広島と長崎への原爆投下は必要でしたか?

広島と長崎への原爆投下は必要でしたか?

アメリカは1945年8月6日に広島を爆撃しました。日本人が降伏する前に、彼らは1945年8月9日に長崎を爆撃しました。2つの爆弾は20万人以上を殺しました。

さらなる流血を防ぐために必要であると主張する人もいます。彼らによると、日本人は他の方法で降伏しないでしょう。したがって、爆撃は実際に 保存しました 生きています。

別の説明は、米国が(ソビエト連邦に)核爆弾を持っていることを示したかったということです。その時までにドイツとイタリアはすでに降伏しており、日本人は彼らの島に押し戻されました。おそらく、単純な海軍封鎖は彼らを飢えさせ、彼らの降伏を余儀なくさせたでしょう。

「正しい」説明はどれですか?すなわち:広島と長崎の原爆投下は戦争を終わらせるために必要でしたか?


あなたの質問には、明確化と文脈が必要だと思う点がいくつかあると思います。

  • 「日本人が降伏する前に」 :ここでは、日本が降伏しようとしていて、チャンスが十分に得られなかったという意味合いがあるようです。 2回目の爆撃は、最初の爆撃の3日後に発生しました。日本の政権は、太平洋での長く苦しい紛争の中で、彼らがいかなる犠牲を払っても降伏することをいとわないことを非常に明確にした。
  • 「2つの爆弾で20万人以上が死亡した」 :これまでの数か月で、50万人以上の民間人が日本の都市の通常の焼夷弾によって殺されました。
  • 「単純な海軍封鎖」 :日本の海上封鎖については、単純で実用的なものは何もありません。日本の故郷の島々は、それ自体を養うための巨大な能力を備えた広大な地域(約37万7000平方キロメートル)を網羅しています。日本の国は(ひどく苦しんではいるが)無期限に生き残ることができ、土地の侵略は避けられなかっただろう。

それで、日本の降伏を強制するために土地の侵略が必要であるという私の前提を仮定して、私は爆撃が確かに命を救ったという次の議論を提示します。

沖縄侵攻時の民間人死傷者のベストケース推定値(ワーストケース推定値ははるかに高い)を人口の10分の1(42,000人)とし、これを1945年の日本人人口(71,998,104人)に適用すると、驚異的な結果になります。 700万人の民間人の死。この数が不均衡または非現実的であると思われる場合は、戦争中に600万から1700万人の中国の民間人が死亡したと考えてください。米国が日本で核兵器を使用することを選択した時までに、通常兵器が民間人を大規模に殺す可能性はすでに十分に証明されていた。

あなたの質問に対する答えはイエスだと思います。戦争を終わらせるために爆撃が必要でした。彼らは、日本政権に、文化的に根付いた「降伏しない」精神を無効にする強力で政治的に実行可能な理由を与えました。


長崎への原爆投下の時点で、日本人は降伏するつもりはありませんでした。彼らはソビエト連邦に連合国との仲介役を務めるよう要請し、彼らが言いたいことを思い付くことができなかった。ソビエトの攻撃が日本の降伏と関係がある可能性はありますが、私はその良い証拠を見ていません。降伏を発表した帝国の詔書は、原子爆弾について言及しており、他の詳細については言及していません。私がトップの公式討論について読んだことは、米国が2つの原子爆弾を持っていたという事実は、米国が侵略なしに日本を破壊できることを示唆したことを示しているようです。

現在、日本人は人口の多い地域を多く占領しており、彼らは良い占領者ではありませんでした。私の知る限りでは、毎月10万人から20万人の中国人が占領により亡くなっていました。これは、降伏が1、2か月遅れると、爆撃によって日本の民間人が殺されたのと同じくらい多くの中国の民間人が殺されたことを示唆している。日本人もマレーシア、インドシナ、そしてインドネシアの大部分を占領し、人々はそこで死にかけていました。日本人がソビエトの攻撃に応じて降伏しない限り、私は日本が11月頃まで降伏したであろうという提案を見たことがありません。

したがって、核兵器を使用しなかった場合、それが救ったよりも多くの民間人が殺されたと考えるのには非常に正当な理由があります。


広島と長崎の原爆投下が世界をどのように変えたか

1945年8月、米国は日本の2つの都市に原爆を投下しました。最初のものは8月6日午前8時15分頃に広島上空で爆発した。そして、ちょうど3日後、2回目の原子攻撃が長崎に無駄をもたらしました。

長崎攻撃の73周年(戦争で原子爆弾が配備された最初で最後の時)に、私たちは壊滅的な爆撃を振り返り、それらの歴史的影響を考察します。


広島と長崎への原爆投下-正当化?

今年の8月は、戦争の歴史の中で最も倫理的に物議を醸した決定の75周年を迎えました。&#160 1945年8月6日、そして再び8月9日、米国は日本人に原子爆弾を投下しました。広島市と長崎市。少なくとも15万人の民間人が即座に殺され、さらに多くの人が後に死ぬでしょう。&#160しかし、8月15日、おそらくこれらの爆弾のために、日本政権は無条件降伏し、第二次世界大戦を終結させました。&#160紛れもなく良い結果。

すべての士官候補生は、お気に入りのコースであるNE203から学びました。 ベロで 差別と比例の原則。&#160差別は、権利を有する非戦闘員が目的や手段として意図的に標的にされることは決してないことを要求します。&#160比例は、正当な軍事目標に対する力の使用によって救われる無実の命が無実よりも大きいことを要求します。やむを得ない巻き添え被害として命を落とした。

1945年以降、2つの爆弾の倫理に関する世論は変化しました。&#160戦後、爆撃は広く支持されましたが、特に学界では、長年にわたって承認が薄れてきました。&#160明らかに、最も一般的な苦情は次のとおりです。日本の民間人は、テロリストが行うことである政権の無条件降伏を強制する手段として意図的に標的にされました。

しかし、私は2つの爆弾の道徳性を擁護しますが、従来の理由ではありません。&#160実際、私は爆撃が標準的な正戦によって防御可能であったとは信じていません。 ベロで 比例と差別についての推論。&#160比例に関しては、広島と長崎には正当な軍事目標が存在したが、それらの軍事的価値は予見可能な巻き添え被害に比例していなかった。&#160一方、比例を生み出したであろう軍事目標巻き添え被害は利用可能であり、無視されました:九州周辺の南部に集まる日本軍。&#160&#160&#160&#160&#160

差別に関しては、民間人が標的にされなかったという主張は&#8212善意の手段として意図的に使用されなかった&#8212疑わしいようです。&#160前述のように、九州は無視されました。&#160さらに厄介なことに、無人にデモ爆弾を投下する提案地域は拒否されました。&#160与えられた理由は次のとおりです。日本の軍の指導者は都市に対する爆弾の破壊性に確信が持てず、たとえ印象的であったとしても、デモンストレーションはその後の爆弾の衝撃効果、特に指導者への心理的影響を排除します。 。&#160結局、日本の民間人の死はそうではありませんでした 望ましい 終わりとして、しかしだった 意図されました 手段として。&#160&#160&#160&#160&#160&#160&#160&#160&#160&#160&#160&#160&#160&#160&#160

これは私たちにこの質問をもたらします:良い目的のために必要な手段として無実の人を故意に殺すことは許されますか?&#160 NE203では、ミッドシップマンは救うために一人の健康な人の臓器を故意に収穫することは許されないことを学びます5人の患者。&#160ただし、意図的に必要な悪が正当化されると思われるまれな状況がいくつかあります。&#160たとえば、&#8220ソフィー&#8217sチョイス&#8221の場合を考えてみましょう。&#160泣いている赤ちゃんを窒息させる必要がある場合他の5人の罪のない人がゲシュタポによって発見され殺害されるのを防ぐために、この必要な悪は許されると主張することができます。&#160とにかく、赤ちゃんは不当に殺されます。&#160同様に、哲学者バーナードウィリアムズ&#8217&#8220ジムジムの選択が19を救うために無実の1人を撃つか、20人全員が殺されるのを見るかのどちらかである場合、前者は悲劇的であるが許容されるようです。&#160このような特別な状況では、& #8220必要とレ邪悪な正当化&#8221は有効なようです。&#160

私は、1945年の日本がそのような状況の1つであったと主張します。&#160無条件降伏と日本の占領は、無実の数百万人のアメリカ人、中国人、韓国人を守るために必要でした。&#160(注:この仮定が間違っていると、私の議論は失敗します。 。&#160次の投稿で、David Lubanは、無条件降伏は防御目的には不要であると主張します。)&#160無条件降伏を達成するために利用できる唯一の手段は、土地侵略または2つの爆弾でした。&#160土地侵略により、少なくとも50万人の日本人民間人が副次的に殺害され、それに比例して許容数になります。&#160しかし、2つの爆弾により、意図的に15万人の日本国民が殺害されたため、土地侵略中に副次的に死亡したであろう少なくとも35万人の日本人民間人が救われました。& #160(11月に陸軍が侵攻したのに対し、8月に行動したことで救われた約200万人の中国人と韓国人は言うまでもありません。)&#160確かに、ヒロシで亡くなった15万人の多くは馬と長​​崎は、土地の侵略で死んだであろう同じ人々ではなかったので、アイデンティティの懸念を引き起こしました。&#160しかし、日本の民間人をグループと見なすのは公正だと思います。&#160&#160

したがって、最終的に、日本1945は、必要かつより少ない邪悪な正当化が無実の人々の意図的な殺害を許可する、非常にまれで悲劇的な状況の1つでした。&#160


コンテンツ

多くの米軍の死傷者の防止編集

爆弾は絶対に使われるべきではなかったと主張する声があります。私はそのような考えに自分自身を関連付けることはできません。 。非常に立派な人々、しかしほとんどの場合、日本軍の前線に進むつもりがなかった人々は、この爆弾を投下するのではなく、100万人のアメリカ人と25万人のイギリス人を犠牲にするべきだったという立場をとるべきだったことに驚いています。生きています。

敵の標的に原子爆弾を投下するという決定に賛成する人々は、計画されている連合国の日本侵攻であるダウンフォール作戦で両側に大規模な死傷者が発生したと信じています。 [9]日本に侵攻する部隊の大部分はアメリカ軍であるが、イギリス連邦は3つの部隊(イギリス、カナダ、オーストラリアからそれぞれ1つずつ)に貢献する。 [10] [11]

米国は、ダウンフォールで多くの戦闘員を失うと予想していましたが、予想される死者と負傷者の数については議論の余地があります。ハリー・S・トルーマン米国大統領は、1953年に、米国の死傷者は25万人から100万人の戦闘員に及ぶ可能性があると助言されたと述べた。 [12] [13]原子問題に関する暫定委員会のメンバーである海軍長官ラルフ・バードは、1945年の夏にトルーマンと会談している間、彼らは大規模な戦闘員と非戦闘員の文脈で爆弾の使用について話し合ったと述べた。侵略による死傷者。バードは100万人の連合軍戦闘員が殺される可能性を高めた。バードが最初に日本に警告せずに爆弾を使用することに反対したので、彼は爆弾の使用を正当化するために犠牲者の期待を誇張したと非難することはできません。 [14]

25万人の死傷者は、トルーマンの6月18日の会議のために準備された論文(JWPC 369/1)で、合同戦争計画委員会が推定したレベルとほぼ同じです。トルーマン図書館からの文書のレビューは、クエリに対するトルーマンの最初のドラフト応答がマーシャルを「25万人が最小である」とだけ言っていることを示しています。 「百万もの」というフレーズは、トルーマンのスタッフによって最終草案に追加されました。これは、スティムソン(元陸軍長官)が発表した記事で与えられた以前の声明と矛盾しないようにするためです。 [15] 1945年4月に統合参謀本部が行った調査では、1,000人日あたり7.45人の死傷者と1,000人日あたり1.78人の死傷者の数字が作成された。これは、日本を征服するために計画された2つのキャンペーンが、38万人の死者を含む160万人の米国の死傷者を犠牲にすることを意味した。 [16]統合参謀本部議長に計画情報を提供したJWPC369 / 1(1945年6月15日作成)[17]は、日本への侵攻により、米国が4万人、負傷者が15万人になると推定した。沖縄戦から得られた洞察の後、1945年6月15日に配信されたこの研究は、非常に効果的な海上封鎖と連合国の焼夷弾作戦に起因する日本の不十分な防御に注目した。ジョージ・C・マーシャル将軍とダグラス・マッカーサーは、合同戦争計画委員会の見積もりに同意する文書に署名した。 [18]

さらに、そのような行動の結果として、多くの日本の戦闘員および非戦闘員の死傷者が予想された。日本列島の侵略による日本人の死者の現代的な推定値は、数十万人から1000万人にも及ぶ。マッカーサー将軍のスタッフは、侵略の期間に応じて推定範囲のアメリカ人の死亡を提供し、また、日本人とアメリカ人の死亡の比率を22:1と推定しました。このことから、2週間の短い侵略で20万人をやや超える日本人の死者が計算され、戦闘が4か月続いた場合は300万人近くの日本人の死者が計算されます。 [19]広く引用されている500万から1000万人の日本人の死者の推定は、ウィリアム・ショックレーとクインシー・ライトによる研究から得られた。上の数字は、保守的であると特徴づけたジョン・J・マクロイ戦争次官補によって使用された。 [20]日本の主要な島々の最北端である北海道へのソビエトの予想される侵略で、さらに約40万人の日本人の死者が発生した可能性がある[21]。竹の槍で攻撃したり、爆発物を体に縛り付けたり、前進する戦車の下に身を投げたりするなどの手段で抵抗するように訓練された。」 [22] AFAは、「日本の内閣は、15歳から60歳までの男性と17歳から45歳までの女性(さらに2800万人)を含むように草案を拡大する措置を承認した」と述べた。 [23]

硫黄島と他の太平洋の島々の戦いでの大規模な人命の損失は、米国の指導者に本土の侵略で起こるであろう死傷者の考えを与えました。硫黄島に塹壕に入った22,060人の日本人戦闘員のうち、21,844人が戦闘または儀式による自殺で死亡した。戦闘中、アメリカ人の手に渡ったのは216人の日本人捕虜だけでした。海軍省図書館の公式ウェブサイトによると、「36日間(硫黄島)の攻撃は、6,800人の死者を含む26,000人以上のアメリカ人の死傷者をもたらし、19,217人が負傷した」。 [24] [25]これを文脈に当てはめると、82日間の沖縄戦は1945年4月上旬から6月中旬まで続き、米国の死傷者(5つの陸軍と2つの海軍部門のうち)は62,000人を超え、そのうち12,000人以上が殺されたか行方不明でした。 [26]

米軍は、計画された日本への侵攻による潜在的な死傷者を見越して、50万近くのパープルハート章を製造していた。今日まで、第二次世界大戦の終結後60年間のすべての米軍の死傷者は、朝鮮戦争とベトナム戦争を含めて、その数を超えていません。 2003年には、これらのパープルハートメダルがまだ12万個在庫されていました。 [27]利用可能な数のために、イラクとアフガニスタンの戦闘部隊は、フィールドで負傷した兵士に即座に授与するためにパープルハートを手元に置いておくことができた。 [27]

戦争の迅速な終結は命を救った編集

爆撃の支持者たちは、日本人が降伏するのを待つこともまた命を犠牲にするだろうと主張している。 「中国だけでも、中国全体の死傷者の数に応じて、1937年7月から1945年8月までの97か月のそれぞれで、10万人から20万人が死亡し、その大多数は非戦闘員でした。他のアジア人にとっては州だけでも、平均はおそらく月に数万人の範囲でしたが、特にベトナムでの飢餓による大量死のため、実際の数は1945年にはほぼ確実に多かったのです。」 [28]

戦争の終結は、1945年の日本が支配するベトナムの飢饉の拡大を制限し、100万から200万人の死者でそれを止め、また、強制動員の下で過酷な条件で働いていた何百万人もの連合軍捕虜と民間労働者を解放した。オランダ領東インドでは、「約400万人の強制動員がありましたが、一部の推定では1,000万人にも上ります。労務者 (肉体労働者)。約27万人の労務者が東南アジアの外島と日本領土に送られ、そこで他のアジア人と一緒に戦時中の建設プロジェクトを実施しました。戦争の終わりに、52,000人だけがジャワに送還されました。」[29] [ 明確化が必要 ]

支持者たちはまた、1944年8月1日に日本戦争省から出された、連合軍捕虜の処刑を命じた、「大量の蜂起を銃器を使わずに抑制できないとき」、または捕虜収容所が戦闘中であったことを指摘している。 「収容所からの脱出が敵対的な戦闘力に変わるかもしれない」ことを恐れて、ゾーン。 [30]

NS オペレーション集会所 1945年3月9日から10日の夜、東京だけで10万人の民間人が焼夷弾攻撃を受け、広島と長崎に投下された原子爆弾よりも多くの民間人が死亡し、破壊されました。 [31] [32] [33] [34]合計35万人の民間人が、日本の67の都市での火事による襲撃で死亡した。米陸軍航空軍は、核による被害に関する正確なデータを得るために、以前は被害を受けていなかった都市で核分裂爆弾を使用したかったため、小倉、広島、長崎、新潟は従来の爆撃から保護されました。そうでなければ、彼らはすべて焼夷弾を受けていただろう。 [35]集中的な通常の爆撃は、侵略前に継続または増加していたであろう。潜水艦封鎖と米陸軍航空軍の採掘作戦である飢餓作戦は、日本の輸入を効果的に遮断した。日本の鉄道に対する補完的な作戦が始まろうとしており、本州南部の都市を本州の他の場所で栽培された食糧から隔離しました。 「敗北直後、1000万人が餓死する可能性が高いと推定された」と歴史家の色川大吉は述べた。 [36]一方、フィリピン、ニューギニア、ボルネオでは戦闘が続き、中国南部とマレーシアでは9月に攻撃が予定されていた。ソビエトによる満州侵攻は、降伏の前の週に、80,000人以上の死者を出しました。 [31]

1945年9月、彼自身がマンハッタン計画に参加した核物理学者のカール・テイラー・コンプトンが東京にあるマッカーサーの本部を訪れ、彼の訪問に続いて防御的な記事を書き、彼の結論を次のように要約した。

原爆が使われていなかった場合、私が引用したような証拠は、莫大な規模でさらに何ヶ月もの死と破壊があったであろうという実際的な確実性を示しています。 [37]

東京審判のメンバーであるフィリピンの正義デルフィン・ハラニージャは、彼の判決で次のように書いています。

手段が終わりによって正当化されるならば、それが日本をひざまずかせて、恐ろしい戦争を終わらせたので、原子爆弾の使用は正当化されました。原爆を使わずに戦争が長引いていたら、何千、何千もの無力な男性、女性、子供たちが不必要に死んで苦しんでいたでしょう。 [38]

しかし、彼らはまた、フン族と同等の敵に対して卑劣さと悪意を示しました。チンギスカンと彼の大群はこれ以上容赦がなかったでしょう。広島と長崎に投下された2つの原子爆弾が必要だったかどうかは間違いありません。それらがなければ、マラヤとシンガポールの数十万人の民間人、そして日本自体の数百万人が死んでいたでしょう。

李承燁は故郷の都市が日本人に侵略されているのを目撃し、スクチン虐殺で処刑されそうになった。

総力戦の一部編集

爆撃の支持者たちは、日本政府が国家総動員法を公布し、総力戦を繰り広げ、多くの民間人(女性、子供、老人を含む)に戦争努力に付随する工場やその他のインフラで働き、侵略力。米国やナチスドイツとは異なり、日本の戦争生産の90%以上は、都市の住宅地に広く分散しているマークのない工房や家内工業で行われていたため、発見や攻撃がより困難になっています。また、精密爆撃による高爆薬の投下は、日本の分散産業に浸透することができず、周辺地域に甚大な被害を与えることなく爆破することは不可能でした。 [41] [42]カーチス・ルメイ将軍は、なぜ彼が日本の都市の体系的な絨毯爆撃を命じたのかを述べた。

私たちは軍事目標を追いかけていました。単に虐殺のために民間人を虐殺することには意味がありません。もちろん、日本にはかなり薄いベニヤがありますが、ベニヤはそこにありました。それは彼らの産業分散システムでした。あなたがしなければならなかったのは、私たちがそれを焙煎した後、それらのターゲットの1つを訪問し、すべての家の残骸を通してドリルプレスが突き出ている状態で、多数の家の廃墟を見るだけでした。全人口が行動に加わり、それらの飛行機や軍需品を作るために働きました。男性、女性、子供。町を燃やしたとき、私たちは多くの女性と子供を殺そうとしていることを知っていました。やらなければならなかった。 [43]

核兵器の戦闘使用前の6か月間、ルメイの指揮下にある米陸軍航空軍は、焼夷弾を使用して日本の都市に対して大規模な戦略爆撃キャンペーンを実施し、67の都市を破壊し、推定35万人の民間人を殺害しました。 NS オペレーション集会所 1945年3月9/10日の夜の東京大空襲は、人類史上最も致命的な空襲であり、その夜、10万人の民間人が死亡し、16平方マイル(41 km 2)の都市が破壊されました。この攻撃は、広島と長崎の原爆投下を合わせた他のどの単一の空襲よりも多くの民間人の死と都市化された土地への損害を引き起こしました。 [44]

第5空軍の諜報員であるハリーF.カニンガム大佐は、都市で戦争兵器を製造する民間人に加えて、日本政府は数百万人の民間人を武装させ抵抗するよう訓練するために大規模な民間民兵組織を設立したと述べた。アメリカの侵略者。 1945年7月21日の公式インテリジェンスレビューで、彼は次のように宣言しました。

日本の全人口は適切な軍事目標です。日本には民間人はいません。私たちは戦争を行い、アメリカ人の命を救い、戦争の苦痛を減らし、永続的な平和をもたらすことを目指して、全面的に戦争を行っています。私たちは、敵がどこにいても、可能な限り多く、可能な限り短い時間で敵を探して破壊するつもりです。 [45]

原爆投下の支持者たちは、標的の戦略的重要性を強調してきました。広島は第2総軍第5師団の本部として使用され、広島には4万人の戦闘員が駐屯して南日本の防衛を指揮しました。市はまた、通信センター、戦闘員の集会エリア、保管場所であり、主要な産業工場やワークショップもあり、防空は7cmと8cm(2.8インチと3.1インチ)の5つのバッテリーで構成されていました。対空砲。 [46] [47]長崎は、兵器、軍艦、軍装備品、その他の戦争資材の生産を含む幅広い産業活動のため、戦時中非常に重要でした。市の防空は、7 cm(2.8インチ)の対空砲の4個のバッテリーと2個のサーチライトバッテリーで構成されていました。 [48]広島で2万人の日本人戦闘員と2万人の韓国人奴隷労働者、長崎で23,145〜28,113人の日本の工場労働者、2,000人の韓国人奴隷労働者、150人の日本人戦闘員を含む推定11万人が原爆で殺された。 [49] [50] [51]

2007年6月30日、日本の防衛大臣久間章生は、第二次世界大戦中に米国が日本に原子爆弾を投下することは、戦争を終わらせるための必然的な方法であると述べた。久馬氏は、「長崎に原爆が投下され、無数の人々が大きな悲劇に見舞われたことは、戦争を終わらせるためには仕方がないことを心に留めるようになった」と語った。長崎出身の久馬氏は、爆撃は市内に大きな打撃を与えたと述べたが、ソ連が日本との戦争に参加することを妨げたため、米国に憤慨しなかった。 [52]キュウマのコメントは、1975年に東京で行われた初めての記者会見で、広島の爆撃についてどう思うかと尋ねられたときの昭和天皇のコメントと類似していた。落とされて広島市民に申し訳ないが、戦時中だったので仕方がなかった(四方がない)」と語った。 [53]

1945年7月初旬、ポツダムに向かう途中、トルーマンは爆弾を使用する決定を再検討しました。結局、彼は戦略的な都市に原爆を投下することを決定しました。爆撃を命じる彼の表明した意図は、アメリカ人の命を救い、破壊を加えることによって戦争の迅速な解決をもたらし、日本を降伏させるのに十分なさらなる破壊の恐れを植え付けることでした。 [54] 8月15日に降伏の理由を示した日本人へのスピーチで、天皇は特に原爆に言及し、彼らが戦い続けるならば、それは「日本国民の究極の崩壊と絶滅をもたらすだけではない」と述べた。 、しかしまたそれは人類の文明の完全な絶滅につながるでしょう」。 [55]

原爆の使用についてコメントし、その後-米国陸軍長官のヘンリー・L・スティムソンは、「原子爆弾は恐ろしい破壊兵器以上のものであり、心理的兵器であった」と述べた。 [56]

1959年、真珠湾攻撃の最初の波を率いたパイロットの淵田美津男は、パイロットのポール・ティベッツ将軍と会いました。 エノラゲイ それは広島に原爆を投下し、彼にこう言った:

あなたは正しいことをしました。あなたは当時の日本の態度、彼らがどれほど熱狂的であったか、彼らは天皇のために死ぬだろうということを知っています。すべての男性、女性、子供は、必要に応じて棒や石でその侵入に抵抗したでしょう。日本を侵略することがどんな虐殺になるか想像できますか?それはひどいことだっただろう。日本人はアメリカ人が知る以上にそれを知っています。 [57]

当時ルメイの指揮下でUSAAF統計爆撃機アナリストとして働いていた元米国国防長官ロバート・マクナマラは、ドキュメンタリーで述べた 戦争の霧 その総当たり攻撃は、戦争を迅速に終わらせるために時々必要でした:

南北戦争でシャーマン将軍を読んだことを覚えています。アトランタの市長は彼に街を救うように懇願した。そしてシャーマンは本質的に、彼がそれを燃やして燃やす直前に市長に言った:「戦争は残酷です。戦争は残酷です。」それがルメイの気持ちでした。彼は国を救おうとしていました。彼は私たちの国を救おうとしていました。そしてその過程で、彼は必要な殺害を行う準備ができていました。敏感な人間が入るのは非常に難しい立場です。[58]

日本の指導者たちは降伏を拒否した編集

一部の歴史家は、古代日本の戦士の伝統を、降伏の考えに対する日本軍の抵抗の主要な要因と見なしています。ある空軍のアカウントによると、

武士道の日本の規範—戦士の道 '—は深く根付いていました。の概念 大和魂 各兵士に厳格なコードを装備しました:決して捕らえられたり、壊れたり、降伏したりすることはありません。降伏は不名誉でした。各兵士は死ぬまで戦うように訓練され、不名誉に苦しむ前に死ぬことが期待されていました。敗北した日本の指導者たちは、 切腹 (と呼ばれる 切腹 西に)。降伏した戦士は、尊敬や尊敬に値しないと見なされました。 [23]

日本の軍国主義は大恐慌によって悪化し、高橋是清、斎藤実、犬養毅など、軍事力をチェックしようとする改革者の無数の暗殺をもたらしました。これは、戦争への反対がはるかに危険な試みであった環境を作り出しました。 [59]

日本の帝国陸軍と海軍のメッセージの傍受は、例外なく、日本の軍隊が連合国の侵略に対して祖国での最後のアルマゲドンの戦いと戦うことを決意したことを明らかにした。日本人はこの戦略をケツゴ(決定的作戦)と呼んだ。アメリカの士気はもろく、最初の侵略での大きな損失によって打ち砕かれる可能性があるという前提に基づいて設立されました。その後、アメリカの政治家は無条件降伏よりもはるかに寛大な戦争の終結を喜んで交渉するでしょう。 [60]

米国エネルギー省のマンハッタン計画の歴史は、これらの主張にいくらかの信憑性を与えており、日本の軍事指導者は

また、日本が地上侵攻を開始するまで持ちこたえることができれば、連合国に非常に多くの犠牲者を出すことができ、日本が何らかの交渉による和解に勝つ可能性があることも望んでいた。 [61]

文民指導部の一部のメンバーは、和平交渉を試みるために秘密の外交チャネルを使用しましたが、彼らは降伏または停戦さえ交渉することができませんでした。日本は、日本の内閣の全会一致の支援がなければ合法的に和平協定を結ぶことができず、1945年の夏、陸軍、海軍、および民間政府の代表で構成される日本の最高戦争会議は、進め方についてのコンセンサス。 [59]

日本の軍と文民の指導者の間で政治的停滞が発生し、軍はあらゆる費用と確率にもかかわらず戦うことをますます決心し、文民の指導部は戦争の終結を交渉する方法を模索しました。決定をさらに複雑にしたのは、大日本帝国陸軍の代表なしには内閣は存在し得なかったという事実でした。これは、陸軍または海軍が大臣を辞任させることで決定を拒否できることを意味し、SWCで最も強力なポストになりました。 1945年8月初旬、内閣は、戦争の終結を1つの条件、つまり 国体、および他の3つの条件を主張した人々:[62]

  1. 武装解除と動員解除は大本営に任せてください
  2. 日本の故郷の島々、韓国、フォルモサの占領はありません
  3. 戦争犯罪者の処罰に関する日本政府への代表団

「タカ」は阿南惟近将軍、梅津美治郎将軍、豊田副武提督で構成され、阿南惟が率いた。 「鳩」は鈴木貫太郎首相、米内光政海軍大臣、東郷茂徳外務大臣で構成され、トーゴが率いた。 [59]昭和天皇の特別許可の下、平沼騏一郎会長も皇室会議のメンバーだった。彼にとって、 国体 帝国の制度だけでなく、天皇の治世も暗示していました。 [63]

日本には、ドイツ国防軍の無条件降伏文書に無条件降伏の例がありました。 7月26日、トルーマンと他の連合国の指導者(ソビエト連邦を除く)は、日本の降伏条件を概説したポツダム宣言を発表しました。宣言は、「日本の代替案は、迅速かつ完全な破壊である」と述べた。日本の意図については議論があるが、受け入れられなかった。 [64]日本の平和感動者へのソビエトの返事を待っていた天皇は、政府の立場を変える動きをしなかった。 [65] PBSのドキュメンタリー「太平洋の勝利」(2005年)では、 アメリカンエクスペリエンス シリーズの歴史家ドナルド・ミラーは、宣言後の数日間、天皇は「彼の国の破壊」よりも日本の帝国宝物を安全な場所に移動することに関心を持っているようだったと主張しています。このコメントは、1945年7月25日と31日に皇帝が帝国宝物を「絶対に」保護するように御璽の主守に命じたときに木戸幸一に行った宣言に基づいています。 [66]

天皇が正式な国家元首として継続することを単に保証されたならば、日本は降伏したであろうと時々主張されてきた。しかし、マジックを通じて傍受され、連合国の指導者が利用できるようになったソビエト調停の可能性に関する日本の外交メッセージは、一部の歴史家によって、「支配的な軍国主義者は、日本の古い軍国主義秩序の維持を主張した。彼らが支配した。」 [60] 1945年7月18日と20日、佐藤大使はトーゴ外相にケーブルで連絡し、米国が皇室を保護する(皇帝を維持する)という条件で、日本が無条件降伏を受け入れることを強く主張した。それに応えて、7月21日、トーゴは、日本はいかなる状況においても無条件降伏を受け入れないと述べ、助言を拒否した。トーゴは、「戦争が長引くと双方の死傷者が増えることは明らかだが、敵が無条件降伏を強要した場合、敵に対して団結する」と述べた。 [67] [68]彼らはまた、降伏した場合、日本の戦争犯罪の裁判で死刑判決を受ける可能性に直面した。 [69]これは、極東国際軍事裁判やその他の裁判所でも起こったことである。

歴史学教授のロバート・ジェームズ・マドックスは次のように書いています。

広く注目を集めているもう一つの神話は、トルーマンのトップ軍事顧問の少なくとも何人かが後に日本に対して原子爆弾を使用することは軍事的に不必要または不道徳、あるいはその両方であると彼に知らせたということです。それらのいずれかがそうしたという説得力のある証拠はありません。統合参謀本部の誰もそのような主張をしなかったが、ある独創的な著者は、リーヒーが提督の回想録からのいくつかの無関係な一節を編み合わせることによってそうしたように見せようとした。実は、広島から2日後、トルーマンは、リーヒーが「最後まで消えないだろう」と言っていたと補佐官に語った。

マッカーサーもニミッツも、侵略の必要性についての考えの変化をトルーマンに伝えたり、爆弾の使用についての留保を表明したことはありませんでした。マッカーサーは、広島の数日前にその使用が差し迫っていることを最初に知らされたとき、核戦争の将来についての講演で応え、広島が侵略を進めることを強く勧めた後もそうだった。原子攻撃が開始される管轄区域からのニミッツは、1945年の初めに通知されました。「これは問題ないようです」と彼は宅配便業者に言いました、しかしこれは2月だけです。早く手に入れることはできませんか?」

アイゼンハワーの記憶について言えることは、時間の経過によって欠陥が生じたということです。

スティムソンの補佐官の一人が書いたメモは、原子爆弾についての議論があったことを示していますが、アイゼンハワーの側の抗議については言及されていません。 [70]

マドックス氏はまた、「両方の爆弾が投下され、ロシアが戦争に突入した後も、日本の過激派は、穏健派がそれらを米国に送信することすら意味がないことを知っているような寛大な和平条件を主張した。次の数日は強硬派に彼らの状態を放棄するように仕向ける。」 [70]「そのような災難が襲う前に、彼らが数ヶ月前に敗北を認めたであろうということは、控えめに言っても遠慮がちである。」 [71]

ソビエトの介入と2つの原子爆弾の三重の衝撃の後でも、日本の内閣は依然として行き詰まっており、降伏すら考えたがらない内閣の陸海軍派閥の力のために行動方針を決定することができなかった。降伏を支持して行き詰まりを打開するための天皇の個人的な介入に続いて、降伏を防ぎ、天皇を「保護拘留」に連れて行こうとする日本の上級将校による3回以上の別々のクーデターの試みがありました。これらのクーデターの試みが失敗すると、空軍と海軍の上級指導者は爆撃を命じ、 神風 平和の可能性を狂わせようとするために(一部の日本の将軍が個人的に参加した)米国艦隊を襲撃した。これらの説明から、文民政府の多くは戦争に勝てないことを知っていたが、日本政府の軍隊の力は、2つの原子爆弾の前に降伏が本当の選択肢と見なされることさえなかったことは明らかである。 [72]

別の議論は、降伏を引き起こしたのは爆撃の間の数日間のソビエトの宣戦布告であったということです。戦後、豊田副武提督は「ロシアが原爆ではなく日本との戦争に参加したことで降伏が早まったと思う」と語った。 [73]鈴木首相はまた、ソ連の戦争への参入は「戦争の継続を不可能にした」と宣言した。 [74]トーゴ外相からの事件のニュースを聞いて、鈴木はすぐに「戦争を終わらせよう」と言い、その目的で最高評議会の緊急会議を最終的に召集することに同意した。公式の英国の歴史、 日本との戦争はまた、ソビエトの宣戦布告を「交渉された平和の最後の希望がなくなったという認識を最高評議会のすべてのメンバーに持ち帰り、遅かれ早かれ連合国の条件を受け入れる以外に選択肢はなかった」と書いている。 [ 要出典 ]

トーゴが率いる「一つの条件」派閥は、降伏の決定的な正当化として爆撃を掌握した。昭和天皇の最も親しい顧問の一人である木戸幸一は、「私たち平和党は、戦争を終わらせるために原爆に助けられた」と述べた。 1945年に内閣官房長官を務めた迫水久常は、爆撃を「日本が戦争を終わらせるために天から与えられた絶好の機会」と呼んだ。 [75]

さらに、敵は新しくて最も残酷な爆弾を使い始めました。その爆弾にダメージを与える力は確かに計り知れず、多くの罪のない命を奪っています。もし私たちが戦い続けるならば、それは日本国家の究極の崩壊と消滅をもたらすだけでなく、人類の文明の完全な絶滅につながるでしょう。そういうわけで、私たちはどのようにして何百万もの私たちの主題を救うか、私たちの帝国の祖先の神聖な霊の前で自分自身を贖うのですか?これが、私たちが共同権力宣言の規定の受け入れを命じた理由です。

日本の核兵器計画編集

戦争中、特に1945年には、国の秘密のために、日本の核兵器計画の進展が遅いことについて、日本国外ではほとんど知られていませんでした。米国は、日本がドイツの同盟国に資材を要求したことを知っており、1945年4月に潜水艦に乗って560 kg(1,230ポンド)の未処理の酸化ウランが日本に派遣された。 U-234しかし、ドイツの降伏に続いて大西洋の米軍に降伏した。酸化ウランは「U-235」とラベル付けされたと報告されており、これは潜水艦の名前の誤ったラベル付けであった可能性があり、その正確な特性は不明のままです。一部の情報筋は、それは兵器級の材料ではなく、航空燃料に使用される合成メタノールの製造における触媒としての使用を目的としていたと考えています。 [76] [77]

戦後の分析で日本の核兵器開発がほぼ完了していることが判明した場合、この発見は修正主義的な意味で日本への原子攻撃を正当化するのに役立ったかもしれません。しかし、調整が不十分な日本のプロジェクトは、1945年の米国の開発[78] [79] [80]の背後にあり、第二次世界大戦の失敗したドイツの原子力プロジェクトの背後にもあったことが知られています。 [81] [82]

日本が持っていたフリンジ仮説の1986年のレビュー すでに エネルギー省の従業員ロジャーM.アンダースによって核兵器を作成し、ジャーナルに掲載されました 軍事:

ジャーナリストのウィルコックスの本は、日本の戦時中の原子エネルギープロジェクトについて説明しています。これは、あまり知られていないエピソードを照らしているという点で称賛に値しますが、この作品は、日本が原子爆弾を作成したことを示したいというウィルコックスの熱意によって損なわれています。日本の核爆発の物語、1つはロサンゼルスへの架空の攻撃、もう1つは広島後のテストの根拠のない説明が本の始まりです。 (Wilcoxは、著者[Snell]が「著名なジャーナリストだった」ため、テストストーリーを受け入れます)。物語は、科学理論を実行可能な爆弾に変換することの難しさを議論するウィルコックスの失敗と相まって、日本の努力の実際の物語を曖昧にします:爆弾を生成する可能性が最も低い経路をたどった調整されていない実験室規模のプロジェクト。 [83]

その他の編集

トルーマンは、失敗したテストを目撃した日本の影響は、そのようなデモンストレーションを手配するにはリスクが大きすぎると感じました。 [84]

戦後、日本の生物兵器部隊が9月に生物兵器で米国を攻撃する計画を持っていたことが明らかになった[85] [86]が、終戦前に高等当局によって承認されなかった。

軍事的に不要な編集

バード次官補は、標準的な砲撃と海軍封鎖で日本を降伏させるのに十分であると確信していた。さらに、彼は何週間もの間、日本人が実際にすでに戦争から抜け出す方法を探していたという兆候を見ていました。彼の考えは、米国が日本人に爆弾、差し迫ったソビエトの戦争への参入、そして市民と天皇が来たるビッグスリー会議で受けるであろう公正な扱いについて話すことでした。爆撃が起こる前に、バードはトルーマンに爆弾を落とさないように(少なくとも最初に住民に警告することなく)、流血を止めることを提案して国全体に侵入しないように懇願した。 [14]

ポール・ニッツェをメンバーに含む1946年の米国戦略爆撃調査[ 要出典 ]戦争に勝つために原爆は不要だったと結論付けた。彼らは言った:

日本の無条件降伏を、共同で累積的に日本の災害の原因となった多くの原因のいずれかに正確に帰属させようとすることにはほとんど意味がありません。日本の政治構造が国策のより迅速で決定的な決定を可能にしたならば、軍事的無力と不可避の政治的受容との間の時間経過はより短かったかもしれない。それにもかかわらず、原爆投下がなかったとしても、日本に対する制空権は無条件降伏をもたらし、侵略の必要性を取り除くのに十分な圧力をかけた可能性があることは明らかであるように思われる。

すべての事実の詳細な調査に基づいて、そして関与した生き残った日本の指導者の証言に裏付けられて、確かに1945年12月31日より前に、そしておそらく1945年11月1日より前に日本は降伏したであろうというのが調査の意見であるたとえロシアが戦争に参加していなくても、そして侵略が計画も企図もされていなかったとしても、原子爆弾が投下されなかった場合。 [87] [88]

この結論は、従来の焼夷弾が継続し、B-29の数が増え続け、日本の都市と人口に対する破壊のレベルが高くなることを前提としていました。 [89] [90]ニッツェの最も影響力のある情報源の1つは近衛文麿王子であり、1945年11月または12月まで抵抗が続くと言って、原爆が投下されなかったら日本が降伏したかどうかを尋ねる質問に答えた。 ]

バーンスタイン、長谷川、ニューマンなどの歴史家は、陸軍と海軍を犠牲にして空軍の評判を促進するために、入手可能な証拠が保証するものをはるかに超えたと彼らが言う結論を引き出したとしてニッツェを批判しました。 [92] [93] [94]

ドワイト・D・アイゼンハワーは彼の回想録に書いています ホワイトハウスイヤーズ:

1945年、陸軍長官のスティムソンがドイツの私の本部を訪れ、私たちの政府が日本に原爆を投下する準備をしていると私に知らせました。私は、そのような行為の知恵に疑問を呈する多くの説得力のある理由があると感じた人の一人でした。彼が関連事実を暗唱している間、私は憂鬱な気持ちを意識していたので、最初は日本はすでに敗北しており、爆弾を落とす必要はまったくないという私の信念に基づいて、彼に私の重大な不安を表明しました。なぜなら、アメリカ人の命を救うための手段として、もはやその雇用が義務付けられていない武器を使用することによって、わが国は衝撃的な世界の意見を避けるべきだと思ったからです。 [95]

爆撃の必要性に同意しなかった他の米軍将校には、ダグラス・マッカーサー陸軍将軍、[96] [97]ウィリアム・D・リーヒ艦隊提督(大統領のスタッフ長)、カーター・クラーク准将(軍事情報迎撃された日本のケーブルを米国当局者のために準備した将校)、チェスター・W・ニミッツ艦隊提督(太平洋艦隊長)、ウィリアム・ハルゼー・ジュニア艦隊提督(米国第3艦隊司令官)、さらにはすべての責任者日本の本拠地に対する戦略的航空作戦、当時-カーチス・ルメイ少将:

実際、日本人はすでに平和を求めて訴えていました。原爆は、純粋に軍事的な観点から、日本の敗北において決定的な役割を果たしませんでした。

広島と長崎での[原爆]の使用は、私たちの日本との戦争において重要な助けにはなりませんでした。効果的な海上封鎖と通常兵器による爆撃の成功により、日本人はすでに敗北し、降伏する準備ができていました。将来の核戦争の致命的な可能性は恐ろしいものです。私自身は、最初に使用したときに、暗黒時代の野蛮人に共通の倫理基準を採用したと感じました。私はそのように戦争をするように教えられていませんでした、そして戦争は女性と子供たちを破壊することによって勝つことはできません。

原爆は終戦とは全く関係がありませんでした。

最初の原子爆弾は不必要な実験でした。それを落とすのは間違いでした。 [科学者]はこのおもちゃを持っていて、試してみたいと思ったので、落としました。

ハーバード大学のスティーブン・ピーター・ローゼンは、潜水艦の封鎖は日本に降伏を強いるのに十分だったと信じています。 [100]

歴史家の長谷川毅は、原爆投下自体が日本の降伏の主な理由ではないと書いた。 [101]代わりに、彼は、他の同盟国によって署名されたポツダム宣言によって許可された、8月8日の戦争へのソビエトの参入であったと主張する。ソビエト連邦がこの宣言に署名しなかったという事実は、ソビエトが戦争から遠ざけられることができると日本に信じる理由を与えました。 [102]宣言が発表される前日の7月25日までに、日本は太平洋の平和を仲介することを望んで、この江が率いる外交使節がモスクワに来ることを要求した。 [103]この江は、天皇から次のような手紙を持ってくることになっていた。

天皇陛下は、現在の戦争が毎日、すべての好戦的な勢力の人々に大きな悪と犠牲をもたらすという事実を念頭に置いて、それがすぐに終結するかもしれないことを彼の心から望んでいます。しかし、イギリスとアメリカが無条件降伏を主張する限り、日本帝国は祖国の名誉と存在のために全力で戦う以外に選択肢はありません。近衛文麿を特使としてモスクワに派遣するのは天皇の私的な意図です。 [104]

長谷川の見解は、ソビエト連邦が8月8日に宣戦布告したとき[105]、ソビエトを戦争から遠ざけることができ、アジアから日本の島々への補強が可能であるという日本の主要なサークルのすべての希望を打ち砕いた。予想される侵入。 [106]長谷川は書いた:

しかし、入手可能な証拠に基づいて、2つの原子爆弾が日本に降伏を促すのに、それだけでは決定的ではありませんでした。それらの破壊力にもかかわらず、原子爆弾は日本の外交の方向を変えるのに十分ではありませんでした。ソビエトの侵略はそうでした。ソビエトの戦争への参入がなければ、日本人は、多数の原子爆弾、連合国による本土への侵攻の成功、または海軍封鎖と組み合わされた継続的な空爆が彼らにそうすることができなくなるまで戦い続けたであろう。 [101]

ウォード・ウィルソンは、「長崎が爆撃された後、核兵器で容易に攻撃された可能性のある主要都市は4つしか残っていなかった」と述べ、日本の最高評議会は、以前の爆撃よりもほとんど破壊的ではなかったため、原爆投下後にわざわざ召集しなかったと書いた。彼は、代わりに、ソビエトの宣戦布告と満州と南サハリンの侵略が、交渉のための日本の最後の外交的および軍事的選択肢を取り除いたと書いた。 条件付き 降伏、そしてこれが日本の降伏を促したものです。彼は、日本の降伏をソビエト侵攻の開始ではなく「奇跡の武器」に帰することは、日本の顔を救い、米国の世界的地位を高めたと書いた。 [107]

戦争犯罪としての爆撃編集

多くの著名な個人や組織が爆撃を批判しており、それらの多くは戦争犯罪、人道に対する罪、および/または国家テロとしてそれらを特徴づけています。爆撃の初期の批評家は、ルーズベルト大統領への共同書簡で1939年に最初の爆弾研究に拍車をかけたアルバート・アインシュタイン、ユージン・ウィグナー、レオ・シラードでした。

マンハッタン計画で主要な役割を果たしてきたシラードは、次のように主張しました。

関係する道徳的問題についてこれだけ言いましょう。私たちが爆弾を投下する前にドイツが2つの爆弾を開発したとしましょう。そして、ドイツが1つをロチェスターに、もう1つをバッファローに投下し、爆弾を使い果たしたとしたら、彼女は戦争に負けたでしょう。その時、私たちが都市への原子爆弾の投下を戦争犯罪と定義し、この犯罪で有罪となったドイツ人にニュルンベルクで死刑を宣告し、彼らを絞首刑にしたことを誰もが疑うことができますか? [109]

爆弾に取り組んだ多くの科学者はその使用に反対しました。ジェイムス・フランク博士が率いる7人の科学者は、1945年5月に暫定委員会(大統領に助言した)に次のように報告を提出しました。

もし米国がこの新しい無差別破壊手段を人類に最初に発表したとしたら、彼女は世界中の国民の支持を犠牲にし、兵器の競争を促進し、そのようなものの将来の管理について国際合意に達する可能性を害するでしょう。兵器。 [111]

マーク・セルデンは次のように書いています。日本の戦争犯罪の独自性。カイザー・ウィルヘルム2世が第一次世界大戦を迅速に終結させる義務について述べたことを想起します。家は立ったままにしておく。」パルは観察した:

戦争を短縮するための無差別殺人のこの政策は犯罪であると考えられました。私たちが検討している太平洋戦争において、上記のドイツ皇帝の書簡に示されていることに近づくものがあった場合、それは連合国からの爆弾の使用の決定です。将来の世代はこの悲惨な決定を判断します。民間人の生命と財産の無差別な破壊が依然として戦争で違法である場合、太平洋戦争では、原子爆弾を使用するというこの決定は、第一次世界大戦中のドイツ皇帝とナチスの指令への唯一の近いアプローチです。第二次世界大戦中の指導者。

セルデンは、言及する価値があるとして、米国政府が25年間効果的に抑制したと彼が言う核爆撃の別の批判に言及している。 1945年8月11日、日本政府は、東京のスイス公使館を通じて、原爆投下に関する公式の抗議を米国国務省に提出しました。

老若男女を問わず、戦闘員と非戦闘員の男性と女性は、爆発の大気圧と、そこから生じる放射熱によって区別されることなく虐殺されます。その結果、人類がこれまでに知った中で最も残酷な影響を与える爆弾が関係しています。問題の爆弾は、アメリカ人によって、彼らの残酷さによって、そして彼らの恐怖の影響によって使用され、遠いガスまたは他のいかなる武器よりも優れており、それらの使用は禁止されています。米国の国際戦争原則の冒涜に対する日本の抗議は、原子爆弾の使用と、老人、女性、子供を虐殺し、新東と仏教の寺院、学校、病院、居住区などを破壊し焼夷弾で破壊した初期の焼夷弾と組み合わせた。彼らは現在、この新しい爆弾を使用しており、これまでに使用された他のどの武器や発射体よりもはるかに大きな制御不能で残酷な効果を持っています。これは人道と文明に対する新たな犯罪を構成します。 [112]

セルデンは、「日本の抗議は、人口の大規模な破壊に関して、国際的に認められた戦争の原則に対する米国の違反を正しく指摘した」と結論付けている。 [112]

1963年、爆撃は司法審査の対象となりました。 下田隆一他v。州 日本で。 [113]真珠湾攻撃の22周年にあたり、東京地方裁判所は核兵器全般の合法性についての判決を拒否したが、「広島と長崎への攻撃は、彼らがしたほどの深刻で無差別な苦痛を引き起こした。戦争の実施を支配する最も基本的な法的原則に違反している。」 [114]

裁判所の見解では、都市に原子爆弾を投下する行為は、当時、1907年のハーグ陸戦規則および1922年から1923年のハーグ空中戦規則草案[115]に見られる国際法に準拠していた。したがって、違法でした。 [116]

ドキュメンタリーで 戦争の霧、元米国国防長官のロバート・マクナマラは、日本に核爆弾を投下するという大統領命令を中継したカーチス・ルメイ将軍を回想している[117]。

「もし私たちが戦争に負けたら、私たちは皆戦争犯罪者として起訴されたでしょう。」そして、私は彼が正しいと思います。彼と私は、戦争犯罪者として振る舞っていたと思います。 LeMayは、彼の側が負けた場合、彼がしていることは不道徳であると考えられることを認識しました。しかし、負けた場合は不道徳になり、勝った場合は不道徳にならないのはなぜですか? [118]

核兵器の最初の戦闘使用として、広島と長崎の爆撃は、重大な障壁のいくつかの交差を表しています。アメリカン大学の核問題研究所の所長であるピーター・カズニックは、トルーマン大統領について次のように書いています。 [119]カズニックは、日本の原爆投下は「単なる戦争犯罪ではなく、人道に対する罪だった」と述べた。 [119]

核軍縮を支持する平岡敬市長は、ハーグ国際司法裁判所(ICJ)への公聴会で、次のように述べた。数十年、国際法違反です。」 [120] [121]長崎市長の伊藤一長は、同じ公聴会で次のように宣言した。

原爆被爆者の子孫は、遺伝的影響を明らかにするために数世代にわたって監視されなければならないと言われています。つまり、子孫は[数十年]来るのを心配して生きるでしょう。核兵器は、その巨大な力と虐殺と破壊の能力により、戦闘員と非戦闘員、または軍事施設と民間コミュニティを区別しません。核兵器の使用。したがって、国際法の明白な違反です。 [120]

爆撃はジェノサイドの定義を満たしていませんが、定義が厳しすぎると考える人もおり、爆撃はジェノサイドを構成すると主張しています。 [122] [123]たとえば、シカゴ大学の歴史家ブルース・カミングスは、マーティン・シャーウィンの声明に対する歴史家の間でコンセンサスがあると述べている。 [124]

学者のR.J.ランメルは、代わりにジェノサイドの定義を彼が言うところの民衆殺戮にまで拡張し、これらの中に原子爆撃による死の大部分を含めています。彼の民衆殺戮の定義には、大量虐殺だけでなく、戦争での民間人の過度の殺害も含まれています。これは、広島と長崎への原爆投下は戦争犯罪であり、したがって民衆殺戮であると彼が主張する戦争の合意された規則に反する範囲です。 [125]ランメルは、とりわけ、1938年に米国政府が中国の都市を爆撃したことに対する公式の抗議を引用している。「非戦闘員の爆撃は国際法および人道法に違反した」。彼はまた、東京のような従来の手段によって引き起こされた大火での民間人の過剰な死を、民衆殺戮の行為と見なしている。

1967年、ノームチョムスキーは、原爆投下を「歴史上最も言葉にできない犯罪の1つ」と表現しました。チョムスキーは、爆撃におけるアメリカ人の共犯を指摘し、彼らがその正当性を受け入れた理由として、イベントの前に彼らが経験した苦い経験に言及した。 [126]

2007年、広島の知識人グループは、広島と長崎への原爆投下に関する国際人民法廷と呼ばれる非公式の組織を設立しました。 2007年7月16日、次のように評決を下しました。

審判は、原爆によって引き起こされた被害の性質は、すべての生命体の無差別な絶滅または生存者に不必要な苦痛を与えていると説明できることを発見しました。

訴訟の合法性と道徳性について、非公式の審判は次のことを発見しました。

NS 。広島と長崎での核兵器の使用は、武力紛争に適用される国際人道法の原則と規則に照らして違法でした。両都市の爆撃により、区別できない核兵器を使用して民間人が攻撃の対象となったためです。民間人と軍事目標は、その結果、民間人の生存者に不必要な苦痛を引き起こしました。 [127]

国家テロ編集

歴史的な記録は、畏怖の念を起こさせる力を使って日本の降伏を引き起こすために原子爆弾を使うという決定がなされたことを示しています。これらの観察により、マイケル・ウォルツァーは、事件は「対テロ戦争:政府が降伏を余儀なくされるほど多数の民間人を殺害する努力。広島は私には典型的なケースのようだ」と述べた。 [128]この種の主張は、最終的に、爆撃の支持者である歴史家ロバートP.ニューマンに「そこに できる ただの戦争があるかもしれないので、正当化された恐怖である」。[129]

特定の学者や歴史家は、日本の原爆投下を「国家テロ」の一形態として特徴づけています。この解釈は、「政治的目標を達成するために無実の人々を標的にする」というテロリズムの定義に基づいています。フランシス・V・ハーバーが指摘するように、1945年5月10日と11日にロスアラモスで開催された標的委員会の会議は、「心理的効果」のために京都または広島の大規模な人口密集地を標的にし、「最初の使用を十分に壮観にする」ことを提案した。国際的に認められる武器の重要性」。 [130] [131]このように、ハーバー教授は、目標は日本内外の政治的目的のためにテロを生み出すことであったと示唆している。 [131]しかしながら、バーリー・テイラー・ウィルキンスは、それが「テロリズム」の意味を拡大して戦時中の行為を含むと信じている。 [132]

歴史家のハワード・ジンは、爆撃はテロリズムであると書いています。 [133]ジンは、爆撃は民間人を標的にしたため「戦闘」とは呼べないと述べた社会学者カイ・エリクソンを引用している。 [133]正戦論者のマイケル・ウォルツァーは、民間人の命を奪うことは「最高の緊急事態」の条件下で正当化できるが、当時の戦争状況はそのような緊急事態を構成しなかったと述べた。 [134]

トニー・コーディ、フランシス・V・ハーバー、ジャマル・ナサールも、爆撃中の民間人の標的をテロの一形態と見なしています。ナサールは、東京の焼夷弾、ドレスデンの焼夷弾、ホロコーストと同じように、原子爆弾をテロリズムとして分類しています。 [135]

プリンストン大学の国際法と実践の名誉教授であるリチャード・A・フォークは、国家テロの事例として広島と長崎について詳細に書いています。 [136]彼は、「攻撃の明白な機能は、大量殺戮を通じて住民を恐怖に陥れ、国の全滅の見通しでその指導者に立ち向かうことであった」と述べた。 [137]

著者のスティーブン・プールは、「テロによって殺された人々」は意図されたテロ効果の標的ではないと述べた。彼は、原爆投下はスターリンと日本政府を狙った「ひどいデモンストレーションとして設計された」と述べた。 [138]

歴史家でBBC東部戦線の従軍記者であるアレグザンダーワースは、日本の核爆撃は主に、戦後の政治的分野を準備するために、事実上ソビエト連邦の玄関口で、最も衝撃的な方法で新しい兵器を実証するのに役立ったと示唆している。 [139]

根本的に不道徳な編集

バチカン新聞 L'Osservatore Romano 1945年8月、爆弾の発明者が人類の利益のために兵器を破壊しなかったことに遺憾の意を表明した。 [140]セントオールバンズの学部長であるカスバート・シックネス牧師は、戦争終結への感謝祭のためにセントオールバンズ修道院を使用することを禁止し、核兵器の使用を「大規模で無差別な虐殺行為」と呼んだ。 [141] 1946年、連邦教会評議会による報告書は 核戦争とキリスト教信仰、次のパッセージが含まれています。

アメリカのクリスチャンとして、私たちはすでに原爆が無責任に使用されていることに深く悔い改めています。原則として戦争の判断がどうであれ、広島と長崎への原爆投下は道徳的に弁護できないことに同意する。 [142]

爆撃機の牧師であるジョージ・ベネディクト・ザベルカ神父は、2人の牧師と一緒に長崎を訪れた後、爆撃を放棄しました。

以前の動作の継続編集

アメリカの歴史家ガブリエル・コルコは、基本的な道徳的決定がすでに行われていることを考えると、攻撃の道徳的側面に関する特定の議論は間違っていると述べました。

1944年11月、アメリカのB-29は東京で最初の焼夷弾攻撃を開始し、1945年3月9日、ナパーム弾の初期バージョンを含む小さな焼夷弾が都市の住民に大量に投下されました。すぐに小さな火が広がり、つながり、巨大な大火事になり、下層大気から酸素を吸い出しました。爆弾襲撃は、1回の攻撃で125,000人の日本人を殺したアメリカ人にとって「成功」でした。連合国は同じようにハンブルクとドレスデンを爆撃し、5月24日に名古屋、大阪、神戸、東京を再び爆撃した。戦争中にアメリカ人が下さなければならなかった基本的な道徳的決定は、無差別に攻撃することによって国際法に違反するかどうかであった。そして民間人を破壊し、彼らは従来の兵器の文脈の中でそのジレンマを解決しました。ファンファーレも躊躇も彼らの選択を伴わなかった、そして実際、広島に対して使用された原子爆弾は大規模な焼夷弾よりも致命的ではなかった。戦争はアメリカの指導者たちを非常に残忍にしたので、1945年の春までに膨大な数の民間人を燃やすことはもはや本当の苦境をもたらさなかった。戦争を終わらせるためにそれの。その技術だけが斬新で、それ以上のものはありませんでした。 1945年6月までに、戦略爆撃による民間人の大規模な破壊は、スティムソンを道徳的な問題のようなものとして印象づけましたが、彼がそれを忘れるやいなや考えが起こり、それがアメリカの従来型爆弾または原子爆弾の使用を形作ることはありませんでした。 「私は米国に残虐行為でヒトラーをしのぐという評判を得させたくなかった」と彼は6月6日に大統領に語ったと述べた。従来の大量爆撃によってもたらされた別の困難があり、それはまさにその成功であり、人間の破壊の2つのモードを実際にそして米軍の心の中で質的に同一にした成功でした。 「私は少し恐れていた」とスティムソンはトルーマンに語った。これに対して大統領は「笑って理解したと言った」。 [143]

長崎への原爆投下不要編集

長崎への2回目の原爆投下は、広島への原爆投下からわずか3日後のことでしたが、広島の荒廃はまだ日本人に完全には理解されていませんでした。 [144]爆撃の合間に時間がないため、一部の歴史家は、2回目の爆撃は「確かに不必要」であり[145]、「せいぜい無償で、最悪の場合は大量虐殺」であると述べている[146]。 ベロのjus。 [144]長崎への原爆投下は不要であるという主張に応えて、マドックスは次のように書いている。

アメリカの当局者は、日本の強硬派が最初の爆発を最小限に抑えるか、それをある種の自然災害として説明しようとすると想定したため、複数の爆弾が必要になると信じていました。たとえば、爆撃の間の3日間、日本の陸軍大臣は、広島の爆弾が原爆であると認めることさえ拒否しました。長崎の数時間後、彼は内閣に「アメリカ人は100個の原子爆弾を持っているようだった。彼らは1日3発を落とすことができる。次の標的は東京かもしれない」と語った。 [70]

ジェローム・ハーゲンは、アナミ戦争大臣の改訂されたブリーフィングは、捕らえられたアメリカ人パイロットのマーカス・マクディルダへの尋問に部分的に基づいていたことを示しています。拷問を受けて、マクディルダはアメリカ人が100個の原子爆弾を持っていて、東京と京都が次の原子爆弾の標的になるだろうと報告した。どちらも嘘だった。マクディルダはマンハッタン計画に関与したり説明を受けたりせず、日本人に聞きたいと思ったことを伝えただけだった。 [147]

長崎への原爆投下の前日、天皇は東郷茂徳外相に「敵対行為の迅速な終結を保証したい」との意向を伝えた。トーゴは回想録の中で、「私たちはもはや闘争を続けることができなくなったので、この壊滅的な力の武器が私たちに対して使用されたので、私たちは[戦争を終わらせる]機会を逃してはならない」と警告した。より有利な条件を得るための試みに従事する」。 [148]それから天皇はトーゴに彼の願いを首相に伝えるように要求した。

人間性の抹殺編集

歴史家のジェームズ・J・ウェインガートナーは、アメリカの戦没者の切断と爆撃との関係を見ています。 [149]ウェインガルトナーによれば、どちらも部分的に敵の非人間化の結果であった。 「人間以下としての日本人の広範なイメージは、数十万人の死をもたらした決定の別の正当化を提供する感情的な文脈を構成しました。」 [150]長崎への原爆投下後2日目に、トルーマン大統領は次のように述べた。「彼らが理解していると思われる言語は、私たちが彼らを爆撃するために使用した言語だけです。獣のようです。それは最も残念ですが、それでも真実です。」 [151]

原爆投下の時、特に航空機による攻撃から民間人を保護する国際条約や手段はありませんでした。 [152]原爆投下に対する多くの批評家は、1899年と1907年のハーグ条約を民間人の攻撃に関する規則を設定するものとして指摘している。ハーグ条約には特定の空中戦規定は含まれていませんでしたが、艦砲、野戦砲、または攻城兵器による無防備な民間人の標的化は禁止されていました。これらはすべて「砲撃」に分類されました。しかし、条約は、軍事基地、産業プラント、戦争に使用できるワークショップなど、都市の軍事施設を標的にすることを許可していました。 [153]この一連の規則は、ツェッペリンとマルチエンジン爆撃機によって都市に無差別に爆弾が投下された第一次世界大戦中には守られなかった。その後、1922年から23年にかけてハーグで別の一連の会議が開催されましたが、航空戦に関して拘束力のある合意には達しませんでした。 1930年代から1940年代にかけて、特にスペイン内戦中の1937年にスペインのゲルニカとデュランゴの都市に対してドイツのコンドル軍団が市街地空爆を再開しました。これにより、重慶、ワルシャワ、ロッテルダム、ロンドン、コベントリー、ハンブルク、ドレスデン、東京など、爆撃されたさまざまな都市がエスカレートしました。第二次世界大戦の主要な交戦者はすべて、都市の民間人に爆弾を投下しました。 [154]

広島と長崎の原爆投下へのハーグ条約の適用可能性についての現代の議論は、砲撃の規則が空爆の規則に適用できるかどうか、当時は不明であった戦争のモードを条約がカバーすると仮定できるかどうかを中心に展開しています。同様に、議論は、ハーグ条約が戦争国によってどの程度守られていたかにかかっています。

ハーグ条約が該当するものとして認められた場合、重要な問題は、爆撃された都市が「無防備」の定義を満たしているかどうかになります。広島と長崎を無防備だと考えるオブザーバーもいれば、両方の都市が合法的な軍事目標であると言う人もいれば、長崎が比較的無防備であるのに広島は合法的な軍事目標と見なすことができると言う人もいます。 [155]広島は、主要な産業プラントが対象地域のすぐ外にあったため、正当な対象ではないと主張されてきた。 [156]広島は地域の第2総軍および第5師団の本部であり、市内に4万人の戦闘員が駐屯していたため、これは正当な標的としても議論されてきた。両方の都市は対空砲によって保護されていました。これは「無防備」の定義に反対する議論です。

ハーグ条約は毒物兵器を禁止しました。原子爆弾の放射能は有毒であると説明されており、特に放射性降下物の形でよりゆっくりと死滅します。 [157] [158] [159]しかし、この見解は1996年に国際司法裁判所によって却下され、(エアバースト)核兵器の主かつ排他的な使用は中毒または窒息ではなく、したがって禁止されていないと述べた。ジュネーブ議定書による。 [160] [161] [162]

ハーグ条約はまた、「不必要な苦痛を引き起こすと計算された武器、発射体、または材料」の使用を禁止しました。日本政府は、原子爆弾の使用を非難する抗議の手紙を米国に提出した後、1945年8月10日にこの禁止を引用しました。 [163]しかしながら、禁止は、とげのある頭を備えた槍、不規則な形の弾丸、ガラスで満たされた発射体、溝のある弾丸とともに、それらによって負わされた傷を不必要に燃やす傾向がある弾丸への物質の使用としてのみ武器に適用された徹甲弾のハードコーティングの端をファイリングすることによるヒントまたはソフトポイント弾の作成。

ただし、砲弾、地雷、航空魚雷、手榴弾に含まれる爆発物の使用には適用されませんでした。 [164] 1962年と1963年に、日本政府は、原子爆弾の使用を禁止する国際法はないと言って、以前の声明を撤回した。 [163]

ハーグ条約は、軍事目的で使用されていない限り、宗教的建造物、芸術および科学センター、慈善団体、病院、および歴史的記念物は、砲撃で可能な限り免れるべきであると述べました。 [153]原爆投下の批評家は、広島と長崎で破壊されたこれらの種類の構造物の多くを指摘している。 [165]しかしながら、ハーグ条約はまた、敵の財産の破壊が正当化されるためには、「戦争の必需品によって必然的に要求されなければならない」と述べた。 [166]:94第二次世界大戦での重爆撃機の不正確さのために、民間の標的に損害を与えることなく都市の軍事資産を標的にすることは現実的ではありませんでした。 [166]:94–99 [167] [168] [169]

原爆が日本に投下された後も、核戦争を禁止または非難する国際条約は批准されていません。 [ 疑わしい–話し合う ]最も近い例は、核戦争は国連憲章に沿っていないという国連総会の決議であり、1953年に25対20の投票で可決され、棄権は26回でした。 [152]

日本の降伏において爆撃がどのような役割を果たしたかについてはさまざまな意見があり、爆撃を決定要因と見なす人もいれば[170]、爆弾を軽微な要因と見なす人もいれば、その重要性を不明と評価する人もいます。 [171]

1945年から1960年代にかけての米国の主流の立場は、爆撃を戦争を終わらせる決定的な要因と見なし、コメンテーターによって「伝統主義者」の見解または蔑称的に「愛国的な正統」と呼ばれてきました。 [172]

一方、ソビエトによる満州侵攻を主要または決定的なものと見なす人もいます。 [173] [174] [175] [176]米国では、ロバート・ペイプと長谷川毅が特にこの見解を推し進めており、説得力があると感じている人もいるが[177] [178]、批判している人もいる。 [179] [180]

文民の脆弱性ではなく、軍事的脆弱性が、日本の降伏の決定を説明しています。日本の軍事的立場は非常に貧弱だったので、米国が戦略爆撃や原子爆弾を使用していなかったとしても、その指導者たちは侵略前に、そしてほぼ同時に1945年8月に降伏したであろう。決定的な要因は、人口のコストとリスク、あるいは米国に対する日本の全体的な軍事力の弱さを懸念するのではなく、問題となっている最も重要な領土である本土を保持するための戦略を日本の指導者が認識したことでした。 —成功しませんでした。 [181]

降伏についての日本語の書物では、多くの記述がソビエトの戦争への参入を主な​​理由または原爆と同等の重要性を持っていると考えており[182]、麻田貞雄の作品のような他のものは原爆を優先している。 、特に皇帝への影響。 [183]​​降伏の理由としてのソビエトのエントリの優位性は、一部の日本の歴史家による長年の見解であり、それはいくつかの日本の中学校の教科書に登場している。 [183]

日本の降伏におけるソビエトの役割についての議論は、爆弾を投下するというアメリカの決定におけるソビエトの役割についての議論と関係があります。 [175]どちらの議論も、ソビエト連邦の重要性を強調している。前者は日本がソビエト連邦を恐れて米国に降伏したことを示唆し、後者は米国がソビエト連邦を威嚇するために爆弾を投下したことを強調している。戦争の終結に関するソビエトの説明は、ソビエト連邦の役割を強調した。 NS ソビエト大百科事典 したがって、要約されたイベント:

1945年8月、アメリカ軍の空軍は広島(8月6日)と長崎(8月9日)の都市に原子爆弾を投下しました。これらの爆撃は軍事的必要性によって引き起こされたのではなく、主に政治的な目的を果たしました。彼らは平和な人々に甚大な被害を与えました。

1945年8月8日、ソ連は同盟国との合意により締結された義務を果たし、第二次世界大戦の非常に迅速な終結を目指し、1945年8月9日からソ連は[日本]に対して戦争状態になると宣言した。そして1945年のポツダム宣言に関連していました。 1945年7月26日の米国、英国、中国の政府は、[日本]の無条件の降伏を要求し、その後の非軍事化と民主化の基盤を予見しました。ソビエト軍による攻撃は、関東軍を破壊し、満州、韓国北部、サハリン南部、千島列島を解放し、極東での戦争の急速な終結につながりました。 1945年9月2日、[日本]は無条件降伏法に署名した。 [184]

日本は、8月18日のソビエトの千島列島侵攻の3日前に降伏を宣言しましたが、以前の降伏宣言のために軍事的反対は比較的少なかったのです。 [ 要出典 ]

さらに他の人々は、経済の崩壊、軍隊、食糧、産業資材の不足が内部革命の脅威であり、今年の初めから降伏の話があったとしても、戦争に疲れた日本は降伏した可能性が高いと主張している。しかし、他の人々はそれがありそうもないと感じて、日本が活発な抵抗を示したかもしれないと主張します。 [172]

日本の歴史家麻田貞雄は、降伏の最終決定は、原爆投下の影響を受けた天皇による個人的な決定であったと主張している。 [183]

「原子外交」のルーブリックの下で議論され、1965年にガー・アルペロヴィッツによってその名前の本で進められたさらなる議論は、爆撃がソビエト連邦を威嚇する主な目的であり、冷戦の冒頭のショットであったということです。 [185]それらの線に沿って、いくつかの[ 誰? ]米国はソビエト連邦と競争し、ソビエトが太平洋戦争に入る前に爆弾を投下し、日本から降伏することを望んでいたと主張している。しかし、ソ連、米国、英国は、ヤルタ会談で、ソ連がいつ日本との戦争に参加すべきか、そして戦争の終わりに日本の領土をどのように分割するかについて合意に達した。 。 [186]

他の人々は、そのような考慮はほとんどまたはまったく役割を果たさなかったと主張し、米国は代わりに日本の降伏に関心を持っており、実際、米国は日本の降伏を早めたので、太平洋戦争へのソビエトの参入を望み、感謝した。 [187]彼の回想録の中で、トルーマンは次のように書いている。私たちの軍の首長は、クリンチを最も切望していました。これは、会議の最初の日にスターリンから得ることができました。」 [188]

CampbellCraigとFredrikLogevallは、2つの爆弾がさまざまな理由で投下されたと主張しています。

2回目の爆撃を遅らせるというトルーマンの嫌悪感は、ソビエトの要因を考慮に戻します。長崎の破壊が成し遂げたのは日本の即時降伏であり、トルーマンにとって、この迅速な降伏はソビエト軍のアジアへの移動を先取りするために重要であった。要するに、最初の爆弾は準備ができ次第、そして政権が表明した理由で、太平洋戦争の終結を早めるために投下された。しかし、2番目の爆弾の場合、タイミングがすべてでした。重要な意味で、長崎の破壊は、爆撃そのものではなく、トルーマンがそれを遅らせることを拒否したことであり、アメリカの冷戦の最初の行為でした。 [189]

ピュー研究所は2015年の調査を実施し、アメリカ人の56%が広島と長崎の原爆投下を支持し、34%が反対したことを示しました。 [190]調査は回答者の世代の影響を強調し、爆撃への支持は65歳以上のアメリカ人では70%であったが、18歳から29歳の間では47%に過ぎなかったことを示した。調査支援によると、政治的傾向も回答に影響を与えた。共和党は74%、民主党は52%と測定されました。 [190]

ギャラップの世論調査が85%の支持を示したが、10%だけが不承認だった1945年以来、爆撃に対するアメリカの承認は着実に減少している。 [191] 45年後の1990年、ギャラップは別の世論調査を実施し、53%の支持と41%の反対を発見した。 [191] 2005年の別のギャラップ世論調査は、38%の反対で57%の支持を見つけることにより、2015年のピュー研究所の研究の結果を反映した。 [191]ピュー研究所とギャラップからの世論調査データは、過去半世紀にわたる爆撃への支持の大幅な低下を示しているが、スタンフォードの政治学者は、核力の使用に対するアメリカの公的支援が同様でありながら現代的なシナリオが現れた場合、今日は1945年と同じくらい高くなります。 [192]

政治学者のスコットD.セーガンとベンジャミンA.バレンチノが実施した2017年の調査では、回答者は、2万人のアメリカ人を殺す侵略に対して、10万人のイランの民間人を殺すという仮定の状況で原子間力を使用した従来のストライキを支持するかどうか尋ねられました。兵隊。結果は、アメリカ人の67%がそのような状況での原子爆弾の使用を支持したことを示しました。 [193]しかしながら、2010年のピュー調査は、アメリカ人の64%が、核兵器を持たない国に対する核兵器の使用を控えるというバラク・オバマの宣言を承認したことを示し、多くのアメリカ人が核兵器についていくぶん矛盾する見解を持っているかもしれないことを示した原子力の使用。 [194]


スタッグフィールドからロスアラモスまで

1942年6月18日、戦争局はプロジェクトに関連する建設工事の管理を米国陸軍工兵隊のマンハッタン地区に割り当てました(初期の原子研究の多く、特にUreyのグループは、マンハッタンのコロンビア大学を拠点としていました)。 1942年9月17日、ブリッグ。レスリー・R・グローブス将軍は、プロジェクトに関連するすべての陸軍活動を担当しました。 「マンハッタン計画」は、全国に広がるこの原子研究の本体に適用されるコードネームになりました。

最初の実験用原子炉(端に約8フィート(2.4メートル)で約7トンの酸化ウランを含むグラファイトキューブ)が1941年7月にコロンビア大学に設置されました。その年の終わりまでに、原子炉の作業はアーサー・ホリー・コンプトンと彼の謎めいた名前の「冶金研究所」が関連する問題を検討していたシカゴ大学。 1942年12月2日、最初の自立した核連鎖反応が、大学のサッカースタジアムであるスタッグフィールドの観覧席の下のスカッシュコートにフェルミが建設した原子炉であるシカゴパイル1号で、フェルミの監督の下で行われました。原子力の制御放出が電力の生産とプルトニウムの製造に実行可能であることが今や証明された。

1943年2月、テネシー州ノックスビルの西約15マイル(約24 km)にあるテネシーバレーのクリンチ川にあるパイロットウラン濃縮プラントの建設が開始されました。クリントンエンジニアワークス(後にオークリッジとして知られる)は、70平方マイル(180平方キロメートル)の土地を占有し、約5,000人の技術者と保守要員を雇用するようになりました。ただし、プロジェクトの実物大の原子炉の場合、より隔離された場所が必要になります。 Grovesは、パイロット原子炉がノックスビルに近接していることについて懸念を表明しており、大型の原子炉は、テネシーバレーに収容できるよりもはるかに大きな電力需要があります。

1943年1月、グローブスはプロジェクトのプルトニウム生産施設としてワシントン中南部の580平方マイル(1,500平方キロメートル)の土地を選択しました。この場所は、比較的隔離されており、コロンビア川からの冷却水と、グランドクーリーダムおよびボンネビルダムの水力発電設備からの電力を大量に利用できるため、望ましい場所でした。ハンフォードエンジニアワークスとして知られるようになったものの作成には、地元住民の大幅な移動が必要でした。ハンフォード、リッチランド、ホワイトブラフスの町の住民は家を空けるためにわずか90日を与えられ、ワナプムのネイティブアメリカンの人々はプリーストラピッズに移住することを余儀なくされ、コロンビアの伝統的な漁場へのアクセスを失いました。 1944年の夏のピーク時には、ハンフォードの巨大な複合施設は5万人以上を雇用していました。

プロジェクトの最終段階では、セキュリティと安全性の両方の目的で、ハンフォードよりもさらに離れた場所を見つける必要がありました。マンハッタン計画の科学ディレクター、J。ロバートオッペンハイマーによって、サンタフェの北34マイル(55 km)にあるニューメキシコ州ロスアラモスの孤立したメサにある場所が選ばれました。 1943年4月から、科学者とエンジニアがロスアラモス研究所に到着し始めました。オッペンハイマーの指示の下、このチームは、クリントンとハンフォードの生産工場の核分裂性製品を純金属に還元し、その金属を成果物の武器の構成要素に加工する方法の開発を任されました。武器は、飛行機から落とすことができるように十分に小さく、ターゲットの上の空中で適切な瞬間に爆発するように融合できるように十分に単純でなければなりませんでした。これらの問題のほとんどは、最初の適切な量が機能爆弾で使用できるように、核分裂性物質の重要な貯蔵が生産される前に対処されなければなりませんでした。 1945年のピーク時には、5,000人を超える科学者、エンジニア、技術者、およびその家族がロスアラモスの敷地に住んでいました。


反撃

1952年の検閲の終了は、 被爆者 彼らの話をするために。山端庸介のような爆撃とその犠牲者の写真 噴霧された長崎、ついに公開されました。 人生 雑誌はまた、山田が撮影したものを含む、1952年の爆撃からの一連の写真を公開するでしょう。

それにもかかわらず、 被爆者 自分たちの社会で差別に直面した。彼らは、その地位のために、公衆浴場への入浴、仕事の機会、さらには結婚さえも拒否されました。目に見える怪我をした子供たちは、クラスメートに罵倒されました。和田浩一は後に次のように説明しています。 被爆者 深刻な病気の保因者であったか、2人の生存者が結婚した場合、彼らは子供を障害者にしたであろう」(Southard204)。このため、 被爆者 彼らが原爆の生存者であるという事実を隠そうとすることがよくありました。谷口稜曳は一年中長袖のシャツを着ていたことを思い出しました。変な表情で私をじっと見つめたくなかった」(209)。

被爆者 また、放射線被曝の長期的な影響にも苦しんでいました。 1947年以降、医師は白血病やその他の癌の発生率が高いことに気づき始めました。その条件のほとんど 被爆者 苦しんでいる人々は日本の医療法の対象にはなりませんでしたが、1951年のサンフランシスコ平和条約の条件により、彼らは米国を損害賠償で訴えることができませんでした。

政府の支援を提供するための法的運動 被爆者 犠牲者を支援するための募金キャンペーンと同様に始まりました。 1957年の原爆被爆者医療法は、最終的にはいくつかのメリットをもたらしましたが、被爆時の場所の証明など、入手が非常に困難な厳しい要件がありました。 1995年に可決された被爆者救済法は、より包括的で公式に定義された 被爆者 爆風から2km以内にいた人、または2週間以内に爆撃現場を訪れた人として。この定義によれば、終戦時には百万人以上の被爆者がいた。とはいえ、谷口氏が説明したように、「法律は非常に理解しにくく、政府の申請や支援を受ける手続きは非常に複雑です」(300)。

はだしのゲンの第1巻

差別にもかかわらず、 被爆者 ゆっくりと彼らの生活を再建する方法を見つけました。彼らは、広島と長崎の没収されたビデオ映像をアメリカ政府に請願し、最終的に1967年に公開されました。彼らはまた、 被爆者 1960年代の剖検標本、およびABCCは最終的に合意しました。

戦後、日本の科学界がより確立されるにつれ、生存者の正確な線量推定値を計算するために放射線影響研究所(RERF)が設立されました。長崎大学にも原爆投下研究所が設立されました。

おそらく最も重要なのは、 被爆者 彼らの経験を公に表現することがより快適になり、多くの人がそうすることで新しい目的を見つけました。谷口氏はスピーチツアーに参加し、「私が言っていることを言いたかったが、できずに亡くなった何十万人もの人々」に負っていると説明した(250)。

そのために、当時の最も重要な文化財の1つは、中沢啓治の漫画でした。 はだしのゲン、もともとは1972年と1973年に週刊誌に掲載されました 少年ジャンプ。中沢は広島への原爆投下を生き延び、6歳のときに家族のほとんどを失った。 はだしのゲン このように半自伝的であり、戦前から爆撃の余波までの広島の物語を語っています。結局、主人公のゲンは広島を離れて東京に行き、プロの漫画家になり、「私は必要なものは何でも生き続けます!約束します。"他と違って 被爆者 動作します、 はだしのゲン 日本のプロパガンダや自由の制限、戦後の差別などの問題を示しています 被爆者。後に中沢が回想したように、「人々が真実を聞いたのは初めてでした。それは私がどこへ行っても彼らが私に言ったことです」(Szasz114)。


著名な核科学者は日本の原爆投下を推奨しなかった

原子力科学者会報の1946年5月版の表紙には、主に報告書の共同創設者であるユージン・ラビノウィッチによって書かれた、機密解除されたバージョンのフランクレポートが掲載されていました。

今週は広島と長崎への原爆投下75周年を迎えます。トルーマン政権が7人の著名で先見の明のあるマンハッタン計画の科学者からのアドバイスに注意を払っていれば、人類の歴史の流れを変えた1945年8月初旬の出来事は防がれたかもしれません。ノーベル賞を受賞した物理学者のジェイムス・フランクにちなんで名付けられたフランク・レポートでは、それを作成した委員会の議長を務めたため、科学者たちは米国が原爆を日本人に対する武器として使用しないことを推奨しました。

分類された文書は、1945年6月、トリニティ実験の1か月前、広島と長崎の2か月前に、トルーマン大統領によって爆弾の使用について助言するために任命されたグループである暫定委員会に提出された。科学者たちは、原子力発電の開発が米国の技術的および軍事的権力への重要な追加を構成することに同意した一方で、彼らの言葉で言えば、「将来の深刻な政治的および経済的問題」を生み出した。日本で

米国が人類に無差別破壊のこの新しい手段を最初にリリースした場合、彼女は世界中の国民の支持を犠牲にし、兵器の競争を促進し、そのような兵器の将来の管理に関する国際合意に達する可能性を害するでしょう。

彼らの忠告は無視され、爆弾は投下された。兵器の競争が続いた。

フランクレポートは、機密解除されたバージョンが1946年5月1日号に発行された後、核軍備管理に関する重要な文書になりました。 原子力科学者会報。主にによって書かれました 速報 共同創設者のユージン・ラビノウィッチは、報告書は(秘密の)核の精霊を瓶の中に保つことの不可能性を予測しました。

ラビノウィッチが今日も生きていたら、1945年に書いたことをどのように振り返るでしょうか。その間の出来事は彼に希望や絶望をもたらすでしょうか?彼が書いたかもしれないと私が想像するものは次のとおりです。

75年前の今週、世界は破壊力の大きさという点でまったく新しいことを経験しました。私の同僚と私は、爆弾が投下されないことを望んでいました。むしろ、私たちはトルーマン大統領に、砂漠か不毛の島のどちらかで、国連のすべての加盟国の代表の前で新しい武器を実演するようにアドバイスしました。私たちはアメリカが世界に言うかもしれないと思った、&ldquoあなたは私たちが持っていたが使用しなかった武器の種類を見る。他の国がこの放棄に参加し、効率的な管理の確立に同意した場合、将来的にその使用を放棄する準備ができています。&rdquo

残念ながら、そうではありませんでした。代わりに、世界は7月にアラモゴードでトリニティテストを目撃し、続いて8月に日本の2つの都市で悪夢が解き放たれました。

トルーマン大統領が私たちの勧告に同意した場合に何が起こったのか想像するのは難しいです。彼は、世界がこれまでに知っている最も致命的な爆弾を解き放つことが軍拡競争を引き起こし、そのような兵器の将来の管理に関する国際合意に達する可能性を損なうことを知っていましたか?彼は、2020年までに9つの州が合計14,000近くの核兵器を保有することを知っていましたか?

トルーマン大統領に日本の原爆投下を控えるよう説得したり、核軍拡競争を回避したりすることはできませんでしたが、人類は過去から十分に学び、未来を確実にすることができると確信しています。私と私の同僚が 原子力科学者会報 私たちは、以前は政府の秘密によって抑圧されていた科学者が、核戦争を回避するために必要な情報と視点を公に表明し、提供するための場を作りたかったのです。歴史、社会学、法学、その他の物理学や化学以外の分野に主な関心を持っている専門家が最初からこの雑誌に携わっていることを嬉しく思います。そしてもちろん、核戦争を目撃していないので安心です。

しかし、核戦争をさらに75年以上も食い止めたいのであれば、やるべきことはまだたくさんあります。フランクレポートで、私の同僚と私は次のように述べています。

過去において、科学はそれが可能にした新しい侵略兵器に対する新しい保護方法も提供することができたが、原子力の破壊的使用に対するそのような効率的な保護を約束することはできない。この保護は、世界の政治組織からのみ得ることができます。平和のための効率的な国際組織を求めるすべての議論の中で、核兵器の存在は最も説得力のあるものです。国際紛争ですべての手段を行使することを不可能にする国際的な権威がない場合でも、核兵器競争を禁止する特定の国際協定によって、国家は完全な相互破壊につながるはずの道から逸れる可能性があります。

これは、私たちが書いたときと同じように今日も真実です。核抑止力が私たちの安全を守ると信じている人もいますが、私は同意できません。私の同僚が40周年記念版で意見を述べたように 速報 1985年8月、&ldquoNowは、継続的に戦争の準備をすることで世界平和を維持できるというひねくれた概念を埋める時です。まだ時間があるうちに、私たちは永続的な平和のために働かなければなりません。&rdquo日本で爆弾が投下されるのを止めることはできませんでしたが、おそらく二度と使われるのを止めることができます。

揺るぎないご支援に感謝いたします。

75年前の今週の原爆投下による荒廃と破壊について考えると、トルーマン大統領がフランクレポートの背後にいるラビノウィッチや他の科学者たちのアドバイスに耳を傾けていたら、私たちがどのような代替の未来に生きるのか疑問に思わざるを得ません。 25年経った今でも核兵器のない世界を想像していることを願っていますが、その代わりに、私たちの継続的な共同の努力によって、私たちはそれに到達するでしょう。


広島と長崎への原爆投下は必要でしたか? - 歴史

説教オーディオでこのプレゼンテーションを聞くには、をクリックしてください ここ .

原爆は1945年8月6日広島と1945年8月9日長崎に投下された。

日本での70周年記念イベントの疑い

この研究された記事とプレゼンテーションにつながったのは、 ビデオオーディオ リンクスは、私の末っ子のカルバンが2015年8月に日本で開催されたスカウトジャンボリー(国際的な4年ごとのイベント)に参加する予定だったときでした。第二次世界大戦を終わらせ、アメリカと日本の両方の命を救うためには、誰もが知っていた原爆に関する反米宣伝が不可欠でした。

事実は本当に良い話を台無しにすることができます

だから私は研究に没頭し、当時のすべてのアメリカのトップ軍事指導者がそれに反対していることに驚いたのです!私は政治的に正しくありません。私は社会正義の戦士の一員ではありませんでした。私はの一部ではありません 「私たちはアメリカが嫌いです」 動き。私は40年以上にわたり、キャンプ、コース、ラジオ、テレビ、公開会議、学校、大学、討論会で、左翼の反米レトリックの多くに対抗して、多くの親米記事を書いてきました。そのため、ジェームズ・ケネディ博士のようなアメリカの愛国者は、彼のラジオ番組、テレビ番組、そして彼の説教壇で私を定期的に迎えました。

歴史を理解するための戦い

私はチョムスキーのような社会主義者を支持していません。ただし、停止した時計でも1日2回正しい場合があります。このため、私は時々カール・マルクスを引用することさえあります。マルクスは、最初の戦場は歴史の書き直しであると言いました、彼の弟子たちはそれをするのにとても忙しかったです。

当時の米軍指導者たちはそれに反対した

このプレゼンテーションでは、ウィリアム・リーヒ提督、ダグラス・マッカーサー将軍、カーティス・ル・メイ将軍、チェスター・ニミッツ艦隊提督、およびハーバート・フーバー米国大統領を含む他のアメリカの指導者から引用しています。

アメリカの保守派は自由民主党による原爆の使用に反対した

40年代後半から50年代を通して、日本での原爆の使用に対するアメリカの反対は保守派の間で一貫していたことに私は驚いた。共和党の保守派が反対している間、この原爆攻撃を正当化したのは自由民主党員でした。与えられた理由のため。

爆撃都市の倫理と有効性のUSAF評価

私の親友である米空軍が引退したベン・パルティン将軍は、フロントライン・フェローシップの理事です。パルティン将軍は、第二次世界大戦中のイギリス空軍とアメリカ陸軍航空軍の飽和爆撃/戦略爆撃キャンペーンがいかに非生産的であったかを私に最初に説明しました。精密誘導兵器を開拓したのはパルティン将軍でした。彼の信念のために、彼はキリスト教のUSAF兵器スペシャリストとして、都市の戦略爆撃キャンペーン/飽和爆撃が戦争を長引かせ、そしてもちろん、 "巻き添え被害" 民間人の死の。そのため、彼はレーザー、GPS、ボタン電池の開発を推進し、精力的に人生を捧げ、時間内に巡航ミサイルを製造しました。

真実は調査を恐れない

私は平和主義者ではなく、決して反米ではありません。バランスの取れた方法で自己批判的であることはクリスチャンのしるしです。軍の倫理は、軍を定期的に講義し、従軍聖職者を訓練した者としての私の関心事です。この研究のポイントは何ですか?ジョージ・パットン将軍が1945年に書いたことの真実を示すために、その共産主義の影響力のあるエージェントは、アジアとヨーロッパの両方で共産主義の大義に奉仕するほどに米国国務省とホワイトハウスに侵入しました。米軍はそれに反対した。科学者たちはそれに反対しました。米国国防長官、海軍長官、軍事情報部など、多くの上級政治家でさえ反対した。しかし、ニミッツ提督が報告したように: 「トルーマンは、日本に原子爆弾を投下するよう大統領に圧力をかけているほんの一握りの人々に屈した。」

より良い未来を築くためには、歴史から学ぶ必要があります

私の懸念は、アメリカと私たちの使命分野である世界の両方にとって最善であるということです。

原爆は実際に命を救ったのですか?

アメリカは第二次世界大戦を終わらせ、アメリカ人と日本の両方の命を救うために広島と長崎に核爆弾を投下したと教えられました。しかし、当時の米軍高官のほとんどはそうではないと言った。トルーマン大統領によって日本への空襲を研究するために割り当てられた米国戦略爆撃調査団は、1946年7月に次のように結論付けた報告書を作成しました。 「すべての事実の詳細な調査に基づき、関与した生き残った日本の指導者の証言に裏付けられて、確かに1945年12月31日より前に、そしておそらく1945年11月1日より前に、日本は降伏したであろうというのが調査の意見である。たとえ原爆が投下されなかったとしても、ロシアが戦争に参加していなかったとしても、そして侵略が計画も企図もされていなかったとしても。」

戦争を終わらせたり、命を救ったりするために核兵器は必要ありませんでした

全般的 (そして後に大統領) ドワイト・アイゼンハワー, すべての連合軍の最高司令官、 言った: 「日本人は降伏する準備ができていて、そのひどいことで彼らを殴る必要はありませんでした。」 (ニューズウィーク、11/11/63、Ike on Ike)。 アイゼンハワーはまた次のように述べています。 「1945年7月、ドイツの私の本部を訪れた陸軍長官は、私たちの政府が日本に原爆を投下する準備をしていると私に知らせました。私は知恵に疑問を呈する多くの説得力のある理由があると感じた人の一人でした。そのような行為の…私は彼に私の重大な不安を表明しました。第一に、日本はすでに敗北しており、爆弾を投下することは完全に不要であるという私の信念に基づいて、そして第二に、我が国は使用によって世界の意見に衝撃を与えることを避けるべきだと思ったからです。アメリカ人の命を救うための手段としてもはや義務ではなくなったと私は思った。その瞬間、日本は「顔」の損失を最小限に抑えて降伏する方法を模索していたと私は信じていた。私の態度に深く動揺しました…。」

不必要で非倫理的

ウィリアム・リーヒ提督 、1942年から1949年に引退するまでの米軍の最高位のメンバーであり、最初の事実上のメンバーでした 統合参謀本部議長、 書きました: 「広島と長崎でのこの野蛮な兵器の使用は、日本との戦争において重要な助けにはならなかったと私は思う。効果的な海上封鎖と通常兵器による爆撃の成功により、日本人はすでに敗北し、降伏する準備ができていた。将来の原子爆弾の致命的な可能性は恐ろしいものです。私自身の感覚では、最初にそれを使用したとき、私たちは暗黒時代の野蛮人に共通の倫理基準を採用しました。私はそのように戦争をするように教えられていませんでした。 、そして戦争は女性と子供たちを破壊することによって勝つことはできません。」

軍事的正当化なし

ダグラス・マッカーサー将軍 同意した: 「広島と長崎に原爆を投下する決定についてのマッカーサーの見解は、一般の人々が想定していたものとはまったく異なっていた…。彼は爆弾を投下することの軍事的正当性を見なかった。米国があれば、戦争は数週間前に終わったかもしれない。とにかく後でしたように、皇帝の機関の保持に同意した。」

ポツダムの脅威

さらに、1945年7月のポツダム宣言は、日本が無条件に降伏するか、「迅速かつ完全な破壊」に直面することを要求した。マッカーサーは愕然とした。彼は、日本人が彼らの皇帝を決して放棄しないこと、そして彼なしでは平和への秩序ある移行はとにかく不可能であることを知っていました。皮肉なことに、降伏が起こったとき、それは条件付きであり、条件は帝国の治世の継続でした。将軍の忠告があれば、広島と長崎での核兵器への手段は不要だったでしょう。


機会を逃した

陸軍長官ジョン・マクロイ 了解しました: 「ポツダムから発行された日本政府への最後の最後(1945年7月)で、皇帝の保持を立憲君主制と呼び、原材料の合理的なアクセス可能性について言及した場合、私は常に感じていました。将来の日本政府、それは受け入れられたでしょう…私たちは爆弾を落とす必要なしに、私たちにとって完全に満足のいく日本の降伏を達成する機会を逃しました。」

戦争はすでに勝ちました

海軍長官の下で、ラルフバード 言った: 「日本人は平和の準備ができていて、彼らはすでにロシア人とスイス人に接近していた。そして、原爆の警告を与えるというその提案は彼らにとって顔を救う提案であり、彼らは容易に受け入れることができた。日本の戦争は私たちが原子爆弾を使う前に本当に勝ったという意見です。したがって、私たちが核の位置を明らかにし、ロシア人が同じことをもっと早く開発するように刺激する必要はなかったでしょう。 爆弾を落とさなかった場合よりも…日本人はどんどん弱くなっていきました。彼らは海軍に囲まれていました。彼らは輸入品を手に入れることができず、何も輸出することができませんでした。当然のことながら、時が経ち、戦争が私たちに有利に発展するにつれ、適切な種類の警告があれば、日本人は平和を作る立場になり、それが不必要になることを期待し、期待することは非常に論理的でした。爆弾を投下してロシアを連れてくるために」 (私たちが原爆を使用する前に戦争は本当に勝ちました、U.S。Newsand World Report、8/15/60)

それは戦争を終わらせることとは何の関係もありませんでした

カーチス・ルメイ将軍 、葉巻を吸うタフな陸軍空軍 "鷹"、核爆弾が日本に投下された直後に公に述べられた: 「戦争は2週間で終わったでしょう…原子爆弾は戦争の終わりとはまったく関係がありませんでした。」

侵入は必要ありませんでした

米国爆撃調査団の副会長ポール・ニッツェ 書きました: 「原爆がなくても、日本は数ヶ月で降伏する可能性が高いと結論付けました。私自身の見解では、日本は1945年11月までに降伏するでしょう。広島と長崎への攻撃がなくても、私たちが何をしたかを考えると、それは非常にありそうにありませんでした。 1945年11月1日に予定されていた島々への米国の侵攻が必要だったであろうという日本政府の気分であったことがわかった。」

共産主義のためのアジアの開放

海軍情報局の副所長エリス・ザカリアス 書きました: 「日本人が降伏する準備ができたちょうどその時、私たちは先に進んで、これまでに見た中で最も破壊的な武器を世界に紹介し、事実上、東アジアに群がるロシアにゴーサインを与えました。ワシントンはそれが時間であると決定しました原爆を使う。それは間違った決定だったと私は主張する。それは戦略的な理由で間違っていた。そしてそれは人道的な理由で間違っていた。」 ((エリス・ザカリアス、 日本の降伏をどのようにぶち壊したか、見て、6/6/50)

不道徳で不必要

カーター・クラーク准将 、トルーマン大統領と彼の顧問のために傍受された日本のケーブルの要約を準備することを担当する軍事諜報員は言った: 「私たちがそれをする必要がなく、私たちがそれをする必要がないことを知っていて、彼らが私たちがそれをする必要がないことを知っていたとき、私たちはそれらを2つの原子爆弾の実験として使用しました。他の高官も同意した。例:米海軍作戦部長のアーネスト・J・キング最高司令官は、1945年3月の海軍封鎖と以前の日本の爆撃により日本人は無力になったと述べた。そして、原爆の使用は不必要で不道徳なものだった」と語った。

二重犯罪

"艦隊提督チェスター・W・ニミッツ 1945年9月22日の記者会見で、「提督は、原爆投下とロシアの戦争への参入の前に日本が敗北したと主張する人々に彼の声を加える機会を得た」と述べた。 1945年10月5日のワシントン記念塔でのその後の演説で、ニミッツ提督は次のように述べています。 。」アイゼンハワー将軍が個人的な訪問でトルーマンに原爆を使わないように促したこともわかった。アイゼンハワーの評価は、「そのひどいことで彼らを殴る必要はなかった…原子爆弾を使って、交渉さえ試みずに民間人を殺し、恐怖に陥れることは二重の犯罪だった」。アイゼンハワーはまた、トルーマンが大統領に原爆を投下するよう圧力をかけているほんの一握りの人々に「屈服」する必要はなかったと述べた。」

「イギリスの将校は同じ考えでした。たとえば、 ヘイスティングス・イスメイ将軍英国国防大臣の参謀長はチャーチル首相に、「ロシアが日本との戦争に突入したとき、日本人はおそらく天皇の降格以外のほぼすべての条件で脱出したいと思うだろう」と述べた。原子実験が成功したと聞いたイスメイの私的な反応は「嫌悪感」の1つだった」と語った。

なぜ軍事的価値のない人口の多い都市に爆弾が投下されたのですか?

核兵器の使用を支持した将校でさえ、主に人口の少ない地域、または日本の軍事目標…都市ではなく核兵器の使用を支持した。

提案されたデモンストレーション

海軍長官ルイス・ストローズの特別補佐官 核兵器の非致死的デモは日本人に降伏を説得するのに十分であると提案しました…そして海軍長官は同意しました: 「私はフォレスタル長官に、武器を使用する前にデモンストレーションすることを提案しました…戦争はほぼ終わりました。日本人は降伏する準備がほぼ整っていました…私の提案…武器は…クリプトメリアの木の大きな森でデモンストレーションする必要がありました東京からそう遠くない…爆発の中心から風の列に木をマッチ棒のように四方八方に並べ、もちろん中心に火をつけた。日本人に彼らの都市を自由に破壊できることを証明する…フォレスタル長官はその勧告に心から同意した…戦争を成功させるためにそのような兵器は必要ではなかったように思えた。世界の兵器への道…」

警告は最初に与えられるべきでした

ジョージ・マーシャル将軍 同意した: 「これらの兵器は、最初に、大規模な海軍施設や…人々が立ち去るように警告される多くの大規模な製造地域などのまっすぐな軍事目的に対して使用される可能性があります-日本人にそのようなセンターを破壊するつもりであることを伝えます...」

民間人をターゲットにする

広島も長崎も、米国の計画立案者によって軍事的に不可欠であるとは見なされていませんでした。 (これは、どちらも戦争のこの時点まで激しく爆撃されなかった理由の1つです。)さらに、広島と長崎を標的にすることは、労働者の家に囲まれた非軍事施設を明確に狙っていました。

歴史家は爆弾が必要でなかったことに同意します

歴史家は、戦争を止めたり命を救ったりするために核兵器を使用する必要がなかったことに同意します。歴史家として ダグロング ノート: 「米国原子力規制委員会の歴史家、J。サミュエルウォーカーは次のように書いています。「日本の侵略を回避し、比較的短期間で戦争を終わらせるために爆弾は必要なかったという学者の間のコンセンサス。爆弾に代わるものが存在したことは明らかです。そして、トルーマンと彼の顧問はそれを知っていた。」 (J.サミュエルウォーカー、 爆弾を使用する決定:歴史的最新情報、外交史、1990年冬)

政治家は原子爆弾は必要ないことに同意した

元大統領ハーバート・フーバーは次のように述べています。 「日本人は1945年2月から原爆投下の前までずっと交渉する準備ができていた…そのようなリードが追跡されていたら、原爆を投下する機会はなかっただろう。」

日本人は戦争を終わらせたかった

国務次官ジョセフ・グルー 了解しました: 「入手可能な証拠に照らして、私自身と他の人々は、王朝の保持についてのそのような明確な声明が1945年5月に出されたならば、日本政府の降伏志向の要素はそのような声明によって与えられたかもしれないと感じました。正当な理由と早期の明確な決定に至るために必要な力。1945年5月、あるいは6月、7月に、ソビエトロシアが太平洋戦争に突入して原子を使用する前に降伏がもたらされた可能性がある場合爆弾、世界は獲得者だっただろう。」

それではなぜ原爆が日本に投下されたのか?

戦争を終わらせたり、命を救ったりするために核爆弾を投下する必要がなかったのなら、なぜ核爆弾を投下するという決定が下されたのでしょうか。特に、非常に多くのトップの軍事的および政治的人物の反対についてはどうでしょうか。

科学者はおもちゃをテストするのが好きです

1つの理論は、科学者は新しいおもちゃで遊ぶのが好きだというものです。1945年9月9日、 ウィリアム・F・ハルゼー提督第3艦隊の司令官は、科学者が:「おもちゃと彼らはそれを試してみたかった…最初の原子爆弾は不必要な実験だった…それを落とすのは間違いだった。」

原子爆弾の使用に反対した科学者でさえ

しかし、原子爆弾を開発したマンハッタン計画の科学者のほとんどは、日本での使用に反対しました。科学者たちは、従来の爆弾で日本の都市を破壊することができなかったときに、原子爆弾で日本の都市を破壊して降伏をもたらす能力に疑問を呈した。彼らは、日本の人口の少ない地域での原子爆弾のデモンストレーションを勧めました。

原子軍拡競争の促進

アルバート・アインシュタイン 、原子爆弾の開発のための重要な触媒(しかしマンハッタン計画とは直接関係がない)は言った: 「 『大多数の科学者は原子爆弾の突然の使用に反対した』。アインシュタインの判断では、爆弾の投下は軍事的または科学的決定ではなく、政治的、外交的決定であった。実際、マンハッタンプロジェクトの科学者の一部は1945年に国防長官に直接手紙を送り、爆弾を投下することを思いとどまらせようとした。人類に無差別に破壊するこの新しい手段を解放すると、彼女は世界中の国民の支持を犠牲にし、兵器の競争を促進し、そのような兵器の将来の管理について国際合意に達する可能性を害するだろう」と語った。 (政治的および社会的問題、マンハッタンエンジニア地区記録、ハリソン-バンディファイル、国立公文書館(マーティン・シャーウィン、 破壊された世界)

冷戦の開始

History.com ノート: 「2つの原子爆弾が日本に投下されてから数年で、多くの歴史家は、兵器には二面的な目的があると示唆しました…。第二の目的は、大量破壊の新しい兵器をソビエト連邦1945年8月までに、ソビエト連邦と米国の関係はひどく悪化しました。ハリーS.トルーマン米国大統領、ロシアの指導者ジョセフスターリン、ウィンストンチャーチル(クレメントアトレに取って代わられる前)の間のポツダム会議はわずか4回で終了しました。広島爆撃の数日前。会議はアメリカ人とソビエトの間の非難と疑惑によって特徴づけられた。ロシア軍は東ヨーロッパの大部分を占領していた。トルーマンと彼の顧問の多くは、米国の原子独占がソビエトとの外交的影響力を提供することを望んでいた。このように、日本への原爆投下は冷戦の最初のショットと見ることができる」と語った。

人道に対する罪

爆弾を使って戦争を終わらせ、命を救うという従来の説明は、 ピーター カズニックマーク・セルデン、ニューヨーク州イサカのコーネル大学の歴史家。米国、日本、ソビエトの外交アーカイブに関する新しい研究は、トルーマンの主な動機がアジアにおけるソビエトの拡大を制限することであったことを示唆している。

ニューサイエンティスト 2005年に報告: 「1945年に広島と長崎に原子爆弾を投下するという米国の決定は、第二次世界大戦を終わらせるのではなく、冷戦を開始することを意図していたと、物議を醸している理論を​​裏付ける新しい証拠があると言う2人の核歴史家によると。数キログラムのウランとプルトニウムの反応と20万人以上の殺害は、日本に牛を投下するよりもソビエト連邦を感動させるために行われた。米国ワシントンDCのアメリカン大学研究所。「それは単なる戦争犯罪ではなく、人類に対する犯罪でした。」

日本は平和を求めていた

によるアカウントによると ウォルター・ブラウン、米国国務長官補佐 ジェームズ・バーンズ、トルーマンは、爆弾が広島に投下される3日前の会議で、日本は「平和を求めている」と合意した。トルーマンは、陸軍将軍のダグラス・マッカーサーとドワイト・アイゼンハワー、そして海軍のチーフ・チーフであるウィリアム・リーヒから、爆弾を使用する必要はない、と言われました。 「ロシアを印象づけることは、日本での戦争を終わらせることよりも重要でした。」

ロシアは私たちの真の敵であり、日本ではありませんでした

ジョン・ピルガー 指摘している: "米国陸軍長官、ヘンリー・スティムソン、トルーマン大統領に、米空軍が日本を「爆撃し、新しい兵器がその強さを発揮できない」ことを「恐れている」と語った。彼は後に、「降伏を達成するための努力はなされておらず、真剣に検討されていなかった」と認めた…爆弾を作ったマンハッタン計画のディレクター、レズリー・グローヴス将軍は証言した。敵であり、プロジェクトはそれに基づいて行われたこと。広島が全滅した翌日、トルーマン大統領は「実験」の「圧倒的な成功」に満足を表明した。

保守派は不道徳として原子爆弾に反対した

メリーランド大学の政治経済学教授であり、米国下院および米国上院の元立法院長であり、州務省の特別補佐官である。 ガー・アルペロヴィッツ 宣言: 「ほとんどのアメリカ人は事実に気づいていませんが、1945年に日本との戦争を終わらせるためにアメリカが原子爆弾を使用する必要がなかったことを認識する歴史家が増えています。さらに、この本質的な判断はトップアメリカ人の大多数によって表明されました戦争が終わった後の数年間の3つのサービスすべての軍事指導者:陸軍、海軍、空軍。今日時々考えられているように、これは「リベラル」の判断でもありませんでした。実際、主要な保守派は決定に異議を唱える際にはるかに率直でした。第二次世界大戦後の数年間、アメリカのリベラル派よりも不当で不道徳でした。

アジアにおける共産主義の大義に奉仕する

「米国は、他の選択肢で戦争を終わらせる代わりに、8月8日のソビエト攻撃が当初予定されていたのとほぼ同じ時期に2つの原子爆弾を急いで使用した。8月6日の広島と8月9日の長崎。明らかに多くの歴史家の間で疑問を投げかけた。」

不要

しかし、最も明るい視点は、第二次世界大戦のアメリカ軍のトップリーダーからのものです。原子爆弾が百万人の命を救ったという従来の知識は非常に広まっているので、ほとんどのアメリカ人は、この問題に真剣に関心を持っている人に何か印象的なことを考えるために立ち止まることはありませんでした。多くの人々は、日本の都市の不必要な破壊と見なされたものと、本質的に非戦闘集団であったものに道徳的に腹を立てました。さらに、彼らはそれについて非常に公然と公に話しました。

政治的決定

ジョージ・C・マーシャル将軍 それは軍事的決定ではなく、むしろ政治的決定であると繰り返し言っているように記録されています。

公式抗議

1945年8月11日、日本政府は、東京のスイス公使館を通じて、原爆投下に関する公式の抗議を米国国務省に提出しました。 「老若男女を問わず、戦闘員と非戦闘員の男女は、爆発の大気圧とその結果生じる放射熱によって区別されることなく虐殺されます。その結果、人類が持つ最も残酷な影響を与える爆弾が関係しています。これまでに知られている…問題の爆弾は、アメリカ人によって、その残酷さとその恐怖の影響によって使用され、はるかにガスや他の武器を上回り、その使用は禁止されています。米国の国際戦争原則の冒涜に対する日本の抗議は、老人、女性、子供を虐殺し、新東と仏教の寺院、学校、病院、居住区などを破壊し、焼き払う以前の爆撃での原子爆弾の使用。彼らは現在、この新しい爆弾を使用しており、制御不能で残酷な効果をもたらしていますこれまでに使用された他のどの武器や発射物よりもはるかに大きい。これは、人類と文明に対する新たな犯罪を構成する。」

司法審査

1963年、爆撃は司法審査の対象となりました。東京地方裁判所は、 「広島と長崎への攻撃は、戦争の実施を支配する最も基本的な法的原則に違反するほどの深刻で無差別な苦痛を引き起こした。」

ハーグ条約

裁判所の見解では、都市に原子爆弾を投下する行為は、1907年のハーグ陸戦規則および1922年から1923年のハーグ空中戦規則草案に見られる国際法に準拠していたため、違法でした。 。

ドキュメンタリーで 戦争の霧、 前者 米国国防長官ロバート・S・マクナマラ 日本に核爆弾を投下するという大統領命令を中継したカーチス・ルメイ将軍は次のように述べた。 「もし私たちが戦争に負けたら、私たちは皆戦争犯罪者として起訴されたでしょう。 そして、私は彼が正しいと思います。彼と私は、戦争犯罪者として振る舞っていたと思います。 LeMayは、彼の側が負けた場合、彼がしていることは不道徳であると考えられることを認識しました。しかし、負けた場合は不道徳になり、勝った場合は不道徳にならないのはなぜですか?」

無差別大量殺戮

平岡敬広島市長 、ヒアリングで言った ハーグ国際司法裁判所 (ICJ):「核兵器の使用は、何十年にもわたって生存者に影響を与える無差別な大量殺戮を引き起こし、国際法に違反していることは明らかです。」。長崎市長の伊藤一長は、同じ公聴会で次のように宣言した。 「原爆被爆者の子孫は、遺伝的影響を明らかにするために数世代にわたって監視されなければならないと言われています。つまり、子孫は、その巨大な力と虐殺の能力で、[数十年]が来るのを心配して生きるでしょう。核兵器は、戦闘員と非戦闘員、または軍事施設と民間コミュニティを区別しません。したがって、核兵器の使用は、国際法の明白な違反です。」

シカゴ大学の歴史家ブルース・カミングス 歴史家の間でコンセンサスがあると述べています 「長崎の爆弾はせいぜい無償で、最悪の場合大量虐殺でした。」

R.J.教授ランメルの 民衆殺戮の定義には、大量虐殺だけでなく、戦争での民間人の過度の殺害も含まれます。これは、合意された戦争規則に反する範囲で、広島と長崎への原爆投下は戦争犯罪であり、したがって民衆殺戮であると彼は主張します。ランメルは、とりわけ、1938年に米国政府が中国の都市を爆撃したことに対する日本への公式の抗議を引用している。 「非戦闘員の爆撃は国際法および人道法に違反した。」 彼はまた、東京大空襲などの従来の手段によって引き起こされた大火での民間人の過剰な死を、民衆殺戮の行為と見なしている。

1967年、 ノーム・チョムスキー 原爆投下を次のように説明した 「歴史上最も言いようのない犯罪の中で」。チョムスキーは、爆撃におけるアメリカ人の共犯を指摘した。テロの定義は 「政治的目標を達成するための無実の民間人の標的」。

不必要な苦しみと破壊

1899年と1907年のハーグ条約は、民間人の攻撃に関する規則を定めています。ハーグ条約は、宗教的建造物、芸術および科学センター、慈善団体、病院、および歴史的記念物は、軍事目的で使用されていない限り、砲撃で可能な限り免れるべきであると述べました。ハーグ条約はまた、 「不必要な苦痛を引き起こすと計算された武器、発射体、または材料」。

戦争はそれほど長く続く必要はなかった

マッカーサーはまた、ルーズベルトに次のように語っていました。 「フィリピンが占領された後はいつでも日本人と平和を築くことができた…彼らの支持脚が切断された状態で、彼らは殴打された。」 彼は言った: 「しかし、ルーズベルトは、日本での最終運動で指揮をとるべきではないと決心した…」

原子爆弾は戦争を終わらせるために必要ではありませんでした

マッカーサー将軍は次のように宣言しました。 「1945年初頭に日本の平和の序曲が受け入れられていれば、原爆の損失とロシアの満州への侵入をすべて回避できただろう。」

アジアを共産主義に裏切る

マッカーサーは1946年にハーバートフーバー大統領に次のように語った。 「トルーマンの政策は、ロシアが満州から傀儡国家を作ることを可能にし、中国とモンゴルのすべてを共産主義に裏切ることを可能にしていた。」

「都市を奪うために戦争をしながら長い間都市を包囲するとき、あなたはその木を破壊してはならない…」 申命記20:19

改革社会
P.O.ボックス74ニューランズ7725
南アフリカ、ケープタウン
Tel:021-689-4480

このメールアドレスはスパムボットから保護されています。表示するにはJavaScriptを有効にする必要があります


原爆投下に関するトルーマンの考察

以下は、1953年1月12日にハリー・トルーマンがジェームズ・L・ケイト教授に宛てた手紙で、第二次世界大戦を終わらせるために原子爆弾を使用する必要性についての彼の理解を明確に示しているようです。

ホワイトハウス
ワシントン
1953年1月12日

私の愛するケイト教授
1952年12月6日のあなたの手紙がちょうど私に届けられました。ニューメキシコで核爆発が成功したというメッセージがポツダムに届いたとき、当時日本との間で進行中の戦争への影響について多くの興奮と会話がありました。翌日、私はイギリスの首相と大元帥スターリンに爆発は成功したと話しました。イギリスの首相は私が彼に言ったことを理解し、感謝しました。スターリン首相は微笑んで爆発を報告してくれたことに感謝したが、彼はその重要性を理解していなかったと確信している。私は国務長官、バーンズ氏、戦争長官、スティムソン氏、リーヒ提督、マーシャル将軍、アイゼンハワー将軍、キング提督などの会議に電話し、この恐ろしい兵器で何をすべきかについて話し合った。

私はマーシャル将軍に、東京平野や日本のその他の場所に着陸するのにどれくらいの費用がかかるか尋ねました。そのような侵略は少なくとも25万人の死傷者を出し、アメリカ側だけでも同数の敵と一緒に100万人もの犠牲者を出すかもしれないというのが彼の意見でした。出席した他の軍と海軍の男性は同意した。私はスティムソン長官に、日本のどのサイトが戦争生産に専念しているかを尋ねました。彼はすぐに広島と長崎などに名前を付けた。最後通告を日本に送りました。却下されました。

大西洋の真ん中にいたとき、ポツダムからの帰りに名前が付けられた2つの都市に投下された原子爆弾を注文しました。あなたの手紙の中で、あなたは爆弾の配達の準備をするためのスパーツ将軍への指令が7月25日付けであるという事実を提起します。もちろん、これらの命令のように軍用車輪を動かす必要がありましたが、最終的な決定は私の手に委ねられ、ポツダムから戻るまで行われませんでした。爆弾を投下することで戦争は終結し、命を救い、自由国家に事実に立ち向かう機会を与えました。日本が辞めるように見えたとき、ロシアは降伏の1週間も経たないうちに争いに突入し、和解に参加した。ロシアは日本に対する勝利に向けて軍事的貢献をしなかった。囚人は降伏し、満州はソビエトに占領されました。韓国は38度線の北にありました。


爆撃をめぐる議論

日本の降伏と米国の倫理的正当化における爆撃の役割は、何十年にもわたって学術的かつ人気のある議論の対象となってきました。 J.サミュエルウォーカーは、この問題に関する最近の歴史学の概要を2005年4月に書いた、「爆弾の使用をめぐる論争は確実に続くようだ」と彼は書いた。ほぼ40年の間に、米国が満足できる条件で太平洋戦争で勝利を収めるために爆弾の使用が必要だったかどうかがわかります。&#8221

爆撃の支持者は一般に、彼らが日本の降伏を引き起こし、ダウンフォール作戦中の両側の死傷者を防いだと主張している。一つの比喩、「1億人[大日本帝国の主題]は天皇と国家のために死ぬ」、統一スローガンとして役立った。トゥルーマンの1955年の回顧録で、彼は、原子爆弾がおそらく50万人の米国人の命を救ったと述べています。これは、11月に予定されている連合国の日本侵攻で予想される死傷者です。スティムソンはその後、100万人の米国人の死傷者を救うこと、チャーチルは100万人のアメリカ人とその半分のイギリス人の命を救うことについて話しました。より多くの日本人の死。支持者はまた、1944年8月1日に日本戦争省から出された、捕虜収容所が戦闘地帯にあったときに連合軍捕虜の処刑を命じた命令を指摘している。

爆撃に反対する人々は、原子爆撃は根本的に不道徳である、爆撃は戦争犯罪として数えられる、軍事的に不必要である、国家テロを構成する、人種差別や人間性の抹殺を伴うという信念を含む多くの理由を挙げています。日本人の。 1965年にガー・アルペロビッツに端を発し、日本の学校史教科書のデフォルトの位置になっている爆撃の批評家の間で人気のある別の見解は、原子外交の考えです:米国は初期の段階でソビエト連邦を脅かすために核兵器を使用しました冷戦の。爆撃は、すでに激しい従来の爆撃キャンペーンの一部でした。これは、海上封鎖とドイツの崩壊(再配備に関する影響を伴う)とともに、日本の降伏につながる可能性もあります。 1945年8月9日に米国が長崎に原子爆弾を投下したとき、ソビエト連邦は満州の関東軍に対して160万人の軍隊による奇襲攻撃を開始した。 「ソビエトの戦争への参入」は、日本の歴史家長谷川毅が、日本がモスクワの調停を通じて戦争を終わらせることができるという希望を打ち砕いたため、日本を降伏させる上で原爆よりもはるかに大きな役割を果たしたと主張した。 。&#8221

長崎への原爆投下:長崎、原爆爆発の前後


ビデオを見る: 実話広島原爆..地獄の10分間川が死体で埋まった