ケースDD-285-歴史

ケースDD-285-歴史

場合

1812年2月3日、ニューヨーク州ニューバーグで生まれたオーガスタスラドローケースは、1828年に士官候補生に任命され、1872年5月24日に海軍少将に昇進しました。米墨戦争、1846-48年、26人の兵士と共に、サンタアナ将軍の脱出を阻止するために、パリセーズの町をメキシコの騎兵隊に対して2週間拘束した。南北戦争では、1861年8月にクラーク砦とハッテラス砦を占領した北大西洋封鎖戦隊の艦隊長であり、1869年から1873年までノースカロライナ州ニューインレットの封鎖でイロコイを指揮した。兵器局長は、1873年から1875年まで、ヨーロッパ戦隊を指揮し、1874年にキーウェストに集まったヨーロッパ、北、南大西洋の艦隊を統合しました。1876年に引退し、ケース提督は1893年2月16日にワシントンで亡くなりました。

(DD-285。dp。1,215,1。314'4 "、o。30'8";dr。9'4 ";s。35k。;
cpl。 122、a。 4 4 "、12 21" tt。; NS。クレムソン)

ケース(DD-285)は、1919年9月21日にマサチューセッツ州スクアンタムのベスレヘム造船会社によって発売されました。ミスA.R.ケースが後援。 1919年12月8日に就役し、C。S。ジョイス司令官が指揮を執った。大西洋艦隊の駆逐艦第43師団に報告されました。

1920年1月から7月の間に、ケースは東海岸に沿って、そしてカリブ海での冬の作戦で活動し、その間に彼女は海軍戦争大学の研究のための戦術データを入手しました。 1920年7月から1921年12月まで、彼女は50%の補数で手数料を削減して活動しました。 1921年12月以降、ケースは駆逐艦ディビジョン25に恒久的に割り当てられ、運用準備を最大限に保つように設計された定期的な運用スケジュールが設定されました。砲術と工学の演習と競技会に加えて、彼女は毎年、機動と戦争の問題で艦隊に加わりました。

1924年から1925年まで、ケースは彼女の師団の旗艦であり、1926年4月にヨーロッパの駅に出航し、そこで旗が示され、イギリスと地中海のさまざまな港を訪れて善意が生まれました。 1年後に米国に戻った駆逐艦は、東海岸沿いとカリブ海で作戦を再開しました。 1929年のロンドン条約に従って廃棄するように指定されたケースは、1930年10月22日にフィラデルフィアで廃止され、1931年1月17日に剥ぎ取られた船体として販売されました。


WRIGHT STATEALERTデイトンキャンパス-デイトンキャンパスの102竜巻警報

ライトステートアラート-デイトンキャンパスに竜巻警報があります。今すぐ安全な避難所を探してください!ガラスや窓から離れた、より低い内部空間に移動します。キャンパスの学術部門にいる場合は、トンネルに行き、建物の警報システムですべてが明確なメッセージが再生されるのを待ちます。

オリエンテーションのための登録

どのクラスを受講する必要がありますか?どのようにクラブに参加しますか?どうやって家庭教師を見つけますか?ぜひご参加ください 3段階のオリエンテーション体験。 クラスの初日以降の準備に役立つように設計された、オンラインとキャンパス内のさまざまなアクティビティに参加する機会があります。

奨学金はまだ秋に利用可能です

初年度の学業成績とニーズに基づいた奨学金への配慮を拡大しています。 2021年秋学期にライトステートを開始する高校生からの新しい直接奨学金は、少なくとも3.2 GPAを持っているか、FAFSAの資格要件を満たしている場合に自動的に授与されます。

レイダーオープンハウス

金曜日のレイダーオープンハウスにご参加ください。 7月23日、午前9時から午後1時まで、そして今がレイダーになるのに最適な時期である理由をご覧ください。

  • 教職員、スタッフ、学生と交流します。
  • 140の学位プログラム、および利用可能な学生サービスとサポートをご覧ください。
  • キャンパスのガイド付きツアーに参加し、キャンパスの住居をチェックしてください。

あなたの健康と安全は私たちにとって重要です。安全な物理的距離を確保するために、すべてのゲストは指定された訪問時間に登録する必要があります。


死刑の歴史

中国の古代法にまでさかのぼると、死刑は犯罪に対する罰として確立されてきました。紀元前18世紀、バビロンのハンムラビ王の法典は、殺人はその1つではありませんでしたが、25の異なる犯罪に対する死刑を成文化しました。歴史的に記録された最初の死刑判決は、紀元前16世紀のエジプトで発生しました。そこでは、貴族の一員である不正行為者が魔法で告発され、自分の命を奪うように命じられました。この期間中、非貴族は通常斧で殺されました。

紀元前14世紀には、ヒッタイト法も死刑を規定しました。紀元前7世紀のアテネのドラコニア法典は、犯されたすべての犯罪に対して死刑を科しました。紀元前5世紀、十二表法のローマ法は死刑を成文化しました。繰り返しになりますが、死刑は貴族、自由人、奴隷で異なり、リベルや侮辱的な歌の出版、農民が植えた作物の刈り取りや放牧、家や山積みの焼却などの犯罪に対する罰でした。家の近くのとうもろこし、依頼人の常連客による不正行為、偽証罪、夜の街​​での騒動、自由人または親の故意の殺人、または奴隷による盗難。死はしばしば残酷であり、はりつけ、海での溺死、生き埋め、殴打、そして串刺し(しばしばネロによって使用された)が含まれていました。ローマ人は、尊殺(親の殺害)に対して好奇心をそそる罰を受けました。非難された人々は、犬、雄鶏、毒蛇、類人猿も入った袋の中に水に沈められました。 [1]紀元前で最も悪名高い死刑執行は、ギリシャの哲学者ソクラテスが異端と若者の腐敗のために毒を飲むことを要求された紀元前399年頃でした。 [2]

モーセの律法は多くの資本犯罪を成文化しました。実際、ユダヤ人が石打ち、絞首刑、斬首、はりつけ(ローマ人からコピー)、岩から犯罪者を投げる、そして打ち砕くなど、さまざまな技術を使用したという証拠があります。歴史の最も悪名高い処刑は、エルサレムの外でのイエス・キリストのはりつけで西暦29年頃に起こりました。約300年後、コンスタンティヌス1世はキリスト教に改宗した後、ローマ帝国でのはりつけやその他の残酷な死刑を廃止しました。 438年、テオドシウス法典は80件以上の犯罪を死刑に処しました。 [3]

イギリスは他のどの国よりも植民地に影響を与え、死刑の長い歴史があります。紀元前450年頃、死刑はしばしば非難された者を泥沼に投げ込むことによって執行されました。 10世紀までに、絞首台からぶら下がるのが最も頻繁な処刑方法でした。ウィリアム征服王は、戦争以外で命を奪うことに反対し、いかなる犯罪でも絞首刑にされたり処刑されたりすることを命じませんでした。しかし、彼は犯罪者が彼らの犯罪のために切断されることを許可しました。中世の間、死刑は拷問を伴っていました。ほとんどの男爵は絞首台と同様に溺死の穴を持っていて、それらは重大な犯罪と軽微な犯罪に使用されました。たとえば、1279年には、289人のユダヤ人が硬貨を切り取るために絞首刑にされました。エドワード1世の下では、告発された殺人者の逃亡を防ぐために城門が間に合わなかったため、2人の門番が殺されました。燃えることは女性の大逆罪に対する罰であり、男性は絞首刑にされ、引き抜かれ、四分の一にされました。斬首は一般的に上流階級に受け入れられました。ユダヤ人と結婚したことで火傷を負う可能性があります。自分の犯罪を自白しない人にとっては、押すことは罰となりました。死刑執行人は犠牲者の胸に重い重りを置いた。初日、彼は犠牲者に少量のパンを与え、2日目には悪い水を少し飲み、そして彼が自白するか死ぬまで続けました。ヘンリー8世の治世下では、死刑にされた人の数は72,000人にも上ると推定されています。釜茹で死ぬことは1531年に承認された別の罰則であり、死が彼らを奪う前に最大2時間沸騰したことを示す記録があります。女性が火傷を負ったとき、死刑執行人は彼女が杭に縛られたときに首にロープを結びました。炎が彼女に届いたとき、彼女は火の輪の外から首を絞められる可能性がありました。しかし、これはしばしば失敗し、多くは文字通り生きたまま焼かれました。 [4]

英国では、死刑が執行される1700&#8217年代まで、死刑の数は増え続けていました。これらには、40シリングの家からの盗み、5シリングの価値のある店からの盗み、ウサギのウォーレンの強盗、木を切り倒す、税印紙の偽造が含まれていました。しかし、陪審員は、罰金が大きく、犯罪がなかった場合、有罪判決を下さない傾向がありました。改革が始まりました。 1823年、5つの法律が可決され、約100の犯罪が死刑から免除されました[罰則]。 1832年から1837年の間に、多くの死刑が一掃されました。 1840年に、すべての死刑を廃止する試みは失敗しました。 19世紀から20世紀にかけて、英国だけでなくヨーロッパ全土で、ますます多くの死刑が廃止されました。今日まで、死刑を保持しているヨーロッパの国はごくわずかです。 [5]

イギリス系アメリカ人の植民地で最初に記録された死刑執行は、1608年に当局がイギリス人をスペイン人に裏切ることを企てたとしてバージニア州のジョージケンダルを処刑したときでした。 1612年、バージニア州知事のトーマスデール卿は、ブドウの盗難、鶏の殺害、犬や馬の許可なしの殺害、インディアンとの取引などの軽微な犯罪でさえ死刑を科す神、道徳、戒厳令を施行しました。 7年後、バージニア州は誰もそこに定住しないことを恐れたため、これらの法律は緩和されました。 [6]

1622年、バージニア州で窃盗罪で犯罪者のダニエル・フランクが最初に法的に処刑されました。 [7]いくつかの植民地は死刑の使用に非常に厳格でしたが、他の植民地はそれほど厳しくありませんでした。マサチューセッツ湾植民地では、最初の死刑執行は1630年でしたが、最も初期の死刑法は後になるまで発生しません。 1636年から1647年の間に施行されたニューイングランドの死刑法の下で、死刑は、事前に計画された殺人、ソドミー、魔術、姦淫、偶像主義、冒涜、怒りの暴行、レイプ、法定強姦、過失致死罪、偽証罪で満たされました。死刑判決、反逆、過失致死、中毒、姦淫。初期の法律には旧約聖書の経典が添えられていました。 1780年までに、マサチューセッツ州は、殺人、ソドミー、強盗、盗難、放火、強姦、反逆の7つの資本犯罪しか認識していませんでした。 [8]

ニューヨーク植民地は、1665年のいわゆるデューク法を制定しました。これは、真の神の否定、事前に計画された殺人、防御の武器を持たない人の殺害、待機中または中毒による殺害に対する死刑を指示しました。 、ソドミー、バガリー、誘拐、死刑判決での偽証、王の権利の裏切りの否定または彼の権威に抵抗するための武器の調達、植民地の町や砦に侵入する陰謀、そして1人の母親または父親を攻撃する(どちらも)。死刑に関してより寛大だった2つの植民地はサウスジャージーとペンシルベニアでした。サウスジャージーでは、いかなる犯罪に対しても死刑はなく、殺人と反逆の2つの犯罪のみがあり、死刑に処せられました。 [9]

しかし、王冠の指示の下で、1691年までより厳しい刑法がそこで執行されました[原文のまま]。ペンシルベニア州では、ウィリアム・ペンの大法(1682)が植民地で可決されました[原文のまま]。 1776年までに、ほとんどの植民地は、放火、海賊行為、反逆罪、殺人、ソドミー、強盗、強盗、強姦、馬の盗難、奴隷反乱、そしてしばしば偽造を対象としたほぼ同等の死法を制定しました。ぶら下がっているのが普通の文でした。ロードアイランドは、おそらく1700年代後半に資本犯罪の数を減らした唯一の植民地でした。

いくつかの州はより厳しいものでした。たとえば、1837年までに、ノースカロライナ州は殺人、レイプ、法定レイプ、奴隷盗難、紙幣盗難、高速道路強盗、強盗、放火、キャストレーション、バガリー、ソドミー、獣姦、死が発生した場所での決闘、隠れの犯罪のために死を要求しました彼を解放する意図を持った奴隷、彼を売るために自由なネグロを州外に連れ出す、ビガミー、奴隷を反逆するように扇動する、奴隷の間で陰謀的な文献を回覧する、殺人、強盗、強盗、放火、または騒乱などの付属品。しかし、ノースカロライナ州には州の刑務所がなく、死刑に代わる適切な選択肢はないと多くの人が言った。 [10]

死刑の最初の改革は1776-1800年の間に起こりました。バージニア州法の完全な改正に着手する権限を与えられたトーマス・ジェファーソンと他の4人は、反逆罪と殺人のみに対する死刑を推奨する法律を提案しました。激しい議論の後、議会は1票で法案を破った。モンテスキュー、ヴォルテール、ベンサムなどのヨーロッパの理論家の執筆は、イギリスのクエーカー刑務所改革者のジョン・ベラーズやジョン・ハワードと同様に、アメリカの知識人に大きな影響を与えました。 [11]

犯罪と罰について、 1767年にイタリアの法学者チェーザレベッカリアによって英語で出版され、死刑廃止に関する説明が当時最も影響力を持っていたが、特に強い影響を与えた。彼は、国家が命を奪うことには正当化がないと理論づけた。彼は、死刑は「市民に対する全国的な戦争であり、市民の破壊は必要である、または一般の利益に役立つと考えている」と述べた。彼は、それが必要でないことを示すことができるかどうかを質問した。または便利ですか?彼のエッセイは、死が必要なのは、1人の死だけが国の安全を保証できるときだけであり、それはまれであり、絶対的な無政府状態の場合、または国がその国を失う寸前であった場合にのみであると認めました。自由。彼は、死刑の使用の歴史(例えば、ローマ人、Czaress Elizabethの20年)は、決心した男性が社会を傷つけることを妨げなかった、そして死は&#8220瞬間的な光景に過ぎず、したがって他人を抑止する効果の低い方法であると述べた、彼の自由を奪われた男の継続的な例よりも&#8230。&#8221 [12]

死刑を廃止し、刑務所の状態を悪化させるために、さまざまな植民地に組織が形成されました。フィラデルフィアの有名な市民であるベンジャミン・ラッシュ博士は、死刑の完全廃止を提案しました。ペンシルベニア州の検事総長であるウィリアム・ブラッドフォードは、死刑の調査を命じられました。 1793年に彼は出版した ペンシルベニア州で死刑がどこまで必要かについての問い合わせ。彼は死刑を維持することを強く主張したが、それが特定の犯罪を防ぐのに役に立たなかったことを認めた。実際、ペンシルベニア州、そして実際すべての州で死刑が義務付けられており、陪審員がこの事実のために有罪判決を返さないことが多いため、死刑は有罪判決を得るのを難しくしたと彼は述べた。これに応えて、1794年、ペンシルベニア州議会は、殺人を除くすべての犯罪に対する死刑を廃止しました。州議会は州の最初の刑務所の建設を承認し、鞭打ちを廃止し、死刑の数を13人から2人に減らしました。バージニア州とケンタッキー州は同様の改革法案を可決しました。さらに4つの州が資本犯罪を減らしました。1797年のバーモント州、1810年のメリーランド州3州、1812年のニューハンプシャー州4州、1815年のオハイオ州2州です。これらの各州は州の刑務所を建設しました。いくつかの州は反対の方向に進んだ。ロードアイランド州はレイプと放火の死刑を復活させ、マサチューセッツ州、ニュージャージー州、コネチカット州はソドミー、不具、強盗、偽造などの死刑を6人から10人に引き上げた。多くの南部の州は、特に奴隷のために、より多くの犯罪資本を作りました。 [13]

最初の大改革の時代は1833年から1853年の間に起こりました。公開処刑は残酷なものとして攻撃されました。時には何万人もの熱心な視聴者が、地元の商人がお土産やアルコールを売る吊り下げを見るために現れました。人々がぶら下がっている死体の最高の眺めのために冗談を言ったとき、戦いと押すことはしばしば起こりました!見物人はしばしば未亡人や犠牲者を呪い、足場や記念品のロープを壊そうとしました。暴力と酩酊は、&#8220正義が提供された後、夜遅くまで町を支配することがよくありました。&#8221多くの州は、私的な吊り下げを提供する法律を制定しました。ロードアイランド(1833)、ペンシルベニア(1834)、ニューヨーク(1835)、マサチューセッツ(1835)、ニュージャージー(1835)はすべて公開処刑を廃止しました。 1849年までに、15の州が私的な吊り下げを行っていました。この動きは、公開処刑が最終的には死刑自体に対して人々を叫ばせるだろうと考えた多くの死刑廃止論者によって反対されました。たとえば、1835年、メイン州は、絞首刑を見た1万人以上が手に負えなくなって戦い始めた後、警察に拘束されなければならなかったため、死刑のモラトリアムを制定しました。死刑を宣告されたすべての重罪犯は、重労働で刑務所に留まらなければならず、1年が経過するまで、そしてその後は知事の命令によってのみ処刑されることができませんでした。 27年間、「メイン法」に基づく死刑執行を命じた知事はいなかった。多くの州が死刑のメリットを主張しましたが、メイン州まで行った州はありませんでした。最も影響力のある改革者は聖職者でした。皮肉なことに、奴隷制度廃止論者に反対した小さいながらも強力なグループも聖職者でした。彼らは、ほとんどの人にとって、カルヴァン主義の聖職者、特に当時の宗教的確立と呼ぶことができる会衆派教会と長老派教会のメンバーでした。彼らはジョージ・チーバーによって率いられました。 [14]

最後に、1846年に、ミシガン州は死刑を廃止した最初の州になりました(州に対する反逆罪を除く)。これは主に、死刑の長い伝統がなかったため(1830年以来、州になる前に絞首刑がなかったため)、ミシガン州のフロンティアでした。東部の場合のように、それに反対する確立された宗教団体はほとんどありませんでした。 1852年、ロードアイランドはユニテリアン、普遍主義者、特にクエーカー教徒が主導した死刑を廃止しました。同じ年、マサチューセッツ州は死刑を一級殺人に限定した。 1853年、ウィスコンシン州は、犠牲者がロープの端で5分間苦労し、18分が経過した後、死刑を廃止しました。 [15]

世紀の後半には、死刑廃止運動が半分になり、多くのメンバーが奴隷制度廃止運動に参加しました。同時に、州は死刑判決を禁止する法律を可決し始めました。 18州の立法府は、命を救うためではなく、殺人者の有罪判決と処刑を増やすために、1895年までに強制死刑から裁量死刑に移行しました。それでも、奴隷制度廃止論者はいくつかの勝利を収めました。メイン州は死刑を廃止し、それを復活させ、そして1876年から1887年の間に再びそれを廃止した。アイオワ州は6年間死刑を廃止しました。カンザス州は1872年に「メイン法」を可決し、事実上の廃止として機能しました。 [16]

実行方法としての感電死は、ありそうもない方法で現場に登場しました。 DC(直流)電気システムを備えたエジソン社は、ウェスティングハウス社とそのAC(交流)電気システムが交流による全国的な電化を迫っていたため、攻撃を開始しました。 ACがいかに危険であるかを示すために、EdisonCompanyは動物を感電死させることによって公開デモを開始しました。人々は、電気が動物を殺すことができれば、それは人々を殺すことができると推論しました。 1888年、ニューヨークは絞首台の解体と国内初の電気椅子の建設を承認しました。 1890年に最初の犠牲者であるウィリアム・ケムラーを拘束し、最初の感電死はせいぜい不器用でしたが、すぐに他の州が主導権を握りました。 [17]

第二次大改革時代は1895年から1917年でした。 1897年、米国議会は連邦死亡犯罪の数を減らす法案を可決しました。 1907年、カンザス州は「メイン法」をさらに一歩進め、すべての死刑を廃止しました。 1911年から1917年の間に、さらに8つの州が死刑を廃止しました(ミネソタ、ノースダコタ、サウスダコタ、オレゴン、アリゾナ、ミズーリ、テネシー&#8212レイプを除くすべての場合)。他の州での投票は死刑の終結に近づきました。

しかし、1917年から1955年の間に、死刑廃止運動は再び鈍化しました。 1919-20年にワシントン、アリゾナ、オレゴンは死刑を復活させた。 1924年、シアン化物ガスによる最初の死刑執行がネバダ州で行われ、トン戦争ギャング殺人犯のジージョンが最初の犠牲者になりました。州は、ペナルティを実行するためのより人道的な方法として、彼が眠っている夜にシアン化物ガスを密かにジョンのセルに送り込みたいと考えていましたが、技術的な問題によりこれが禁止され、特別な「ガス室」が急いで建設されました。その他の懸念は、「文明化されていない」実行方法が失敗したときに発生しました。 1930年、エヴァデューガン夫人は、アリゾナ州で処刑された最初の女性になりました。絞首刑執行人がドロップを誤って判断し、デュガン夫人の頭が彼女の体から引き裂かれたとき、処刑は失敗しました。より多くの州が電気椅子とガス室に変わりました。この間、奴隷制度廃止運動団体が全国に出現したが、効果はほとんどなかった。特定の有罪判決を受けた重罪犯(例えば、ジュリアスとエセル・ローゼンバーグ)の処刑に対して多くの嵐の抗議がありましたが、死刑自体に対する反対はほとんどありませんでした。実際、すべての恐れとヒステリーを伴う反共産主義時代に、テキサス州知事のアラン・シヴァースは、死刑が共産党のメンバーシップに対する罰であると真剣に提案しました。 [18]

死刑反対運動は1955年から1972年の間に再び復活した。

イングランドとカナダは徹底的な研究を完了しましたが、これは主に死刑に批判的であり、これらは米国で広く流通していました。死刑囚は本や映画で死刑について独自の感動的な説明をしました。有罪判決を受けた誘拐犯のキャリル・チェスマンが公開 セル2455死の列神明裁判。バーバラ・グレアムの物語は、本や映画で活用されました 生きたい! 彼女の処刑後。死刑についてテレビ番組が放送された。ハワイとアラスカは1957年に死刑を廃止し、デラウェアは翌年に死刑を廃止しました。死刑をめぐる論争は国を掌握し、政治家に側に立つことを余儀なくさせた。デラウェアは1961年に死刑を復活させました。ミシガンは1963年に反逆罪による死刑を廃止しました。1964年の有権者はオレゴンでの死刑を廃止しました。 1965年、アイオワ、ニューヨーク、ウェストバージニア、バーモントは死刑を廃止しました。ニューメキシコは1969年に死刑を廃止した。[19]

州ごとに死刑を終わらせることはせいぜい困難だったので、死刑廃止論者は彼らの努力の多くを法廷に向けた。彼らはついに1972年6月29日に事件で成功した ファーマン対ジョージア。 9つの別々の意見で、しかし5-4の過半数で、米国最高裁判所は、差別的判決ガイドラインを含む死刑法の書き方は残酷で異常であり、第8および第14改正に違反していると裁定しました。これにより、米国での死刑は事実上終了しました。死刑の擁護者たちは、死刑判決における差別を終わらせると彼らが信じていた新しい死刑法を提案し始めたので、裁判所の過半数を満足させた。 1975年初頭までに、30の州が再び死刑法を可決し、200人近くの囚人が死刑囚監房に収容された。の グレッグ対ジョージア (1976)、最高裁判所はジョージア州の新たに可決された死刑を支持し、死刑は必ずしも残酷で異常な刑罰ではないと述べた。死刑囚の処刑が再び始まる可能性があります。別の死刑執行形態がすぐに見つかりました。オクラホマ州は、人道的理由と同様に経済学に基づいて、薬殺刑法によって最初の死を通過しました。 11年間使用されていなかった古い電気椅子は、高価な修理が必要になります。ガス室を建設するために20万ドル以上の見積もりが出されましたが、致命的な注射は1イベントあたり10ドルから15ドルしかかかりませんでした。[20]

死刑をめぐる論争は今日も続いている。市民の安全に対する恐れによって推進される無法に対する強い動きがあります。国および州レベルの政治家は立法府の立場を取り、より頻繁な死刑、より多くの犯罪に対する死刑[原文のまま]、およびより長い懲役刑を求めています。これらの動きに反対する人々は、より厳しい判決は犯罪を遅らせることはなく、犯罪は過去よりもほとんどまたはまったく悪化していないと主張することによって反対します。実際、FBIの統計によると、殺人事件が起きています。 (例えば、人口10万人あたり9.3人が1973年に殺害され、10万人あたり9.4人が1992年に殺害された)。戦闘線はまだ描かれており、戦闘はおそらく常に戦われるでしょう。 [21]

多くの重要な死刑判決が最高裁判所によって下されました。以下は、より重要なものとその法的引用のリストです。

ウィルカーソン対ユタ 99 US 130(1878)&#8212裁判所は銃殺隊による死刑執行を支持したが、&#8220引き分けと四分の一、生きたままの拷問、斬首、斬首、生きたままのバーリングなどの他の種類の拷問と他のすべての種類の拷問は& #8230残酷、禁じられています。&#8221

ウィームズ対アメリカ 217 U.S. 349(1910)&#8212裁判所は、残酷で異常な刑罰を構成するものは決定されていませんが、権利章典のフレーマーが経験した「悪の形態」に限定されるべきではないと判示しました。したがって、&#8220cruelおよびunusual&#8221の定義は、解釈が変更される可能性があります。

ルイジアナexrel。フランシス対レスウェーバー 329 U.S. 459(1947)&#8212 1946年5月3日、有罪判決を受けた17歳のフェロン、ウィリーフランシスが電気椅子に置かれ、スイッチが投げられました。機器の故障により、彼は生き残り(ひどくショックを受けたにもかかわらず)、椅子から外されて独房に戻った。 6日後に新しい死刑執行令状が発行されました。裁判所は、州が最初の試みで誠実に行動したため、判決の実行を終了することは「残酷で異常な」ものではないと5-4の判決を下しました。 &#8220憲法が有罪判決を受けた男性を保護する残虐行為は、処罰の方法に内在する残虐行為である&#8221裁判所は、「人道的に生命を消滅させるために採用された方法に伴う必要な苦痛ではない」と述べた。実行されました。

トロップ対ダレス 356 US 86(1958)&#8212裁判所は、罰が&#8220苦痛の厳しさの1つである場合、&#8220残酷で異常な&#8221と見なされると裁定しました。成熟する社会の進歩を示す、進化する品位の基準からの意味。&#8221

ファーマン対ジョージア 408 US 238(1972)&#8212 3つの事件を検討している裁判所は、多くの州で死刑を取り下げ、次のいずれかが存在する場合、刑罰は「残酷で異常」と見なされるという基準を設定しました。1)犯罪には厳しすぎた2)恣意的だった(罰を受ける人もいれば、そうでない人もいる)3)社会の正義感を傷つける4)それほど厳しくない罰よりも効果的ではなかった。

グレッグ対ジョージア 428 U.S. 153(1976)&#8212 [The]裁判所は、ジョージア州で新たに可決された死刑を支持し、死刑は必ずしも残酷で異常な刑罰ではないと述べた。

主たる加担者 481 U.S. 137(1987)&#8212 [The]裁判所は、「人間の生活に無謀な無関心」を伴う重罪への大規模な参加に対するアリゾナ州の死刑を支持しました。

トンプソン対オクラホマ 108S.Ct。 2687(1987)&#8212裁判所は、殺人の時点で16歳未満の未成年者の死刑執行の問題を検討しました。犠牲者は義理の兄弟であり、彼は彼の妹を殴打したと非難した。彼と他の3人は犠牲者を殴り、2回撃ち、喉、胸、腹部を切り、コンクリートブロックに鎖でつなぎ、体を川に投げ込み、4週間そのままにしました。 4人の参加者はそれぞれ別々に裁判にかけられ、全員が死刑を宣告されました。 5対3の判決で、4人の裁判官は、トンプソンの死刑判決は残酷で異常であると裁定しました。 5番目のO&#8217Connorは同意したが、州は最低年齢を設定しなければならず、州が法律により最低死刑年齢を16歳未満に引き下げた場合、彼女はそれを支持する可能性があると述べた。彼女は次のように述べています。「16歳より前に犯された犯罪で人を処刑することを禁じる国民的コンセンサスは存在する可能性が非常に高いと思いますが、憲法の問題としてこの結論を採用することには消極的です。 [原文のまま]私たちは現在所有しています。&#8221最低年齢のない州は、法定年齢を指定するために急いでいます。

ペンリー対リノー 492 U.S. [sic](1989)&#8212 [The]裁判所は、遅滞したが法的に正気であると見なされた人は死刑を科せられる可能性があると判示した。陪審員が状況を緩和することを検討する機会を与えられた場合、それは修正第8条に基づく残酷で異常な罰ではありませんでした。この場合、被告の精神年齢は約6歳でした。

[1]ジョン・ローレンス、 死刑の歴史 (ニューヨーク:シタデル
プレス、1960)、1-3。

[2]マイケル・クローネンヴェッター、 死刑:参考ハンドブック (サンタ
カリフォルニア州バーバラ:ABC-CLIO、Inc.、1993)、71。

[4]同上、p.72ローレンス、前掲書、4-9。

[7]ヒューゴ・アダム・ベドー、 アメリカの死刑 (ニューヨーク:オックスフォード
大学出版局、1982)。

[9]フィリップ・イングリッシュ・マッキー、 死に対する声:アメリカの反対
死刑、1787-1975
(ニューヨーク:Burt Franklin&amp Co.、Inc.、1976)、
xi-xii。

[12]チェーザレ・ベッカリア、 犯罪と罰について、 トランス。ヘンリー・パオルッチ
(インディアナポリス:Bobbs-Merrill、1963年)。


発達障害サービス:歴史

オクラホマは、1909年の第2議会で、イーニッド市にオクラホマ弱者精神研究所を設立し、知的障害者向けのサービスを最初に設立しました。いくつかの名前の変更の後、その機関はEnid StateSchoolとして知られるようになりました。ポールズバレー州立学校は、1907年に少年のための州立訓練学校として設立され、1945年にてんかん患者のための州立病院に、1953年に知的障害者のための州立施設に転換されるまでそのように運営されていました。

1959年、第52議会は、急速に増加する知的障害のある市民にサービスを提供するために追加のベッドの必要性を認識し、サンドスプリングス近くのワイリーヒッソム夫妻から寄贈された土地に第3の施設を建設するために100万ドルを割り当てました。 。その後、1961年に、建設を完了し、ヒッソム記念センターと名付けられる施設を完全に装備するために、さらに500万ドルが割り当てられました。

1963年まで、ポールズバレー州立学校、エニド州立学校、ヒッソムメモリアルセンター、およびタフト州立病院は、精神保健および遅滞局によって運営されていました。 On July 1, 1963, these facilities were transferred to the Department of Public Welfare. At the time of the transfer, there were 2,300 residents in the Enid and Pauls Valley facilities, with a total of 709 employees. The Enid State School was extremely crowded with 1,444 children and adults in residence. The Hissom Memorial Center would be licensed for 500 additional beds.

To meet the needs of this growing population and to relieve overcrowding at the public facilities, the Medical Services Division of the Department of Human Services began contracting with private nursing homes to provide residential services for people with intellectual disabilities.

In 1971, institutional services for children and adults with intellectual disabilities were greatly influenced by the establishment of Medicaid reimbursement to facilities meeting the standard for care as Intermediate Care Facilities for the Mentally Retarded (ICF/MR) (Now called Intermediate Care Facilities for Individuals with Intellectual Disability (ICF/IID)). Regulations required compliance with standards of staffing levels, development of treatment plans, provision of active treatment, use of medications and appropriate physical environment. The state operated facilities as well as many private nursing homes became licensed as ICF/IIDs to qualify for the Medicaid reimbursement.

The Robert M. Greer Center became operational April 3, 1989 as a 48-bed unit of the Enid State School. This facility serves a maximum of 52 people with a dual diagnosis of intellectual disability and mental illness. On January 1, 1992 the Greer Center began operation as a separate entity although remaining on the campus of Enid State School.

In 1992 Enid State School and Pauls Valley State School underwent another name change, and the two were renamed the Northern and Southern Oklahoma Resource Centers (NORCE and SORC respectively)

In 2012, the 243 individuals residing at NORCE and SORC began successfully transitioning into the community. NORC closed its doors on November 11th, 2014 and SORC closed on July 10th, 2015.

Group Home Program
The Group Home program, established in 1981 by former first lady Donna Nigh, was the first community residential option for adults with intellectual disabilities. These group homes gave people an opportunity to live in a home setting in the community with a small number of their peers, while receiving training for independent living skills. There are currently more than one hundred group homes around the state.

The Strategy
From 1909 until the 1980's, Oklahoma's strategy for serving people with developmental disabilities relied almost exclusively on institutional placement. In 1985, two developments occurred which continued to exert great pressure on the state to de-institutionalize its service program.

The first was the creation by the Health Care Financing Administration, now known as the Centers for Medicare and Medicaid Services (CMS), of a home and community-based waiver to the ICF/IID program. This waiver permitted ICF/IID level services to be provided outside an institutional setting. The second was the filing of the Homeward Bound class action lawsuit to compel the state to create community-based alternatives to institutional placements. The resulting court order also required the closure of The Hissom Memorial Center.

To comply with the federal court's 1987 order in the Homeward Bound case, funding was appropriated to create a system of community-based services to serve the 950 members of the Homeward Bound class in community settings. Although there has been no similar mandate to serve people in the community who were not members of that class action lawsuit, the Department has offered these services to residents of the remaining two facilities and the general public as funding allows. Residents of the resource centers have been transitioned from the facilities into community homes.

Alternative Care
People in Oklahoma, seeking an alternative to institutional care for family members, began applying for Home and Community-Based Waiver services. These services include residential service options such as: Specialized Foster Care, Agency Companion, Daily Living Supports and Group Homes. Employment programs include: Sheltered Workshops, Community Integrated Employment and Supported Employment.

In 1992, the Oklahoma Legislature passed the Oklahoma Family Support Act. This bill authorized the Department of Human Services to set up a program which would provide assistance payments to families who wanted to keep their children with developmental disabilities at home. By 1993, the Developmental Disabilities Services Division had in place the Family Support Assistance Payment Program. This program provides a cash payment to families who are raising children with developmental disabilities under the age of 18.

Making a Difference

In August 1999, the Department submitted applications for two new waivers to CMS and these were approved effective July 1, 1999. The In-Home Support Waivers for children and adults were developed in response to the 1997 study of Oklahoma's waiting list conducted by Oklahoma State University. This study surveyed the entire waiting list to identify what services people most needed. The findings, based on a better than 50% response rate, showed that 82% of the waiting list lived in their own homes and that the most needed services were for help with daily living activities, respite care, and vocational services. The capitated In-Home Support Waivers allow individuals and families to select services necessary for each individual to remain in his or her own home or family home. Individuals on the IHSW are assigned to Developmental Disabilities Services (DDS) case managers to assist them in locating, securing, and coordinating needed services


Enron

The collapse of energy company in December 2001 precipitated what would become the most complex white-collar crime investigation in the FBI’s history.

Top officials at the Houston-based company cheated investors and enriched themselves through complex accounting gimmicks like overvaluing assets to boost cash flow and earnings statements, which made the company even more appealing to investors. When the company declared bankruptcy in December 2001, investors lost millions, prompting the FBI and other federal agencies to investigate.

The sheer magnitude of the case prompted creation of the multi-agency Enron Task Force, a unique blend of investigators and analysts from the FBI, the Internal Revenue Service-Criminal Investigation Division, the Securities and Exchange Commission, and prosecutors from the Department of Justice.

Agents conducted more than 1,800 interviews and collected more than 3,000 boxes of evidence and more than four terabytes of digitized data. More than $164 million was seized to date about $90 million has been forfeited to help compensate victims. Twenty-two people have been convicted for their actions related to the fraud, including Enron’s chief executive officer, the president/chief operating officer, the chief financial officer, the chief accounting officer, and others.


Marbury v. Madison establishes judicial review

On February 24, 1803, the Supreme Court, led by Chief Justice John Marshall, decides the landmark case of William Marbury versus James Madison, Secretary of State of the United States and confirms the legal principle of judicial review—the ability of the Supreme Court to limit Congressional power by declaring legislation unconstitutional—in the new nation.

The court ruled that the new president, Thomas Jefferson, via his secretary of state, James Madison, was wrong to prevent William Marbury from taking office as justice of the peace for Washington County in the District of Columbia. However, it also ruled that the court had no jurisdiction in the case and could not force Jefferson and Madison to seat Marbury. The Judiciary Act of 1789 gave the Supreme Court jurisdiction, but the Marshall court ruled the Act of 1789 to be an unconstitutional extension of judiciary power into the realm of the executive.

In writing the decision, John Marshall argued that acts of Congress in conflict with the Constitution are not law and therefore are non-binding to the courts, and that the judiciary’s first responsibility is always to uphold the Constitution. If two laws conflict, Marshall wrote, the court bears responsibility for deciding which law applies in any given case. Thus, Marbury never received his job.

Jefferson and Madison objected to Marbury’s appointment and those of all the so-called “midnight judges” appointed by the previous president, John Adams, after Jefferson was elected but mere hours before he took office. To further aggravate the new Democratic-Republican administration, many of these Federalist judges𠄺lthough Marbury was not one of them–were taking the bench in new courts formed by the Judiciary Act, which the lame-duck Federalist Congress passed on February 13, 1801, less than a month before Jefferson’s inauguration on March 4.


Outbreaks in Alberta

    Acute care and continuing care facilities (including group homes) are reported publicly when there are 2 or more cases, indicating that a transmission within the facility has occurred.
      are put in place at continuing care facilities and group homes with a single confirmed case, as a precaution. provides more information on outbreaks in hospitals.

    Outbreak locations by zone

    • Outbreak information is updated on Tuesdays and Fridays each week.
    • Case numbers for outbreaks at specific sites are not provided online because they change rapidly and often.

    Acute care facilities

    Supportive living/home living sites

    • Dr. W.R. Keir Continuing Care Centre, Barrhead
    • Hillcrest Lodge, Barrhead
    • Stone Brook Lodge, Grimshaw

    Other facilities and settings

    • 4 Wing Military Family Resource Centre Childcare, Cold Lake
    • Arc Resources, Grande Prairie
    • Cenovus Christina Lake, Lac La Biche
    • Cenovus Sunrise Lodge, Fort Mckay
    • Civeo Athabasca, Regional Municipality of Wood Buffalo
    • Civeo McClelland Lake Lodge, Regional Municipality of Wood Buffalo
    • CNOOC Long Lake, Anzac
    • CNRL Albian, Regional Municipality of Wood Buffalo
    • CNRL Horizon, Regional Municipality of Wood Buffalo
    • Happy House Daycare, Cold Lake
    • Imperial Oil, Cold Lake
    • Kearl Lake work site, Fort Mckay
    • MEG Energy, Conklin
    • Mercer Peace River
    • Private dayhome, High Level
    • RCCC West Kakwa Lodge, Grande Prairie
    • Salvation Army Shelter, Fort McMurray
    • Suncor base plant, Regional Municipality of Wood Buffalo
    • Suncor Firebag, Regional Municipality of Wood Buffalo
    • Suncor Fort Hills, Regional Municipality of Wood Buffalo
    • Syncrude Aurora, Regional Municipality of Wood Buffalo
    • Syncrude Mildred Lake site, Regional Municipality of Wood Buffalo
    • Tolko Industries, High Level
    • Walmart, Fort McMurray
    • Walmart, Grande Prairie
    • Wapasu Creek Lodge, Regional Municipality of Wood Buffalo
    • West Fraser Blue Ridge Lumber Manufacturing, Blue Ridge
    • Wood Buffalo Municipality

    Acute care facilities

    Long term care facilities

    • Covenant Health St. Joseph’s, Edmonton
    • Jasper Place Continuing Care Centre, Edmonton
    • Salem Manor, Leduc

    Supportive living/home living sites

    Other facilities and settings

    • Amazon, Nisku
    • Aurora Cannabis, Edmonton
    • Blue Quill Montessori Daycare, Edmonton
    • Costco (91 St. location), Edmonton
    • Happy Hands Dayhome, Edmonton
    • Heartland Petrochemical Complex – CUB unit, Fort Saskatchewan
    • Heartland Petrochemical Complex – Kiewit, Fort Saskatchewan
    • Heartland Petrochemical Complex – Polypropylene unit, Fort Saskatchewan
    • Ideal Daycare, Edmonton
    • Ideal West Daycare, Edmonton
    • Kidlets Daycare Preschool & OSC, Edmonton
    • Lilydale Sofina Foods, Edmonton
    • Private gathering, Carvel
    • Sigis JJ Nearing Childcare, St. Albert
    • Silent-Aire, Sherwood Park
    • Suncor Edmonton refinery, Sherwood Park
    • The Little Potato Company, Edmonton
    • UPS Customer Centre, Edmonton
    • Webber Greens Daycare, Edmonton

    Acute care facilities

    Supportive living/home living sites

    Other facilities and settings

    • Points West Living, Wetaskiwin
    • Private gathering, Ma Me O Beach
    • Red Deer Remand Centre

    Acute care facilities

    Long term care facilities

    • Carewest Garrison Green, Calgary
    • Carewest George Boyack, Calgary
    • Carewest Signal Pointe, Calgary

    Supportive living/home living sites

    • Holy Cross Manor, Calgary
    • Strafford Foundation Tudor Manor, Okotoks
    • Swan Evergreen Village, Calgary
    • The Mustard Seed, 1010 Building, Calgary
    • United Active Living Garrison Green, Calgary
    • Whitehorn Village, Calgary

    Other facilities and settings

    • 2000 Days Daycare, Calgary
    • 7-Eleven Food Centre, Calgary
    • A&W (Signal Hill Centre), Calgary
    • A Child’s View Learning Centre, Calgary
    • Aladdin Day Care, Calgary
    • Alpine Montessori Childcare Centre, Calgary
    • Amazon Sort Centre, Rocky View County
    • Bison Transport, Rocky View County
    • BrightPath Southwood East, Calgary
    • Brightpath Woodlands, Calgary
    • Calgary Cancer Centre construction worksite
    • Calgary Drop-In Centre
    • Calgary French and International School Daycare
    • Calgary Remand Centre
    • Cargill Case Ready, Calgary
    • Cargill Foods, High River
    • Cemrock Concrete and Construction, Calgary
    • Coca-Cola Canada Bottling, Calgary
    • Cukin Bilingual Day Home, Calgary
    • FedEx Shipping Centre, Calgary
    • Fledglings Educare Centre, Calgary
    • Fresh Direct Produce, Calgary
    • Graham Construction – Templemont site, Calgary
    • Home Depot Chinook, Calgary
    • Home Depot Distribution Centre, Calgary
    • Jump’n Jellybeans Daycare, Airdrie
    • Kids & Company (Evanston), Calgary
    • Kidsland Daycare (McKenzie), Calgary
    • Kids U – West 75 th , Calgary
    • La Societe Pommes de Reinette Daycare NE, Calgary
    • Little Metis Daycare, Calgary
    • Matrix Logistics Services, Calgary
    • Mt. Norquay Ski Resort, Banff
    • Pacekids Program, Calgary
    • Ply Gem Building Products, Calgary
    • Purple Potamus Preschool and Jr. Kindergarten Skyview, Calgary
    • Walmart Logistics, Balzac
    • Walmart Logistics Centre, Calgary
    • Walmart Supercentre, Airdrie
    • Wing Kei Montesorri, Calgary
    • Winners Signal Hill, Calgary
    • Wonder World Dayhome, Calgary
    • University of Calgary men’s hockey team

    Other facilities and settings


    The History of Chiropractic: D.D. Palmer

    Chiropractic has been evolving over the past century, but its roots go back to ancient China and Greece. Ancient writings in these cultures mention manipulation of the spine and maneuvering of the lower extremities to ease low back pain. Even Hippocrates, who lived from 460 to 357 B.C. published texts detailing the importance of chiropractic care. He wrote, “Get knowledge of the spine, for this is the requisite for many diseases.”

    Modern chiropractic emerged near the end of the 19th century when health care was a conglomeration of competing theories, practitioners, potions and schemes. Except in urban centers, doctors were scarce, and most health care was provided in the home by family members. Hospitals were even scarcer than doctors and were seen as places where the terminally ill went to die. Heroic medicine was the most prevalent form of “orthodox” medicine in the first half of the 19th century. Heroic practice involved the notion that the harshness of the doctor’s remedies should be in proportion to the severity of the patient’s disease. This meant that the sickest patients were at risk of dying from the treatment since most doctors used things such as mercury and other toxins as well as lancets for letting of blood.

    Against this backdrop of heroic medicine, the Native American and Thompsonian traditions of herbal and other botanical remedies grew popular, and were joined in the early part of the 19th century by homeopathic medicine (promoted by Samuel Hahnemann, M.D., of Germany) and the magnetic healing methods of Franz Anton Mesmer, M.D. It was during this era of medicine that the founder of modern chiropractic, Daniel David Palmer, was born. Daniel David (known as D.D.) was born in 1845 in rural Ontario, Canada, but his family relocated to the Mississippi River valley near the end of the Civil War. It was here that D.D. took up the practice of magnetic healing.

    After nine years of clinical experience and theorizing, D.D. had decided that inflammation was the essential characteristic of all disease. With his sensitive fingers, Palmer sought to locate inflammation in his patients. By late 1895, Palmer began theorizing that inflammation occurred when displaced anatomical structures rubbed against one another, causing friction and heat. So Palmer started trying to manually reposition the parts of the body so as to prevent friction and the development of inflamed tissue.

    The first recipient of D.D. Palmer’s new strategy of treatment was a janitor in the building where Palmer operated his 40-room facility. Patient Harvey Lillard reported in the January 1897 issue of The Chiropractic that: “I was deaf 17 years and I expected to always remain so, for I had doctored a great deal without any benefit. I had long ago made up my mind to not take any more ear treatments, for it did me no good. Last January Dr. Palmer told me that my deafness came from an injury in my spine. This was new to me but it is a fact that my back was injured at the time I went deaf. Dr. Palmer treated me on the spine in two treatments I could hear quite well. That was eight months ago. My hearing remains good.”

    Pleased with his results with Harvey Lillard, D.D. Palmer extended his new work as a “magnetic manipulator” (Palmer 1897) to patients with a variety of other health problems, with reportedly good results. In the summer of 1896 he sought and obtained a charter for the Palmer School of Magnetic Cure, wherein he would teach his new method (Wiese 1896). With the assistance of his friend and patient, Reverend Samuel Weed, D.D. adopted Greek terms to form the word “chiropractic,” meaning done by hand. His school became known informally as Palmer’s School of Chiropractic (PSC), and he trained a few students, several of whom were allopathic and osteopathic doctors.

    D.D.’s son B.J. took over the running of the Palmer School while D.D. went on to open two other schools. D.D. passed away in 1913 of typhoid fever in Los Angeles, California. D.D. left the legacy of a founding a form of healthcare that has helped millions of people over the past century.

    Comments (1)

    Lucimario - Reply

    Hi I am so happy I found your web site, I really found you by ancedict,while I was browsing on Aol for something else, Regardless Iam here now and would just like to say thank you for atremendous post and a all round thrilling blog (I also love thetheme/design), I don’t have time to go through it all at the moment but I have book-marked it and also added your RSS feeds, so when I have time I will be back to read more, Please do keep up the awesome job.


    THE PUZZLING HISTORY OF SLEEPING SICKNESS

    The specter of falling into a sleep from which one cannot awaken has haunted many literary classics from "Snow White" and "Sleeping Beauty" to Rip Van Winkle. The movie "Awakenings" depicts survivors of the great pandemic of "sleeping sickness," or lethargic encephalitis, that swept the globe just after World War I. The patients' dramatic return to normal consciousness, after decades of a catatonic state, came during the summer of 1969 when they were given a new drug, L-dopa, used to treat Parkinson's disease.

    Today a new drama of miraculous reawakenings is unfolding in sub-Saharan Africa involving victims of African sleeping sickness, a different disease involving the same symptoms. Ornidyl or eflornithine hydrochloride, the first new drug to treat African sleeping sickness in 40 years, is being hailed by the World Health Organization as a "resurrection drug," because it has cured comatose patients who were considered hopeless and within hours or days of death.

    African sleeping sickness is fatal if left untreated. It is caused not by a virus, as was the case with the patients in "Awakenings," but by parasites transmitted by a bite from the tsetse fly. The disease begins with fatigue, fever and intense headache, joint pains and a range of other symptoms. When the protozoa finally invade the central nervous system, victims suffer extreme mental and physical lethargy -- hence the name "sleeping sickness" -- followed by seizures, coma and death.

    There are two varieties of African sleeping sickness: the Gambian form common in west and central Africa and the Rhodesian form common in east and southern Africa. Ornidyl is effective only for the Gambian strain.

    African sleeping sickness infects approximately 25,000 people annually, according to public health officials at the WHO the Gambian form is widespread in 36 central and west African countries. Fewer than 10 cases per year usually surface in the United States, most among travelers who have spent a long time in Africa.

    Until Ornidyl, developed by the U.S. pharmaceutical company Marion Merrell Dow, there was no safe drug for the late stage of the disease, when the central nervous system is involved. The only treatment was melarsoprol, an arsenic-based drug that killed up to 5 percent of patients treated with it and left a further 5 percent permanently damaged as a result of severe lesions of the central nervous system.

    Pentamidine and suramin, other sleeping sickness drugs that have been used to treat some AIDS symptoms, were only effective in the early stages of African sleeping sickness.

    One account of treatment provided by the WHO describes the case of a comatose African woman in the advanced stages of the disease who was given Ornidyl intravenously by doctors in a Belgian hospital that specializes in tropical diseases. Two days later, she was conscious and awake. After another week, she was answering questions and walking with help. Within three weeks of receiving the drug, she was able to talk spontaneously, walk without assistance and wash and dress herself. Shortly afterward, she left the hospital and was totally independent. The drug had returned her to a normal life.

    Molecular biologists investigating the genetics of the sleeping sickness parasite have recently announced advances in manipulating its genes, leading to hopes for an eventual vaccine.

    Unlike the case with African sleeping sickness, no cure or treatment was found for the type of sleeping illness portrayed in "Awakenings." The virus that caused lethargic encephalitis, an inflammation of the brain, was never clearly identified. During the this epidemic, which occurred at the same time as the Great Flu Pandemic of 1918, the illness struck between 5 million and 10 million people worldwide, killing half of them fairly quickly. Many of the sleeping-sickness survivors seemed to recover fully, only to be incapacitated years later by a paralyzing Parkinson's-like syndrome. Curiously, tissue from the encephalitis patients never showed evidence that they had had the flu. Epidemiologists still cannot say whether the two epidemics were connected.

    The sleeping sickness epidemic, which began in the Balkans in 1916, ended in 1927 for no apparent reason. Rare cases of post-encephalitic Parkinson's syndrome are seen today, but doctors believe the syndrome is caused by some other more common varieties of encephalitis, not the strange encephalitis lethargica.

    Some doctors speculate that the encephalitis lethargica virus is only lying dormant. Oliver Sacks, the New York neurologist who wrote the book "Awakenings" upon which the film was based, warns that there is no reason to think that the mysterious virus is extinct.

    In an appendix to his book, he notes a 2,000-year history of past episodes of the disease, including an epidemic in Europe in 1580 and a serious outbreak in London between 1673 and 1675. In Italy, following a famous flu epidemic in 1889-90, "the notorious 'nona' appeared -- a devastatingly severe somnolent illness, which was followed by the development of Parkinsonian and in almost all of the few survivors."

    Sacks writes that there was probably a small epidemic of the virus in the concentration camp at Theresienstadt during World War II. He also cites repeated reports of sporadic cases appearing around the world in different places.

    Smith Ely Jelliffe, a neurologist and psychoanalyst who observed the 1916-27 pandemic closely and wrote about it extensively, says Sacks, "asks again and again how it could happen that a disease which had obviously existed since the days of Hippocrates could be 'discovered' only now, and how it was possible for an illness which had been described unmistakably innumerable times to be 'forgotten' anew by each generation.

    "Such forgettings," writes Sacks, "are as dangerous as they are mysterious, for they give us an unwarranted sense of security. In 1927, with the virtual cessation of new cases of encephalitis lethargica, the medical profession heaved a huge sigh of relief."

    Richard T. Johnson, director of the department of neurology at Johns Hopkins School of Medicine and neurologist in chief at Johns Hopkins Hospital, sees many patients with Parkinson's-like afflictions and is sent unusual cases from all over the world. Although he is fascinated by the history of encephalitis lethargica, he says, "I don't personally think the disease occurs anymore simply because I have not seen the full-blown disease." Victims of the "Awakenings" epidemic showed peculiar kinds of eye movements and other symptoms that Johnson says he has not encountered.

    If the disease were still around, he is confident he would have seen some cases. "It's just these sort of patients who get sent to me," he says.

    Were encephalitis lethargica to appear again, says Johnson, scientists would be much better prepared than their colleagues were 75 years ago to stem an epidemic.

    "We would be able to isolate a virus and devise a treatment," he says. "At that time, the most they could do was inoculate rabbits and monkeys. There were no cell culture systems, no electron microscope and no molecular methods to look for the virus."Robin Herman is a Washington writer.


    Case DD- 285 - History

    Evidence of sporadic epidemics of polio predate recorded history.

    1789, British physician Michael Underwood provides first clinical description of the disease.

    1840, Jacob Heine describes the clinical features of the disease as well as its involvement of the spinal cord.

    1894, first outbreak of polio in epidemic form in the U.S. occurs in Vermont, with 132 cases.

    1908, Karl Landsteiner and Erwin Popper identify a virus as the cause of polio by transmitting the disease to a monkey.

    1921, Franklin Delano Roosevelt (FDR) contracts polio at age 39. His example has a major impact on public perceptions of individuals with disabilities. Although FDR is open about having had polio, he conceals the extent of his disability.

    1927, FDR forms Warm Springs Foundation in Georgia for polio rehabilitation.

    1929, Philip Drinker and Louis Shaw develop the &ldquoiron lung&rdquo to aid respiration.

    1930年代, two strains of the poliovirus are discovered (later it was determined that there were three).

    1931, scientists create the first filter able to trap viruses.

    1933, FDR inaugurated president of the United States.

    1934, the first of the Birthday Balls to raise funds for the Warm Springs Foundation is held on FDR's birthday January 30.

    1935, Maurice Brodie and John Kolmer test polio vaccines, with disastrous results.

    1938, FDR founds the National Foundation for Infantile Paralysis, known today as the March of Dimes.

    1940年代, Sister Kenny, an Australian nurse, comes to the U.S. to promote her new treatment for polio, using warm compresses to relax painful, contracting muscles and massage for rehabilitation.

    1945, FDR dies on April 12.

    1947 - 50, Dr. Jonas Salk is recruited by the University of Pittsburgh to develop a virus research program and receives grant to begin a polio typing project. He uses tissue culture method of growing the virus, developed in 1949 by John Enders, Frederick Robbins, and Thomas Weller at Harvard University.

    1953, Salk and his associates develop a potentially safe, inactivated (killed), injected polio vaccine.

    1954, nearly two million children participate in the field trials.

    1955, news of the success of the trials is announced by Dr. Thomas Francis in a formal press conference at Ann Arbor, Michigan, on April 12, the tenth anniversary of FDR's death. The news was broadcast both on television and radio, and church bells rang in cities around the United States.

    1955 - 57, incidence of polio in the U.S. falls by 85 - 90%.

    1957 - 59, mass clinical trials of Albert Sabin's live, attenuated vaccine in Russia.

    1962, the Salk vaccine replaced by the Sabin vaccine for most purposes because it is easier to administer and less expensive.

    1968, passage of the Architectural Barriers Act, requiring that all federally financed buildings be accessible to people with disabilities.

    1979, last case of polio caused by &ldquowild&rdquo virus in U.S. last case of smallpox in the world.

    1980年代, post-polio syndrome identified by physicians and people who had polio.

    1980, the first National Immunization Day for polio held in Brazil.

    1981, poliovirus genome sequence published.

    1985, Rotary International launches PolioPlus program.

    1988, Rotary International, PanAmerican Health Organization, World Health Organization, Centers for Disease Control, UNICEF begin international campaign to stop transmission of polio everywhere in the world.

    1990, Passage of the Americans with Disabilitites Act (ADA), providing broad legal protections for people with disabilities.

    1999, inactivated polio vaccine replaces oral polio vaccince as recommended method of polio immunization in the United States.

    2005, 50th anniversary of the announcement of the Salk vaccine on April 12.

    Sign barring children under sixteen from entering town, posted on a tree during the 1916 New York City epidemic Courtesy of March of Dimes

    Dr. Salk drawing blood from a child during the clinical trials, 1954 Courtesy of Smithsonian Archives

    Picture of poliovirus Courtesy of David Belnap and James Hogle

    Button supporting the ADA

    Ready to be vaccinated in Nepal Courtesy of Jean-Marc Giboux photographer


    ビデオを見る: 漫画ケーキ屋でお金が無くて泣いている女の子を助けたら大嫌いな同級生の妹だった