モーゼスローパー

モーゼスローパー


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

私が生まれる数ヶ月前、父は母の若い愛人と結婚しました。父の妻は私の誕生を聞くやいなや、母の姉の一人を送って私が白人か黒人かを確かめ、叔母が私を見るとすぐに戻ってきて、愛人に私を言った。白くて、ローパーさんにとても似ていました。ローパー氏の妻はこの報告に満足していなかったので、大きなクラブスティックとナイフを手に入れ、私の母が閉じ込められていた場所に急いで行きました。彼女はナイフとクラブで私を殺そうと全力で母の部屋に入ったが、彼女がナイフを私に突き刺そうとしていたとき、私の祖母がたまたま入って来て、ナイフを捕まえて私の命を救った。しかし、母が私に言ったことを思い出すことができるだけでなく、父は彼女が監禁された直後に彼女と私を売りました。

私は6歳か7歳になるまで、注目に値することを思い出すことができません。私の母は半分白人で、父は白人でした。当時、私はとても白人でした。私が6歳か7歳になった直後、母の老師、つまり父の妻の父が亡くなりました。彼のすべての奴隷は子供たちの間で分けられなければなりませんでした。私は父が私を処分することについて前に述べました。彼が私と私の母を別の奴隷と交換したかどうかはわかりませんが、彼が妻の兄弟または姉妹の1人と私を交換した可能性が非常に高いと思います。父の妻の義理の兄弟、その名前はダーラム氏。私の母は他の奴隷に引き寄せられました。

彼らが奴隷を分ける方法はこれです:彼らは小さな紙に異なる奴隷の名前を書き、それを箱に入れて、彼ら全員に描かせます。ダーラムさんが母を描いてくれて、ファウラーさんが私を描いてくれたと思うので、かなり離れていたので、どこまでかは言えません。私は父にとても似ていて、他の奴隷よりも白人だったので、すぐに彼らが私を母から数百マイル離れたアメリカ南部の州に連れて行ったネグロトレーダーと呼ばれるものに売られました。思い出すだけでなく、6歳くらいでした。

トレーダーのマイケル氏は、数百マイルを旅して多くの奴隷を売った後、数ヶ月間試みていたので、私をうまく売ることができなかった(私は他の奴隷よりもはるかに白人だったので)ことに気づきました-大きな下宿屋を経営していたスニード氏を残してくれたので、テーブルで待って、できれば売ってくれました。

綿花プランターのグーチ氏は、自宅から約3マイル離れたリバティヒルという町で私を購入しました。彼は家に帰るとすぐに私を綿花農園に入れて働き、私を監督下に置き、他の奴隷と一緒に肉とパンの許可を与えてくれました。仕事。ここで私の心は私の仲間の奴隷を去ることに悲しみでほとんど壊れていました。グーチは私の悲しみを気にしませんでした。彼はほぼ毎日、そして非常にひどく私をむち打ちました。グーチは彼の義理の息子、ハマンズ氏のために彼の住居から約5マイルのところに私を買ってくれました。この男には私以外に奴隷が2人しかいなかった。彼は私を1、2週間とても親切に扱ってくれましたが、夏に綿花が刈り取られる準備ができたとき、彼は私にこの部門に関連する仕事を与えてくれました。私が仕事に失敗したとき、彼は私をむち打ち始め、7月の非常に暑い太陽の下で綿花畑でシャツなしで働くように私を設定しました。 8月、彼の監督であるコンデル氏は私に飼料を引く仕事を与えてくれました。

夜の前に仕事を終えて、私は畑を去りました。雨が降り、飼料がびしょびしょになりました。これを発見すると、彼は雨が降る前に飼料に入らなかったために私をむち打ちすると脅した。むち打ちをするべきだと知って逃げようとしたのはこれが初めてでした。その時私は13歳から14歳の間でした。私は半分裸で森に逃げました。私は奴隷所有者に捕まり、ランカスター刑務所に入れられました。彼らが奴隷を刑務所に入れるとき、彼らは彼らの主人が彼らを所有することを宣伝します。しかし、主人が投獄されてから6か月以内に奴隷を請求しなかった場合、奴隷は懲役刑で売られます。

スレーブが逃げるとき、マスターは常により厳格なむち打ちのシステムを採用します。これは、現在の例の場合でした。この後、若い頃から自由を手に入れようと決心し、何度か試み、捕まり、毎回100本のまつ毛の激しいむち打ちをしました。ハマンズは非常に厳しく残酷な主人であり、彼の妻はさらにひどいものでした。彼女は私を縛り、裸でむち打ちをしていました。

グーチ氏はそれから別の奴隷所有者の助けを得て、彼の鍛冶屋で私を縛り、牛革で私に50本のまつ毛をくれました。それから彼は25ポンドの長い鎖を私の首に巻きつけ、私を野原に送りました。そこで彼は牛革を持って私を追いかけ、奴隷を再び私を怒らせるつもりでした。これを知って、このように再び苦しむことを恐れて、私は彼に伝票を渡し、彼の視界から外れました、彼は他の奴隷所有者と話すのをやめました。

私はカタルバ川の運河に着きました。その土手と水門の近くで、石と鉄片を調達し、それを使ってリングをチェーンから外し、それを外してから渡りました。ハマンズ氏の妹と結婚したバラッドという奴隷所有者と私が落ちたとき、川を渡り、約20マイル歩いた。彼がグーチ氏ほど残酷ではないことを私は知っていたので、彼に私を買うように頼んだ。近所で最高のプランターの一人だったバラッドは、私を買うことができなかったと言い、そして彼は私を私の主人に連れ戻す義務があると言いました。奴隷。

バラッド氏は私を連れ戻しました。グーチさんの姿を見ると、そこで出会ったすべての治療が強引に頭に浮かび、その力強い影響力は言葉では言い表せません。ひざまずいて、涙を流し、表情に恐怖を感じ、すべての特徴に熱心さを感じた私は、バラッド氏に私を買うように懇願したが、彼は再び拒否し、私は恐ろしく残酷な主人に連れ戻された。

グーチ氏のところに着くと、彼は私を罰し始めました。これは、最初に私の手首を結び、膝の上に置くことによって行いました。それから彼は私の膝の下と私の腕の上に棒を通し、こうして私の腕を固定した後、彼は私をむち打ち、私の裸の背中に500本のまつ毛を与えました。これは信じられないように見えるかもしれませんが、彼らが現在残している痕跡は私の体に残っており、彼の厳しさのこの声明の真実を証明しています。それから彼は私を40ポンドの鎖で丸太ペンに鎖でつなぎ、私を湿った大地に一晩寝かせました。朝食後の朝、彼は私に来て、朝食を与えずに、通常は馬が引く大きな重い手押し車に私を縛り付け、馬が使用するためにそれを綿花畑にドラッグさせました。分野。したがって、読者は、それを介してではなく、フィールドにドラッグさせることは私のマスターにとっては役に立たなかったことがわかります。彼の残酷さは、私を彼の馬の奴隷にし、それによって私を堕落させるまでに至りました。

それから彼は再び私をむち打ち、その日中ずっとトウモロコシ畑で働くように私を設定し、夜は以前と同じように私を丸太小屋に鎖でつなぎました。翌朝、彼は私を綿花畑に連れて行き、3回目のむち打ちをして、私を綿のくわに設定しました。この時、私はむち打ちと過酷な治療を繰り返して、ひどく痛くて弱っていました。彼は私を黒人の男の下に置き、私がこの男と一緒に私の列を維持しなければ、彼は私をむち打ちすることになっていた。読者はここで、この種の仕事に慣れておらず、国内の奴隷であったことを思い出さなければなりません。私は彼についていくことがまったく不可能でした。そのため、私は日中何度もむち打ちをしました。

グーチ氏には18歳くらいの女性の奴隷がいて、その奴隷も国内の奴隷であり、彼女の任務を遂行できなかったために逃げていました。彼がその犯罪のためにこの時に罰していたどの奴隷。 3日目に、彼は私を40ポンドの大きな鎖でこの女性の奴隷に鎖でつなぎました。首の周りの重さ。このように若い女性の奴隷に鎖でつながれることは私の気持ちに最も悲惨でした。彼は私をその週の間彼女に鎖でつなぎ続け、こうして鎖でつながれている間私たちを繰り返し鞭打ちし、丸太の鎖の重さによって遅れたが、私たちに他の奴隷に追いつくことを強制した。

ここでもまた、この治療中に心と体の両方を持っていた悲惨さを説明するには言葉が不十分であり、それは私の貧しい堕落した仲間の患者に感じた同情によって最も恐ろしく増加しました。金曜日の朝、私は主人に私を鎖から解放するように懇願し、私に与えられた仕事をすることを約束しました。彼が私を解放した土曜日の夜まで、彼はこれをすることを拒否しました。私がそのような治療の下でもはや生き残ることができなかったことが非常に明白だったので、これはむしろ私を死から守ることへの彼自身の興味に帰せられるに違いありません。

サウスカロライナ州カショー郡の大農夫、M'Quiller大佐は、釘の先が樽の内側に突き出たままになるように、釘をホッグスヘッドに打ち込む習慣がありました。これに彼は奴隷を罰のために置き、彼らを非常に長く急な丘に転がしました。何人かの奴隷から聞いたことがありますが、その声明の真実を確かめる手段はありませんでしたが、このようにして彼は6人か7人の奴隷を殺したとのことです。この計画は、カタルバ川に住むペリー氏によって最初に採用され、その後、いくつかのプランターによって採用されました。

もう1つは、メソジスト教会の会員であるベル氏に雇われて、1日あたり4分の3エーカーの綿をくわえた若い若者のことでした。国内の奴隷として育てられた彼は、自分に割り当てられた任務を遂行することができませんでした。土曜日の夜、彼は日曜日に3列か4列を残しました。同じ夜、それは非常に激しく雨が降りました、それによってマスターは彼が日曜日にいくつかの列をしたことを知ることができました。月曜日に彼の主人は彼を連れて野原の木に縛り付け、その日中ずっと彼をそこに留め、間隔を置いて彼をむち打ちました。夜、彼が降ろされたとき、彼はとても弱くて家に帰ることができず、1マイルも行くことができませんでした。ベル氏に雇われていた2人の白人男性が彼を馬に乗せ、家に連れて帰り、夕食に向かう間、彼を台所の床に投げ捨てた。しばらくすると、彼らは台所から深いうめき声が聞こえた。彼らは彼が死ぬのを見に行きました。彼は最後にうめいた。

したがって、ベル氏はこのかわいそうな少年をむち打ちで死に至らしめた。何のために ?安息日を破ったことで、彼(彼の主人)が土曜日に彼に仕事を設定したとき、彼はそれを行うことができず、彼がしなかった場合、彼に慈悲は与えられませんでした。安息日を守るためにこのメソジストを尊重することについては、これだけです。この点での一般的な慣習は、男性が自分の奴隷を殺した場合、市民の役人はそれに気づかないというものです。しかし、男性が別のマスターに属する奴隷を殺した場合、彼は奴隷の価値を支払うことを余儀なくされます。この場合、陪審員が会い、この男に対して「凶悪な殺人」の評決を返し、その価値を支払うように彼に命じました。ベルはこれを行うことができませんでしたが、カニンガム氏が借金を返済し、この残酷さを勧めてこのベル氏を監督に任命しました。

40マイルを旅した後、私はノースカロライナ州メックリンバーグ郡のクロフォード氏の邸宅に到着しました。以前は人々が自由州について話しているのを聞いていたので、私はそこに行くことを決心し、可能であれば、チェスターから数百マイル離れた奴隷制にあった私の貧しい母親を見つけることにしました。しかし、後者をするという希望は非常に弱く、たとえ私が知っていたとしても、5歳から6歳のときに彼女から離れていたので、彼女が私を知ることはありそうにありませんでした。

最初の夜、私は納屋でクロフォード氏の邸宅で眠りました。そして、寝坊した後、クロフォード氏の監督に目が覚めました。その上で私はひどく怯えました。彼は私がそこで何をしているのかと私に尋ねました。その時私は彼に返事をしませんでした、そして彼が暴走した奴隷を確保したことを確認して、彼は私に答えを求めませんでした。しかし、彼の家に行く途中で、私は彼の妻の前で彼に話した次の話を作りました:私は私が小さい頃に非常に残酷なマスターに縛られていたと言いました、そしてそれはとてもひどい扱いを受けたので、家に帰って母に会いたかった。彼は私の髪が巻き毛で羊毛であるために私の話を信じませんでした。それは彼に私が奴隷の血に取り憑かれていると結論づけました。しかし、私に非常に興味を持っているように見えた監督の妻は、私がアフリカ出身だとは思わず、白人男性が私よりもまだ暗いのを見たと言った。彼女の説得が勝った;そして、監督が私に飲むことができる限りのバターミルクと何か食べるものを与えてくれた後、それは非常に受け入れられ、2日間何もなかったので、郡で最大の町であるノースカロライナ州のシャーロットに向けて出発しました。

私がそこにいた間に、他の奴隷と比較して、この地所で起こったいくつかの状況があります、それは言及するのが面白いかもしれません。誰かがむち打たれることなく、一日はほとんど過ぎませんでした。彼の女性の奴隷の一人に、彼は彼女が取ることができる限り、ひまし油と塩を一緒に投与しました。それから彼は、約6フィート×2.5フィート、深さ1.5フィートの箱を手に入れました。彼はこの奴隷を箱の下に置き、男たちにできるだけ多くの石を取りに行かせ、その上に置いた。この下で彼女は一晩中滞在させられました。もし彼がこの奴隷に1つ与えたのなら、彼は彼女に3000回のまつ毛を与えたと私は信じています。グーチはバプテスト教会の会員でした。彼の奴隷たちは、彼がクリスチャンであると公言することの非常に悪いサンプルであると考えて、彼らが非常に悪い人々の集まりであるに違いないと考えて、彼が属していたつながりに加わりませんでした。彼らの多くはメソジスト教会の会員でした。日曜日に、奴隷は彼らが外出する時間のパスを彼らに与えるとき、彼らの主人の意志でのみ教会に行くことができます。パスが延長された後、パトロールによって発見された場合、それらはひどくむち打ちされます。


今年、私たちの学生は、著名な女性の隠された生活をカバーし、封鎖の経験を探求し、奴隷制との関連を明らかにする、いくつかの重要な地元の歴史プロジェクトに取り組んでいます。すべてのプロジェクトは、グロスター歴史フェスティバルの「CityVoices」プログラムの一環として9月に展示されます。この投稿は5つのプロジェクトの1つであり、19世紀の元アメリカ人奴隷の英国への訪問を調査しています。グループメンバーには、ベサンバーリー、アビーコールマン、アリビアミドルトン、レベッカテイラーが含まれます.

私たちのプロジェクトは、19世紀にグロスターシャーを訪れたアフリカ系アメリカ人の奴隷制度廃止論者に焦点を当てています。私たちは、奴隷制度廃止をもたらすために彼らが使用した方法とともに、奴隷制度廃止運動全体に対する彼らの影響を調べています。このプロジェクトに入ると、私たちはアメリカの奴隷制度廃止論者について少し知っていました。しかし、私たちはイギリスでのアフリカ系アメリカ人の奴隷制度廃止論者の仕事、彼らがここにいる間に与えた影響、あるいは彼らが最初にイギリスに来た理由についてさえ何も知りませんでした。

奴隷制とグロスターシャーの関係は、何百年にもわたって明らかです。最も初期の関連文書の1つは1603年にさかのぼります。イギリスでは、奴隷制は1834年まで廃止されませんでした。奴隷貿易の運営を通じてグロスターシャーで生み出された金額のために、奴隷制度廃止論者に対する地元の抵抗がかなりありました。動き。イギリスとアメリカの奴隷制度廃止論者は奴隷制を終わらせるために力を合わせ、郡全体で開催された講義を行った。

私たちのプロジェクトは、ハンナ・ローズ・マレーの作品で特定された4人のアフリカ系アメリカ人の奴隷制度廃止論者と、英国とアイルランドのプロジェクトであるフレデリック・ダグラスに焦点を当てています。奴隷制度廃止の。

モーゼス・ローパーはイギリスに旅行した最初の逃亡奴隷の一人であり、彼の最初の講義はグロスターシャーで行われました。英国の奴隷制度廃止論者の助けを借りて、ローパーは大学教育を受け、ノースカロライナ州とフロリダ州の奴隷農場での彼の経験について恐ろしい話をしました。

ウィリアム・ウェルズ・ブラウンは、アメリカで著名なアフリカ系アメリカ人の奴隷制度廃止論者の講師、小説家、歴史家でした。英国での彼の時間は永続的な影響を及ぼしました。彼の個人的な目的は、アメリカとイギリスの両方で奴隷と自由な色の人々に対してまだ犯されている過ちについて他の人を教育したいという彼の願望を示していました。彼はしばしば講師や逃亡者として奴隷制の問題に取り組んだ。彼の成功は、反奴隷活動家としての彼の仕事に利益をもたらし、会話や討論を引き起こした聴衆の増加に反映されています。

ウィリアムとエレンクラフトは1848年12月に列車で移動して奴隷制から北アメリカに逃げました。彼らの脱出は、エレンが女装してウィリアムを召使いとして見送る能力によって容易になりました。彼らが逃亡奴隷法に脅かされたとき、彼らはイギリスに移住しました。彼らは全国で講演を行い、奴隷制度廃止論者としての仕事を続けました。彼らは後に米国に戻り、解放された奴隷の子供たちのための教育施設を設立しました。

このプロジェクトで使用した主なリソースの1つは、英国新聞アーカイブです。英国の新聞には、私たちが見ているすべての奴隷制度廃止論者に関する記事が含まれていました。グロスターシャーではあまり取り上げられていませんでしたが、全国を旅するために提供された情報により、彼らがグロスターとチェルトナム。

全体として、私たちは、これらのアフリカ系アメリカ人の奴隷制度廃止論者がグロスターシャーでどれほどの影響を与えたかを、彼らがしたこと、彼らが言ったこと、他の奴隷制度廃止論者とどのように相互作用したか、そして人種平等のための戦いへの貢献をレビューすることによって強調することを目指しています。


モーゼスローパー-歴史

Crafting Freedom Instituteは、自らの代理店を通じて自由への道を切り開いた、自由で奴隷にされた黒人のしばしば語られない物語を高めるという使命の一環として、モーゼスローパープロジェクトを立ち上げました。モーゼス・ローパーを認め、ノースカロライナ州キャスウェル郡出身のモーゼス・ローパー(1815-1819)と、彼が重要な役割を果たした奴隷制反対運動について、アメリカ、イギリス、そして世界の人々に教育することが使命です。大西洋の両側。

奴隷制からの脱出を15-19回試みた後、ローパーはついに北に到達することに成功しました。奴隷キャッチャーが自分の道を進んでいることを知ったとき、彼はイギリスに航海し、そこでベストセラー作家、雄弁家、そして国際的な奴隷制反対の十字軍になりました。今日、大西洋の両側での彼の驚くべき人生と業績に気付いている人はほとんどいません。彼は19世紀にノースカロライナ州で最も売れた黒人作家でしたが、彼の歴史的な目印や彼の故郷のどこにも展示品はありません。モーゼスローパープロジェクトは、「ボールを転がす」ことを目的としているため、モーゼスローパーは、奴隷制の制度を崩壊させるのを助けた自由の闘士および活動家としての彼にふさわしい認識を得るでしょう。


モーセという名前はどこから来たのですか?

紀元前1500年から1480年は、ファラオの女王ハトシェプストの時代であり、彼女は親密な親友を持っていました。 ハトシェプスト、「Greatest oftheGreat」として。

ハトシェプストの父はトトメス1世であり、彼の名前は知恵の神である「トートの息子」を意味し、「モース」は「息子」を意味します。これは、太陽神ラーの息子である「ラーミーズ」などのように、「モース」という言葉の一般的な使用法です。

聖書のテキストは、モーセと名付けたのはファラオの娘であったことを示しています。出エジプト記2章10節は、「彼女は 『彼を水から引き上げた』と言ったので、彼をモーセと呼んだ」と述べています。

しかし、別の聖書の参照であるヘブライ人11対24は、「モーセは成長したとき、ファラオの娘の息子として知られることを拒否した」と述べているため、エジプトの法廷でモーセ王子を見つけることはできません。

代わりに、女王の親密な親友は「セネンムット」と呼ばれる男であることがわかります。これはユニークな名前のようで、その意味の1つは「母方の兄弟」です。ハトシェプストは1530年代初頭に生まれたので、年齢が近かったので、そのような名前は理にかなっています。


類似アイテム

  • アメリカの奴隷制からのモーゼス・ローパーの冒険と脱出の物語
    投稿者:ローパー、モーゼス。
    公開:(1838)
  • 序文付きのアメリカの奴隷制からのモーゼス・ローパーの冒険と脱出の物語/
    投稿者:ローパー、モーゼス。
    公開:(1838)
  • 40年間奴隷だったアンクルトムジョーンズの経験と個人的な物語/
    投稿者:ジョーンズ、トーマスH。
    公開:(1999)
  • アメリカ合衆国で亡くなった奴隷、モーゼス・グランディの生涯の物語
    作成者:Grandy、Moses、b。 1786年?
    公開:(1996)
  • 43年間奴隷だったトーマス・H・ジョーンズ牧師の経験
    投稿者:ジョーンズ、トーマスH。
    公開:(2002)
800 Lancaster Ave.、Villanova、PA 19085610.519.4500お問い合わせ

&#8220プリンス夫人の燃えるような目&#8221

ボストンで最も劇的な地下鉄道の対立の1つは、1847年にスミスコートで起こりました。地元住民のトーマスB.ヒルトンは、1894年の新聞記事でその日の出来事を思い出しました。彼はウッドフォークという名前の奴隷所有者がボストンに来たと言った。ヒルトンによると:

この非人道的な臆病な誘拐犯ほど、南部の束縛から逃れた住民たちに親しみのある名前や恐ろしい名前はありませんでした。多くの貧しい逃亡者が彼によって追跡され、彼のいわゆるマスターに送り返されました。

言葉はウッドフォークの存在のコミュニティ全体に急速に広まりました。ヒルトンは、「当時の私たちの人々が耳にすることに慣れていたこの情報は、彼らの目と耳を警戒するのに十分でした」と述べました。その日の正午の直前に、彼は続けました:

ベルナップストリート沖のスミスコートの裏側に興奮の波紋がありました。何人かの子供たちが法廷から出てきたようで、奴隷所有者がドーシー夫人にいたと報告しました。ドーシー夫人は、何らかの方法で抑圧のくびきを振り払い、ボストンに到着することに成功した女性です。このニュースは、私たちの人々がすべてを捨てて救助に行くのに常に十分でしたが、この事例で検証されました。

勤務時間中、近くに色のついた男はほとんど見られませんでしたが、それが証明したように、周りにはその時と同じように見える人がいました。その中には、ボストンで著名な有色の女性であるナンシー・プリンス夫人がいました。彼は他の何人かと一緒に…現場に急いで行きました…そして彼らは皆、あらゆる危険で彼を阻止する決意から始めました…


プリンス夫人の燃えるような目はほんの一瞬だけ悪役の形に寄りかかった…次の瞬間、彼女は彼と格闘し、彼が彼の立場を完全に理解する前に、同行した色のついた女性の助けを借りて彼女を彼女は彼をドアに引きずり込み、家から追い出しました。この時までに、かなりの数の女性と子供たちが近くに集まっていました…プリンス夫人が救助に来るように命じ、「石とあなたが手に入れることができるもので彼を叩く」ように彼らに言いました。彼らが率直に従うように進んだ命令。そして奴隷所有者は…彼が犠牲者を確保する機会を失ったと確信し、撤退し始め、そして彼の近くにいる彼の加害者と共に法廷からベルナップ通りに逃げ出した。


男が真剣に彼の後ろを流れているのを見て、彼らの数が絶えず増加し、彼の耳で彼らの歓喜の叫びと嘲笑の叫びを聞いたとき、彼は一度だけ彼の頭の長い飛行に向きを変えました、そして彼は彼の速度を倍増させ、そしてコーナーをケンブリッジに変えました通りはすぐに見えなくなった。
10

シャドラク・ミンキンスの救助など、後の事件ほど有名でも公表もされていませんが、ナンシー・プリンスとその日に彼女と一緒に戦った女性と子供たちの行動は、ボストンの集合的な力、回復力、そして戦闘精神の証です。地下鉄道のネットワーク。その多くは、スミスコートの隠れた小さな近所に直接つながっています。


モーゼスローパーNS。 1815年–?

伝記作家と歴史家は、逃亡奴隷で奴隷制度廃止論者のモーゼス・ローパーの人生についての情報がほとんどないことに同意します。入手可能な情報のほとんどは彼の奴隷体験記から来ています。モーゼス・ローパーは、彼の伝記の記述にアメリカの奴隷制の恐怖の詳細を記録したことで知られています アメリカの奴隷制からのモーゼス・ローパーの冒険と脱出の物語 (1838)。物語は奴隷制のロマンチックな神話に挑戦します。ローパーは彼の脱出の試みと彼の罰を丹念に詳述します。彼らの奴隷マスターの本名を開示することを避けた彼の同時代人の多くとは異なり、ローパーは彼のマスター、監督者、そして彼の搾取と虐待の責任者すべてに名前を付けます。彼の物語は多くの点で探求や冒険の物語のようなものですが、彼の物語には1830年以降に書かれたほとんどの奴隷物語の謝罪のない政治的使命があります。

モーゼス・ローパーは彼の物語の中で彼の正確な生年月日がわからないと述べていますが、ほとんどの歴史家は彼が1815年か1816年に生まれたと推測しています。彼はノースカロライナ州キャスウェル郡で生まれました。彼は父親のジョン・ローパーを白人だと説明している。ジョン・ローパーはモーゼス・ローパーの奴隷マスターの娘と結婚しました。ローパーによれば、母親のナンシーは、一部がアフリカ人、一部がインド人、一部が白人でした。モーゼス・ローパーの白い肌と父親との類似性は彼に有利ではありませんでした。彼の物語の中で、彼は父親の妻であるローパー夫人が彼の誕生とジョン・ローパーに似た外見を発見したとき、彼女は彼を殺そうと決心したと説明しています。幸いなことに、ローパーの母親は彼女が彼を傷つけるのを防いだ。モーゼス・ローパーは彼の白い外見のために憤慨しました。彼の主人が亡くなったとき、彼は母親から引き離されました。彼は6歳で、ファウラー氏と一緒に暮らすために送られました。ファウラーはローパーに満足せず、彼を売ることに決めました。しかし、ローパーの色のせいで、彼は彼を売るのに苦労しました。彼はついにローパーをマイケルという名前の商人に売りました。

この取引は、ローパーが少なくとも十数回売られ、数え切れないほどの殴打と拷問に耐えるという疲れ果てた旅の始まりでした。この間、彼はノースカロライナ、サウスカロライナ、ジョージア、フロリダを含む南部のさまざまな地域に売却され、移転しました。グーチ氏を除いて、彼はどのマスターとも長くは付きませんでした。ローパーは1829年頃にグーチに売却され、サウスカロライナ州カーショー郡のリバティーヒルに住んでいました。彼の物語のかなりの部分は、グーチの奴隷としての彼の経験を語ることに捧げられています。彼はまた、グーチが所有する他の奴隷の恐ろしい経験についても語っています。グーチの下で、ローパーは何度も脱出しようとしました。彼の知覚された頑固さは、グーチの残酷さから生じました。ローパーによれば、グーチはローパーに時々不可能な仕事をするように要求した。グーチは十分な食料を提供しませんでした。彼はしばしばローパーに服を脱がせ、それからローパーを裸で殴りました。ローパーがグーチの義理の息子であるハマンズ氏のために働いていたとき、監督者であるコンデルという男が彼を脅したとき、彼は怯えていた。ローパーは夜に飼料を外すのを間違え、雨が降った。コンデルは、この「犯罪」のために彼をむち打ちすることを約束しました。ローパーは、彼が約13歳で、殴られるのではなく逃げることを決心したと説明します。この脱出の試みは、ローパーが奴隷制から脱出するために行った半ダースの努力の始まりでした。

彼の試みの1つで、彼は母親のナンシーと妹のマリアの1人と再会することができました。しかし、彼はすぐに逮捕されました。ローパーは逃亡の試みに対する罰としてひどく殴打され、さまざまな制限的および拷問装置を着用することを余儀なくされた。彼はしばしば重い足の鉄を身に着けさせられ、また逃げようとした女性の奴隷に鎖でつながれました。これらのアイアンは、別の奴隷とのペアリングと相まって、日常の仕事を困難にしました。その結果、彼と彼が愛着を持っていた女性はより頻繁に殴打されました。逃亡後の罰として、彼は「鐘のある鉄の角」と呼ばれる装置を身につけさせられた。この重くて面倒な装置は彼の首の後ろに取り付けられていました。それは脱出を阻止するためと罰としての両方で使用されました。ローパーによれば、この楽器はサウスカロライナ州の奴隷所有者によって頻繁に使用されていました。別の脱出の試みの後、ローパーは綿のネジと呼ばれる装置で吊り下げられました。彼は鞭打ちされている間、長い間手で縛られていました。これらのデバイスの両方の写真が彼の物語に登場します。グーチは1832年にローパーを売却することを決定しました。ローパーは数回売買された後、より許容できると言われるルイ氏に購入されましたが、彼が乗船したとき、ローパーは弁護士の世話をしました。ケンプ。ルイは突然亡くなり、ケンプ氏はローパーを別の容認できるマスターであるベヴェリッジ氏に「違法に」売却した。 BeveridgeはRoperをフロリダに連れて行った。しかし、ベヴェリッジはローパーを購入した直後に亡くなり、ローパーは1834年に無慈悲でひねくれたレジスター氏に買収されました。

酔っ払ったレジスター氏が眠っている間、ローパーは逃げ出した。今回、彼は成功しました。彼はチャポリ川とチャタフーチー川を渡ってジョージアに入った。彼の皮膚の白さは、彼が自由であると述べた論文を入手するのを助けました。彼はジョン・ローパーという名前を使用しました。彼は彼を追跡している人をそらすことを試みたが、ジョージア州オーガスタへの道順を尋ねた。オーガスタに行く代わりに、ジョージア州サバンナに行きました。彼はスクーナーでニューヨークに航海した 、彼は彼の通路のために働き、船員によって嫌がらせを受けました。彼がニューヨークに到着したとき、彼は彼が求められているのではないかと恐れたので、彼は北東を旅した。彼はバーモント州、メイン州、ニューハンプシャー州、マサチューセッツ州に短期間滞在しました。彼の髪は彼を黒人として識別しているようだったので、ローパーは彼の髪を剃り、かつらを着用することにしました。結局、彼は彼が合衆国を去った場合にのみ彼が自由になることができると決めました。

1835年11月11日、彼はイギリスに向けて出航しました。彼は彼に推薦状を与えた奴隷制度廃止論者によって彼の旅行で助けられました。イギリスでは、奴隷制度廃止論者のラッフルズ博士が彼を助けました。ローパーはハックニーの学校に通い、F。A。コックス博士の教会の積極的なメンバーになりました。 1837年、ローパーの奴隷化と脱出の物語、 アメリカの奴隷制からのモーゼス・ローパーの冒険と脱出の物語、イギリスで出版されました。物語は1838年に米国で出版されました。 In addition to writing his slave narrative, during this period in England, Roper gave a number of antislavery speeches. Although he did attend the University College in London, he did not complete his degree. He married an English woman, Anne Stephen Price of Bristol, in 1839. Roper and his wife had one child. Although Roper talked and wrote about the possibility of moving to Africa or the West Indies, in 1844 he and his wife and child moved to Ontario, Canada. He returned to England on two occasions, once in 1846 and again in 1854 to give a speech. There is little information on Moses Roper's death. Sources suggest he may have died in Ontario.

Moses Roper's determination, perseverance, and courage allowed him to make important contributions to the abolitionist cause and to African American literature. His narrative provides valuable information about his life and about the nature of American slavery.


STOP 9 - Quarantine Station - Moses Roper

Image courtesy of Wikipedia.

The Quarantine Station was a central part of shipping into New York Harbor. All national and international ships were required to stop at the station for three days to make sure they were disease free. Since the water ways were a major route in the Underground Railroad, many freedom seekers will have passed through the Quarantine Station and its terrifying three days wait. One such individual was Moses Roper.

Moses Roper was an enslaved man who wrote one of the major early books about enslaved life in the United States, Narrative of the Adventures and Escape of Moses Roper from American Slavery (see front cover below). In Chapter VII, Roper describes his last attempt and successful escape from Marianna to Savannah, then on to New York where he was quarantined on Staten Island.

“The captain was very kind to me all this time but even after I recovered, I was not sufficiently well to do my duty properly, and could not give satisfaction to the sailors, who swore at me, and asked me why I shipped as I was not used to the sea? We had a very quick passage and in six days, after leaving Savannah, we were in the harbour at Staten Island, where the vessel was quarantined for two days, six miles from New York.”

In addition to writing about his experience, Moses spoke about it. See a flyer advertising one of his speeches below.

Read Moses' narrative at: https://tinyurl.com/y5dgk4vv.

Explore a chronology of Moses Roper's Life at: https://tinyurl.com/yxlofhud.

Audio clip: The Words of Moses Roper read by Ernest Paige.

Image courtesy of University of North Carolina at Chapel Hill. Image courtesy of slaveryandremembrance.org

8 Disturbing Images of Instruments of Torture Used on Black People

Moses Roper, a Black man who was born into bondage in North Carolina and eventually escaped slavery in 1835, recounted the torture endured in punishment for running away in “Narrative of the Adventures and Escape of Moses Roper, from American Slavery.”

A machine used for packing cotton became an instrument of punishment. When Roper, who had many attempts to escape the South Carolina plantation on which he’d been enslaved, ran away yet another time, among the “instruments of torture” applied to him was the “cotton screw,” a machine used for packing and pressing cotton.

Roper recalled: “He hung me up by the hands at letter a, a horse moving round the screw e* (*This screw is sometimes moved round by hand, when there is a handle on it. The screw is made with wood, a large tree cut down, and carved in the shape of a screw), and carrying it up and down, and pressing the block e into the box d, into which the cotton is put. … I was carried up ten feet from the ground, when Mr. Gooch … let me rest for five minutes, then carried me round again, after which, he let me down and put me into the box d and shut me down in it for about ten minutes.”


Saturday, November 13, 2010

Slavery of Sojourner Truth

Isabella Baumfree also known as Sojourner truth was born into slavery year 1797 in Ulster County, New York State. At age 9 when she was just a child she was sold in an auction to an englishman named John Nealey. While Years passed she was traded off to others, a Fisherman in Kingston and then to a plantation owner named John Dumont. She met someone in her years of slavery, a fellow slave, fell in love, and had 5 children between the years of 1810-1827. She was heartbroken when she saw that her son was being sold in an auction like she was a child. he was sold to a plantation owner in Alabama, and she planned on getting him back too. Being that she was a slave for others she had no rights, she had no control over her own life people controlled it for her. That is a terrible life to lead and she felt horrible about this of course but, couldn't really do much about it. Life everyday for her was just as if she wasn't a human being she was treated poorly, with no sympathy or mercy, she was basically abused. Knowing that her son was sold off to someone else made her feel weak and helpless, of course until they banished slavery in 1827. This was when she fought for her sons freedom in court. Sojourner Truth then published a book with the help of a friend of hers, his name was Olive Gilbert. From there on she gave speeches all over the world on slavery. Sojourner Truth died November 26, 1883 but her inspiring story lives on till this day. Her story and many others like hers play a big role of the change in our nation now because of her and many others slavery is abolished now in our country and everyone is treated equally. They fought for what they believed in and later received just that. People today don't face these sort of challenges in life being that slavery was abolished in 1827. She inspired me to believe that no matter who you are and where you come from you can still make something out of yourself and you could still accomplish anything in life if you try.


ビデオを見る: Cyndi Lauper - Girls Just Want To Have Fun Official Video