ウシュマル

ウシュマル



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

メキシコのユカタン北西部にあるウシュマルは、西暦6世紀から10世紀の間に栄えた重要なマヤの都市でした。大規模な修復プログラムに従ったこの街は、すべてのマヤ遺跡の中で最もよく保存されており、どこにでもターミナルクラシック建築の最も優れた例がいくつかあります。ウシュマルはユネスコの世界遺産に登録されています。

ウシュマルが東プーク地域の小都市の集まりの首都として完全に確立されたのは、西暦6世紀、またはそれ以前に最初に定住したのは西暦850年から925年の間でした。チチェンイツァのような他の北部のサイトとともに、ウシュマルは他のほとんどのマヤの都市に影響を与えた崩壊を生き延びました。西暦900年。確かに、市は西暦9世紀と10世紀に記念碑の建物の新しいラウンドに着手し、群を抜いて最大のPuucサイトになりました。その後、西暦13世紀と14世紀に、ウシュマルはマヤパンが率いるユカタンの都市国家の同盟の一部でした。

プークスタイルの建築が普及し、アーチ型の出入り口と精巧な装飾がウシュマルの建物の一般的な特徴です。

レイアウトとアーキテクチャ

ウシュマルの石灰岩の建物は、主に北東軸に沿って配置されています。例外は、最南端のサイクルで金星の台頭に直面している知事の家です。要塞の壁が中央の神聖な複合施設を囲んでいます。 Puucスタイルの建築が普及し、アーチ型の出入り口がUxmalの建物の一般的な特徴であり、アーチ型の建物をサポートするために特別に設計された独特のブーツ型のブロックも同様です。建物のファサードは、水平方向に2つの異なる部分に分割されています。プレーンな下部と装飾性の高い上部です。瓦礫の芯の上の細かいベニヤもPuucスタイルの特徴です。街には典型的な神聖な土手道があります(サクベ)マヤの都市の。ウシュマルとカバを結ぶ18kmのアーチは、巨大な記念碑的な持送りアーチと、ローマの凱旋門を彷彿とさせる階段から始まりました。構造はマヤアーキテクチャでユニークです。

下記の主要なモニュメントに加えて、ウシュマルには、珍しい垂直側面を持つボールコート、墓地グループ、北グループ-チャンバーピラミッド、スクワットハウスオブタートルズ、および既知の正方形の4レベルピラミッドの周りに構築された構造物のコレクションも含まれていますウシュマルで最も古い建造物である老婆のピラミッドとして。

建築のハイライト

魔術師のピラミッド

3レベルのピラミッドには、2つの異なるプロファイルがあり、学者は、この構造には西暦6世紀に始まり10世紀に終わる2つの別々の建築段階があると信じています。ピラミッドは角が丸いのが特徴で、上から見るとほぼ楕円形になっており、マヤ建築でユニークなピラミッドになっています。刻まれたマスクで飾られた急な階段が西側を登り、恐ろしい蛇の怪物の口を表すために刻まれた出入り口に到達します。それほど急ではない階段が東側を登り、単一の部屋の構造で終わります。

歴史が好きですか?

無料の週刊メールマガジンにサインアップしてください!

尼僧のクワドラングル

建物は西暦9世紀後半に建てられ、その後数十年でさまざまな追加が行われました。 4つの別々の長方形の建物に囲まれた大きな中庭には、大きな持送りアーチの入り口につながる南側の記念碑的な階段からアクセスできます。建物は豪華な装飾のPuuc建築様式です。構造には、丸天井、細かくカットされたベニヤ組積造、屋根の櫛、各ファサードに沿って正確に番号が付けられ、端に向かって移動するにつれて互いに近づくように設定された非常に多くの出入り口が含まれます。

尼僧院の北館は最も高く、中庭から続く2番目の広い階段からアクセスできる多くの部屋のあるテラスがあります。この構造には13の出入り口があり、ほぼ確実にマヤの天国の13のレベルを表しています。反対側の南館には9つの出入り口があり、マヤ冥界(シバルバー)の9つのレベルを模倣しています。重要なことに、それはまた、4つの中で最も低いセットの建物です。西館には7つの出入り口があり、今回はマヤの神秘的な地球の数を反映しています。さらに、カメ(Pawahtun)を装った地球の神の表現は、建物がミドルワールドを表しており、マヤにとっては太陽が冥界に降り注ぐ場所であったことを示唆しています。東館のモザイクは、この構造が中世界の太陽が昇る地点を表している可能性があることを示唆しています。 4つの建物すべての装飾要素には、石のマスク、スカイバンド、双頭のヘビ、ささやかな茅葺き屋根の家、円形の彫像などがあります。建物の正確な目的は不明です。

知事の家

この24室の建物は、西暦10世紀に、ウシュマルの最後の偉大な統治者であるチャク卿の治世を記念して建てられました。その肖像画は正面玄関の上に配置されています。また、Puucスタイルで構築されており、元々は、コーベルの出入り口で接続された3つの別個のパーツとして考えられていました。建物全体は、尼僧院と同様に、わずかに外側に傾いており(ネガティブバッター)、明るさの印象を与え、建物の長い水平線によって作成された歪んだ視点を修正します。ファサードの上部には、蛇、ステップフレット、格子細工などのモチーフを使用した石のモザイク装飾と、人間の肖像画や小さなわらぶき屋根の家が採用されています。装飾的な石の蛇のマスクが対角線上に配置され、すべてのファサードに印象的な輪郭の三角形を作成します。対照的に、建物の角にはそれぞれ5つの蛇のマスクの垂直線があります。ウシュマルの王宮と同様に、この建物は市の主要な行政の中心地として使用されていました。

ハトの家

知事の家と大ピラミッドのすぐ西に位置するこの建物は、鳩舎に似た多くの小さな開口部がある複雑なファサードにちなんで名付けられました。複合施設には3つのコートがあり、3つのレベルの階段を上るにつれてそれぞれのサイズが小さくなります。その劣悪な状態と非常に装飾的な建築様式は、建物が修道院と知事の家よりも数世紀古いことを示唆しています。


ビデオを見る: ウシュマル