カテゴリ: 情報

最近のブログ投稿

ポンペイで発見されたナルキッソスの印象的なフレスコ画

ポンペイで発見されたナルキッソスの印象的なフレスコ画

ナルキッソスが自分の反射を見つめている印象的なフレスコ画が、ポンペイで発見されました。考古学サイトの暫定ディレクター、アルフォンシナ・ルッソは先週、ポンペイの監督であるマッシモ・オザンナが次のように説明しました。ナルキッソスの神話は「古代都市で非常に一般的な芸術的トピック」でした。

重要なインカの墓がランバイエケで発見されました

重要なインカの墓がランバイエケで発見されました

ペルーの考古学者は、国の北部のランバエケで帝国のエリートの一員に属する可能性のあるインカの墓を発見したと研究者らは発表した。発見はランバエケ地域のマタインディオサイトで行われたと考古学者は説明した。ルイス・チェロ考古学者は、世紀から続くインカ時代の重要人物の墓に常に存在する一種の軟体動物である「スポンジルス」の存在に基づいて、墓はインカエリートのメンバーのものであると信じていますXIIからXVI。

認知プロセス、物質開発、社会的複雑さの間には平行した進化があります

認知プロセス、物質開発、社会的複雑さの間には平行した進化があります

高等科学研究評議会(CSIC)が主導する研究では、視線追跡技術を使用して環境を探索および操作する方法を決定する選択的注意プロセスを分析しました。これを行うために、研究者は彼らがたどる道を研究しました。先史時代のセラミックオブジェクトで表されるさまざまな装飾パターンを観察するときの目。

恐竜:銀のトカゲ、アルギロサウルス

恐竜:銀のトカゲ、アルギロサウルス

アルギロサウルスファイル翻訳:シルバートカゲ説明:草食動物、四重注文:サウリスキアサブオーダー:サウロポドモルファインフラオーダー:サウロポダ家族:チタノサウリダエ(未確認)高さ:8メートル長さ:20-30メートル体重:12,000-13,000 kgサウロポドモルファはアルゼンチンの上部白亜紀に住んでいた脚と一部の椎骨のみが回収された白亜紀の期間で、高さ8メートル、長さ20〜30メートル、重さ12メートルと推定できます。

最も古い既知の検証済みAstrolabeがGuinnessBook ofRecordsに入ります

最も古い既知の検証済みAstrolabeがGuinnessBook ofRecordsに入ります

ギネスワールドレコードは、バスコダガマの1502年から1503年までのインドへの2回目の航海の一部であったポルトガル海軍の船の残骸から発掘された天体を世界最古のものとして独自に認定しました。世界最古の難破現場から回収された船の鐘を別途認定。

グレゴリオプリエトデバルデペーニャス博物館は、慰めの聖母に関する展示会を主催しています

グレゴリオプリエトデバルデペーニャス博物館は、慰めの聖母に関する展示会を主催しています

グレゴリオプリエトデバルデペーニャス財団の博物館は、彼が多大な献身を感じたバルデペーニャスの守護聖人である慰めの聖母に捧げられた芸術家によるさまざまな作品のサンプルを提示します。これらには、現在異なる機関に属している2つの作品が含まれています。これらは、聖母教会から貸与された作品「VirgendelaConsolación」です。

フィンランドの神話:Kalevalaの主人公Väinämöinen

フィンランドの神話:Kalevalaの主人公Väinämöinen

Väinämöinenは、デミゴッドであり、英雄であり、フィンランドの神話の中心人物であり、国の叙事詩であるカレヴァラの主人公です。彼は、力強く魔法のような声を持った、年老いて賢い人だと言われています。Väinämöinenの最初の言及は、1551年に作成されたMikaelAgricolaによるTavastianの神々のリストにあります。

ある研究では、カンパニフォーム文化の権利と特権には女性も含まれていると主張しています

ある研究では、カンパニフォーム文化の権利と特権には女性も含まれていると主張しています

2018年3月8日に権力と社会のより大きなコミットメントを求める多くの都市を詰め込んだ大規模なデモ以来、男性と女性の間の真の平等のための戦いは、公的および政治的議論でより多くの注目を集めています仕事などの分野で女性が直面する性的行動、性的暴力、差別に対して。

MANのローマのコインでいっぱいの鍋:Valsadornínの宝物

MANのローマのコインでいっぱいの鍋:Valsadornínの宝物

「宝物は、1937年8月19日、ヴァルサドルニンからグラメド(パレンシア)までの古い道で、ユーセビア兄弟とトマスロルダン兄弟によって完全に偶然に発見されました。彼らは水が露出したブロンズポットに物質的につまずき、その内容物の一部をこぼした。

倒れた天使の歴史:彼らが何であるか、彼らが誰であったか、そして最も重要なリスト

倒れた天使の歴史:彼らが何であるか、彼らが誰であったか、そして最も重要なリスト

宗教の歴史には、ほとんどすべての人の好奇心をかき立てる傾向のあるテーマがあります。技術的にはこの宗派は正しくありませんが、「悪魔」としてよく知られている堕天使です。彼らはどこから来たのですか?誰でしたか?最も重要なのはどれですか?これらの質問やその他の質問に答えようとします。

Xochicalcoの考古学ゾーンは3Dで10個を示しています

Xochicalcoの考古学ゾーンは3Dで10個を示しています

拡張現実アプリケーション「XochicalcoARMéxico」の実装のおかげで、考古学ゾーンで見つかった10個の作品を3Dで楽しむことができるようになりました。アプリの目的は、それらが見つかった正確な場所を、 1999年にユネスコによって世界遺産として宣言されたこの場所の真の重要性を示すことを目的としています。

彼らはロシアのボスポラス王国から珍しいローマのコインを見つけます

彼らはロシアのボスポラス王国から珍しいローマのコインを見つけます

ロシア当局は、クバン地域での発掘中にボスポラス王国から珍しいコインが発見されたと報告しています。この黄金のコインは、西暦27年から28年の間に鋳造され、ボスポラス王国の領土内を循環しました。クリミア東部、タマン半島、アナパ、ノボロシスク、クバン川下流域、アゾフ東部、ドンデルタの各地域。

Tongzi homininsは、アジアの新しい人間の血統である可能性があります

Tongzi homininsは、アジアの新しい人間の血統である可能性があります

National Center for Research on Human Evolution(CENIEH)の研究者MaríaMartinón-TorresとJoséMaríaBermúdez、de Castroは、Journal of Human Evolutionに掲載された、Tongziのホミニドに関する研究の共著者です。彼らの歯は古典的なホモエレクトゥスの形態学的パターンに適合していないので、彼らは潜在的に非常に求められているデニソバンを表すことができます。

古代のDNAは、カナリア諸島の最初の植民者の北アフリカの起源を確認します

古代のDNAは、カナリア諸島の最初の植民者の北アフリカの起源を確認します

すべての島からの考古学的サンプルを含むカナリア諸島からの古代DNAの最初の研究とミトコンドリアゲノムの最初の分析のおかげで、新しい研究は北アフリカの起源を確認します。約2000万年前、火山活動は深海から火山活動を引き起こしました。カナリア諸島を構成する島々。そのため、これらの土地はアフリカ大陸に接続されていませんでした。

恐竜:南の爬虫類、オーストロサウルス

恐竜:南の爬虫類、オーストロサウルス

オーストロサウルスファイル翻訳:サザントカゲ説明:草食動物、四肢注文:サウリスキアサブ注文:サウロポドモルファインフラ注文:サウロポダ家族:高さ:8メートル長さ:20メートル重量:16,000 kg期間:初期白亜紀オーストロサウルスの断片は遺跡から知られています。この大きな原始的なサウロポッドはオーストラリアで発見され、サウロポッドが白亜紀初期にその地域に住んでいたことを示しています。

彼らはイベリア半島で最大のプテロサウルスを発見します

彼らはイベリア半島で最大のプテロサウルスを発見します

サラゴサ大学のAragosaurus-IUCAグループの参加を得てInstitutCatalàdePaleontologiaMiquelCrusafont(ICP)に関連する研究者であるBorja Holgadoが率いる国際チームは、プテロサウルスの鼻に属する化石を発見しました。オボンの町の場所(テルエル市の北約100 km)。

ギザのピラミッドの近くで発見された古代の墓地

ギザのピラミッドの近くで発見された古代の墓地

先週の土曜日、エジプトの古代省は、カイロ郊外のギザのピラミッドの近くに古代の墓地が発見されたことを報告しました。古代最高評議会のモスタファ・ワジリ事務局長は、墓地にはトンネルがあり、高官の多くの墓、およびV王朝(紀元前2465- 2323年)にさかのぼる石灰岩の像。

半島北東部の鉄の時代は、以前考えられていたよりも早く始まりました

半島北東部の鉄の時代は、以前考えられていたよりも早く始まりました

アルカナル(タラゴナ)のサンジャウメの複合施設で見つかったフェニキアのアンフォラの中には、この最初の鉄の時代の定住までの675-650年から575/550年の古代を示唆しているものもありますが、マドリッドのコンプルテンセ大学(UCM)と地球科学研究所(UCM-CSIC)が参加しているのは、ほぼ100年前、つまり紀元前8世紀です。

ポンペイの家のモザイクの構成が明らかに

ポンペイの家のモザイクの構成が明らかに

モザイクは、ローマ文化の最も重要な装飾要素の1つです。それらはテッセラと呼ばれる小さな断片で作られました。時々、これらの作品は大理石や他の種類の色のついた石でできていて、それを細かい立方体に切りました。他のものでは、それらは炭酸カルシウムベースで製造され、次に絵の層で覆われていました。

彼らは、エルナン・コルテスがメキシコで沈んだ船に属する可能性のある錨を見つけました

彼らは、エルナン・コルテスがメキシコで沈んだ船に属する可能性のある錨を見つけました

考古学者のチームは、スペインの征服者エルナン・コルテスが500年前に船を沈めたメキシコ湾の地域で、15世紀の錨を発見しましたが、そのエピソードにリンクする証拠はまだありません、と国立人類学歴史研究所は説明しました(INAH)メキシコの。