第二次マオリ戦争-歴史

第二次マオリ戦争-歴史


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

第二次マオリ戦争
第二次マオリ戦争は、1860年から1872年にかけて、北島でイギリス人入植者とニュージーランド人の間で戦いました。大部分がゲリラ戦争の終わりに、先住民は島の半分を与えられました。


Heritage et AL

オークランド図書館の研究センターと遺産コレクションからのユニークなコレクションとリソース。

このブログを購読する

メールでフォロー

第二次世界大戦からのマオリの戦闘員の位置

  • リンクを取得
  • フェイスブック
  • ツイッター
  • Pinterest
  • Eメール
  • 他のアプリ

マオリ大隊、勝利への行進&#8230ただし、オークランドウィークリーニュースの件名のメタデータを入力するときに最初に覚えておくべきことの1つは、第二次世界大戦のマオリの戦闘員が必ずしも第28マオリ大隊のメンバーではなかったことです。他の大隊や軍隊にはマオリの兵士、ニュージーランド空軍にはマオリの航空隊員、ニュージーランド海軍にはマオリの船​​員がいました(ただし、私は1939年から1942年までしか終わっておらず、マオリの船​​員に出会ったことはありません。名誉のロールはまだあり、戦争はまだ進行中です!)。数人の軍人を使用して、オークランド戦争記念博物館の慰霊碑データベースと第28マオリ大隊のウェブサイトにある大隊ロールからマオリの戦闘員に関する追加情報を見つける方法の例をいくつか示します。

1942年のRollof Honorには、3人のマオリの空軍兵が含まれています。私たちが最初に出会うのは、ハーバート・サミュエル軍曹(またはバート・サム)ウィピティです。戦前、バートはニュープリマスのジュニア冷凍技術者でした。彼はシンガポールでの空中戦で際立った勇気を持ってDistinguishedFlyingMedalを獲得しました。悲しいことに、准尉に昇進した後、1943年10月3日にスピットファイアがフランス沿岸で撃墜されたときに殺されました。彼の体は回復しなかったようですが、ラニーメード記念館とイギリスのビッグギンヒルチャペルオブリメンブランスで記憶されています。

Blyth Kempton-Werohiaは、TePukeのWhetuHenareKempton-Werohia氏とMargeryDinahKempton-Werohia夫人の息子でした。ニュージーランドでの基本的な飛行訓練の後、ケンプトン・ウェロヒア軍曹はカナダのオンタリオ州にある爆撃砲術学校に送られました。悲劇的なことに、彼は訓練事故で殺され、オンタリオ州のビーチウッド墓地に埋葬されました。

中尉KingiTe Aho Aho Gilling TahiwiはNgātiRaukawaの子孫で、ウェリントン近くのオタキから来ました。キンギは、ニュージーランド空軍に入隊する前はウェリントンのラジオアナウンサーでした。訓練を受けて海外に派遣された後、彼のイギリス空軍飛行隊は地中海に派遣され、北アフリカ戦線で飛行しました。中尉のキンギ・タヒウィはエル・アラメインの戦いで撃墜され殺害され、エル・アラメイン戦争墓地のアラメイン記念館で記念されています。

残念ながら、Weekly News Roll of Honorは、各軍人の名前、ランク、出身地のみを示しており、大隊や部隊は記録されていません。ユニット情報がない場合、マオリの姓または明確に識別可能な顔の特徴を持つ兵士を説明するために選択された方法は、主題の見出し&#8216 World War、1939-1945&#8211 Participation、Māoriを使用することです。兵士が所属していたユニットを追跡するのに役立つのは、オークランド戦争記念博物館のセノタフデータベースです。これから兵士が第28マオリ大隊のメンバーであることが明確に識別できる場合は、「ニュージーランド」という件名を使用しました。軍。彼らの説明の一部として大隊、28&#8217。

1942年のロールオブオナーのマオリ軍人の大多数は第28マオリ大隊から来ましたが、いくつかの例外がありました。この場合、大隊または部隊が知られているところでは、これらの兵士は主題の見出しで説明されました:ニュージーランド。軍。大隊[そしてその大隊番号]。

たとえば、プライベートフレデリックジョージパーマーは、ウェリントンのカフタラのロバートとマーレパーマーの息子でした。戦前、彼はファンガヌイ近くのマンガオノホ水力発電所の副審として雇われていました。入隊後、プライベートパーマーは第25(ウェリントン)大隊のメンバーになりました。彼は1941年11月23日のシディレゼグの戦いで殺されました。

少尉のコリン・オームズビー・マクグルーサーはタイヌイとンガティ・マニアポトの子孫であり、彼が農夫だったピロンジアから来ました。彼は訓練中に急速に昇進し、ニュージーランドからの乗船で18日(オークランド、ベイ・オブ・プレンティ、ワイカト)大隊の軍曹でした。大隊に残り、コリンは少尉に昇進した。彼は1942年10月頃、おそらくエルアラメインの戦いの最中に負傷しました。大隊が1943年10月に第18機甲連隊に改宗したとき、コリンは戦車指揮官になりました。幸いなことに、彼は戦争と ニュージーランド官報 彼が1958年2月に陸軍の引退リストに載せられたとき、彼は少佐であったと記録した。

ジョン・ラッセル・ヘイワードは、ロトルア出身のセシル・ヘイワードとエリザベス・ラウレティ・モコニアランギ(おそらくラウレティ・モコヌイアランギ)の息子でした。ジョンはマオリ人として識別されました。戦前、彼は店員として働いていました。訓練後、彼は第20(カンタベリー)大隊に配属され、1941年11月27日のシディレゼグの戦いで殺害されたときにランス軍曹に昇進した。彼はリビアのアクロマにあるナイツブリッジ戦争墓地に埋葬された。

ロバート・ゴードン・アロ軍曹はオークランドのポンソンビーから来ました。彼が入隊する前は、彼はフィッターでありターナーでした。訓練後、彼は車両を維持するスキルのためにニュージーランド陸軍軍団に配属されました。アロ軍曹は、1941年11月25日のシディ・レゼグの戦いで敵の戦車に攻撃されたときに、彼の指揮下にあるほとんどのトラックを救ったことで軍事メダルを獲得しました。

ここに書かれている他の兵士は、セノタフデータベースによって第28マオリ大隊に所属していると明確に識別されています。ただし、Roll of Honourでは、兵士の名前のつづりが間違っていることがよくあります。国防省の職員は、マオリの名前の正しい形式やつづりをわざわざチェックすることができなかったようです。死傷者リストがに渡されたとき ウィークリーニュース 出版のために、それらは正しいと仮定され、質問されませんでした。したがって、間違いはチェックせずに繰り返されました。このカジュアルな方法で、Private Manu Kuru Te Roreの名前が誤って&#8216PrivateM.K。としてレンダリングされました。 Terore。&#8217 Private Te Roreは、Dargaville近くのKaihuから来ました。戦前、彼は農民でした。訓練後、彼は第28マオリ大隊に配属された。プライベートテロレは1941年11月23日に殺害され、アラメイン記念館に記憶されています。

名前のスペルを間違えたもう1人の兵士は、プライベートナタナヒラウィワレナでした。その名前は「プライベートN.ワイワレナ」と表示されました。ナタナヒラはテアラワの子孫で、ファカレワレワから来ました。入隊する前は、彼は労働者でした。訓練後、彼は第28マオリ大隊に配属され、西部砂漠で奉仕しました。プライベートウィワレナは1942年8月26日、おそらくエルアラメインの最初の戦いの終盤に殺されました。彼はエジプトのエルアラミン戦争墓地に埋葬されました。

プライベートラウィリナトロイはデイブナトロイとしても知られていました。しかし ウィークリーニュース 彼の写真のキャプションには、彼の名前が&#8216Private R. Ngatora&#8217と記録されていました。RawiriはTe Araroaから来ており、入隊前は労働者でした。訓練の後、彼は西部砂漠の第28マオリ大隊に加わるために配置されました。セノタフデータベースには彼に関する詳細な情報はありませんが、 ウィークリーニュース プライベートナトロイは1942年初頭に誤って殺されました。

一部のRollof Honorのキャプションでは、マオリ語の名前が完全に省略されていました。プライベートロバートアペラハマオリファントスチュワートは、「プライベートロバートオリファントスチュワート」として記録されました。オークランド戦争記念博物館の記念碑でさえ、彼をR.O.として記録しています。スチュワート。ロバートはマタアトゥアワカからの降下を主張し、彼は入隊前に印刷業者であったファカタネから来ました。彼は第28マオリ大隊に所属し、1941年12月16日にクルセーダー作戦中に殺害されました。彼はアラメイン記念館で記憶されています。

Private K.P.として記録された不幸な兵士のために、さらに明白なエラーが犯されました(または転置されました)。マオリ語のWirlpoの無知、または単に悪い印刷?セノタフデータベースを検索したところ、そのような名前は見つかりませんでした。K.P。という名前の人も見つかりませんでした。ウィリポ。幸い、セノタフデータベースの検索はカスタマイズできるので、私はすべての犠牲者を彼の故郷であるヘレキノで検索しました。これにより、KupuPenewiripoが見つかりました。そして興味深いことに、彼の両親はセノタフデータベースにペネウィリポ氏とエレペネウィリポ夫人としてリストされていました。第28マオリ大隊ロールは、彼がクプペネウィリポとして入隊したことを確認しましたが、後に大隊の戦時日誌にプライベートクプペネウィリポとして記録されたことも示しました。クプは入隊前は労働者でした。訓練後、彼は第28マオリ大隊に配属された。悲しいことに、戦時日誌は、プライベートペネウィリポが1942年11月12日に誤って自分自身を撃ったことを記録し、調査裁判所は彼が不幸によって死んだと結論付けました。第28マオリ大隊の公式の歴史は彼が現役で死んだことを記録しました。 Kupu Pene Wiripoは、エジプトのHalfaya SollumCemeteryに埋葬されました。

少尉のピネアミン・タイアパ(ンガーティ・ポロウ)は、彼の軍歴よりもマオリの芸術家およびマスターカーバーとしてよく知られています。叔父に育てられたピネアミンは、マタウランガマオリで教育を受け、テオーテカレッジに通いました。彼はマオリオールブラックスになり、1922年のオーストラリアツアーで演奏した後、最初はティキティキの自宅で、次にロトルアに新しく設立されたマオリ芸術学校で彫刻を学び始めました。第二次世界大戦までに、彼はすでにワイタンギの百周年記念家を含む、アオテアロア中の多くの集会所で働いていました。マオリの指導者として、彼は第28マオリ大隊の少尉として任命されましたが、クルセーダー作戦中の戦闘で1941年12月15日に負傷しました。彼は大隊に戻り、1942年10月に船長に昇進しました。戦後、彼はリハビリテーション担当官として働いた後、有名なマスターカーバーとして働き、マオリ文化の若返りに大きな役割を果たしました。

エルエラ・テ・ウィティ・オ・ロンゴマイ・ラブ中佐は、第28マオリ大隊を指揮した最初のマオリ将校でした。愛中佐は、エルエラ・テ・ウィティ・ロンゴマイ、ティウィ、トゥイとしても知られていました。 ErueraはTeĀtiAwaの子孫で、Petoneから来ました。戦前、彼は通訳として働いていました。彼は領土でもあり、ウェリントン連隊の第1大隊の中隊長でした。彼はマオリ大隊の結成を支援するために陸軍本部に移されました。 1940年に彼は大隊に船長として加わった。彼は、1941年11月と12月にマオリ大隊を臨時指揮官として適切に処理したことで派遣で言及されました。その後1942年5月13日、彼は大隊の指揮官に昇進した最初のマオリ将校になりました。しかし、愛中佐は1942年7月12日のエルアラメインの最初の戦いで殺害されました。彼はエルアラミン戦争墓地に埋葬されました。


長い白い雲の国

マオリの伝説が示すように、クペとハワイキからの彼の乗組員はニュージーランドを最初に見つけました。故郷の近くで釣りをするのに苦労した後、クペは気の利いたナビゲーションスキルを使って、海流、風、星、鳥、波のパターンを使って新しい土地を見つけました。

クーペの妻クラマロティーニはニュージーランドにアオテアロアという名を付けたと言われています。これは「長い白い雲の土地」を意味します。クーペと乗組員は、北島とクック海峡の一部(北島と南島の間)を探索しました。ノースランドのホキアンガが最初に名前が付けられた場所でした。

&copyパブリックドメイン

第二次世界大戦1939-1945

私たちは、第二次世界大戦へのニュージーランドの参加に関するさまざまな記録を保持しています。ほとんどが陸軍の記録ですが、空軍(RNZAF)と海軍(RNZN)の記録もいくつかあります。

いくつかの第二次世界大戦の記録へのアクセスは、ウェリントンのレジスタールームにある戦争史支部のカードインデックスから入手できます。第二次世界大戦の戦争アーカイブの詳細なリストについては、ADQZのエージェンシーノートの第3巻、第4巻、第5巻の第3巻、第4巻、第5巻を参照してください。

詳細な公式アカウントについては、NZ Electronic TextCollectionのWarHistoryBranchがオンラインで公開しているOfficialWarHistoriesを参照してください。

ニュージーランドは第二次世界大戦への準備が第一次世界大戦よりも少なかったものの、1940年半ばまでに、約2万人の男性が第2ニュージーランド遠征軍(2 NZEF)の海外勤務に乗り出しました。彼らは最初に中東、ギリシャ、イギリスに行きました。その後、多くの人が北アフリカとイタリアでも戦うことになりました。

ニュージーランドは1940年11月に最初に太平洋に軍隊をフィジーに派遣しました。1941年12月に日本との戦争が宣言された後、さらに多くの軍隊が太平洋に派遣されましたが、一部は後にイタリアに移送されました。

ニュージーランドのホームガードは、1943年後半に日本からの脅威が和らぐまで重要な勢力でした。

第二次世界大戦中、ニュージーランドからの合計約105,000人の男性と女性が海外で奉仕しました。それらのうち、7000人近くが現役の陸軍サービスで死亡し、すべてのサービスで合計11,000人以上が死亡しました。 16,000人近くが負傷しました。死傷者は、第一次世界大戦よりも奉仕の男性と女性の割合がはるかに少なかった。

第二次世界大戦の人事ファイルは、ニュージーランド国防軍人事アーカイブに保管されており、私たちには保管されていません。アクセスするには、それらに連絡することができます。

(敵)第二次世界大戦中は、市民権調査ガイドを参照してください。

VCおよびその他の勇気賞AAYS8665レコード1–93およびAALJ18806

Rolls&Citations ADQZ18886レコードの接頭辞DA409

他の政府によって与えられた装飾を含む、ニュージーランド人への特定の賞に関するファイル。 AAYS8638サブシリーズ248 /&323 /

名目上のリスト:「アクティブサービスで亡くなった人々のための未請求の記念巻物」AAYS 20193

商人海軍戦争メダルカードインデックスABPL7461ボックス47-49

これらの第二次世界大戦ファイルのほとんどは、国家サービス部門の記録(特別審判および上訴委員会の記録)および労働部門の地区事務所(良心的兵役拒否者ファイル)にあります。注:「良心的兵役拒否者」という用語は、兵役と労働組合会員の両方に適用されます

国家サービス部-地区事務所- 制限付き.

特別審判控訴登録簿(オークランド)AEJC 19018

個人ファイル(クライストチャーチ)AEJH 18946

アピールレジスター等(ダニーデン)AEJI 18953

個人ファイル(ロワーハット)AEJF 18947

個人ファイル(ウェリントン)AEJG 18952

陸軍および労働部門 (アクセス 制限が適用される場合があります)

懲戒、拘留、投獄、脱走兵(最も一般的には一部の個人)AAYS8638サブシリーズ310 /ボックス1290-1292

良心的兵役拒否者-軍事訓練ACGV8823

軍法会議 1916-1987 制限付き(WW2ファイルはArchwayに公開されていません)ABOO 25419

ニュージーランドのホームガードは1940年半ばから存在していました。 1941年8月に陸軍の一部として設立され、1942年初頭に正式化され、1943年後半に解散しました。ピーク時には約123,000人の兵士が関与していました。一部のレコードは保持されますが、フルロールは保持されません。

さまざまなファイル、主に管理AAYS8638サブシリーズ281 /&304 /

委員会、役員のロールなどへの任命。ADQZ18899サブシリーズ13/7 /および13/12 /

民間の物語–ホームガードAAQZ18912サブシリーズ21 /を含む。

ホームガードについての2冊の本:

ナンシーテイラー 銃後 1986年、Vol.1

ピーター・クック ニュージーランドを守る 2000年、Vol.2。

人事ファイル(いわゆる「重複ファイル」は、NZDFアーカイブがまだ保持しているオリジナルを補足するものです- 制限付き. ABFK18805アクセッションW3629

ユニットダイアリーADQZ18886レコードDA68 / 1/7 – DA 68/1/73:レジスタールームのWAIIカードインデックスを使用して、各ダイアリーの特定の日付範囲を識別します。

VCの死後の賞-ACGO8333レコード171/70 / 4、171 / 70/5

第28マオリ大隊に関するその他の資料は、マオリ問題、外務省、陸軍省のファイルです。

第二次世界大戦アーカイブADQZ(以前のWAII)からのWW2マップ

マップの主要なシリーズADQZ18904。エージェンシーADQZの説明の第5巻も参照してください。

ダグラス・ケネディ博士PACB 7375の計画(ADQZ 18904の一部と類似していますが、同一ではありません)

イタリアと北アフリカ(74マップ)PACB 7375

エルアラメイン、モンテカッシーノ&フィールドメディカルサービスPACB 7376

Tobruk AABKW4471パート1の連合軍駐屯地

の中に インデックスカード 地図は、「地図」という見出しまたはシステム内の地名から見つけることもできます(上記を参照)。ユニットレコードにはマップも含まれます。公式の戦争史に関する出版された作品も参照してください。

公式レポート、運用ユニットの記録、医療ナラティブ、医療ユニットの日記など、2つのNZEFのほとんどの医療記録は、1つのアーカイブシリーズにまとめられています。 ADQZ 18903

ロールには通常、名前、番号、ランク、職業、ユニット、夫婦のステータス、入隊場所、ニュージーランドの最後の住所、近親者の名前と住所が含まれます。旅団または同様のレベルのユニットによって編成されているものもあります。 AAYS8657の関連する日付範囲のレコードを参照してください

乗船ロールは、いくつかの部門の記録の他の場所で見つかる可能性があります。

公称ロール– 2NZEF 1940-1942 AAYOW3120ボックス1パーツ2-9

ADQZ 18886 乗船ロール キーワード用

海外から帰国した兵士1940-1941–名目上のロールADBO16141レコード11/6/14 制限付き.

ウェリントンの登録室にあるカードインデックスは、乗降の詳細な年表を提供します。

第二次世界大戦とJ-フォース(日本では1946-1948):主にユニットの履歴と管理ファイルですが、一部のファイルには個々の看護師の詳細が含まれています。 AAYS8682アイテム33-41

第二次世界大戦(太平洋)の写真の2つの主要なシリーズ:

ニュージーランドと太平洋のRNZAF写真家が撮影した公式写真。 ADQA 17263 アルバムと写真

半公式および非公開の写真、太平洋:主に陸軍(2 NZEF)だけでなく、一部の海軍(RNZ) ADQZ 18905

小規模なコレクションには次のものがあります。

軍隊のマオリ(マオリ大隊、ベトナム、シンガポールを含む)AAMKW3495アイテム23f-23q]

戦争中の女性AAURW3263ボックス1アイテムa

作品部公式戦争史

写真のリストADQZ18912レコード128パート1(陸軍部リストARNZ 22499レコードADパート6の付録Lとしてもコピーされています)

写真ADQZ18912は128のパート1、2、3、4を記録しています

ニュージーランド愛国基金委員会–写真:第二次世界大戦以降AAYO 25284

写真は、ウェリントンの第二次世界大戦の主題カードの索引からも見つけることができます。

アレクサンダーターンブル図書館やサービス博物館などの他の機関は、第二次世界大戦の写真の重要なコレクションを保持しています。

アーカイブで写真を見つける方法の詳細については、写真調査ガイドを参照してください。

海外の捕虜(POW)または民間人の抑留者であった人々に関する記録。

捕虜セクション–ロンドンADQZ18899ボックス21

1947年に元捕虜と元抑留者によって記入されたアンケート。 ADQZ18902ボックス50-53

死傷者:敵の手にある捕虜AAYS8638サブシリーズ339 /

避難(捕虜を含む)AAYS8638サブシリーズ357

NZ Missing&POW Agency Civilian Internees(商船員を含む)カードインデックス1939-1945 AAYS8666アイテム41

敵の領土における連合軍捕虜と民間人ACIE8798サブシリーズ88

民間人の抑留者と避難者ACGO8333サブシリーズ171

キッペンバーガー少佐の個人ファイル1945-1954:元捕虜1949年4月から1950年11月ACGO8399ボックス/アイテム2/9

2人のNZEFメンバーが行方不明と捕虜を報告した1941-1957ADBO16141記録11/6/21

ニュージーランドの元捕虜への助成金ADBO16141記録11/6/38

捕虜収容所-フェザーストンADQZ18899ボックス22-26

収容所-ソメス島1939-1945ADQZ18899ボックス27-33

関連するいくつかのファイルについては、8798サブシリーズ87 /およびサブシリーズ89 /を参照してください。

私たちの保有は限られています。それらが含まれます:

名前でリストされた元軍人のリハビリテーションファイル。 制限付き. AADK 20203

シェルショックなどで苦しんでいる軍人の何人かは、ハンマースプリングスのクイーンメアリー病院で過ごしました。ガイド:メンタルヘルスを参照してください。

リハビリテーション委員会の議事録と対応 AATK とリハビリテーション部。 AATL リハビリテーションに関するいくつかの情報を提供します。

ニュージーランド、ニウエ、ラロトンガ、および隣接する島々に戻った人員に対する年金およびその他の支払いと支援 ADBO 16141 サブシリーズ11 /。

ウェリントン閲覧室にある戦争史支部のカード目録は、第二次世界大戦とJ-Force(日本)の記録に主題ごとにアクセスするための優れた手段を提供します。

2 NZEFのユニット日記は、ニュージーランドの公式戦争史の資料を提供するために収集されました。これらの日記はユニット名の下にリストされています。 ADQZエージェンシーの説明の第4巻と第5巻のリストを参照してください。

各日記は通常、暦月をカバーしています。いくつかはマイクロフィルムで入手できます。各日記の特定の日付範囲を識別するために、登録室でWAIIカードインデックスを使用する必要がある場合があります。

中東および新東部ユニット日記ADQZ18886はDA1からDA397を記録します

パシフィックユニットダイアリーADQZ18886はDAZ1からDAZ543を記録します

他の資料を含む医療および病院ユニット日記ADQZ18903

第二次世界大戦のサービス要員の墓のための2つのカードインデックス

海外で亡くなった軍人の戦没者墓地指数:埋葬地ごとに整理されていますが、これらの記録には指数があります。 AAAC 17726

亡くなった元軍人の非戦没者墓地指数(アルファベット順)AAAC 21829

その他の関連する記録は次のとおりです。

戦没者墓地(さまざまな形式)ACGO 8398

戦没者墓地、記念碑など。ACGO8333サブシリーズ7 /

戦争年金および戦争退役軍人の申請書、奨学金、葬儀助成金、登録簿など。AADK7916 制限付き。


家族の歴史

国立陸軍博物館は、家族がニュージーランドの退役軍人や軍隊に所属していた家族に関する情報を探して調査できる場所を提供しています。私たちはあなたの発見の旅を始めるための素晴らしい出発点を提供します。

必要に応じて、私たちのスタッフが次の情報を見つけるお手伝いをします:連隊番号、ランク、ユニット、入隊場所、職業、最後のニュージーランドの住所、および近親者の名前と住所。このサービスには5ドルの研究費がかかることに注意してください。サービス要員記録のコピーを要求するときに、この情報が必要になります。

1920年以前のサービス要員の記録についてはArchivesNZに連絡し、1920年以降のすべての記録についてはNZDF PersonnelArchivesに連絡してください。

兵士のサービス記録のコピーを入手したら、推奨される読み物を提供し、兵士が戦った部隊に関連する軍事作戦、移動、キャンペーン、日付、地図などに関するさらなる調査を支援します。 。

海外で積極的な奉仕に乗り出したすべての兵士をリストした名目上のロールも利用できます 名誉のロールメダルロール.

名目上のロール

  • インペリアル
  • ボーア戦争
  • 第一次世界大戦
  • 第二次世界大戦
  • 第二次世界大戦後(韓国、ベトナム、東ティモール)

名誉のロール

  • 第一次世界大戦
  • 第二次世界大戦
  • 韓国
  • マラヤ
  • ベトナム
  • 公式の連隊の歴史には名誉のロールが含まれていることに注意してください

国立陸軍博物館には、すべての軍隊(陸軍、海軍、空軍、商人海軍)に対して独自の名誉があります。 グリーンストーンの涙 博物館内にあります。グリーンストーン記念証明書の涙は購入可能です。

メダルロール

ウェブサイト

第一次世界大戦と第二次世界大戦の名誉:

第二次世界大戦の連隊とキャンペーンの歴史:

その他の便利なサイト

&#8220私たちはそれらを覚えています。あなたの旅はここから始まります。&#8221

ニュージーランドの退役軍人を見つけて、国立陸軍博物館で家族の軍事史を調べましょう。

住所:
コーナー国道1号
とハセットドライブ
ニュージーランド、ワイオウル


第二次世界大戦とその影響、1939-1948

国連総会の最初の会議で合意に署名するスマット将軍。出典:P。Joyce(2000)、Suid-Afrika in die 20ste eeu Kaapstad:Struik、p.107。

1939年9月、第二次世界大戦が勃発しました。南アフリカでは、戦争に参加すべきかどうか、参加する場合はどちらの側で戦うべきかについて人々が分かれていました。南アフリカはまだイギリスの領土でしたが、多くのアフリカーナーはドイツ人に親しみを感じていました。それらの多くはドイツ系であり、イギリスに対するドイツの戦いと同一視されていました。この問題は南アフリカの政治に分裂を引き起こした。その時点で、この国は、J B Mヘルツォークの国民党(NP)とJ Cスマッツの南アフリカ党(SAP)の連合である統一党によって主導されていました。ヘルツォークは南アフリカが第二次世界大戦で中立を維持することを望みましたが、スマットは連合国の側で戦うことを望みました。 Hertzogは国の首相を辞任し、Smutsに引き継がれました。その後、南アフリカは連合国側で戦争に加わり、北アフリカ、エチオピア、マダガスカル、イタリアで大規模な戦闘を行いました。

連立の時、統一党に反対する国民党内のグループがNPから離脱した。彼らは再会した国民党を結成したか ヘレニグデ国民党 (HNP)DFマランが率いる。 Hertzogが1939年に統一党を去ったとき、彼はHNPに加わりました。この党は戦後大きな役割を果たした。

戦後の問題

戦争は南アフリカに大きな社会的および経済的影響を及ぼしました。金と鉱業は依然として国内最大の産業でしたが、戦争とさまざまな物資の必要性の結果として、製造業は大幅に拡大し始めました。製造業、特に黒人男性と白人女性で雇用されている人々の数は、1939年から1945年の間に60%増加しました。

戦争の財政的費用は税金とローンでまかなわれました。戦争努力の費用は約6億ポンドでした。戦争の終わりに、南アフリカは数千人の兵士の帰還の結果として供給不足を経験しました。戦後、与党であるスマット政権下の連合党(UP)は多くの支持を失った。人々はそれが戦後の問題に対処することができないと信じていました。多くの白人は、スマットが黒人と人種差別にどう対処するかについての明確な方針を欠いていると感じました。

抵抗とキャンペーン

南アフリカの1940年代は、政治的および社会的抵抗キャンペーンが特徴でした。これらは、黒人、インディアン、カラードによって主導されました。さまざまなキャンペーンについては以下で説明しますが、言及していません。重要なのは、1943年に開始された非ヨーロッパ統一運動(NEUM)の形成でした。

ANC内の変化とANCYLの形成

アルフレッド・シュマは1940年にANCの新大統領に選出されました©www.anc.org.za

抑圧に直面して、アフリカ民族会議、南アフリカ共産党、労働組織などの解放運動が白人政府に反対して現れたが、その後、疑問が生じた。すべての解放運動は、政府とその抑圧に挑戦するための十分な準備が整っていた。法律?アフリカ民族会議が闘争の主導的役割を果たしたが、それは内部の問題に苦しみ、停滞していた。

しかし、1940年にアルフレッド・シューマ博士がANCの会長に選出され、彼は組織の活性化を始めました。 Xumaは、ANCユースリーグの結成に向けて前進しました。アントンレンベデ、ウォルターシスル、ネルソンマンデラなどの若いメンバーが、アフリカの大多数を自由な土地に届けることを望んでいる場合、党の即時復活を求めました。これらの若いメンバーは、ANCがあまりにも穏健で、政府に異議を唱えるには効果がないと感じていました。からの取り付け圧力の結果として

ANCのこれらの若いメンバーであるコングレスユースリーグは1944年に結成されました。ANCユースリーグはANCに弾みをつけました。ユースリーグは、より積極的なアプローチを採用することを望んでいました。これらの変化は、戦術の変化とアフリカのアイデンティティと要求のより強力な明確化を刺激しました。これは、大西洋憲章に一部触発されたアフリカの権利章典であるANCの1943年のアフリカ人の主張に明らかです。

政府に対する挑戦も、1940年代のANCの女性部門から来ました。 1943年、女性は完全なANCメンバーになることが許可されました。 1948年、ANC Women'sLeagueはIdaMntwanaのリーダーシップの下で結成されました。 ANC Women's Leagueとは別に、Alexandra Women'sCouncilのような他のコミュニティベースの組織が設立されました。

アレクサンダーバスボイコット

1940年代の最初のキャンペーンは、アレクサンドラタウンシップで行われました。アレクサンドラでは、1940年と1944年に2回のバスボイコットがありました。町で運営されているバス会社が運賃を4ペンスから5ペンスに引き上げると脅迫した後、アレクサンドラの住民は指導者の呼びかけに前向きに応えました。これらのボイコットは国の他の地域にも波及しました。

これらの抵抗キャンペーンにはいくつかの理由があります。人々は非常に貧しい社会経済的条件の下で生活していました。アレクサンドラでは失業率と貧困レベルが非常に高く、人々はバス会社が提案した新しい運賃に怒って反応しました。住民は単により高い運賃を買う余裕がなかった。アレクサンドラ人民輸送委員会(APTC)やエバトン人民輸送評議会(EPTC)などの委員会が設立され、バス会社の経営陣と話し合い、キャンペーンを組織しました。これらの委員会とは別に、アフリカ民族会議(ANC)と南アフリカ共産党(CPSA)が動員プロセスにおいて中心的な役割を果たし、これらのキャンペーンの最も著名なリーダーはアレクサンドラCSラマハノエ(ANC)とガウルラデベ(CPSA)でした。とANC)、両方とも輸送委員会に所属していました。

アレクサンドラの通勤者の不満のもう1つの理由は、仕事に行くためのより安価な代替輸送手段が利用できないことでした。彼らは、バス会社の意図は、新しい価格を買う余裕がなかったので、彼らが仕事に行くのを妨げることに等しいと感じました。状況が悪化すると、政府やヨハネスブルグ商工会議所などの他の企業が関与し、状況を改善しようとしました。

これらのキャンペーンは国の他の地域からの支援を受け、2万人以上の人々が抗議の背後に集まった。その結果、バス会社は想定されていた運賃引き上げを実施できませんでした。

1946年のインドの受動的抵抗運動

ナタールインド人会議の議長であるGMナイカー博士は、1946年6月26日のパッシブレジスタンス集会について演説します。©Mayibuye Archives、コピーからスキャン

バスボイコットに続いて、インドのコミュニティは1946年から1948年にかけてパッシブレジスタンスキャンペーンを開始しました。このキャンペーンは、アジアの土地所有権とインド代表法案、後にゲットー法の導入に対応したものでした。法案は、インドのコミュニティの反対にもかかわらず制定されました。ナタールインド人会議とトランスバールインド人会議は、キャンペーンを組織するために受動的抵抗評議会を設立することによって、この傲慢さに反応しました。評議会は、ナタール・インド人会議の議長であるナイカー博士と、トランスバール・インド人会議の議長であるユスフ・ダドゥ博士で構成されていました。

抵抗は、法案が成立してから10日後の1946年6月13日に発足した。このキャンペーンは、国際社会から共感を呼んだ。国際レベルでは、国連は、インドのコミュニティ全体が法や他の同様の抑圧的な法律に反対するためのプラットフォームとして機能しました。多くのアフリカ諸国と南アフリカの解放運動は、このプラットフォームを使用して、アパルトヘイトへの反対を表明しました。その結果、レースは国際的な問題として浮上しました。

1946年のアフリカの鉱山労働者のストライキ

ストライキ中の鉱山労働者1946©MuseumAfrica

The number of African people living in towns nearly doubled in the 1940s, eventually outnumbering White residents. Most of these migrant workers had to live in shantytowns or townships on the outskirts of the cities, and living and working conditions were appalling. Many new trade unions were born during the 1940’s. As a result, workers wanted higher wages and better working conditions. By 1946, there were 119 unions with about 158 000 members demanding to be heard. The African Mineworkers Union (AMWU) went on strike in 1946 and 60 000 men stopped work in demanding higher pay. The police crushed the protest, shooting 12 people dead, but the workers had achieved their purpose in exposing and challenging the system of cheap labour.

State repression and the build up to the 1948 election

In 1947, the Native Representative Council (NRC) demanded the removal of all discriminatory laws. Little did the NRC know that after the 1948 elections, these laws would become even more discriminatory under the policy of Apartheid.

The UP based its 1948 election campaign on a report by the Natives Law or Fagan Commission。 It was appointed in 1947 to look into Pass Laws to control the movement of African people in urban areas.

The Fagan Commission reported that "the trend to urbanisation is irreversible and the Pass Laws should be eased". The Commission said it would be unlikely that black people could be prevented from coming to the cities where there were more jobs. They depended on this to survive as the reserves in the rural areas where they were supposed to live held few options for a livelihood. In other words, total segregation would be impossible. The report did not encourage social or political mingling of races but did suggest that urban labour should be stabilised, as workers were needed for industries and other businesses.

Contrary to this, the HNP felt that complete segregation could be achieved. They encouraged the creation of a migrant labour pool with black people being allowed temporary stays in cities for the purpose of work only. In this way, there would be a cheap labour reservoir for industries without black families actually living in towns. The HNP also supported the existence of political organisations within the African reserves, so long as they had no representation in parliament. Malan called for discriminatory legislation, like the prohibition of mixed marriages, the banning of black trade unions and reserving jobs for white people, further oppressing black people.


コンテンツ

It had long been felt in New Zealand that the four volume 'popular' history of the New Zealand Expeditionary Force after the First World War had not matched the standard set by the Official History of Australia in the War of 1914–1918, edited by Charles Bean. In 1940, with a view to the production of an official history of New Zealand's contributions to the Second World War, an archivist was appointed to the headquarters of the 2nd New Zealand Expeditionary Force (2NZEF) to ensure the preservation of important documentation and records. Ώ] He was joined by Eric McCormick, a published literary and art historian, in 1941. ΐ] After he became aware of the progress made on the Australian official history, McCormick pushed for progress on New Zealand's own efforts in this regard. By 1944, the New Zealand government had decided to appoint an Official Historian who would be Editor-in-Chief of an official history which would not only cover the military contribution to the war effort, but also the efforts of the New Zealand people. &#911&#93

McCormick was recalled to New Zealand from 2NZEF headquarters and appointed Official War Archivist. He set about collecting and cataloging documents necessary for the official history. To produce the official history, an appropriate organisation was required Ώ] and accordingly the War History Branch (later to become the Historical Publications Branch) of the Department of Internal Affairs was established in 1945. McCormick would run the War History Branch until an Editor-in-Chief was appointed. &#913&#93

To head up the War History Branch, Major General Howard Kippenberger was approached in April 1945. A former commander of the 2nd New Zealand Division, he had been identified the previous year by New Zealand's prime minister, Peter Fraser, as being the ideal candidate for the position. Kippenberger, a keen student of military history, was working in England on the repatriation of former prisoners of war to New Zealand when the position was first offered. Although he accepted the offer, he did not return to New Zealand to start work on his new role until mid 1946. Β]


Māori in the First World War

The 1902 Māori Coronation Contingent asked Premier Richard Seddon to present their address to the new king concerning equal rights and the British refusal to allow indigenous troops to fight in South Africa. (Wairoa District Museum, 96/115/83)

This extract from Monty Soutar’s new book Whitiki! Whiti! Whiti! E! Māori in the First World War focuses on the New Zealand that Māori knew when war broke out in 1914. It begins with this edited foreword by the former Governor-General, Sir Jerry Matepaere:

Monty Soutar’s Whitiki! Whiti! Whiti! E! helps to tell the story, and the stories of the men, of the Māori Contingent at Gallipoli and the Māori (Pioneer) Battalion on the Western Front. As the saying goes: “It wasn’t all beer and skittles”, although there was some of that.

In all, 2227 Māori and 458 Pacific Islanders served with the battalion. Of those, 336 men were killed or died overseas, and a further 24 died in New Zealand of injuries sustained during the war.

It is stating the obvious to observe that New Zealand in 1914 was significantly different from contemporary New Zealand — technologically, socially, culturally and attitudinally. Good, sad and appalling things had occurred since the signing of the Treaty of Waitingi in 1840.

When war was declared in August 1914, it was only four months since veterans of the last major battle in the Waikato campaign had gathered at Ōrākau to commemorate its 50th anniversary.

There had been many other battles and transgressions and so, although some iwi were keen to support the momentum of “the Empire to the rescue”, some were opposed to sending their young men to fight in a European war. Nevertheless, there was a groundswell of support, and young Māori men keen to join for the fight enlisted, with the first 500 departing for the Middle East in February 1915.

Coming from warrior traditions, much was expected of the young men. The book traces the experiences of the Māori contingents through Egypt, Malta and Gallipoli to Europe, and finally their homecoming in April 1919.

After the Gallipoli campaign, and with doubts that Māori could sustain a frontline battalion, it was decided that the Māori contingent would be redesignated as a Pioneer battalion. In some quarters, the term “pioneer” has been associated with second-class soldiering. This book shows clearly that that was not the case — three Distinguished Service Orders, nine Military Crosses, four Distinguished Conduct Medals, 29 Military Medals and 39 mentions in despatches attest to that.

From the spine-chilling haka the contingent performed before it went into its first fight below Chunuk Bair in 1915, to the Māori soldier who defied orders and was among the first to enter Le Quesnoy in November 1918, these men set the standard for Māori and Pākehā alike, and especially for their sons and nephews, who would carry their mantle into the Second World War.

This book is part of the First World War Centenary History series produced jointly by Manatū Taonga (the Ministry for Culture and Heritage), Massey University and the New Zealand Defence Force. The publications cover the major campaigns in Europe and the Middle East, New Zealanders’ contributions in the air and at sea, the experiences of soldiers at the front and civilians at home, the Māori war effort, and the war’s impact and legacy.

Monty Soutar’s Whitiki! tells the story of Māori and Pākehā, and of Cook Islanders, Niueans, Fijians, Sāmoans and Tongans, transported to unfamiliar climes and locations. It is a story of elation and despair of candour, evidenced in the words of the men — much of it expressed in their first language, Māori and of their courage, commitment and comradeship. The disdain of Māori women denied the right to fight alongside their menfolk, as they had done in previous wars, is a reminder of different norms in different eras. This book adds much to our knowledge of our place in the world.

GNZM, QSO, Governor-General of New Zealand (2011–2016),

King Te Rata Mahuta, Tupu Taingakawa (the king’s tumuaki/spokesman), Hori Paora, and Mita Karaka in 1914. They left New Zealand in April, witnessed the proclamation of war in London and returned to Auckland in September. (Auckland War Memorial Museum / Tamaki Paenga Hira, GN672-1n18.)

The Outbreak of War

A four-man delegation led by King Te Rata Mahuta of Waikato was in London when the United Kingdom declared war on Germany on 4 August 1914. The party had visited Buckingham Palace to present King George V with a petition asking for the restoration of lands confiscated from Māori.

They were waiting for a ship home when London seemed to go mad. At Charing Cross station they watched women and children crying as trains full of Frenchmen left for home to fight, while in the street below their hotel balcony, 10,000 London Scots volunteers marched to camp. The might of the British Empire and the speed with which it could mobilise its forces was abundantly evident.

Just weeks earlier, few people in the United Kingdom had anticipated war, especially as the British had not been involved in a conflict in Europe since the defeat of Napoleon at Waterloo almost a century earlier.

In New Zealand, there was a feeling that war was possible, but no one expected it so soon. The public learned of it on the afternoon of 5 August. In Parliament, Prime Minister W.F. (Bill) Massey expressed confidence that he could secure “tomorrow … thousands of young fellows of the Native race … anxious to fight for the country and the Empire.”

But was this the case? The internal wars of the 1860s, the subsequent land confiscations and the invasion of Parihaka in 1881 remained fresh in the memories of many Māori. Had the resulting resentments subsided sufficiently for their youth to volunteer enthusiastically?

Trainee Ngāpuhi nurses who travelled long distances on horseback to treat the sick. Their uniforms resembled those of the mounted troopers in South Africa. Descendants of well-known Ngāpuhi chiefs, the nurses are back (left to right): Sgt A. Calkin, Bugler M. Kaire. Front: Sgt-Maj. C. Calkin, Capt. Kingi and Lt G. Waetford.

Life in 1914

Like other New Zealanders, most Māori began 1914 more absorbed with the Auckland Exhibition — a world’s fair held over the summer in the Domain — than with political developments in Europe. Twelve boys of Te Kao Native School captured the headlines when they walked with their headmaster the 325 miles from their Far North village to see the exhibition.

Māori interested in sport were following the progress of the touring Australian cricket team, which played its first game in Hamilton. A smallpox epidemic was still of concern to Māori in Northland and Waikato, where 30 had died — especially as they could only travel by train if issued a pass by the Public Health Department.

Kīngitanga iwi were involved with the annual Māori regatta on the Waikato River that had been combined with the New Zealand rowing championships. They had also become peripherally associated with the commemoration of the fiftieth anniversary of the Battle of Ōrākau, which a Pākehā committee was organising.

Ngāi Te Rangi were working with the Tauranga Borough Council to plan the unveiling of a monument to their rangātira (chief), Rawiri Puhirake. While most Māori Anglicans on the eastern seaboard were focused on the election of a new bishop for the Waiapu diocese, Ngāti Porou were at Papawai mourning the loss of their chief Tuta Nihoniho. Ngāti Huia were preparing to open the whare tīpuna (ancestral house) Tama-te-hura at Ōtaki.

While New Zealand had been elevated from a colony to a dominion of the British Empire in 1907, it was still obliged to follow Britain into war. Its symbols of nationhood — a flag (1902) and a Coat of Arms (1911) — were still relatively new, and patriotic functions usually took place under the Union Jack rather than the Southern Cross.

The currency was British pounds, shillings and pence. Fridges, freezers, dryers and flush toilets were conveniences of the future. There was no junk food or plastic, and cardboard was still a novelty. Most families used firewood to heat their stoves for cooking, while candles or oil lamps illuminated their dwellings at night.

With its suburbs, Auckland had a population of 100,000 and was the country’s main industrial centre and its largest city. The next biggest towns in the northern half of the North Island were Gisborne, with just over 8000 people, and the mining town of Waihi (nearly 6500). Very few Māori lived in these centres the great majority were still rural dwellers.

Since the completion of the Main Trunk Line in 1908, the journey from Wellington to Auckland could be made by train in eighteen hours. Travel beyond the rail network was more arduous. Tar seal was only just beginning to be applied to some roads. The many unbridged rivers and streams were dangerous to ford in wet weather. Vehicles regularly bogged down in mud and suffered frequent punctures.

Travel by sea provided access to the many small bays, but was equally tedious. Where there was no dock or jetty, passengers had to be landed by launches or in surfboats from small coastal steamers. Overland travel in the countryside was on horseback, by horse-drawn coach or on foot. Motor cars were low-powered and expensive — an average five-seater cost about £190 and a two-seater £175, more than many public servants’ annual salaries. “Judging by the great number of these in use,” reported one newspaper of a hui in Ōtaki, “it would appear that the motor is regarded by the Māori as almost a necessity in these go-ahead times.”

Aeroplanes were a novelty in January 1914 Joseph Hammond had become the first person to fly over Auckland city.

Telephones were used mainly by businesses, for local calls only. During the war, “someone in the family would be given the task of walking to the post office to write down the latest war news from the notice board outside”.

Saturday was known as “Rahoroi” (washday) because it took much of the day to handwash and dry linen and clothing. The old method of washing clothes was just beginning to be replaced by portable boilers.

People beyond one’s town or village were contacted by telegram (also known as a cablegram) or handwritten letter.

Every sizeable town had a racecourse, public hall, sports grounds, billiard saloons and hotels. Rugby football, rugby league, cricket, golf, hockey, “soccer” (association football), tennis, bowls, boxing, athletics and woodchopping were all in vogue.

The most popular entertainment was the “pictures”, silent movies screened in theatres, often to the accompaniment of live music played by small orchestras. Affluent households owned gramophones (phonographs) in addition to other trappings of modernity: player pianos, books, comfortable chairs.

Race Relations

Pākehā and Māori had entrenched views of each other that were based largely on perceived racial differences. Pākehā blamed Māori, for example, for spreading smallpox (brought to Northland by a Mormon missionary) during the 1913 outbreak. The press labelled it “the Māori epidemic”, some education boards instructed teachers not to admit “Māori and half-caste children until they can present certificates of successful vaccination”, and the health authorities invoked regulations preventing Māori in the Auckland region from travelling unless they could prove they had been vaccinated.Some restaurant owners went as far as barring Māori from their premises.

For their part, Māori saw the epidemic as a convenient excuse for Pākehā businesspeople to discriminate against them. Māori views were shaped both by decades of inequity and by a strongly developed sense of community in which there was little place for individualism. For many Pākehā, by contrast, individual ownership, rights and duties were foremost.

This Pākehā sense of cultural superiority was derived from the United Kingdom (where more than a quarter of the Pākehā population had been born) and it was also prevalent in the media.

The local press provided an essentially one-eyed view of Māori, often cast as a comic character, and saw little need to reflect Māori opinion. There were few constraints on the free expression of prejudice (sometimes vicious) and bigotry. Alfred Grace’s fictional “Hone Tiki” dialogues are an example of a patronising style of writing that mocked Māori speech.“I come from Kawhia … I come to get t’e money of t’e Gover’ment for t’e piece land t’ey buy from me an’ my brutter.”

While Pākehā thought Māori capable of learning a trade or working the land, most believed them incapable of entering the “learned professions”. This attitude was evident in the Native School curriculum, which beyond basic reading, writing and arithmetic, emphasised manual instruction, personal hygiene and (later) physical education.

Māori concert parties were popular throughout New Zealand. This group, photographed at Wairaka meeting house in 1912, was Whakatane-based. Some of them served overseas during the war.

In 1906, after a royal commission had inquired into Te Aute College for boys, headmaster John Thornton was pressured “to abandon his academic curriculum and adopt a technical one centred on agricultural studies”. When he refused, the Department of Education “curtailed financial scholarships”. To counter Māori objections to a technical curriculum, the Inspector-General of Education said that this would help Māori recognise “the dignity of manual labour”.

And the Inspector of Native Schools “declared that the purpose of Māori education was to prepare Māori for life amongst Māori, not to encourage them to mingle with Europeans in trade and commerce”. Captain Peter Buck (Te Rangi Hiroa) wrote from Egypt during the war that he had seen this prejudice at first hand: “Though living side by side, the Pākehā knows very little about the Māori and in many cases he thinks the Māori has degenerated.”

For more than 50 years “the schooling of Māori had been used as a means of social control and assimilation, and for the establishment of British law”. The reading material in Native Schools in 1914 reflected and reinforced an emphasis on English race and culture while inculcating patriotism. Intellectual development took second place to manual instruction in the curriculum, sowing the seeds of low teacher expectations, undermining traditional Māori knowledge, and developing “resistance, negativity and apathy towards school and education” among Māori pupils and parents alike. The immediate result was fewer career options for Māori, with manual labouring seen as a natural vocation. Such attitudes were entrenched by 1914, a fact reflected by the status given the Māori Contingent.

Although few Pākehā spoke Māori, younger Māori in particular were fluent in English. This worried some parents. “Woe is me,” remarked one mother to her husband in Māori, “our children have knowledge … we cannot share and speak a tongue … we do not understand.” The older members of nearly all North Island iwi conversed in Māori, except when addressing Pākehā.

South Island Māori were less likely to speak their native tongue because they were such a small minority of the population. Because Māori was not taught in schools (where its use had been banned a decade earlier) or universities, the language lacked prestige. Teachers in the Native Schools “were not expected to know Māori and were … discouraged from learning it on the assumption that it would lessen their efficiency in teaching English”.

The tangihanga of the Whanganui leader Takarangi Metekingi in 1915. The procession leaves Putiki Pā for the burial ground. Some Pākehā claimed that such gatherings were nurseries for disease.

A Pākehā entering a Māori community “was very much aware that he was in a world different from his own”. Pākehā often criticised the duration and expense of hui (tribal gatherings), an established Māori institution. The larger and more lavish these were, the greater the mana (prestige) acquired by the hosts. Mana was measured not by what was accumulated but by what was given away.

Using profits to benefit the wider group through hui was not ethically inferior to Pākehā using surpluses to benefit individuals. Moreover, hui enabled Māori to develop public and tribal opinion on topics of common interest, and to publicise projects. It was the hui, not the newspaper, that provided a forum for airing and criticising opinions. Hui also produced some of the country’s ablest orators.

As with Pākehā, Māori incomes varied greatly. Some Māori were well-off, able to buy modern luxuries, while others struggled to afford necessities. Conditions varied widely from settlement to settlement and region to region, and generalising about Māori lifestyles is problematic.

A few whānau, usually those of chiefly bloodlines who had benefited most from the individualisation of land titles, lived in large European-style houses. At the other extreme, especially where raupatu (land confiscation) had occurred, large extended families covering three or four generations were crowded into raupo whare, temporary tin shelters, or one- or two-room wooden huts with leaking walls and roofs, sack-covered windows and earthen floors. Some rural Pākehā lived in similar conditions, but this was uncommon.

Some Māori lived in dark, damp and inadequately ventilated dwellings unfit for habitation. Moreover, there was usually no form of drainage and houses were surrounded by mud and slush in wet weather. More than half of the Māori population did not have a safe water supply, and some broadcast excreta and discarded rubbish on their properties without burying it. Animals such as pigs and fowls were free to roam about and sometimes to enter houses. Nevertheless, 90 per cent of Māori homes were neat and tidy inside, their earthen floors kept scrupulously clean, no matter how dilapidated they appeared from the outside.

Many Māori still grew their own staple crops of kumara and potatoes, and regularly gathered fish, dried shark, koura/crayfish and other shellfish if they were coast-dwellers, and wild pigs, kereru/New Zealand pigeon, tuna/eel and puha/sow thistle if they lived inland. Foraging skills were to prove useful for Māori soldiers overseas. By custom food preparation and cooking was conducted away from the living quarters, either outside or under a separate shelter (kauta).

Māori children, especially girls, generally had a sheltered upbringing. Heeni Wharemaru, who was born in 1912 in a dirt-floor, ponga-walled house in Kamate, described her childhood as idyllic. When her Ngāti Maniapoto parents were not around, her brothers kept her safe.

Most children were also exposed to spirituality, be it Christian, Māori or a combination of both. “In the evenings we sometimes sat and listened to our mum and dad tell stories about kehua, or ghosts,” recalled Heeni, who grew up Methodist. “I can remember quite distinctly my dad being held up by a group of ghosts who were sitting right across the road, blocking his way. He had no choice but to get off his horse and talk to them.”

This extract is from Whitiki! Whiti! Whiti! E! Māori in the First World War written by Monty Soutar and published by Bateman Publishing (RRP: $69.99)

Monty Soutar ONZM (Ngāti Porou, Ngāti Awa, Ngāi Tai, Ngāti Kahungunu) is a senior historian with Manatū Taonga / The Ministry for Culture and Heritage. He was the World War One Historian-in-Residence at the Auckland War Memorial Museum (2014−17), and the author of Nga Tama Toa (David Bateman, 2008), which told the story of C Company of 28 (Māori) Battalion in the Second World War. Monty has been a teacher, soldier and university lecturer and has held a number of appointments on national bodies, including the First World War Centenary Panel and the Waitangi Tribunal. He’s now leading a digital project on Te Tiriti o Waitangi settlements in Aotearoa.

Thank you for reading E-Tangata. If you like our focus on Māori and Pasifika stories, interviews, and commentary, we need your help. Our content takes skill, long hours and hard work. But we're a small team and not-for-profit, so we need the support of our readers to keep going.

If you support our kaupapa and want to see us continue, please consider making a one-off donation or contributing $5 or $10 a month.


Page 5. Changing health, 1945 onwards

In the later 20th century the Māori population continued to increase, especially in the 1950s and 1960s, and increasingly Māori moved from rural to urban areas.

Health conditions

After the Second World War a tuberculosis campaign began to bear fruit among Māori. From the early 1950s decreasing rates of tuberculosis incidence and mortality were recorded, particularly when Māori were immunised against it. In 1964 the Health Department stated that tuberculosis was no longer a significant cause of death among Māori.

Māori infant mortality fell steadily from the late 1940s, although in the early 21st century it was still higher than the non-Māori rate.

Typhoid outbreaks were rare by the 1950s.

Comparisons

In overall health status the Māori population continued to lag behind the non-Māori population. In a 1960 study the Māori mortality rate was still about twice that of non-Māori, with the greatest gap seen in the years of infancy and childhood. Māori were affected more than non-Māori by degenerative conditions such as diabetes, cancer, heart disease and stroke, which had not been much in evidence before. Lessening impact from infectious disease was offset by increasing impact of non-communicable illnesses. High rates of sickness and death from degenerative conditions were still being recorded at the end of the 20th century.

Disparity

Though the gap was closing in the 21st century, clear heath disparities remained. In 2012–14 Māori life expectancy at birth was 6.8 years lower than non-Māori for women and 7.3 years for men. In the 2010s Māori men were almost three times as likely as non-Māori men to die of lung cancer Māori women were over four times as likely as non-Māori women. Māori died from heart disease at more than twice the rate of non-Māori. Māori were twice as likely to have diabetes as non-Māori, and diabetes complication rates were also higher. Despite great improvements, and a significant rise in life expectancy, Māori were still worse affected than non-Māori by almost every known health condition.

Factors in disparity

Continuing disparities between Māori and non-Māori in the areas of employment, income and education were an important factor in health inequalities. Housing conditions played a part too. Lifting the standard of Māori dwellings, especially in rural areas, was a slow process. The official housing programme was faced with the problem of keeping up with the rapid increase in the Māori population, which meant that overcrowding persisted even when large numbers of new houses were built. The problem of substandard housing had not been entirely eliminated.

Māori and the health system

With so many families moving to towns and cities, Māori had better access to health facilities. But barriers of cost and culture were often still present. The government’s public health programmes continued to target Māori communities when distinctive needs were identified, and this had a considerable impact on Māori health status.

Hospitals were fully funded by the government from 1957, removing the perception that Māori did not contribute enough to hospital costs through the local authority rating system. By 1959 the proportion of Māori births occurring in hospital had risen to about 90%, and the figure continued to rise. There have been Māori doctors, nurses and other health workers for more than a century – in greater numbers in the early 21st century. But Māori are still under-represented in the health workforce at all levels.

Attitudes to health

In the second half of the 20th century the government began to take a more bicultural approach to Māori health needs, partly in response to Māori demands for greater involvement in issues concerning their health. The new trend intensified in the 1980s. It included enabling Māori to participate more in the planning and implementation of health programmes, and making greater acknowledgement of distinctive Māori values and practices in the health area.

Te Hui Whakaoranga (the Maori Health Planning Workshop) held in Auckland in 1984 was a landmark in this change. Soon marae-based health schemes and other Māori health providers began to emerge, offering medical care ‘by Māori, for Māori’. The government publicly committed itself to ending the disparities between Māori and non-Māori health.

Traditional medicine

Māori still retained many of their traditional ideas about health. Officials in the health sector gradually developed a greater understanding of Māori approaches to health and sickness, and government policies showed a greater acceptance of these approaches and their value for health care. Tohunga still practised in many Māori communities, and Pākehā were increasingly willing to view their work more positively. The Tohunga Suppression Act was repealed in 1962. Twenty years later the health authorities began to show a willingness to accept traditional healing practices as complementary to Western medicine, and even to recognise tohunga and incorporate their work into the mainstream health system.


兵器

The battle begins with the Shaolin Monk training in a field when he hears someone making loud noises. He investigates and finds the Māori Warrior performing his "Ka Mate" haka. The Shaolin Monk watches as the Māori Warrior dances in front of him. The Māori Warrior then sticks his tongue out at him, which means that he is going to eat him. The Shaolin Monk slowly walks up to the Māori, which prompts him to raise his Stingray Spear in defense. The Monk calmly bows to him, but the Māori only responds by charging at him and wildly swinging his spear.

The monk swiftly moves and does back-flips to dodge the Māori's thrusts. The Māori Warrior sticks his tongue out at the Shaolin Monk again, but the Monk remains calm as he pulls out a meteor hammer and begins to swing it around. He tries to bend it around his leg and strike the Māori, but the Stingray Spear intercepts the blow. The Māori Warrior prepares to swing the Stingray Spear again, but the Shaolin Monk swings the meteor hammer and wraps it around the spear. The two pull on the rope to gain control of the Stingray Spear. The Māori then angrily throws the Spear, causing the Monk to fall back. The Monk quickly back-flips to keep his balance and remain standing. He makes a run for the trees, forcing the Māori to give chase.

The Shaolin Monk finds his Twin Hooks and Staff behind a tree and picks them up before resuming his escape. He eventually stops and turns to fight the Māori Warrior, who is now armed with his Taiaha. He quickly pulls out his Whip Chain and begins to swing it at the Māori Warrior. The Māori blocks the blows before the Shaolin Monk charges at him and swings fiercely. The Māori Warrior jumps out of the way and watches the Monk drop to the floor. He tries to close in with his Taiaha, but the Monk swings the Whip Chain above him and keeps the Māori at bay. Eventually, he bounces his body into the air briefly and swings the chain under him. He wraps it around the Māori Warrior's Taiaha and pulls at it. The Māori manages to hold on to his weapon, but the distraction allows the Monk to get back up. The Māori thrusts his Taiaha, but the Monk easily slides under it and runs to his Staff and Twin Hooks. The Māori Warrior runs after the Monk, chasing him to a more open field. Eventually, the Shaolin Monk throws his Twin Hooks to the ground and springs into a fighting stance with his Staff. The Māori watches as the Shaolin Monk begins to twirl his Staff around. The two begin to swing their weapon at the other, continuously blocking each other's blows.

Eventually, the Taiaha breaks the Shaolin Monk's Staff, leaving the Monk without a weapon. The Monk slowly backs up, and the Māori begins to fiercely attack him. The Monk tries to dodge the Taiaha, but eventually gets hit. The Māori Warrior tries to sweep the Shaolin Monk off his feet, but the Monk flips into the air and avoids the blow. The Monk picks up his Twin Hooks, and readies himself as the Māori tries to attack again. He effortlessly blocks the Taiaha before hooking it and pulling it from the Māori Warrior's hands. The Māori tries to come at him, but the Monk links the Twin Hooks together and swings it, cutting into the Māori's stomach. The Māori becomes infuriated and charges at the Shaolin Monk, sending him to the floor. The Shaolin Monk kicks him away and quickly jumps back up.

The Monk pulls out his Emei Piercers, and the Māori grabs his Shark Tooth and Mere Clubs. The Māori tries to frantically swings at the Monk, who grabs his arm and pulls the Mere Club from his hand. The Māori Warrior swings his Shark Tooth Club and hits the Monk. The Monk quickly spins one of his Emei Piercers, distracting the Māori for a second and allowing the Monk to punch him in the gut. The Monk tries to stab the Māori, but is blocked by the Shark Tooth Club. He spins around and elbows the Māori, causing him to flinch. The Monk then grabs both of his Emei Piercers and stabs him in both the neck and temple. He pulls out his Piercers and watches the Māori fall to the floor. The raises his hand in the peace sign, then the Monk proceeds to bow his head at the deceased Māori Warrior.


ビデオを見る: מלחמת עולם משבר כלכלי


コメント:

  1. Iasion

    私はまだ何も聞こえません

  2. Hrapenly

    あなたにとって興味のある主題に関する膨大な数の記事を備えたサイトのリンクを探すことができます。

  3. Mago

    私は同意します、素晴らしい情報

  4. Fenrinos

    何かがあります。それは良い考えだと思います。

  5. Tobrecan

    これには何かがあります。情報をありがとう、私は以前は違った考え方をしていました。

  6. Daly

    これには何かがあります。説明をありがとう、私は違った考え方でした。



メッセージを書く