カテゴリ: 情報

最近のブログ投稿

ペルーで発見された古代の四肢クジラの骨格

ペルーで発見された古代の四肢クジラの骨格

今日のクジラとイルカ、熟練したスイマーは、実際には5000万年以上前の共通の祖先であり、足を持っていて南アジア原産であることが知られています。現在、これらの古代のクジラの1つの遺跡がペルーは、これらの動物の進化と分散についてのニュースを明らかにします。

マルトラビエソ洞窟開業から1ヶ月

マルトラビエソ洞窟開業から1ヶ月

文化平等省の主導で、昨年4月以来、関心のある人々の小グループが、この有効性の最初の月の間に、合計でJunta deExtremaduraの技術者の助けを借りてMaltravieso洞窟を訪れています。経験上、4人のグループで40人が、微生物学的パラメーター、内部の温度と湿度の変化をチェックすることを目的とした一時的かつ実験的なプロジェクトの一環として、すでに世界最古の洞窟アートサイトを通過しました。その中の人間の存在の最終的な持続可能性を決定するための空洞。

恐竜:バラパサウルス、長い脚を持つ爬虫類

恐竜:バラパサウルス、長い脚を持つ爬虫類

バラパサウルスファクトシート翻訳:足の長い爬虫類説明:草食動物、四肢注文:サウリスキアサブオーダー:サウロポドモルファインフラオーダー:サウロポダ科:Vulcanodontidae高さ:7.6メートル長さ:18.3メートル重量:期間:初期ジュラ紀バラパサウルスは、標本の半分から6つ未満の個々の部分から知られています。インドですが、頭蓋骨はまだ回収されていません。

セオドア・メインマンによって作成された歴史上最初のレーザービーム

セオドア・メインマンによって作成された歴史上最初のレーザービーム

1960年5月16日、32歳のアメリカ人エンジニアであるセオドアハロルドマイマンは、カリフォルニア(米国)のヒューズ研究所でフラッシュランプによってポンピングされたピンクのルビークリスタルで作られた史上初のレーザービームを点灯しました。その後、ジョージ・ルーカスはこの技術をフィクションでスターウォーズのジェダイ騎士団の主な武器として普及させました。

ウルグアイの国際博物館デープログラム

ウルグアイの国際博物館デープログラム

国際博物館デーの機会に、ウルグアイの最も重要な博物館で行われる活動のプログラムを共有します。国立人類学博物館は、5月18日土曜日の午前11時から午後5時まで11:30 a.m. 1:30 p.m. 3:30 p.m. 。考古学と民族学の展示会のガイド付きツアー。スペイン文化センター合唱団のパフォーマンス。

彼らはローマのネロ宮殿にスフィンクスルームを見つけました

彼らはローマのネロ宮殿にスフィンクスルームを見つけました

考古学者は、2、000年前に建てられ、詳細なフレスコ画で飾られた、ネロの宮殿(ネロ皇帝のドムスアウレア、または黄金の宮殿としても知られる)のスフィンクスルームという名前の新しい部屋を発見しました。コロッセオの隣の丘の下の宮殿から、彼は、ケンタウルスやパン神を含む神話上の生き物の表現で覆われた部屋に通じる開口部に出くわしました。

オーストリアの発掘現場で見つかったローマの墓石

オーストリアの発掘現場で見つかったローマの墓石

オーストリアの聖ペルテン市からの報告によると、市内中心部での発掘中に、約500 kgのローマの墓石の断片が2つ発見されました。最初の断片は、「特に壮大。 VINDILLIVSが2つのらせん状の溝付きの柱で囲まれて読み取られるテキストフィールドでは、花輪のある2羽の鳥を見ることができます」とレポートは説明しています。

過去5000年間で最大の噴火は、セロブランコ火山で発生しました

過去5000年間で最大の噴火は、セロブランコ火山で発生しました

アンデス高原の南端にあるセロブランコ火山群は、約4、200年前に噴火しました。それは単なる噴火のエピソードではなく、アンデスの中央火山地帯で過去5、000年間に発生した最大の噴火であり、放出された岩の量は、完新世の間に発生した最大の噴火の1つでもあります(最後の11。

暗黒物質なしで銀河の謎を解きました

暗黒物質なしで銀河の謎を解きました

ダークマターのない銀河は、星を形成するガスの崩壊を生み出す上でその役割が基本的であるため、銀河形成の現在の理論では理解することが不可能です。2018年に、ジャーナルネイチャーに発表された研究は、科学雑誌の表紙を占める、並外れた影響を与えた暗黒物質を欠いた銀河。

VicentaMárquezdelaPlataによる「16世紀で最も知的な女性」の本

VicentaMárquezdelaPlataによる「16世紀で最も知的な女性」の本

「16世紀の最も賢い女性」の要約長いスカートとコルセットにもかかわらず、彼らは共謀し、条約に署名し、政治と芸術の糸を引いた…彼らは16世紀の最も賢い女性である。剣の4人の女王彼らが住んでいた瞬間の政治的背景は混乱しました:ヨーロッパの勢力間の内部闘争、領土の利益、他の支配的な家との条約と同盟、支配的な政治の特典としての結婚など。

スワスティカの起源

スワスティカの起源

第二次世界大戦中のナチスの紋章である第三帝国によるスワスティカの使用は、その真の意味を忘れさせてくれます。それは、4つの神聖なテキスト「ヴェダ」が書かれたときにヒンズー教の宗教によって与えられたものです。 「スワスティカ」という用語はヒンディー語に由来し、「非常に縁起の良い」としても使用される祝福された形を意味します。

アタプエルカ財団はブルゴスのホワイトナイトに参加しています

アタプエルカ財団はブルゴスのホワイトナイトに参加しています

アタプエルカ財団は明日5月25日土曜日のホワイトナイトに参加します。ホワイトナイトでは、アルバロカンテロ、ズリニェサンチェス、アタプエルカ財団の考古学モニターであるクリスチャン・ミコは、私たちの先祖が行ったのと同じ方法で火を起こすさまざまな方法について学びます。

人間の化石に性別を割り当てるための新しい統計式

人間の化石に性別を割り当てるための新しい統計式

オビエド大学とCENIEHの科学者たちは、人間の化石の性別を調べるための新しい方法を開発しました。研究の結果は、ジャーナルArchaeological and Anthropological Sciencesに掲載されており、この研究のおかげで、過去の人間集団の古生物学に関するより多くのデータを取得することが可能になり、同じ方法を使用して代表者がどのようなものであったかを知る可能性が開かれます。私たちとは異なる種のホモ属の。

研究は洞窟のクマが何を食べたかを明らかにします

研究は洞窟のクマが何を食べたかを明らかにします

洞窟のクマ(Ursus spelaeus)は、約10万年前の上部プレストセンの始まり以来、ヨーロッパの大部分を占めていたursidの一種です。約25、000年前のその消失は、何十年にもわたって科学界によって議論の対象となってきました。コバデルトールサイト(モイア、バルセロナ)で見つかった化石について行われた研究-回収された遺物の数が最も多いサイトの1つこの種の-は、この動物の摂食行動の独特の特徴を明らかにしました:休止期間が近づくと野菜が支配的な食事をしているにもかかわらず、それは非常に肉食的な食習慣をとることができました。

「南洋を旅する旅人」、ビクトリア朝の冒険家たちは島で迷子になりました

「南洋を旅する旅人」、ビクトリア朝の冒険家たちは島で迷子になりました

バウンティ、キャプテンクック、ハーマンメルビル、またはゴーギャンのタヒチでのパラディシアカルな体験の神話の裏側で、​​100年以上前に南太平洋に点在する島々で最高の体験をした少数の女性を発見しました。彼らは、ハスラー、探検家、冒険家、芸術家の物語が散らばっているサンゴ礁とアルキペラゴの銀河に閉じ込められました。

展示会:«Dionysos-Baco。人間のための神»国立ローマ美術館

展示会:«Dionysos-Baco。人間のための神»国立ローマ美術館

国立ローマ美術館では、«Dionysos-Baco展を開催しています。人間のための神。博物館の館長であるトリニダード・ノガレスによってキュレーションされた展示会は、古典的なギリシャからローマ帝国に至るまでのエキサイティングな現象を宣伝することを目的としています。

メキシコ最古のミイラ「ペピタ」の新しいDNA研究

メキシコ最古のミイラ「ペピタ」の新しいDNA研究

「ペピタ」は、紀元前300年におそらく肺疾患で亡くなったとき、わずか2歳半の少女でした。今日、それはメキシコで最も古いミイラの1つです。2002年にアルタミラコミュニティの住民によって発見されて以来、他の機関の支援を受けて、国立人類学歴史研究所(INAH)のシエラゴルダデケレタロで、いくつかの研究と保存処理を行ってきました。現在、エルカルメン博物館に展示されているミイラ化した遺体のコレクションの一部です。

分析された旧世界のサルの壁側の解剖学

分析された旧世界のサルの壁側の解剖学

エミリアーノ・ブルーナーがコーディネートした国立人間進化研究センター(CENIEH)の古神経学グループによる、異なるセルコピテシド種の壁側葉の変化と違いに関する記事が、American Journal ofPrimatologyに掲載されました。旧世界のサルとして知られています。

恐竜:Bothriospondylus suffossus

恐竜:Bothriospondylus suffossus

Bothriospondylusファイル翻訳:発掘された椎骨別名:Marmarospondylus説明:草食動物、四肢注文:Saurischiaサブオーダー:Sauropodomorpha侵害:Sauropoda家族:Brachiosauridae高さ:10.7メートル長さ:20.1メートルEspriogenusuffメートルヨーロッパで発見された断片やマダガスカルで発見された他の遺跡。

ボリビアで見つかった2,200のインカ以前のオブジェクト

ボリビアで見つかった2,200のインカ以前のオブジェクト

ボリビア国道会社は、アンデスで道路を舗装しているときに、インカ以前の期間から合計2,203の考古学的な断片を発見したと、数日前に会社のマネージャーであるエドウィンゴンザレスが報告し、発見は道路の工事中に発生したと説明しました。 OruroとLaPazの部門の間で、CaracolloとColquiriに参加します。