76.2mm分割銃モデル1942(ZiS 3)

76.2mm分割銃モデル1942(ZiS 3)

76.2mm分割銃モデル1942(ZiS 3)

76.2mm分割キヤノンモデル1942(ZiS 3)は、第二次世界大戦で最も多くのソビエト野砲であり、1941年のドイツ軍の侵攻後に大量生産されました。

戦前の主な76.2mm砲は、モデル1939 76mm USVでした。これは、スプリットトレイルキャリッジを使用した、適切に設計された反動システムを備えた最新の砲です。しかし、赤軍が分割砲のためにより重い砲に移行する準備をしていたため、ドイツ軍の侵攻前に生産は終了していました。ドイツ人が侵入したとき、古い銃の多くが捕らえられ、赤軍は新しい銃を緊急に必要としていました。ドイツ人は、モデル1939の馬車を製造した工場も捕獲しましたが、バレルや反動システムを製造した工場は捕獲しませんでした。

幸いなことに、1つのデザインがほぼ生産に入る準備ができていました。これは、A.E。Kvorostin、E.A。によってGorkiで作成されました。ヴァシリー・グラビン将軍が率いるサンキン、AFゴルデエフは、1939年モデルから砲身と反動システムを採用し、同じ工場の57mm対戦車砲モデル1941 ZiS2の車両に搭載しました。対戦車砲の高い銃口速度に対処します。したがって、特にマズルブレーキが取り付けられた後、より大きな76.2mm野砲によって生成される力に対処することができました。最初のバージョンでは、対戦車砲が非常に長い距離に到達する必要がなかったため、高度の範囲が制限されていました。これはメインの製品バージョンで修正され、37度に上げることができ、より複雑な古い銃と同様の射程を提供しました。決定版のモデル1942は、管状のトレイルを備えた改良型のスプリットトレイルキャリッジを使用しました。これは、元の57mm ATキャリッジよりも強力であり、その砲の後のバージョンでも使用されていました。

古い銃のように、モデル1942は反動システムが分割されており、一部は砲身の上と下にありました。バレルは短いクレードルに取り付けられ、その下に反動システムの一部がありました。反動システムの2つの部分は、三角形のフレームによって前面でリンクされており、バレルは中央から出ています。

モデル1942は、初期のソビエト野砲よりも迅速かつ安価に製造でき、真の生産ラインベースで製造された最初のモデルでした。

モデル1942は、以前のソビエト76.2mm砲よりも軽い砲弾を発射し、その弾薬をT-34戦車で使用されていた砲と共有しました。すべてのソビエト野砲と同様に、対戦車砲としても使用できます。

モデル1942は、HE、WP煙、榴散弾、焼夷弾、AP / HE、HEAT、およびHVAP弾を発射できましたが、HEとAPがはるかに一般的でした。

モデル1942の標準AP弾は、500mで69mmの徹甲弾を貫通できます。そのHVAP砲弾は、500mで92mmの装甲、または1,000mで58mmの装甲を貫通する可能性があります。そのHEATシェルは、すべての有効範囲で120mmを貫通できます。

モデル1942は、SU-76自走砲で使用された主砲でした。

モデル1942は、すぐにほとんどのソビエト軽野戦砲を占めました。各ライフルディビジョンは32を獲得し、各ガードライフルディビジョンは36を獲得しました。

ドイツ人はそれを「Ratsch-Bum」または「Crash-Boom」と呼んでいました。これは、初速が高いため、砲撃の音の直後に砲弾が到着したためです。捕獲された主砲は7.62cmFK 288/1(r)として使用されました。

名前

7.6cm分割キヤノンZiS-3

口径

7.62cm(3in)

バレルの長さ

ピース:L / 42.6 3,246mm(127.8in)
バレル:2,994mm(117.87in)

輸送用の重量

1,120kg(2,470lb)

動作中の重量

1,120kg(2,470lb)

標高

-5〜37度

トラバース

54度

砲弾の重量

6.21kg(13.69lb)

砲口速度

680m /秒(2,230フィート/秒)

最大範囲

13,290m(14,540ヤード)

発射速度

25ラウンド/分


76mm ZiS-3

ZiS-3は、ソビエト起源の第二次世界大戦時代の野砲です。 ZiS-3は、第二次世界大戦の初期段階で、より重く、より高価なF-22の使用に取って代わるために開発されました。 ZiS-3は、第二次世界大戦中のソビエトの主要な対戦車砲および軽榴弾砲であり、戦後も多数が使用されていました。

設計

ZiS-3は、F-22USVの76.2mm砲と、ZiS-2スピルトレイル2輪キャリッジを組み合わせたかなりシンプルなデザインです。 76.2mmの兵器は、スライド式の尾栓を使用しており、マルチスロットのマズルブレーキを取り付けることで改良されました。これにより、キャリッジへのストレスを軽減しながら、パフォーマンスが向上しました。防楯は、7人の乗組員に、小火器や砲弾の破片からの保護を提供します。

火力

ZiS-3は、マルチスロットマズルブレーキを備えた76.2mm砲身の長い砲身で武装しています。古い76.2mmF-22と比較して、ZiS-3はより優れた射程、精度、貫通力を備えています。 ZiS-3は、最も重いナチスドイツ戦車を除くすべてをノックアウトすることができましたが、戦後の戦車に対してはほとんど役に立ちませんでした。最大射程は徹甲弾の場合は2km、爆発性の高い砲弾による間接射撃の場合は13.3kmです。 25rpmの発射速度を達成することができます。

可動性

古いZiS-2キャリッジを使用したことで、ZiS-3はその威力を考えるとかなり機動性に優れていました。それは通常、弾薬と乗組員も輸送する4x4トラックによって牽引されました。 ZiS-3は、短距離での取り扱いが可能です。

ユーザー

ZiS-3は、第二次世界大戦中にソ連によって広く使用され、世界で最も生産された対戦車砲の1つです。戦後のソビエトサービスでは、より強力なD-44とBS-3によってすぐに補完され、すぐに多くのユニットを輸出できるようになりました。ソ連と関係のあるほとんどの国はZiS-3を受け取りましたが、ほとんどは1970年代までに段階的に廃止されました。主に火力支援兵器として、限られた数が使用され続けています。一部の国では、ZiS-3を敬礼銃として保持しています。


歴史

スターリングラードの近くで戦うZiS-3銃の乗組員、1942年

この銃は、大砲システムの設計における傑作です。 - ヨシフ・スターリン、1942年1月 Α]

発達

バルバロッサ作戦の前に、ソビエトはM1939分割銃を開発し、以前の銃の設計をより小さく、かさばらず、戦闘効果を改善することで改善しました。銃は高価でしたが、赤軍にはよく役立っていました。しかし、バルバロッサ作戦の直後の数週間で、銃、弾薬、工場の膨大な在庫が押収され、赤軍は侵略を撃退するために必要な兵器を欠いていました。 M1939の砲身生産施設は占領されていませんでしたが、その馬車生産は占領されていました。つまり、生産を継続するには、生産されている多数のM1939砲身を新しい馬車に取り付ける必要がありました。このジレンマの結果がZiS-3であり、可能な限り早く生産が開始されました。最初のプロトタイプは1941年6月に完成し、7月にフィールドテストが開始されました。 &#913&#93翌年の1942年にフル生産が開始されました。

戦闘サービス

その時点から、ZiS-3は東部戦線全体で使用され続け、終戦までに合計103,000の例が作成されました。 ZiS-3は、砲兵として使用されるほか、SU-76突撃砲にも搭載されていました。今日でも、ZiS-3は世界中で見られ、時折使用されています。


ZiS-3は、第二次世界大戦中にソ連によって広く使用され、世界で最も生産された対戦車砲の1つです。戦後のソビエトサービスでは、より強力なD-44とBS-3によってすぐに補完され、すぐに多くのユニットを輸出できるようになりました。ソ連と関係のあるほとんどの国はZiS-3を受け取りましたが、ほとんどは1970年代までに段階的に廃止されました。主に火力支援兵器として、限られた数が使用され続けています。

バリアント

ZiS-3は、古いZiS-2シャーシをベースにした76.2mm牽引対戦車砲です。それは、マルチスロットマズルブレーキが取り付けられているその短くて厚いバレルによってZiS-2から識別できます。 ZiS-3の変種はこれまでに製造されていません。


76.2mm分割銃モデル1942(ZiS 3)-歴史

1:35 T-26 Beutepanzer、76mm分割銃M1942Zis-3

写真を右クリックして保存すると、より大きな画像が表示されます。

T-26 Beutepanzer、76mm分割銃M1942Zis-3


このウェブサイトは以下によって可能になりました:

Beutepanzer unterm Balkenkreuz-Amerikanische und englische Kampfpanzer
Beutepanzer unterm Balkenkreuz-Franzosische Kampfpanzer
Beutepanzer unterm Balkenkreuz Russische Kampfpanzer
Deutsche Panzer-Raritaten 1935-1945
ドイツの旗の下で捕獲された戦車
タンコグラード4001-ドイツ軍用車両の希少性1

Spielberger-ヘビージャグドパンツァー
Spielberger- PanzerIVとその変種
Spielberger-紙製装甲-偵察観測および対航空機
Spielberger-Sturngeschutzとその変種
スピルバーガー-ウォルターJ.-パンツァーIIIとその変種
Spielberger 02- Die Pzkfw I&II und ihre Abarten
Spielberger 6- Die Halbkettenfahrzeuge des Deutschen Heeres 1909-1945
Spielberger 07- Der Panzerkampfwagen Tiger und seine Abarten
Spielberger 09- Der Panzerkampfwagen Panther und seine Abarten
Spielberger 10-Die Rad und Vollketten Zugmashinen
Spielberger 11- Die Panzer-Kampfwagen 35(t)und 38(t)und ihre Abarten
Spielberger 12- Beute und Kraftfahrzeuge
Spielberger-Flakpanther&Bergepanther
Spielberger-Gepardドイツの対空戦車の歴史

Deutsche Schwere Feldhaubitzen 1934-1945
Schwere 24 cm Kanone 1916-1945
Die Gesch&#252tze、Ortungs- und Feuerleitger&#228te der schweren Flak(Werner M&#252ller)
Flugabwehrpanzer-Geschichte und heutiger Stand
ドイツの対戦車砲1935-1945
ドイツ語-武器-マニュアル
Henschel-Hs-117-Schmetterling-Flak-Rakete

PanzerColors-1ドイツのPanzerForcesのカモフラージュ1939-45
パンツァーの色-1939-45年のドイツのパンツァー部隊の2つのマーキング
パンツァーの色-1939-45年のドイツのパンツァー部隊の3つのマーキング
Deutsche Heeresuniformen 1933-1945
降下猟兵大将1935- 1945年
ドイツ軍の制服と記章1939-1945
ドイツ空軍と降下猟兵の制服
東部戦線-鎧のカモフラージュとマーキング1941-1945
Auszeichnungen des Deutschen Reiches 1936-1945
Almark-鎧のカモフラージュとマーキングに焦点を当てる03-ドイツ東部戦線


Berawal dari akhir tahun 1940、ketika Vasily Gavrilovich Grabin、desainer kepala artileri kaliber menengah Soviet、mencoba membuat sendiri sebuah meriam baru di Pabrik Artileri No. 92、walaupun saat itu tidak ada pesanan dari Angka PengaruhdariプロパガンダJermantentangタンクberatNeubaufahrzeug yang sukses ditelan mentah-mentah oleh Marsekal Grigory Kulik、direktur kepala artileri Soviet kala itu、membuat semua produksi meriam kaliber kecil dan menengah dihentikan Ia percaya bahwa pelindung tank berat Jerman kala itu tidak mampu ditembus oleh munisi kaliber 37、45、dan 76,2mm yang kebanyakan dimiliki oleh Angkatan Bersenjata Uni Soviet kalaitu。 Tapi Grabin tidak menyerah ia tetap melanjutkan proses pembuatan meriambarunya。 Desainnya menggabungkan antara sasis ZiS-2 dan laras meriam dariF-22USV。 Untuk mengurangi efek hentakan balik saat ditembakkan、makadipasangマズルブレーキpadaujunglarasn​​ya。 Banyak bagian-bagian yang dicor、dilas、atau dicap untuk mengurangi penggunaan mesin dalam pembuatanmeriam。 Dan setelah dibuat、prototipenya tetap disembunyikan oleh Grabin sebelum keluar perintah resmi untuk penggunaan meriam barutersebut。 Nyatanya、pada awal Perang Dunia II、banyak sekali ranpur lapis baja Jerman yang armornya ternyata dapat ditembus dengan mudah oleh munisi kaliber 45 dan 76,2mm、bahkan oleh senapan mesin DShK yang berkaliber 12,7mm sekalipun Banyaknya meriam kaliber 76,2mm yang hilang、hancur、atau berhasil dirampas semasa perang menimbulkan krisis logistik pada Angkatan Bersenjata UniSoviet。 Marsekal Kulik memerintahkan produksi massal ulang meriam F-22USV、tapi Grabin tetap meminta ZiS-3 yang diproduksi massal、dan disalurkan pada prajurit artileri Soviet dilapangan。 Kebutuhan Angkatan Bersenjata Uni Soviet atas meriam baru ini terhambat oleh penolakan para wakil militer yang tidak mau menerima senjata yang belumteregistrasi。マカグラビンセンディリヤンメンガンビルタングンジャワブアタスウジコバメリアムバルテルセブトディラパンガン。 Ternyata uji coba meriam baru ini berhasil dengan sukses、bahkan waktu dipertunjukkan pada pejabat-pejabat tinggi negara、Joseph Stalin sendiri mengatakan、“ Senjata ini adalah mahakarya desain sistem artileri!” Dan akhirnya、meriam baru karya Grabin ini resmi diberi registrasi sebagai: メリアムディビジョンカリバー76mmモデル1942.

Sampai akhir Perang Dunia II、ZiS-3 berhasil diproduksi sebanyak lebih dari 103.000 pucuk Meriam ini juga diaplikasikan dalam sasis artileri gerak sendiri、yaituSU-76。 Kemampuannya menghancurkan berbagai macam tank ringan dan medium Jerman dengan munisi penembus perisai bahkan tank berat macam Tiger dan Panther sekalipun(dengan munisi APCR dan proyektil Hollow Charge)membuat ZiS-3 menjadi salah satu senjata andalan Angka Beratnya yang ringan juga memudahkan ZiS-3 untuk dibawa menggunakan truk、jip、kereta kuda、atau bahkan oleh pengawaknyasendiri。 Untuk digunakan melatih didikan baru、ZiS-3 juga tidak terlalu ribet waktudioperasikan。

Setelah perang usai、banyak sekali meriam yang diekspor ke luar negeri、dan terlibat di banyak pertempuran-pertempuranlain。 Bahkan、ZiS-3 sempat pula unjuk gigi dalam perang sipil dibekasユーゴスラビア。 Sampai saat ini、ZiS-3 pun masih dipakai oleh beberapa negara-negara Asia dan Afrika、walaupun jumlahnya tinggalsedikit。 Di Rusia sendiri、misalnya、ZiS-3 dipakai sebagai salute gun pada peringatan Hari Kemenangan Uni Soviet atas Jerman setiap tanggal 9Mei。


KSP-76 GAZ-68

最も興味深く成功したソビエトの実験用ホイールSPGはKSP-76(「kolesnayasamohodnaya pushka、76mm」=ホイール自走砲、76mm)でした。 1944年5月にGorkyCar Factory(GAZ)によって単一のプロトタイプとして製造されました。これは、歩兵および騎兵ユニットの緊密な戦闘支援とAT防御を目的としていました。 76mm分割銃モデル1942は、GAZ-63四輪駆動クロスカントリートラックに基づいて、元の低装甲オープントップハルに配置されました。

クルスクの戦いが終わった直後、ゴーキー自動車工場の設計者は、新しい自走砲ユニットの開発を提案しました。プロジェクトの作者によると、この戦闘車両は、軍隊の既存のSU-76を補完するだけでなく、大砲の機動性を高めることになっています。

1943年8月、ゴーキー自動車工場の主要設計者であるV.Grachevは、根本的に新しい対戦車自走式ユニットの開発を開始しました。 10月までに、彼らはレイアウトスキーム「製品63-SU」を準備し、1944年2月にプロジェクトは主装甲局によって承認され、5月に最初のKSP-76車両を組み立てました。

1942年モデルの76.2mm ZIS-3大砲は、弾丸や破片から計算を守る合理的な曲げ角度を備えた、低くてオープントップの装甲船体の中央に配置されていました。計器の仰角は-3°から+ 15°です。

銃の右側には運転席があり、左側には装填手の後ろから指揮官(彼は砲手でした)がいました。その隣にはキャブレターエンジンGAZ-11、ガソリンタンク、58発のスタイリングが配置されていました。シャーシは、コンポーネントとアセンブリの全輪駆動車GAZ-63を使用しました。 4つのホイールには、ラグが発達した、片流れの屋根の防弾タイヤが付いていました。 KSP-76は、同じ口径のSU-76の2倍の軽量で、その下(スペースヒットと抵抗が増加)で、より機動性がありました。

1944年夏のテストで、KSP-76は自信を持って起伏の多い地形を移動し、ピットや峡谷を乗り越え、その後時速60kmで氷上を移動しました。さらに、追跡および結合されたシャーシのユニットよりもはるかに経済的であることが判明しました。 1944年の春の終わりに、新しい自走砲の工場試験が始まりました。高速道路では、戦闘車両は時速77kmに加速しました。高速道路でのクルージング-580キロ。車輪付きシャーシの使用のおかげで、KSP-76は、同時に開発されていた追跡されたSU-76およびその簡略化されたバージョンのOCU-76に比べて多くの利点がありました。車輪付きの戦闘車両は高速道路でより速く、より静かでより低くなりました。ただし、起伏の多い地形を走行する場合は、自走式の追跡車両が最も優れた特性を備えていました。

テストの最初の段階には、多くの問題が伴いました。そのため、検出されなかったフロントアクスル、ギアボックス、ドライブシャフトの定期的な故障がありました。さらに、自走砲の戦闘区画は不十分であり、乗組員にとってあまり便利ではないことが指摘されました。秋の半ばまでに、ゴーキーで工場試験が完了し、その後、新しいSAU GAZ-68 / KSP-76をクビンカの科学試験装甲範囲に持ち込むことができました。高速道路の氷の部分を含め、ゴーキーからクビンカまでずっと、車輪付きの自走砲が平均時速60kmで自走砲を動かしたことは注目に値します。

1944年12月17日から12月24日に実施されたテストレポートでは、装甲船体の使用された設計に関連するSAUKSP-76の利点が指摘されました。特に、彼らは機械の比較的小さな質量とその小さな寸法について話しました。 ZIS-3銃の射撃の精度は、テーブルのレベルでした。しかし、テスト中に判明したように、自走砲は、動いているときの精度が急激に低下したため、短い停止からのみ発射する必要がありました。

1944年、KSP-76と並行して、SU-76の簡易版である自走砲OCU-76が開発されました。サイズ、保護レベル、最高速度に利点があるため、車輪付きの自走砲は、戦闘重量と起伏の多い地形での機動性で追跡されたトラックを失いました。さらに、ACSKSP-76オフロードの効果的な使用は不可能であると考えられました。最後に、車の見通しは、GAZ-63プロジェクトの機能に影響されました。このトラックは戦前にテストされましたが、直列に製造されていませんでした。

見通しがないため、GAZ-68 / KSP-76プロジェクトはテストの完了直後に終了しました。この自走砲の唯一の製造されたコピーはクビンカに残った。今では装甲車博物館の展示品です。


歴史劇場エピソード5:ZiS-3















76 mm分割銃M1942(ZiS-3)野砲
原産国:ソビエト連邦
口径:76.200mm
重さ:1116.000 kg
弾薬の重量:6.20 kg
発射速度:毎分25ショット
範囲:13,290m
銃口の速度:680 m / s

発達

「ZiS-3」としてよく知られている76mmの分割砲M1942は、1940年に対戦車砲の新しい設計の開発を開始したチーフエンジニアVGGrabinの下で第92砲兵工場「ZavodimeniStalina」によって設計されました。政府の許可なしに。 57 mmZiS-2からのキャリッジとディビジョンガンM1939の76.2mmバレルで構成される最初の銃は、州当局に通知することなく1941年に製造されました。

ドイツが1941年後半にソビエト連邦に侵攻したとき、以前に配備されたF-22USV76.2mm対戦車砲の多くが破壊または捕獲されました。しかし、ソビエトの指導部は、そもそも新しい対戦車砲に投資しないことを決定しました。ソビエトは、優れた重戦車を持っていると主張するドイツのプロパガンダの影響を受けており、ソビエトのAT砲は害を及ぼさないからです。実際、1941年の初め、ドイツには重戦車がなく、ソビエト軍はドイツの中戦車に対処するために銃を必要としていました。

その後1941年に、ソビエト当局はついにドイツの中戦車が既存の76.2mm対戦車砲で簡単に貫通できることに気づきました。新しい銃の注文が出されたとき、グラビンは古いF-22USVモデルを納品せず、代わりに密かに開発したZiS-3を納品することにしました。

最初のバッチが配達される準備ができたちょうどその時、無許可の設計が発見され、最初にソビエト軍の代表は配備を拒否しました。これらの新しい銃の受け入れを見たのは戦争とグラビンの個人的な保証の要求だけでした。新しいZiS-3野砲は、戦前のF-22USV 76.2mm砲よりも優れていることがすぐに証明され、1942年2月の一連のテストの後、ヨシフスターリンの全面的な支援を受けて、標準の分割野砲になりました。

戦闘条件下でのZiS

ZiS-3は前モデルよりも効果的であることが証明されましたが、その主な利点は製造が簡単で安価なことでした。熟練していない労働者でも組立ラインに参加できるほど単純で、生産数が膨大になり、ヨーロッパ戦争の終わりまでに合計103,000台のZiS-3対戦車砲が製造されました。

ZiS-3は、信頼性が高く使いやすい設計であるため、ソビエト軍に高く評価されました。
ZiS-2の軽量キャリッジを使用することで、ZiS-3は全体的に軽量になり、調整が容易になりました。
ドイツの軽戦車と中戦車は、AP弾のおかげで、いつでもノックアウトできました。
しかし、ドイツの重戦車が展開したとき、ZiS銃は、タイガースとパンサーズの前部装甲に直面したときに貫通するのに苦労していました。

通常7人のメンバーで構成される訓練を受けた乗組員は、最大13kmの範囲内で毎分約25発の射撃を行うことができました。捕獲されたZiS-3砲は、発砲時に独特の音がすることから、ドイツ人から「Ratsch-Bum」と呼ばれていました。一部は「マーダー」駆逐戦車に搭載されていました。 ZiS-3は対戦車兵器としてよく使用され、軍隊を攻撃するためのサポートを提供する最前線の大砲としても使用されました。

バリアント

軽自動車の上にZiS-3を搭載する試みは、プロトタイプのKSP-76でした。
しかし、1943年に開発された車輪付き小型商用車は、複数回の射撃に成功できなかったため、プロトタイプテストに合格しませんでした。

1942年、ソビエトの指導部は、1941年のドイツのStuGの成功を見て、StuGのようなソビエト戦車を要求しました。その後、改造されたT-70シャーシと成功したZiS-3砲を組み合わせる計画が立てられました。その結果、SU-76はソビエト連邦によって製造された2番目に高い建造の戦車であり、総数は12.671台でした。しかし、ドイツの重戦車に直面したとき、薄い装甲と76.2 mmの弾丸は報われず、SU-76はより最前線の砲兵支援兵器になりました。

戦争後

76ミリのディビジョンガンM1942(ZiS-3)兵器は、第二次世界大戦直後にソビエト軍で正式にD-44砲に置き換えられましたが、一部はソビエト連邦と同盟を結んでいる世界の他の地域で使用され続けました。 。特に第三世界の国々では、ZiS-3砲がまだ動いているのを見ることができます。その他は、博物館や装飾品、または単に第二次世界大戦の記念碑として展示されています。


分割銃ZIS-3:記録保持者の伝記

ソビエトの兵士は、まず第一に、分割砲兵連隊と対戦車砲連隊の砲兵であり、単純さ、従順さ、信頼性のために、彼女を愛情を込めて「ゾシャ」と呼んだ。他の部分では、発砲率と高い戦闘特性のために、彼女は名前の略語の人気のあるバージョンで知られていました-「スターリンのボレー」。それはしばしば彼女を単に「グラビンの大砲」と呼びました-そして誰も問題の特定の楽器を説明する必要はありませんでした。そして、ドイツ国防軍の兵士たちは、ショットとギャップの音でこの銃を知らず、発射速度を恐れない人を見つけるのが困難でしたが、この武器は「ラチェット・バム」と呼ばれていました。 -「ラチェット」。

公式文書では、この兵器は「76mm分割銃モデル1942年」と呼ばれていました。赤軍で最大のこの銃であり、おそらく、分割砲と対戦車砲で等しく使用された唯一の銃でした。そしてそれはまた世界で最初の大砲であり、その生産はコンベア上に置かれました。このため、それは世界の大砲の歴史の中で最も巨大な大砲になりました。合計で、48016砲が分割砲としてソ連で発売され、18601砲がSU-76およびSU-76自走砲の改良型として発売されました。二度と、前も後も、世界に同じ銃のこれほど多くのユニットがあったことはありません。

この銃-ZIS-3は、その誕生と生産の場所から、ゴーキーのスターリン(別名プラントNo. 92、別名「ニューソルモフ」)にちなんで名付けられたプラントにその名前が付けられました。彼女は大祖国戦争の最も有名なシンボルの1つになりました。彼女のシルエットはとても有名なので、彼を見たことがほとんどないロシア人なら誰でも、彼がどの時代について話しているのかすぐに理解できます。この銃は、他のどのソビエト砲よりも頻繁に、大祖国戦争の英雄の記念碑として発見されています。しかし、ZIS-3砲兵設計者のヴァシリー・グラビンの作者の頑固さと信念がなければ、これは起こり得なかったでしょう。

「あなたの銃は必要ありません!」

ZIS-3は正しく伝説と呼ばれています-その作成の歴史が多くの伝説によって扇動されているためを含みます。そのうちの1つは、ZIS-3の最初のコピーが、戦争が始まった日、その年の1941年6月22日にプラント番号92のゲートから出たと述べています。しかし、残念ながら、これの証拠書類を見つけることはできませんでした。そして、ヴァシリー・グラビン自身が彼の最も有名な武器の運命におけるそのような象徴的な偶然について一言も言わないことは非常に驚くべきことです。記憶の本「武器の勝利」の中で、彼は戦争が始まった日にモスクワにいて、モロトフのラジオから悲劇的なニュースを取り上げたことを学びました。そして、同じ日に何か重要なことが起こったという言葉ではありません。 ZIS-3大砲の運命しかし、工場の門の外にある最初の銃の出口は、チーフデザイナーから密かに起こった可能性のある出来事ではありません。


しかし、1941年7月22日のドイツ軍の攻撃からちょうど1か月後、ZIS-3師団銃が人民委員会の中庭で、元帥元帥部長である副委員会に提示されたことは間違いありません。グリゴリー・クリーク。そして、将来の伝説の運命をほぼ終わらせたのは彼でした。

これは、ヴァシリー・グラビン自身がこのショーについて思い出したものです。 ZIS-3は、総生産量が57mmの対戦車砲ZIS-2の砲車に76mmの砲身を重ね合わせたものです。したがって、ZIS-3の生産を開始すると、プラントに負担がかかるだけでなく、逆に、F-22 USVとZIS-2が2門ではなく、2門で生産されるという事実が促進されます。バレルのさまざまなチューブ。さらに、ZIS-3はF-22SPMの3倍の費用がかかります。これらすべてを組み合わせることで、プラントは分割銃の生産を即座に増やすことができます。これにより、製造が容易になるだけでなく、保守と信頼性も向上します。結論として、私はFVX-NUMX分割銃の代わりにZIS-3分割銃を採用することを提案しました。

クリク元帥は、ZIS-3の動作を確認したいと考えていました。ゴルシュコフは命令を出しました:「計算、銃に!」。人々はすぐに彼らの場所を取りました。さまざまな新しいチームが続きました。それらは同じように明確かつ迅速に実行されました。クリクは銃を開いた位置に展開し、条件付きの「戦車で発射」するように命じました。数分で大砲は戦闘の準備が整いました。クリクはさまざまな方向からの戦車の出現を示しました。ゴルシュコフのチームは音を立てました(イワンゴルシュコフ-ゴーキーのグラビンスキー設計局の主要な設計者の1人。-RP):「左側の戦車。正面」、「右側の戦車。背面」。砲兵は十分に機能するメカニズムとして機能しました。私は次のように考えました。 「ゴルシュコフの仕事は報われました。」

マーシャルは、明快さとスピードのために計算を賞賛しました。ゴルシュコフは「電話を切って!」という命令を出しました。ZIS-3は初期位置に設置されました。その後、多くの将軍や将校が銃に近づき、誘導機構のフライホイールを引き継いで彼らと協力し、方位角と垂直面でバレルをさまざまな方向に回転させました。 」

さらに驚くべきことに、設計者にとって、デモンストレーションの結果に対するクリク元帥の反応は、より不可能であることが判明しました。同じ年の3月でも、グラビンがZIS-3の生産開始の可能性について慎重に調査したとき、まったく同じクリクが赤軍はそうしなかったと強く述べたことを念頭に置いて、おそらく予測できたかもしれませんが新しいまたは追加の分割銃が必要です。しかし、戦争の始まりは、明らかに、3月の会話を一掃しました。そして、ここで元帥のオフィスで次のシーンが起こります。それは、ヴァシリー・グラビンが彼の回想録「勝利の武器」で文字通り引用しています。

「クリクは上昇した。彼は少し微笑んで、聴衆の周りを見回し、私に立ち止まった。私はこれを前向きな兆候として評価しました。クリクはしばらく沈黙し、彼の決定を述べる準備をして、次のように述べました。

「あなたは、血が前面に流されている間、簡単な生活の植物を望んでいます。」あなたの銃は必要ありません。

彼は沈黙した。私が誤解したか、彼が予約したように私には思えました。私はなんとか発音しただけです:

-だから、必要ありません!工場に行って、生産中の銃をもっと与えてください。

マーシャルは同じ勝利の表情で立ち続けました。

私はテーブルから起き上がって出口に行きました。誰も私を止めませんでした、誰も私に何も言わなかった。 」

6年一夜

おそらく、ZIS-3が軍の指示に基づいてGrubin KBによって開発されたツールであれば、すべてがはるかに簡単になるでしょう。しかし、この銃は下からのイニシアチブとして作成されました。そして、その外観の主な理由は、判断できる限り、赤軍には高品質の分割銃がなく、便利で製造と使用が簡単であるというヴァシリー・グラビンの断定的な意見でした。戦争の最初の数ヶ月で完全に確認された意見。

すべての独創的なものと同様に、ZIS-3は簡単に言えば生まれました。 「何人かの芸術家(このフレーズは英国の画家ウィリアム・ターナーに起因します。-RP)は、彼が絵を描いた時間の長さの質問に答えました:「私の人生とさらに2時間」とヴァシリー・グラビンは後で書いた。 「同様に、ZIS-3大砲は(設計局の設立以来)6年間、もう1夜は機能していたと言えます。」


グラビンが書いている夜は、工場現場での新しい銃の最初のテストの夜でした。比喩的に言えば、それはデザイナーとして、ゴーキー工場によってすでに生産された他の銃の部品から組み立てられました。ヒラメ-1941年3月に採用された57mm対戦車砲ZIS-2から。バレルは、使用中の分割砲F-22 SPMからのものです。半完成品は、新しいタスクのために変更されました。マズルブレーキだけが真新しいもので、デザインビューローのイワングリバンのデザイナーによって数日でゼロから開発されました。夕方、これらすべての部品が組み立てられ、銃がテストサイトで撃ち抜かれました。そして、工場の作業員は、工場のZIS-3インデックスである新しいツールがあったと満場一致で決定しました。

設計局でのこの運命的な決定の後、彼らは目新しさを洗練し始めました。異なる部品のセットを単一の有機体に変えてから、楽器の製造のための文書を作成する必要がありました。 This process stretched until the summer of 1941. And then the war said its word in favor of the release of a new gun.

Knocking on Stalin

Until the end of 1941, the Red Army lost almost 36,5 thousand field guns in fights with the Wehrmacht, of which the sixth part - 6463 units - made 76-mm divisional guns of all models. "More guns, more guns!" - Demanded the Commissariat of Defense, the General Staff and the Kremlin. The situation was becoming disastrous. On the one hand, the plant named after Stalin, the same number 92, could not provide a sharp increase in the production of guns already in service - it was very labor-intensive and difficult. On the other hand, the ZIS-3 was technologically simple and suitable for mass production, but the military leadership did not even want to hear about the launch of a new gun instead of the ones already produced.

It requires a small digression devoted to the personality of Vasily Grabin himself. The son of an artilleryman of the Russian Imperial Army, a graduate-excellent student of the Military Technical Academy of the Red Army in Leningrad, at the end of 1933, he headed the design bureau, created on his initiative on the basis of the Gorky plant No. 92 "New Sormovo". It was this bureau in the pre-war years that developed several unique tools — both field and tank ones — that were adopted. Among them was the anti-tank gun ZIS-2, tank guns F-34, standing on the T-34-76, C-50, which was armed with tanks T-34-85, and many other systems.

The word “multitude” is key here: the grab community of Design Bureau, like no other, developed new tools in terms ten times smaller than it was then accepted: three months instead of thirty! The reason for everything was the principle of unification and reduction of the number of parts and assemblies of guns - the one that most vividly embodied in the legendary ZIS-3. Vasiliy Grabin himself formulated this approach in the following way: “Our thesis was this: the gun, including each of its units and mechanisms, should have a low link, should consist of the smallest number of parts, but not due to their complication, but due to the most rational constructive scheme , providing simplicity and the lowest labor intensity during machining and assembly. The design of the parts should be so simple that they can be processed with the help of simple tools and simple tools. And one more condition: the mechanisms and units must be assembled individually and consist of nodes, in turn, each assembled independently. The main factor in all the work was the economic requirements with the unconditional preservation of service and operational qualities of the gun. 「」

The unique capabilities of the Grabinsky Design Bureau, coupled with Grabin’s stubbornness (his rivals, whom he had enough, called it stubbornness) in asserting their position, allowed the designer to quickly gain confidence in the highest echelons of power. Grabin himself recalled that Stalin had addressed him directly several times, attracting him as chief adviser on complex artillery issues. Detractors of Grabin, however, argued that he simply knew how to submit the necessary remarks to the “father of nations” in time - that’s the whole reason for Stalin’s love.

One way or another, but as far as is known, he used special relations with the all-powerful General Secretary Grabin not to satisfy his own ambitions, but to give the army those guns that he was convinced she really needed. And in the fate of the legendary ZIS-3 is persistence, or stubbornness, Grabin and his relationship with Stalin played a decisive role.

"We will take your gun"

4 January 1942, at a meeting of the State Committee for Defense Grabin, was waiting for a real defeat. All his arguments in favor of replacing the pre-war 76-millimeter divisional guns with the new ZIS-3 by the general secretary were abruptly and unconditionally. It got to the point that, as the designer recalled, Stalin grabbed a chair behind the back and slammed his legs on the floor: “You have a design itch, you all want to change and change! Work as you did before! ” And the next day, the chairman of the State Defense Committee called Grabin with the words: “You are right . What you did is not immediately understood and appreciated. Moreover, will they understand you soon? After all, what you have done is a revolution in technology. Central Committee, T-bills and I highly appreciate your achievements. Quietly finish the job started. ” And then the designer who had gained arrogance once again told Stalin about the new gun and asked for permission to show him the gun. Grabin recalled, reluctantly, but he agreed.

The show took place the next day in the Kremlin. Vasily Grabin himself best of all spoke about how he was happening in his book “The Weapon of Victory”:

“Stalin, Molotov, Voroshilov and other members of the State Defense Committee came to inspect, accompanied by marshals, generals, responsible officers of the People's Commissariat of Defense and the People's Commissariat of Weapons. All were dressed warmly, except for Stalin. He went out light - in his cap, overcoats and boots. And the day was extremely frosty. It worried me: in the bitter cold, in such light clothes it is impossible to carefully read the new gun.

They reported about the gun everything except me. I just made sure that someone did not mess up. Time passed, and there was no end to the explanations. But Stalin departed from the rest and stopped at the cannon shield. I approached him, but did not have time to utter a word, as he asked Voronov (Colonel General Nikolai Voronov, head of the Red Army artillery. - RP) to work on guidance mechanisms. Voronov took the flywheel handles and began to diligently rotate them. The top of his papakhi was visible above the shield. “Yes, the shield is not for the growth of Voronov,” I thought. At this time, Stalin raised his hand with outstretched fingers, except for the big and little finger, which were pressed to the palm, and turned to me:

- Comrade Grabin, the life of the fighters must be protected. Increase the height of the shield.

He did not have time to say how much to increase, as a “good adviser” was immediately found:

- No, just with three fingers, Grabin sees it well himself.

Having finished the inspection, which lasted several hours - during this time, everyone became acquainted not only with the mechanisms, but even with some details - Stalin said:

- This gun is a masterpiece in the design of artillery systems. Why did you not give such a beautiful gun before?

“We have not yet been prepared to deal with constructive issues like this,” I replied.

- Yes, that's right . We will accept your gun, let the military test it.

Many of those present knew well that there were at least a thousand ZIS-3 cannons on the front and that the army appreciated them highly, but no one had said that. I kept silence too.

Soviet triumph

After such a triumph and an unequivocally expressed will of the leader, the tests turned into a simple formality. A month later, 12 February, ZIS-3 adopted. Formally, it was from that day that her front-line service began. But it was not by chance that Grabin recalled “a thousand ZIS-3 cannons”, which had already fought by then. These guns were collected, one might say, by smuggling: that few people in the assembly were not serial samples, but something new, at factory No. 92. The only "traitorous" detail - the muzzle brake, which other manufactured guns did not have - was made in the experimental workshop, which did not surprise anyone. And on ready-made barrels, which differed almost nothing from the barrels to other guns and lying on the carriages from the ZIS-2, they were placed late in the evening, with a minimum number of witnesses.

But when the gun was officially put into service, it was necessary to fulfill the promise made by the management of the design bureau and the plant: to increase the production of guns 18 times! And, oddly enough to hear it today, the designer and director of the plant kept their word. Already in 1942, the release of guns increased 15 times and continued to grow. This is best judged by the dry numbers of statistics. In 1942, the Stalin plant produced 10 139 cannons ZIS-3, in 1943-m - 12 269, in 1944-m - 13 215, and in the victorious 1945-m - 6005 guns.


The fact that such a production miracle turned out to be possible can be judged by two episodes. Each of them very vividly demonstrates the capabilities and enthusiasm of the employees of the design bureau and the plant.

As Grabin recalled, one of the most difficult operations in the production of the ZIS-3 was cutting the window under the wedge of the shutter - there was a more high-speed wedge lock on the gun. This was done on slotting machines by workers of the highest qualification, as a rule, with golden-haired masters golden hands, which already had no marriage fixed. But there were not enough machines and craftsmen to increase the output of the gun. And then it was decided to replace the slotting with a broach, and the broaching machines at the factory developed themselves and as soon as possible. “For the drawing machine, a third-level worker began to prepare, in the recent past, a housewife,” Vasiliy Grabin later recalled. - The preparation was purely theoretical, because the machine itself was not yet operational. The old slotters, while the machine was debugged and mastered, looked at him ironically and chuckled secretly. But they did not have long to laugh. As soon as the first fit breeders were received, they were alarmed in earnest. And when the former housewife began to give out one breech after another, and without marriage, it finally shocked them. They doubled the production, but still could not keep up with the broach. The old dabblers looked with admiration at the broach, despite the fact that she had “eaten” them. 」

And the second episode concerns the brand distinction of the ZIS-3 - the characteristic muzzle brake. Traditionally, this detail, experiencing enormous loads at the moment of the shot, was done like this: the workpiece was forged, and then highly skilled workers processed it during 30 (!) Hours. But in the autumn of 1942 of the year, the newly appointed deputy director of the plant number 92 for metallurgical production, Professor Mikhail Struseba, suggested casting the muzzle brake blank using a metal mold, a drop-down, reusable shape. The processing of such a casting took only 30 minutes - 60 times less time! In Germany, this method was never mastered by the end of the war, continuing to forge the muzzle brakes in the old manner.

Forever in the ranks

In the Russian military museums there are more than a dozen copies of the legendary ZIS-3 cannon. On account of some of them - 6 – 9 thousands of kilometers traveled along the roads of Russia, Ukraine, Belarus and Europe, dozens of destroyed tanks and dots, hundreds of Wehrmacht soldiers and officers. And this is absolutely not surprising, given the reliability and simplicity of these guns.


And more about the role of the 76-mm ZIS-3 divisional gun in the Great Patriotic War. In 1943, this gun became the main one both in divisional artillery and in anti-tank artillery fighter regiments, where it was a regular gun. Suffice it to say that in 1942 and 1943 the 8143 and 8993 guns were delivered to the anti-tank artillery, and the 2005 and 4931 guns to the divisional artillery respectively, and the ratio becomes approximately equal only in 1944.

The post-war fate of the ZIS-3 was surprisingly long. Its release was stopped immediately after the Victory, and a year later the X-NUMX-mm divisional gun D-85, which came to replace it, was adopted. But, despite the appearance of a new cannon, the Zosya, which has proved itself on the fronts of the Great Patriotic War, has been in service for more than a decade, but not in their homeland, but beyond its borders. A large part of these guns was handed over to the armies of the “fraternal socialist countries”, which used them themselves (for example, in Yugoslavia, this weapon fought until the end of the Balkan wars of the new time) and sold to third countries that needed cheap but reliable weapons. So even today in the videotape of the fighting somewhere in Asia or Africa, you can no-no, and notice the characteristic silhouette of the ZIS-44. But for Russia this gun was and will remain one of the main symbols of the Victory. Victory, inherited by the price of unprecedented exertion of strength and courage both at the front and in the rear, where the weapons of the victors were forged.


SU-76M specifications

SU-76 Sources/links

ギャラリー


SU-76, winter 1942. Only 360 were delivered.


SU-76M, early production, February 1943.


Unknown unit, summer 1943.


8th SPG Military Brigade, Belarus front, February 1944.


SU-76M, unknown unit, winter 1943-1944


6th Guards Tank Army, Austria, April 1945


"Courageous" from the Transbaikal Front, August 1945.


7th Mechanized Corps, winter 1943-44


SU-76M with a spotted winter camouflage made with a brush, Bielorussian front, winter 1944.


SU-76M, unknown unit, Eastern Prussia, April 1945.


Jagdpanzer SU-76(r), 5th SS Panzerdivision "Wiking", Poland, summer 1944.


ビデオを見る: ZiS-3 mm divisional gun 1942 Exterior and Interior