ドハサン

ドハサン


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

1805年頃に生まれたドーサンは、キオワアパッチの首長でした。何 記録されているのは、彼がドーハ(ブラフ)という名前の酋長の息子であり、キオワの長蛇の列の重要なメンバーであったということです。彼は激しい戦士と洞察に満ちた管理者の両方として祝われました。Dohäsanには多くの名前がありました。 Dohäsanの名前は遺伝的でした。 「リトルマウンテン」、「リトルブラフ」、「トップオブザマウンテン」と訳されます。彼はキオワのカタバンドでした。虐殺、不名誉、そして新しいリーダーシップ1833年の春の終わりに、インディアン準州(オクラホマ州)のオッタークリークの頭の近くにあるカットスロートギャップにあるキオワのプリンシパルドーハテのキャンプが、オーセージインディアンに襲われました。バッファローを狩ったりポーニー族を襲撃したりするために以前に他の人と一緒に出発したことのない数人の戦士も全滅しました。狩猟隊のメンバーが戻ったとき、彼らはキャンプが頭のない体が散らばっていて無駄になっているのを見つけました。彼らが去ったとき、オセージは2人の囚人、数頭の馬、そしてキオワの神聖なタイメ薬の束²を取りました。虐殺の後、人々は部族評議会を開き、不名誉なドーハテをキオワの首長から外し、ドーハーサンに代わって指名した。条約とパックス・ロマーナチーフ在任中、ドーハサンは以下を含むがこれらに限定されないいくつかの条約に署名しました。

フォートギブソン条約、1837年5月に署名され、それによって米国政府は

  • 部族の土地内に道路、高速道路、軍事保護区を作成する政府の権利を合法化します。
  • インドの部族に関する規則や規制を規定および施行する政府の権利を正当化します。
  • 白人入植者、部族の土地を旅する人々、コマンチ族、キオワ族、アパッチ族の間に永遠の平和を築きましょう。
  • さまざまなインディアンの部族の間に持続可能な平和を作りましょう。
  • コマンチ族、キオワ族、アパッチ族のメキシコへの好戦的な侵入を阻止します。
  • メキシコの捕虜の連れ去りとすでに捕らえられた人々の安全な帰還を終わらせる。
  • どちらかの側が犯した行為に対して、インディアンの部族と米国およびメキシコの政府との間に補償を確立します。
  • コマンチ族、キオワ族、アパッチ族が条約の一部を履行できなかったことに対する懲罰的条項を確立する。
  • フォートアトキンソン条約 1852年7月27日の

  • 米国民とインディアンの間の平和的な関係を提供します。
  • 道路、デポ、および軍のポストに土地を使用する権利を米国に付与しました。
  • どちらかの側が負った怪我に対する約束された回復。
  • メキシコの領土でのインドの攻撃に対して提供されます。
  • 捕虜の回復を求めた。
  • インド人に10年間支払われる18,000ドルの年金(商品と引当金の形で)を設定し、大統領がさらに5年間支払いを延長する可能性があります。
  • リトルアーカンザス条約 1865年10月の

  • アパッチ、キオワ、コマンチェの連合を解散。
  • シャイアン、アラパホ、アパッチの連合を作成しました。
  • インド人と米国政府の間の永遠の平和を宣言しました。
  • インド人はお互いに、そして合衆国政府に友好的な他のすべてのインド人と永遠に平和な状態にとどまると宣言した。
  • いくつかの条約に署名したにもかかわらず、ドーハサンは白人と彼の合意をほとんど考慮していませんでした。彼は、インド人は自由な人々としての土地と権利を保持するために戦うべきだと信じていました。ドーハサンは居留地への監禁に激しく抗議し、カイオワはワイオミング州のノースプラット川からテキサス州のパンハンドル川上流までのすべての土地を所有しており、歩き回る余地が必要であると主張した。襲撃と戦争党Dohäsanと彼の追随者たちは、テキサス州のパンハンドル、特にカナディアン川の渓谷を頻繁に訪れました。 1851年の夏、彼はカンザス州のメディスンロッジクリークの頭の近くでポーニー族との戦争党を率いた。 1857年、彼はエルパソ近くのフエコタンクスでのメキシコ軍による待ち伏せから戦士を首尾よく導きました。 1859年、ドーハサンはジョン・セジウィック少佐とその軍隊による善意のジェスチャーとして、古い軍の救急車の贈り物を受け取りました。ドーハサンは荷馬車の運転方法を学んだことがなかったので、若い勇者に乗って馬のチームを案内してもらいました。アドビウォールへの攻撃1864年11月、キオワ国に対する冬のキャンペーン中に、300人以上の兵士からなるクリストファーH.(キット)カーソン大佐の部隊が、最初は150のロッジと乾燥肉、果実、水牛のローブのキャンプを攻撃して燃やしました。テキサス州カナディアン川でのアドビウォールズの戦い。 Dohäsanと他の戦士は攻撃を撃退することに成功し、優れた数に対して大きな勇気を示しました。幸いなことに、古い首長は川のさらに下流の村に警告することができました。交戦中、ドーハサンは貴重な荷馬車を軍隊に失いました。1865年、リトルアーカンソー川条約の条項に従って、キオワアパッチは正式にシャイアン族の一部になりました。偉人の死の遺産1866年初頭、ドーハサンは61歳で、戦闘ではなく、民間人の手によって亡くなりました。彼の死は潜在的な後継者の間でリーダーシップ論争を引き起こし、それはまたキオワと白人アメリカの間の関係に不安定な影響を及ぼし、キオワの敵意の増加を引き起こした。古い自由の闘士の名前は、彼の息子、また著名な戦士に授けられました。


    ¹A’dateとも呼ばれます。
    ²Tai-meはKiowasのSunDanceのお守りであり、その保管は公式のTai-meキーパーの責任でした。部族で最も強力な薬であるタイメは、サンダンスの期間中のみ見るために展示されました。


    チーフサタンタが幌馬車隊を攻撃し、チームスターを殺害

    キオワのチーフサタンタは他のネイティブアメリカンと合流して、テキサス北東部のレッド川近くで幌馬車隊を虐殺しました。

    1860年代と1870年代のキオワの主要な首長の一人であるサタンタは恐ろしい戦士でしたが、熟練した演説家であり外交官でもありました。彼は、インディアン準州(現在のオクラホマ州)にキオワ居留地を設立する米国との交渉と条約への署名を支援しましたが、サタンタは、キオワに遊牧民の道を放棄させる政府の努力に抵抗し続けました。 1867年の条約により、キオワは定期的に居留地を離れて水牛を狩ることができましたが、1年以上の間、サタンタや他のキオワは狩りを続け、居留地に足を踏み入れることさえありませんでした。 1868年後半、フィリップシェリダン将軍は彼らを逮捕し、無理矢理連れてこられました。

    当初から、サタンタは居留地を嫌っていました。彼は農夫になるつもりはなかった、彼が女性の仕事であると考えた雑用。 1870年、インドのエージェントが条約で定められた別の狩猟を続けることができることにようやく同意したとき、サタンタといくつかのキオワは水牛を探してテキサスに向かった。途中、彼らは数人の白人入植者を襲撃したが、キオワは特定されず、後に居留地に戻った。

    次の春、サタンタはより攻撃的になりました。彼は他のキオワとコマンチェの大規模なパーティーに参加しました。彼らは予約の制限の下で橋を架け、去ることを決心しました。南に向かってテキサスに向かうと、インディアンはレッド川沿いの軍のパトロールを逃れ、テキサスに渡った。 1871年のこの日、彼らはバターフィールドトレイルに沿って移動する幌馬車隊を発見しました。銃と弾薬を盗むことを望んで、戦士は10の貨物列車を攻撃し、7人のチームスターを殺しました。彼らはワゴンを略奪している間、残りのドライバーを逃がしました。

    再び、サタンタと他の戦士たちは居留地に戻った。テキサスの襲撃を知らされたインドのエージェントは、彼の容疑のいずれかが参加したかどうか尋ねました。驚くべきことに、サタンタは彼が襲撃を主導したこと、そして予約に対する彼らの貧弱な扱いがそれを正当化したことを発表しました。 &#x201CIは繰り返し武器と弾薬を要求しました、&#x201D彼は説明しました、&#x201Cあなたが提供していない、そして許可されていない他の多くの要求をしました。&#x201D

    裁判のためにテキサスに連れて行かれ、サタンタは絞首刑を宣告されたが、罰は後に終身刑に減刑された。人道主義の要請に包囲されたテキサス州知事は、1873年にサタンタを居留地に仮釈放しました。翌夏、サタンタは再び居留地から戦争党を導き、今回は1874年から1875年までのレッドリバー戦争に参加しました。1875年10月までに、サタンタと彼の同盟国は再び降伏を余儀なくされた。

    投獄よりも処刑を好むという彼の声の抗議にもかかわらず、サタンタはハンツビルのテキサス州立刑務所に戻された。彼は深い鬱病に陥り、食べることを拒否し、ゆっくりと餓死し始めました。 1878年に刑務所病院に移送された彼は、2階の窓から真っ先に飛び降りて自殺した。


    ドハサン

    ドハサン (” lilla berget / klippan” eller” bergets topp”)varkiowaindianochöverhövdingförsinstamfrån1833eller1834untilsindöd1866。Hantillhördedenkiowafraktionsomkallades カタ (「debiter」)。 Man vet inte mycket omDohasanslivföresommaren1833、som av kiowaerna kallas”sommarendehöggavderashuvuden”、vilketsyftarpåosagernasöverraskningsanfallpåenkiowaby。 Osagernahöggavsinabesegradefienders huvuden och lade dem i kiowaernas egnakoppargrytor。 Byntillhördekiowaernasöverhövding デート (「Ömannen」)somansågshahandlatförsumligtochavsattes。 EfterentidsförhandlingartillsattesDohasansomnyöverhövding、vilketinnebäratthanviddentidpunktenmåstehavaritenvälmeriteradledaremedlångerfarenhet。 Hansfödelseårärokäntmenhanbörhavaritomkring30-40årgammalnärhanutsågstilledare。

    KonstnärenGeorgeCatlinlyckadesutverkatillståndavUSA:skrigsministeriumattföljamedpåöversteHenryDodgesexpeditionuntil RedRiversomutgickfrånFortGibson1834年6月21日ochtack varedetvetvipåettungefärhur Vad hansadeombesöketvetmanockså:

    「アメリカの船長は今日よく話しました。白人男性は私たちの友達を見せてくれました。白人が私の国に来た場合、彼が馬や私が持っているものを欲しがっているなら、彼は親切に扱われるでしょう、彼はそれに対してお金を払わないでしょう。私は彼が望むものを彼に与えます。」

    Den 26 maj 1837 gjorde kiowaerna sin svarsvisit i Fort GibsonochundertecknadedetförstafredsavtaletmellanUSAoch「TheKiowaNation」。 Avtalet、somocksåundertecknadesavmuskogee- och osagestammarna、gav USA:smedborgarerättenattfärdasgenomindianområdentotexasochMexiko。 Dohasan var en av de tio ledande kiowaer som undertecknadeavtalet。 PåUSA:svägnarundertecknadegeneralMontfortStokesochöversteAugustePierreChouteau。

    IndianernaunderströkdocattavtaletinteinnebarnågraförpliktelsergentemotMexikoochTexas(somdåintehördeuntilUSA)。 Texasbornabedrevnämligensedanentiden aggressiv indianpolitik som syftade until en etnisk rensning av Texasochdettadrabbadesärskiltcomancherna。 Ävenderasallieradekiowaernabetraktadetexasbornasomsinavärstafienderochennation som det(tillskillnadfrånUSA)varmeningslöstattskrivaavtal med、eftersom” Tejannas”varkändaförattregelmäs

    DohasanhaderedanvidtidenföröversteDodgesbesökpåbörjatförhandlingarmedenhandelsman、William Bent、om byggandet av en handelsstation vid South Canadian River som komplement until den1833vidArkansasRiverfärdigställdahandelsstation Den nya handelsstationen、senarekändsomAdobeWalls、bleffärdigstraxföre1840ocherbjödenarenaförregelbundnakontaktersomDohasanuttryckligenönskatsig。 Någotsenare、år1840、slötkiowastammenochcomancherna fred med cheyenner och arapahoer som de varit i krig med sedan 1826. Dohasanleddekiowaernasförhandlareblandvilkaävenfannsdenlegendariske krigsledaren Satan I detta sammanhang、liksom i kontakterna med USA、framstårDohasansom en uttaladfredspolitiker。

    NärdetgälldekontakternamedTexasvar bilden enannan。 Texaseftersträvadeaktivteninkorporeringav New Mexico och skickade 1841 trupper mot SantaFe。 Närdessagjordeintrångpåkiowaernasterritoriumblevde omedelbartangripna。 Femkavalleristerdödadesochskalperadesavkiowaerna i ett snabbt anfall、varefterindianernaförsvannfrånplatsen。 Förföljandetexanertvingadesetvingadesefter ett tag konstatera att kiowaerna inte bara uppvisade” extraordinary horsemanship”derashästarvardessutombådesnabbareochuthålligareäntexanernas。

    TrotsDohasansfredssträvandenkundehanintehindrasinstamfrånattdrasini de nordamerikanska indiankrigensslutfas。 Kiowaerna accepterade aldrig Texas som en legitim del avUSAefterinträdetiunionen、utan fortsatte att betrakta texasborna som en annan ochbetydligtfientligarestamänUSA。 KiowaernaskrevpånyaavtalmedUSA men visade i Handling att Texas inte omfattadesavdemochpå1860-taletsågmandetamerikanskainbördeskrigetsomenbekräftelsepåsittantagandeattTexas och USA igrunden var fient MotsättningarnahårdnadeunderdettaårtiondeochkiowaernabefannsigsnartikrigävenmotUSA、ett krigsomipraktikenpågick1874年まで。


    キオワ-コマンチェとの南部同盟

    サザンキオワがブラックヒルズを去った後、彼らはかつての敵であるコマンチェと同盟を結ぶ必要がありました。スー族の拡張もコマンチ族を南に押しやった。南キオワが1790年頃に現在のニューメキシコのスペイン人入植地に到着したとき、彼らはコマンチ族が近くにキャンプしていて戦いの準備をしていることを発見しました。スペイン人は介入し、平和を求めました。2つの部族間の平和が、スペイン人の入植地と彼らに向かって冒険をしているフランスの商人との間に友好的な部族の緩衝を作ることを望んでいました。 2つの部族は平和のために交渉することに同意しました。

    キオワ代表団はによって代表されました ギカテ (オオカミが横になっている)。コマンチ族のリーダー、 パレイイー (水を恐れる)、すべてのコマンチ族の指導者と相談する前に平和に同意することができなかったが、彼は招待した ギカテ コマンチェのゲストになること。ギカテは同意したが、彼が殺された場合、それは戦争を引き起こすだろうと警告した。彼はコマンチ族と1年間旅行し、敬意を持って扱われました。彼がキオワに戻ったとき、彼はコマンチ族がキオワの酋長に敬意を表して信頼できると証言しました。 Poliakya。 1790年の終わりまでに、2つの部族は相互利益のために永続的な同盟を結んだ。

    キオワとコマンチェの同盟は、彼らをすぐに南部平原の支配的な部族にしました。統合された領域は、テキサス州のパンハンドルから現在のカンザス州のアーカンソー川にまたがっていました。キオワは通常、現在のカンザス州とオクラホマ州のアーカンソー川とシマロン川の間の領土を占領していました。キオワとコマンチェは一緒に、メスカレーロとリパンアパッチを南と西にメキシコとニューメキシコに、トンカワを南の平原からテキサス中央部に、そして現在のオクラホマのウィチタ山脈の東にあるウィチタに押し込みました。キオワは、銃や馬を手に入れるために、他の部族やヨーロッパの入植者に対するスペイン人や組織的な襲撃との取引に成功しました。

    スペイン人は、部族が現在のニューメキシコの入植地を攻撃するのではないかと恐れ、保護手段としてネイティブアメリカンへの銃器と弾薬の取引を禁止しました。フランス人とイギリス人はネイティブアメリカンへの銃器の取引を禁止していなかったため、平原に問題が生じました。フランスやイギリスの商人に簡単にアクセスできなかったキオワのような部族は、銃や弾薬を手に入れるのに苦労しました。スー族はカナダのフランス人から多くの銃を手に入れました、そして、彼らが北の平原を横切って積極的に西に拡大したとき、大きな不均衡がありました。北キオワと他の部族は、スー族と戦うために必要な銃器と交換するためにミズーリ川に到達することを切望していましたが、スー族はすでに東への貿易を封鎖していました。

    北キオワはついに1804年までにブラックヒルズの自宅から避難しました。彼らは南キオワを見つけるために現在のネブラスカ西部に一時的に住んでいました。フランスの商人、バティスト・ラランドは、スー族が1805年にキオワが南に移動して彼らの親族と再会するのを阻止したと報告しました。北キオワは20年の分離の後、1806年に南キオワと最終的に再会しました。北キオワは、1801年の天然痘の流行によって弱体化したキオワとコマンチェの同盟を強化するのに役立ちました。ヨーロッパの病気に対する獲得免疫がなければ、ネイティブアメリカンは非常に高い感染率を示しました。南キオワのほぼ半数が流行で亡くなりました。

    キオワは1815年にスー族との和平を試みました。彼らは現在のコロラド州コロラドスプリングズでスー族の代表団に会うことに同意しました。交渉は失敗し、キオワはスー族の代表団によって殺害された。別の天然痘の流行により、1816年にキオワが壊滅しました。その年、リオグランデ川とレッドリバーの間のすべての部族も大きな損失を被り、キオワは南部の平原に領土を保持することができました。

    1833年の夏は食糧が不足していたため、キオワの首長は A&rsquodate (アイランドマン)、部族を小さなバンドに分割します。これらのバンドは、十分な食料を見つける機会を増やすために、長距離に広がっていました。戦士の多くは、ウテの襲撃に参加し、バイソンの群れを狩るために去り、キャンプを攻撃に対して非常に脆弱なままにしました。 A&rsquodate 彼のバンドを現在のオクラホマのウィチタ山脈に連れて行った。彼らは、キオワとコマンチェの同盟に最大の脅威をもたらしたオセージとの西の国境近くにキャンプを作りました。

    リトルオーセージのチーフ、 チェトパ、戦争党を攻撃に導いた A&rsquodate&rsquos キャンプ。オセージの戦士たちは、4つのキオワロッジですべての男性、女性、子供を殺しました。彼らはまたの妻を殺した たいめ キーパーと盗んだ たいめ。オセージは死者の頭を切り落とし、警告として見つけるために残りのキオワのためにそれらをやかんに入れました。 A&rsquodate 攻撃を免れたが、首長としての地位から外された。 A&rsquodate に置き換えられました ドハサン (リトルブラフ)。

    Kiowaの人々に関する詳細情報を見つける:

    • キオワ
    • キオワ-遊牧民のハンターと馬
    • キオワ-そしてバイソン
    • Kiowa-社会的および政治的構造
    • Kiowa-ドッグソルジャーと戦士の社会
    • キオワ-宗教団体
    • キオワ-医学
    • キオワ-サンダンス
    • キオワ-平原の画家
    • Kiowa-Women&#39s Work
    • Kiowa-初期の歴史と最初の分裂
    • キオワ-ブラックヒルズとグレートディビジョンのために戦う
    • キオワ-ブラックヒルズのための北部闘争
    • キオワ-コマンチェとの南部同盟
    • キオワ-再会
    • キオワ-虐殺
    • Kiowa-米国との初期の関係
    • キオワ-1840年代の苦しみ
    • キオワ-1850年代の外交
    • キオワ-侵入と絶滅の時代
    • キオワ-メディシンロッジ条約
    • キオワ-抵抗と流血
    • キオワ-気が進まない降伏
    • Kiowa-強制同化
    • Kiowa-Dancing Memory
    • キオワ- ローンウルフv。ヒッチコック
    • キオワ-20世紀初頭
    • キオワ-ペヨーテとネイティブアメリカン教会
    • キオワ-シックス
    • Kiowa-ルーズベルト政権と連邦政策の変更
    • キオワ-オクラホマインド福祉法
    • Kiowa-政治的分裂と新たな脅威の回避
    • Kiowa-訴訟とインドクレーム委員会
    • キオワ-20世紀後半
    • Kiowa-未来への影響

    エントリ: キオワ-コマンチェとの南部同盟

    著者: カンザス歴史会

    著者情報: カンザス歴史協会は、州の歴史を積極的に保護し共有する責任を負っている州の機関です。

    作成日: 2015年9月

    日付が変更されました: 2017年12月

    この記事の著者は、その内容について単独で責任を負います。

    送信 カンサペディア コンテンツ

    既存の記事に関する詳細を送信するか、カンザスの歴史の他のトピックに関する記事を送信することをお勧めします。

    カンザスメモリ

    私たちのオンラインコレクションには、写真、ドキュメント、アーティファクトの50万枚以上の画像が含まれており、毎日増え続けています。この豊富なリソースを通じて、カンザスであなたのストーリーを見つけてください!


    ドハサン-歴史

    Kiowaの平和責任者であるKickingBird(T'ene-angopte、Striking Eagle)は、KiowaとCrowの子孫でした。彼の誕生時、キオワはオクラホマ州西部、テキサス州のパンハンドル、カンザス州南西部に住んでいました。若者として有名な戦士であるキッキングバードは、成熟するにつれて外交を支持しました。彼は1865年にリトルアーカンザス条約に署名し、1866年にドハサンが亡くなった後、キオワ平和派の指導者に就任し、1867年にメディシンロッジ条約に署名しました。ジョージ・A・カスター少佐の反対の主張、キッ​​キング・バードは1868年のウォシタ川の戦いに参加しなかった。

    キックバードの和解的な見解は臆病の告発をもたらした。それに応えて、彼は1870年にテキサスへの襲撃を主導しました。彼の名誉は回復し、キッキングバードはこれ以上戦いませんでした。彼はサタンタとビッグツリーの自由を求め、キオワの子供たちの学校教育を推進しました。彼の影響力は、1874年から75年のレッドリバー戦争の苦難をほとんどのキオワに免れた。その紛争の後、彼は首長として認められました。その立場で、彼はフロリダでの投獄のために27人の好戦的なキオワを選びました。キッキングバードは1875年5月3日に突然死にました。彼の支持者は、彼が彼の過激なキオワの敵によって毒殺または呪われたと主張しました。彼はフォートシル墓地に埋葬されました。

    参考文献

    スタンホイグ、 キオワとキッキングバードの伝説 (ボルダー:コロラド大学出版局、2000年)。

    ミルドレッド・P・メイホール、 キオワ (2ded。Norman:University of Oklahoma Press、1971)。

    Wilbur S. Nye、 カービン銃とランス:オールドフォートシルの物語 (3d ed。、rev。、Norman:University of Oklahoma Press、1969)。

    モリス・F・テイラー、「キッキング・バード:キオワの酋長」 カンザスヒストリカルクォータリー 38(1972年秋)。

    このサイトのいかなる部分もパブリックドメインのように解釈されてはなりません。

    のオンライン版および印刷版のすべての記事およびその他のコンテンツの著作権 オクラホマ歴史百科事典 オクラホマ歴史協会(OHS)によって開催されます。これには、Webデザイン、グラフィックス、検索機能、リスト/閲覧方法など、個々の記事(著者の割り当てによるOHSへの著作権)および企業(完全な作品として)が含まれます。これらすべての資料の著作権は、米国および国際法の下で保護されています。

    ユーザーは、オクラホマ歴史協会の許可なしに、これらの資料をダウンロード、コピー、変更、販売、リース、賃貸、転載、またはその他の方法で配布したり、別のWebサイトでこれらの資料にリンクしたりしないことに同意します。個々のユーザーは、マテリアルの使用が米国著作権法の「公正な使用」ガイドラインに該当し、オクラホマ歴史協会の法的な著作権所有者としての所有権を侵害していないかどうかを判断する必要があります。 オクラホマ歴史百科事典 と一部または全体。

    写真クレジット:公開版とオンライン版で提示されたすべての写真 オクラホマの歴史と文化の百科事典 オクラホマ歴史協会の所有物です(特に明記されていない限り)。

    引用

    以下(による) シカゴマニュアルオブスタイル、第17版)は、記事の推奨引用です。
    Jon D. May、&ldquoKicking Bird、&rdquo オクラホマの歴史と文化の百科事典、https://www.okhistory.org/publications/enc/entry.php?entry = KI006。

    &#169オクラホマ歴史協会。

    オクラホマ歴史協会| 800 Nazih Zuhdi Drive、Oklahoma City、OK 73105 | 405-521-2491
    サイトインデックス|お問い合わせ|プライバシー|プレスルーム|ウェブサイトのお問い合わせ


    ドハサン-歴史

    1833年、キオワ族の歴史の中で最大の酋長であるドハサン2世は、その年にオセージに人々を驚かせ虐殺させたために追放されたアダテの後を継いだ。虐殺が言及された後、キオワとオーセージの間で平和が築かれたのは主に彼の影響によるものでしたが、それは決して破られたことはありませんでした。

    1862年、シャイアン、アラパホ、コマンチェ、キオワ、キオワアパッチがアーカンソー川に集まって年金を受け取ったとき、エージェントは襲撃を止めなければ罰を与えると脅しました。

    ドハサンは最後まで完全に沈黙して耳を傾け、立ち上がったとき、下の谷にある何百ものティピーにエージェントの注意を呼びかけ、特徴的なスピーチで答えました。

    「白い首長はばかです。彼は臆病者です。彼の心は小さく、小石よりも大きくはありません。彼の部下は私の戦士と戦うには少なすぎるほど強くはありません。彼らは女性です。&#8221

    &#8220白人の首長、スペインの首長、そして私の自己の3人の首長がいます。スペインの首長と私は男性です。私たちは時々馬を盗んだり頭皮をとったりすることでお互いに悪いことをしますが、私たちは怒って愚か者を演じることはありません。白い酋長は子供で、子供のようにすぐに怒ります。&#8221

    &#8220私の若い男性が、女性と子供たちが飢えないようにするために、私たちの国を通り抜ける白人男性から連れて行って、私たちの水牛、砂糖またはコーヒーを殺して追い払うとき、白人の首長は怒って彼を送ると脅します兵士。&#8221

    &#8220長い間探していましたが、来ていません。彼は臆病者です。彼の心は女性の心です。私は話しました。私が言ったことを偉大な首長に伝えてください。」


    アリカラバンド

    アリカラ族のバンドは、部族の初期の記録された歴史の中で、ミズーリ渓谷の上流にあるアリカラ族との緊密な交易関係からそのように名付けられました。アメリカ、スペイン、フランスの貿易業者との貿易関係のため、特にキオワ、そしてアリカラはヨーロッパ系アメリカ人によく知られていました。

    Dohäsanは早くも1820年代後半にトレーダーに知られていました。彼は激しいが、トリッキーで、戦士であり、成功した戦争長としての評判を得ました。

    彼はエリート戦士協会、Koitsenkoのメンバーでした。

    アリカラバンドのチーフとしての彼の地位は遺伝的でしたが、キオワ族全体のプリンシパルチーフは遺伝的地位ではありませんでした。すべてのバンドの長老たちが集まり、プリンシパルチーフを選出しました。彼は通常、残りの人生でその地位を維持していました。

    Dohäsanは、部族の長老と副首長が当時の首長A&#8217dateを証言した後、1833年の春にKiowasの首長になりました。これは、オクラホマのインディアン準州となったオクラホマ準州のオッタークリークの頭の近くにあるカットスロートギャップでのオセージによるA&#8217date&#8217s村の虐殺に続きました。 Dohäsanは、彼らが自由な人々であった間、キオワ族の最後の誰もが認める首長でした。

    A’dateが証言録取され、DohäsanがKiowaの全国民の首長に就任した後、米国陸軍はDohäsanと知り合いになりました。

    キオワの村全体の虐殺は、1834年の夏にヘンリー・ドッジ大佐の西オクラホマへの竜騎兵遠征を促しました。ドーハサンは大佐と彼の遠征に挨拶するために手元にいた人々の一人でした。

    遠征の目的は、さまざまな平原部族間の激しい戦いを終わらせることでした。1837年5月、ドーハサンは、米国政府がインディアン準州での部族間戦争を終わらせようとしたフォートギブソン条約に署名した校長の1人でした。

    しかし、条約は、馬やその他の略奪に対するキオワの頻繁な襲撃を終わらせることはほとんどなく、部族間の戦いを遅らせたのかどうかは議論の余地があります。テキサスは基本的に、キオワとコマンチェの合同襲撃に対して広く開かれており、メキシコへの毎年の襲撃は、メキシコ本土とその北部の州の両方で恐ろしい生活の一部となった。

    彼の襲撃では、ドハサンと彼の部族および同盟のコマンチ族は、冬に、特にカナディアン川の谷とパロデュロキャニオンに沿って、冬の襲撃と毎年の襲撃の両方の拠点として機能するステーキドプレーンに住むようになりました。

    1845年9月17日、パロデュロキャニオンで、ジェームズW.アバート中尉が水彩画のポートフォリオでスケッチしました。

    1851年の夏、ドーハサンはさまざまなキオワバンドの戦争党を率い、カンザス州のメディスンロッジクリークの頭の近くでポーニー族に対してコマンチ族を同盟させ、彼らのほとんどを殺害した。

    彼の名前は、1857年にテキサス州エルパソノルテ近くのフエコタンクスでメキシコ兵による待ち伏せから戦士を首尾よく導いたときに再び陸軍の記録に記載されています。メキシコ人はメキシコの北の襲撃者を追跡し、彼らを排除することを望んでいました。代わりに、メキシコ軍のほとんどが殺害または負傷した。

    アメリカ政府は、南北戦争が招集されたときにキオワを友好的に保つことを切望していました。1859年後半、ジョンセジウィック少佐の軍隊は、通常のプレゼントと一緒に古い軍の救急車を山の頂上に贈りました。 。

    チームを運転する技術を習得できなかったとき、ドーハサンは運転席に座っているときに、数人のキオワの男の子に馬具を付けた馬に乗らせました。


    カーソンクリーク

    約6時間後、サドルで長い午後を過ごした後、私たちは生きた水の泉に到着しました。コース中はまだ空気が蒸し暑く、イエバエの約3倍の大きさの灰色がかった昆虫であるメクラアブの群れに追いかけられていました。これらの嫌な生き物はアイスピックを噛み、私たちの馬を気を散らすように駆り立てました。ビルと私は一日のほとんどをサッドとダラービルの首にハエを叩きつけて過ごしました、そして私たちがカーソンクリークの春に到着したとき、私たちの手は血で覆われていました。

    私たちは馬を緑豊かな牧草地に足を踏み入れたままにし、小川のそばのエノキの木立にキャンプを作りました。ビルが牧草地に戻ってラバのゴールを医者にしたとき、私は火を燃やして夕食を作り、ブイヨンブロスで煮込んだご飯とジャーキービーフ、揚げベーコン、レーズン、サッサフラスティーを用意しました。かつて開拓者の食事の主食であったジャーキービーフは、今ではほとんどすべてのクイックストップ食料品店で購入できます。私は祖母であるテキサス州セミノールの故B.B.カレー夫人から与えられたレシピからジャーキーを作りました。ある夏の夜、私たちが玄関に座っていたとき、彼女はクロスビィ郡のエスタカドの古いクエーカー教徒のコミュニティでの幼少期について話してくれました。

    ビルが牧草地から戻ったとき、私たちは火のそばの地面にスリッカーを広げ、おいしい温かい食事に腰を下ろした。ジャーキーは、それが由来するローストの味と風味に欠けていましたが、私たちはそれが満たされ、満足のいくものであることがわかりました。夕食後、私たちは熱いサッサフラスティーを淹れ、太陽が丘の後ろを滑るのを眺めました。影が大きくなると、暗くなる前に家事をしなければならないことがわかりました。通常は、テントを張ってその周りに溝を掘り、サドルを防水シートで覆っていました。これは通常の雨に対する予防策です。でも、空に雲がなく、綺麗な夜だったので、夜は雨が降らないと思いました。この予測に対するヘッジとして、テントの周りを掘ったり、寝具を広げたりすることはしませんでしたが、テントを張ったのです。私たちは星空の下で眠りました。夜のマントが土地を包み込むと、私たちはカーソンクリークのほとりにある毛布に這い入った。

    夕食後、私たちは熱いサッサフラスティーを淹れ、太陽が丘の後ろを滑るのを眺めました。影が大きくなると、暗くなる前に家事をしなければならないことがわかりました。

    それは1864年の冬でした クリストファー(キット)カーソン大佐は、ニューメキシコ州シマロンからテキサス州のパンハンドルの小川まで部下を行進させました。

    During the Civil War, the government in Washington had been forced to withdraw most of its troops from the frontier garrisons on the Southern Plains and to throw them into the war against the Confederacy. The Kiowas, Comanches, Southern Cheyennes, and Arapahos, by this time allied against the expansion of white civilization, took full advantage of the withdrawal. They attacked military posts and wagon trains in Kansas, pillaged the settlements below the Red River in Texas, and left the whole country in a state of panic. By the middle of 1864, Washington was flooded with reports of shocking depredations, and the decision was made to punish the Indians.

    Kit Carson, who had already distinguished himself as a scout under John Charles Fremont and as commander of the summer campaign against the Navahos, received his orders in October to march to the Canadian River to punish hostile Kiowas and Comanches, reported to be in their winter camps along the river valley. On November 6, Carson left Cimarron with 350 mounted men, seventy Ute and Apache scouts (some with wives), twenty-seven wagons, and two mountain howitzers.

    On November 24, Carson’s Indian scouts, enveloped in buffalo robes to protect themselves against the bitter cold, reported finding an encampment of one hundred and seventy-six teepees down the river. Carson ordered a night march to get his force within striking distance of the village, and early the next morning they attacked. In the first wave were the Utes and Apaches, wearing only their paint and feathers in the extreme cold. As Carson’s army advanced toward the village, the Kiowas fled in the opposite direction, the women and children to the hills, and the warriors downstream toward a large Comanche village four miles to the east. The soldiers entered the camp and began mopping up. The Indians who had not escaped—the old and sick—were executed by the Utes and Apaches. Then the Ute and Apache women fell to the grisly task of mutilating the bodies.

    It appeared that Carson had scored a decisive victory, and he issued the command to burn the village.

    But there were several factors he had not counted on. The first was the huge Comanche camp downriver. The second involved a Kiowa chief named Dohasan. It was Dohasan’s village that the soldiers were intent on destroying.

    After covering the retreat of the women and children, Dohasan and his men whipped their horses down the wide Canadian valley toward the Comanche camp. He must have felt the sting of humiliation as he galloped away, for he had not established himself as head chief of the Kiowas on his ability to run away from a fight. Stealing quick glances at the faces of his men, his mind drifted back to the year 1833.

    He must have felt the sting of humiliation as he galloped away, for he had not established himself as head chief of the Kiowas on his ability to run away from a fight.

    The Kiowa calendar identified 1833 as “the Year They Cut Off Our Heads,” and if you were a Kiowa you couldn’t speak of that year without feeling sick at heart. It was in the summer. Adate, the head chief at the time, had taken all the warriors out on a hunting expedition, leaving the women, children, and old people unguarded in camp. While the men were away, a party of Osages, blood enemies of the Kiowa tribe, fell upon the camp and massacred all the women who weren’t able to escape. When the Kiowa warriors returned home, they found their camp in ruins and the heads of their wives stuffed into cooking pots. Adate was stripped of his rank on the spot, and Dohasan, a young and brave warrior, was elevated to head chief.

    Dohasan remembered the ceremony. He had been tall and erect then, his fine head framed by long braids ornamented with silver brooches that reached to his knees. He had come to the ceremony dressed in his finest: a boar’s tusk and an eagle bone whistle around his neck, a mantle of red Spanish cloth, fringed leggings, and wide copper bands on his arms.

    In the years since, he had tried to be a good chief. He had represented his people at the peace table with the white soldiers in 1837. Then in 1840, when war became inevitable, he had formed an alliance with the five major tribes of Indians on the plains, a peace that had not been broken in twenty-four years. On long winter evenings, he had often looked back on his accomplishments with pride, but now he felt only the crushing weight of responsibility that went with his position. In the distance he heard the crack of a rifle, and then another, as more of his people died in the village, and the memory of the Osage Massacre and the disgrace of Adate swept through his mind.

    Hood-le-ty!」 he cried to his men. “Hurry! Hurry!”

    At the Comanche camp they sounded the alarm. While Dohasan and Stumbling Bear rode down the line shouting encouragement to the Kiowas, One-Eyed Bear rallied his Comanche warriors. In less than an hour, Dohasan looked out on what seemed an ocean of warriors, estimated by historians to have been between a thousand and five thousand well-armed men. Their bows were strung, their rifles cocked, and their horses were snorting steam in the chilly air. It was the largest gathering of warriors he had ever seen.

    Dohasan gave the sign, and suddenly they were flying across the prairie. He felt the big gray stud beneath him getting low to the ground and reaching out with his powerful legs. The wind stung his cheeks and the sound of the warriors filled his ears. He felt good. The aches in his joints disappeared. The old wounds that plagued him every winter suddenly healed. It was for this lightning charge across the prairie that Dohasan had been born. That’s all a Kiowa could ask of life: a fleet horse, a good rifle, and an enemy to kill.

    It was for this lightning charge across the prairie that Dohasan had been born.

    Dohasan and his men fought bravely that day. The battle raged through the morning and into the afternoon. Though neither side suffered heavy casualties, by three in the afternoon Kit Carson realized that his position was deteriorating by the minute. Twelve years later, George Armstrong Custer faced similar odds at the Little Big Horn. He elected to stay and fight. Carson took one look at the superior force of Indians and gave the order to retreat. Later, Carson wrote that he had never seen a more impressive display of daring and bravery than that of Dohasan’s warriors. Historians have taken the compliment one step further by pointing out that had the retreat not been covered by cannon fire, Carson’s force would very likely have been cut to pieces.1

    IN OUR BEDROLLS ON CARSON CREEK one hundred and eight years later, Bill Ellzey and I faced an attack of another sort. At dusk, the still steamy bottom along the creek came alive with clouds of hungry mosquitoes. The insect dope we had applied to our arms, necks, and faces kept the tormentors from biting, but not from hovering and buzzing in our ears. Just as I dropped off to sleep, I awakened to the sound of a P-38 flying through my ear canal. Cursing, I sat up.

    “Bill,” I said, intending to ask where he had put the mosquito dope. But before I could utter another word, I sucked one of the buzzing devils down my windpipe.

    “Huh?” came my partner’s groggy reply.

    “Forget it,” I choked, and went back to sleep. By absorbing the mosquitoes into our dreams and converting them into airplanes and buzz saws, we managed to ignore them. We had been asleep for thirty minutes when the first raindrop exploded on the end of my nose. I sat straight up and heard the slap-slap of rain in the hackberry tree above us. By this time Bill had joined me. There wasn’t much we could say. We had dared predict the weather in the Panhandle, and as is usually the case, we had guessed wrong.

    We sprang into action—if that’s what you call running into each other, kicking at blankets that have suddenly become pythons around your legs, stumbling over tent ropes, and walking your face into tree limbs. By the light of two fireflies down by the creek, we prepared our camp for the storm. While Bill tarped the saddles and gear, I started trenching around the tent, which I was not able to see in the darkness.

    Finally, we dived into the tent and settled back into our beds, ready to be lulled to sleep by the patter of raindrops. We both agreed that, although a rain storm was something of an inconvenience, it would at least keep the mosquitoes at bay. The rain continued for a good five minutes. Then it stopped dead. In the silence, we heard squadrons of mosquitoes taking off from bases in the swamp grass along the creek, their radars blipping in our direction.

    Excerpted from John R. Erickson., Through Time and the Valley (Denton: University of North Texas Press, 1995). Copyright 1995 by John R. Erickson. Reprinted by permission.

    My account of Kit Carson’s battle on the Canadian follows Mildred Mayhall, Indian Wars of Texas also Mayhall’s キオワ and Stanley Vestal’s Kit Carson。 A good account of the battle appears in Robertson and Robertson’s Panhandle Pilgrimage, an excellent and well-documented survey of Panhandle history.


    The Sun Dance: Plains Indians

    entered the world and how they lived a hard life. In the late seventeenth century, they migrated southward. The Kiowas acquired horses and also Tai-me, which was their sacred sun dance doll. In the map 6.3 in the textbook, it shows us the Kiowa migration route from 1832-1869 and that they migrated south across the Great Plains. Although they were brought to new homes, they encountered with the Americans and this forever changed their way of life. After interpreting the Dohasan Calendar, it was begun&hellip


    Kiowa - Early Relations with the United States

    Colonel Henry Dodge returned to the Kiowa, a Kiowa girl, who had been taken by the Osage during the Cut-Throat Massacre in 1834. Dodge established the first official contact between the United States and the tribe. The tribe was invited to a peace council at Fort Gibson in present-day Oklahoma. The tribe agreed to the invitation and sent 15 of its chiefs. The council at Fort Gibson began on September 2, 1834, with representatives from the Kiowa, Comanche, Creek, Cherokee, Choctaw, Waco, Wichita, and Osage. The Kiowa were open to the idea of peace with all of the tribes except the Osage.

    The council at Fort Gibson set the framework for a formal treaty between the United States and most southern plains tribes in 1835. The treaty called for inter-tribal peace, shared hunting grounds, peace with United States citizens, safe passage for United States citizens through tribal territories, and the pursuit of peace with Mexico and all other nations. The Kiowa objected to the terms of the treaty and left the council early without signing any agreements. Later they made their own agreement with the Osage for the tai-me to be returned. In June 1836, the Kiowa held their first Sun Dance since the Cut Throat Massacre.

    The United States wanted the Kiowa to agree to a formal treaty and offered gifts and trade goods to persuade them to sign a new treaty. Ten chiefs, including Sensondacat (White Bird), Kehimi (Prairie Dog), and Takatacouche (Black Bird), met with men representing the United States government at Fort Gibson in the spring 1837. These leaders signed the first official treaty between the tribe and the United States. The treaty called for peace with the United States, the forgiveness of offences between nations, the recognition of Kiowa hunting rights on the southern plains, safe passage for settlers, and for the Kiowa to seek peace with Mexico and other nations. The United States hoped that the treaty would end hostilities between the Kiowa and the Dakota and Pawnee. Dohasan, the principle chief, never signed the treaty.

    Find more information about the Kiowa people:

    • キオワ
    • Kiowa - Nomadic Hunters and the Horse
    • Kiowa - And the Bison
    • Kiowa - Social and Political Structure
    • Kiowa - Dog Soldiers and Warrior Societies
    • Kiowa - Religious Societies
    • Kiowa - Medicine
    • Kiowa - Sun Dance
    • Kiowa - Painters of the Plains
    • Kiowa - Women's Work
    • Kiowa - Early History and the First Divide
    • Kiowa - Fight for the Black Hills and the Great Division
    • Kiowa - Northern Struggle for the Black Hills
    • Kiowa - Southern Alliance with the Comanche
    • Kiowa - Reunion
    • Kiowa - Massacre
    • Kiowa - Early Relations with the United States
    • Kiowa - Suffering of the 1840s
    • Kiowa - Diplomacy in the 1850s
    • Kiowa - Intrusions and Era of Extermination
    • Kiowa - Medicine Lodge Treaty
    • Kiowa - Resistance and Bloodshed
    • Kiowa - Reluctant Surrender
    • Kiowa - Forced Assimilation
    • Kiowa - Dancing Memory
    • Kiowa - Lone Wolf v. Hitchcock
    • Kiowa - Early 20th Century
    • Kiowa - Peyote and the Native American Church
    • Kiowa - The Six
    • Kiowa - Roosevelt Administration and Federal Policy Changes
    • Kiowa - Oklahoma Indian Welfare Act
    • Kiowa - Political Divide and Escaping a New Threat
    • Kiowa - Litigation and the Indian Claims Commission
    • Kiowa - Late 20th Century
    • Kiowa - Influence on the Future

    Entry: Kiowa - Early Relations with the United States

    著者: カンザス歴史会

    Author information: The Kansas Historical Society is a state agency charged with actively safeguarding and sharing the state's history.

    Date Created: September 2015

    Date Modified: December 2017

    The author of this article is solely responsible for its content.

    送信 Kansapedia コンテンツ

    We invite you to send further details about existing articles or submit articles on other topics in Kansas history.

    Kansas Memory

    Our online collections contain more than 500,000 images of photos, documents, and artifacts, which grows daily. Find your story in Kansas through this rich resource!


    Kiowa Language

    The Kiowa language has been spoken throughout the southern Plains of Oklahoma, Colorado, Kansas and North Texas since at least 1700. Kiowa is a member of the Kiowa-Tanoan language family. Related languages include the Southwest languages Tiwa, Tewa and Towa (Jemez). The relationship between Kiowa and the Tanoan languages was recognized in 1891 but was not definitively proven until Hale’s reconstruction in 1967. A deeper relationship has been hypothesized between the Tanoan languages and the Uto-Aztecan languages, but this theory is still under investigation.

    Selected Language Information

    Crowell, Edith. 1949. A Preliminary Report on Kiowa Structure. International Journal of American Linguistics 巻15:3. 163-167.

    Harbour, Daniel. 2003. The Kiowa Case for Feature Insertion. Natural Language and Linguistic Theory巻21. 543- 578.

    Harrington, John P. 1928. Vocabulary of the Kiowa Language. Bureau of American Ethnology BulletinNo. 84. Washington, D.C.: U.S. Government Print Office.

    McKenzie, Parker & Harrington, John P. 1948. Popular Account of the Kiowa Indian Language。 Santa Fe: University of New Mexico Press.

    Palmer, Jr., Gus (Pánthâidè). 2004年。 Telling Stories the Kiowa Way。 Tucson: University of Arizona.

    Trager, Edith C. 1960. The Kiowa Language: A Grammatical Study. Doctoral dissertation, University of Pennsylvania.

    Watkins, Laurel J. and Parker McKenzie. 1984年。 A Grammar of Kiowa。 Lincoln: University of Nebraska.

    Watkins, Laurel and Daniel Harbour. 2010. The Linguistic Genius of Parker McKenzie’s Kiowa Alphabet. International Journal of American Linguistics 巻76:3. 309-331.

    Sample Archival Materials in the Native American Languages Collection

    Horse, Billy Evans (speaker), Grace Lone Bear Tsonetokoy (speaker), Dewey Tsonetokoy Sr. (speaker), Patricia Bointy (speaker), Florene Whitehorse-Taylor (speaker), Anna Sue Whitehorse (speaker), Casandra Bointy Chasenah (speaker), Marlene Tanequoot (speaker), Mike McCarty (recorder). 2008. Dohasan’s legacy: a Kiowa family. Sam Noble Museum (Made In-House) Collection. Sam Noble Oklahoma Museum of Natural History Department of Native American Languages. Media: audio/video. Catalog Number: SNM-001.

    Lone Wolf, Bill (speaker, performer, recorder). 1982. Kiowa prayer song featuring Bill Lone Wolf, 1982. Davetta Geimausaddle Collection. Sam Noble Oklahoma Museum of Natural History Department of Native American Languages. Media: CD. Catalog Number: DGE-001.

    McLean, Katie (author), Gus Palmer, Jr. (author), Carol Willis (author). 2004. Vocabulary Exercises for Learners of Kiowa: A Coloring Book. General Field Collection. Sam Noble Oklahoma Museum of Natural History Department of Native American Languages. Media: ephemera. Catalog Number: GEN-268.

    Alvis, Adena (author). 2004. Fáihêjèà. General Field Collection. Sam Noble Oklahoma Museum of Natural History Department of Native American Languages. Media: book. Catalog Number: GEN-270.