コスタリカの巨大な石球を作ったのは誰ですか?

コスタリカの巨大な石球を作ったのは誰ですか?



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

多くの人は、巨大な石の球体がインディ・ジョーンズをほぼ押しつぶして死ぬ「失われたアークの襲撃者」のオープニングシーンに精通しているでしょう。誰もが映画をフィクションの作品として認識していますが、巨大な石球はそうではありません。

1940年にコスタリカのディキスデルタ地域でバナナ農園のジャングルを片付けている間、ユナイテッドフルーツカンパニーの従業員は、林床に部分的に埋められた多数の大きな石球を発見しました。

ほぼ即座に、神秘的な球体は貴重な装飾品になり、コスタリカ中の政府の建物や果物会社の幹部の前庭に行き着きました。多くの球体も壊れたり損傷したりしており、考古学的な価値に気付いた球体はほとんどなかった時代にダイナマイトされた球体もありました。

人類学の准教授であり、Global Indigenous Nations StudiesProgramのディレクターであるJohnHoopesによると、約300個の球体が存在することが知られており、最大の球体は16トン、直径は8フィートで、最小の球体はバスケットボール以下です。それらのほとんどすべては、硬い火成岩である花崗閃緑岩でできています。

彼らは何のためにあったのですか?

彼らの発見以来、まだ専門家を避けている球の真の目的は、ボールが航行援助施設であるという理論から、ストーンヘンジまたは未知の古代文明の産物に関連する遺物に至るまで、推測の対象となってきました。

謎の一部は、ほぼ完全な球体が50マイル以上離れた採石場から来たように見え、金属製の道具がまだ発明されていなかった時代に作成されたため、それらが作成された方法を取り囲んでいます。石は西暦600年頃に作られたと推定されています。ただし、石の年代測定法は、球が最初に作成されたときではなく、球の最新の使用法を明らかにするだけであるため、それ自体が推測に基づいています。

「これらのオブジェクトは何世紀にもわたって使用でき、1000年経ってもまだそのままです。したがって、いつ作成されたかを正確に言うことは非常に困難です」とHoopes氏は説明します。

しかし、最大の謎は彼らが使用されたもののままです。 「なぜそれらが作られたのか、私たちは本当に知りません」とフープス氏は語った。 「それらを作った人々は書面による記録を残しませんでした。私たちは文脈を再構築するために考古学的データに任されています。それらを作った人々の文化はスペインの征服の直後に絶滅しました。したがって、神話はありませんまたは、コスタリカの先住民がなぜこれらの球を作ったのかについて語った伝説やその他の物語。」

イースター島のモアイと同じように、ある理論では、球体は単なるステータスシンボルであると想定されています。現在ユネスコによって保護されている石も、三角形や平行四辺形だけでなく、直線と曲線からなるボールの多くが整列していることがわかったため、天文学的に重要な巨大なパターンに配置された可能性があります。

「研究者に彼らの生産の方法と道具について推測させ続ける例外的な石球は、コロンブス以前の社会の芸術的伝統と工芸能力に対する例外的な証言を表しています」とユネスコは報告します。

ほぼすべての球体が元の場所から移動されているため、研究者は球体の真の意味が発見されることに懐疑的です。

ジョアンナ・ギラン


考古学で最も奇妙な謎の1つは、コスタリカのディキスデルタで発見されました。 1930年代以降、直径数センチメートルから2メートルを超えるサイズの数百の石球が記録されています。重さ16トンのものもあります。それらのほとんどすべては、硬い火成岩である花崗閃緑岩でできています。これらのオブジェクトは、人間の手によって作られたモノリシックな彫刻です。


コスタリカ、サンホセの国立博物館の中庭にあるボール。
ジョンW.フープスの写真提供。 Copyright©2001JohnW.Hoopes。全著作権所有。

球の数は300を超えます。大きな球の重さは何トンもあります。今日、彼らはAsamblea Legislativa、病院、学校などの公式の建物を飾っています。あなたは美術館でそれらを見つけることができます。また、豊かで力強い家や庭を飾るユビキタスなステータスシンボルとしてそれらを見つけることができます。

石はテラバ川の河床から来た可能性があり、タラマンカ山脈の母材の供給源から自然のプロセスによって運ばれました。未完成の球は見つかりませんでした。旧世界の一枚岩のように、コスタリカの採石場はこれらの謎の最後の休憩所から50マイル以上離れていました。

コスタリカストーンボールの&#8220ミステリー&#8221を暴く

コスタリカの石球は、1971年にエーリッヒフォンデニケンの神々の戦車が出版されて以来、疑似科学的な憶測の対象となってきました。最近では、アトランティスインアメリカ-ナビゲーターオブザアメリカなどの本の結果として、新たな注目を集めています。古代世界、IvarZappとGeorgeErikson(Adventures Unlimited Press、1998)、およびThe Atlantis Blueprint:Unlocking the Ancient Mysteries of a Long-Lost Civilization、ColinWilsonとRandFlem-Ath(Delacorte Press、2001)。これらの著者は、テレビ、ラジオ、雑誌、およびWebページで取り上げられており、彼らは自分自身とこれらのオブジェクトに関する実際の知識の状態を不当表示することによって、一般の人々に信じられないほどの不利益をもたらしています。

これらの著者の一部は、これらのオブジェクトを「発見」したと表現されることがよくありますが、実際には、1940年にユナイテッドフルーツカンパニーが農業活動中に最初に明るみに出て以来、科学者に知られています。石の考古学的調査ボールはその後まもなく始まり、1943年にそれらに関する最初の学術出版物が登場しました。それらは新しい発見ではなく、特に神秘的でもありません。実際、1950年代に石球のある場所で行われた考古学的発掘調査では、コスタリカ南部のコロンブス以前の文化に典型的な陶器やその他の材料に関連していることがわかりました。 「ミステリー」が存在するものは何でも、失われた大陸、古代の宇宙飛行士、または大洋横断の航海よりも、ボールとその考古学的な文脈の破壊による情報の損失と関係があります。

コスタリカでは、直径が数センチメートルから2メートルを超える数百の石球が記録されています。それらのほとんどすべては、硬い火成岩である花崗閃緑岩でできています。これらのオブジェクトは、1965年のナショナルジオグラフィックの記事で説明されたメキシコのハリスコの石球とは異なり、起源が自然ではありません。むしろ、それらは人間の手によって作られたモノリシックな彫刻です。

ボールは発見された瞬間から絶滅の危機に瀕しています。多くは、トレジャーハンターによって破壊されたり、ダイナマイトされたり、農業活動によってひびが入ったり壊れたりしています。 1950年代に行われた主要な調査の時点で、50個のボールがその場にあると記録されました。今日、元の場所にあることがわかっているのはほんの一握りです。

よくある質問

ボールはどこにありますか?

それらはもともと、パルマルスルとパルマルノルテの町の近くの、シエルペ、ディキス、ジェネラル川としても知られるテラバ川の三角州で発見されました。ボールは、北はエストレラ渓谷、南はコトコロラド川の河口まで知られています。それらはゴルフィトの近くとカーニョ島で発見されました。 1940年代に発見されて以来、これらのオブジェクトは芝生の装飾品として高く評価されてきました。それらは、主に鉄道でコスタリカ全土に輸送されました。それらは現在、全国で見られます。米国では2つのボールが一般公開されています。1つはワシントンD.C.のナショナルジオグラフィック協会の博物館にあり、もう1つはマサチューセッツ州ケンブリッジのハーバード大学にあるピーボディ考古学民族学博物館の近くの中庭にあります。

彼らはどれくらいの大きさですか?

ボールのサイズは、直径がわずか数センチメートルから2メートルを超えるものまでさまざまです。最大のものは16トン(約15,000kg)を超えると推定されています。

彼らは何でできていますか?

ほとんどすべてのボールは花崗閃緑岩でできています。花崗閃緑岩は、近くのタラマンカ山脈のふもとに露頭する硬い火成岩です。砂浜の堆積物の殻と砂から形成される石灰岩に似た硬い材料であるコキーナで作られた例がいくつかあります。これはおそらくTérraba-Sierpeデルタの河口から内陸に持ち込まれたものです。 (これらのページの背景画像は、コスタリカのパルマルスルにある石球の表面の写真です。)

それらはいくつありますか?

サミュエル・ロスロップは、1963年の出版で合計約186個のボールを記録しました。ただし、これらのオブジェクトは数百個あると推定されており、現在はコスタリカ全体に分散しています。ジャラカの近くの1つのサイトには45ものボールがあったと報告されましたが、これらは現在他の場所に移動されています。

それらはどのように作られましたか?

ボールは、制御された破壊、つつく、および粉砕の組み合わせによって丸い岩を球形に縮小することによって作成された可能性が最も高いです。それらが作られている花崗閃緑岩は、温度の急激な変化にさらされると、層状に剥離することが示されています。ボールは、熱(熱い石炭)と冷たい(冷水)を加えることによって荒らされた可能性があります。それらが球形に近づいたとき、それらは同じ硬い材料で作られた石でつついたり叩いたりすることによってさらに縮小されました。最後に、それらは高光沢に粉砕および研磨されました。このプロセスは、磨かれた石の斧、精巧な彫刻が施された石皿、石の彫像を作るために使用されたものと同様で、金属製の道具、レーザー光線、またはエイリアンの生命体の助けを借りずに達成されました。

誰が作ったの?

ボールは、スペインの征服時にこの地域に住んでいた先住民の祖先によって作られた可能性が最も高いです。これらの人々は、ホンジュラス東部からコロンビア北部までの先住民の言語に関連するチブチャ語を話しました。彼らの現代の子孫には、ボルカ、テリーベ、グアイミが含まれます。これらの文化は散居村に住んでおり、その中には約2000人を超えるものはほとんどありませんでした。これらの人々は、農業だけでなく、漁業や狩猟からも暮らしていました。彼らは、トウモロコシ、マニオック、豆、スカッシュ、ペジベイパーム、パパイヤ、パイナップル、アボカド、チリペッパー、カカオ、その他多くの果物、根菜類、薬用植物を栽培しました。彼らは、丸い川の石畳で作られた基礎を備えた、通常は丸い形の家に住んでいました。

彼らは何歳ですか?

石球は遺跡から知られており、埋められた地層の帽子には、アグアスブエナス文化に特徴的な陶器しかありません。紀元前200年から紀元800年まで。石のボールは、紀元1000年頃からのスタイルの金の装飾が施された埋葬で発見されたと報告されています。また、チリキ時代の陶器タイプであるブエノスアイレス多色の断片を含む地層でも発見されています。このタイプの陶器は、植民地時代の鉄製の道具に関連して発見されたと報告されており、16世紀まで製造されていたことが示唆されています。したがって、ボールは1800年の間にいつでも作られている可能性があります。作られた最初のボールはおそらく数世代続き、その間にそれらは動かされ、修正された可能性があります。

彼らは何のために使われたのですか?

誰も確かに知りません。ボールは最初のスペインの探検家の時までに作られなくなり、1940年代に再発見されるまで完全に忘れられていました。ボールの多くは、直線と曲線、および三角形と平行四辺形で構成される整列状態にあることがわかりました。 4つのボールの1つのグループは、磁北に向けられた線に配置されていることがわかりました。これは、それらが磁気コンパスの使用、または天文学的配置に精通している人々によって配置されたかもしれないという推測につながりました。残念ながら、ボールが元の位置から移動したときに、これらの配置の一部を除いてすべてが破壊されたため、ほぼ50年前に行われた測定の精度を確認できません。ボールの多くは、それらのいくつかは整列していて、低い塚の上に見つかりました。そのため、マウンドの上に建てられた家の中に保管されていたのではないかとの憶測が飛び交い、観察に利用することが困難になりました。アライメントがイースター島とストーンヘンジを指すナビゲーションデバイスであるというIvarZappの提案は、ほぼ間違いなく間違っています。わずか数メートル離れたボールの位置合わせのLothropの元の測定値は、そのような長距離をプロットする際のエラーを制御できるほど正確または正確ではありませんでした。カーニョ島にあるボールを除いて、ほとんどのボールは海から遠すぎて、外航のナビゲーターには役立ちませんでした。

なぜボールが危険にさらされているのですか?

事実上すべての既知のボールが元の場所から移動されており、考古学的な状況や考えられる配置に関する情報が破壊されています。ボールの多くは、ボールに金が含まれているという無意味な寓話を信じている地元のトレジャーハンターによって爆破されました。農地にあるボールは定期的な燃焼によって損傷を受けており、これにより、かつては滑らかだったボールの表面にひびが入り、裂け、侵食され、既知の最大の石球が破壊されました。ボールは峡谷や渓谷、さらには水中の海洋の場所(カーニョ島など)に転がされています。大多数は彼らの起源のゾーンから遠くに運ばれ、これらのボールを作った人々の子孫の意識からそれらをさらに分離しました。

よくある誤解

現在、何人かの著者がコスタリカの石球に関する広範な誤報に貢献しており、その性質と起源について根拠のない憶測を呼んでいます。

ボールのサイズ

Atlantis Rising Onlineの記事で、George Eriksonは、石のボールのサイズについて誇張した主張をしており、「重量は最大30トン、直径は最大3メートル」と書いています。ボールの最も広範な研究では、&#8220A 6フィートのボールは約7.5トン、4フィートのボールは3トン、3フィートの標本は1.3トンと推定されています&#8221(1963:22)。 Lothropは、ボールの最大重量は約16トンであると推定しました。既知の最大のボールの直径は2.15mで、3メートルよりもかなり小さいです。

最大の既知の石球を持つジョン・W・フープス。
ジョンW.フープスの写真提供。 Copyright©2001JohnW.Hoopes。全著作権所有。

ボールの丸み

エリクソンはまた、これらの物体は、直径と円周の両方の測定値から2ミリメートル以内の完全な球体であったと述べています。この主張は誤りです。ボールを作るのに十分な精度でボールを測定した人は誰もいません。 IvarZappもGeorgeEriksonも、そのような測定を行うことができる方法論を提案していません。 Lothrop(1963:17)は次のように書いています。&#8220円形度を測定するために、2つの方法を使用しましたが、どちらも完全に満足できるものではありませんでした。大きなボールが地面に深く埋まっていると、その周りを掘るのに数日かかるかもしれません。したがって、上半分のみを露出させてから、テープと下げ振りでさらに2つまたは3つの直径を測定しました。これにより、通常は直径が2〜3フィート(0.6〜0.9メートル)の範囲の貧弱な標本では、直径が1〜2インチ(2.5〜5.1センチメートル)も異なることが明らかになりました。&#8221この方法は明らかです。地下部分は球形であると仮定しました。 Lothropはまた、巻尺で最大5つの円周をとることにより、より完全に露出したボールを測定し、そこから直径を計算しました。彼は次のように書いています。&#8220明らかに、大きなボールは最高の職人技の産物であり、直径のテープと下げ振りの測定で欠陥が明らかにならないほど完璧に近いものでした。したがって、円周を水平方向に測定し、可能であれば、4つの基本点に向かって45度上向きに傾斜させて測定しました。大きなボールは重すぎて動かせないため、通常は垂直方向の円周を確認しませんでした。この手順は、何人かの人がテープを保持し、すべての測定値をチェックする必要があったため、思ったほど簡単ではありませんでした。下げ振りでも直径の変化が小さすぎて目で検出できないため、直径は数学的に計算されています&#8221。正確な測定の主張の原因は、Lothropの表の誤解に起因している可能性があります。Lothropの表では、計算された直径がメートル単位で小数点以下4桁まで表示されています。ただし、これらは数学的に計算された推定値であり、直接の測定値ではありません。これらは、実際の測定が行われた実際の精度を反映するために丸められていません。 「目で検出するには小さすぎる」という違いは、「2ミリメートル以内」の精度に関する主張に変換できないことは明らかです。実際、ボールの表面は完全に滑らかではなく、明らかに高さが2ミリメートルを超える不規則性を生み出しています。上記のように、いくつかのボールは直径5 cm(50 mm)を超えて変化することが知られています。このウェブサイトで最大のボールの写真では、表面がひどく損傷していることが明らかです。したがって、このボールがどれほど正確に形成されたかを知ることは不可能です。

ボールのメーカー

ジョージエリクソンは、&#8220考古学者が球体をチョロテガインディアンに帰した​​と述べています&#8221。証拠に精通している考古学者はこれまでこの主張をしていません。 Chorotegaは、コスタリカ北西部のニコヤ湾近くのグアナカステ地域を占領したオト・マンゲ語を話すグループでした。ボールが見つかった地域に住んでいたのはチブチャ語族の話者でした。ボールは、石の壁や川の石畳で作られた舗装などの建築遺構、およびアグアスブエナスとチリキの文化に関連する他の場所での発見と一致する全体と壊れた陶器の船の両方に関連して発見されました。これらは、コスタリカ南部の歴史的なチブチャ語を話すグループの祖先である先住民を表すと考えられています。

ボールのデート

ジョージ・エリクソンと他の人々は、ボールが早くも12、000年前に日付を記入するかもしれないことを暗示しました。この主張を裏付ける証拠はありません。ボールは、有機物質にのみ直接適用できる放射性炭素年代測定などの方法では直接年代測定できないため、それらを年代測定する最良の方法は、層序学的背景と関連するアーティファクトによるものです。ロスロップは、アグアスブエナス文化(紀元前200年と西暦600年)に典型的な陶器を含む、下にある破片を含む堆積物から分離された土壌層にある1つの石球を発掘しました。このボールのすぐ下の土で、彼はブエノスアイレスの多色タイプの塗装された人間の置物の頭が壊れているのを発見しました。これは、ボールが西暦600年から1500年の間に作られたことを示唆しています。

ボールは&#8220コンテキスト外&#8221

1940年の発見以来、これらのボールの大部分は考古学的な文脈から取り除かれ、コスタリカ全体の芝生の装飾品として機能しています。 Lothropによって研究されたボールの多くは、近くの塚から転がり落ちたように見えました。いくつかは、明らかに洪水堆積物と自然侵食による細かいシルトの層で覆われていました。当然のことながら、それらは、優れた考古学的関連性がほとんどないという意味で、「文脈から外れている」ものです。

学者はそれらを無視しました

石のボールについて書いている著者が、これらのオブジェクトが真面目な学者から不十分な注目を受けていると主張することは珍しいことではありません。これは間違いなく真実ですが、これらのオブジェクトが無視されているということは真実ではありません。それらに関する奨学金がどういうわけか一般の人々から隠されているということも真実ではありません。ボールの最初の学術研究は、ユナイテッドフルーツカンパニーの労働者によって発見された直後にドリスストーンによって行われました。彼女の調査結果は、1943年に米国の考古学の主要な学術雑誌であるAmericanAntiquityに掲載されました。ハーバード大学ピーボディ考古学民族学博物館のスタッフの考古学者であるサミュエル・ロスロップは、1948年にボールに関する主要なフィールドワークを行いました。彼の研究に関する最終報告書は、1963年に博物館によって発行されました。ボールが見つかりました、それらと一緒にそしてそれらの近くで見つかった陶器と金属の物体の詳細な説明、そしてボールの多くの写真、測定、および図面、それらの配置、およびそれらの考古学的文脈。考古学者マシュースターリングによるボールに関する追加の研究は、1969年にナショナルジオグラフィックのページで報告されました。1970年代後半、カーニョ島の考古学的調査(1986年に公開)により、オフショアの状況でボールが明らかになりました。ボールのある場所は、1980年代に、テラバ渓谷での調査と発掘の過程でロバート・ドロレットによって調査され、報告されました。 1980年代後半から1990年代初頭にかけて、パリ大学のクロードボーデと彼の学生は、ディキスデルタのロスロップの初期のフィールドワークの場所に戻り、この地域の陶器をより注意深く分析し、より洗練された日付を作成しました。ボールのコンテキスト。この研究は1993年にスペイン語で発表され、1996年に英語の要約が掲載されました。また1990年代初頭、著者はゴルフィト周辺でフィールドワークを行い、これらのボールの最東端の例の存在を記録しました。このとき、カンザス大学の学生であるエンリコ・ダル・ラーゴは、ボールをテーマにした修士論文を擁護しました。しかし、ボールの最も注意深い研究は、コスタリカ国立博物館の後援の下で考古学者イフィゲニア・キンタニラによって1990年から1995年にかけて行われたフィールドワークでした。彼女はその場でいくつかのボールを発掘することができ、それらの製造プロセスと文化的関連性を記録しました。 Quintanillaの調査は、Lothrop以来、これらのオブジェクトの最も完全なフィールド調査でした。彼女が収集した情報は、まだほとんど公開されていませんが、現在、バルセロナ大学での大学院研究の対象となっています。現在の研究が保留されているにもかかわらず、このWebサイトの参考文献のリストは、石のボールが非常に真剣で学術的な注目を集めていることを明らかにしています。


ボスニアのその巨大な石球はおそらく失われた文明からのものではありません

森の土や下草から浮かび上がる巨大な岩の球体は、訓練を受けていない目には人工のように見えますが、この一枚岩は文明の喪失の具体的な兆候ではない可能性があります。 「ボスニア・インディ・ジョーンズ」として知られる考古学者セミール・オスマナギッチは、ボスニアのヴィソコ渓谷の森で見つかった幅3メートルの石球は、1000年以上前にこの地域に住んでいた未知の文明によって作られたと言いますが、この風変わりな主張に疑問を投げかける多くの理由。

考古学者のセミール・オスマナギッチによる「ボールの茶色と赤色は鉄の含有量が非常に高いことを示している」と正確に説明されているため、専門家はこれがコンクリーションと呼ばれる自然発生の球形の岩であると信じています。彼らは赤みがかった外観を取ります。

ギャラリー:モエラキボルダーズ

さて、あなたが地質学者であれば、コンクリーションは完全に自然な方法でさまざまなサイズの奇妙な塊状または球形に形成されることが多いため、それ自体が神秘的ですが、その形成を取り巻く正確な状況はまだ比較的不明です。それらは、非常に小さな鉱物粒子が互いに接着して、砂や土の大きな粒子の間に一種のセメントを形成するときに発生します。結石は周囲の岩よりも硬いことが多いため、数千年から数百万年にわたって、結石は岩の形成の中で唯一残っており、非常に印象的なパターンや形になります。

世界中のボスニアで見られるような球形の結石の例はたくさんあります。ニュージーランドのモエラキボルダーズは、「砲弾のコンクリーション」の一例です。これらの有名な非常に球形の岩は、オタゴのビーチで見つかります。それらは暁新世の老化した岩層の一部であるため、6000万年前にさかのぼり、幅7フィートまでの最も巨大なサイズに成長するのに数百万年かかった可能性があります。ノースダコタ州のセオドア・ルーズベルト国立公園では、ほぼ不可能なほど丸い砲弾の結石の他の例が見られます。これらの結石も、鉱物組成のためにかなり赤みがかっており、鉄で染色されています。

ニュージーランド、オアマル近郊のモエラキボルダーズの例(画像クレジット:kiwi-sonja、CC BY SA 3.0)

これは、世界中から知られている人間が形成した石のボールがないということではありません。絶滅した文明によって彫られた最も有名な球形のオブジェクトのセットの1つは、コスタリカにあります。これは、ディキの人々の石球として知られています。これらの球体は斑れい岩でできています。斑れい岩は、このような完全な球形では自然に形成されない火山岩です。これらの石はまた、特定の集落で意図的に列に並べられており、他のペトログリフが含まれています。中には15トンにもなるものもありますが、その構造を注意深く調べたところ、完全に人工的なものであることがわかりました。

コスタリカ国立博物館の中庭にあるディキス文化の石球の1つ。 [+]リカ。 (画像クレジット:コナー・リー、ウィキメディア・コモンズ、CC BY 3.0)

悲しいことに、コスタリカの球体とは異なり、ボスニアの石球体は未知の文明の象徴ではない可能性がありますが、数千年ではなく数百万年前のいくつかの結石である可能性があります。


コスタリカの球体が暴かれた

に行われたより多くの研究 コスタリカの石球 起源、本来の目的、製造は、それらがの会社が所有する土地で発見されたという事実によって妨げられました 果樹栽培、考古学ではありません。

金持ちが彼らの周りの展示としてそれらを持つことができるように、それらが発見された場所から多くの物語が根絶されました 贅沢な家庭、したがって、それらの起源に関するすべてのデータを損傷し、 元の場所 より広い背景に。

これまでのところ、球がどのように作成されたかについての理解を集めましたが、それほど刺激的ではありません。

車輪や使役動物なしで活動し、最大の石を運ぶ先住民社会 15トン 金属製の楽器を使わずに球に彫ります。

これを達成するには、高度な技術、習熟度、および時間が必要であり、 その成果。

これらがどのように行われるかについての最も確実な説明の1つ 石球 ボスニアが作られたのは、それらが星になりすますために作られたかもしれないということです。

ペトログリフは、上の星座について話している可能性があります 球の刻まれたシンボル.

ただし、石が ステータスシンボル 裕福で影響力のある人々のために。

これらの仮定に答えることができる唯一の方法は、広範囲にわたることによってのみです。 研究とメンテナンス。

次の旅行の予約をお探しですか?私たちが使用し、愛している以下のサービスをチェックするか、前のリンクをクリックして詳細をご覧ください!

予約最高のホテルのお得な情報を見つけるために。
2019年に予約するのに最適な国際線のお得な情報。
あなたの旅行を確実にする世界遊牧民。
手頃なホステルを見つけるHostelworld。
Jetradar本のフライトを安い価格で。
GetyourGuideガイド付きツアー。


コスタリカの神秘的な石球が調査されました

コスタリカの古代の石球は、「失われたアークの襲撃者」のオープニングシーケンスによって世界的に有名になりました。このとき、謎の遺物の1つのモックアップがインディジョーンズをほぼ押しつぶしました。

したがって、おそらくジョン・フープスは、カンザス大学で映画のアクションヒーローに最も近いものです。

人類学の准教授であり、グローバル先住民族国家研究プログラムのディレクターであるフープスは、最近、コスタリカへの旅行から戻ってきました。そこで彼と同僚は、球体に世界遺産のステータスを与える可能性のある国連文化機関であるユネスコの石球を評価しました。

彼の報告は、巨大なオーブにリンクされたサイトが「人類にとっての卓越した価値」のために保存と宣伝のために指定されるかどうかを決定するのに役立ちます。

中南米の古代文化を研究しているフープスは、コスタリカの世界で最も優れた専門家の1人です。彼は、石球は非常に古いものの、それらに対する国際的な関心は依然として高まっていると説明しました。

「石の最も初期の報告は19世紀後半からのものですが、実際には1930年代まで科学的に報告されていなかったため、比較的最近の発見です」とフープス氏は述べています。 「ユナイテッドフルーツカンパニーがコスタリカ南部のバナナ農園のために土地を開墾し始めるまで、彼らは不明のままでした。」

Hoopesによると、約300個のボールが存在することが知られており、最大のボールは16トンで、直径は8フィートです。これらの多くは、コスタリカのディキスデルタ地域に集まっています。発見された元の場所にそのまま残っているものもありますが、浸食、火災、破壊行為のために移転または損傷したものもあります。

KUの研究者によると、科学者たちは、石が最初に作成されたのは西暦600年頃で、ほとんどが西暦1、000年以降、スペインによる征服前のものであると信じています。

「私たちは、石球で見つかった考古学的堆積物に関連する陶器のスタイルと放射性炭素年代によって球の日付を記入します」とフープス氏は述べています。 「この方法論の問題の1つは、球の最新の使用法はわかりますが、いつ作成されたかはわかりません。これらのオブジェクトは何世紀にもわたって使用でき、1000年経ってもそのままです。ですから、いつ作られたのか正確に言うのは非常に難しいのです。」

憶測と疑似科学は、石球の一般的な理解を悩ませてきました。たとえば、出版物は、ボールがアトランティスの「失われた」大陸に関連していると主張しています。他の人は、ボールはストーンヘンジまたはイースター島の巨大な頭に関連する航法援助施設または遺物であると主張しました。

「神話は実際には、架空の古代文明や地球外生命体からの訪問についての非常に横行する多くの憶測に基づいている」とフープス氏は語った。

実際、1940年代の発掘調査では、石球がコスタリカ南部のコロンブス以前の文化に典型的な陶器や材料と関連していることがわかりました。

「なぜそれらが作られたのか、私たちは本当に知りません」とフープス氏は語った。 「それらを作った人々は書面による記録を残しませんでした。私たちは文脈を再構築するために考古学的データに任されています。それらを作った人々の文化はスペインの征服の直後に絶滅しました。したがって、神話はありません。または、コスタリカの先住民がなぜこれらの球を作ったのかについて語った伝説やその他の物語。」

Hoopesは、球に関する誤解のいくつかを打ち破るために人気のあるWebページを作成しました。彼は、石の作成は漠然としているが、確かに失われた都市や宇宙船とは何の関係もないと述べた。

「使用された主な技術は、石をつついたり、削ったり、ハンマーで叩いたりすることだったと思います」とフープス氏は述べています。 "There are some spheres that have been found that still have the marks of the blows on them from hammer stones. We think that that's how they were formed, by hammering on big rocks and sculpting them into a spherical shape."

ストーリーソース:

によって提供される資料 University of Kansas. 注:コンテンツは、スタイルと長さを編集できます。


Description Of The Sphere Stones

The sphere stones were discovered by the United Fruit Company’s workers who were clearing a new site for a banana plantation. The stones discovered ranged in size from a few inches in diameter to huge sphere stones. The smallest sphere stone is about 6.6 feet while the largest stone weighs about 16 tons. The scientific study and the description of the sphere stones began in the late 1930s. The first scholarly writing about the stone balls first appeared in 1943.

The stones appear to be extremely smooth and almost perfectly round and are likely to have been hand-made by the ancient people of the Diquis Valley. Most of the stone spheres are sculptured from gabbro which is a very hard igneous rock similar to basalt. Some of the sphere stones are also made from limestone while a dozen are made from sand. The stones appear to have been made from large boulders that were somehow round and were carefully shaped using smaller rocks. Some portions of the rocks may also have been heated then cooled rapidly in order to remove the outer rock layers. The rocks may have been polished using sand. However, the degree of finishing and style of work varies considerably. The Gabbro used in making the sphere stones came from the hills where unfinished spheres can be found.


Who Made the Giant Stone Spheres of Costa Rica? - 歴史

The Spherical History
by Tim McGuinness, Ph.D., member of the Society of American Archaeology

The spheres or stone balls first came to light during the early 1940s, discovered during excavations in the Diquis Delta region by the United Fruit Company. Workers on these plantations found a large number of these stone spheres, some totally exposed, and other buried. Many were severely damaged when they were found, as in many cases it was earth moving equipment that ran into them while clearing forest for banana planting.

As early as 1948, the stone spheres were deteriorating due to exposure to alternate heat and cold (93 to 97 degrees F in the shade in the winter, much hotter in the sun). The balls were subjected to the sun's heat, and rain, as well as to fire when the United Fruit Company cleared the land in the 1940s. The stone spheres received alternate light and shade under the cultivated banana trees and they were drenched weekly by irrigation when it didn't rain. Evidence of battering and cracking was seen. Falling giant tropical trees may have shattered some balls as well.

Looting was the major problem. To such an extent that as many as 95% were taken. Many of the smaller and medium size balls were moved to adorn parks and gardens. To this day, you can see them throughout Costa Rica in older homes, in parks, and adorning public buildings.

Another threat was the mistaken belief that they contained treasure. Many were blasted, or split, owing to the native belief that they somehow contained gold. In part, this was because some claimed gold was found near the balls.

The first major archeological data was published by Dr. Doris Z. Stone in 1943, then later by S.K. Lothrup in 1963.

  • Mystery Spheres of Costa Rica- by Tim McGuinness, Ph.D.
    • The Spherical Facts
    • The Spherical History
    • Stone Sphere Photo Gallery
    • Photo Gallery

    The decade of the 1940's marked the beginning of banana production in the region of the Diquis delta, in the southern countryside of Costa Rica. While clearing the forest and digging for irrigation systems, the United Fruit Company brought to light fabulous stone balls of different sizes and weights with an impressionably exact spherical shape.

    The investigations driven by Archaeologist Doris Stone during the period of 1940-1941, and those conducted by Samuel K. Lothrop years later, shed little light in their origin, age, or reason for their perfect manufacture.

    Even with the most recent investigations done by several archaeologists, we keep finding the same old enigmas. Who made them and when? What was their purpose? What about the tools used to build and transport them? Perhaps those tools proposed by the Archaeologists that they themselves haven't found yet?

    In spite of the fact that most of the stone balls are associated with pre-Columbian archaeological sites, there is no way to know for sure if they were made by those cultures or one that preceded them and which existence we completely ignore. It is possible to date their context but not the stone balls.

    ..

    Photo by Daniel Brenes 1997
    At the time they were found, many legends talked about gold and gems hidden in the core
    of the stone balls. These stories drove greedy and unscrupulous people to destroy many of them.
    ..
    Photo by Edwin Quesada 1997

    They come in different sizes from more than six feet to just a few inches in diameter. Most of them have been removed from their original sites and placed in front yards of wealthy residences, parks, and public and private buildings all over Costa Rica as unique objects of decoration.

    Theories and speculations regarding their use and purpose range from symbols of political power to representations of spaceships, cult objects, accumulators of telluric energy, or astronomical markers. The truth is that a long time will pass before a definite last word can be said regarding these fantastic stone balls, that for now are as enigmatic as the monoliths of Stonehenge or the Moais of Easter island.

    ..

    Photo by Edwin Quesada 1997
    Two stone balls. Part of the group in Finca 6

    "In spite of the efforts of many people and institutions supporting, protecting, and studying the stone balls of Costa Rica, there is still a lot of work to get done.

    It is my intention with this website to bring awareness about these megalithic monuments that are a legacy for all humanity.

    The solution to their multiple mysteries and their preservation depend mainly in our effort to stop the destruction, illegal commerce, and mobilization from their original sites. It is also necessary to start a campaign to educate the world regarding these wonderful round enigmas."

    Edwin Quesada.

    ..

    Photo by Edwin Quesada 1997
    Another view of the group in Finca 6, mainly conformed by four stone balls
    aligned in a square in a North-South direction.
    ..
    Photo by Edwin Quesada 1997
    Stone ball located at finca El Silencio, in the proximities of Palmar Sur.
    With it being more than 6 feet in diameter, it is one of the biggest balls ever found.

    George P. Cittenden, who purchased the relevant land for the United Fruit Company in the 1930s, was first to note the presence of mounds and stone spheres. Dr. Doris Z. Stone visited the area in 1941 and 1943, publishing her findings in 1943. S.K. Lothrup's work stemmed from Stone's.

    Dr. Stone (1943), Verneau and Rivet (1912-1922) and others discussed the distribution of stone balls, large and small, throughout the New World. They concluded that the spheres served different functions in different areas. Large examples outside the delta area are rare. Isolated specimens up to 3 feet in diameter are known from Olmec sites in Vera Cruz Mexico. They have been reported at Zaculeu in the Guatemalan Highlands (largest 15 1/2 inches in diameter), occurring in the first level of occupation in what is regarded as Early Classic Maya.

    Dr. Stone published plans of 5 sites in the Diquis Delta containing 44 stone spheres. She also reported other balls north of the Sierra Bruquena near the town of Uvita and in the flood plain of the Esquinas River. She also saw two specimens at Cavagra.

    In Costa Rica, Lothrup reported stone balls in the Diquis Delta, Camaronal Island where they were on hilltops, on the hills north of the Diquis and high up in the Cordillera Bruquena that reaches about 1,000 meters in height. The most easterly group was near Piedras Blancas.


    Stone spheres (balls to Lothrup) range in diameter from a few inches to as much as 8 feet with weights ranging from only a few pounds to 16+ tons (15,000kg). They are made of the local igneous rock (density about 3.0) with a few exceptions. Most were of a granite. They numbered in the many hundreds if not thousands. No granite is found near where the balls were found except for small water borne stones. The granite must have been transported from the mountains. The weight of the stone blocks necessary to form spheres and the work itself reveal that the spheres are clearly the work of more than one person. The time to make the spheres with primitive tools was thought to be enormous, even with large gangs working on one example. However, as has been proven in recent years, skilled stone masons could have created spheres with a meter diameter in relatively short periods of time, with just 2 individuals. Smaller balls 1ft-2ft could have easily been created by one individual in less than a week.

    Small (10 and 24 inches) stone balls were found individually in burial mounds as well. In at least 2 instances, balls were placed in graves indicating individual ownership. Thus these balls represented a form of wealth. Though this may not have been the view during the period when they were being created, but may represent the perception of later generations that looted spheres had some value.

    Sometimes balls occurred singly, other times in groups. The largest group known to Lothrup contained at least 45 balls. Depressions in which balls previously stood could still be detected then. Some spheres were buried. Per John W. Hoopes, At the time of a major study undertaken in the 1950s, fifty balls were recorded as being in situ. Today, only a handful are known to be in their original locations.

    Rotundity varied, and the surfaces varied in smoothness. Because the all context has been lost, it is all but impossible to determine over how long a period of time, these balls were being created. It is possible that the rougher worked balls were either created before or after those of finer detail. As is the case elsewhere, an individual group or guild may have perfected the craft, only to be copied later on by those without the skills and knowledge needed for the same level of perfection.

    Per Lothrup, age of the balls is estimated according to associated pottery types. Evidence suggests the spheres represent a span of many centuries. Some are of relatively great age, others the handiwork of the 16th Century inhabitants. This suggests a stable population and cultural continuity over a long period of time.

    Per local Diquis legend, the spheres represent the sun but this is not believed because disks universally represent the sun in the New World. The spheres were highly valued and probably had a religious or magical significance. Probably successive generations labored to enlarge the number of balls in individual assemblies. The large groups may have ritual significance as they were set in formal alignments. The lines may mark astronomical sight lines. Although, this website author believes they had another function.

    The stone balls and mounds were too heavy to move for the crews that cleared the ground for banana farming in the early 1940s. Lothrup's group found evidence that some stone spheres had been placed on top of mounds as well as groups of spheres where no trace of mounds existed at the time.

    Per Lothrup, the natives of the Diquis Delta were capable stone cutters because of their great stone balls and numerous statues, but they did not apply stone cutting skills to construction of dwellings. Per John W. Hoopes, The peoples who lived in the area where the balls are found were Chibchan speakers. The balls have been found in association with architectural remains, such as stone walls and pavements made of river cobbles, and both whole and broken pottery vessels that are consistent with finds at other sites associated with the Aguas Buenas and Chiriqu cultures. These are believed to represent native peoples ancestral to historical Chibchan-speaking group of southern Costa Rica.

    Some new-age believers have implied that the balls may date as early as 12,000 years ago. Per John W. Hoopes, there is no evidence to support this claim. Since the balls cannot be dated directly by methods such as radiocarbon dating, which can be applied directly only to organic materials, the best way to date them is by stratigraphic context and associated artifacts. Lothrop excavated one stone ball that was located in a soil layer separated from an underlying, sherd-bearing deposit that contained pottery typical of the Aguas Buenas culture (200 BC - AD 600). In the soil immediately beneath this ball he found the broken head of a painted human figurine of the Buenos Aires Polychrome type, dated to AD 1000-1500 (examples have reportely been found associated with iron tools). This suggests the ball was made sometime between AD 600 and 1500.

    Please refer to: Lothrup, S. K , Archeology of The Diquis Delta, Costa Rica, Papers of the Peabody Museum of Archaeology and Ethnology, Harvard, University, Vol. L1, 1963.


    How Were the Stone Spheres of Costa Rica Made?

    Today’s Wonder of the Day was inspired by Elijah. Elijah Wonders, “How the Stone Spheres of Costa Rica were made?” Thanks for WONDERing with us, Elijah!

    Do you have a list of places you want to go one day? Are you a fan of warm waters and beautiful beaches? If so, you may dream of visiting the nations of Central America. Or perhaps you’re one of the lucky people who live there year-round!

    Today’s Wonder of the Day is all about an interesting phenomenon nestled deep in one of these nations. What do you think of when you hear the name Costa Rica? Pristine beaches along the Pacific Ocean and the Caribbean Sea may come to mind. You might also picture lush jungles and tropical rainforests. Of course, you might also think of hundreds of huge stone spheres . Wait . 。 。 what?

    Yes, you read that right. Costa Rica is also famous for its large collection of almost perfectly round stone balls. To learn more about these stone spheres that dot the landscape of Costa Rica, we must travel back in time to the early 1930s.

    At that time, the United Fruit Company was searching for new land for a banana plantation. They found a prime location in the Diquis Valley. This valley is located in western Costa Rica near the Pacific Ocean.

    As workers began clearing the dense jungle lands, they found something strange: stone spheres . Some were only a few inches in diameter . Others were huge. The largest spheres measured as much as seven feet in diameter and weighed 16 tons.

    Where in the world did these spheres come from? Or did they even come from this world? Locals quickly began speculating , and many myths developed to explain the stone spheres . For example, some believed they were brought to Earth by aliens. Others think they are linked to the lost continent of Atlantis.

    The scientific study of the stones began in the late 1930s and early 1940s. To date, about 300 of the stone spheres have been found across Costa Rica. Many of the stones are not perfectly round. However, they are surprisingly smooth. Scientific measurements show that many of them are very close to being perfect spheres . Archeologists believe that the stones were most likely handmade. They think this was done by ancient people indigenous to the Diquis Valley.

    Most of the stone spheres were sculpted from granodiorite. This is a very hard rock similar to granite. Scientists believe ancient peoples likely chose large boulders that were already somewhat round. Then, they carefully shaped them using smaller rocks of the same material as tools. They also think that ancient sculptors may have heated portions of the stones and then cooled them rapidly. This would have helped to remove the outer layers of rock.

    Many of the stones still contain marks from the tools used to shape them. The smoothness of the surfaces was probably achieved by polishing the finished stones with sand or leather. Scientists haven’t been able to pin down the exact time when they were made. Estimates range from as early as 200 B.C.E. to as late as the 1500s C.E.

    The most difficult question to answer is why the stones were made. What was their purpose? No one knows for sure. But a few theories have developed. Some believe they were used as compasses. Others think they align with astronomical phenomena. People also think they were used as grave markers or status symbols, marking the property of ancient leaders. What was the true purpose of these ancient stones? The world may never know.


    Astronomical symbols or divine perfection ?

    Many Indian peoples have lived in the region where these stone spheres were found. However, none of them reported legends that could refer to them. Neither can claim authorship or provide any information about them. We know, however, that these stone balls were of particular importance to the Indians, since some - among the smallest - were used as a funeral offering. Some researchers thought they saw in the arrangement of the smallest balls the representation of an astronomical constellation. However, these conclusions could not be applied to the larger stone balls, since these sites have been exposed over the centuries to bad weather or wars, so that in most cases their original arrangement is unrecognizable today.

    In addition, in the rare cases where the arrangement of the stone balls is still decipherable, it does not seem able to confirm this hypothesis, the balls forming straight lines, wavy lines or triangles. Furthermore, this representation of stellar bodies as balls does not correspond to the beliefs of the Mayans and the Incas who believed that celestial bodies, like the Sun, had a disc shape. This theory would therefore lead to suppose the existence in Costa Rica of a totally original culture, which many scientists take for improbable.

    Finally, according to another theory, the perfection to which the creators of the stone spheres of Costa Rica aimed must be interpreted as a kind of religious office. The stone balls, the result of this extremely careful work, would symbolize divine perfection. This interpretation would also explain that there are very few traces of ancient beliefs. However, it is likely that one will never know for sure whether this theory corresponds to reality.