聖書の時代の金持ちと有名人のライフスタイル

聖書の時代の金持ちと有名人のライフスタイル


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

ハデラ市に近いイスラエルの沿岸平野に位置するカイザリア市は、特定の現代住民の贅沢なライフスタイルで知られています。しかし、このような贅沢なライフスタイルを楽しんだのは、今日の裕福で有名な人だけではありません。より古代の発見がなされるにつれて、考古学者は人々が聖書の時代にどのように生きたかの詳細をつなぎ合わせ始めました、そしてそれはそれほど贅沢ではありませんでした。

カイサリアは、ヘロデ大王によって紀元前25〜13年頃に港湾都市カイサリアマリティマとして建設されました。ローマ帝国のユダヤ州の行政の中心地として機能し、その後、住民が豪華な飲食、着替え、裕福な人々の住居の習慣に従事した古典的な時代には、ビザンチンのパレスチナプリマ州の首都として機能しました。

ユダヤ人の賢人はたいてい裕福だったので、一日中法律の細かい点を熟考することができました。「金持ちとはどういう意味ですか」などの質問です。ウサギ・ヨシによれば、金持ちは「近くにトイレがある人は誰でも」でした。テーブル。"ガリラヤのセフォリスで、考古学者は裕福なローマの別荘の食堂の近くにまさにそのようなトイレを発見しました。

裕福なローマの家は信じられないほど広々としていて、モザイクと水の特徴で飾られていました。ベツサイダにはかなりの数の家があります。 1つは、ガリラヤ湖の近くにあるワインセラーで完成しました。田舎の金持ちの家には広々とした敷地があり、オリーブプレス、ブドウプレス、家族の墓がよく見られました。

古代には、裕福な女性の領域は彼らの素晴らしい家にありました。このように、窓の外を見ている女性は古代文学の一般的なモチーフになりました。聖書の時代に戻ると、ダビデの妻ミカルは、彼が窓から食い荒らしているのを軽蔑して見ていました。イスラエルのカナン人の敵であるシセラの母親が、窓の格子を通して戦いから戻ったのを無駄に見ているという痛烈な言及があります。

もちろん、使用人も必需品でした。裕福な国の家主の中には、少なくとも50人が敷地内に住んでいた可能性があります。ミシュナーによれば、女性の召使いが多ければ多いほど、自分でやらなければならないことは少なくなります。 1人の使用人は彼女をベーキングから解放し、2人は料理と授乳から解放しました。 4人は彼女が「一日中椅子に座る」ことを許可した。しかし、100人の使用人がいたとしても、彼女はまだ織りを要求されていたので、彼女は「アイドル」になることはありませんでした、と賢人は布告しました。

貧しい人々は彼らの衣服の自然なアースカラーを使わなければなりませんでしたが、金持ちは染められた織物を買う余裕がありました。アッキガイのカタツムリから作られた紫色の染料は特に高価でした。したがって、ローマ時代には、紫色を身に着けることによって、裕福な人々は彼らのおそらくうらやましい血統を宣伝しました。当時、「紫血」とは、今日の青血の意味を意味していました。

男性と女性の両方の裕福な人々は、彼らの髪に油をさしました。詩篇133は、兄弟愛の心地よさを「アーロンのあごひげを流れる油」と比較しています。それはローマ時代の高価な習慣の1つでした。新約聖書では、女性がイエスの頭に高価な油を注ぐことで有名でした。これは「1年以上の賃金」に相当します。

安息日に許可された活動についての議論では、女性の髪型は明らかに非常に複雑に編まれていたため、安息日に建てる法律に違反していました。


金持ちと有名人のライフスタイル(グッドシャーロットの歌)

"金持ちと有名人のライフスタイル「グッド・シャーロットのセカンドスタジオアルバムのためにベンジー・マッデン、ジョエル・マッデン、ティム・アームストロングが書いた曲です。 若くて絶望的な。 2002年後半にアメリカで、2003年初頭に世界市場向けにアルバムの最初のシングルとしてリリースされました。リリースされると、シングルは米国で20番のピークに達しました。 ビルボード Hot 100であり、ヨーロッパのいくつかの国、オーストラリア、ニュージーランドで上位40位以内にランクインしています。


1800-1860:ライフスタイル、社会的傾向、ファッション、スポーツ、レクリエーション:概要

旧西部。 19世紀初頭の白人アメリカ人にとって、西洋は多くのことを代表していました。一部の人にとっては、冒険や他の人のためにすぐに金持ちになる機会、土地を所有する機会を提供しました。マウンテンマン、丈夫な開拓者、オーバーランドトレイルの移民、ギャンブラー、金鉱夫など、西部開拓時代の株の数字はアメリカの記憶に残っています。しかし、アメリカ人が荒野と思っていたところに進んだとき、彼らは長い歴史のある土地に入っていました。数え切れないほどの世代のために、ネイティブアメリカンの人々は独自の文化を創造し、彼らが住んでいた土地について独自の物語を語っていました。白人とネイティブアメリカンは平和的に会うこともありましたが、多くの場合、病気と戦争は西側の元々の住民に大きな打撃を与えました。西部にはスペイン人とメキシコ人の入植者も住んでいました。テキサス、ニューメキシコ、アリゾナ、カリフォルニアは連合の州になるでしょうが、1800年にそれらはスペインによって主張されました。彼らは今度はメキシコに渡り、1821年に独立を獲得しました。膨張主義のアメリカ人とメキシコ人の間の対立は最終的に戦争につながるでしょう。

旅行。 西に行こうとしたアメリカ人は、旅行が難しいと予想していました。 1860年までに、鉄道は東からシカゴ、シンシナティ、セントジョセフ、セントルイス、メンフィスまで伸びましたが、それでも旅行には時間がかかりました。軌間は標準化されておらず、貨物の積み下ろしが必要でした。遅れは一般的であり、鉄道旅行はまだ多くのアメリカ人にとって高すぎました。最初の大陸横断鉄道は1869年に完成しましたが、それまで、東からロッキー山脈または太平洋に行きたいと思っていたアメリカ人は、人間と動物の力に依存していました。陸路を旅した25万人から50万人の人々は、平野や山を越えて馬や家畜の健康状態を心配そうに見守っていました。

苦難。 西洋の人々にとって、人生はしばしば不安定でした。ネイティブアメリカンは、病気、敵の攻撃、干ばつ、飢餓を恐れていました。彼らはまた、西側への白人移民という差し迫った問題に直面した。貿易、外交、そして戦争はすべて、平原へのアメリカ人の流入を遅らせることができないようでした。南西部のメキシコ人とスペイン人の居住者は、同じ問題のいくつかに直面しました。テキサスに引っ越したアメリカ人は彼らに優越性の仮定をもたらし、緊張は時々暴力に燃え上がった。西洋のアメリカ人は、他の人々と同様に、困難に直面しました。コレラの流行が幌馬車隊を荒廃させている間、西側の農民は干ばつと砂嵐に苦しみました。鉱山労働者は、金よりも寒さと貧困を頻繁に見つけました。西側の入植者も孤独に苦しみ、友人や家族が行方不明になりました。

社会生活とスポーツ。 西側の住民は困難に直面しましたが、懇親会やスポーツも楽しんでいました。オブザーバーは、ネイティブアメリカンがプレイするさまざまなゲームについてコメントしました。ネイティブアメリカンは、ラクロス、シニー、そして運が左右するゲームを楽しんだ。白人入植者は、東部で人気を集めていたチームスポーツをめったにプレイしませんでした。たとえば、西洋人は野球よりも、レスリングやガウジングなどの乱暴なスポーツを好みました。男性が自分のスキルを証明しようとしたため、射撃コンテストも人気がありました。女性は、ミツバチや&#x201Cフロリックで社交することができたものの、スポーツの機会が少ないことに気づきました。 &#x201D

多様性。 西洋の人々の日常生活は彼らの多様性を反映していました。西部のネイティブアメリカンは、平原で水牛の群れを追い、戦士の美徳を称賛した人々に属している可能性があります。一方、彼または彼女はカリフォルニアまたは南西部の比較的平和なコミュニティに住んでいる可能性があります。現在のアラスカの海岸からのトリンギットは、南西部からのアパッチや平野からのカラスとほとんど共通点がありません。ネイティブアメリカンの文化は静的ではありませんでした。さまざまなコミュニティのメンバーは、言語や文化に大きな違いがあるにもかかわらず、他のコミュニティと取引、戦い、結婚しました。西にやってきたヨーロッパ人の子孫はもっと似ていましたが、彼らの文化も多様でした。ドイツとアイルランドからの最近の移民は、ケンタッキー州民とサンタフェの住民と混ざり合っていました。しかし、多くの西に行った白人アメリカ人にとって、多様性は目標ではありませんでした。彼らは、ヨーロッパ系アメリカ人の手によって変容した西部を想像しました。それは、ネイティブアメリカンやメキシコ人のための余地がほとんどありませんでした。

この記事を引用する
以下のスタイルを選択し、参考文献のテキストをコピーしてください。


寄稿者

Peter T. Struckは、ペンシルベニア大学の教授兼古典学の議長です。彼はミシガン大学でABを、シカゴ大学で神学の修士号と比較文学の博士号を取得しています。彼の主な研究対象は、文芸批評、神託、前兆、夢による占い、そして生物の古代の概念を専門とする、意味の構築に関するアイデアの歴史にあります。彼はの著者です シンボルの誕生:テキストの限界にある古代の読者占いと人間性:古代における直観の認知史。ストラックはのメンバーです Lapham’s Quarterly 編集委員会。


狂騒の20年代のエッセイの例における金持ちと有名人のライフスタイル

彼の小説は、ファッション、音楽、ダンス、パーソナリティ、スポーツ、スキャンダル、ロマンスの側面にまで及んでいます。彼は、1920年代に彼が目撃したことといくつかの架空の側面の後で、彼自身の経験の直後にこの本を書きました。ほとんどの場合、グレートギャツビーは狂騒の20年代を代表し、有名な表現で裕福で有名です。ギャツビーやブキャナンなどのキャラクターの多くは、豊かでよく知られています。彼らの人生は、グレートギャツビーのニックキャラウェイを通して金持ちで有名な人々の人生がどのようなものであったかを詳細に説明しています。

狂騒の20年代のトレンドの多くは、ギャツビーが小説で行ったような金持ちによって投げられたパーティーで設定または見られました。トレンドの多くはファッション、特に女性、音楽、ダンスでした。戦後と戦時中、ファッションは大きく変化しました。ドレス作りやカスタムスタイルが勃発し始めていました。新しいテクスチャとパターンが1920年代のスタイルを生み出しました。女性にとっては、今ではもっと多くの選択肢が受け入れられました。膝上に着る大胆な新スタイルのスカートやワンピースが人気でした。 1920&#8217sドレスはこれまでになく軽く、明るく、短くなりました」(1920&#8217sレディースファッション)。ジュエリーや他の多くの装飾がこれまで以上に追加されました。 「厳選された生地とインテリジェントな色使いで、シンプルでありながらエレガントなデザインで自由感が増しました」(1920&#8217s Womens Fashion)。ジャズは1920年代のサウンドトラックでした。 20年代のもう1つのニックネームは、ジャズエイジでした。ジャズは、多くのアフリカ系アメリカ人が仕事を探していて、オプションとして音楽を取り上げたときに、ハーレムルネッサンスを通じて導入された新たに人気のあるスタイルでした。

ジャズは南部で紹介され、すぐに米国の東海岸を旅しました。ジャズ時代を通して、多くの忘れられないミュージシャンが、20年代のサウンドトラックとなったキャッチーな曲を作曲することで有名になりました。有名なアーティストの多くは、ジョセフ「キングオリバー」オリバー、ベッシースミス、ルイダニエルアームストロング、フレッチャーヘンダーソングループ(1920年代の音楽)などのミュージシャンでした。この音楽の多くには、音楽に付随するダンスもありました。人気のあるダンスには、チャールストンとブラックボトムが含まれていました。 1920年–ブラックボトムとチャールストン)裕福なコミュニティの多くは、他の人が古いお金からお金を相続しましたが、株式に投資し、ウォール街で仕事をしました。 1920年代半ば、株式市場は活況を呈していました。それは危険なビジネスでしたが、20年代には気付かなかったでしょう。株式は、1927年に目立つように上昇するまで、数回上下に変動しました。「強い強気市場(株式市場で価格が上昇しているとき)は、さらに多くの人々に投資を促しました。そして1928年までに、株式市場のブームが始まりました。ほとんどの市民は投資するつもりでしたが、それを買う余裕はありませんでした。ウォール街は、お金への道を稼ぐのに十分な幸運な人々や、古いお金から人々でいっぱいでした。 1929年の間、株式市場では「ミニクラッシュ」が発生し、ブラックチューズデイとして知られる1929年のクラッシュを予見していました。これが狂騒の20年代の終わりの始まりでした。 (1929年の株式市場の暴落)狂騒の20年代は、金持ちと有名人のためのノンストップパーティーの10年でした。彼らは贅沢なライフスタイルを送り、決して落ち着いたり、音楽を止めたりしませんでした。

第一次世界大戦の勝利後の祝賀の時であり、未知の第二次世界大戦に備える時でした。株が急増し、違法な酒が飲んだ時代でした。新しく発明された車と飛行機は町の話題であり、お金があったときに誇示するものでした。派手で高価なものはすべてスタイリッシュで、金持ちは経済の崩壊と大恐慌が多くの人々にとって迅速で厳しい終わりを迎えるまで、人生の贅沢にふけっていました。

引用された作品&#82201920s&#8211ブラックボトムとチャールストン。 &#8221Dancetimepublications。 com。ダンスタイム出版物、n。 NS。ウェブ。 2013年5月22日。&#82201920年代:ライフスタイルと社会的傾向:概要。 &#8221百科事典。 com。 N.p。 、2001。Web。 2013年5月22日。&#82201920&#8217s音楽。 &#8221 1920&#8217s音楽。 N.p。 、 NS。 NS。ウェブ。 2013年5月22日。ローゼンバーグ、ジェニファー。 &#8220 1929年の株式市場の暴落。&#82211929年の株式市場の暴落。 com、n。 NS。ウェブ。 2013年5月22日。&#8220Womens Fashions 1920&#8217s。 &#8221 1920&#8217sレディースファッション。 1920-30。 com、n。 NS。ウェブ。 2013年5月22日。


金持ちと有名人のライフスタイル:

私たち一人一人が身なりを整えたいという切実な願望を持っていますが、金持ちで有名な人は最新のファッションで最も高価なワードローブを持っています。彼らは常に脚光を浴びているため、最も独特なファッションセンスを持っており、その外観とファッションセンスはメディアだけでなく一般の人々でも長い間議論されています。
彼らは一般の人々のファッションのトレンドセッターであるため、彼らは何を着るかを気にする必要があります。人々は彼らのスタイルステートメントのために有名な有名人をフォローしようとします、それでこれらの人々は常にトレンディで最も素晴らしいものを探しています。

彼らが絶妙なファッションセンスを持っているのも不思議ではありません、そして最も重要なことに、彼らはそれを示すためのお金も持っています。ブランドのシャツから時計まで、靴から美容製品やアクセサリーまで、彼らはその種の最高のものをすべて所有することを好みます。彼らの威勢のいいルックスとカリスマ性は彼らの個性とファンの支持を増すので、彼らは彼らの服装感覚にかなりうるさいです。


3つの応答

未亡人は衰えることはないと私は信じています。
神が許すあらゆる状況で常に何か良いものがあり、未亡人は例外ではありません

神とキリストは女性をどのように見ていますか?

エホバ神が女性をどのように見ておられるかを完全に把握するにはどうすればよいでしょうか。一つの方法は、「見えない神の像」であり、神の事柄に対する見方を完全に反映しているイエス・キリストの態度と行動を調べることです。 (コロサイ1:15)イエスが当時の女性と交わしたことは、エホバとイエスが女性を尊重し、今日の多くの土地で一般的な抑圧的な扱いを確かに承認していないことを示しています。
たとえば、イエスが井戸で女性に話しかけたときを考えてみてください。 「サマリアの女が水を汲むようになりました」とヨハネの福音書は述べています。サマリア人と。国際標準聖書百科事典によると、ユダヤ人にとって「公共の場での女性との会話は特にスキャンダラスでした」。しかし、イエスは女性を敬意と配慮をもって扱い、人種的偏見も性別偏見もありませんでした。それどころか、イエスが初めて自分をメシアとしてはっきりと識別したのはサマリア人の女性でした。―ヨハネ4:7‐9,25,26。
別の機会に、12年間恥ずかしくて衰弱させる血の流れに苦しんでいた女性がイエスに近づきました。彼女が彼に触れたとき、彼女は即座に癒されました。 「イエスは振り返って、彼女に気づき、「勇気を出して、あなたの信仰があなたを元気にしてくれた娘」と言いました。」(マタイ9:22)モーセの律法によれば、彼女の状態の女性は群衆の中にいるはずがありませんでした。他の人に触れることは言うまでもなく、人々の。それでも、イエスは彼女を怒らせませんでした。むしろ、彼は思いやりを持って彼女を慰め、彼女を「娘」と呼びました。その言葉が彼女の心を安らかにしたに違いない!そして、イエスが彼女を治すことができたのは、なんと幸せだったに違いありません。
イエスが復活した後、彼の最初の姿は、マグダラのマリアと、聖書が「もう一人のマリア」と呼んでいるもう一人の弟子たちに現れました。イエスは、ペテロ、ヨハネ、または他の男性の弟子の一人に最初に現れた可能性があります。代わりに、彼は女性が彼の復活の最初の目撃者になることを許可することによって女性を威厳のあるものにしました。天使は、この驚くべき出来事についてイエスの男性の弟子たちに知らせるように彼らに指示しました。イエスは女性たちに言われた、「行って、私の兄弟たちに報告しなさい」。 (マタイ28:1,5‐10)イエスは確かに当時のユダヤ人に共通する偏見の影響を受けていませんでした。それによると、女性は法的な証人となることができませんでした。
ですから、イエスは、女性に対して偏見を持ったり、女性に対するショーヴィニズム的な態度を容認したりするどころか、女性を尊重し、感謝していることを示しました。彼らに対する暴力は、イエスが教えられたこととは完全に反対であり、彼の態度は、確かに、彼の父エホバが物事を見る方法を完全に反映していました。
神の世話をしている女性
「古代の地中海や近東のどこにも、現代の西洋社会で女性が享受する自由を認められた場所はありませんでした。一般的なパターンは、奴隷が自由に従属し、若いものから古いものに従属するように、女性から男性への従属の1つでした。 。 。 。男性の子供は女性よりも高く評価されており、女の赤ちゃんは暴露によって死ぬこともありました。」それが、ある聖書辞典が古代の女性に対する一般的な態度を説明している方法です。多くの場合、彼らは奴隷とほぼ同じレベルに置かれました。
聖書は、習慣がこの態度を反映していたときに書かれました。それでも、聖書に示されている神定法は女性を高く評価しており、それは多くの古代文化の態度とは著しく対照的でした。
エホバが女性の福祉に関心を持っていることは、エホバが女性の崇拝者に代わって行動したいくつかの事例から明らかです。彼はアブラハムの美しい妻サラを侵害から守るために2回介入しました。 (創世記12:14‐20 20:1‐7)神はヤコブのあまり愛されていない妻リアに「子宮を開く」ことによって好意を示し、息子を産みました。 (創世記29:31,32)神を恐れる2人のイスラエル人の助産師がエジプトでヘブライ人の男性の子供たちを子殺しから守るために命を危険にさらしたとき、エホバは感謝の気持ちを込めて「家族を彼らに示しました」。 (出エジプト記1:17、20、21)彼はハンナの熱烈な祈りにも答えました。 (サムエル上1:10,20)そして、預言者のやもめが、子供たちを奴隷として連れて行って借金を返済しようとしている債権者に直面したとき、エホバは彼女を慌てさせませんでした。愛情を込めて、神は預言者エリシャが借金を返済し、家族のために十分な油を手に入れることができるように、油の供給を増やすことを可能にしました。このようにして、彼女は家族と尊厳を守りました。―出エジプト記22:22,23列王第二4:1‐7。
預言者たちは、女性の搾取または女性に対する暴力の使用を繰り返し非難しました。預言者エレミヤはエホバの名によってイスラエル人に次のように語っています。彼らに暴力を振るわないでください。そして、この場所で罪のない血を流さないでください。」 (エレミヤ22:2,3)その後、イスラエルの裕福で力のある人々は、女性を家から追い出し、子供たちを虐待したために非難されました。 (ミカ2:9)正義の神は、そのような苦しみが女性とその子供たちに引き起こされた悪と見なし、非難します。
「有能な妻」
有能な妻の適切な見方は、ことわざの古代の作家によって提示されます。妻の役割と地位についてのこの美しい描写はエホバの言葉に含まれていたので、エホバはそれを承認していると確信できます。抑圧されたり劣等と見なされたりするどころか、そのような女性は高く評価され、尊敬され、信頼されています。
箴言第31章の「有能な妻」は、精力的で勤勉な労働者です。彼女は「彼女の手の喜び」とは何かに一生懸命働き、貿易や不動産取引にさえ従事しています。彼女は畑を見て、それを買い始めます。彼女は下着を作って売っています。彼女は商人にベルトを渡します。彼女は力と活動に精力的です。また、彼女の知恵と愛情のこもった言葉は大いに感謝されます。その結果、彼女は夫、息子、そして最も重要なことにエホバから高く評価されています。
女性は、女性を利用したり、虐待したり、あらゆる種類の虐待を受けたりする男性の抑圧された犠牲者であってはなりません。代わりに、既婚女性は夫の幸せで成し遂げられた「補完」となることです。―創世記2:18。
それらに名誉を割り当てる
クリスチャンの夫に妻の扱い方について手紙を書くとき、霊感を受けた作家ペテロは夫にエホバとイエス・キリストの態度をまねるように促しました。 「ご主人様、続けてください。 。 。彼らに名誉を与える」と彼は書いた。 (ペテロ第一3:7)人に名誉を与えるということは、その人を高く評価し、尊重することを意味します。したがって、妻を敬う男は、妻を屈辱したり、格下げしたり、暴力的に扱ったりすることはありません。むしろ、彼は自分の言葉と行動によって、公の場でも私的な場でも、彼女を大切にし、愛していることを示しています。
妻を敬うことは確かに結婚の幸せに貢献します。カルロスとセシリアの例を考えてみましょう。結婚生活のある時点で、彼らはしばしば結論に達することなく議論していることに気づきました。時々、彼らはただお互いに話すのをやめました。彼らは自分たちの問題を解決する方法を知りませんでした。彼は彼女が要求し、誇りに思っていた攻撃的でした。しかし、彼らが聖書を研究し、学んだことを応用し始めたとき、物事は改善し始めました。セシリアは次のように述べています。「イエスの教えと彼が残した模範が私の性格と夫の性格を変えたことを私は理解しています。イエスの模範のおかげで、私はより謙虚で理解できるようになりました。イエスがしたように、私は祈りにおいてエホバの助けを求めることを学びました。カルロスは、エホバが望むように妻を敬うために、より寛容になり、より自制心を示すことを学びました。」
彼らの結婚は完璧ではありませんが、それは時の試練に耐えてきました。近年、彼らは深刻な困難に直面しなければなりませんでした—カルロスは仕事を失い、癌の手術を受けなければなりませんでした。それでも、これらの激変は彼らの結婚の絆を揺るがしていません。そして、それはさらに強くなりました。
人類が不完全に陥って以来、多くの文化の女性は不名誉な扱いを受けてきました。彼らは肉体的、精神的、そして性的に虐待されてきました。しかし、それはエホバが彼らのために意図された扱いではありません。聖書の記録は、どんな文化的見解が優勢であっても、すべての女性は名誉と敬意を持って扱われるべきであることを明確に示しています。それは彼らの神から与えられた義務です。
http://wol.jw.org/en/wol/d/r1/lp-e/102008002?q=Women in Bible&ampp = par
http://wol.jw.org/en/wol/s/r1/lp-e?q=Women in Bible&ampp = par

ジョンアレグロが何年も前に指摘したように。すべての生き物の中で、年間12個の実をつける唯一の人間の女性。

生命の木(少なくとも聖書にあるもの)は人間の女性です

黙示録22:2
その通りの真ん中、そして川の両側に、12種類の実をつけ、毎月実を結ぶ生命の木がありました。そして、木の葉は癒しのためでした。国。


壮大なローマ浴場

古代ローマのお風呂は荘厳でした。これらの美しく装飾された建物は、公衆浴場用に作られただけでなく、小さな町のように巨大でした。

「カラカラ浴場」として知られる最大の公衆浴場は、労働者階級の近所の近くにあり、27エーカーの面積に広がっていました。彼らは一度に8000人のローマ人を収容するのに十分な大きさでした。カラカラ浴場には、高さ19フィートの噴水、体育館、図書館がありました。

金持ちと貧乏人は、社交と入浴のためにカラカラ浴場にやって来ました。これらの浴場でも、政治指導者や有名人を見つけることができるかもしれません。複雑な石細工とモザイクアートがカラカラ浴場を美しくしました。


Patrisse Khan-Cullorsは、Black LivesMatterの共同創設者です。彼女は最近、5番目(またはおそらく6番目)の家を購入してニュースを作りました。マリブのすぐ外にある140万ドルの物件で、「高い天井、天窓、たくさんの窓」が特徴です。そして、もちろん、ゲストハウス。彼女がそこで家を購入することを選んだのは奇妙なことかもしれません。マリブの非常に裕福な郊外はほぼすべて白で、居住者の1.8%だけが黒人だからです。ブラック・ライヴズ・マターの要点は、黒人が白人からの暴力の絶え間ない脅威にさらされているということなので、彼女はマリブの不動産に対して、かみそりの針金や武装警備員など、広範なセキュリティ対策を計画していると思います。彼女の白い隣人から身を守るために。彼女がそれがすべてのフーイだと思わない限り。ええ、何でも。

昨年のBLM暴動の際、彼女はバハマの600エーカーのプライベートな海辺の飛び地である「TheAlbany」で超富裕層のために家を買うのも見られました(タイガーウッズとジャスティンビーバーはそこに家を持っています)。です 非常に プライベートなので、彼女がそこにも家を購入したかどうかは不明です。そこでは、たった500万ドルと2000万ドルで素敵な小さな場所を手に入れることができます。ギブオアテイク。

私を逃れる理由のために、彼女の仲間の社会主義者の何人かは、彼女の支出が、ええと、 嫌な。 そのような危機の時に、あなたはわかります。たとえば、Black Lives Matter Greater New YorkCityの責任者であるHawkNewsomeは次のように述べています。

「自分を社会主義者と呼んで回るなら、彼女自身の個人的なお金のどれだけが慈善目的に使われるのかを尋ねなければならない」と彼は言った。 「それは人々に運動の正当性を疑わせ、この運動を運ぶのは人々であるという事実を見落とすので、本当に悲しいです。」

ニューサム氏は、フィデル・カストロ、ウゴ・チャベス、金正日、または「自分たちを社会主義者と呼んでいる」他のリーダーのことを聞いたことがないようです。

ニューサム氏を愛する人は、彼に介入する必要があります。彼らが彼を優しく失望させてくれることを願っています。彼が初めて目を開けたとき、それは傷つくだろう。

Khan-Cullors氏は、自身のWebサイトで、自分自身を「アーティスト、作家、教育者、政治戦略家、および主催者」と表現しています。しかし、彼女の印象的な収入の正確な源泉を特定することは困難であることが証明されているため、彼女は明らかに会計と財務もかなり得意です。彼女は、シングルマザーによって育てられ、貧しく育ったと言います。現在、37歳の若さで、彼女は最も高級な地域で高級住宅を購入しています。ジョージア州にある彼女の家の1つには、独自の航空機格納庫と独自の専用滑走路があります。どのように NS 彼女はそれをしますか?彼女は非営利団体で働いているだけですよね?

彼女の配偶者は、カナダの黒人クィアの性別不適合アマチュアボクサーであり、&#8220Color of Change&#8221のプログラムディレクターを務めているため、彼女またはおそらく彼は大金をかき集めていません。彼らはどうやってそんなに多くのお金を稼ぎ、非営利団体のために働いているのでしょうか?

さて、ブラック・ライヴズ・マター 非営利団体。しかし、2017年に、カーン・カラーズ氏と別の「活動家」(&#8230またはおそらく賢明な投資家&#8230)は、営利団体である同様の名前の「ブラック・ライヴズ・マター・グローバル・ネットワーク財団」を設立しました。免税はありませんが、「寄付」(&#8230またはおそらくみかじめ料&#8230)はActBlueチャリティーとサウザンドカレントによってフィルタリングされます。 それは 非営利団体。 Khan-Cullors氏が彼女の非営利組織(&#8230またはおそらくマネーロンダリング事業&#8230)を設立すると同時に、彼女はまた、開示する必要のない営利団体であるBLMグローバルネットワークを設立しました。それがいくら使うか、どのようにお金を使うか、またはそれが幹部にいくら支払うか。

では、これらの組織にはどのくらいのお金が流れているのでしょうか。そして、それは、カーン・カラーズ氏によって管理されているLLCの追跡不可能なスタックにどのように流れ込むのでしょうか。言うのは難しいです、それが要点です。しかし、全体として、これらの組織は昨年、1億ドルをはるかに超える額を受け取りました。そしてそれはその倍数だったのかもしれません。繰り返しになりますが、彼らが本をどのように扱っているかという理由で、言うのは難しいです。それが要点です。

ヒラリー・クリントン、ジェシー・ジャクソン、アル・シャープトンは誇りに思うでしょう。

ニューヨーク市出身の彼女の仲間の社会主義者であるニューサム氏(数段落前の引用から)は、明らかにがっかりしている。ニューサムさんはどうやらばかだから。

カーン・カラーズさんはばかではありません。彼女は倫理に欠けていますが、賢さはありません。

2017年、彼女は、ブラック・ライヴズ・マターはトランプ大統領と会わないだろうと述べました。これは、トランプが&#8220&#8230以来、アドルフ・ヒトラーと会わなかったのと同じ理由です。文字通り悪の縮図です&#8211この国のすべての悪…”

ドナルド・トランプはホテルを建てることで金持ちになりました。 Khan-Cullors氏は、アメリカ中の黒い地域を焼き払うことで金持ちになりました。そして彼女はトランプを悪と呼びます。

彼女のように金持ちになるなんて想像もできません。彼女が金持ちになるために何人の人が怪我をしましたか?書いているだけで汚い気がします。グッドロード&#8230

資本主義システムでは、私たちは他の人々を助けることによってお金を稼ぎます。草を刈ったり、ソフトウェアを書いたり、車を修理したりするなど、誰かのために何かをします。私たちは彼らの生活をより良くするので、彼らは 与える 私たちのお金。

社会主義者は 痛い 他の人。彼らは自分たちの生活を悪化させ、それから彼らを怖がらせて服従させます。 取る 彼らのお金。

彼らはどのように夜寝ますか?

もちろん、カーン・カラーズさんは、寝るための多くの豪華な家を選ぶことができます。おそらくそれは助けになります。あるレベルで。私は推測する。

彼女が他人への思いやりを持っていない限り。まったく。もしそうなら、彼女が夜眠ることができる方法はありません。彼女が選択しなければならない家の数に関係なく。そして、彼女が後援した暴動で彼らが全焼したので、そこにいる人々の数に関係なく、選ぶべき家はまったくありません。

都心部に住む黒人の市民のことを心配しています。彼らは非常に困難な状況にあり、彼らを助ける方法を正確に知ることは困難です。

カーン・カラーズさんのことは気にしません。彼女は元気になります。

そして、そこにいるすべての社会主義者のニューサムズ氏については、私たちは皆、彼らがいつか目を開けるように祈る必要があります。

もちろん、目を開けることは彼らにとって非常に苦痛でしょう。しかし、それはおそらく問題ではありません。歴史は彼らが勝ったことを示唆しています&#8217t。

Khan-Cullors氏は、Newsomes氏が目を開けるのを心配していないと確信しています。彼女はおそらくすべての高級住宅で長期住宅ローンを取得しています。どうしてですか?ビジネスは良いです。そして、世界中の左派が素直に目を閉じ続けている限り、それはさらに良くなる可能性があります。そして確かに彼らはそうするでしょう。


金持ちと有名人のライフスタイル。エジプト人

古代エジプトの裕福で有名な人々は、上質なワイン、セックス、ハイファッション、そしてたくさんのパーティーで退廃的なライフスタイルを送っていました。 How do they compare with their equivalents today - the modern western celebrity set?

The main differences might be regarding who were the richest people then, and who are the richest people now. In ancient Egypt the pharaoh was at the top of the ‘pyramid’ and his family, noble people who owned land, and the priests came after. Scribes, architects and doctors were well off, and skilled craftsmen also had many privileges.

Peasants and unskilled workers were low down the scale of Egyptian society, but it was the servants and slaves that skirted the bottom of the class pyramid. Those working in mines and quarries were really asking for trouble, as diseases, physical strain and dangers lurked in every turned stone in the desert. Slaves working in rich domestic environments were the lucky ones as they were assured security, housing and food. Many of these endured hard physical work and usually died young as we can see from the osteological remains found at Amarna site analyzed by Dr. Jerome Rose which proved that people building those megalomaniac buildings for Akhenaton died young with severe bone lesions.

Men in the armed forces, army and navy were not afforded a high social status, and neither were entertainers. Members of the armed forces are still not wealthy today, and face the same dangers. Many still die in wars like the ones in Afghanistan and Iraq, or return with physical and mental injuries that haunt them for life.

However, it is somewhat different now regarding entertaining. Although there are still many badly-paid wannabes, entertainers today are amongst the richest people on the planet. Beyonce (who Zahi Hawass called "a stupid woman" because of her lack of interest while touring ancient Egyptian monuments with him), Oprah Winfrey, Madonna, Angelina Jolie, Britney Spears and Simon Cowell are some of today's high-earners.

Professions were usually hereditary, not chosen a man followed his father’s trade and so on. We also have that today as seen for example by the careers of actor Martin Sheen and his sons (both actors) Charlie Sheen and Emilio Estevez or Gwyneth Paltrow, famous actress and daughter of Bruce Paltrow and Blythe Danner (both actors too). And of course, there's the Bush 'dynasty' in US politics.

Scribes were the top dogs in the sphere of learning and teaching. Not every child was able to learn how to read and write this was restricted to those following the scribe profession. We can compare this to the present computer industry where people like Bill Gates and Larry Page rule the world of communications and fight for more people using their ‘scripts’. A paradox: we can have hieroglyphics in our cellphones now.

These days the situation is different, as the presidents and kings of nations might not be the richest people in their country. The priests of any religion nowadays are not the richest people, that is for sure, as cults and religions are not considered as economically important in society as they were back then.

Gotta Get to.お寺

Priests loved to eat and drink well. They had all those succulent leftovers from the rituals at the temple to take home. That is why arteriosclerosis (high cholesterol) was found in ancient Egyptian mummies. Unlike today, when there's a branch of Greggs (British bakery chain, famous for its sausage rolls) on every corner it seems, in ancient Egypt, only the elite could afford such a decadent disease!

Different kinds of meat were available for the elite: beef, veal, antelope and gazelle meat. The poor ate mostly birds such as geese, ducks, quails, cranes, and from the New Kingdom onwards raised their domestic poultry animals. Different fish from the Nile were consumed, though some were forbidden because of the myth of Osiris where he travelled along the Nile and the Mediterranean Sea while dismembered by his evil brother Seth. The fish were most frequently dried in the sun.

Sweeteners were different too the rich used honey, while the poor used dates, left to ferment in the heat.

Similarly to today perhaps, wine was the booze of choice for high society individuals. Fine wines were labelled with the date, vineyard and variety as the tax assessors requested, such as the ones found in Tutankhamun’s tomb.

Beer was the poison of the masses. Rich people also drank beer though. loads of it, in fact.

People loved to drink, as they do today, according to maximas written in the New Kingdom’s The Maxims of Ptahhotep or Instruction of Ptahhotep, a vizier under King Isesi of the Egyptian Fifth Dynasty (c. 2414-2375 BC).

These writings functioned as advice and were intended to be directed to his son. There are several copies available today the Prisse Papyrus dating from the Middle Kingdom, at the Bibliothèque Nationale in Paris, and two slightly different versions at the British Museum.

Ptahotep explains why he wrote these he had reached old age and wanted to leave a legacy of ‘good sense’ instructions to his son. These are rules on how to be kind, just, peaceful, and on how to behave in the correct manner in general. Among those there were some pieces of advice on how bad your reputation gets (it goes down the drain, really), if you drink too much. Just like what happened to Charlie Sheen and his wife last Christmas.

As homes were built with adobe bricks, none of these buildings survived. The most modest houses, for the poorest people, were built with straw, palm leaves and also some rudimentary bricks, and were incapable of resisting the winds and sands of centuries. The houses built for the rich and powerful were obviously different from the ones built for labourers and farmers. The two main differences were: materials and space.

Not that the rich all had golden taps, literally made of gold, like Saddam Hussein’s, in their bathrooms, or Carrara marble like many rich people do today. But, for example, wood was expensive in Egypt. Egyptian trees did not provide the best wood for furniture-building, so the good stuff was imported from Byblos – present Lebanon. Furniture made of ‘good’ wood was only found in the homes of the rich. Wooden beds and wooden headrests featuring gods protecting the occupants from demons were not available for lower classes.

Rugs from Persia, ebony and ivory pieces from African kingdoms, golden vases, jewellery and sculptures from Nubia, various precious stones and gold ornaments were some of the treats rich people could afford in ancient Egypt. As far as we know, they didn't have their own version of Hello magazine in which to show off their interior decor.

The equivalent to present day Beverley Hills or the Hamptons, the rich had their patch of land outside the city, where they had room for orchards and vineyards. The poor were clustered together on the outskirts in small brick houses. An example of housing ‘for the poor’ were the villages expressly built for workers like the one at Deir el-Medina - similar to the workers camps outside Dubai.

Another distinctive trait of rich people in ancient Egypt was the use of wigs, made with sheep or real human hair, and worn at parties and in domestic environments as well as at festival and important cults. Fashion thrived, and found its victims amongst the wig wearers. In an ancient Egyptian version of the Emmys or the Oscars, guests such as Victoria Beckam, Ivana Trump or Paris Hilton would all have wigs, and perhaps also burning perfume cones, on their heads.

But what about the gowns? It seems from archaeological findings that everyone wore tunics. Men wore them down to their knees and women down to their ankles. These tunics were made from linen, from the Flax plant very abundant across the Mediterranean. Not the choice of Victoria Beckam for sure!

Like a school uniform, people found a way to customise the ubiquitous tunic. Richer individuals wore their tunics folded, as depicted in art, with some with gold lines and designs. Add on the jewellery and the headdresses, and there was no way could you mistake a celeb for her personal assistant.

Sandals (ankh) were worn by everyone (without socks, you'll be pleased to hear). The difference was that poorer people could only afford papyrus or palm fibre sandals, while richer individuals had their sandals woven in leather. There were no high heels like the ones models refused to put on at the latest Alexander McQueen fashion show!

Men and women wore makeup (the rich ones). Kohl for eyes was also used as a protective balm as many of the medical papyri prescriptions suggest, and henna was worn on the lips and nails. Tattoos were common, applied to both the living and the deceased. Today tattoos are becoming common amongst all types of people, and many male celebs slap on the face paint as well as the women.

Love, Sex and Adultery in Ancient Egypt

Women had more freedom than their counter parts in Mesopotamia, for instance, but never as much as Paris Hilton and pals. Egyptians married young, very young indeed, and, in royal families, between themselves. Childbirth was dangerous but encouraged in ancient Egypt - prosperity was a goal for everyone and that included having a big family.

The love and sex lives of the Egyptians were as complicated as they are today. Turin's famous Erotic Papyrus assures us that the Egyptians were sexually adventurous, with a penchant for naked belly-dancing, and collections of love poetry from the Amarna era reveal that they were also big romantics.

According to Angelina Jolie in recent news “fidelity is not essential in her relationship with Brad Pitt”, but adultery is one of the oldest reasons for divorce, death and depression - the 3 D’s - and in ancient Egypt as in most of the modern world, women often still file for divorce on the grounds of adultery. Divorce was legal and the problems arising from it were usually when it involved property that had to be divided. The bigger the stake - the bigger the battle, as the recent multi-million divorce case between ex-Beatle Paul McCartney and Heather Mills clearly illustrates.

The love and sex lives of the rich and famous captivated the less fortunate in ancient Egypt just as the romances of Jordan and Peter Andre or 'Bradjelina' do today. The alleged affair between Hatshepsut and Senenmut clearly occupied the minds of workers at Deir el-Medina - one of them drew a caricature of their love affair in an ostracon. Then, as now, there would always be somebody who didn't approve!

Playboys of the Ancient World

There are many similarities between the leisure pursuits of the rich and famous now and in ancient Egypt. The Egyptians practised many sports, including hunting and fishing (still high on the country gent's agenda), and wrestling, which has perhaps suffered some decline in status over the centuries.

Like now, the rich had a need for speed. They loved racing horses and chariots (after the horse was introduced in Egypt), just as the modern elite love their fast cars. It was a dangerous passion that possibly caused Tutankhamun’s death as well as James Dean’s, but led rich playboy Lord Carnarvon to his career as an explorer.

Dinner parties, or banquets, were also frequent in rich houses with dancing, drinking and maybe sex included - just as today.

No scientific proof of the use of recreational drugs in ancient Egypt has been found yet, but jars from Cyprus found in Egyptian sites reveal that they used opium as medicine. Now, there is a growing practice of the legitimate use of cannabis for medicinal purposes, to treat MS amongst other complaints. No doubt Amy Winehouse and Pete Docherty have used 'medicinal purposes' as an erroneous excuse at some point too.

Celebs Behind Bars? Not in Egypt

Scandals like the 1970’s allegation of a young girl’s homicide by the hand of director Roman Polanski (linked to sex offenses) are not known to ancient Egypt.

However, the ancient world wasn't without its bad boys. High treason and attempts to the king’s life were among the top crimes to be punished in ancient Egypt. Robbery existed but there is no evidence of homicides or other death crimes. Justice was Maat, the supreme balance against chaos, and everything in life had to be done accordingly. Just as we respect our Constitutions and laws, ancient Egyptians had their laws and ordinances. Viziers and judges were appointed by the pharaoh to decide upon requests for intercession.

Forget not to judge justice. It is an abomination of the god to show partiality. This is the teaching. Therefore, do you accordingly. Look upon him who is known to you like him who is unknown to you and him who is near the king like him who is far from his house. Behold, a prince who does this, he shall endure here in this place. - From The Instructions of Rekhmire, in The Wisdom of Ancient Egypt by Joseph Kaster.

So, it seems like the rich and famous of ancient Egypt had a lot in common with today's celebs when it came to lifestyle choices. They could probably drink, race, eat and party our paltry lot under the table - but when it comes down to it, they were a lot better behaved.


ビデオを見る: החיים על פי נועה תשבי פרק 1