世界を変えた7つの非常識な軍事ギャンブル

世界を変えた7つの非常識な軍事ギャンブル


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

紀元前490年のマラトンの戦いから第二次世界大戦のミンスミート作戦まで、歴史カウントダウンのこのエピソードで、世界の歴史を変えることになった7つの危険なギャンブルを発見してください。


計画:
1933年、チェイスバンク、GM、グッドイヤー、スタンダードオイル、デュポン家、プレスコットブッシュ上院議員を含むとされる裕福なビジネスマンのグループは、FDR大統領に対する軍事クーデターを主導し、米国のファシスト独裁。そして、はい、私たちは、ある米国大統領を父とし、別の大統領を祖父とした同じプレスコットブッシュについて話している。


プレスコットブッシュ

それはどのようにうまくいきましたか?
経験則として、敵対的な軍事クーデターを実行するためにSmedleyという名前の男を決して信用しないでください。ファシズムのファンではないことに加えて、スメドリーバトラーは愛国者であり、声のFDRサポーターでもありました。どうやら、これらの犯罪の首謀者の誰も、彼らの将来のポイントマンが1932年にFDRのために積極的に困惑したことに気づいていませんでした。

スメドレーは1934年に議会委員会に豆をこぼした。彼が共謀者であると非難したすべての人はそれを激しく否定し、それらのどれも刑事告発で育てられなかった。それでも、ハウス・マコーマック・ディクスタイン委員会は少なくとも陰謀の存在を認めており、それは最終的に最初の計画段階を通過することはありませんでした。

ビジネスプロットを支持したとされる人々の多くは、アメリカが第二次世界大戦に参戦するまで、ナチスドイツとの経済的関係も維持していました。しかし、少なくとも米国がファシスト独裁政権になることは決してありませんでした(ロンポールの支持者に尋ねない限り)。

ここでのレッスンは?ファシストであろうとなかろうと、あなたはスメドレーやディクスタインという名前の男と性交しないでください。

関連:映画の6つの邪悪な企業(ひどい事業計画を伴う)


4.V-3大砲

1944年の夏に考案されたV-3は、長さ9フィートのダーツ型の砲弾を1時間に300発発射するように設計されました。 416フィートの砲身に沿って配置された一連の二次装薬は、発射体の速度を上げることを目的としていました。発射体は、フランスの町ミモエックの100マイル以上離れた場所からロンドンに到達できると仮定されています。しかし、V-3がようやく運用可能になったとき、砲弾の速度は毎秒わずか3,280フィートで、ロンドンに到達するのに必要な速度の約半分であると推定されました。

ヒトラーはこれらの武器の50の生産を承認しました、しかしV-3の当初の計画が実行される前に、干し草の山の下に軍需品を隠すためのドイツの最善の努力にもかかわらず、連合軍は銃を爆撃して破壊しました。


歴史の中で7つの瞬間が構成されていると思うかもしれませんが、そうではありません

ストライキを行うことは、工業化の歴史と労働組合の結成と密接に関連していると思います。間違い!もちろん、より組織化された労働力につながったのは経済の工業化でしたが、紛争のために道具を置くという考えは、確かに非常に長い道のりを遡ります。

歴史に記録された最初のストライキは、紀元前1152年の11月14日に始まりました。これは古代エジプトのラムセス3世の治世中だった。

古代エジプトのモニュメントに関する作業の多くが奴隷によって行われたというのは、主に聖書の物語によって生み出された一般的な誤解です。エジプト人は確かに奴隷を持っていましたが、彼らは決して主要な労働力ではありませんでした。職人、建築業者、運送業者は、彼らの仕事に誇りを持った有給の男性でした。これは、その多くが3、000年以上もの間立ってきた構造の品質によって証明されています。

紀元前1152年11月、ディールエルメディナに王室の墓地遺跡(墓/地下室のグループ)を建設する際に問題が発生しました。労働者たちは、彼らが低賃金であり、彼らの賃金が滞納していると感じたので、彼らは大規模なストライキを組織し、建設を中止した。

応答は非常に興味深いものでした。ファラオがストライキのリングリーダーから鞭を引き出したり、頭を切り落としたりすると思われるかもしれませんが、話し合った後、職人の賃金が支払われました-実際、彼らの賃金は実際に引き上げられました-そして労働者は戻ってきました仕事を終える。

ネクロポリスは今でも残っています。

ファンタジーの戦いが現実になる

フィルム ロッキー バルボア (2006)は奇妙な前提を持っています:現在のヘビー級チャンピオンが彼自身とロッキーの間のコンピューター生成の戦いを見た後、彼は試合のためにイタリアンスタリオンを引退から解放します。しかし、このややばかげたシナリオには、歴史的な前例があります。

1967年、ラジオプロデューサーのマレーウォーナーは、ボクシングに関するすべてのパブの議論を解決する方法のアイデアを思いつきました。彼は、各戦闘機のすべての統計と詳細(彼らが首相にいたとき)をコンピューターに入れることによって、彼らが会った場合に誰が勝つかを決定できると述べた。彼は、当時最先端のNCR 315データ処理システムと12ビットのメモリを搭載したコンピューターを使用しました(これは、今日のアプリの小さな更新の1%にも満たない)。

それは宣伝のスタントでしたが、それぞれの戦いがラジオドラマとして行われたため、非常に人気がありました。まるで戦いがライブで行われているかのようでした。

これらのラジオ劇の1つは、1960年代にモハメドアリの注目を集めました。当時、彼はベトナム戦争で戦うためにドラフトされることを拒否したため、ボクシングをすることができませんでした。アリは破産したと宣言される寸前でした。彼の評判はほとんど彼の唯一の残りの資産でした。それで、ウォロナーがアリがジム・ジェフリーズに準決勝で負けると主張したとき、アリは訴えると脅した。しかし、気の利いたビジネスマンであるウォロナーは、代わりに、14年前に引退したロッキーマルシアノとのラジオファンタジーの戦いの映画版に参加するためにアリに10,000ドルを支払うことを申し出ました。

アリはお金が必要で、マルチャーノが挑戦を受け入れることに同意しました。これまで会ったことのない二人の男は、正しい映像を撮るために何日もカメラの前で戦ったため、お互いをとても好きになったと言われています。 2人の戦闘機は約70から75ラウンドの間スパーリングし、後でコンピューターの「発見」に従って編集されました。悲しいことに、マルチャーノは撮影が終わってから3週間後に飛行機墜落事故で亡くなりました。

戦いの映像は、1,500の映画館で一回限りのイベントとして上映され、瞬く間にヒットしました。推定での撮影額は500万ドルでした。 「コンピューター」(マルチャーノの方が人気があることを知っていたウォロナー)は、マルチャーノが第13ラウンドでアリをノックアウトすることを決定しました(実際にはそうは思われませんでした)。

「踊る疫病」

「聖ヴィートの踊り」としても知られるコレオマニアは、中央ヨーロッパの真に奇妙な中世の現象でした。それは、人々の群衆が倦怠感で倒れるまで、あるいはさらに悪いことに死ぬまで、自発的かつ継続的なダンスを伴いました。奇妙に聞こえるかもしれませんが、コレオマニアは目撃者から定期的に報告されており、当局にとって真の関心事でした。また、伝染性もあったようです。たとえば、1374年6月に、ドイツのアーヘンで発生した最も広範な発生の1つが、ケルン、フランダース、ユトレヒト、そして後にイタリアなどの他の場所に広がる前に発生しました。

1世紀以上経った今でも発生がありました。1518年7月にストラスブールで、フラウ・トロフィアという女性が通りで踊り始めました。 4日以内に33人が彼女に加わり、1か月以内に400人が参加し、その多くが心臓発作を起こして死亡しました。

剖検は行われず、当時の医学は高度であるとは言い難いため、原因を推測することしかできません。おそらくそれは、けいれんを引き起こすある種の皮膚感染症または筋肉の炎症でしたか?

当時、一部の人々は、踊りは、キリスト教の伝説によれば、シチリアのキリスト教の聖人である聖ヴィトゥスによってもたらされた呪いであると信じていたので、彼らは祈って、ヴィトゥスに捧げられた場所への巡礼をしました。一部の犠牲者の回復は、病気と聖人との間の認識されたつながりをさらに強化しました。

中世のダンスマニアであるコレオマニアの詳細については、2017年のクリスマス版をご覧ください。 BBCヒストリーマガジン.

アメリカの朝鮮侵略

いいえ、1950年代のものではなく、1871年のものです。

19世紀には、多くのアジア諸国が外界から封鎖されました。最も有名なのは日本と中国ですが、韓国も同様です。アメリカは、これらのアジア諸国を「解き放ち」、それらと貿易することを決定しました。 1850年代にペリー提督が率いる外交使節団で日本ではうまく機能していましたが、南北戦争中にその考えは保留されました。アメリカの小さな艦隊が太平洋に戻り、韓国の海岸線に移動したのは1871年のことでした。アメリカの外交船(軍艦ではなく商船)が岸に向かってやって来て、韓国の沿岸砲台に発砲された。

アメリカ人は10日後に650人の海兵隊員と船員と共に上陸しました。彼らは地元の韓国当局者と連絡を取りましたが、韓国人は外交使節団に発砲することについての議論を避けたかったのです。それは文化的な誤解の典型的な事例でした。韓国人は間違いで顔を失うことを望まなかった、そしてアメリカ人はこれを傲慢と間違えて、韓国人にレッスンを教えることに決めた。

その後、海兵隊は江華島の要塞を襲撃し、占領しました。これは、外交使節団で(おそらく)発砲した砲台です。一連の衝突は一方的なものでした。韓国は時代とともに動いておらず、十分に訓練され装備されたアメリカ軍に対して事実上中世の技術と戦術を使用していました。その日の終わりまでに、アメリカ人はたった3人の男性を失い、すべての砦を占領しましたが、韓国人は243人の損失を被りました。

しかし、韓国人は最後に笑った。謝罪しなかっただけでなく、米国政府のメンバーと話すことを拒否し、11年間外交交渉を再開せず、孤立主義政策を維持した(日本の貿易に少しだけ溶け込んだ) )。アメリカの遠征は、ある意味、1950年代のイギリスのスエズ事件のようでした。軍事的には成功しましたが、政治的には完全に失敗しました。

圧倒的な第二次世界大戦の戦い

イッター城は、第二次世界大戦中にSSが著名な被拘禁者の刑務所として使用した、オーストリアの小さな要塞です。また、紛争で最も奇妙な戦いの1つでもあります。

1945年5月6日、平和が間近に迫り、第三帝国は崩壊していました。ドイツの司令官(ダッハウも担当)が自殺し、武装親衛隊の兵士の何人かが退却し、囚人の1人であるユーゴスラビアの自由の闘士であるズヴォニミール・チュコビッチが逃げ出し、残りの連合軍を探しに行きました。囚人。

彼はアメリカの装甲柱を見つけ、彼らを彼と一緒に連れてきました。同時に、ヨーゼフ・ゴングル少佐(ドイツ軍のオーストリア人)は、戦争の終結時にオーストリアのレジスタンス活動と協力し、城の囚人を解放することも意図していましたが、代わりに部下と一緒に降伏することを決定しました。アメリカ人。 Čučkovićの到着とともに、絞首刑協定が結ばれるでしょう–少佐と彼のドイツ国防軍軍隊はSS警備員に対してアメリカ人と一緒に戦うでしょう。

結果として生じたイッター城の戦いはほとんど重要ではありませんでしたが、SSは同国人やアメリカ人(シャーマン戦車を持っている)だけでなく、オーストリアの党派やフランスの囚人も参加しました。これは統一効果の素晴らしい象徴でした。味方はナチスの二極化効果と比較していた。

戦いはそれほど大きくなかったかもしれませんが(最大100人の男性が関与しました)、それは悪質でした。シャーマン戦車は破壊され、ヨーゼフ・ゴングル少佐は狙撃兵に殺されました。しかし、戦争全体でアメリカ軍がドイツ軍と一緒に戦ったのはこの時だけでした。 SSは敗北し、降伏し、残りの囚人は無傷で釈放された。

不動の金利

英国は今日私たちが知っているように銀行を発明しませんでした–概念の多くはオランダからコピーされました–しかし、帝国が成長するにつれて、英国は急速に今日「現代の銀行」と呼ばれるもののマスターになりました。イングランド銀行は1694年に設立され、政府の残高を独占的に所有するようになりました。さらに、銀行券を発行するのは(政府ではなく)唯一の企業であることが許可されました。銀行も同じ年に行ったことは、最初の国の金利を6パーセントに設定しました。

今日、私たちは金利の変化に精通していますが、金利は19世紀後半まで定期的に動き始めませんでした。 1719年、イングランド銀行は金利を4%から5%に変更しましたが、1822年に4%に戻るまで再び変動しませんでした。その金利は103年続きました-英国の歴史の中で最も長い固定金利。

その時間枠の間に何が起こったのかを考えると、これはさらに驚くべきことです。この103年間に小さな紛争がいくつかありましたが、この期間の3回の戦争は本当に大きな問題でした。七年戦争(1754年から1763年の間に戦い、1756年から1763年までの7年間の主な紛争)があり、イギリスを帝国の頂点に追いやり、カナダをフランスから奪い、それはイギリスの領域です。しかし、英国の運命のこの大きな変化は金利に影響を与えませんでした。

それから10年半後、アメリカ独立戦争(1775–83)があり、イギリス王国と、独立したアメリカ合衆国を宣言していた13植民地との間で戦いました。アメリカ。これによりイングランド銀行が金利を変更するよう促されると思われたかもしれませんが、そうではありません。

最後に、1790年代から1815年までフランスとの戦争がありました。これには、カリブ海やエジプトの兵士がアメリカ、アルゼンチン、スペインに上陸したなどの場所に艦隊を送ることが含まれていました。フランスは侵略を脅かし、ある時点で貿易戦争がありました( Continental System)は、短期間、ロンドンの株式市場に大きな不振をもたらしました。しかし、繰り返しになりますが、これは金利調整を促すことができませんでした。

ボルチモアの袋

アイルランド南部には、ボルチモアと呼ばれる小さな村があります。攻撃された1631年の夏まで、歴史に貢献することはほとんどありませんでしたが、誰によってですか?

フランス人はエメラルド島を経由してイギリスへの侵攻を計画していましたか?それとも、それはある種の親カトリックの蜂起が悪質な英国の暴行につながったのか、それともスペイン人が彼らの古いトリックに至ったのか?

加害者が17世紀と同じくらいエキゾチックであったことを知って驚かれるかもしれません。北アフリカからのバルバリア海賊は、オランダの船長(およびイスラム教徒の改宗者)に転向した海賊、ヤンヤンスゾーンファンハーレム、別名ムラドレイスに率いられました。若い。

攻撃は迅速で予想外でした。村人(主にイギリス人入植者ですが、アイルランド人もいます)は船に乗せられ、奴隷制に追い込まれました。しかし、さまざまな種類の奴隷がいました。一部の囚人は、ガレー船の奴隷(残忍で短い人生)として日々を過ごす運命にありましたが、若い女性の多くは、スルタンのハーレムの隔離または労働者としてのスルタンの宮殿の壁。悲しいことに、入植者のうち3人だけがアイルランドを再び見たと考えられています。

Jem DuducuはFacebookとTwitterで@HistoryGemsとして知られており、彼は 100の事実におけるナポレオン戦争 (Amberley Publishing、2015年)。


8タービン賞

フランスの産業時代は、混乱と不安定な時代に続く時期でした。フランスが隣国と競争するのに十分強力なヨーロッパの経済大国であり続けるために、フランスは成長する産業を支援するための技術的進歩を必要としていました。そのため、フランス産業奨励協会が誕生しました。

社会の最初の野心の1つは、水車のより良い代替品を見つけることでした。これは、大規模な商業規模で導入できる、より近代的で効率的なものです。 1823年に、協会は6,000フランで最高の新しいデザインを表彰するタービン賞&mdashaコンテストを設立しました。

1827年、Benoit Fourneyronという名前の若いエンジニアが、彼の新しい発明である水車で賞を獲得しました。クロード・バーディンの設計に基づいて、Fourneyron&rsquosの発明は世界で最初の商用油圧タービンになりました。

この6馬力のタービンは当時印象的でしたが、Fourneyronにとっては十分ではありませんでした。彼は賞金を使って研究を続け、デザインを改善しました。

最終結果は60馬力のFourneyronタービンで、1834年に完成しました。80%の効率で機能し、産業時代にヨーロッパと北アメリカで人気を博しました。


これらの非常識な防御により、スイスは中立を維持することができます

スイスの小さな山岳国は、1815年のナポレオン戦争の終結後のウィーン会議で、当時のヨーロッパの主要国がそのように宣言して以来、「永続的な中立」の状態にありました。

フランス人は1798年にスイスを征服し、スイスを戦略的に配置されたフランスの衛星国にしようとしてヘルヴェティア共和国を設立しました。その後間もなく、オーストリアとロシアの軍隊がフランスとの戦争で国を侵略しました。スイス人は、フランスの大君主と一緒に戦うのではなく、大部分を拒否しました。これは最終的に調停法につながり、スイス人に以前の独立の多くを取り戻しました。 12年後、彼らは、隣人の戦争における中立性が公式に認められた前述のウィーン会議のおかげで休息を取りました。

スイス自身が長い間ヨーロッパの紛争を避けようとしてきたことを超えて(マリニャーノの戦いで壊滅的な敗北を喫した後の16世紀初頭以来)、1815年にスイスが永久に中立を認められた理由の一部はこの国は、「フランスとオーストリアの間の貴重な緩衝地帯」として機能するのに理想的な場所にあると考えられていました。したがって、戦争の中立性を認めることは、彼らが戦争に参加しない限り、貢献することになります。地域の安定に。&#8221

それ以来、いくつかの小さな例外を除いて、スイスは何らかの理由で中立性を妥協することを断固として拒否してきましたが、戦争の最前線では、19世紀半ばに非常に短い内戦に見舞われ、わずかな犠牲者しか出ませんでした。この内戦は規模は小さいものの、スイス政府の政治情勢を劇的に変えました。これには、当時1世紀未満の米国憲法から部分的に借用した憲法の制定が含まれます。

第一次世界大戦中のウンブライルパスのスイス将校兵舎。

いずれにせよ、前述の「マイナーな例外」に関しては、スイスは時折いくつかの世界的な平和維持ミッションに参加し、1860年以前は、スイス軍は中立であるにもかかわらず、さまざまな小競り合いに参加することがありました。

より現代では、スイスは第二次世界大戦中の連合国と枢軸国の両方から国境を守る必要がありました(枢軸国と連合国はどのように彼らの名前を取得したかを参照)。たとえば、彼らは1940年の春だけで12機近くのドイツ機を撃墜しただけでなく、一部のアメリカの爆撃機を撃墜し、両側で無数の他の飛行機を強制的に撃墜しました。これには、国上空を飛行しようとした100機以上の連合国爆撃機の乗組員を接地して拘束することが含まれていました。ヒトラーがスイスの飛行場を破壊するために妨害工作チームを派遣することによってドイツ空軍を空から遠ざけるというスイスの措置に対抗しようとしたとき、スイスは爆撃を実行する前に妨害工作員を首尾よく捕​​らえました。

スイスが外国の航空機を空から撃ち落とすか強制的に撃墜することで両国との戦争の危険を冒すのは少しばかげていると思うかもしれませんが、連合国の爆撃機が誤ってスイスの都市を攻撃し、ドイツの都市と間違えたことがありました。たとえば、1944年4月1日、アメリカの爆撃機はルートヴィヒスハーフェンアムラインを爆撃していると考え、シャフハウゼンを爆撃し、40人のスイス市民を殺害し、50以上の建物を破壊しました。これは孤立した事件ではありませんでした。

では、戦争中にすべての戦争を終わらせるために、四方をアクシス(または第一次世界大戦では中央)と連合国に囲まれたスイスは、どのようにして敵軍をほとんど戦わずに寄せ付けなかったのでしょうか?

公式には、スイスは「積極的な中立」の方針を維持しています。つまり、第二次世界大戦中の空軍活動からも明らかなように、紛争への参加を積極的に回避していますが、スイスは自らの利益を積極的に擁護します。どれくらい元気ですか?他の国々が中立的な立場を尊重することを確実にするために、スイスは長い間、戦うために恐ろしく準備が整った立場に身を置き、周囲のすべての国がこの事実を認識していることを確認しました。

詳細については、そもそもスイスについての一般的な誤解は、スイスは世界的な軍事紛争に積極的に参加していないため、強力な、または十分に準備された軍隊を持っていないというものです。実際には、スイス軍は高度な訓練を受けた有能な戦闘部隊であり、男性の強制徴兵という国の方針により(今日、女性は軍のどの役職にも志願できますが、奉仕する必要はありません)、人口約800万人の国。

第二次世界大戦中のアルプスでのスイス国境警備隊。

実際、すべての男性の約3分の2は、最終的にはスイス軍に仕えるのに十分な精神的および肉体的健康状態にあると見なされています。つまり、人口の大部分が最終的に軍の訓練を受けています。 (障害のために免除されておらず、免除されていない人は、サービスを提供していないことを補うために30歳になるまで追加の税金を支払う必要があります。)

積極的に維持されている戦闘力については、今日のスイス軍は約14万人の兵士しかいないが、今年はそれを10万人に減らすことが投票された。これは、スイス軍に約750,000人の兵士がいたと推定されたわずか20年前からの大幅な縮小です。参考までに、この後者の合計は、スイスの人口が約800万人であるのに対し、米国の3億人であるにもかかわらず、今日の米軍の約半分の規模です。

これに加えて、スイスは世界で最も銃の所有率が高い国の1つであり、多くのスイス人は、兵役義務と娯楽射撃の強力な文化の両方により、銃器の取り扱いに高い能力を持っています(50万人のスイスの子供たちが言うある種の銃クラブの一部になること)。

とはいえ、近年、銃に関連する一連の事件の後、銃の所有率はやや低下しました。たとえば、男性が古い軍が発行したライフルで疎遠になった妻を撃った事件などです。銃撃の前に、軍の徴集兵は彼らのサービスが終わった後に彼らのライフルを家に持ち帰り、必要が生じた場合に国を守るためにそれを使用する準備ができていると期待されていました。

これらの事件の後、軍はこれを抑制し、サービス後に銃を保持したい徴兵はそれを購入して許可を申請しなければならないと述べた新しい方針を実施しました。この新しい政策の一環として、スイス軍はもはや銃を備えた弾薬を提供せず、代わりに市民が緊急時に到達しなければならない安全な場所にそれを保持します。

緊急事態と言えば、一般的に言って、スイスは1880年以来実施されてきた防衛計画のおかげで、放射性降下物から敵軍からの突然の侵略まで、ほぼすべての地球規模の大惨事に備えていますが、第二次世界大戦中とその後の間に倍増しました。冷戦。

スイス国立リダウトと呼ばれるスイスは、一言で言えば、ほぼすべての側面を囲む山々を含む独特の自然地理を利用して、すぐにアクセスできる無数の掩蔽壕、要塞、倉庫を全国に建設しています。知らせ。要塞の実物大は厳重に守られた秘密ですが、それらのいくつかは抑止の包括的なキャンペーンの一部として明白な視界に保たれています。

当初、国家要塞は、スイスの多くの山々に掘られたトンネルで構成され、軍隊や市民が避難するための重要な戦略的位置にありましたが、長年にわたって、これらは多くの独創的な防御および攻撃構造を包含するように進化しました。トンネルや掩蔽壕(パン屋や病院から寮まですべてが揃っている)に加えて、スイスの山々には無数の戦車、航空機、隠された大砲が隠されています(そのうちのいくつかはスイス独自の道路に直接向けられています)侵入の場合にはそれらを破壊します)。

内陸国にとって奇妙なことに、スイスはある種の活発な海軍を維持していますが、私たちが見つけることができる限り、その山にボートを保管していません。スイス軍の海軍支部の主な役割は、国境にある国の湖を巡視し、捜索救助活動を支援することです。

より具体的には、第一次世界大戦中、スイス軍は、新たに任命されたウルリッヒウィル将軍の下で、20万人をはるかに超えるスイス兵を動員し、主要な入り口に配備して、外部の軍隊が賃金を検討するのを阻止しました。国との戦争。第一次世界大戦でスイスの中立性がすべての勢力に認められることが明らかになった後、スイス軍の大多数は帰国しました。 (実際、戦争の最終年に、スイス軍はその数をわずか12,000に縮小しました。)スイスを第一次世界大戦から遠ざけるためにこれ以上何も必要ありませんでした。

第二次世界大戦はまったく別の獣であり、スイスはヨーロッパの紛争における彼らの長年の中立的な立場を尊重してヒトラーに頼っていませんでした。したがって、新たに任命されたスイスのアンリ・ギザン将軍は、その力がさまざまな点でスイス軍を大幅に上回っていたにもかかわらず、隣国であるヒトラーとその同盟国から小さな国を守る方法を見つけようとするといううらやましい任務を与えられました。

この目的に向けて、戦争に先立って、スイスは中立を確保するために国際連盟から撤退し、軍隊を再建し始めました(戦争の開始から3日以内に最大43万人の戦闘部隊をもたらします) 、そして市民に、いつでも最低2か月分の物資を手元に置いておくよう強く勧めました。その上、彼らはまた、ドイツがスイスを攻撃した場合にドイツに対して力を合わせるためにフランスとの秘密交渉を開始しました(フランスが彼らに落ちた後にドイツ人によって発見された危険な動き)。

しかし、それでも、ヒトラーが本当に侵入したいのであれば、スイス人が勝てないことを知っている、ギザンと共同。スイスへの侵略を可能な限り不快な選択肢にするという第一次世界大戦時代の戦略を大幅に強化することを決定しました。ギザンは、スイスの過酷な地形を利用することで、必要が生じた場合に、安全な防御位置にいる比較的少数のスイス兵が大規模な戦闘部隊と戦うことができると述べた。したがって、計画は本質的に、何度も何度も何度も要塞化された位置に永久に防御して後退することであり、政府と市民がアルプスの秘密の要塞化された位置に後退することを管理した後、最終的には国の防御力の低い人口密集地域を認めました。次に、アルプスを拠点として使用し、ゲリラ攻撃を開始して、成功した侵略軍の生活を悲惨なものにし、防御力の高い位置を使用して、侵略者から重要な供給ラインを守ります。

さらに物議を醸すのは、ヒトラーの侵略をさらに阻止するために、スイスは戦争中もナチスドイツとの貿易を続けたということです。 (爆破された建物のいくつかが枢軸国に供給している工場であったことを考えると、スイスに対する連合国の&#8217&#8220偶発的&#8221攻撃のいくつかは実際にはまったく事故ではなかったという推測があります。)

多面的な計画は機能し、ヒトラーは最終的にスイスを侵略するための詳細な計画を立てていましたが、枢軸国の東部戦線と西部戦線の両方でのトラブルを考えると、そうするためのコストは常に高すぎました。したがって、スイスは、ドイツ、イタリア、フランス、オーストリアのすぐ隣という驚くほど良い場所にあるにもかかわらず、第二次世界大戦中、連合国と枢軸国の両方からほとんど無視されていました。

スイスは冷戦中に防衛レベルを強化しましたが、これも主に潜在的な侵略者を阻止したいという願望からです。しかし今回は、要塞化された山々への後退をカバーするのに十分な長さだけスイスの国境を守るのではなく、「積極的に」スイスの国境を守ることに焦点を当てました。

この目的に向けて、スイスの道路、橋、列車の線路には、いつでも爆発する可能性のある爆発物が装備されていました。多くの場合、橋を設計したエンジニアは、同じ橋を完全に破壊するために、爆発物を使用して最も効率的な方法を考え出す必要がありました。破壊計画が策定されると、隠された爆薬が橋の適切な場所に設置されました。その上、軍はまた、人工の岩盤滑りを作り出すために、主要道路に隣接する何百もの山々に爆発物を並べました。全部で3000ポイント以上の解体が小さな国全体で実施されたことが公に知られています。

ハンガーの大規模な建設は、1950年代にスイス軍によって行われました。

地上攻撃がカバーされた状態で、スイス人は空を見ました。彼らにとって残念なことに、空襲は国にとって防御するのがはるかに難しいので、敵の空軍がその都市を守るために適切な防御を集める前に国境内のどこにでも侵入する可能性があります。これを防ぐために、スイス政府は家、町、都市に何千もの爆弾シェルターを建設し、国の人口の80〜120パーセントが長期間そこに隠れることができると推定しました。これらの避難所の多くには、小さな病院や独立した司令部を設置するために必要な設備も含まれていました。実際、第二次世界大戦後に建てられた家は、空爆に耐えられるように、厚さ40 cm(16インチ)を超えるコンクリートの天井で作られることがよくありました。あなたの家がそのような避難所を収容しなかった場合、あなたは収容した場所を支援するために税金を払わなければなりませんでした。

また、スイスの金の供給の多くと食料品店の膨大な供給が、国の総面積の半分強を占めるアルプスのどこかで同様にかき乱されているとの噂もあります。

As a further example of how ridiculously well prepared the Swiss are for any and all threats, there are things like hidden hydroelectric dams built inside of unmarked mountains so that in the event of mass bombings, they’ll still have electricity from these secret facilities. And, remember, these are the things the Swiss government has let us know about. It is thought that there are probably more fortifications and hidden goodies scattered about the country’s landscape.

Since the end of the Cold War (see How Did the Cold War Start and End), similar to how the Swiss government has been slowly disarming its population and reducing its standing army, decommissioning some of these fortifications has begun in order to reduce government spending. The Swiss government is somewhat coy about the extent of this disarming, but it has been reported that many of the more extreme defenses, such as the explosives that used to be hidden inside the country’s bridges and along its road and railways, have been removed. As for the bunkers, unfortunately, simply abandoning many of these facilities is not an option, and it’s fairly expensive to decommission them.

As such, as the head of security policy for the federal Department of Defense, Christian Catrina, said “…in most cases we’d be glad if someone would take them off our hands for no price”.

In some cases, this has resulted in companies using the ridiculously well protected and secure mountain facilities as data repositories and server farms. In one such converted bunker, the servers inside are even completely protected from outside electromagnetic impulses that result from nuclear explosions.

In another, detailed instructions on how to build devices for reading all known data storage formats, even older formats like floppy disks, are kept, so that if that knowledge is otherwise lost, future generations can still decode our data storage devices to access the data within correctly. Essentially, the researchers involved in this particular project have attempted to create a “Rosetta Stone” of data formats and are using a ridiculously secure Swiss bunker as the storage point for that knowledge.

As a result of military downsizing, the fate of the rest of the fortifications is unclear and there are calls to decommission all of them, despite the estimated billion dollar price tag to do so. There is even a growing minority of the Swiss population who would like to see the entire military disbanded, including ceasing mandatory conscription.

But for now, at least, any country that wishes to ignore Switzerland’s long-held neutrality in military conflicts will find the tiny country an exceptionally difficult one to conquer and occupy. And presumably if war ever again threatens Swiss’ borders, regardless of how small they make their military today, they’ll likely keep themselves in a position to rapidly ramp back up their defences as they did for WW1 and WW2.

  • Shortly before WW2, Switzerland passed the Swiss Banking Act, which allowed bank accounts to be created anonymously, in no small part to allow German Jews to squirrel their liquid assets away into accounts that the Third Reich would have difficulty finding out about or getting access to.
  • The term “Swiss Army Knife” was coined by United States soldiers after WWII. The soldiers had trouble pronouncing the original name of “Schweizer Offiziersmesser” (Swiss Officer’s Knife) and thus began calling the multi-tool a “Swiss Army Knife”. The company that makes Swiss Army Knives is Victorinox, named after the founder, Karl Elsener’s, deceased mother, Victoria. The “nox” part comes from the fact that stainless steel is also known as “inox”, which is short for the French term “inoxydable”.
  • Karl Elsener himself was originally the owner of a surgical equipment company. He later took over production of the original Modell 1890 knives, which were previously made in Germany. He moved the production to Switzerland and greatly improved the design of the original multi-tool. His big breakthrough came when he figured out a way to put blades on both sides of the handle using the same spring to hold both sides in place. This allowed him to put twice as many features into the multi-tool as was previously possible.
  • There has been a “fact” floating around that Switzerland has the highest number of guns per citizen and the lowest rate of people killed by firearms per year, but this isn’t correct. Switzerland is actually 4th in number of guns per 100 people (at 45.7 guns per 100), though does maintain a relatively low number of deaths per year due to firearms at just 3.84 per 100,000, which is good enough for 19th place overall. However, it should also be noted that 3.15 of those deaths per 100,000 are suicide. Their homicide rate (.52 per 100,000) is good enough for 31st place, with the rest of deaths from firearms (.17 per 100,000) being either accidental or undetermined.
  • While the United States has by far the most guns per capita at 94.3 guns per 100 residents, it is only 12th in firearm related deaths per capita at 10.3 per 100,000 people. 6.3 of those 10.3 firearm related deaths are suicides. This equates to the U.S. being in 14th place on the number of firearm related homicides per 100,000 and overall 103rd as far as total murders per 100,000 at 4.8. For reference, that’s four times the murders per 100,000 than the United Kingdom, which sits in 169th place in murders per 100,000.
  • Number 1 by far in firearm related deaths per 100,000 is Honduras with 64.8 deaths per 100,000 from firearms. Surprisingly, Honduras only has 6.2 guns for every 100 people in the country. Honduras also has the highest rate of murders per 100,000 overall at 91.6.
  • On average, more people commit crimes in Switzerland who aren’t Swiss citizens than who are every year, which has very recently led to harsher deportation laws. In fact, of the top 25 nationalities to commit crimes in Switzerland, 21 of them commit more crimes than the Swiss while on Swiss soil, with the average of all those immigrants being 390% more crimes than are committed by Swiss citizens. Immigrants specifically from Austria, France, and Germany to Switzerland, however, commit an average of only 70% of the crimes the Swiss do on Swiss soil.

This article originally appeared on Today I Found Out. Follow @TodayIFoundOut on Twitter.


After 75 years, D-Day veteran is reunited with his long-lost French love

Posted On April 29, 2020 15:51:40

An American D-Day veteran was reunited with his French love, 75 years after they first parted, USA Today reports.

K.T. Robbins kept a photo of the girl he met in the village of Briey in 1944. Jeannine Pierson, then Ganaye, was 18 when she met the Army veteran, who was 24 at the time.

“I think she loved me,” Robbins, now in his late nineties, told television station France 2 during an interview. Travelling to France for the 75th anniversary of the D-Day invasion, Robbins said he hoped to track down Pierson’s family, the BBC reports. “For sure, I won’t ever get to see her. She’s probably gone now.”

Robbins left Pierson when he was transferred east. “I told her, ‘Maybe I’ll come back and take you some time,'” he said. “But it didn’t happen.” After the war, Robbins returned to the US, got married, and started a family. Pierson, too, married, and had five children.

After Robbins showed the photo of the young Pierson to France 2 journalists, they tracked her down — she was still alive, now 92, and living just 40 miles from the village where they had originally met.

Robbins reunited with his wartime love at Sainte Famille, her retirement home in the town of Montigny-les-Metz.

“I’ve always thought of him, thinking maybe he’ll come,” Pierson said. And, 75 years later, he did.

“I’ve always loved you. I’ve always loved you. You never got out of my heart,” Robbins told Pierson upon their reunion.

The two sat together and told reporters about the time they spend together so many years ago.

“When he left in the truck I cried, of course, I was very sad,” Pierson told reporters. “I wish, after the war, he hadn’t returned to America.” She also started to learn English after World War II, in hopes Robbins would return.

“I was wondering, ‘Where is he? Will he come back?’ I always wondered,” Pierson said.

“You know, when you get married, after that you can’t do it anymore,” Robbins said about returning to find Peirson earlier. Robbins’ wife, Lillian, died in 2015.

While the two had to part again — Robbins left for Normandy to commemorate the 75th anniversary of the D-Day invasion — they promised to meet again soon.

This article originally appeared on Insider. Follow @thisisinsider on Twitter.

私たちが好きなより多くのリンク

MIGHTY GAMING

You probably know from history class that World War I started with the assassination of an Austrian Archduke named Franz Ferdinand, kicking off a domino effect of events that left millions dead. You may not know, however, that what knocked over that first domino was a sandwich.

There was this guy named Gavrilo Princip. He was a Bosnian student and guerrilla, part of a group called the Black Hand. Sounds like the evil organization of mages that secretly controls the world, right? Unfortunately, it was something a lot less awesome: a Slavic independence group.

And for some weird reason, they 本当 hated Franz Ferdinand.


To be fair, he had that kind of face.

The World-shattering Coincidence

Let's make sure to clear this up: Gavrilo Princip very much wanted to assassinate Uncle Franz. It was how it happened that was so fucking random.

In mid-1914, Ferdinand, his wife and the obligatory group of less important political figures and other random hangers-on that always accompanies a soon-to-be-assassinated fool, were cruising through the streets of Sarajevo in a (stupidly) open-top car.

The Black Hand had crafted an intricate assassination plot, which basically consisted of, "just kill this dumbass somehow." Unfortunately, as is always true with intricate assassination plots, something went wrong.

When Franz's motorcade passed by the assassins, one of the group, a guy named Nedeljko Cabrinovic, lobbed a grenade at the motorcade. The problem was he was using a shitty 1914 grenade, so it took 10 seconds to detonate, and by then Uncle Franz was out of range. The unlucky fools in the car behind them bit it instead, and the assassins dispersed in the chaos.

Cabrinovic took a cyanide pill that failed to kill him and jumped into a three foot river to "drown" himself. Franz and his party, it seemed, were safe.

But Franz was not yet done putting his life in insane danger. Against the advice of pretty much everyone, he insisted on going to the hospital to visit the people who were injured by the grenade. The driver, unfortunately, had no idea where the fuck he was going. They ended up crisscrossing hilariously through the streets of Sarajevo, until they just randomly happened to pass a cafe where, you guessed it, Gavrilo Princip was enjoying a post-failed-assassination sandwich.

After the obligatory pause of dumbfounded luck, Princip grabbed his pistol and turned the tide of history.

And How Did it Change The World?


Pictured: Gavrilo Princip's fault.

。 Then there was the post-war economic failure.


Pictured: Gavrilo Princip's fault.

。 Which was part of the reason Germany actually elected.


Pictured: Gavrilo Princip's fault.


Pictured: Gavrilo Princip's fault.


Pictured: Gavrilo Princip's fault.

。 which resulted in the Cold War.


Pictured: Gavrilo Princip's fault.


Pictured: Gavrilo Princip's fault.


Pictured: Gavrilo Princip's fault.

That's right. Most of the horror and death of the 20th Century may not have happened had Gavrilo Princip not gotten the munchies for a sandwich.


7 Insane Military Gambles That Changed the World - HISTORY

According to a new GAO report the F-35 is still riddled with maintenance and performance issues, but yet Congress keeps demanding more.

If you had all the money in the world, would you pay nearly $2 trillion for a plane that couldn’t get off the ground half the time? Probably not, even if your means were endless. It may sound like an insane question, but it’s one that taxpayers and watchdogs are asking the U.S. military now after yet another nonpartisan government report found countless flaws with the F-35 Joint Strike Fighter aircraft.

A bit of background on the F-35 for readers uninitiated to perhaps the most expensive boondoggle in the $700-billion-per-year defense budget today: the program began in the 1990s and was, according to the Congressional Research Service, or CRS, intended to be “the last fighter aircraft program that DoD [the Department of Defense] would initiate for many years… expected to shape the future of both U.S. tactical aviation and the U.S. tactical aircraft industrial base.” Lockheed Martin, today the nation’s largest private defense contractor, was selected as the primary manufacturer of the aircraft in 2001, with Pratt and Whitney tapped to make the engine.

The program has been troubled from the start, with numerous quality and safety concerns, doubts about the number of jobs promised and created by the program, trouble with the plane’s logistics software, and countless delays and design flaws. A new report from Congress’s nonpartisan taxpayer watchdog, the Government Accountability Office, sums up all these concerns while putting a fresh, updated bow on troubles with the multi-trillion-dollar project — which the Air Force Chief of Staff recently called a “Ferrari” for his service branch.

Let’s start with a big one: the estimated costs for maintaining and sustaining the F-35 over a 66-year cycle just went up —again — from $1.20 trillion in 2018 to $1.27 trillion today. That’s a $70-billion increase from just two years ago, or 6 percent. Since the 2012 sustainment estimate, the cost has gone up a whopping $160 billion, or 14 percent. Spread out over 66 years, that’s an average of $2.4 billion in added costs per year。 And those costs may just continue to rise in future estimates.

Combine the new sustainment cost estimate with the estimated procurement costs for DoD, around $400 billion for 2,500 F-35 aircraft, and the total program cost for the F-35 right now sits at around $1.7 trillion over 66 years. That’s about $25.7 billion, per year, over the next 66 years. It’s also more than 40 percent of the total annual budget of $60.9 billion for the State Department and Foreign Operations in fiscal year 2021.

Here’s how the F-35 program alone stacks up against other components of the discretionary federal budget:

F-35 Per-Year Program Costs (Current Estimate): $25.7 billion per year

Entire Department of Agriculture (USDA) Budget: $23.4 billion (in fiscal year 2021 source)

Entire Budget for Congress: $5.3 billion (in fiscal year 2021 source)

Entire Budget for the Federal Judiciary: $7.7 billion (in fiscal year 2021 source)

Entire Budget for the Internal Revenue Service (IRS): $11.9 billion (in fiscal year 2021 source)

Entire General Fund Budget for the State of Maryland, Where Lockheed is Headquartered: $19.6 billion (in fiscal year 2021 source)

Entire General Fund Budget for the State of Connecticut, Where Pratt and Whitney is Headquartered: $20.1 billion (in fiscal year 2021 source)

What do taxpayers get for this extraordinary investment in history’s most expensive plane? Well, according to GAO, the F-35 faces four major sustainment challenges in the years ahead, including 1) supply chain concerns such as spare parts delivery, 2) maintenance issues such as a lack of support equipment, 3) a malfunctioning and ineffective logistics software system that the military is currently in the process of completely replacing, and 4) underperforming engines.

Dive deeper into these four issues and one understands the dire straits the F-35 program is in. While the program has made three improvements to long-running supply chain concerns, the lack of spare parts availability still makes it “impossible” for the Air Force to reach mission-capable targets of 90 percent for its variant of the aircraft, the F-35A.

Maintenance requirements and delays also make it impossible for the F-35A to reach its mission-capable targets ditto the F-35B and F-35C variants for the Marine Corps and Navy, respectively. As mentioned above, the Autonomic Logistics Information System (ALIS) software for the F-35 is so bad — including “incorrect, missing, or corrupt electronic records,” that the program is starting from scratch with a new system called ODIN, or Operational Data Integrated Network. Sound bad? It gets worse: GAO says in their new report that a “myriad of technical and programmatic uncertainties [surround] the development of ODIN.” In other words, the incumbent logistics system is functionally deficient and its replacement may or may not be better.

Sadly, we haven’t even covered the largest maintenance issue facing the F-35 program: the engines made by Pratt and Whitney. According to GAO, 20 F-35 aircraft were unable to fly by the end of 2020 because of needed engine repairs. More troublingly, this backlog is projected to grow significantly over the next decade. By 2030, GAO estimates, the F-35 program will face an 800-engine deficit. This, the nonpartisan watchdog says, will be enough to ground 43 percent of the F-35 fleet — more than ten times the proportion of F-35 aircraft that cannot fly today.

In other words, taxpayers have spent tens of billions of dollars — and are being asked to spend hundreds of billions more — on planes that cannot fly.

GAO often makes recommendations to the lawmakers the agency serves, and they have two that Congress should certainly include in the upcoming defense policy bill: 1) require DoD to report every year on its progress in making the F-35 more sustainable and affordable, and 2) make future F-35 procurement decision contingent on program progress in addressing all of the above concerns.

The second recommendation will be a harder one for Congress to implement, for dozens of lawmakers have a vested interest in the continuation of the F-35 program regardless of its performance issues. Take a look at this map and you’ll see why. The F-35 and its parts are made and assembled in states and congressional districts across the country, bringing with it direct and indirect jobs that can make it hard for lawmakers to rein in the $1.7-trillion program.

Now, as the Project on Government Oversight’s Mandy Smithberger has pointed out, “studies have consistently shown that military spending is a remarkably poor job creator compared to almost any other kind of spending.” That doesn’t mean mothballing the F-35 will be easy. The program even has its own bipartisan caucus in Congress, and last year 130 members of the House asked Congressional leaders to continue funding and supporting the aircraft. In other words, change will be difficult.

Hopefully, though, some courageous members of Congress will step up and ask for a halt in F-35 purchases as these significant concerns continue. Who would want to pay nearly $2 trillion for a plane that can’t fly?


Chilling World War III 'wargames' show US forces crushed by Russia and China

According to research organization RAND, should a major conflict arise in Russia and China's 'backyards,' US forces would be crushed by a vast array of both conventional and cyber weapons. Based on a variety of wargame simulations, a clash with Russia in the Baltic states would result in the rapid defeat of U.S. forces and their allies. Simultaneously, a Chinese invasion of Taiwan, while a massive military gamble for China, would also pose a huge challenge for U.S. forces in the area.

Scary World War III ‘wargames’ show U.S. forces crushed by Russia and China in certain hot spots around the globe.

Research organization RAND has run dozens of wargames simulating major conflict scenarios in what it describes as Russia and China’s “backyards.” The wargames suggest that the U.S. forces in those locations would get attacked by a vast array of both conventional and cyber weapons.

RAND Senior Defense Analyst David Ochmanek discussed the simulations at the Center for a New American Security (CNAS) in Washington D.C. last week. “In our games, where we fight China or Russia … blue gets its a** handed to it, not to put too fine a point on it,” he said, during a panel discussion. Blue denotes U.S. forces in the simulations.

“We lost a lot of people, we lose a lot of equipment, we usually fail to achieve our objectives of preventing aggression by the adversary,” Ochmanek added during the CNAS discussion.

File photo - Artillerymen of 1st Battalion, 41st Field Artillery Regiment fire M109 Alpha 6 Paladins, on Tapa Army Base, Estonia, Nov. 27, 2015. (U.S. Army photo by: Sgt Caitlyn Byrne, 10th Press Camp Headquarters)

Based on the wargames, a clash with Russia in the Baltic states would result in the rapid defeat of U.S. forces and their allies, Ochmanek told Fox News. “Within 48 to 72 hours, Russian forces are able to reach a capital of a Baltic state,” he said. On the other side of the world, a Chinese invasion of Taiwan, while a massive military gamble for China, would also pose a huge challenge for U.S. forces in the area, according to Ochmanek.

Russia and China have amassed large inventories of precision-guided cruise missiles and ballistic missiles that can reach hundreds of miles and strike military targets, the researcher said. Set against this backdrop, U.S. military outposts and aircraft carriers in the contested regions could face a potential devastating barrage of missiles.

In RAND’s wargames and analysis, Russia, and particularly China, unleash so many missiles that they overcome U.S. defenses. “They send salvos that are so great that we cannot intercept all the missiles,” Ochmanek said.

File photo - Infantrymen of the 3rd Battalion, 69th Armored Regiment, 1st Brigade, 3rd Infantry Division, fire M1A2 System Enhancement Package Version 2 vehicles on Tapa Army Base, Nov. 13, 2015. (U.S. Army photo by: Sgt Caitlyn Byrne, 10th Press Camp Headquarters)

The researcher notes that the key “domains of warfare” are contested from the start of hostilities. The U.S., he explains, should not assume air and maritime superiority over the battlespace. American space assets could also face attacks, while U.S. command and control systems could be targeted by electromagnetic and cyber weapons.

To combat these threats, U.S. forces could ramp up their deployment of so-called ‘standoff’ missiles that can be fired from large distances, such as cruise missiles, according to Ochmanek, along with highly robust reconnaissance systems and jam-resistant communications.

“For a sustained investment of an additional $8 billion a year between 2020 and 2030, the U.S. Air Force could buy the kit needed to make a difference,” he said, noting that similar sums would be required for the Army and Navy.

President Trump’s fiscal 2020 budget plan proposes $750 billion for defense, up 5 percent from fiscal 2019.

America’s posture is also key when it comes to challenging potential adversaries such as Russia, according to Ochmanek. “It’s putting more combat power back into Europe, and putting it on Europe’s eastern flank,” he said.


ビデオを見る: 肉を食べると貧しい国で飢餓が起きる!?肉食の不都合な真実