USSジョンCステニスCVN74-歴史

USSジョンCステニスCVN74-歴史


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

USSジョンCステニスCVN74

推進力:2基の原子炉、4基のシャフト。長さ:1、092フィート(332.85メートル)。ビーム:134フィート(40.84メートル);フライトデッキの幅:252フィート(76.8メートル)。排気量:約97、000トン(87、996.9メートルトン)の全負荷。速度:30ノット以上(時速34.5マイル以上)。乗組員:船の会社:3、200-エアウィング:2、480。兵装:2つまたは3つ(変更に応じて)NATOシースパローランチャー、20mmファランクスCIWSマウント:(ニミッツおよびドワイトDアイゼンハワーに3つ、ビンソンに4つおよびクラスの後の船。)。航空機:85。

原子力発電のUSSジョンC.ステニス(CVN 74)は1988年3月29日に契約され、キールは1991年3月13日にバージニア州ニューポートニューズのニューポートニューズ造船所に置かれました。

この船は、1947年から1989年まで上院で奉仕したジョンコーネリアスステニス上院議員(D-ミシシッピ)に敬意を表して、1993年11月11日に命名されました。船の名前の由来であるマーガレットステニスウォンブル夫人が船のスポンサーでした。ステニスは1995年12月9日にバージニア州ノーフォーク海軍基地で就役し、1996年1月に飛行甲板認証を実施しました。最初に逮捕された着陸はVX-23F-14Bによるものでした。この船は、今後2年間、東海岸沖で多数の空母資格と独立した蒸気演習を実施しました。これらのイベントには、1997年1月18日にF / A-18E / Fスーパーホーネットが最初に空母に着陸したことが含まれていました。

USSジョンC.ステニスとイギリスの無敵クラスの小型HMSイラストリアスが1998年4月に合同パトロールを行いました。1998年2月26日、キャリアエアウィングセブンが乗船し、ステニスはノーフォークを離れて処女配備を行い、3月7日にスエズ運河を通過して到着しました。 1998年3月11日にペルシャ湾で。船は274時間で8020nmを移動し、USSジョージワシントン(CVN-73)がサザンウォッチ作戦任務を遂行するのを軽減するために平均速度29.4ノット(54.4 km / h)でした。ステニスは1998年7月19日にカリフォルニア州サンディエゴのノースアイランド海軍航空基地の新しい母港に向けてペルシャ湾を出発し、1998年8月26日に到着しました。1998年10月、ステニスはノースアイランド、1999年4月に海に戻った。メンテナンス期間中に、ジェットブラストデフレクターが崩壊し、2人の船員が重傷を負った。 1999年11月30日、ステニスは北島近くの曲がりくねった盆地に隣接する浅い場所で座礁しました。シルトが原子炉プラントの蒸気凝縮システムへの吸気管を詰まらせ、キャリアの2つの原子炉が45分間シャットダウンされました(1つは乗組員によって、もう1つは自動的に)。ステニスは、次の2日間のメンテナンスと観察のために、桟橋に曳航されました。浄化費用は約200万ドルでした。

2000年1月7日、ステニスはペルシャ湾に配備され、サザンウォッチ作戦でUSSジョンF.ケネディ(CV-67)を救援しました。配備中、船は韓国、香港、マレーシア、バーレーン、アラブ首長国連邦、オーストラリアを訪問し、2000年7月3日にサンディエゴに戻りました。2001年9月11日のテロ攻撃の後、ステニスはノーブルイーグルミッションを実施しました。米国西海岸沖。

2001年11月12日、予定より2か月早く、船は不朽の自由作戦を支援するために第5艦隊の責任地域に3回目の配備を行い、2002年5月28日にサンディエゴに戻りました。2002年6月から2003年1月まで。 JCSは、7か月のPlanned Incremental Availability(PIA)を受けました。

2004年5月24日から11月1日まで、ステニスは4回目の主要な海外展開を行い、アラスカ湾でのエクササイズノーザンエッジ2004、ハワイ沖のリムオブザパシフィック(RimPac)エクササイズ、日本沖のキティホークとのエクササイズ、日本への親善訪問に参加しました。 、マレーシアおよび西オーストラリア。サンディエゴへの配備から戻った直後、JCSは2005年1月19日に母港をワシントン州ブレマートンの海軍基地に変更しました。ブレマートンに到着すると、ステニスは11か月のドッキング計画増分可用性(DPIA)を初めて受けました。試運転以来。アップグレードには新しいマストが含まれていました。

USSジョンC.ステニスは、2007年8月31日にブレマートンに到着します。2007年1月20日、ステニスは、中東内での米軍のプレゼンスの増加の一環として、ペルシャ湾に向けて出航しました。ステニスは2007年2月19日にこの地域に到着し、米国のUSSドワイトDアイゼンハワーに加わりました。第5艦隊の作戦地域2003年以来、この地域に2つの空母戦闘群が同時に存在したのはこれが初めてでした。 2007年5月23日、ステニスは空母ニミッツや強襲揚陸艦ボノムリシャールを含む他の8隻の軍艦とともに、ホルムズ海峡を通過しました。アメリカ海軍当局者は、2003年以来最大のそのような動きであると述べた。[3] 2007年8月31日、ステニスはブレマートンに戻った。

ステニスは2009年1月13日に西太平洋への6か月の配備のためにブレマートンを出発しました。4月24日に、船はシンガポールに到着しました。その同じ日、船の船員の1人が、ステニスのカタパルトから油性の水を排出する排水管を確保するために小さな港のボートで作業しているときに押しつぶされて殺されました。 [4] 4月29日、船の執行役員であるデビッドL.バーナム司令官は、不特定の個人的行為についてマークA.ヴァンス少将に安堵した。バーナムは調査を待つ間、サンディエゴの基地に再割り当てされました。 USSステニスは、ペルシャ湾での作戦、海上自衛隊および大韓民国との演習、2009年ノーザンエッジ合同演習に参加した後、2009年7月初旬に配備から復帰しました。 NASノースアイランド、7月10日に彼女の故郷であるワシントン州ブレマートンに船が到着する前。


USSジョンC.ステニス(CVN-74)

USSジョンC.ステニスは、米国海軍に就役している10隻のニミッツ級原子力空母のラインの5番目です。ステニスは強力なエアアームと無限の射程を提供し、米軍の世界的な作戦の主要なオペレーターとなり、攻撃、防衛、抑止のいずれかの役割で、必要に応じてさまざまな軍事的および政治的任務を遂行するよう求められます。この記事の執筆時点で、USSジョンC.ステニスは米国海軍で積極的に活動しています。

ジョンC.ステニスのレイアウトと配置は、基本的なニミッツ級の設計に従います。島の上部構造は右舷に位置し、傾斜した右舷から左舷への飛行甲板が左舷を支配します。まっすぐな飛行甲板は船首まで特徴があり、4つの蒸気動力のカタパルトが2つの前方のまっすぐな甲板と2つの角度のある甲板から空中に航空機に動力を供給します。 4つの格納庫エレベーターがフライトデッキにサービスを提供します。自己防衛は、2 x Mk 57 Mod3シースパロー地対空ミサイルランチャー、2 x RIM-116ローリングエアフレームミサイルミサイルランチャー(RAM)、および3つのMk15によって提供される緊密な対空/対ミサイルサポートによって提供されます。 20mmファランクス近接武器システム(CIWS)。彼女の攻撃的な腕は、戦闘爆撃機、対潜水艦、対艦要素など、迎撃機や輸送能力に合わせて空に配置できるさまざまな種類の航空機によって支配されています。

ジョンC.ステニスは原子力船であり、本質的には、船の航続距離が無制限であるか、炉心によってのみ射程が制限されていることを意味します。彼女は、ウェスティングハウスブランドのツインA4Wシリーズ原子炉と4基の蒸気タービンを動力源としています。これらは、260,000シャフト馬力の速度で4つの大きなシャフトを回転させます。理想的な条件では、30ノットを超える最高速度を達成できます。彼女の居住区は、航空団で構成される大部分を含む5,600人以上の要員をサポートできます。すべての点で、ステニスと彼女の姉妹ニミッツ級の船は小さな浮かぶ都市に匹敵します。

ステニスは1998年に最初の配備命令を受け、ペルシャ湾に自分の土地があり、イラク上空の飛行禁止区域を強制しました。 1999年、USSジョンC.ステニスは海上公試に参加し、2000年までにペルシャ湾で再び奉仕し、イラクの飛行禁止区域を再び施行しました。彼女の次の行動の呼びかけは、2001年9月11日の世界貿易センターへのテロ攻撃の1か月後にアフガニスタンで軍隊に仕えることでした。彼女は翌年そこで活動を終了し、米国に戻りました。 2004年から2005年にかけて、さまざまな寄港、訓練演習、親善訪問が行われました。 2007年、ステニスはペルシャ湾で就役し、その年の8月に母港に戻りました。

USSジョンC.ステニスは、1991年にニューポートニューズ造船会社によって設立され、1993年に発足しました。彼女は1995年に正式に就役し、ワシントン州ブレマートンに母港を作りました。船とその乗組員は「LookAhead」をモットーに戦い、船は「JohnnyReb」という愛称で呼ばれています。ステニスは、上院での仕事が約40年以上の勤務をカバーした米国上院議員ジョンC.ステニス(d.1995)にちなんで名付けられました。


コンテンツ

ジョン・ステニスは、ミシシッピ州ケンパー郡の中流階級の家庭に、ハンプトン・ハウエル・ステニスとマーガレット・コーネリア・アダムスの息子として生まれました。彼の曽祖父であるジョン・ステンハウスは、アメリカ独立戦争の直前にスコットランドからサウスカロライナ州グリーンビルに移住しました。 [1]

彼は1923年にスタークビルのミシシッピ州立大学(当時はミシシッピA&ampM)で学士号を取得しました。[2] 1928年、ステニスはシャーロッツビルのバージニア大学で法学士号を取得しました。チーロー友愛。 [3]法科大学院に在籍中、彼はミシシッピ州議会議事堂の議席を獲得し、1932年まで務めた。ステニスは1932年から1937年まで検察官であり、1937年から1947年まで巡回裁判官であった。彼は、3人のアフリカ系アメリカ人が自白のために殴打され拷問された事件の検察官でした。 ブラウン対ミシシッピ、最高裁判所は、偽証罪で知られている証言の提示と適正手続きの明確な否定による、裁判所と陪審員の明白な欺瞞であると裁定しました。

ステニスはコイ・ハインズと結婚し、一緒にジョン・ハンプトンとマーガレット・ジェーンの2人の子供が生まれました。彼の息子、ジョン・ハンプトン・ステニス(1935–2013)、[4]ミシシッピ州ジャクソンの弁護士は、1978年に米国下院議員に立候補し、共和党のジョンC.ヒンソンに敗れ、その後サッド米国下院議員の補佐官となった。コクラン。

初期のキャリア編集

1947年にセオドア・ビルボ上院議員が死亡すると、ステニスは空席を埋めるための特別選挙に勝利し、5人の候補者(2人の議員、ジョンE.ランキンとウィリアムM.コルマーを含む)の議席を獲得しました。彼は1952年に満期に選出され、さらに5回再選されました。 1947年から1978年まで、彼はジェームズイーストランドと一緒に奉仕したため、ステニスは他のほとんどの同僚よりも年長が高かったにもかかわらず、ミシシッピ州の下院議員として31年間過ごしました。彼とイーストランドは当時、アメリカ史上最長の上院デュオであり、後にサウスカロライナ州のストロムサーモンドとフリッツホリングスのデュオによって破られました。彼は後にイーストランドの後継者である共和党のサッド・コクランと良好な関係を築きました。

1948年の民主党全国大会に先立ち、ステニスはドワイトD.アイゼンハワー将軍を民主党の候補者として起草することを支持しました。 [5]民主党全国大会での公民権支持の宣言により、南部のメンバーはこの動きに不満を抱き、反逆の形で自分たちのイデオロギーを支持しようとした。動き。 [6]伝記作家マーテン・ズウィアーズがイーストランドより人種差別において前向きではないと指摘したステニスは、当初、公民権に対して率直な立場を取ることを躊躇し、ミシシッピ州の国民党の公民権支持に対する軽蔑を過小評価している可能性が高い。彼は批判を受けた後、プログラムのより厳しい非難を採用した。 [7]

1948年7月、上院は反ポーランド税法に投票しました。ステニス氏は、議会にはそのような措置を制定する憲法上の権限がなく、政治的便宜のために提起されたと述べた。 [8]

1954年12月2日、上院はウィスコンシン上院議員ジョセフ・マッカーシーを67対22の投票で2つのカウントで「非難」することに投票しました。 。 [10]

1955年3月、Stennisは、綿花の作付面積と小麦の作付面積を増やす改正により、全国の綿花の作付面積を増やす法律を支持しました。 [11]

1956年初頭から、イーストランド、アレンエレンダー、ストロムサーモンドとともに、ステニスはジョージア州上院議員リチャードラッセルの事務所で会った数人の上院議員の1人でした。ランドール・ベネット・ウッズは、このグループが「血を求めて」おり、南部の人々が北部に脅迫されないことを示すために、それぞれの州の過激派によって押されていると説明しています。 [12]

1958年1月、上院議員はバーナードA.シュリーバーから中間および大陸間ミサイルの開発に関する報告を受けました。 Stennisは、リリース後の2回のインタビューで、生産速度に注意を払う必要があると述べ、PGM-17トールの開発に関するレポートの内容に満足しました。 [13]

1958年5月、アイゼンハワー大統領がアーカンソー州警備隊を連邦政府の管理下に置き、第101空挺師団を派遣して、9人の黒人学生の真っ白な公立リトルロック中央高校への入学を護衛および保護したことに応じて、[14]ステニスは発表した。彼はそこに警備員を配置することの合法性に異議を唱えていました。アイゼンハワー政権は米国憲法と連邦法の両方に違反していたと述べ、アイゼンハワー大統領は「無謀でもいたずらでもない」と信じていたとも述べた。 [15]

1960年の大統領選挙キャンペーン中、ステニスはミシシッピ州の有権者に、公約されていない選挙人のスレートではなく、民主党の大統領候補ジョンF.ケネディを支持するよう提唱しました。 [16]ミシシッピ州は、総選挙で公約されていない選挙人によって勝利した。 [17]

1961年7月、上院共和党がケネディ政権の拡大された国防法案に協力すると発表した後、ステニスは、増税を必要とするプログラムの可能性を述べたが、上院が発見に向けてあらゆる努力をするまで、増税に投票しないと述べた。支払いを行う別の方法。 [18]

1962年初頭、司法省が黒人有権者の登録を拒否したとして起訴されたミシシッピ州当局者に対して報復したとき、ステニスはこの法案に関する議論の中でケネディ政権の識字率テスト法案に反対して南部上院議員を率いた。 [19]

1963年9月、ステニス、イーストランド、ジョージア州上院議員のリチャードラッセルは、核実験禁止条約の批准に反対することを共同で発表しました。 [20]ステニスは上院での条約への反対を発表し、その制定は軍事的不利益につながると主張した。反対派は、上院での条約の出現中に最小限の意見の不一致で満たされるというケネディ政権の希望をくじくものと見なされていた。 [21]

1966年、ステニスはアルファカッパプシ兄弟のデルタラムダ支部(ミシシッピ州)の名誉会員として発足しました。

1967年6月、Stennisは、上院倫理委員会がミズーリ州の上院議員エドワードV.ロングに対する違法行為の告発に対して「早期の予備的検討」を行うことを発表しました。 [22]

ステニスは最初の上院倫理規定を作成し、上院倫理委員会の最初の委員長を務めました。 1965年8月、ステニスはジョンソン政権のベトナム戦争に対する緊急の補足的歳出要求に抗議した。 [23] 1967年8月、ステニスは北ベトナムへの爆撃の拡大を提唱し、戦争の結論であると彼が信じていたものを早め、制限または一時停止のいずれかが間違いである可能性があると付け加えた。 [24] 1969年7月、ステニスは南ベトナムを2つのゾーンに分割することを提案し、1つは米国が戦争の終結を試みるために使用されることになった。 [25] 12月、ステニスは、アメリカ兵の手によるベトナムの民間人殺害容疑を調査する目的で、ニクソン大統領による特別委員会の創設を支持した。 [26]

1968年7月、ステニスは、法案が長らく延期されたと公に言って、設備と人員を増やすことにより、最近アメリカの空港を抑制していた混雑を緩和することを目的とした法案のフロアマネージャーを務めました。 [27]

1969年、ステニスは、すべての潜在的なドラフトを呼び出すことができる1年間の期間を課す抽選案に関するニクソン政権の提案を発表しました。ステニスは、1970年に先立って、この問題に関する公聴会について調査が行われると述べました。当時の法律は1971年に失効しました。上院議員の補佐官は、政権の方針に対する彼の支持を確認しました。 [28]

1970年代編集

1970年1月、ステニスは次の大統領選挙で大統領候補に南部以外の州を訪問し、両親に「ミシシッピ、アラバマ、私が大統領に選出された場合、ルイジアナ州」は、そうする候補者が敗北するだろうと予測しました。 [29]

2月、ステニスは、米国が6億4000万ドルの価格の別の原子力空母を必要としているかどうかを研究するために設立された小委員会に出席する下院議員の1人に指名されました。 [30]

2月12日、ホワイトハウス報道官のロナルドL.ジーグラーは、ニクソン大統領が人種差別の問題で平等に扱われることに賛成し、彼の発言をステニス修正の支持として解釈することを拒否したと述べた。 [31]数日後の2月18日、上院はステニス修正案に賛成して56対36で投票した[31]。 明確化が必要 ]、その後、Stennisは、投票は「画期的なもの、新しいゲートウェイ、ターニングポイント」であると述べました。ステニス氏は、南部の気質に違いはないと予想したが、同じ政策を維持しなければならないという南部人にとっての問題の重要性を北朝鮮が理解することにつながる可能性があることを認めた。 [32]ほぼ同時に、ステニスは「法律によって隔離された学校(デ・ジュリ)と居住パターンの結果として隔離された学校(事実上)の平等な扱い」を要求する修正案を後援した。それは4月1日に上院によって却下された。 [33] 5月、Stennisは、南部以外の隔離された学校の合法性または違法性の問題を渡すことにより、最高裁判所がその義務を回避したと意見を述べた。ステニス氏は、この質問は「南部での統合努力を継続するが、国の他の地域は事実上手つかずのままにするという政治的決定がなされているため、可能な限り迅速に決定されなければならない」と述べた。 [34] 6月、上院が48億ドルの教育法案を可決したとき、上院議員ジェイコブK.ジャビッツによる学校の分離を支援するための修正案で一定の制限を課すためのステニスによる修正案も破った。 [35]

1971年、ステニスは、居住パターンによって人種差別が引き起こされた地域や、人種差別が法律によって認可された地域社会で、学校の人種差別撤廃法を施行するための措置を後援しました。ステニス氏は、この法案は、南部の学校がコミュニティを統合することを余儀なくされたり、北部の学校が隔離されたままであるのに連邦援助の喪失に直面したりするという二重基準と呼ばれるものを排除すると述べた。昨年のステニスが後援した修正案との類似性で知られるこの政策は、4月22日に44対34の投票で上院で可決された。 [36]

1971年5月、国防副長官のデビッド・パッカードは、ハロルド・ヒューズによる延長法案の修正についてステニスに手紙を送り、法案が基地閉鎖と深刻な経済問題につながる可能性があることを警告した。 [37]

1972年7月、ステニスは、国防プログラムの基本要件を満たすために、議会が軍事物資と研究の資金調達に2,050万ドルを割り当てることが不可欠であると述べました。 [38]

1973年1月、ステニスは2人のティーンエイジャーによって、胸の左側で2回撃たれ、ワシントンの家の外で太ももを残されました。容疑者は明らかに彼の財布、時計、そして25セントを奪った。 [39] [40]

1974年1月23日、情報筋は、ステニスがホワイトハウスの主張における軍事詮索についての議論のために統合参謀本部議長と会ったことを明らかにした。伝統的に議会セッションの初日に作られました。」 [41]

2月9日、ステニスは米国海軍のメンバーであるチャールズ・ラドフォードと個人的に会いました。チャールズ・ラドフォードは、国防総省に書類を届けるだけでなく、ヘンリー・キッシンジャーのファイルから文書を削除することを認めました。会議の終了後、ステニスはラドフォードは「完全に協力的であり、私は彼について不満はない」と述べた。 [42]

4月、ステニスはミシシッピ州ジャクソンのミシシッピ州立コロシアムで開催されたミシシッピ経済評議会の年次大会に出席しました。ニクソン大統領は、「ミシシッピ州よりも自分たちの州と国のために積極的に発言する米国議会の男性によって代表される州はない」と述べ、ステニスは「プロフィールを書くとき、その中にいるだろう」と述べた。勇気を出して」。 [43] [44]

1974年5月、政府の情報と文書への一般のアクセスを増やす法案を承認する上院の投票の中で、ステニスは、機密情報を含む連邦裁判官のためのガイドラインを削除するというメイン州上院議員エドマンド・マスキーによる修正に反対しました。私たちの国の福祉にとって致命的で危険なものでここでいじくり回している」。修正案は56対29で可決された。[45]

1974年11月、ステニスは、価格格差の背後にある陰謀の可能性を調査するために議会の事実調査委員会の設立を提唱する意向を発表しました。 [46]

1976年3月、上院が全会一致でヘンリーベルモン議席に投票する中、ステニスは共和党と並んで上院が勝者を決定できないと宣言する動議を脇に置く9人の民主党員の1人であり、議席は空席を埋めるために特別選挙を必要とします。 [47]その月の後半、ウィスコンシン上院議員ウィリアム・プロクスマイアは、空軍長官補佐としてのアルバート・ホールの指名に関するステニスの遅延行動を要求した。 [48] 5月、ステニスとテキサスジョンタワーは、国防総省の諜報活動に対するインテリジェンスの立法管轄権に関する選択委員会を削除する措置を共催し、修正案は63対31で敗北した。[49] 1976年6月、ステニスは民主党連合に加わった。ジョージア州知事のジミー・カーター氏を大統領に推薦する。 [50] ニューヨーク・タイムズ ステニスとイーストランドは、数十年ぶりの民主党の選挙運動で、共同で「ミシシッピをカーター氏のために引き抜こうとしている」と評価した。 [51]

1977年2月、カーター大統領が軍備管理軍縮局長の候補者としてポール・ウォーンケを選んだ後[52]、ステニスはワーンケが軍備管理委員会の前で証言することに同意したと発表した。 [53] 4月16日、カーター大統領はテネシー・トンビッグビー水路への完全または実質的な資金提供の承認を発表した。 ニューヨークタイムズ カーターの承認により、彼はステニス、イーストランド、ジョンJ.スパークマンと「戦わなければならない」ことができなくなったと書いています。 [54] 6月、ステニスはコロラド州民主党のゲーリー・ハートによる、ドンA.スターリーの米国陸軍訓練教義コマンドへの昇進に関する公聴会を延期するよう要請した[55]。 [56] 7月、カーター大統領は、国防総省と軍備管理軍縮局から中性子爆弾に関する報告を受けた後、配備の決定が下されることを述べた手紙をステニスに送った。アーカンソー上院議員ジョン・L・マクレランの11月の死後、ウォーレン・マグナソンが自分でその地位に就こうとしなかった場合、ステニスは国防予算小委員会の潜在的な議長と見なされた。 [58]

1978年4月、カーター大統領が中性子兵器の生産停止を発表した後、ステニスはその決定に不満を持った上院議員の一人として注目された。 [59] 7月、ステニスは絶滅危惧種法の改正を導入しました。これにより、政府機関の長は、個人の機関が種の保存の重要性を上回るプロジェクトを持っているかどうかを判断できるようになります。修正案は76対22で敗北した。[60]

1978年9月、下院が370億ドルの国防費法案の承認に賛成票を投じた後、ステニスは下院で可決された法案と同様の属性を維持する新しい法案の作成に向けて動きました。国防長官のハロルド・ブラウンは、ステニスと代表のメルヴィン・プライスとジョージ・H・マホンを「献身的で愛国心が強いアメリカ人」、「拒否権がカーター大統領が自身の声明で使用した「ホワイトハウスと国防長官の議会」。 [61] 10月、カーター政権は、カーター大統領が大型原子力空母の建造を承認しないという彼の選択を覆したことを明らかにした。カーターは、キャリアに拒否権を行使しないことをステニスに個人的に保証したと言われています。 [62]

1970年の再選キャンペーン編集

ベトナム編集

1970年4月、カンボジアでの南ベトナム人による努力を支援するというニクソン政権の選択に応えて[63]、上院議員はそこでのアメリカの軍事援助への資金提供を終了する方向に動いた。ステニスとミシガン州上院議員のロバートP.グリフィンは、この作戦は規模が限定されており、南ベトナム国境にあるカンボジアの北ベトナムとベトコンの聖域を破壊することを目的としていると説明した。 [64] 7月、ステニスは、ソビエトSS-9大陸間弾道ミサイルから保護するためにABMシステムを採用することを米国に提唱し、上院議員に「この国を危険にさらす可能性のあるロシアの戦略力が急速に増加しているという厳しい事実」を想起するよう求めた。今後数年間で」 [65] 8月、上院がベトナムの連合軍にアメリカ兵よりも多くの手当を支払うことを禁じることに投票したとき、ステニスは法案に感銘を受け、「何らかの調整があれば賛成するだろう」と述べた。私たちの名誉と一致させることができます。」ステニスはまた、最終的な軍事調達法案について、2つの商工会議所の間で合意を結ぶことを試みることを約束した。ステニスはさらに、米国は「すでに行った約束を守る必要があり、米軍がベトナムを離れるので、ある程度の繊細さが必要になるかもしれない」と述べた。 [66] 9月、上院はマクガバン-ハットフィールド修正案に投票した。これは1970年12月31日までにベトナムでの軍事作戦を終了し、翌年の半ばに米軍を完全に撤退させることを要求する提案であった。ステニスは、この修正は憲法であり、議会は「適切な資金を調達する唯一の権限」を持っていると主張した。修正案は55対39の投票で敗北した。[67]

1971年5月、上院は、ドラフトの側の同意なしに、年末以降にベトナムで戦闘するドラフトの割り当てを禁止するように設計された法律を拒否しました。ステニス氏は、この法律により、一方のグループが戦うことができ、もう一方のグループが戦うことができない2つのクラスの兵士が作成されたと述べ、「各人の記録を指揮官が行動する前に確認する必要がある場合、どの軍隊も機能しなくなる」と主張した。緊急事態」。 [68]

1972年3月、ジョンD.ラヴェルは、ベトナムでの爆撃任務をめぐる不正行為の疑いで、東南アジアの第7空軍の司令官としての任務から解放された[69] [70]。 6月のニクソンによる米陸軍参謀総長。 [71] 1週間後、上院のフロアスピーチで、ステニスはラヴェルの保留中の引退について完全なヒアリングが行われると発表した。彼の発表は、クレイトンW.エイブラムスと北ベトナムの無許可の爆撃を結びつける新しい証言に照らして行われた。ステニスによる動きは、「陸軍の指揮構造の上部にあるすでに複雑な一連の変更をさらに複雑にする」のに役立つと見なされていました。 [72] 9月13日、ステニスはストライキの複雑さに関するエイブラムスとラヴェルの証言に対立があったと述べ、彼らの背後にいる人物と彼らの計画の違いを特定した。この違いは、委員会からのさらなる調査が必要であり、新聞記者と話している間、彼らのアカウントの特定の対立を特定することを拒否すると彼は述べた。 [73]その月の後半、ラヴェルはステニスに彼の活動と事件に関連する他の情報を詳述した手紙を送った。 [74]

1973年4月、ステニスは、ウォルターリード陸軍病院で銃弾による負傷から回復している間に起草された声明の中で、議会の支援なしに大統領がベトナムでアメリカ軍を回復することを妨げる法律を求めた。 [75]上院は、71対18の投票で、7月に同様の措置を承認し、大統領が議会の同意なしに将来の外国の敵対行為にアメリカ軍を投入することを禁じた。ステニスはエドマンド・マスキーに手紙を送り、「戦争権限法案を他の事柄で乱雑にすることは拒否権を無効にする可能性を法案に与えるだろう」と忠告した。 [76]

1974年5月、Stennisは、上院軍事委員会が次年度の武器の生産と研究に218億ドルを承認したことを発表しました。これは、ニクソン政権が要求する資金を5.​​6%削減したものです。 [77]

その他の外交政策の問題編集

1970年5月、ステニスはフランク・チャーチとジョン・シャーマン・クーパーによる修正に反対し、制定された場合、カンボジアでのアメリカ軍の維持のための資金を禁止すると主張し、上院外交委員会のJ・ウィリアム・フルブライト委員長に、大統領が日付を選択する方法を理解していないと語った。保証がなければ、戦闘で逆転はありません。ステニスは、ニクソン大統領が米国がいつ紛争から脱退するかを予測したことを想起した後、7月1日までに米国のカンボジアへの関与が終了すると述べたとき、ニクソンはそれを意味しないという彼の信念を確認したとフルブライトは述べた。彼の口に言葉を入れます。 [78]

1971年5月12日、ステニスは大統領が議会の同意なしに戦争を開始する能力を制限する法律を導入しました。 Stennis called the choice to declare war "too big a decision for one mind to make and too awesome a responsibility for one man to bear" and that he was aiming for Congress to give consideration to the idea posed in his measure for roughly a year before drafting any legislation. The introduction of the measure was viewed "as one of those potentially historic moments when the action of one man can turn the tide of policy". [79] In June, the Senate turned down an amendment by Massachusetts Senator Ted Kennedy that would have enabled young men registering for the draft have the right to lawyer and hearings in the style of a courtroom before their local draft boards. With multiple amendments still needing to be voted on by the chamber, Senate Majority Leader Mike Mansfield afterward announced that Stennis, Hugh Scott, and himself would present a petition to end a debate. [80]

On July 31, 1972, Stennis announced his support for the Strategic Arms Limitation Treaty. [81]

In September 1973, the White House disclosed President Nixon had written Stennis, Senate Majority Leader Mike Mansfield, and Senate Minority Leader Hugh Scott to urge Senate approval of the full weapons budget requested by his administration. [82] Days later, the Senate rejected an amendment by Mansfield requiring a reduction in American troops abroad in a vote of 51 to 44 after initially voting in favor of it. Along with Texan Lloyd Bentsen, Stennis was noted as one of two Democratic senators to have backed the Nixon administration who were absent during the first vote. [83]

In September 1974, Stennis argued in favor of the $82.5 billion defense appropriations bill the Senate sent to the White House, a measure noted for having a $4.4 billion decrease in the amount requested by the Ford administration for the 1975 fiscal year, saying it was not reducing "the muscle of America's military". [84]

In May 1977, Washington Senator Henry M. Jackson named Stennis as one of the senators who was part of a bipartisan attempt to develop, in reference to the SALT II treaty, "the kind of agreement that . will stabilize the situation in the world." [85] By May 1979, the ニューヨーク・タイムズ wrote that Stennis was one of the moderate senators who would swing the vote on the SALT II treaty and along with West Virginia Senator Robert Byrd was viewed as "possibly timing their decisions to influence other waverers". [86] On June 19, Stennis, Robert Byrd, and Frank Church consented to the Senate Armed Services Committee holding separate hearings on SALT II on July 23, allowing the Senate Foreign Relations committee to have two weeks as the only committee reviewing the treaty. [87]

At the end of January 1978, Stennis announced his opposition to the Panama Canal treaties, citing their causing the U.S. to withdrawal from the Canal Zone too rapidly, a move that he furthered would leave the U.S. "highly uncertain what is going to happen down there". [88]

In July 1978, the Senate voted to approve the construction of a nuclear-powered aircraft carrier and military spending bill authorizing the Pentagon to spend $36 – billion for weapons. Stennis stated his hope and prediction "that this will be the last bill that will have a carrier of this type". [89]

In September 1979, Stennis held a private meeting with U.S. Secretary of State Cyrus Vance over the Soviet brigade in Cuba. [90] Stennis also met with President Carter for a discussion on future arms spending which failed to resolve a disagreement over budget increases that could potentially determine the fate of the proposed treaty to limit strategic arms. Stennis said after the meeting he believed the senators had made some progress with Carter. [91] Later that month, on September 27, President Carter signed the Panama Canal Act of 1979 into law, saying in part, "I particularly want to thank Senators Stennis and Levin and Congressmen Murphy, Bowen, and Derwinski for their outstanding leadership in resolving the many difficult issues embodied in this act." [92] In October, during a committee hearing, Stennis stated his opposition to suggestions recommending that the Senate postpone action on the strategic arms treaty with the Soviet Union until the following year, and that he believed the treaty debate in the Senate should continue on the ground that the issue would likely be more clear at the present time than it possibly would months later. Stennis, by then considered an influential member of the Senate to newer members in both parties, was seen as "useful to President Carter in trying to stave off attempts to delay or kill the pact". [93] In December, the Senate Armed Services Committee agreed on a formula for making public a report condemning the pending nuclear arms treaty with the Soviet Union on the condition that the report would not make any specific recommendation to the Senate while concluding that the treaty was not in the "national security interests" of the United States without undergoing major changes. Making the report public was seen as a victory to opponents of the treaty but also by Senate aides as having a larger impact on Stennis's authority, the aides citing Stennis finally having bent to pressure from senators opposed to the treaty over issuing the report and possibly weakening his control over the committee. [94]

Watergate Edit

In October 1973, during the Watergate scandal, the Nixon administration proposed the Stennis Compromise, wherein the hard-of-hearing Stennis would listen to the contested Oval Office tapes and report on their contents, but this plan went nowhere. 時間 magazine ran a picture of John Stennis that read: "Technical Assistance Needed". The picture had his hand cupped around his ear.

In January 1974, during a telephone interview, Stennis indicated his intent to investigate on allegations of military spying in the White House, saying he did not expect the White House to intervene with the inquiry and confirmed he was not familiar with the spying until news reports. [95] After Nixon's resignation, [96] Stennis opposed pursuing criminal charges, arguing that his leaving office was enough punishment. [97] The resignation was followed a month later by President Ford's pardon of Nixon, [98] a move Stennis and other conservative Democrats favored. [99]

1976 re-election campaign Edit

In January 1974, Stennis said his health was without complications (from the shooting in 1973) and that he would be running for another term in 1976. [100] Stennis was re-elected without opposition. [101]

1980s Edit

In November 1980, Defense Secretary Harold Brown sent two letters to Stennis complaining that the House of Representatives had added $7.5 billion in new programs and deleted $5 billion in administration programs for a net increase of $2.5 billion and urging the Senate Appropriations Subcommittee on Defense instead approve the administration's budget. The Senate instead approved $161 billion, $6 billion more than what the administration proposed and $3.5 million more than approved in the House. [102]

In early 1981, Stennis was replaced by John Tower as Chairman of the Senate Armed Services Committee. Virginia Senator John Warner said, "With no disrespect to Senator John Stennis, our former chairman, John Tower will provide a more vigorous thrust to the committee." [103]

In spring 1981, Stennis predicted there would be larger opposition to military spending in the event of new proposals in favor of more funds being allocated. NS ニューヨーク・タイムズ referred back to Stennis in July when Senator Mark Hatfield conducted his first detailed foray into military spending as chairman of the Senate Appropriations Committee. [104] In a Senate floor speech, Stennis warned that "great pressure" to an increase would persist with continued showing of a deficit in the federal budget and Americans would stop supporting the military and its budget "if our military forces do not show real improvement without damaging the health of our economy". [105]

In June 1982, Stennis was renominated for a seventh term, defeating Charles Pittman and radio station owner Colon Johnston by a wide margin. [106] Stennis faced political operative Haley Barbour in the general election. Barbour's supporters poked fun at Stennis's age, an issue the senator made self-deprecating comments about. President Reagan met with Stennis during the general election and promised he would not campaign for Barbour, despite Reagan's taping an ad for Barbour attacking Stennis for his age. [107]

Stennis lost his left leg to cancer in 1984 [108] and subsequently used a wheelchair.

Stennis was named President pro tempore of the United States Senate during the 100th Congress (1987–1989). During his Senate career he chaired, at various times, the Select Committee on Standards and Conduct, and the Armed Services, and Appropriations Committees.

In February 1988, along with Robert Byrd and John Melcher, Stennis was one of three senators to attend the traditional reading of the farewell address of President George Washington by North Carolina Senator Terry Sanford. [109]

In February 1988, Stennis was one of twelve Democrats to support the Reagan administration-backed $43 million aid to Nicaraguan rebels. [110]

In June 1988, Stennis voted against a bill authorizing the use of the death penalty on drug dealers convicted of murder. [111]

A dinner in honor of Stennis was held on June 23, 1988 in the Sheraton Ballroom of the Sheraton-Washington Hotel. President Reagan delivered an address praising Stennis for his service in the Senate and announced "as an expression of the Nation's gratitude for the public service of the man we honor tonight, the Navy's next nuclear-powered aircraft carrier, CVN-74, will be christened the U.S.S. John C. Stennis [ママ]." [112]

Civil rights record Edit

Based on his voting record, Stennis was an ardent supporter of racial segregation. In the 1950s and 1960s, he vigorously opposed the Voting Rights Act, the Civil Rights Act of 1964, and the Civil Rights Act of 1968 he signed the Southern Manifesto of 1956, supporting filibuster tactics to block or delay passage in all cases.

Earlier, as a prosecutor, he sought the conviction and execution of three sharecroppers whose murder confessions had been extracted by torture, including flogging. [113] The convictions were overturned by the U.S. Supreme Court in the landmark case of Brown v. Mississippi (1936) which banned the use of evidence obtained by torture. The transcript of the trial indicated Stennis was fully aware the suspects had been tortured.

Later in his political career, Stennis supported one piece of civil rights legislation, the 1982 extension of the Voting Rights Act, which passed in the Senate by an 85–8 vote. [114] [115] A year later, he voted against establishing Martin Luther King, Jr. Day as a federal holiday. [116] Stennis campaigned for Mike Espy in 1986 during Espy's successful bid to become the first black Congressman from the state since the end of Reconstruction.

Opposition to Bork Edit

Stennis opposed President Ronald Reagan's nomination of Robert Bork to the U.S. Supreme Court. On October 23, 1987, Stennis voted with all but two Democrats and six Republicans to defeat Bork's nomination.

In 1982, his last election, Stennis easily defeated Republican Haley Barbour. Declining to run for re-election in 1988, Stennis retired in 1989, having never lost an election. He took a teaching post at his alma mater, Mississippi State University, working there until his death in Jackson, Mississippi, at the age of 93. One of his student aides at Mississippi State University, David Dallas, wrote and performed a one-man play about his time with the Senator.

At the time of Stennis's retirement, his continuous tenure of 41 years and 2 months in the Senate was second only to that of Carl Hayden. (It has since been surpassed by Robert Byrd, Strom Thurmond, Ted Kennedy, Daniel Inouye, Patrick Leahy, and Orrin Hatch, leaving Stennis eighth).


USS John C. Stennis: Does the U.S. Navy Need to Rename This Aircraft Carrier?

Naming one of the most powerful symbols of America’s military and political might after a segregationist senator from Mississippi was an avoidable mistake. Fortunately, the refueling of CVN-74 offers the USN a unique opportunity to correct that error.

As Peter Suciu has reported, an argument is developing that the U.S. Navy ought to use the opportunity of the USS John C. Stennis (CVN-74) refuel to change the name of the aircraft carrier to something more appropriate for the current political climate. Stennis was an unapologetic racist and segregationist, redeemed only (in the eyes of the Navy) by his friendliness to greater naval appropriations.

The problem with the Stennis name is not simply that it honors a dedicated white supremacist and defender of segregation it is that few outside the United States (and indeed, few within the US) have any idea who Stennis was. Given that aircraft carriers are tools of political and diplomatic statecraft, having to explain the relevance of Stennis to a foreign audience is more than awkward it’s an embarrassment in non-white countries.

The Navy’s approach to naming aircraft carriers is, to be kind, almost wholly incoherent from a historical perspective. The first aircraft carrier, USS Langley, was named for Samuel Langley, an inventor and scientist who served as Secretary of the Smithsonian Institution. The next two carriers (Lexington and Saratoga) were named after battles in the Revolutionary War, a pattern followed by Yorktown (CV-5) and Enterprise (CV-6). Other early carriers were given names from US naval history, including Ranger (CV-4), Wasp (CV-7), and Hornet (CV-8). From that point, the Navy has tacked between a variety of traditions. Fortunately, this means that there are multiple good options for renaming the Stennis.

Former Aircraft Carriers

Beginning with USS Yorktown (CV-10), the United States Navy began to name aircraft carriers after previous carriers that had been lost in combat. USS Hornet (CV-12), USS Lexington (CV-16) and USS Wasp (CV-18) followed this tradition. The Forrestal class aircraft carriers carried it on, adopting the names Saratoga (CV-60), Ranger (CV-61), and Independence (CV-62), all in honor of carriers that had survived World War II. The Navy has not entirely abandoned this tradition, instead transferring it to the large flat-decked amphibious assault ships. Most of the Wasp-class are named after Essex- or Independence-class ships from World War II, although some (Makin Island, for example) take their names from smaller escort carriers.

In sum, numerous distinguished carrier names are available for redubbing Stennis, including Hornet, Lexington, Yorktown, Ranger, and Saratoga, all warships that served with great distinction in World War II. USS Coral Sea, in honor of the Battle of Coral Sea and also of the Midway-class carrier that served from 1947 to 1991, is also available. The ersatz Hornet, Lexington, and Yorktown are currently museum ships, but memorialization has not prevented the re-use of battleship names such as North Carolina, Texas, Alabama, and Massachusetts.

Former Presidents

Beginning with USS Franklin Roosevelt, the second ship of the Midway-class, the U.S. Navy began to name aircraft carriers after Presidents. This trend continued haphazardly through the USS John F. Kennedy, a Kitty Hawk-class carrier, and USS Dwight D. Eisenhower before becoming more or less the preferred naming convention by the middle group of the Nimitz class nuclear supercarriers. CVN-78, the lead ship of the latest class of supercarriers, is named in honor of Gerald Ford. There are several Presidents now available for naming, including notable two-termers William J. Clinton and Barack H. Obama. Indeed, the Navy may have chosen the name Dorie Miller for CVN-81 in order to avoid the controversy of naming a new carrier after Clinton or Obama during the Trump administration, given Trump’s fraught relations with both former Presidents.

If the Navy decided to avoid the obvious difficulty of re-naming a carrier after a living President, it has the readily available choice of Ulysses S. Grant, the US Army general who played the decisive role in the defeat of the Confederacy and the end of the institution of slavery in North America. Grant’s name was used for a Cold War SSBN, but given his historical importance, few are likely to complain about renaming the Stennis in his honor.

The Navy has a long-established tradition of naming aircraft carriers after non-Presidential heroes, beginning with the aforementioned Samuel Langley. Other carriers including Franklin (CV-13), Hancock (CV-19), Wright (CVL-49), Forrestal (CV-59), and Nimitz (CV-68) followed this convention. Both Stennis and Vinson were justified under this convention, given the contributions that the legislators made to funding the Navy during the Cold War. Doris Miller (CVN-81), named after a Congressional Medal of Honor winner from World War II, follows this tradition.

US naval history offers many examples for giving Stennis a more appropriate name

USS King (after Fleet Admiral Ernest J. King) has been available since 1991. However, in accordance with the example set by Dorie Miller, which recognized under-represented minorities in the US Navy, the best option might be the USS Ernest J. Evans, captain of the destroyer USS Johnston at the Battle off Samar. Evans, a Naval Academy graduate who was three-quarters Native American, won the Congressional Medal of Honor but lost his life in combat against a massively superior force of Japanese cruisers and battleships.

Naming one of the most powerful symbols of America’s military and political might after a segregationist senator from Mississippi was an avoidable mistake. Fortunately, the refueling of CVN-74 offers the USN a unique opportunity to correct that error.

Robert Farley is a Senior Lecturer at the Patterson School of Diplomacy and International Commerce. His work includes military doctrine, national security, and maritime affairs. He writes at Lawyers, Guns and Money and Information Dissemination and The Diplomat. Follow him on Twitter:@drfarls.


JOHN C STENNIS CVN 74

このセクションでは、船がその寿命の間に持っていた名前と呼称をリストします。リストは時系列になっています。


    Nimitz Class Nuclear Powered Aircraft Carrier
    Keel Laid 13 March 1991 - Christened 11 November 1993
    Launched 13 November 1993

海軍カバー

このセクションには、船に関連するカバーを表示するページへのアクティブなリンクが一覧表示されます。船の化身ごとに(つまり、「船の名前と指定の履歴」セクションのエントリごとに)個別のページのセットが必要です。 Covers should be presented in chronological order (or as best as can be determined).

船には多くの表紙がある場合があるため、それらは多くのページに分割される可能性があり、ページが読み込まれるのに永遠にかかることはありません。各ページのリンクには、そのページの表紙の日付範囲を付ける必要があります。

消印

このセクションでは、船が使用する消印の例を示します。船の化身ごとに(つまり、「船名と指定履歴」セクションのエントリごとに)個別の消印のセットが必要です。各セット内で、ポストマークは分類タイプの順にリストする必要があります。複数の消印が同じ分類である場合は、最も古い既知の使用日でさらに並べ替える必要があります。

クローズアップ画像および/またはその消印を示す表紙の画像を伴わない限り、消印を含めるべきではありません。日付範囲は美術館の表紙のみに基づいている必要があり、表紙が追加されると変更されることが予想されます。
 
&gt&gt&gtいずれかのポストマークのより良い例がある場合は、既存の例を自由に置き換えてください。


USS John C. Stennis: The Deadly Aircraft Carrier That Might Get Its Name Changed

NS ニミッツ-class carrier USS ジョン・C・ステニス (CVN-74) is scheduled to begin its refueling and complex overhaul (RCOH), which essentially marks the “halfway” point in a nuclear aircraft carrier’s lifecycle. In addition, the RCOH will address about thirty-five percent of all maintenance and modernization required during the carrier’s fifty-year service life. Work will reportedly include refueling the ship’s nuclear reactors, while work will be conducted on more than 2,300 components as well as the hundreds of tanks and systems.

What is uncertain is whether the 1,092-foot long carrier will reenter service in 2025 with a new name?

USS ジョン・C・ステニス, A History

Nicknamed “Johnny Reb,” CVN-74 was commissioned in December 1995 and named in honor of Democratic Senator John C. Stennis of Mississippi, who hadn’t lost an election in 60 years.

The name of the carrier, which was approved by then-President Ronald Reagan in 1988, was an interesting choice as Stennis wasn’t a navy man. All of the other carriers in the ニミッツ-class are named for either those with ties to the service – including Adm. Chester W. Nimitz and Carl Vinson, a Congressman who was known as the Father of the Two-Ocean Navy – or former U.S. presidents.

Stennis is neither, and the naming of the carrier has been the subject of controversy as he was an outspoken critic of civil rights and racial equality. The nickname has also drawn its share of criticism in recent years.

Operational Record

The seventh ニミッツ-class nuclear-powered supercarrier was commissioned in December 1996. She completed her inaugural overseas deployment in the summer of 1998 when the crew of more than 5,200 sailors participated in six naval exercises and more than 700 shipboard drills.

In May 2001, while part of Carrier Group 7 the ship served as what was described as the largest and most expensive outdoor theater when it was used for the world premiere of the film Pearl Harbor. During the special screening, more than 2,000 people attended the premiere on the ship, which required special grandstand seating as well as one of the world’s largest movie screens assembled on the flight deck.


USS John C Stennis CVN 74 - History


The USS JOHN C. STENNIS (CVN 74) seal was produced from the combined efforts of several crewmembers with historical help from the Stennis Center for Public Service, the John C. Stennis Space Center and the United States Senate Historian. The Seal implies peace through strength, just as Senator Stennis was referred to as an "unwavering advocate of peace through strength" by President Ronald Reagan, when the ship's name was announced in June 1988.


The circular shape signifies the NIMITZ class aircraft carrier's unique ability to circle the world without refueling while providing a forward presence from the sea. The predominant colors are red, white, blue and gold, the same as our country and our Navy. The outer border, taken from one version of a U.S. Senate crest, represents the strength through unity of the ship's crew.


The four gold bands and eight ties denote John C. Stennis' four decades (41 years) in the Senate and the eight presidents with which he served from President Truman to President Reagan. The seven stars in the blue border represent his seven terms in the Senate and characterize USS JOHN C. STENNIS as the seventh NIMITZ class aircraft carrier.


The red and white stripes inside the blue border represent our flag and the American people USS JOHN C. STENNIS serves. They also honor the courage and sacrifice of our country's Armed Forces.

The eagle and shield is a representation of the gilt eagle and shield overlooking the Old Senate Chamber, which Senator Stennis' dedicated efforts helped to restore.


The shield represents the United States of America, the country USS JOHN C. STENNIS and her Air Wing serves and protects.

The twenty stars represent our twentieth state, Mississippi, the home of John C. Stennis.


The three arrows in the eagles' talons symbolize the Ship and Air Wing's awesome ability to project power. They also represent Senator John C. Stennis over three decades on both the Senate Armed Service Committee (37 years) and Appropriations Committee (33 years), where he oversaw our country's military capabilities and earned the title "Father of America's Modern Navy."


The burst of light emanating from the shield, representative of the emergence of a new nation in the United State Senate Seal, portrays the birth of over 25 major Aviation programs under Senator Stennis' leadership, including all aircraft carriers from USS FORRESTAL (CV-59) to USS HARRY S. TRUMAN (CVN 75), and aircraft from the F-4 Phantom to the F/A- 18 Hornet.


The eagle is representative of John C. Stennis stature in the U. S. Senate where he was respected and admired as a "soaring eagle" by his colleagues. It also symbolizes independence and strength and depicts the constant readiness of USS JOHN C. STENNIS and her Air Wing to preserve, protect and defend freedom.


The carrier, cutting her powerful swath through the sea, exemplifies Senator Stennis' philosophy of "Look Ahead." Embodied in the ship are the principles of honor, courage and commitment, principles that John Cornelius Stennis constantly upheld in his service to America, and values the ship's crew will uphold in their service. The carrier's path also evokes John C. Stennis' pledge to "plow a straight furrow down to the end of my row," just as the ship will steer a steady course to complete all missions in the preservation and defense of freedom.

The nuclear-powered USS ジョン・C・ステニス (CVN 74) was contracted on 29 March 1988, and the keel was laid on 13 March 1991 at Newport News Shipbuilding Co., Newport News, Va.

The ship was christened on 11 November 1993, in honor of Senator John Cornelius Stennis (D-Mississippi) who served in the Senate from 1947 to 1989. The daughter of the ship&rsquos namesake, Mrs. Margaret Stennis-Womble, was the ship&rsquos sponsor. Stennis was commissioned on 9 December 1995 at Naval Station Norfolk, Va, and she conducted flight deck certification in January 1996. The first arrested landing was by a VX-23 F-14B. The ship conducted numerous Carrier Qualifications and Independent Steaming Exercises off the East Coast throughout the next two years. Included among these events was the first carrier landing of an F/A-18E/F Super Hornet on 18 January 1997.

On 26 February 1998 withCarrier Air Wing Sevenembarked, Stennis left Norfolk for her maiden deployment, transiting the Suez Canal on 7 March and arriving in thePersian Gulf on 11 March 1998. The ship traveled 8020 nm in 274 hours, an average speed of 29.4 knots (54.4 km/h) to relieve USSジョージ・ワシントン in conducting Operation Southern Watch missions. Stennis departed the Persian Gulf on 19 July 1998 for her new home port of Naval Air Station North Island in San Diego, California, arriving on 26 August 1998.

In October 1998, Stennis entered a 6-month Phased Incremental Availability for maintenance and upgrades at North Island, returning to sea in April 1999. During the maintenance period, a jet blast deflector collapsed, severely injuring two sailors.

On 30 November 1999, Stennis ran aground in a shallow area adjacent to the turning basin near North Island. Silt clogged the intake pipes to the steam condensing systems for the nuclear reactor plants, causing the carrier&rsquos two nuclear reactors to be shut down (one reactor by crew, the other automatically) for a period of 45 minutes. Stennis was towed back to her pier for maintenance and observation for the next two days. The cleanup cost was about $2 million.

2000 &ndash Persian Gulf/Pacific Ocean

On 7 January 2000, Stennis deployed to the Persian Gulf to relieve USS ジョンF.ケネディ in Operation Southern Watch. During the deployment, the ship made port visits to South Korea, Hong Kong, Malaysia, Bahrain, the United Arab Emirates and Australia, before returning to San Diego on 3 July 2000.


USS Harry S. Truman Suffers Major Electrical Malfunction, Raising Questions About Upcoming Deployment

USS Harry S. Truman (CVN-75), left, and Arleigh Burke-class guided-missile destroyer USS Forrest Sherman (DDG-98) transit behind the Ticonderoga-class guided-missile cruiser USS Normandy (CG-60) in the Atlantic Ocean on July 10, 2019. US Navy Photo

Aircraft carrier USS ハリー・S・トルーマン (CVN-75) is experiencing a malfunction of the ship’s electrical distribution system ahead of an expected deployment this fall , USNI News has learned. Read More &rarr


USS John C. Stennis (CVN 74)

USS JOHN C. STENNIS is 1,092 feet long and towers some 20 stories above the waterline. As a self-contained city, JOHN C. STENNIS has virtually the same amenities as any American city with a comparable population. It has a daily newspaper, radio and television stations, fire department, library, hospital, general store, laundry, two barbershops and even a post office with its own zip code.

一般的な特性: Keel Laid: March 13, 1991
Launched: Nov. 11, 1993
Commissioned: Dec. 9, 1995
Builder: Newport News Shipbuilding Co., Newport News Va.
Propulsion system: two nuclear reactors
Main Engines: four
Propellers: four
Blades on each Propeller: five
Aircraft elevators: four
Catapults: four
Arresting gear cables: four
Length, overall: 1,092 feet (332.85 meters)
Flight Deck Width: 257 feet (78.34 meters)
Area of flight deck: about 4.5 acres (18211.5 m 2 )
Beam: 134 feet (40.84 meters)
Draft: 38.4 feet (11.7 meters)
変位:約。 100,000 tons full load
Speed: 30+ knots
Planes: approx. 85
Crew: Ship: approx. 3,200 , Air Wing: 2,480
Armament: two Mk-57 Mod 3 Sea Sparrow launchers, three 20mm Phalanx CIWS Mk 15, two Rolling Airframe Missile (RAM) Systems
Homeport: Bremerton, Wash.

This section contains the names of sailors who served aboard USS JOHN C. STENNIS.公式のリストではありませんが、情報を提出した船員の名前が含まれています。

USS JOHN C. STENNIS Cruise Books:

  • If lined up end-to-end, the bed mattresses would stretch more than nine miles
  • Other intersting figures:
    • Number of telephones: 2,000
    • Tons of structural steel: about 60,000 tons
    • Sheets: 28,000
    • Pillow Cases: 14,000

    Accidents aboard USS JOHN C. STENNIS:

    USS JOHN C. STENNIS comes alongside the USS INDEPENDENCE (CV 62) March 30, 1998, in the Arabian Gulf where both ships were deployed in support of UN-mandated sanctions against Iraq and enforcement of the "No-Fly Zone" under OPERATION SOUTHERN WATCH.

    USS JOHN C. STENNIS Patch Gallery:

    Click here for more USS JOHN C. STENNIS Patches.

    USS JOHN C. STENNIS Image Gallery:

    Click here to view more photos.

    The photos below were taken by Ian Johnson on April 29, 2002, and show the USS JOHN C. STENNIS anchored in Gage Roads off the port of Fremantle, Australia. This was the carrier's third visit to Western Australia

    The photos below were taken by Ian Johnson on September 30, 2004, and show the USS JOHN C. STENNIS anchored in Gage Roads off the port of Fremantle, Australia. This was the carrier's fourth visit to Western Australia

    The photos below were taken by me on March 23, 2010, and show the USS JOHN C. STENNIS at Naval Air Station North Island, San Diego, Calif.. The first two photos show her just a few hours before departing for Bremerton, Wash. The third photo shows the carrier during sunset while getting underway.

    The photos below were taken by me on May 12, 2012, and show the USS JOHN C. STENNIS at her homeport of Bremerton, Wash.

    The photos below were taken by Michael Jenning and show the USS JOHN C. STENNIS at Bremerton, Wash., on October 13, 2017.

    The photos below were taken by Michael Jenning and show the USS JOHN C. STENNIS during Fleet Fest 2019 at Naval Base Norfolk, Va., on October 19, 2019.


    ビデオを見る: USS John C. Stennis CVN 74 documentary


コメント:

  1. Govannon

    悪い品質ですが、あなたは見ることができます

  2. Samulabar

    ブラボー、私には思えますが、立派なフレーズです

  3. Derwin

    それは価値の一部です

  4. Taran

    この非常に良い文はほぼ正しいです

  5. Tojalmaran

    まったく右!私はこのアイデアが好きです、私はあなたに完全に同意します。



メッセージを書く