ルイーゼ・ライナー

ルイーゼ・ライナー


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

ルイーゼ・ライナーは、1910年1月12日にドイツのデュッセルドルフでユダヤ人の家族に生まれました。彼女は、1926年にマックスラインハルトによって発見され、ウィーンの彼の劇団の一員になりました。彼女が最初の映画を作ったとき、レイナーはまだティーンエイジャーでした。これに続いて Sehnsucht (1932), マダムハットベサッチ (1932)および HeutKommtのDrauf (1933).

アメリカのジャーナリスト、ジョン・ガンサーは1934年に彼女に会いました。ガンサーの友人であるウィリアム・L・シャイラーは、これが彼の妻であるフランシス・ファインマン・ガンサーとの関係に問題を引き起こしたと指摘しました。フランシスは喜んでいたと思います。ジョンは動き回る目をしていて、浮気するのが好きでした。」レイナーは後に、「彼は背が高く、ハスキーで、金髪でした。もちろん、彼はとても明るく、ユーモアのセンスがありました。彼はひどくいい人だと思いました...しかし、私は簡単にそして無愛想に何かを言わなければなりません:私は彼やそのようなものに恋をしたことは一度もありませんでした。」

レイナーのユダヤ人の背景は、アドルフ・ヒトラーとナチ党が権力を握ったときに彼女を不安にさせました。 1935年に彼女はハリウッドに移り、メトロゴールドウィンメイヤースタジオと7年間の契約を結ぶことができました。彼女はとても美しいと考えられていましたが、後に彼女は次のように主張しました。私は男の子のようにとても痩せていて、とてもセクシーではありませんでした。」彼女の最初のアメリカ人の役割は映画にありました いたずら (1935)。彼女はマーナロイの土壇場での交代でした。映画のスターであるウィリアム・パウエルは、レイナーに非常に感銘を受け、MGMのボスであるルイス・B・メイヤーに、彼女は将来のスターであると語った。

この推薦にもかかわらず、彼女はアンナヘルドのごく一部しか与えられませんでした 巨星ジーグフェルド (1936年)。この映画は大成功を収め、レイナーはオスカーで主演女優賞を受賞しました。彼女の役割は非常に短く、比較的マイナーであったため、この賞は当時非常に物議を醸したものでした。ある批評家のジョン・ホップウッドは、次のように主張しています。ビリー・バークとの次の結婚についての電話で、彼女の落ち着きと尊厳を維持しようとしています。シーン中、カメラは完全にレイナーに焦点を合わせており、彼女はツアー・デ・フォースのパフォーマンスを提供しています。映画史上最も有名なシーン。」

1937年にレイナーはアメリカ共産党のメンバーであるクリフォードオデッツと結婚した。彼の演劇、 レフティを待っています, 目を覚まして歌おう!私が死ぬ日まで、恵まれない人々のチャンピオンとして彼を確立しました。しかし、彼は映画の脚本家になるという儲かる申し出を受け入れ、レイナーに会いました。 いたずら.

彼女の次の役割では、プロデューサーのアーヴィング・タルバーグが彼女をキャストしました 良い地球、パールバックによる同名の本に基づいています。これにより、彼女の2番目のオスカーが主演女優賞を受賞しました。したがって、レイナーは、2つの主要な演技カテゴリーで最初の2度のオスカー受賞者になりました。彼女は後に、これら2つの公演を誇りに思っているかどうか尋ねられました。レイナーは、「私は何も誇りに思ったことはなかった」と答えた。 「私は他のすべてのようにそれをしました。映画を撮る-あなたに説明させてください-それは赤ちゃんを産むようなものです。あなたは労働し、あなたは労働し、あなたは労働し、そしてあなたはそれを持っています。そしてそれは成長しそしてそれは離れて成長しますでも、赤ちゃんを産むことを誇りに思うのですか?誇りに思いますか?いいえ、すべての牛がそれを行うことができます。」別のインタビューで彼女は、「私は演技を信じていません。人生の人々は演技をしていると思いますが、あなたが舞台にいるとき、または私の場合はスクリーンにもいるとき、あなたは真実でなければなりません」と述べました。

非国教徒の女優であるレイナーは、ハリウッドの価値観を受け入れることを拒否しました。 1937年にレイナーは彼女のオスカーを受け取るためにルイスB.メイヤーによって強制されなければなりませんでした。彼女は後に、「2枚目と3枚目の写真でアカデミー賞を受賞しました。これ以上悪いことは何も起こらなかったでしょう」と主張しました。レイナーの次の映画は 皇帝の燭台 (1937)。これに続いて 大都市 (1937), フルフル (1938), グレートワルツ (1938)と ドラマティックスクール (1938).

スタジオは、彼女が彼女の才能に値しないと考えた役割に彼女を強制することを主張しました。 「あらゆる種類のナンセンス...私はそれをやりたくなかったので、私は出て行った。」メイヤーは言った、「その女の子はフランケンシュタインです、彼女は私たちの会社全体を台無しにするでしょう...私たちはあなたを作りました、そして私たちは行きますレイナーはハリウッドを去ることを決心した。監督のドロシー・アーズナーは、共産主義者と結婚したために彼女がひどい扱いを受けていたと主張している。

ルイス・B・メイヤーはレイナーに強い関心を持っており、ある時、彼は彼女に尋ねました。ケン・カスバートソンが指摘したように、「彼女が彼のためにお金を稼いでいる限り、メイヤーはレイナーの強烈さを容認しました。しかし、2、3の誤解された失敗した映画の後、2人は怒った言葉を交換しました」そして彼らの関係は終わりました。

1938年、レイナーはヨーロッパに行き、スペイン内戦の犠牲となった子供たちへの援助を手伝いました。レイナーと彼女の夫はニューヨーク市に引っ越しました。彼らはまた、コネチカット州ニコルズで時間を過ごしました。レイナーは、オデッツは「私の情熱」であるが、所有格であると述べました。レイナーがアルバート・アインシュタインとの友情を築いたとき、オデッツは嫉妬に夢中になり、ハサミでアインシュタインの写真を破壊したと言われていました。カップルは1943年に離婚しました。

レイナーは1945年に出版社のロバート・ニットと結婚しました。結婚後、彼女は事実上映画製作を断念し、スイス、そしてベルグラビアにしばらく住んでいました。彼女は後に引退から出て来るように励まされました ギャンブラー (1997).

彼女は100歳の誕生日を迎えたとき、友人に「長寿の秘訣は決して医者を信用しないことだ」と語った。 デイリーテレグラフ、若い男がロンドンのバスで彼女のために起きたとき、彼女は彼を見て言った:「私は本当にそんなに年をとっていますか?」

ルイーゼライナーは2014年12月30日に104歳で亡くなりました。

ルイーゼ・ライナーが主演女優賞を受賞した2つのアカデミー賞は、彼女の研究の本棚に立っています。実際、それは完全に真実ではありません。レイナーが勝ったオスカー 巨星ジーグフェルド 1936年にオリジナルです–深くて満足のいく熟成されたブロンズ。彼女が彼女の役割のために翌年勝ったオスカー 良い地球 彼女は数年前にスイスからロンドンに彼女を移した除去の男性に与えました。 「私はそれをドアストップとして使用しました」とRainerは風通しの良い言い方をします。 「そしてそれは曲がっていました。」現在彼女の棚に立っている光沢のある金の小像は最近の交換品です。

ルイーゼライナーは2ヶ月で100になります。彼女がハリウッドで過ごした5年間は、彼女の人生のほんの一瞬ですが、映画の歴史を作るのに十分な長さです。2年連続でオスカーを受賞した最初の人物であり、キャサリンヘプバーンだけが匹敵する成果です。 。

夫のロバート・ニットテル(彼女が47年間結婚した出版社)の死後、過去20年間、レイナーはペルシャ絨毯と深い更紗のソファを備えたエレガントなベルグラビアのアパートに住んでいました。芸術作品。木の上に15世紀のオランダの絵画があり、赤ちゃんでいっぱいのバスケットを持っているケルブを示しています。 「最初の空飛ぶ円盤...」とレイナーは言います。そして、それらのドガによる絶妙な絵ではありませんか? 「それらはコピーです」と彼女は風通しの良い言い方をします。 「専門家でさえ、誰もが違いを見分けることはできません。」


ルイーゼ・ライナー

パラマウントピクチャーズウィキメディアコモンズの礼儀。

1935年にナチスの迫害から逃れてハリウッドに到着した直後、ルイーゼライナーは、 巨星ジーグフェルド良い地球。しかし、MGMが彼女を従順で協力的な配偶者としての役割に追いやったとき、彼女のハリウッドでのキャリアはすぐに消え去りました。彼女はテレビで時折役割を果たしながら、左翼の政治的目的に深く関与し、戦争努力を支援するようになりました。 80年代に、彼女は55年近くで最初のメジャー映画のリリースに出演し、2003年には93歳で別の映画に出演しました。ルイーゼライナーは、「セカンドアクト」に戻るのに遅すぎることは決してないことを思い出させます。

1910年1月12日にデュッセルドルフでハインリッヒとエミリーケーニヒスバーガーレイナーに生まれたルイーゼライナーは、言葉を細かく刻む女性ではありませんでした。彼女 ニューヨーク・タイムズ 2014年の死亡記事は、彼女が連続してアカデミー賞を受賞した2つの1930年代の映画を価値がないと判断した方法を引用しました。ハリウッドのスタジオがスターを所有していた時代、レイナーは「ルイス・B・メイヤー厩舎の馬の1頭」になることに反対しました。彼女は最終的にメトロゴールドウィンメイヤー(MGM)を去りましたが、男性の階層に挑戦する前に、ハリウッドで最も強力な男性の1人を告げる機会を得る前ではありませんでした。 "氏。マイヤー、あなたは私を作らなかった」とレイナーは2010年のインタビューで幹部に反抗したことを思い出した。 「あなたは老人です…私が40歳になるまでにあなたは死んでしまいます。」マイヤーが死ぬ前にレイナーは47歳になりました。彼女がロンドンの自宅で104歳で亡くなるまでに、彼女はさらに60年近く彼より長生きしていました。

1983年のレイナーへのインタビューによると、彼女の父親は6歳の孤児としてテキサスに来てから、ビジネスマンとしてヨーロッパに戻った。彼女の母親はコンサートピアニストでした。レイナーは2人の兄弟と一緒に育ちました。彼女は後に、彼女が17歳になるまでに、演技のキャリアを追求する意向を表明したときに、両親が彼女を家から追い出したことを思い出しました。

ドイツの多くの高度に同化された中流階級のユダヤ人のように、レイナーは特にユダヤ人であるとは認識していませんでした。これはナチスの反ユダヤ主義の下ではすぐに無関係になるでしょう。レイナーは2004年に、「私が23歳になるまで、私のユダヤ人性に完全に気づいていなかった」と振り返りました。確かに、劇作家クリフォードオデッツとの最初の結婚が1940年に終わった後、彼女はキリスト教に改宗し、1945年にニューヨークの出版社ロバートクニッテル(1989年)と結婚した後に洗礼を受けました。 どれか それが創造するだけの宗教 闘争!」彼女は、ユダヤ人女性の百科事典に自分が含まれていることを知って書いた。 「今日の世界を見てください。 」

第一次世界大戦後のドイツの壊滅的な経済不況を目撃した人の見解は、「1933年に国会議事堂が燃えるのを見た」とのことです。 ニューヨークタイムズ、「そしてラジオでヒトラーを聞いた。」彼らはまた、1930年代を通じて世界的なファシズムの台頭に反対し、スペイン内戦の孤立した難民を世話し、第二次世界大戦中に戦時国債を調達し、軍隊を楽しませるための連合国の努力を支援する、世界政治に深く関わっている誰かの見解でした。 。

1930年代のウィーンで伝説的な劇場監督マックスラインハルトの会社に加わったレイナーは、20代前半にヨーロッパの舞台とスクリーンで高い評価を得ました。彼女は、ナチスの迫害から逃れるヨーロッパの芸術家、作家、科学者、その他の知識人の波の中で、1935年にハリウッドに到着しました。 1年以内に、彼女はその日の最大のスターの反対側で最も記憶に残る役割を果たしました:ウィリアムパウエル 巨星ジーグフェルド (MGM、1936年)とポール・ムニ 良い地球 (MGM、1937)。彼女のパフォーマンスは絶賛と前例のない2つの連続したオスカーを獲得しました。 MGMの著名人のギャラリーの一部として、彼女はまた、大恐慌時代のアメリカの映画会社の「ティファニー」としてのスタジオの評判を定義するのを手伝いました。

両者に 巨星ジーグフェルドグッドアース、 レイナーは、最初はインプレサリオのフローレンツジーグフェルドを祝い、次に中国の農民に、長く苦しみ、飽くなき、忠実な妻を演じました。どちらのパフォーマンスも、スタジオが認識しているよりもはるかに深みとニュアンスがありました。 MGMの宣伝は彼女を次のガルボに形作ろうとしましたが、その後の役割は彼女を従順で協力的な配偶者として表面的にタイプキャストし、より強く、より独立した女性をフィーチャーしたキャラクターは彼女を避けました。一連の望ましくないスタジオが課した役割とオデッツとの悲惨な結婚は確かに彼女のキャリアを助けませんでしたが、MGMがレイナーをしなやかで長く苦しんでいる妻の「スターテキスト」に押し込むことはすぐに新しい社会的現実と歩調を合わせて現れました。ルーズベルト政権が第二次世界大戦に突入する準備をしていたとき、産業と労働力は、海外で戦う男性の代わりとして女性を労働力に導き込もうとしていました。

今日、阿蘭のように、レイナーの最大の部分の1つ 良い地球、また、見下すような民族のステレオタイプの重みの下で緊張します。どんなに説得力があるとしても、ムニとレイナーの両方のパフォーマンスは、実際のアジア人や他のマイノリティがほとんど見えず、白人の俳優や女優が黄色い顔で表現したステレオタイプを通してのみ見られるという不快な思い出を提供します。

3年以内に、レイナーのハリウッドフェーズは、その大成功が形になったのとほぼ同じ速さで蒸発しました。影響力のあるハリウッドのゴシップコラムニスト、ルエラパーソンズは、レイナーを「オスカーの呪い」と呼んでいるとひそかに診断しました。彼女の側では、レイナーはハリウッドを表面的で、ほとんどアイデアが欠けていると考えました。スタジオの宣伝で広まった女性スターの魅力的なイメージを避け、化粧をせずに快適な古着を着ることで定評がありました。伝えられるところによると、彼女は数時間遅れて1936年のアカデミー賞授賞式に出席し、髪の毛が乱れていました。

オフスクリーンでは、レイナーは彼女がよく描いたラクリモースのヒロインのイメージにほとんど合いませんでした。オデッツとともに、レイナーは、1930年代にロサンゼルスから出現した左派の政治活動の広範な連合である人民戦線の一部として他のハリウッドの才能に加わった。彼女は、映画アーティスト委員会と合同反ファシスト難民委員会、ジェネラリシモフランシスコフランコの全体主義勢力に対する共和党スペインの原因。

1930年代後半までに人民戦線が崩壊し、オデッツから離婚したため、レイナーはますます一般の人々の目に留まりませんでした。彼女の最後のハリウッド映画、 人質 (1943)、第二次世界大戦の地下レジスタンス運動のタイムリーな描写にもかかわらず、生ぬるい歓迎を受けました。その後、レイナーはハリウッドのシーンからほとんど姿を消しました。彼女は、スリラーアンソロジーシリーズのエピソードを含め、1950年代から1960年代にかけて、ヨーロッパとアメリカのテレビにゲスト出演することはめったにありませんでした。 サスペンス (「苦痛」、1954年3月30日)そして第二次世界大戦シリーズの反対の無声映画スターラモンナバロ 戦闘 (「FinestHour」、1965年12月21日)、そこで彼女は同情的な伯爵夫人を演じました。 1984年に、彼女はABCシリーズのエピソードの二重の役割で主演しました ラブボート.

後年、レイナーはロンドンとスイスの間で時間を割いた。 1988年、イタリアのテレビ向け短編映画「ADancer」に出演。その年 毎週の人々 オスカーの60周年のために彼女にインタビューしました。 10年後、彼女は70周年記念アカデミー賞の授賞式で注目のゲストでした。

1997年、当時八十代のレイナーは、55年近くぶりのメジャー映画リリースに出演しました。 ギャンブラー、 同名のドストエフスキーの物語と彼の執筆についての物語を織り交ぜたハンガリー語/英語の「劇中劇」。ヨーロッパで初演され、1999年に米国で開かれました。ある批評家は、彼女の演技を「輝かしい一瞬」と表現しました。 、次のことを忘れて、熱狂的にアニメ化されているので、彼女から目を離すことはできません。」 2003年に93歳でさらに別の映画に出演したルイーゼライナーは、その144年は簡単な分類に逆らいましたが、「第2幕」に戻るのに遅すぎることは決してないことを思い出させてくれました。または、ハリウッドで最も強力な男性の1人に固執するほど若すぎることはありません。

ルイーゼライナーは2014年12月30日に亡くなりました。

詩– Ich setze den Fuss in die Luft、und sie trug(Poem:I Set My Foot On the Air and It Carried Me) (2003).

大都市/超高層ビルの荒野 (1937).

皇帝の燭台 (1937).

Heutekommtのドラフと (1933).

JaderHimmelüberWien (1930).

バスケットテ、K。「ルイーゼライナーを知っている。」 フォトプレイ 48、いいえ。 5(1935):44。

ブロナー、E。「ルイーゼライナー」。 レビュー中の映画 6、いいえ。 8(1955):390。

Ceplair、Larry、およびStevenEnglund。 ハリウッドでの探求:映画界の政治、1930年から1960年。バークレーとロサンゼルス:カリフォルニア大学出版、1983年。

クリクトン、K。「映画を嫌う少女」。 コリアーズ、 1936年5月23日:36。

Daugherty、F。「新しい役割のLuiseRainer」。 クリスチャンサイエンスモニターマガジン、 1938年8月24日:4。

フレッチャー、A.W。 「ルイーゼ・ライナーの猛烈なライフストーリー。」 フォトプレイ 50、いいえ。 1(1936):24、および50、いいえ。 2(1936):74。

ホール、L。「ルイーゼライナーのサプライズ結婚のロマンチックな物語。」 フォトプレイ 51、いいえ。 3(1937):50。

ハミルトン、S。「レイナーに何が起こったのか?」 フォトプレイ 52、いいえ。 6(1938):22。

「ハッピー60回アカデミー賞」 毎週の人々 (1988年4月11日):85。アカデミックインデックスデータベースに転載。

カッツ、エフライム。 「ルイーゼ・ライナー。」 カッツの映画百科事典。 MicrosoftCorp。に転載。 シネマニア CD-ROM(1996)。

ルイス、ケビン。 「ルイーゼ・ライナー:彼女は自分のやり方でやった。」 映画メーカーマガジン 35 (2003).

リトルトン、シンシア。 「ルイーゼ・ライナー、伝説の女優についてあなたが知らなかった20のこと。」 バラエティ (2014年12月30日)。

「ルイーゼ・ライナー。」 ハリウッドセレブの伝記 (2004).

ルーサー、クローディア。 「ルイーゼ・ライナーは1930年代の104年代に亡くなり、スターはハリウッドで流星の上昇と下降を遂げました。」 ロサンゼルスタイムズ (2014年12月30日)。

マカティー、レベッカ。 「ルイーゼ・ライナー、主演男優賞を最初に獲得、105歳で死去。」 Eonline.com(2014年12月30日)。

マクファデン、ロバートD.「ルイーゼライナーは2年連続で104人の主演女優賞を受賞しました。」 ニューヨークタイムズ (2014年12月30日)。

ライナー、ルイーゼ。著者への手紙。 NS。 [2004]。

「ショーのセントジョーンを提供してくれてありがとう。」 時間 (1940年3月18日):68。

トーマス、ボブ。 「ウィーンの活力:女優は20年の不在の後にテレビで出航します。」 アトランタ憲法 (1983年11月24日)。


女優のルイーゼ・ライナーがハリウッドの歴史を作った—それから歩き去った

ルイーゼ・ライナーは、アカデミー賞を連続して受賞した最初の人物でした(1936年に グレートジーグフィールド と1937年 良い地球)。ラニエは月曜日にロンドンの自宅で亡くなりました。彼女は104歳でした。

ルル・ガルシア・ナヴァロ、ホスト:

連続してオスカーを受賞した女優のルイーゼ・ライナーが亡くなりました。彼女は104歳でした。NPRのジャスミン・ガースドは、ハリウッドの歴史を作り、その後立ち去ることを選んだ女優について報告しています。

JASMINE GARSD、署名記事:Luise Rainerは、オスカー像の1つをドアストップとして使用したと述べました。彼女の映画産業との関係は複雑でした。レイナーは1910年にドイツのデュッセルドルフで生まれました。女優は、劇場監督のマックス・ラインハルトによってティーンエイジャーとして発見されました。ナチスが権力を握ると、ユダヤ人であったレイナーの家族はヨーロッパを去りました。彼らは1935年に南カリフォルニアに再定住しました。レイナーはMGMと契約を結びました。スタジオは彼女を次のグレタ・ガルボと見なしました。

(映画のサウンドバイト、「巨星ジーグフェルド」)

ルイーゼ・ライナー:(アンナ・ヘルドとして)こんにちは、フロー。はい、アンナです。今日はとても嬉しいです。私はあなたを呼び、あなたを祝福せずにはいられませんでした。

GARSD:それは、彼女が最初のアカデミー賞を受賞した1936年のミュージカルドラマ「巨星ジーグフェルド」の有名なシーンです。翌年、彼女はパールS.バックの小説を映画化した「大地」での役割で別の賞を受賞しました。

(SOUNDBITE OF FILM、「THE GOODEARTH」)

ライナー:(阿蘭として)戻ることができます。私たちはその土地に戻ることができます。

GARSD:レイナーは、連続してオスカーを獲得した最初の女優でした。しかし、成功すると、MGMが彼女のために選んだ映画ビジネスと映画に対する不満が生まれました。エミリー・カーマン教授はチャップマン大学で映画研究を教えています。彼女は、レイナーが1930年代半ばにMGMと契約したとき、それは女優にとって素晴らしいスタジオだったと言います。

エミリー・カーマン:あなたが才能のある女優なら、MGMに行きたかったのです。ジョーン・クロフォード、ジーン・ハーロウのことを考えると、これはあなたが真面目な女性女優だった場合のスタジオでした。

GARSD:カーマンは、レイナーの失望は、ルイスB.メイヤーが引き継いだ後のMGMの映画製作方法の変化に大きく関係していると言います。

カーマン:彼の焦点はミュージカルや、アクション映画や伝記などのより多くのジャンルに移りました。彼の焦点は若い星に移りました-そしてジュディ・ガーランドのような十代の星のような若い大人だけではありません。

GARSD:1938年、レイナーはMGMとの契約を破りました。彼女はイギリスに移り、映画やテレビに散発的に出演しました。レイナーは二度結婚した。彼女の2番目の夫であるロバート・クニッテルは、44年間一緒に過ごした後、1989年に亡くなりました。彼らには一人の娘がいました。ルイーゼ・ライナーは本日ロンドンで肺炎で亡くなりました。彼女は104歳でした。 Jasmine Garsd、NPRニュース。

Copyright&copy 2014NPR。全著作権所有。詳細については、当社のWebサイトの利用規約と許可のページ(www.npr.org)にアクセスしてください。

NPRトランスクリプトは、NPR請負業者であるVerb8tm、Inc。によって急いで作成され、NPRで開発された独自のトランスクリプションプロセスを使用して作成されます。このテキストは最終的な形式ではない可能性があり、将来更新または改訂される可能性があります。精度と可用性は異なる場合があります。 NPR&rsquosプログラミングの権威ある記録は、オーディオ記録です。


ルイーゼライナーのアメリカンウェイ

1940年12月8日のフォーバーツのアートセクションを熟読し、「Salute to America」のページェントでフォーバーツのラジオ局WEVDに登場した重要な人物の過去の画像をスキャンしたのは、ドイツのユダヤ人移民俳優ルイーゼライナーの強烈な輝きの顔でした。トレイに注意深くバランスをとった2杯の水の横に座ったレイナーはマイクに向かい、目を向かいの男性に向けました。彼の手は彼らが放送のために共有する机の上に権威を持って残っており、彼が監督であったと推測されます。脚本のページを握っている彼女の手とスピーチの途中で別れた彼女の完全な唇は、私たちの注意を簡単に引き付けますが、私たちを解放することを拒否して、魅了するのは写真乳剤全体の彼女の深くかき混ぜる親密な視線です。

「SalutetoAmerica」は、付随する英語のキャプションで「アメリカの生活様式に敬礼する愛国的な放送」として説明されていました。それに沿ったイディッシュ語のテキストは、興奮しながらも哲学的に、ショーを「アメリカの民主主義の原則と国の一般的な民主主義の性格への敬礼」と説明しました。

当時のニューヨーク州副知事であるチャールズポレッティは、タキシードを着た放送に出席し、聴衆に向けて演説しました。ハンター大学のジョージシュスター学長、オランダの著名な歴史家で作家のヘンリックウィレムヴァンルーンも同様でした。同じくドイツのユダヤ人の遺産であり、当時の労働者補償委員会の委員長でもあった小説家のファニーハーストは、修道女のウィンプルにいくぶん似ている素晴らしい黒い帽子をかぶって到着しました。 1940年までにアメリカがイギリスを支援することを強く主張したニューヨークの同盟国を支援することでアメリカを守る委員会の委員長であるフランクキングドン博士は、愛するユダヤ人の演劇俳優ガートルードローレンスとマイクと机を共有しました。

有名な作曲家アーヴィング・バーリンは、暗いフレームの丸い眼鏡で堂々と真剣に見え、ライブスタジオの聴衆の前で彼の「ゴッドブレスアメリカ」を放映しました。

12月1日のForvertsのページを通過すると、ルーマニアのユダヤ人に対する恐ろしいポグロムの見出しが読まれ、イギリスの飛行機がドイツとイタリアの港を攻撃しました。アブ・カーハンの社説は、アメリカがイギリスの援助に来ることを要求し、この危機的な時期に非民主的であるとして平和主義を非難しました。メイズの隣にある有名なブルックリンデパートは、女性のドレスとスポーツコートを3.90ドルで販売しており、市内のウェスト42ndストリートにあるヨーロッパの小包サービスで、ドイツだけでなく「ドイツ-ポーランド」にも食品パッケージを発送できました。 。

この大混乱の中に、アカデミー賞を2回連続で受賞したルイーゼ・ライナーが、アメリカでの生活の2年目と3年目で、反ファシスト闘争に参加することへのハリウッドとアメリカの抵抗のように見えても衰えることはありませんでした。ヒトラーのヨーロッパからの彼女自身の初期の脱出を生き延びたレイナーは、ファシズムに対するスペイン内戦を含むさまざまな進歩的な闘争に積極的でした。彼女の個人的な生活の中で、彼女は前衛的な幹部の間で、過激なスター劇作家クリフォード・オデッツとの不安定な結婚や、劇場の偉大なベルトルト・ブレヒトとの脱落など、頻繁に混乱を招きました。しかし、彼女は、エロティカ作家のアナイス・ニンによるガールクラッシュの報告を含め、他のアーティストのインスピレーションと賞賛の源であり続けました。

イディッシュ語のことわざDigantse velt iz eyn shtot、[全世界は1つの町です]はRainerに適しているようです。フォーバーツのページに立ち寄るなど、多くの思いやりを示した、長く、時には挫折し、断固として豊かな多様な芸術の道を歩んだ後、俳優のルイーゼ・ライナーは12月30日に104歳で亡くなりました。


ルイーゼ・ライナー

パラマウントピクチャーズウィキメディアコモンズの礼儀。

1935年にナチスの迫害から逃れてハリウッドに到着した直後、ルイーゼライナーは、 巨星ジーグフェルド良い地球。しかし、彼女のハリウッドでのキャリアは、MGMが彼女を従順で協力的な配偶者としての役割に押し込み、新しい社会的現実と歩調を合わせずに、レイナー自身がハリウッドを表面的でアイデアがないと考えたときにすぐに蒸発しました。彼女はテレビで時折役割を果たしながら、左翼の政治的目的に深く関与し、戦争努力を支援するようになりました。 80年代に、彼女は55年近くで最初のメジャー映画のリリースに出演し、2003年には93歳で別の映画に出演しました。ルイーゼライナーは、「セカンドアクト」に戻るのに遅すぎることは決してないことを思い出させます。

1910年1月12日にデュッセルドルフでハインリッヒとエミリーケーニヒスバーガーレイナーに生まれたルイーゼライナーは、言葉を細かく刻む女性ではありませんでした。彼女 ニューヨーク・タイムズ 2014年の死亡記事は、彼女が連続してアカデミー賞を受賞した2つの1930年代の映画を価値がないと判断した方法を引用しました。ハリウッドのスタジオがスターを所有していた時代、レイナーは「ルイス・B・メイヤー厩舎の馬の1頭」になることに反対しました。彼女は最終的にメトロゴールドウィンメイヤー(MGM)を去りましたが、男性の階層に挑戦する前に、ハリウッドで最も強力な男性の1人を告げる機会を得る前ではありませんでした。 "氏。マイヤー、あなたは私を作らなかった」とレイナーは2010年のインタビューで幹部に反抗したことを思い出した。 「あなたは老人です…私が40歳になるまでにあなたは死んでしまいます。」マイヤーが死ぬ前にレイナーは47歳になりました。彼女がロンドンの自宅で104歳で亡くなるまでに、彼女はさらに60年近く彼より長生きしていました。

1983年のレイナーへのインタビューによると、彼女の父親は6歳の孤児としてテキサスに来てから、ビジネスマンとしてヨーロッパに戻った。彼女の母親はコンサートピアニストでした。レイナーは2人の兄弟と一緒に育ちました。彼女は後に、彼女が17歳になるまでに、演技のキャリアを追求する意向を表明したときに、両親が彼女を家から追い出したことを思い出しました。

ドイツの多くの高度に同化された中流階級のユダヤ人のように、レイナーは特にユダヤ人であるとは認識していませんでした。これはナチスの反ユダヤ主義の下ではすぐに無関係になるでしょう。レイナーは2004年に、「私が23歳になるまで、私のユダヤ人性に完全に気づいていなかった」と振り返りました。確かに、劇作家クリフォードオデッツとの最初の結婚が1940年に終わった後、彼女はキリスト教に改宗し、1945年にニューヨークの出版社ロバートクニッテル(1989年)と結婚した後に洗礼を受けました。 どれか それが創造するだけの宗教 闘争!」彼女は、ユダヤ人女性の百科事典に自分が含まれていることを知って書いた。 「今日の世界を見てください。 」

第一次世界大戦後のドイツの壊滅的な経済不況を目撃した人の見解は、「1933年に国会議事堂が燃えるのを見た」とのことです。 ニューヨークタイムズ、「そしてラジオでヒトラーを聞いた。」彼らはまた、1930年代を通じて世界的なファシズムの台頭に反対し、スペイン内戦の孤立した難民を世話し、第二次世界大戦中に戦時国債を調達し、軍隊を楽しませるための連合国の努力を支援する、世界政治に深く関わっている誰かの見解でした。 。

1930年代のウィーンで伝説的な劇場監督マックスラインハルトの会社に加わったレイナーは、20代前半にヨーロッパの舞台とスクリーンで高い評価を得ました。彼女は、ナチスの迫害から逃れるヨーロッパの芸術家、作家、科学者、その他の知識人の波の中で、1935年にハリウッドに到着しました。 1年以内に、彼女はその日の最大のスターの反対側で最も記憶に残る役割を果たしました:ウィリアムパウエル 巨星ジーグフェルド (MGM、1936年)とポール・ムニ 良い地球 (MGM、1937)。彼女のパフォーマンスは絶賛と前例のない2つの連続したオスカーを獲得しました。 MGMの著名人のギャラリーの一部として、彼女はまた、大恐慌時代のアメリカの映画会社の「ティファニー」としてのスタジオの評判を定義するのを手伝いました。

両者に 巨星ジーグフェルドグッドアース、 レイナーは、最初はインプレサリオのフローレンツジーグフェルドを祝い、次に中国の農民に、長く苦しみ、飽くなき、忠実な妻を演じました。どちらのパフォーマンスも、スタジオが認識しているよりもはるかに深みとニュアンスがありました。 MGMの宣伝は彼女を次のガルボに形作ろうとしましたが、その後の役割は彼女を従順で協力的な配偶者として表面的にタイプキャストし、より強く、より独立した女性をフィーチャーしたキャラクターは彼女を避けました。一連の望ましくないスタジオが課した役割とオデッツとの悲惨な結婚は確かに彼女のキャリアを助けませんでしたが、MGMがレイナーをしなやかで長く苦しんでいる妻の「スターテキスト」に押し込むことはすぐに新しい社会的現実と歩調を合わせて現れました。ルーズベルト政権が第二次世界大戦に突入する準備をしていたとき、産業と労働力は、海外で戦う男性の代わりとして女性を労働力に導き込もうとしていました。

今日、阿蘭のように、レイナーの最大の部分の1つ 良い地球、また、見下すような民族のステレオタイプの重みの下で緊張します。どんなに説得力があるとしても、ムニとレイナーの両方のパフォーマンスは、実際のアジア人や他のマイノリティがほとんど見えず、白人の俳優や女優が黄色い顔で表現したステレオタイプを通してのみ見られるという不快な思い出を提供します。

3年以内に、レイナーのハリウッドフェーズは、その大成功が形になったのとほぼ同じ速さで蒸発しました。影響力のあるハリウッドのゴシップコラムニスト、ルエラパーソンズは、レイナーを「オスカーの呪い」と呼んでいるとひそかに診断しました。彼女の側では、レイナーはハリウッドを表面的で、ほとんどアイデアが欠けていると考えました。スタジオの宣伝で広まった女性スターの魅力的なイメージを避け、化粧をせずに快適な古着を着ることで定評がありました。伝えられるところによると、彼女は数時間遅れて1936年のアカデミー賞授賞式に出席し、髪の毛が乱れていました。

オフスクリーンでは、レイナーは彼女がよく描いたラクリモースのヒロインのイメージにほとんど合いませんでした。オデッツとともに、レイナーは、1930年代にロサンゼルスから出現した左派の政治活動の広範な連合である人民戦線の一部として他のハリウッドの才能に加わった。彼女は、映画アーティスト委員会と合同反ファシスト難民委員会、ジェネラリシモフランシスコフランコの全体主義勢力に対する共和党スペインの原因。

1930年代後半までに人民戦線が崩壊し、オデッツから離婚したため、レイナーはますます一般の人々の目に留まりませんでした。彼女の最後のハリウッド映画、 人質 (1943)、第二次世界大戦の地下レジスタンス運動のタイムリーな描写にもかかわらず、生ぬるい歓迎を受けました。その後、レイナーはハリウッドのシーンからほとんど姿を消しました。 She made infrequent guest appearances on European and American television throughout the 1950s and 1960s, including an episode for the thriller anthology series Suspense (“Torment,” March 30, 1954) and opposite silent film star Ramon Navarro in the World War II series Combat (“Finest Hour,” December 21, 1965), in which she played a sympathetic countess. In 1984, she guest starred in a dual role for an episode of the ABC series The Love Boat.

In later life, Rainer split her time between London and Switzerland. In 1988, she appeared in “A Dancer,” a short film produced for Italian television. That year People Weekly interviewed her for the sixtieth anniversary of the Oscars. Ten years later, she was a featured guest at the seventieth anniversary Academy Award ceremonies.

In 1997, then octogenarian Rainer appeared in her first major film release in nearly fifty-five years. The Gambler, a Hungarian/English “story within a story” that weaves the Dostoyevsky tale of the same name with a story about his writing of it, premiered in Europe and opened in the United States in 1999. One critic described her performance as “radiant one moment, bereft the next, so feverishly animated that you cannot take your eyes off her.” Appearing in yet another film in 2003 at the age of 93, Luise Rainer – whose one hundred and four years defy easy categorization – was an inspiring reminder that it’s never too late to return for the “second act.” Or that you’re never too young to stick it to one of the most powerful men in Hollywood.

Luise Rainer died on December 30, 2014.

Poem – Ich setze den Fuss in die Luft, und sie trug (Poem: I Set My Foot Upon the Air and It Carried Me) (2003).

The Big City/Skyscraper Wilderness (1937).

The Emperor’s Candlesticks (1937).

Heute kommt’s drauf an (1933).

Ja der Himmel über Wien (1930).

Baskette, K. “Know Luise Rainer.” フォトプレイ 48, no. 5 (1935): 44.

Bronner, E. “Luise Rainer.” Films in Review 6, no. 8 (1955): 390.

Ceplair, Larry, and Steven Englund. The Inquisition in Hollywood: Politics in the Film Community, 1930–1960。 Berkeley and Los Angeles: University of California Press, 1983.

Crichton, K. “Girl Who Hates Movies.” Collier’s, May 23, 1936: 36.

Daugherty, F. “Luise Rainer in a New Role.” Christian Science Monitor Magazine, August 24, 1938: 4.

Fletcher, A.W. “The Tempestuous Life Story of Luise Rainer.” フォトプレイ 50, no. 1 (1936): 24, and 50, no. 2 (1936): 74.

Hall, L. “The Romantic Story of Luise Rainer’s Surprise Marriage.” フォトプレイ 51、いいえ。 3 (1937): 50.

Hamilton, S. “What’s Happened to Rainer?” フォトプレイ 52、いいえ。 6 (1938): 22.

“Happy 60th Oscar,” People Weekly (April 11, 1988): 85. Reprinted in Academic Index Database.

Katz, Ephraim. “Luise Rainer.” Katz’s Film Encyclopedia. Reprinted in Microsoft Corp., Cinemania CD-ROM (1996).

Lewis, Kevin. “Luise Rainer: She Did it Her Way.” Movie Maker Magazine 35 (2003).

Littleton, Cynthia. “Luise Rainer 20 Things You Didn’t Know About the Legendary Actress.” バラエティ (30 Dec. 2014).

“Luise Rainer.” Hollywood Celebrity Biography (2004).

Luther, Claudia. “Luise Rainer Dies at 104 1930s Star Had Meteoric Rise and Fall in Hollywood.” The Los Angeles Times (30 Dec. 2014).

Macatee, Rebecca. “Luise Rainer, First to Win Back-to-Back Acting Oscars, Dies at 105.” Eonline.com (30 Dec. 2014).

McFadden, Robert D. “Luise Rainer Dies at 104 Won Best Actress Oscars for Two Years Running.” ニューヨークタイムズ (30 Dec. 2014).

Rainer, Luise. Letter to the author. n.d. [2004].

“Thank Offering Shaw’s Saint Joan.” 時間 (March 18, 1940): 68.

Thomas, Bob. “The Viennese Vivacity: Actress Sets Sail on TV after 20-Year Absence.” The Atlanta Constitution (24 Nov. 1983).


Luise Rainer: 20 Things You Didn’t Know About the Legendary Actress

When it came to recognizing the horrors of Nazism and fascism, the record shows that Luise Rainer was on the right side of history.

A look at the actress&rsquos mercurial career in the pages of バラエティ offers ample evidence of her activism and efforts to raise awareness, long before America entered WWII, about the devastation in her native Germany and throughout Europe.

Throughout her up-and-down career in showbiz, Rainer was a vocal supporter of all manner of humanitarian causes, from Chinese orphans to anti-fascist forces in Spain.

At the peak of her Hollywood stardom, Rainer also displayed great affection for pant suits, to the delight of バラエティ&rsquos &ldquoGals and Gab!&rdquo column, and she doted on her beloved Scottie terrier, Johnny. She was also quite sickly, with many reports of illnesses and hospitalizations delaying production on her various pics.

Here are 20 things you didn&rsquot know about the two-time Oscar winner (the first person to ever win back-to-back statuettes), who died Tuesday at the age of 104.


Luise Rainer German Actress

Luise Rainer was previously married to Robert Knittel (1945 - 1989) , Clifford Odets (1937 - 1940) and Justin Mitchell (1934 - 1938) .

Luise Rainer was in relationships with William Wyler (1936) , Lewis Milestone and Clarence Sinclair Bull.

Luise Rainer had encounters with Erich Maria Remarque and George Gershwin.

だいたい

German Actress Luise Rainer was born on 12th January, 1910 in Düsseldorf, North Rhine-Westphalia, Germany and passed away on 30th Dec 2014 London, England, UK aged 104. She is most remembered for Back to back Academy Awards for Best Actress for The Great Ziegfeld (1936) and The Good Earth (1937).彼女の星座は山羊座です。

Luise Rainer was in an on-screen matchup with Don Ameche in The Love Boat (1977) .

助ける

Help us build our profile of Luise Rainer!ログインして情報、写真、関係を追加し、ディスカッションに参加して、貢献したクレジットを獲得してください。

関係統計

タイプ合計最長平均最短
デート3 85 years, 4 months 28 years, 5 months -
結婚3 44 years, 11 months 18 years, 2 months 4 years, 4 months
出会い2 - - -
合計8 85 years, 4 months 17 years, 6 months 4 years, 4 months

詳細

ファーストネーム Luise
Maiden Name Rainer
出生時の氏名 Luise Rainer
代替名 The Viennese Teardrop, The New Garbo
104 (age at death) years
誕生日 12th January, 1910
発祥の地 Düsseldorf, North Rhine-Westphalia, Germany
死亡しました 30th December, 2014
死の場所 London, England, UK
死因 肺炎
埋葬 Cremated, Ashes given to family or friend
身長 5' 4" (163 cm)
建てる スリム
目の色 ブラウン-ダーク
髪の色
干支 山羊座
セクシュアリティ 真っ直ぐ
宗教 Jewish
Ethnicity 白い
国籍 ドイツ人
職業テキスト 女優
職業 女優
名声を主張する Back to back Academy Awards for Best Actress for The Great Ziegfeld (1936) and The Good Earth (1937)
アクティブな年 1926�, 1997, 1926�, 1926�, 1949�, 1965, 1984, 1991, 1996�, 2003, 1926�, 1949�
公式サイト www.nndb.com/people/796/000030706/, spartacus-educational.com/USArainer.htm
父親 Heinz Rainer
母親 Emmy Koenigsberger Rainer
Family Member Francesca Knittel-Bowyer (daughter)
Friend Katherine Ann Porter, Charlie Chaplin, Erich Von Stroheim, Erich Maria Remarque, Paulette Goddard, Oona Chaplin

Luise Rainer (, 12 January 1910 – 30 December 2014) was a German-American-British film actress. She was the first thespian to win multiple Academy Awards and the first to win back-to-back at the time of her death, thirteen days shy of her 105th birthday, she was the longest-lived Oscar recipient, a superlative that had not been exceeded as of 2021.


Actress Luise Rainer, 1930s back-to-back Oscar winner, dies

Luise Rainer, the German-born actress who made cinema history by winning back-to-back Oscars as best actress for the 1936 musical “The Great Ziegfeld” and the 1937 drama “The Good Earth” during a brief, stormy Hollywood career, died on Tuesday at age 104.

Rainer, a former star of the Vienna stage who had been the oldest living actor to have won an Academy Award, died of pneumonia in London, her daughter said.

“She was an extraordinary woman who will undoubtedly leave an indelible print on the industry,” her daughter Francesca Bowyer told Reuters. “She was a legend, she was my legend.”

Rainer enjoyed a meteoric rise in Hollywood followed by an equally dramatic fall after she clashed with imperious Metro-Goldwyn-Mayer studio boss Louis B. Mayer over his iron-fisted control over her career.

After being assigned a succession of parts she did not like and being denied ones she wanted, Rainer contentiously parted ways with MGM, leaving Hollywood in 1938. She returned only briefly in 1943 to make a film for rival studio Paramount.

In a 1999 interview with the New York Times, Rainer recalled Mayer's parting threat: “We made you and we can kill you.” She said she retorted: “Mr. Mayer, you didn't make me. God made me.”

Rainer had an unhappy three-year marriage to playwright Clifford Odets, ending in 1940. When she became friends with Albert Einstein, Odets was said to have become so jealous that he used scissors to shred a photograph of the scientist.

Rainer wed British publishing executive Robert Knittel in 1945 and lived with him in London and Switzerland until his death in 1989. She lived alone in London afterward, with her two Oscars on a bookshelf in her study.

The statuette for “The Great Ziegfeld,” in which she starred with William Powell and Myrna Loy, was the original. The one for “The Good Earth” was a replacement. She told the Telegraph in 2009 she gave that original to the workers who moved her from Switzerland to London after Knittel's death.

“I used it as a doorstop,” Rainer said. “And it was bent.”

Katharine Hepburn is the only other woman to win the best actress Oscar in consecutive years, for “Guess Who's Coming to Dinner” (1967) and “The Lion in Winter” (1968).

Rainer was born on Jan. 12, 1910, in Dusseldorf. She earned early success as a stage actress in Vienna, a protege of theatrical director Max Reinhardt, before dabbling in films. The rise of the Nazis in the early 1930s prompted Rainer, the daughter of a prosperous Jewish businessman who was an American citizen, to move to the United States.

Rainer was an accomplished stage and screen actress when an MGM talent scout spotted her and told Mayer she would become “the next Garbo,” referring to incandescent Swedish film superstar Greta Garbo, who was five years older than her.

Rainer replaced Loy opposite Powell in her first Hollywood film, “Escapade” (1935), then was cast again with Powell in the musical “The Great Ziegfeld,” delivering an Oscar-winning performance as Ziegfeld's first wife.

For the epic film adaptation of the Pearl S. Buck novel “The Good Earth,” Irving Thalberg, MGM's production chief, had wanted to cast Chinese-American actress Anna May Wong opposite Paul Muni, a white actor playing a Chinese farmer. But Thalberg was blocked from doing so because of Hollywood's ban at the time on on-screen interracial relationships.

Rainer got the role – over Mayer's opposition – of the long-suffering Chinese peasant wife, and won her second straight Oscar. That made Rainer the first actress to win multiple Academy Awards.

But things were souring at MGM, and she lamented that she was treated as merely a “tool in a big mechanical factory.”

She appeared again with Powell in “The Emperor's Candlesticks” (1937), with Spencer Tracy in “Big City” (1937), with Melvyn Douglas in “The Toy Wife” (1938), and headed an ensemble cast in “Dramatic School” (1938). She starred as the wife of composer Johann Strauss in “The Great Waltz” (1938) before turning her back on Hollywood.

She returned to cinema at the age of 86 after an absence of more than half a century in the 1997 European film “The Gambler.”


Luise Rainer: 20 Things You Didn’t Know About the Legendary Actress

When it came to recognizing the horrors of Nazism and fascism, the record shows that Luise Rainer was on the right side of history.

A look at the actress&rsquos mercurial career in the pages of バラエティ offers ample evidence of her activism and efforts to raise awareness, long before America entered WWII, about the devastation in her native Germany and throughout Europe.

Throughout her up-and-down career in showbiz, Rainer was a vocal supporter of all manner of humanitarian causes, from Chinese orphans to anti-fascist forces in Spain.

At the peak of her Hollywood stardom, Rainer also displayed great affection for pant suits, to the delight of バラエティ&rsquos &ldquoGals and Gab!&rdquo column, and she doted on her beloved Scottie terrier, Johnny. She was also quite sickly, with many reports of illnesses and hospitalizations delaying production on her various pics.

Here are 20 things you didn&rsquot know about the two-time Oscar winner (the first person to ever win back-to-back statuettes), who died Tuesday at the age of 104.


Actress Luise Rainer, 1930s back-to-back Oscar winner, dies

(Reuters) - Luise Rainer, the German-born actress who made cinema history by winning back-to-back Oscars as best actress for the 1936 musical “The Great Ziegfeld” and the 1937 drama “The Good Earth” during a brief, stormy Hollywood career, died on Tuesday at age 104.

Rainer, a former star of the Vienna stage who had been the oldest living actor to have won an Academy Award, died of pneumonia in London, her daughter said.

“She was an extraordinary woman who will undoubtedly leave an indelible print on the industry,” her daughter Francesca Bowyer told Reuters. “She was a legend, she was my legend.”

Rainer enjoyed a meteoric rise in Hollywood followed by an equally dramatic fall after she clashed with imperious Metro-Goldwyn-Mayer studio boss Louis B. Mayer over his iron-fisted control over her career.

After being assigned a succession of parts she did not like and being denied ones she wanted, Rainer contentiously parted ways with MGM, leaving Hollywood in 1938. She returned only briefly in 1943 to make a film for rival studio Paramount.

In a 1999 interview with the New York Times, Rainer recalled Mayer’s parting threat: “We made you and we can kill you.” She said she retorted: “Mr. Mayer, you didn’t make me. God made me.”

Rainer had an unhappy three-year marriage to playwright Clifford Odets, ending in 1940. When she became friends with Albert Einstein, Odets was said to have become so jealous that he used scissors to shred a photograph of the scientist.

Rainer wed British publishing executive Robert Knittel in 1945 and lived with him in London and Switzerland until his death in 1989. She lived alone in London afterward, with her two Oscars on a bookshelf in her study.

The statuette for “The Great Ziegfeld,” in which she starred with William Powell and Myrna Loy, was the original. The one for “The Good Earth” was a replacement. She told the Telegraph in 2009 she gave that original to the workers who moved her from Switzerland to London after Knittel’s death.

“I used it as a doorstop,” Rainer said. “And it was bent.”

Katharine Hepburn is the only other woman to win the best actress Oscar in consecutive years, for “Guess Who’s Coming to Dinner” (1967) and “The Lion in Winter” (1968).

Rainer was born on Jan. 12, 1910, in Dusseldorf. She earned early success as a stage actress in Vienna, a protege of theatrical director Max Reinhardt, before dabbling in films. The rise of the Nazis in the early 1930s prompted Rainer, the daughter of a prosperous Jewish businessman who was an American citizen, to move to the United States.

Rainer was an accomplished stage and screen actress when an MGM talent scout spotted her and told Mayer she would become “the next Garbo,” referring to incandescent Swedish film superstar Greta Garbo, who was five years older than her.

Rainer replaced Loy opposite Powell in her first Hollywood film, “Escapade” (1935), then was cast again with Powell in the musical “The Great Ziegfeld,” delivering an Oscar-winning performance as Ziegfeld’s first wife.

For the epic film adaptation of the Pearl S. Buck novel “The Good Earth,” Irving Thalberg, MGM’s production chief, had wanted to cast Chinese-American actress Anna May Wong opposite Paul Muni, a white actor playing a Chinese farmer. But Thalberg was blocked from doing so because of Hollywood’s ban at the time on on-screen interracial relationships.

Rainer got the role - over Mayer’s opposition - of the long-suffering Chinese peasant wife, and won her second straight Oscar. That made Rainer the first actress to win multiple Academy Awards.

But things were souring at MGM, and she lamented that she was treated as merely a “tool in a big mechanical factory.”

She appeared again with Powell in “The Emperor’s Candlesticks” (1937), with Spencer Tracy in “Big City” (1937), with Melvyn Douglas in “The Toy Wife” (1938), and headed an ensemble cast in “Dramatic School” (1938). She starred as the wife of composer Johann Strauss in “The Great Waltz” (1938) before turning her back on Hollywood.

She returned to cinema at the age of 86 after an absence of more than half a century in the 1997 European film “The Gambler.”

Reporting and writing by Will Dunham in Washington Additional reporting by Madeline Chambers in Berlin and Will James in London editing by Bill Trott and Matthew Lewis


ビデオを見る: ルイーゼライナー