エジプトのセリム1世

エジプトのセリム1世


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.


セリム1世

バヤズィト2世(バヤゼット)の息子であるセリムは、トレビゾンド帝国とセメンドラ帝国の総督として行政経験を積みました。セリムは兄たちとの継承をめぐって、1512年4月25日にバイエジッドを退位させたイェニチェリの支援を受けて勝利しました。

1年間、新しいスルタンは彼の兄弟と甥を排除することに夢中になりました。それから彼は、ペルシャからの宗教的魅力によって脅かされていたアナトリアでオスマン帝国の権力を強化することに目を向けました。 1513年の秋に、シーア派の異端者のリストが作成されました。その後の迫害で約40,000人が死亡し、その他は投獄または国外追放された。

翌春のイランに対するセリムの宣戦布告は、彼自身とシャー・イスマエルの間の有名な通信を開始しました。後に詩人として記憶されたスルタンは、エレガントなスタイルで書いたが、メッセージは挑発的で侮辱的であることを証明した。 1514年8月23日、トルコの大砲がペルシャ人をチャルディラーンに送りました。

戦争に対するイェニチェリの反対を静めるために、セリムは数人の指導者を処刑しました。彼は後に、イェニチェリグループの支配を強化するために、自分の家族の男性を将軍に任命しました。セリムは「ヤヴズ」(「グリム」)と呼ばれ、尊敬と恐れの両方を意味します。本質的に厳しい支配者であるにもかかわらず、彼はオスマン帝国の歴史の中で英雄として生き残っています。

セリムは1515年に再びアナトリア東部でキャンペーンを行い、翌年ペルシャへの攻撃を再開しました。しかし、8月、トルコ人はイスマエルの支持者であるエジプトのマムルークの支配者に遭遇し、アレッポの北での短い戦いで彼を打ち負かしました。エジプト軍は無給で、規律がなく、異議を唱えていました。最近のポルトガルへの東部貿易の喪失により、国家は弱体化しました。

レバントの都市は平和的に降伏し、オスマン帝国の管理者が引き継ぎましたが、変更はほとんどありませんでした。新しいエジプトのスルタンがトルコの主権の受け入れと引き換えに平和の申し出を担っていたセリムの大使を処刑したとき、オスマン帝国はカイロに移動しました。カイロは1517年1月に倒れました。エジプトに向かう途中、セリムはエルサレムへの巡礼をしました。

カイロでの数ヶ月間、セリムはメッカのシャリフの自発的な提出を受け入れ、オスマン帝国の支配下に聖地をもたらしました。伝統によれば、このキャンペーンの結果の1つは、アレッポでエジプト人から捕らえられた最後の「アッバース朝」のカリフ、アル・ムタワキルによって、カリフの道具(預言者の標準、マントル、剣)のオスマン帝国に公式に降伏したことでした。 。セリムは以前に自分自身をカリフと呼んでいたが、この権威の移転の主張は、オスマンリがその称号を使用したことを後から法的に正当化したものであった。

セリムは1518年7月にイスタンブールに戻りました。軍事と同様に行政に熟練した彼は、その後政府に専念しました。 1520年9月20日、彼は明らかに癌で突然亡くなりました。


ヘバ・セリムの物語:イスラエルのモサドのために働いたエジプトのスパイ

エジプト映画の歴史の中で最も影響力のある重要なシーンをリストアップするとしたら、1978年の映画の終わりは強い競争相手でなければなりません。 底に登る (El Soud Ela Al Hawia)。女優のマディハ・カメルは、逮捕後にカイロ空港に近づく飛行機に乗っていたエジプトのスパイ、ヘバ・セリム、または映画の&#8216Abla&#8217のキャラクターを演じています。彼女の隣には諜報員がいて、ピラミッドとナイル川を指差して、有名なセリフを言いました。「これはエジプト、アブラです。」

エジプトのサダト大統領がキャンプデービッド合意の一環としてイスラエルとの平和のための次のステップを計画していたとき、若いヘバセリムはモサドと協力してエジプトの陸軍将校を誘惑し、イスラエルがエジプトを倒すのを助けるために機密情報を収集していました第四次中東戦争中。

彼女自身の言葉で、彼女は平和のためにも働いていたと考え、最後の数日間、リファット・オスマン・ガブリエル将軍に、「私はスパイではありませんが、人類を破壊から守るために働いています」と語った。

彼女の平和の定義は明らかにパレスチナの物語を排除しましたが、彼女はまた、特定のアラブの文化的価値観を拒絶することで西洋の概念を受け入れるようになった一部のアラブの若者にとって、起こっていた、そして今も続いている態度の象徴であり証拠でもあります優位性。本質的に、セリムの物語は、イデオロギーがどういうわけか政治的アイデンティティを打ち負かすことができるかについての物語です。

ヘバ・セリムの初期の人生

諜報機関で働くほとんどの人と同じように、ヘバ・セリムの人生の詳細は不明であるか、捏造されていますが、彼女はカイロのモハンデセンの中流階級の近所で育ち、アインでフランス語を勉強したと考えられていますシャムス大学。

アラブの保守主義にうんざりしていたセリムは、アインシャムス大学のフランス学部長の助けを借りて、フランスのソルボンヌ大学で教育を受けました。

エジプト諜報機関で働いていたリファット・オスマン・ガブリエル将軍が言ったように、セリムは彼女を彼女の家でのパーティーに招待したユダヤ人のポーランド人女性を通してモサドと接触しました。

パーティーで、セリムはユダヤ人の友人たちに、戦争が嫌いで、この地域に平和が広がることを望んでいると宣言したと言われています。別の訪問で、彼女の同僚は、イスラエルが民主的で高度に都市化されていることを指摘し、イスラエルでの生活を描いた映画を彼女に見せました。

ヘンリー・キッシンジャー米国務長官がサダトに恩赦を求めに来たとき、セリムとアル・フェキの両方がすでに有罪判決を受け、死刑を宣告されていた。ヘバは絞首刑に処せられ、アルフェキは銃殺隊によって死刑を宣告された。

イスラエルのゴルダ・メイア首相は、セリムの運命を嘆き悲しんで泣いたと言われ、彼女は「イスラエルの指導者よりもイスラエルに忠実である」と述べた。


わずか8年で、セリム1世は「地球上の神の影」になりました

ファーバーは、最近の英国の読者の歴史的認識について、かなり薄暗い見方をしなければなりません。これは、帝国の600年の歴史の中で最も偉大なオスマン帝国のスルタンの1人の伝記ですが、出版社は本のタイトルに彼の名前を記載することはできません。おそらく彼らはセリム1世があまりにも曖昧だと思っていたのかもしれませんし、彼らは正しいのかもしれませんが、彼らの寡黙さは、スルタンに正当な理由を与えるアランミハイルのアメリカの出版社によって共有されていません。どうでも。イェール大学の歴史学部の議長であり、オスマン帝国の歴史の専門家であるミハイルは、この非常に説得力のある指導者が彼の年齢を定義し、世界を彼の意志に曲げるのにどのように役立ったかを示すことを使命としています。そして彼は繁栄して成功します。

セリムの治世は長くはなかったかもしれません—彼は1512年から1520年までしか統治していませんでした—しかし彼はなんとか多くの征服を収めることができました。彼の死の時までにオスマン帝国の規模はほぼ3倍になりました。彼はエジプトのマムルーク朝をむさぼり食い、レバントとアラビア半島の帯状地帯を取り囲み、聖地メッカとメディナを含めて、彼の領土にイスラムの輝きを加えました。彼はまた、1514年のチャルディラーンの戦いでサファヴィー朝のイスマーイール1世に血の鼻を与え、イランの無知を増すために勝利を収めてタブリーズに入った。

セリムの王位への昇格は、彼が王位に就いたときと同じくらい興味深いものでした。オスマン帝国の王子の継承に必然的に伴うフラトリサイドの発作に関するミハイルの文章は魅力的です。父親のバヤジッドの10人の息子の4人目として、セリムはスルタンになるとは決して期待されていませんでした。しかし、1487年から1510年までトラブゾンの知事を王子にした間、彼はイランの異教のシイテ隣人との衝突で彼の軍事力を証明しました。

セリムがトップに立ったのは、意志の力と彼の側室の母親であるギュルバハール・ハトゥンの導きの手と、高い知性と低い狡猾さによってのみでした。彼は、王位を奪うために父親をぶつけることにひんやりと近づきました。代わりに、王位を争う2人の異母兄弟のその後の殺害と一致する、冷酷さでスルタンの退位を余儀なくされました。彼の後のセリム・ザ・グリムとセリム・ザ・レゾリュートのニックネームは、これが軽蔑される人ではないことを示唆していました。燃えるような気性と手ごわい—ヴェネツィアの総督アンドレア・グリッティは彼を「残酷な筋」を持った「凶暴で狡猾な」戦争商人と見なしました—セリムは大げさではありませんでした。

1516年にシリアで行われたマルジュダービクの戦いで、セリムはマムルークを打ち負かし、中東征服への道を開いた。一年後、彼は 情けの一撃エジプトのリダニヤの戦いで、マムルーク朝のスルタンを永久に滅ぼしました。追放されたスルタンのトゥマンは追い詰められて殺され、彼の体はカイロの門の1つで3日間緊張した。 découragerlesautresを注ぐ.

ミハイルは、リダニヤが「世界を変えた」と主張するのは正しい。今後、セリムはイスラム教徒の権力の頂点に立ち、イスタンブールはイスラム教の善意の首都でした。アラビア西部のヘジャズが急速に拡大する領土に組み込まれたことで、彼は「2つの聖地の召使い」というあだ名を他の称号に追加することができました。

ミハイルは、15世紀と16世紀の地中海のさわやかなオスマン帝国中心の写真を提供しています。彼は、オスマン帝国の覇権が故郷に近づいた結果として、クリストファー・コロンブスの南北アメリカでの血なまぐさい探検を紹介します。それでも、東部のイスラム教に対して判断されたとき、彼が西部のキリスト教徒の彼の評価において完全に公平であるということは決してないと感じます。彼は「ルネッサンスヨーロッパのイスラムに対する血の欲望」について、その鏡像に沈黙を保ちながら書いています。彼は、若いセリムの「オスマン帝国のイスラム教の世界観とヨーロッパのキリスト教の宗教的同質性を達成するための暴力的な努力」のせいであるが、シーア派イランに対するセリムのその後の戦争についてはエキュメニカルがほとんどなかったことを付け加えなかった。自己批判は必要ですが、自己批判は甘やかされています。

コロンブスと彼の探検家の話が「間違いなく十字軍の1つ」だったとしたら、オスマン帝国の拡大は間違いなくジハードの1つではなかったのでしょうか。コロンブスが「キリスト教徒とイスラム教の間の世界的な文明戦争」の概念に心から同意したことに同意するかもしれませんが、ミハイルがダル・アル・イスラム教、またはイスラム教の住居との間の古典的なイスラム教の区別を認めない理由を同様に尋ねるかもしれません。非イスラム世界、文字通りダルアルハーブ、または戦争の住まいとして知られています。タンゴには2つかかります。

ミハイルの自信に満ちた、事件に満ちた散文はうまく鳴り響きます。時折の不利益だけがあります。たとえば、トルコの武将タメルレーンの曽孫であるバーブルが、イランとの戦争の準備をしている間、地域の指導者に「手を差し伸べる」セリムに「手を差し伸べる」かどうか疑問に思う人もいます。

1520年に彼が亡くなるまでに(おそらくペスト、または彼の馬から炭疽菌が感染したため)、セリムは他の誰よりも多くの領土の支配者でした。彼は世界で最も手ごわい軍用機を指揮し、自分自身を地球上の神の影と正当に見なすことができました。 4番目の息子にとって悪くない。

追加するものがありますか?以下のディスカッションとコメントに参加してください。

あなたはそれの半分に同意しないかもしれませんが、あなたはそれのすべてを読むことを楽しむでしょう。 最初の10週間をたったの$ 10でお試しください


タイトル[編集|ソースを編集]

カリフ制を主張した後、セリムはタイトルを引き継ぎました Malik ul-Barreyn、wa Khakan ul-Bahrayn、wa Kasir ul-Jayshayn、wa Khadim ul-Haramayn - あれは、 二つの土地の王(ヨーロッパとアジア大陸)、二つの海のカガン(地中海とインドの海)、二つの軍の征服者(ヨーロッパとサファビッドの軍)、そして二つの聖なる神社の召使い(メッカとメディナ)。この称号は、ヨーロッパとアジア(バルカン半島、アナトリア、肥沃な三日月地帯の大部分)での彼の領土、地中海と黒海の支配、マムルーク軍とサファビッド軍の両方の敗北、そして神社の保護を暗示しています。メッカとメディナの。


神の影:スルタンセリム、彼のオスマン帝国、そして現代世界の形成

歴史学教授で歴史学部長のアラン・ミハイルは、中東史に関する過去3冊の受賞歴のある本を通じて、過去についての理解を深めてきました。彼の最近の本では、 神の影(Liveright、2020)、彼はスルタンセリム1世(1470-1520)と彼のオスマン帝国の劇的な伝記を通して現代世界の新しい歴史を提供します。マクミランセンターは最近、ミハイル教授と彼が記録している修正主義者のアカウントについて話しました 神の影.

Q:この本を書きたいと思ったきっかけは何ですか?

午前: 私は、過去500年の歴史が現在をどのように形作ったかについて、私たちの世界のより完全な説明を提供したいと思いました。 1500年に、ヨーロッパから中国までの政治的または宗教的指導者に、その日の最も重要な地政学的権力をリストするように依頼した場合、オスマン帝国は頂点またはその近くになります。しかし、私たちの世界がどのようにして生まれたのかという歴史には、オスマン帝国が含まれることはめったにありません。私の本は、オスマン帝国を正当な場所に復元し、帝国の歴史の中心人物である9番目の指導者であるスルタンセリム1世の生活と時代に焦点を当てています。 神の影 現代世界の完全に新しい歴史を提供します。

米国では、私たちを偽造した歴史は、争われて不完全であるにもかかわらず、ヨーロッパ、ネイティブアメリカン、およびアフリカに由来することを理解しています。私の本の議論の一部は、オスマン帝国とイスラム教がこれらすべての文化と歴史を形作ったということです。したがって、アメリカの歴史を完全かつ正確に理解するには、これらの他の歴史も把握する必要があります。

Q:これは大胆な議論です。オスマン帝国とイスラム世界は、私たちの世界を形作った近代史の主要な出来事の根底にあるということです。しかし、あなたのケースは説得力があります。なぜこの視点が長い間見過ごされてきたのでしょうか。

午前: キリスト教世界とイスラム教の間の政治的および軍事的衝突と、それらのより多くの前向きでありふれた相互作用は、何世紀にもわたって旧世界の主要な地政学的な力を表していた。しかし、少なくとも産業革命と19世紀のいわゆる栄光以来、歴史家は「西の台頭」についての神話を作成しました。これは、どういうわけか1492年までさかのぼります。また、ヨーロッパ近世の深い亀裂は、オスマン帝国が19世紀の卑劣なソブリケット、「ヨーロッパの病人」を獲得する前に、何世紀にもわたって世界に恐怖をもたらしたという事実を覆い隠しています。 19世紀以来、西側の考えは確かにイスラム教の不在に依存するようになりました。ヨーロッパ、そしてアメリカは、この最も重要な歴史的敵を克服し、世界を前進させました。これはすべて歴史的な不条理です。私の本が示すように、ヨーロッパとイスラム世界は決して相互作用していませんでした。イスラム教徒はヨーロッパを新世界に押し出し、スペインの想像力で大西洋を横断してアメリカ大陸のヨーロッパ植民地化の初期の歴史を形作り、プロテスタントの誕生を助けました。一部のヨーロッパ人がイスラム教を大陸から遠ざけ、南北アメリカから遠ざけ、現代世界についての歴史的な物語から遠ざけようとしたとしても、イスラム教は常に現在の形成力でした。

Q:イスラム教徒の疎外または消去、および世界の歴史と発展への彼らの貢献は、今日の私たちの世界にどのように影響しますか?

午前: 過去5世紀の主要な歴史的出来事からイスラム教徒を排除することは、私たちがどのようにして現代世界に到達したかについての私たちの理解からイスラム教徒を排除します。イスラム教をそれがそうであった統合的で建設的な力として見る代わりに、私たちはそれを外の、他の、敵として見ます。私たちがイスラム教徒を常に私たちの歴史の外にあると誤って理解した場合、彼らを現在の外に保つことがより簡単になり、今日私たちがアメリカとヨーロッパでイスラム教徒を統合することはより困難になります。このように、イスラームの歴史を、私たちが一般に「私たちの歴史」として理解している出来事や歴史に織り戻すことによって、私の本がより包括的なプレゼントの根拠を提供できることを願っています。

Q:タイトルはどこにありますか 神の影 から来る?

午前: 「地球上の神の影」は、本の主人公であるスルタンセリムのモニカでした。それは彼の人生がこれまでで最も重要な半世紀の1つにまたがる世界史への彼の中心性を示しています。セリムは1470年にスルタンの4番目の息子として生まれました。彼の父の後を継ぐことを決して好まなかった、彼が望むことができた最高のものは余暇と快適さの生活でした。 17歳のとき、彼はオスマン帝国の首都から可能な限り遠く離れた黒海のフロンティアタウンであるトラブゾンの知事になりました。しかし、彼はこの弱点の投稿を、東の国境を越えた帝国の多くの敵に対して軍事力を曲げることによって有利に変えました。その後、彼は兄たちを裏切って王位に就き、父親の退位を余儀なくされました。スルタンとして、彼は彼の前のどの指導者よりも帝国を拡大し、20世紀の終わりまで帝国が維持する形を与えました。セリムは500年前の1520年9月に亡くなりました。

セリムは多くの最初のものを主張することができます。彼は3つの大陸でオスマン帝国を統治した最初のスルタンであり、1つはイスラム教徒の人口が過半数を占めていました。彼は、スルタンとカリフの両方の称号を保持した最初のオスマン帝国でした。彼は最初にスルタンになった非長男であり、最初に一人の息子(有名なスレイマン1世)を持ち、最初に座っているスルタンを追放した。

NS: セリムの物語を研究するために使用した情報源は何ですか?

午前: セリムの世界的な影響力を考えると、彼の人生についての情報源は世界中から来ています。トルコ語、アラビア語、スペイン語、イタリア語、フランス語の資料を利用しました。もちろん、トルコの情報源は、セリムの人生と彼の帝国の歴史の複雑さを語るために不可欠でした。ダマスカスとカイロでのセリムの進歩についてのアラビア語の説明も重要であることが証明されました。ヨーロッパの情報源もそうだった。実際、注目に値するのは、たとえば南北アメリカよりもはるかに多くのヨーロッパ人や他の人々がオスマン帝国について書いた量です。たとえば、スペインのカール5世は、新世界での帝国の巨大な拡大に最も責任を負った指導者であり、回想録で南北アメリカについて一言も述べていませんでした。彼に取りつかれたのは、ヨーロッパでのオスマン帝国の進歩と、イスラム教に対するキリスト教の弱さの高まりに対する恐れでした。同様に、16世紀のフランスは、南北アメリカとアフリカを合わせたものの2倍のイスラム教に関する本を作成しました。全体として、1480年から1609年の間に、ヨーロッパは南北アメリカよりもオスマン帝国とイスラム教について4倍多くの作品を出版しました。

Q:セリムの母親、ギュルバハールが彼の成功の鍵だったようです。これはオスマン帝国のスルタンとその家族の役割の典型でしたか?

午前: はい。オスマン帝国の王室では、すべてのスルタンの母親は側室でした。スルタンはほとんどの場合、妻ではなく側室で相続人を生み出すことを選択しました。したがって、オスマン帝国の600年の歴史の中で、すべてのスルタンの母親は技術的には奴隷でしたが、彼女の子供たちは自由に生まれました。彼らの征服された地位にもかかわらず、これらの王子の母親はオスマン王朝の政治において重要な地位を占めていました。側室が息子を産むと、彼女とスルタンは性的関係をやめました。オスマン帝国の公式は一人の女性、一人の息子でした。このシステムは息子の迅速な生産を可能にしただけでなく、王室の母親が彼らの王子の未来の愛国者になることを確実にしました。オスマン帝国の継承の血なまぐさい世界では、王子はお互いに穴をあけられたので、最初に彼らを保護し、次に彼らが王位に向かって操縦するのを助けるために、支援の側近を必要としました。王子の母親は、これらの帝国政治の主要な戦略家でした。母親へのインセンティブは明らかでした。彼女の王子が成功した場合、彼女も成功し、両方の大きな利益になります。

それで、セリムがトラブゾンの知事に送り出されたとき、ティーンエイジャーがあなたを気に留めているように、彼の母親のギュルバハールは彼と一緒に行きました、そして彼が大人になるにつれて何年もの間、彼女は自分で街を走りました。この種のことは帝国全体で繰り返されました。個々の息子の成功に強い関心を持っていたGülbaharのような女性は、オスマン帝国の領域全体で帝国の支配の多くを管理していました。

Q:セリムは、治世中に帝国の規模を3倍にしました。どのようにして、この広大な土地とそのような多様な人々を支配することができたのでしょうか。

午前: 1517年にセリムがマムルーク帝国を征服したことで、オスマン帝国は中東と北アフリカのすべてを勝ち取り、地中海東岸全体を支配し、紅海を経由してインド洋にアクセスできるようになりました。それはまた、200年以上ぶりに帝国を過半数のイスラム帝国にしました。それ以前は、オスマン帝国の支配下にあった人々のほとんどは正教会のキリスト教徒でした。したがって、オスマン帝国は、過半数の非イスラム教徒の人口に対する少数派のイスラム教徒としての支配について長い経験を持っていました。それでも、セリムの征服は新しい統治形態を要求しました。セリムが以前の慣行を維持することを大部分許可したので、新しい人口はオスマン帝国の支配を受け入れました。人々がオスマン帝国の主権を認めている限り、彼らは同じ税金を支払い、同じ地元の指導者を維持し、彼らの生活様式を維持することが許されていました。そして、残業人口はオスマン帝国の支配の多様な利点を見るようになりました。たとえば、帝国の法廷制度は、紛争を裁定し、財産取引を記録し、帝国に苦情を登録する方法を人々に与えました。クリスチャンヨーロッパとは異なり、オスマン帝国の政策は、少数派グループの宗教的自治が彼ら自身の宗教法に準拠し、彼らが好きなように崇拝し、税金の支払いを通じて兵役を回避することを許可しました。オスマン帝国は、彼らが首尾よく支配することができる唯一の方法は、オスマン帝国の支配の利点を彼らに示すことによって彼らの主題に勝つことであると理解しました。

Q:オスマン帝国が、コロンブスが南北アメリカを発見した理由だとおっしゃっていますが、これはどのようにして実現したのですか?

午前: コロンブスは、オスマン帝国がコンスタンティノープルを征服する2年前の1451年に生まれました。キリスト教世界とオスマン帝国および他のイスラム教徒との衝突は、コロンブスの時代の最大の地政学的紛争であり、他のどの勢力よりも彼の世界を形作った。イスラム教徒は、キリスト教の世界観に対する精神的な挑戦、領土の政治的ライバル、そして交易路と市場の経済的反対者を表しています。ヨーロッパ人はこれらすべてを克服しようと十字軍の言葉に目を向けました。それが存在するあらゆる場所でイスラム教を打ち負かすキリスト教の戦争だけがヨーロッパの優勢をもたらすことができるという信念でした。

1492年のカトリックによるグラナダの征服は、イベリア半島での7世紀以上にわたるイスラム教徒の支配を終わらせ、キリスト教がイスラム教の完全な全滅に向けて前進しているという考えを強化しました。コロンブスの西への旅は、この戦争の次のステップと見なされていました。彼の航海は、オスマン帝国とマムルクによる東への交易路の支配と、地中海におけるオスマン帝国とヨーロッパの対立の産物である、イスラム教徒とキリスト教徒の敵意の直接の結果でした。彼が公海で西にボブしたとき、コロンブスの心は発見への世俗的な情熱も計算的な商業的ビジョンも占めていませんでした。何よりも、彼は西に航海し、キリスト教の継続的なイスラムに対する十字軍の新しい章を開きました。彼はイスラム教徒と戦うために大西洋を渡った。

Q:オスマン帝国がプロテスタント改革をもたらすのを助けたともあなたは主張します。どのように?

午前: セリムの領土拡大は、キリスト教ヨーロッパに精神的な挑戦をもたらしました。その後、小さな公国と激しい都市国家のテッセレーションされた大陸になりました。個々に、一緒にさえ、彼らは巨大なイスラム教徒の帝国に匹敵しませんでした。この権力の不均衡を説明しようとして、多くのヨーロッパ人は、政治だけでなく、道徳的な失敗として認識したものにも答えを見つけました。宗教と政治が結びついた世界では、運命の逆転は神からの裁きを表しています。このようにオスマン帝国軍はキリスト教徒の実存的内省を引き起こし、定着した社会的、宗教的、政治的秩序への挑戦のための肥沃な土地を蒔きました。

これらの批評の中で群を抜いて最も広範で結果的なものは、マルティン・ルターという名前の若いドイツのカトリック司祭からのものでした。彼は、イスラム教に対するキリスト教の弱さは、カトリック教会の道徳的堕落に起因することを示唆しました。神は、キリスト教徒の罪を清めるために、ルターが神の「不平等の鞭」と呼んだ生産的な道具としてオスマン帝国を送りました。ルターは彼の共宗教主義者たちに、精神的な再生につながる身体の痛みを受け入れるように促しました。なぜなら、浄化された魂を持った人々だけが戦場でイスラム教を打ち負かすことができたからです。イスラム教は、常にルターにとって忌まわしいものであり、教会の重大な悪を批判する強力な手段としての役割を果たしました。 「教皇は魂を殺しますが、トルコ人は体を破壊することしかできません」と彼は書いた。オスマン帝国は、イデオロギーの対位法として機能することに加えて、ルターの時間を購入しました。オスマン帝国を守るための彼らの軍事動員のために、カトリック勢力はこれらの初期のプロテスタントの動揺を鎮めるために戦闘部隊を送ることを非難した。私たちの誰かがルターのことを聞いたことがあるかどうかを知っている彼らがいました。

Q:私たちのほとんどが毎日使用しているオスマン帝国の発見の1つは、コーヒーです。彼らはどのようにしてこの作物に最初に遭遇し、その価値を認識したのでしょうか?

午前: そうです。毎朝元気を取り戻すとき、私たちは皆、セリムにうなずく必要があります。 1517年にセリムがマムルーク帝国を破ったことでイエメンが勝利しました。コーヒーはエチオピアからイエメンにやって来て、すぐにアラビア半島の土壌と市場に運ばれました。セリムの兵士が最初にそれに遭遇したとき、彼らは植物の果実を噛み、その活気に満ちた特性を楽しんだ。それはすぐに彼らの仲間入りをしました。最近形成されたセリム帝国の政治的および経済的統一のおかげで、豆はイエメンから中東、北アフリカ、そして最終的には東ヨーロッパ、そしてインド洋に広がりました。コーヒーの楽しくてやみつきになる特性に対する需要はすぐに世界中で急増し、歴史上最初の真にグローバルな商品の1つになりました。イエメンは数世紀にわたってコーヒー市場を追い詰め、世界の供給量の90%近くを生産しましたが、その後、南北アメリカと東南アジアの生産者がそれを上回りました。イエメンのモカ港がその名前を飲み物に付けたのも不思議ではありません。

Q:読者がこの本から何を奪うことを望みますか?

午前: オスマン帝国とイスラム教が自分たちの世界や自分たちの感覚からそれほど離れていないこと、他のことではないことを彼らが理解することを願っています。イスラム教は2070年までに世界最大の宗教としてキリスト教に取って代わると予測されているため、世界史におけるイスラム教の複雑な役割を理解することがますます不可欠になっています。私たちは、西の台頭の単純で歴史的な物語や文明の衝突の簡単な概念を超えて移動しなければなりません。イスラム教は過去5億年の歴史の中心でした。理解され、私たち自身の歴史に統合されることが最も重要な歴史的力でした。イスラームの第一人者であるオスマン帝国の役割を理解しなければ、過去も現在も理解することはできません。オスマン帝国は、1500年に、既知の世界のまさに中心に立っていました。オスマン帝国は私たちが今日知っている世界を作りました。アメリカの歴史には、見落とされ、抑圧され、無視されたオスマン帝国の深く永続的な痕跡が含まれています。私の本はこの歴史を復元します。

アラン・ミハイル、イェール大学の歴史学教授および歴史学部長は、中東および世界の歴史における彼の業績で広く知られています。彼は、中東および環境史の分野で複数の賞を受賞した3冊の過去の本と30以上の学術論文の著者であり、オスマン帝国およびトルコ研究協会からのFuatKöprülüBookPrizeを含みます。 オスマンの木の下:オスマン帝国、エジプト、そして環境史 と中東研究協会のロジャーオーウェンブック賞 オスマン帝国エジプトの自然と帝国:環境史。 2018年には、国際的に著名な人文科学者および社会科学者に対して、アレクサンダーフォンフンボルト財団のアンネリーゼマイヤー研究賞を受賞しました。彼の著作はに登場しています 新しい ヨークタイムズウォールストリートジャーナル.

ミハイル教授は、彼の本の資料に基づいて次の記事を書きました。


&#8220神の影:スルタンセリム1世、彼のオスマン帝国、そして現代世界のメイキング&#8221アランミハイル

セリム1世とピリメフメドパシャ(ウィキメディアコモンズ経由)

ラン・ミハイルがセリム1世について広く公表し、惜しみなく図解した新しい本は、彼が「過去5世紀の新しくより全体的な絵を提供する修正主義者の記述」と呼んでおり、最初は非常に歓迎すべき追加であるように思われます。オスマン家のスルタンに関する本、特に伝記のかなりまばらなリストに。

1512年から1520年までのスルタンであるセリム1世は、通常「ザ・グリム」と呼ばれ、おそらく何かを教えてくれます。彼の比較的短い統治の間に、セリムはエジプトのマムルーク朝を征服し、オスマン帝国の領土に約70%を追加しました。エルサレムと聖地メッカとメディナを含みます。しかし、他の多くのスルタンのように、彼はかなりとらえどころのないままであり、研究は、ミハイルがイギリスのセリムの現代、ヘンリー8世について書いたほど多くの資料を生み出しません。

ミハイルは、とりわけ、聖人伝を自由に使える セリムネーム また セリムの本、これはスルタンの生と死の「公式」の説明と呼ぶことができ、何年にもわたって多くの兆候を経験しましたが、それでも歴史家には不可欠です。同時代の人々によって記録された個々の行動の説明があり、絵画だけでなく、さまざまな信頼性の西洋の情報源があります。ミハイルは、詩を含むセリム自身の著作にもアクセスできます。全体として、セリム1世の肖像画を描くことになると、ミハイルは彼が持っている素材で素晴らしい仕事をしました。セリムは非常に冷酷な存在として現れます(彼は2人の兄弟を絞め殺し、自分の父親を追放しました)が、文化的で宗教的な男であり、それにもかかわらずユダヤ人に対して寛容を示し、学習を奨励しましたが、人々を征服するために急いでいたのは驚くべきことでしたこれらの利益に従うため、またはミハイルが実行したと私たちに告げる改革を実行するための余暇はありません。

神の影:スルタンセリム、彼のオスマン帝国、そして現代世界の形成、アランミハイル(Liveright、2020年8月)

しかし、最初のページから、ブラウンズビルのすぐ向かいにあるメキシコの都市、マタモロスと呼ばれる場所があるべき理由を読者に尋ねることから始めて、この本がなぜ論争の的となっているのかを理解できます。それがオスマン帝国と何の関係があるのか​​、人は尋ねるかもしれません。 Professor Mikhail has the answer: the name means “killer of the Moors”, a sobriquet of St James, the patron saint of Spain, and therefore it must have an Ottoman connection, because the Spanish have, from the Middle Ages onwards, feared the potential of spreading Turkish power, and of course Mexico was then part of Spain’s overseas empire. As Mikhail has it, “If we do not place Islam at the center of our grasp of world history, we will never understand why Moor-slayers are memorialized on the Texas-Mexico border,” an omission which has led us to have “blindly and repeatedly narrated histories that miss major features of our shared past.” Well, that’s certainly a breathtaking opening gambit, and the mention of Mexico gives the Central American connection which we can remember when Mikhail gets on to the Mayas, Incas and so on, ultimately leading to the chapter entitled “Christian Jihad” in Part Three, followed by the now-obligatory discussion of slavery.

Mikhail thus makes the first of many sometimes questionable connections between the Ottomans and the Americas, adding on, chapter by chapter, a great deal of strange and wonderful material about Christopher Columbus, Ferdinand and Isabella, the Mayas, the Reformation in general and Martin Luther in particular. There are sections on “Empire Everywhere”, “American Selim”, and a “Coda” entitled “Shadows over Turkey”, in which Mikhail argues that President Erdoğan’s policies can be understood in terms of his admiration for Selim I. Erdoğan, Mikhail informs us, even thinks that Muslims “discovered” America. More “relevance”, one supposes, but this, like so much in this book, may also be seen as simply “reaching”, a technique which can be simply misleading if the reader does not know the history well. This reviewer has come rather late to this controversy, but I was from the outset concerned by what seemed to Mikhail’s search for history’s “relevance” to our own world, to link Ottoman history to the United States (American historians tend to do this, according to one reviewer, because insular American readers want everything to be about America, and it sells more books), somehow “globalize” the short, warlike reign of Selim I, consequently reducing the importance of that of his son Süleyman I “the Magnificent” (1520-66). In this globalizing fervor, spread throughout the book, Selim himself often recedes into the background of the narrative, leaving readers rather lost, wondering what exactly this book is about as they travel with Columbus, dispute with Luther and Pope Leo X or take ship to America with Robert Cushman on the メイフラワー号 a century after Selim’s death.

For much of the rest of the time, Selim is elevated by Mikhail into an incarnation of the “great man” idea of history as pioneered in the works of Thomas Carlyle, the one chosen by God and placed on earth to get significant things done, hence Selim’s title of “God’s shadow”. It does seem odd, however, that a soi-disant “revisionist” historian with “holistic” aspirations should even attempt to revive the “great man” idea by placing Selim I in the midst of events, but then having him often stand waiting in the wings while he attempts to connect faraway events with him. One could argue, however, that Selim’s title suggested that either he or his subjects did in fact think of him as a great man after all, shahs of Persia were often referred to as the “Pivot of the Universe”.

Mikhail’s thesis appears to be that the Ottomans under Selim I’s single-handed guidance (with some help from his mother Gülbahar Hatun) practically “invented” the modern world, which, according to an earlier book by another prize-winning American historian (Arthur Herman in 2001), had in fact already been invented by the Scots. The Ottomans, unlike the Scots, did this by making everyone very frightened of them. Would they seize Spanish colonies, dominate trade routes, and even go on to monopolize coffee? Worse than all these things, would Islam supplant Christianity everywhere? If so, what was needed was a new crusade and a general crackdown on Muslims, the best example of the latter being the well-known move made by Ferdinand V and his even more fanatically anti-Muslim wife Isabella I when they finally expelled the Moors from Granada. This act of brutality was one of the few significant contacts between Moors and Europeans during Selim’s lifetime. Selim’s wars were actually directed largely against fellow-Muslims, namely the Mamluks in Egypt and the Safavids in Iran, and his religious fervor at dissenters in his own faith, not at Christians or Jews. The Ottomans did not move to help Spain’s Moors against Ferdinand and Isabella, even as the latter must have been aware of their power.

Yet, Mikhail has given a wide-ranging, vividly-written and sympathetic account of Selim’s reign and administration, and has certainly made the point that historians need to look at the Ottoman Empire’s influence in the early modern world, especially in relation to the idea that early modern history is all about the “rise of the West”. Drawing on a multiplicity of sources in several languages, Mikhail does indeed present history from the Ottoman side, emphasizing their very real centrality in early modern history, and for that readers should be grateful. However, we should read carefully—it requires a leap of faith to incorporate the expansion of the narrative to Columbus, Luther or the “American Selim”, and in the end this reviewer was unable to make that leap, because it imposes 21st-century notions on early modern events. But as a book on Selim I and the rise of the early modern Ottomans, Mikhail’s book may be, for the moment, indispensable, although no doubt the same subject matter will be tackled by historians of a more traditional bent but who are, nonetheless, aware that the West is not the sole focal point of the historical development of our modern world.


Selim I in Egypt - History

The Egyptian dynasty was one of the most advanced in the history of the world, with their creation of huge structures such as pyramids, without the use of proper construction equipment, their forms of communication, roads and more. The Egyptians were one of the earliest civilisations in the world, and stood their ground against many obstacles throughout their existence. It wasn’t until Egypt fell to the Romans and became a Roman province when the ancient civilisation became entwined with European culture, but after this happened, Egypt’s history becomes slightly more blurred. If you’re interested in Ancient Egypt, then the Book of Ra slots quiz could be the perfect way for you to spend your time.

It was during the 18th century that the Egyptians had to defend their country against invaders from the likes of Napoleon. Due to Napoleon’s hate of Britain at the time, the conqueror invaded Egypt as an indirect method of harming British imperial interests. Napoleon had previously ventured into a campaign against Austria and won the Battle of Lodi, the Battle of Arcole and the Battle of Rivoli, returning to Paris a hero before his venture into Egypt.

At the time, Egypt were entirely Ottoman after Ottoman sultan Selim I captured Cairo in 1517. The Ottoman Empire was one of the largest and longest lasting Empires in history and was inspired and sustained by Islam. At the height of its power, the Ottomans controlled much of Southeast Europe, Western Asia, the Caucasus, North Africa and the Horn of Africa. After capturing Egypt, the Empire created a naval presence on the Red Sea.

Egypt suffered many famines throughout the 18th century, and the 1784 famine cost the country approximately one sixth of its population, although it was still recovering from its weakened economic system and effects of the plagues from a few centuries prior.

In order to justify his invasion into Egypt in 1798, Napoleon proclaimed an invasion would defend French trade interests, by undermining Britain’s access to India and establishing scientific enterprise. Egypt at the time of invasion, although an Ottoman province, was not actually under direct Ottoman control and there was a lot of tension in the country due to the Mamluk elite.

18th century Egypt had supposedly influenced fashion in France, and many intellectuals saw Egypt was the cradle of western civilisation. In addition to this, French traders in the River Nile were complaining of harassment from the Mamluks another reason why Napoleon deemed it the right time to invade the country.

Napoleon’s fleet landed in Alexandria, and the army marched through the desert in the height of summer, to Cairo, with a fleet behind them following on sea. However, Napoleon’s fleet blew into the path of an enemy fleet supported by musket fire from 4,000 Mamluks. Although the French fleet had numerical superiority, they lost 600 on the battlefield after charging the village of Chebreiss. After this battle, with an exhausted army, Napoleon decided to draw up his 25,000 troops for battle around nine miles from the Pyramids of Giza – the battle is now known as the Battle of The Pyramids. During this battle, there was a French victory over an enemy force of 21,000 Mamluks.

It was after this that Napoleon was given control of the city of Cairo after it had been abandoned by the beys Murad and Ibrahim. After various naval and land battles and victories in Egypt, Napoleon began to behave as the absolute ruler of all Egypt, despite not having the support of the Egyptian population. In October 1798, there was a revolt from the people, and they attacked and mercilessly killed any Frenchmen they met after spreading weapons amongst themselves. The British were also attacking the French fleets, but Napoleon managed to push them and the Egyptian population back and remain in control of Egypt.

After a stint in Syria, where Napoleon had forced his troops into many more battle leaving the army in a critical condition, he returned to Egypt and was faced with a new land battle with Murad Bey, the bey who had fled when he first arrived in Cairo. This led to the land battle of Abukir. Although Napoleon won this battle, it was his last stint in Egypt, before returning to France, after feeling that there was nothing left for his campaign and ambitions in the country.

After Napoleon left the country, the Ottoman Empire once again took hold with the help of the British Empire and completely expelled the French from the country.

著者について: Samuel Jackson for many years worked as an advisor for businesses across Europe and Asia. Now he invests his money wisely in property, oil and new business. Sam frequently writes blogs helping people mirror his financial success.


After Cairo omitted his name from a street, who is Selim I?

CAIRO – 13 February 2018: After many decades after the end of the Ottoman occupation, Cairo has omitted the name of Sultan Selim I from a Cairo street as a way to get rid of "unacceptable" names and distinguish between people who treasured Egypt and others who invaded and violated the country.

The story began when Mohamed Sabry al-Daly, professor of contemporary history at Helwan University, submitted an official request to Cairo governorate to change the name of Sultan Selim I Street in Zaytoun district of eastern Cairo.

Egypt is a country with a multicultural society that has respected and received people from all countries throughout the world. Therefore, many Egyptian streets are named after foreign characters.

With the 500th anniversary of Sultan Selim’s invasion of Cairo and the end of the Mamluk era in the country, the Egyptian government has recently recognized that Sultan Selim I was not a patriotic symbol, but rather an invader who came to control Egypt and capitalize its resources.

The street was named after Selim I in the second half of the 19th century, under the reign of Mohamed Ali.

Sultan Selim I was born on October 10, 1470, in Amasya, Turkey. He was the youngest son of Sultan Bayezid II.

He provoked a dispute between Sultan Bayezid and his brother, Ahmed. By 1512, he declared himself sultan when he orchestrated a coup against his father and killed his brothers and nephews in order to eliminate his rivals for the throne.

The Turkish people named him “Selim the Resolute” because of his courage in the battlefield. However, other people named him “Selim the Grim” due to his face always being sullen.

The era of Sultan Selim I was distinguished from previous eras, as his conquest turned to the east instead of Western Europe. His state expanded to comprise Sham (Levant), Iraq, Hijaz (western Arabia) and Egypt. He is highly respected in modern Turkey.

Sultan Selim I reached Egypt after he invaded Syria, and he dispatched a reconciliation offer to then-ruler Tuman Bey with one condition: that Tuman Bey should recognize his authority. Tuman Bey refused.

On January 23, 1517, Sultan Selim killed Tuman Bey and hanged his body for three days on Bab Zuweila, a gate that still exists at the walls of Old Cairo, until feral birds decimated his body.

He fought and committed injustices against the Egyptian people, destroyed the Mamluk Sultanate, with Cairo as its capital, that had included Hijaz, Sham and Yemen, breaking it into small states affiliated to the Ottoman Empire, and he disbanded the Egyptian army, which was able to consolidate its power 250 years later.

Recently, some have suggested replacing Sultan Selim’s name with Ali Bey Al Kabir, who is considered the first Mamluk commander to face the Ottoman Empire, reestablish the Egyptian army and give independence to Egypt from the Ottomans for a few years.


Sultan Yavuz Selim I

Sultan Selim was born on 10th of October 1470 in Amasya. His father was Beyazid II and mother was Gulbahar Hatun. He was ascended to throne in 1512 and ruled the Ottoman Empire for 8 years until 1520.

Selim's nickname was Yavuz, standing in Turkish for "the Stern" or "the Grim". During his rule, the Ottoman Empire reached huge extensions thanks to his conquests especially in the Middle East. He also took the title of being a Caliphate from Abbasids after defeating Mamluk state in Egypt, becoming the leader of the Islamic world as well. The sword, teeth and the mantle of Prophet Muhammad were taken from Cairo to Istanbul, which are kept today in Topkapi Palace Museum.

Selim was one of the Empire's most successful and respected sultans. He was tall, strong, brave, fierce, but very modest despite his powers and was writing poems. He never rested during his rule, he worked hard and organized campaigns, filled the treasury with lots of gold. He was an expert on using the sword, archery, and wrestling. He had long mustache but he cut his beard, unlike other sultans. He also had an earing on one ear.

In 1489 Yavuz Selim became the governor of Trabzon. Due to the threat of the Shiis developing in Persia, he fought against Shah Ismail's forces. In 1508 he overcame Shah's big army corps and drove them out of his borders. He was going to go further but returned on demand of his father.

Yavuz Sultan Selim attacked Georgia and owing to his heroic acts and successes he was named "Yavuz". Yavuz Sultan Selim attacked Caucasia without permission of his father Sultan Beyazid, and wanted to have a governor's post in Rumeli in order to be close to Istanbul. When he couldn't get what he wanted, he attacked Edirne via Rumeli and was defeated by his father's army and escaped to Crimea. In 1512 Sehzade Ahmet, during his father's lifetime, was called to Istanbul to become the ruler. But this time janissaries rebelled hence he had to go back. Upon this, Yavuz Sultan Selim was called and became the ruler. Yavuz was interested in sports and science.

In 1514, before his campaign to Iran, Yavuz Selim I ordered the persecution of thousands of Alevis in the province of Rum in Anatolia in order to avoid the risk of being attacked while marching to that territory for the war.

Selim I died on 22nd of September 1520 in Tekirdag province. His son, Suleyman I "the Magnificent", became the next sultan of the Ottoman Empire.


SELIM I°

SELIM I ° (reigned 1512–20), Ottoman sultan. The son of Sultan *Bayazid ii, Selim was the ninth Ottoman sultan. Demonstrating military prowess, he was favored by the army over his elder brother Ahmed to succeed his father. He succeeded within a short time to ward off the Safavid (Persian) menace and to destroy the *Mamluk Sultanate, annexing *Syria and *Egypt and the Muslim holy places in Mecca and *Medina to his domains. Through these conquests, the *Ottoman Empire became the leading Muslim power.

Jewish exiles from Spain and Portugal were welcomed by the Ottoman sultans. Joseph *Hamon (d. 1518) became Selim's physician. The sultan displayed a benevolent attitude towards the Jews and permitted the construction of new synagogues. Elijah Mizrachi was the chief dayyan of Constantinople and in Selim's time there existed the office of *kahya, i.e., a liaison officer between the Jewish communities and the government, among whose functions was the collection of taxes.