USSキャンベラCA-70-歴史

USSキャンベラCA-70-歴史



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

USSキャンベラCA-70

キャンベラ

(CA-70:dp。13,600; 1. 673'5 "、h 70'10"、dr。20'6 "; B。
33 k。; cpl。 1,142; NS。 9 8 "、12 5"; clボルチモア)

キャンベラ(CA-70)は、マサチューセッツ州クインシーのBethlehem SteelCo。によって1943年4月19日に発売されました。レディアリスC.ディクソンが後援。 1943年10月14日、A。R。大尉が指揮を執った。

キャンベラは1944年1月14日にボストンを出発し、サンディエゴを経由して真珠湾への乗客を乗せ、2月1日に到着しました。彼女は2月14日にTF68と合流し、エニウェトクの捕獲に参加しました。巡洋艦はマジュロの基地から蒸気を発し、パラウス、ヤップ、ウリシ、ウォレアイの襲撃のためにヨークタウン(CV-10)タスクグループに参加し(3月30日から4月1日)、同じ基地から4月13日とMac245で航行しました。 ; lニューギニアへの陸軍上陸を支援するホランディアとワクデに対する空爆。キャンベラは、エンタープライズ(CV-6)タスクグループに参加して、トラックに対する戦闘機の掃討を行い、その後、サタワンを砲撃し、キャリアに再び加わって、トラックへのさらなる攻撃を行いました(4月29日から5月1日)。

1944年5月のマーカス島とウェイク島への襲撃の後、キャンベラは6月6日マジュロから出航し、マリアナ沖海戦を含むマリアナ沖海戦、およびボニンの基地を無力化するための空爆と砲撃を支援しました。エニウェトクでの補給に続いて、キャンベラはパラオとフィリピンへの襲撃のために、そしてモロタイ上陸をバックアップするために8月29日に出航した(9月15-16日)。

1944年10月2日、キャンベラはレイテ島への着陸を見越して、沖縄とフォルモサへの空爆のためにTF38と一緒に出航しました。 10月13日、フォルモサからわずか90マイル離れた、敵に近く、安全な港から遠く離れたキャンベラは、エンジニアリングスペースの装甲帯の下で航空魚雷に襲われ、側面に巨大なギザギザの穴が開いて23人が死亡しました。乗組員は即座に。損傷制御によって区画が隔離される前に、約4,500トンの水が突入して、消防署と両方のエンジン室の後に彼女を氾濫させ、巡洋艦を停止させました。その後、負傷した船を救うという戦争の最も注目すべき成果の1つが始まりました。キャンベラはウィチタ(CA-45)に牽引されました。機動部隊は、14日の朝に魚雷を発射された彼女とヒューストン(Cl-81)に護衛を提供するために改革されました。ウリシ島に向けて退役した「CrippleDivision1」は、敵の空襲を撃退し、ヒューストンに別の魚雷を発射することに成功しました。ハルゼー提督(CTF 38)は、現在「ベイトディビジョン1」と呼ばれているグループを使用して日本艦隊を野外に誘い込もうとしましたが、敵が内海から出撃したとき、残りのTF38からの空襲が敵の疑惑を引き起こしました。罠の、そして日本軍は撤退した。キャンベラと彼女のグループは、彼女が殴打されたジェイから2週間後の10月27日に到着し、ウリシ島への無秩序な状態を続けました。巡洋艦は一時的な修理のためにマヌスに曳航され、その後ボストン海軍工廠で恒久的な修理のために出発しました(1945年2月16日から10月17日)。キャンベラは1945年後半に西海岸に戻り、1947年3月7日、ワシントン州ブレマートンで予備役として任務から外されました。

1952年1月4日に再分類されたCAG-2で、キャンベラはブレマートンからニューヨーク造船所に曳航されました。カムデン、ニュージャージー州では、誘導ミサイル大型巡洋艦に改造されました。彼女の後の8インチ砲塔は、テリア対空ミサイルランチャーに置き換えられ、それ以外の点では近代化されました。キャンベラは1956年6月15日に再就役しました。これは、米国の平和のための海軍力を高める大革命の一環です。カリブ海の演習は、1967年3月14日、ドワイトD.アイゼンハワー大統領をイギリスのハロルドマクミラン首相との会議のためにバミューダに運んだときまで実施されました。6月12日、彼女はハンプトンロードでの国際海軍レビューのレビュー船を務めました。チャールズE.ウィルソンは、カリブ海とブラジルへのミッドシップマンの訓練クルーズ(6月13日から8月5日)の後、9月3日にノーフォークを出発してNATO作戦「ストライクバック」に参加し、 1958年3月9日に帰国する前の第6艦隊。

1958年の春、キャンベラは、第二次世界大戦と韓国の未知の軍人をアーリントン国立墓地の未知の墓に埋葬するための儀式の旗艦に指定されました。巡洋艦は5月26日、バージニア岬沖でランデブーし、ブランディ(DD-943)はヨーロッパ劇場の未知数を運び、ボストン(CAG-1)は太平洋戦争と朝鮮戦争の未知数を運びました。ブランディが彼女の未知のものをボストンに移した後、3つの棺はすべてキャンベラにハイラインされ、そこで第二次世界大戦の2つの未知のものの間で選択が行われました。選択された棺は韓国の未知のものと一緒にワシントンD.C.への輸送のためにブランディに戻され、選択されなかった未知のものはキャンベラによって軍の名誉で海に埋葬されました

キャンベラはヨーロッパへの訓練クルーズでミッドシップマンを運び(1958年6月9日8月7日)、ニューヨークを少し訪れた後、オーバーホールのためにノーフォーク海軍造船所に入った。

キャンベラは通常の運航スケジュールから離れて、1960年3月3日にノーフォークから世界中を巡航し、J。マクン少将の旗を掲げて出航しました。大西洋艦隊巡洋艦部隊および巡洋艦師団6の司令官、テイラー。この巡洋艦で彼は旗艦を南太平洋に連れて行きました。そこでは彼女の同名が沈み、1944年に敵と交戦し、彼は仕えました。このクルーズでは、キャンベラは太平洋、インド洋、スエズ、地中海、そして大西洋を航海しながら、第7艦隊と第6艦隊の両方で運航しました。彼女は10月24日にノーフォークに帰国しました。その年の残りの期間、彼女は東海岸で活動しました。

キャンベラは第二次世界大戦の従軍星章で7つの従軍星章を授与されました


Laststandonzombieisland

ここLSOZIでは、毎週水曜日に離陸して、1833年から1954年の古い蒸気/ディーゼル海軍を見て、毎週異なる船のプロファイルを作成します。これらの船には生命があり、物語はすべて独自のものであり、時には最も奇妙な場所に連れて行かれます。 &#8211クリストファーエゲル

軍艦2021年4月28日水曜日:関道カンガルー

海軍歴史および遺産司令部のコレクションからの公式の米国海軍写真NH98383およびNH98391。 (クリックすると大きくなります)

ここでは、19年で何が変わるかがわかります。真新しい ボルチモア-クラスの重巡洋艦 USSキャンベラ(CA-70) 1943年10月14日、ボストン港で進行中、第二次世界大戦の準備が整っており、 ボストン-クラス誘導ミサイル巡洋艦 USSキャンベラ(CAG-2) 1962年10月28日、キューバミサイル危機の際に海上で進行中。

1939年の第二次世界大戦の初期の暴風雨が勃発したとき、米海軍は、ドイツがこの戦争に関与する可能性が高いこと、そしてその国の巨大な新しい18,000トン、8x8インチの砲撃、4.1インチの装甲に気づきました。 ヒッパー-クラスのスーパークルーザー–それは大きなお尻の重巡洋艦部門で優勢でした。あなたが火に加えるとき、日本人がワシントンとロンドンの海軍条約のすべてを置き去りにして、巨大なものを構築していたという事実 最上-クラスの船(15,000トン、3.9インチの装甲)、壁に書かれていました。

それが ボルチモア クラスがやってきた。

クラスのこれらの24の想定された船は アイオワ-3つのトリプルタレット、ツインスタック、高い中央橋、2つのマストを備えたミニチュア級の戦艦で、(ほぼ)強力でした。巨大な6インチの装甲帯(および3インチの甲板装甲)で覆われているため、必要に応じて殴打することができます。彼らは速く、30ノット以上の能力がありました。つまり、彼らが非常によく似た高速の新しい正規空母や、画板上にあった新しい正規空母と歩調を合わせることができました。

彼らはより重装甲でしたが ヒッパー最上、彼らはまた、9つの新しいモデルの8インチ/ 55口径の銃を搭載する追加の8インチのチューブを持っていましたが、ドイツと日本人は155mmの銃しか持っていませんでした( 最上川 後で10×8インチを拾いました)。ツインマウントの5インチ/ 38口径砲と70 + 40mmおよび20mm砲を含む、より大きな一連のAAA砲がこれを完成させました。

要するに、これらの船は入ってくる航空機にとって致命的であり、少なくとも27フィートの海水が浮かんでいて、沿岸のビーチや水陸両用上陸のための定置を槌で打つことができれば、海岸に近づくことができました。一対一の戦いで現代の戦艦の。

もともとは1941年9月3日にマサチューセッツ州クインシーのベツレヘムスチール社によって3番目として敷設されました USSピッツバーグ、私たちの物語の主題は名前が変更されました USSキャンベラ 1942年10月16日に ケント-クラスの重巡洋艦 HMASキャンベラ(D33) オーストラリア海軍の(CA-72は名前が付けられることになりますが) ピッツバーグ 1973年に襲われるまで)。

この動きは、アメリカの船と一緒に戦い、RADMリッチモンドK.ターナーの戦術指揮下で戦っている間に2隻の日本の魚雷と20隻の8インチの銃撃戦に襲われた巡洋艦に敬意を払うことでした。ターナーはサボの戦いで失われました。 2か月前にソロモン諸島沖の島であり、米国の海軍艦艇が外国の首都にちなんで名付けられたのはこれが初めてでした。

オーストラリアのワシントン大臣であるオーウェンディクソン卿は、RANの同名(「キャンベラ」という名前を最初に付けた)を表す特別なプラークをアメリカの船に厳粛に提示し、彼のハンサムな妻は洗礼式を忠実に行いました1943年。

USSキャンベラ 1943年10月14日に就役し、CPTアレクサンダーR.アーリー(USNA 1914)が指揮を執った。カリブ海での戦時中のシェイクダウン(乗組員の90%は海に行ったことがなく、農場から離れたばかりで新鮮でした)とその後のボストンでのヤード期間を終えた後、彼女は太平洋に向かう途中でした。

USSキャンベラ(CA-70)は、1943年後半頃に進行中です。NH45505

USSキャンベラ(CA-70)は、1943年10月14日、マサチューセッツ州ボストン港で進行中です。船の2つの航空機クレーン、船尾の40mmクワッドガンマウントがポートに対していくらかオフセットされ、8 / 55、5 / 38、および40mmガンの配置に注意してください。船尾と船体中央部。 NH 98386

彼女が空母を護衛したとき、彼女の戦争は現実のものとなりました USSサラトガ(CV-3) 1944年2月にエニウェトクに日本軍の拠点を塗りつぶすために、水陸両用上陸を保護しました。

南太平洋に渡る際のオタマジャクシのパーティーの後、彼女は伝説の人と交換可能に働きました USSエンタープライズ(CV-6) および新しい エセックス-クラス USSレキシントン(CV-16) パラオ、トラック、ヤップの島々への攻撃と、ニューギニアのタナメラ湾への軍隊の着陸を支援したことに対して。その後、マーカス島、ウェイク、グアム、硫黄島への「軟化」襲撃がさらに発生しました。

フィリピン海戦中、彼女はサーチライトとスターシェルを使用して、アメリカの空母航空団を&#8220マリアナ沖海戦から艦隊に戻すように誘導した部隊の1人でした。その後、 キャンベラ そして彼女のOS2Nカワセミフロート水上機は、捨てられて失われた飛行機の搭乗員のために広範なライフガードの任務を遂行し、 ヨークタウン, レキシントン, ハチ、 と ベローウッド しかし、救命いかだでそれを終えました。

その後、キャロラインでさらに仕事をした後、PIに戻り、空母の機動部隊に同行して、サマール、レイテ、セブ、ネグロ、ボホール諸島に向かいました。

USSキャンベラ(CA-70)は、1944年10月10日、フォルモサから魚雷を発射される3日前に、西太平洋で機動部隊38と共に活動していました。彼女のカモフラージュは、メジャー31-32-33シリーズのデザイン18aです。 80-G-284472

1944年10月13日金曜日、彼女の乗組員は、沖縄、フォルモサ、北部ルソンからほぼ等距離にあり、3つすべての飛行範囲内にあり、1833年頃にグループによる午後遅く/夕方の攻撃をスパイしました。日本の雷撃機。彼女のAAAの乗組員は、入ってくる飛行機のうち3つを飛ばしましたが、1つは、私たちの巡洋艦に接触した魚を落とすことができました。

彼女の魚雷攻撃によるダメージチャート。ここにはるかに大きなバージョン。

タイプ91、Modであると信じられています。 3魚雷、それはエンジニアリングスペースで彼女の装甲帯の下にぶつかり、彼女の側にギザギザの穴を吹き、23人の男性を完全に殺しました。傷の場所が原因で、消防署と両方のエンジンルームの後に、なんと4,500トンの水が彼女に氾濫し、巡洋艦は水中で死んでしまいました。 (ここで広範囲の損傷レポートを読んでください)

英雄的なDCの努力によって救われ、 キャンベラ、同様に魚雷を搭載した軽巡洋艦と一緒に USSヒューストン(CL-81)は、キャリアのキャボットとカウペンズの航空機によって飛行されたCAPの下で、次の数日間にわたって安全に牽引されました。それにもかかわらず、ウリシ島への最初の引退中に、不自由な巡洋艦は繰り返し日本の空襲にさらされました。 ヒューストン それが終わる前に別の魚雷のヒットに苦しんでいます。

USSキャンベラ(CA-70)は、沖縄沖で魚雷を発射された後、ウリシ環礁に向かって牽引されました。 USSヒューストン(CL-81)も魚雷で牽引されており、正しい背景にあります。キャンベラは1944年10月13日に船の真ん中で攻撃されました。ヒューストンは、10月14日に船の真ん中で、10月16日に船尾で2回魚雷を発射されました。タグボートは、キャンベラを曳航したUSS Munsee(ATF-107)とUSS Pawnee(ATF-74)である可能性があります。 NH 98343

日本の魚雷攻撃後のマヌスでのUSSキャンベラ乾ドックABSD-2。

最終的には、 キャンベラ VJデーが終わるまで、前進基地で、その後ボストン海軍工廠で修理中のままでした。戦後の太平洋艦隊に戻るように命じられた、リフレッシュされたキャンベラは1946年1月9日にサンフランシスコに到着し、1947年3月7日にブレマートンで任務から外されて停泊しました。

彼女は第二次世界大戦の奉仕で7つの従軍星章を獲得しました。戦時中の船長であるアーリー大尉は、海軍十字章を獲得し、1949年に海軍少将として引退しました。これは、大砲での両世界大戦のベテランです。

USSキャンベラ(CA-70)、1944年2月14日から11月19日までの第5艦隊と第3艦隊による太平洋での船の運航のチャート。USNRのQuartermaster J.L.Whitmeyerによって描かれました。 NH 78680

ミサイル時代

NS ボルチモア クラスの費用は、1940年代の戦時国債で裏付けられたドルでアンクルサムが船体あたり推定3,930万ドルでした。 1950年代には、ますますアトミックな世界でこれらのオールガンクルーザーをさらに活用しようとすることは理にかなっています。それで、キャンベラと彼女の姉妹船 USSボストン(CA-69) 1951年にタップされ、CAG-1(CAG-1と呼ばれる)艦隊サービスで最初の米海軍の誘導ミサイル軍艦になりました。ボストン)およびCAG-2、それぞれ。

改造により、船の後方が根本的に変化し、143トンのNo. 38インチ砲塔とツイン5インチDPマウントが削除されました。また、すべての40mmおよび20mm AAA砲が取り外され、新しい3&#8243/50ツインMkが6門(後に4門に減らされました)に置き換えられました。 22秒。水上飛行機の規定とそれに付随する格納庫、カタパルト、クレーンも削除されました。

1943年のUSSキャンベラの航空写真(上)と1967年(下)。ボートの保管スペースを提供するために右舷に角度を付けた彼女のヘリコプタープラットフォームに注意してください。即時のCAG姉妹船ボストンにはそのような取り決めはありませんでした。

上部構造は、ツインファンネルの配置が単一のスタックに変形され、ポールマストが強力な空中捜索レーダーを搭載したレーダーマストに置き換えられて変更されました。

30秒ごとに2発のミサイルを発射できる2つの巨大なテリアミサイルシステムが、2つの巨大なAN / SPQ5レーダーディレクターとともに船尾に設置されました。甲板の下には、144発のミサイルを収容できる巨大な回転マガジン/作業室が作られました。今日のVLSを装備したタイコンデロガ級巡洋艦には122個のセルしかないことに注意してください。

USSキャンベラ(CAG-2)は、1963年12月に米国西海岸沖で、ポールH.ニッツェ海軍長官のファーストフリートデモ中にテリア誘導ミサイルを発射しました。KN-8743

USSキャンベラが1957年2月にテリア誘導ミサイルを発射。写真NH98398

公式期間のキャプション:USSキャンベラ(CAG-2)に搭載されたテリアミサイルのガイダンス用の&#8220スーパーレーダー(AN / SPQ5)。レーダーは巨大な砲塔のようなアンテナを備えており、巨大なサーチライトに似ています。 Sperry Gyroscope Companyによって米海軍向けに開発された長距離高高度ミサイル誘導システムは、超音速ジェット機と戦うための信頼性の高いミサイルを搭載した艦隊を対象とした米海軍のプログラムの一部です。スーパーレーダーは、単一または複数の敵の攻撃者に一斉射撃または一斉射撃を行うかどうかにかかわらず、超音速ミサイルの粘り強い安定した誘導に非常に高い性能を発揮します。システムは各ユニットで多くの自動レーダー機能を組み合わせており、どちらのシステムも単一の発射装置またはバッテリーからミサイルを制御でき、テリアミサイルを発射するか、両方のレーダーが異なるターゲットグループを同時に追跡できます。また、地平線から何マイルも離れた空域をスキャンする柔軟なモードが含まれているため、早期警告の利点があります。したがって、ミサイルが発射され、非常に正確に誘導されている間、個々のターゲットを近接飛行グループから選択し、長距離で追跡することができます。&#8221 1957年5月3日にリリースされたUSN写真670326。

2段ミサイルの重量は1.5トンで、ブースター上で27フィートの長さでしたが、速度はマッハ3、射程は17マイルを超えていました。 218ポンドの弾頭に加えて、1KTの範囲でW45戦術核兵器を搭載することができます。第二次世界大戦からわずか10年間は​​悪くありません。

1962年にUSSプロビデンス(CLG-6)に乗ってここで見られました。

変換には、船体あたり1,500万ドル、つまり元のコストの約半分の費用がかかります。キャンベラは1956年6月15日にフィラデルフィアで再就役し、最後に艦隊に所属していたときとはかなり異なって見えました。

1950年代にバージニア州ハンプトンローズに入るUSSキャンベラ(CAG-2)。 K-20598。

カンガルーは必要に応じて真ちゅう用のポーチを開け、1957年に英国のハロルドマクミラン首相とのバミューダ会議でアイクを迎えました。

1957年3月12日、ドワイトD.アイゼンハワー大統領と海軍補佐官のエヴァンP.オーランド大尉(USN)が、彼らをUSSキャンベラ(CAG-2)に連れて行く打ち上げに乗り込みました。NH68550

バミューダへの旅行でアイゼンハワー大統領を乗せたUSSキャンベラCAG-2&#8211 1957年3月ライフマガジン&#8211ハンクウォーカー写真家

1957年3月14日、会議のためにバミューダに向かう途中のUSSキャンベラ(CAG 2)に搭乗している間、ドワイトD.アイゼンハワー大統領がゴルフゲームを練習しています。 8217sナンバー2の8インチ砲塔。 NH68555。

カリブ海での途中のクルーズと地中海への長期展開の後、彼女は1958年に第二次世界大戦と韓国の未知の軍人の選択のための儀式の旗艦を務めました。

USSボストンの船員は、キャンベラでの第二次世界大戦の未知の軍人を選ぶ式典の前に、棺がUSSキャンベラに移されるときに名誉を与えます。 1958年5月26日のバージニア岬。NH54117

1958年5月26日、USSキャンベラでの式典で、ウィリアムR.シャレット病院長が第二次世界大戦の未知の軍人を選出しました。

その後、別のミッドクルーズが始まり、メッドでスティントしました。そこでは、彼女はしばしば旗艦として使用されました。 1960年の世界一周で、彼女は初めてオーストラリアの&#8220home&#8221を訪れ、翌年、キューバ沖で、封鎖エラー検疫タスクフォースの責任者であるRADM John W.Ailesをホストしました。

1961年1月9日に進行中のUSSキャンベラ(CAG-2)の美しいコダクローム。KN-1526

それから彼女の2回目の射撃戦争が起こり、彼女はたくさんの射撃をしました。

東南アジア

1965年2月にベトナム沖でTF77の航空会社をスクリーニングしました。 キャンベラ Syncom 3システムを介して通信衛星を介して運用メッセージを中継し、4,000マイル離れたホノルルの海軍通信ステーションに到達するヒューズエアクラフト端末のプロトタイプを作成した最初の米国海軍船になりました。彼女はそれを確認されたxmitでフォローアップしました USSミッドウェイ(CVA-43)、当時は約6,000マイル離れていました。

1965年3月までに、彼女はヤンキーステーションから離れ、マーケットタイム作戦中にベトナム沖の進化する銃線に着陸しました。これには、国への空襲の監視とシードラゴンの艦砲射撃支援の証明が含まれていました。これは海軍が確実に死んだと考えていた任務でした。

DANFSが指摘しているように、&#8220これらの操作をサポートしている間 キャンベラ 朝鮮戦争以来、彼女が戦争で銃を使用した最初の米海軍巡洋艦となる6つの火力支援任務を遂行しました。&#8221

この役割で、古い第二次世界大戦のブルーザーと彼女の種類とヴィンテージの他のものは着実な雇用を見つけました。 1965年2月から1968年12月の間に、 キャンベラ ベトナムの沿岸海域に向けて5回の配備で出荷され、銃の需要は非常に高かった。

北ベトナム沖では、USSキャンベラ(CAG-2)の8インチ砲が、USSロングビーチ(CGN-9)の&#8220Terrier&#8221ミサイルランチャーを囲んでいます。 USNのチーフジャーナリストR.D.Moeserが撮影。 USN 1121640

USSキャンベラ(CAG-2)1967年3月のベトナム戦争の砲撃支援任務中に、砲塔#2の8インチ砲が発射されました。右上隅にある2つの発射物に注意してください。 USNのチーフジャーナリストR.D.Moeserが撮影。 USN 1142159

USSキャンベラ(CAG-2)の乗組員は、1967年3月のベトナム戦争の砲撃作戦に続いて、砲塔#2の8/55砲をスポンジで発射しました。USN1122618

USSキャンベラ(CAG-2):1967年3月、3門の一斉射撃が北ベトナムの標的に向けて発射されると、火の玉がUSSキャンベラ(CAG-2)を照らします。アクセッション番号:L45-42

捕虜サヴァン

の一つ キャンベラ&#8217s ブルージャケッツは、異常な事故で北ベトナム人の手に渡るという不幸に見舞われ、ハノイヒルトンで捕虜になりました。

水兵見習いのダグラス・ヘグダールは地獄の穴で2年間過ごしましたが、他の多くの囚人よりも早く釈放されました。彼は脅威とは見なされておらず、NVAの手にある数少ない徴兵の一人であり、かけがえのない情報を持っていたからです。家に帰る。ご覧のとおり、256人の将校でいっぱいの捕虜収容所のEMとして、彼はその場所のほぼ自由な支配権を与えられ、他のアメリカ人と交流することができました。そのため、彼は(驚くべきことに)彼らの名前、捕獲日、捕獲方法、および個人情報を、彼の捕虜の間に非識字を装ったにもかかわらず記憶しました。

下士官の二等兵曹ダグラス・ヘグダールは静かで自尊心がありました。空から撃たれたほとんどのアメリカ人囚人とは異なり、彼は海から救出されていた。 USSキャンベラに乗船していた彼は、命令に従わず、夜の爆撃を見るために甲板に忍び寄りました。彼が5インチの銃を通り過ぎたとき、それは放出されました。彼は足場を失い、トンキン湾に陥った。軍艦は暗闇の中に蒸気を吹き込んだ。

ベトナムの漁師が彼を迎えに行き、当局に引き渡した。当局は彼を無知だと思ったので、北ベトナムの警備員は彼を「信じられないほど愚かな者」と呼んだ。しかし、解放されると、彼は情報の宝庫であることが判明しました。 「古いマクドナルドは農場を持っていた」という曲に合わせて、彼は200人以上の囚人の名前を覚えていました。彼のおかげで、多くのアメリカ人家族は、彼らの息子と夫と父親がまだ生きていることを初めて知るでしょう。記者会見から数日以内に、ハノイの捕虜に対する扱いは改善し始めました。「残虐行為ははるかに少なく」、ある捕虜は「そしてより大きなお椀」を思い出しました。

から パイロットイムパジャマ、栄光のベトナム民主共和国で撮影された東ドイツのプロパガンダ映画:

&#8220ドゥグラス・ブレント・ヘグダールがキャンプの清潔さを維持しています。ヘグダールは、DRVで拘留されている唯一のアメリカ人ドラフトです。船員は、ドラフトを務めていた軍艦から船外に転落し、しばらくしてベトナムの漁師によって水から釣り上げられました。現在、ヘグダールは捕らえられた空賊の生活を共有しています。&#8221

1969年7月までに、 キャンベラ は全砲巡洋艦として再指定され、古い船体番号(CA-70)を取得し、テリアミサイルシステムと関連機器は削除されました。彼女はまだ良好な状態であることがわかったが、代わりに、古い船を清算するために海軍によって大きな引き下げの一部としてサービスから引き離された。

1970年2月2日、 キャンベラ サンフランシスコで廃止され、1978年7月31日に海軍船籍簿から削除され、2年後にスクラップとして売却されました。

ダグ・ヘグダールはまだ生きており、74歳です。彼はSEREインストラクターとして働いた後、1970年代に海軍を去りました。彼は特別な知識を持っていました。

一つ USSキャンベラのネジは保存され、サンペドロのロサンゼルス海洋博物館に展示されています。

彼女の船の鐘は、ジョージW.ブッシュ大統領とオーストラリアのジョンハワード首相との間の式典で、ANZUS条約同盟の50周年を記念して、9月11日の前日にオーストラリア政府と連邦に贈られました。現在、2007年にブッシュが鐘を訪れたシドニーのオーストラリア海事博物館に展示されています。

ティナ・ヘイガーによるホワイトハウスの写真。

さらに、2000年には記念の盾 USSキャンベラ オーストラリア戦争記念館に設置されました。

彼女は海景画でも記憶されています。

1963年にサンディエゴ湾を出発するUSSキャンベラ(CAG-2)の絵画、アーティストのウェインスカルパチによる「シルバーゲート出発」

そのようなアートワークとなると、1928年の水彩画 HMASキャンベラに提示された USSキャンベラ 彼女が廃止されるまで船上に運ばれ、現在はNHHCの管理下にあります。

NH 86171-KN HMASキャンベラ(オーストラリアの重巡洋艦、1928年)F。エリオットによる水彩画。この絵は1970年にUSSキャンベラ(CA-70)から受け取った。

オーストラリア海軍は現在3番目にいますが HMASキャンベラ、28,000トンのLHDである米海軍は、間もなく2番目のLHDを受け取る予定です。 PCS USSキャンベラ(LCS-30)、 NS 独立-クラスの沿海域戦闘艦は、最近モビール湾の水域に運ばれ、2023年に就役する予定です。彼女の名前は2018年2月のドナルドトランプ大統領とオーストラリアのマルコムターンブル首相との会議で発表されました。

(完成時)
排気量:14,500ロングトン(14,733トン)標準16,000トン全負荷
長さ:673フィート5インチ
ビーム:70フィート10インチ
高さ:112フィート10インチ(マスト)
ドラフト:26フィート10インチ
推進力:8つのバブコック&ウィルコックスボイラー、4つのスクリューを備えた4つのGEギヤード蒸気タービン= 120,000 shp
速度:33ノット
燃料:2,500トン
補数:61人の将校と1,085人の船員
アーマー:ベルトアーマー:6インチ
デッキ:3インチ
タレット:3〜6インチ
司令塔:8インチ
航空機:4機のフロート水上機(カワセミ)2機のカタパルト、船尾に1基のクレーン、2機の航空機用のデ​​ッキ格納庫の下
武装:
9×8&#8243/55(20.3 cm)マーク12秒(3 x 3)
12×5&#8243/38(12.7 cm)マーク12s(6 x 2)
48×40mmボフォース砲
28×20mmエリコン大砲

(CAGとして)
変位:17,500全負荷
長さ:673フィート5インチ
ビーム:70フィート10インチ
高さ:112フィート10インチ(マスト)
ドラフト:26フィート10インチ
推進力:8つのバブコック&ウィルコックスボイラー、4つのスクリューを備えた4つのGEギヤード蒸気タービン= 120,000 shp
速度:33ノット
燃料:2,500トン
補足:73人の役員、1,200人が入隊
アーマー:ベルトアーマー:6インチ
デッキ:3インチ
タレット:3〜6インチ
司令塔:8インチ
航空機:ヘリコプター用のデッキスペース
レーダー:SPS-43前方、SPS-30後方ポールマスト
武装:
6×8&#8243/55(20.3 cm)マーク12秒(2 x 3)
10×5&#8243/38(12.7 cm)マーク12(2 x 2)
8×3&#8243/50(7.62 cm)マーク22 AAA(4 x 2)
2 xテリアツインレールSAMランチャー(144ミサイルマガジン)

このコラムが気に入った場合は、International Naval Research Organisation(INRO)、Publishers of WarshipInternationalへの参加を検討してください。

彼らはおそらくあなたが見つけることができる海軍の研究、画像、そして交わりの最高の情報源の1つです。 http://www.warship.org/membership.htm

国際海軍研究機構は、主に鉄鋼軍艦の時代(現在まで約1860年)の海軍艦艇とその歴史の研究を奨励することを目的とした非営利団体です。その目的は、軍艦に関心のある人々に情報と連絡手段を提供することです。

50年以上の奨学金であるWarshipInternationalにより、INROの書面による本は何百もの記事を発表しており、そのほとんどはそのスイープと主題において独特です。


USS キャンベラ (LCS-30)

USS キャンベラ (LCS-30) になります 独立-アメリカ海軍の沿海域戦闘艦。 [1] [3]彼女は名前が付けられる2番目の米国の船になります キャンベラ、船後HMAS キャンベラ これはオーストラリアの首都にちなんで名付けられました。 [3] キャンベラ アラバマ州モビールにAustalUSAによって建設されます。 [4]彼女は2021年6月5日に、オーストラリアの外務大臣であるマライズ・ペイン上院議員が船のスポンサーを務めて命名されました。閣下のアーサー・シノディノス駐米オーストラリア大使は、オーストラリアを代表して式典に出席しました。 [2]

  • Sea Giraffe 3D Surface / Air RADAR
  • Bridgemaster-Eナビゲーションレーダー
  • GFC用AN / KAX-2 EO / IRセンサー
  • EDO ES-3601 ESM
  • 4×SRBOCラピッドブルームチャフランチャー
    Mk 110 57mm砲
  • 4×.50口径(12.7 mm)砲(後方2基、前方2基)11セルミサイルランチャー
  • ミッションモジュール
  • 2×MH-60R / Sシーホークス
  1. ^ NSNSNSNS「キャンベラ(LCS-30)」。海軍船籍簿。 2018年2月28日取得。
  2. ^ NSNS
  3. 「海軍からクリステン沿海域戦闘艦キャンベラ」。 Defense.gov。 2021年6月4日。 2021年6月5日取得。
  4. ^ NSNS
  5. ブラウン、アンドリュー(2018年2月24日)。 「ドナルド・トランプは、キャンベラにちなんで名付けられる最新の米軍艦を発表しました」。 キャンベラタイムズ。 FairfaxMedia。 2018年2月28日取得。
  6. ^
  7. 「オーストラリアの第二次世界大戦の巡洋艦HMASキャンベラにちなんでLCS30に名前を付ける米海軍」。今日の海軍。 2018年2月26日。 2018年2月28日取得。
  • この記事には、海軍船籍簿、これは、米国政府の出版物として、パブリックドメインにあります。エントリはここにあります。

米軍の特定の船またはボートに関するこの記事はスタブです。あなたはそれを拡張することによってウィキペディアを助けることができます。


USS キャンベラ (CA-70)(元々はピッツバーグ)

USS キャンベラ (CA-70)は、サマール沖海戦(1944年10月12-16日)中に日本の魚雷によってひどく損傷したボルチモア級重巡洋艦でしたが、安全に牽引されました。アメリカ艦隊に甚大な被害を与えました。彼女は後に誘導ミサイル巡洋艦(CAG-2)に改造され、1970年までその役割を果たしました。 キャンベラ 第二次世界大戦の従軍星章を7つ受け取りました。

NS キャンベラ 1943年4月19日に打ち上げられ、1943年10月14日に就役しました。彼女は当初USSと名付けられる予定でした。 ピッツバーグ、しかし名前はHMASを称えるために変更されました キャンベラ、サボ島の戦い(1942年8月9日)で失われたオーストラリアの巡洋艦。

NS キャンベラ 1944年2月14日に太平洋のタスクフォース58に加わり、エニウェトクの侵攻中にほぼ即座に行動に移されました。彼女はそれから参加しました ヨークタウン (CV-10)パラオ諸島、ヤップ、ウリシ、ウォレアイ島への襲撃(3月30日から4月1日)。彼女はそれから参加しました 企業 (CV-6)ニューギニアに上陸する軍隊を支援する作戦。艦載機は、当時のトラックの主要な日本軍基地であるホランディアとワクデを攻撃しました。同時に、以下を含む巡洋艦の力 キャンベラ、サタワン島の水上爆撃に参加した(1944年4月29日-5月1日)。

1944年5月に キャンベラ マーカス島とウェーク島への襲撃中にTG58.2の一部でした。 6月に彼女はマリアナ諸島の侵略のためにTG58.1に加わりました。彼女はフィリピン海の戦いの間、タスクグループにいました。

8月に彼女はパラオ諸島への別の襲撃とフィリピンへの襲撃を支援し、9月中旬にモロタイ島の侵略を支援した。

10月の初めに キャンベラ 沖縄とフォルモサへの一連の空爆のためにTF38に参加しました。これらは、レイテ湾への侵攻前に日本の空軍力を消耗させるように設計されており、大成功を収めました。日本人はアメリカ軍の襲撃に一連の大規模な空爆で対応した(1944年10月12-16日、サマール沖海戦)。日本人はこの戦闘で600機以上の航空機を失いましたが、11隻の空母と2隻の戦艦を沈めたと主張して、大成功を収めたと誤って信じていました。彼らはアメリカ艦隊を不自由にしたと信じていたので、これはレイテ沖海戦の彼らの行動に影響を及ぼしました。

NS キャンベラ フォルモサ沖での戦闘中に損傷を受けた数少ないアメリカ船の1つでした。 10月13日、彼女は装甲帯の下を攻撃した航空魚雷に襲われました。 No.4ボイラー室は最初の爆発でノックアウトされ、23人が死亡した。 4,500 tons of water flooded in. The water was able to get through gaps caused by a damaged propeller shaft and flooded a second fire room and both of the turbine rooms. NS キャンベラ lost all engine power.

Although she was only ninety miles from the Japanese bases on Formosa, the キャンベラ was successful rescued. For two days she was towed by the ウィチタ (CA-45). The small fleet was joined by the ヒューストン (CL-81), which was torpedoed early on 14 October. The damaged ships and their tugs formed 'cripple division 1', and made slowly towards safety at Luilti. Admiral Halsey hoped to use this division to trick the Japanese fleet into coming into range of his aircraft, but he struck too soon and the Japanese retired. キャンベラ and her escorts managed to fight off one Japanese air attack, although ヒューストン was hit for a second time.

The damaged cruisers reached Ulithi on 27 October. She was then towed to Manus where temporary repairs were carried out. She was then towed back across the Pacific and around to Boston. Full repairs took from 16 February to 17 October 1945, so by the time the キャンベラ was ready to return to the fleet the war was over. She was decommissioned on 7 March 1947.

On 4 January 1952 the キャンベラ was reclassified as CAG-2, in preparation for conversion into a guided missile cruiser, following on from the Boston(CA-69). This was a fairly simple conversion compared to later efforts. The rear 8in turret was removed and two Terrier missile launchers were installed. She was recommissioned in her new configuration on 15 June 1956.

The modified キャンベラ was selected for a number of high prestige roles. In March 1957 she carried President Eisenhower to Bermuda for a conference with Prime Minister MacMillan. In June she was the reviewing ship for the International Naval Review in Hampton Roads. In the spring of 1958 she was the ceremonial flagship for the flotilla that brought the unknown servicemen from the European and Pacific theatres of the Second World War and the Korean War to Arlington. In 1960 she was the flagship of Rear Admiral J McN Taylor on a goodwill world cruise.

More normal duties saw the キャンベラ conduct midshipman cruises in the summers of 1957 and 1958.

She served with the 6th Fleet in the Mediterranean from September 1957 to March 1958. In 1962 she took part in the naval blockade during the Cuban Missile Crisis.

She served five tours of duty off Vietnam, starting in 1965 and ending in 1969. Here her 8in and 5in guns were far more useful than the Terrier missiles. She was hit herself on 2 March 1967, suffering 5 minor casualties. The third tour, in 1968, saw her take part in the Tet Offensive, firing 35,000 rounds during the battle of Hue.

On 1 May 1968, reflecting the out-of-date nature of the Terrier missile, the キャンベラ was redesignated as CA-80.

NS キャンベラ was decommissioned on 2 February 1970 after the end of her fifth tour of Vietnam, and struck off the Navy List on 31 July 1978.


USS Canberra (CAG 2)

Initially named PITTSBURGH but later renamed CANBERRA, the ship was commissioned as a BALTIMORE - class heavy gun cruiser. Decommissioned in 1947, the CANBERRA was reclassified CAG 2 in January 1952 and subsequently underwent conversion to a guided missile heavy cruise at New York Shipbuilding Corp., Camden, N.J. Her after 8" turret was replaced by Terrier antiaircraft missile launchers and she was otherwise modernized. CANBERRA was recommissioned on June 15, 1956. Decommissioned on February 2, 1970, and stricken from the Navy list on July 31, 1978, the CANBERRA was sold for scrapping on July 15, 1980.

一般的な特性: Awarded: July 1, 1940
Keel laid: September 3, 1941
Launched: April 19, 1943
Commissioned: October 14, 1943
Decommissioned: March 7, 1947
Recommissioned: June 15, 1956
Decommissioned: February 2, 1970
Builder: Bethlehem Steel, Quincy, Mass.
Propulsion system: geared turbines 120,000 shaft horsepower
Length: 673.5 feet (205.3 meters)
Beam: 69.9 feet (21.3 meters)
Draft: 24.94 feet (7.6 meters)
変位:約。 17,500 tons full load
速度:33ノット
航空機:なし
Armament: six 8-inch/55 caliber guns in two triple mounts, ten 5-inch/38 caliber guns in five twin mounts, eight 3-inch/50 caliber guns, two Mk-10 Terrier missile launchers
Crew: 80 officers and 1650

This section contains the names of sailors who served aboard USS CANBERRA.公式のリストではありませんが、情報を提出した船員の名前が含まれています。

USS CANBERRA Cruise Books:

CANBERRA was launched 19 April 1943 by Bethlehem Steel Co., Quincy, Mass. sponsored by Lady Alice C. Dixon and commissioned 14 October 1943, Captain A. R. Early in command.

CANBERRA departed Boston 14 January 1944 and sailed via San Diego to embark passengers for Pearl Harbor, arriving 1 February. She rendezvoused with TF 58 on 14 February and took part in the capture of Eniwetok. The cruiser steamed from her base at Majuro to join the YORKTOWN (CV 10) task group for the raids on the Palaus, Yap, Ulithi, and Woleai (30 March - 1 April), then got underway from the same base 13 April for air strikes against Hollandia and Wakde in support of the Army landings on New Guinea. CANBERRA joined with the ENTERPRISE (CV 6) task group for fighter sweeps against Truk, then bombarded Satawan, rejoining the carriers for further strikes on Truk (29 April - 1 May).

After a raid against Marcus and Wake Islands in May 1944, CANBERRA sailed from Majuro 6 June to participate in the Marianas operation, including the far-flung Battle of the Philippine Sea, and the supporting air strikes and bombardment to neutralize bases in the Bonins. Following replenishment at Eniwetok, CANBERRA sailed 29 August for raids on the Palaus and the Philippines, and to back up the Morotai landings (15 - 16 September).

On 2 October 1944, CANBERRA sailed in company with TF 38 for air strikes on Okinawa and Formosa in anticipation of the forthcoming landings on Leyte. On 13 October, only 90 miles off Formosa, close to the enemy and far from safe harbor, CANBERRA was struck below her armor belt at the engineering spaces by an aerial torpedo which blew a huge, jagged hole in her side and killed 23 of her crew instantly. Before damage control could isolate the compartments, some 4,500 tons of water rushed in to flood her after fireroom and both engine rooms, which brought the cruiser to a stop. Then began one of the most notable achievements of the war in saving wounded ships.

CANBERRA was taken in tow by WICHITA (CA 45). The task force reformed to provide escort for her and HOUSTON (CL 81) who had been torpedoed on the morning of the 14th. Retiring toward Ulithi, "Cripple Division 1" fought off an enemy air attack which succeeded in firing another torpedo into HOUSTON. Admiral Halsey (CTF 38) attempted to use the group, now nicknamed "Bait Division 1," to lure the Japanese fleet into the open, but when the enemy sortied from the Inland Sea, air attacks from the rest of TF 38 roused enemy suspicions of the trap, and the Japanese force withdrew. CANBERRA and her group continued unmolested to Ulithi, arriving 27 October, 2 weeks from the day she was hit. The cruiser was towed to Manus for temporary repairs, thence departed for permanent repairs at Boston Navy Yard (16 February - 17 October 1945). CANBERRA returned to the west coast late in 1945 and was placed out of commission in reserve at Bremerton, Wash., 7 March 1947.

Reclassified CAG 2, 4 January 1952, CANBERRA was towed from Bremerton to New York Shipbuilding Corp., Camden, N.J., where she was converted to a guided missile heavy cruiser. Her after 8" turret was replaced by Terrier antiaircraft missile launchers and she was otherwise modernized. CANBERRA was recommissioned 15 June 1956, part of the sweeping revolution that is increasing the United States' seapower for peace. Local operations from her home port of Norfolk and Caribbean exercises were conducted until 14 March 1957 when she carried President Dwight D. Eisenhower to Bermuda for a conference with Prime Minister Harold MacMillan of Great Britain. On 12 June, she served as a reviewing ship for the International Naval Review in Hampton Roads, with Secretary of Defense Charles E. Wilson embarked. After a midshipman training cruise to the Caribbean and Brazil (13 June - 5 August), she departed Norfolk 3 September to participate in NATO Operation "Strikeback," sailing on to the Mediterranean for duty with the 6th Fleet before returning home 9 March 1958.

In the spring of 1958, CANBERRA was designated as ceremonial flagship for the selection of the unknown servicemen of World War II and Korea to be buried with honor at the Tomb of the Unknowns in Arlington National Cemetery. The cruiser rendezvoused off the Virginia Capes 26 May with BLANDY (DD 943) carrying the Unknown of the European Theater, and BOSTON (CAG 1) carrying the unknowns of the Pacific Theater and the Korean War. After BLANDY had transferred her Unknown to BOSTON, all three caskets were highlined to CANBERRA, where the selection between the two Unknowns of World War II was made. The selected casket along with the Korean Unknown was returned to BLANDY for transportation to Washington, D.C., and the unselected Unknown was buried at sea with military honors by CANBERRA.

CANBERRA carried midshipmen on a training cruise to Europe (9 June - 7 August 1958), then after a brief visit to New York, entered Norfolk Naval Shipyard for overhaul.

Departing from the normal operating schedule, CANBERRA sailed from Norfolk on 3 March 1960 on a good-will cruise around the globe, flying the flag of Rear Admiral J. McN. Taylor, Commander of the Atlantic Fleet, Cruiser Force and Cruiser Division 6. On this cruise, he took his flagship to the South Pacific, where her namesake had sunk, where she had engaged the enemy in 1944 and where he had served. On this cruise CANBERRA operated with both the 7th and 6th Fleets as she sailed across the Pacific, through the Indian Ocean, Suez, the Mediterranean, and across the Atlantic. She arrived home in Norfolk on 24 October. For the remainder of the year she operated on the east coast.

In October 1963, the CANBERRA transfered to the Pacific Fleet and on 5 January 1965, left San Diego on her first Vietnam War Cruise during which she conducted PIRAZ duty off Da Nang.

CANBERRA's second Vietnam Cruise was conducted February - June 1966. During the cruise, the CANBERRA was also involved in naval gunfire support for ground troops in Vietnam. Back in San Diego 8 June 1966, the CANBERRA left on her third tour of duty off Vietnam 11 October 1966. After a visit to Australia in May, the CANBERRA returned to San Diego 1 June 1967.

CANBERRA's fourth Vietnam deployment took place 5 October 1967 - April 1968. At the end of this cruise, the CANBERRA was again reclassified as CA 70 after her Terrier missile system had previously been retired since it was considered obsolete against modern high performance aircraft.

The cruiser again operated off Vietnam September 1968 - January 1969. The CANBERRA was decommissioned 2 February 1970.


World War II Memorial: Propeller from Heavy Cruiser U.S.S. Canberra CA-70/CAG-2

This exhibit made possible by the following firms and individuals: Propeller donated State of California, Dep't. of Education - pedestal design, Robert Blake - structural engineering, Moffatt & Nichol - pedestal steel from Todd Pacific Shipyards Corp. Pedestal fabricated, machined, assembled, and painted by Southwest Marine, Inc. - Propeller polished by Pacific Marine Propeller - Sealer by International Paint - storage, transportation and services by National Metal & Steel Corp. - site foundation Los Angeles Dep't. of Recreation and Parks - crane, rigging and installing Metropolitan Stevedore Co.
Project Coordinator I. Roy Coats
Georgian Rudder
Asst。 Gen'l. Mgr., Pacific Region
Dept. of Recreation and Parks
Tom Bradley,
市長
Joan M. Flores, Councilwoman 15th District
Project Coordinator I Roy Coats
Dedicated 7th December 1986

Erected 1986 by City of Los Angeles.

トピック。 This memorial is listed in this topic list: War, World II.

位置。 33° 44.328′ N, 118° 16.735′ W. Marker is in San Pedro, California, in Los Angeles County. Memorial is at the intersection of Sampson Way and Sampson Way, on the right when traveling north on Sampson Way. The Memorial

is on the northwest lawn of the L.A. Maritime Museum - off the sidewalk at the east end of 6th Street.タッチして地図を表示します。 Marker is at or near this postal address: 600 Sampson Way, Berth 84, San Pedro CA 90731, San Pedro CA 90731, United States of America.道順をタッチします。

他の近くのマーカー。少なくとも8つの他のマーカーがこのマーカーの徒歩圏内にあります。 Municipal Ferry Building (within shouting distance of this marker) American Merchant Marine Veterans Memorial (within shouting distance of this marker) Anna Lee Fisher - Astronaut (within shouting distance of this marker) American Merchant Marine Veterans Memorial Wall of Honor (about 300 feet away, measured in a direct line) U.S.S. ロサンゼルス (about 300 feet away) In Memory of Bloody Thursday (about 400 feet away) Harry Bridges Memorial (about 400 feet away) Fishing Industry Memorial (about 500 feet away). Touch for a list and map of all markers in San Pedro.

も参照してください。 。 。
1. USS Canberra CA70 / CAG 2. (Submitted on February 15, 2014, by Richard E. Miller of Oxon Hill, Maryland.)
2. HMAS キャンベラ- D33. (Submitted on February 17, 2014, by Richard E. Miller of Oxon Hill, Maryland.)


Navy to Christen Littoral Combat Ship Canberra

The crew of USS Mobile (LCS 26), man the ship during the commissioning ceremony of Mobile. The newest Independence-class LCS, the future USS Canberra (LCS 30), will be christened June 5. U.S. NAVY / Mass Communication Specialist 2nd Class Alex Millar

ARLINGTON, Va. — The Navy will christen its newest Independence-variant littoral combat ship (LCS), the future USS Canberra (LCS 30), during a 12 p.m. CDT ceremony Saturday, June 5 in Mobile, Alabama, the Defense Department said in a June 4 release.

The Australian Minister of Foreign Affairs, Senator the Honourable Marise Payne, serves as the ship’s sponsor. As she is unable to attend, His Excellency the Honourable Arthur Sinodinos, Australian Ambassador to the United States, will deliver the christening ceremony’s principal address. Todd Schafer, acting assistant secretary of the Navy (Energy, Installations, and Environment) and Vice Adm. Ricky Williamson, deputy chief of naval operations for Fleet Readiness and Logistics (N4) will also provide remarks. In a time-honored Navy tradition, the Australian Ambassador’s wife, Elizabeth Anne Sinodinos, will break a bottle of sparkling wine across the bow on behalf of Foreign Minister Payne.

“Tomorrow we christen the second USS Canberra named for the great capital city of Australia, our stalwart ally and superb naval partner,” said acting secretary of the Navy Thomas Harker. “In so doing we move one step closer to welcoming a new ship to Naval service and transitioning the platform from a mere hull number to a ship with a name and spirit. There is no doubt future Sailors aboard this ship will carry on the same values of honor, courage and commitment upheld by crews from an earlier vessel that bore this name.”

LCS is a fast, agile, mission-focused platform designed to operate in near-shore environments, winning against 21st-century coastal threats. The platform is capable of supporting forward presence, maritime security, sea control, and deterrence.

The LCS class consists of two variants, the Freedom-variant and the Independence-variant, designed and built by two industry teams. The Freedom variant team is led by Lockheed Martin in Marinette, Wisconsin (for the odd-numbered hulls). The Independence-variant team is led by Austal USA in Mobile, Alabama, (for LCS 6 and the subsequent even-numbered hulls).

LCS 30 is the 15th Independence-variant LCS and 30th in class. It is the second ship named in honor of the city of Canberra. The first USS Canberra (CA 70) was laid down as USS Pittsburgh on Sept. 3, 1941, and renamed Canberra on Oct. 15, 1942. She was named in honor of the Australian heavy cruiser HMAS Canberra, which sank after receiving heavy damage during the Battle of Savo Island.


Awards [ edit |ソースを編集]

  1. ↑ Cassells, The Capital Ships, pp. 45, 129
  2. ↑ Cassells, The Capital Ships、 NS。 45
  3. ↑ 3.003.013.023.033.043.053.063.073.083.093.103.113.123.133.143.153.163.173.183.193.20キャンベラ、 の アメリカ海軍戦闘船の辞書
  4. ↑ 4.004.014.024.034.044.054.064.074.084.094.10 Clark, The Fighting Canberras、 NS。 12
  5. ↑ 5.05.15.25.3Bartholomew & Milwee 2009, p.𧆣.
  6. ↑ 6.06.16.26.36.46.56.6 Clark, The Fighting Canberras、 NS。 13
  7. ↑ Clark, The Fighting Canberras, pp. 12-13
  8. ↑ 8.08.1 Mellefont, Two ships called Canberra、 NS。 6
  9. ↑ Clark, The Fighting Canberras, pp. 13, 15
  10. ↑ Clark, The Fighting Canberras、 NS。 15
  11. ↑ 11.011.1 Mellefont, Two ships called Canberra、 NS。 7

USS Canberra (CA 70)

USS Canberra was named in honour of the Australian cruiser HMAS Canberra lost in action at Savo Island on 9 August 1942.

Decommissioned 7 March 1947.
Recommissioned as guided missile cruiser on 15 June 1956.
Decommissioned 2 February 1970.
Stricken 31 July 1978.
Sold 31 July 1980 and broken up for scrap.

Commands listed for USS Canberra (CA 70)

このセクションはまだ作業中ですのでご注意ください。

司令官から
1Capt. Alexander Rieman Early, USN14 Oct 194325 Feb 1945
2T / Cdr。 Richard Benjamin Levin, USN25 Feb 194517 Jul 1945
3T / Capt。 Russell Million Ihrig, USN17 Jul 194518 May 1946

コマンドセクションの改善にご協力ください
この船のイベント/コメント/アップデートを送信するには、ここをクリックしてください。
間違いを見つけたり、この船のページを改善したい場合は、これを使用してください。


堪培拉号重巡洋舰 (CA-70)

1941年9月3日,匹兹堡号在马萨诸塞州昆西的伯利恒钢铁公司福尔河造船厂开工。建造期间,为纪念在萨沃岛战役中表现英勇的皇家澳大利亚海军堪培拉号重巡洋舰,美国总统富兰克林·D·罗斯福希望能以同名来命名美国军舰。匹兹堡号被选中并更名为堪培拉号 [1] 。1943年4月19日,堪培拉号在澳大利亚驻美国大使欧文·狄克森的妻子艾丽斯·狄克森夫人的主持下下水,是美国唯一一艘以外国军舰或城市命名的军舰 [2] 。1943年10月14日,堪培拉号入役。作为回报,澳大利亚政府将一艘新的部落级驱逐舰命名为巴丹号,以此纪念美军在巴丹战役中的表现。

第二次世界大战 编辑

1944年1月 [3] ,在诺曼·斯科特号驱逐舰的护卫下,堪培拉号离开波士顿,经圣迭戈前往珍珠港,加入第58特遣舰队 [3] 。2月底,堪培拉号在埃内韦塔克战役中提供了炮火支援 [3] [4] 。3月和4月间,堪培拉号加入约克敦号航空母舰特遣队,并在3月31日至4月1日空袭帕劳群岛、雅浦岛和沃莱艾环礁的行动提供支援 [3] 。4月13日,堪培拉号为荷兰迪亚和瓦克德岛的两栖登陆战提供护卫 [3] 。4月29日至5月1日,堪培拉号加入企业号航空母舰战斗群对特鲁克群岛的空袭行动,并被单独派遣去轰击位于萨塔万环礁的日军航空基地 [3] 。5月,堪培拉号参加了对南鸟岛和威克岛的袭击。6月,又参加了马里亚纳群岛和帕劳群岛战役 [3] 。作为这场战役的一部分,堪培拉号还参加了菲律宾海战役并袭击了小笠原群岛上的日军機場 [3] 。8月和9月间,堪培拉号参加了对帕劳和菲律宾袭击行动,并为莫罗泰战役提供支援 [3] 。

10月初,堪培拉加入第38特遣队,为登陆莱特岛进行备战 [3] 。10月13日,日军飞机空投的鱼雷击中堪培拉号 [3] [4] ,爆炸造成23人死亡,机炉舱被毁,舰艇失速 [3] 。威奇托号重巡洋舰将堪培拉号拖到与芒西号拖船的汇合点,由后者接管拖船任务 [5] 。经过一周的行进,芒西号与军舰管理局租借的一艘拖船汇合 [5] 。又经过一周,两艘拖船将堪培拉号带到阿贾克斯号修理船所在地 [5] 。经过暂时修理后,堪培拉号自行回到波士顿海军工厂 [3] 。1945年2月至10月,堪培拉号一直在船厂进行修理 [4] 。战争结束前,堪培拉号被布署到美国西海岸。 [3]

波士顿级改装 编辑

1947年3月7日,堪培拉号退役,停泊在华盛顿州布雷默顿的普吉特海湾海军造船厂和中级维修设施内 [4] 。1952年1月4日,堪培拉号及其姊妹舰波士顿号重巡洋舰被拖往新泽西州卡姆登的纽约造船公司,接受改装,成为波士顿级导弹巡洋舰 [3] [4] ,軍艦舷號也更換為CAG-2,成為美國海軍第一批次服役的飛彈重巡洋艦。整个改装工程于1956年6月结束。

改装后 编辑

1956年6月15日,堪培拉号重新服役,母港为弗吉尼亚州诺福克 [3] 。1957年3月14日,堪培拉号运送美国总统德怀特·D·艾森豪威尔前往百慕大与英国首相哈罗德·麦克米伦会见 [3] 。在完成7月和8月的训练后,堪培拉号被派往地中海参加北大西洋公约组织举行的海上军演 [3] 。


ビデオを見る: USSキャンベラCA-70