アダムとイブは進化論の物語に適合しますか?

アダムとイブは進化論の物語に適合しますか?


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

人間の一般的な男性と女性の祖先は、一般に「遺伝的アダム」と「遺伝的イブ」として知られています。シェフィールド大学の研究者が行った調査によると、すべての男性は、約20万9千年前に住んでいた1人の男性の祖先「アダム」に起源をたどることができます。これにより、「アダム」は「すべての女性の母」である「イブ」と同じ時間枠内に配置され、先史時代の「アダムとイブ」の存在の証拠が提供されます。

EranElhaik博士とDanGraur博士は、従来の生物学的モデルを使用して、一般的な男性の祖先である「アダム」が住んでいた時期を発見しました。彼らの結果は、彼の生涯を以前に信じられていたよりもはるかに早い時期に置いています-以前の研究では、「アダム」は135、000年前に住んでいたと決定されました。

  • 遺伝的な「アダムとイブ」:すべての人間は、10万年以上前に生きた一人の男性と女性の子孫です
  • パンドラ:良い女の子の物語は悪くなった?
  • 歴史を通しての素晴らしく、ひどい、そして知らない創造神

アダムとイブを描いたマナフィアルハヤワン(有用な動物)からの絵画。モンゴルのイランのマラから。

アダムのアイデンティティは、Y染色体の分析を通じて発見されました。これは、父親から息子にほぼ無傷で受け継がれる遺伝子のセットです。つまり、染色体に存在する突然変異を使用して、男性の血統をすべての男性の父親までさかのぼることができます。デビッド・ポズニックは、「遺伝的アダム」という用語は誤解を招くと説明していますが、この先祖代々の男性は孤独ではなかったため、他の男性も彼の時代に存在し、男性の血統が消滅したため、Y染色体は時間とともに失われました。

この研究の結果はまた、ヒトY染色体が異種交配によって生じた異なる種に由来するという主張と矛盾します。調査結果は、「アダム」の存在が「イブ」と同じ時間枠にあったことを示しています。エルハイク博士が言ったように、

「現代の人間が50万年以上前に生きていたヒト族と交配しなかったことは明らかです。また、単一の「アダム」と「イブ」ではなく、「アダムとイブ」のグループが並んで住んでいて、私たちの世界で一緒にさまよっていることも明らかです。」

  • 以前考えられていたよりもはるかに早く現代の人間と交配したネアンデルタール人、研究は発見します
  • イブはアダムの肋骨から作成されましたが、他の女性はどうですか?古代の創造の最初の女性はどこから来たのですか?
  • これらのゴージャスな地球儀は、丹念に手作りされ、図解されていると信じられますか?

X染色体とY染色体。性染色体としても知られています。 (( NIHイメージギャラリー )

遺伝的な「アダムとイブ」は、聖書のアダムとイブと同じではないことは注目に値します。遺伝学的研究は、すべての男性に共通の祖先があり、女性に共通の祖先があったことを示していますが、これらは地球を歩いた最初の人間ではありませんでした。本当に、彼らは数千人のうちのたった2人でしたが、彼らの途切れのない男性または女性の血統が今日まで続いているので、彼らは区別されています。また、アダムとイブが交配することは言うまでもなく、遺伝的なアダムとイブが出会う可能性は非常に低いことにも言及する価値があります。

この研究は、European Journal of HumanGeneticsに掲載されました。

「楽園のアダムとイブ(秋)」 (1533)ルーカス・クラナッハ長老。


    アダムとイブは進化論の物語に適合しますか? - 歴史

    次の点は私の本の第10章から取られています:ノアの洪水:文字通りか比喩的か?

    私たちは、アダムとイブが2人の本当の歴史上の人物であると信じる義務があります。アダムがいなかった場合、次のようになります。

    NS。原罪はありません
    NS。私たちは倒れた状態にはなりません
    NS。バプテスマは必要ありません
    NS。私たちはキリストによって神と和解する必要はありません
    e。原罪からメアリーを守った無原罪の御宿りは、無意味で、無効であり、無効です。

    したがって、科学のあらゆる分野の主張に関係なく、アダムとイブの両方が実際の歴史上の人物として存在したと考えなければなりません。さらに、トレント公会議によって教えられた教義は、私たち全員が彼から受け継いだ原罪の源としてのアダムへの信念を明確に要求しています。したがって、アダムとイブの歴史的存在の否定は、間接的にいくつかの教義の否定を意味します。

    では、人類全体の祖先としてのアダムとイブの存在を、私たちの起源に関する科学的情報とどのように調和させることができるでしょうか。私の提案は次のとおりです。

    解剖学的に現代の人間は、現在(200 ka BP)の約20万年前に始まりました。しかし、これらの旧人類のホモサピエンスは現代的またはほぼ現代的な人体を持っていましたが、現代的な人間の行動はありませんでした。現代のホモサピエンス、つまり現代の人間の行動だけでなく、現代の身体を持っていることは、約7万から5万年前に始まりました(70&#8211 50 kaBP)。その頃、現代のホモサピエンスはアフリカから全世界に広がりました(&#8216Out ofAfrica&#8217理論)。

    アダムとイブを50ka以降に配置することはできません。なぜなら、行動的に現代的な人間は50ka以降にすでに世界の多くの地域に広がっているからです。私たちは皆アダムとイブの子孫であるため、人類がたった1つの場所、つまりアフリカの50ka以前に住んでいたに違いありません。そうすれば、この問題について科学と信仰を調和させることができます。

    解剖学的に現代の人間は、理性、自由意志、または不滅の魂を持っていなかった下等霊長類から進化しました。行動的に現代的な人間は、アダムとイブから始めて、神によって創造されました。現代の人間の行動、特に理性と自由意志の働きを表現するための言語の使用は、不滅の魂を示しています。進化論は人体を生み出しましたが、アダムとイブをはじめとする「行動的に現代的な人間」、つまり理性、自由意志、不滅の魂を生み出すには、神からの奇跡的な介入が必要でした。

    不滅ではなく、理性と自由意志を欠いているタイプの魂を持つ動物は、違いが程度の問題ではなく、タイプの問題。神は、不連続な何かを成し遂げるために、地上での彼の創造物の中に介入しました。

    キリスト教の視点に適応した進化論は、地球上の多様な種を進化させるために普及しました。しかし、進化は人類を創造するのに十分ではありませんでした。そして、神はアダムとイブを創造するために、暫定的にではなく奇跡的に介入しました。彼らの体は、下等動物の最高の形態である解剖学的に現代の人間(現代の人間の行動の前)に倣ってパターン化されました。霊長類は解剖学的に現代の人間に進化しましたが、これらの初期の人間には、理由と自由意志、特に言語を表現する現代の人間の行動が欠けていたという事実によって証明されるように、理由、自由意志、そして不滅の魂がありませんでした。

    神はアダムとイブをエデンの園に置きましたが、それはこの世の場所ではありません。それは地球のような場所ですが、落ちていないので、この生命の物質的な宇宙(天国や煉獄のように)とは不連続です。アダムとエバが恵みから落ちたとき、彼らはもはやその落ちていない場所にふさわしくないので、彼らは神によってこの落ちた地球に置かれました。そして、アダムとイブとその子孫から、人類は全世界に広がりました。

    しかし、どうすれば創世記の系譜をこの推測的な神学的意見と調和させることができるでしょうか?私の現在の考えは、カインとアベル、そしてその系図で言及されている他の人々は、比喩的にはアダムとイブの直系の子孫にすぎないということです。彼らは後のアダムとイブの子孫であり、おそらく何世代も後のことだと思います。

    創世記のアダムからアブラハムまでの系図には、文字通りの要素と比喩的な要素の両方が含まれています。指名されたすべての人は、アダムとイブを含む本当の歴史上の人でした。しかし、アダムの子孫やアブラハムの祖先の多くでさえ、名前が付けられていません。ノアからアブラハムまでの系図は、いくつかの世代をスキップし、より著名な人物だけに名前を付けることを好みます。アダムからノアまでの系図は多くの世代をスキップします。アブラハム以前の人々に起因する長い寿命は、これらの個人の長い影響の数字であり、系図の比喩的な要素を明確に示しています。

    進化論は科学と理性によって十分に支持されているので、キリスト教徒として、私たちは進化論を大々的に拒絶すべきではありません。カトリックの宗教は信仰だけに基づいているのではなく、信仰と理性に基づいています。科学が合理的な理論を提案する場合、その理論が理性と証拠で持っている支持の程度に応じて、それを受け入れる必要があります。理論または理論内のポイントが信仰と矛盾する限り、理論のそれらの側面を修正または拒否する必要があります。しかし、同じ理論の中で合理的なものは何でも拒否すべきではありません。

    私は、現在の科学理論、特にビッグバン理論(創造の離散的な出発点を提供する)によれば、神は7日ではなく、数十億年にわたって宇宙を創造したと考えています。私はまた、神が地上での生活を開始するために(奇跡的にまたは摂理的に)神の創造に介入したと考えています。地球上の生命は進化論に従って発展しました。しかし、神は彼の摂理によって、彼がすべてのものを導くように、この発展を導きました。そして、解剖学的に現代の人間が摂理に導かれて進化によって発達した後、神はアダムとイブを創造することによって人間(行動的に現代の人間)を生み出すために奇跡的な介入によって行動しました。恵みから落ちた後、アダムとイブは地球に住み、子供をもうけ、彼らの子孫は人類全体を生み出しました。

    このトピックの詳細については、私の本の第10章:ノアの洪水:文字通りですか、それとも比喩的ですか?


    Q6:「アダムとイブ」は進化論と人類の起源の科学にどのように適合しますか?

    ここには、相互に関連するいくつかの質問があります。

    一つ目は、聖書が「アダム」と「イブ」と呼んでいる「人類の最初のメンバー」がいたと言うことが生物学的に意味があるかどうかです。一般的に言って、生物種の「第一のメンバー」や「第一世代」のようなものはありません。たとえば、「第一世代の馬」や「第一世代の馬」について意味のある話をすることはできません。生物学的種は通常、進化の系統に沿った種間の明確な境界がなく、何世代にもわたって徐々に変化することによって発生します。

    この質問に答えるための鍵は、「人間」が存在することを定義するものが 神学的 感覚は生物学的特徴のセットであるだけでなく、理性と自由意志の人間の力の基礎である不滅の「精神的な魂」の所有でもあります。生物学的特性は徐々に変化しますが、不滅の魂は人が持っているものと持っていないもののどちらかです。ですから、論理的には、不滅の霊的魂を持った存在が最初に現れた明確なポイントがなければなりませんでした。

    したがって、人類の進化に関するカトリックの見解は、生物学的進化の長く段階的なプロセスの後に、精神的に高度に進んだヒト族を生み出した後、突然の移行があり、神はそれらのいくつかを「精神的」レベルに引き上げたというものです。すなわち、合理性と自由のレベルに。これは、バチカンの国際神学委員会が2004年の文書「 聖体拝領とスチュワードシップ:神のかたちで創造された人間: 1

    「人類の起源の話は複雑で改訂される可能性がありますが、物理人類学と分子生物学が組み合わさって、約15万年前のアフリカにおける人類の起源について、一般的な遺伝子系統のヒューマノイド集団で説得力のある主張をしています。」 2

    「因果関係を介して間接的に行動する[すなわち、宇宙の進化と生物学の進化の]宇宙の歴史の初めから動作し、神は教皇ヨハネパウロ2世が「存在論的飛躍」と呼んだものへの道を準備しました。精神的なものへの移行の瞬間…[すなわち]人間の魂の特別な創造…。」3

    2番目の質問は、神学的な意味で「人間」であった第一世代の存在が、多くの個人(「ポリゲニズム」と呼ばれる考え)で構成されていたのか、それとも1組のカップル(「モノゲニズム」)だけで構成されていたのかです。遺伝的証拠は、人間が少なくとも数千個体の交配集団内に出現したことを示しています(これが、上で引用したバチカンの文書が「ヒューマノイド集団」に言及している理由です)。したがって、問題は、「霊的なものへの移行」において、神が合理性と自由の贈り物を多くの、そしておそらくすべての数千人に与えたかどうかです。 ホモサピエンス その時に生きていた---それらをすべて神学的に人間にした---または彼は最初にこれをたった1つのペアのためにしたのか。 1950年、教皇ピオ十二世は回勅の手紙で ヒューマニジェネリス、 ポリジェニズムが「原罪」に関するカトリックの教義とどのように一致しているかは「決して明白ではない」ので、カトリック教徒にポリジェニズムを「受け入れ」ないように警告した。 4しかし、教皇ピオ十二世が多元主義の考えを完全に排除することを意図していなかったということは一般的に合意されているので、それは未解決の問題です。一部の有名な科学者が、脳による人間の言語の処理の神経学的基盤(合理的な思考の前提条件)は、たった1人またはごく少数の個人に由来しているに違いないと主張していることは注目に値します。 (本を参照してください なぜ私たちだけ : 言語と進化、BerwickとChomskyによる「さらなる研究のためのリソース」)

    3番目の質問は、最初の人間が犯した罪(CCC 387-390)に関するもので、カトリックの教義によれば、人類は神から疎外され、また死に至ることもありました。すべての動物が本質的に死ぬこと、そして動物が人間の出現の前に何億年もの間死んでいたことを私たちが知っているとき、人間の死はどのようにその原罪の結果であることができますか? (伝道者3:19が言うように、「確かに人間の運命は動物の運命のようです。同じ運命が両方を待っています。一方が死ぬと、もう一方も死ぬのです。」)しかし、伝統的なカトリック教徒には矛盾はありません。教義は、最初の人間は、神が彼らに与えられた戒めを破らないという条件で、彼ら自身とその子孫のために「超自然的な贈り物」5(すなわち、自然なものを超える贈り物)として身体の不死を提供されたということです。しかし、その条件が満たされないため、人間は再びすべての動物の運命である肉体的な死にさらされるようになりました。セントトーマスアクィナスや他の中世のスコラ神学者の見解では、現在の「堕落した」状態の人間性は、「超自然的な贈り物」や超自然的な恵みなしに自分の資源に任せられた場合の人間性です。

    2.. 聖体拝領とスチュワードシップ:神のかたちで創造された人間、セクション63。

    3.. 聖体拝領とスチュワードシップ:神のかたちで創造された人間、セクション70。

    5 ..セントトーマスアクィナス、 Summa Theologiae、パートI、質問97。https://www3.nd.edu/

    さらなる研究のためのリソース

    聖ヨハネパウロ2世、教皇庁科学アカデミーへの演説、1996年10月22日、「教導職は人間の概念を含むため、進化の問題に関心を持っています。」http://inters.org/John-Paul-II -アカデミー-科学-1996年10月

    聖体拝領とスチュワードシップ:神のかたちで創造された人間、国際神学委員会(ラッツィンガー枢機卿が議長を務める)、2004年7月23日、セクション。 62-69。 http://www.vatican.va/roman_curia/congregations/cfaith/cti_documents/rc_con_cfaith_doc_20040723_communion-stewardship_en.html

    トマス主義的進化論:信仰に照らして進化論を理解するためのカトリック的アプローチ、 Nicanor Austriaco、James Brent、Thomas Davenport、John Baptist Ku(タコマ、ワシントン州:Cluny Media LLC、2016年)、第25〜28章。

    信仰、科学、そして理由:最先端の神学 (第2版)、クリストファーT.バグロウ(中西部神学フォーラム、2019年)、第9-11章。


    ルーシー対アダムとイブ:アフリカの進化論

    神は人類を創造しましたか、それとも私たちは類人猿から進化しましたか?一部の特に宗教的なアフリカ人は、進化論を彼らの信仰と調和させるのが難しいと感じています。しかし、神学者はどう思いますか?

    人種差別的な描写?一部のルーシーにとって、アウストラロピテクスアファレンシスは、人間のようには見えません

    カメルーンのLefrancNguirobelは明らかに怒っていました。「サルを家に連れてきて、それが人間になるかどうかを確認します」と彼はDWのフランスのFacebookページに書いています。彼は、25人の著名なアフリカの歴史上の人物の生活を探るDWの新シリーズAfricanRootsの最初のエピソードを見たばかりでした。最初のエピソードの主題はルーシー(ディンクネッシュとしても知られています)でした。その骨格は1974年にエチオピアのアメリカ人研究者によって発見されました。科学的推定によると、ルーシーは約320万歳であり、研究者によって最も初期の祖先の1人として特定されています。現代の人間の、進化論に重きを置いています。

    Lefrancのように、他の多くのFacebookコメント投稿者はこのアイデアを支持していないようでした。 「神は最初の人を創造しました、そしてそれは猿ではなく完璧な人でした!」 ShehaIbrahimがDWKiswahiliページに書き込みました。シェバのようなユーザーは、ウェブコミックでのルーシーの芸術的な表現に特に悩まされていました。彼女は類人猿というよりも猿のように見えます。 「神は最初にアダムを創造し、次に彼の妻ハワを創造しました。白人が私たちが類人猿であることを私たちに教えたいのなら、彼らは間違っています」とナイロビのアブディラマン・アリは抗議しました。

    多くのアフリカ人は、DWのFacebookページで進化論に批判的でした

    カトリック教会の進化論との闘い

    このような意見は、少なくともFacebookでは一般的であるように思われます。猿のような描写は、まだ克服されていない植民地の人種理論と中傷の記憶を呼び起こします。しかし、進化論は白や黒についてではありません。ルーシーは、今日の研究者の間で、間違いなく人類の発祥地として、すべての人間とアフリカの祖先と見なされています。

    どこの宗教的な人々もダーウィンの発見に苦しんでいました。そして、まだそうしている人もいます。

    カトリックの司祭フリードリッヒ・ステンガーはアフリカに何十年も住んでいます。最近では、ケニアの首都ナイロビにあるカトリックタンガザカレッジで教鞭を執っていました。 「エチオピアの生物学の教師が、日曜日に牧師が世界は4、000年前に作られたと言うので、[進化論]は教会と対立していると私に言ったことがあります」とStengerはDWに語った。 「先生は私に言った:科学者として、私はこれが真実ではないことを知っています。どうすれば科学と宗教を結びつけることができますか?」

    長い間、カトリック教会はこの問題について動揺しませんでした。それがゆっくりと進化論に門戸を開き始めたのは1950年代になってからでした。 1986年、教皇ヨハネパウロ2世は、進化論への信仰と神への信仰を持つことは相互に排他的である必要はないとコメントしました。彼の後継者たちは同じ立場をとり、ますます多くの神学者が、7日間での世界の創造についての聖書の説明は文字通りに解釈される必要はないと主張しています。

    アフリカの多くのクリスチャンは、進化論を受け入れるのが難しいと感じています

    「創造の物語が私たちに伝えることを意味するのは、神が創造の始まりにあるということです」とステンガーは言います。 「科学はこれをより詳細に私たちに伝えることができます。それが進化論が非常に重要である理由です。」しかし、すべてのクリスチャン教会がこの見解を共有しているわけではありません。 Stengerは、キリスト教と伝統的なアフリカの信念を組み合わせたアフリカで人気のある多くの教会は、進化論に対して敵対的である場合があると言います。

    進化論は創造の「妥協」の考え

    ケープタウン大学のイスラム学教授であるアブドゥルカデル・タヨブも、信仰と進化をどのように調和させることができるかについて多くのことを考えてきました。 「多くのユダヤ人やキリスト教徒のように、多くのイスラム教徒の信念は、神は絶対的な意志からすべてを創造し、その人は、いわば創造の頂点であるということです」と彼はDWに語った。 「多くの人々は、この考えが進化論によって妥協されていると信じています。」

    個々のイスラム学者はすでにこれらの問題についてコメントしていますが、信仰と進化を統合する方法についての真の議論はイスラム世界にはまだ存在していません、とタヨブは言います。しかし、宗教的な側面を超えて、彼は多くのアフリカ人が進化論を拒否する別の理由を特定することができます。 「」

    イギリスの博物学者チャールズ・ダーウィンは進化論の創始者でした

    進化論は学校で教えられていない

    ケニアからモザンビークまでのペンテコアスタル教会は、進化論に公然と反対しています。宗教学校では、進化論はまったく教えられないことがよくあります。国営の学校では、シラバスに常に含まれているとは限りません。たとえば南アフリカでは、進化論の教育は2008年にのみ導入されました。利用できるリソースとトレーニングの量が限られているため、若者はこのテーマに取り組む機会がないことがよくあります。南アフリカのアパルトヘイト時代には、白人の教師と比較して、黒人の教師を志望するためのトレーニングの機会は厳しく制限されていました。当時実施された調査によると、訓練を受けた教師の多くは進化論について十分な知識を持っていませんでした。他の研究では、他のアフリカ諸国の教育システムをさらに低い水準にランク付けしています。

    しかし、どのようにして創造と進化をイスラム教で調和させることができるでしょうか?タヨブは、コーランに見られる創造物語に別の視点からアプローチすることを提案しています。 「人間の起源に関しては、人間社会の歴史に関しては、コーランの歴史は、コーランの非常に多くの異なる部分で非常に多くの異なる方法で語られています」と彼は言います。 「明確な物語は1つもないので、1つの物語を本当に支持するべきか受け入れるべきかという疑問が生じます。」最終的には、すべての信者は科学的事実に対処する独自の方法を見つける必要があります—信仰の問題における中心的な権威はイスラム教には知られていないからです。


    穴居人はアダムとイブとのタイムラインにどのように適合しますか?

    ご回答有難うございます。実は娘が質問を投げかけたのですが、答えられなかったので、答えられると思う人、教会の友達を探しましたが、彼女も真っ白になりました。

    私はあなたの答えに同意します。ビッグバンドに入ったすべての原子と分子が偶然に集まったとは思いません。私のビジョンは、神が必要なすべての化学物質を彼の巨大で巨大な手に集め、それらすべての原子と分子を互いに押し付けてビッグバンを引き起こすことです。イエス・キリストは私たちの救い主であり、私たちは彼を崇拝するべきだと私は信じていますが、それは科学を軽視するものではありません。

    ええと、私たちが読んだことから、アダムとイブには技術がなく、衣服さえありませんでした。一方、穴居人はすでに石器時代の技術に恵まれていました。 。 。わずかな美術の習得で、着色産業さえ発展させました。彼らはまた、一般的に蛇やヘビに対して同様に敵対的な環境である洞窟に登る知的能力を持っていました。したがって、アダムとイブが洞窟の人々の祖先であったと仮定することは論理的です。

    「進化」と「創造」を懸念する人々にとって、洞窟の技術と文化はその交配ペアから進化した可能性があり、明らかに進化したとはいえ、洞窟の人々はイブとアダムから進化しませんでした。そして、今日、人類と私たちの先祖についても同じことが言えます。

    ですから、市民化前に戻らないようにしましょう。苦悩につながるのは善悪の知識の木だったのも不思議ではありません。

    Tree ofLiveとLetLive

    アダムとイブは本物ではありませんでした。

    これにも問題があります。私自身の解決策はそうです、恐竜は何百万年も何十億年も前に惑星を歩き回っていました。それから、「人間」が進化のはしごを登り始めたという証拠が来ました。何千年もの間、私たちは尻尾を失いました(まだ尻尾があります)。

    私たちはチンパンゼのような生き物から進化しました。餌を探したり、狩りをしたり、避難所を探したり、他の生き物に食べられないようにするために、私たちが毎日何をする必要があるかをゆっくりと学びます。

    私自身の信念、進化論、宗教は、ホモサピエンスが特定の時点に達したとき、私たちの神は彼の計画の能力を私たちに吹き込み、彼は人類のための彼の計画を打ち出したということです。私たちが「類人猿のような男/女」から進化したのなら、神が人類を置いたように(「新しく改良された」バージョン)、進化していない「類人猿」がまだあるのはなぜかという返事が来ることを私は知っています。地球のすべての生き物の上に人類を置きました。

    私はさらに先に進むことができますが、それは私の省略された信念です..それが価値があるものについて。

    自分自身。これについての私の考えは、他の多くの人々が考えるものとは大きく異なります。現代人(科学者)は、これらの化石が数百万年または数十億年前のものであると主張し、年齢を決定するために彼らが呼ぶもの(放射性炭素年代測定)を使用していると思います。プロセスは時間がかかります。
    これらの放射性炭素年代は間違っていると思います!科学は何百年もの間私たちの頭の上にタオルを引っ張ってきたと思います。科学は、地球上のすべての人間に影響を与える可能性がある、または影響を与える可能性があることを知っていますが、お金と力の損失を恐れてきれいになることは決してありません。

    物語が私たちに語る方法、または科学が私たちに語る方法で、(穴居人が)地球に住んでいたことはないと思います。自分自身。私たちが穴居人として知っているものは、他の人間とは異なる生活をすることを選んだ小さなグループのようなものである可能性が高いと思います。
    私の時代には、私たちのほとんどが住んでいる日常生活の外に住むことを選択する多くの小さなキャンプ/人々のグループを見てきました。彼らは家のような小さな小屋に住んでいて、寒い季節に小さな火で暖められ、暖かい季節の壁。彼らはまた、石や集められた木からすべての独自の道具を作ります。
    これらの人々は皮から自分の布を作り、私が見たものから素晴らしい仕事をします。電気なしで、すべての携帯電話とケーブルテレビなしで生活するもしこれらの人々が何らかの病気か何かで突然死んだとしたら、数年後の遺体は「科学者」が今日掘り起こして穴居人と呼んでいるものと非常に似ているでしょう。
    今、私はこれらの穴居人が何千年も前に残っていることを疑いませんが、いつの日かこの「放射性炭素年代測定」が暴かれ、人類がこれまでに行った中で最も不正確なことであることが証明されることは間違いありません。

    アダムとイブ?地球上で最初の人間!

    進化は小さな方法で起こるかもしれません。しかし、なぜ私たちが少なくとも4000年前から犬を知っているのか疑問に思いますが、犬はまったく変わっていませんか?人がいつも犬に餌を与え始めたとき、なぜ犬は指を成長させなかったのですか?なぜ犬は進化して話をしなかったのですか?彼らは過去4000年を私たちに向かって吠えてきましたか?人間が犬が構造化された野生生物として知っていたすべてのものを変えたので、進化が起こったとしても、それは犬と一緒に起こるだろうと私には思えます。

    キリストの磔刑から2000年の歴史の中で、動物は進化していません。だから私は、人間がメモを取り始めたときに進化が止まったと信じていますか?

    進化は決して起こりませんでした、それは彼らが言われるすべてを信頼して信じるように大衆社会をさらに教育するためのちょうど別の方法です。 「人口を完全に管理するには、まず彼らの考えを管理する必要があります。彼らの考えを管理するには、まず彼らに言われることを管理し、彼らに言われることを管理するには、人口が信頼する人々を利用する必要があります。」


    アダムとイブは進化のどこに適合しますか?クリスチャンが進化論を信じても大丈夫ですか?

    アダムとイブの起源については、2つの正当なクリスチャンの見解があります。どちらも創世記1と2の情報と一致しています。1つの可能性は、2つが何もないところから作成されたということです(派手な用語は ex nihilo)。他の可能性は、神が進化した知的な類人猿のペアを取り、それらに神の像を入れたということです。彼は彼らが特定の方法で神のようになったという意味で彼らを人間にしました。

    2つの説明のうち、私は最初の説明を好みます。創世記1と2について考える最も明白な方法のようですが、創世記の作成アカウントは科学的なものではないことを覚えておく必要があります。それは何よりもまず神学的なものであるため、聖書の創造の記述がどのように「歴史的」または「科学的」であるかは、正当で忠実な精神的な信者が異なる可能性があります。

    いずれにせよ、アダムとイブの前に前駆体種があったという明確な化石の証拠があります。 アウストラロピテクスホモハビリス。 これらの種は確かに現代人ではありませんでした。アダムとイブはこれらの種ではありませんでした。 300万年から50万年前にほぼ人間の種が存在していたという証拠はかなり強力であり、世界の歴史の記述にはこれらの明らかな事実が含まれているに違いありません。このように言いましょう。人間が共通の祖先から類人猿に進化したと提案することは不合理ではありません。遺伝的データもこの可能性と一致しています。

    私の意見では、類人猿の進化を含む進化は、科学的証拠によって裏付けられています。しかし、私はアダムとイブが進化したとは思いません。それらが作成されたと思います ex nihilo。それにもかかわらず、私は上記の説明#2を受け入れる同様に忠実で精神的な信者として受け入れます。

    あなたの2番目の質問では、進化論が完全に優れた科学理論であるという単純な理由から、進化論が完全に優れた科学理論であるとクリスチャンが信じることは絶対に大丈夫です。進化論が良い理論であると信じるのは間違っているとあなたに言うどんな司祭にとっても、彼がおそらく話すべきではないところに話すことです。科学は、経験的証拠とその証拠の競合する説明を扱います。事実、進化論は、私たちが手元にある遺伝的および化石の証拠のために存在する唯一の成功したモデルです。他のモデルは機能しません。期間。科学を否定する com経験的証拠の合理的な説明を思い付く権利は非常に賢明な道ではなく、これを言う司祭はこれを言うのをやめるべきです。私はあなたの宗教を知りませんが、あなたがカトリック教徒であるならば、あなたの教会は進化論を強く支持しています。あなたの司祭が正教会である場合、私が知る限り、ほとんどの正教会のグループも進化論を支持しているので、この司祭がどこから来たのかわかりません。


    課題:なぜアダムとイブはすぐに死ななかったのですか?

    さらに別の異なる課題は、創世記の内部批評です。神は、アダムとイブが禁断の果実を食べた場合、特定の判断を下すと約束されました。

    神が特定の罪に対する特定の裁きを約束されたという事実と、成就されなかった裁きとをどのように調和させるのでしょうか。言い換えれば、アダムとイブが果物を食べたときにすぐに死ななかったのはなぜですか。ボディーホッジは、この想定される矛盾に対処します。 。 。

    ヘブライ語は、文字通り、死ぬ(muwth-muwth)2つの異なる動詞時制(dyingとdie)を使用します。これは、「確実に死ぬ」または「死ぬあなたは死ぬ」と翻訳できます。 This indicates the beginning of dying, an ingressive sense, which finally culminates with death.

    At that point, Adam and Eve began to die and would return to dust (Genesis 3:19). If they were meant to die right then, the text should have simply used muwth only once, which means “dead, died, or die” and not beginning to die or surely die (as muwth-muwth is used in Hebrew). Old Testament authors understood this and used it in such a fashion, but we must remember that English translations can miss some of the nuance.


    Christians who also believe in evolution, how do Adam and Eve fit in?

    In the ancient Jewish tradition (the world where the Genesis stories were first shared and referenced), a person's overall reading, understanding, interpretation, and application of the Torah was a living, breathing thing. - What does the text say to you? What does it do to your heart? What does it teach you about your relation to God in the world in which you live?

    So when you come across passages like the story of the Garden of Eden, or Adam and Eve, it's not always necessary to reconcile the historical or scientific accuracy ("Did this happen?") for it to be as true as it is meant to be. The people who were told this story in its earliest form wouldn't have needed to do that. In the same way, references to these stories later on - by people like the Apostle Paul, in his letter to the Roman church - are used to make a comparison to something people are familiar with, to drive home the point.

    What resonates with me on the topic, is that Adam and Eve, and the garden, are illustrations of human nature.

    I think what Paul is talking about in Romans is more like.
    "We all have an understanding of sin because of the Adam and Eve story. Their human nature was made evident when they weren't able to maintain their standing with God because of their natural tendency to want to do things their way. They tried to do too much, they chose the law over God's natural order (the tree of knowledge of good and evil). As ya do.

    Well, that's what makes this Jesus guy so different. He shows us what being human was always supposed to look like. Taking care of one another, justice for people who are oppressed. Loving God and loving your neighbor. It looks that way because our intended role in the world is to be the image of God. We let the deepest reality of the universe work through us to arrange things, not the other way around."

    That's the way I generally try to approach texts like these. Ask deeper questions, just like you are. Let it speak to you and move you and do something to you. I believe the great mind of the universe must delight, in some way, when we care that much.


    What questions remain?

    The four key questions we have covered help to illuminate the many possible understandings of Adam and Eve. However, they hardly exhaust the range of questions and issues that are raised in these discussions. Different models may answer certain questions more clearly while raising others.ここではいくつかの例を示します。

    1. In recent Adam and Eve models, how are we to understand the theological status of people outside the Garden? Do they possess the image of God?[26]
    2. How do different understandings of the image of God interact with different models of Adam and Eve?[27]
    3. How does an ancient Adam fit with biblical genealogies which may establish a connection between Adam and Israel?[28]
    4. How do we understand original sin and the Fall in each of these models?

    Many of these questions do not yet have definite answers. They remain an open invitation for theologians, scientists, and anyone else interested in the conversation. We should know not to expect easy solutions. Nor should we prematurely leap to simplistic narratives of “conflict” or “harmony” between science, Scripture, and theology. In the end we are all approaching a grand question that makes this conversation captivating and important: what does it mean to be human?


    Evolution and the Historical Fall: What Does Genesis 3 Tell Us about the Origin of Evil?

    Unlike some BioLogos bloggers who had to be convinced of the validity of biological evolution later in life, I have no memory of ever dismissing evolution as fundamentally incompatible with biblical faith. Having become a Christian at a very young age, I not only accepted, in my teenage years, that the earth was very old (based on what seemed to be reasonable scientific research), but as a young adult I avidly read books on human evolution—including the discovery of アウストラロピテクスアファレンシス (nicknamed Lucy) by Donald Johanson.

    However, I was somewhat troubled that evolution didn’t seem compatible with the biblical notion of the “Fall,” the origin of evil recounted in Genesis 3. I had always been taught that this text portrays Adam and Eve (an original couple) forfeiting a primal paradise through a single act of disobedience, which led to the introduction of death for both humans and the natural world. I couldn’t get my head around how this might fit with what scientists claimed about human evolution. So I did what many Christians do when confronted with cognitive dissonance—I put it out of my mind and concentrated on other things.

    It is time to take a closer look at what Genesis 3 actually says, to see how we might address perceived tensions between an evolutionary account of humanity and the biblical story of the origin of evil. 1 There are two primary sets of tensions. The first has to do with the historicity of the Fall—whether it really happened (and in what sense). The second has to do with the consequences of the Fall, the so-called “curse” that affected both humans and the earth. In my next BioLogos post I will address the second issue, whether “nature” was changed because of human sin this will take us into questions of death, predation, and randomness in the natural order, and their relation to the providence and goodness of God. In this post I will focus on what we might mean by the Fall as an event in history.

    In What Sense was the Fall “Historical”?

    It has always been important to me that the Bible claimed that the world God created was good (indeed, “very good” Gen. 1:31), and that evil was later introduced into this world by human disobedience. This notion of a historical Fall, which denies a pre-existing principle of evil and lays the origin of evil clearly at the feet of humanity, distinguishes the biblical version of creation from other accounts of origins. 2 Yet it has become de rigueur among many Christian proponents of evolutionary creation to deny the classical doctrine of a historical Fall and to claim that Homo sapiens emerged in a sinful state. However, I don’t think this is a necessary move for those who want to affirm the truth of the Bible and an evolutionary account of human origins. 3

    Part of the problem has to do with what we mean by calling the Fall “historical.” For some this means a punctiliar event perpetrated by an original couple that automatically changed human nature, such that every person born after comes into the world with a sin nature (this is sometimes thought of as a genetic inheritance). But this interpretation of the Fall (a version of “original sin” as formulated by Augustine) is not the only plausible way to read the Garden story.

    In my previous BioLogos post (on humanity as imago Dei), I addressed the initial problem that many Christians perceive between human evolution and the idea of a historical Fall, namely, the contradiction between two individuals (Adam and Eve) and the larger population group postulated by the modern scientific picture. After all, if there wasn’t an original couple, how could we attribute the origin of sin to them? Here I’m going to assume what I previously argued, namely that Genesis isn’t incontrovertibly committed to the idea of two original humans, but allows us to think either of a larger population group (in Genesis 1) or of ha’adam / “the human” (in Genesis 2) as archetypal of all people everywhere.

    This might mean that the narrative of disobedience in Genesis 3 is not simply about a single event in the past (though that is not thereby excluded), but describes what is typical in the process of temptation and sin in human experience. Indeed, when preachers expound the Garden story they tend to emphasize how this is true for all of us, rather than locating it in a singular event long ago.

    Once we are open to viewing the Garden narrative in this manner, the dialogue between the woman and the snake in Genesis can be seen as a profound study in the phenomenology of temptation and sin, which may be applied not only to our own present experience of temptation, but also to the experience of early Homo sapiens.

    A Phenomenology of Temptation and Sin

    The temptation begins with a question from the snake about whether eating from all the trees of the Garden really was prohibited (Gen. 3:1). This question accurately depicts the way temptation comes to a person, in that it seems to arise from an external source. In both the snake’s question and in the woman’s response there are a number of cases of slippage from what the narrator says—all of which ring true to the experience of temptation.

    Whereas the narrator consistently uses the compound name “YHWH God” to designate the Creator (throughout Gen. 2:4–3:24), the snake speaks about “God” only, and the woman follows suit in her response. The covenantal name YHWH is not used anywhere in their conversation (Gen. 3:1-5), which may well be a distancing tactic, which serves to disassociate the prohibition from YHWH, the God of Israel’s covenant (see Exod. 3:13–15). Beyond that, the narrator’s reference to YHWH God commanding (Gen. 2:16) has been softened to God 言って in the snake’s question (Gen. 3:1) here again the woman follows the snake’s lead (Gen. 3:3).

    But in contrast to this distancing and softening, we find that the woman adds to the prohibition against eating from the tree, when she claims that God also said, “nor shall you 接する it, or you shall die” (Gen. 3:2-3). Yet the Creator never prohibited touching the tree, according to the narrator.

    Then comes further slippage in the woman’s answer to the snake, when she modifies the warning YHWH God had given concerning the consequences of disobedience. The original warning was that in the day you eat of the forbidden tree you will surely die (Gen. 2:17). But the woman omits reference to in the day (which suggested immediate consequences) and describes the consequence simply as “you will die” (omitting a Hebrew grammatical construction that indicated the certainty or seriousness of the consequence).

    From initially questioning the woman about whether eating of any of the trees in the garden was permitted (Gen. 3:1), the snake finally denies outright that they will die, while trying to make the Creator seem stingy, “for God knows that when you eat of it your eyes will be opened, and you will be like God, knowing good and evil” (Gen. 3:5).

    This entire conversation is a profound representation of the inner dialogue of conscience, first questioning God’s word, then softening the prohibition, then overstating it (perhaps in compensation for the softening), then toning down the consequences, and finally questioning God’s motives. The conversation ends up sowing the seeds of doubt in the woman’s mind concerning God’s generosity, resulting in a lack of trust in God’s intentions for humanity. Then both she and the man (who was with her) eat of the forbidden fruit.

    The entire conversation realistically depicts the way temptation works, either as an intra-human, psychological process or as an inter-human, communal process. And this could be applicable either to each person throughout history wrestling with the demands of conscience or to an “original” fall among early Homo sapiens.

    Was There a Primal Paradise?

    But it leaves very little time, if any, between the origins of conscience and the beginning of sin. Yet many Christians assume that the Garden of Eden story includes a period prior to sin, when the first humans lived innocently in a paradise-like state, fulfilling their initial calling from God, working and protecting the Garden (Gen. 2:15).

    Yet it turns out that there is no actual narration of such a period in the book of Genesis. At the end of Genesis 2, the woman is created to be a helper to the man, which presumably means sharing in the task of working and protecting the garden. But instead of portraying the first humans fulfilling their explicit レゾンデトル, the Genesis narrative rushes to tell of their disobedience. The notion of a paradise period in Eden is much more a function of Christian theological assumptions read back into the text, rather than anything clearly narrated.

    Could the almost immediate transition from the creation of the first humans in Genesis 2 to the primal transgression in Genesis 3 be significant for thinking about the possibly limited time frame between the rise of moral and religious consciousness in Homo sapiens and the onset of sin in the human population?

    The Growth and Development of Sin according to Genesis

    Not only is there no paradisiacal period in Genesis 2–3, but human nature does not suffer any sort of immediate and radical corruption, as the classical doctrine of “original sin” might suggest (such that all people born afterwards inherit a sin nature). This does not mean there are no changes narrated in Genesis 3, but these are existential and behavioral. Humans acquire a sense of shame at their nakedness and a fear of God, which leads to their hiding (Gen. 3:7–10). And God announces certain consequences for sin, including new difficulties in the relationships between people and the ground, between women and childbearing, and between women and men (Gen. 3:16–19). Finally, God announces that the humans have become “like God, knowing good and evil” (Gen. 3:22), in an inappropriate way—which will not be good for them.

    Here it is helpful to counterbalance the classical notion of original sin (which assumes that all post-Fall humans come into the world enslaved to sin, by a quasi-genetic inheritance) with the actual narration of the development of sin in Genesis 4, and later in Genesis 6. The initial transgression by the parents develops in the next generation into murder (Cain kills Abel). But this is not a necessary progression the narrative portrays Cain’s struggle with anger and even depression (Gen. 4:5) leading up to the murder, including God’s claim that he can “do well” and that although “sin is lurking at the door” he “must master it” (Gen. 4:7). God’s words to Cain suggest that sin (the first use of this word in Genesis) is not inevitable for human beings it can (initially, at least) be resisted.

    Rather than an immediate change in human nature, the narrative of Genesis portrays a 処理する by which humans come more and more under the sway of sin. After Cain’s murder, we find Lamech’s revenge killing of a young man who injured him, a killing that he boasts about to his wives (Gen. 4:23). Yet even here the growth of sin is intertwined with positive cultural innovation, such as the building of cities, the invention of new forms of livestock tending, musical instruments, and metal tools (Gen. 4:17, 20–22). But sin continues to infect the human race, until every “inclination of the thoughts of [the human heart] was only evil continually” (Gen. 6:5), and the earth was destroyed or ruined (shachat) by the violence with which humans had filled it (Gen. 6:11).

    Here we finally have something as pervasive as “original sin” in the later theological sense of the term—that is, a situation of communal and systemic evil we are all born into (but this is a historical progression and not a genetic inheritance). Such a developmental and communal view of sin as narrated in Genesis is true to human experience and is quite compatible with the evolution of religious and moral consciousness among Homo sapiens.

    A Possible Evolutionary Scenario for a Historical Fall

    Although we can’t know exactly when Homo sapiens first became aware of the prodding of conscience, we can speculate that at some point God entered into a relationship with some representative population of early humans, calling them to live as his image in the world (for more on the imago Dei as a calling or vocation, see The Liberating Image: The Imago Dei in Genesis 1)。 This new relationship (with its concomitant ethical call) would have engendered a significant change in the consciousness of Homo sapiens and then in their behavior.

    We know from experience that relationships change us, sometimes decisively. No one who enters into marriage or becomes a parent is the same after (at least, if we take the relationship seriously). Even our pets change us and evolutionists have discussed how various human-animal relationships may have led to significant adaptations in human behavior. 4

    Being in relationship thus puts certain (explicit or implicit) demands on us and as we respond to the other we begin to change, not only in our actions, but also in our thinking and our values. We now know that behavioral changes begin to lay down new neural pathways in the brain we quite literally become different people over time.

    It is therefore plausible to think that the rise of moral consciousness was a decisive development among anatomically modern Homo sapiens, which resulted from a developing awareness of God’s call to a certain (moral) form of life. 5 It is also plausible to think that it was not long before these humans began to go against the new revelations of conscience, and thus sin was introduced into the world (and both moral consciousness and sinful resistance then spread to all Homo sapiens)。 While this may not be the Fall as a punctiliar event perpetrated by an original couple, it would still be a temporal event (and thus a 歴史的 Fall), which took place among early humans. This is a faithful interpretation of Scripture, and fully consistent with evolutionary science.

    Notes & References

    Editor’s note: This article is part of our 2016 Theology Fellows series.

    1. I began this closer look a few years ago when I joined a group of scholars working on the topic of Evolution and the Fall (the title of the book of essays we produced, ed. by William T. Cavanaugh and James K. A. Smith [Grand Rapids: Eerdmans, 2017]). My reflections in this blog post are based on my essay (chap. 4) in that book, entitled “Reading Genesis 3 Attentive to Human Evolution: Beyond Concordism and Non-Overlapping Magisteria,” and also on another essay, “From Primal Harmony to a Broken World: Distinguishing God’s Intent for Life from the Encroachment of Death in Genesis 2–3,” chap. 7 in Earnest: An Interdisciplinary Work Inspired by the Life and Teachings of Benjamin Titus Roberts、ed。 Andrew Koehl et al. (Eugene, OR: Pickwick, forthcoming).

    2. Paul Ricoeur has noted that the emphasis of Genesis 3 on human choice as the origin of evil is unique among myths of origins see Ricoeur, The Symbolism of Evil (New York: Beacon Press, 1969), esp. the chap. on “The Adamic Myth.”

    3. Here I agree with James K. A. Smith, “What Stands on the Fall? A Philosophical Exploration,” chap. 3 in Evolution and the Fall.

    4. See Celia Deane-Drummond, “In Adam All Die? Questions at the Boundary of Niche Construction, Community Evolution, and Original Sin,” chap. 2 in Evolution and the Fall.

    5. See the excellent multi-disciplinary essays on the development and transformation of Homo sapiensThe Emergence of Personhood: A Quantum Leap.


    What does the Bible say about cavemen, prehistoric men, neanderthals?

    The Bible does not use the term caveman また ネアンデルタール人。 So, according to the Bible there is no such thing as “prehistoric” man, in that sense. The Bible gives no indication that Adam and Eve accidentally evolved from lower life forms. Nor does it give any explicit indication that there were human-like beings prior to man.

    With that said, the Bible does describe a period of traumatic upheaval upon the earth&mdashthe flood (Genesis 6&ndash9), during which time civilization was utterly destroyed except for eight people. Humanity was forced to start over. It is in this historical context that some scholars believe men lived in caves and made use of stone tools. These men were not primitive they were simply destitute. And they certainly were not half ape. The fossil evidence is quite clear: cavemen were human men who lived in caves.

    Fossilized ape remains have occasionally been interpreted as a transition between ape and men. Most people think of these interpretations when they imagine cavemen. They picture furry half-men, half-ape creatures crouched in a cave next to a fire, drawing on the walls with their newly developed stone tools. This is a common misconception. And, as far as Darwinian paleo-anthropology goes, we should keep in mind that these interpretations reflect a peculiar worldview and are not the result of the evidence. In fact, not only is there major opposition to these interpretations within the academic community, but the Darwinists themselves do not entirely agree among themselves on the details.

    Unfortunately, the popular mainstream view promotes this idea that man and ape both evolved from the same ancestor, but this is certainly not the only plausible interpretation of the available evidence. In fact, there is no evidence in favor of this particular interpretation.

    When God created Adam and Eve, they were fully developed human beings, capable of communication, society, and development (Genesis 2:19&ndash25 3:1&ndash20 4:1&ndash12). It is almost entertaining to consider the lengths evolutionary scientists go to “prove” the existence of prehistoric cavemen. They find a misshapen tooth in a cave and from that create a misshapen human being who lived in a cave, hunched over like an ape. There is no way that science can prove the existence of cavemen by a fossil. Evolutionary scientists simply have a theory, and then they force the evidence to fit the theory. Adam and Eve were the first human beings ever created and were fully formed, intelligent, and upright.


    ビデオを見る: -ute - 悲しき雨降り -uteの日2014