片、陶器、金属製の物体などのモザイクがあります。印象的なモザイクのコレクションは博物館で最も興味深い部屋であり、考古学者はすでに大きなコレクションに追加するためにさらに多くを発見し続けています。モザイクの大部分は、幾何学的なモチーフを使用して詳細なシーンを描いており、これまでに発掘された中で最も優れたもののいくつかであると言われています。博物館は、この洗練されたローマの都市で開発された職人技の真の証です。

エルジェムの円形劇場とエルジェム博物館は、古代ティズドルスの遺跡の2つの主要なアトラクションですが、その経験は忘れられないものです。ローマのコロッセオとよく比較される円形劇場は、壮大な建造物であり、過去の都市の象徴であり、エルジェム博物館は都市の職人と職人技を展示しています。チュニジアを訪れる場合は、ジェルバやポートエルカンタウイなどの通常の観光エリアに立ち寄るだけでなく、チュニジアが提供する最も頻繁なアトラクションの1つに立ち寄ることを忘れないでください。


チュニジア、エルジェムのローマ円形劇場

この投稿は主にからの記念碑の写真のプレゼンテーションです エルジェム, チュニジア.

ElDjemまたはElJemは、チュニジアのマジア県にある町です。ここには、アフリカで最も印象的なローマ遺跡のいくつか、特に世界的に有名な「エルジェムの円形劇場」があります。

ローマの都市ティズドルスは、古代チュニジアのほとんどすべてのローマの集落と同様に、かつてのポエニの集落に建てられました。今日ほど乾燥していない気候の中で、Thysdrusはオリーブオイルの生産と輸出の重要な中心地として繁栄しました。

円形劇場が建設された3世紀初頭までに、ティズドルスはカルタゴに次ぐ北アフリカのローマの2番目の都市としてハドルメトゥム(現代のスース)に匹敵しました。

このスライドショーにはJavaScriptが必要です。

エルジェムは円形劇場やコロッセオで有名です。 35,000人の観客を収容することができました。ローマのコロッセオ(約5万人の観客を収容)と廃墟となったカプアの劇場だけが大きかった。

エルジェムの円形劇場は、ローマ帝国の総領事であるゴーディアンの下に建てられました。ゴーディアンは、238年頃にティズドルスで皇帝として称賛され、主に剣闘士のショーや小規模な戦車レースに使用されました。

(重要な注意点:この記事のすべての写真は、によってソーステキストに追加されました NovoScriptorium 私たちの友人の親切な礼儀の後 ベン・リー –元々撮影されたすべての写真 ベン・リー)


エルジェムの円形劇場:チュニジアの剣闘士アリーナ

円形劇場は、古代ローマの最も象徴的な建築の貢献の1つです。そのような構造の最も有名な例は、残忍な剣闘士の戦いが行われたローマのコロッセオです。それにもかかわらず、円形劇場はローマ帝国全体に建設され、現在でも約230の既知の円形劇場が残っています。最も壮大な例の1つは、アフリカ全土で最も印象的なローマ遺跡の本拠地と見なされ、ハリウッドの叙事詩「グラディエーター」で主役を演じたことで有名なチュニジアの都市エルジェムにあります。

実際のところ、エルジェムには2つの円形劇場があります。小さいものは大きいものよりもはるかに有名ではなく、あまりよく保存されていません。この円形劇場は、3つの別々の建設段階を経たと考えられています。それは最初にトゥファ(石灰岩の一種)で作業され、次に再構築された後、最終的にやり直されて拡大されました。ただし、エルジェムの主な魅力は、この小さな円形劇場の北約7.2 kmにあり、エルジェムの円形劇場として知られています。

エルジェムの円形劇場は独立した記念碑であり、基礎のない石のブロックで完全に構築されています。これらの点で、ローマのコロッセオをモデルにしていると言われています。コロッセオはローマ最大の円形劇場であるという称号を保持していますが、エルジェムの円形劇場はそれほど遅れていません。エルジェムの円形劇場の大きい方の軸は148mで、小さい方の軸は122mです。また、座席の列は36メートルの高さに上昇しました。円形劇場は、一度に最大35,000人の観客を収容できると推定されています。この建造物の壮大さを考えると、ローマ帝国が繁栄と平和の時代を経験していたときに円形劇場が建てられたという印象を受けるのは当然のことです。しかし、そうではありません。

エルジェムのメインアリーナに通じるトンネル。出典:BigStockPhoto

円形劇場の建設の正確な日付は不明ですが、工事は西暦238年に始まったと推測されています。今年は6人がローマ皇帝として認められたため、「6人の皇帝の年」としても知られています。 。円形劇場は、これらの皇帝の1人であるゴルディアヌス1世または彼の孫(6人の皇帝の1人でもある)であるゴルディアヌス3世から依頼された可能性があります。西暦238年は、ローマ帝国にとって必ずしも平和な年ではありませんでした。当時80歳近くだったゴルディアヌス1世をローマ皇帝にしたのは、アフリカのローマ支配地域での蜂起でした。

蜂起は、皇帝マクシミヌス・スラックスへの不満によって引き起こされました。マクシミヌスは、ダニューブのフロンティアでのキャンペーンの費用を支払うために、ローマの貴族や地主からますます多くの収入を得るように強いられました。皇帝の要求に応えるために、一部の悪意のある検察官は、罰金を科し、財産を没収するために誤った判断を下すことをいとわなかった。アフリカの州のそのような検察官の1人はエルジェムで暗殺され、皇帝としてのゴルディアヌス1世の宣言につながりました。彼らはマクシミヌスを愛していなかったので、これは数日後にローマ上院によっても認められました。

しかし、ゴルディアヌス1世の治世は、隣接するヌミディア州の知事であるカペリアヌスが彼に対して軍隊を行進させたため、1か月もかかりませんでした。カペリアヌスは彼の指揮下に手ごわい軍隊を持っていましたが、ゴルディアヌスは彼が現在住んでいるカルタゴの住民の中から暴徒を集めることしかできませんでした。カペリアヌスは過去にゴルディアヌス1世に対する訴訟に関与したと言われており、これは知事が新皇帝に恨みを抱いたことを示している可能性があります。さらに、ゴルディアヌスはマクシミヌスの忠実な支持者だったので、知事としてカペリアヌスの代わりに誰かを送りました。息子のゴルディアヌス2世が率いるゴルディアヌス1世の軍隊は簡単に敗北し、皇帝は自殺したと言われています。その年の後半、ゴルディアヌス3世は皇帝になりました。

ローマが繁栄していた時期に円形劇場が建てられなかったことを示すもう1つの兆候は、構造が完成していないように見えることです。これは、資金不足と帝国内の政治的混乱に起因する可能性があります。したがって、ゴルディアヌス1世は彼の出身地に壮大な円形劇場を授けるつもりでしたが、またはゴルディアヌス3世はこの記念碑で祖父の記憶を称えるつもりでしたが、それは実現しなかったかもしれません。それにもかかわらず、完成したかどうかにかかわらず、エルジェムの円形劇場は今日でも印象的な観光名所であり、その歴史的重要性は1979年に世界遺産に登録されたときに認識されました。

2017年7月の時点で、この古代のランドマーク全体を仮想的に歩くことができるGoogleストリートビュープロジェクトのおかげで、より多くの人々がエルジェムの円形劇場を歩くのがどのようなものかを体験できるようになりました。 Googleは、ストリートビューの車の上にカメラを取り付けてストリートビューの画像のほとんどをキャプチャします。 El Djemではそれが選択肢ではなかったため、Googleはライブカメラオペレーターを派遣して、徒歩で360度の画像を撮影しました。エルジェムでのGoogleストリートビュープロジェクトを紹介するビデオを以下で見ることができます。

注目の画像:エルジェムの円形劇場。写真提供:( ウィキメディアコモンズ )

Bomgardner、D。L.、2000年。 ローマ円形劇場の物語。 ロンドン:ラウトレッジ。


チュニジアへの調査旅行

昨年4月、コールマン-ヒルトン学者のジェイソンブロックリーはチュニジアを訪れ、古代末期の北アフリカの経済に関する彼の研究を補完するために多くの場所を訪れました。この旅行の過程で、ジェイソンは印象的なマイル数とサイト訪問を記録し、都市間や田園地帯を旅して、古代、中世、現代の両方のサイトを探索しました。詳細については、以下をお読みください&#8230

ローマ時代、現在チュニジアである地域をカバーする州は、帝国全体で最も豊かで生産性の高い州の1つでした。毎年、何百万トンもの小麦、オリーブオイル、上質な陶器、その他の商品がチュニジアの海岸を離れ、帝国の他の場所で販売または流通しました。私の研究では、4月にチュニジアを8日間旅行した北アフリカの古代末期(300〜450年頃)の国家と経済の関係を調査しています。そこにいる間、チュニジアの文化遺産のベテランガイド兼エキスパートであるサミハリゼの専門家サービスと友情を得ることができて幸運でした。
旅行の最初の2日間は、今日チュニスの郊外にあるローマアフリカの古都、カルタゴの多くの遺跡を探索するのに忙しかった。ローマのように、チュニス/カルタゴは現代の大都市に点在する古代遺跡のパッチワークです。遺跡だけでも、数十万人が住んでいたであろう都市、ローマのカルタゴの巨大な規模と繁栄が明らかになります。街は、素晴らしい風呂、劇場、アリーナ、公共水道、洗練された港湾システムなど、ローマが持っていたすべての快適さとインフラストラクチャを誇っていました。

チュニスのバルド博物館には、カルタゴの市民が楽しんだ素晴らしさの証拠がさらに含まれています。これには、驚異的で比類のない古代モザイクのコレクションが含まれます。

カルタゴの主要な場所や美術館を訪れた後、私たちは3日間出発しました。

チュニジア北部と中央部の1,000kmツアー。記念碑や文化財を見ずにチュニジアのどこにでも旅行することは不可能であるため、途中で訪れたすべての素晴らしい場所を適切に説明するには、少なくとも短い本が必要になります。初日、私たちは国の北にある緑豊かな緑豊かな街をドライブして、古代のトゥッガであるドゥッガと古代のシッカベネリアであるエルケフの都市を見ました。田園地帯は信じられないほど肥沃で絵のように美しく、古代ではここで育てられた穀物はローマの街を養うために不可欠でした。

ThuggaとSiccaVeneriaはどちらも控えめな地方都市でしたが、どちらも風呂、劇場、裕福な人々のための素晴らしい家など、ローマの都市生活のすべての快適さを誇っていました。シッカヴェネリアの遺跡の多くは、エルケフの近代的な織物の下に姿を消しましたが、ドゥッガの遺跡は手付かずであり、ポンペイのような場所の確かなライバルです。ドゥッガは、チュニジアの他の多くの古代遺跡と同様に、古代のように現代の牧畜民と共存しています。

2日目、私たちは南に向かってチュニジア中部に向かい始めました。そこでは、風景がより乾燥して岩が多くなりました。小麦の栽培にはあまり適していないため、この地域はオリーブに特化しています。実際、この地域はローマ時代と同じように、実際にはオリーブの木の森です。

チュニジア中央部のオリーブ畑。ジェイソンブロックリーによる写真。

途中、古代アンマエダラのハイドラと古代スベイトラのスベイトラを訪れました。アフリカにおけるローマ統治の初期には、ハイドラは重要な軍事施設であり、激動のビザンチン時代に再開されました。アドホックな壁に部分的に包まれた印象的な凱旋門も、街の軍事史を反映しています。

スベイトラの遺跡は、現代のスベイトラのすぐ隣にある印象的な考古学公園にあります。繰り返しになりますが、古代都市は古代都市生活のすべての特徴的な快適さを誇っていましたが、珍しいトリプルカピトリーノ寺院とモザイクの洗礼プールを備えたいくつかの初期キリスト教教会もあります。

チュニジアの田園地帯のツアーの最終日、私たちは古代のティズドルスであるケルアンとエルジェムを訪れました。カイルアンは、イスラムによるアフリカの征服中に西暦670年頃に定住し、マグレブ全体で最初の都市のグレートモスクでした。中世初期、ケルアンはチュニジアの権力、政治、文化の中心地となり、カルタゴ(現在は廃墟となった)が古代に占領していた場所になりました。カイルアンはチュニジアで急成長しているイスラム文明の中心地でしたが、国のローマの歴史の痕跡が街に浸透しました。チュニジアのローマ時代のモニュメントの遺跡は、グレートモスクを含むケルアンを装飾するための採石場のように使用されました。古代の建築要素は今日でも見ることができます。

エルケフと同様に、エルジェムは、ローマ帝国で最大の円形劇場を除いて、ほとんどの場合、古代遺跡を近代都市の下に埋めてきました。街の中心部にある円形劇場は、ティズドルスの乾燥した環境が、ロマーノアフリカ人が繁栄し快適な街を建設する上での障害ではなかったことを明確に示しています。

エルジェムの円形劇場。ジェイソンブロックリーによる写真。

エルジェムの後、チュニジアの田園地帯とその多くの都市や町のツアーが終了し、チュニスに戻りました。次の数日は、中世と現代のチュニスをさらに探索するのに費やされました。街のメディナ(旧市街)は、小さなお店、カフェ、家、モスクでいっぱいの活気に満ちたにぎやかな迷宮です。近代都市は、古代、中世、植民地時代の限界をはるかに超えており、今日では真の大都市となっています。

チュニジアを旅することは、多くの点でやりがいがありました。それは私の研究に必要なニュアンスと文脈を提供しました、そして私はそうでなければ私が見逃していたであろう無数のことを指摘してくれたサミに感謝します。現代のチュニジアを体験し、学ぶことも同様にやりがいがありました。最後に、チュニジアの人々は、長年にわたって風化した困難にもかかわらず、親切で寛大な人々であり続けています。


エルジェム円形劇場

古代の円形劇場に行きたいと思ったことはありますか?エルジェムへの冒険的な旅行はあなたが必要とするものです。これを行うには、チュニジアを訪問する必要があります。ローマ人を含む古代文明の一時的な集落として歴史的に知られているチュニジアは、古代文化の産物です。その証拠は、巨大なエルジェム円形劇場です。マジア県の町に位置するエルジェム円形劇場は、国の明らかなランドマークです。その大きなドームは最大35,000人の観客を収容でき、ローマのコロッセオとカプアの侵食された円形劇場に次ぐ世界で3番目に大きな円形劇場になっています。その意味で、円形劇場内の多数の座席の1つに座っていると想像することは、非常にユニークな体験です。明らかに、実際にそれを体験する方がはるかに良いでしょう。

ただし、年齢が原因で、この円形劇場は元の構造と形を失っていたことを忘れないでください。これは、何年にもわたって受けた果てしない戦争と、他の目的のためにその構成要素のいくつかを絶えず使用したことによるものでした。これにより、完全なセキュリティ対策が実施され、その寿命がさらに長くなります。これは、この円形劇場が1979年以来世界遺産に登録されている結果としても見ることができます。したがって、お土産用に実際のドームの一部を削り取るのは賢明ではありません。これを行うことは事実上不可能であるという事実を除いて、多くの店はこの円形劇場のミニチュアサイズを提供しています。

良い面としては、写真が許可されているので、それらの貴重な瞬間をキャプチャするために完全に充電されたデジタルカメラを持参してください。


チュニスが新しいローマになり得る理由

チュニスは、新たに発見された表現の自由と、思いがけない方法でその遺産を保存するための熱意を最大限に活用して、世代の創造的なエネルギーに溢れています。

コロッセオへの入場までの待ち時間は約3時間半でした。行列が長すぎたため、最初はパラティーノの丘に通じる線と間違えました。コロッセオの終わりに入ると、コロッセオを見ることさえできなかったからです。 5月中旬は雨が降り、ひどい寒さでしたが、支払いのチャンスを待っているテクニカラーのレインポンチョに、たくさんのねっとりとした観光客が私と一緒に群がっていました。 &ユーロ12(&pound10あたり)は、剣闘士の狩りの前に野生動物のように大きなアリーナに群がります。

それが私を驚かせたときでした。その列で待つのにかかる時間とほぼ同じくらいの時間で、私は地下鉄に乗ってローマの空港に行き、チュニスまで80分の飛行機に乗り、カルタゴまで15kmのタクシーに乗ることができました。たった12のチュニジアディナール(&pound3.30)ローマの工学と建築の同様に印象的な遺物で、私は幸福に一人でいることができました。

その週の後半に、私はそれを試してみることにしました。

チュニジアは、2011年にザインアルアビジンベンアリ大統領を追放した革命が国を混乱に陥れ、より広いアラブの春を始めた後、過去10年間にわたって評判の危機に苦しんでいます。かつて行楽客やヨーロッパの芸術家や知識人(パウル・クレー、ミシェル・フーコー、シモーヌ・ド・ボーヴォワールはすべてここで長期滞在を過ごした)の常連だったものは、突然激しくて手に負えないように見えました。ここで冒険をした人々は、オールインクルーシブパッケージツアーの安全性を隔離して、スースのM&oumlvenpickリゾートやスパのような海辺の聖域の狭い範囲に彼らを閉じ込めることがよくありました。

チュニジアの評判は、2015年にISISの国際キャンペーンの最盛期に行われた2回のテロ攻撃によってさらに損なわれ、国を騒がせ、テロ対策イニシアチブの大規模な見直しを促しました。英国政府は依然として観光客がこの地域で注意を払うことを提案していますが、&ldquoチュニジア政府は主要都市と観光地の保護セキュリティを改善したと述べています。&rdquo

民主主義への道のこの隆起にもかかわらず、今、これまで以上にチュニジアの首都を訪問し、あなた自身の条件でそうするのに最適な時期です。この国は、機能する民主主義、安定した経済、そして観光への渇望をもってアラブの春から姿を現しました。現在、表現の自由を持っている唯一のアラブ諸国であり、わずか10年前には不可能だったコンサート、政治集会、美術展、映画祭を通じて新しいアイデアを表現する若者で首都が賑わっています。

探索する古代ローマとポエニの遺跡、楽しむビーチ、交渉する素晴らしい芸術品や工芸品がまだあり、すべて群衆に邪魔されていません。最もエキサイティングなのは、チュニスが、新たに発見された表現の自由と、その遺産を新しい予期しない方法で保存するための熱意を最大限に活用して、世代の創造的なエネルギーに溢れていることです。

この告発を主導している地元の人々の1人は、社会起業家のLeila Ben Gacemです。彼は、姿を消す危険にさらされていた地元の工芸品や芸術を救うことに尽力しています。

&ldquo人々が旅行するとき、彼らは物語を望んでいます、彼らは何かの一部になりたいです&rdquoベンガセムは活気のあるメディナの2つの中世の家の1つであるダルベンガセムカヒアの精巧なタイル張りの中庭でローストラムとナスのプレートの上で私に言いました彼女は過去10年間に丹念にゲストハウスに改装したチュニスの。

人々が旅行するとき、彼らは物語を望んでいます、彼らは何かの一部になりたいです

ベン・ガセムは物語を見るとその物語を知っています。ヨーロッパと北アフリカでエンジニアとして働いた後、彼女は外国投資と開発に懐疑的になり、2013年にチュニジアに戻り、文化遺産を置き換えるのではなく保存することで経済成長を促進できるかどうかを確認しました。彼女は、チュニスのユネスコ世界遺産に登録されているメディナ&ndashの靴職人、調香師、木工職人、製本業者、帽子職人、織工などの何百人もの職人の話を探して聞いて数か月を過ごし、草の根の主要組織であるBlueFishを設立しました。ビジネスが浮かんでいて、彼らの工芸品は生きています。

そのための1つの方法は、購入者を連れてくることです。 &ldquo私たちの地元の市場は私たちの芸術品や工芸品を保存するには小さすぎます&rdquoと彼女は私に言いました。しかし、歴史的な家をゲストハウスとして復元することで、彼女は世界中から何千人もの訪問者をメディナの職人の工房や店先に連れてきました。

&ldquo最初、職人は人々が自分のワークショップを見たり、帽子やスリッパを作るのを見たいと思った理由を理解していませんでした&rdquoと彼女は言いましたが、今ではそれは共生関係になっています。ゲストは、スークのウォーレンで非常に幸せな狩猟をするために、手作りの革製品、敷物、香水、宝物でいっぱいの数十のワークショップやショップの場所を含むカスタマイズされた地図を受け取ります。その結果、彼らはチュニジアの遺産を存続させている零細企業を探し、支援しています。

ベン・ガセムはまた、ゲストハウスの修復に取り組むために小さな職人の軍隊を配置しました。石膏彫刻家、陶芸家、木工職人、石層が最初のゲストハウスを以前の栄光に戻すのに7年かかりました。魅惑的なメディナの他の部分と同様に、建物のすべての要素には、中庭の床にある広い大理石のスラブから物語があります(&ldquo私たちは配管に入れるためにそれらを1つずつ取り外してラベルを付ける必要がありました&rdquo私)7世紀にメディナを設立したアラブ人によってローマ時代の遺跡から転用された可能性が高い不一致の柱に。

ベン・ガセムは、チュニスの文化遺産は保存されるべきではなく、受け継がれるべきだと信じています。ゲストハウスは文化の中心地になり、ディナー、講演会、コンサートを開催し、一般に公開され、近隣の地元の人々で賑わっています。彼女はまた、若い職人に見習いをすることを奨励し、ホスピタリティ業界で地元の10代の若者を訓練し、メディナの文化的遺産が住民の手にとどまるようにします。

ベンガセムはメディナ内の文化を保護するために活動していますが、その壁の外では、若いチュニジア人のうねりが芸術、音楽、デザインを通じてその文化遺産を再定義しています。傑出したものの中には、チュニジアのテキスタイルとアジアの影響をブレンドして、彼女のブランドであるアニッサアイーダの新鮮で流行に敏感な服を作るアニッサメデブがいます。パリでチュニジアの両親に生まれ育ったメデブは、ニューヨークでファッションを学び、その後チュニスに引っ越して自分のラインを始めることにしました。

彼女が2016年に最初に始めたとき、彼女はファストファッションのポリエステルの海で高品質の生地を見つけるのは難しいと言いました。そこで彼女はチュニジアの小さな町を探し回って、コラボレーションに最適なシルク、リネン、コットンの織り手を見つけました。 &ldquo私は職人のルーツに戻りたかった&rdquoMeddebは言った。適切なパートナーを見つけるのに数か月かかりましたが、現在は、ムスクやアンバーなどの地元のブティックやヨーロッパ中のショップで販売されているラインの生地を全国から委託しています。

なぜ新進気鋭のデザインスターがファッションのメッカからチュニスに移るのかをメデブに尋ねたところ、彼女は明確でした。特に若いアーティストにとって、チュニスには今、エネルギーがあります。人々は何か言いたいことがあります。&rdquo

チュニスには、特に若いアーティストのエネルギーがあります。人々は言いたいことがあります。

そのエネルギーとそれに伴う美しいデザインを利用したい旅行者は、チュニスのダウンタウンの北にある地区に向かいましょう。市内中心部に最も近いミュチュエルヴィルでは、L&rsquoartisanerieに立ち寄って手織りの植物ハンガーと装飾された鏡を探してから、MoojaとElyssaArtisanatを訪れて最新のチュニスファッションを試してみてください。トレンディなラマルサ地区では、床から天井までの手織りのセレクションであるノアアトリエの新鮮な白黒パレットで現代陶器を見つけることができます。 foutas (ビーチやゲスト用バスルームに最適な伝統的なタオル)Hager Foutaで、Lyoumでアラビア書道の&ldquoThe Harissa People&rdquo(チュニジアのパイピングホットチリペーストにうなずく)のような生意気なフレーズのストリートウェア。魅力的な青と白の家々に囲まれたシディブサイドの海辺の近所でツアーを終えると、伝統的な家に建てられた風変わりな家庭用品店、ロックザカスバが見つかります。

しかし、北海岸沿いの豪華な家々や魅力的な村々に点在するのは、素晴らしいデザインだけではありません。また、私が永遠の都から逃げ出した世界クラスのローマ時代の遺跡を見つける場所でもあります。

チュニスが存在するずっと前に、何世紀にもわたってローマのライバルであった古代フェニキアの港町であるカルタゴがありました。叙事詩では、アエネーイス, ローマの詩人ウェルギリウスは、カルタゴの創設者であるディド女王が、現在のレバノンでタイヤから逃げ出し、北アフリカに上陸した方法を語っています。彼女が地元の部族の指導者に土地のスクラップを懇願したとき、彼は地面に牛の皮を投げ、皮を覆うことができると言った。セマンティクスと手術の両方の巧妙な動きで、彼女は皮を薄いリボンにスライスし、それで港のすぐ上の丘全体を囲みました。これは、カルタゴのポエニとローマの遺跡を探索する1日を始めるのに最適な場所であるビルサヒルです。

一見、別荘や邸宅が点在するビルサヒルは、ユネスコの世界遺産というよりもビバリーヒルズのように見えます。 But unlike Beverly Hills, if you want to put a pool in your Byrsa backyard, you better call an archaeologist first. For centuries, one civilisation after another built homes on this piece of prime real estate, and digging just a few metres down can turn up African red slip pottery or the remains of a Roman mosaic.

While the hilltop offers sweeping views of the Mediterranean Sea and a few Punic and Roman-era ruins, its main attraction, The Carthage Museum, is closed for renovation until further notice. Instead, stick to the sites at the foot of the hill: one ticket gets you into all eight major sites, which are within walking distance or a short cab ride.

My favourite of the eight is the Tophet, or Punic, cemetery. It may be one of Carthage&rsquos more diminutive sites, but its grisly history lends it an outsized role. Here, the ancient Phoenicians offered child sacrifices to the goddess Tanit and commemorated each one by erecting a sacrificial stone engraved with her image: a circle perched on a triangle, with outstretched arms. Dozens of these stones are clustered among a grotto of palms, in a placid but eerie scene.

Just up the road, the Antonine Baths cut a more imposing figure. The series of sand-coloured arches and marble pillars were part of a cistern and public bath constructed during the Roman era, one of the largest ever made. The complex is so vast that on my last visit I watched a lone Tunisian boy scout spend nearly 20 minutes trying to find his troop in a game of Sardines.

For those with an even greater hunger for ancient history (and a rental car on hand), a day trip to Dougga is well worth the effort. Just two hours&rsquo drive south-west of the capital, Dougga is the best preserved Roman city in North Africa. The vast Unesco complex, with its imposing Roman forum and temple, stands alone on a hill overlooking vast plains bursting with yellow wildflowers in the spring and amber grain throughout summer and autumn. You can spend hours wandering through the warren of well-preserved streets, imagining what life in the Roman town must have been like, and do it with the peace one can never find in Europe. Both times I visited, in April and June, I had the place entirely to myself.

Tunis may not have Rome beat in every category (the food, which is heavy on a trifecta of eggs, tinned tuna and harissa, often leaves something to be desired), but it doesn&rsquot have to. As Tunis folds its past into its future, it is creating its own legacy as a capital of culture, history and freedom.

Comeback Cities is a BBC Travel series that showcases under-the-radar capitals, champions the urban underdogs and revels in the success stories of cities that have turned their fortunes around.

300万人以上のBBCトラベルファンに私たちを好きにして参加してください フェイスブック、またはフォローしてください ツイッター インスタグラム.


The following 11 captivating facts gives you a tip of the larger magnificent iceberg that awaits you to unveil should you dive into experiential exploration of Tunisia on your own.

11. Tunis is situated on the shores of the Mediterranean Sea. The area commonly called the old city of Medina.

Tunis is a beautiful city famed for its warm and magnificent weather. It is a land of great ancient architecture that blends Arabic, Italian and French artistic creations. Tunis is home to one of the oldest Medinas in the Arab world.

Tunis medina is buttressed by a fortress wall fence created to guard it against enemy attacks. Medina of Tunis has over 700 historic monuments that dates back to the Almohad and the Hafsid periods.

It's a UNESCO World Heritage Site with most of these monuments comprising of fountains, mausoleums, mosques, madrasas, and even palaces.

10. Though it is relatively small in size, Tunisia has great environmental diversity.

Tunisia is the smallest country in the Maghreb region comprising of a population of about 12 million people over an area of 163,610 square kilometers. However, its small size doesn’t diminish its status as a spectacular jewelry etched on the sands of the expansive Sahara desert.

While it shares the Sahara desert with so many Arab countries in the north, it has its own shades of unique climate that includes the temperate Mediterranean climate that makes it conducive for olives to grow.

This environmental diversity makes it attractive and habitable by Western tourists – not so hot, yet not so cold – and still not far off Europe.

9. The Sahel, a broadening coastal plain along Tunisia’s eastern Mediterranean coast, is among the world’s premier areas of olive cultivation.

Olive is one of the most appreciated plants in the Mediterranean region. Its extract, the Olive oil, is revered by world’s culinary experts and nutritionists for its unique healthy properties.

The Sahel olive growing region covers about 6,600 square kilometers and extends through three governorates - Sousse, Monastir and Mahdia.

Sahel region is not only popular with olive farming but also covers the highest number of pristine beaches along its coastline. It is home to almost 14% of Tunisia’s population of 12 million people.

8. Tunisia has only ever had five presidents.

Tunisia has had 5 presidents since its independence from France in 1956 with Habib Bourguiba as Prime Minister who eventually become its first president on July 25, 1957 upon its proclamation as a Republic.

He was later succeeded on by his Prime Minister Ben Ali in a coup d'état of November 7, 1987. Ben Ali was overthrown by a civilian uprising (the ‘Arab Spring’) on On January 14, 2011.

Fouad Mebazaa took over as acting President overseeing drafting of the new Constitution which paved way for election of President Moncef Marzouki on December 12, 2011 as the president.

On December 21, 2014, the current president Beji Caid Essebsi took over after defeating Marzouki in a General elections.

7. Tunis is currently the only town in Tunisia to be equipped with a metro (“tube”) service, which is more like a tramway.

Known as Métro léger de Tunis, is a network of light train system. Currently, it operates 14 lines with the longest line stretching 15 kilometers. The passenger services commenced in 1985 after completion some time later in 1984.

6. Tunisia has served as a popular location for some of Hollywood’s biggest films, among which include Star Wars, Jesus of Nazareth, The English Patient and Raiders of the Lost Ark.

Tunisia’s tradition of theater entertain is almost two millenniums old. This is evidenced by the famous Amphitheater of El Jem in the city of El Djem built around 238 AD.

Many films have been captured within and around this amphitheater. Matmata is another great location for film-shooting. The Hotel Sidi Driss in Matmata is where Star Wars Episode IV: A New Hope was shot in 1976. Two of Call of Duty Finest Hour’s missions were shot in the outskirts of Matmata.

5. In the Matmata area of Tunisia, people still live in underground houses.

Matmata is a small town in southern Tunisia inhabited by the aboriginal Berber-speaking people. These traditional underground homes became essential as a way of people escaping the strong heat from the desert.

These underground houses are created by digging a big open pit. Once the pit is dug, its walls are caved in to create houses (troglodyte houses) and rooms. One large pit can form a small underground village comprising of 5 to 9 families.

4. The most venomous spider in the world can be found in Tunisia.

Tunisian rocks and sands harbor quite a number of biting insects. Some of these biting insects include spiders. Some spider bites have proved so severe that they cause serious bodily effect. Thus it is important to take care when you receive a strange bite that you hardly know its source.

3. In Tunisia, women can pass on their names and nationalities to their children.

Tunisia is one of the most liberal countries in the Maghred region in as a far as women rights are concerned. There have been various law reforms to bridge the rights gap between men and women.

Recently, Tunisia passed law that allows women to pass nationality to children. Other than nationality, women can pass their family names onto their children (in some ways recognizing single parents).

The law also allows women to equally inherit property from their parents.

2. Traditional Tunisian cuisine reflects local agriculture. It stresses wheat, in the form of bread or couscous, olives and olive oil, meat (above all, mutton), fruit, and vegetables. Couscous is the national dish, and most people eat it daily in simple forms.

Kosksi (Couscous) is Tunisia’s staple cuisine. Kosksi is of Berber origin. It comprises of semolina, vegetables and meat (preferably, lamb meat).

Djerba is a common type of Kosksi whereby dry meat or fish is steamed or seasoned together with vegetables. The dry meat is preserved with olive oil.

Other popular cuisines include pasta (the most popular Tunisian cuisine) which is largely influenced by Italian presence, Chackchouka (whose ingredients include potatoes, soft-boiled eggs, onions, tomatoes, garlic and spices, prepared with olive oil).

1. The city Kairouan is the fourth most important city in the Islamic world after Mecca, Medina and Jerusalem.

Kairouan is one of the most ancient cities in the Maghreb region. It was founded in 670 AD by Uqba ibn Nafi. It is the capital city of Kairouan Governorate in northern Tunisia.

It hosts the the holy Mosque of Uqba. It was a center of Islamic teachings, Quranic learning and Sunni scholarship in the entire Maghreb. It is currently a UNESCO World Heritage site


The Amphitheatre of El Jem

The Amphitheatre of El Jem is located in the town of El Jem or Thysdrus, as it was known in Roman time, in central Tunisia. Modeled after the famous Colosseum of Rome, this impressive monument is one of the most accomplished examples of Roman architecture of an amphitheatre, almost equal to that of the Colosseum itself. It has a seating capacity of 30,000 people, stands 36 meters high, and has a diameter of nearly 150 meters. Only the great Colosseum in Rome and the ruined theatre of Capua are larger.

The Amphitheatre of El Jem was built in the early 3rd century under proconsul Gordian, and was mainly used for gladiator shows and small chariot races. In those times, Thysdrus was an important center of olive oil manufacturing which was exported in huge quantities.

The amphitheatre is free standing, built entirely of sandstone blocks, with no foundations. Its facade comprises three levels of arcades of Corinthian or composite style. The amphitheater is the only one in the world, with the Colosseum of Rome, still have an intact facade with three levels of galleries. Inside, the monument has conserved most of the supporting infrastructure for the tiered seating. The wall of the podium, the arena and the underground passages are practically intact.

Until the 17th century, the amphitheatre remained more or less whole. From then on its stones were used for building the nearby village of El Djem and transported to the Great Mosque in Kairouan. During the struggles between the Ottomans and the Turks in Byzantine period, the amphitheater became a fortress and a place of refuge for the rebels.

The ruins of the amphitheatre were declared a World Heritage Site in 1979. Because of its good acoustics, it hosts the annual Festival international de musique symphonique d'El Jem.


ビデオを見る: イタリアローマ 街歩き公認ガイドと一緒に永遠の都ローマの街をブラブラ散歩パンテオンからナボーナ広場界隈のイタリア世界遺産を巡るバーチャル観光