オリンピアタイムライン

オリンピアタイムライン



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

  • NS。西暦前1900年

    オリンピアでの定住の最初の証拠。

  • 西暦前776年

    ゼウスに敬意を表して最初の運動競技がオリンピアで開催され、1つのイベントがあります。 スタジアム フットレース。

  • 西暦前724年

    NS ディアウロス オリンピックのスケジュールにフットレース(スタジアムの2つの長さ)が追加されます。

  • 西暦前720年

    NS ドリコス フットレースはオリンピックのスケジュールに追加され、スパルタのアカントスが優勝します。

  • 西暦前720年

    Orsipposは、オリンピックでふんどしを捨てた最初のアスリートであり、アスリートが裸で競うための大会を確立しました。

  • 西暦前708年

    オリンピックのスケジュールにレスリングと五種競技が追加されました。

  • 西暦前688年

    オリンピックのスケジュールにボクシングが追加されました。

  • 西暦前680年

    オリンピックのスケジュールに戦車レースが追加され、初めて2日間に延長されました。

  • 西暦前680年

    NS テスリッポン (4頭戦車競走)がオリンピックのスケジュールに追加されました。

  • 紀元前650年-紀元前600年

    オリンピアに建てられたヘラ神殿、ヘライオン。

  • 紀元前648年

    NS パンクラチオン (レスリングとボクシングの組み合わせ)がオリンピックのスケジュールに追加されます。

  • 西暦前632年

    男子向けのイベントがオリンピックのスケジュールに追加され、初めて3日間に延長されました。

  • 西暦前532年

    クロトンのミロンは、オリンピックでの5回連続のレスリング大会の最初の大会で優勝しました。

  • 西暦前521年

    ペレンのファナが勝ちます スタジアム, ディアウロス 同じオリンピックで鎧を着てレースをします。

  • 西暦前520年

    NS 武装競走 (重装歩兵の甲冑のフットレースがオリンピックのスケジュールに追加されます。

  • 西暦前488年

    マグナ・グラエキアのクロトンが3回連続で優勝 スタジアム オリンピックのレース。

  • 西暦前488年

    クロトンのランナーアスティロスは、3回のオリンピックで6回の勝利のうち最初の勝利を収めました。

  • NS。紀元前460年-紀元前457年

    ゼウス神殿はオリンピアに建てられ、西のペディメントを支配し、ペイディアスによるゼウスのカルト像を含むアポロの像があります。

  • NS。西暦前460年

    オリンピアのゼウス神殿の西側のペディメントは、ペイリトオスの結婚式でラピテース族と戦うケンタウロスのケンタウロスで飾られています。

  • NS。西暦前457年

    オリンピアのゼウス神殿のメトープは、ヘラクレスの12の労働を描いています。

  • NS。西暦前430年

    ペイディアスによるゼウスのカルト像は、オリンピアのゼウス神殿に捧げられています。それは古代世界の七不思議の一つです。

  • 紀元前424年-紀元前420年

    パイオニオスのニケは、スファクテリアの戦いでメッセニアとナウパクティアンがスパルタに勝利したことを記念してオリンピアに建てられました。

  • 西暦前420年

    スパルタは、オリンピックを破ったためにオリンピックから除外されています ekecheiria または神聖な休戦。

  • 西暦前416年

    アルキビアデスはオリンピックで3つの戦車レースに勝ちました。

  • 西暦前408年

    NS シノリス (2頭戦車競走)がオリンピックのスケジュールに追加されました。

  • 西暦前396年

    ヘラルドとトランペット奏者のための競技会がオリンピックのスケジュールに追加されました。

  • 西暦前392年

    馬の所有者であるキニスカは、オリンピックで勝利者の冠を獲得した最初の女性になります。

  • 西暦前356年

    マケドンのフィリップ2世がオリンピックで競馬に勝ちました。

  • 西暦前352年

    マケドンのフィリップ2世は、オリンピックの戦車レースで優勝し、西暦前348年に王冠を保持しています。

  • NS。紀元前338年

    フィリペイオンは、マケドニアのフィリペ2世によってオリンピアに建てられました。

  • 西暦前328年

    メガラのヘロドロスは、オリンピックでの10回連続のトランペット競技の最初の大会で優勝しました。

  • 西暦前164年

    ロドスのレオニダスは、4回連続のオリンピックでのランニングイベントで、12回のオリンピック王冠の最初の王冠を獲得しました。

  • 西暦前72年

    ガイウスはオリンピックで最初のローマの勝利者になります。

  • 西暦17年

    ローマ皇帝ティベリウスはオリンピックで勝利を収めています。

  • NS。 67 CE

    ネロ皇帝は、オリンピアとデルファイのギリシャ四大大会に出場します。

  • 81 CE

    XanthosのHermogenesは、3回連続のオリンピックで8回のオリンピックランニングクラウンの最初の優勝を果たしました。

  • 西暦150年

    オリンピアに建てられたヘロデスアッティクスのニンファエウムの噴水。

  • 261 CE

    紀元前776年に遡る勝利者のリストは、オリンピックで終了します。

  • 393 CE

    ローマ皇帝テオドシウスは、ギリシャでのすべての異教のゲームを完全に終わらせます。

  • 426 CE

    皇帝テオドシウス2世はオリンピアの破壊を命じます。

  • 522 CE-551 CE

    地震はオリンピアの建物の多くを破壊します。


キャピトル湖の歴史

湖のビジョンは、州議会議事堂のために作成された計画の下で1911年に実現しました。 1855年、エドモンドシルベスターは、ワシントン州議会議事堂のバッド海峡に12エーカーを寄付しました。淡水を反射する湖を含む国会議事堂のワイルダーアンドホワイトの計画は、1911年に州によって選択されました。オルムステッドブラザーズは、州から景観計画の提出を求められました。 1912年のオルムステッド計画には湖を反映した塩水が含まれていましたが、計画は採用されませんでした。 1938年、州は湖を作るための行動を承認しました。

長年にわたる変化の図解については、フォトギャラリーまたはスライドショーを参照してください。


1931年6月20日

オリンピア・デュカキス(ギリシャ語:ΟλυμπίαΔουκάκη1931年6月20日– 2021年5月1日)は、アメリカの女優、監督、プロデューサー、教師、活動家でした。彼女は130以上の舞台作品、60以上の映画、50のテレビシリーズに出演しました。スクリーン女優として最もよく知られている彼女は、演劇でキャリアをスタートさせました。ニューヨーク市に到着して間もなく、彼女はベルトルト・ブレヒトのマン・イコール・マンでのオフブロードウェイのパフォーマンスで、1963年にオビー賞の最優秀女優賞を受賞しました。

彼女の映画のキャリアの前に、デュカキスはマサチューセッツ州の北西の隅にあるウィリアムズタウンサマーシアターでの制作で1961年に数十年にわたる舞台生活を始めました。ニューイングランドのその隅を出て、グレートホワイトウェイの舗装にぶつかると、彼女が才能とスキルで認められるのにそれほど時間はかかりませんでした。 1963年、デュカキスの初期のオフブロードウェイは、Man Equals Man(別名、A Man's A Man)の未亡人Leocadia Begbickとして、著名なパフォーマンスに対してオビー賞を受賞しました。しかし、彼女の舞台作品は1961年の夏に始まり、ウィリアムズタウンサマーシアターでの公演で数年ごとに公演を続け、2003年にその舞台に最後に出演し、チェコフサイクルで複数の役割を果たしました。 1963年までに、彼女は画面上でキャリアを開始しました。ニューヨーク市を中心としたプロとしての生活に移行し、彼女は有名なデラコートシアターのセントラルパークで何度もプロダクションに出演しました。 2013年にマサチューセッツ州西部に戻って最終ステージのパフォーマンスを行った後、マサチューセッツ州レノックスのシェイクスピア&カンパニーでマサチューセッツ州マサチューセッツ州のマサチューセッツ州とその子供たちを演じました。

1962年、デュカキスはマンハッタンの舞台俳優ルイス・ゾリックと結婚しました。家族を計画していた彼らは、1970年にニュージャージー州モントクレアに定住するために、市内を離れました。そこで彼らはクリスティーナ、ピーター、ステファンの3人の子供を育てました。彼らには4人の孫がいました。

彼女は夫のルイス・ゾリックや他の俳優のカップルと一緒に、ホールシアターカンパニーを共同設立しました。同社の最初の演劇は1973年の私たちの町でした。デュカキスが芸術監督を務め、劇場はほぼ20年間、シーズンごとに5つの作品を上演しました。そのスパン全体で、プロダクションには、エウリピデス、ユージンオニール、サミュエルベケット、テネシーウィリアムズ、エドワードアルビー、ランフォードウィルソンの作品が含まれていました。デュカキスと彼女の夫と共演した俳優の中には、ホセ・フェラー、コリーン・デューハースト、ブライス・ダナー、サミュエル・L・ジャクソンがいました。

デュカキスの多作な演出家のクレジットには、オルフェウスの降順、ベルナルダアルバの家、ワーニャ伯父さん、詩人のタッチ、さらに現代的なカッコーの巣の上で、ケネディの子供たちなど、多くの古典が含まれます。彼女はまた、ニュージャージー州モントクレアにある劇団に「マザー・勇気」やトロイの木馬の女性などの戯曲を採用しました。彼女のブロードウェイ劇場のクレジットには、Who's Who inHellとSocialSecurityが含まれます。彼女はマーティン・シャーマンの一人の女性劇、ローズに出演しました。これは、ロンドンで、そしてブロードウェイで、ワルシャワゲットーを生き延びた女性についての完全な独白です。その役割については、彼女は優れたソロパフォーマンスで2000年のアウタークリティクスサークル賞を受賞しました。最初のオビエを獲得してから22年後、彼女は1985年にアンサンブルパフォーマンスアワードで、ベットとブーの結婚でスートハドロックを演じたことで2番目の賞を受賞しました。

2018年、デュカキスは、アウシュヴィッツビルケナウの死の収容所のグループについての実話を語りながら、アウシュヴィッツの生存者に続くエレフテロマニアに出演しました。翌年、デュカキスは、アーミステッドモーピンのテイルズオブザシティのNetflixアップデートで、1993年に最初に演じたアンナマドリガルの役割を再演しました。

彼女は小さな画面でも強力な役割を果たしました。 1998年、彼女は英国のテレビドラマ「A Life for a Life:The True Story of Stefan Kiszko(ITV)」でシャーロット・キシュコとして主演しました。これは、子供殺害で17年間不法に投獄された男性の実話に基づいています。警察が彼の無実の証拠を抑制した後、モルシード。別のジャンルでは、彼女はシンプソンズのエピソード「老人と恋の鍵」(2002)に祖父の愛の関心の声を提供しました。

彼女は後に映画俳優に移り、ムーンストラック(1987)でのパフォーマンスで、アカデミー賞やゴールデングローブ賞などを受賞しました。彼女は、シナトラ(1992)でゴールデングローブ賞にノミネートされ、ラッキーデイ(1991)、都市のモアテイルズ(1998)、アークのジョーン(1999)でエミー賞にノミネートされました。デュカキスの自伝「AskMeAgain Tomorrow:A Life in Progress」は2003年に出版されました。2018年には、オリンピアというタイトルの彼女の人生についての長編ドキュメンタリーが米国で劇場公開されました。

2008年、デュカキスはイリノイ州シカゴのビクトリーガーデンシアターでトッドローガンの「植物園」の世界初演を監督しました。その同じ年、彼女はテネシーウィリアムズの「ミルクトレインはもうここで止まらない」の復活に出演し、ハートフォードステージでケビンアンダーソンの向かいにあり、共適応し、島の別の側面の世界初演に出演しました。モンタナ州ホワイトフィッシュのアルパインシアタープロジェクトでのウィリアムシェイクスピアのテンペスト。

2011年、DukakisはLaw&Order:Special VictimsUnitにゲスト出演しました。彼女は弁護士のデビー・マーシュの役を演じました。 2013年、彼女はハーレイ・ジョエル・オスメントと共演し、2013年の映画モンタナアマゾンに出演し、製作総指揮を行いました。その同じ年の5月24日、彼女はハリウッドウォークオブフェイムで2,498番目のスターを受賞しました。

2018年、彼女の人生とキャリアについてのアメリカのドキュメンタリー映画であるオリンピアは、DOCNYCでフェスティバルプレミアを行いました。ハリー・マブロミカリス監督のこの映画には、ウーピー・ゴールドバーグ、ローラ・リニー、エド・アズナー、レイニー・カザン、アーミステッド・モーピン、オースティン・ペンドルトン、ダイアン・ラッド、デュカキスのいとこであるマイケル・デュカキス知事が出演しています。 2020年7月にアメリカで劇場公開されました。

健康状態が悪化した後、デュカキスは2021年5月1日、マンハッタンの自宅でホスピスケアを受けて89歳で亡くなりました。


オリンピック国立公園:歴史、現在、そして未来

この信じられないほど多様な不思議の国は、シアトルから車ですぐのところにあります。最初のアプローチで、訪問者は、忙しい人間の風景から、同じように急成長している野生の風景へと敷居を越えたことをすぐに感じます。オリンピックは、手付かずの山々、緑豊かな熱帯雨林、そして米国南部で最も長い未開発の海岸線という3つの異なる生態系を誇っています。

何百万年も前に太平洋と北アメリカのプレートが衝突して形成されたこれらの険しい風景には、キノー、マカ、スココミッシュ、ホーなど、多くの先住民族が住んでいました。訪問者は、公園の豊かな歴史について詳しく調べたり、今日のマカインディアンが運営するネアベイの人類学博物館で最も初期の原住民について詳しく知ることができます。

しかし、オリンピック山脈を横断する最初の記録されたトレッキングがシアトルプレスによって後援されたのは、1889年までであり、ポートエンジェルスからアバディーンまでの80マイルの距離は、グループが完了するのに6か月かかりました。 20年後の1909年、セオドア・ルーズベルト大統領は、オリンパス山周辺の50万エーカーを超える緑豊かな熱帯雨林地域を国定記念物として確保しました。驚くべきことに、これらの手付かずの地域が1938年にフランクリンルーズベルト大統領によって国立公園として宣言されるまでには、さらに30年近くかかりました。

公園の保全を確保する上でこれら2人の大統領が果たした役割についての話や、オリンピック国立公園の30年にわたるポリティコや森林局との戦いの奇妙な歴史を共有するレンジャーガイド付きのツアーやプログラムがたくさんあります。

今日、保護主義者と自然主義者は、エルホワ川の回復の結果を楽しんでいます。ダムの撤去は2011年に始まり、Glinesキャニオンダムのほとんどが撤去されました。アルドウェル湖とミルズ湖の貯水池が排水され、エルホワ川が100年ぶりにフアンデフカ海峡に自由に流れることができるようになりました。かつてここで数十万人が鮭を産みましたが、この驚くべき修復により、この種は公園に戻ってきました。

オリンピックの宿泊施設とアクティビティ

今日では、さまざまなガイド付きツアーバス、計画されたハイキング、湖の小旅行、公園の境界内での素晴らしいバードウォッチングなど、オリンピック国立公園の3つのセクションすべての美しさを移動して探索するのがはるかに簡単になっています。公園全体に固有種や在来種の動植物が豊富なこの場所は、自然愛好家のパラダイスです。

北オリンピックのアメニティ

緑豊かな熱帯雨林に囲まれた息を呑むような山の景色の中でリラックスしたい人は、セブンレイクスベイスン近くの公園の中央/北部地域で理想的な休息を見つけるでしょう。心地よいソルダック温泉と滝の近くにあるソルダックホットスプリングスリゾートのオリンピック国立公園の宿泊施設を選ぶと、屋内外でスパのような雰囲気を楽しめます。

原生林、雪に覆われた山頂、亜高山帯の湖は、ソルダックとホー熱帯雨林の風景を美しく彩っています。ホー熱帯雨林は年間150インチ近くの降雨量があり、珍しい野花やユリが生息しており、その輝かしい場所の多くはオリンピック半島の滝の小道にあります。

南部地域–アメニティと宿泊施設

公園の南部に滞在するのに最も壮大な場所は、オリンピックで現在も運営されている素晴らしい歴史的なロッジの1つであるレイクキノーロッジです。素朴でありながら快適なこのリゾートホテルは、1926年に建設され、優れた敷地に囲まれています。クイノールト・レインフォレストとループは公園内で人気のツアーであり、クイノールト・インディアン・ネーションが現在も所有している手付かずのクイノールト湖での外出も同様です。訪問者は湖で釣り、サイクリング、ハイキングを楽しむことができます。

沿岸のアトラクションと宿泊施設

ワシントン州の海岸線の最も遠い範囲は、オリンピック半島の最高の宝石として機能し、何マイルも続く砂浜と手付かずのビーチが自慢です。この地域で最も人気のあるロッジの1つであるカラロックロッジに滞在することで、植物、動物、地理的な驚異の完璧な多様性が、海岸のトップビーチであるカラロックビーチとその素晴らしい夕日、バラに近接しています。ルビービーチの色付きの砂浜、そしてラフォークのすぐ外にあるラプッシュの素晴らしいクジラウォッチングビーチ。

公園の外にあるオリンピック国立公園の宿泊施設

公園の外で優れた宿泊施設を見つけるのは簡単で、現代的なものからより歴史的なものまで多くの選択肢があります。より興味深いオプションの1つは、20年代半ばに下宿屋に建てられたが、現在はキャビンとして機能しているLochaerieResortです。素敵なクイノールト湖を見渡せます。素敵なログキャビンリゾートは魅力的で、原生林のモミや杉に囲まれたクレセント湖の海岸線にあります。最新のロッジは、ステファニーメイヤーの本や映画のファンのための「トワイライト」体験を再現するデュードロップです。


1990年代

ミスターオリンピアで6回優勝したドリアンイエーツは、1962年にイギリスで生まれました。彼は「高強度トレーニング」の創設者の一人であり、怪我のために引退する前に多くの主要なボディービルコンテストで優勝しました。彼は現在、いくつかのジムと、ボディービル機器やサプリメントを製造する会社を所有しています。

  • オリンピアXXVI氏 (1990年、米国イリノイ州シカゴ):リー・ヘイニー
  • オリンピアXXVII氏 (1991年、米国フロリダ州オーランド):リー・ヘイニー
  • オリンピアXXVIII氏 (1992年、フィンランド、ヘルシンキ):ドリアン・イエーツ
  • オリンピアXXIX氏 (1993年、米国ジョージア州アトランタ):ドリアン・イエーツ
  • オリンピアXXXさん (1994年、米国ジョージア州アトランタ):ドリアン・イエーツ
  • オリンピアXXXI氏 (1995年、米国ジョージア州アトランタ):ドリアン・イエーツ
  • オリンピアXXXII氏 (1996年、米国イリノイ州シカゴ):ドリアン・イエーツ
  • オリンピアXXXIII氏 (1997年、米国カリフォルニア州ロサンゼルス):ドリアン・イエーツ
  • オリンピアXXXIV氏 (1998年、ニューヨーク市、ニューヨーク、米国):ロニー・コールマン
  • オリンピアXXXV氏 (1999年、米国ネバダ州ラスベガス):ロニー・コールマン

タイムライン

1947: 少年時代の友人であるビル・ジョーンズとリッチ・ギリンガムは、ワシントン州セントラリアのハリソンとイチイの角にある古いガレージで余剰戦争を開始します。彼らはそれを2つの&#8220Sad Sack&#8221キャラクターを店のマスコットとして持つTwo Yard BirdsSurplusと呼んでいます。

1947: 11月、ビルとリッチは企業をチェホールズ市の境界の北、ハイウェイ99に移動します。毎日午前9時から午後8時まで営業しており、ビルとリッチとその妻のケイティとヘーゼルは1日18時間働いています。間もなく、2ヤードの鳥の余剰が「西海岸で最大の余剰店」として宣伝されました。珍しい広告、折衷的な商品、そして風変わりなユーモアのセンスで、店は州中から顧客を引き付けます。

1947: ディックベイカーが雇われています。追加のクォンセットハットは、2ヤードの鳥の余剰を拡大します。

1948: クリスマスラッシュにちょうど間に合うようにオープンし、何マイルにもわたって最大のおもちゃ屋を収容するための建物が追加されました。

1958: 現在ヤードバードとして知られているこの店は110,00平方フィートで、店内に16の部門と5つのビジネスリーススペースがあります。

1959: ビルとリッチは、姉妹店を始めるためにオリンピアの古い缶詰工場を購入します。この店はシーマートと呼ばれています。後でそれはヤードバーズの名前を取ります。

1969: 新しいヤードバードストアへようこそ。このストアの新しいマスコットであるヤードバードの巨大な60フィートの彫刻の建設が始まります。

1971: 305,00平方フィートと350人の従業員を擁する巨大な新しいヤードバードストアは、道のすぐ上にオープンします。新しい店は、自動車、スポーツ用品、ハードウェア、家庭用品、家具、靴、家族全員のための衣類、Birds&#8217 Nestカクテルラウンジのあるレストラン、洗車など、膨大な数の商品を誇っています。賃貸スペースには、カントリー&ウエスタンストア、リンダワーグナーダンススクール、ツインシティラジオアンドテレビ、銀行、食料品店、ドラッグストア、アーケード、検眼士、陸海軍の募集事務所などがあります。

1971: 新しいヤードバードストアの入り口には、I-5から見えるヤードバードの60フィートの彫刻が建てられています。スチール製で、ワイヤーフレームワークが800ポンドのグラスファイバーで覆われているため、訪問者は店を出る途中で足を介して車を運転できます。

1971: 1月に6インチの水柱がヤードバードに氾濫しました。

1976: 今年の3月、リッチギリンガムはコパリスビーチで飛行機を墜落させました。損傷した飛行機は、ヘリコプターで空輸されたときに誤って落下し、修理の機会がなくなりました。ビルとリッチは、ストアの新しくてエキサイティングなプロモーションを常に念頭に置いて、ヤードバードに残骸を展示しています。

1976: リッチギリンガムは、ヤードバードの両方の店舗への関心をビルジョーンズに売ります。リッチは、サンバードと呼ばれるようになった古いヤードバードビルの称号を取得します。ジリンガムは部分的に引退し、フォーズプレーリーに家を建て、地元のダンスホールでドラムを演奏します。

1976: 6月、Pay-N-SaveCorporationはChehalisYardBirdsストアを850万ドルで購入しました。ビルジョーンズはマーティンウェイ沖の110エーカーの農場に引退します。

1976: ウェインハニーカットの車は、ヤードバードの巨大な60フィートの彫刻の下で発火します。数分で像はカリカリに焼かれます。

1979: ヤードバードシェルトンがオープンしました。

1979: 起業家であるビル・ジョーンズは、ジョーンズ採石場を始めました。彼はサーストンとルイス郡全体で他の事業を発展させ続けています。

1987: 従業員持株制度は、Pay-N-SaveCorporationからYardBirdsを購入するために1200万ドルの取引を行います。 1987年の従業員株は1995年までに1株あたり17.50ドルの価値があり、1株あたり16セントです。

1990: 1月には、大雨と壊れた堤防が18インチ以上の水柱でヤードバードチェホールズを氾濫させました。店は8日間閉まります。洪水は推定110万ドルの被害をもたらします。

1992: リッチギリンガムが亡くなりました。

1993: ヤードバードオリンピアが閉まります。

1995: 取締役会会長のジョージ・リーは、ヤード・バード・チェホールズの閉鎖を確認しました。従業員は個人投資で数千ドルを失います。多くの借主は、事態が好転することを期待して、ヤードバードの場所にとどまることにしました。

1995: ヤードバードシェルトンが閉まります。

1996: ダムが決壊し、ヤードバードチェホールズを含むルイス郡地域に洪水が発生したため、FEMAが支援のために空輸されました。

1998: ダリス・マクダニエルとレイ・コールドウェルがヤード・バード・チェホールズを購入。


なぜオリンピック選手は全裸または半裸で競争したのですか?

この質問に答えるには、まず当時の古代ギリシャ人の哲学を理解する必要があります。古代ギリシャは、都市間の紛争に定期的に従事するにぎやかな州でした。彼らは最高の体型を保つことに完全に夢中になっていた。これは当時の紛争を戦うためだけのものではありませんでした。それは、ある人の社会階級と宗教的地位にとって重要であると見なされていました。後者は、神々の彫刻や絵画に反映されていました。彼らはオリンポスの神々を非常に美貌と精神的鋭敏さを備えた超自然的な男性と女性として描写しました。彼らには、可能な限り最高の人間の特性に起因する神々がいました。

第二に、恥ずべき競合ヌードやスタジアムでの自分の露出はありませんでした。それは彼らにとって大きな誇りでした。彼らはそれを通過儀礼の一形態と見なし、悪霊を追い払った。当時、公衆の面前でのヌードも主に上流階級のために予約されていました。


オリンピアにおける女性参政権の歴史

から一部抜粋 女性の投票、女性の声:ワシントンでの平等な権利のためのキャンペーン シャナスティーブンソン著、ワシントン州歴史協会2009年発行。著作権ワシントン州歴史協会—許可を得て使用、無断複写・転載を禁じます。

ワシントンの領土および州都として、オリンピアはワシントンの女性参政権の歴史の中心でした。

領土時代には、立法府は誰が投票できるかを定義することができました。 1848年にニューヨーク州セネカフォールズで開催された最初の女性の権利条約で感情宣言が署名されてからわずか6年後の1854年、シアトルの立法者アーサーA.デニーは、オリンピアでのワシントン領土議会の最初の会議で女性参政権を提案しました。デニーズは、「18歳以上のすべての白人女性に投票を許可する」という投票に関連する係属中の法案を修正することを提案しましたが、衆議院では8〜9票で失敗しました。 [1]

1867年の領土投票法は、「21歳のすべての白人アメリカ人」が投票する権利を持っていると明確に述べていました。 [2]「すべての白人アメリカ市民」に投票権を与えるこの領土法は、市民を「米国で生まれた、または帰化したすべての人」と定義するものとして1868年の憲法修正第14条を引用したワシントンの参政権者の結集点となった。 1869年、参政権者のメアリーオルニーブラウンはホワイトリバーで1867年の法律をテストしましたが、世論調査から遠ざかりました。

ブラウンは翌年、女性参政権キャンペーンを開始し、女性に投票を促す新聞社説をいくつか執筆しました。 [3] 1870年までに彼女はオリンピアに移り、妹のシャーロット・エミリー・オルニー・フレンチはサーストン郡南部のグランドマウンドに住んでいた。姉妹たちはこの地域の他の女性たちと一緒に、1870年6月6日に選挙が行われる予定だったグッデルズポイントの校舎のグランドマウンド近くでピクニックディナーを計画しました。フランス人は、彼女の妹のように、女性参政権の議論に精通しており、集会で話しました。ピクニックの後、女性(全部で7人)が投票用紙を手渡しました。女性の1人の夫は、その選挙区の選挙検査官でした。これは、投票用紙が受け入れられたことと関係がある可能性があります。近くのブラックリバー(現在のリトルロック)の女性たちは、グランドマウンド地区の「艦隊の馬」に男性を配置し、そこでの女性が投票を許可されたかどうかを報告しました。男は帽子を振って投票所に到着し、「彼らは投票している!彼らは投票しています!」ブラックリバーの8人の女性がすぐに投票用紙を投じました。

サーストン郡南部の女性は投票数を数えることに成功しましたが、小さなオリンピア代表団はそうではありませんでした。ブラウンと2人の女性がオリンピア郡庁舎で投票用紙を提示したとき、ブラウンの法的な議論と選挙当局に対する起訴の脅迫にもかかわらず、彼らは拒否されました。 [4]これらの15票は、ワシントンでの選挙権への恒久的な前進を構成するものではありませんでしたが、運動の全体的な歴史において重要な足がかりを提供しました。

1871年の秋、女性の権利の指導者であるスーザンB.アンソニーとアビゲイルスコットデュニウェイが北西部をツアーし、ワシントン準州での女性参政権運動を加速させました。女性たちは、カウリッツ川のモンティセロ(現在のロングビューの近く)から領土の首都オリンピアへの困難な舞台旅行に耐えました。そこでは、アンソニーが10月17日に、一部の立法者を含む約100人の聴衆に話しました。

2日後、アンソニーとデュニウェイは議会で会期中に演説しました。彼女の立法演説の前日、アンソニーはオリンピアの仲間の参政権者、ダニエルとアンエリザベスビゲロウの家で食事をしました。現在は918グラスアベニューNEのビゲロウハウス博物館です。

10月19日、アンソニーは議会の前で話しました。 NS オリンピアトランスクリプト 彼女の演説について、「ミス・アンソニーは通常以上の能力のある女性であり、議会の前で彼女が彼女の主題を扱った有能な方法は、女性参政権に反対するその体のメンバーに沈黙することへの十分な警告でした。」 [5] Duniwayも議会に話しかけた。下院は、アンソニーの立法住所を印刷する提案を却下しましたが、 ワシントンスタンダード その概要を公開しました。 [6]

ピュージェット湾を振り回した後、アンソニーはオリンピアに戻り、1871年11月8日に始まったワシントン初の女性参政権大会に参加しました。サライェスラー、ダニエルビゲロウ、アンソニーを含む委員会がワシントン準州女性参政権協会の憲法を起草しました( WTWSA)、大会の主要な成果。 [7] WTWSAは、オリンピアとサーストン郡に地元の参政権組織の創設に拍車をかけた。

1870年代を通じて、WTWSAはその活動を継続し、州議会はさまざまな参政権措置を検討しました。 1873年、領土議員のエドワードエルドリッジは女性参政権法案を提出しました。これは衆議院で12〜18歳を失いました。 1875年、当時下院議長だったオリンピア議員のエルウッドエバンスは、別の参政権法案を提出しましたが、今回も敗北しました。今回は11〜15日です。議会が行動を起こすまで女性参政権を排除した1871年の決定的な法律を廃止する努力も失敗しました。 [8]

1881年、女性参政権の問題は再び立法府の前にあり、50人の女性が署名した請願書で最前線に立った。 [9]法案は家を13–11で運んだが、議会5–7で敗北した。 [10](1889年にワシントンが州の地位を獲得すると、評議会は州の上院になりました。)サルーンの所有者や他の禁止禁止論者は、参政権立法のための評議会の努力を阻止しました。

過去10年間の女性の利益に基づいて、1881年以降、女性参政権運動がワシントンで勢いを増しました。1883年、領土議会は女性参政権を可決しました。 [11]ワシントン前の南北戦争後、ワイオミング州とユタ準州だけが女性参政権を制定した。ワシントンの勝利は、ワイオミング州とユタ州の女性が選挙権を求めていなかったのに対し、ワシントン州の女性は投票用紙を請願して選挙運動を行ったため、これら2つの領土とは異なりました。 [12]

女性参政権法案が成功した後、州の周りで祝賀会が勃発しましたが、オリンピアは特別な歓喜の場所でした。デュニウェイは彼女の新聞でお祭りについて説明しました 新しい北西部:

午後4時です。 1883年11月19日月曜日。私たちが書いているように、教会の鐘が鳴り響き、ミニッツガンの壮大な敬礼が空中を駆け巡り、ウィリアムA.ニューウェル知事が女性参政権法案に署名することを正式に発表しました。それにより、ワシントン準州の女性は、冒険を超えて自由になります…。オリンピアのすべての人々は…自由と正義の旗手たちの周りに集まり、彼らの心と声を彼らと一致して持ち上げ、銃と鐘の混ざり合うハレルヤを通して天国に昇る喜びの喜びの賛歌を膨らませています。 [13]

勝利についての彼女の説明の中で、デュニウェイは、姉妹のエミリー・オルニー・フレンチとメアリー・オルニー・ブラウン、クララ・シルベスター、エラ・ストーク、ジャネット・ムーアを含む、参政権の原因を支持したオリンピアの多くの女性を認めました。これらの同じ女性の多くが、1883年にクララシルベスターの家で会合を始めた西海岸の最初の女性クラブ、オリンピアの女性クラブのチャーターメンバーであったのは偶然ではありません。ある説明によると、クラブの目的は、参政権の原則を推進することでした。 [14]

女性の選挙権は強い反対者を呼び起こしました。 1881年に立法府によって合法的な世帯主になり、1883年の参政権法の下で有権者になり、女性は資格のある陪審員になりました。これは、領土最高裁判所に提起された法的な異議申し立てに拍車をかけました。

1887年、領土最高裁判所は女性参政権の合法性に焦点を当てました。裁判所は、1883年の法律のタイトルは立法行為の内容を説明しておらず、1886年の改正の規定とともに無効であると判断しました。裁判官は、1883年の法律が無効であったため、女性は有資格の選挙人ではなく、したがって陪審員でもないと裁定しました。

女性参政権を覆す司法決定の後、参政権者は再び立法府に降り立ち、1888年1月18日、立法府は女性参政権法を適切な称号で再制定した。ただし、このバージョンの法律では、女性は陪審員としての職務から除外されていました。

参政権の勝利は短命でした。 1888年に別の訴訟が裁判所に提起され、裁判所は、ワシントン領土有機法が議会を可決したとき、「「市民」という言葉は、投票と職務の資格として使用され、私たちの判断では、この言葉は当時も意味があり、男性の市民権を意味し、そのように解釈されなければなりません。」 [15]

1889年7月4日にオリンピアで始まったワシントンの第2回憲法制定会議(最初は1878年に州での試みが失敗した)のメンバーを選んだのは男性有権者だけであり、それに応じて選挙権の原因は弱体化した。請願。 [16]

これらの努力にもかかわらず、憲法制定会議の代表団は、女性参政権は、提案された憲法自体の採択と首都の場所および禁止の制定に関する別個の集計とともに、州全体の投票用紙に関する別個の問題になると決定しました。州憲法は1889年10月1日に領土全体の投票によって批准されましたが、別の選挙権提案は19,000票、16,521〜35,913票を失いました。禁止も失敗しました、19,546–31,487。

Washington joined the union on November 11, 1889. The next year, the state legislature authorized women to vote for local school trustees and directors but not for county or state school superintendents.

While the (male) voters of the state did not believe that women should have the franchise except in school elections, women alone voted for the state flower. The issue arose when Washington was invited to participate in the 1893 Chicago Columbian Exposition and part of each state’s exposition display was to be a flower representing the state. Washington did not have an official flower, and the Washington State Fair Committee left the matter to its female members.

Polling places for women voting in the flower election included post offices and even a drugstore in downtown Olympia, which encouraged women to choose their preference of the state flower. Balloting closed August 1, 1892, and the rhododendron won over clover 7,704–5,720 out of 14,419 votes cast. The Washington State Senate confirmed the rhododendron on February 10, 1893. [17] In 1959 the legislature further defined the state flower as Rhododendron macrophyllum, native to western North America, which continues to represent Washington today.

The Fusion Party (Silver Republicans, Democrats, and Populists) gained legislative seats in 1896, providing a positive political climate for women’s suffrage in the legislature which passed a suffrage constitutional amendment in 1897. The amendment ratification lost on November 8, 1898, by a vote of 30,540–20,658, which was a gain of 9,510 pro-suffrage votes over the 1889 tally. From 1906 to 1908 suffrage leaders focused on organization, and from 1908 forward their emphasis was on campaigning.

At the Washington Equal Suffrage Association State Convention in 1908 the executive committee authorized DeVoe to take charge of the effort to introduce women’s suffrage legislation in the 1909 legislature that would amend the Washington constitution. [18]

By 1909, the political climate favored the suffragists’ efforts in the legislature. For its Olympia headquarters WESA rented a large house near the capitol. Suffragists, using persistent but low-key lobbying, are generally credited with the passage of the suffrage-enabling legislation in the house of representatives on January 29, 1909.

The legislative journey through the senate proved much more arduous. The senate eventually voted for the legislation on February 23, 1909, by a margin of 30–9, Acting Governor Marion Hay [19] signed the bill on February 25, 1909, authorizing a statewide vote for ratification of the amendment in November 1910. At that time, statewide elections were held only in even-numbered years.

In addition to general support, Olympia and Thurston County suffragists Lena Meyer, Clara Lord, and Libbie Lord spearheaded the effort to secure a straw ballot at the State Grange Convention in 1910. Members of the state Grange voted in favor of women’s right to vote in their September straw poll—foreshadowing victory in November 1910.

Leaders Emma Smith DeVoe, May Arkwright Hutton, and other Washington suffragists generally conducted a “womanly” campaign. NS Washington Women’s Cook Book was one of the campaign’s primary fundraising projects. They also published a newspaper, put up posters and used grass roots organizing.

The vote result on November 8, 1910 was 52,299–29,676 in favor of ratification of the women’s suffrage amendment—a margin of nearly two to one. [20] Washington joined the four western states where women had already won the vote—Wyoming (1890), Colorado (1893), Utah (1896), and Idaho (1896). Governor Hay officially signed the proclamation of adoption on November 28, 1910. Twenty-two years had passed since the Territorial Supreme Court had last taken away Washington women’s right to vote. [21]

The stunningly decisive victory in 1910 is widely credited with reinvigorating the national movement. When Washington joined her western sisters in 1910, it had been fourteen years since a state had enacted irrevocable women’s suffrage.

Women started voting in the same proportion as men. The period between 1911 and 1920 was a period of significant legislative changes regarding women’s issues abetted by coalitions forged during the suffrage movement among women’s clubs and working-class women. Mothers’ pensions, the eight-hour workday for women, and Prohibition were part of the Progressive agenda adopted after women attained the ballot.

In June 1919, after intense pressure from both the National Women’s Party and the National American Woman Suffrage Association, Congress passed the Nineteenth Amendment to the U.S. Constitution and sent it to the states for ratification. Washington was the penultimate of thirty-six states needed to ratify the amendment and the last enfranchised state to take action. Leaders Emma Smith DeVoe and Carrie Chapman Catt pressured a reluctant Governor Louis Hart to call a special legislative session. Hart eventually agreed to call the legislators together in March 1920. PPierce County representative Frances Haskell, the fourth woman elected to the Washington legislature, introduced the resolution, stating:

This is a very important hour in the history of our state and nation, for we have met here in special session the 22nd day of March, in the year of our Lord 1920, to ratify the federal suffrage amendment and to prove to the world the greatness of our Evergreen state, which is not determined by the number of acres that it contains nor by the number of its population, but by the character of its men and women who today are extending to all the women of America the privilege of the ballot. [22]

Governor Hart, Speaker Fred Adams, and Emma Smith DeVoe shared the dais in the house of representatives, and by special resolution, DeVoe expressed her thanks to the legislature. In the senate, veteran suffragist Carrie Hill shared the podium with President of the Senate Philip H. Carlyon of Olympia. Both houses cast a unanimous vote to ratify the Nineteenth Amendment—the twelfth state in which no one voted against the amendment. [23] Tennessee was the final state needed to ratify the amendment which codified that “the right of citizens of the United States to vote shall not be denied or abridged by the United States or by any State on account of sex.” The amendment became official on August 26, 1920. [24]

Not all women in the United States could vote after passage of Washington’s suffrage act or the Nineteenth Amendment, since many groups were restricted from becoming U.S. citizens, a qualification for voting. Native American women, who were excluded from voting in even after passage of the suffrage amendments in 1910 and 1920, finally achieved the right to vote in 1924 when Congress passed the Indian Citizenship Act, which extended U.S. citizenship to Native Americans. Asian women faced other citizenship restrictions. By national law, native-born Asian residents were considered citizens by 1898. Immigrant Asians, however, were denied citizenship well into the mid-twentieth century. By 1943 Chinese immigrants could be naturalized and vote immigrants from India received the same rights starting in 1946 and Japanese and other Asians in 1952. [25]

Some voters faced racist barriers. Although black women achieved the right to vote in 1910 in Washington and in 1920 nationally, barriers remained. Most significant was passage in 1965 of the Voting Rights Act, which ended practices that disenfranchised black voters and broadened and guaranteed voting rights specifically to minorities. The Twenty-sixth Amendment lowered the voting age to eighteen in 1971. In later years, the Legislature has enacted other measures to ensure voter equality including the Washington Voting Rights Act in 2018.

After the state enacted women’s suffrage in 1910, Washington women began to run for office in ever-increasing numbers. Elected in 1912 and serving in the 1913 state house of representatives, Frances C. Axtell from Bellingham and Nena J. Croake from Tacoma were the first two women to serve in the Washington State Legislature. Reba Hurn from Spokane was in 1923 the first woman elected to the state senate. Josephine Corliss Preston, elected in 1912 as superintendent of public instruction, was the first woman to serve in a statewide office. Washington has consistently been a leader in electing women to the state legislature. From 1993 to 2004 Washington led the nation in the percentage of female state legislators. In 1999 and 2000 Washington boasted the highest percentage of female legislators in the nation’s history, with women making up 41 percent of its legislators. In 2019, women comprised approximately 41 percent of the state’s legislators, the second highest in the country. [26]

Washington women have served on the Washington Supreme Court and as superintendent of public instruction, secretary of state, attorney general, commissioner of public lands, and insurance commissioner. Washington women have also held elected positions on local school boards, local courts, special purpose districts, city councils, county commissions and councils, and as county executives throughout the state’s history.

Olympia has had three women mayors—Amanda Benek Smith, Holly Gadbaw and Cheryl Selby and 19 women city council members.[27]

[1] Washington Territory, House Journal, 1854, 98.

[2] Laws of Washington Territory, Olympia, Public Printer T. F McElroy, 1867, 5.

[4] “Mrs. Brown’s Argument,” Elizabeth Cady Santon, Susan B. Anthony, Matilda Josleyn Gage, and Ida Husted Harper, ed. History of Woman Suffrage, 6 vols. (Rochester: J. J. Little & Co., 1881-1922) Hereafter cited HWS, 3:784-85.

[5] “Miss Anthony’s Speech,” Olympia Transcript, October 21, 1871.

[6] “Woman Suffrage,” ワシントン Standard, October 21, 1871.

[7] “Woman Suffrage Convention,” ワシントン 標準, November 11, 1871, 2 and Simmons, “History of Woman Suffrage in the State of Washington,” 22. Anti-suffragists were James H. Lasater of Walla Walla and Mrs. J. B. Frost, and pro-suffragists were Father (likely A. A.) Denny, Alfred Elder, John Denny, and Abigail Scott Duniway.

[9] Clyde B. Simmons, “History of Woman Suffrage in the State of Washington,” (master’s thesis, University of Washington, 1903) 24.

[10] William H. White (aka “Warhorse Bill”) was a prominent Washington jurist. He served in several capacities, including prosecuting attorney, legislator from King County, U.S. attorney, and Washington State Supreme Court justice. In 1912 he helped his wife, Emma McRedmond White, in her bid for King County clerk. She also organized the Woman’s Democratic Club in King County. “Justice William Henry White,” http://www.redmondwashington.org/biography/white/white-william-henry.htm.

[11] The bill was introduced in the Washington House by Representative Copley, and was supported in speeches by Messrs. Copley, Besserer, Miles, Clark, and Stitzel, while Messrs. Landrum and Kincaid spoke against it. The vote was: Ayes—Besserer, Brooks, Clark, Copley, Foster, Goodell, Hungate, Kuhn, Lloyd, Martin Miles, Shaw, Stitzel and Speaker Ferguson-14. Noes—Barlow, Brining, Landrum, Pin, Kincaid, Shoudy and Young—7. Absent—Blackwell, Turpin, and Warner—3. The bill was favorably reported in the Council, November 15, by Chairman Burk of the Judiciary Committee. No one offered to speak on it. The vote stood: Ayes—Burk, Edmiston, Hale, Harper, Kerr, Power and Smith—7. Noes—Caton, Collins, Houghton, Whitehouse and President Ruax—5. Governor W. A. Newell Approved the bill November 23, 1883.

[12] T. Alfred Larson, “The Woman Suffrage Movement in Washington,” Pacific Northwest Quarterly 67, no. 2 (April1976) 53.

[13] Abigail Scott Duniway, “The Ratification,” New Northwest, November 22, 1883.

[14] Rebecca Mead, 投票はどのように勝ちましたか, (New York: New York University Press, 2004) 99.

[15] Bloomer v. トッド, 3 Wash. Terr. 599 (1888).

[16] Beverly Paulik Rosenow, ed., The Journal of the Washington State Constitutional Convention (1889 reprint, Seattle: Book Publishing Company, 1962), 642-43. Petitioners: P.G. Hendricks, 394 other men and 414 women William West and others Francis Miner of St. Louis A. M. Sweeney, Jennie Aukney and others of Walla Walla H. J. Beeks and others Mr. Giliam and others Marty T. Jones and others G. C. Barron and others W. V. Anders and others Lucinda King and others L. W. Studgall and others W. P. Stewart and others P. J. Flint and others Zerelda. McCoy and 26 teachers Dr. A. K. Bush and 94 others S.M. Ballard and 151 others George E. Cline and 163 others L. M. Lord and 82 others C. F. Woodcock and 120 others ninety-three voters of Buckley and Zerelda McCoy, a taxpaying woman.

[17] Lucile McDonald, “The Battle over the State Flower,” Seattle Times Magazine, January 31, 1965, 2 Ruth Fry Epperson, “Rhododendron, Our State Flower: Talk Given by Mrs. Ruth Fry Epperson at the May Breakfast, 1944 of the Women’s Century Club, Seattle, Wash,” unpublished manuscript, Museum of History & Industry, Seattle, Washington (MOHAI) Accession No. 1964.3359.

[18] C. H. Baily, “How Washington Women Regained the Ballot,” Pacific Monthly 26 (July 1911): 1-11, 8. See also ”Women Play Game of Politics,” Seattle Post-Intelligencer, October 4, 1908.

[19] Governor Samuel Cosgrove was ill and Lieutenant Governor Hay was Acting Governor at this time. Governor Cosgrove died on March 28, 1909.

[20] Only 59.3 percent of those casting ballots in the general election voted on the suffrage issue. The reason for this anomaly is unknown, but the ballot wording may have confused some voters.

[21] “Women Are to Give Special Thanks.” November 13, 1910, DeVoe Scrapbooks, DeVoe Papers.

[22] “Suffrage Amendment Ratified Unanimously,” ワシントン 標準, March 23, 1920, 1.

[23] Dr. Cora Smith Eaton King et al., “Washington,” HWS, 6:685-86.

[25] Jill Severn, The State We’re In: Washington, Your guide to state, tribal and local government, (Seattle: The League of Women Voters Education Fund, 2004), 36.


Timeline Olympia

Play 5 fun mini-games all around events from ancient rome to today. Each mini-game deals with a row of historic events - the timeline. Build it yourself, reorder it or find the most recent event! Show if you know what was when. Or are you good at guessing? 3 difficulty levels - for beginners and adepts. Break the highscore in as many games as possible. Collect and share your achievements as history buff. Show your friends, fellows and the rest of the world what you're made of!

The game features

  • 5 exciting mini games
  • 3 difficulty levels
  • 2 groovy pieces of music
  • Some thousand events covering all sorts of topics
  • Play, guess and learn a lot of exciting facts
  • Share and compare your high scores in Google Play Games
  • Share your achievements in Google Play Games
  • Play for free - until you reach 500 points
  • Then pick your in-app purchase to get the full version
  • No Ads!
  • Made with &hearts in Cologne

Download for free now


Ks2History

The first official Olympic Games happened in 776 BC and then continued to take place once every four years. As well as being the most important sporting event for the Ancient Greeks, the Olympic Games were also a very important religious festival. Olympia was associated with Zeus, the king of the gods, and the Olympic Games were held in his honour.

Every four years, tens of thousands of visitors from all over Greece headed to Olympia to watch or take part in the games. A major attraction was the Temple of Zeus, which housed a 12-metre high statue of Zeus himself. During the festival, sacrifices to Zeus were made, including the burning of 100 oxen on the Altar of Zeus.

Who was allowed to take part?

Before each Olympic Games Festival began, messengers were sent out to make an announcement to all of the main city-states. The messengers made a call for a peace truce in the Greek world. This meant that any ongoing wars or fighting should be called off in order that people could travel to Olympia.

Only men were allowed to compete in the games and only men or unmarried women could watch. Married women were excluded from entry. If they wanted to race, they had their own separate Games festival called the Heraea. It was very common for male Olympic athletes to be completely unclothed when competing!

What sort of events were there?

The five-day programme included a balance of sporting, religious and social events. Sporting events included horse and chariot racing, combat sports (wrestling/boxing), running races and athletics events like discus, javelin and long jump. Religious events included making sacrifices and oaths to Zeus, prayers, singing of hymns, visiting the Temple of Zeus and consulting &lsquooracles&rsquo who were believed to be able could see the future. The social events took the form of banquets, speeches, performances and processions. The final event day of the programme saw celebrations, winners' ceremonies and great feasts.

How did it inspire the modern Olympics?

The Ancient Greek Olympic games continued to go ahead for over a thousand years. In AD 393, the Romans had taken control of Greece and a Roman Emperor called Theodosius I put a stop to the Olympic Games taking place. His soldiers destroyed the Temple of Zeus and soon after Olympia fell into ruin.

Many hundreds of years later, in 1896, the Olympic Games were re-instated in a new, modern form. A French man called Baron Pierre de Coubertin came up with a new 5-ring logo and wrote a creed to explain what the Olympics were all about. With a few changes made over the years, the Olympic Games remains one of the biggest sporting events in the world today.

You can find a full KS2 lesson plan about the Ancient Greek Olympics in our Ancient Greece Resource Pack.


ビデオを見る: ציר זמן סרטון