2004年の有権者の競争-歴史

2004年の有権者の競争-歴史



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.


タイムライン:南北戦争から今日までの米国における投票者の抑圧

有権者の抑圧は、米国の発足以来、米国の政治情勢の一部でした。ジム・クロウ法から1965年の投票権法の根絶まで、米国市民、特に有権者のコミュニティは、露骨で微妙な方法で権利を剥奪されてきました。

そして今、ドナルド・トランプ大統領とジョー・バイデン前副大統領の間の2020年の選挙が3か月も経たないうちに、COVID-19の脅威の中で、より多くの有権者が郵送投票を検討しています。トランプは、郵送投票に対する彼の批判を繰り返しツイートし、それが選挙詐欺につながると主張している-一部の人は有権者の抑圧の一形態と見なしている-トランプ政権が否定した告発。

しかし、有権者の抑圧は、歴史的にアフリカ系アメリカ人やその他の少数派の投票を阻止するために使用されてきたツールです。

「私たちの国の歴史のほとんどすべてにおいて、常に、またはほぼすべての歴史において、有権者の抑圧は、最初の黒人男性、そしてそれ以来、他の有権者の投票を阻止する試みと密接に絡み合っていることを認識することが重要です。 」とブレナンセンターの投票権と選挙の副所長であるショーンモラレスドイルはABCニュースに語った。

以下は、南北戦争後の時代から現在までの米国における投票者の抑圧のタイムラインです。

南北戦争の余波、重罪の公民権剥奪、ジム・クロウ法

内戦後、南部のアフリカ系アメリカ人の平等を確保するために設計された3つの修正条項(議会再建の一部である第13、第14、および第15修正条項)が可決されました。

1865年に批准された修正第13条は、奴隷制を廃止し、年季奉公を廃止しました。

1868年に承認された第14修正条項は、アフリカ系アメリカ人に「法の下での平等保護」を与えました。しかし、1870年に承認された第15修正条項まで、州は人種、色のために「有権者の権利を剥奪する」ことを禁じられました。 、または以前の奴隷状態。

しかし、修正第15条は、アフリカ系アメリカ人に自動投票権を提供していませんでした。議会は、憲法修正第15条の施行を直ちに提供しなかった。テネシー州は、1997年に修正案を正式に批准した最後の州でした。また、フェロンの権利剥奪法により犯罪で有罪判決を受けた者の投票権も拒否されました。

ノースウエスタン大学法学部が発表した査読付き研究であるJournalof Criminal Law and Criminologyによると、1870年までに、28の州が有罪判決を受けた重罪人に投票権を禁止するこれらの法律のバージョンを採用しました。いくつかの州はまだこれらの法律を制定しています。アメリカ自由人権協会によると、メイン州とバーモント州の2つの州だけが、すべての人に自由人権を与えています。現在、アイオワ州、ケンタッキー州、バージニア州の3つの州が重罪の権利を永久に剥奪しています。

南部の州はまた、ジム・クロウ法として一般に知られている規則を施行しました。これは、公共の場所、特に白人と黒人のアメリカ人の間での人種差別を義務付けました。人頭税はジムクロウ法の1つでした。

人頭税は、投票から支払う余裕がなく、ジムクロウ州で投票するために登録するための前提条件であった人々を思いとどまらせました。人頭税は黒人の有権者に不釣り合いに影響を及ぼしました-南北戦争以前の南部の大人口。

人頭税は20世紀まで続いた。 1964年の時点で、アラバマ、アーカンソー、ミシシッピ、テキサス、バージニアは税金の調査に固執していると、ニューヨークタイムズは1964年1月24日の記事で報告しました。

教育を受けていない人々が投票プロセスに参加するのを防ぐために、識字能力テストも実施されました。識字能力テストは、有権者登録の責任者の裁量で実施され、しばしばアフリカ系アメリカ人に対して差別されました。文学テストでは、「権利章典はどの文書または文書にありますか?」などの質問を市民に尋ねました。または、1965年のアラバマ州の識字能力テストで見つかった「米国憲法の目的の2つを挙げてください」。これらのテストに参加したアフリカ系アメリカ人は、反識字法のためにいくつかの州で読み書きを許可されなかった奴隷の子孫でした。

NPRによると、識字能力テストに合格できなかった白人男性は、1867年までに祖父が投票した場合、「既得権条項」により投票に参加できるため、投票することができました。

その既得権条項は1915年に違憲と判断されました。人頭税は1964年に第24修正で廃止され、識字率テストは1965年の投票権法の下で非合法化されました。

女性参政権とゲリマンダー

1965年の投票権法以前は、第19条改正は、「米国市民の投票権は、米国によって否定または省略されてはならない」と述べて、米国の女性に投票権を保証した最初の改正でした。性別によるあらゆる州による」

しかし、100年前に批准されたとき、第19修正条項は、黒人女性が投票する権利を保証していませんでした。

ナショナルジオグラフィックによると、「1920年の秋、多くの黒人女性が世論調査に参加しました。」デラウェア州ケント郡では、ウィルミントンのニュースジャーナルによると、その数は「異常に多かった」が、当局は「憲法上のテストに従わなかった」黒人女性を拒否した。

「理論的には女性、たとえば黒人女性はこの規定に基づいて投票する権利を持っていたはずですが、実際問題として、それは確かにそうではなく、多くの黒人女性、この国の色」と語った。ACLUの投票権プロジェクトの副所長であるソフィア・リン・レーキン氏はABCニュースに語った。

「(ゲリマンダーに関しては)多くの人がそれを少し違うものだと思っていると思うが、それは有権者の抑圧の話に非常に結びついていると思う」とレイキン氏は語った。

ゲリマンダーはまた、メリアム・ウェブスターが「(領土単位を)選挙区に分割または配置して、ある政党に不当な利益をもたらす」と定義しているため、有権者の抑圧のもう1つの形態と見なされています。

フォーダム大学の政治学の准教授であるクリスティーナ・グリア氏は、ゲリマンダーは「最終的には選挙権を妨げる」と述べた。

「[それは]彼らの投票を薄めるか、それを超集中させて他の場所で薄めるかのどちらかです。それはパッキングとクラッキングであり、数学的な解決策を使って状態を調べ、色の人々、特に黒人がどこにいるかを見ることができます特定の地域の人々が州全体に分布している」と述べた。 「そして、すべてを1つまたは2つの地区にまとめることができる地区を作ることができます。」

ブレナンセンターによると、メリーランド州のような一部の州では、2010年の米国国勢調査の再区画後、「メリーランド州が2010年の再区画サイクルを開始したため、第6地区は約17,414人で過密状態になりました」。さらに、「民主党の地図の引き出しは、憲法が要求する人口の平等を達成するために地区の端を微調整するのではなく、合計711,162人を地区に出入りさせました。人口の平等の要件を満たすために必要な数の40倍以上。」

アメリカ進歩センターは、この夏の初めに、党派のゲリマンダーがどのように投票権を制限しているかに焦点を当てた報告書を発表しました。ウィスコンシン州の共和党が管理する立法府では、ゲリマンダーが「2018年に州議会の支配権を、州全体の投票の過半数を獲得した民主党員から過半数を下回った共和党員に完全に移した。上院では、民主党員は1に落ちた。民主党を不釣り合いに支持しているコミュニティを標的とした積極的な有権者の抑圧が原因である可能性があります。」

投票権法の内臓

1965年の投票権法の可決後、より多くの人々を投票に登録させるために、米国政府内でいくつかの変更がありました。ベトナム戦争中の第26修正案の批准により、投票年齢を21歳から18歳に引き下げることで、全国でより多くの男性と女性が投票登録できるようになりました。

一般に「自動車投票者法」として知られる1993年の全国有権者登録法は、自動車局、公的支援施設、および障害者機関に人々が投票するための登録場所を設けることにより、投票者が登録される機会を増やすことを目的としていました。 。


紛れもなく黒

1972年にシャーリーチザムと1984年にジェシージャクソンによって開始された大統領選挙は、異人種間の同盟を築くことを目的としていました。しかし、これらの候補者のそれぞれは、歴史的に疎外されたグループの連立を構築することができませんでした。代わりに、彼らのレトリックは、人口の過半数またはほぼ過半数を占める地域のアフリカ系アメリカ人の有権者に主に訴えました。

ジャクソンは1984年の大統領選出馬中に集会で講演した。

その結果、彼らは白人有権者からの限られた支持を集めました。たとえば、白人の有権者は、ジャクソンを、白人の反対者であるウォルター・モンデールやマイケル・デュカキスよりも、知識が少なく、公平でなく、彼らのような人々を気にかける可能性が低く、偏見があると見なしていました。

ChisholmやJacksonのように、2008年のオバマの立候補は、恐れ、恨み、偏見を引き起こしました。

彼はイスラム教徒であると誤って告発された。ステレオタイプが再発明され、人気のある画像が復活し、ブログ、電子メール、ツイート、その他のソーシャルメディアでパロディ化されました。 Tシャツには、アフリカ系アメリカ人と類人猿を比較した「オバマ’08」という言葉が刻まれた、有名な児童書のサルであるおさるのジョージの画像が印刷されています。

共和党の保守派であるティーパーティー運動も、抗議集会やソーシャルメディアを通じて、オバマの愛国心、宗教的信念、市民権の地位に対する多数の攻撃を組織化しました。オバマの人種的アイデンティティと他の個人的な特徴は、総選挙後もずっと公の議論の問題でした。

彼の前任者のように、オバマはリーダーシップの経験が不足していると認識されていました。彼は、能力が低く、外交に関する知識が少なく、アファーマティブアクションや移民改革などの人種問題に関心があると見なされていました。

彼は紛れもなく黒人だったので、アメリカの有権者全体ではなく、アフリカ系アメリカ人の有権者の「本物の」代表として見られました。彼のキャンペーンはこの概念を克服しなければなりませんでした。


コルナッキ:黒票の歴史とそれが2020年に何を意味するか

黒人の政治家は、議会で少数、大都市の市長で、特に南部の州議会で、より多くの数で政権を獲得していました。多くの人は、民主党が彼らの野心と黒人コミュニティのより広い願望のための適切な手段であるかどうか確信がありませんでした。ジョージア州上院議員で公民権のベテランであるジュリアン・ボンドは、1976年に独立した大統領選挙運動を検討しました。2年後、公民権運動の別の産物であるジェシー・ジャクソンが共和党全国委員会の会議で演説し、グラブ—GOPが努力するかどうか。

’76キャンペーンは、北部のバスや公正な住宅の荒廃した地域をめぐる議論として展開されました。上昇する黒人構成員は、民主党候補者の真っ白な名簿に戦略的ジレンマをもたらし、ブルーカラーの「白人民族」からの反発の恐れとアウトリーチを比較検討しました。民主党全国委員会の黒人幹部からジミー・カーター氏の功績を称えるには、黒人地域でのキャンペーン活動だけで十分だった。「彼はあまり発言していないが、行くつもりだ」と語った。


現在の投票者履歴データ

何が含まれていますか? ファイルには、過去10年間に有権者が参加した各選挙のデータエントリが含まれています。有権者登録番号、NCID、所属政党、郡、選挙区、および投票方法(選挙日に直接会う、郵送で欠席するなど)が含まれます。変数の完全なリストについては、ファイルレイアウトを参照してください。

含まれていないものは何ですか? 投票者の名前と人口統計は含まれていません。ただし、ファイルは(NCIDまたは郡と有権者登録番号を介して)有権者登録データファイルにリンクできます。このファイルには、有権者の名前と人口統計が含まれています。

ファイルはいつ更新されますか? ファイルは毎週土曜日の朝に更新されます。各選挙後、100の郡すべてが投票者の履歴を確定するまでに数週間かかる場合があります。

投票者履歴ファイル
(州全体) 。ジップ
アラマンス 。ジップ
アレクサンダー 。ジップ
アレゲーニー 。ジップ
アンソン 。ジップ
。ジップ
エイブリー 。ジップ
ビューフォート 。ジップ
バーティ 。ジップ
ブレイデン 。ジップ
ブランズウィック 。ジップ
バンコム 。ジップ
バーク 。ジップ
カバラス 。ジップ
コールドウェル 。ジップ
カムデン 。ジップ
カーテレット 。ジップ
キャスウェル 。ジップ
カトーバ 。ジップ
チャタム 。ジップ
チェロキー 。ジップ
チョーワン 。ジップ
粘土 。ジップ
クリーブランド 。ジップ
コロンバス 。ジップ
クレイヴン 。ジップ
カンバーランド 。ジップ
カリタック 。ジップ
あえて 。ジップ
デビッドソン 。ジップ
デイビー 。ジップ
デュプリン 。ジップ
ダーラム 。ジップ
エッジコム 。ジップ
フォーサイス 。ジップ
フランクリン 。ジップ
ガストン 。ジップ
ゲイツ 。ジップ
グラハム 。ジップ
グランビル 。ジップ
グリーン 。ジップ
ギルフォード 。ジップ
ハリファックス 。ジップ
ハーネット 。ジップ
ヘイウッド 。ジップ
ヘンダーソン 。ジップ
ハートフォード 。ジップ
ホーク 。ジップ
ハイド 。ジップ
アイアデル 。ジップ
ジャクソン 。ジップ
ジョンストン 。ジップ
ジョーンズ 。ジップ
リー 。ジップ
レノワール 。ジップ
リンカーン 。ジップ
マコン 。ジップ
マディソン 。ジップ
マーティン 。ジップ
マクダウェル 。ジップ
メックレンブルク 。ジップ
ミッチェル 。ジップ
モンゴメリー 。ジップ
ムーア 。ジップ
ナッシュ 。ジップ
ニューハノバー 。ジップ
ノーザンプトン 。ジップ
オンズロー 。ジップ
オレンジ 。ジップ
パムリコ 。ジップ
パスクォタンク 。ジップ
ペンダー 。ジップ
パーキマンス 。ジップ
。ジップ
ピット 。ジップ
ポーク 。ジップ
ランドルフ 。ジップ
リッチモンド 。ジップ
ロベソン 。ジップ
ロッキンガム 。ジップ
ナナカマド 。ジップ
ラザフォード 。ジップ
サンプソン 。ジップ
スコットランド 。ジップ
スタンリー 。ジップ
ストークス 。ジップ
サリー 。ジップ
スウェイン 。ジップ
トランシルバニア 。ジップ
ティレル 。ジップ
連合 。ジップ
ヴァンス 。ジップ
ウェイク 。ジップ
ウォーレン 。ジップ
ワシントン 。ジップ
ワタウガ 。ジップ
ウェイン 。ジップ
ウィルクス 。ジップ
ウィルソン 。ジップ
ヤドキン 。ジップ
ヤンシー 。ジップ


HistoryLink.org

2005年6月6日、シェラン郡上級裁判所のジョンE.ブリッジズ裁判官は、共和党の多数の挑戦を拒否し、元州上院議員に対する民主党知事のクリスティングレゴワール(1947年生まれ)の狭い勝利を支持することにより、州史上最も近く、最も争われた知事選挙を締めくくりました。ディノロッシ(1959年生まれ)。グレゴワールは、州の歴史における州全体の選挙の直接の再集計に基づいて就任し、別の最初の選挙では、ロッシが以前の集計で保持していたリードを逆転させました。 2週間の裁判の後、ブリッジズ裁判官は、少なくとも1,678票が違法に投じられたが、共和党はグレゴワールの勝利マージンが違法投票に基づいていること、または詐欺が結果に影響を及ぼしたことを証明していないと裁定しました。抜本的な判決から数時間以内に、ロッシは上訴しないことを発表し、オブザーバーを驚かせ、コンテストを終了します。

人気のある3期の司法長官であるグレゴワールは、2004年11月2日の選挙で、比較的知られていない不動産業者で元議員であるロッシを簡単に打ち負かすことが期待されていました。しかし、気の合うロッシは力強いレースを繰り広げ、グレゴワールの支持者でさえ彼女のキャンペーンは慎重で刺激を受けていないと考えていました。グレゴワールの選挙の夜のリードはわずか約7,000票で、民主党の上院議員のパティ・マレーと大統領候補のジョン・ケリーに大きく遅れをとっていました。リバタリアンの知事候補であるルース・ベネットは、2パーセント以上の票を獲得しました。

再集計と訴訟

2004年11月17日に完全な最初の投票数が発表されたとき、ロッシは261票で知事選挙で主導権を握っていました。マージンが狭いために州法で義務付けられた機械の再集計では、ロッシのリードは42票に削減されました。これは、280万票を超える票の1パーセントの1000分の1にすぎません。サムリード国務長官は2004年11月30日に結果を証明し、ロッシは正式に一時的ではあるがワシントン州知事選挙になりました。

ただし、ワシントン州の法律では、候補者が中古の再集計を要求することを許可しています。要求を行う当事者は、投票ごとに約25セントの費用を支払う必要がありますが、再集計によって結果が変わった場合は払い戻しを受ける権利があります。 2004年の選挙前は、州全体のレースでのハンドリカウントはなく、州全体のレースでのリカウントによって結果が変わることもありませんでした。民主党の活動家たちは、2000年のフロリダ州と2004年のオハイオ州で、全国党の指導者が大統領の争議結果に異議を唱えなかったことに多くの不満を抱き、グレゴワールに譲歩ではなく再集計を追求するよう促した。 2004年12月3日の締め切りに、民主党は730,000ドルの小切手を提出し、州全体の手の再集計をトリガーしました。

共和党は、選挙結果を覆そうとしたことで民主党を批判した。民主党がワシントン州最高裁判所に訴訟を起こし、いくつかの郡、特にキング郡に、無効として拒否されたために数えられなかった投票用紙を再検討するよう求める命令を求めたとき、論争は激化した。最高裁判所は全会一致で民主党の要求を却下し、郡当局に却下された投票用紙の再検討を命じることを拒否した。

キング郡選挙のトラブル

結局のところ、キング郡当局者はすぐに、主要な選挙エラーの一連の恥ずかしい開示の最初の段階で、いくつかの投票用紙を誤って失格にしたことを認めました。今回、共和党は裁判所に介入を求めたが、最高裁判所は再び全会一致で地方選挙当局の進め方を指示することを拒否した。判決後、キング郡は735の拒否された投票用紙を検討し、566が有効であると判断しました。

それらの投票用紙がなくても、グレゴワールはハンドリカウントでロッシに対して10票のリードを保持しました。非常に民主的なキング郡からの最後の566票が数えられたとき、最終結果はグレゴワールに129票の勝利をもたらしました。ロッシと他の共和党員は、選挙が「絶望的に欠陥がある」と主張して、新しい投票に同意するように彼女に呼びかけた(Ammons)。グレゴワールは辞退し、2005年1月11日、民主党が管理する州議会は共和党の反対を拒否し、認定された結果を受け入れることに投票しました。翌日、グレゴワールが知事に就任した。

その時までにロッシキャンペーンと7人の有権者が選挙に異議を唱えるシェラン郡高等裁判所に請願書を提出していました。共和党員は、キング郡の一連の問題を引用しました。これには、投票としてクレジットされた有権者よりも多くの投票がカウントされ、登録ステータスが確認されずに暫定投票(間違った選挙区に現れた、または登録が問題となっている有権者に与えられた)がカウントされたことが含まれます。 、有罪判決を受けたフェロン(公民権が公式に回復した場合にのみワシントンでの投票が許可されている)および死亡した人々によって不法に投じられた投票の主張。

政治オブザーバーは、共和党員がワシントン州中北部の田舎にあるシェラン郡を選んだのは、その保守的な傾向だけでなく、3人の上級裁判所の裁判官の1人であるジョンブリッジズが選挙の挑戦を支持した州の数少ない裁判官の1人だったからだと示唆した。勝者は市の住民ではなかったため、ウェナチーでの市長選挙を覆した。

たくさんの弁護士

公正でナンセンスな法学者として尊敬されているブリッジズ裁判官は、民主党が介入することを許可したが、事件を却下するというその動議を否定した。両党は、ウェナチー市長の挑戦でブリッジズの前に現れた著名な地元の弁護士を含む弁護士のチームを召集しました-共和党の元議員、党議長、知事候補のデール・フォアマンと、以前の選挙事件で勝利したラッセル・スペイデル民主党員。ワシントンD.C.のマークブレーデン、シアトルのハリーコレルとロバートマグワイアも共和党を代表した。シアトルの弁護士、ジェニー・ダーカンとケビン・ハミルトンが民主党チームを締めくくりました。他の参加者を代表する多くの弁護士の中で、法廷のオブザーバーは、ブリッジズが国務長官のリードの弁護士であるシアトルのトーマス・アハーンとジェフ・イーブン副弁護士によって提案された立場をとることが多いと述べた。

裁判の前と最中に、ブリッジズは共和党チームが提示しようとした事実上すべての証拠と理論を聞くことに同意したが、彼が最終的に彼らの訴訟を受け入れるかどうかは示さなかった。しかし、裁判官は、ワシントンの判例の下で、違法または無効な投票に基づいて選挙に異議を唱える候補者は、(一部の州のように)単に(一部の州のように)無効票の数が勝利のマージンを超えました。

結局のところ、ロッシはこの法的基準を満たしていませんでした。共和党は、754人の重罪がグレゴワールに大いに賛成した選挙区で投票したことを証明し、統計専門家からの証言に頼って、ブリッジズは違法投票が行われた選挙区でそれぞれ受け取った割合に比例して候補者からそれらの投票を差し引くべきだと主張した。

ジャッジルール

2005年6月6日に彼の決定を発表し、ブリッジズ裁判官はこの方法を拒否し、重罪が彼らの境内で他の人と同じように投票したという証拠はないと結論付けました。確かに、民主党は、ロッシまたは(ある場合には)ベネットに投票したグレゴワールを支持した選挙区からの、それらの重罪有権者のうちの5人からの証言を提示した。民主党はまた、ロッシを支持していた選挙区で647人の重罪投票の証拠を提示した。さらに、死んだ有権者の名前で19の違法投票、6の違法な二重投票、キング郡で96の暫定投票、ピアース郡で79の不適切に数えられた投票、および登録された有権者まで追跡できなかった77のその他の投票がありました。 、合計1,678の違法投票を行います。

しかし、証言した5人の違法な有権者を除いて、ブリッジズは、知事候補者が1,678人の違法な票を投じたことを示す証拠はないと判断した。証明された違法投票に基づいて、ブリッジズはベネットの合計から1票、ロッシの合計から4票を差し引いたため、グレゴワールの勝利マージンは実際には133に増加しました。

ブリッジズ裁判官は、キング郡の選挙と開票に「深刻で重大な問題」(「最終判決」)があったと判断したが、党派の偏見や詐欺の証拠は見つからなかった。ワシントン州の法律では、詐欺または勝者のマージンが違法投票に基づいていることを示すことが義務付けられており、どちらも証明されなかったため、ブリッジズは選挙コンテストの請願を却下しました。州最高裁判所への上訴は広く期待されていたが、ブリッジズの抜本的な判決から数時間以内にロッシは上訴しないと発表した。選挙日から7か月後、州史上最も近く、最長の知事選挙がようやく終わりました。

ワシントン州
ワシントン州考古学歴史保存局

クリスティン・グレゴワールが知事に就任、2005年1月12日


アメリカの有権者の変化する顔

巻末注と引用はPDF版とScribd版で入手できます。

この号の概要のPDF版とScribd版で利用可能な付録。

2012年の大統領選挙をきっかけに、共和党の選出された役人と保守的な政治専門家は、党が有権者とつながり、有権者を獲得できなかったことを公に嘆きました。さらに、彼らは、将来の選挙でこの人口統計とうまくやっていけないことは、悲惨な選挙結果をもたらし、共和党がホワイトハウスを取り戻す可能性を破滅させるだろうと認めました。 2014年中期における共和党の広範な成功は、2012年の大統領選挙直後のGOPの懸念がもはや当てはまらないことを示していると考える人もいるかもしれません。しかし、中間選挙の投票率が歴史的に低く、最終的には、中間選挙の有権者の構成が大統領選挙とは大きく異なっていることは誰にとっても失われるべきではありません。したがって、来たる2016年の選挙は、共和党の2012年以降の選挙予測の最初のテストケースを提供します。

2012年以降、これらの人口動態の課題はますます深刻になっています。有権者が州の有権者のますます大きな割合を占めるようになるにつれ、両党の政治的影響がさらに明確になります。2016年には、大統領選に勝つために、そして多くの米国上院の人種に勝つために、候補者は色の有権者。

米国の人口動態の変化は完全には実現されていません。2043年まで、有色人種が米国の人口の過半数を占めることはありません。. これらの変化の軌跡は一見長いように見えますが、政治的な影響はすでに多くの州で感じられています。 2016年までに、人口動態の変化は、有権者が有権者のますます重要なシェアを占めるフロリダなどの州や、選挙が近く、有権者の成長が急速に追い越しているオハイオ州などの州で影響力を持つようになるでしょう。非ヒスパニック系白人の有権者の成長。

この号の概要では、2016年の選挙中に主要な戦場の州でアメリカの有権者がどのように見えるかを特定し、それらの予測に基づいて、有権者の有権者の潜在的な選挙の影響を特定します。これは、2016年の有権者適格人口の人種的および民族的構成を推定し、2つの選挙シミュレーションを実施することによって人口動態の変化の潜在的な政治的影響を実証することによって達成されます。最初のシミュレーションでは、すべての人種および民族グループで、投票率が2012年と同じ割合で投票率が同じであると想定しています。2番目のシミュレーションでは、投票率は2012年から再び一定に保たれていますが、人種および民族グループは、2004年に示した政党の選好に戻ると想定されます。投票率は2012年から一定に保たれ、政党の選好のさまざまなレベルでの人口動態の変化による選挙への影響を分離します。 2016年の有権者の投票率がこれらのシミュレーションで使用されたものよりも高い場合、選挙効果はここに示されているものよりも大きくなります。逆に、投票率が下がると、政治的影響の大きさは弱まります。

2016年の選挙に関する2つの物語は、有権者を中心にすでに浮上しています。最初のストーリーは、バージニア州やオハイオ州などの激戦州で有権者の数が増えることで、民主党に選挙の急降下がもたらされ、ホワイトハウスへの道がさらにスムーズになるというものです。最初の選挙シミュレーションはこの理論をテストし、投票率と政党の好みが2012年のレベルに一定である場合、有色人種の増加が民主党員を生み出す可能性が高い選挙上の利点を定量化します。

2番目の新しい物語は、最初のシナリオの逆であり、共和党が2016年にホワイトハウスと多数の米国上院選挙で勝利するための戦いのチャンスを得たい場合は、有権者と一緒に侵入しなければならないという事実を強調しています。特に2004年の大統領選挙で、ジョージW.ブッシュ大統領がラテンアメリカとアジア系アメリカ人の投票の44%、アフリカ系アメリカ人の投票の11%を全国的に受け取ったという事実を考えると、有権者の間で共和党の支持が高まっていることは非現実的ではありません。したがって、2回目の選挙シミュレーションでは、共和党が2004年の有権者の支持を取り戻した場合に、共和党が勝利できる州を特定します。

これらのシミュレーションも結論も、2016年の選挙の結果を予測するものと見なされるべきではありません。代わりに、それらは、主要な州における選挙人口動態の変化の潜在的な政治的影響を定量的に捉えるために使用されます。以下の分析が強調するように、2016年の選挙に対する人口動態の変化の影響と規模は米国全体でかなり異なりますが、同時に、この問題の概要は、両当事者が理解するために重要な幅広い傾向を明らかにしています。この概要のハイライトは次のとおりです。

  • 民主党員が2012年と同様に、2016年に有権者の間で高いレベルの支持を維持できれば、民主党員の勝利のマージンが3分の1以上増加するバージニア州などの激戦州に簡単に勝つことができます。さらに重要なことに、民主党はノースカロライナを含む、2012年に失ったいくつかの州を取り戻すことができました。
  • 共和党は、2016年に主要な州で競争するために、有権者の間で支持のレベルを上げる必要があります。フロリダなどの一部の州では、党の選好を2004年のレベルに戻すことで、GOPが失った州をわずかに取り戻すことができます。 2012年に、しかし前の選挙で勝った。ただし、オハイオ州やネバダ州など、共和党が2004年に獲得した他の主要な州を取り戻すには、共和党が2004年に有権者から受けた支持の割合を超える必要があります。

変化する有権者

米国は歴史的な人口転換を遂げており、2043年までに有色人種が人口の過半数を占めると予想されています。米国の有権者でも、速度や要因は異なりますが、同様の変化が起こっています。人口の変化と選挙の変化の間には類似点がありますが、この2つはロックステップでは発生しません。

実際、人口全体で起こっている多くの変化は、有権者の中で実現されたことはありません。たとえば、18歳以上の幅広い人口のラテン系アメリカ人の割合と有権者の割合の間には大きなギャップがあります。多くのラテン系アメリカ人は米国市民ではないため(私たちの壊れた移民システムの機能)、彼らは有権者よりも米国人口の大きな割合を占めています。同様に、より広範な人口の変化と有権者の変化の間にはしばしば遅れがあります。たとえば、カリフォルニアでは、1999年に有権者が人口の過半数になりましたが、カリフォルニアの有権者全員の過半数を占めるのに十分な数の米国市民が有権者に加わったのは2014年のことでした。

有権者の人口動態の変化は、人口の地震人口動態の変化を完全には追跡していませんが、それにもかかわらず、米国の有権者の中で起こっている明白で重要な変化があります。各州の人口統計はさまざまなペースで変化し、さまざまな人種または民族グループによって推進されていますが、1つの傾向は紛れもないものです。非ヒスパニック系白人の有権者は、有権者の割合が減少しています。

ノースカロライナ州からアリゾナ州まで、有権者の色の人口は著しく大きな割合になりつつあります。アリゾナ州では、2012年に有権者全体の32.4%を有権者が占めていました。2016年までに、このシェアは35.6%に達し、アリゾナ州の有権者だけでラテン系アメリカ人が23%を占めます。他の州では、有権者は有権者全体のかなりの割合を占めるまでには至っていませんが、2012年から2016年の間に有権者の純増加の大部分を占めることになります。たとえばペンシルベニアでは、有権者2012年には有権者の17%を占め、2016年までに19.2%に上昇します。この有権者の成長は、州内の有権者の純増加の87%に相当するため、大統領および米国上院の緊密な競争に影響を与える可能性があります。 2016年。(人種および民族別の州の有権者については、表1および付録を参照してください)

さまざまな州で、さまざまな人種および民族グループが、有権者全員に占める有権者の割合を増やしています。一部の州では、有権者の特定の人種または民族グループ内での急速な成長の結果として、有権者の有権者が有権者のより大きなシェアになりつつあります。 For example, in Georgia, people of color made up 38 percent of the electorate in 2012. That number will rise to 41 percent by 2016. This growth is attributable in large part to the increasing size of the Latino electorate, which is on track to make up nearly 6 percent of all eligible Georgia voters by 2016—a nearly 50 percent increase since 2012.

Electoral effects of demographic changes

As outlined above, people of color are becoming a larger share of the electorate all across the United States. But as we have seen in past elections, the racial and ethnic composition of the eligible electorate is very different than that of actual voters. Historically, eligible Latino and Asian American voters have had low turnout rates, hovering around mid- to high-40 percent for the past few presidential elections. (see Figure 1) It is clear that voters of color are currently punching below their political potential, making up a much smaller share of actual voters than they are of the eligible voting population.

Given the gap between the racial and ethnic makeup of eligible and actual voters, to what extent will electoral demographic changes translate into political influence? One way to quantify what impact shifting demographics will have in 2016 is to simulate an election. Below are the results of two simulations:

  • In the first simulation, it is assumed that voter turnout rates and political persuasion among all racial and ethnic groups remain the same as they were in 2012. This simulation begins to quantify what impact the ongoing demographic changes will have on elections if levels of support for Republicans and Democrats, as observed in the 2012 presidential election, remain the same in 2016.
  • In the second simulation, it is still assumed that racial and ethnic groups turn out to vote at the same rates as in 2012. However, in this simulation, the model is changed to one where voters support parties at the same level they did in 2004. This simulation aims to identify potential electoral outcomes if the Republican Party regains the high levels of support among voters of color demonstrated in 2004.

As one would expect, both of these simulations show that the electoral impact of these demographic changes varies considerably between states. Yet these scenarios also clearly reveal that the influence of voters of color on election outcomes is increasing, and, for both parties, the path toward winning elections will require significant support among this growing segment of the electorate.

Results: Simulation 1

By 2016, given the rising share of people of color in the electorate, if Democrats are able to maintain support among voters of color at the same levels they achieved in 2012, then they will more easily win states that were only narrowly won in 2012.

For example, the 2012 presidential election in Colorado was a tight race that President Barack Obama ultimately won—51 percent to 46 percent—in no small part due to his support among voters of color. These voters collectively accounted for more than 20 percent of eligible voters, with Latinos alone making up 14 percent of all eligible voters. By 2016, people of color’s share of the electorate will rise by 2 percentage points to 24.6 percent of all eligible voters. This means that the potential influence voters of color will have on the outcome of Colorado elections will be greater than it was in 2012.

Specifically, in the first election model, CAP identifies that in 2016, the Democratic candidate’s margin of victory in Colorado would increase by 1.6 percent points due to demographic shifts alone, if all else is the same from the 2012 election. In other words, if—across racial and ethnic groups—voters turn out and support political parties at the same level they did in 2012, the Democratic candidate would win the state by a margin of 51.8 percent to 45.2 percent just by virtue of the increase in the number of voters of color as a share of the electorate.

However, demographic changes—and continued support among voters of color—will not only make it easier for Democrats to win states that they previously won in 2012. These demographic changes are also creating an opportunity for Democrats to win back states they lost in 2012.

During the last presidential election cycle, voters of color—and Latinos in particular—created a firewall for President Obama. In 2012, the Latino electorate helped Democrats fend off tough challenges in Colorado by voting for Democrats at high levels. However, the 2012 election also illustrated that not every state has the demographics necessary for Democrats to successfully build a wall of defense against the GOP.

Take Colorado and North Carolina, for example. Obama won both states in 2008, but by 2012, support for Democrats among non-Hispanic white voters had dropped by 6 percentage points in Colorado and 4 percentage points in North Carolina. During the same period, voters of color became a larger share of these states’ electorates, and support for President Obama among these voters increased. In Colorado, these changes were large enough to build a firewall of support for Democrats and keep the state blue. In North Carolina, however, non-Hispanic white voter’s support for Massachusetts Gov. Mitt Romney (R) was so strong that even President Obama’s high level of support support among voters of colors could not keep the state from turning red.

However, CAP’s election simulation indicates that North Carolina’s shifting demographics are such that even if the Democratic candidate fails to regain support among white voters in 2016, Democrats could still retake the state based largely on support from voters of color. By 2016, voters of color will make up 31 percent of the state’s eligible electorate, compared to 29 percent in 2012. While this change isn’t drastic, if the 2016 Democratic presidential candidate is able to retain the level of support Obama secured in 2012 among voters of color, it would translate into enough support to overcome the Republican’s hold on non-Hispanic white voters. Democrats would pick up a net 2.3 points, meaning they would flip the state back in their favor.

But just how great is the potential of North Carolina’s eligible voter of color electorate to act as a counter weight to the growing Republican support among white voters in 2016? It is clear that there are limitations to the rising voters of color firewall in North Carolina. If Republicans, for example, receive 73 percent of the votes cast by white voters—a level of support that is greater than that observed in 2012 but was achieved by Republicans in 2004—growing demographics among voters of color wouldn’t be enough to secure a win for the Democratic candidate.

In other words, while demographic changes between 2012 and 2016 are large enough to act as a counterweight to the Republican support observed in 2012, these changes might not allow Democrats to fend off or upend Republicans if the GOP continues their trend of picking up support among North Carolina’s non-Hispanic white voters.

Results: Simulation 2

While Democrats have a great deal to gain if they are able to maintain support among voters of color, they are not the only political party that is positioned to benefit from the nation’s shifting demographics. The second simulation highlights the political impact of demographic change if the Republican presidential candidate in 2016 is able to secure support among voters of color at the same levels President George W. Bush experienced in 2004.

In many ways, this simulation adds credence to the increasingly frequent claim made by pundits that if the GOP wishes to win key states, it must increase support among voters of color. Nationally, in 2012, Republicans received just 26 percent of the Asian American vote, 27 percent of the Latino vote, and an even smaller share of African American vote, at a paltry 6 percent. If Republicans are able to increase their support among voters of color, it is clear that they will be positioned to win back states they lost in 2008 and 2012.

In 2004, in Florida, for example, President George W. Bush took the state with a 5-point margin of victory. Republicans won the state with high support among white voters and solid support among voters of color. In fact, President Bush secured 56 percent of the Latino vote in 2004, but this share fell to 39 percent by 2012. (see Figure 6)

Perhaps obviously, if the 2016 Republican candidate were able to regain the level of support President George W. Bush saw from voters in 2004, the GOP would retake Florida in 2016. But less obvious is the fact that Republican’s margin of victory under such a scenario would fall drastically from what it was in 2004, to just 0.9 percentage points in 2016. (see Figure 7) It is clear that Florida is quickly shifting toward—if not already arrived at—a point where a victory for either party in the state will require a strong showing of support among voters of color.

Demographic changes are occurring at such rapid rates that, in some states, regaining 2004 levels of support simply will not be enough for the Republican presidential candidate to win them back in 2016. In other words, as voters of color become a larger share of the electorate, winning a state in 2016 will necessitate a higher level of support among voters of color than in past elections. In Ohio, for example, the GOP took the state in 2004 with slightly more than a 2 percent margin of victory. President George W. Bush obtained noticeable support among voters of color: 16 percent of African Americans in Ohio voted for him. This level of support, however, deteriorated during the next few elections. By 2012, Gov. Romney took only 6 percent of votes cast by African Americans. Between 2004 and 2016, the electorate of Ohio will have changed. When President Bush won Ohio in 2004, voters of color collectively comprised less than 14 percent of the state’s electorate. By 2016, African Americans will constitute more than 12 percent of the electorate, and people of color collectively will account for 17 percent of the state’s electorate. In light of these changes, CAP’s analysis finds that in 2016, if—across racial and ethnic groups—voters cast ballots as they did in 2004, the Democratic candidate would win by a margin of 3.6 percentage points. (see Figure 8)

In 2004, non-Hispanic white voters’ support for Democratic presidential candidate Sen. John Kerry (D-MA) was higher than their support for President Obama in 2012, meaning that, under the second simulation, Democrats would pick up more support among white voters than they did in 2012. But even if the Republican candidate in 2016 maintains the high support that Gov. Romney received among white voters, while at the same time regaining 2004 levels of support among voters of color, the GOP would still lose Ohio. (See Appendix for full results under this modified simulation 2)

結論

As attention turns toward the 2016 elections, political parties, pundits, and policymakers all should take stock of electoral demographic changes sweeping the nation and the potential influence these changes will have on the elections in 2016. This analysis shows—through a variety of election simulations—that as people of color become a larger share of states’ electorates, it will be crucial for both Republicans and Democrats to secure the support of this vital voter cohort. But most importantly, this analysis shows that the level of support among voters of color that a candidate from either party needs to secure in order to carry a state is rising. For Republicans, simply repeating the history of 2004—obtaining significant support among voters of color—will not necessarily mean a win in many swing states, including Ohio and Nevada. While the demographic changes discussed here are far from dictating a clear electoral destiny for either party, the fact remains that voters of color are rapidly becoming a larger share of states’ electorate all across the United States, which means that neither the Democrats nor the Republicans can afford to ignore these powerful voters in the coming years.

Methodology

Eligible voter population estimates for 2016 were estimated for each state by utilizing the Bureau of the Census’ American Community Survey from 2008 and 2012. Specifically, average growth rates for each racial and ethnic group were identified at the state level and then applied forward to estimate the 2016 eligible voting population. In the analysis above, CAP ran two 2016 election simulations. In both simulations, CAP held voter turnout rates from 2012 constant. Voter turnout rates were estimated using 2012 exit polling data collected by Edison Research and as reported by CNN.

In the first simulation, CAP assumed that voter preference stayed the same as in 2012. Exit polling data was used to identify party preference for racial and ethnic groups at the state level. When sample sizes were too small and exit polling data could not indicate party preference of a racial or ethnic group at the state level, CAP utilized the national average.

In the second simulation, CAP again assumed that voter turnout rates remained the same as in 2012, but that across racial groups, party preference reverted back to 2004 levels. Finally, in a modified simulation 2, CAP assumed that white party preference was the same as in 2012, but that among voters of color, party preference returned to 2004 levels.

Patrick Oakford is a Policy Analyst in the Economic and Immigration Policy departments at the Center for American Progress.

The author would like to thank Angela Maria Kelley, Vanessa Cardenas, Marshall Fitz, and Philip E. Wolgin for their assistance in preparing this issue brief.


History, activism, and the power of Black voters

Professor Khalil Gibran Muhammad asks LaTosha Brown about her work and the 2020 Election.

In an engaging and energetic conversation, Khalil Gibran Muhammad, professor of history, race and public policy at HKS and the Suzanne Young Murray Professor at the Radcliffe Institute for Advanced Studies, and LaTosha Brown, co-founder of the Black Voters Matter Fund and Southern Black Girls Consortium, discussed Black history, activism, how Black voters impacted the 2020 election, and why that impact is here to stay. The program was hosted by Kennedy School’s Center for Public Leadership, where Brown is a Hauser Leader, and the Women and Public Policy Program, along with Harvard’s Charles Warren Center for Studies and American History, where Brown is an American Democracy Fellow.

History as a learning tool

Brown, joining the conversation from Selma, Alabama—her Selma High School diploma visible in the Zoom background—began the dialogue as she has on so many occasions: singing the African American song Oh, Freedom, which is associated with the civil rights movement of the 1960s. “When I talk about the origins of who I am, I have to start with origins of who my people are,” she explained. “I am a daughter of the “black belt” (a soil-rich area responsible for one-third of the cotton production) and I am sitting in my childhood home right now. I came to visit my family in Selma, Alabama, which was infamous for the civil rights movement. But, also, this is the place where my family were bought as enslaved Africans.”

Growing up, Brown wasn’t connected to that history because she didn’t see herself in the history of America the way it was taught in school, despite being surrounded by it. “There’s no way that you can live in Selma, Alabama and cross the Edmund Pettus bridge every day and not hear tons and tons of stories about what took place here,” she said. It was only when she convinced her teachers to read Black writers that she began to question who owns history, who is in charge. “I got exposed to writers that I had never heard before,” she said, “like Margaret Walker and Zora Neale Hurston. After that, I became obsessed with understanding the origins of power.” But it was The Autobiography of Malcolm X—a book that outlines the human rights activist’s philosophy—that gave her life direction. And Selma is where she learned about politics and laid the foundation for her work.

Early in her life Brown began organizing residents in public housing and advocating for education reform, which led to voter work. “I understood that if we wanted to change policy, we had to engage people in the political process and we had to get people in office,” she remembered. It was her own run for political office that set her on the track of engaging voters. In a close contest for the state school board of education, Brown lost the election by fewer than 200 votes. After the vote was certified, she was told that the sheriff in Wilcox County, a county she carried convincingly, had put 800 ballots in safe. She remembers her naivety, “Well, that's good, we can count those ballots.” But since the sheriff announced this after the certification, those votes would not count. “When I found out people had similar stories, I became focused on how to strengthen voter rights and end voter suppression.”

Radical people force democracy to be real

Muhammad and Brown agreed that because of this history, the idea of democracy and the actual practice of democracy is different. As Brown sees it, the key to making democracy more than aspirational in the Black community is to get that community invested in the outcomes. To be successful in the long run, people needed to change the idea that Black votes are transactional, merely a count. They need to be transformational, an influence on the outcome. That meant moving voters from being registered to being engaged.

Explaining the Black Voters Matters’ outreach campaign “We Got the Power,” Brown noted success came when they shifted the focus of elections. They started asking, “If someone’s going to govern you, shouldn’t you be a part of that process”? The approach was to go into communities, listen and put their concerns at the center. The “Blackest Bus in America,” a national campaign bus tour, was launched to reach Black voters in 12 states across the South. Another strategy was to lean into the culture to affirm their own power. This led to the famous “collard green caucuses” using a Southern New Year’s tradition to engage and register voters. For Brown, it goes back to her childhood obsession about who has the power. “This is about what democracy says, what the constitution says: we, the people. And so you are the center of the power,” she noted.

Muhammad shared his respect for the work of Brown and so many other activists. “One of the things that's so important about your work is that it's through the perspective of people who have seen the worst of America and who have the capacity to make it better,” he said to Brown. “In fact, when I think about you [as a Hauser Leader] at the Center for Public Leadership, I hope you're there teaching them what leadership looks like and not the other way around.”

Brown and Muhammad know the work of democracy doesn’t end at the election, all voters have an expectation of what the new administration can and will do for them. Brown says in working with Black voters, three main issues kept coming up. With the horrors of police violence against Blacks constantly on display, there is an expectation that the administration will tackle criminal justice reform. There is also the expectation that real economic relief will emerge for wage workers due to the significant economic impact of COVID-19. And finally, an issue dear to Brown’s heart, there is the acknowledgement that voter suppression is real and the expectation that the John Lewis Voting Advancement Act will be adopted. Brown is clear about this: “Democracy would not exist in this country if Black voters are not participating in the process. And, so, we have to also see how critical and centered and central they are in terms of protecting and sustaining the democratic institutions we have now.”


Voting patterns in America

Voting patterns in America are keenly analysed statistics by party officials. In 1996 the turn out at the general election was 49% which was the lowest turn out since 1924. This was despite a record of 13 million new voters registering to vote in1992. This could simply have been because so many potential voters considered the result a forgone conclusion rather than America developing a sudden apathy towards politics. However, if the latter is true then the consequences for America in the future could be dire if only a certain section of society involves itself in politics and the rest feel that it is an area they should not concern themselves with. The election result of 2000 replicated the 1996 election in terms of voter participation with only about 50% of registered voters participating and this was in a campaign where there was no foregone conclusion regarding the candidates – Al Gore and George W Bush. The 2000 election was considered to be one of the most open elections in recent years.

Certainly the heady days of 1960 seem somewhat distant now. In 1960 there was a 62.8% turn out at the general election. This was considered high but may have a been a result of what is known as the “Kennedy factor” which could have encouraged voters to use their vote. It is not necessarily true that in 1960 the American public suddenly became more politically aware.

Historically, certain groups that have been given the right to vote have taken their time to take up this right. The 19th Amendment of 1920 allowed women the right to vote but their impact on elections took some while to filter in.

The 26th Amendment reduced the voting age to eighteen but traditionally less than 50% have turned out at general elections and even less for other elections. Does this signify that the young potential voters of America feel excluded from the political process hence they do not feel inclined to vote ?

If this apathy does exist then it is leaving the hard core of voters as the ones who have a vested interest in voting and maintaining the current political set-up – i.e. the educated white middle/upper class voter. This obviously brings into question the political representation of those groups in America.

One problem that has made worse the issue of voter representation is the fact that an individual must initiate voter registration well before election day. It cannot be done immediately before an election and the evidence shows that this is a policy that favours those who wish to involve themselves in the political set-up but acts against those who are less politically motivated. The opposite happens in Britain whereby local government offices initiate the voter registration procedure by sending out a registration form to those who are allowed to vote and then ‘chase-up’ those who fail to register. If in America a person has a legal right to vote (is an American citizen, over age etc.) if he/she has not registered they cannot do so.

Another quirk of American politics is that those who are registered to vote sometimes do not do so. Having gone to the effort of registering, come a general election they simply fail to vote (as would be their democratic right). In 1988, of those who actually registered only 70% voted so that nearly one third of all registered voters did not vote come the election.

In 1993 the ‘Motor Voter’ Act was passed in an effort to make more easy the procedures someone goes through to register for a vote. It came into operation in 1995. The act simply allows someone to register when applying for a driving licence.

The registration procedure has also been altered to enable the disabled to register with greater ease and the law now states that facilities must be in place to make voting easier for the disabled.

Combined, both the above lead to an extra 5 million people registering by the time of the 1996 general election. BUT there was a drop of 10 million voters in the 1996 general election compared with the 1992 election. For the 2000 election, just about 105 million people voted – similar to the 1996 figure but still only about 50% of registered voters.

However, the 1996 election saw an increase in Black Americans voting. In 1992, the Black vote was 8% of the total electorate. In 1996 it was 10% of the total.

In the 1984 election 92.6 million voted but 84 million potential voters did not. As a result of this, the first major study of voting patterns occurred. There were three main findings to this study :

about 20% of the American population is mobile each year and moves about. If you move out of your state you have to re-register within the state you now live in. How many can be bothered to do so ? those groups who have traditionally mobilised voters – such as the trade unions – are in decline. the input of the media (especially tv) has diluted grass-roots face-to-face politics and removed the ‘human touch’.

Other reasons have been put forward to explain the apparent lack of enthusiasm to express your political voice within America.

The 1972, 1984 and 1996 elections were seen as forgone conclusions and many may have felt ‘why vote ?’ However, there could have been no such label attached to the 2000 election which was considered the most open in decades. Yet, voter turnout was 50% of what it could have been.

The 1996 election was criticised for its negative campaigning which at times bordered on the nasty and this may have put off voters as well. The 2000 election featured one candidate nicknamed “Al Bore” by the media and the other, G W Bush, was considered to be less than academically gifted.

At times when there are no major national issues, voter turn out seems to drop. Can it be assumed that a low turn out at the polls is a sign of contentment with the incumbent president ?

1992 saw a large turn out. Why ?

new methods of presentation by the media may have stimulated interest. the input of an independent (Ross Perot) may have given the electorate something more to think about rather than the traditional two-way race between the Democrats and Republicans. there was a national recession which was a national issue. by 1992, many states had eased voter registration which may have encouraged more to vote.

How important is education to voting patterns ?

In 1980, 80% of college educated adults voted , 59% of those with four years high school education voted 43% of those with a grade school education voted.

Though it is a generalisation, you are far more likely to vote if you have a middle to large income, are educated to college level and have an occupation that is linked to your education. If this is true even as a generalisation, these voters have an intrinsic reason to keep the system as it is and hence have a good reason to make sure that they vote. Whether this is an acceptable situation is one that is frequently aired by political analysts.


ノースカロライナ州

North Carolina, one of the original 13 colonies, entered the Union in November 1789. The state did not participate in the 1864 election due to secession. Like many other southern states, North Carolina voted almost exclusively Democratic from 1876 through 1964 and almost exclusively Republican beginning in 1968. The initial shift was largely in response to white conservative voter uneasiness with the civil rights legislation passed in the mid-1960s, which was effectively exploited by the Republicans “southern strategy.”

In 2008, Barack Obama reversed the trend of Republican dominance here (although just barely), defeating John McCain by about 14,000 votes out of 4.3 million cast (49.7% to 49.4%). In percentage terms, it was the 2nd closest race of the 2008 election (behind Missouri). In 2012, North Carolina was again the 2nd closest race (this time behind Florida) as the state flipped Republican. Mitt Romney beat Obama by about 2%. Donald Trump won the state by 3.6% over Hillary Clinton in 2016 and by 1.3% over Joe Biden in 2020.

The state gained an additional electoral vote after the 2020 Census. This surpasses Michigan (which lost one) and ties it with Georgia for the 8th largest electoral prize in the country.


ビデオを見る: עשר הנשים הכי גבוהות בעולםטופטן