オーグリムの戦い、1691年7月12日

オーグリムの戦い、1691年7月12日

アイルランド旅団1670-1745–フランス軍の野生のガチョウDPグラハム。野生のガチョウを形成し続けたアイルランド軍の優れた歴史、追放されたアイルランド軍はフランスのために戦った。ジェームズ2世がイギリスから追放された後、アイルランド軍がジェームズ2世のために直接戦っていた、1678年から81年にかけてのアイルランドのウィリアマイト戦争を見ると、最高の状態でした。試験法により、ほとんどのカトリック教徒はイギリス軍に加わることができませんでした(レビュー全文を読む)


オーグリムを偲んで、1691年7月21日

N6は、アイルランドで最も頻繁に使用されている道路の1つです。これは、アイルランドの西部と東部を結ぶ主要道路であるため、それほど驚くことではありません。近年、LoughreaとBallinasloeの間の道路は、事故の危険地帯として不幸な評判を得ています。最も危険な5マイルには最高速度制限が設定されており、このゾーンを通過するドライバーは絶対に禁止されています。

バリナスローから約6kmのこのスピードゾーンの終わりに近づくと、道路の脇に、投げられた剣と日付1691を特徴とする、小さな独特の標識がいくつかあり、の村に到着したことを知らせます。オーグリム。

今日のオーグリムは、片側がしゃがんだカトリック教会、反対側がアイルランド教会の礼拝所のそびえ立つ尖塔に支配された、数少ないパブやショップに過ぎません。プロテスタント教会の向かいに城がありました。 1691年でも廃墟でしたが、今ではその存在を示唆するのに十分なものはほとんどありません。ゴツゴツした草で覆われたマウンドと数ビットの形のない石積みです。

実際、1691年7月22日の午後遅くにこれらの野原と丘で起こった血なまぐさい紛争の性質や規模を示すものはほとんどありません。オランダの将軍ギンクルと、フランスの将軍が率いるアイルランドの将軍、マーキス・セント・ルースは、カトリックアイルランドの未来を決定するために戦いました。敗者は圧倒的にアイルランド軍であり、皇位簒のスチュアート王ジェームズ2世の大義のために戦いましたが、3年間の戦争のその段階までに、実際には政治的および宗教的自由のために戦いました。古いアイルランドの人口。勝者は、イギリス、プロテスタントのアングロ、アイルランド、オランダ、フランスのヒューグノット、デンマークの連隊で構成されたイギリス軍で、ジェームズ2世の娘メアリーのオランダ人夫であるオレンジ王子ウィリアム王子のために戦った。

この島の誰もが「行進の季節」が何を意味するのか、そしてそれらすべての行進の足とバンドが何を意味するのかを知っています。デリー包囲戦とボイン川の戦い、カトリックジェームズ2世に対する&#39キングビリー&#39の勝利:次の200年間のアイルランドの歴史を決定する重大な出来事。

しかし、アイルランドの主要な軍事史家の1人である故GA Hayes&mdashMcCoyが、オーグリムの戦いに関する記事で指摘したように、「3つのアイルランドの戦いは、その結果が国の歴史に決定的な影響を与えたという点で非常に重要です。 、クロンターフ、キンセール、オーグリム。いずれの場合も、敗者は勝利する可能性が高く、それぞれ異なる結果がその後の歴史を変えたに違いありません。」

Hayes&mdashMcCoyは、次のように結論付けています。&quot Aughrimであり、Boyneではありません。ジャコバイト戦争の決定的な対立です」、1689年&mdash 1691年。

多くの価値のあるイニシアチブ、特に地元の歴史に関係するイニシアチブのように、たとえば、コロフィンヘリテージアンドジェネアロジカルセンターの背後にある指導精神であるナオワーズクリアリーについて考えると、オーグリム解釈センターは、地元のオーグリム教師であるマーティンジョイスの夢の実現でした。

老人がまだ戦いについての話や地元の伝統を語る父親や祖父を思い出すことができる地域に住んでいます。そこでは、マスケット銃のボール、さびた、壊れた剣、制服のボタンに出くわすことができました、マーティン・ジョイスは、引退後、彼を捧げました可能であれば、民間伝承を認証し、それを私たちに降りかかった戦いのいくつかの現代的な説明と調和させるための時間とエネルギー。

幸いなことに、マーティン・ジョイスは彼の夢が叶うのを見るのに十分な長さで生きました。 1991年にオープンしたオーグリム解釈センターの戦い:オーグリム遺産委員会、アイルランド西部観光局、ゴールウェイ郡評議会の間のユニークな協力の結果。

イースターから9月まで毎日午前10時から午後6時まで営業しているオーグリムセンターでは、何世紀も前にこれらの分野で何が起こったのかを驚くほど鮮やかに説明しています。戦場から集められた多くの遺物や3次元のディスプレイだけでなく、戦いの過程と3年間のジャコバイト戦争の文脈におけるその重要性の両方を説明する素晴らしい30分ドキュメンタリー映画もあります。

オーグリムセンターは素晴らしいですが、1691年にここで何が起こったのかを感じる本当の方法は、戦闘中に特定の交戦の場所にあなたを導く村とその周辺に設置された標識に従うことです。

たとえば、セントルースがキルコマダンの丘を彼の軍隊を配置した場所として選ぶことの戦略的重要性についてすべて読むことができますが、実際には、実際の丘の最も高い地点に立って、見渡すときだけです。ギンケルが部隊を配置したアーラリーヒルで、キルコマダンヒルから2つの軍隊の間のまだ沼地に急降下したことに注目すると、戦闘がどのように行われたかがわかり始めます。

2つの軍隊は、歩兵連隊と騎兵連隊、および重機関銃で、ほぼ均等に一致していました。しかし、アイルランド軍の士気は、6月30日にアスローンの重要な町が失われ、その後、戦争はほとんどギンケルが勝利したと考えて多くの人が見捨てられたディフェンダーの敗走によってひどく動揺していました。アスローンを失ったことで、ゴールウェイとリムリックだけがアイルランドの手に渡った。

パトリック・サースフィールドが率いるアイルランドの司令官は、セントルースへの信頼を失ったオーグリムでの戦いを望んでいませんでした。彼らは、ゴールウェイとリムリックの城壁に囲まれた町を強化することがアイルランド軍の利益になると信じていました。 、そしてキャンペーンシーズンが秋に終わるまで持ちこたえます。サースフィールドは、5か月から6か月の呼吸スペースがあり、フランス軍が到着したことで、新年に主導権を握ることができたと感じました。

しかし、セントルースはアスローンの喪失から頭を悩ませていました。この喪失は主に彼の自己満足と貧弱な軍事計画によるものでした。彼は、彼の主人であるルイ14世が最新のニュースに満足しないことを知っていました。戦いと勝利は、彼自身の評判を引き換える方法でした。

そして、オーグリム周辺の田園地帯を見たとき、彼は、彼に有利な風景のすべての自然の利点を備えた、戦いを戦うためのほぼ完璧な場所を見つけたことに気づきました。

(オーグリムの戦いの日付は、7月22日ではなく7月12日として古い歴史的作品に記載されることがあります。ヨーロッパの他の地域では、1582年に古くて精度の低いユリウス暦の代わりに改革されたグレゴリアン暦が採用されたと説明されています。その年、10月5日の直後に10月15日が続き、10日間のギャップは、初期の天文計算の誤りのためにユリウス暦で徐々に発生した約10日間の不一致を補うためでした。 1990年代は、18世紀に改革されたカレンダーのみを採用しました。)

7月12日は暑く、前の数日間は泥だらけの雷雨が国を襲い、軍隊を分割していた沼地はさらに湿り、横断するのがより困難になりました。戦いはようやく夕方5時頃に始まり、9時頃には終わりました。 9,000人の男性が戦場に散らばって死んでいた。

しかし、ウェリントン公爵がワーテルローの戦いについて言っていたように、「近くのこと」でした。ある段階では、セントルースが勝利するように見えました。彼は叫び声を聞いた、「彼らは殴られた、私たちは彼らを目的に合わせて殴りましょう!」

しかし、一連の災害により、イギリス騎兵隊が重要な狭い土手道を横切って勇敢でほとんど馬鹿げた容疑をかけ始め、ジャコバイト騎兵隊がこの位置から悲惨な形で撤退し、中心部を強化しました。信じられないほどの不運です。騎兵隊を見下ろす城のジャコバイト擁護者の、彼らの交換用の砲弾が彼らの銃にとって間違ったサイズであり、決定的な瞬間に撃たれた大砲からのセントルース自身の死を発見しました-そして強いアイルランドの線が崩れました、そして、アイルランドの兵士が彼らの銃を投げて、彼らの命のために走ったとき、戦いであったものは虐殺になりました。

サースフィールドは後退をラウレアに導き、そこからアイルランド軍をリムリックに導いた。ゴールウェイはオーグリムの10日後に降伏した。リムリックは1か月後に降伏しました。二人の王の戦争は終わった:数年後に続いたのは厳しい刑法であった。

オーグリムに関しては、小さな村のいたるところに、親戚が主張したものを除いて、死んだアイルランドの兵士の死体が腐っていた。後の旅行者は、オオカミが肉を食べてその地域に戻ったと報告しました。

1691年7月21日はアイルランドの歴史の中でひどい日でした。しかし、それはまた、ほぼ完全にアイルランド人であった軍隊がその国の独立のために勇敢にそして死ぬまで戦った日でもありました。アイルランドの最高司令官であるパトリック・サースフィールドは、敵からも高く評価されており、今でも数少ない本物のアイルランドの英雄の1人です。彼が率いた数千人の兵士と一緒に、サースフィールドは&#39ワイルドガチョウ&#39に加わり、アイルランドの連隊がフランス軍の一部となったヨーロッパに行きました。 1693年7月29日、サースフィールドとルイ14世軍のアイルランド連隊は、ランデンの戦いでウィリアム王が指揮したイギリス軍を打ち負かしました。

その後、数人の目撃者がサースフィールドの勇気を証言しました。

「フランス軍の援軍がようやく村に侵入し、村を通り抜けたとき、彼らの進路をたどる支援騎兵隊が村の北に伸びる平原に到達したとき、サースフィールドは胸の弾丸に打たれた。」

トーマス・デイビスによれば、彼が死にかけているとき、彼は「ああ!これはアイルランドのためだった」

オーグリムは彼の記念碑であり、アイルランドのために亡くなった多くの勇敢な男性の記念碑です。


ビリー王と他の7月12日の勝利:虐殺のオーグリム

不思議なことに、7月12日に2つのウィリアマイトの勝利がオレンジマンによって祝われます:AughrimとBoyne、1795年まで、後者の戦いは7月1日にまだ祝われていましたが、1752年のカレンダーの変更により12日になりました。ボイン川の戦いの元の古いカレンダーの日付。

有名なボイン川の戦いは、オーグリムでの屈辱的な虐殺によってほとんどの点で矮小化されていますが、アイルランドの歴史と政治において非常に象徴的な重みを持っています。全体として、このような戦闘での死傷者数は非常に少なく、約2,000人が死亡し、そのうち1,500人がカトリックのジャコバイトであり、オーグリムと同じ割合でした。

どちらの戦闘も勝利後の残虐行為を多く含んでいましたが、ボイン川でのこの規模はオーグリムの規模を超えて薄れ、当時の戦闘で多くの死傷者が出たため、それほど悪くはありませんでした。殴られた敵。ウィリアム人は戦いの2日後に勝ち誇ってダブリンに行進しましたが、ジェームズは卑劣な敏捷性でフランスにすくいました。

1691年7月12日のオーグリムの戦いは、間違いなくアイルランドの土壌でこれまでに記録された中で最も血なまぐさいものであり、1日で4,000人以上の死者が出ており、そのうち少なくとも3,000人はジャコバイトでしたが、さらに数千人が見捨てられたか、捕虜になりました。今日まで、戦場の1つのエリアは地元では「ブラッディホロウ」として知られており、アイルランド語の伝統では、オーグリムは「Eachdhruimanáir」(虐殺のオーグリム)として知られるようになりました。オーグリムはボイン川よりもはるかに血まみれで、痛みを伴い、道徳的に屈辱的でした。なぜなら、それは名誉ある和解、あるいは(振り返ってみると)アイルランドのカトリック統治の最後の本当の希望を持っていたからです。

両軍の数は約2万人で、セントルースの下のジャコバイトは主にアイルランドのカトリック教徒でした。一方、ウィリアム人のオランダの将軍であるゴダートヴァンギンケルは、フランスのユグノーとともに、アイルランド、英語、スコットランド、デンマーク、ドイツ、オランダのプロテスタントの軍隊を指揮しました。 1691年夏のジャコバイトの立場は、フランスのルイ14世から軍事援助を受け、最終的にアイルランドの他の地域を奪還する立場になることを望んでいたため、防御的な立場でしたが、これは現実的な希望ではなかったと主張する人もいます。 。

ジャコバイトの位置の左側は、湿った湿った地面に囲まれていました。そこから土手道は1つしかなく、オーグリム村、廃墟の城、小さな石の壁と生け垣が並ぶ丘から見下ろされ、地元の農民の畑の境界を示していました。一方、開いた側面のセントルースは、最高の歩兵を2番目の指揮官の下に置き、騎兵隊のほとんどを、その日は区別しなかったパトリックサースフィールドの下に置きました。これにより、ジンケルはジャコバイト左の土手道を強制的に通過する必要がありました。これは、攻撃者を城の守備隊によって覆われた狭い車線に押し込んだため、難攻不落の位置であったはずです。

ジャコバイトは城からの激しい火でこの攻撃を正当に失速させましたが、悲劇的なことに、イギリス製の予備の弾薬がフランス製のマスケット銃の銃口に収まらないことがわかりました!したがって、ウィリアム人が適度に新鮮な騎兵連隊で再び突撃したとき、彼らは弱い銃撃戦に直面し、容易に土手道を渡り、ほとんど犠牲者を出さずにオーグリム村に到着した。

セントルースは、3回目の歩兵がウィリアム人の陣地に突入した後、勝利のために戦いがあったと信じていましたが、砲弾による斬首と2番目の指揮官である騎兵隊の失踪に続いて、一般的な混乱によって意気消沈しました。彼らのリーダーの突然の死は、左側面の戦場から逃げました。この側面をカバーするために予備として保持されていた、Luttrellの下の右側のジャコバイト騎兵隊は、不可解にも、この時点で反撃するのではなく、実際に撤退するように命じられ、多くの人が彼がしばらくしてダブリンで暗殺されたときに彼が高額の支払いをしたウィリアム人。城はすぐに倒れ、ジャコバイトの駐屯軍は降伏し、状況が絶望的であると判断して数千人が夕暮れの脅威として逃げ始めましたが、ウィリアム人の騎兵隊にとっては簡単な肉でした。より速く実行します。

食肉処理と屈辱
現代の記述は、草が血で滑りやすく、「膨大な数の衰弱した形が山に命を落とし、虫に腐食された」と述べています。イギリスの作家ジョン・ダントンによると、7年後の1698年に書いたジャコバイトの死者は、数え切れないほどの飢饉の犠牲者のように、埋葬を奪われたということも注目に値します。伝統的な鋭敏で高度に体系化された葬儀を排除しました:

「戦いの後、イギリス軍は死者を埋葬するのではなく、自分たちの死者を葬り、敵の人々を空中の鳥にさらしたままにしました。国は無人だったので、彼らを介入させる手がありませんでした。多くの犬がこのアセルダマに頼り、そこで他の食べ物を求めて人間の肉を食べました。」彼の暗い描写は、1845-52年の壊滅的な飢饉の喪失の後に当たり前になることであり、ジョイスの死者に浸透する喪失感、恥、不安の背後で斜めに見分けられるかもしれません。

その後、1691年7月12日、オーグリムの野原で大規模な虐殺が行われ、最高司令部の半分が死亡または占領され、その結果、土地が大規模に移転され、アイルランドでのアイルランド/ヤコバイトの抵抗に効果的な終止符が打たれました。その秋まで持ちこたえました。 (リムリックは、オーグリムのように、私たちの3つの最大のパイプの嘆きの1つである「MarbhnaLuimnighe」に影響を与えました。)

オーグリムを偲んで
現在、ドミニクブライアンは、ウィリアム人の記念に単純な意味を割り当てることには注意する必要があると正しく主張していますが、オーグリムの直後の18世紀のダブリンでのそのような血なまぐさい敗北のお祝いは、カトリック教徒や民族主義者によって恥ずかしがらず、傲慢な展示として見られたに違いありません。自分たちの街の中心で年に2回彼らの屈辱を強めた征服の。

ダブリンでのウィリアム人の焚き火とパレードは、1690年から19世紀初頭まで、州によって部分的に組織されました。オレンジオーダーは、1795年の結成直後にウィリアム人の儀式を流用し、より反動的な政治を提案しました。プログラムを作成し、より分裂的な形のお祝いを開始します。しかし、世紀が進むにつれ、オーダーは政府と主要な記念の両方と非常にチェックされた複雑な関係を持つことになりました。特に1870年代以前は、アイルランドのグランドオレンジロッジは行列に非常に敵対的であり、より受動的なウィリアム人を支持していました。毎年恒例のディナーなどのお祝い。

アイルランドでのウィリアマイト戦争の決定的な戦いとアイルランドのカトリックの抵抗の勝利の崩壊を示したので、オーグリムは、ウィリアムの誕生日である7月12日と11月4日、特にダブリンで、アイルランドでのウィリアマイトのお祝いの焦点となりました。 、市長が「The Quality」の集会を主宰し、プロヴォストとトリニティのフェローを含むすべての主要な高官が、ジョイスの死者のように、ウィリアムの像の3つの包囲を含む行列と儀式に参加したとき、焚き火、音楽、ごちそう、クラレットが続きます。それなら、1855年に取り替えられたものの、1836年に最後の成功した像の前に、像を汚したり破壊したりする多くの試みが行われたのも不思議ではありません。

馬に乗ったこの巨大で非常に帝国的なウィリアムの像は、ダブリンコーポレーションの費用で、オーグリムでの壊滅的な大虐殺からちょうど10年後、市内で最も有名な場所に建てられました。 1795年以降、ほとんどの普通のオレンジマンの主な焦点は戦いでしたが、精巧な儀式の展示が行われました。これらの機会に、ウィリアムの像は白く塗られ、黄色のマントで飾られ、馬はオレンジ色のユリとリボンで飾られ、周囲の手すりはオレンジと青で塗られました。そしてブーツを入れるために、緑と白のナショナルカラーのシャムロックとリボンが馬の隆起した足の下に置かれ、ナショナリストに石投げと暴動で報復するように促し、一部のトリニティの学生は彫像のセプターを盗んでそれを塗りつけました泥やタールが頻繁に発生するため、監視員はそれを保護するために従事していました。

19世紀のアイルランドの政治におけるオレンジ主義と「12番目」
1800年以降、ウィリアム人の祝賀会の物語は、19世紀のアイルランドの政治におけるオレンジストランドの台頭から解き放たれるのは困難です。 1795年にオレンジオーダーが設立されてから20年後の1815年に、オコンネルはダブリン市の弱さ、汚職、オレンジ政治を非難する激しいエネルギーを解き放ち始めました。そして、その成長する強さは、1823年のミュンスターのツアー中にトーマス・ムーアによって指摘されましたが、オレンジ主義の真の力はベルファスト、アルス​​ター、ダブリンにあるように見えます。

アイルランドの首都の中心部で2世紀にわたってこのような挑発的なウィリアム人の記念の歴史と成功を追跡するとき、ペイルを別のアイルランド、1700年から1900年のダブリンを事実上英国の精神の都市と見なすことは困難です。おそらくそれが、散発的な国民主義の抗議と反対活動が95年間にわたって容易に封じ込められ、これらの公式に支持されたウィリアム人の祝賀会が無力で意気消沈し、屈辱的で、貪欲な人々。

何百人ものカトリック教徒が家から追放された1796年のように、新しい12回目の祝賀会は非常に厄介な出来事になる可能性がありますが、数年前でもカトリックの忍耐力は薄れており、誰かにとってさえ、征服の勝利のリマインダーとしてますます憤慨していました。リベラルなプロテスタントであるウィリアム・パーネルのように、彼らは「一方の党によって悪名高く意図され、他方の党によって侮辱的な支配のパレードとして感じられた」と主張した。たとえば、1791年、ダブリンのカトリック協会は、すべてのプロテスタントが投票して武装する権利に正式に抗議しました。ボンデージ。」プロテスタントの不安にもかかわらず、アイルランドのカトリック教徒は1793年にこれらの権利を与えられ、したがって完全な政治的平等を要求するように大胆になりましたが、強力な利益はさらなる譲歩に反対しました。

1797年、アルスター中部の紳士は、ウィリアム人時代にまで遡る軍事的伝統の一環として、通常のオレンジマンに、現在はユナイテッドアイリッシュマンの同盟国であるディフェンダーとの衝突を見るよう積極的に奨励したとき、武道の伝統を強化するのに役立ちました。 '98年の台頭後、反乱中の事件がカトリック教徒がプロテスタントを根絶することを目的としていたという告発を促し、ダブリン城がオレンジマンの部分的な武装をしぶしぶ許可したため、カトリック教徒は特別な脅威をもたらすと認識されました。

ナポレオンの脅威やその他の戦略的考慮事項に関連するこれらの恐れにより、最終的に英国政府は1800年に合同法を可決しました。これにより、ジョナバリントン卿は、イングランドが連合を廃止する準備ができていない限り、アイルランドを統治することしかできないと主張しました。 「物理的な武器の力と一時的な征服の権利によって」。

オーグリムを偲んで

もちろん、オーグリムとボインは、有名な、かき混ぜる、アルスターの行進曲であるサッシュ・マイ・ファーザー・ウェアによってオレンジの記憶に前景が刻まれ、刻まれています。

「古いですが、美しく、色もきれいです。
デリー、オーグリム、エニスキリン、ボインで着用されました。
私の父は昔の昔の若者としてそれを着ていました、
そして12日には、父が着ていたサッシを着るのが大好きです。」

しかし、ウィリアマイトの勝利と喪失と虐殺の規模は、オーグリムの物語の半分に過ぎません。精神的および文化的な傷はさらに大きく、明確にするのがはるかに困難だったに違いありません。それなら、非常に多くの詩人やミュージシャンがこの違反に踏み込んだのも不思議ではありません。ほとんどの場合、ミュンスターのレディ・グレゴリーによると!確かに、現代のオリエルの詩人、そしておそらくハーパーのセアマス・ダル・マック・クアルタが、恐らくリチャード・マーフィーのプロテスタントに、オーグリムの後に土地を失った後援者、ソーリー・マクドネルのために、悲惨で計画的な嘆き、トゥイレッド・ショムヘアル・ミック・ドムネイルを書くのにかかった祖先。北アイルランドの原稿に出没するこの詩では、マッククアルタはカトリックアイルランドのためにその災難の深さを掘り下げ、飢饉の死者のように風にまき散らされた棺のないスケルトン、戦場の周りに横たわっている彼らの骨を呼び起こしました。 、白い羊の放牧のように、オーグリムの上の丘から見ています。

しかし、私がここで知っている最も強力で悲痛な哀歌は、フランシス・マクピークが1903年頃に古いゴールウェイのイリアン・パイプスから学び、ジョイスがいたかもしれない1912年にオイリーチャタスで演奏したオーグリムの嘆きです。その同じ年、ダブリン市民の出版の2年前に、ジョイスはゴールウェイのパイパーが同じ嘆きであったかもしれない「漠然とした奇妙な」音楽を演奏するのを聞いたと報告します。

オーグリムの戦いのマルバニーの絵
1691年以降、多くの年代記者は、この戦いが「アイルランドの意識に灼熱の印象を与えた」と報告しました。1882年になってからも、シカゴのアイルランドクラブは忘れず、強力な共和党員のジョン・ムルバニーにオーグリムの戦いを描くよう依頼しました。 1885年に完成した。アイルランドの秘密社会の生涯のメンバーであるムルバニーは、イギリスからの脱却を目指していたが、1885年のフェニアンの数日前に、彼の絵の具のユニフォームを研究している間、イギリス当局による投獄をかろうじて逃れた。ダイナマイトキャンペーン!

リチャードマーフィーのオーグリムの戦い
リチャード・マーフィーの強力な長い詩、オーグリムの戦いが出版された1968年にさえ、彼の先祖がそこで両側で戦っていたので、オーグリムの記憶はまだ彼にとって非常に生きた問題でした、彼のプロテスタントの先祖は寛大に報われました70,000エーカーのアイルランドの土地での彼らの支援に対して。マーフィーは、双方の視点を想像することにより、この恐ろしい血の風呂を利用して、彼自身のアイデンティティの複雑さ、彼の分裂した精神を探求し、「イギリスとアイルランドの間の、ほぼ完全に英語の教育の間の心の分裂を明確にすることを目指しました。 、英国の心とアイルランドの感情」と「過去の宗教紛争が何を意味し、過去がまだ私たちにどのように影響を与えているか」を理解すること。彼は、現代のアイルランドの政治における歴史の継続的な存在を非常に認識していました。彼がそれを詩に書いているように、「過去は今日起こっている」。そして、皮肉なことに、歴史の繰り返しは、血の日曜日事件の恥ずべきウィジェリー報告書で再び制定されることになっていました。

最近では、ロイ・フォスターやパドレイグ・レニハンなどの歴史家にオーグリムを覚えてもらうことができて幸運です。オーグリムは「アイルランドの歴史の中で最も血なまぐさい戦い…宗教的および政治的分裂の両側でアイルランドの記憶に焼き付けられた血の風呂」と呼ばれています。 、「オーグリムでの喪失を悼むアイルランド語文学の豊富な集団」を生む。

オーグリムを覚えていない
アイルランドの記憶と想像力の中で少なくとも1世紀の間、オーグリムは屈辱、耐え難い命の喪失、プライド、そして国家の運命の支配への希望さえも擁護していました。それでは、なぜそれはプロテスタントの主な記念の焦点としてボインによって19世紀に徐々に追放されたのですか?そして、なぜそのような壊滅的な損失がこれほど長い間記憶喪失の溝に陥ったのですか?結局のところ、オーグリムを覚えていないことは、スコットランド人がカロデンを覚えていないことと同じくらい考えられないはずです。 (米国では、ジョイスの死者の上に浮かぶ飢餓と凍てつく雪によるドナー隊の39人の魂の喪失は、シャイニングだけでなく、毎年数十万人に記憶されています!)

ジョイスは、オーグリムを思い出さないための特別な才能を持っていたようで、グレゴリー夫人の詩人と夢想家(1903)の彼のささいな、実際には専門的でないレビューから、そしてガブリエルがジョニー、長い死んだモーカンの物語を制定するデッドのシーケンスから判断します家族の馬、オーグリムのフロイトのスクリーンの記憶であると私が信じているもの。 1900-03年頃、イェイツ、特にレディグレゴリーの両方が戦いに取り組み、たとえば、ゴールウェイの田舎の人々の間でオーグリムの生の傷がまだ化膿していることを発見したことを考えると、これは特に奇妙です。では、なぜジョイスは、イベントに関する彼らの書物を知っていたとしても、彼らの証言に目をつぶることができるのだろうか。

そして、2009年に戦場を通過する高速道路が開通したことから、歴史家、環境保護主義者、オレンジオーダーのメンバーの反対に反対して、オーグリムの記憶を失ったことは今も続いています。この深く不安な、確かに暴力的な行動は、ここの文化的記憶がついにマモンによって殺害されたことを私に示唆しています。深刻な国家的トラウマのこの強力な記念碑は今や永遠に埋葬され、運命の場所を示す単純なケルト十字と交換されています。

このオーグリムの最近の記憶喪失は、アイルランドの精神にどのような影響を与えるのだろうか。歴史を忘れることは危険な戦略であり、解離、行動化、そして無意識の繰り返しにつながります。


オーグリムでの別の災害?

アイルランドの歴史における最後の通常の戦いは、1691年7月12日日曜日にゴールウェイのオーグリムで行われた。フランス中将の指揮下にある2万人の強力なアイルランドのジャコバイト軍。セントルースは、オーグリム村から尾根に沿って1.5マイルにわたって広がる防御的な位置を占めていました。反対側の北東またはバリナスローでは、それらを隔てていた通行不能な沼地の側は、オランダの将軍ギンケルによってオレンジのウィリアム王に命じられた、同様のサイズであるが設備の整った軍隊でした。彼は3つのアルスター大隊とイギリス、オランダ、デンマーク、フランスからの大規模な派遣団を持っていました。
双方は途方もない勇気を示し、その日の遅くまで、最も重い犠牲者は攻撃力によって苦しめられました。約5時間の戦闘の後、そのほとんどはアイルランド軍の両端で発生しましたが、ギンケル軍の一部は、オーグリム村の近くの狭いトーチャーまたは土手道に沿って、沼の横に2列に並んだ騎兵隊を獲得することに成功しました。アイルランドの左翼が占めていた。トーチャーを覆っていた古い城の廃墟にいたアイルランドの銃士は適切な弾薬を使い果たし、その地域の他の部隊は右翼を支えるために使い果たされていた。この橋頭堡はすぐに増強され、セントルースは偶然の大砲の射撃によって殺され、それ以降、アイルランド側にとってすべてがうまくいかなかった。
ブリークが率いる。ラットレルスタウン城のヘンリー・ルトレル、そして彼らの財産を救うことを期待して、突破口を止めることができたアイルランドの騎兵隊の一部は、歩兵の仲間を運命に捨て、「ラットレルの峠」として知られている地域を通ってラックレアに向かった。 。詩人のRafteryは、裏切りの伝統を表現しました。「Ag Lutrell’s Pass」、seadíoladhnaGaelaigh、ar scilling a’sréalamachapéire」[「AtLutrell’s Passでは、ゲール人はシリングと6ペンスで2人で販売されました」]。日暮れまでにアイルランド軍はほとんど破壊され、その死者数は約7,000人で、ギンケルの兵士の約2,000人が殺されました。
オーグリムはアイルランドでの二人の王の戦争の終わりを告げ、最終的にはウィリアム王が完全に勝利した。ボインではなくオーグリムが戦争の最も重要な戦いでした。ゴールウェイとリムリックの降伏、リムリック条約、アイルランド軍の残党のフランスへの出国、土地の没収、英アイルランド貴族の破壊、刑法はすべてこの敗北の結果でした。
The battlefield of Aughrim is in fact a vast cemetery. The Williamite dead were buried, probably in several mass graves, the locations of which are not known. The bodies of most of the Irish were left unburied for over a year. The unburied dead were a cause of great hurt and were lamented bitterly in a traditional poem:

‘Tá leasú ag Ó Ceallaigh
Nach gaineamh é ná aoileach,
Ach saighdiúirí tapaidh,
A dhéanfadh gaisce le píce.’

[‘O’Kelly has topdressing,
which is neither sand nor manure,
but lithe soldiers,
who would do deeds of valour with a pike.’]

In 1842 the English writer William Makepeace Thackeray quoted lines from an early eighteenth-century Williamite verse play, The Battle of Aughrim, that was then being staged in Galway:
‘Nothing but dread confusion can be seen,
For severed heads and trunks o’erspread the green
The fields, the vales, the hills, and vanquished plain
For five miles round are covered with the slain’.

The battle of 1691 was, in fact, the second Battle of Aughrim. Here, on 10 January 1603, with only 280 soldiers left, Ó Suilleabháin Béara faced and defeated an 800-strong English and Irish force.
In modern times the preservation of sites of similar significance to Aughrim is commonplace in many parts of the world. Culloden is an example. The Battle of Culloden on 16 April 1745, the last conventional battle fought in Scotland, was smaller than Aughrim the dead numbered some 1,700. Since the end of the nineteenth century Culloden has been legally protected, the surviving structures preserved, access for pedestrians enabled and interpretation handsomely provided. Ongoing restoration work recently included the felling of a 50-year-old pine forest and the removal of the main road to Inverness, which in less enlightened days had been routed through the battlefield. Culloden is deservedly one of the premier tourist attractions in Scotland.

On other parts of the battlefield that are outside the 500-metre area, increasing numbers of ‘once-off’ houses are appearing. (Padraig Lenehan)

Over the centuries the physical features of the Aughrim battlefield, together with economic conditions, acted as a deterrent to excessive development. Despite the lack of any institutional defender, it still remains unspoiled to a surprisingly large extent. Now, however, it is being rapidly degraded. About 1970 Galway County Council diverted the main Ballinasloe–Galway road from the village of Aughrim and routed it directly through the battlefield. In recent years the council widened that section of road. In the process further damage was done, particularly to some of the ditches that almost certainly featured in the battle and indeed may well have been constructed or modified by St Ruth for his defensive strategy.
Owing mainly to the concerns expressed, not least in the North, more care is being taken with the preparation of plans for the new N6 Ballinasloe–Galway dual-carriageway, which is to pass close to Aughrim village. The road will not now go through the centre of the battlefield, as was feared, but it will cut off what are believed to be important sites connected with the battle and will destroy some of the physical context.
But worse is to come. As battlefields are unprotected by the National Monuments Acts, the local planning authority, Galway County Council, is the only public body possessing powers, limited as they are, to protect a battlefield by declaring it to be a place of exceptional historical interest. Naively, many of those who understand its historical significance, its national and international dimensions and its potential as a focus for North–South reconciliation assumed that the council was quietly ensuring that, at least in the matter of housing and commercial development, Aughrim would remain generally intact. Instead, in their County Development Plan 2003–2009, the only possible protectors of Aughrim selected a 500-metre radius from the centre of the village as ‘an appropriate boundary for development’. This entire area was involved in the battle. The causeway over which the Williamite cavalry crossed and the areas in which they first clashed in hand-to hand combat with the Irish infantry, the ruined castle from which the Irish musketeers covered the causeway, Luttrell’s Pass, several other identifiable battle-related sites and possible burial locations are all included. They are unprotected. Sites that are the common heritage of nationalists and unionists alike are now at the mercy of developers. On other parts of the battlefield that are outside the 500-metre area, increasing numbers of ‘once-off’ houses are appearing. In December 2005 an 11-acre site within the radius and near the causeway was offered for sale ‘for housing or commercial development’. It is a virtual certainty that this land and the human remains, Jacobite and Williamite, that may still be there will soon be covered with houses.
It is a feature of democracy that governments and public bodies usually have to respond to public opinion. A campaign of information and political lobbying for preservation and suitable development on the Culloden model, undertaken jointly by nationalists, northern unionists and others, could yet prevent another disaster at Aughrim and, in contrast to the events of 1691, result in enhanced mutual respect on both sides of the historical divide on the island of Ireland.


Battle of Aughrim Visitor Centre

The 1691 Battle of Aughrim Visitor Centre … Where a historic and pivotal battle becomes alive!!

Promotional Video />

The Battle of Aughrim Visitor Centre is currently closed due to Covid 19.

The health and safety of our visitors and team members is our top priority therefore, we have put a comprehensive COVID-19 policy in place. Please read it carefully and adhere to all safety protocols during your visit. COVID-19 Policy

More than 5,000 men killed in four hours. The most electrifying battle in Irish military history. The decisive battle of the Williamite War in Ireland!

Come to the enthralling Battle of Aughrim Visitor Centre in Co. Galway and immerse yourself in one of the most extraordinary military events in Ireland’s checkered history. On 12 th July (equivalent to 25th July in the modern calendar) 1691, approximately 35,000 troops from eight European nations made up the opposing forces of William of Orange and King James II who went head-to-head just outside Aughrim village as part of the wider struggle for the throne of England. It resulted in the highest loss of life in any single battle on Irish soil.

Immerse yourself in the combat through our gripping Battle of Aughrim video, which places you at the heart of the battlefield: hearing gunshots, seeing casualties fall, feeling the fear/tension of those soldiers. This vivid, pulsating re-telling of the story of one of Ireland’s most pivotal battles brings it to life and makes it feel real.

You’ll also get a very unique insight into the gripping Battle of Aughrim through our detailed Battlefield Diorama with model soldiers. This, coupled with expert commentary from our enthusiastic tour guides, gives you a 3D experience of the difficult terrain and tactics used by both sides.

探検 the Battle of Aughrim through our engaging audio-visual exhibition and discover the strategies, the players, the stakes and the calamitous mistake of the Jacobite commander in what was effectively the final armed conflict in this war as three kings strived for west European dominance. Find out what Ireland was like at the time of the Battle of Aughrim and learn more about the events that led up to the fateful day.

Get a sense of the weight of the muskets the soldiers had to carry into battle. Feel the fabrics of the uniforms and the weight of the weaponry. Enjoy the interactive experience of feeling like a soldier.

Discover implements contained in a typical Barber-Surgeon Kit from the 17th century — an era when few people survived surgery.

What makes us unique?

The Battle of Aughrim Visitor Centre is the only tourist attraction which depicts this very significant battle and, other than the Battle of the Boyne Visitor Centre, the only one that specifically deals with this period of history.

We provide you with a very personal touch: our knowledgeable tour guide will spend time with you to ensure that you get the chance to ask the questions that are of particular interest to you. At quiet times, s/he will be delighted to give you a private tour — this creates a more intimate and special experience.

A fantastic day out!

A visit to the Battle of Aughrim Visitor Centre is a fantastic experience for families, school children and anyone with an interest in history. After your riveting learning experience in the centre, why not relax with a coffee while the kids have fun in the playground. Enjoy a bite to eat in the village before walking the Battlefield Trail or bringing your children to the nearby park, which showcases a small recreation of the battlefield. It’s a delightful, cultural day out!

Tripadvisor Reviews

"A little gem. A beautiful, interesting visit. The detail is fantastic.”


Battle of Aughrim, 12 July 1691 - History

mv2.jpg/v1/fill/w_179,h_86,al_c,q_80,usm_0.66_1.00_0.01,blur_2/The_Battle_of_Aughrim.jpg" />

The Battle of Aughrim was the decisive battle of the Williamite War in Ireland. It was fought between the Irish Jacobite army who were loyal to James II and the forces of William III.

It is considered one of Europe's most historic battles involving over 45,000 soldiers.

The battle took place on 12th July 1691 near the village of Aughrim in County Galway, Ireland.

It was the bloodiest battle ever fought on Irish soil with over 7000 men losing their lives.

The Jacobite defeat at Aughrim effectively ended James' campaign in Ireland.

Today you can visit the interpretive centre and follow the trails and information points around the village and local countryside giving you a real insight into this famous battle and its relation to the Battle of The Boyne, the sieges of Athlone and Limerick,

and the Flight of the Wild Geese.

Aughrim Tours App now available from the App Store .

The Aughrim Tours App takes you on an interactive audio guide of the village and all the

mv2_d_5760_3840_s_4_2.jpg/v1/fill/w_157,h_104,al_c,q_80,usm_0.66_1.00_0.01,blur_2/5D3_4457.jpg" />


Padraig Lenihan on the Battle of Aughrim

The battle of Aughrim as depicted in the late 19th century.

The Battle of Aughrim was the decisive battle in the Jacobite-Williamite war in Ireland – fought between supporters of the Catholic King James and Protestant King William.

In a previous audio feature on the Battle of the Boyne, Padraig explains the context of the conflict. It was at the same time a European war of France of Louis XIV against the Dutch-led Grand Alliance and in Ireland war of Irish Catholic Jacobites and Protestant Williamites.

The previous year, the Williamites had beaten the Jacobites back behind the river Shannon, the two Kings had departed but the war in Ireland went on. Here we talk about how Aughrim came to be the decisive blow that ended the war in the Williamites’ favour.

The battlefield at Aughrim

We also discuss what it was like to fight at Aughrim in a cloud of blinding smoke with unweildy, unreliable muskets, pikes or cold steel. The infantry, sometimes paid and fed, sometimes not did most of the fighting, but were most likely to fall victim to the the bloodiest phase of the battle – “the execution” when pursuing cavalry rode down broken and fleeing infantry formations.

Finally, the bloodbath at Aughrim seared into the Irish memory on both sides of the religious and political divide. We talk about the rich body of Irish language literature mourning the losses at Aughrim and conversely, the triumphal Protestant memory of the battle – marked by bonfires, prayers services and parades.

A map of the battle of Aughrim showing the Williamite attacks.

While modern Orangemen celebrate the battle of the Boyne on July 12, at the time, due to Britain’s late adoption of the Gregorian calender, it was Aughrim that was fought and celebrated on that day. It was only in the late 18th century that the focus of the newly founded Orange Order shifted to the Boyne, which in the new calendar took place on the Twelfth.


The Battle

It was on Sunday morning and masses were said and sermons were preached in the Irish camp, the soldiers were called upon to defend their country, their altars and their homesteads defeat would mean extermination, confiscation and ruin. They would become the serfs and slaves of a relentless foe. Brave words and brave deeds were the order of the day. Most of the officers and men were true to their dear country and fought bravely that memorable day at Aughrim , but fate entwined with treachery turned victory into defeat.

The strength of both armies was about the same, the English 23,000, the Irish 22,500, but the English had 24 guns, the Irish having only 10. St. Ruth had gone into position at an early hour and only awaited the disappearance of the fog from the moors below. At 12 o'clock the sun's rays pierced through, and both armies, in full view faced each other. St. Ruth placed five guns on his right, with De Tesse his second in command. On the left was Sheldon , with Henry Luttrell , Purcell and Parker as reserve supports. At Aughrim were placed two guns with Colonel Burke and a regiment of foot. The centre, and along the slopes were manned by infantry under Hamilton and Dorrington . The cavalry slightly to the rear were in charge of Galmoy . A battery of three guns was in position on the slope of the hill, and covering the bog and narrow pass leading to Aughrim Castle . The gallant Sarsfield , the hero of Ballyneety , was relegated to an inferior command, and was sent with the reserve cavalry two miles to the rear. St. Ruth could not then cast away his prejudice against the greatest soldier of that time.

Ginkle had for his second in command the Duke of Wurtembur . At the centre were Mackay and Talmash , with the cavalry under Scavemore and De Ruvigny . Near the bog, at the centre, were two batteries, and two more at the advanced position covering the pass where it widened to Aughrim . To the left were the Danes, the Dutch and the French Huguenots commanded by La Melloniere , Tetteau , Nassau , and the Prince of Hesse . The cavalry to the extreme left were placed with La Forest , Eppinger and Portland in charge.

The first engagement took place at Urrachree , where some Irish outposts advanced to a stream and were fired on by a party of Danes. Fighting developed at this sector, and reinforcements were rushed by both sides but the English were driven back. There was a lull in the conflict and Ginkle held a further council of war. He was in doubt as to the advisability of giving battle. Again the strong hand of Mackay carried sway and after two hours' silence the guns from the English lines boomed forth. The battle renewed, Ginkle led the way towards Urrachree . The Danes made an attempt to manoeuvre a flanking movement but the Irish extended their line of defence and stemmed their advance. The Huguenots advanced to attack the hedges near the pass, and the Irish according to plan, retired and drew them on. With terrible effect a flanking fire was opened on them and they fell back in disorder, the Irish horse attacking as they retreated. Again Ginkle brought up the reserves, but yet again the Williamites were beaten back and driven into the bog below. To hold this position intact, St. Ruth moved a regiment from near Aughrim , with fatal results later. It was said that he carried out this movement on the advise of Luttrell . Mackay felt the weakened pulse at this sector and took full advantage of it he at once sent his infantry across the bog. An hour and a half of hard fighting and how elapsed, and the Irish had held their ground with great gallantry.

It was at 6.30pm that 3,000 English advanced once more through the morass under cover of their artillery, and faced the hill in a vigorous attack on the Irish positions there. Again the Irish enticed them on until they were almost at the summit of the hill then with lightning rapidity and heroic dash faced about and opened a deadly fire on them and with the cavalry coming on they were cut to pieces and hurled into the bog once more. In this attack they suffered a severe reverse losing many officers. At one place only did the Williamites make any advance that seemed dangerous. A couple of regiments converged, and gained a foothold among some walls and fences near Aughrim Castle . Colonel Burke's turn now came but to his dismay, he found that the ammunition given to his men was too large they were compelled to use chapped ram rods and even buttons from their tunics. Here we find another act of unwarranted treachery. However, word was quickly conveyed to a body of cavalry in the immediate vicinity, and after a daring coup, and a stiff engagement, the English were driven back.

It is told that Mackay in all those defeats insisted in one last stand. He advanced with a body of cavalry through the pass at Aughrim , with only a couple of horses riding abreast at the time. St. Ruth watched the advance from the position above, and exclaimed "Pity to see such brave fellows throw away their lives in this way." He sent word to Sarsfield to send up 400 horse but stay on with the remainder, and await further orders. On the arrival of the body of cavalry St. Ruth placed himself at their head. He was in great heart and stated he would drive the English to the gates of Dublin . As he charged down the hill and veering towards one of his gunners to convey an order, a burst of chain shot got him, and his headless body rolled from the saddle.

I would like to add here that this seemed like fate, but tradition has it otherwise. A couple of days prior to the great battle a peddler named Mullin arrived at the Irish Camp , he sold laces and spent long enough to get the information he desired to convey to the enemy. He heard St. Ruth was to ride on a grey charger, as this was one of his favourite mounts. In that fatal charge the Williamite gunner picked on him as he sped across the plain to meet Mackay . The first shot missed and a young ensign named Trench took the gun in hand and fired. The gunner remarked to Trench "his hat is knocked off Sir." "Yes," said Trench , "but you will find his head in it too." The cavalry in their dash were halted with no responsible officer to lead them. St. Ruth's body covered with a trooper's cloak was carried to the rear and an attempt was made to conceal his fate, but the true facts leaked out. The result was, his regiment of Blue Guards (French cavalry) retired from the field, followed by the Irish.

No assistance came to Galmoy in his endeavour to hold up Mackay and the English made a flanking movement at Aughrim Castle . At the same time, Ginkle pressed at the centre and broke the front line of defence. The Irish infantry under Dorrington , made a brave stand, but were compelled to fall back in broken formation. At one place known as the Bloody Hollow about 2,000 Irish were encircled, and trapped the remainder retired in hot haste. Sarsfield galloped to the scene of battle but too late, and with a heavy heart, he gathered together the remnants of a defeated army. The slaughter was great, the English lost 2,700 killed and wounded, the Irish about 5,000. Included in this would be those surrendered in the bloody hollow.

In the early hours of the morning of the 13th after torrential rain during the night, the English in savage fury, murdered those prisoners. It was said that the little stream at the base of the hill ran red with blood of the slain. The dead were left unburied, and Story , the Williamite historian, said that a human being was not to be seen for miles around. Great packs of roving dogs took possession of the battlefield and devoured the bodies of the dead, and for months it was unsafe for the traveller to pass that way.

Sarsfield retreated through Limerick on his way he passed through Woodford and according to tradition, at that town he buried some pieces of artillery at Derrycregg wood. The enemy must have harassed him on the way, as at Woodford he reversed the shoes on his cavalry.

On the night of the 14th we find that Ginkle , with a body of cavalry, arrived at Eyrecourt , and bivouacked in the grounds of Eyrecourt Castle that night. Eyre received him with great pomp and splendour.

So much for the slogan that caught the eye of the visitor who entered the entrance door of the castle. It read:- "WELCOME TO THE HOUSE OF LIBERTY" To this we pass by with smile. So ended the battle of Aughrim with bitter memories to follow.


Battle of Aughrim, 12 July 1691 - History

The eventful day that was to decide the fate of the town was now drawing nigh. On the 12th of July, 1691, the hostile armies of the two contending monarchs met on the memorable plains of Aughrim, whence the noise of their cannon might be easily heard at its gates. It is not our intention to enter into a description of the sanguinary and decisive engagement which here took place: the news of its result was known that night in the town, whither several of the fugitives fled for shelter. The alarm of the inhabitants may be easily conceived to have been extreme, and every preparation was made for defence. Many, however, were so panic-struck, that they would have compromised for their safety by immediately surrendering almost on any terms. Lord Dillon, the governor, the French lieutenant general D'Ussone, and the other officers of rank in the town, immediately held a council of war. It appeared that the town, though strong and well stored with provisions, was deficient in men and arms, which were drawn away by degrees to supply other exigencies. The garrison consisted but seven regiments of foot with a few troops of horse, and these neither full nor well armed but their great dependance was on the promises of Balldearg O'Donnell, whom they hourly expected from Iar-Connaught with the troops under his command. [cc]


Patrick Sarsfield

Though thus circumstanced, it was unanimously resolved to defend the town. General Ginckle, the English commander, having judged it necessary to reduce Galway before he should proceed to Limerick, after a few days delay to refresh his troops, marched on the 17th of July towards Athenry, and encamped on the surrounding plains. On the same day he advanced, with a party, three miles nearer Galway, to a rising ground, from whence he could see the shipping in the bay. On his return to the camp he found a Mr. Shaw, a merchant of the town, (who, with a few other Protestants, had that morning escaped,) from whom he received a full account how matters stood within. This information was the most satisfactory, as it differed entirely from what he had previously received from others, that the garrison consisted of five thousand men, and those well armed that the stores were considerable, and the town almost impregnable that Sarsfield, with the whole of the Irish horse, was upon his march with a resolution to raise the siege and that Ballderg's party was about six thousand strong: all which led him to apprehend that he would have more trouble with Galway than he expected, and the siege would be protracted to the ensuing winter a circumstance which, above all others, he was most anxious to avoid.


British Army Lineages

Today 319 ago the hard fought battle of Aughrim was fought on 12 July 1691 (O.S.). The outcome of this battle was more decisive than that of the much more celebrated Battle of the Boyne fought a year earlier. Though the Williamite Army certainly had the better cards in 1691, there was a real chance that the war in Ireland could, literally, be dragged on well into 1692. This would certainly have had consequences for the operations in the main theater of war, the Spanish Netherlands.

The Williamite Army (composed of Dutch, Danish, Ulster and English regiments) was commanded by the future Earl of Athlone. The Irish were led by the French general Charles Chalmont, marquis de Saint-Ruth. Saint-Ruth would be killed during the battle.

After the battle, and defeat and rout of the Irish army, the city of Galway surrendered without offering resistance ten days later. The 2nd Siege of Limerick followed in August. Here the Jacobite high-brass thought is was better to negotiate profitable terms of surrender, and continue the fight for the Jacobite cause elsewhere. This led to the Treaty of Limerick of September 3rd 1691, and end of the Williamite War in Ireland. Large part of the Irish Army went into exile to France, forming a Jacobite Army in exile for James II. The bulk of the Williamite regiments were almost immediately transferred to the Spanish Netherlands.

An order of battle of the Williamite Army was posted earlier on this blog. Information on the Irish/Jacobite order of battle is not forthcoming unfortunately. Hayes-McCoy discusses the Jacobite army in his paper The Battle of Aughrim 1691 (in: Journal of the Galway Archaeological and Historical Society, Vol. 20, No.1/2 (1942), pp. 1-30), and, more recently, Richard Doherty discussed the battle in The Battle of Aughrim (in: History Ireland, Vol. 3, No. 3 (1995), pp. 35.42).


Legacy and memory

The ‘War of the Two Kings’ was the major military conflict of what is known in British history as the ‘Glorious Revolution’, in which Britain was, according to the national narrative, saved from absolutism and the monarch was forced to govern through a parliament and while respecting a bill of rights.

Obviously, when applied to Ireland, this narrative fits rather awkwardly. The war may have played a part in founding constitutional government – the Irish Parliament was to be a much more important institution throughout the 18th than before – but it also disenfranchised the majority of the population, not only Catholics but also Protestant ‘dissenters’ such as Presbyterians.

The popular memory of the war is complex and has changed over time.

Ireland in the 18th century was ruled by a small class of landowning Anglican Protestants, mostly of English stock.

It is therefore not surprising that the war was celebrated by the victorious Williamites and their descendants as a ‘deliverance from Popery and tyranny’. However the modern Orange tradition that keeps alive the memory today is in fact the product of a much later and more tangled history.

Throughout the 18th century, Irish Protestants commemorated the outbreak of the rebellion of 1641, when they believed their community had only just escaped extermination, more than the battles of Aughrim or the Boyne.

It was not until the 1790s, at a time when Catholics were again agitating for political rights and the Republican revolutionaries the United Irishmen were preparing for insurrection, the Orange Order was founded in Armagh. Its history of marching on the Twelfth of July in commemoration of the battle of the Boyne dates from this era and not from the 1690s.

Nevertheless even today the Orange Order states that it commemorates William’s ‘victory over despotic power laid the foundation for the evolution of Constitutional Democracy in the British Isles’.

On the other side, memory of the Jacobite cause was more complex. James II himself was mocked by Irish poets as ‘Seamus a chaca’ – ‘James the shit’ – the cowardly English King who had ‘lost Ireland’. But there was also a nostalgic genre of Jacobite poetry and songs throughout the 18th century that pined for the return of the ‘true king’, with the ‘Wild Geese’ or Irish soldiers who had left for French service, who together would who would rescue Irish Catholics from ‘slavery’.

The later Irish nationalist tradition would also rehabilitate many Jacobite heroes such as Patrick Sarsfield as fighters for Irish freedom and the nationalists like Thomas Davis and later Charles Gavin Duffy would christen the Jacobite parliament of 1689 as the ‘Patriot Parliament’ for its assertion of independence.

But unlike the Orange tradition, modern Irish nationalist and particularly Republican narratives tend to be uncomfortable with the Jacobites’ loyalty to an English monarch, let alone with ideas such as the divine right of kings, which James Stuart held to.

The War of the Two Kings, was a time when Ireland was briefly at the centre of European-wide struggle for power and also a decisive turning point in Irish history.


ビデオを見る: 1691 Battle of Aughrim Visitor Centre Promotional Video