行動に影響を与える手段として神に訴えるための証拠

行動に影響を与える手段として神に訴えるための証拠

神に訴えることは、主観的で客観的なものにする便利な方法です。

例えば:

Aさん:姦淫は絶対にしないでください。
Bさん:でも姦淫は私には完全に受け入れられます。それはあなたの意見です。
Aさん:いいえ。神はそれが間違っていると私たちに告げています。
Bさん:ああ。わかった。

初期の文明のエリートが(より広い社会の利益のために)自分たちの目的のために社会的行動に影響を与える手段として宗教を破壊的に採用したという証拠はありますか?

容認できる証拠は、そのような計画のドキュメンタリーである可能性があります。


最終的にこの質問は意見に基づいていると思いますが、興味深いものであり、すでに1つの良い答えが生成されているので、開いたままにしておく必要があります。

最初の行の前提は支持されていないと思います。「神に訴えることは、主観的で客観的なものにするための便利な方法です。」

質問に答える方法はいくつかあります-最良の方法は@Semaphoreが提案するテストです-占いの結果が政治的な理由で受け入れられないことを示すテキストのアーティファクトです。そのようなことが起こっている例は複数あると思います。私が正しく思い出すと、ハンニバルに対するローマのキャンペーンは、将軍が鳥占いを拒否し、別の試みのためにアウグルを送り返したために遅れたいくつかの戦いを特徴としていました。それは、将軍が神のプロセスを破壊した結果だったのか、それとも、鳥占いと戦術的な状況を調和させない敬虔な将軍の行動だったのか。すべての占いには何らかの解釈が含まれ、観察された現実と対立する解釈を常に拒否する必要があります。

アンリ4世の「パリは大衆の価値がある」という言葉は、このカテゴリーに当てはまるかもしれませんが、彼は宗教を通じて社会に影響を与えようとはしていませんでしたが、政治的目的のために忠実さを放棄していました。しかし、彼のコメントが完全に冷笑的だったとは断言できません。

「天命」の中国の口述が発動される可能性があります-私は中国の学者ではありませんが、これができる原則であると理解しています それだけ 事後的に適用されます-支配者は天命を持っており、天命を持っていないことを示すことができる唯一の人々は、証言録取され、失敗した支配者です。この破壊、または天国が王を支持するという誠実な信念ですか?

信仰の擁護者であるイギリスのヘンリー8世は、宗教当局の政治的決定によって解釈されるように、彼の王朝への義務と彼の信仰への義務との間の矛盾のためにローマカトリックの信仰を放棄しました。それは破壊的でしたか、それとも誠実な回心でしたか?

コンスタンティンは十字架のシンボルの下で戦いましたが、キリスト教への改宗を何年も遅らせました。破壊の例であると主張する人もいれば、それは誠実な回心であるが政治的現実によって媒介されていると主張する人もいます。

セイラム魔女裁判は、実際的な理由で数え切れないほどの宗教的な家庭に住む若い女の子の例であると主張する人はたくさんいます。この主題に関するブラッグ卿の最近のポッドキャストは、ティテュバが社会的な物語に合うように超自然的なものでの彼女の経験を覆し、彼女を殺すことから彼らに影響を与えたと主張しているようです。

アメンホテプの下でのエジプトの回心とその後の再犯も例として提起されました。

同様の告発は、ガリレオの非難が神の意志または教会の善に基づいていた可能性がある教皇ウルバヌス8世に対して平準化されています。

私は多くの物語を読んだので道に迷いましたが、過去12回、Delphic Oracleに関する執筆に遭遇したとき、物語はOracleの発話が政治的現実に合うように曲がっていると想定していました。

最終的に、すべての宗教指導者は、信仰、語用論、インスピレーションの間のあいまいな領域で行動します。彼らはおそらく誠実な選択をします-自分の異端を記録するには壮大な傲慢な行為が必要です。


いくつかの初期の文明のエリートは、王族の神格化を通じて彼ら自身の目的のために宗教を採用しました。私の個人的なお気に入りの1つは、カリグラです。一般的に、彼はメガロマニアをまったく新しいレベルに引き上げたからです:-)


ソクラテスの神聖な兆候:ソクラテス哲学における宗教、実践、価値

ピエール・デストル&#233eとニコラス・D・スミス(編)、 ソクラテスの神聖な兆候:ソクラテス哲学における宗教、実践、価値、Academic Printing and Publishing、2005、192pp、26.95ドル(pbk)、ISBN0920980910。

ニューヨーク市立大学ニコラス・パパスによるレビュー

ソクラテスに関する会議からの10の論文 ダイモニオン (Brussels 2003)ソクラテスのパズルのその部分について今日知られていることを評価し、まだ解決されていないさまざまな問題について議論します。章は、リュック・ブリッソン、マーク・L・マクフェラン、ゲルト・ヴァン・リエル、トーマス・C・ブリックハウス、ニコラス・D・スミス、ピエール・デストレ、ロズリン・ワイス、マーク・ジョヤル、ミシェル・ナルシー、ルイス・アンドレ・ドリオン、アルド・ブランカッチによって書かれています。

プラトンの対話に描かれているソクラテスは、 ダイモニオン 彼に来た合図。その言葉 ダイモニオン 形容詞の意味は「 ダイモーン -ish "-神聖な、または多分前世紀の英語が「奇妙な」と呼んだもの。

とにかく、サインはある種の声として来ました、そして、ソクラテスは子供時代からそれを聞いたと主張しました。それは、プロトレプティックではなく、アポトレプティックであり、ソクラテスに何らかの行動をとるように命じることは決してありませんでしたが、有害な行動に着手する機会があったときはいつでも、落胆する言葉を聞いたことを確認するだけでした(謝罪 31d)。

クセノポンのソクラテスは、ある行動を別の行動よりも支持することを躊躇しなかった、やや異なる声を聞いた。プラトンは一貫して抑制神のエージェントを提示します。

しかし、クセノポンとプラトンは、ソクラテスがそのような有名な失敗で身を守った裁判に関連して、ソクラテスの神聖な兆候について特別に議論する必要があることに同意します。プラトンの裁判の説明の中で、ソクラテスは、その日、法廷に行く途中、または彼の(即興で高慢な)弁護演説の間に、不気味なのぞき見を聞いていなかったと述べています。彼は死刑判決のニュースを平静に受け入れ、それ以来、 ダイモニオン 彼を止めなかった、彼の行動に続く死は悪いことではないはずです( 謝罪 40a-c)。

(クセノポンはこの最後の議論のバリエーションを提供しますが、同様に、ソクラテスを幸せな死に向けて実際にスピードアップする神のしるしを描いています。)

プラトンソクラテスに関する限り、プラトンの 謝罪 神のしるしに関するすべての重要な一般情報が含まれています。その他の言及は、5つの対話で発生します。 Euthydemus、Euthyphro、Phaedrus、Republic、Theaetetus 。もあります アルキビアデス 、プラトンの本物の作品として広く受け入れられていない、そして 年齢 、まったく本物とは見なされません。追加の言及は、何を増幅または説明します 謝罪 と言うので、プラトンの読者にとっては ダイモニオン ほんの一握りの節で触れられたいくつかの奇妙な特徴に相当します。

過去半世紀の間、ソクラテスの神聖なしるしの話題は、続ける証拠がほとんどないためか、宗教の主題がプラトンの解説者を当惑させたためか、ほとんど無視されてきました。結局のところ、ソクラテスは合理性に取り組んでいました。彼が受け取ったそのサインが本物であるならば、それは彼の理由が彼に言ったことと互換性がなければならなかったでしょう。それを理性の声以外のものとして扱っても意味がありません。

ただし、現在のボリュームは存在します。 ダイモニオン 質問はソクラテス奨学金の傍観者にとどまりません。同じ理由で、この巻の共同編集者の1人であるニコラスD.スミスは、最近、やや類似した分野をカバーする別のコレクションの共同編集者でもありました。スミスとポールB.ウッドラフ(編)、 ソクラテス哲学における理由と宗教 (オックスフォード大学出版局、2000年)。

理解することは不可能ですが、神のしるしは、ソクラテスが誰であり、彼が何をしたかという全体像に関連しています。その男は実際、現代人が合理主義と呼んでいるものでしたか?彼の理性へのコミットメントは彼を無神論者にしましたか?

また、ソクラテスだけが神の合図を聞いたように見えることを考えると、プラトンは彼を何かユニークなものと見なしましたか、それとも彼の人生はすべての人間が利用できる可能性でしたか? (1つだけで哲学をしますか ダイモニオン ?)

もっと広く:なぜソクラテスは試みられ実行されたのですか?彼の神聖なしるしの経験は、どのように、そしてどのような理由で彼の信念と死につながったのでしょうか?

ソクラテスは彼の奇妙な声が聞こえるまで理解できないので、それゆえ、最優先事項はその声が何であるか、そしてそれがどのように機能するかを決定することです。古代の証言は理解できないものではなく、すべてが矛盾しているわけではありませんが、それは彼らが値する徹底的にまだ扱われていない質問を提起し、確かに決定的な答えを与えられていません。

例:ソクラテスは「声」のような言葉でどのような経験を参照しましたか?誰がそのメッセージを送ったのですか?それはその意味を袖につけていましたか、それとも説明が必要でしたか? 「いいえ」と言っているだけですか?

人も疑わしくなります。プラトンとクセノポンがサインについて、そしてそれぞれのバージョンの裁判で何を言ったか、何を言わなかったかについて話すのに特別な苦労をしたのはなぜですか?たぶん彼らはソクラテスを彼の間違いのない警告システムによって魔法のように保護されていると考えていたのかもしれません。彼らはサインについて間違っていたのでしょうか、そしてソクラテスはただの普通の人でしたか?その不安がプラトンとクセノポンを襲った場合、ソクラテスが彼の死刑判決をハッピーエンドと見なした理由の兆候と説明に対する彼らの複雑な訴えは、声の明らかな失敗の事後の合理化であった可能性があります。

声とそのメッセージに関するこれらの特定の質問は、 ソクラテスの神のしるし。 11人の著者は、ソクラテスを理解するために学んだことを利用することを望んで、神のしるしについての新しい洞察のために利用可能なプラトニックの証拠をふるいにかけます。

これらの記事の著者を分けるのは、唯一適切なのは、神のサインを取り巻く論争の的となる問題です-サインが神から来ているのか、それともソクラテスの内部から話しているのか、それが人間の間でのソクラテスの独自性を証明するのか、それとも逆に彼は他のすべての人が従うべきパラダイムです。これらの討論や他の討論の両側の立場のための十分なスペースを備えたこのコレクションは、活発で重要な議論について読者に最新の情報を提供します。

おそらく、古代哲学を研究していない哲学者は、アンソロジーに焦点を合わせすぎていることに気付くでしょう。そして、ソクラテスへの長年の関心にもかかわらず、著者がこれらの文章を分析する顕微手術は、一般の読者が本に来ないか、それを固執しないことをほぼ保証します。それでもそれはその影響力を持ちます。大学でプラトンとソクラテスを教えるほとんどすべての人は、 ダイモニオン このコレクションのその記事は挑戦します。それらの学者はそれを読んだ後にこの本を読むべきであり、彼らは確かに新しい方法でソクラテスについて話すでしょう。そのような本を手に入れるのは良いことです。

さらに、そのような本を知っているのは良いことです できる 今日出てきて、古代思想の研究における歓迎すべき変化を語る時代の心強い兆候。 30年以上の間、ギリシャの宗教の真剣な評価は、古代の信念と実践を以前よりも研究する価値があるように見せてきました。 WalterBurkertとJean-PierreVernantの名前は、この企業の多くの中で最も有名なものにすぎません。それでも哲学者は、5世紀と4世紀のアテナイの思想に「自由思想家」の仕事以外のものとして対応するのに苦労しています。トゥキディデスと、5世紀へのすべての現代のガイドとしての彼の役割を非難することができます。オラクルに対する彼の焦りを持ったトゥキディデスは、ソクラテスのアテネを今日のアメリカの哲学科のように非現実的に見せることができます。

しかし、ソクラテスは当時の知的ファッションに奴隷にされたアテナイの群衆の中の男ではありませんでした。プラトニックソクラテスは夢を聞いて耳を傾けることについて話しました(謝罪 , クリトン , フェド )そしてDelphicオラクルに従うことについて( 謝罪、共和国 )彼はゼウスにワインをこぼした シンポジウム。 他のいくつかの対話で( イオン、フェドロス )彼は詩を神の霊感に帰した。彼が聞いた声は神性を含む人生の一部であり、ソクラテスについての理論は、そうでないふりをすると不完全になります。

したがって、トーマス・ブリックハウスとニコラス・スミスがグレゴリー・ヴラストスの還元主義的な神のしるしの読み(合理的な予感としての声)に反論するとき、彼らはソクラテスの抑圧された側面を絵に戻すのを助けています(44-49)。ソクラテスの経験は真に宗教的でした-ブリックハウスとスミスも指摘しているように、それは非合理的ではありません(61-62)。

マーク・マクフェランも、ソクラテスの合理性の一般的な解釈を拡大するために取り組んできました。彼がこの本の一部であるべきであるのは当然のことです:彼はスミス-ウッドラフの巻で主要な役割を果たしました、そして彼自身 ソクラテスの宗教 (ペンシルベニア州立大学出版局、1996年)は、ソクラテスの信心深さと彼の哲学的事業との間の互換性について長々と主張した。

マクフェランはいくつかの点で典型的な貢献者です。これらはソクラテスで広く認識されている名前である傾向があります-研究、知識が豊富で明確な思考だけでなく、想像力豊かな学者。彼は注目に値する1つの点で際立っています:彼はアテネの宗教に関する現代の研究について常に知らされており、彼の研究をソクラテスの評価に取り入れています。

マクフェランの本には、彼がギリシャの宗教についての知識をどのように使用しているかについての最も多くの例が含まれていますが、ここにもいくつかあります。彼の記事 ソクラテスの神聖なしるし ソクラテスとアポロの関係としてそれを探求することによって、声への言及を生き生きとさせます(26-30)。マクフェランは、夢に対するソクラテスの信頼を、アリストテレスの懐疑論に並置します。 睡眠中の占いについて 464a、ソクラテス(13-14)を見るための文化的なレンズを提供する。これらはギリシャの宗教についての詳細な調査ではありませんが、それでも本の他の記事にあるものを超えています。ほとんどは、ソクラテスの同時代の人々がどのように彼らの宗教を実践したかを参照せずに、そして特にこの主題に関する最近の研究が何を発見したかを参照せずに進んでいます。

別の言い方をすれば、ソクラテスの神聖なしるしについてのすべての主張は、十数節未満にとどまらなければならないのは事実です。しかし、これらのいくつかの節を検討することは、古典的なアテナイの宗教的慣習の背景についての質問を除外する効果をもたらす可能性があります。この本のほんの少しのフレーズだけが、その日の宗教を考慮する余地さえ許しています(例えば、31-32、62、72、85、109、148)。多くの場合、そのような言及はより多くの質問を提起するだけです。

プラトンが神のしるしを「伝統的な宗教的な考え方と混同したくない」という学術的コンセンサスについて書いているピエール・デストレを取り上げてください。 ダイモーン 個人的な保護者として」(62)。デストレは後にこのコンセンサスに抵抗し、「 ダイモーン 生まれた時から一人一人に付けられたように」(72)いずれにせよ、彼は議論が詳細から利益を得るであろうまばらで曖昧な参照で自分自身を満足させます。 ダイモーン 彼はどういう意味ですか?

キリスト教が到着するかなり前から、ギリシャ人は ダイモーン 悪意のある活動の源として。最も一般的にはBurkertを参照してください。 ギリシャの宗教 (ハーバード大学出版局、1987年)、180-81。の オデッセイ 5.396病気は「嫌い[ stugeros ] ダイモーン、 「迷信的な間接参照を持つピンダロスは「その他 ダイモーン " ( パイス。 3.34)。確かに「良い ダイモーン 「アリストパネスの登場人物がお酒を注ぐ人( 騎士 85, ハチ 525)呼び出されただけかもしれません アガトス 婉曲表現として、彼をなだめるための努力の一部。

悪意のある証拠があっても ダイモーン 「個人的な保護者」への言及よりも優勢ではありません。その証拠の存在は、ソクラテスが何をほのめかしていたのか、または彼が同時代の人々にどのように聞かれたのかという疑問を引き起こします。ここで許可されているように、ソクラテスの言葉が個人的なヘルパーについての「伝統」に基づいていることは言うまでもありません。

別の論文で、ゲルト・ヴァン・リエルは神のしるしのプライバシーを強調しています、そして当然そうです。ソクラテスの「宗教」の政治的重要性は、確かに、彼の仲間の市民が言うことから取り除かれた道徳的な試金石への彼の特権的なアクセスと関係があるに違いありません。

しかし、再び、その曖昧さが拡散光だけがソクラテスに当たることを許す「伝統」への魅力があります。 「ソクラテスと彼の関係 ダイモーン 伝統的な神々の介入に関しては決してそうではありません」(35)。 一度もない? ヴァンリエルはこの主張の証拠を引用していません(彼の判決はロバートガーランドから来た可能性があるように聞こえますが:参照してください 新しい神々の紹介 [コーネル大学出版局]、149)。何とは対照的に、プライベートを知るのに役立ちましたか? 「受信者の個性への」排他的なリンクに関するこの心配(35)は、特定の対比の助けを借りて具体化する必要があります。

たとえば、オラクルはどうですか?ソクラテスの時代には、判断を求めるのはますます個人であり、ペルシャが政府間の神託の信頼性を損なうことで勝利するというデルファイの以前の予測(Burkert116)。プライベートクライアントへの神聖なメッセージは、排他的な介入としてカウントされませんか?

または、この個人的なタッチを検討してください。ソクラテスの前に、ピタゴラス教徒は話しました ダイモーン 彼らが-そして明らかに他の誰も-見ることができなかった人(アリストテレス、frag.193)。それとソクラテスの彼への排他的アクセスの違いは何ですか ダイモニオン ボイス?ヴァンリエルのプライバシーへの焦点は確かに正しくなければなりませんが、彼の目的はギリシャの慣習についての一般化によって助けられていません。

Smith-WoodruffアンソロジーのAsliGocerによる記事は、アテネ全体についてのより良い証拠がないため、ソクラテスの「宗教」を分類することに対してすでに警告していた(「ソクラテスの宗教哲学の新しい評価」)。ソクラテスを非国教徒と呼ぶには、彼が何を順守していたかについてのはるかに優れた歴史的情報が必要だとゴーサーは言います。 (123-125).

Gocerはさらに先に進むことができます。ソクラテスが彼の仲間のアテナイ人と比較して立っていた場所だけでなく、彼が彼らに言っていると彼らが理解したことでさえ、彼の仲間の市民の宗教の明確な絵がない限り、不確定なままです。ソクラテスが形容詞を使うとき ダイモニオン 、彼はおそらく彼が受け取っているメッセージについて何かを伝えたいと思っています。それで、それは何ですか?とは ダイモニオン プラトニック以前のアテネで、それはどのように話されていますか?

ギリシャの宗教の歴史は、神のしるしに言及しているすべてのプラトニックの一節の精査に取って代わることは決してありません。このアンソロジーの寄稿者は、彼らが引用する箇所に厳しい質問をするのは正しいことです。質問をすることは哲学者の仕事であることに変わりはありません。

しかし、哲学者が答えを聞くことに傾倒している場合、哲学の歴史家はその間しようとしています 以上 今ではほとんど聞こえない質問に対する遠い答えを聞いてください。ここで宗教的実践の研究が始まります。アテナイ人がお互いにつぶやいていたこと、またはプラトンが彼らに言ったことを理解するために、今日の盗聴者は、ソクラテスがそれに参加する前に会話がすでにどのように進んでいたかを知る必要があります。


1.討論のための概念フレームワーク

心理的エゴイズムは動機についての論文であり、通常は人間の(意図的な)行動の動機に焦点を当てています。それは、隠された、裏の動機の観点から人々の行動について私たちが時々与える種類の説明に例示されています。エイブラハムリンカーンに関する有名な物語は、これを有益に説明しています(Rachels 2003、p.69を参照)。リンカーンは、子豚のグループが溺れるのを防ぐために突然立ち止まったとき、私たち全員が最終的には利己的であると主張したと言われています。彼の対話者は、リンカーンが彼自身の理論に対する生きた反例であることを指摘しようとして、その瞬間をとらえました。リンカーンは、彼が彼自身の幸福であると思ったもの以外の何かに関心を持っているようでした。しかし、リンカーンは次のように答えたと伝えられています。安心するためにやったんですよね?」

心理的エゴイストは、リンカーンのような私たちの動機の説明は、あらゆる場合に私たち全員に当てはまると考えています。物語は、心理的エゴイズムの擁護者が行うべき多くの微妙な動きがあることを示しています。したがって、競合する利他的理論と利他的理論、およびそれらの間の議論の条件について明確な考えを得ることが重要です。

NS。裸の論文

利己主義はしばしば利他主義と対比されます。利他主義と利他主義の議論は、ある意味で利他主義の可能性に関係していますが、通常の用語「利他主義」は、ここで主に関心のある問題を追跡しない場合があります。この用語の少なくとも1つの通常の使用では、誰かが利他的に行動することは、単に自分自身に利益をもたらすという下品な動機なしに、他の人の福祉への懸念によってのみ動機付けられていることに依存します。ここでの利他主義はの特徴です 動機 それが行動の根底にある(Sober&amp Wilson 1998、p.199)。 (生物学でかなり技術的な意味で使用されることが多い「利他主義」の別の意味は、単に行動的なものです。§4aを参照してください。)この点で、この通常の利他主義の概念は、哲学的に興味深いものに近いものです。しかし、違いがあります。たとえば、通常、私たちは「利他主義」という用語を、大きな自己犠牲や英雄主義などのかなり非典型的な行動にのみ適用しているようです。しかし、心理的エゴイズムについての議論は、根底にある動機に関係しています 全て 私たちの行動の(Nagel 1970/1978、p。16、n.1)。

通常の用語に関係なく、哲学者が「心理的エゴイズム」とラベル付けしているのには、特定の重要な特徴があります。エゴイズム-利他主義の議論の明確で正確な説明を作成することは、最初に思われるよりも難しいです。タスクを簡単にするために、討論における位置の非常に裸で概略的な定義から始めることができます(2011年5月、27ページはRosas 2002、98ページも比較してください):

  • 心理的エゴイズム:私たちの究極の欲望はすべてエゴイスティックです。
  • 心理的利他主義:私たちの究極の欲求のいくつかは利他的です。

ここでは、「欲望」という用語をかなり広い意味で使用し、単に やる気を起こさせる精神状態—これらの用語の少なくとも1つの意味で、通常「動機」または「理由」と呼ばれるもの。しかし、「究極の」欲求とは何ですか、そしてそれはいつ「利他的」ではなく「利他的」なのですか?これらおよび関連する質問に答えることで、討論に必要なフレームワークが提供されます。

NS。利他的欲求と利他的欲求

私たちは、利他的欲求と利己的欲求を持っていることが何であるかを特徴づけることによって、私たちの裸の論文に実体を追加し始めることができます。一部の哲学者が指摘しているように、心理的エゴイストは、自分の究極の欲求のすべてが懸念していると主張しています 自分 ある意味で。ただし、エゴイスティックな欲求は自分自身にのみ関係することを明確にする必要があります 幸福、利益、または福祉。敵の破壊に対する悪意のある究極の欲求は自分自身には関係ありませんが、利他的ではありません(Feinberg 1965/1999、§9、p。497Sober&amp Wilson 1998、p.229)。

同様に、この文脈での一般的な使用にもかかわらず、「利己的」という用語はここでも適切ではありません。心理的エゴイストは、私たちが最終的には自分自身の福祉(私たちが考えているもの)だけを気にかけていると主張していますが、これは必ずしも わがまま。当然のことであり、誰にも悪影響を及ぼさない昼寝をしたいという究極の欲求を考えてみてください。これは自分自身の利益に関係しますが、それが利己的であるという意味はありません(Henson 1988、§7Sober&Wilson 1998、p.227)。 「自己利益」という用語はより適切です。

これらの点を念頭に置いて、私たちは次の方法で利他的および利他的な欲求を特徴づけることができます。

  • 人の欲望は エゴイスティック それが(自分が何であると認識しているのか)自分自身の利益に関係し、他の誰にも関係しない場合(そしてその場合のみ)。
  • 人の欲望は 利他的 少なくとも自分以外の誰かの利益に関係する場合(そしてその場合に限り)。

ある意味で欲望が人を表すことが重要です 自分として (または、場合によっては、 別のように)。たとえば、ジョンが目の前にいるように見える男性の髪の毛に火を消すのを手伝いたいと思っているが、実際に鏡を見ていることを知らず、自分の髪の毛が燃えているとします。ジョンの欲望が究極であり、単に髪の毛を炎上させることである場合、彼の欲求を誰かに関するものとして数える必要があります 自分以外、実際には彼は髪の毛を燃やしている男ですが(Oldenquist 1980、pp。27-8Sober&amp Wilson 1998、p.214)。

NS。究極の/本質的な欲望

究極の欲望に焦点を当てる理由は、心理的エゴイストは、私たちが利他的な欲求を持っていることが多いことを否定しないからです。しかし、彼らは、そのような利他的な欲求はすべて、最終的にはより基本的な利他的な欲求に依存していると主張しています。言い換えれば、私たちが他の人を助けるとき、私たちには下心があります。それは、意識や内省のレーダーの下を飛ぶ傾向がある可能性があります。

したがって、私たちは、目的を達成するための手段を求める欲求と、それ自体が目的を達成することを望む欲求との間に共通の哲学的区別を描かなければなりません。 器楽の欲望 他の何かのための手段として何かに対して持っているそれらの欲求ですか 究極の欲望 他の何かへの手段としてではなく、それ自体が目的として何かに対して持っている欲求です(Sober&amp Wilson 1998、pp.217-222を参照)。前者はしばしば「外因性の欲求」と呼ばれ、後者は「内因性の欲求」と呼ばれます(例:Mele 2003 Ch.1.8を参照)。喜びへの欲求と痛みの回避は、パラダイム的な究極の欲求です。なぜなら、人々は、他の何かへの単なる手段としてではなく、自分自身の目的としてこれらを望むことが多いからです。しかし、究極の欲望のクラスには、これ以上のものが含まれる可能性があります。

NS。利己主義と利他主義の関係

心理的自我主義と利他主義が互いにどのように関連しているかに関して強調すべき2つの重要な側面があります。第一に、心理的エゴイズムは、より強力で普遍的な主張をします。 全て 私たちの究極の欲求の一部はエゴイスティックですが、心理的利他主義は単に弱い主張をします いくつか 私たちの究極の欲望のは利他的です。したがって、前者は 一元論 後者は 多元 論文(Sober&amp Wilson 1998、p.228)。その結果、心理的エゴイズムは反対の見方よりも反論しやすい。人の究極の欲求の一部(1つだけでも)が利他的であることをうまく実証できれば、心理的エゴイズムを安全に拒否することができます。たとえば、トーマスが他の人の痛風のつま先からかかとを外した場合、その人がその恩恵を受けることを最終的に望んでいるため、心理的エゴイズムは誤りです。

第二に、利他的でも自我的でもない欲求があれば、討論の立場はお互いを正確に否定するものではありません(Stich、Doris、&amp Roedder 2010、sect.2)。バーナード・ウィリアムズの例を挙げると、「狂人」は「チンパンジーのお茶会を大聖堂で開催する」ことを究極的に望んでいる可能性があります(1973年、263ページ)。彼は、そのような光景を見て楽しむなど、他の目的のための手段としてこれを望んでいません(たとえば、彼は死後の意志でこれを確保するかもしれません)。そのようなお茶会への欲求が利他的でも利他的でもないと仮定すると(それは誰かの幸福とは関係がないため)、それは利他主義と利他主義の議論を解決するでしょうか?完全ではありません。それは、私たちの究極の欲求のいくつかがエゴイスティックではないことを示すので、心理的エゴイズムが間違っていることを示します。しかし、それは私たちの究極の欲求のいくつかが利他的であることを示していないので、心理的利他主義が真実であることを示すことはありません。同様に、私たちの究極の欲求のどれもが他人の利益に関係していないので、心理的利他主義が間違っていると仮定します。それが本当なら、心理的エゴイズムはそれによって真実ではありません。狂人のように、エゴイスティックではない究極の欲求がある場合も、それは誤りである可能性があります。重要なのは、これらは矛盾しているということです。両方を真にすることはできませんが、両方を偽にすることはできます。


灰色文献の定義

灰色文献報告書は、灰色文献を、政府、学者、企業、業界のすべてのレベルによって作成されたが、商業出版社によって管理されていない文献として定義しています(灰色文献報告書n.d.)。これには、レポート、論文、会議議事録、および商業的に公開されていない公式文書が含まれます。

この論文の目的のために参照された可能性のある灰色文献の潜在的な範囲は広大です。とりわけ、私は、国際開発、人権、政治的および政策的擁護などの分野で主に活動している国際組織、NGO、シンクタンク、財団、コンサルタント組織、および個々の専門家によって作成されたレポートや出版物を利用しました。取り込み。一部の情報源はハイブリッドです。組織や専門家は、査読付きのジャーナルや、大学を拠点とする、または独立した研究センターによって作成された査読なしのリソースにも掲載しています。私の主な関心は、証拠に基づく政策を推進する上で同僚や被付与者を支援する最善の方法を学ぶことに関心を持つオープンソサエティ公衆衛生プログラムの助成金提供者として、私や他の人が利用できる情報を提供する出版物を特定することでした。したがって、この記事の目的のために、私はこの分野での自分の仕事から私に馴染みのある組織や情報源から始め、尊敬される同僚から私に勧められ、最初のグループで参照および参照された追加のリソースに分岐しました。これは包括的な調査であるとは言えませんが、利用可能な豊富なリソースのサンプルを提示することを目的としています。

私が集めたリソースは、2つの主要なグループに分類されるようでした。最初のグループ化は、主に南北問題の証拠に基づく政策に関係しており、個々の政策決定者が意思決定を行う方法に影響を与える認知的および心理的要因に焦点を当てています(たとえば、Baron、2010およびBales、2015aを参照)。これらのリソースは、認知科学や神経心理学などの分野での最近の研究を利用しており、そのような研究と、人間の意思決定について私たちが知っていることを物語が活用する方法とを明確に結び付けています。 2番目のグループは、主に国際開発の文脈における証拠に基づく政策に焦点を当てており、政策プロセスが行われる政治的および組織的文脈とグループのダイナミクス、および決定に到達するための制度的プロセスにより多くの注意を払う傾向があります(を参照)。たとえば、Smutylo、2005 Young and Mendizabal、2009およびYoung et al。、2014を参照してください。


被告は、不当な捜索および押収に対する第4修正権、自己負罪に対する第5修正権、刑事事件における弁護士に対する第6修正権など、憲法修正第4条の権利に違反して警察または検察官が入手した証拠を抑圧するように動くことができます。 。 Evidence obtained in violation of a defendant’s rights is known as “fruit of the poisonous tree.”見る Silverthorne Lumber Co. v. United States, 251 U.S. 385 (1920). The rule requiring suppression of such evidence, known as the exclusionary rule, applies in all federal and state cases, according to the Supreme Court’s ruling in Mapp v. Ohio, 367 U.S. 643 (1961).

The Supreme Court has narrowed the scope of the exclusionary rule in recent years. However, proponents argue that the exclusionary rule deters police from conducting illegal searches.


Disturbing Divine Behavior: Troubling Old Testament Images of God

A dangerous book - but probably in the best possible way. I came away thinking, &aposOh wow, you mean I don&apost have to believe that God actually commanded the Israelites to commit genocide against the Caananites?&apos Of course, for some people, they may feel like this book is crumbling the foundations of their faith - if their faith is built on the Old Testament being completely true, ethically and historically. (Even the bits which don&apost agree with the other bits.)

Seibert brings the conclusions of cont A dangerous book - but probably in the best possible way. I came away thinking, 'Oh wow, you mean I don't have to believe that God actually commanded the Israelites to commit genocide against the Caananites?' Of course, for some people, they may feel like this book is crumbling the foundations of their faith - if their faith is built on the Old Testament being completely true, ethically and historically. (Even the bits which don't agree with the other bits.)

Seibert brings the conclusions of contemporary scholarship to the problem of the troubling divine images of God in the Old Testament historical narratives - images of God committing genocide (the flood) or demanding the Israelites commit genocide. He argues from historical, archaeological, theological and textual perspectives that divine behaviour which contradicts God revealed in Jesus Christ did not happen. A gap exists between the textual God and the actual God.

There are a lot of questions I need to ask about this book, and I'm working on a lengthy review for my blog. He doesn't say anything particularly new, but he articulates in a systematic and readable way things not enough of us dare say about the troubling nature of the Old Testament and possible approaches to it. He comes from an evangelical Anabaptist background and deals sensitively with issues evangelicals will be wrestling with, but he certainly doesn't maintain a conventional evangelical understanding of the authority or nature of scripture. 。もっと

This book promises much but delivers nothing.

Seibert&aposs main thesis is that Jesus is the ultimate revelation of God, and so any portrayal of God that appears to be different must of necessity be false. This sounds reasonable and fair.

However, Seibert proposes a "Christo-centric" hermeneutic, which depicts Jesus as and was a man of peace and love, and then uses this approach to review the validity of portrayals of God in both Old and New Testaments.
In this way Seibert concludes that most of the O This book promises much but delivers nothing.

Seibert's main thesis is that Jesus is the ultimate revelation of God, and so any portrayal of God that appears to be different must of necessity be false. This sounds reasonable and fair.

However, Seibert proposes a "Christo-centric" hermeneutic, which depicts Jesus as and was a man of peace and love, and then uses this approach to review the validity of portrayals of God in both Old and New Testaments.
In this way Seibert concludes that most of the Old Testament descriptions of God are clearly false, explaining them away as either myth or misconception. Seibert even dismisses the New Testament teaching of the Final Judgement asserting that a loving God could never send anyone to hell.

The problem is that Seibert has been very selective in the texts he has used to build his portrayal of Jesus. Seibert has chosen to ignore Jesus own teaching on the Final Judgement and heaven and hell. Jesus described hell as a terrible place using terms such as blackest darkness where there is gnashing of teeth. He also ignores times when Jesus was clearly angry, and exercised direction action to right evil practices, such as the tuning over the money changers tables and driving out the money changers with a whip.

And so Seibert has actually constructed an unscriptural caricature of Jesus, and has used this to construct a false god in his own image.

Moreover, Seibert does not consider the ultimate result of the false god he has created. He does not seem to understand that a truly good God MUST punish evil. We can illustrate this by considering an earthly court room. Imagine what would happen if a person found guilt of child abuse, rape and mass murder appealed to the goodness of the not let restrict his liberty with a prison sentence, but rather release him. The judge is never going to consent, but because the judge is a god man he will ensure that the crimes are punished, and that the man's freedom is restricted so that he can commit no further crimes.

The same is true with God. God is good. There are two sides to this first it means that God is love but it also means that God is just and righteous, and hence must of necessity punish evil.

Seibert misses the point that many of the Old Testament prophecies emphasise both God's love and righteousness. Hosea is a perfect example of this, where God is pictured as a spurned husband who clearly longs for reconciliation with his adulterous wife, and yet ultimately will take action to close the relationship when all notion of reconciliation is exhausted.

This book, then, is academically lightweight, building an image of God which is not based on a sound analysis of the evidence, but rather ignores most of the evidence in order to support a god of Seibert's creation. 。もっと

Readers of the Bible expect to encounter stories of human beings behaving badly, but they are sometimes taken aback by stories depicting God behaving badly. In the Old Testament, there are approximately 1,000 passages that speak of Yahweh’s anger, threats, punishments, revenge, and killing. “No other topic is as often mentioned as God’s bloody works.”

Eric Seibert, an associate professor of Old Testament, calls the troubling or dark side of God “disturbing divine behavior.” Some Christians who vi Readers of the Bible expect to encounter stories of human beings behaving badly, but they are sometimes taken aback by stories depicting God behaving badly. In the Old Testament, there are approximately 1,000 passages that speak of Yahweh’s anger, threats, punishments, revenge, and killing. “No other topic is as often mentioned as God’s bloody works.”

Eric Seibert, an associate professor of Old Testament, calls the troubling or dark side of God “disturbing divine behavior.” Some Christians who view God’s character as immensely merciful, just and compassionate find it troubling when they encounter God who could also be so merciless, vengeful, violent, not to mention unjust in the mass killing of children for the sins of their parents.

This book was written for those who are perplexed by and struggle with the apparent contradictions in God’s character, while those who see no such contradictions probably wouldn't enjoy it. Seibert wrote the book to make sense of the contradictions and “to help people think as accurately as possible about God.”

“Who are you to second-guess God?” say those who believe in Biblical inerrancy. Seibert believes Christians should be encouraged, not discouraged, to ask hard questions about God. The Old Testament provides a model of questioning God, with Abraham, for instance, debating with him about destroying Sodom. “Shall not the Judge of all the earth do what is just?” Abraham asks when arguing that innocent should not be killed along with the guilty. (Gen 18:25) Moses also argued with God about destroying Israel after Aaron made a golden calf, and God changed his mind. (Ex 32:11-14) In short, “there’s nothing inherently wrong with raising questions about God’s behavior in the Old Testament.” Nor is questioning the accuracy of some parts of the Old Testament inconsistent “with affirming scripture’s inspiration and authority.”

Seibert provides a long description of disturbing divine behavior. Many readers already know about the genocide the Lord ordered the Israelites to commit on the seven nations in the Promised Land, “utterly destroying anything that breathes. Show them no mercy.” (Deut 7:1-2) Joshua reports carrying out the divine orders. (Josh 10:40)

The rationale given for this genocide is that “so that they may not teach you to do all the abhorrent things that they do for their gods.” (Deut 20:18) At least a few readers might find genocide to be a disproportionate and extreme response to this perceived threat. In addition to genocide, there are many other examples of divine behavior that can lead readers to ask what the behavior says about the character of God:

+ God reportedly gave Moses 613 laws, with death required for fortune telling, cursing one’s parents, adultery, homosexual acts, bestiality and blasphemy, among other things. One man found out the hard way that picking up sticks on the Sabbath also meant death. He was brought before Moses. “Then the Lord said to Moses, ‘The man shall be put to death all the congregation shall stone him outside the camp.’” Which is exactly what happened. (Num 15:32-36)

+ Yahweh personally executed individuals on three occasions: two sons of Judah, Er and Onan, whom He had found to be “wicked” and “displeasing” (Genesis 38) two novice rabbis – Nadab and Abihu - who committed a single ritual offense of making an “unholy fire” (Leviticus 10:1-2) and a man named Uzzah who had reached up to steady the ark of the covenant when it was being transported he was instantly struck dead by God. (2 Sam 6:7)

+ Yahweh also engaged in mass killing, most notably when the great flood wiped out nearly all of humanity, when Sodom and Gomorrah were destroyed by a rain of sulfur and fire, when all the firstborn children in Egypt were killed to punish the Pharaoh. (Ex 12:29), during 40 years in the wilderness, when Yahweh sent plagues that killed hundreds of thousands of Israelites (Numbers 26:65 21:6 16:46, 49 14:36-37), and when the Lord sent a pestilence in Israel to punish King David for taking a census, killing 70 thousand. (2Sam 24:15), even though God had incited David to take the census.

+ Yahweh was an afflicter. Saul sinned, for example, and “the spirit of the Lord departed from Saul, and an evil spirit from the Lord tormented him” (1Sam16:14). When the Israelites tried to flee Egypt, God repeatedly hardened the Pharaoh’s heart so he refused to allow the departure, while God inflicted 10 plagues on the land. Job was “blameless and upright, one who feared God and turned away from evil,” yet was subjected by God to horrible afflictions. After Job suffers one tragedy after another, God says, “He still persists in his integrity, although you incited me against him, to destroy him for no reason.” (2:3)

What kind of God destroys an innocent man and kills his children and servants “for no reason”? How does one reconcile the God of the Old Testament with loving enemies, turning the other cheek, and doing unto others as we would have them to do us? Those who would deny any conflict don’t want to see it.

There are two ways Christians can deal with the contradictions: 1) We can simply say, “when God does it, that makes it moral,” even though we think bashing babies heads against the rocks is grossly immoral any other time, or 2) We can decide we cannot accept a literal reading of the Bible and still worship God, so we discard literalism. After carefully considering the alternatives, Seibert opts for the second option.

We shouldn’t have to defend genocide and mass killing of children to punish their parents. It’s appropriate we know war crimes are wrong. We are correct that the hyper-violent depiction of God conflicts with our image of who God is. The questionable passages are likely war propaganda, written generations after the purported events. Seibert contends the Old Testament descriptions of genocide are historically inaccurate. Archeological evidence and biblical passages indicate the Canaanites were not annihilated the way Joshua claims.

So how can Christians know what God is really like? The New Testament tells us that in Jesus, we get the “image of the invisible God” (Col 1:15), and a revelation of God that surpasses anything offered in the Old Testament (Heb 1:1-3). Jesus said, “anyone who has seen me has seen the father.”(John 14:9)
What about the extreme, punitive violence by Jesus described in Revelations? Seibert responds “that the God Jesus reveals is known though Jesus’ life and teachings while on earth, not descriptions of Jesus’ supposed behavior at the end time.”

Consequently, Seibert recommends that Christ-followers rely upon the forgiving, non-violent image of Jesus to understand the character of God. It means applying a “christocentric hermaneutic” to problematic passages, by which violent depictions of God are rejected. There are still useful, constructive lessons to be learned from disturbing passages by discerning readers.

The author understands that a believer’s view about God’s role in writing Scripture determines how that individual perceives disturbing divine depictions. Those who see God as the author, and writers as simply the instruments, usually accept that everything in the Bible must be accurate. Those who see God’s role as inspiring, rather than dictating to, the writers, find it easier to recognize that human error was inevitable.

In sum, Disturbing Divine Behavior explains why Christ-followers should not redefine evil as good in trying to justify behaviors that are grossly immoral. One need not agree with everything in this book to recognize Seibert’s careful scholarship and clear analysis about how to know divine character. ###

Disturbing divine behaviour is a well thought out book. It is very concise and easy to understand what the author is trying to say. Eric is clearly knowledgeable and we&aposll researched on this topic. It takes quite a while to get to the point as Eric chose to use the first 2/3s of the book to explain the issue of troubling portrayals of God in the OT and why they can be disturbing. He also spends a lot of time speaking to some of the other views that people hold. It never feels like the author is Disturbing divine behaviour is a well thought out book. It is very concise and easy to understand what the author is trying to say. Eric is clearly knowledgeable and we'll researched on this topic. It takes quite a while to get to the point as Eric chose to use the first 2/3s of the book to explain the issue of troubling portrayals of God in the OT and why they can be disturbing. He also spends a lot of time speaking to some of the other views that people hold. It never feels like the author is trying to shove his opinions down your throat, but is it quite evident what Eric believes and he does a good job of backing up his point. The book is very scripturally based and doesn't have too much meaningless hand-waving to explain things away.

I would recommend this book to anyone who is searching for answers to the troubling war-like depictions of God in the OT, though I would not give this book to a new Christian or someone who is not able to discern the scripture well for themselves. Though Eric gives all the different views, he quickly tries to shoot them full of holes as well as plug the holes in his own theories. I would encourage this to be on the reading list with other books of varying opinions but it is not to be read by itself. The views of the author can be a stumbling block for those weak in their faith or easily manipulated.

Eric stretched my faith and caused me to question some of my own beliefs about the wars in the OT. Though this was a good thought exercise, I am not convinced that Eric has hit the mark. In fact I think he is troubling too far out in left field. Regardless, I am encouraged by his desire to wrestle with the text and come up with an answer to this problem that works for him, and probably many others. There is not enough discussion on the troubling portions of the OT, and too many people ignoring the beauty that this Testament has to offer to the Christian today. 。もっと

Provocative book I wouldn&apost necessarily recommend starting with this if you haven&apost read something How to Read the Bible for All it&aposs Worth. I was talking to my nine year old nephew about the Old Testament, and I was amazed at how quickly he has developed a theology (all of which will cause him problems when he starts asking questions). So like a good uncle, I gave him some easy questions to chew on, and I told him it&aposs ok to ask questions because God wants a deep and real relationship with us Provocative book I wouldn't necessarily recommend starting with this if you haven't read something How to Read the Bible for All it's Worth. I was talking to my nine year old nephew about the Old Testament, and I was amazed at how quickly he has developed a theology (all of which will cause him problems when he starts asking questions). So like a good uncle, I gave him some easy questions to chew on, and I told him it's ok to ask questions because God wants a deep and real relationship with us this is the thesis for DDB.

I read this much slower than I have read other books because I was challenged in every chapter. I had to keep wrestling with whether or not I could accept the claims being made, and if not, why not. Ultimately there was nothing in the book that didn't settle with me. If anything, I was challenged to think differently and for that, I can see some ways already that my relationship with the Trinity will be significantly improved. I desire a deep and meaningful, authentic relationship with the Creator, and in doing so, we should feel free to ask difficult questions, one of my favorites is whether or not scripture is divinely inspired, and while I have made some conclusions about that in the past, I see a new perspective, one that allows for a more open interpretation.

Some places I would have liked more information:
1) other lenses other than a Christ0centric lens by which to understand the OT. Perhaps eliminate other possible lenses, such a legal lens, or a Jewish/Israel-centric lens, etc. The prophets for example haven't seen or known Christ, so they would not understand a Christocentric story. If God's nature is love, we should be able to see the love of God without knowing Christ, and I think the Bible can be read in such a way.
2) When discussing the first testament, I'd like more sources to be from Jewish scholars frankly I see wide gaps in Protestant (maybe all Christian) scholarship in seeing every story from a Christological perspective. I want to know what Jewish scholars have to say about the warrior God or whether or not they see love as God's primary nature. To reiterate my previous point, God reveals a loving nature through the law/judges/prophets, it's just more difficult to see through the lens of the New Covenant.
3) Some apologetic discourse: Seibert states a few ways in which he may or may not ask questions of a pastor or someone else that teaches/preaches from a systematic theology that largely ignores the divine violence, but I think that section should be a bit longer: how to talk to Catholics/Jews/Muslims/Calvinists/Wesleyans etc about interpreting scripture would be helpful. I recognize that work is up to the reader, but I think each category of believer will respond differently, and for that, some preparations should be provided maybe.

Seibert's argument is solid and well-researched. Prior to reading this book, I have tried to talk about the good, the bad, and the ugly honestly, but I feel that I have a greater tool in this book to use for those conversations.

The greatest use of this book for me is to help people understand that they cannot use scripture to justify/promote/cause violence. In fact, this book helps me to repent on behalf of the history of the Christian church. We should be so moved. Our wrong interpretations are dangerous and damaging, especially to LGBTQ+ people, American Islamophobia, and mistreatment of women and minorities.

I'm already looking forward to reading this book again. 。もっと

I am giving this book 1 star because I find Seibert’s approach to Biblical interpretation seriously flawed. He argues that we do not have to accept any verse in the Bible as true if it might give the impression that God is anything less than perfectly good. While he tries to use a number of approaches to justify his selectivity, I was not convinced by any of them. I find he is overly influenced by liberal, postmodern approaches to scripture which attempt to preserve some “meaning” in scripture w I am giving this book 1 star because I find Seibert’s approach to Biblical interpretation seriously flawed. He argues that we do not have to accept any verse in the Bible as true if it might give the impression that God is anything less than perfectly good. While he tries to use a number of approaches to justify his selectivity, I was not convinced by any of them. I find he is overly influenced by liberal, postmodern approaches to scripture which attempt to preserve some “meaning” in scripture while simultaneously saying it does not accurately record real historical events. Yet this runs counter to any viable idea of Biblical inerrancy and authority.

Seibert has a preconceived picture of what God is like, which leads him to selectively choose which Bible verses he accepts as authoritative and which he tries to explain away. His argument is not based on any real evidence other than “this verse doesn’t match the Jesus I believe in”. But how do we truly know what God is like unless we accept all of His self-revelation in the Bible? Who is Seibert to say that some verses are inaccurate in their picture of God simply because he can’t understand how God can act in certain ways and still be good? I think he forgets that God is also holy and is just when He judges sin, whether that is historically or eschatologically.

One example of Seibert’s flawed approach is his argument from silence which says that Jesus rejected problematic portrayals of God in the Old Testament because Jesus did not teach or preach from these texts. But he forgets that the gospels represent only a small glimpse of Jesus’ life and ministry (John 21:25), and thus not everything that Jesus said is recorded for us today. So just because we don’t have a record of Jesus endorsing some specific troubling passage in the Old Testament does not mean Jesus thought it was an inaccurate portrayal of God’s character. Indeed, Jesus himself discusses many “disturbing” images of God in his parables, criticisms of the Pharisees, and warnings of future judgement. Yet Seibert rejects these words of Jesus as well! So if Seibert is trying to base his picture of God on Jesus, he is being unfairly selective with what texts he accepts as truly revealing Jesus.

He also claims archaeological evidence proves there was no historical Exodus and subsequent conquest of Canaan, and so we should not take these stories literally. Yet as pointed out in the excellent documentary “Patterns of Evidence: Exodus” by Timothy P. Mahoney, there is plenty of archaeological evidence for both the Exodus and Joshua’s victories in Canaan, yet this evidence is rejected simply because mainstream archaeologists say it occurs in the wrong time period. If the Exodus and conquest really did happen, then we need to take these “disturbing” stories and what they reveal about God seriously, which undermines Seibert’s entire argument.

Throughout the entire book, Seibert only mentions the right of God to finally judge sin a handful of times, and never explores this theme in-depth. While he reluctantly admits that the final judgement is real, he still argues that God never judges anyone in historical times. I fail to see why if God has the right to judge eschatologically why he cannot judge historically and still be good and just. If Seibert believes annihilation to be the best interpretation of God’s final judgement, then why does he exclaim so many times throughout this book that God is unjust when He instantly kills certain people?

I find Seibert’s discussion of Biblical inerrancy dangerous. While I agree that we might not want to always take a word-for-word approach, his argument is circular. He says that the presence of the difficult portrayals of God in the Bible proves that God did not exercise meticulous control over Biblical inspiration. But that rests on his previous argument that these passages do not accurately reveal God’s character. Yet if these texts do reveal God’s true character, then a more meticulous theory of inspiration becomes likely. So Seibert wants to throw out the traditional understandings of Biblical inspiration in order to make his own theory acceptable, rather than accepting that the Bible is inspired and inerrant which would make his theory impossible.

Once we start labelling parts of the Bible as uninspired, then we lose all objectivity and cannot be sure which parts of the Bible are inspired (if any). Any claim for Biblical authority would rest on only our personal preferences and judgements (as Seibert does in this book), which destroys any confidence we can have in the Bible as God’s revelation to us, and also destroys any power the Bible has to convict of sin and the need for faith in Jesus. If one takes this approach, then why not also get rid of anything else we don’t like in the Bible? Or why not just get rid of the Bible altogether and let everyone live according to their own preferences and judgements? That is the direction that Seibert’s proposal is leading, and therefore anyone who cares about the Bible having any authority at all should be extremely cautious of Seibert’s approach in this book.

There are many more criticisms I could offer here, yet I think anyone who has some spiritual discernment and common sense could see that Seibert’s approach is defective. While Seibert may indeed be trying his hardest to make sense of what the Bible reveals about God’s character, and I applaud his effort to try to uphold God’s goodness, there are many better approaches which take the Biblical text seriously and are still able to justify God as good (for example, see Merrill, Gard, and Longman in Show Them No Mercy: Four Views on God and Canaanite Genocide, or perhaps extend William J. Webb’s hermeneutical approach in his book Slaves, Women, & Homosexuals to include the problem of divine violence as well).


The Spark Of Divine Love For The Divine

This spark of divine love for the Divine in and through and as you has brought you here. And soon it will open the spiral and set you on the mystical path. This spark is the same spark of love that called Moses, Mirabai, Rumi, Francis of Assisi, Kabir, Teresa of Ávila, Hildegard of Bingen, Paramahansa Yogananda, and all the mystics through time. And now it is calling you, as it has been calling you your entire life.

Welcome to your first adventure on the sacred spiral. On this loop you will feel that divine spark of love and respond with a sacred desire of your own heart. You will meet your guides and companions, consider the wonders of the spiral, and finally, enter the spiral and experience it for yourself. To help you open to all the beauty and possibility of this first spiral walk, I offer you six deep soul explorations. Each exploration begins with something to read, followed by several sensory, imaginal, and soul writing activities. Think of these offerings as a spiritual smorgasbord. Taste all that look appealing and experiment with others.これは あなたの sacred spiral adventure listen to the guid­ance of your soul and follow where she leads.


Referent Power

As the 44th elected president of the United States, Barack Obama has legitimate power. As commander-in-chief of the U.S. Armed Forces, he also has coercive power. His ability to appoint individuals to cabinet positions affords him reward power. Individuals differ on the degree to which they feel he has expert and referent power, as he received 52% of the popular vote in the 2008 election. Shortly after the election, he began to be briefed on national security issues, providing him with substantial information power as well.

Referent power Power that stems from the personal characteristics of the person such as the degree to which we like, respect, and want to be like them. stems from the personal characteristics of the person such as the degree to which we like, respect, and want to be like them. Referent power is often called charisma The ability to attract others, win their admiration, and hold them spellbound. —the ability to attract others, win their admiration, and hold them spellbound. Steve Jobs’s influence as described in the opening case is an example of this charisma.


Narrowing Our Options

These four observations provide us with a foundation from which to answer the question, “Why morality?” We need only determine the possible options, then ask which option best accounts for our observations.

A word of caution here. At this point our discussion gets personal, because the ultimate answer to our question has serious ramifications for the way we live our lives. It’s tempting to abandon careful thinking when conclusions that make us uncomfortable come into focus. Faced with a limited number of options, no one sits on the fence. When the full range of choices is clear, rejection of one means acceptance of another remaining.

Our options are limited to three. One: Morality is simply an illusion. Two: Moral rules exist, but are mere accidents, the product of chance. Three: Moral rules are not accidents, but instead are the product of intelligence. Which option makes most sense given our four observations about morality?

Some want to argue that morals just don’t exist. They’re nothing but illusions, useful fictions that help us to live in harmony. This is the relativist’s answer. This view is not an option for those who raise the problem of evil. Their complaint about the injustice of the universe is a tacit admission of morality. C.S. Lewis observed:

Thus in the very act of trying to prove that God did not exist—in other words, that the whole of reality was senseless—I found I was forced to assume that one part of reality—namely my idea of justice—was full of sense. Consequently, atheism turns out to be too simple. If there were no light in the universe and therefore no creatures with eyes, we should never know it was dark. 暗い would be without meaning [emphasis in the original]. 2

Some take a second route. They admit that objective moral laws must exist, but contend they are just accidents. We discover them as part of the furniture of the universe, so to speak, but they have no explanation, nor do they need one.

This won’t do for a good reason: Moral rules that have no ground or justification need not be obeyed. An illustration is helpful here. One evening in the middle of a Scrabble game, you notice the phrase “do not go” formed in the random spray of letter tiles on the table. Is this a command that ought to be obeyed?もちろん違います。 It’s not a command at all, just a random collection of letters.

Commands are communications between two minds. Chance might conceivably create the appearance of a moral rule, but there can be no command if no one is speaking. Since this phrase is accidental, it can safely be ignored.

Even if a person is behind the communication, one could ignore the command if it isn’t backed by appropriate authority. If I stood at an intersection and put my hand up, cars might stop voluntarily, but they’d have no duty to respond. They could ignore me with no fear of punishment because I have no authority to direct traffic. If, on the other hand, a policeman replaced me, traffic would come to a halt.

What is the difference between the policeman and me? My authority is not grounded. It doesn’t rest on anything solid. The policeman, however, represents the government, so his authority is justified. The state can appoint legitimate representatives to carry out its will because it is operating within its proper domain.

We learn from this that a law has moral force when it is given by an appropriate authority, one operating within its legitimate jurisdiction. If one violates such a law, he could be punished. The same is true of moral laws. They have incumbency—force to them—if there is a proper authority behind them. Moral rules that appear by chance have no such grounding.

Our second option fails because it doesn’t explain three important features we observed about morality. Chance morality fails to be a communication between two minds, and therefore, cannot be imperative. It doesn’t account for the incumbency of moral rules, nor does it make sense of the guilt and expectation of punishment one feels when those rules are violated.


Fear-Based Appeals Effective at Changing Attitudes, Behaviors After All

WASHINGTON — Fear-based appeals appear to be effective at influencing attitudes and behaviors, especially among women, according to a comprehensive review of over 50 years of research on the topic, published by the American Psychological Association.

“These appeals are effective at changing attitudes, intentions and behaviors. There are very few circumstances under which they are not effective and there are no identifiable circumstances under which they backfire and lead to undesirable outcomes,” said Dolores Albarracin, PhD, professor of psychology at the University of Illinois at Urbana-Champaign and an author of the study, published in the journal 心理学速報 ® .

Fear appeals are persuasive messages that emphasize the potential danger and harm that will befall individuals if they do not adopt the messages’ recommendations. While these types of messages are commonly used in political, public health and commercial advertising campaigns (e.g., smoking will kill you, Candidate A will destroy the economy), their use is controversial as academics continue to debate their effectiveness.

To help settle the debate, Albarracin and her colleagues conducted what they believe to be the most comprehensive meta-analysis to date. They looked at 127 research articles representing 248 independent samples and over 27,000 individuals from experiments conducted between 1962 and 2014.

They found fear appeals to be effective, especially when they contained recommendations for one-time only (versus repeated) behaviors and if the targeted audience included a larger percentage of women. They also confirmed prior findings that fear appeals are effective when they describe how to avoid the threat (e.g., get the vaccine, use a condom).

More important, said Albarracin, there was no evidence in the meta-analysis that fear appeals backfired to produce a worse outcome relative to a control group.

“Fear produces a significant though small amount of change across the board. Presenting a fear appeal more than doubles the probability of change relative to not presenting anything or presenting a low-fear appeal,” said Albarracin. “However, fear appeals should not be seen as a panacea because the effect is still small. Still, there is no data indicating that audiences will be worse off from receiving fear appeals in any condition.”

She noted that the studies analyzed did not necessarily compare people who were afraid to people who were unafraid, but instead compared groups that were exposed to more or less fear-inducing content. Albarracin also recommended against using only fear-based appeals.

“More elaborate strategies, such as training people on the skills they will need to succeed in changing behavior, will likely be more effective in most contexts. It is very important not to lose sight of this,” she said.

Article: “Appealing to Fear: A Meta-Analysis of Fear Appeal Effectiveness and Theories,” by Melanie Tannenbaum, PhD, Kristina Wilson, PhD, and Dolores Abarracin, PhD, University of Illinois at Urbana-Champaign Justin Hepler, PhD, University of Nevada, Reno Rick Zimmerman, PhD, University of Missouri, St. Louis and Lindsey Saul, PhD, and Samantha Jacobs, MPH, Virginia Commonwealth University, 心理学速報, published online Oct. 23, 2015.

Dolores Albarracin can be contacted by email or by phone at (217) 224-7019.