バガヴァタプラーナ

バガヴァタプラーナ


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.


パンチャラートラ(那羅延天の崇拝)

バーガヴァタ(भागवत)は、古代バクティカルトの古風な呼称を指します。—作曲の時点で、ヴィシュヌ派を最高の神と見なしたさまざまな宗派からの多くのテキストは、私たちのように、共通の用語にグループ化されていませんでした。それらをグループ化するために使用されます。 Banerjeaは、PādmaTantraが(Banerjeaの翻訳で)次のように述べていると主張しています。 Banerjeaはまた、Vaiṣṇavaという用語がないことを指摘しています。

コンテキスト情報

パンチャラートラ(पाञ्चरात्र、pāñcarātra)は、ナラヤナが崇拝され崇拝されるヒンドゥー教の伝統を表しています。ヴィシュヌ派に関連するクロースリーであるパンチャラートラの文献には、多くのヴィシュヌ派の哲学を取り入れたさまざまなアガマやタントラ​​が含まれています。

の意味を発見する バガヴァタ エキゾチックインディアに関する関連書籍からのパンチャラートラの文脈で

プラーナとイティハサ(壮大な歴史)

バーガヴァタ(भागवत).— 18の有名なプラーナの1つ。 Gāyatrīはこのプラーナの主要なテーマであり、それに基づいて、ダルマ(義務)の偉大さに基づいており、サラスヴァタカルパのダルマについて述べています。 (Purāṇaの下を参照)。

出典:ケルンデジタルサンスクリット語辞書:プラナインデックス

1a)バーガヴァタ(भागवत).—ヴァジュラミトラの息子でデーヴァブーティの父:32年間統治。 *

1b)神の賛美を歌って神への奉仕に専念した人々。 *

プラーナ(पुराण、purāṇas)は、歴史的伝説、宗教儀式、さまざまな芸術や科学など、古代インドの広大な文化史を保存するサンスクリット文学を指します。 18 マハプラナス 合計40万人以上 シュローカ (メトリックカプレット)そして少なくとも紀元前数世紀にさかのぼります。

の意味を発見する バガヴァタ エキゾチックインディアに関する関連書籍からのプラーナの文脈で

一般的な定義(ヒンドゥー教)

バーガヴァタ(भागवत)、「偉大な信者」または「最も強力な」または「愛らしい者の崇拝者」。

バガヴァタはヒンドゥー教の文脈で意味します。この文脈では、バクティは「崇拝」の主要な意味を持ち、バガヴァタは「愛らしい人」を意味し、バガヴァタは愛らしい人の崇拝者です。それはまた、クリシュナの崇拝に捧げられた伝統を指し、後にナラヤナまたは元の形のスヴァヤンバガヴァンの概念に同化されました。一部の歴史学者によると、クリシュナの崇拝は紀元前1世紀に出現しました。しかし、Vaishnavaの伝統主義者はそれを紀元前4世紀に置きます。初期のヴェーダの情報源は比較的沈黙していましたが、ヴァスデーヴァ-クリシュナはヴェーダのヴィシュヌのアバターではなく、最高。

語源:Bhagavata(Bhāgavata、Bhagavanからのvrddhiフォーメーション、「Bhagavanに関連する」(「主」、つまり神)を意味する)


プラーナ

NS プラーナ と同じクラスです Itihasas (ラーマーヤナ、マハーバーラタなど)。それらには5つの特徴があります(パンチャラクシャナ)、すなわち、歴史、宇宙論(哲学的原理のさまざまな象徴的なイラストを含む)、二次創造、王の系譜、およびマンヴァンタラ(71の天体ユガまたは308、448、000年からなるマヌの支配の期間)。すべてのプラーナはのクラスに属しています Suhrit-Sammitas、または友好的な論文、ヴェーダは Prabhu-Sammitas または偉大な権威を持つ指揮論文。

ヴィヤーサは年齢から年齢へのプラーナの編集者であり、この年齢では、彼はパラサラの息子であるクリシュナ-ドヴァイパヤナです。

プラーナはヴェーダの宗教を広めるために書かれました。それらはヴェーダの本質を含んでいます。プラーナの目的は、ヴェーダの教えを大衆の心に印象づけ、具体的な例、神話、物語、伝説、聖人、王、偉人の生活、寓話、年代記を通して、神への献身を生み出すことです。素晴らしい歴史的出来事の。賢人はこれらのことを利用して、宗教の永遠の原則を説明しました。プラーナは学者のためではなく、高い哲学を理解できず、ヴェーダを研究することができなかった一般の人々のためのものでした。

ダルサナや哲学の学校は非常に堅いです。それらは学んだ少数のためだけのものです。プラーナは、知性が劣る大衆を対象としています。宗教はプラーナを通して非常に簡単で興味深い方法で教えられています。今日でもプラーナは人気があります。プラーナには、遠い時代の歴史が含まれています。それらはまた、通常の物理的な目には見えない宇宙の領域の説明を提供します。それらは読むのが非常に興味深く、あらゆる種類の情報でいっぱいです。子供たちは祖母から話を聞きます。専門家とプロヒッツは保​​持します Kathas または寺院、川の土手、その他の重要な場所での宗教的言説。農業従事者、労働者、バザールの人々がその話を聞きます。

18のプラーナ

18の主要なプラーナと同数の補助的なプラーナまたはウパプラーナがあります。主なプラーナは次のとおりです。VishnuPurana、Naradiya Purana、Srimad Bhagavata Purana、Garuda(Suparna)Purana、Padma Purana、Varaha Purana、Brahma Purana、Brahmanda Purana、Brahma Vaivarta Purana、Markandeya Purana、Bhavishya Purana、Vamana Purana、Matsyaプラーナ、リンガプラーナ、シヴァプラーナ、スカンダプラーナ、アグニプラーナ。これらのうち、6つはSattvic Puranasであり、Vishnuを称賛します。6つはRajasicであり、Brahmaを称賛します。6つはTamasicであり、Sivaを称賛します。

彼らがシヴァプラーナとヴィシュヌプラーナを通過するとき、精神的な道の新人または初心者は困惑します。シヴァプラーナでは、シヴァ卿は非常に称賛されており、ヴィシュヌ卿に劣った地位が与えられています。時々ヴィシュヌは軽蔑されます。ヴィシュヌプラーナでは、ハリ卿は非常に称賛されており、シヴァ卿には劣った地位が与えられています。時々シヴァ神は軽蔑されます。これは、特定のイシュタデーヴァターへの信者の信仰を高めるためだけのものです。シヴァ卿とヴィシュヌ卿は一つです。

プラーナの中で最高のものは、SrimadBhagavataとVishnuPuranaです。最も人気のあるのはSrimadBhagavataPuranaです。次はVishnuPuranaです。マールカンデーヤプラーナの一部は、すべてのヒンズー教徒によく知られています。 チャンディー、 また デーヴィー・マーハートミャ。神の母としての神の崇拝がそのテーマです。チャンディーは、神聖な日とナバラトリ(ドゥルガープージャ)の日にヒンズー教徒によって広く読まれています。

10個のアバターとその目的

Srimad Bhagavata Puranaは、ヴィシュヌ卿のさまざまなアバターの年代記です。ヴィシュヌには10のアバターがあります。すべてのアヴァターラの目的は、世界を大きな危険から救い、邪悪な者を滅ぼし、善良な者を守ることです。 10個のアバターは次のとおりです。 Matsya (魚)、クルマ(カメ)、ヴァラーハ(イノシシ)、 ナラシンハ (マンライオン)、 ヴァーマナ (ドワーフ)、 パラシュラーマ (斧を持ったラーマ、クシャトリヤ種族の駆逐艦)、 ラマチャンドラ (ラーヴァナを破壊したダシャラタの息子、ラーマーヤナの英雄)、 スリクリシュナ、 ギーターの先生、 (王子-禁欲主義者、仏教の創設者)、そして カルキ (カリ・ユガの終わりに来る白い馬に乗っている主人公)。

Matsya Avataraの目的は、VaivasvataManuを大洪水による破壊から救うことでした。 Kurma Avataraの目的は、大洪水で失われたいくつかの貴重なものを世界が回復できるようにすることでした。神々とアスラが牛乳の海をかき回したとき、クルマはかき混ぜ棒を維持するために背を向けました。ヴァラーハアヴァターラの目的は、ヒラニヤークシャという悪魔によって引きずり下ろされた地球を水から救うことでした。ハーフライオンでハーフマンのナラシンハアヴァターラの目的は、バクタプラフラーダの父である悪魔ヒラニヤカシプの抑圧から世界を解放することでした。ヴァーマナアヴァターラの目的は、バリ王の苦行と献身によって隠されていた神々の力を回復することでした。パラシュラーマアヴァターラの目的は、クシャトリヤの支配者の抑圧から国を救うことでした。パラシュラーマはクシャトリヤの種族を21回破壊しました。ラマ・アヴァタラの目的は、邪悪なラーヴァナを破壊することでした。スリクリシュナアヴァターラの目的は、カンサや他の悪魔を破壊し、マハーバーラタ戦争でギーターの素晴らしいメッセージを伝え、インドのバクティ学校の中心になることでした。ブッダアヴァターラの目的は、動物の犠牲を禁止し、信心深さを教えることでした。カルキ・アヴァタラの目的は、邪悪な者の破壊と美徳の再確立です。


バーガヴァタプラーナ-歴史

NS 彼の本は、ヴェーダの歴史、インドの知識の元の文化の歴史の初期の記録以来の主と彼の化身の物語を語っています。それは確かにクリシュナの「聖書」です[サンスクリット語で サンヒター]ヒンドゥー宇宙の。バガヴァッド・ギーターは、主イエスによる山での説教が完全な聖書に関連しているように、この本に関連しています。 335の章に含まれる約18.000のバージョンがあり、カントスと呼ばれる本の12の下位区分で構成されています。これらの本は一緒にヴェーダ文化の完全な歴史を伝え、Pur nasと呼ばれる物語の古典的なコレクションの本質をカバーしています。ヴェーダの物語のこの特定のコレクションは、インドのすべての偉大な18の古典的なプルーナの中で最も重要なものと見なされています。これには、すべてのヴェーダ文学から編集されたヴェーダの知識のクリームと、クリシュナ卿の生涯の物語が完全に含まれています(Canto10)。クリシュナ卿は、古いヴェーダ文化と、国家の支配がもはや自動的に精神的秩序によって導かれることのない「現代の」政治文化との間の歴史の分水嶺を構成しています。この本は、彼の誕生、彼の若さ、彼の神性のすべての素晴らしい証拠、そしてクルクシェトラでの大マーブラタ戦争まで、あらゆる種類の悪魔を倒した彼の超人的な偉業の物語を語っています。この戦争で、ヴェーダ文化は崩壊し、最近私たちがヒンドゥー教と呼んでいる断片化された宗教に取って代わられました。 「完璧なプルナ」とも呼ばれるこの主要なプルナは、S'r laACBhaktived ntaSwamiPrabhup da、Caitanya Vaishnava、bhakti(献身的)によって西にもたらされた素晴らしい物語です。ヴィシュヌ卿の僧侶[クリシュナ卿の超越的な形態の名前]。彼は、唯物論の西洋人、高度な哲学者、神学者を啓蒙するという大胆な任務を引き受け、彼らが非人格主義の危険と孤独、そして空虚の哲学を克服するのを助けました。

NS または、このインターネット版の作者がC.L Goswami、M.A.、S str (G t Press、Gorakhpurから)の翻訳を参考にした翻訳 parampar [学問的継承]S'r laVishvan thaCakravartiThh kuraのバージョンと、S'r laA.C.Bhaktived ntaSwamiPrabhup daによるこの本の後のバージョン。後者の翻訳者は c ryas 古くからのインドのヴィシュヌ派の伝統の[例による教祖の教え]は、16世紀以来インドで実践されてきた方法である神またはバクティへの献身の改革の文化の代表です。この改革は、カースト制度の誤った権威と単一の乾いた本の知識が拒絶されるべきであると主張している。 S'r KrishnaCaitanya、別名CaitanyaMah prabhu(1486-1534)、 avat ra この改革を告げた[主の化身]は、神の人への献身を発展させるという本来の目的を回復し、特にクリシュナに関連してその献身を神の頭の最高人格として説明する2つの主要な聖典の普及に努めました。 。これらの経典はバガヴァッド・ギーターとこのバガヴァッド・ギーターであり、これはスラーマド・バガヴァタムとも呼ばれ、そこからすべてのヴィシュヌ派が生まれます。 c ryas 指導と献身の形成を目的として彼らの知恵を引き出しました。この本の全文と解説としての単語翻訳の単語は、この文化の教えが行われているハレクリシュナ寺院の内外で研究されました。翻訳の目的は、まず第一に、この輝かしいテキストをインターネットを介してより多くの聴衆が利用できるようにすることです。聖書、コーラン、および他の多くの聖典がすぐに利用できるので、翻訳者は、この本が物質的な所有格の証として彼自身の本棚の棚にとどまることができないことを意味しました。 2000年にこの取り組みを開始したとき、この本の適切なWebプレゼンテーションはありませんでした。共有されていない知識は失われた知識であり、確かに、その主要な価値の1つとして非所有格と献身のヨガを強調するこのタイプの知識は除外できませんでした。 SwamiPrabhup daのバージョンは非常に広範で、彼の解説を含む約2400ページの無地の細かい印刷されたテキストをカバーしています。そしてそれは最初の10のカントだけでした。残りの2つのカントは、彼の精神に満ちた彼の生徒たちによって死後に出版されました。したがって、私は2つの大胆な課題に直面しました。1つは、解剖されて1つの単語にコメントされた本のテキストを連結するか、読みやすい物語を作成することでした。2つ目は、それを次のような言語に変換することでした。元の詩を失うことなく、現代とポストモダンのすべての経験と世界の現在の文化的秩序のデジタル進歩で21世紀にふさわしい。このように、ヴィシュヴァンタ、プラブプダ、ストルの言葉が剪定され、再翻訳され、今日の理解と実現に向けられた、そのままの翻訳への別の詩が生まれました。私の場合、この認識は、ヴィシュヌ派の継承の規律的な線から直接生じました。 c ryas また、非ヴィシュヌ派の教祖によって西洋にもたらされ、彼らの生徒によって維持されたように、啓蒙とヨガの規律のインド哲学の全分野の実現からも。したがって、著者は、疑念、具体主義、懐疑論をもって西洋哲学の断固たる態度に立ち向かったこれらすべての偉大な英雄に感謝の意を表さなければなりません。特にPrabhup daの生徒、放棄された秩序のメンバー(sanny s s)カイターニャ卿のバクティ・ヨギの哲学の独立性と成熟度について著者に指示した人について言及する必要があります。私はすでにインドで非ヴィシュヌ派の第一人者によって始められ、スワミ・アナンド・アーダー(「幸福の基礎の教師」)の名前を与えられました。その名前のクリシュナコミュニティは、(基本的なトレーニングは別として)ヴィシュヌ派のイニシエーションのさらなる儀式なしに、アナンドアダールプラブ(「幸福の基盤のマスター」)に改宗しました。 Anand Aadharという名前で、私は引きこもりの信者、いわゆる v naprashta、彼は哲学の彼の地元の適応の沈黙と謙虚さの中で独立して彼の献身的な奉仕をします。

ほとんどの場合、S'r laA.C.Bhaktived ntaSwamiPrabhup da/ ISKCON、Vishvan thaCakravartiThh kura、C.L。 Goswami M.A.、S str は、翻訳で使用されたとおりにフォローされており、Monier-Williams SanskritDictionaryの助けを借りてチェックしました[使用された用語のファイルを参照]。脚注や角括弧[]の間に、元のテキストがより経験豊富なアプローチから描かれている場合に、読者に対応するために小さなコメントや追加情報が提供されることがあります。この本のインターネットサイトbhagavata.orgで、私の-ISKCONに依存しない-バージョンは、各節で私自身の以前のバージョンとリンクされているPrabhup daのバージョンを指しているので、いつでも私が何をたどることができますかテキストでやった。これは、Vaishnavaコミュニティの科学的伝統に準拠しています。

NS または、この翻訳の著作権、いわゆるCommons Attribution Noncommercial-Share Alike 3.0 UnportedLicenseが選択されています。これは、帰属を条件としてテキストを自由にコピー、配布、変更できることを意味し(Anand Aadharの名前と私のウェブサイトアドレスbhagavata.orgを参照)、結果の作品は同じまたは類似のものでのみ配布できますこれに対するライセンスであり、そのテキストを商業目的で使用することはできません。他のすべての使用法については、翻訳者に連絡する必要があります。

-Bh gavatamの構造の説明も参照してください。

-このサイトのサポートに興味がある場合は、寄付を送ってください。

-Anand Aadharの完全に連結された翻訳編1〜12のダウンロード形式はいくつかあります。
http://bhagavata.org/treasury/downloads.htm

-趣旨と同じ翻訳のサンスクリット語データベースを含む完全なPrabhup daバージョンは、この本の各節にリンクされており、https://vedabase.io/en/library/sb/にアクセスできます。


私たちは時間の秩序のFilognosticAssociationに感謝しています
このサイト、特にSakhyaDev D s の制作に感謝します。
原稿の校正と修正を手伝った人。

グラフィックはArgotiqueによって提供されました。
ホームページのR dh -Krishnaの写真はIndraSharmaのものです。
この紹介ページのクリシュナの画像は、おそらくラジャ・ラヴィ・ヴァルマの作品です。
残りの写真の出典は、各ページの下部に記載されています。


バーガヴァタプラーナは西暦前1800年頃に書かれました

Bhagavata Purana(भागवतपुराण)、別名 Srimad Bhagavatam 意味 神-至高の神の永遠の物語、に焦点を当てて バクティ (宗教的献身)至高の神ヴィシュヌ(ナラヤナ)、主に西暦前3200年頃に地球に住んでいたクリシュナ卿に焦点を当てています。

これはヨーロッパ言語に翻訳された最初のプラーナであり、1840年から1857年の間に3回のフランス語翻訳も行われました。
Sage Veda Vyasには執筆の功績が認められており、太陽がMesha Rasi(Aries)に来ると、昼と夜が同じになると書かれています。
それは、春分点が30度であったことを示しています。
現在はほぼ336度です。そのため、春分点は54度後退しました。分点の歳差運動の割合は1度あたり72年です。 54に72を掛けると、3888年前に得られます。 バグヴァタプラナ 書かれている必要があります。
ですから、紀元前1800年頃に作曲されたに違いありません。その古代には、多くの科学的知識が存在していました。

バガヴァタ 1-5-33で、現在のホメオパシーに似た病気の治療法について説明しています。

恐竜、クルカラサはクリシュナによって殺されたバガヴァタプラーナで言及されました。

相対性理論、カクドミと彼の娘レヴァティのようなタイムトラベル事件は、バガヴァタでの物語と一緒に記録されました ムチュクンダ王&#8216sインド・グリーク朝の戦士が殺された物語。
AbhijitまたはVegaは、神が梵天(創造主)である星です。したがって、カクドミとレヴァティは、地球から26光年離れた星ベガの周りの惑星に行ったに違いありません。
最近、ロシアの科学者たちは、ベガの周りに生命のある惑星があることを発見しました。

発生学の科学全体は、この本の著者によって詳細に説明されました。
英国のロビンソン博士の研究に続いて、現代科学は1972年以降にすべてが真実であることを発見しました。
Bhagavataはまた、6か月の終わりまで、魂は子宮の内外を移動し続け、将来の母親を中心に展開すると述べています。しかし、7か月目には子宮に入り、胎児は過去の出産のすべてを覚えていますが、分娩中の圧迫のために忘れてしまいます。
これは現代の発生学には知られていませんが、真実です。

現代科学は、1925年[マクナリーの論文]と1935年[ロスとテイト]で、内耳の前庭器または迷路が方向感覚の原因であることを発見しました。
しかし、バガヴァタは紀元前1800年頃にこの詳細について言及しています。ヴィヤーサはどうやって人間の頭蓋骨の奥深くにあるその微細な装置を見つけることができたのでしょうか?

バガヴァタはまた、神と彼女が団結しない限り、彼らは繁殖することができないことに神がどのように気づいたかについても言及しています。
それで彼は彼女と交尾した。彼は彼女の23の原則に入った。それらの23の原則は彼のエネルギーによって活性化され、それらは彼の23の原則と共役しました。
その接合で人が生まれました。これらの23の原則(gunavidhi)は、人間に存在する23の染色体です。それらは互いに結合して接合子を形成します。
バガヴァタはまた、彼が自分自身を1回、10回、3回分割したと述べています。接合子は一度分裂して2つの細胞を生成します。これは10回起こったので、2個から10個のセルが現れました。これは3つの層で行われました。 内胚葉、中胚葉外胚葉、30セルに上げられた2つを生成します。
現代科学は最近、非常に多くの細胞が生まれたばかりの赤ちゃんに実際に見られることを発見しました。

当時、原子、電子、陽子、中性子などの知識がありました。
陽子と電子の間の距離は陽子の直径の50000倍です。
原子核の周りの電子の軌道の直径は、電子または陽子の直径の50000倍です。したがって、バグワタで与えられたパラマヌスまたは亜原子粒子の記述は、現代科学の発見と完全に一致しています。

人間のクローン作成はまだ現代科学では達成されていませんが、バガヴァタはどのように キングベナのクローン作成が行われました 彼のレプリカを作成するには、 プリトゥ、地球の守護者になった(Prithvi)。

トリプラースラがガイド付きミサイルでシヴァに殺され、ヴィシュヌ(クリシュナではない)に助けられたという話、ナラカースラがヴィシュヌ(クリシュナではない)に殺された方法は、クリシュナを称賛するためのこの本のいくつかのねじれた物語です。
ナラカスラは、カウラヴァの側でマハーバーラタ戦争で戦ったバガダッタの遠い祖先でした。
バガダッタと同時代のクリシュナは、彼の時代にナラカースラを殺すことはできなかったでしょう。

バリ王は植民地化され、アメリカを支配しました

バリ王の物語もある程度ねじれています。
バーガヴァタは、ヴィシュヌがヴァーマナの形でやって来て、2つの場所(地球と空)を踏んで、バリの頭に3番目のステップを置いて、彼をパータラ(地下世界)に押しつぶしたと述べています。
しかし実際には、ヴァーマナはバリにトリパダプミを要求しました。
パダとは、四分円または球の4分の1を意味します。
地球は球形です。その3つの象限は、当時知られている3つの大陸、つまりアジア、ヨーロッパ、アフリカを意味します。これらはバリの支配下にありました。
彼はそれらをヴァーマナに寄付し、生息地の他の場所を見つけるために取り残しました。新しく発見された場所は、アンダーワールドであるアメリカでした(インドとは地球の反対側にあるため、インドからトンネルを通過するか、飛行機で行くことができます)。
バリはアメリカに居住し、植民地化しました。彼は、サヴァルニ・マンヴァンタラで将来のインドラ(神々の支配者)になるという恩恵をヴァーマナから与えられました。
したがって、アメリカ大陸(特に中南米)は パーターラ インドのために。


コンテンツ

NS デビバガヴァタマハプラナ さまざまな日付が付けられています。 [14]数人の学者は、テキストが西暦6世紀以前に作曲されたと示唆したラマチャンドランのように、早い時期を示唆している。 [14]しかし、この初期の日付は広く支持されておらず、ほとんどの学者は9世紀から14世紀の間にそれを日付付けしています。 [14] [15] Rajendra Hazraは11世紀または12世紀を示唆しているが、Lalyeは、テキストが1千年紀の後半に形成され始め、時間の経過とともに拡大され、最初の完全版が11世紀に存在したと述べている。 [14] [16]トレーシー・ピンチマンは、テキストの日付を西暦1000年から1200年の間としています。 [17]

ブック7の最後の10章(31から40)は507節で構成されており、その一部は、 バガヴァッド・ギーターマハーバーラタ 独立して循環します。 [18]このプラーナの第7巻からの配布物は呼ばれています デヴィジータ。 [19]この配布物は元のテキストで構成されているか、後の補間である可能性があるとC MackenzieBrownは述べています。 [19]彼は、テキストのこの部分はおそらく13世紀までに作成されたものであり、16世紀より後のことかもしれないと示唆している。 [19]

の本9 デビバガヴァタプラナ 参照する多くの詩が含まれています Mlecchas (野蛮人)と ヤヴァナ (外国人)。 [20]これらの言葉は単にヒル族を指しているかもしれませんが、詳細は Mlecchas これらの節の中で、ハズラのような一部の学者は、これらの部分の作者はイスラム教とそのインドでの広がりについて知っていたと述べ、主要な学者は、9冊目の本のこれらの部分を9冊目の古いコアと比較して12世紀から15世紀に日付を記入します。 [20]

NS デビバガヴァタプラナ 6世紀の神聖な女性を祝う最も初期のインドのテキストではありません デーヴィー・マーハートミャ に埋め込まれている マールカンデーヤプラーナ 女神は最高であると主張し[21] [22]、マトゥラやベンガルなどのインドのさまざまな地域での複数の考古学的証拠は、神聖な女性の概念が2世紀頃までに存在していたことを示唆しています。 [23] [18]両方 デーヴィー・マーハートミャデビバガヴァタプラナ シャクティ派の伝統の非常に影響力のあるテキストであり、女性の覇権を主張し、女神を献身的な(バクティ)魅力の人物にしています。 [24]

このテキスト–すべてのプラーナ、すべてのヴェーダ、そして マハーバーラタ –ヒンドゥー教の伝統の賢者VedaVyasaに起因します。テキストのタイトル、 デビバガヴァタは、「祝福されたデビの信者」を意味する2つの単語で構成されています。用語 デビデヴァ は紀元前2千年紀のヴェーダの文献に見られるサンスクリット語で、デーヴィーは女性で、デーヴァは男性です。 [25]モニエル・ウィリアムズはそれを「天国の、神聖な、地上の非常に優れたもの、高貴な、輝くもの」と訳しています。 [26]語源的に、 デビ ラテン語です DEA とギリシャ語 thea。 [27]用語 バガヴァタ 「祝福された者の信者」を意味します。 [28]

NS Devi-Bhagavata Purana 12の五蘊(セクション)と318のアディヤヤ(章)で構成されています。 [3]

の章 Devibhagavata Purana [29]
本 # 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 合計
チャプター 20 12 30 25 35 31 40 24 50 13 24 14 318

ヒンドゥー教の伝統とテキスト自体は、18,000の詩があると主張しています。 [30]異なるバージョンの実際のテキストは近いです。 [19]

本文中の神智学、ファウルストンとアボットは、古代史、形而上学、バクティの百科事典的な組み合わせです。 [31]この歴史は、Cマッケンジー・ブラウンが他のプラーナで見られるのと同じタイプであり、善と悪、神と悪魔の間の対立の永続的なサイクルについて述べています。 [32]これらの伝説は、古代ヒンズー教の歴史に基づいて構築され、拡張されています。 マハーバーラタ。 [33]しかし、このプラーナの伝説は、神の女性の周りの伝説に再び焦点を合わせ、女神に献身的なテーマを統合し、デーヴィーはこのテキストで永遠の真実、宇宙のすべての永遠の源、すべての永遠の終わりであると主張されています、 NS ニルグナ (フォームなし)および サグナ (形で)、最高の不変の現実(プルシャ)、驚異的な変化する現実(プラクリティ)、そしてそれぞれの生き物の中の魂。 [33] [34] [35]

ヒンドゥー教の歴史:本1から6編集

最初の本(五蘊)他の主要なプラーナと同様に、ロシェは、概要、内容の構造を提示し、神話上のナイミシャの森でどのように Devi-Bhagavata Purana 賢人の間で最初に引用されました。 [3]それはまたすべての現実が最初にあったと主張します ニルグナ (言い換えれば、形、形、属性がなければ、真実以外には何もありませんでした)。 [3]しかし、テキストを主張します、これ ニルグナ 現実は バガヴァティ (女性)、そして彼女は3人として現れました シャクティス -Sattviki(真実、創造的な行動)、Rajasi(情熱、目的のない行動)、Tamasi(妄想、破壊的な行動)。 [3]

2冊目の本は短く、歴史的です。 [3]ヒンドゥー教の叙事詩でよく知られているキャラクターが織り込まれています マハーバーラタ、ロシェは述べ、残りの本に登場するキーキャラクターを紹介します Devi-Bhagavata Purana。 [38] 3冊目の本は、デーヴィーと彼女のバクティ(献身的な崇拝)の議論を開始します。デーヴィーが自分自身からマハサラスワティをどのように創造したか シャクティ ブラフマー(創造主)のマハラクシュミが シャクティ ヴィシュヌ(保存者)の、そしてマハーカーリは シャクティ シヴァ(破壊者)の。 [38] [13] 3冊目の本も、有名な叙事詩ラーマーヤナの伝説を織り込んでいます。 [38]

4冊目の本はクリシュナとシヴァの間の相互作用のそれらを含むより多くの伝説を提示しますが、タントラのテーマを紹介し、ヨガの瞑想も提示します。 [38] 5冊目と6冊目はこれらの伝説を続けており、章の半分は女神の偉大さ、男性の神々が問題に混乱している方法、彼らが助けを求めて彼女に駆け寄る方法、そして彼女が彼女のためにそれらを解決する方法に焦点を当てているとロシェは述べています悟りを開いた知識です。 [39] [40]このテキストは、すべての男性の神々が従属し、依存している女性を表しています。 [41]

哲学:本7から9編集

の7冊目の本 Devi-Bhagavata Purana ヴェーダの本質のバージョンを主張して、より多くの哲学にシフトします。 [43]この本には、と呼ばれる哲学的なテキストが含まれています デヴィジータ、または「女神の歌」。 [43] [44]女神は、彼女が世界を創造したブラフマンであると説明し、人が自分の魂とブラフマンのアイデンティティを完全に理解したときに精神的な解放が起こるというアドヴァイタの前提を主張します。 [43] [45]この知識は、女神が主張するように、世界から自己を切り離し、自分の魂について瞑想することから来ています。 [43] [34] 7冊目の本の第28章には、ドゥルガマスールと女神シヴァー(パールヴァテ​​ィー)によるシャカンバリの形での彼の絶滅の物語が含まれています。

デヴィジータ編集

NS デヴィジータ、 以下のような バガヴァッド・ギーターは、凝縮された哲学的論文です。 [46]それは、神の女性を、強力で思いやりのある創造者、浸透者、そして宇宙の保護者として提示します。 [47]ブラウンは、の冒頭の章で紹介されていると述べている。 デヴィジータ 良性で美しい世界の母として、 ブヴァネーシュヴァリー (文字通り、宇宙の支配者であり、言葉は女性的です)。 [42] [46]その後、神学的および哲学的な教えがテキストの焦点となり、第2章から第10章までをカバーします。 デヴィジータ (または、このプラーナの本7の第32章から第40章)。 [47]の詩のいくつか デヴィジータ DeviUpanishadとほぼ同じです。 [48]

[私の神聖な音節ह्रीम्]は超越します、[注1]
名前と名前の区別、
すべての二重性を超えて。
全体です、
無限の存在、意識と至福。
その現実について瞑想する必要があります、
意識の燃えるような光の中で。
私に心を固定し、
すべての時空を超越する女神として、
人は気づいてすぐに私と融合します、
魂とブラフマンの一体感。

デヴィジータ、Transl:Lynn Foulston、Stuart Abbott
Devibhagavata Purana、ブック7 [51]

NS デヴィジータ から引用してシャクティ派のアイデアを頻繁に説明します バガヴァッド・ギーター。 [47]デーヴィーは、ヒンドゥー哲学のサムキヤ学派の用語で織り込まれている、各個人内に存在する「普遍的で宇宙的なエネルギー」としてテキストで説明されています。 [47]それは、非二元論が強調され、すべての二重性が不正確であると宣言され、すべての生物の魂とブラフマンの相互に関連した一体性が解放知識として保持される、AdvaitaVedantaのアイデアに満ちています。 [52] [53] [54]ただし、トレーシー・ピンチマンは次のように付け加えています。 デヴィジータ アディシャンカラのアドヴァイタヴェーダーンタのジェンダーニュートラルな概念ではなく、デビに形と母性を与えるタントラのアイデアを取り入れています。 [55]

のバクティ神学 デヴィジータ このプラナの一部は、 バガヴァッド・ギーター, and with Vaishnava concepts of loving devotion to Krishna found in the バガヴァタプラーナ。 All these texts highlight different types of devotion in a Samkhya philosophy framework. [56] [57] Tamasic Bhakti is one, asserts the text, where the devotee prays because he is full of anger, seeks to harm others, induce pain or jealousy to others. [57] Rajasic Bhakti is one where the devotee prays not to harm others, but to gain personal advantage, fame or wealth. [56] Sattvic Bhakti is the type where the devotee seeks neither advantage nor harm to others but prays to purify himself, renounce any sins and surrender to the ideas embodied as Goddess to liberate himself. [56]

NS Devi Bhagavata Purana adds Para Bhakti as the highest level of devotion, states McDaniel, where the devotee seeks neither boon nor liberation, but weeps when he remembers her because he loves the Goddess, when he feels her presence everywhere and sees the Goddess in all living beings, he is intoxicated by her ideas and presence. [56] [57]

Festivals and culture Edit

This seventh book, states Rocher, also includes sections on festivals related to Devi, pilgrimage information and ways to remember her. [43] Her relationship with Shiva and the birth of Skanda is also briefly mentioned in the 7th book. [43] The last ten chapters (31 to 40) of the Book 7 is the famous and philosophical Devi Gita, which often circulates in the Hindu tradition as a separate text. [18] The eighth book of the Devi-Bhagavata Purana incorporates one of the five requirements of Puranic-genre of Hindu texts, that is a theory of the geography of the earth, planets and stars, the motion of sun and moon, as well as explanation of time and the Hindu calendar. [58]

The largest book is the 9th skandha, which is very similar in structure and content of the Prakriti-kandaBrahmavaivarta Purana。 [59] [60] Both are goddesses-focused, and discuss her theology, but have one difference. [59] The Prakriti-kandaBrahmavaivarta Purana also includes many verses which praise Vishnu using various names (incarnations), which re-appear in the 9th book of the Devi-bhagavata Purana with Vishnu names substituted with Devi names (incarnations). [59]

Goddess, cosmos and Dharma: Books 10 to 12 Edit

The 10th book of the Devi-Bhagavata Purana is one of the shortest, and integrates manavantaras, another structural requirement for this text to be a major Purana, but wherein the Devi is worshiped in every cosmic time cycle, because she is the greatest, she kills the evil and she nurtures the good. [59] [61] Chapter 13 of the tenth book describes the glory of goddess Bhramri that how in the past she killed the demon Aruna sura.

The 11th book of the text discusses Sadachara (virtues) and Dharma to self as an individual, as belonging to a Grama (village, community) and to a Desha (country). [59] The text praises Sruti and asserts it to be the authoritative source, adding that Smriti and Puranas are also sources for guidance. [59] This section is notable for adding that Tantra is also a source of guidance, but only if it does not conflict with the Vedas. [59] Verses in the 11th books also describe sources for Rudraksha as Japa beads, the value of Tripundra mark on the forehead, five styles of Sandhyas (reflection, meditation) and five types of Yajnas. [59]

The last and 12th book of the Devi-Bhagavata Purana describes the Goddess as the mother of the Vedas, she as the Adya Shakti (primal, primordial power), and the essence of the Gayatri mantra. [62] The verses map every syllable of the Gayatri mantra to 1008 names of reverence in the Hindu tradition. [62] These names span a spectrum of historic sages, deities, musical meters, mudras and the glories of the goddesses. [62]

The verses and ideas in the Devi-Bhagavata Purana, state Foulston and Abbott, are built on the foundation of the Upanishads wherein the nonduality and oneness of Brahman and Atman (soul) are synthesized. [63] [43] The text makes references to the philosophy and metaphors used in the Advaita Vedanta tradition of Adi Shankara. However, those ideas are reformulated and centered around the Goddess in the Devi Bhagavata Purana, states C Mackenzie Brown, as well as other scholars. [31] [45] In Devi Bhagavata text, states Tracy Pintchman, the Devi is not only Brahman-Atman (soul, interconnected oneness), she is also the always-changing empirical reality (Maya). [64]

The Goddess, in Devi Bhagavata Purana, is both the source of self-bondage through Avidya (ignorance) and the source of self-liberation through Vidya (knowledge), state Foulston and Abbott. [31] She is identical to the Vedic metaphysical reality concept of Brahman, the supreme power, the ruler of the universe, the hero, the hidden energy, the power, the bliss innate in everything, according to the text. [63] [65] [66] The Devi, states Kinsley, is identified by this Purana to be all matter, mother earth, the cosmos, all of nature including the primordial. [67] The Goddess is presented, states Brown, as "the womb of the universe", who observes the actions of her children, nurtures them to discover and realize their true nature, forgive when they make mistakes, be fearsomely terrible to the wicked that threaten her children, and be friend of all souls. [68]

Cynthia Humes compares the depiction of Goddess in the 6th-century Hindu text Devi Mahatmya, with that in this later Devi-Bhagavata Purana 文章。 [69] Both revere the feminine, states Humes, but there are some important differences. [69] Nowhere does the Devi Mahatmya state anything negative about women, and it is explicit in asserting that "all women are portions of the Goddess". [70] By contrast, states Hume, the portrayal of women in Devi-Bhagavata Purana is more complex. [70] It includes verses critical of the feminine, with the text stating that behavior of woman can be "reckless, foolish, cruel, deceitful" and the like. NS Devi Bhagavata also praises women and describes their behavior can be "heroic, gentle, tenacious, strong" and the like. [70]

NS Devi-Bhagavata Purana is an important and historic Shakta Bhakti text, states June McDaniel. [56]

The Devi Bhagavata Purana has been translated into different languages. Tirupati Venkata Kavulu translated this purana into Telugu language in 1896 entitled Devi Bhagavatamu。 They have divided the purana into 6 skandas and themselves published it in 1920. [71]

Edatore Chandrashekhara Sastry has translated the entire Devi Bhagavatam to Kannada with Sanskrit Text. This was published in 11 volumes at Mysore. (Jayachamarajendra Grantha Ratna Mala - 5)


Names of 18 Puranas:

11. Naradiya or Narada Purana.

A Trick to Remember the Names of 18 Puranas:

To remember all the names of Puranas, you just need to remember a Sanskrit shloka:

“ma-dwayam bha-dwayam chaiva bra-thrayam va-chathushtayam

anapalinga kooska-ni puranani prudhak prudhak”

Ma two times (Matsya and Markendeya)

Bha two times (Bhagavata and Bhavishya)

Bra three times (Brahma, Brahmanda, Brahma Vraivrata)

Va four times (Vayu, Vamana, Varaha, Vishnu)

A-na-pa-lin-ga (Agni, Narada, Padma, Linga, Garuda)

You don’t need to worry about the last three words.

The names of 18 Upa-Puranas:

Upa-puranas are not very popular and considered less authoritative than Maha-Puranas.


THE PROJECT

The Bhagavata Purana is one of the most highly regarded and variegated of Hindu sacred texts. Although essentially a work of the puranic genre, the Bhagavata stands out among the Puranas, or sacred histories, in several important ways. Among these are its coherent narrative structure, its high poetic quality, its philosophical sophistication, and its extensive development of bhakti theology. As such, this work of over 14,000 Sanskrit verses ranks, along with the Ramayana and Mahabharata, as central to the contemporary Hindu corpus of sacred texts in the Sanskrit language.

As a work in the literary language of the brahmins, the Bhagavata has enjoyed considerable commentarial attention, yet it has also permeated popular Hinduism, both in India and diaspora communities, through manifold interpretations in temple liturgy and architecture, ritual recitations, dance, drama, and more recently, film. The text serves a foundation for the religious practice of several major north Indian devotional traditions, as well as schools of dance and drama. Indeed, the contemporary popularity of the text in India is attested by the fact that Gita Press (a north Indian publisher of popular, inexpensive editions of Hindu religious texts) has printed over 400,000 copies of the Bhagavata to date. All major vernacular languages of India have renditions of the Bhagavata, which often become regional classics in their own right. In recent years, this Purana has captured the interest of a broad western readership and a growing Indian diaspora.

A sacred text as significant as the Bhagavata Purana calls for greater attention in the academic world. With the recent resurgence of interest in the Puranic genre of literature, and the surprisingly few academic resources available for the study of the Bhagavata, we feel that the time is right for a broadly representative study of the text (e.g. text‐critical questions) and its contexts (e.g. reception history), together with its intellectual scope in relation to both Eastern and Western spheres of discourse. Furthermore, the commentarial tradition, derivative texts, and performative expressions represent a body of religious and cultural knowledge that is more vast than the Bhagavata itself, but which is as yet hardly tapped by students of India.

There is an initial need to assess the current state of Bhagavata studies, and consolidate past scholarship on the text. The Bhagavata Purana has been an important part of the Western encounter with Hinduism since at least the mid‐nineteenth century. The earliest translation into a European language was done by the French orientalist Eugene Burnouf, who published the original Sanskrit text with French translation in three folio volumes from 1840 through 1847. Renewed recognition of the Bhagavata&rsquos place among world literature and its continued importance as a sacred text has led to several recent publications by academic publishers aimed at reaching a broader English readership. Many of these books have naturally focused the Bhagavata&rsquos tenth book, which narrates the life of Krishna. Yet some of the most influential and retold narratives of the Bhagavata, such as the churning of the ocean, the great flood, and the appearance of the man‐lion Narasimha, come from earlier or later sections of the Bhagavata. It is thus our intention to correct this exclusive focus on the tenth book by making this research project broadly representative of the Bhagavata as a whole.


See also (Relevant definitions)

Search found 25 books and stories containing Bhagavata Purana, Bhāgavata Purāṇa (plurals include: Bhagavata Puranas, Bhāgavata Purāṇas). You can also click to the full overview containing English textual excerpts. Below are direct links for the most relevant articles:

Part 6 - Rājagṛha supreme seat (a): King Jarāsandha < [Chapter II - Origin and Function of Rājagṛha as the seat of Monarchy]

Part 5 - Eschatology < [Chapter XXIV - The Bhāgavata-purāṇa]

Brihad Bhagavatamrita (commentary) (by Śrī Śrīmad Bhaktivedānta Nārāyana Gosvāmī Mahārāja)


Ancient Aircraft (Vimana) and Parachute by King Salwa in Bhagavata Purana

UFO like Aircraft and Parachute usage was done by King of Salwa during a war againt Krishna at Dwaraka. Mayasura built this hitech Saubha Vimana with Iron.
Salwa is one the western kingdoms in the epic Mahabharata. It is close to Madra Kingdom (modern day Sialkot, Pakistan).
The famous Savitri and Satyavan, who survived death from Yama, were from Salwa Kingdom. Their capital was named Saubha.
One of the Salwa King, contemporary to Krishna, attacked Dwaraka with one of the most advanced aircraft during those times.

The sanskrit term Vimana, is not actually the modern day airplane. Its descriptions match with UFO, as they had no conventional engines or wings.
Salwa King has requested an extremely high-tech aerial vehicle which can help him destroy the city of Dwarka and kill his hated enemy, Lord Krishna.
The accomplished engineer Maya Danava fulfills Salwa’s request.

Salwa asked for a Vimana that could not be destroyed by Devas, Asuras, humans, Gandharvas, Uragas nor Rakshasas, that could travel anywhere he wished to go, and that would terrify the Varishnis.
Lord Siva said, ‘So be it.‘ On his order, Maya Danava constructed a flying vehicle made of iron named Saubha, and presented it to Salwa King.
Delighted with his new wonderful and powerful aircraft, the wicked King of Salwa gathers his army and heads for the city of Dwaraka to attack Krishna.

sa labdhvā kāma-gaṁ yānaṁ
tamo-dhāma durāsadam
yayas dvāravatīṁ śālvo
vairaṁ vṛṣṇi-kṛtaṁ smaran

Translation : This unassailable vehicle was filled with darkness and could go anywhere. Upon obtaining it, Salva, remembering the Varishnis’ enmity toward him, proceeded to the city of Dwarka.

Salva besieged the city with a large army, decimating the outlying parks and gardens, the mansions along with their observatories, towering gateways and surrouding walls, and also the public recreational areas.

ity ardyamānā saubhena
kṛṣṇasya nagarī bhṛśam
nābhyapadyata śaṁ rājaṁs
tri-pureṇa yathā mahī

Translation : The city of Krishna thus terribly tormented by Saubha could, just as the earth with Tripura, find no peace.

From his excellent vimana he threw down a torrent of projectiles. A fierce vortex arose and blanketed the entire area with billowing dust.
When Salwa saw Krishna’s chariot on the battlefield, he thereupon released a great and powerful weapon which “flew through the sky with a roaring sound like a great meteor&#8220。 Bhagavatam describes it as being so bright that it literally “lit up the entire sky“.
This sounds a lot like a blazing rocket!
As Krishna began his counterattack, Salwa engages the special powers of his vimana in an all out effort to avoid destruction.

Description of Battle between Salwa King and Dwaraka Warriors (Vrishnis)

Pradyumna seeing how His subjects were being harassed then said to them: ‘Do not fear!‘, after which the great hero, who was of an untold glory, mounted His chariot. Eminent leaders among chariot heroes like Sâtyaki, Cârudeshna, Sâmba, Akrûra and his younger brothers, Hârdikya, Bhânuvinda as also Gada, S’uka, Sârana and other bowmen, came forward [from the city] in armor, being protected by chariotry, elephantry, cavalry and infantry.
Thereupon a hair-raising battle commenced between the Yadus and the followers of Salwa, that was as tumultuous as the battle between the demons and the demigods.
The way the warm rays of the sun dissipate the darkness of the night, by the son of Rukminî with His divinely empowered weapons in an instant the magical tricks were destroyed of the master of Saubha.
With twenty-five iron-tipped, in their joints perfectly smoothened arrows with golden shafts He struck Salwa’s commander-in-chief [Dyumân].
With a hundred of them He pierced Salwa, with one shaft He pierced each of his soldiers, with ten shafts he pierced each of his charioteers and with three shafts he pierced each of his carriers [elephants, horses]. When they saw that amazing, mighty feat of Pradyumna, the great personality, He was honored by all the soldiers of His side and the side of the enemy.

The magical illusion created by Maya that then was seen in many forms, next seen in a single form and then again was not seen at all, constituted an inconstancy that made it impossible for his opponent to locate him.
Moving hither and thither like a whirling firebrand the airship of Saubha never stayed in one place from one moment to the next it was seen on the earth, in the sky, on a mountain top or in the water.
Wherever Salwa with his soldiers appeared with his Saubha ship, at that spot the arrows were aimed by the army commanders of the Yadus.
Salwa lost his grip because of his enemy, for his army and fortress had to suffer from the arrows shot that, striking like fire and the sun, were as intolerable as snake poison.

Even though the heroes of Vrishni, eager for the victory here and in the hereafter, were extremely pained by the floods of weapons launched by the commanders of Salwa, they did not leave their positions.
Salwa’s companion named Dyumân who was previously hurt by Pradyumna, then positioned himself before Him with a club of maura iron and struck Him with a powerful roar.
Pradyumna, the subduer of the enemies, received a full blow in the chest. His chariot driver, the son of Dâruka, knew what his duty was and removed him from the battlefield.

taṁ śastra-pūgaiḥ praharantam ojasā
śālvaṁ śaraiḥ śaurir amogha-vikramaḥ
viddhvācchinad varma dhanuḥ śiro-maṇiṁ
saubhaṁ ca śatror gadayā ruroja ha – 10.77.33 – Bhagavatam

Translation : As Salwa with great force was attacking him with torrents of weapons, pierced Lord Krishna unerring in his prowess, with his arrows his armor, bow and crest-jewel and smashed the Saubha-Vimana of his enemy with his weapon.

tat kṛṣṇa-hasteritayā vicūrṇitaṁ
papāta toye gadayā sahasradhā
visṛjya tad bhū-talam āsthito gadām
udyamya śālvo ’cyutam abhyagād drutam – 10.77.34 – Bhagavatam

Translation : Shattered into thousands of pieces by Lord Kṛishna’s thousands of weapons, the Saubha Vimana plummeted into the water. Sensing the danger Salwa King abandoned it, jumped on to ground, took up his weapon and rushed toward Lord Krishna.

Obviously, Salwa King will not jump from mid air and land on ground safely. He saw Krishna using multiple missiles to destroy his Vimana and took a parachute like equipment to safely land of ground, abandoning his burning Vimana.
Krishna, first attacked his arm with an arrow and then used his disc weapn, Sudarsana Chakra, to behead Salwa King.

The description of Salwa King’s Vimana is more like an UFO, as it flew with unmatched speed and was at different places within few seconds.
Also, the weapons used during this war looked to be missiles, which created lot of destruction.